学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

今は不満、将来は不安?

2019.07.04日

気ままなブログということで、2週間ぶりにアップすることにしました。
というか、皆さんにシェアせずにいられなくなりました。
参院選が公示され、与野党で消費税や年金、憲法その他のことで火花を散らしています。
皆さんは今は不満、将来は不安ですか?
今日、出くわした記事をシェアさせていただきます。皆さんも今の生活について、ちょっと立ち止まって考えてみませんか。
少し長い引用ですが、とても興味深い内容です。ぜひ最後までお読みください。


無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが深掘りしています。


私は昨年、『日本の生き筋〜家族大切主義が日本を救う』という本を出版しました。執筆時に、「日本の現状」を調べていたら、いろいろなことがわかった。
良く知られている事実として、日本のGDPは世界3位。しかし、一人当たりGDPは、世界2位から下がりに下がって、今では世界【26位】(2018年)になっています。
国連世界幸福度ランキング2019年は、なんと【58位】。日本の労働生産性、G7国中【最下位】(公益財団法人 日本生産性本部が2017年12月20日に発表「労働生産性の国際比較2017年版」による)。
日本人の平均睡眠時間、100か国中最短(ミシガン大学2016年の調査結果)。
熱意ある社員は、たったの【6%】(米ギャラップ調査 2017年)。
とまあ、調べていてナーバスになってしまいました。私は、「どうして世界一善良で勤勉な日本が、こんなことになっているのだろう?」と疑問を持ち、その理由と解決策を本に書いたのです。


日本のブランド力は世界何位???


イギリスのフューチャーブランド社が、「国のブランド力ランキング」を発表しました。日本は、何位だったのでしょうか?75位中、73位…(涙)。ウソです。本当は……。1位です!(^▽^)


【ロンドン時事】日本の「ブランド力」は世界最高―。英フューチャーブランド社が25日発表した国・地域の評判を基準とした「フューチャーブランド・カントリー指数」のランキングで、日本が1位となった。
いったい、この会社は、何を基準に判断しているのでしょうか?
調査はGDPの上位75カ国・地域が対象。今年1〜2月、世界各地で過去1年で少なくとも1度は海外旅行した計2500人にオンラインでインタビューを実施した。さらに、交流サイト(SNS)での各国・地域に関する投稿を多数の言語で分析し、22項目で採点した。
(同上)
項目とは?
* 政治的自由
* 環境へのやさしさ
* 寛容さ
* 健康と教育
* 生活水準
* 安全
* そこに住みたい、勉強したい?
* ビジネス環境
* 技術力
* インフラ
* 歴史(興味深いか)
* 芸術、文化遺産
* 自然の美しさ
* お金の価値
* 娯楽
* リゾート、宿泊
* 休暇中に訪れたい?
* 食事


同社は「国・地域の力を測定するのに、国内総生産(GDP)や人口規模、核兵器の数に意味はあるだろうか」と指摘。その上で、日本に関して、高い技術やイノベーションを背景とした製品・サービスよりも、西洋とは異なる無駄を省いたシンプルさなどを体現した独特な文化こそが「日本の最も偉大な輸出品」だと述べた。
(同上)
「シンプルさなどを体現した独特な文化こそが『日本の最も偉大な輸出品』」だそうです。これって、なんでしょうか?こんまりさんの「片付け法」でしょうか?スティーブ・ジョブズもはまった禅でしょうか?シンプルな無印用品でしょうか?


確かに、庭一つ見ても、ヨーロッパ、ロシアでは「豪華さ」が大事。日本の庭は、自然との調和が重要で、シンプルですね。こう考えると、確かに日本の文化というか考え方は、世界に広まってきている気がします。
米国は五つ順位を落とし、12位に転落。トランプ大統領の言動が影響したとみられるという。欧州連合(EU)離脱で混迷する英国も7つ順位を落とし、19位となった。近隣諸国では、韓国が20位(同20位)、中国は29位(同28位)だった。
(同上)


ブランド力世界1日本の課題は?


日本のほかにランキングが高いのは?
2位はノルウェー(前回6位)。3位スイス(同2位)、4位スウェーデン(同4位)、5位フィンランド(同13位)と続いた。上位の国々は総じて、生活の質や環境へのやさしさなどが高く評価された。
(同上)
欧州、中でも北欧が高い評価を得ていますね。そして、これらの国々は、労働時間が日本より全然短いのに、日本より一人当たりGDPが高いのです。ブランドランキング2位のノルウェーは、世界で3番目に労働時間が短い(日本は17位)。一人当たりGDPは、2017年世界4位。(日本は同年25位)。ブランドランキング3位のスイスは、世界で8番目に労働時間が短い(日本は17位)。一人当たりGDPは、世界2位(日本は25位)。ブランドランキング4位、スウェーデンは、世界で9番目に労働時間が短い(日本は17位)。一人当たりGDPは、世界12位(日本は25位)。ブランドランキング5位、フィンランドは、世界で11番目に労働時間が短い(日本は17位)。一人当たりGDPは、世界17位。


日本は「ブランド世界一」という評価に慢心せず、さらに改善を進めていくべきでしょう。その方向性は、「瀕死の会社教を延命させる措置」ではなく、「国民に余裕と豊かさを与える」方向であるべきでしょう。
(MAG2NEWSより引用)


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

重大発表をします

2019.06.21日

重大発表をいたします。


私は今日、"アラセー"の誕生日を迎えましたが、これを機にこれまでの生き方を改めることにしました。
「何事も一生懸命」な私にとって、いかにも自分らしい生き方と言えば確かにそうだったのですが、よくよく考えると自分自身を見失っていたことに気づきました。


この10年半、体調を崩している時か時間がなかった時を除いて、ほぼ毎日ブログを書き続けてきました。これはある意味、私の趣味であり楽しみながら、また自分自身に対するメッセージも込めて書いてきたのですが、やはり人のことをつねに意識して書いていたことは否めません。


とくに、愛読者の方々からメールで励ましや感謝のお言葉をいただくと、自分の身体に鞭打ってでも書かなければという、一種強迫観念(笑)のようなものに突き動かされて書き続けてきたことも事実です。これはもちろん読者の方の問題などではなく、私自身の問題です。
実際のところ、読者の中には私のブログについて、「無理しすぎないように」「もっと自分を大切に」とご心配して言ってくださった方が何人もいらっしゃいましたが、私はご忠告を感謝しつつも書き続けてきました。


その結果、もともと弱い身体をますます痛めつけることになっていました。
多くの人が楽しんでいる本を読んだり、映画を観に行ったり、旅行をするなど、余裕のある生活もできなくなっていました。
もちろん自分の不健康や自由な時間を持たなかったのはブログのせいなどではなく、自分自身の優先順位の問題です。


でも、これからブログは不定期に、気が向いたとき、余裕のあるときに書くことにすることにしました。
これまでも同じようなことを何度か言ってきたにもかかわらず、その都度それを守ることができず、数日から1週間ほどですぐに再開してきました。
でも、今回は自戒して、これからの自分の人生をもっと大切にし、自分探しをすることにしました。
皆さん、きっとご理解くださることと思います。


聖書に、「自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ」という有名な言葉がありますが、これは自己愛を勧めているのではなく、自分を大切にするようにという教えだと思います。
自分を大切にせずに隣り人を大切にすることはできません。人に迷惑をかけることになるからです。


これまで私の健康のことで大勢の方にご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした。
このような至らない者ですが、今後とも変わらずお付き合いのほどお願い申し上げます。
気が向いたとき書きますが、その節はよろしくお願いいたします。
また、もしよろしければ過去の記事に目を留めていただきご活用いただければ幸いです。
末筆ながら皆様のご多幸をお祈りしつつ。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

日々創造力を鍛えよう!

2019.06.19日
creative-analytical-thinking-concept-attractive-woman-colorful-sketch-concrete-background-81927679.jpg


"You can't use up creativity. The more you use, the more you have."
--Maya Angelou - 1928-2014 - Writer-Poet-Civil Rights Activist
「だれも創造力を使い切ってしまうことはできない。使えば使うほどますます生まれてくるもの」
--マヤ・アンジェロー、作家・詩人・人権活動家
(訳 舟田譲二)


人の創造力について考えてみたことありますか?
創造力とは新しいものを生み出す力です。
上の絵を見てもわかりますが、ある人は際限なく新しいアイデアが生まれてきます。


創造力が人一倍豊かな人は芸術家に限らず、作家、詩人、デザイナー、エンジニア、起業家、経営者、科学者、音楽家、ゲームクリエイター、広告プランナー、俳優、記者、教師、スポーツ選手、演出家、料理人等々、挙げだせば切りがありません。
おそらくこの世に存在するほぼすべての職業において創造力は必要とされています。


それではこのような特別な人以外である私たち「凡人」には創造力がないのかと言えば、決してそうではありません。
特別な人に限ったことではなく、人間みんなに生まれつき与えられています。


この人間にだけ与えられている創造力の源泉は、もちろん創造主なる神です。
神はこの宇宙に存在するものすべてをお創りになられました。
地球上の動植物を見ると、神の限りない創造力に驚かされます。
私たち人間は、神のご性質に似せられて造られているのです。


さらに素晴らしいことは、マヤ・アンジェローが言っているように、「だれも創造力を使い切ってしまうことはできない。使えば使うほどますます生まれてくる」のです。


物事を考えれば考えるほど、新しいことにチャレンジすればするほど、身体を動かせば動かすほど、勉強すればするほど、言葉は使えば使うほど、絵を描いたり、字を書いたりすればするほど...、どんどん新しいことが生まれてきて身に付きます。人間関係も子育ても、愛情もすべてです。
ぎゃくに創造力は、「使わなければ使わないほどますます枯渇していく」ものなのです。


皆さんは今日、なにか新しいことにチャレンジしましたか?
枯渇しないように、日々創造力を鍛えましょう。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

あなたのお父さんの思い出は

2019.06.18日
It-doesnt-matter-who-my-father-was-it-matters-who-I-remember-he-was.jpg


"It doesn't matter who my father was; it matters who I remember he was."
--Anne Sexton (1928 – 1974)  Poet, Pulitzer Prize for Poetry
「私の父がだれであったとしてもそんなことは関係ない。大切なのは私自身の父の思い出だ」
--アン・セクストン、ピューリッツァー賞受賞詩人
(訳 舟田譲二)


6月の第3日曜日、一昨日は父の日でした。
6年に1回、私の誕生日である6月21日に父の日が回ってきます。前回が2015年だったので、来年また誕生日と父の日が重なります。
で、いつも父の日が来るこの時期になると、私も自分の父のことを思い出すのです。
皆さんのお父さんの思い出はどのようなものですか?


アン・セクストンは、1967年に「生か死か」という詩でピューリッツァー賞を受賞しています。
この詩の中で、彼女は自らの鬱病・躁鬱病、自殺願望と自殺未遂、という長く続いた苦しい体験を綴っています。また家族との関係や、夫にDVや性的暴行を受けたことなどプライベートなことまで明かしています。
また死後に明かされたセラピストとの不倫など、かなり人間関係でドロドロとしたところを通ってきたこともあり、それらを苦にして自宅の車庫の車の中で一酸化炭素中毒で自らの生を絶っています。


ちょうど2年前、私が協力牧師を務める湘南見附キリスト教会で洗礼式がありました(「統合型リゾート(IR)設置案に物申す」)。
彼のものすごい証しが「ギャンブル依存症になって憎んだ父も、いつか幸せになってほしくて。依存症経験者のサポートをする金井駿さん」に載っています。


まさに彼の父親に対する思いが今日のアン・セクストンの言葉と重なります。
「私の父がだれであったとしてもそんなことは関係ない。大切なのは私自身の父の思い出だ」


人間関係で大変な経験をして苦しんできたセクストンでしたが、自分の父親の思い出はきっと宝のように大切にしてきたのでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

試練はプレゼント

2019.06.15日
CvtfUZeWEAASusv.jpg


"Challenges are gifts that force us to search for a new center of gravity. Don't fight them. Just find a new way to stand."
--Oprah Winfrey   (1954 - ) Media Executive, Actress, Talk Show Host, Television Producer, Philanthropist
「試練は、新しい重心を探させてくれるプレゼントのようなもの。試練に抵抗してはだめ。新しい立ち位置を探せばいい」
--オプラ・ウィンフリー、メディアエグゼクティブ・女優・トークショー司会者、テレビプロデューサー・慈善家
(訳 舟田譲二)


オプラ・ウィンフリーについては、これまで10回以上このブログで取り上げています。
彼女のプロフィールは上に書いたとおりで、とても立派なのですが、その履歴を見ればだれでもびっくりします。
オプラは未婚のティンエイジャーのカップルの間に生まれ、子ども時代を祖母・父親・母親の元を転々として育ちました。
彼女の血筋は89%がブラックアフリカ人、8%がアメリカインディアン、3%が東アジア人の系統といいます。
9歳の時に親戚に強姦されるなどの性的虐待を経験していて、決して恵まれた環境の下に生まれ、育っているわけではありません。


しかし、これらの試練や逆境に対して、その後アメリカで最も高い評価と人気を得るトーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」の司会者になり、この番組で彼女はエミー賞を受賞しています。
女優としてもアカデミー賞にノミネートされた経験を持つ演技派。
アフリカ系アメリカ人の中では一番の億万長者で、世界唯一の黒人ビリオネア(10億ドル以上の資産家)でもあり、『最も影響力を持つ女性』として名前を挙げられます。
これまでに250億円とも推定される寄付をしてきています。


彼女は見事に、「試練は、新しい重心を探させてくれるプレゼントのようなもの。試練に抵抗してはだめ。新しい立ち位置を探せばいい」を体現した人です。
だれの人生にも試練は不可避です。
試練が問題ではなく、試練にどう対処するか、これこそが一番大切なことです。
オプラが言うように、試練そのものをプレゼントと考えると、私たちの生き方は180度変わってきます。
試練の中で、重心の置き所、立ち位置を今一度点検してみてはどうでしょう?


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

喜びと悲しみ

2019.06.14日
shared-joy-is-a-double-joy-shared-sorrow-is-half-a-sorrow-14.jpg


"Shared joy is a double joy, shared sorrow is half a sorrow."
--Swedish proverb
「喜びは分かち合うと倍になり、悲しみは分かち合うと半分になる」
--スウェーデンの諺
(訳 舟田譲二)


じつはこのテーマ、調べたところこれまでこのブログに4度書いていました。
それぐらいこの考え方が好きで、私の信念とも言えます。
そして普段の生活の中で実践しています。
スウェーデンの諺とは知りませんでしたが、きっとどこでも同じような考え方があるのだと思います。


皆さんもこのような経験がありませんか?
嬉しいときにはみんな家族や友達などに話しますよね。
そしてみんなに喜んでもらうとなお一層幸せな気持ちになります。
さらに聞いた人も一緒に幸せな気持ちになりますよね。いわば幸せのお裾分けです。


それではぎゃくに悲しいことや辛いことがある場合は?
これもやはり私たちは人に話します。
話すと心が軽くなります。
自分ひとりだけで悩みごとを抱えていると、どんどん気が重くなり、ひどい場合は、病気にさえなります。


じゃ、人の悩みや辛い話を聞いた人はどうでしょう?
人の悲しみや辛い話を聞くことによって、その人と心を一緒にすることができ、人助けになるだけでなく、自分自身のためにもなります。
これは、sympathy(同情)と empathy(共感)によって自分自身の心を情緒豊かにすることができます。
心を柔らかにすることは若さを保つ秘訣にもなります。お年寄りで顔や声の表情が豊かな人は若々しいですが、顔などの表情がこわばっている人は年齢以上に老けているように見えます。
テレビでドラマを観ていても同情と共感力をつけることができます。(「再びsympathy(同情)と empathy(共感)について」


ということで今日の名言、
「喜びは分かち合うと倍になり、悲しみは分かち合うと半分になる」
はただ単に真理であるだけでなく、周囲の人のみならず自分自身のためにもいいので、おススメです。


「喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい」
(ローマ人への手紙12:15)


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

生きる力

2019.06.13日
1472005676450-the-greatest-good-you-can-do-for-another-is-not-just-share-your-riches-but-to-reveal.jpg


"The greatest good you can do for another is not just share your riches, but to reveal to him his own."
--Benjamin Disraeli  (1804 – 1881) British Statesman, Prime Minister, Novelist
「人にしてあげることができる最大の善は、たんに富を分け与えることではなく、その人が持っている富に気づかせてあげることだ」
--ベンジャミン・ディズレーリ、イギリスの政治家・首相・小説家
(訳 舟田譲二)


「人にしてあげることができる最大の善は富を分け与えること」と一般には考えられ、多額の寄付をする慈善家が世間の注目を集めます。
これはこれで素晴らしいことです。
富を独り占めして他人に一切分け与えないで贅沢な生活をしている人もいるのですから。


でも、ここでベンジャミン・ディズレーリが言っている「人が持っている富に気づかせてあげること」というのは、篤志家と同様に、あるいはそれ以上に偉大なことかもしれません。
というのは、多額の寄付や慈善行為ができる人というのは世界ではほんのわずかですが、人がもれなくみんな持っているその人独自の素晴らしさ(富)に気づかせてあげることは、だれにもできることだからです。


ちょうど、老子の格言『授人以魚 不如授人以漁』と似ているかもしれません。
「人に魚を与えると1日で食べてしまう。しかし人に釣りを教えれば生涯食べていくことができる」
という有名な話です。


人はみんな素晴らしい能力、無限の可能性を持ってこの世に生を受けていますが、多くの人はそれに気づいていません。
「自分は大した人間ではない」
「こんな程度の人間だ」
と、セルフイメージが低いため、自らの持てる可能性という「富」に気づかないまま、埋もれさせたまま一生を終える人がこの世の中の大半ではないでしょうか。


去る5月27日にNHKで放映されたドキュメンタリー『逆転人生「ヤクザから牧師へ 壮絶な転身 人生はやり直せる」』などは、そのいい例でしょう。


2016-04-12_151501.png


この中で紹介されている鈴木啓之さんは、かつては暴力団員で名うての博打うち。
多額の借金を背負い、死の淵まで追い詰められる。しかし裏切り続けた妻に救われ、生き方を180度変えた。今度は自分がより所のない人の支えになりたい。元受刑者などを受け入れ、再出発を応援するが、再犯者が出るなど厳しい現実に直面する。それでも「人生は必ずやり直せる」という。


自分の内にある無限の価値、「富」に気づくなら、人生の意味はまったく変わるのです。
それを気づかせてあげるというのは、「富」を与えること以上に、いや、それよりはるかに尊いのではないでしょうか。
それに気づいた鈴木啓之さんは、自分の人生をそのことのために捧げて、これまで数えきれないほどの人たちに「人生は必ずやり直せる」ということを教えておられます。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

幸福になる秘訣

2019.06.12日
quote-happiness-mahatma-gandhi-happiness-is-when-what-you-think-what-you-say-and-what-you-do-are-in-harmony.jpg


"Happiness is when what you think, what you say, and what you do are in harmony."
--Mahatma Gandhi - 1869-1948 - Indian Activist
「幸福とは、考えていることと、言っていること、そしてしていることが調和しているときに訪れるもの」
--マハトマ・ガンディ
(訳 舟田譲二)


マハトマ・ガンディの言葉は、このブログでも何度も取あげてきていますが、今日の言葉はすごくビンビンきます。まことに至言です。


言い換えると、「考えていることと、言っていることと、していることが調和していない」なら、幸福になれるわけありません。
心の中で悪いことを考え、悪態をつき、人に迷惑をかけるようなことをする人が幸福にはなれません。


私は常々、このガンディの言葉を実践するよう意識しています。
もし、万が一、調和していないことがあったりしたら、たちまち精神的に不安定になり、不幸な状態になります。それがわかります。
ですから、そのようなときは、すぐに軌道修正するようにします。
そして、思考と言葉と行動が一致できるようになると、すぐに幸せな気持ちになります。


もちろん生身を持った人間ですから、人の言うことや行動で傷ついたり、不快になることもあります。でも、それを引きずらないようすぐに思考を変え、「感謝します」「ありがとうございます」と独り言を言ったり、祈ったりし、そして忘れるよう努めてあたかもそのような不快なことがなかったかのような行動を取るようにします。
すると、「あら、不思議」!
本当に幸せな気持ちに包まれます。


ぜひお試しください。
すごい効果に驚きますよ。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

成功とは偶然のものではない

2019.06.11日
motivational-quotes-female-athletes-motivational-quotes-for-athletes-by-athletes-motivational-quotes-female-athletes.jpeg


"Success is no accident. It is hard work, perseverance, learning, studying, sacrifice and most of all, love of what you are doing or learning to do."
--Pele 1940 -  
「成功とは偶然のものではない。厳しい練習と、忍耐、学習、研究、犠牲などが伴う。しかし何よりも大切なのは、自分がしていることあるいは学んでいることに惚れ込むことだ」
--ペレ、元サッカー選手
(訳 舟田譲二)


昨日の記事、「ひたすら前進し続ける」では競泳界の王者、マイケル・フェルプスをご紹介しましたが、今日は「サッカーの王様」ペレです。


ブラジルの元サッカー選手ペレは、15歳でデビューしてからブラジル代表のエースとして3度のFIFAワールドカップ優勝するなど、1977年に引退するまでの22年間で通算1363試合に出場して1281得点を記録し、サッカー史上最高の選手の一人に数えられています。


靴磨きの仕事で家計を助けたりして、サッカー選手とはまったく無縁の人生を送っていましたが、父親からサッカーを学び、サッカーに惚れ込んだひとりの少年はやがてサッカーの王様に変身します。しかし、決して簡単なことではありませんでした。
1956年にサントスに入団したときには、体重が60kgに満たないきゃしゃな体つきであったこともあってすぐにトップチームでプレーすることはできませんでした。


「成功とは偶然のものではない。厳しい練習と、忍耐、学習、研究、犠牲などが伴う。しかし何よりも大切なのは、自分がしていることあるいは学んでいることに惚れ込むことだ」
と語っているように、彼は何よりもサッカーに惚れ込んでいました。


mindset.jpeg


「成功」とは海面の上に出ている氷山のようなもので、その下には「粘り強さ」「失敗」「犠牲」「失望」「良い習慣づけ」「努力」「コミットメント」など、目に見えない膨大な部分が隠れているのです。
これらを耐え忍び、貫徹する人のみが成功します。


しかし、ただ歯を食いしばって苦しみながら耐えるのではなく、ペレも言っているように何よりも大切なのは、やっていることに惚れ込むことです。
これさえあれば、どんな苦しいことにも耐えられますし、やがて必ず日の目を見て成功を収めることができます。


「成功」は必ずしも、大会社の社長や、学者、政治家、スポーツ選手、芸術家、俳優、優秀な学生などのような派手なものである必要はありません。
人目につかないごく平凡なひとりの父親・母親として、夫・妻としての成功もあり、ひとりの人間として幸せで有意義な、悔いのない人生を送ること、これも立派な「成功」です。
でも、その成功を収めるためにも、同様に海面下の粘り強さや失敗、犠牲、失望、良い習慣づけ、努力、コミットメントなどが欠かせません。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

小さな親切

2019.06.09日
aesop2-2x.jpg


"No act of kindness, no matter how small, is ever wasted."
--Aesop
「たとえどんなに小さな親切でも無駄になることは決してない」
--イソップ物語
(訳 舟田譲二)


中学2年生のとき、社会科(歴史)を教えていた粟津先生が授業中、エスペラント語のことを話してくれました。
エスペラント語というのは、ポーランドの眼科医ザメンホフが世界中でみんなが共通語で話し合えたら、もっとお互いの理解が進み、平和になるだろうと考えて作った人工語です。
エスペラント語に興味ある人には放課後教えてあげる、と言ったので英語が好きだった私は友達を2〜3人誘って早速先生のもとを訪ねました。


ラテン語を基本にしているのですが、とても簡単であっという間に話せるようになりました。
そして『イワンのばか』というエスペラント語で書かれた短編小説が読めるまでになりました。
ちょうどその年、私の住んでいた京都で国際エスペラント語大会が開かれるということで、世界中から大勢のエスペランティスト(エスペラント語使用者)が集まりました。
粟津先生と一緒に二条城に行って、外国から来た人の通訳を片言のエスペラント語ですることができました。


大学時代には、学友を誘って今度は私がエスペラント語を教えました。
このことがきっかけで、私はその後言語学に興味を持つようになり、大学卒業後はアメリカに留学し2つの大学院で言語学を学ぶことになったのです。
学んでから55年経った今でもエスペラント語は覚えていて、本も読めます。
卒業して帰国し、京都の仁和寺前で文房具屋さんを営んでおられた年老いた恩師を訪ねてエスペラント語を教えてくださったお礼を言ったところ、よく覚えていてとても喜んでくださいました。


イソップ物語の中に「アリとハト」というのがあります。



困っている人に親切にするといつか巡り巡って自分のところに返ってくる、ということを教えている寓話です。


留学当時知り合ったアメリカ人の方から数日前、思いがけずフェイスブックで友達リクエストがきました。
とても親しくなり、家族ぐるみのお付き合いをして、食事やパーティによばれたり、何度も旅行に連れてもらったりしました。
クリスチャンになるきっかけになったのもこの友人、デニスのお陰です。また、貧乏留学生時代、毎月献金して支えてくださいました。
彼からのメールには次のようにありました。
「君のことを何十回もいろんなところで話してきた。あれからもう40年も経つ。息子は45歳でふたりの男の子が、娘は40歳で3人の女の子がいる。自分は今も教会で活動している...」
と長い近況を知らせてきてくれ、私も近況を知らせて昔の友情が復活しました。


デニスは当時、大きな家に住んでキャデラックに乗っていて、私から見るとまるでお父さんのような存在で、彼のことを「ビッグダディ」(パパ)と呼んでいたのですが、なんと私とたった2歳違いでした。
留学中の私の長男と住んでいるところがそう遠くなく、息子の卒業式のときにぜひ再会しようと言ってきました。
いろんなところでいろんなつながりがあり、それが今も生きていることがとても嬉しくなりました。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

持てる者が豊かではない

2019.06.08日
quote-1710.jpg


"Not he who has much is rich, but he who gives much."
--Erich Fromm - 1900-1980 - German Social Psychologist
「持てる者が豊かではない。与える者が豊かだ」
--エリッヒ・フロム、社会心理学者
(訳 舟田譲二)


私たちの「豊か」「金持ち」の定義はお金や財産などたくさん持っている人のことです。
確かに、大きな家に住み、別荘を持ち、高級車に乗り、大型クルーザーを持ち、海外旅行をし、美味しいものを食べ、贅沢している人は豊かです。豊かでない人にとって、これはまるで夢の世界です。


日産自動車のカルロス・ゴーン元CEOなど、この基準から言えばものすごい金持ちで豊かです。
まだ現段階では真実は明らかになってはいませんから断定的なことは言えませんが、これまでに報道されていることを見る限り、ん?とちょっと首を傾げざるを得ません。多くの人が今まで描いていたゴーン像が崩れつつあります。


マザー・テレサなどはこの正反対の人生を送りました。
自らは貧しい生活を送り、その中で貧しい人たちに寄り添い、さらに多くを与えていました。
さて、本当はどちらが豊かなのか、と言われればおそらくだれもがマザー・テレサだと答えることでしょう。


でも、持たない人は人に与えるものさえないではないか、と言う人もいるでしょう。
与えるものは必ずしもお金や物とは限りません。
自分にできることをする、それが本当の与えることです。


アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外にあるサドルバック教会はメガチャーチとして知られています。その敷地の広さは120エーカー(東京ドーム約10.5個分)で、まるで大学のようなのでキャンパスと呼ばれています。
教会の活動には、週に約22000人が参加し、囚人や、社長、中毒者(麻薬、アルコール)、シングルの親、HIV感染者など様々な人に対して奉仕をしています。4万2000人のホームレスの人々に「1日3食を40日間」の食料援助を行ったこともあるそうです。


聖書にも
「受けるよりは与える方が、さいわいである」(使徒20:35)
とあります。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

楽しみながら働く

2019.06.06日
unknown1%20%281%29.jpg


"Choose a job you enjoy, and you will never have to work a day in your life."
--Unknown
「自分が楽しめるような仕事を選びなさい。そうすれば一生の間一日たりとも働かなくてよくなります」
--作者不詳


NHKの朝ドラ『なつぞら』がずっと高視聴率を続けています。
配役がとてもよく、一人ひとりの俳優が素晴らしい演技をしていますし、演出も抜群です。
1回ごとにいろいろ教えられることがたくさんあります。とてもいい番組です。
8週目からは、主人公の奥原なつが念願かなってアニメーターになるべく東洋動画に就職します。
なつは北海道では柴田牧場でも楽しみながら一生懸命働いていましたし、東京に出てきてからは新宿の川村屋で皿洗いも一切手抜きすることなく真面目に丁寧な仕事をしていました。
でも、なつが本当にやりたいことは漫画映画制作をすることでした。
一度就職試験で落ちましたが、どうしても夢をあきらめることができず、再チャレンジして仕上課でセル画に色を塗る仕事に就きます。
隣りの席で仕事をしている6か月先輩の桃代からいろいろ教えてもらいながら仕事をします。


natuzora.jpg


単純作業なのですが、なつはこれも一生懸命。桃代はそんななつを見て驚きます。
桃代は自分の仕事はただ生活のためにしているだけで、仕事が楽しいなんて考えてみたこともなかったのです。


楽しめる仕事に就くことが成功する秘訣です。
でも大半の人は、とくに好きでもないけれども生活のために仕事をしています。
ただ生活のために、お金のために働いている人は目が死んでいます。
でも楽しみながら仕事をしている人は目が輝いています。


冒頭の言葉に、
「自分が楽しめるような仕事を選びなさい。そうすれば一生の間一日たりとも働かなくてよくなります」
とありますが、私たち日本人にすれば「仕事をする」=「働く」ことで、ちょっと矛盾しているように感じるかもしれません。
ここで使われている言葉は "work" ですが、言い換えると "labor" 「労働」といった感じです。


"labor" は苦しみを伴う仕事で、女性の出産のときにも「陣痛」という意味で使われる言葉です。
同じ仕事をするなら苦しみながら労働するより、楽しみながら生き生きと働きたいものです。


でも、今就いている仕事がたとえ楽しくなくても、思考を変えることによって楽しくなることもあります。
皆さんはいかがですか? 楽しみながら働いていますか?
単純な作業や、家事や育児などでも楽しみながらやれば疲れも吹っ飛んでしまいます。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

貧しさと豊かさと貪欲

2019.06.04日
29-Most-Inspirational-Wealth-And-Money-Quotes-Of-All-Time.jpg


"It is not the man who has too little, but the man who craves more, that is poor."
--Seneca 4BC-AD65 - Roman Philosopher
「貧しい人とは持たない人ではなく、さらに欲しがる人のことだ」
--セネカ、紀元前4年〜紀元65年 古代ローマ哲学者
(訳 舟田譲二)


現代のような豊かな時代でなく、今から約2000年も前の時代に生きていた古代ローマの哲学者が上のようなことを言っているというのは驚きです。
というか、人というものはきっといつの時代も本質的に変わらないということの証拠でなのしょう。
人は貧しい、あるいは豊かであるにかかわらず、つねにもっと欲しがるものです。
欲望には際限がありません。
持てば持つほどさらに欲しがるものです。


しかし、欲望そのものが悪なのではありません。
人に限らず地球上のすべての生きとし生けるものは、欲望を持って生まれてきます。
たとえ小さな蟻や、池などに住む体長2〜3ミリのミジンコのようなプランクトンでも、生きるために必死で餌を探して食べています。



小太りのミジンコちゃんが忙しそうにお食事している様子


でも、人間の場合、単に生きるためというよりも、ちょっとやっかいな地位や名誉や財産、快楽、贅沢などといったことのためにとめどなく求めます。
これらは生きていくために絶対必要というものではなく、むしろ邪魔にすらなり得るものです。
飽くなき欲望は危険ですらあります。ときにその目的達成のために嘘をついたり、人を騙したり殺したりしてでも金銭や物を奪おうとします。
人間と動物が決定的に異なる点はここにあります。


幸せな生き方というのは、与えられているものに満足すること、それと同時に向上を目指すことで、このふたつは決して相矛盾するものではありません。


「人が誘惑に陥るのは、それぞれ、欲に引かれ、さそわれるからである。
欲がはらんで罪を生み、罪が熟して死を生み出す」
(ヤコブの手紙 1:14, 15)


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

結果を出すことがすべて!?

2019.06.02日
Quotation-Jack-Dixon-If-you-focus-on-results-you-will-never-change-If-53-17-80.jpg


"If you focus on results, you will never change. If you focus on change, you will get results."
―Jack Dixon - Welsh Rugby Union Player
「結果にこだわっていると決して変われない。変化にこだわっていると結果にたどり着く」
―ジャック・ディクソン、ウェールズ・ラグビーユニオン選手
(訳 舟田譲二)


結果にこだわる人がとても多いように思います。
この世は「結果を出すことがすべて」という風潮があります。
子どもは学校で、スポーツやブラスバンドなどの部活で競い合い、結果を出そうとします。そして、毎回のテストで、最終的には入試で結果を出すことが求められます。
社会に出るとさらに拍車がかかります。会社や研究などの場でも、みんな結果を出すために競い合います。
世界全体がそうです。
ある意味、弱肉強食の世界です。


みんなこれが当たり前だと思っています。これが正しいと思っています。
しかし、気をつけなければいけないことがあります。
5月28日に川崎で起こった児童らの殺傷事件は、社会に抹殺された(と自分で思っている)人によって引き起こされた、いわば社会に対するリベンジ(復讐)のようなものです。
あまりにも結果にこだわるあまり、勝ち組と負け組に分かれてしまい、結果を出せない人はこの世の落伍者、脱落者になってしまうのです。


本当は勝ち組と負け組でなく、みんなが互いに思いやり、助け合い、補い合うような関係になれば、決して復讐劇など起こらないのではないでしょうか。


「結果を出すことがすべて」という考え方をしていると、望む結果が手に入らないと落ち込んだり、自暴自棄に陥ったりします。
結果にこだわっていると人は変われません。でも、結果よりも変化にこだわるならば、結果は自然とついてくるものです。
皆さんもそのような経験がありませんか?


受験において成功することはもちろん大切です。でも、成功する人と成功しない人が必ず生まれます。失敗した人は落伍者でしょうか。
受験で失敗した人の中には、まるで人生の終わりみたいに落ち込んでしまう人がいます。
お受験の国、韓国では10代の死因で一番多いのは自殺で、その理由のトップが成績不良や受験の失敗です。小学生でさえ成績不振のために自殺する子がいるそうですが、これは明らかに行き過ぎです。


結果を得るために本当に大切なのは過程、すなわち自分が変化することです。
変化を通して悔いのない過程を送っていたなら、たとえ結果が出せなくてもそれを素直に受け入れることができ、さらにその結果を生かして、次の成功につなげることができます。


ウェールズのラグビー選手、ジャック・ディクソンが言っている言葉は真理です。
「結果にこだわっていると決して変われない。変化にこだわっていると結果にたどり着く」


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

大きなことができなくても

2019.05.27日
1483732162885-not-all-of-us-can-do-great-things-but-we-can-do-small-things-with-great-love.jpg


"Not all of us can do great things, but we can do small things with great love."
--Mother Teresa - 1910-1997
「私たちのみんなが大きなことができるわけではありません。でも、大きな愛をもって小さなことなら私たちにもできます」
--マザー・テレサ
(訳 舟田譲二)


マザー・テレサの名言はこれまでたくさんこのブログでご紹介してきました。
どれもこれも心を打たれる言葉ばかりです。
今日の名言はとくに私の心を打ちます。


私の友人で大きな企業を経営している人がいます。
この人は昨年はカンボジアの中学校に校舎を、今年は幼稚園を寄贈しています。
教育に関連した素晴らしい慈善事業を展開していらっしゃいます。


マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏の2017年度の寄付総額は48億ドル(日本円で約5200億円)。
フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は2015年12月、保有するフェイスブック株の99%、450億ドル(約5.5兆円)相当を「人の可能性の追求と平等促進」のために寄付すると発表しました。


このような慈善事業家が世界には100人以上もいます。
富の一極集中ということで批判も多いですが、この寄付行為そのものは素晴らしいことです。
私たち一般人は当たり前のことですが、逆立ちしようが何をしようが真似できないことですし、また真似する必要もありません。


マザー・テレサはインドのスラム街で清貧な生活を送り、病や貧困に苦しむ人、孤児の救済に生涯を捧げました。
これも素晴らしいことですが、やはり私たちには真似できないことです。


でも、私たちにできることも同時にたくさんあります。
小さなことでいいのです。
自分の普段の生活の中で、自分にしかできないこと。
小さいことを、愛を持って。
あなたにできることは何でしょう。
「私たちのみんなが大きなことができるわけではありません。でも、大きな愛をもって小さなことなら私たちにもできます」


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

セルフイメージ

2019.05.25日
2630266-Maxwell-Maltz-Quote-Our-self-image-strongly-held-essentially.jpg


"Our self image, strongly held, essentially determines what we become."
--Maxwell Maltz, (1899 – 1975) Cosmetic Surgeon
「セルフイメージを高く持つかどうかで、自分がどうなるか決まる」
--マックスウェル・モルツ、美容外科医
(訳 舟田譲二)


マックスウェル・モルツの書いた『サイコ・サイバネティクス』(1960)は、世間を驚愕させました。
彼の手によって美容整形を受けた女性の術後の変化を調べてみたところ、ほとんどの女性が美しくなってセルフイメージが高くなり幸せになっていたのですが、数人の例外がありました。
これら例外の女性たちは、周りの人たちは綺麗になったと言うにもかかわらず、自分たちはそう思わず手術前と変わらない低いセルフイメージを持っていたのです。


その逆に、周囲の人たちが手術をしたことにまったく気づかなかったにもかかわらず、手術によって美しくなったと思っている人たちは幸せになっていました。


このことから、ドクター・モルツは整形手術によって美しくなることが人を幸せにするのではなく、その人が「自分が美しくなった」と思うかどうかによって人生が変わるということに気づきました。


これは美容整形に限ったことではありません。
痩せている・太っている、背が低い・高い、目が大きい・小さい、一重まぶた・二重まぶた、丸顔・面長など容貌に関するものから、神経質・大ざっぱなど性格や、声が低い・高い、家系や学歴、住んでいる家、持っている車、衣服等々挙げだせば切りがありません。
ありのままの自分をそのまま受け入れている人は悩みませんが、人と比べて自分は...と思って劣等感を感じている人はともすれば、傷ついたり、落ち込んだり、あるいは逆に人目に恵まれているため高慢になり人を見下したりして結局満足することを知らず、幸せになれないでいるのです。


昔聞いた話ですが、アイルランドのひとりの少女の顔全体が真っ赤なあざでおおわれていました。
しかし、この子はそのことを全く苦にしていず、ほかの子よりも高いセルフイメージを持っていました。
生まれたときからずっと両親が温かく、愛情いっぱい育て、顔のあざのことを次のように言っていたのです。
「お前が生まれるときに、天使がキスをしてくれたんだよ。だから顔についているのは天使のキスマークなんだ。人が何と言おうと全然気にすることはない。むしろ天使のキスマークを誇りに思いなさい。
お父さんとお母さんは、どこかに行ったときなど子どもがたくさんいるときでも、天使のキスマークのお陰で、お前がどこにいるかいつでもすぐにわかるし、それでこれまでどれだけ助かってきたかわからない。
お前はお父さんとお母さんの一番大切な宝物だよ」


あなたはいかがですか?
ありのままの自分を受け入れて、高いセルフイメージを持っていますか?


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

言霊

2019.05.22日
John-1.1-world.jpg


"In the beginning was the Word.
And the Word was with God,
and the Word was God."
(John1:1)
「初めに、ことばがあった。
ことばは神とともにあった。
ことばは神であった」
(ヨハネの福音書1:1)


言霊(ことだま)という言葉をお聞きになったことがきっとあると思います。
日本に古くからある観念です。
ひと言でいうと、
「霊的な力が言葉に宿っている」
という意味で、声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こる、と日本では昔から信じられていました。


ところが最近科学が発達して、いろいろなことが分かってきました。
私たち人間の脳は、大脳辺縁系と大脳新皮質からなっています。
大脳辺縁系はいわゆる自律神経系と呼ばれるもので、体のリズムをコントロールする機能を持っていて呼吸や心拍、消化、吸収など、無意識のうちに行われています。
大脳新皮質は、物事を考えたり、判断するなど、人間の意思の部分を担当しています。
人間と動物が根本的に違うのは、この大脳新皮質の顕著な働きです。


大脳新皮質が描くイメージに大脳辺縁系(自律神経系)は自然と反応します。
両者は想像力によって結ばれているので、悲しいことや苦しいことを考えると、大脳辺縁系はそれに反応してあまり良くない影響を身体に与えます。
逆に楽しいことやわくわくすることを考えていると、無意識のうちに笑顔が生まれ、身体も元気になります。
(以上、『あなたが変わる「くちぐせ」の魔術』より)


ということで、言霊は決して宗教的、また空想上のものではなく、現実に存在するのです。
そのことは、聖書の中にもはっきりと記されています。


「初めに、ことばがあった。
ことばは神とともにあった。
ことばは神であった。
この方は、初めに神とともにおられた。
すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない」
(ヨハネの福音書1:1-3)
「初めに、神が天と地を創造した。
地は形がなく、何もなかった。
やみが大いなる水の上にあり、神の霊は水の上を動いていた。
そのとき、神が『光よ。あれ』と仰せられた。すると光ができた
(創世記1:1-3)


言葉は至高者である神ご自身であり、神が完璧なご意思を持って言葉によって万物を造られたのです。
はるか昔のある日、偶然に物が生まれ、それが突然変異して生命になり、どんどん進化して動物になり、やがて人間になったのではありません。
進化論には意味も目的も何もありません。すべてが偶然の上に偶然が重なってできたものだからです。


これまでこのブログで私個人の身体の不調や痛みを度々訴えてきましたが、本当に申し訳ありませんでした。皆様にご迷惑、ご心配をおかけしてきたことを反省しています。
これからは痛いとか、辛いとか言わずに、「ありがとう」とか「感謝します」という肯定的な言葉を使って、言霊のお世話になろうと思っています(笑)。
一人ひとりの命に、人生に意味があるのですから、創造された神様ご自身が必ず責任を持って癒されると信じています。
乞うご期待!


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

人生は一度限り

2019.05.03日
Life-Quotes_rain-1.jpg


"Laugh your heat out.
Dance in the rain.
Cherish the memories.
Ignore the pain.
Love and learn.
Forget and forgive.
Because remember
YOU ONLY HAVE ONE LIFE TO LIVE."
「心から笑いなさい。
雨の中で踊りなさい。
思い出を大切にしなさい。
痛みは無視しなさい。
愛し、学びなさい。
忘れ、赦しなさい。
なぜなら
人生は一度限りだから。

(訳 舟田譲二)


「人生は一度限り」です。
賢く生きなければなりません。
だから、
「心から笑いなさい。
雨の中で踊りなさい。
思い出を大切にしなさい。
痛みは無視しなさい。
愛し、学びなさい。
忘れ、赦しなさい」と教えています。


「心から笑う」のは、健康のために欠かせない、病気の一番の予防薬であり、また治療薬です。
「思い出を大切にする」のは人間だけにできることです。思い出のお陰で、辛い、悲しい、苦しい中を通るとき将来に希望が持てます。逆に、辛い、悲しい、苦しい思い出をバネにして力強く生きていくこともできます。
「痛み」を身体や心に感じ、覚えていると、それが癖になってなかなか痛みから抜け出すことができません。これはまさに私自身が今経験していることです。ですから、「痛みは無視」するのが一番なのです。
人や自然や芸術、スポーツ、学問等々を愛することは人生においてかけがえのないことです。
愛がなければ人生はとても空しいものになってしまいます。
そして、人生生きている限り学び続けるのです。私たちは死ぬまで成長し続けることができます。
最後に、「忘れる」ことと「赦す」ことの大切さ。
人や国などが過去にしたことをいつまでも根に持っていると未来永劫、憎しみや復讐心から解放されることはありません。あらゆる人間関係、国家関係、民族関係などにおいて、過去を忘れ、赦すことは将来の無限の可能性につながります。


「心から笑い、思い出を大切にし、痛みは無視し、愛し、学び、忘れ、赦す」
これらはすべて一回限りの人生を幸せに生きるために大切なことであることはよくわかります。
しかし、「雨の中で踊りなさい」というのは何を意味しているのでしょう。
こんなことする人が実際にいるでしょうか。また、やって一体なんの役に立つのでしょう。
これは、2年前の記事「嵐の中で」の中にも書きましたが、必ずしも文字どおり「雨の中で踊る」ということではありません。
「雨や嵐の中で踊る」とは、その中にいつまでもとどまっているのではなく、立ち上がって外に出る、行動するということを意味しています。
ここから新しい道が開けていきます。


さあ、人生は一度限り。
悔いのないよう、私たちも行動を起こしましょう。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

アインシュタインおススメ人生論

2019.05.01日
9D0CBF21-442D-4580-B50F-68F0DEB165FE.jpeg


“If you want to live a happy life, tie it to a goal, not to people or things.”
―Albert Einstein - 1879-1955 - Theoretical Physicist
「幸せな人生を送りたかったら、目標を見つめなさい。人や物事を見つめていてはいけない」
―アルベルト・アインシュタイン、理論物理学者
(訳 舟田譲二)


人生の目標から目を離さないことは何よりも大切です。
私たちはとかく目標ではなく、目の前の人や物事に目を向けてしまいがちです。
人や物事に心を奪われていると、私たちは決して幸せにはなれません。


人や物事で確かに心は満たされます。ある程度は。そして一時的には。
でも、形のあるものは永遠ではありません。終わりがあります。
飽きがきたり、壊れたり、失ったりするときが必ずやってきます。
永遠に続く真に価値あるものに目を注いでいると、たとえ愛する人や物事を失うことがあっても、私たちは大丈夫です。どのような境遇の中でも生きていくことができます。


アインシュタインのおススメ人生論はこれです。
「幸せな人生を送りたかったら、目標を見つめなさい。人や物事を見つめていてはいけない」


そして、これは聖書の教えと一致します。
「わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである」
(コリント人への第二の手紙 4:18)


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

恋人と夫婦の違い

2019.04.29日
unnamed%20%283%29.jpg


上の「恋人と夫婦の違い」、実に言い得て妙です。
ほとんどの人が思い当たる節があって、「そのとおり!」と言うのではないでしょうか。


1.恋人はいつ関係が壊れるかわからないので「不安との戦い」ですが、夫婦はたとえお互いにどれだけ愛し合っていたとしても、生活が絡んでくるので感情の行き違いなども起きて「不満」が出てくるのは避けられません。これはある意味当たり前の現象。
「不安」(ふあん)と「不満」(ふまん)はたった一字の違いですが、中身は大違い。
もし、恋人間に不満があって夫婦間に不安があったら、これは大問題。一刻も早くお互いの関係を修復しないと取り返しのつかないことになります。


2.恋人と一緒にいるときは「ときめき」ますが、夫婦になるとときめきはいつの間にか冷めて、それが「信頼と安心」を築く関係に成長していきます。夫婦になっても「ときめき」があれば、それはそれで素晴らしいことですが、それを「信頼と安心」という関係に深めていかなければなりません。


3. 恋人は燃え、お互いに快楽を求め合いますが、夫婦になるとやがて時とともに次第に冷めていきます。しかし、それはやがて「忍耐」に変わり、さらに「寛容」という成熟した関係になっていきます。夫婦になっても恋人のときの快楽をいつまでも求めていると、それは不倫という道を外れた関係に陥ることにもなりかねません。


4. 恋人と夫婦の大きな違いは、やはりなんと言っても「責任があるかないか」でしょう。夫婦は様々な状況でお互いに責任を負い合う関係に成長していくものです。


5. 恋人は半分夢の中で生活していますが、夫婦は現実の世界の中で日々生きています。


6. 「夫婦は他人」とよく言いますが、それは血がつながっていないから。でも、血のつながり以上に強い夫婦という絆でつながれ一体となります。


7. 恋人は気持ちのつながりであるのに対し、夫婦は相手の家族や出自をありのまま受け入れる覚悟が必要になります。


8. 恋人同士は点と点、独立しています。夫婦は線でつながっています。


9. 恋人はいつも一緒にいたいという情熱がつのりますが、夫婦は愛情があふれるようになります。


10. 恋人は相手に完璧を求めますが、夫婦は相手の弱さを認め、受け入れます。


11. 恋人は幸せ気分を味わいますが、夫婦は幸せを生み出していきます。


12. 恋人はお互いに見つめ合いますが、夫婦は一緒に同じ方向を見つめます。


13. 恋人は休日ごとに娯楽で一緒に過ごします。夫婦は日常生活を共に過ごします。


14. 恋人はいざとなれば取り替えがきく自由な関係。しかし夫婦は運命共同体。


上に挙げられているような夫婦関係に入ることの覚悟ができていない人は、結婚すべきでないかもしれません。また、すでに結婚している人はこのような夫婦関係に成長していけるよう努めなければなりません。そうでなければお互いに不幸になり、さらに家族や親族まで不幸の道連れにすることにもなります。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

人生で犯す最大の過ち

2019.04.24日
Greatest-mistake-in-life-is-fearing-you-will-make-one-1000px.jpg


"The greatest mistake you can make in life is to be continually fearing you will make one."
ーーElbert Green Hubbard  (1856 - 1915)  Writer, Publisher, Artist, Philosopher
「人が人生で犯す最も大きな過ちは、過ちを犯すことを常に恐れることである」
--エルバート・グリーン・ハバード、作家・出版者・芸術家・哲学者
(訳 舟田譲二)


過ちはだれでも犯します。だからこそ「人」なのです。
もし、過ちを犯さない方がおられるとしたら、それは「神」です。
被造物はすべて過ちを犯します。
有限なものは知恵においても、能力においても、愛においても限りがあるからです。


でも、過ちを犯すことを恐れる必要はありません。
恐れるべきは、「過ちを犯すことを常に恐れること」です。
なぜなら、過ちを犯すことを常に恐れていたなら、人はなにもできなくなるからです。
過ちは犯してもいい、失敗してもいいのです。
失敗するからこそ私たちはその過ちから学び、同じ過ちを繰り返さないようにしようと、経験を通して知恵を得、より慎重に行動するようになっていきます。


人類の歴史を見るとき、人は数えきれないほどの失敗を犯してきました。
その最たるものは侵略や戦争、差別や暴力、殺戮などです。
でも、それらの過ち・失敗のお陰で私たちは少しずつ賢明になり、人類の文明は発達してきたのです。
過ちを犯すことを恐れてなにもしなかったなら、人類は昔のままで進歩も発展もなかったことでしょう。


ですから、私たち自身も過ちを犯すことを恐れる必要がないばかりか、子どもを育てる過程において、また教室で生徒や学生を指導する過程において、あるいは職場で後輩や新人を教育し、育てる過程においても、最初から彼らに完璧を求めることなく、失敗を認めて受け入れてあげなければならないのです。
そもそも初めから完璧な人などというものは存在しないのですから。


親や教師、部活の顧問や監督、あるいは職場における経営者、上司や先輩など、指導し、育てる立場にある者が、相手に対して非寛容的になり、厳しく叱責したり、ときに体罰を与えたりすることは根本的に間違っているのです。


できない人をできるようになるように育てること、これこそが私たち「先に生まれた者」に与えられている使命です。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

夢の実現に不可欠なもの

2019.04.21日
colinpowell1-2x.jpg


"A dream doesn't become reality through magic; it takes sweat, determination, and hard work."
--Colin Powell   Former United States National Security Advisor
「夢は魔法で現実となるものではない。夢の実現には汗と決意と勤勉が不可欠だ」
--コリン・パウエル  元アメリカ合衆国国務長官
(訳 舟田譲二)


「夢」という言葉には、なんとなく甘い響きがあります。
子どもたちに「将来の夢は?」と尋ねると、男の子だったら「サッカー選手」「医者」「野球選手」などといった答えが、女の子だったら「パティシエ」「先生」「看護師」のような返事がよく返ってきます。


子どもたちの夢は、その時代背景をよく反映しています。
今だったらサッカーでハンパない大迫勇也選手、メジャーリーグ二刀流の大谷翔平選手などが注目を集めるとその職業に人気が集まります。
若田光一宇宙飛行士が国際宇宙ステーション組み立てに参加して、得意のロボットアーム操作で構成要素の取り付けに成功したというニュースが流れると、子どもたちは宇宙飛行士にあこがれます。
テレビドラマでパティシエが主人公になると女の子たちはパティシエになりたいと思います。
その他、女優や歌手に憧れる子もたくさんいます。


私も小学生の頃は『鉄腕アトム』に影響されて科学者に憧れ、中学生の頃は画家に、高校生の頃はテレビドラマ『われら弁護士』に触発されて弁護士になりたいと思いました。
大学時代は最初外交官や商社マンになりたいと思ったこともありましたが、やはり落ち着いたところは一番好きだった英語を教える仕事でした。
34歳で卒業した最終学歴である神学校で学んでいたとき、卒業アルバムに将来の夢を記す欄がありました。
私は「牧師、カウンセラー、大学教師」と書きましたが、それらすべて実現しただけでなく、さらに現在の学習塾というおまけまでついてきました。


大好きな夢を実現させるためには、冒頭でコリン・パウエルが言っているように「汗と決意と勤勉」に時間とエネルギーとお金をかけることに人は全然躊躇しません。
しかし、自分がやりたくないことだと、そのために「汗と決意と勤勉」に自らを注ぐことはとても苦痛になります。


ですから、夢を追い求めることはとても大切なのです。
適当なところで妥協してしまうと、後々こんなはずじゃなかったという気持ちになったり、また後悔し、転職で悩んだりすることになります。
夢は途中で変わっても全然平気です。というかむしろ変わるほうが普通です。私もそうでしたし。でも、変わる都度それに向かって全力投球するのは素晴らしいことです。


これはなにも仕事に限ったことではなく、友人関係や将来の伴侶選びから、旅行などの趣味や健康など生活全般にわたることにも当てはまります。
何事においても夢を持つことはとても大切です。
このような自分になりたいという夢を持って、それに向かって「汗と決意と勤勉」を注ぎましょう。それが夢を実現させる秘訣です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

笑顔はお金のかからない最高のセラーピー

2019.04.16日
faceapp-3-963x593.jpg


"Smile, it's free therapy."
--Douglas Horton (1891 – 1968) Protestant Clergyman and Academic Leader
「笑顔でいなさい。お金のかからないセラーピーですよ」
--ダグラス・ホートン、プロテスタント教会牧師・教育界の指導者
(訳 舟田譲二)


笑顔は素晴らしいですね。
地球上の動物の中で、笑顔で幸せな気持ちを表すことができるのは人だけです。
笑顔でいると、自分が幸せになれるだけでなく周りの人まで幸せにします。
笑顔は最高の癒しです。しかもお金がかからない無料のセラピーです。


「使用前」「使用後」じゃないですが、「笑顔前」と「笑顔後」の下の写真を見比べてください。


eminem-never-smile-photos-mike-brown-4-5c651ec134734__605.jpg


左はテロリストや殺人者など「悪者」として新聞やニュースでよく使われるタイプの写真です。
それに対して右の写真は同一人物であるにもかかわらず、とても善良そうに見え、友達になりたいなという気持ちになりますよね。
こんな顔でいたら異性だけでなく同性からも好かれます。しかも周りの人みんなから信頼されます。


笑顔が素敵な人はとっても魅力的です。
笑顔でいて損することはひとつもありません。
毎日、鏡に向かって笑顔を作って自分に微笑みかけましょう。
それだけで幸せな気持ちになれますよ。
なにせただですからねぇ(笑)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

道は開ける

2019.04.13日
thinking-of-you-inspirational-quotes-new-dale-carnegie-quotes-brainyquote-of-thinking-of-you-inspirational-quotes.jpg


"If you want to conquer fear, don't sit home and think about it.
Go out and get busy."

--Dale Carnegie (1835 – 1955) 
「恐怖心を克服したかったら、家で座って恐怖のことを考えていてはだめだ。外に出て、忙しくしなさい」
--デール・カーネギー
(訳 舟田譲二)


外に出て人と関わることを恐れる人というのは、得てして家の中に閉じこもって「恐怖」のことばかり考えているものです。
すると、ますます怖くなって外に出られなくなります。これの繰り返しで、結局引きこもりになってしまうのです。


自己啓発、積極思考の生みの親とも言えるデール・カーネギーは、貧しい農家に生まれ育ちながらも、自分のセルフイメージを高めて教師になり、その後スピーチの名手となり、こんにちでも世界中で彼の本が読まれ続けています。
彼自身も、同じところを通ってきたのです。
そして、経験から自信を持って行っています。
「家で座って恐怖のことを考えていてはだめだ。外に出て、忙しくしなさい」と。


問題が何であろうが、原因や状況が何であろうが、自分の殻の中に閉じこもっていたら、世界はどんどん小さくなっていきます。
最初の一歩を踏み出すことです。
そこから道はどんどん開けていきます。
『道は開ける』
お薦めの本です。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202019-04-13%2000.27.59.jpg


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

教育は将来へのパスポート

2019.04.11日
malcolmx1.jpg


"Education is the passport to the future, for tomorrow belongs to those who prepare for it today."
--Malcolm X (1925 - 1965) Human Rights Activist
「教育は将来へのパスポートだ。明日のために今日よき備えをする者のために明日はある」
--マルコム・X、黒人公民権運動活動家
(訳 舟田譲二)


マルコムはバプテストの反体制的な牧師だった父親と、白人に強姦されて生まれた祖母を持つ黒人と白人の混血である母親の下に生まれた。
父親は人種差別主義者によって殺害されたが、警察が自殺と断定したため保険金は支払われなかった。その後、母親は精神を病み精神病院に送られた。マルコムと兄弟姉妹が精神病院から引き取るが、その時にはマルコムを含む9人の子供達を全く認識できなかったことから、人間モルモットまがいの扱いを受けていたものと推測された。子供たちはそれぞれ別の家に里子に出された。


マルコムは白人の上流階級の家に引き取られたが、自伝ではあくまでも「高価あるいは珍しい動物としてしか扱われなかった」と語っている。事実、この時代のアメリカでは慈善事業と謳い、富裕層の白人が黒人の孤児を引き取ることが流行していた。マルコムは幼い頃から優秀な成績を収め学級委員長に何度も当選したが、引越し先ではやむを得ず白人の学校に一人だけ黒人として通うこともあり、席は常に一番後ろだった。白人教師から将来何になりたいかを聞かれた時、弁護士か医者と答えたが、教師からは「黒人はどんなに頑張っても偉くなれない。黒人らしい夢を見た方がいい」と諭され、手先の器用さと人当たりの良さを生かして大工になることを勧められた。


20歳のときに強盗の罪で逮捕され、窃盗罪で懲役8〜10年が宣告された。
刑務所内では毎週の討論会に参加し、知識を広げ、筆跡を改善するために刑務所図書館の全辞書を筆写した。その際、刑務所内で勉強するためとして割り当てられていた時間を越えて消灯後も独房内で月明かりや通路の照明だけを頼りに本を読み辞書を筆写していたため、収監前は2.0あった視力が0.2まで落ちた。


出所後、一躍名を知られるようになったマルコムはテレビやラジオ、雑誌等マスコミのインタビューで、刑務所内で磨かれた卓抜すぎる言葉遣いや知性の高さが窺える仕草から一流の大学を卒業しているのだろう、と勝手に推測され、出身大学はどこかと訊ねられた時には刑務所内の図書館だ、と答えている。
(Wikipediaより一部抜粋)


このような不運な境遇の下に生まれ育ち、きちんとした教育も受けずに独学で学んだマルコムが残した有名な言葉が冒頭の言葉です。
「教育は将来へのパスポートだ。明日のために今日よき備えをする者のために明日はある」


「教育」とは、学校でいい成績を取ったとか、どこどこの大学を出たというものでは決してありません。
マルコムのように独学で身につけることもできるものです。
教育は将来の人生の土台作りをするためにあります。
日本のように恵まれた環境の下で学校で学べるのに、それを疎んじ、しっかり学ばない者はあとになって後悔することになります。というのは、
「明日のために今日よき備えをする者のために明日はある」
からです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

死は人生最大の損失か

2019.04.09日
%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202019-04-08%2022.39.29.jpg


"Death is not the greatest loss in life.
The greatest loss is what dies inside us while we live."

--Norman Cousins  (1915 - 1990) Political Journalist, Author, Professor, World Peace Advocate
「死は人生最大の損失ではない。最大の損失とは、生ける屍(しかばね)となることだ」
--ノーマン・カズンズ、政治ジャーナリスト・作家・大学教授・世界平和提唱者
(訳 舟田譲二)


ノーマン・カズンズはアメリカのジャーナリスト。
1964年、ソ連を旅したカズンズは帰国直後、体調不良を覚えます。
最初は原因不明でしたが、いろいろ調べていくうちにとても重い膠原病であることがわかりました。
このレベルの病状から回復した患者は、過去500例に1例程度。
彼は、死の恐怖に陥ります。


ところがカズンズは、それだったら自分がその500分の1の奇跡になろうと決意します。
医学雑誌を始め膠原病に関する記事を集めて独自に研究を始めます。
彼はビタミンCがこの種の病気に有効なんじゃないかと思い、自分の判断でビタミンCの大量投与を開始。さらに「笑い」が免疫を高めると聞いて、ドタバタ喜劇の映画やドッキリカメラなどをみたり有名なユーモア作家のジョーク集などを読み、毎日爆笑しながら過しました。


その結果、不治に近い難病を文字どおり「笑って」治した闘病体験をきっかけに、人間の自然治癒力の驚くべき可能性を徹底取材し、笑いとユーモア、生への意欲が奇蹟を起こすことを例証します。創造力と長寿、プラシーボ効果、痛みの効用など、心とからだの微妙な関係に着目して全人医療の在り方を問う問題提言の書を世に出しました。


41n-AIcZH7L._SX355_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg


やがて彼はカリフォルニア大学医学部大脳研究所教授として、生物学や医療ジャーナリズムを講義します。
また、原爆によってケロイドを負った若い女性たち(いわゆる「原爆乙女」)への義援金を募るため、谷本牧師とその家族をテレビの対面番組『This is Your Life』に出演させ、原爆を投下したB-29エノラ・ゲイ号の副機長だったロバート・A・ルイスと対面させた。この番組の大反響により5万ドルの寄付金が集まり、これにより1955年に原爆乙女25名が米国ニューヨーク市のマウントサイナイ病院において治療を受けることとなった。
1964年、広島市特別名誉市民の称号を受ける。
(Wikipedia)


「生ける屍」とは原語では、「生存中に内側(魂)が死んでいること」とあります。
生きているだけならテロや反社会的な行為をする人でも生きています。
お年寄りを騙して老後のために蓄えておいたお金を奪い取る、振り込め詐欺など特殊詐欺をはたらく人たちも生きていますが、彼らは実質上「生ける屍」と変わりありません。


そのような意味において、ノーマン・カズンズは自らの命を賭して社会に、世界に貢献した彼の存在価値ははかり知れないほどです。
死を恐れる前に、中身がもぬけの殻のような生き方を恐れなければなりません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

思いわずらうな

2019.04.07日
IMG_4785.jpg


"Worry never robs tomorrow of its sorrow, it only saps today of its joy."
Leo Buscaglia  Author, Motivational Speaker, Educator
「心配しても明日の悲しみを消すこと決してはない。ただ、今日の楽しみを奪うだけだ」
レオ・ブスカーリア、作家・モチベーショナルスピーカー・教育学者
(訳 舟田譲二)


「明日」とは単に今日の次の日のことではありません。その次の日も、そのずーっと先の日も、すなわち将来のことです。
私たちは無知無能、明日どうなるかわからないので明日のことをよく思いわずらいます。
ところが、いくら心配したからといって、それでどうなるものでもありません。


アメリカのミシガン大学で研究チームが心配事について実地調査をしました。
その結果、心配したことの80%は起きませんでした。
残り20%を調べたところ、そのうち16%はたとえば地震のための備品のように、事前に準備をしておけば対応可能なものだということがわかりました。
つまり、心配事のうち実際に起こる可能性があるのはたった4%でした。
言い換えると、心配事や不安の96%は実際には起こらないということです。「取り越し苦労」に過ぎないというのです。
皆さん、そんな経験ありませんか? というか、おそらく経験のない人などひとりもいないのではないでしょうか。それも1度や2度ではなく、私たちはみんな数えきれないほどそのような体験をしています。


ただ、心配事、不安が実際に起きなかったというだけではありません。
これもみんな経験済みのことですが、心配していたことで得したことはひとつもないのです。
心配した結果、夜眠れなかったり、血圧が上がったり、鼓動が速くなって心臓に大きなストレスを与えていたりします。


「心配しても明日の悲しみを消すこと決してはない。ただ、今日の楽しみを奪うだけ」
なのです。
それでは、不安なことや心配事が頭に浮かんだときにはどうすればいいのでしょうか。
「地震のための備品・備蓄を準備する」のような、何か具体的な行動を起こすことです。
家族で事前にどうするかなどを話し合っておくなどもそうです。
あるいは、不安なことが心に浮かんだら、それを誰かに話すことです。
それだけでうんと楽になります。


一番いいのは、私たちの将来をすべてご存じで、しかも私たちのために最善以下の何ものもなさらない神様がいらっしゃると信じて、神様の御手に委ねることです。
聖書には次のようにあります。
「それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか。
空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。
あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。
また、なぜ、着物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない。
だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である」

(マタイによる福音書 6:25-28, 34)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

白杖なしでピッチを自由に走り回る解放感が魅力

2019.04.05日
%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202019-04-05%2000.31.49.png


体重1380gで生まれ未熟児網膜症に。
「全盲でも、小さいころから虫取りが大好き。触感で自然を楽しんでいました。活発で、常にどうして、なぜ?という疑問を持ち、納得するまで努力する子でした」と母親の近藤今日子さん。
「いずれは独り立ちするのだから」と、盲学校ではなく市内の公立小学校に入学。入学するまでに点字をすべてマスター。低学年時は、予習で点字教科書の内容をすべて頭に叩き込んだそう。


「繰り返し学習する習慣は、ブラインドサッカー(通称・ブラサカ)のスキルアップにもつながったのでは」と振り返ります。
「ブラサカ」との出合いは小学5年生。
「初めて自分にもできるスポーツだと思いました。白杖なしでピッチを自由に走り回る解放感はたまりません」。


現在近藤さんは、日本ブラインドサッカー協会が「2024年世界一に貢献できるサッカー選手の育成」と目指して選出した「ナショナルユーストレセン」として海外遠征にも参加しています。選手生命が長いと言われるブラサカ。「年の離れた選手から社会の話が聞けたり、遠征で視覚障がい者と交流ができるのも楽しみの一つ。「ブラサカは、キレのあるドリブルや、ゴール前での迫力あるシュート、ディフェンスでの駆け引きが魅力。そこを観てもらいたい」とも。
自称「乗り鉄」。「練習のない日は、電車に乗って、車両の空気感や音、椅子の座り心地を楽しんでいます」と屈託のない笑顔を見せてくれました。

(4月5日付「リビング平塚・大磯・二宮」より)


昨日、この記事を読んで心がポカポカと温かくなりました。
私が住んでいる平塚市の隣り街の茅ヶ崎市在住の18歳の青年。
お母さんの育て方や教育の姿勢も素晴らしいですし、ご本人近藤凌也さんの持ち前の明るさ、積極性、努力する姿には圧倒されます。
「細かいドリブルには自信があります」と近藤選手。
目が見える私ですが、とってもじゃないけど近藤さんには太刀打ちできないどころか、足元にも及びません。
障がいを持つ人たちだけでなく、そうでない人たちにも大きな夢と希望と喜びを与えてくれます。


頑張れ、近藤凌也さん!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生、生きていれば

2019.03.31日
4vqA9183.jpg


"A few bad chapters does not mean your story is over."
「いくつかの章がつまらなかったと言って、それであなたの人生のストーリーが終わりというわけではない」
(訳 舟田譲二)


小説を読んでいて、初めから最後まで読者を夢中にさせて飽きさせないというのは、どちらかと言うとまれです。
とくに、20世紀以前の外国の小説というのは、大体において最初の数章は前置きが長々と続き、これに飽きて途中で脱落する人が多いです。ここは我慢のしどころです。あとのほうに読み進んでいくうちにようやく前の話がつながってくるからです。つまり、余計な話というのは概してありません。どこかでつながっています。もっともそれを読み落としていることもあるでしょうが。


中だるみということもあります。途中で飽きてくるのです。でも、そこにも意味が隠されています。
映画やテレビドラマも同様です。無駄なように見える部分も何か意味があります。
私は推理小説やサスペンスドラマなどを見ていて、犯人がわかったり、ストーリーの先がわかることがよくありますが、これもほとんどの場合、見落としてしまうようなほんのちょっとしたヒントを読み取るのがコツです。


私たちの人生もこれに似ています。
最初のうちはつまらない、あるいは途中でつまらなくなるということもあるでしょう。
ひょっとしたら小さい頃からずっと楽しかったのに、最近急につまらなくなってきたり、いやになるようなことだってあるかもしれません。
でも、さらに生き続けていると、小説や映画、ドラマと同じように、途中で思わぬ展開になって面白くなるということもしばしばあります。


つまり、冒頭の言葉のように、
「いくつかの章がつまらなかったと言って、それであなたの人生のストーリーが終わりというわけではない」
のです。


つまらない、将来に夢が持てない、生きる意味が見出せない、などと言って死を急ぐのは間違っています。
実際のところ、人生に絶望して死にたい、死にたいと思っていて自殺を試みた人が、何かのきっかけで思わぬ出会いや展開があって、突如人生が面白くなったという人だってたくさんいます。
そのような人がみんな口を揃えて言うのが、あとになって振り返ってみて初めて、あの時の辛かった、苦しかったときの意味がわかるようになった、ということです。
「すべてのことが相働いて益となる」のです。
私はこのような人を何人か知っていますが、その逆に将来の可能性を自ら断ってしまった人も何人か知っています。本当に残念です。


小説やドラマ、映画のように、途中で少々つまらないと思っても、行き詰っても、生き続けるのです。たとえ将来が見えなくてもあきらめないで生きるのです。
早まって命を絶ってしまったら、そのあとでどんな不思議な、面白い展開があるかわからないじゃないですか。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

幸せな気持ちで床に就く

2019.03.27日
anonynmous-everyday-may-not.jpg


"Every day may not be good, but there is something good in every day."
--Anonymous
「毎日がいい日ではないかもしれない。でも、毎日の中に何かいいことがあるものだ」
--作者不詳
(訳 舟田譲二)


私たちは贅沢で、毎日いいことが起きることをついつい望んでしまいます。
なにかちょっとでもいいことがないとがっかりしたり、あるいは望まないことが起こると腹を立てたり、いら立ったりしてしまいます。


でも本当は、いいことがないと思えるような日でもよーく見ると、必ず何かいいことがひとつやふたつ、いやもっともっとたくさんあるものです。
悪いところにばかり意識を集中していると、悪いことばかりが目についてしまって、いいことが見えなくなるのです。
そこで、いいことに意識を向けると、同じ一日なのにいいことがいくつもいくつも見つかります。


同じ一日を送るなら、悪いことばかりに目が行ってイライラしたりするより、いいことに目をやって幸せな気持ちになるほうがいいに決まっているではありませんか。


皆さんの昨日はいかがでしたか?
いいことがたくさんありましたか?
それともあまり良くないことがありましたか?
もし後者だったら、ちょっと立ち止まっていいことを探してみませんか?
探し始めるとびっくりするほど、いいことがいっぱい見つかりますよ。
そしてその日の夜は、幸せな気持ちで床に就くことができます。
保証つきです。
うそだと思ったらぜひお試しください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

たった3つの問題解決法

2019.03.22日
Best%20wisdom%20quotes%20images%20sayings%20%20%2835%29.jpg


"There are 3 solutions to every problem:
Accept it, Change it, Leave it.
If you can't accept it, change it.
If you can't change it, leave it."

「どんな問題にも3つの解決法があります。
問題を受け入れるか、変えるか、放っておくか。
受け入れることができなければ変えなさい。
変えることができなければ放っておきなさい」

(訳 舟田譲二)


これはまさに名言です。
確かに、この3つ以外に問題の解決法はありません。
1.「問題を受け入れる」
文字どおり問題をありのまま受け入れるのです。
ある時は「我慢」することかもしれません。
あるいは、問題と「同居」することかもしれません。問題の解決策が見つからないので、とりあえずは現状維持して様子を見るわけです。


2.「問題を変える」
1のオプション「受け入れる」ことができなければ、次にできることは「問題の解決策を見つけて行動を起こす」こと、つまり「変える」ことです。
当たり前のことですが、これが一番賢明なやり方です。


たとえば、今、朝ドラでやっているインスタントラーメンやカップヌードルの開発秘話に見られるように、次から次へと問題に当たりますが、「必ず問題の解決法はあるはずだ」と言って諦めずにチャレンジし続けることが問題解決の最善策です。
私たちの現在の便利な生活を可能にした交通の移動手段、鉄道や車や飛行機、船など。身の周りの電化製品等々に見られるような物を、人類は発明してきました。
物だけでなく、さまざまなシステムを開発してきました。
いまだにこれらの便利な物やシステムの恩恵に与かっていない人たちが地球上には数えきれないほど大勢います。そのような国々や地域に、先輩に当たる人たちが物やシステムを輸出して生活向上のお手伝いをしています。


3.「放っておく」
1の「受け入れる」ことも、2の「変える」こともできなければ、あとはそのまま「放っておく」しかありません。
当然のことながら、不便や不自由、辛いことや苦しいことも伴いますが、もうどうしようもありません。放っておいて時が解決してくれるのを待つしかありません。


ところが、どうしたことか上の3つと異なる第4のオプションを選択をする人が中にいます。
それは、1も2も3もできないため、「文句や不平を言う」のです。これは周りの者が大変な迷惑を被ります。
また、「反社会的な行動を取って欲求不満のはけ口を見つけようとしたり、人に迷惑をかける」ような行為に及ぶのです。


核廃絶か核開発継続かの選択を迫られている今の北朝鮮の状況はこれに近いようです。
その気になれば2の「状況を変える」こともできるのですが、面子(メンツ)や面目(めんもく)体裁(ていさい)−基本的には全部同じことですが−、プライドが邪魔をして実(じつ)を取ることができず、自らを窮地に追い込んでいるのです。
「人の振り見て我が振り直せ」で、私たちも心しなければなりません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

美しい人生の生き方

2019.03.21日
Audrey-Hepburn-quotes-Never-alone.jpg


"For beautiful eyes, look for the good in others;
for the beautiful lips, speak only words of kindness;
and for poise, walk with the knowledge that you are never alone."

--Audrey Hepburn
「美しい瞳でいるためには、人のいいところを探しなさい。
美しい唇でいるためには、優しい言葉だけを使いなさい。
平静でいるためには、決して独りではないと意識して歩きなさい」

--オードリー・ヘプバーン
(訳 舟田譲二)


「人の悪いところばかり探していたら、瞳は曇るでしょう。
人を傷つけるようなひどい言葉をいつも吐いていたら、唇は汚れます。
自分は孤独だと思いながら歩いていたら心は騒ぎます」
上のオードリー・ヘプバーンの言葉を逆に言ったらこんな感じになります。
何と恐ろしい、寂しい、残念な生き方ではないでしょうか。


でも、実際にはこのような生き方をしている人があまりにもたくさん私たちの身の周りにいます。自分たちでもこの生き方は不幸せだとわかっているのです。でも、そのような生き方をみんな選択しています。
これは決して賢い生き方ではありません。


では、賢い生き方を選択するにはどのようにすればよいか。
オードリー・ヘプバーンが言うように次のような生き方をしなければならないということです。
「美しい瞳でいるためには、人のいいところを探しなさい。
美しい唇でいるためには、優しい言葉だけを使いなさい。
平静でいるためには、決して独りではないと意識して歩きなさい」

これは決してそんなに難しいことではありません。
単に自分の意識の問題です。
私たちもオードリー・ヘプバーンのような美しい人生を生きたいものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生に良い味付けをしてくれる薬味

2019.03.19日
Failure-Quotes.jpg


"Failure is the condiment that gives success it's flavor."
ーーTruman Capote - 1924-1984 - Novelist
「失敗は、成功に味付けしてくれる薬味のようなものだ」
ーートルーマン・カポーティ、小説家
(訳 舟田譲二)


小説家トルーマン・カポーティと言っても日本ではそれほど馴染みはないと思います。
代表作は『アラバマ物語』と言っても、これもピンとこないでしょう。
でも、日本で誰でも知っていると言っても過言でないほどの有名な作品があります。
それは『ティファニーで朝食を』です。
まあ、この作品はオードリー・ヘプバーン主演の映画で有名になっただけで、その原作者がカポーティとだったと知る人はほとんどいないでしょう。


Wikipediaによると、
19歳の時に掲載された最初の作品『ミリアム』でオー・ヘンリー賞を受賞し、「アンファン・テリブル(恐るべき子供)」と評される。
23歳で初めての長編『遠い声 遠い部屋』を出版し、若き天才作家として注目を浴びた。その後は中編『ティファニーで朝食を』が映画化されヒットするなど、1作ごとに華やかな話題をふりまき映画にも出演し、ノーマン・メイラーとともに作家としては珍しくゴシップ欄の常連になるなど、公私の両面で話題を振りまいた。
1966年に発表した『冷血』では、実際に起きた一家殺人事件を題材にすることにより、ノンフィクション・ノベルという新たなジャンルを切り開いた。

と華々しい経歴で一世を風靡(ふうび)した作家となりましたが、その幼少期を見ると、


両親は彼が子供の時に離婚し、ルイジアナ、ミシシッピ、アラバマなどアメリカ合衆国南部の各地を遠縁の家に厄介になりながら転々として育った。その中には高齢者同士の孤立世帯や精神障害をもつ高齢者もあり、その当時の思い出は、『誕生日の子どもたち』という短編集に収められている。引越しの多い生活のため、ほとんど学校に行かず、独学同様に勉強した。母親は後年ジョゼフ・ガルシア・カポーティと再婚し、その後自殺した。
(中略)
晩年はアルコールと薬物依存に陥り、出演したテレビで不可解な発言を行うなど奇行が目立ち始め、執筆活動も『冷血』以降は長編を一度も書き上げることがなく、公私共に没落していく。最後の作品となった長編『叶えられた祈り』では、事実を交えたかたちで上流社会の頽廃を描いたことにより、彼が懇意にされていたセレブリティからの反発を招き、作品も未完に終わった。
(同じくWikipediaより)
と、一時の成功で終わった未完の大物といった感じです。


しかし、たとえ一時期であったにせよ、彼の幼少期の暗い、辛い人生が成功につながったとき、彼はきっと冒頭の言葉のように、
「失敗は、成功に味付けしてくれる薬味のようなものだ」
と感じたのでしょう。


私たちのほとんども、大なり小なり彼と似たような体験を持っているのではないでしょうか。
生まれてから死ぬまで生涯通して平穏無事というような人はまずいないと思います。
だれの人生にも波風はあります。その上で成功するか否かは人それぞれでしょうし、他人の目から見て成功と思われても本人は成功と思っていないケースもあれば、その正反対のケースもあります。
しかし、いずれにせよ「すべてのこと相働きて益となる」で、かつての辛酸をなめるような辛い思い出も、薬味のように人生に良い味付けをしてくれるものです。
そう思うと、今もし辛い経験をしていたとしても、それもやがては人生に味付けしてくれる薬味のようなものだと言えます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたが求めているものはなんですか?

2019.03.10日
88635385a36881e19675ad000a75b908.jpg


"If you don't sacrifice for what you want, what you want becomes the sacrifice."
― Anonymous
「あなたが求めているものために何かを犠牲にしないと、あなたが求めているものが犠牲になる」
ー 作者不詳
(訳 舟田譲二)


この名言は作者不詳で、上の写真のトム・クルーズが語った言葉ではありません。
でも、彼の言葉だったとしても全然不思議でないほど、トム・クルーズほどこの名言を語るにふさわしい人はないのではないかと思うほどです。
私も彼のファンのひとりで、このブログでもトム・クルーズのことはこれまで何度も取り上げてきました。
その中のひとつ「成功とはほかの人があきらめた後も食らいついていること」の中の一節を下に引用します。


「彼は生まれつき文字の意味を脳内で認識・理解することに困難を覚える「失読症」という一種の学習障害を抱えています。また、行を飛ばすなどして教科書をうまく読むこともできませんでした。そして高校までLD(学習障害者)のための特別クラスに入っていました。
「ほかの友達のように本がすらすら読めたり、集中力があったらどんなにいいだろう」と、いつも思っていたそうです。でも、努力家の彼は、得意だったスポーツには何でも挑戦し、自分の弱点を補うための集中力も鍛えました。
俳優になってからも、失読症のために脚本等の文章は理解できないので、台詞を覚えるときはテープに全て録音してもらって繰り返し聞いて覚えるそうです」


映画作りに取り組むトムの命がけの姿勢がここにある、ということがよくわかります。
彼は映画のために数えきれないほどの犠牲をいとわずに払います。
そのひとつが上に書いた台詞を覚えるための努力です。
また、スタントマンを使わずに自ら体を張って演技する、映画を心から愛する本物の俳優です。
それが、映画『ミッション:インポッシブル』を面白くし、息の長いシリーズとしているのです。
最初はスパイものの先駆けだった『007』シリーズの二番煎じのような感じでしたが、いつの間にかストーリーのスケールの大きさ、観客を飽きさせず夢中にさせる迫力、シリーズの息の長さから言っても、『007』をはるかに超えました。


トム・クルーズはまさに、自分が求めているもののために多くを犠牲にしているのです。
考えてみたら、彼に限らず、スポーツやビジネスの世界でも、科学、音楽、芸術、文芸、宗教、教育等々すべての世界において活躍している人というのは、求めているクオリティを達成するために時間を始め、ありとあらゆるものを犠牲にしています。
しかも、彼らに共通していることは、それを「犠牲」とすら思わず、自ら進んで、喜んで、それらを捧げているということです。
「犠牲を払っている」と思っている間は、まだまだその「犠牲」を惜しんでいる証拠です。犠牲を払うことを惜しんでいると、望んでいるものを結果的に犠牲にしてしまうことになります。


健康もそうです。
人間関係もそうです。
夫婦関係や親子関係、きょうだい関係、親族関係、師弟関係、友人関係等々、あらゆる人間関係において良好な、いや「良好」を超えた満ち足りた本物の関係を望むなら、当然のことながら様々な犠牲が伴います。しかし、それを「犠牲」だと思っている間は、まだまだ本物になっていないのです。
自ら進んで、喜んで相手のために自分を捧げるならそれはお互いに満ち足りた関係になります。
自分の利益を求める「自己中心」な関係になっている間は、満ち足りた関係を築くことはできません。


「あなたが求めているものために何かを犠牲にしないと、あなたが求めているものが犠牲になる」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

精神的な苦しみを乗り越えると

2019.03.08日
quote-i-think-emotional-and-mental-pain-is-probably-worse-than-physical-pain-i-think-we-don-nick-vujicic-116-28-16.jpg


"I think emotional and mental pain is probably worse than physical pain. I think we don't realize that I have no arms or legs but we all have disabilities of some sort, some fear, some lost, some wishes that didn't come true, things we wish would be better."
--Nick Vujicic
「感情的、精神的な痛みは、おそらく肉体的な痛みよりも苦しいと思う。私には腕や足がない。同様に人はみんな恐怖心、喪失感、実現できなかった願望、好転してほしいと思う事等々、なんらかの障がいを持っているが、その事実に気づいていない」
--ニック・ヴイチチ
(訳 舟田譲二)


ニック・ヴイチチさんについてはこれまで何度もこのブログでご紹介しています。ぜひ下の記事をご覧ください。
「自分には◯◯できない」「恋は盲目?」「成功の8つの原則」他)


ニック・ヴイチチさんは、先天性四肢切断症といって両腕両足がない状態で生まれてきました。
上のリンク先の記事中のビデオを見ると、両腕両足がないことによる苦痛よりも、人との比較から来る劣等感や、将来に対する不安、絶望感など、自らの心の中の問題で苦しんでいたことがよくわかります。
ところが、これらの苦痛を乗り越えたとき、彼は本当に強くなり、その後は両腕両足がないにもかかわらず、泳ぐこともできればサーフィンも、モーターボートを操縦することも、さらにスキーやゴルフまでできるようになりました。
さらに、世界中を回って何十万人という人に語りかけ、様々な問題で悩んでいる人や苦しんでいる人たちに夢や希望、生きる力を与えるという素晴らしい働きをしています。


上のリンク先の記事中のビデオの中でニックは言っています。
「最も強い影響力を持つ感情は恐怖です。
恐怖、すなわち英語でF-E-A-R。これはじつは、False Evidence Appearing Real(本当のように見える嘘)です。でも、これを Full Assurance In the Heart(心の中の確かな確信)に変えるのです。信念は見ることのできないものです。あると願うものです。私には希望が見えませんでした。信念がなかったのです。自分に価値を見出すことができませんでした。なぜなら、周りの人の意見を信じていたからです。私は10歳の頃3回お風呂の水の中で溺れて自殺しようと思いました。でも、両親がずっと教えてくれていた「ぼくはありのままで美しい」「両親はぼくを愛してくれている」ということを思い出し、私は死ぬのを思いとどまりました。愛は信念を作り出し、信念はまだ見ることのできない最大限の可能性に近づけてくれます」


hqdefault.jpg

将来に夢がないと思っていたニックは結婚し、子どもにも恵まれ幸せな人生を送っている


ニック・ヴイチチさんの力強い生き方を見ていると、私などいかに生ぬるいあまちゃんかと思い知らされます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

良い人間関係を築くために

2019.03.03日
160622-We-Came-To-Love.jpg


"We come to love not by finding a perfect person, but by learning to see an imperfect person perfectly."
「私たちは完全な人を見つけることによって愛するようになるのではありません。むしろ、不完全な人を完全に見ることを身につけて愛するようになるのです」

(訳 舟田譲二)


この世に完全な人などひとりもいません。
もし万が一にもいたとしたら、それはあなたの頭の中の想像上の話か、あるいは小説や映画、ドラマの世界の中でのことです。


人はみんな弱さを持って生まれてきています。
スーパーマンや、一点の曇りもない正義の味方、正しい人などいません。
毎日のニュースを見るまでもありません。自分自身を見れば火を見るより明らかです。
ですから、結婚をするとき相手に完全を求めること自体がそもそも間違っています。
なぜなら、あなたを選ぶ相手の人も、結婚してあなたが不完全なのを知ると失望してしまうからです。


大切なのは、相手に完全を求めるのではなく、不完全な相手を完全な見方をすることです。
「完全な見方をする」とは、ありのままの相手を見て、そのありのままの相手を受け入れることです。これが人の正しい見方です。
これは夫婦間に限らず、あらゆる人間関係に当てはまります。


人は自分勝手なもので、欠点・短所ある自分を棚に上げて、相手の欠点や短所が目につき、それを受け入れることができないのです。これではうまくいかなくて当たり前です。
うまくいっている人というのはまず例外なく、相手をありのまま受け入れています。
あなたも試してみませんか?
人間関係がびっくりするほどうまくいくようになりますよ。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

捨てる前にもう一度修理

2019.03.02日
8700136277_d6ba3d3c70_z.jpg


When asked, how they managed to stay together for 65 years the woman replied,
"we were born in a time, where if something was broke, you fix it...not throw it away."
どうやって65年間も一緒にやってこれたの?と尋ねられた女性が答えた、
「何かが壊れたら修理する時代に生まれたからよ。捨てなかったの」

(訳 舟田譲二)


意味深な言葉です。
最近は何でも壊れたらすぐに捨ててしまいます。
というか、修理しようと思っても、「部品は製造中止から10年間しか保有していないので修理不能です」とメーカーに言われます。
実際のところ、ほとんどの製品の寿命の目安が10年と言われ、ちょうどその頃故障すると必ずと言っていいほど買い換えさせられます。


確かに昔は、たいがいのものは修理がききました。
何十年使ったものでも、修理屋さんは直してくれたものです。
しかし、現代は部品の心臓部に基盤が使われていてこれは修理不能で取り替えるしかありません。
冷蔵庫や洗濯機などといった大型の白物家電に限らず、エアコンやテレビ、オーディオ、パソコン、さらには水道の蛇口や水洗トイレ等々、10年以上持ったら上等という時代です。


このような時代に生きていると、人間関係まで同じようにうまくいかなくなったら「取り替え」という風潮になってきて、3組に1組が離婚します。
再婚、再々婚も珍しくありません。
「私たち夫婦ふたりとも子連れの再々婚同士です」
と明るく自己紹介する人もたくさんいます。
さまざまな事情があるでしょうし、決してこのような人たちを責めるわけではありませんが、実際には子どもが犠牲になっているケースが少なくありません。


電化製品は確かに基盤が壊れたり、部品の供給期間が終わるともう買い替えるしかありませんが、こと人間関係、とくに夫婦関係においては、修理(修復)可能なケースはいくらでもあります。そのために結婚カウンセリングなどもあるわけです。
修理に修理を繰り返して、円熟期に入りようやく真の愛を見つけたという夫婦だってたくさんいます。
捨てる前にもう一度修理する方法を考えてみませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

大切な人との別れ

2019.02.27日
2603943-Seneca-the-Younger-Quote-The-comfort-of-having-a-friend-may-be.jpg


"The comfort of having a friend may be taken away, but not that of having had one."
--Seneca −circa 4BC-AD65,  Roman Philosopher 
「友人がいることから得られる満足感は取り去られることもあり得るが、友人がいたという事実から得られる満足感は取り去られることはない」
--セネカ、古代ローマの哲学者(紀元前4年頃〜紀元65年)
(訳 舟田譲二)


ここでの「友人」は、「夫」「妻」「親」「子ども」等に置き換えることもできます。
要するには「大切な人」ということです。


人生、生きていると必ず愛する人、大切な人との別れがあります。
通常は、「祖父母」との別れ、次に「親」、そして「友人」や「伴侶」、「子ども」最後に「孫」という年齢の順序に別れがくるものですが、ときに人生は過酷で、予期しないような「子ども」や「孫」との別れが先に来ることもあります。


つい最近も、人生ずっと連れ添ってきた「伴侶」とお別れを告げた方が何人かいらっしゃいます。私は経験していませんが、本当に辛い経験だということは誰でも容易に想像できます。
かと言って、愛する人との別ればかりは生きている限り誰も避けて通ることはできません。
もし、どうしても死に別れはいやだ、と言うなら自分が先に死ぬしかありません。でも、その場合も残された伴侶や子どもたちに悲しい思いをさせることになるので、同じことです。


もちろん死別だけでなく、生き別れもたくさんあります。
死別、生き別れ問わず、別れに伴う喪失感や悲しみと同時に、神様は慰めと癒しを与えてくださいます。
愛する人との辛い、悲しい別れをした人は、まずほとんど例外なく、「時が癒してくれる」ということを経験しています。
人によってその「癒し」にかかる期間は異なるでしょうが、やがてその時が来ると、それまでの苦しみはいい思い出に変わり、そしてこれこそがその後生き続ける力となってくれるのです。
これはみんな経験しています。


「友人がいることから得られる満足感は取り去られることもあり得るが、友人がいたという事実から得られる満足感は取り去られることはない」
というセネカの言葉どおり、友人や愛する人を失った後の喪失感はやがて癒されて本物の満足感に変えられるのです。
これはまさに神様の深いご愛とご配慮にほかなりません。
神様、感謝いたします。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

楽しんで学んだことは一生忘れない

2019.02.26日
402b002781602ccebe410c203a734d40.jpg


"What we learn with pleasure we never forget."
--Alfred Mercier, 1816-1894 Poet and Playwright
「楽しみながら学んだことは決して忘れない」
--アルフレッド・メルシエ、詩人・脚本家
(訳 舟田譲二)


皆さんが子どもの頃に学んだことを思い出してみてください。
上の写真のように親に絵本を読んでもらったこと。ピアノなど楽器を学んだこと、歌を歌うのを習ったこと、将棋や碁やチェス、パズルやゲーム、漫画・アニメ・小説、図鑑で学んだこと、山・野原・海・川などで学んだ植物や動物などの生き物、釣り、野球・サッカー・バスケット・スキー・スケート・テニス・卓球・水泳などのスポーツ等々。


ほとんどの人にこのような想い出があるのではないでしょうか。
同じことでも親に強制的に、無理やりやらされたことにはいい思い出は残っていません。
しかし、楽しみながら学んだことはどうでしょう。
思い出すだけで微笑んでしまいませんか?


一昨日、塾でキッズ英語の体験レッスンを行いました。
参加したひとりの女の子は小学2年生。幼児の頃から水泳を習っていて、今ではスイミングスクールの選手で1週間毎日レッスンがあるそうです。
クロール、バック、ブレスト、バタフライ全部こなします。
3月から始まる英語のレッスンの日は終ってからスイミングスクールに直行することになります。
大変じゃないかと思いきや、なんとスイミングのことになるとニコニコして楽しそうに話します。


皆さんもそうではありませんか。
私の場合は、幼稚園の頃から英語でした。
英語を学ぶことが楽しくて、楽しくて仕方ありませんでした。
単語を教えてもらってどんどん覚えました。
幼稚園の頃、描いた絵には必ずどこかにアルファベットを書いていました。
このときの英語が私の一生を決めたと言っても過言ではありません。


今、時の話題の人となっているのはみんなすごすぎる人ばかりです。
将棋の藤井聡太七段は祖母から将棋セットをプレゼントされ、5歳の夏、祖父母から将棋の手ほどきを受けました。
その年の12月に将棋教室に入会。入会時に師範から渡された、500ページ近い厚さの所司和晴『駒落ち定跡』を、まだ読み書きができなかったので符号を頼りに読み進め、1年後には完全に理解・記憶していたといいます。


張本智和選手も2歳でラケットを握って卓球を始めました。そして現在ITTF世界ランキング最高位3位。


テニスの大坂なおみ選手(世界ランキング1位)は3歳でテニスを始めました。


つい先日、白血病発病を告白した注目の人、水泳の池江璃花子選手の場合はさらにすごいです。
母親が自宅の風呂場で水中出産したそうです。生後2か月頃から母親が運営する幼児教室に通い超早期教育を受けました。
水泳は兄姉の影響で3歳10ヶ月から始め、5歳の時には、自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライの4泳法すべてで50mを泳げるようになっていました。


恐れ入ります。上には上がいるものです。
彼らに共通しているのは、みんな好きで仕方がなかったこと。
親に無理やりやらされていやいややっていた人はひとりもいません。


楽しんで学んだことは一生忘れないのです。
私は還暦を迎える少し前ぐらいに急にてんかんを発症しました。
5〜6年かかって治癒しましたが、闘病中の頃の記憶が飛んでいます。当時は自宅の周辺の地理、道路もすっかり忘れてしまったほどです。
でも不思議なことに英語は忘れていませんでした。
小さい頃から楽しんで、自ら進んで学んだからです。
勉強は苦痛なもの、つまらないもの、と思い込んでいる人がたくさんいますが、決してそんなことはありません。勉強も楽しい学び方があるのです。
うちの塾の生徒たちは、ほぼみんな勉強が楽しい、塾が好きと言ってくれます。


このことから、親の育児法、教育方法で大切なことが見えてきます。
無理強いは決していい結果を生みません。
子どもの適性をいち早く見抜いて、環境を整えてあげること、これこそが親にできる最大のことです。
また、子どもの教育に関わる者にできる最大の社会貢献です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

最高の叡智とは

2019.02.22日
quote-1603.jpg


"What wisdom can you find that is greater than kindness?"
--Jean-Jacques Rousseau - 1712-1778 - Philosopher
「親切以上に優れた叡智がこの世にあろうか」
--ジャン-ジャック-ルソー、18世紀のフランスの哲学者
(訳 舟田譲二)


「親切」は愛を形にした行為です。
本物の愛は自然な形で親切という行為となって現れます。


ところが、
「せっかく親切にしてやったのに恩知らずめ!」
と怒る人がときにいたりします。
果たしてこれは本当の親切なのでしょうか。
このような言葉が出てくるということは、たとえ親切な行為をしていたとしても、本物の愛から出た行為でなかったということです。
また、人から親切な行為を受けていたにもかかわらずきれいさっぱり忘れてしまっている人もいます。
「人に与えた親切をいつまでも覚えていて、人から受けた親切を忘れる」
という私たちの自己中心。


本来あるべきは、そのまったく逆の
「人に与えた親切を思い出さず、人から受けた親切を忘れない」。
これこそが与えるにせよ、受けるにせよ、愛から出た本物の親切です。


「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。愛は決して絶えることがありません」
(コリント人への手紙I 13:4〜8)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

デイリーブレッド Part 4

2019.02.18日

「デイリーブレッド Part 3」に書きましたように、続木 斉(ひとし)は、同じ内村鑑三の門下生である鹿田久次郎と共同生活を始めるようになりました。
その後、いろいろありましたが、久次郎は同志社女学校に通う妹ハナを東京に呼びよせ、明治女学校に転校させて身の回りの世話をしてもらうようになり、そこで斉はハナと出会って親しくなりふたりは結婚し、東京の郊外に居を構えます。


hitoshihana_01.jpg


ところが、少年時代の文学や芸術への傾倒から見られるように、斉は生粋の芸術家肌であり、当時一銭にもならない詩作に没頭していた。
斉の文筆だけで生計を立てるのは容易でなかった。妻と子供を抱える身ではなおさらである。そこで金銭的に恵まれない新婚生活に区切りをつけるため、夫妻はハナの生まれ故郷である京都に職を求めた。
そこへ舞い込んできたのが、久次郎が左京区吉田で開業したパン屋を譲り受ける話である。


日露戦争以降、洋風化ムードが漂っていた日本では、帰国を断念したロシア人捕虜が黒パンを焼き始め、ブームを起こしていた。栄養面から見ても当時蔓延していた脚気予防には、精白米と比べビタミンB1をより多く含む小麦が効果的とされた。久次郎はそこに目をつけパン屋を始めたわけだが、事情により暖簾を下ろさなくてはならなかった。そこで白羽の矢が立ったのが、親族にあたる斉夫妻であった。


1913年(大正2年)、続木夫妻は久次郎の店を譲り受け、屋号を「進々堂」と命名した。これは「すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目指して一心に走っているのです」(ピリピ人への手紙3:13〜14)からヒントを得て名付けられたものである。


進々堂の店構えは、店頭も工場の一部であり、ショーケースも設置されていなかった。パンの配達は全て荷車で行い、当時は店頭売りもしなかった。進々堂の隣組だった理髪店の店主は、店先に立つ斉の印象を「商売人らしからぬ人で、小僧に対する言葉なども学者言葉で『そもそも商売たるや......』といった調子だった」と語っている。彼が店番をしながら洋書を読みふける光景を目にした者もおり、斉の関心は商売よりももっぱら勉学に傾いていたようだ。


地道な経営を続けていた進々堂だったが、開業早々困難を迎えなければならなかった。
1914年(大正3年)の暮れ、工場から火の手が上がり店舗もろとも全焼したのである。薪窯や石炭窯でパンを焼いていた当時のパン屋の事情からすると、火事は決して珍しくなく、パン屋の主人は夜中も安眠できないと言われていた。


せっかく譲り受けたパン屋が全焼し、途方に暮れる斉だったが、用心深いハナは万が一のためにと密かな貯えをしていた。そんなことを露とも知らずにいた斉は、何事も怠らず用意周到な妻に深く感銘を受けたという。
若き二人の経営者は貯金を迷わず進々堂の再建に費やし、1914年(大正3年)に堀川竹屋町に新店を構えた。建設をこの場所に決めた理由は定かではないが、偶然にも進々堂にとって飛躍を遂げる転機となる。


以上、同社ホームページ上の「続木斉物語」から一部を抜粋、編集してあらすじをまとめました。
自分の思いどおりにならないことや予期しないことはだれの人生にも必ず起こりますが、私たちの最善を願っていらっしゃる愛なる神様は、不思議なようタイミングよくさまざまなことを巡り合わせ、すべてを相働かせて益としてくださいます。


「続木斉物語」はまだ続きますが、このあともあっと驚くような展開が待ち受けています。
その背後に流れる目に見えない糸を見ていきたいと思います。そして、それはある意味私たちの人生の縮図とも言え、ここから学ぶべきことは多くあります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

デイリーブレッド

2019.02.15日

私は4歳の頃から大学を卒業するまで京都で育ちました。
7年間のアメリカ留学から帰国して以来、人生の半分以上をここ神奈川県で過ごしてきましたが、私の魂の故郷はいまだに京都です。
テレビのCMやドラマで京都の風景が映ると、もう胸がいっぱいになって、ときには涙が出てくるほど大好きなのです。


一昨日、小学生の頃のことに思いを巡らせていました。
今は北大路駅という地下鉄の駅がありますが、当時は烏丸車庫という名前の市電の車庫がありました。


38-04%20%281%29.jpg


小学生の頃、ここを走っていた市電はもっと古い形のものでした。
6年間、毎日ここを通って小学校に通っていました。
この写真を見るだけで胸がいっぱいになるほど、思い出のつまった光景です。
当時の友達の家がこの駅のすぐ近辺にいくつかありました。


小学生の頃の思い出でなくてならないひとつのシーンは毎朝の食卓で、そこには必ずデイリーブレッドという食パンがありました。
家族揃って、トースターで焼いてマーガリンをつけて食べるのが日課でした。
烏丸車庫の並びに小さなパン屋さんがあり、そこへデイリーブレッドを買いに行くのが私の仕事でした。
今、こうして「デイリーブレッド」と書いているだけで、焼いたばかりの香ばしい香りが漂ってくるほどです。


小学校の卒業式の翌日に嵐山に引っ越したため、馴染みのパン屋さんから離れましたが、それからもずっと近くの店でデイリーブレッドは欠かさず買ってきて食べていました。大学を卒業してアメリカに行くまでずっと。


それからすっかりデイリーブレッドのことは忘れていました。
しかし、一昨日ふとデイリーブレッドのことを思い出すと妙に懐かしくなり、またあの食パンを食べてみたいなと思いました。
そのときふと気づきました。
「あれっ、デイリーブレッドって、聖書に出てくる『日ごとの糧』(マタイ6:11)の英語 daily bread のことじゃないか!」
直感で、これを商品名にした人はきっとクリスチャンに違いない、と思いネットで検索しました。メーカーの「進々堂」という名前もはっきり覚えていました。


果たして、進々堂の創業者続木 斉(ひとし)氏はクリスチャンでした。
進々堂のホームページには、私が想像していたことと寸部違わない物語が展開されていました。
面白くて夢中で読みました。
そのストーリーがあまりにも感動的なので、もうこれはブログ読者の皆さんにお伝えせずにはいられなくなった私は、さっそくホームページの「お問い合わせ」欄から直接社長あてに長いメールをお送りして、ブログへの記事の転載の許可を求めましたところ、早速朝一番で三代目の現社長、続木 創(はじむ)氏からとてもご丁寧な返信をいただき、許可していただきました。
創業1913年という歴史を持つ「進々堂」の社名の由来は、「すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目指して一心に走っているのです」(ピリピ人への手紙3:13〜14)で、「パン造りを通して神と人とに奉仕する」という斉の原点の思いは、1世紀を超えた今も「進々堂」に引き継がれているのです。


ちょうど1年前に「なんである アイである Part3」というシリーズで森永製菓のことをご紹介したように、今回も何回かのシリーズで進々堂をご紹介したいと思います。とてもスケールの大きい物語です。
明日からスタートします。
どうぞお楽しみに。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生とは自分の身に起こる10%と...

2019.02.13日
08katiepiperSP_415x370.jpg


"Life is 10% what happens to us and 90% how we react to."
--Katie Piper 1983 - Activist, Writer, Television Presenter
「人生とは自分の身に起こる10%と、それに対してどのように反応するかの90%から成っている」
--ケイティ・パイパー、社会活動家・作家・テレビキャスター
(訳 舟田譲二)


イギリス人のケイティ・パイパーは現在35歳。
24歳のとき、自宅から出てきたところを顔に硫酸を浴びせかけられ全身大やけどを負いました。モデルを夢見ていたケイティは、これまで250回以上の手術を受けてきましたが、これからの人生も引き続き何度も手術を受けなければならない身です。


『きれい』と題した本にケイティは書いています。
「フードのついたパーカーを身にまとった若い男の子が、両手でコーヒーカップを持って通りを横切って自分のほうに歩いてきました。麻薬中毒者のように見えました。
気の毒に思い、携帯を首にはさんでお金をあげようとしてバッグに手を伸ばしたそのとき、
『バシャッ!』彼は手に持っていたカップの中身を私の顔に浴びせかけてきました。
一瞬、なにが起こったか状況がわかりませんでした。
と、次の瞬間鋭い痛みが私を襲いました。苦しみの爆発とでもいうか。これまで経験したことのないものでした。
その痛みは体中に広がりました。
顔が燃えているようにかんじました。あまりの熱さに顔から炎が出るかと思いました。
恐ろしい叫び声が聞こえてきました。
まるでと殺された動物の叫び声のような。
気づいたらそれは私の口から出てきていました」
(訳 舟田譲二)


モデルを夢見る、うら若い美しい女性がひとりの暴漢によって一瞬にして人生を奪われてしまいました。
まったく身に覚えのない、降って湧いてきたような悪夢。
おそらく地獄の底に突き落とされたかのように感じたことでしょう。
もう自分の将来はないと悲観したことでしょう。

ケイティはなんとそこから這いあがってきました。
「人生とは自分の身に起こる10%と、それに対してどのように反応するかの90%から成っている」
身に起こる10%の出来事の中には、自分の力ではどうしようもないこと。
道を歩いていて雷に撃たれるようなものです。


しかし、彼女はそこで悟りました。
自分でコントロールできないこと、過去に戻すことができないことは実際に起きる。
しかし、それにどのように対処するか、自分はこれからの人生をどのように生きていくかは、自分の選択だ。嘆き悲しんで人生をはかなみ、自殺することだってできる。
彼女は言います。
「だれでもポジティブに、そして固く決断するならば、たとえどのような状況でも生きていくことができる」と。
そして、ケイティは社会活動家となり、自らの経験を本に綴り、さらにテレビキャスターにまでなったのです。


昨日、突然飛び込んできたニュースにショックを受けました。
応援していた競泳の池江璃花子選手(18歳)が、ツイッターで白血病を公表したのです。
「この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、『白血病』という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。...今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです」


彼女のこのポジティブな姿勢と固い決意があるなら、必ずやこの試練を乗り越えることができることでしょう。お祈りしています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

静けさが光に変わる

2019.02.12日
mogan2.jpg


"Learning how to be still, to really be still and let life happen, that stillness becomes a radiance."
--Morgan Freeman - Actor, Producer and Narrator
「静まることを身につける。本当に動かずじっとして、人生を成り行きに任せる。そのとき、その静けさが光に変わる」
--モーガン・フリーマン、俳優・監督・ナレーター
(訳 舟田譲二)


これまでの人生を振り返ると、いつも一生懸命走ってきたような気がします。
なにせ、幼少の頃からの人生のモットーが「何事も一生懸命」でしたから。
このブログでもこれまで数えきれないほど、「何事も一生懸命」について書き、読者の皆さんにもこれをお勧めしてきました。


しかし、つい最近になってちょっと立ち止まって考えるようになりました。
そのきっかけとなったのは、去る1月28日に静岡県立病院へ脳神経外科のスーパードクターに診ていただいたときの医師の言葉です。


じつは長年苦しんできた首から肩、背中、腰の痛みをなんとか解消したいと、昨年12月に京都の脊椎脊髄疾患手術のスーパードクターに診てもらったところ、即手術が必要と言われました。ところが納得のいかないことがいくつも出てきて、予約した手術をキャンセルしてセカンドオピニオンを静岡の先生に求めることにしたという経緯がありました。


その静岡県立病院の先生が、頸椎、脊椎、腰椎のレントゲン、CT、MRIの検査のほか、問診や触診、歩く様子をみたり、先生と両手を合わせて押したり引いたり、握力を測ったりととても詳しく診察してくださいました。
そして、結論として先生がおっしゃったのは、「今すぐ手術が必要とは思えない。むしろしばらくは様子を見たほうがいいだろう。その間、できることとして姿勢に気をつけるように、しかしあまり神経質になるのは返って逆効果」ということでした。


この先生の言葉が私の心の目を開いてくれました。
「何事も一生懸命」で、毎日のウォーキングも目標を1万歩と決めると忠実に守り、体温が低いのが病気の原因と知ると毎朝起き抜けに体温を測ってスマホに記録し、毎朝の体重も欠かさず記録してきたのです。
しかし、「あまり神経質になるのは返って逆効果」という言葉が私の心に突き刺さりました。


そこで、この日以来、体温や体重を測ることをやめ、ウォーキングも万歩計を見ないようにして1万歩にこだわらないようにしてきました。
すると、なんだかふっと肩の力が抜けたような感じで、ずいぶん楽になってきました。
そしてそれと同時に、首、肩、背中、腰の痛みは確かに少し楽になったような気がします。
もちろん、姿勢や身体に力が入ることなど長年の習慣が身についているので、そう簡単には治りませんが、もっとゆったりした気持ちになって、のんびりと、静かで落ち着いた生活をすることにしました。


私の尊敬する俳優モーガン・フリーマンの言う、
「静まることを身につける。本当に動かずじっとして人生を成り行きに任せる。そのとき、その静けさが光に変わる」
が少しはわかってきたような気がします。
そして、これはヨガや瞑想、座禅、マインドフルネスといった流れにも通じるもので、心を空っぽにする、物事にあまり執着せずにのんびりする、そういった生き方をしようと、方向転換することにしました。
宇宙とはそのような感じなのではないかと思うようになりました。
そして、これは神様の世界にも通じるような気がします。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

チャンスと成長の種

2019.02.11日
quote-1582.jpg


"Every challenge, every adversity, contains within it the seeds of opportunity and growth."
--Roy Bennett 1957 – 2018,  Politician
「あらゆる苦難や試練には、チャンスと成長の種が宿っている」
--ロイ・ベネット、政治家
(訳 舟田譲二)


人生に苦難や試練はつきものです。
だれもこれらを避けて通ることはできません。
「バラ色の人生」なんてものは存在しません。
どんなに美しいバラにもとげがあるように、だれの人生にも苦難や試練はあります。
苦難や試練を否定する宗教は偽物です。むしろ、苦難や試練を認めて、その中でいかに生きるかを学ぶのが正しい生き方です。


さらに、冒頭でロイ・ベネットが言っているように、「あらゆる苦難や試練には、チャンスと成長の種が宿っている」ことに気づかなければなりません。
それさえわかっていると、たとえ苦難や試練に出合っても生きる望みや力が与えられます。


アフリカ南部にあるジンバブエ共和国でムガベ大統領が1980年から37年の長期に渡って権力の座について強権政治を行っていたとき、野党の政治家として国の民主化運動に身を捧げた人です。投獄されたり迫害にも遭いましたが、そのような中でも決して潰されず、むしろそれをチャンスに変えました。


苦難や試練に遭遇したとき、落ち込んだり、腐ったり、人や社会を恨んだり、神を呪ったりしていたら、そこに隠れているチャンスと成長の種を見逃してしまいます。
せっかくのチャンスと成長の種を活かさない手はありません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたはどのような人生を歩みたいですか?

2019.02.09日
Character-destiny.png


"Watch your thoughts; they lead to attitudes.
Watch your attitudes; they lead to words.
Watch your words; they lead to actions.
Watch your actions; they lead to habits.
Watch your habits; they lead to character.
Watch your character; it determines your destiny."


「あなたの思考に気をつけなさい。なぜならそれは態度につながるから。
あなたの態度に気をつけなさい。なぜならそれは言葉につながるから。
あなたの言葉に気をつけなさい。なぜならそれは行動につながるから。
あなたの行動に気をつけなさい。なぜならそれは習慣につながるから。
あなたの習慣に気をつけなさい。なぜならそれは人格につながるから。
あなたの人格に気をつけなさい。なぜならそれはあなたの運命を決めるから」

(訳 舟田譲二)


なんと深遠な言葉でしょう。
普段、気にも留めないような些細な考えがいつの間にか頭の中でどんどん膨れ上がっていき、それが態度となって表に出ます。
そしていつも同じような態度を取っていると、それが言葉遣いに現れます。
いつも同じような言葉遣いをしていると、それは私たちの行動パターンになってしまいます。
そして、同じ行動を繰り返していると、それはいつの間にか習慣になっています。
私たちは習慣の動物です。毎日同じ習慣を繰り返していると、それは私たちの人格を形成していきます。
そしてこの人格こそが、私たち自身の将来を、運命を、決めてしまうのです。


確かにそのとおりです。疑いようのない事実です。
考えもしないで流されるままに生活していると行き着く先もそれなりのところ。
おそらく、あとになって振り返ってこんなはずじゃなかったとか、もっといい人生があったのではないか、と思うことでしょう。


でも、グッドニュースはちょうどその正反対。
つまり、普段から自分の思考や、態度、言葉、行動、習慣、人格に気をつけているなら、私たちの人生の着地点も後悔のない、満ち足りた、幸せなところになるわけです。
今からでも遅くはありません。
というか、いつでも「今」という瞬間が残りの人生のスタート地点なのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

チャンスとドア

2019.02.08日
if-opportunity-doesnt-knock-build-a-door-635706392339086658-13350.jpg


"If opportunity doesn't knock, build a door."
--Milton Berle - Comedian and Actor
「チャンスが訪ねてきてくれないなら、訪ねてきてくれるようドアを作ってしまいなさい」
--ミルトン・バール、ドメディアン・俳優
(訳 舟田譲二)


チャンスを待っていてはだめです。
自分から探して見つけるのです。
でもときに、探してもなかなか見つからないことがあります。八方ふさがりのように思えることもあります。
そのようなときにはどうすれば良いのでしょう?


チャンスはせっかくあなたのもとを訪ねてやってこようとしているのに、ノックしようにもドアがない、ということだってあります。
このようなときには、チャンスがやってきてノックできるよう、あなた自身がドアを作るのです。


どのようなドアが作れるでしょうか?
友人関係のドア、仕事のドア、趣味のドア、健康のドア、遊びのドア、勉強のドア、旅行のドア、料理のドア、スポーツのドア等々、考え出せばいくらでも出てきます。
これらのドアを自分で作るのです。
そうしたら、チャンスが自分からやってきてドアをノックしてくれます。


私は昨日、買い物ついでにウォーキングに出かけました。
家に戻ってしなければならない仕事がいくつもありましたが、帰り道に思い切って書店に寄りました。
書店に足を運ぶといつもいろんな刺激が与えられます。そう言えば、ここしばらく忙しくて書店から足が遠ざかっていました。


いくつかのコーナーを回り、気になる本を手に取り中身をパラパラと拾い読みしていました。
それぞれからとてもいい刺激が与えられました。
書店を出ようとしたとき、雑誌売り場の前を通りかかると気になるタイトルが目に飛び込んできました。
健康関連の雑誌ですが、私が今悩んでいる首や肩、背中、腰の痛みのヒントとなるものがあり、手に取って見ると、具体的な体操の方法や食事など役立ちそうなものがたくさんあるではありませんか。
これは実践しなければ、と思ってレジへ。
家に戻って早速いくつか実践。明日から本格的に始めます。


かくして、私は書店に寄るというドアを作ったところ、すぐにチャンスがノックしてやってきました。
待っていてはだめです。何事も自分から働きかけないとものになりません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

競争の世界。あなたは頑張る?

2019.02.05日
c69f1d137fbbb26ad087b71fa7824b63.jpg


"Achieving success is a challenge but so is struggling, so you may as well choose success."
--Rob Liano - Author
「成功を収めることは大変なことだ。しかし、困難の中でもがくのも大変。だったら成功のほうを選んでみては?」
--ロブ・リアーノ、作家
(訳 舟田譲二)


スポーツの世界、学問の世界、ビジネスや政治、医学や科学分野、芸能から芸術等など、この世の中のありとあらゆる世界において、人々は成功を目指します。当然のことです。そしてそのお陰で技術が革新されてきて、生活レベルは向上し、文化も発展してきました。
私たち一般の人間はその恩恵に浴しています。


しかし成功を目指すということは同時に競争の世界であり、そこには当然のことながら勝者も敗者も出てくるし、大きな犠牲も伴い、その犠牲によって潰される人たちもいれば、このような試練の中でもがき苦しむ人もいます。
そこで、反動的にそんなに頑張って成功を目指す必要なんかないじゃないか、と開き直る人も出てくるわけです。
ところが、じつは人がこの世で生きていく限り、たとえどの世界であっても犠牲は避けられず、またそれに伴う痛みや苦しみもあるものです。


そこで、今日の言葉を生み出した作家のロブ・リアーノは言います。
「成功を収めることは大変なことだ。しかし、困難の中でもがくのも大変。だったら成功のほうを選んでみては?」


なるほど、説得力のある言葉です。
「成功」という言葉を使うとちょっと仰々しくなりますが、もっと平たく言えば、「この世の中、どんな生き方をしようが生きるのが大変なことに変わりはない。それだったらちょっとでも上を目指して頑張っては?」というような感じではないでしょうか?


人にはそれぞれ生まれつきの能力もあれば、後天的に努力して身につける分野もありますが、いずれにしても人はみんなそれぞれ。違って当たり前。違っているからこそこの世の中うまくいっているのです。
ですから、できない人はしなくてもいいし、できる人は少しでも上を目指して頑張って、満足できる結果が得られればそれはなおいいんじゃないんだろうか、と私は最近考えるようになりました。皆さんはどうお考えになりますか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

死ぬ前に - 生きなさい!

2019.02.04日
Daily-Inspiration-and-Motivational-Quotes-Positive-Thinking-Quotes-Images-Wallpapers-Pictures-Photos.jpg


"Six Ethics of LIFE."
Before you Pray - Believe.
Before you Speak - Listen.
Before you Spend - Earn.
Before you Write - Think.
Before you Quit - Try &
Before you Die - Live!


「人生の6つの倫理」
祈る前に - 信じなさい。
話す前に - 聴きなさい。
使う前に - 稼ぎなさい。
書く前に - 考えなさい。
やめる前に - 試しなさい。そして、
死ぬ前に - 生きなさい!

(訳 舟田譲二)


「倫理」というと、社会科の教科のひとつで「倫理」を思い浮かべますが、いざどういう意味と尋ねられると説明するのが難しいです。
「道徳」「モラル」とほぼ同じような意味で、「社会慣習として成立している行為規範」と定義されています。わかりやすく言うと、「私たちが社会生活を送る上で守るべき決まりごと」というような意味です。


冒頭の言葉は「人生の6つの倫理」と題されています。
1.「祈る前に - 信じなさい」
元旦に初詣に出かけ、賽銭箱に5円玉を投げ入れて「いいご縁がありますように」と語呂合わせで願掛けして、今年はきっといい縁が生まれて結婚できるだろう、なんていうのはだれが聞いても虫のよすぎる話です。
もし、良縁が与えられることを望むなら、祈りに応えてくださる神様がいると本気で信じて、神様に喜んでいただけるような生き方をし、期待しなければなりません。これが信仰です。
信じられていない神様は、人の自分勝手な祈りに応えようがありません。


2.「話す前に - 聴きなさい」
ひとりでペラペラ話してばかりいる人がいます。
当たり前のことですが、自分の話を聞いてもらいたいと思うなら、まずは相手の言うことに耳を傾けなければなりません。


3.「使う前に - 稼ぎなさい」
十分に稼いでもいないのに借金をしてまで、身の丈に合わない贅沢な生活をする人が時々いますが、これは「私たちが社会生活を送る上で守るべき決まりごと」から外れています。


4.「書く前に - 考えなさい」
書く前だけでなく、言う前、する前など、なにか行動を取ろうとしたらその前に、それがどのような結果をもたらすかを考えなければなりません。これが社会に生きる人間として責任ある行動です。


5.「やめる前に - 試しなさい」
あまりにもあっさりとあきらめる人がいます。
やめることは簡単です。
でも、何事にも当てはまりますが、やめる前にまずは試さなければなりません。


6.「死ぬ前に - 生きなさい!」
日本の自殺率は国際的に見てトップレベルです。
年間3万人を超える状態が長年続いていましたが、最近は減少傾向にあります。
とは言っても昨年は20,598人。1日当たり56.4人もの人が自らの命を絶っています。
「健康問題」「経済・生活問題」「家庭問題」などが主な理由ですが、声を大きくして大切なメッセージを伝えたいです。
「私たちが社会生活を送る上で守るべき一番大切な決まりごと」それは、
死ぬ前に - 生きなさい!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

悪い時

2019.01.30日
mid-70496-44.png


"Bad times have a scientific value. These are occasions a good learner would not miss."
--Ralph Waldo Emerson - 1803-1882 - Essayist
「悪い時には科学的な価値がある。賢明な人は悪い時からレッスンを学ぶことを怠らない」
--ラルフ・ウォルドー・エマソン、エッセイイスト
(訳 舟田譲二)


ラルフ・ウォルドー・エマソンの名言は、このブログですでに12回も引用しています。
波長がとても合う人物のひとりです。
今日の「悪い時には科学的な価値がある。賢明な人は悪い時からレッスンを学ぶことを怠らない」という名言もビンビンきます。


だれの人生にもいい時ばかりでなく、悪い時は必ずあります。
逆に悪いことばかりで、いいことがないという人もいません。
もしも「自分にはいいことなんかひとつもない」と言う人がいたなら、その人は自分の人生を見つめ直すべきです。同じ状況下にあっても「幸せ」を見出している人、またもっとひどい状況にあっても不平不満を言わず満足している人もいます。
一方、とても恵まれた状況に置かれていて外から見ていたらとても幸せそうに見えているのに、不満だらけで、中には自殺する人すらいます。
なぜでしょう?
なにがその違いを生み出しているのでしょうか?


第1は、置かれている状況に満足するかどうかです(「贅沢から得られるものは?」)。
第2は、人と自分を比較しないことです(「あなたのやるべき価値ある仕事とは」)。


そして第3は、今日のテーマ:
「悪い時には科学的な価値がある。賢明な人は悪い時からレッスンを学ぶことを怠らない」
だれにでもしくじりはあります。悪い時は必ずあります。
でも、そこから何を学び取り、これからの人生にそれをいかに生かすか、これが一番大切なことです。
私もこれまでたくさんの失敗を犯し、辛い目に遭い、暗黒の日々を送ったこともあります。
でも、たとえ転んでもそばに落ちている小石ひとつでも拾って立ち上がることを人生のモットーとし、常に失敗から学ぶようにしています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

変化は避けられない。思いどおりにできるのは...

2019.01.29日
quote-1579.jpg


"Changes are inevitable and not always controllable. What can be controlled is how you manage, react to and work through the change process."
--Kelly A. Morgan - Author
「変化は避けられない。しかも、いつでも自分の思いどおりにできるとは限らない。思いどおりにできるのは、自分をコントロールすることと、変化のプロセスにどのように対応し、乗り切るかだ」
--ケリー・A・モーガン、作家
(訳 舟田譲二)


昨日は早朝5:20に起きて急いで軽食をとり、6時に家を飛び出て6:20の平塚発の電車、そして7:08の小田原発の新幹線に乗って静岡に向かいました。
早朝であるにもかかわらず東海道線も新幹線も100%以上の乗車率。
そのほとんどが通勤客。こんなに朝早くから多くの人が職場に向かっていると思うと、皆さん本当にご苦労さま、と感謝の気持ちでいっぱいになりました。
日本人はよく働く。そして、このような人たちによって社会が回っていると思うとただただ頭が下がりました。


私が向かった先は、静岡県立総合病院の脳神経外科。
去る12月12日に京都のある病院で、私の首・肩・背中・腰の痛みの原因を診てもらいに行ったのですが、MRI画像の結果、頚椎が圧迫されていて即手術が必要と言われました。
それで手術をお願いしたのですが、釈然としない点が多々あり、一旦予約した手術を後日キャンセルしました。
そうしたところ、お友達の山崎久美子さんのお義父様が去年、同じ頚椎手術を静岡県立総合病院で受けられたところ成功し、執刀医がとても腕が良くて良心的な先生なのでセカンドオピニオンを求めてはどうかとのアドバイスをいただき、昨日の静岡行きとなったわけです。


事前に医師に私のことを伝えて相談してくださっていた久美子さんがまるで私の保護者のようになって付き添ってくださいました。
8:15に受付をしてから脳神経外科へ行くまでに1時間半。着くと待合所は人であふれかえっていました。
2時間近く待ってようやく医師の問診と触診などとても丁寧な診察を受けました。
久美子さんがおっしゃっていたとおり、本当に患者の心に寄り添う、温厚でしかも真摯な先生の態度に共感と安堵を覚えました。


診察のあと頸椎、脊椎、腰椎のレントゲン、CT、MRIの検査でまた長い時間待たされました。
終わったときには午後1時を大きく回り、最後に受けたMRIの結果が医師のもとに届くまでまだしばらく時間がかかるので、その間に昼食を済ませてはどうかという受付の方の提案に従って、病院の外にあるレストランに行きました。
久美子さんお薦めのハーブチキンランチをご馳走になり美味しくいただきながら、いろいろな話題で話が尽きませんでした。


ふと気づくと1時間以上も経っていて、急いで受付に戻ったのですが、そこでまた30分ほど待ってやっと医師の診断を仰ぐ時がやってきました。
検査した画像を一つひとつ見せながら丁寧に説明してくださいました。
その結果、姿勢もいいし、画像を見る限りとくに大きな異状は認められない。今すぐ手術が必要とは思えない。むしろしばらくは様子を見たほうがいいだろう。その間、できることとして姿勢に気をつけるように、しかしあまり神経質になるのは返って逆効果、と言われました。
いざとなればすぐにでも手術を受けるという覚悟で診察に臨みましたが、直感できっと手術を受けずに済むだろうと思っていたら、まさにそのとおりの結果になり、正直ほっとしました。
背後で大勢の方々が祈り支えていてくださっていましたことを覚えて心から感謝いたします。


すべてが終わったときは夕方の3時半すぎ。
バスで静岡駅に戻り、久美子さんとお別れして新幹線に乗りました。
朝早かったこともあってやはりかなり疲れていたようで、うとうとしていたらいつの間にか目的地の小田原駅に着いていて、列車の乗客はみんなすでに降りてホームから人々が車内に乗り込んできていました。
目が覚めるや否や乗ってくる人をかき分けて列車を飛び降り、階段を駆け上がって東海道線の上りホームまで走り続け、乗った途端に後ろでドアが閉まるというぎりぎりセーフを演じました。あのまま眠っていたら横浜駅まで行っていたところ。危機一髪でした。


結局、痛みの原因はわからずじまいでしたが、今後の生活上ですべきこと、してはいけないことなど具体的なアドバイスもいただき、本当に感謝な1日でした。付き添ってくださった久美子さんにも心から感謝いたします。
これで将来へのひと筋の希望の光が見え始め、また明日から新たな気持ちでスタートを切る決意ができました。


「変化は避けられない。しかも、いつでも自分の思いどおりにできるとは限らない。思いどおりにできるのは、自分をコントロールすることと、変化のプロセスにどのように対応し、乗り切るかだ」
という冒頭の言葉にあるように、加齢に伴う体調の変化や衰え等はだれも避けて通ることはできません。ここで大切なのは、愚痴を言ったりことさら不安になったり、現実を否定したりすることではなく、現実をありのまま受け入れつつも、その中で自分にできる最大限のことをやり通す、これしかありません。
神様、感謝いたします。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?

2019.01.28日
someone%20really%20loves%20you.jpg


"Someone who really loves you sees what a mess you can be,
how moody you can get,
how hard you are to handle...
and still wants you in their life
because they love you just the way you are."
「あなたのことを本当に愛している人は、あなたが
どれほどだらしなくても、
どれほど気分屋であっても、
どれほど扱うのが難しくても、
あなたとずっと一緒にいたいと思う。
ありのままのあなたを愛しているから」

(訳 舟田譲二)


3年前の記事、「大感動の純愛物語」を一昨日再び読み返し、そしてその中で紹介されている動画を観て、当時の感動が甦りウルウルし、再び涙が溢れてきました。
空前の大ヒットをした映画『タイタニック』をはるかに凌ぐ素晴らしい感動実話です。
主人公はロサンゼルスに住む友人(長男直人を通じての)。



皆さん、いかがでしたか?
3年経った今もおふたりはアツアツ(?)です。
もちろん、時には行き違いもあり、頭に来ることもあるようです。
でも、それを乗り越えることができるのは、お互いに自分の人生、生涯をかけて相手にコミット(捧げることを固く決意)しているからです。


熱愛し、希望に胸をふくらませてゴールインしたカップルが数年後に、こんなはずじゃなかった、相手の本性が見えてきて失望した、性格が合わない、経済的に大変でいつも喧嘩が絶えない、相手が自分のことを大切にしてくれない、などと言って離婚します。
「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」
「はい、誓います」

結婚式のときにこのように誓ったにもかかわらず。


裁判や国会での証言において宣誓したのち、偽証したり、誓約を破ると偽証罪に問われます。
ましてや、神の前での宣誓はもっと責任の重いものです。
軽々しく宣誓して、それをあとで覆すと当然のことながらその実を刈り取ることになります。
それを覚悟して神の前に宣誓すること、これが本物の「コミットメント」です。
神様も一緒にその誓いを受け入れられるので、これでうまくいかないわけありません。
祝福された結婚生活の秘訣は、自分の要望を相手に押しつけるのでなく、相手を「ありのまま愛する」ことです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたが一緒にいたいと思う人

2019.01.26日

e35be78376e1d66b29234ad85a3f8a54--hand-drawn-typography-types-of.jpg


"Be someone you want to be around."
「あなた自身が一緒にいたいと思うような人になりなさい」

(訳 舟田譲二)


セルフイメージの低い人がいます。
自分には価値がないと思い込んでいて、自分のことを嫌ってさえいる人もいます。
このような人は良好な人間関係を築くことがなかなかできません。
人は自分のことを嫌っている、あるいはバカにしているに違いないなどとネガティブに考え、人目を意識しすぎてしまうのです。


しかし、人というものは、ほとんどみんな自分のことで精いっぱいで、他人のことまで考えていないものです。
つまり、このような人は意識過剰になっているのです。
また必要以上に自分のことを卑下(ひげ)しています。単に謙遜しているというレベルではなく、本当に自分を卑しめ、人よりも劣っていて価値がないと思い込んでいるのです。
このような考え方をしている人にとって、生きることは苦痛です。


もし、人間が単なる進化の産物であり、地上は弱肉強食の世界で、能力のある人やイケメン・美人の人、地位や名誉、財産のある人だけが幸せに生きることができるのだとしたら、確かに地球上のほとんどの人にとってこの世は生きづらい場所です。
そして、そのように思い込んで自分自身に失望し、将来に夢も希望も持てずに自殺する人が大勢います。しかも、自殺する人は豊かな国ほど多いのです。


しかし、私たちは本能的に、直感的にそうであってはならない、絶対にそうじゃないと思っています。だから、自殺や殺人、いじめや虐待などを戒め、弱い人を強い人が助けるような社会になっているのです。


聖書には次のように書いてあります。
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」
(イザヤ書43:4)
神様は私たちをこのようにご覧になっていらっしゃいます。
価値のない人など誰ひとりいません。みんなが愛され、必要とされています。
このことがわかれば、人生は180度変わってきます。


人は誰でも人生において苦しい経験や辛い思いをします。
あなたのすぐそばにもそのような人が必ずいます。
そこで私からのお願いです。
「あなた自身が一緒にいたいと思うような人になりなさい」


私たち自身がそのような人を求めているように、私たちのすぐ隣にいる人も、そのような人を必要としています。
ですから、私たちが自ら進んでそのような人になるのです。
一人ひとりがそのような生き方をすれば、この世の中はもっともっと明るい、希望に満ちた幸せな世界になります。
憎んだり、傷つけあったり、殺し合ったりするのはもうたくさんです。
「あなた自身が一緒にいたいと思うような人になる」なら、あなた自身の日々の生活も有意義な、満たされたものになります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

最高の時

2019.01.25日
050320e2cde9b253560278afec07f89116ab83-wm.jpg

"Sometimes the best moments are the ones you didn't plan at all."
「ときに、最高の時というのはまったく予定していなかったときに訪れる」

(訳 舟田譲二)


そう、計画していたから、予期していたから最高の時が訪れるとは限らないものです。
ときに、思いもしないところから最高に嬉しいことが起こる、というのは誰しもが経験していることです。誕生日のサプライズパーティなどは、誕生日だからある程度予想はつきますが、まったく予想だにしなかったことで「本物のサプライズ」が起きると嬉しさもひとしおです。


それはひょっとしたらまったくの偶然に起こることかもしれません。
でもたとえ偶然のように思えるような出来事でも、じつは偶然ではなく起こるべくして起こること(たとえば普段の行いがいいからとか)だったり、あるいは天(神様)の恵みだったりするものです。
偶然と思っているとありがたみが薄れます。ですから、サプライズが起きたときには思いっきり感謝しなければなりません。


また、予想だにしていないときにだれかが心遣いをしてやってくれたことかもしれません。
そのようなときには、もちろんその人に心からの感謝をしなければなりません。


あとひとつ、神様は人からいただく「サプライズ」に感謝するだけでなく、こちらのほうからも
人にそのような「サプライズ」をしてあげること。
私たちが人からしてもらって嬉しいように、人も予期していないときにそのような心遣いをされると嬉しいものです。
ですから、私たちもそのように人の喜ぶことをなにか、小さなことでもいいのでしてあげると、人間関係はよりスムーズになり、お互いに幸せな気持ちになります。
それこそが、まったく予定していなかったときに訪れる最高の時となるのです。


「人々にしてほしいと、あなたがたの望むことを、人々にもそのとおりにせよ」
(ルカ6:31)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

焦る必要はない

2019.01.23日
054961085e4731b05d2f94a93eb6d58d1aa459-wide-thumbnail.jpg


"We don't need to rush. If somethings bound to happen, it will happen. In the right time, with the right person and for the best reason."
--Aristotle - Ancient Greek Philosopher
「焦る必要はない。もし何かが起きることになっているなら、それは起きる。最善の時に、最善の人に、最善の理由で」
--アリストテレス、古代ギリシャの哲学者
(訳 舟田譲二)


アリストテレスは、古代ギリシャの哲学者プラトンの弟子で、ソクラテス、プラトンとともに、しばしば「西洋」最大の哲学者のひとりとされ、その多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれています。
彼は人間の本性が「知を愛する」ことにあると考えました。ギリシャ語ではこれをフィロソフィア(Philosophia)と呼びます。フィロは「愛する」、ソフィアは「知」を意味し、この言葉がヨーロッパの各国の言語で「哲学」を意味する言葉の語源となりました。
アリストテレスはその著『ニコマコス倫理学』の中で、
「哲学の一番の関心事は、幸福になるために私たちはいかに生きるべきかという質問に答えることである」
と言っています。


「哲学」というと、難しいと思う人が多いですが、じつは私たちが日常生活の中で考えることや取る行動は、事実上すべて、幸福を追求する、あるいは、幸福の妨げになるものを取り除こうとする結果で、これがいわば哲学なのです。


今日の名言、
「焦る必要はない。もし何かが起きることになっているなら、それは起きる。最善の時に、最善の人に、最善の理由で」
も、これを見事に物語っています。


私たちはなにかをしようとするとき、往々にして焦ります。
焦った結果、かえって失敗することもしばしばです。
また、ときに焦ってそれがストレスになって体調を壊し、せっかくいい考えを持っているのに実現できなくなるということもあります。
もしも、考えていることが正しいことで、起きるべきことならばそれは必ず起きます。
ただし、それは「最善の時に、最善の人に、最善の理由で」。


ということは、ひょっとしたら自分がその人でないかもしれません。
あるいは今はまだその時でないのかもしれません。
もう少し忍耐を持ってしっかり計画を立て、あるいは健康状態など境遇を整えてから起きるのかもしれません。
しかも「最善の理由で」それは起きます。
たとえ正しいことであっても、動機が不純であったり、自分の名誉などを求めていたら実現しないということも十分にあり得るわけです。


ですから、私たちは「焦る必要なない」のです。
そして、そのような生き方をすることが「幸福を追求する、あるいは、幸福の妨げになるものを取り除く」という至高の目的を達成することになるのです。


NHKの朝ドラ『まんぷく』では、いよいよ主人公の立花萬平が「インスタントラーメン」を発明する段階に入ります。
これまでの遠回りに思える長い道のりも、すべてこの画期的な世紀の大発明をするために必要な準備の時でした。
ドラマですから脚色はしてありますが本筋においては歴史上の出来事で、日清食品創業者の安藤百福が1958年に発明したインスタントラーメンを発明するに至る物語で、子どもの頃にその恩恵に与かった世代の私たちにとってはとても身近に感じます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

焦らないで少し待とう

2019.01.22日
everything-happens-for-a-reason-even-if-you-dont-know-7027533.png


"Everything happens for a reason, even if you don't know the reason now, you will soon enough, just give it some time."
「すべてのことは理由があって起きる。たとえ今その理由がわからなくてもすぐにわかるようになる。だから焦らないで少し待とう」
(訳 舟田譲二)


「すべてのことは理由があって起きる」というのは、皆さん納得いきますか?
きっと、そのような経験があることと思います。
そのときにはわからないものです。


「なぜこんなことが起こるの?」
と私たちはその理由を知りたがります。
たとえば、家族がガンになって余命宣告を受けたとか、事故で亡くなった、自殺したなど身近な人の死に関するものや、会社の倒産、失業など、予想もしていないことが起こったとき。
通常、私たちは自分の身に、あるいは身内などにいいことが起きると、「なぜこんなことになったの?」と尋ねたりしません。
だいたい、思いもかけない不幸が起こったときにこのように問うものです。


しかし、考えてみたら当たり前のことですが、どこかから答えが返ってくるわけありません。
それにもかかわらず、私たちは理由を知りたがります。
そして、理由がわからないためによけいに苦しむことになります。


ところが、家族の死や事業の倒産など、大変なことが起こって数年経つと、徐々にその意味がわかってくるものです。
「ああ、あのときはわからなかったけど、そういうことだったのか」と。
きっと思い当たる節があることと思います。


世界の永遠のベストセラーと言われる、また私が「人生の取扱説明書」と呼ぶ聖書には次のような言葉があります。


「イエスは彼に答えて言われた、『わたしのしていることは今あなたにはわからないが、あとでわかるようになるだろう』」(口語訳)
「汝らいま知らず、のち知るべし」(文語訳)
(ヨハネ13:7)


これはまさに冒頭の言葉と符合します。
「すべてのことは理由があって起きる。たとえ今その理由がわからなくてもすぐにわかるようになる。だから焦らないで少し待とう」
このように自分たちの手が及ばないことは明け渡して、時に解決してもらうというのがじつは賢明な方法なのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事を読んで「なるほど」と思われたら、下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

腸の調子はいい調子!

2019.01.21日
f197144131c5ecff8d452f71ab112d0a.jpg


"My life isn't perfect but I'm thankful for everything I have."
「私の人生は完璧ではない。でも私は与えられているものすべてに感謝している」

(訳 舟田譲二)


「私の人生は完璧ではない」どころか、正直なところ欠けだらけです。
小さい頃から身体が弱く、近くの総合病院にほとんど毎週通っていました。
当時、私が毎日服んでいたのはテレビのCMでよく見る整腸剤「新ビオフェルミンS」の前身である「ビオフェルミン」を3錠と、下痢をしたとき服用する「正露丸」でした。
左のビオフェルミンの画像は当時のパッケージのもの。60年も前のことですが、瓶を触ったときの質感やビオフェルミンのにおいも味もはっきり覚えているぐらいです。


IMG_4396.jpg %90%B3%98I%8A%DB.jpg


身体が弱かったせいで友達がやっていた野球などのスポーツもほとんどできず、運動神経が極端に悪かったため体育の成績はいつも2、時には1でした(当時は小学校でも相対評価)。
ですからスポーツができる子や、身体が大きい子をいつも羨ましく思っていました。


大学を卒業してアメリカに留学したときのこと。
アメリカ人はみんな背が高く、UCLAの図書館でエレベーターに乗ったとき、まるで林立する高層ビルに囲まれた超低層ビルのような感じがしました。
そんなこともあって身体が小さかったことで劣等感を持っていました。
それに追い打ちをかけるような出来事がありました。


靴屋に行ったときのこと。
気に入る靴を探していたところ、店員にサイズを尋ねられました。アメリカの靴のサイズは日本のようにセンチではなくインチです。初めてのことだったのでサイズなんて知っているはずもなく、測ってもらいました。
すると、突然店員が笑い始めて大声で言いました。
「きみの足のサイズはこの店では売ってないよ。あっちの子供靴店へ行って」
私は恥ずかしくて顔が真っ赤になりました。
身体が大きい人、背の高い人、足の大きい人をいつも羨ましく思っていました。


もうずいぶん前のことになりますが、うちの塾にみずきちゃんとありさちゃんという姉妹がいました。なんでもご両親が女優の観月ありさのファンだったそうで、初めの女の子が生まれたとき「ありさ」と名付けたところ、二人目も女の子だったので「みずき」(実際にはそれぞれ漢字が使われています)と名付けたそうです。それで姉妹で「みずきありさ」。
観月ありさは身長169センチでとても大柄な女優ですが、実はありさちゃんはさらに高くて171センチ。みずきちゃんも中2の頃すでに166センチでその後も伸び続けました。


あるとき、みずきちゃんに尋ねました。
「背が高くて便利なこととか不便なことってある?」
「便利なことはあまり感じたことありません。でも、洋服や靴を買う時、自分の気に入ったものがあってもサイズがなかったりすることがよくあって不便を感じます。あと、目立つことと周りの男子がみんな小さくて、それがいやかな」
室内高164センチのハイルーフの送迎バスの中、ほかの生徒たちはみんな大丈夫なのに、みずきちゃんは頭がつかえ、身をかがめて車内を移動し、乗り降りするとき頭をぶっつけることもよくありました。
その後、スタイル抜群のみずきちゃんはプロのモデルさんになりました。


私から見ていてカッコいいし、羨ましい限りだったのですが、不便なことや困ることのほうが多かったそうです。
そう言えば、昔うちの塾で講師として働いていたN先生は身長183センチ。
彼もやはり頭をあちこちでしょっちゅうぶっつけ、また服や靴を選ぶときなど不自由して、背が高くていいと思ったことは一度もないと言っていました。
そんなものなんですね。
いわゆるない物ねだりです。


小さい頃身体の弱かった私は、今でもしょっちゅう体調を崩します。
洗面台を洗ったり、風呂掃除したり、家の中を掃除機かけたり、洗車したりすると、すぐに腰痛になり、寝込むことすらあります。


このほか、目が悪いこと。
眼鏡で矯正できなければ0.03ぐらいの弱視で障がい者レベルです。
さらに赤と緑、黄色と黄緑、青と紫の区別がつきにくい赤緑色弱で、人の服を見ていても色に関する情報はいつもすっかり欠落しています。
目のいい人がいつも羨ましかったです。


でも今では、身体が弱いことも、小柄なことも、スポーツができないことも、目が悪いこともありのまま受け入れ、劣等感を感じたり、人を羨ましくは思いません。ありのままの自分を受け入れることが幸せの秘訣だと知っているからです。
人はみんなそれぞれ違いを持ってこの世に生まれてきます。
生まれながらにして目が悪い、耳が聞こえない、うまく話せない、手足がない、発達障がいがある等々、これらもみんな一人ひとりの特徴であって、不便ではあっても決して不幸ではないと彼らは言います。
不幸だと思うのは、ほかの人と比べて自分を蔑(さげす)むからです。
それが証拠に、動物は自分と周りの仲間を比べるということを知りませんから、劣等感や優越感を感じることなどありません。だから、動物はありのまま生きていて幸せなのです。


「私の人生は完璧ではない。でも私は与えられているものすべてに感謝している」


子どもの頃手放せなかったビオフェルミンと正露丸。
今でも胃腸は弱く、下痢や便秘をしたりしますが、教会の柿谷牧師夫妻から種菌をいただいて作り始めた自家製ヨーグルトや、先生から作り方を教えていただいて毎日食している野菜スープ(「ガンの予防には◯◯が一番」)などで腸内フローラが整えられたお陰で今は、
「腸の調子はいい調子!」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

一生幸せでいたい?

2019.01.17日
%88%EA%93%FA%82%BE%82%AF%8DK%82%B9.png


「一日だけ幸せでいたいなら、床屋へ行け。
1週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。
1ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。
1年だけ幸せでいたいなら、家を買え。
一生幸せでいたいなら、正直でいることだ」


今日の名言は、「クレヨンしんちゃん」のお父さん(というか作者臼井儀人さん)です。
実に面白く、当たっていると思います。


確かに、床屋に行って幸せな気持ちでいられるのは1日だけ。
車を買って幸せな気持ちでいられるのは1週間だけ。
結婚をして幸せな気持ちでいられるのは1ヶ月だけ(なんて言ったら妻に叱られそうです。いえ、一生幸せです、はい 汗)
家を買って幸せな気持ちでいられるのは1年だけ。
それに対して、正直でいるなら一生幸せでいられるでしょう。
そして、実際に一生を正直に暮らして幸せな人はたくさんいることと思います。これには疑いの余地がありません。


しかし、これを読んでなにか物足りなさを感じるのは私だけでしょうか?
「正直に暮らして一生幸せだったらそれでいいじゃないか」
という声が聞こえてきそうです。
「はい、それでもいいです」


でも、もしも、この世の人生だけでなく、死後の世界もあるとしたらどうでしょう?
「そんなことは仮定の話で、あるかないかもわからないような死後のことなど考える必要なんかない」
と言う人もたくさんいらっしゃることかと思います。
これは、一般に宗教熱心と言われる日本人の宗教心の本音だと思います。
ですから、そのように考える方はこの先を読む必要はありません。
どうぞ一生正直に生きて、お幸せにお過ごしください。
(めでたし、めでたし、チョンチョン!)


しかし、残念なことに地上の生活でいくら正直に暮らしていても、中には幸せだと感じられない人も確かにいらっしゃいます。
それはなぜでしょう?
やはり、人間には永遠を思う心(頭)が与えられていて、この世の人生さえ幸せだったらいいと言いながら、やはり死後の世界のことが不安だからではないでしょうか。


これまでにも何度かこのブログの中で書いた、あの室町時代の有名な一休和尚(一休宗純)もそのひとりです。
こんにちではとんちで名を馳せていますがこれは後代の創作で、当時は僧侶に対する一般常識をことごとく覆した破戒僧侶で有名でした。


ikkyu-sojun.png


神童だったにもかかわらず、成人してからは毎日のように遊郭に通うわ、男色はもとより仏教の戒律で禁じられていた飲酒・肉食は行うわ、77歳のときには50歳近く年下の女性と同棲し、岐翁紹禎という実子の弟子がいたとも伝えられていて、浮世絵春画好色東海道中膝栗毛の中には一休和尚をモデルにした春画もあるそうです。
(その絵は外国人の日本研究家、クリス・キンケイド氏による "日本Japan Powered"に)


知恵に長けていて、さんざん好きなことをして幸せに生きたはずの一休和尚、臨終の床ではこの世の未練から
「わしゃ死にとうない」
と言い、驚いた弟子たちが和尚の口元に耳を寄せると、
「わしゃ死にとうない。ほんまにほんまに死にとうない」
と言ったそうです。
最期を看取った弟子たちの言い伝えで、これは有名な話です。


「神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた」
(伝道の書3:11)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

過去に自分を傷つけたこと

2019.01.16日
CrZp6jBXYAAHnBq.jpg


"Forget what hurt you in the past but never forget what it taught you."
--Hiro Mashima − Manga Artist
「過去に自分を傷つけたことは忘れなさい。でもそれがあなたに教えてくれたことは決して忘れてはいけません」
--真島ヒロ、漫画家
(訳 舟田譲二)


私もこれを人生のモットーとしています。
病気や事故など何か自分の身に起こった出来事や、また人に傷つけられたことなどはいつも忘れるようにしています。たとえ記憶に残っていてもそれにさいなまれることはありません。
しかし同時に、私自身が人に傷つけたことは忘れないようにし、それから教えられたレッスンも肝に銘じて忘れないよう、そして同じ間違いを繰り返さないよう努めています。


漫画家、真島ヒロさんのお名前を私は今まで存じていませんでした。
漫画界ではとても有名なお方のようです。
こんな漫画を描いていらっしゃいます。きっとご存じの方もあるでしょう。


DrzGWbzU0AEk3PH.jpg


それよりも何よりも、冒頭の言葉のようなとても深遠なことを考えていらっしゃるというところにとても興味を引かれ、また通じるところがあるなと感じました。
これは人生の知恵です。


中にはこれとまったく逆に、人からされたことや自分の身に起こった不幸なこと、不快なことは一生忘れずにいるのに、自分が人にしたことはすぐに忘れるという人もいます。
このような人は、映画やテレビドラマ、小説などのテーマによくなる復讐劇を生涯をかけて繰り広げます。その結果、ますます自分を痛めつけ、周囲の人たちをもその復讐劇に巻き込んで不幸な人をさらに増やします。


また中には過去のことに囚われてトラウマになる人もいます。
これも賢明な生き方ではありません。
人生の取扱説明書とも言える聖書にはこのように書いてあります。
「愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、『主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する』と書いてあるからである」
(ローマ人への手紙 12:19)
「わたしは、彼らの不義をあわれみ、もはや、彼らの罪を思い出すことはしない」(神様の言葉)
(ヘブル人への手紙 8:12)
「東が西から遠いように、主はわれらのとがをわれらから遠ざけられる」
(詩篇 103:12)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

夢はふくらんでどんどん大きくなり...

2019.01.13日
quote-1560.jpg


"Dreams come a size too big so that we can grow into them."
--Josie Bisset - Actress
「夢はふくらんでどんどん大きくなる。だからそれに合わせて私たちも大きく成長することができる」
--ジョシー・ビセット、女優
(訳 舟田譲二)


将棋の高校生棋士藤井聡太七段(16)が、去る8日の第77期名人戦で富岡英作八段(54)に91手で勝ちました。デビューからの順位戦の連勝記録を18に伸ばし、中原誠十六世名人(71)が1967年度から68年度にかけて達成した歴代1位記録に並びました。


710a9fa3d063fec3f0a471be8593dd14_640px.jpg


卓球の張本智和選手はITTFワールドツアー男子シングルスを最年少の14歳61日で優勝。その後、2018年のITTFワールドツアーグランドファイナル男子シングルスを最年少の15歳172日で優勝しました。


https___imgix-proxy.n8s.jp_content_pic_20180713_96958A9F889DE1E0E7EAE2EBEBE2E2E1E2E5E0E2E3EA819A90E2E2E2-DSXMZO3258104003072018SHB001-PB1-2.jpg


また、今年の4月1日付けで、史上最年少でのプロ棋士となる仲邑菫さんは、まだ小学4年生の女の子です。3歳から囲碁を始めて、3歳7カ月でアマチュア大会初出場。さらに5歳のころ、アマ女流名人戦Bクラスで初優勝を果たしています。


00408820HDK.jpg


これらの若い世代の人たちが大活躍していますが、彼らは私たちに大きな喜びだけでなく、励ましや希望も与えてくれ、私たちの夢も大きくふくらみます。
来年開催される東京オリンピックも楽しみです。


まさに
「夢はふくらんでどんどん大きくなる。だからそれに合わせて私たちも大きく成長することができる」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

真の成功者とは

2019.01.10日
VyxPNYH2P.jpg


"Success isn’t about how much money you make. It’s about the difference you make in people’s lives."
-- Michelle Obama - Former First Lady
「成功とはいくらお金を生み出すかではありません。成功とは人々の人生に違いを生み出すことです」
--ミシェル・オバマ、前米国大統領夫人
(訳 舟田譲二)


来年はアメリカ大統領選の年です。
2016年の大統領選では、共和党のトランプ氏が民主党のヒラリー・クリントン元大統領夫人と争って勝利し、第45代大統領に就任しました。
来年の大統領選では、トランプ大統領に対抗できる候補者選びに悩む民主党では現在のところ、ジョー・バイデン前アメリカ合衆国副大統領、バーニー・サンダース上院議員、エリザベス・ウォーレン上院議員、ナンシー・ペロシ下院議長らの名前が挙がっていますが、いずれも決定打にはなりません。そこへ、オバマ前大統領夫人のミシェル・オバマ氏の名前が急浮上してきました。ミシェル夫人は全対抗馬の中で現在トップの支持率です。


来年の大統領選のことはさておき、冒頭のミシェル夫人が語っている
「成功とはお金をいくら生み出すかではありません。成功とは人々の人生に違いを生み出すことです」
は名言だと思います。


この世の一般的な見方では、「お金をいくら生み出すか」が成功の基準とみなされているケースがほとんどですが、「人々の人生に違いを生み出す」ことのほうが絶対に真の成功者の基準だと私も思います。
たとえばマザー・テレサなど、経済的には最貧かもしれませんが、真の人生の成功者です。
その理由は、世界中の数えきれないほどの人々に夢や希望を与え、彼らの人生を変えてきたからです。
さらに無名の人で素晴らしい働きをしている人は数えきれないほどいます。成功者とは、地位や名誉、財産などによって決してはかることはできません。
たとえ人の目につかないところにいる質素な人であっても、人の人生に違いを生み出す人、そのような人こそ本物の成功者です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

与えることは生きること

2019.01.09日
quote-1557.jpg


"The people who learn to give simultaneously learn to live."
--Bob Proctor – Author - Speaker
「与えることを学ぶ人は、同時に生きる知恵も学ぶ」
--ボブ・プロクター、著作家・モチベーショナルスピーカー
(訳 舟田譲二)


与えることは難しいですね。
人間、みんな基本的には自己中心に生まれついていますから、人に与えるより与えてもらいたい、受けたいというのが本音です。
見ていると、寄付や献金などたくさんしていらっしゃる奇特な方というのは、やはりその前にたくさん与えられていて、その中から一部をお返ししておられます。
豊かな人は、それこそさらに多く与えて社会に還元しても罰は当たらない、というかそうするのが責務じゃないかとさえ思います。
与えられていない人(たくさん受けていない人)というのは、与えようにも与えるものさえ事欠いています。


しかし、ここで大切なことを教えられます。
たとえば、ボランティアをしていらっしゃる方々や献血などで貢献しておられる方は、ほかの人と比べてたくさん与えられているという訳ではありません。
時間や労力、自らの血液や臓器などを提供するというのは、ある意味あり余る財の中から寄附や献金することよりも、はるかに尊いことです。
さらに言えば、自分の置かれている立場で、仕事を通して社会に、あるいは母親・父親として子どもに対し、夫・妻として伴侶に、また親に対し、とそれこそ貢献できない人など、この世にひとりもいません。
先日、ふたりの孫の顔を見てとても癒され、励まされ、大きな喜びをいただきましたが、能力的に何もできない赤ちゃんであっても果たせる役割が与えられているのです。
なんと素晴らしいことでしょう。


このようにして、私たちはみんな
「与えることを学ぶ人は、同時に生きる知恵も学ぶ」
のです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

贅沢から得られるものは?

2019.01.07日
contentment-is-natural-wealth-luxury-is-artificial-poverty.jpg


"Contentment is natural wealth. Luxury is artificial poverty."
--Socrates、Philosopher
「満足は自然が与える富。贅沢は人が生み出す貧困」
--ソクラテス、哲学者
(訳 舟田譲二)


皆さんはご自分の生活に満足していらっしゃいますか?
自分の家族や家や車や家電品、服などの持ち物、友人、仕事、収入、人間関係等々。
満足していらっしゃったらそれは素晴らしいこと。
でも多くの人はまだまだ満足がいきません。
もっといいものがあるはずだ、あれがあったらもっと幸せだ、これが手に入らないと満足できない、あの人がこうなってさえくれれば...


これらはすべて自分が頭の中で作り出した「贅沢」だ、とソクラテスは言っているのです。
それでは「満足」とは何か。
ソクラテスは自然が与えるもの、今持っているもの、置かれている状況、与えられているもの、これらをありのまま享受すること、これこそが真の満足だと言っています。


つまり、あれが必要、これがほしい、これは嫌だ、などと言っている間は決して満足は得られない。でも、持っているもので満足することを覚えると、毎日の生活、そして人生はとても充実した幸せなものになるということです。
このことを見事に表しているのが、自分たちは幸福だと思っている国民の割合を表す世界幸福度ランキングです。


2018年度のトップ9位の国は以下のとおりです。
1位 フィジー(92)
2位 コロンビア(87)
3位 フィリピン(84)
4位 メキシコ(82)
5位 ベトナム(77)
6位 カザフスタン(74)
6位 パプアニューギニア(74)
8位 インドネシア(68)
9位 インド(64)
9位 アルゼンチン(64)
9位 オランダ(64)


2018-01-04-1515032832-4564864-jump-thumb.jpg


豊かな国はほとんどありませんが、幸福だと感じているのです。
それに対して、日本を含む主要国の結果は以下のとおりです。
18位 日本(54) ※昨年は25位
25位 アメリカ、ロシア(50)
35位 フランス(43)
37位 イギリス、イタリア、韓国(42)
41位 ドイツ(38)


「満足は自然が与える富。贅沢は人が生み出す貧困」
このことを紀元前469年頃 - 紀元前399年に生きていた古代ギリシャの哲学者ソクラテスが指摘していたのです。


さて、皆さんはどちらがいいですか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

大きな目的を持って

2019.01.02日
quote-1546.jpg


“Great minds have purposes, others have wishes.”
―Washington Irving - 1783-1859 - Writer
「偉大な人は目的を持っている。一方、凡人は願望を持っている」
―ワシントン・アーヴィン、作家
(訳 舟田譲二)


だれでも願望を持っています。
あの人と結婚したい、◯◯高校(大学)に合格したい、ベンツに乗りたい、海外旅行をしたい。
あれができたらいいな、これが欲しいな、こんなふうになりたいな...
願望を持つことは素晴らしいことです。
でも、願望のままで終わるならそれは空しいです。
願望持つだけならだれでもできます。


でも、「偉大な人は目的を持っている」のです。
それによって偉大なことを達成します。
そもそも偉大なことを達成する人というのは、偶然それができるわけではありません。
初めから偉大な目的を持ち、それに向けて地道に考え、コツコツと努力しています。
それらが実を結んでいるのです。


私たちの大半はそんな「偉大な人」からはほど遠いことでしょう。
でもそれでもいいのです。
「偉大な人」になることを望んで何かをするのでなく、偉大な目的を持って努力していく、それだけでいいのです。結果はあとからついてきます。


この新しい年も皆さんの上に神様の祝福が豊かにありますように。
大きな目的を持ち、上を目指して一歩一歩ご一緒に前進していきましょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

明けましておめでとうございます

2019.01.01日
2019%20New%20Year%20Card.jpg


皆様、明けましておめでとうございます。
旧年中はいろいろとお世話になりました。
また本年もどうぞよろしくお願いいたします。
この新しい年、皆様の上に神様の豊かな祝福がありますようお祈りしています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

愚かな人と賢い人

2018.12.28日
The-foolish-man-seeks-happiness-in-the-distance-the-wise-Wise-Grow-Happiness-Feet-Quote-by-James-Oppenheim.jpg


"The foolish man seeks happiness in the distance, the wise grows it under his feet."
--J. Robert Oppenheimer - 1904-1967 - Physicist
「愚かな人は遠いところにある幸せを探す。賢い人は自分の足の下に幸せを育てる」
--J・ロバート・オッペンハイマー、物理学者
(訳 舟田譲二)


「愚かな人」と「賢い人」を対比したことわざは多くあります。
聖書の中にも「愚かな人」「賢い人」はよく出てきます。
これらのたとえから教えられることはとても多いです。


今日のことわざ
「愚かな人は遠いところにある幸せを探す。賢い人は自分の足の下に幸せを育てる」
も示唆に富みます。
「遠いところにある幸せを探す」とは、自分の手に届かないような理想を追い求めて、それが得られれば幸せになれると思って生きている様を表しています。
たとえば、世界旅行ができたら幸せになれるとか、庭付きの大きな家に住めたら、高級車に乗れたら、宝くじで大金が当たったら、伴侶が美人(イケメン)だったら、優しかったら、頼もしかったら、お金をたくさん稼いでくれたら、自分の言うことをよく聞いてくれたら...
と際限なく、幸せになる条件を挙げるようなことです。


でも、このような夢のような理想を追い求めている間は決して幸せになることはできません。
一方、本当の幸せを味わっている人というのは、物質や家族やその他さまざまな条件が満たされているから幸せというのではなく、自分の置かれている状況、与えられているもので満足することを知っている人です。
そして、そのような幸せな人は、幸せになる種を豊かに撒き、そして自分の足の下(すぐ身近なところ)で幸せを育てています。
これが賢い人の生き方です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

ゴッドファーザー?

2018.12.27日
quote-1548.jpg


"All that really belongs to us is time; even he who has nothing else has that."
--Baltasar Gracian - 1601-1658 - Writer - Philosopher
「私たちみんなに平等に与えられているもの、それは時間。たとえほかに何も持っていない人でも、時間だけは持っている」
--バルタサール・グラシアン、作家・哲学者
(訳 舟田譲二)


昨日は、次男の正人一家を訪ねました。
滋賀から遊びに来た妹の麻利と甥の玲音も加わり、直人・恵利紗さん・斗史希くんと、妻の貴子、娘のさりを合わせてみんなで8人の大所帯。
乗用車にはみんな乗れないので、アカデミーバスにベビーカーシートをつけ斗史希を乗せて行ってきました。


いとこ同士の斗史希くんと杏菜ちゃんの初対面。斗史希くんが手を伸ばして杏菜ちゃんの手を取って握手していました(笑)。
これだけ大勢の家族親族が揃うと、なんかまるでゴッドファーザーにでもなったような感じ(笑)。
幸せ感に包まれました。


IMG_2563.jpg


今やっている朝ドラ『まんぷく』の中で語られた名言。
「人生いろいろなことがあったが、あとで考えればどれも大したことはなかった」
「生きてさえいれば希望はある」
だれの人生にも本当にいろんなことがあります。
これらは大阪商工会の会長、三田村亮蔵氏(橋爪 功)の残した名言です。


「私たちみんなに平等に与えられているもの、それは時間。たとえほかに何も持っていない人でも、時間だけは持っている」
何よりも大切なこの与えられている時間を最大限に活かさせていただいて残された地上での人生を全うしたいと心より願っています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

美味しいラーメンと言えば

2018.12.27日

一昨日からうちに長男直人のところの息子、私たちの初孫の斗史希くんがきています。
今、8か月半、もうすぐ9か月になります。
昨日は、2階から斗史希くんの泣き声が聞こえてきて、一瞬「あれっ、うちに赤ちゃんがいる!」とびっくりしました。あまりにもしっかりしているので、ついつい幼児のような錯覚をしていたのです。


目が合うといつもにっこりして愛嬌を振りまいてくれます。
家に赤ちゃんがいる生活はもう26年ぶりぐらいのことで、すっかり忘れていました。
赤ちゃんがいると本当にすべてが赤ちゃんを中心に動いているような感じで、ちょっと異次元空間にスリップしてしまったかのような感じです。


でも、昨日は直人の誕生日。主人公は直人です。
前回、1年半少し前に来たときに、うなぎが食べたいと言っていたので昨日はうなぎを食べに行くことにしていました。
ところが店に着くと残念なことに定休日。
そこで、急きょ予定変更で、近くのラーメン屋さん「麺屋 七福」に行くことにしました。
ここは柿谷先生に紹介していただいたところで、以来何度か行っていて私のお気に入りのお店のひとつです。
直人も恵利紗も大のラーメンファン。
今回、2週間の短期滞在でどうしても美味しいラーメンを食べたいという強い願望を持って来ていたのです。


IMG_4315.JPG


直人が注文したのは、期間・一日数量限定の大蒜(ダァスァン)というもの。
ニンニクがしっかり利いていて太麺200g、厚切りシャーシュー2枚、山盛りモヤシ。
恵利紗さんは三種類の味噌をブレンドした、やはり期間・一日数量限定の味噌ラーメン。
私はいつもの汐ラーメン。


IMG_4309.jpg


ふたりとも、食べるなり「美味しい!うまい!」の連発。
今回日本に来て、美味しいラーメンに当たっていずがっかりだったので、これは大満足の一品でした。
メニューに載っているもの全部が美味しそうで、ここはこれから来るたびに毎回違うものを注文して全部食べたい、というほどの気に入りよう。
斗史希くんはみんなが食べているのを羨ましそうに眺めながら、テーブルの上に置いてあったコショーの缶を口に。今の時期は、なんでも口に持って行くのです。
ふたりは交代で斗史希の面倒を見ながら急いで食べていました。


aIMG_4312.jpg


家に戻って、夕食のあとは一昨日のクリスマスケーキに続き、直人の誕生祝いケーキ。
このケーキがなんと、送り主不明でうちの郵便受けの中に入っていたのです。
本人も最初は気味悪がっていたのですが、これは恵利紗さんが近所のフランス菓子店で買ってきたサプライズでした。


この短期間滞在の間にも神学校の宿題であるレポートのために読む本がたくさんあり、ノイズキャンセラー付きのヘッドフォンをつけて周りの人たちの話し声や笑い声を一切シャットアウトして勉強に励んでいます。
私も留学中の勉強は大変でしたが、あれほど勉強嫌いだった直人が私以上に真面目に一生懸命、しかし楽しみながら勉強に取り組んでいる姿には驚かされます。
ということで、誕生日も関係なく、いつでも勉強漬けの直人です。


IMG_4318.jpg


IMG_4316.jpg


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生をより豊かにするのに必要なものは

2018.12.23日
quote-1542.jpg


"It isn't always a change of scenery needed to make life better. Sometimes it simply requires opening your eyes."
--Richelle E. Goodrich - Author
「人生をより豊かにするのに必要なのは必ずしも風景の変化ではない。ときにただ目を開けるだけでいい」
--リシェル・E・グッドリッチ、作家
(訳 舟田譲二)


私たちはともすれば人生を豊かにするためにはお金がかかると思います。
たとえば、いい家に住む、いい車に乗る、4K・8Kのような大画面高画質テレビ、映画を観に行く、ペットを飼う、趣味を楽しむ、旅行に行く、子どもに習い事をさせ、いい教育を受けさせる、◯◯を買う等々、挙げだせば切りがありません。
そのためにはお金がいくらあっても足りず、「働けど、働けど...」となります。


しかし、ふと立ち止まって考えると、実際になくてならないもの、どうしても必要なもの(こと)というのはそう多くはありません。
物を捨てる断捨離だけでなく、心の断捨離で身も心も軽くすると、気もうんと楽になります。


ここでもうひとつ大切なのはこれです。
「人生をより豊かにするのに必要なのは必ずしも風景の変化ではない。ときにただ目を開けるだけでいい」


そう、目を開けるだけでいいのです。
今まで見ているつもりで気がつかなかったことや物がたくさんあります。
目を開けてよく見ると、じつは私たちは物やことだけでなく、家族や友人、健康、仕事、住んでいるところ、食べるもの、平和な環境、豊かな自然等々、もうすでに与えられているものが数えきれないほどたくさんあります。
これらは私たちのいわば宝物です。お金で買うことのできないものやこともたくさんあります。
このことに気づくと感謝の気持ちにあふれ、不平や不満など言ってられなくなり、自分はなんて恵まれているんだろう、なんて幸せなんだろうという満ち足りた気持ちになります。
私はいつもウォーキングしているときやお風呂の中で、寝る前にベッドの中でこれらの恵みを一つひとつ数え上げ感謝していますが、本当に幸せな気持ちにあふれます。


そして、これこそが本当に幸せな人生を送る上で一番大切なことなのです。
上に挙げたような私たちが普段求めている家や車のような物や旅行などは、いくら手に入れても満足することは決してありません。
皆さんも恵みを数えてみませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あわてんぼうのサンタクロース

2018.12.21日

去る火曜日、18日はアカデミー恒例のキッズ英語クリスマス会でした。
小学生約50名が集い、楽しいひと時を持つことができました。
学院長のちょっと心温まるクリスマスメッセージで開会し、そのあとキャンドルライトサービス。
キャンドルの光の中で、生徒たちがヨハネの福音書3:16を英語で暗唱し、そのあと英語と日本語で賛美歌を歌いました。なかなか感動的なシーンです。


IMG_4224.JPG


IMG_4229.JPG


ミニチュア教会のクリスマス礼拝のようです。
せっかく英語を学んでいるのですから、クリスマスやイースターなどキリスト教文化に触れるいい機会です。
このあと子どもたちの大好きなゲームの時間。クリスマスに関連した英語の言葉を使ってのゲームで大いに盛り上がりました。


IMG_4235.JPG


そして、子どもたちの一番のお楽しみは何と言ってもやっぱりケーキ、ジュース、お菓子の時間。


IMG_4249.JPG


と、そこへ突然サンタクロースが大きな袋をかついで鈴を鳴らしながら「ホッホッホッホー、メリークリスマス!」と言いながら登場。お菓子のプレゼントを配って回りました。
毎年のことなので、「先輩」の生徒たちは「ガクインチョー!」と声をかけますが、今年の新入生の「後輩」たちはそんなこと知らず、びっくりして目を白黒。
帰りの送りの車の中でも「あのサンタクロースはだれ?」と聞く生徒に、私が「えっ、あれは本物のサンタさんだよ」と言ったところ、ほかの生徒たちが「いや、ガクインチョーだよ!」


「あー、楽しかった!」と言う生徒に、「何が一番楽しかった?」と尋ねたら、案の定答えは「ケーキ!」。


じつはこのあわてんぼうのサンタクロース、先週の13日、尼崎の教会でお世話になっていたとき、牧師が夕方まで出かけると言うので、ひとりで少し離れた尼崎記念公園までウォーキング。
ところが予想外のハプニングが。


iPhoneのバッテリーが最近弱くなってきていたのですが、なんと途中で切れてしましまったのです。マップを開くこともできず、教会の住所も牧師の電話番号も調べることができません。
先日のソフトバンクの通信障害よりも深刻な一大事です。
そこで記憶に頼って戻ろうとしたところが、途中曲がるべきところを通り越して行ってしまったため、迷子になってしまいました。


途中で通りを歩いている地元の人や、信用金庫、交番、介護施設の送迎者、郵便配達人などに尋ねるのですが、私の近辺の描写を聞いてみんな「多分、ここを真っ直ぐに行って、次を右に曲がって...」などと教えてくれますが、どんどん遠いところに行ってしまい、ますますわからなくなってしまい、本格的に迷子になりました。
尼崎記念公園の方向を確かめようとしてひとりの人に尋ねたところ、「あんな遠いところここから歩いて行けないよ。バスがあそこから出てるから」という返事が戻ってくる始末。


もうだめだというところまで追いつめられて、「神様、助けてください」と祈ったところ、別の教会の看板が突然目に飛び込んできました。チャイムを鳴らし出てきた牧師に尋ねたところ教えていただいて無事帰着できました。
寒風吹きすさぶ中でしたが、3時間ほど10数キロ歩いて汗びっしょりになっていました。
部屋に戻ってズボンの後ろポケットに入れてあった財布を取り出すと、なんとその中に松本牧師からいただいていた名刺が(涙)。


昔、アルツハイマーになった父がよくやっていた徘徊の予行演習をするはめになりました。
「備えあれば憂いなし...」
本当に「あわてんぼうのサンタクロース」です(ああ、恥ずかしい)。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

愛の実は結婚?

2018.12.20日
wedding-quote_love-is-often-the-fruit-of-marriage-e2a7e.jpg


"Love is often the fruit of marriage."
--Molière 1622 - 1673, Playwright, actor and poet
「愛はしばしば結婚の実だ」
モリエール、17世紀フランスの劇作家、俳優、詩人
(訳 舟田譲二)


この世では一般に、「愛の実が結婚」と信じられています。
ところが、「愛してる」と言い、愛を告白して相思相愛で結婚したものの、性格の不一致だとか、思っていたような人じゃなかった、などと言って離婚に至る人がとても多いです。


アメリカに留学していた45年前、アメリカでは3組に1組が離婚していると聞いて驚いたものです。
しかし、今や3組に1組が離婚するのは日本。約1分49秒に1組が離婚しているという計算になるといいます。
離婚先進国のアメリカはすでに2組に1組。
ロシアはさらにその上をいくそうです。1.5組に1組?


日本国内で離婚率1位は沖縄県。
以下、大阪府、北海道、福岡県、宮崎県、歌山県、東京都、熊本県、千葉県、埼玉県、宮城県、神奈川県、愛媛県、山梨県、福島県、青森県、鹿児島県、栃木県、鳥取県、香川県、大分県、群馬県、静岡県、愛知県、兵庫県、茨城県、高知県、広島県、京都府、三重県、岡山県、奈良県、徳島県、佐賀県、長崎県、岩手県、滋賀県、山口県、長野県、秋田県、岐阜県、山形県、石川県、島根県、福井県、新潟県、富山県と続きます。


いかがですか? ご自分の住んでいらっしゃる地、あるいは出身地を見て、なるほどと思われますか?
私はこれを見てひとつ気づいたことがあります。
それは、離婚率がもっとも低い県の中に石川県、福井県、新潟県、富山県などが名を連ねていますが、これらはいずれも学力検査で毎年国内トップを占める県です。
両親の仲が良く、離婚しないことは子どもにとって、安心できる最善の家庭環境であり、それが落ち着いて勉強できる環境にもつながっているとは思いませんか?


「惚れた腫れた」で結婚しても、そんな腫れた「愛」は一時的な感情にすぎません。
本当の愛とはお互いを受け入れ合い、高め合い、築き合っていくもの。


「愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。
不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。
愛はいつまでも絶えることがない」
(コリント人への第一の手紙 13:4-8)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

感謝の近況をアップデート

2018.12.18日

先週の月曜日からあまりにもたくさんのことが起こり過ぎて、しかも超忙しかったのでしばらくブログの記事をアップするのを怠ってしまいました。
丁寧に書こうとすると何日分にもなりますので、簡単に順を追ってご報告します。


1週間前の10日にロサンゼルス在住のFBフレンドのAOさんからメールが入りました。
「何年か前に平塚在の姪(弟の娘)の離婚騒ぎの時にお世話になりました。このたびはその弟が末期がんで平塚市内の病院に入院しています。
弟は私に早く来て欲しいと言っています。間に合う様に祈っています。救いの為にも是非お祈り下さい」


そこで弟さんが入院していらっしゃる病院を教えていただいて早速訪問しました。
ベッドの傍らについていらっしゃる奥様の了承を得て、弟さんの手を握ってお祈りしました。
「私たちは神様の前にはみんな罪びとです。でも、イエスさまを罪からの救い主と信じるなら天国に入ることができます」
かすかにうなずくことしか意思表示をすることができない弟さんは、うすぼんやりと私の目を見ながら小さくうなずかれました。
そのことをAさんにすぐにお伝えしましたが、緊急で手配した飛行機で来日するのも間に合わず、弟さんは私が面会したちょうど12時間後に天に召されたとのご報告をいただきました。
まさに間一髪でした。


その翌々日の12日、脊椎脊髄疾患手術のスーパードクターの診察を受けに京都に向かいました。「陰と光」にも少し書きましたが、頸椎の手術が必要と院長に言われ、手術の予約をしました。しかし、後になって考えれば考えるほど、納得のいかないこと、不審なことがいくつもあり、結局この件については昨日電話でキャンセルしました。


その日の夜は、京都に行くとお伝えしたところぜひ泊まっていってくださいとお招きくださった小学4年生のときの教育実習生の先生である西村隆宏先生宅を訪問しました。
とても美味しい鍋料理をいただきながら、この58年間先生ご夫妻と親しくお付き合いさせていただいてきたことから始まり、今日までのことをいろいろお話ししていました。
じつは、先生がご高齢になってきていらっしゃることもあり、この日はどうしてもおふたりにはっきりと福音をお伝えして信仰にお導きしたいと願い、この2週間ずっとご夫妻のためにお祈りしていました。


食事中、ご夫妻のほうから信仰の話題を出され、私はこれまでにも何度も神様の話、聖書の話をしてきていましたが、思い切って福音を語り、決断を求めました。
ご夫妻ともにライトハウスのボランティアで今まで三浦綾子さんの作品などを盲人のための音訳をしてきていらっしゃり、キリスト教にはオープンでしたが、先祖代々のお墓や仏壇の問題などもあり、これまで信仰の決断はできずにこられました。
しかし、この夜、奥様のほうから私は洗礼を受けてクリスチャンになりたいとおっしゃいました。でも、先生は自分はまだ聖書もほとんど読んでないし、まだクリスチャンになる用意はできていないとおっしゃいます。


そこで、私は信仰というのはすべてが理解できてから決断するものではなく、自分が神様の前に罪人であることを認め、救われるためにイエスさまの十字架上の身代わりの死を信じることだけで、あとのことはすべてついてきます。たとえ小さな一歩でも踏み出すのが信仰です、とお話ししたところ、西村先生もそれでは自分もクリスチャンになる決心ができたと言って、おふたりでその場で私の手から洗礼を受けてくださいました。
お祈りが終わると、おふたりとも「譲二くんの手から洗礼が受けられてこれほど嬉しいことはない」と言って喜んでくださり、私も涙を流して感謝しました。40数年におよぶ祈りの答えがこのとき与えられました。


IMG_4140.jpg


翌日、西村先生ご夫妻とお別れして中央大学時代の教え子の中藤弘彦さんに京都御所のすぐ前のレストランでお昼をご馳走になり、丸太町から北大路まで中藤さんの教会の話など楽しくお話ししながら一緒にウォーキングしました。


IMG_4142.JPG


このあと、京都をあとにして兵庫県尼崎市に向かいました。
Facebookフレンドの松本信章牧師のお宅をお訪ねしました。
先生には癒しの賜物があるということで、着くと早速診察台の上にうつ伏せになって首から肩・背中・腰・足とマッサージをしていただき、夕食後は近くの日帰り温泉につれていただき炭酸泉に浸かりながら2時間半お話ししました。


松本先生は、この4月から次々と大変な出来事に見舞われ、大変なところを通ってきていらっしゃりますが、とても明るく逆にこちらのほうが励まされ、多くのことを教えられました。先生は自らの財を投げ打ってテナントの建物を買い取り、内装をご自身でリフォームし、そこにホームレスの人たちを泊めておられる本当に奇特な方です。
話の中で共通の友達である、私の神学校時代の親友、伊藤勝義さんの名前が出てきて、翌日姫路市の伊藤さんのお宅まで連れていただきました。
伊藤先生ご夫妻とは関西聖書神学校以来の40年ぶりの再会。


IMG_4162.jpg


手前中央が松本信章先生。奥のおふたりが伊藤先生ご夫妻。その右隣はお孫さんの輝(ひかる)くんで隣りは次女の恵子さん。
美味しいお鍋のお料理をいただきながら楽しい時を過ごさせていただきました。


姫路の伊藤先生宅で一泊した後、岡山県備前市の香登教会へ移動。
ここは、関西聖書神学校時代の恩師である工藤弘雄先生が牧師を務めていらっしゃる大教会。
神学生時代に香登聖会に一度、そしてもう一度イギリスからきていらっしゃったリバーシッジ先生ご夫妻の通訳で一度伺ったことがあります。
工藤先生は私が神学校時代、霊の訓練を受けた敬愛する先生で、大好きだった小島伊助先生の愛弟子で説教のスタイルも雰囲気もそっくりです。工藤先生とも40年ぶりの再会。ずっと長い間お会いしたいと思っていましたが、ようやく夢がかないました。
工藤先生ご夫妻からはとても温かい歓待を受け、身に余る光栄でした。
翌日曜日は教会でクリスマスコンサート礼拝が持たれ、お嬢様の真史さんのピアノ演奏とご主人の治哉さんとのデュエットもありました。真史さんは6年前に直腸がんを発症され、その後乳がん、大腸がんを、そして今年の夏には肺に転移していて、今も左の肺には4リットルの水が溜まっているとのこと。
魂を揺さぶるような最高の演奏で、私はずっと涙があふれて止まりませんでした。


IMG_4207.jpg


メッセージ前の聖歌隊によるハレルヤコーラスには、FBフレンドの廣石 護(まもる)さんに促されて飛び入りで加えていただき賛美させていただきました。
右の端から5番目の聖歌隊のガウンを着ていないのが私で、その左隣が廣石さん。すごいテノールでした。
左端が工藤先生の奥様、左端から6番目が廣石さんの奥様。
ハレルヤコーラスはこれまでいつも英語で歌ってきていたので大丈夫とたかを括っていたら、なんとぶっつけ本番での日本語の歌詞。「しょおうのおう」というのがあって一瞬なんのことかと思ったら “King of kings” で「諸王の王」でした 笑。


F7B5935F-FA75-4CF8-8E8D-74CE4B569055.jpeg


工藤先生のメッセージは、神学校時代の毎朝の早天祈祷会のメッセージを彷彿とさせられ、魂を揺さぶられました。


IMG_4212.jpg


礼拝が終わると急いで教会をあとにして岡山駅に向かい、新幹線に乗り換えて家に戻る途中、静岡で途中下車してFBフレンドの山崎久美子さんご夫妻にお会いし、ご夫妻の行きつけのお寿司屋さんに連れていただいてご馳走になりました(私の行きつけの寿司屋さんは回転ずし 笑。レベルが違い過ぎてもう天国に行ったかのような感じでした)。


IMG_4216.jpg


とっても素敵なご夫妻でした。
楽しくお話ししているとあっという間に時間が流れて、慌てて新幹線に乗って帰宅。
忙しくも、超有意義で、実りある小伝道旅行で、神様に言い尽くせない感謝のお祈りを捧げました。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

陰と光

2018.12.15日
FB366328-BE99-4F35-ADDF-DC33CBF16AFE.jpeg


“May you see sunshine where others see shadows and opportunities where others see obstacles.”
「ほかの人が陰を見るとき光が、また障壁を見るときには機会が見えるように」
(訳 舟田譲二)


11日には「グッドニュース」という記事を書いたばかりですが、その翌日にはなんと光と陰の両方を見ることになりました。
光は何かと言うと…


過去20年ぐらいずっと苦しんでいる首から肩、背中、腰の痛みの原因と治療法を探るべく、先日テレビ番組『スゴ腕の専門外来スペシャル』で見た首の疾患スーパードクターの予約が取れて去る12日に診察を受けることができたことです。
院長はMRI画像で頚椎に変形があり、神経が圧迫されている様子を見せてくださいました。
そこで治療法を尋ねると、痛み止めの薬や首の牽引などは一時しのぎで、完治しないばかりか、これからどんどん悪化していく、完治には手術以外にない、とキッパリ言われました。
そこで即、手術を受ける決断をしてお願いしました。
これはグッドニュース。


ところが、待ち受けていたのは大きな陰、障壁。
「行列ができるスーパードクター」だけあって、手術は早くて1年先、下手をすると5年先と言います。
さらに、術後3週間の入院が必要で、一番早い1年後の手術を受けるには特別な個室の予約が必要で、その個室の差額ベッド代が1日なんと58,300円‼
手術費別で個室料金だけで、1,320,000万円あまり。
手術前に事前の検査が必要で、それが来年の3月!
ガーン❗


光と陰。
手術の予約をしていた人が都合などでキャンセルされることがあり、1年以内に繰り上げということもあり得る、ということで、陰を見ないで光を見ることにしました。


診察が終わってから、敬愛する恩師、西村隆宏先生宅をお訪ねしました。
西村先生は私が小学4年生のときに教育実習で来られた先生で、当時23歳のハンサムでとても素敵な青年。


596AEB88-B007-49E1-8DF8-35BB0D18ADA0.jpeg


西村先生の右隣でくっついているのが私


以来、58年に及ぶ長いお付き合いをさせていただいています。
母の葬儀のときに参列、また私の結婚式のときにも列席してくださり、アメリカ留学中も帰国してからもずっと文通を続けてきました。


アルツハイマー型認知症になった父がたまたま一時的に住んでいたところが西村先生のお宅のすぐそばだったこともあり、父を連れて先生宅を訪問したのがきっかけで、親しくお付き合いさせていただくことになりました。
父が召天してからは、しばしば先生宅を訪ねては泊めていただいたり、京都の懐かしの思い出の場所に連れていただいたりしてきました。
そして今回泊めていただいた際は、素晴らしい時が私たちを待ち受けていました。
続きは明日に。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

グッドニュース

2018.12.11日

10月末時点での特殊詐欺(振り込め詐欺)被害額1億606万2123円。
ものすごい額ですが、これは私が住んでいる平塚市(人口25万人)での被害額です。
全国ではなんと286億2000万円!
日本国内のみならず世界中で暗いニュースが続く中、明るいニュースも伝えられています。
「紀平時代」
新元号?
−国民

(12月11日付読売新聞USO放送)
これには思わず吹き出してしまいました。でも本当に平和で明るい「紀平時代」(´∀`)になって欲しいものです。


B5BF3C05-152C-4FBF-9AE3-AA3EBA86C8E9.jpeg


そして、本庶佑京都大学名誉教授のノーベル賞授賞式。
羽織袴姿もとても立派でしたし、英語のスピーチも見事なものでした。
これらのグッドニュースに心が温かくなりました。


でも、真打ちはここからです。
今朝、私のもとにグッドニュースがふたつ飛び込んできました。
ひとつ目。


「舟田先生
ご無沙汰しております。
返信が大変遅くなってしまい申し訳ありません。AndroidからiPhoneへの変更で色々苦労しましたが、ようやく乗り換えが完了しだんだんと新しいスマホにも慣れてきました。
今思えば、大学1年生の頃に講師として働かせていただいていた時以来でしょうか。
あの頃は、まだ自分のキャパシティもよくわからず、色々とご迷惑をおかけいたしました。
あれから、大学時代は音楽、特に声楽に魅せられ大学院進学を志望しましたが、見事に玉砕、その後すぐに切り替え就活をしました。
この頃は、外部で劇団も少しやっていたので、本当に辛く、でも密度の濃い、今となっては自分の財産になった日々でした。
現在は無事、音楽関係の仕事に就くことができ、とても充実した日々を過ごしております。たまたま大学の求人で見つけたのですが、NPO法人です。中高年を対象として、合唱サークルの立ち上げ、運営を支援することを通して、地域コミュニティの醸成に寄与する、というものです。基本的には、その個々の合唱団への派遣指導員として働き、その他事務作業も行なっています。
また、ここだけの話ですが、良きパートナー(に将来なる予定です笑)にも巡り会えて、仕事もプライベートも充実し心から幸せを感じております。
ところで、舟田先生はいかがお過ごしでしょうか。メールマガジンいつも拝読しております。それによれば、舟田先生も充実した日々を送られていることと思います。
実は、メールマガジンが人生のヒントになったことが何回もあります。ずっと続けていらっしゃることに尊敬するとともに、本当に感謝しております。
加えて、塾生の頃にのびのびとじっくり考えながら勉強させていただけたこと、今の自分の大きな財産となっております。本当にありがとうございました。自分なりにちゃんと考えること。それをモットーに生活しています。
最後になりますが、舟田先生の今後の更なるご発展を切に願っております。
良いお年をお迎えくださいませ。T


メールマガジンのアドレス変更をしてきたTくんに近況を尋ねたところ戻ってきたグッドニュースでした。こういうのを教師冥利に尽きると言います。


もうひとつの良い知らせ。
12/11 2:21am
天に召された旨、弟の息子より連絡がありました。
先生、生前に会って頂いて本当にありがとうございました。
弟は先生からの福音をしっかりと聞いていたと思います。
私はちょうど1日早く発つ手続きが完了した所でした。A


Aさんはロサンゼルスに住む友人です。
昨日突然連絡が入り、平塚在住の弟さんが末期がんで、会ってお祈りして欲しいと言ってこられました。早速、病院に向かい、奥様にご挨拶してお祈りの許可をいただいて、耳元でお祈りしました。
ご本人はうつろな目で意識がないように見受けられましたが、奥様が耳は聞こえているので軽くうなづくとおっしゃいました。
手を握り福音(グッドニュース)を語り、お祈りしました。激しい呼吸をしながら軽くうなづかれました。
その様子をお伝えしたしたことに対するAさんからのお返事です。
12時間前のぎりぎりセーフでした。
普通日本では、
「逝去された◯◯さんを悼み、心からお悔やみを申し上げます」
のように言いますが、私たちクリスチャンは死を人生の終焉とは考えないので「お悔やみ」は申し上げません。むしろ天への凱旋と考えます。まさに昨日の記事、「毛虫が蝶にヘンシーン!」そのものです。
これがグッドニュースでなくて何でしょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

毛虫が蝶にヘンシーン!

2018.12.10日
quote-1530.jpg


"What the caterpillar calls the end of the world, the master calls a butterfly."
--Richard Bach  1936-   Writer
「毛虫が世の終わりと呼ぶものを、神は蝶と呼ぶ」
--リチャード・バック、作家
(訳 舟田譲二)


リチャード・バックは1970年に『かもめのジョナサン』を発表し、それが1972年に突如ベストセラーのトップに躍り出ました。各国語に翻訳され、日本でもロングセラーとなっています。


皆さんは毛虫、芋虫、青虫の類、お好きですか?
私は子どもの頃から大の苦手です。ヘビやミミズ類も、考えるだけでぞっとします。
あの「ウニュウニュ」した感じがもう何とも言えず、見ただけで鳥肌が立つほどです。


しかし、じつに不思議です。
あの気持ちの悪い毛虫がある日、すっかり姿を変える。これを専門用語で「変態」と言いますが、一般に使われているいわゆる「ヘンタイ」とはまったく無関係です(笑)
この左の毛虫が右の美しい蝶にヘンシーンするのです。


bbcceaf1.jpg f1c2eb67.jpg


毛虫としての命を終えるとき蝶に生まれ変わる、というのは本当に神業です。
私たちもやがて地上での命を終えて死を迎えるとき、永遠の身体に変えられて甦る、というのが聖書の教えです。
信仰の世界のことですから信じられない人が多いと思いますが、信じてそれを経験するか、信じなくて経験しないか、それは一人ひとりの自由な選択です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

失敗したときの励ましのひと言

2018.12.04日
a-word-of-encouragement-during-a-failure-is-worth-more-than-an-hour-of-praise-after-success.jpg


"A word of encouragement during a failure is worth more than an hour of praise after success."
--Unknown
「失敗したときの励ましのひと言は、成功した後の1時間の褒め言葉に勝る」
--作者不詳
(訳 舟田譲二)


今日のこの言葉は本当に示唆に富みます。
というのは、私たちの多く、とくに子育て中の親がこのまったく逆のことをしているからです。
つまり人々は、
「失敗したときの1時間の責め言葉(説教)は、成功した後の励ましのひと言に勝る」
と思い込んでいるようです。
皆さんにはこのような覚えはありませんか?


たとえば、子どもが頑張って勉強し、テストで満点を取って家に意気揚々と帰ってきます。
100点満点の答案用紙を見たお母さんが言います。
「今回だけじゃなくて、いつも100点取ってきてね」
たった5秒の褒め言葉。それも全然嬉しくない。


もしも99点でも取ってこようものなら、
「なにこれは! あなたはいつもこうなんだから。ケアレスミスに気をつけなさいってあれほど言ってたえしょ。まったくもう。太郎くんを見てごらんなさい。あの子はいつも必ず満点よ。今度はミスなしで絶対に100点取ってくるのよ、わかった? 返事は? 聞こえない! もっと大きな声で言いなさい!」
延々と説教が続きます。
なんかテレビのドラマに出てくる教育ママのようですね。


子どもがやる気を出すのはこんな親の答え方じゃないでしょうか?
「すごーい! いつも一生懸命よく勉強してたもんね。やっぱりやったらやっただけの結果が出るものね。どれどれ。うん、うん。へぇー、これってひっかけ問題よ。お母さんでも間違ってしまいそう。よく気をつけてきちんと答えられたわね。えっ、この問題、お母さんには意味わからない。ねえ、お母さんに教えて。どうしてこういう答えになるの? すごいね、一郎。将来はアインシュタインかな? それともエジソン? でも、一郎がやりたい仕事をすればいいのよ。あなたは将来、なにになりたいの?」


「えーっ、99点だったの? おしかったわねぇ。どこで間違えたの? ふんふん、なるほど。それでこれはなんでこういう答えになるの、お母さんに教えて。そうそう、そうだよね。ということは、一郎はこの手の問題はもう大丈夫ってことだね。よーし、今度は満点目指そうか?」


「うーん、50点。今回のテストは難しかったの? どこを間違えたの? なるほどそういうことね。間違えたところ、もうわかったの? ん? ここがまだよくわからない? じゃあ、おかあさんと一緒に考えてみようか?」


「0点? なかなか0点なんて取れないものよ。どれどれ、どういう間違い方をしたのかな。反対言葉を書くのね。で、あなたの答えは...『大きい』の反対は『大きくない』、『高い』の反対は『高くない』。なーるほど。お母さん、あなたの間違いがわかったわよ。確かにあなたの言ってることは間違いじゃない。『大きい』の反対は『大きくない』だもんね。全部合ってるよ。
でも、『〜ない』じゃなくて、別の言い方があるんじゃないかな? きっとあなたも知ってると思うよ。『大きい』の反対、別の言い方なにか思いつかない? たとえば『高い』の反対だけど、『富士山は高い、でもうちの裏にあるこま山は◯◯。さあ、なんて言う? そう、低い。じゃあ、大きいの反対は? そう、小さい。ほーら、できた。かんたんでしょ』


わかりやすい例をいくつか挙げましたが、これは夫婦間やきょうだい間、友人間でも同じです。
人が聞いて嬉しくて、そしてやる気になるのは、
「失敗したときの励ましのひと言」
です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

感謝の心で生活する

2018.11.30日

ひとりの盲目の少年が足元に帽子を置いて建物の階段に腰かけていました。
横に立てかけてあるサインボードには、「私は盲目です。助けてください」と書いてありました。
帽子の中にはほんの数枚のコインしか入っていませんでした。少年の前を急いで通り過ぎる人が入れていった余った小銭です。


そこへひとりの人が通りかかりました。彼はポケットから数枚のコインを取り出して帽子の中に入れました。それからサインボードを取り上げると、それを裏返して何か書きました。
通りがかりの人の目に新しく変わった文字が見えるよう、彼はサインボードを少年の手に持たせました。
しばらくすると帽子の中にはコインがいっぱいにあふれてきました。今までよりずっと多くの人が盲目の少年にお金をあげていたのです。
その日の午後、サインボードの文字を書き換えた人が様子を見に戻ってきました。
少年は彼の足音を聞いて尋ねました。
「おじさんは今朝ぼくのサインボードを書き換えた方ですか?」
彼は答えました。
「私はただ本当のことを書いただけだよ。きみが言っていたことを違う言い方で言ったんだ。
『きょうは素晴らしいお天気です。でもぼくには見ることができません』ってね」


blind.jpg blind2.jpg i-am-blind3.jpg


サインボードに書いてあったことは両方とも本当のことです。でも、最初のボードにはただ少年が盲目だと書いてあっただけですが、男の人が裏に書いた言葉は、見えるということはなんて素晴らしいことなんだ、と通りかかる人に訴えかけていたのです。
あなたの人生がさまざまな問題であふれて押しつぶされそうに思えるとき、感謝の心を持ち続けることは難しくないでしょうか? 私たちの目に見えるのは抱えている問題ばかりで、それはまるで真っ黒な嵐の雲が私たちの人生の上に暗い影を落としているかのように見えます。
そして、なにもかもがスムーズに行っているように見えるときはどうでしょう? 私たちはこの貴重な一瞬一瞬を当たり前のことのように思っていないでしょうか? 最高の幸せ感や満足感の中に浸っていると、私たちは感謝することを忘れてしまうのです。


れでは、感謝の心って何なのでしょう?
簡単に言えば、感謝とは習慣です。世界とその中にあるすべての良いものを感謝の心を持って見ることです。自分の置かれている状況が自分の望んでいることであろうがなかろうが。
感謝とは、自分自身と、そして自分に与えらえているものすべてと平安な気持ちを持つことです。この感謝の気持ちを表すことを実践すると、感謝できることをますます引き寄せることになります。
さあ、早速試してごらんなさい。あなたの人生の中で感謝している人やものは何ですか?


ニック・オートナー
(訳 舟田譲二)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

長所と短所は同じコインの両面

2018.11.29日
1735065-Steve-Jobs-Quote-In-most-cases-strengths-and-weaknesses-are-two.jpg


"In most cases, strengths and weaknesses are two sides of the same coin. A strength is in one situation is a weakness in another, yet often the person can't switch gears. It's a very subtle thing to talk about strengths and weaknesses because almost always they're the same thing."
--Steve Jobs
「ほとんどのケース、長所と短所は同じコインの両面だ。ひとつの状況での長所は別の状況では短所になる。しかし、その長所短所を切り替えることはなかなかできないものだ。長所、短所というのはとても微妙なもの。なぜなら長所・短所はほとんどいつでも同じものだから」
--スティーブ・ジョブズ
(訳 舟田譲二)


1週間前の「我が家流のいい夫婦の日」の中に、妻のいい点を100個書いて手渡したと記しました。
でも、今それを読み返してみると、なんと「いい点」は裏返すと「改めてほしい点」でもあることに気づきました。「改めてほしい点」というのは、言い方を変えると「短所」です。
たとえば、「話題作りがうまい」は言い換えると「おしゃべり」となりますし、「寛大」は「甘い」ともなるわけです。
私なんかも人からよく「優しい」と言われますが、自分ではこれは短所の「甘い」の裏側の面だと思っています。


先日来、続けて書いている「発達障害」なども、一般には「人との関わりが下手」とか「ひとつのことに集中してほかが見えない」、「ひとつの分野には特化しているがほかの分野では能力が劣っている」というふうに捉えられています。このように「悪い面」ばかりが強調されています。
しかし、これを別の見方をしたら、「人に頼らず自分ひとりだけでも楽しく時間を過ごすことができる」、「ほかのことに気が散らず集中できる」、「人の持っていない特化した能力がずば抜けている」等々。これらは「障害」どころか、素晴らしい能力です。


このように、私たちは意識しないと人の悪い点ばかりが目に入りがちで、良い面を見ることができないという傾向があります。
他人の良い面はいろいろ見えるけど、家族やきょうだい、自分のことになると悪い点がよく見える、というのも同じです。


「発達障害」という言葉に表われているように、「普通」の人と同じでないと「障害」という名で呼ぶのです。
先日の「発達障害? 天才? 異才?」の中に登場した福島尚(ひさし)さんは自閉症と言われて、学校でもそして両親からも悪い面ばかり見られていました。
ほとんど話すことができず、集団行動も苦手で、知識や技術を習得するにも長い時間がかかります。
しかし、鉄道が大好きだった福島さんは小学3年生の頃、親に鉄道模型を買ってもらえなかったので自分で厚紙とセロテープを使って作りました。それがこれです。


33.jpg


20歳頃、知的には6歳半と言われたそうですが、鉄道画を描くことにおいてはまさに天才レベルです。


P1020330.jpg


私の友人、小川政弘さんは次のようにおっしゃっています。
「『発達障害』という言葉は好きではありません。私のFB友人の一人も映画『レインマン』の兄のような並外れた記憶力で、さながら歴史書のような頭脳の持ち主。私は尊敬を込めて、彼の才能に『特化発達』という名前を進呈しました」


上でスティーブ・ジョブズが言っているように、長所と短所は表裏一体、同じコインの両面です。
私たちも人の欠点が目につくときには、観点を変えてその裏側の優れた面を見るようにしましょう。
そうするならば、その人が幸せになれるだけでなく、自分自身も幸せになれ、人間関係もうまくいくようになります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

発達障害? 天才? 異才?

2018.11.24日

ASD(自閉症スペクトラム障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)といった発達障害。
社会では、これらの人たちがいわゆる「普通の人」と行動が違うため異様に見えて「障害者」と呼びます。
でも、果たして「普通」とはいったい何なのでしょう?
全体の中の大多数が人たちが集まるグループが「普通」なのでしょうか?
それでは、「普通」でなければ「異常」なのでしょうか? 
いいえ、決してそんなことはありません。


「普通」でないのを「異常」と見るので、偏見や差別が起こります。
「普通」でないのは決して「異常」ではなく、「非普通」(普通じゃない)というだけのことです。
「普通の人」も「非普通の人」もみんな同じ人間で、全体で「人間」というグループを構成しています。


一昨日のテレビ番組『所さん!大変ですよ』では、何人かの大人の「発達障害」の人たちが紹介されていました。
その中のひとり、福島 尚(ひさし)さんは自閉症です。
3歳の頃から電車が大好きで、すでに立体の車両の絵を描いていました。
そして、そのまま大人になってしまいました。
今も、駅で電車の絵を描き続けています。
電車が走り去った後もスケッチを続けます。
そしてでき上がった絵がこれです。


337009c2c02b80dd4d3702e9de279a19.jpg


これ、写真じゃないんですよ。しかも、ほとんど写真に頼らず記憶をもとに、定規などは一切使わずに描いています。


72a6eb8cbecadd84a5700f47980bf275.jpg


写真よりもリアルでまるで息づいているようです。
この能力が世に認められて個展を開き、さらに画集を出版するに至りました。


5375c4ec3c03e99bd58c54f04c1296fc.jpg


この絵が番組の中で紹介されました。
尚さんの鉄道画集の表紙を飾っている代表作『首都圏大宮駅』で、2004年に初めて100号キャンバスで挑んだ作品です。


IMG_4734w680.jpg


尚さんのお父さんは、鉄道の絵ばかりを描いている息子に腹が立ち、「いつまで子供みたいに絵ばかり描いているんだ!」
怒りと、情けなさが混ざり合い、何冊もあったスケッチブックをすべて燃やして、絵を描くことを、やめさせてしまったことがありました。


現在、尚さんは、福祉作業所で、パン作りの仕事をしています。
お父さんは、自宅のリビングのアトリエで夜と休日だけ絵を描いている尚さんを見ながら語りました。
「私も妻も、年老いて来て、これからのことが気にかかります。親として、息子の心配は尽きませんが、ただ、今だから言えるのは、好きな絵を、やめさせなくて、よかった」
(詳しくは『線路は続くよ』自閉症を超えた天才鉄道画家「あけの語りびと」(朗読公開)


「発達障害」の人みんなが尚さんのような能力を持っているわけではありませんが、人それぞれある種の「特殊能力」を持っています。
「普通」と違うからと言って、普通にしようとするのは間違っています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

我が家流のいい夫婦の日

2018.11.23日
og_img.jpg


昨日は「いい夫婦の日」でした。
「11月22日」の数字を「いい夫婦」と読み替える日本語独特の語呂合わせで、1年毎日何かしらの記念日になっています。
昔、学生時代にみんなやっていた「鳴くよ (794) うぐいす平安京」という歴史の年号記憶法と同じ類いのものです。


昨日は全国の花屋さんが繁盛したそうです。夫が妻に花を買って帰り「いい夫婦」ぶりをアピールしたというわけです。
でも、本当は1年に1日だけの「いい夫婦」でなく、毎日いい夫婦であってほしいですよね。
我が家では、妻は「花より団子」なので、うっかり花なんか買ってプレゼントしようものなら無駄遣いしたと言って叱られます。かと言って、「団子」をプレゼントしても無駄と言われます。好きなときに好きなものを自分で買うから、ということです。
妻が望むのは日々の生活の中で、ごく自然に「いい夫婦」を実践することです。


で、昨日私が何をしたかと言うと、毎週木曜日はプールにスイミングに行く妻に代わって洗濯物を干し、野菜などの買い物に出かけ、昼食後は食器を洗いました。じつはこれは毎日のことで、しっかり主夫業をして「いい夫婦」を実践しています。
夕方にはいつもの日課であるウォーキングに出かけました。
えっ、ウォーキングと「いい夫婦の日」と何の関係があるの?ですって。
大いにあります。何だと思います?


昨日はいつものコースを延長して大磯漁港まで往復約2時間、15000歩あまり、8.2km歩いてきました。
ここ1週間の平均歩数は11200歩、毎日、それこそ雨の日も傘をさして10000歩以上コツコツ歩いています。
それも妻のため。なぜ?


健康長寿を目指すためです。
結婚して以来、私が病気か、それとも体のどこかが痛いと言わなかった日は1日もないと、妻がよく言うのですが、これはちょっと大げさな言い方で、少なくとも1日はありました(笑)。
つい最近まで、妻は「80歳まで生きられる?」と私に尋ねていたのですが、正直なところあまり自信はありませんでした。
ところが、今では少なくともあと13年半は頑張って金婚式を迎え、できればふたり揃って現役で100歳を目指そうと私が言うほどにまでなったのです。


ということで、昨日は妻が望んでいる日々の生活の中での「いい夫婦の日」を実践しました。
いえ、これだけではありません。
昨日の記事、「あとになって◯◯しておけば良かった、とならないように」の中にも書きましたが、妻の100のいいところを感謝の気持ちを込めて書き出して手渡しました。妻は時々吹き出しつつも照れながら読んでいました。
これが我が家流の「いい夫婦の日」です。
皆さんのところはどのように「いい夫婦の日」を過ごされましたか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あとになって◯◯しておけば良かった、とならないように

2018.11.22日
Quotes-About-Appreciation-1.jpg


"Learn to appreciate what you have before time forces you to appreciate what you had."
「あとになって感謝しておけば良かった、とならないように今のうちに感謝しておこう」
(訳 舟田譲二)


毎週火曜日、21時から放映されているドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系列)は、私の今一番のお気に入り番組です。
毎回、大声を出して笑い、またときには感動に胸が震えます。一昨日は泣けました。
大学で動物行動学を教える講師の主人公・相河一輝(高橋一生)は、かなりの変わり者。
歯医者で知り合った、同じ匂いのする少年・虹一は家にいるのが苦痛で仮病で学校を休み、そっと部屋を抜け出して大学にいる相河を訪ねます。
家に帰りたくないという虹一を相川は自分の家に連れ帰ります。


母親は虹一はきっと相川のところにいるのだろうと思って、お互い共通の知人である歯医者・育実(榮倉奈々)と一緒に相川の家を訪れ、自分の子ども虹一を連れて帰ると言います。
虹一が学校の勉強を嫌がり、成績が悪いのに悪影響を与えてると母親は思い、無理やり連れ帰ろうとしますが、虹一は帰らないと言って相川の部屋に逃げて閉じこもり、その夜は相川の部屋に泊まることに。


miracle.jpg


翌日、相川と虹一は森に出かけふたりは楽しい時を過ごして家に戻ると、母親が迎えにきた。
虹一が学校で悪目立ちし、恥ずかしいと人目を意識する母親対して、
「自分は虹一くんのいいところを100個言うことができる」
と相川が言います。
そして、相川は自分の子どもが頃、やはり変わり者で友達から仲間外れにされていたことなどを涙ながらに母親に話します。
このふたりのやり取りをずっと横で見ている育実は、虹一の母親にこの世の常識や人目を意識しすぎる自分を重ね合わせて、相川の真っ正直な姿、生き方に胸を打たれ次第に心惹かれていきます。
とても感動的で胸が熱くなりました。


相川が母親に言った「自分は虹一くんのいいところを100個言うことができる」と同じことを、育実にも言い、育実のいいところを100個告げます。
私はシーンにもとても心打たれました。


私たちは家族や友人など身近な者のことを当たり前のように思っていて、その人の良いところをなかなか改めて数え上げたり、相手に伝えたりしません。でも、これってとても大切なことです。


昨日の明け方目が覚めてトイレに行ったあとしばらく眠れなかったとき、この「100個いいところ」を挙げることを思い出し、隣りで眠っている妻のことを考え、そっと指折り数えながらいいところを100個心の中で挙げました。さほど時間はかからず100個見つけることができました。
そして、朝起きてからそのことを告げたら恥ずかしそうにしていました。


夕方うす暗くなってからいつものウォーキングに出かけました。
やがて真っ暗な中、小路を歩きながら家族・親族・友人・知人のことや現在の健康状態などを覚えて感謝の祈りを捧げました。
大磯の海岸まで行って家に戻ってきたら12000歩余り、6.9km歩いていました。
次から次へ感謝することが出てきて、あっという間の1時間半でした。


「あとになって感謝しておけば良かった、とならないように今のうちに感謝しておきましょう」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

自尊心と思いやり

2018.11.20日
respect-quote_self-respect-knows-no-considerations-mahatma-gandhi-eb7b1.jpg


"Self-respect knows no considerations."
--Mohandas Gandhi - 1869-1948 - Politician - Writer
「自尊心は、思いやりというものを知らない」
--モハンダス・ガンディ、政治家・作家
(訳 舟田譲二)


「自尊心」とは、わかりやすい言葉で言えば「プライド」のことです。
正しい意味でのプライドは必要ですし、また大切です。
プライドがない人とは、セルフイメージがとても低くて自分に自信がなく、卑屈になっていたりして、自分の内に価値がないと思い込んでいます。
これは明らかに正しいセルフイメージではありません。
なぜなら、人にはだれでも価値があるからで、自分の価値を知らないと社会で生きていくのは大変になります。


まったくプライドがないと思われるような人もときにいますが、たいがいの人はプライドを持っています。
しかし、この「プライド」はまた同時にくせ者です。
変にプライドが高いと、人を見下したり、人との接し方、言葉遣いが横着になったりして、ひいてはこれがパワハラにつながることもあります。


ここまでひどくなくても、私たちが普通に持っているプライドは、夫婦間・親子間・きょうだい間・友人間などで、ときに良好な人間関係を壊します。
すなわち、自分の非を認めるのが嫌なため相手を思いやることができず、相手の責任にしたり、相手を責めたりして、ごく些細なことで大喧嘩になったりすることがあります。
このように、「自尊心は、思いやりというものを知らない」のです。


このように、過ぎたるプライド(自尊心)は、大切な人間関係を損なうことがあります。
この点、正しいセルフイメージを持っていると、歪(ゆが)んだ自尊心のために自分の人生も他人の人生も壊すことなく、お互いに謙虚に自らの非を認めて謝り、和解することができます。
もともと相手のことを愛しているのに、このプライドのせいで大喧嘩に発展して、意志に反して離婚することになる夫婦もたくさんいます。


「自尊心は、思いやりというものを知らない」という名言を残したガンディに倣って柔和な人になりたいものです。


下手な自尊心より、思いやりのほうがよほど大切で、尊い。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

学んだら教え、受けたら与える

2018.11.09日
When-you-learn-teach.-When-you-get-give.-560x350.png


"When you learn, teach. When you get, give."
―Maya Angelou - 1928-2014 - Poet - Singer
「学んだら教えなさい。受けたら与えなさい」
―マヤ・アンジェロウ、詩人・歌手
(訳 舟田譲二)


マヤ・アンジェロウとは波長が合い、これまで「使えば使うほど創造力は身につく」始め、過去に6回このブログで取り上げています。
詩人、歌手、女優であるとともに、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアと一緒に公民権運動に参加した活動家。
8歳のときに母親の恋人にレイプされるという痛ましい経験をし、それ以来人間不信になります。
しかし、愛と希望の力に目覚めて、16歳でサンフランシスコで初の黒人女性車掌になり、それがきっかけで積極的な人生を歩み始めます。
『歌え、翔べない鳥たちよ』 (I Know Why the Caged Bird Sings)は、1930年代〜40年代にかけての偏見と差別の中で過ごした貧しい子ども時代の自身の体験をつづった自伝。
彼女は作家として一躍有名になります。
1993年、ビル・クリントンのアメリカ合衆国大統領就任式にて自作の詩を朗読し、2011年には大統領自由勲章を受章。全米の人々が尊敬する黒人女性作家でした。
幼いときからこのような耐えがたい苦しみ、悲しみ、辛さ、貧しさを経験していましたが、その後マヤ・アンジェロウは自力でそこから這い上がり、努力して自らの人生を切り開いていきました。やがて仕事に就き、この経験から自信を築いていって、詩人、歌手、女優、作家、公民権活動家になり、多くの理解者、協賛者を得るに至りました。

(以上、6月1日のブログ記事「あなたはどのような生き方がしたいですか?」より抜粋)


今日の言葉、
「学んだら教えなさい。受けたら与えなさい」
も、まさに私自身の人生哲学とピッタシカンカンです。
「学んだら教える」は、私がいつも実践していることです。
ラーニングピラミッドというのがありますが、これを見ても学習定着率が一番高いのは「人に教える・説明する」です。


IMG_3936.jpg


私はすでに中学生の頃から、いやもっと早く小学生の頃からこれを実践していました。
昔の友人に会うと、いつもみんながそのことを言います。


また、「受けたら与えなさい」も聖書の言葉、
「与えよ。そうすれば、自分にも与えられるであろう」
(ルカ6:38)
「おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう」
(マタイ25:29)
を数えきれないほど実生活の中で体験してきており、このブログの中でも繰り返し述べてきていることです。


良いものは人と分かち合い、人にも同じ喜び、同じ恵みを楽しんでもらう、人はそのように造られているのです。
あなたも試してみませんか? 知恵や喜び、恵み、豊かさが何倍にもなりますよ。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人を外見で判断してはいけない

2018.11.05日
tumblr_ntg9bemASv1uepogto1_1280.jpg


"Do not judge by appearances. A rich heart may be under a poor coat."
--Scottish Proverb
「外見で判断してはいけない。豊かな心が貧しい服の下にあるかもしれない」
ーースコットランドのことわざ
(訳 舟田譲二)


上の写真の年配の女性は、シワが深く刻まれた顔や質素な身なりを見る限り、とても豊かには見えません。
ところが、両手にいっぱいのリンゴを持ってニコニコしながら人にあげようとして差し出しています。このところから、この女性が心豊かな人だと想像がつきます。


「外見で判断してはいけない。豊かな心が貧しい服の下にあるかもしれない」
はスコットランドのことわざだそうです。
スコットランドというのは、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。1707年の合同法によってグレートブリテン王国が成立するまでは独立した王国(スコットランド王国)でした。
グレートブリテン島の北部3分の1を占め、今日の人口は500〜600万人です。


image002.jpg


この地図からわかるように、日本でイギリスと呼んでいる国は、正式にはグレートブリテン及び北アイルランド連合王国といい、もともとそれぞれ独立していた国であるスコットランド、イングランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国(カントリー)から成っています。
「イギリス」という呼称は、ポルトガル語でイングランドを指すInglez(イングレス)が語源になっています。
江戸時代には、「英吉利」と書いて「エゲレス」と呼んでいました。


イギリスではスコットランド人はケチということで有名です。
セロテープのことを英語では「スコッチテープ」と言いますが、これはスコットランド人が破れた紙をテープで張り合わせて使うケチぶりを揶揄して名づけたものです。


次のようなジョークもたくさんあります。


朝、妻は目覚めると夫に言いました。
「あなたがバレンタインデーに私に真珠のネックレスをプレゼントしてくれた夢を見たの。これってどういう意味だと思う?」
「今晩、その意味がわかるさ」と夫。
その夜、夫は手に包みを持って帰宅し、妻に手渡しました。
喜んだ妻はその包みを開けると、一冊の本が出てきました。
タイトルにはこう書いてありました。
『夢の意味』


「外見で判断してはいけない。豊かな心が貧しい服の下に隠れているかもしれない」
という今日のスコットランドのことわざは本当に真理を突いています。
スコットランド人がケチというのも先入観と偏見です。
これを読んで、私はその裏が頭に浮かびました。
「外見で判断してはいけない。貧しい心が豊かな服の下に隠れているかもしれない」
逆もまた真理なりです。


高級外車を乗り回し、高級スーツに身を固め、ブランド品を身に着けているイケメンでも、一皮剥ぐと内側は高慢と貪欲で、人に対する愛がひとかけらもない。私はこのような人を何人も知っています。
このような人よりも、上のシワが深く刻まれ、質素な身なりをした年配の女性のほうが、はるかに愛に満ちていて立派です。私はこのような人もたくさん知っています。
人を外見で判断してはいけません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたはどちらの人生を歩みたい?

2018.11.03日
EmilysQuotes.Com-born-cry-rejoice-life-die-advice-inspirational-positive-great-motivational-Cherokee-Native-American-Proverb.jpg


"When you were born, you cried and the world rejoiced.
Live your life in such a way that when you die the world cries and you rejoice."

--Cherokee
「あなたが生まれてきたとき、あなたは泣き、世界は喜んだ。
あなたが死ぬときには、世界は泣き、あなたは喜ぶ、そのような人生を歩みなさい」

ーーチェロキー族


これはアメリカ先住民族(アメリカインディアン)のチェロキー族の格言です。
私たち日本人はアメリカ先住民族についてはほとんど知識がありません。アメリカ先住民族は、自分達がずっと住んできた土地をイギリスから移住してきた入植者たちが奪おうとする中、ずっと戦い続けてきました。
アメリカ先住民族はある意味、日本のアイヌ民族と似ています。


しかし、1794年に合衆国との間に休戦条約を結んだ後は、文明化の道を歩み始めました。
彼らは白人の生活様式を好んで採り入れたため、周辺白人との混血も進みました。
チェロキー族の血を引いた有名人には私たちのよく知っている俳優や歌手などもたくさんいます。
一例を挙げると、エルヴィス・プレスリー、キム・ベイシンガー、キャメロン・ディアス、ケヴィン・コスナー、ジョニー・デップ、チャック・ノリス、バート・レイノルズのほか、日本では元阪神タイガースのランディ・バースや、ファッションモデル・タレントで報道番組やテレビCMなどにもよく登場している市川紗椰さんなど。


さて、今日のチェロキー族の格言、
「あなたが生まれてきたとき、あなたは泣き、世界は喜んだ。
あなたが死ぬときには、世界は泣き、あなたは喜ぶ、そのような人生を歩みなさい」

は、私たちにもピンときます。


私たちがこの世に誕生してくるときと、この世を去るときをうまく対比させて語っています。
前半部はあらゆる人に当てはまりますが、後半部の「あなたが死ぬときには、世界は泣き、あなたは喜ぶ、そのような人生を歩みなさい」は、じつに素晴らしい教えです。
もし、これが逆で「あなたが死ぬとき、世界は喜び、あなたは悲しむ」だったら本当に悲しいことですよね。


あなたはどちらの人生を歩みたい?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

冬の真っただ中で夏を見出した

2018.11.02日
quote-1489.jpg


"In the midst of winter, I found there was within me an invincible summer."
--Albert Camus - 1913-1960 - Author, Journalist
「冬の真っただ中で、私は自分の内に揺るぎない夏を見出した」
--アルベール・カミュ、作家・ジャーナリスト
(訳 舟田譲二)


こんなことがあり得るのでしょうか?
「冬の真っただ中で、私は自分の内に揺るぎない夏を見出した」なんてことが。
常識的には考えられません。
でも、あり得ないことが起こる。それが人生。だから面白いのです。


アルベール・カミュは、通常の予測を外れているという意味の「不条理」(英語では absurd, フランス語では absurde「馬鹿げた」) の世界をその作品の中で描きました。
病気、死、災禍、殺人、テロ、戦争、全体主義など、人間を襲う不条理な暴力との闘いが彼の文学のテーマでした。超越的価値、神などに依存することなく、左翼革命思想や実存主義、マルクス主義なども拒絶し、あくまでも人間の地平にとどまって生の意味を探し求めました。
その答えは結局見つからず、そのまま不条理なままで終わる作風で、読む者は読後なにか釈然としないものを感じます。読者に不条理について自分で考えさせるのが目的なのでしょう。
しかし、46歳のとき交通事故に遭って他界するという、彼自身の人生も実に不条理そのものでした。


43歳の若さでノーベル文学賞を受賞したのは、代表作のひとつ『異邦人』によるところが大きかったと言われています。『異邦人』は映画化され有名になりました。私も若い頃観ましたが、とても重いテーマで、観終ってからも心が重く、暗い気持ちになったのを覚えています。


ところで、日本で有名なタレント、セイン・カミュはアルベール・カミュの従孫(兄の孫)にあたるそうです。
今、大河ドラマでやっている『西郷どん』にイギリス公使パークス役で登場しました。
下のシーンはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。


001_size6.jpg


実際のところ、私たちの人生、生も死も、さまざまな病や災いなど、神の存在を信じず、目的のないものと考えると、アルベール・カミュの言うとおり、不条理そのものです。
蟻(あり)が道を歩いているところを人に踏まれて死ぬのとなんら変わりありません。
それで納得できるのであれば、もちろんそれでいいのですが、私たち人間はすべての物事の背後に意味や目的を見出そうとします。


意味、目的のない人生ならば、『異邦人』の主人公、ムルソーのように母親の葬儀の翌日、たまたま出会った旧知の女性と情事にふけり、友人のトラブルに巻き込まれて人を射殺しようが、死刑を宣告されて死刑の際に人々から罵声を浴びせられることを人生最後の希望にしようが、すべてはまったく意味のないことであり、人生そのものがどうでもいいものになってしまいます。


このような考え方でいながら、アルベール・カミュは冒頭のように、
「冬の真っただ中で、私は自分の内に揺るぎない夏を見出した」
と語っているということは、やはりなにか意味を見出そうとしていたのではないだろうかと思うのです。そうでなければ、冬のただ中で自らの内に揺るぎない夏を見出そうが、そんなことはどうでもいいこと。ここに彼の本音が垣間見えるような気がします。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生で一番大切なものは

2018.10.30日

"Patience is the companion of wisdom."
--Aurelius Augustinus (354 - 430), early Christian theologian, philosopher, preacher
「忍耐は知恵の友である」
--アウレリウス・アウグスティヌス、古代キリスト教の神学者・哲学者・説教者
(訳 舟田譲二)


師匠:「人生で一番大切なものは忍耐の二文字である」
弟子:「にんたい、だと四文字じゃないのですか?」
師匠:「たえしのぶ、と書いて二文字だ」
弟子:「たえしのぶ、だと五文字ですよ」
師匠:「バカもん!漢字で書くと二文字じゃ!このわからずやめ!」
弟子:「師匠。人生で一番大切なものは忍耐ですよ」


笑い話のようですが、これと似たようなことを私たちは知らず知らずのうちにやっています。
子どもや生徒に教えているつもりで、彼らから逆に教えられるのです。
そんな覚えありませんか?


実際、人生のあらゆる場面において「忍耐」ほど大切なものはありません。
親子・夫婦・友人等、あらゆる人間関係において忍耐は不可欠です。喧嘩や離婚、DVなどの暴力行為、殺傷事件等々、「忍耐」があればまったく別の展開になり得ます。
あおり運転をされて頭にきてやり返すと、事故になったり、喧嘩、殺人事件になります。
国家間・民族間・宗教間の争いもしかり。
そもそも人間って基本的にみんな自己中心なので、それを押し通そうとしたり、相手のことを顧みないと衝突して当たり前です。そこで「忍耐」が物を言うのです。
「忍耐」が二文字だろうが、四文字であろうが、五文字であろうがそんなことはどうでもいいこと。何を言われても頭にカッとこないで、忍耐する。
どんな場合でもその場ですぐに反応しないでひと呼吸置くのです。それが忍耐のコツです。


勉強や仕事においても「忍耐」が成功と失敗の分かれ目になります。
出来る人というのはまず例外なく忍耐力があります。分かるようになるまで、できるようになるまで、成功するまであきらめません。
多くの人が失敗する理由はただひとつ、「忍耐力」がなくて途中であきらめてしまうからです。


スポーツもそうです。
サッカー、ラグビー、アメフト、野球、テニス、卓球、バスケ、バレー、スケート、フィギュア、陸上、体操、水泳等々、すべてのスポーツで抜きんでる人、成功する人はやはり「忍耐力」があり、成功するまであきらめなかった人たちです。


それにしても沖縄県の与那国町議会の議長選。来る日も来る日も同じことを繰り返し、90回占拠してもまだ決まらない。みんな忍耐強いですね。
あれはちょっと忍耐ありすぎです。あそこまで忍耐強くなくていいのに(笑)
私にはいくつかの解決策があるのですが、まあどこまでやり続けるのか見守るとしましょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたも天才!

2018.10.28日
Albert-Einstein-quotes-Genius1.jpg


"Everybody is a genius. But if you judge a fish by its ability to climb a tree, it will live its whole life believing that it is stupid."
--Albert Einstein
「みんな天才だ。しかし、魚が木を登れるかどうかという基準で判断したら、その魚は一生自分は愚かだと思うことだろう」
ーーアルベルト・アインシュタイン
(訳 舟田譲二)


アインシュタインらしい、まことに賢い「天才」の定義です。
私たちの多くが「天才」とは持って生まれた、人並み外れた能力、頭の良さだと思っています。
その観点から言うならば、アインシュタインは「凡才」どころか、天才とは真反対の「劣才」(れっさい)でした。


20世紀最大の物理学者、アインシュタインは今でいう発達障害でした。
5歳まで話すことができず、子どものころは学校の教師から愚鈍だと言われていました。
大学受験でも失敗しています。
のちに大物理学者になりましたが、大学時代、物理の成績は最低の1を取りました。
大学卒業後は、大学の助手になれず、臨時の代理教員や家庭教師をして生活していました。
最初の「特殊相対性理論」という博士論文は大学に受理されませんでした。
周囲の人たちから能力が認められず、長い間奇人と思われていました。


アインシュタインは人から天才と呼ばれると、「私は天才ではありません。ただ、人より長くひとつのこととつき合ってきただけです」と答えています。
冒頭の彼の言葉、
「みんな天才だ。しかし、魚が木を登れるかどうかという基準で判断したら、その魚は一生自分は愚かだと思うことだろう」
は、だれにもわかる喩(たと)えで天才について教えています。


一匹の魚が一生懸命木を登ろうとしているが登れない。だから自分は愚かだ、才能がない、などと思っていたならば、だれでも「いや、お前は魚だよ。魚は水の中を泳ぐのが仕事で、木に登るのは魚のすることではないんだよ」と魚を諭そうとします。
生き物にはみんなそれぞれ自分の得意分野があります。
鳥は空を飛ぶこと、魚は水の中を泳ぐこと、チーターは速く走ること、象は力仕事をすること、キリンは高い木に生えている葉っぱを食べること等々。


それでは人間の得意分野は何かというと、ひとことで言えば「考える」ことです。
人間は空を飛ぶことも、魚のように自由にずぅーっといつまでも泳ぐことも、チーターのように速く走ることもできませんし、象のような力もなければ、キリンのように高いところに生えている葉っぱに手を届かせることもできません。
しかし、ほかの動物を見て考え、飛行機やロケット、船や潜水艦、自動車や列車、ブルドーザーやショベルカー、クレーンなどを発明してきました。
これこそが人間の一番の得意分野です。


でも、同じ人間でもまたそれぞれ得意分野が異なります。
走るのが速い人もいれば、泳ぐのが得意な人も...。
速く走れないから、泳げないからだめ、能力がない、劣才だとはだれも言いません。
一人ひとりそれぞれ能力が違うのです。みんなが違うからこそ、人間社会は面白いのです。
ある人がほかの人を見て「バカだ」とか「能なしだ」とか言うことは実に愚かなことです。それはあたかも魚に向かって木に登れと言っているようなものです。
人間はみんな五十歩百歩です。


私たちはお互いの違いを認め、受け入れ、尊重し、助け合い、補い合うように造られているのです。それができるからこそ人間なのであって、そういう意味において私たちは「みんな天才」なのです。
たとえその才能がいかに小さくてもいい。それを活用するのです。大きな才能を持っている人が大きな仕事をしてくれるのですから。
そのような子育て、教育をすることこそ一番大切です。
背伸びするのも、逆に嫉妬したり、あるいは他人を見下したりするのもみんな間違っています。
自分の分をわきまえ、能力を最大限に活用するなら「あなたも天才」です!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたが話す言葉はあなたが住む家になる

2018.10.27日
words.jpg


"The words you speak become the house you live in."
--Hafiz - 1325-1390 - Poet
「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」
--ハーフェズ、詩人
(訳 舟田譲二)


ハーフェズは、14世紀のイランの詩人。
石炭商だった父親がハーフェズの幼い頃亡くなったが、父がコーランの朗誦に巧みだったので、これに心を動かされた息子は8年かけてクルアーン(コーラン)をすっかり暗記したため、ハーフィズという称号を与えられた。そのところから彼はハーフェズと呼ばれるようになった。


俗世の愛とも神への愛とも解釈可能な抒情詩を500近くも残し、後に編纂された『ハーフェズ詩集』は、東西の文化に影響を与えた。
ゲーテは「ハーフェズの詩を理解するには 魂まで一汗かく必要がある」と語ったという。
恋と酒と自然の美などを主題とした作品が多く、民衆に広く愛され、現代でも「コーランなくとも各家庭にはハーフェズ詩集あり」とまで言われている。
(以上Wikipediaより抜粋引用)


ということで、今日の言葉はこのブログで初めて取り上げるイスラム教徒、ハーフェズの詩です。イスラム教はあまり馴染みがなくピンとこないのですが、この「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」は、宗教や文化などにかかわらずいつの時代の通じる真理ではないかと思います。


最初これを読んだとき、なんとなく言わんとしていることはわかるような気がするのですが、いざその意味は何かと問われると、答えるのに窮するような状態でした。
しかし、「言語」が生涯のテーマになっている私にとっては看過できない一編の詩です。
皆さんはいかがですか?読んでピンときますか?


いろいろ考えたあげく私がたどり着いた結論はこうです。
人はみんな心にあること、考えていることを言葉に表します。というか正確には、頭の中で私たちは常に言葉を使って考えています。ですから頭の中で考えていること、心の中にあることを私たちは話すわけです。


そして知らず知らずに話していることがその人の性格、人格、生きざまになっていきます。
言い方を変えれば、ひとりの人が話す言葉を聞いていると、その人がどんな人物であるかがだいたいわかるということです。
どうでしょう、思い当たる節はありませんか?


さて、人が話す言葉がその人の人格を作り上げていくのですが、人を「器」と見立てた場合、その器の中にその人の人格が宿っているわけです。すなわち「器」は人が住んでいる「家」です。
「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」とは、具体的に言うと、たとえばネガティブ(否定的・消極的)なことばかり考えていて、そのような言葉を常々使っていると、その人が住んでいる家は自然とそのような言葉で満ち溢れるようになっていきます。
すると、その家に住んで毎日同じ空気を吸っている家族も自然とそのようなネガティブな言葉に染まっていきます。


逆に、ポジティブ(肯定的・積極的)な言葉をいつも使っている家族が住んでいる家は、そのような言葉で溢れていきます。このような環境の中でネガティブな言葉を使ったり、ネガティブに考え、行動するのは困難になります。
たとえ、質素な食事が並んでいる食卓を囲んでいても、絶えず冗談や笑いが溢れていて楽しい場であれば、食事は美味しくなりますし、食べているものは貧しくても身体に栄養となってついていき、健康になり、ひいては長寿にもつながります。


一方、毎日贅沢なご馳走に満ち溢れた食卓でも、みんなが押し黙って食事していたり、お互いに相手を心の中で裁いたり、憎しみ合ったり、疑心暗鬼になっていたりしたら、食事はまずくなるばかりか栄養にもならず、病気をしたり、短命にもつながります。


これこそ、まさに今日の言葉、
「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」
が言わんとしていることではないでしょうか。


あなたが住みたい家はどんな家ですか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人から人へと伝染するもの

2018.10.24日
quote-1481.jpg


"A healthy attitude is contagious but don't wait to catch it from others. Be a carrier."
—Tom Stoppard - Playwright and Screenwriter
「健全な態度は伝染する。しかし、他の人から移されるのを待っていてはいけない。自ら人に移す者になろう」
—トム・ストパード、脚本家・シナリオライター
(訳 舟田譲二)


数日前の記事、「笑ったり、微笑んだりすると」の中にも、「ひとりの人の笑顔は伝染して周囲の人をも笑顔にします。あなたが微笑んで、笑っていたら周りの人たちも幸せな気持ちになります」と書きましたが、まさにそのとおり。


「健全な態度は伝染する」の「態度」を表す原語の attitude にはいろいろな意味があります。
「態度、立ち居振る舞い、考え方、意見、姿勢、身構え、心構え」などいろいろな訳語があり、とても幅広い意味を包括する言葉ですが、そのいずれもがここに当てはまります。
これらすべてが人から人へと伝染するのです。


皆さんのこれまでの人生を顧みてください。きっとそのような経験があることでしょう。
いい意味においても、逆に悪い意味でも、人の考え方や生き方、態度、姿勢などは身近な人に伝染するものです。今日の私があるのは、まずは両親のお陰、それから幼小中高大、大学院などを通して出会ってきた大勢の友人や恩師の方々、あるいは職場で知り合った人たち等々、数えきれないほどの人々の影響を受けてきています。


でも、同時に私たち自身も知らず知らずのうちに身の周りの人たちにさまざまな形で影響を与えています。
ここでトム・ストパードが言っているように、「他の人から移されるのを待っていてはいけない。自ら人に移す者になる」、すなわち良い影響を与える者に進んでならなければなりません。
家族や友人という単位から、もっと幅広くいろいろな人間関係において互いにいい影響を与え合う、そのような者になるよう普段から心がけるなら、この世の中、もっともっと住みよい、安心できる、楽しいところになることでしょう。


残念ながら、最近はむしろ人間関係がどんどん希薄になってきていて、またうっかり信頼すると騙されたり、裏切られたりと、怖い状況を経験することがあります。毎日のニュースでもそのような出来事がしょっちゅう報道されています。
しかし、逆にそのような時代だからこそ、私たちがまず率先して良いお手本を示し、それを周りに広めていくような者になりたいものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

笑ったり、微笑んだりすると

2018.10.21日
smilefrown-1024x687.png


"When you laugh or smile, it triggers a part of your brain that actually makes you happy."
ーーAnonymous
「笑ったり微笑んだりすると、脳のある部位が刺激されて実際に幸せになる」
ーー作者不詳
(訳 舟田譲二)


昨日の記事、「笑いは百薬の長」は大きな反響を呼びました。
その声の一部を下に紹介します。


「大笑いすると同時に学生時代の自分を思い出しました」
「温泉知識、と、LINE、は正解にしてもいいのでは?笑 質問のしかたによると思いますが、温故知新じゃなくても正解でしょう」
「早朝から大笑いです」
「面白いですね(^∇^)」
"Thanks Joji! I could not stop laughing from the initial one to the last. We could start a good day with my wife! I had a good reason.”
(ジョージさん、ありがとう。初めから最後まで笑わずにはいられませんでした。妻と一緒にいい一日のスタートを切ることができました。ちゃんと笑う理由がありましたよ)
"Joji I guess most of them are genuinely serious answers that's why they are so funny. Yes, we do need to be happy just out of stuff like these."
(ジョージ、ほとんどの答えは真剣に書いたものだと思います。だからとっても面白かったのでしょう。こういったもので私たちは幸せになる必要がありますね)
「面白すぎます!!どれもこれも!! ほんとに大笑いしまくりました。シェアさせてください♪」
「ほんとに面白いですね」
「 (*≧∀≦*) わざとふざけたのか、マジで解答してるのか…(^o^;)」
「政治家のお食事券、マジ笑いました」
「久々に笑えました」


記事をまだ読んでいらっしゃらない方はぜひお読みください。


さて、今日の名言
「笑ったり微笑んだりすると、脳のある部位が刺激されて実際に幸せになる」
は本当です。
実際、つい先日の記事、「ものすごい武器」の中にも書きましたが、「笑い」はガン細胞をやっつけます。普通の健康な人の体内では毎日3000〜5000個ものガン細胞が発生していますが、1回笑うとなんと100個のガン細胞が消滅します。1日に100回笑うと100×100で10000個のガン細胞が死にます。
皆さんは1日に100回笑っていますか?
4歳の子供は、1日に300〜500回ほど笑うそうですが、大人になるとその数は10〜15回に激減し、さらに年を取るにしたがって笑う回数はどんどん減っていきます。105歳で亡くなられた日野原重明さんは、ユーモアの持ち主で有名でしたが、毎日たくさん笑っていらっしゃっいました。
「笑い」は現代の医学でもっても癒すことのできない難病を癒すこともあります。
頭に血が上って大げんかをしていた夫婦が、何かの弾みで一方が笑い始めるともうひとりも笑い、ふたりで大笑いしているうちに仲直りしてしまったりすることもよくあります。


私自身、昨日の記事を書きながらひとりでニヤニヤしたり、声を上げて笑ったりしてました。
そして、昨日はウォーキングしているときも思い出してはニヤニヤしていました。
すると不思議なことに本当に幸せな気持ちになるのです。


上の女性の写真を見てください。
同一人物ですが、左の写真ではニコッと微笑んでいて、右の写真ではしかめっ面をしています。
あなたはこの写真を見て、どう感じますか?
左の写真を見ると幸せな気持ちになりませんか?
一方、右の写真を見ると気がふさぎませんか?
どちらの人と一緒にいたいですか?
そうなんです。
ひとりの人の笑顔は伝染して周囲の人をも笑顔にします。
昨日、ウーキングしていたとき小学1年生の一団が先生に引率されて校外学習かなにかで道路を歩いていました。みんなニコニコしています。それを見た人たちはみんな自然と微笑んでしまいます。


幸せだから笑ったり、ニコニコしたりするのではありません。
笑ったり、ニッコリ微笑むから幸せな気持ちになるのです。


幸せになりたかったら「微笑み」「笑う」ことです。
鏡を見るたびに自分に微笑みかけましょう。幸せになりますよ。
そして、あなたが微笑んで、笑っていたら周りの人たちも幸せな気持ちになります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたの将来をどのように見るか

2018.10.15日
quote-1473.jpg


"How you see your future is much more important than what has happened in your past."
--Zig Ziglar - 1926-2012 - Author, Speaker
「あなたの将来をどのように見るかは、あなたの過去に起こったことよりもはるかに大切だ」
--ジグ・ジグラー、著作家・講演家
(訳 舟田譲二)


ジグ・ジグラーの名言はこれまでこのブログで何度か取り上げてきました。
「本当に学ぶ気があれば...」「オーダーメイドの人生」「あなたの人生を決定するものは」「成功とは」「鷲のように飛びたかったら」


私自身、ジグ・ジグラーとは非常に波長が合い、彼の書いた著書も読んでいます。
ご興味のある方は上の過去の記事をご覧ください。


今日の彼の言葉もまことに言い得て妙なり、という感じです。
「あなたの将来をどのように見るかは、あなたの過去に起こったことよりもはるかに大切だ」


私たちはとかく過去のことにこだわる傾向があり、それに引きずられて将来が見えなくなります。そのいい例が、映画やドラマなどでよく見る復讐劇です。
確かに、だれかに嫌な思いをさせられた、騙されてお金や財産を奪われた、家族の命を奪われた、会社を潰された、不当に解雇された、信頼していた人に裏切られた、伴侶に不倫された、弱い者いじめをされた等々、このようなことがあると、人間の本性として復讐したくなるものです。
しかし、復讐はなんの益ももたらしません。むしろ、復讐がさらに次の復讐を生み、永遠の泥沼に落ち込んでみんなが痛い、苦しい思いをすることになります。復讐をすることに伴う将来が見えないのです。


むしろ私たちがなすべきは、過去から解放されて将来を見ることです。
過去はだれにも変えることができません。変えることができるのは現在と将来だけです。
さらに言えば、現在を変えれば将来を変えることもできます。
「将来をどのように見るか」というのは、将来の時点のことではなく、現時点のことです。
変えられない過去にこだわるのではなく、変えられる現在にこだわるべきなのです。


多くの人が過去のいやな思い出に引きずられて現在を、そしてその結果将来をも台無しにしています。
あなたはいかがですか?
どうすることもできない過去に起こった出来事に引きずられていませんか?

過去から解放されて、将来のために現在に焦点を当てて、現在を変えることに力を注ぎませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

ものすごい武器

2018.10.12日
gettyimages-667207606.jpg


"The human race has one really effective weapon, and that is laughter."
--Mark Twain (1835 – 1910) Writer, humorist, entrepreneur, publisher, lecturer
「人類はものすごい効果的な武器を一つ持っている。それは笑いだ」
--マーク・トウェイン、ユーモア作家・小説家・起業家・出版者・講演家
(訳 舟田譲二)


昨日の記事、「地上最強の武器」には「火がついた人間の魂」が地上最強の武器だ、というもと第1次大戦当時の陸軍元帥の言葉を引用してご紹介しました。
今日の記事は、アメリカの作家、マーク・トウェインの名言でやはり同じく「武器」について語ったものです。
「人類はものすごい効果的な武器を一つ持っている。それは笑いだ」
といかにもユーモア作家らしい表現を使っています。


なぜ「笑い」を「ものすごい効果的な武器」とマーク・トウェインは呼んだのでしょうか?
動物のハイエナが「笑う」とよく言われます。実際、顔も笑っているように見えます。

4cada9592a3eb03e373117a03d7f7df4.jpg

そして、鳴き声がまるで人間が笑っているように聞こえるのですが、ハイエナは笑いません。
地球上には約140万種類の動物がいるといわれていますが、笑うのは人間だけです。
笑うのは人間だけに与えられた特権です。しかも、マーク・トウェインは「笑い」を人間の武器だと呼んでいます。なぜでしょう?


よく聞く話ですが、「笑い」はガン細胞をやっつけます。
普通の健康な人の体内でも毎日3000〜5000個ものガン細胞が発生しているそうです。
ところが、1回笑うとなんと100個のガン細胞が消滅するんですって。ということは1日に100回笑うと100×100で10000個のガン細胞が死ぬという計算になります。これってすごくないですか!
皆さんは1日に100回笑っていますか?
4歳の子供は、1日に300〜500回ほど笑うそうですが、大人になるとその数は10〜15回に激減し、さらに年を取るにしたがって笑う回数はどんどん減っていきます。
105歳で亡くなられた日野原重明さんは、ユーモアの持ち主で有名でしたが、毎日たくさん笑っていらっしゃったそうです。


「笑い」は現代の医学でもっても癒すことのできない難病を癒すこともあります。
アメリカの雑誌『サタディ・レビュ−』の編集長だったノーマン・カズンズ氏(1915年6月24日 - 1990年11月30日)は、膠原病の一つである硬直性脊椎炎にかかってしまいました。発熱と激しい体の痛み、脊椎の硬直で体が動かしにくくなる病気です。
「1日中トラックが体の上を走り回っているような」激痛だったと本人は語っていました。
カズンズ氏を診た専門医は治る確率は500分の1と言いました。
現在でもこの病気の原因は不明で、予防法、治療方法も確立されていません。
しかしジャーナリストであった彼は、リサーチして人間の免疫作用と自己治癒力を高めるといわれているビタミンCを大量摂取し、アメリカ版の「どっきりカメラ」のようなテレビ番組を毎日たくさん見て大笑いし続けました。笑うと脳からβエンドルフィンという鎮痛作用のあるホルモン(脳内モルヒネ)が出るのです。
結果、わずか数か月後に症状が改善し再び仕事に戻ることができました。


ジョン・レノンの妻、オノ・ヨーコは「鏡に向かって微笑みなさい」の中に書きましたが、「鏡に向かって微笑みなさい。毎朝微笑みなさい。そうしたらあなたの人生が大きく変わっていくのに気づくでしょう」と言っています。
オノ・ヨーコは現在84歳ですが、健在で活躍しておられます。
私もこれを知って、いつも鏡を見て自分に微笑みかけ、またウォーキングしているときも思い出すとニコッと微笑みます。
不思議なことに微笑むだけで、気持ちが明るくなるのです。


また、頭に血が上って大げんかをしていた夫婦が、何かの弾みで一方が笑い始めるともうひとりも笑い、ふたりで大笑いしているうちに仲直りしてしまっていた、という話はよく聞きます。


マーク・トウェインはガン細胞のこともβエンドルフィンのことも知りませんでしたが、今から100年以上も前にすでに、
「人類はものすごい効果的な武器を一つ持っている。それは笑いだ」
と語っていました。
ホント、「笑い」は最強の武器ですね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生は一瞬にして変わる!

2018.10.10日

これまでの人生を振り返って私は多くの失敗を犯してきました。そして、その刈り取りもしてきました。
目の前が真っ暗、頭の中が真っ白、天地がひっくり返るほどの苦しみや辛さも経験しました。
もう人生が終わったと思うほどの経験もしました。生きる目標を見失ったこともあります。
でも、不思議とその都度どこかから助けが来て、ここまで生き延びてきて幸いを得ています。


生きている限り誰でも大なり小なり、そのような経験をしてきていることでしょう。
以下はアメリカの実業家、アリソン・ルイスさんのお証です。自らはっきりとは語っておられませんが、彼女もおそらく同様の、あるいはもっと大変なところを通ってきていらっしゃるのだと思います。


名言とは、短い寓話(たとえ話)で、読む人の魂に語りかける数語の言葉から成る話のことです。名言は記事や本が読まれるようには書かれていません。名言は、読んだ人が熟考することを選択するなら人生を変えることができます。


下に挙げる一般にあまり知られていない名言に思いを馳せなさい。日記に書き留めなさい。
一つひとつの名言をじっくり考えなさい。その中の一つひとつの言葉をにれはみ(反芻)なさい。そして時間をゆっくりかけてその名言があなたに語りかける言葉に心の耳を傾けなさい。
ひとつの名言に忍耐強く、期待しながら取り組み、それがあなたにとってどういう意味をもっているのか自分で発見しなさい。


「変化は一瞬にして起こる。あなたが変化を起こそうと決心した瞬間に起こる」


私は上の文を2006年に書きました。
これは、その後何万、何十万人という人々によってSNSで繰り返し繰り返しシェアされてきました。
私がこの記事を自分自身の短い文で締めくくる理由は、これが私の人生を端的に言い表しているからです。
私の魂に叫びかける私の小さな物語です。


15501961812_6d8970063b_o%20%282%29.jpg


"Think of all the beauty still left around you and BE HAPPY."
「自分の周りにまだ残されているあらゆる美しいもののことを考えましょう。そして幸せになりましょう」


氷と光の美しい画像の中で語られているアンネ・フランクの名言です。


試練や困難な状況は、まったく予期していないときに私たちの人生に襲いかかってきます。それも1回ならずしばしば。
苦難と壊滅的状況を見つめながら、私は決断を迫られていました。
私は苦難の道を選択することができました。また、一瞬のうちの変化を選択することもできました。
名言の多くは、古今東西、人々に常に成長とインスピレーション(ひらめき)を与えてきています。
あなたが変えることを決断するなら人生は変わります。
私は「幸せになる」ことを選択しました!
--アリソン・ルイス


アリソン・ルイスは、全米で高く評価されているモチベーションスピーカーであり、時間管理術や生産性の戦略家、企業の管理職指導コーチ、ベストセラーの『7分間解決術』『7分間人生計画手帳』の著者。「7分間人生・ドットコム」の創始者。これまで何万という人たちを人生の混沌状態や精神的崩壊状態から平安で充実した幸せな人生へと変わるのを手助けしてきた。
(訳 舟田譲二)


あなたはどちらを選択しますか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

本当に学ぶ気があれば...

2018.10.07日
learning-quote.jpg


"If you are not willing to learn, no one can help you. If you are determined to learn, no one can stop you."
--Zig Ziglar - 1926-2012 - Author, Motivational Speaker
「学ぶ気がなければ、だれも助けることはできない。しかし、本当に学ぶ気があれば、だれも止めることはできない」
--ジグ・ジグラー、作家・モチベーショナルスピーカー
(訳 舟田譲二)


以前、「ほめてやらねば 人は動かじ」という記事を書きました。
この中に山本五十六の有名な言葉、
「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」
をご紹介しました。
私は生まれつきの教師なのか、やる気のない生徒や大人の人でもやる気を出させるのがうまいほうです。
これまで、「英語は捨てた」「英語は死んでる」「英語だけは無理」と断言(?)していた生徒のやる気に火をつけ、英語を得意にしたケースはたくさんあり、入試では一番の得意科目よりも英語で高得点した生徒も何人かいます。
小学生で算数が全然理解できない生徒にも根気よく教えて、そこそこできるようになった子もいます。
山本五十六の教えは確かにとても役立ちます。


でも、そんな私でもどうしても助けられない生徒が中にいます。
それは、本人が初めから徹頭徹尾やる気がなく、あの手この手を使っても絶対に乗ってこないような子です。
ちょっと言いかたは悪いですが、いわば「黙秘権」を貫き通す容疑者のようなものです。


ジグ・ジグラーはプロのモチベーショナルスピーカーだけあって、人のやる気を起こさせるのは超ベテラン、見事な腕前です。
しかし、そのような彼にさえ、
「学ぶ気がなければ、だれも助けることはできない」
と言わしめるような人が中にはいるのです。
このような人は、自ら少しでもやる気を起こすようになるまで放っておくしかありません。


でもその逆のケースはすごいことが起こります。
後半で彼が語っているように、
「本当に学ぶ気があれば、だれも止めることはできない」
のです。


今日(10月7日)は2018年度第2回の英語検定の日です。
この日に向けて去る4月から小学生の5級と4級、中学生の3級・準2級を指導してきました。
そして昨夜、試験前最後の対策授業を行いました。


私が担当しているのは準2級にチャレンジする中3生です。
この子は小学5年生のときから塾に来始めましたが、とにかく好奇心いっぱい、やる気満々で、教えることをまるで砂漠の砂が水を吸い込むかのようにどんどん吸収していきます。
小学生の頃から漢字をしっかり教えたところ中3になった今は、一般の大人の人でも書けないような難しい漢字を、とても綺麗な字で難なく書きます。学校ではほかの教科もどれもとてもよくできます。


さて、昨夜の集大成となる最後の授業。これまで過去問をずっとやってきたのですが、先月あたりから急に毎回点数が伸びてくるようになり、昨夜はこれまでの最高点。合格圏です。
英検準2級のレベルは英検協会では「高校中級」としていますが、実際に高3生に受験させると合格率は約3%という難しさです。
去年中3で2級(高校卒業程度)や、以前には小6で2級に合格した子もいますが、これらの子は小さい頃からやってきていました。
今回のAさんの場合は、まさに努力の賜物です。


「本当に学ぶ気があれば、だれも止めることはできない」
Aさん、これからも頑張れ!応援しています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

死なない薬が発明された!?

2018.10.03日

honjo.jpg


昨日の朝一番に入ってきた吉報。
本庶 佑(ほんじょ たすく)さんがノーベル生理学・医学賞に輝いたというニュースに胸が躍りました。


「大きくなったら、人が死なん(死なない)薬を発明する」と、小学生のとき言っていたそうです。これを読んで、私は身体に戦慄が走りました。
本当にその夢が(半分?)実現して、免疫抑制の阻害によるがん療法を発見し、オプジーボという製品化された薬によってすでに何十人もの人が健康を回復しています。これから後、何万、何十万、何百万というがん患者の命が救われることでしょう。
ステージ4の肺がんだと診断されたひとりの男性(53歳)はこのオプジーボのお陰で命を取りとめました。「本庶先生がいなければ、私は間違いなく生きていなかったでしょう。感謝してもしきれません」と語っています。「人が死なん薬」です(笑)。
まさに「人類のがんとの闘いにおける記念碑」となりました。


本庶さんは小中高校、大学時代、勉強だけでなくスポーツからなんでもこなして、学園祭の劇でも主役を務め、男女問わず憧れの的だったそうです。
その素晴らしいお人柄が今回のノーベル賞受賞でも表われています。
ノーベル賞の賞金として約1億1500万円(共同受賞者と等分)が贈られますが、使い道について、「大学に寄付しようかと考えている」と述べておられます。さらにオプジーボで入る特許使用料についても「果実は、大学に返して後進を育てることに使いたい」と、がん患者と家族のため、そして後進の研究のためと、その謙虚なお姿に本当に胸を打たれます。


「一番重要なのは『何かを知りたい』『不思議だな』という心を大切にすること。それから、教科書に書いてあることを信じないことです」と本庶さんは語っています。
そして、その後進へのアドバイスとして次の6つの「C」を挙げています。
 「challenge(挑戦)」「confidence(自信)」「courage(勇気)」「concentration(集中力)」「curiosity(好奇心)」「continuation(継続性)」


私もこのブログの中でこれらの言葉を繰り返して述べてきていますが、これは勉強や研究に限らず何をするにも欠くべからざるものです。
果たして本当かどうか、皆さん試してみてください。
きっとその効果、結果に驚くことでしょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

小さな親切

2018.09.30日
71da9ae4fcd69e8f1242322b3e73797f.jpg


"Do your little bit of good where you are; it's those little bits of good put together that overwhelm the world."
--Desmond Tutu  1931-  Received Nobel Prize for Peace
「どこにいても人に小さな親切をしなさい。このような小さな親切が積もり積もって世界を変えるのです」
--デズモンド・ツツ、ノーベル平和賞受賞者
(訳 舟田譲二)


Archbishop-Tutu-medium.jpg


デズモンド・ツツは、アフリカのコーサ人とモツワナ人の混血児として貧しい家庭に生まれ、少年時代には南アフリカ各地を転々としました。
少年時代から熱心なキリスト教徒で、生涯に渡り文学と読書を愛しました。


成人して教師となり、その後イギリスに留学して神学を学び、聖公会牧師となりました。
レソト主教、ヨハネスブルク主教、ケープタウン名誉大主教などを歴任しましたが、ツツの一番の貢献は、南アフリカ共和国で行なわれていたアパルトヘイト(白人と非白人〔黒人、インド、パキスタン、マレーシアなどからのアジア系住民や、カラードとよばれる混血民〕の諸関係を規定する人種隔離政策)の問題を解決するための運動における統一的指導者として顕著な働きをし、ノーベル平和賞を受賞したことです。


ツツは数多くの国際的な賞と名誉学位を、特に南アフリカ、イギリス、アメリカから授与されています。著名な大学から数多くの博士号を授与されています。
フランスからはレジオンドヌール勲章に指名され、ドイツからはドイツ連邦共和国功労勲章を授与され、1999年にはシドニー平和賞を受賞。また、ガンディー平和賞、キング・フセイン賞、そして国際的な和解と理解のためのマリオン・ドーンホフ賞などを受賞し、2013年には、「愛と赦しの信仰の原理を前進させる生涯の働き」によって1,100万ポンド(1,600万米ドル)のテンプルトン賞も受賞しました。


神学者、熱心なキリスト教徒であり、人権活動家であり、同時に愛の人でした。
その彼の口から出た言葉が冒頭の、
「どこにいても人に小さな親切をしなさい。このような小さな親切が積もり積もって世界を変えるのです」
です。


英語の原文では、「小さな親切をしなさい」ではなく、"Do your little bit of good" となっています。"Do good" の中にはもちろん「親切にしなさい」という意味も含まれていますが、もっと幅広く「善を行いなさい」という意味です。
私たちにはツツのようにアパルトヘイト廃止のような大きなことはできないかもしれません。
でも、小さな善行なら、自分のいるところどこでも、いつでもすることができます。
たとえ目に見えないような小さな行為・行動であっても、これらが合わさるとやがて大きな力となり、世界を変えることにもなる、とツツは私たちに勧めているのです。


今年は国内のあちらこちらで豪雨や台風や地震などで多くの被災者が出ました。
ボランティアとして活動していらっしゃる方も大勢います。
また、直接そのような働きに加われないからと言って寄付金や義援金を贈った人たちもたくさんいます。
しかし、もしそれもできなかったとしても、陰で被災者の方々のために祈ることはだれにでも、どこででも、いつでもできます。


あなたにはなにができますか? 何をしますか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

いい知らせと悪い知らせ どっちを先に聞きたい?

2018.09.29日
quote-one-thing-s-for-sure-if-we-keep-doing-what-we-re-doing-we-re-going-to-keep-getting-what-stephen-covey-142-66-70.jpg


"One thing for sure. If we keep doing what we're doing, we're going to keep getting what we're getting. One definition of insanity is to keep doing the same thing and expect different results."
--Stephen Covey 1932 - 2012, Author, professional speaker, professor, consultant, management-expert
「確かなことがひとつある。もし私たちが同じことをし続けるなら、今、手に入れているものをそのままずっと手に入れ続けるだろう。『狂気』の定義のひとつは、同じことをし続けながら違う結果を期待することだ」
--スティーブン・コヴィー、著作家・プロスピーカー・教授・経営コンサルタント・マネージメントエキスパート
(訳 舟田譲二)


カリフォルニア大学リバーサイド校である実験が行われました。
「良いニュースと悪いニュース、どっちを先に聞きたいですか?」という問いに対する反応です。
実験の結果、聞く側は「悪いニュースを先に聞きたい」という人が75%超と、圧倒的多数を占めました。しかし、伝える側は「良いニュースを先に、悪いニュースを後に話したい」という人が65〜70%を占めたということです。


皆さんはどちらを先に聞きたいですか?
私もそうですが、きっと皆さんも悪いニュースを先に聞いて後で良いニュースを聞きたいのではないでしょうか。なぜなら、せっかく良いニュースを聞いてもその後で悪いニュースを聞いたら、良いニュースが台無しになるからです。
でももし伝える側なら、まずは良いニュースを先に言って相手を喜ばせてワンクッションおき、次に悪いニュースをやんわりと伝え、最後に「しかし」と言って希望の良いニュースを伝えて安心させる、というのを選ぶと思います。
これは医者が患者に病状を伝えるときによく使う手です。


さて、今日の悪いニュースは何かと言うと、有名なスティーブン・コヴィーの冒頭の言葉です。
まず、その前半部。
「もし私たちが同じことをし続けるなら、今、手に入れているものをそのままずっと手に入れ続けるだろう」
これを見て、「えっ、これっていいニュースじゃないの?」と思う人もきっといらっしゃることでしょう。欲のない人や、「平穏無事」「安泰」を望む人はきっとそうです。
「今、手に入れているものをそのままずっと手に入れ続ける」ことができたらいいじゃないかと思うわけです。
でも、これって実は悪いニュースです。
なぜなら、全然変化も進歩もないからです。同じ生きているのなら、進歩したいものです。
また、「転ばぬ先の杖」のためにも、さらに生活を向上させるためにも、変化を求めるべきです。


スティーヴン・コヴィーは続けて言っています。
「『狂気』の定義のひとつは、同じことをし続けながら違う結果を期待することだ」と。
これも悪いニュースです。
欲があり、変化や進歩、向上を求めているのだけど、実際にやっていることはいつまでたってもずーっと同じ。
やったらやっただけの結果が出るのに、何もしないで違う(良い)結果を求めるというのは狂っている、というのです。


しかし、この言葉の背後に良いニュースが隠れています。
すなわち、この言葉を裏返しにすれば、「違うことをすれば、違う結果が出てくるよ」ということです。
これはじつに痛いところを突いています。
みんなわかっちゃいるけど、なかなかできないのです。
そして、できないからいつまでたっても変化も向上もない。


ということは、良いニュースはただひとつ。
「変化や向上を求めるなら、今すぐ立って行動を起こすこと」です。
皆さんは、今の生活に満足していますか? 経済的なことばかりとは限りません。
夫婦関係や親子関係、職場・近所の人間関係、友人関係もしかり。仕事の効率化や技術の向上、身の周りの整理・整頓、時間管理等々なんにでも当てはまります。
これってものすごく良いニュースじゃないですか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

真の幸せとは

2018.09.23日
4773492-Maxim-Gorky-Quote-Happiness-always-looks-small-while-you-hold-it.jpg


"Happiness always looks small while you hold it in your hands, but let it go, and you learn at once how big and precious it is."
--Maxim Gorky, Russian/Soviet author
「幸せとは、自分の手の中に握りしめている間はとても小さく見えるけど、手を開いて放すとすぐに、それがどれほど大きくて貴重なものであるかがわかるものだ」
--マクシム・ゴーリキー、ロシア・ソ連の作家
(訳 舟田譲二)


上の言葉と写真を見ていて、昔学んだカール・ブッセの詩をふと思い出しました。
(上田敏訳)


山のあなたの空遠く
「幸」(さいはひ)住むと人のいふ。
噫(ああ)、われひとゝ尋(と)めゆきて、
涙さしぐみ、かへりきぬ。
山のあなたになほ遠く
「幸」住むと人のいふ。


「山の向こうに幸わせがあるというので探しに行ってみた。だけど見つけることはできなかった。涙ながらに戻ってきた。でも人は、山のさらにずうーっとずっと向こうに幸わせがあるいう」
というような意味でしょう。
なんかメーテルリンクの『幸せの青い鳥』を思い起こさせますね。


人はみんな幸せを探し求めています。
「自分が希望している学校に入学できたらきっと幸せになれる」
「理想の人に出会って結婚できたら幸せになれるだろう」
「今やっているスポーツ(音楽...)で秀でて有名になれれば幸せになれるに違いない」
「仕事で成功して、お金が儲けられたら絶対に幸せになれる」
「家族に恵まれ、大きな家に住み、高級車に乗り、海外旅行が年に何回かできたらきっと幸せになれる」
等々。リストは永遠に続きます。


もちろん夢を持つことは悪いことではありません。夢に向かって努力することは尊いことです。
しかし、上のカール・ブッセの詩が言っているように、これらの夢をたとえ実現できたとしても人は満足できず、幸せにはなれません。そしてさらにもっと大きな幸せを求めて探し続けます。
「この人と結婚したのは間違いだったのではないか。もっといい人がいたに違いない」
「今の仕事は面白くない。きっともっといい仕事があるに違いない」
「この車にはもう飽きた。今度は金持ちが乗っているあの外車を買おう」
多くの人がこのような人生を送っているのではないでしょうか。


でも、本当の幸せとはすでに自分の手の中にあります。
それに気づいていないだけです。
そして、ある日、何か大きな出来事が起きて、今まで当たり前と思っていた小さな幸せを失うことになると、それがいかに大きな幸せであったか悟り、後悔するものです。


冒頭のマクシム・ゴーリキーの名言、
「幸せとは、自分の手の中に握りしめている間はとても小さく見えるけど、手を開いて放すとすぐに、それがどれほど大きくて貴重なものであるかがわかるものだ」
には、もうひとつ別の意味があるように私には思われます。


それは、幸せを自分の手の中にしまっているとそれは小さな幸せのまま。
でも手を開いてその幸せを放す、すなわち人と分かち合う、人にお裾分けすると、ほかの人も潤おうことになって幸せになり、そのことによって自分はさらに幸せな気持ちになれる、という私なりの拡大解釈。
上の青い鳥の物語が教えている身近なところに潜んでいる幸せとはちょっと違いますが、あながちまるっきり外れているとも思えません。重なっている部分があるように感じます。


ということで、自分の手の中にある幸せがたとえどれほど小さく感じられたとしても、それを今一度見直して感謝すると大きな幸せにつながるし、さらにその幸せを人とシェアするとそれは何倍にもなるのではないでしょうか。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

一番賢明な生き方

2018.09.17日
hjacksonbrownjr3-2x.jpg


"The best preparation for tomorrow is doing your best today."
--H. Jackson Brown, Jr. - Author
「明日のための最善の準備は、今日最善を尽くすこと」
--H・ジャクソン・ブラウン Jr、 1940- 作家
(訳 舟田譲二)


ジャクソン・ブラウン Jr は人生に関する名言集をいくつも出して、ニューヨーク・タイムズのベストセラーになり、世界で35か国語に翻訳されています。彼の名言は、カレンダーやポスター、絵ハガキ、日記帳などに多数引用されており、多くの人に愛されています。
日本語に訳された本もたくさんあります。


index1.jpg   41XOe0%2BZsbL._SX330_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg  51Hl4%2BFbQwL._SX323_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg


51exyO0sxZL._SX328_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg 51RZcRE4bNL._AC_US200_.jpg index.jpg


私はジャクソン・ブラウン Jr とは波長が合い、どの名言も心にピタッときます。


今日の名言、
「明日のための最善の準備は、今日最善を尽くすこと」
はまさに的を射た適切なアドバイスです。
私たちはとかく明日のこと、来年のこと、10年先のことを心配したり、あるいは「明日は明日の風が吹く」とばかりに、行き当たりばったりの人生を送ったりしがちです。
しかし、明日のことを心配していて今日最善の仕事をできるわけありません。
逆に、今日最善を尽くしていたら、明日は自然と良い日になります。
このことは誰しもが経験していることです。


聖書にも次のような言葉があります。
「あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します」(マタイ6:34)
「あすのことを誇るな。一日のうちに何が起こるか、あなたは知らないからだ」(箴言27:1)
明日のことを心配せず、また同時に油断もせず、今日なすべきことをしっかりやっておく。
地震など自然災害のための備えもしかり。
これが私たちにできる一番賢明な生き方です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

自分の人生に惚れ込みなさい

2018.09.13日
%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-09-12%2016.04.33.jpg


"Be in love with your life. Every minute of it."
--Jack Kerouac - Novelist
「自分の人生に惚れ込みなさい。一瞬一瞬、いつも」
--ジャック・ケルアック、小説家


「成績不良から億万長者に」変身したボブ・プロクター氏は、私の尊敬するアメリカを代表するビジネスコンサルタント。
彼は、「自分にキスがしたいほど自分のことが好きだ」と言っています。
いったいどのようにしたら、それほどまでに自分が好きになれるのでしょうか。


冒頭のジャック・ケルアックの言葉、「自分の人生に惚れ込みなさい。一瞬一瞬、いつも」
も同じようなことを言っています。
英語の "life" には日本語では「人生」だけでなく、「命」という意味も含んでいます。
ですから、上の本文は「自分の命をこよなく愛しなさい」と言い換えてもいいのです。
それも、ただ単に「私は自分のことが好きだ」ではなく、「大好き」「ぞっこん惚れ込む」というレベルで、しかも「一瞬一瞬、いつも」です。


小学3年生のとき、クラスのひとりの男の子が名前を変えました。
それまではまるで「もやし」のように細くて、気が弱く、いつもメソメソと泣いていました。
ある日、担任の先生が、「〇〇君は今日から太一という名前になりました」と言って、その子の母親が届けてくれた鉛筆をみんなに1本ずつ配ってくれました。
新しい名前の「太一」があまりにも強烈なイメージだったので、前の名前はみんな忘れてしまいました。
驚いたことに、彼はその日からどんどん明るく、積極的になって、やがて6年生になったとき「太一」くんは名前どおりに身長も体重も学年でトップクラスの立派な体格になり、学年のリーダーになっていました。彼のセルフイメージが名前ですっかり変わったのです。


つまり自分を好きになる、自分に惚れ込むとは、自分のセルフイメージを高めることです。
一般に、自分を好きになることができない人は、セルフイメージが低いです。
でも、いくらセルフイメージを高めると言っても、自己陶酔、うぬぼれ、高慢になるのはご法度です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

赦しのすごいところ

2018.09.12日
550xNx1678-forgiveness-strengthens-two-souls-spiritual-quotes-to-live-by.jpg.pagespeed.ic.0VX-l29_NG.jpg


"Forgiveness strengthens two Souls."
--Anthony Douglas Williams - Author, Researcher
「赦しは2つの魂を強める」
--アンソニー・ダグラス・ウィリアムズ、作家・研究者
(訳 舟田譲二)


「赦し」というときには、当然のことながら自分と相手がいます。
およそ、人がふたり以上いるところ、夫婦・嫁姑・親子・きょうだい・親族・友人・師弟・同僚・上司と部下など、どのような人間関係であろうとも必ず「赦し」の問題がついて回ります。
私たち人間は自分勝手で、自分を正当化しようとする心があるからです。


当事者は必ずしもふたりとは限りません。自分側と相手側と言い換えてもいいでしょう。
つまり、「赦す側」と「赦される側」が存在するわけです。
冒頭の言葉、
「赦しは2つの魂を強める」
を逆に言うと、
「赦さないでいると2つの魂は弱る」
となり、イメージするのがより容易になるかもしれません。
おそらく、多くの人が大なり小なりこのようなことを経験しているのではないでしょうか。
赦しがないと、「赦す側」も「赦される側」も苦しく、疲れ、しかもストレスになって、そのままの状態を続けていると両者とも壊れてしまう、あるいは互いに傷つけ合うことにもなりかねません。
つまり、赦さないでいると、両者とも敗者となるのです。実際のところこのようなケースがほとんどで、毎日の悲しいニュースとなり、小説やドラマ、映画のテーマにもなっています。


ところが、やっかいなことに、「赦される側」は自分が誰かから「赦される」立場にあることすら気づいていない、あるいは気づいていたとしてもそれを認めないことが多々あるのです。このような場合、「赦す側」はより一層苦しみ、辛い思いをすることになります。
「自分はこれだけ苦しんでいるのに、あの人は屁とも思っていない。赦せない」となるわけです。
「赦される側」も、なぜ自分が赦されなければならないのか、自分は全然悪いことなんかしていない、「赦せないなんて思っている向こうのほうが悪い」となってしまいます。
結果、両者とも敗者になります。


つまり、いずれにしても「赦す側」も「赦される側」も、「赦し」がない限り両者とも苦しい、辛い思いをしているのです。


どうすれば両者とも勝者になることができるのでしょう。
答えは明らかです。
「赦す側」と「赦される側」、両者が互いに赦し合うのです。たとえ「赦される側」にとって身に覚えのないこと、納得のいかないことでも。「相手がそこまで思うのなら、自分のほうにも非があるのだろう」と。


多くの人が相手が悪いのに、こちらが「赦す」のは損だ、理にかなわないと思っています。
でも、実際は正反対。
昔から「負けるが勝ち」と言いますよね。これと同じです。
「赦しは2つの魂を強める」
互いに赦すなら、両者の魂は強められ、健康になり、幸福になります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

太陽とひまわり

2018.09.07日
2018-09-06%2023.02.30.jpg


"Keep your face always toward the sunshine - and shadows will fall behind you."
--Walt Whitman - 1819-1892, Poet
「いつでも太陽の方に顔を向けなさい。そうすれば影はあなたの後ろに落ちます」
--ウォルト・ホイットマン、詩人
(訳 舟田譲二)


西日本豪雨被災地の復旧がまだままならないうちに、25年ぶりという大型台風21号が日本列島を襲って大きな爪痕をあちらこちらに残し、息もつかないうちに今度は北海道全域にわたる最大震度7という巨大地震が起こり、惨状が次々と報告されています。


この相次ぐ災害を受けて、先日Facebookフレンドの方と話していたら、「今年の漢字」はきっと「災」ですよ、と言われたので、この漢字はすでに使われています、とお答えしました。
2004年、新潟中越地震や台風などの自然災害やイラク戦争などからこの漢字がすでに選ばれていました。
そこで私が思いついた漢字は「風」「雨」「嵐」「激」「豪」「難」など、怖いものばかりでした。今頭に浮かんだには「震」です。
最近選ばれた「今年の漢字」を、昨年からさかのぼって挙げると「北」「金」「安」「税」「絆」「暑」「新」「変」「偽」などですが、このうち「安」「新」などは「安心」や「新しい時代」を求めた結果のもので、大半はその年の世相を表す暗いイメージのものです。


実際のところ、人生には辛いことや悲しいこと、苦しいことはつきもので、だれもこれを避けて通ることはできません。
このようなときは、とかく暗い面ばかりがクローズアップされて見えるものです。


今日の冒頭の言葉、
「いつでも太陽の方に顔を向けなさい。そうすれば影はあなたの後ろに落ちます」
はよく耳にする言葉です。
これを見ていて私はふと、ひまわりを心に描きました。
太陽が移動するとひまわりの花も太陽のほうを向いて廻ります。朝は東を向き、夕方にかけて次第に西のほうに顔を向けて太陽を追います。
ひまわりの花の後ろにはもちろん影が地に落ちていますが、だれもその陰に目を留めません。


私たちもこのひまわりのように、光のもとである太陽のほうをいつも向いていたいものです。
影や暗いもの、辛いこと、悲しいこと、苦しいことばかりに目をやっていたら、私たちの心もどんどん暗くなり、より一層悲しく、辛くなります。


被災地にテレビニュースのカメラが入り、被災者にレポーターがマイクを向けてインタビューすると、日本人の特性かもしれませんが、悲しくて辛いのにも関わらず、笑顔を作って「こればかりはどうしようもないです。頑張るしかありません。皆さんの応援を感謝します」という、逆に見ているこちらのほうが励まされるような言葉を語ってくださいます。外国で地震や台風など、同じようなシーンが映し出されると、多くの人が取り乱して大声で泣いたり、叫んだりしているのと対照的です。


2011年の東日本大震災のときの目を覆いたくなるようなシーンに国民みんなが言葉を失い、失意落胆しているとき、「絆」という漢字が「今年の漢字」に選ばれたのは記憶に新しいことです。
そう、今年私たちが経験している数え切れないほどの災害も、取り戻すことのできない事実にいつまでも目をやるのでなく、太陽のほうを、明るい明日を、将来を見つめるようにしたいものです。ひまわりのように。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

生きる力

2018.09.06日
Quotefancy.jpg


"Life is never made unbearable by circumstances, but only by lack of meaning and purpose."
--Viktor Frankl – 1905-1997, Neurologist and Psychiatrist
「人生は状況によって耐えられなくなるということは決してない。ただ、人生の意味や目的がわからなくなったときのみ耐えられなくなるのだ」
--ヴィクトール・フランクル、神経科医・精神科医
(訳 舟田譲二)


ヴィクトール・フランクルについては、「西日本豪雨被災者の生きる力」の中にも書きました。
フランクルはナチスの強制収容所アウシュビッツで奇跡的に生き残ったひとりですが、その時の経験を通して、人間は生きる目標があればたとえどれほど過酷な環境の中にいても生きる力が与えられる、という結論に至りました。
過酷な環境の中で、人は「心の支え」、生きる目的を持つことが、生き残る唯一の道であると語っています。


今日の冒頭の言葉でも、彼は同様のことを語っています。
「人生は状況によって耐えられなくなるということは決してない。ただ、人生の意味や目的がわからなくなったときのみ耐えられなくなるのだ」
すなわち、人が自殺をしたり、あるいはぎゃくに人を殺したり、自暴自棄の生活をするようになるのは、一般によく考えられているように、自分の置かれている状況に絶望したからではありません。人生の意味や目的が分からなくなると、人は生き続けることができなくなるのです。


このことがわかると、自殺の予防や、犯罪の防止にもつながることと思います。
生徒や学生が勉強の意味がわからないまま、ただ無味乾燥なことを機械的に覚え、暗記して試験を受けて学校を卒業し、社会に出るだけの教育なんかより、人生について考え、生きる意味・目的を話し合い、自分の存在価値を知り、どのようにしてこの世界で生きていくか、といったことを小さい頃から考える機会を作っておくなら、人はみんな生きる力を身につけていくことができるのではないでしょうか。そのような教育が求められています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

習慣の鎖

2018.08.30日
quote-1428.jpg


"Chains of habit are too light to be felt until they’re too heavy to be broken."
--Warren Buffett – 1930〜 Business Magnate, Investor, Speaker, and Philanthropist
「習慣の鎖は、最初のうちはとても軽くて感じないものだが、ある日気づくとあまりにも重くて断ち切ることができなくなっている」
ーーウォレン・バフェット(87歳)、ビジネス界有力者・投資家・モチベーショナルスピーカー・慈善活動家
(訳 舟田譲二)


ウォレン・バフェットは幼い頃から商才があったようで、祖父からコーラを6本25セントで買い、それを1本5セントで売ったり、ワシントン・ポスト紙の配達のアルバイト、ゴルフ場のボール拾い、競馬の予想新聞の販売などを行っていました。
高校3年のときには友人と中古のピンボール(パチンコに似たアメリカ版ゲーム機)を1台25ドルで購入し、それを理容店に置くという商売を始めました。この商売は成功を収め、最終的には週50ドルの利益を稼ぎ出すまでになり、その後、この事業を退役軍人に1,200ドルで売却したそうです。
現在、世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主で、同社の会長兼CEOを務めており、大統領自由勲章を受賞しています。
アメリカ実業界の巨匠です。
(Wikipediaより)


このような成功者が語る言葉は傾聴に値します。なぜなら一朝一夕に成功する人などひとりもいず、成功は普段からの勤勉や生活習慣の結実だからです。
その彼のいう言葉、
「習慣の鎖は、最初のうちはとても軽くて感じないものだが、ある日気づくとあまりにも重くて断ち切ることができなくなっている」
はまことに真実です。


「習慣」と言うとき、もちろん良い習慣もあれば、悪い習慣もあります。
上で彼の言っている「習慣」は通例「悪い習慣」を指します。
たとえば、「悪い習慣」の代表としてよく挙げられるのはタバコです。
最初は喫煙が習慣になるとはほとんどの人は思わず、軽い気持ちで始めます。多くの場合、好奇心や人とのつき合いがきっかけになります。親や身近な友人などがタバコを吸っているとタバコのハードルは非常に低く、簡単に手が届き始められます。
そして吸い始めの頃は、バフェットが言うように本当に軽くて何も感じません。
そして、こんなの数年経ったらいつでもやめられると思っている人も少なくありません。
ところが数年経ったときには、喫煙の習慣という鎖はずしりと重くなっていて、もう自分の力では断ち切ることができなくなっています。
(私は経験ありませんが、経験者から聞いた話です)


マリファナ(別名「大麻」)はとても軽くて、まるでタバコのようです。
吸っているととてもリラックスして快感(トリップ)を味わうことができます。
最初はこの快感を味わいたくて吸っているのですが、そのうちに快感はあまり感じなくなり、タバコと同じようにただ習慣になっています。


マリファナはアルコール、ニコチン、コカイン、ヘロイン、カフェインの5つの物質と比較すると、依存、離脱、耐性という点においてマリファナは最も低いと言われています。そのため、それほど罪責感なく始める人が多いのですが、乱用すると気管支や喉を痛めるほか、免疫力の低下や白血球の減少などの深刻な症状も出てきます。


マリファナが恐ろしいのは、吸引に慣れてしまい当たり前になると、ほとんどの人が次の刺激を求めて覚せい剤に手を伸ばします。そして、一旦覚せい剤の罠にはまると、もう抜け出せなくなります。やがて幻覚や幻聴が起きるようになり、2階から飛び降りるなど自傷行為をしたり、人に危害を加えたりと恐ろしい犯罪に進むことにもなります。
(これも体験者から聞いた話で、私の体験談ではありません)


「君子危うきに近寄らず」で、重い鎖で縛りつけられ身動きが取れなくならないように、たとえ軽くてつけているのがわからないほどの鎖であっても悪習慣の鎖は負わないほうが賢いのです。


さて、「悪い習慣」もあれば「良い習慣」もある、と冒頭で述べました。
「悪い習慣」を「良い習慣」に変える方法については、「悪い習慣 良い習慣」の中に書きました。もし、タバコやアルコール、パチンコなどだけでなく、子育てや人間関係などでの悪い習慣に悩んでいる人がいらっしゃったら、ぜひご参考になさってください。


「悪い習慣は身につけるのはたやすいけど、身につくと生活は困難になる。
しかし、良い習慣は身につけるのは困難だけど、身についてしまうと生活はたやすくなる」
「良い習慣」という鎖はまったく重くありません。むしろ、軽くてとても心地いいものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

夢の実現に向けて最初の一歩踏み出す

2018.08.25日
quote-1417.jpg


"You don't have to see the whole staircase, just take the first step."
--Martin Luther King, 1929-1968, Minister and Activist
「階段を上まで全部見る必要はない。ただ最初の一段だけ上ればいい」
--マーティン・ルーサー・キング、牧師・公民権運動活動家
(訳 舟田譲二)


キング牧師の有名な演説 "I Have a Dream."(私には夢がある)。
この演説が世界を変えたと言っても過言ではありません。
「私には夢がある。
いつの日か、この国が立ち上がり、『すべての人間は平等に作られているということは、自明の真実であると考える』というこの国の信条を、真の意味で実現させるという夢である」


「私には夢がある。それは、いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつくという夢である。
私には夢がある。それは、いつの日か、私の4人の幼い子どもたちが、肌の色によってではなく、人格そのものによって評価される国に住むという夢である」


この演説を機に、アフリカ系アメリカ人の地位が次第に向上し、キング牧師の夢が現実のものとなりました。


9年前にはオバマ大統領というアフリカ系アメリカ人初の米大統領が誕生しました。
そして、オバマ大統領夫妻を深く慕っていたイギリスのヘンリー王子。
ヘンリー王子は去る5月にアメリカの女優メーガン・マークルさんと結婚式を挙げました。
メーガンさんは皆さんご存じのように、アフリカ系アメリカ人でした。
結婚式の様子を生中継のテレビで観ていたら、アメリカから米聖公会のマイケル・カリー司教が説教をしてその中でキング牧師の言葉を引用し、その後やはりアフリカ系アメリカ人の聖歌隊が「スタンド・バイ・ミー」のゴスペルを歌っているのを聴いたときには、私は胸がいっぱいになって涙で目が曇りました。


キング牧師が1963年8月、リンカーン記念堂の前で25万人近い人々を前に「私には夢がある」と語っていたときには、これから先続く長い階段の全体が見えていたわけではありません。しかし、最初の一段を上ったのです。
アメリカ国内ではこんにちもまだ人種問題は完全に解決したわけではありませんが、キング牧師の夢の実現に向けて一歩一歩進んでいます。


どのような夢であれ、全体像が見えなくても構わないのです。
大切なのはその夢の実現に向けて最初の一歩を踏み出すことです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

問題と夢

2018.08.23日
motivational-quotes-about-problems-dont-be-pushedyour-problems-be-ledyour-dreams-popular.jpg


"Don't be pushed by your problems. Be led by your dreams."
--Ralph Waldo Emerson, 1803-1882, American Essayist
「問題に押し戻されてはいけない。夢に引き上げられるのだ」
--ラルフ・ウォルドー・エマソン、19世紀アメリカのエッセイイスト
(訳 舟田譲二)


私たちの人生で問題に遭遇することは不可避です。
順風満帆、なんにも問題のない人なんてこの世にひとりも存在しません。もし、これまで問題にぶつかったことがないと言う人がいたなら心配ご無用。これから必ず問題はやってきます。
大切なのは「問題に押し戻されない」ことです。
「問題」という激しい逆風に遭うと押し戻されそうになります。
でも、このようなときにはまず地に足を踏ん張って耐えること。
次に、この逆風を利用して空に舞い上がること。
そのとき役立つのが夢です。夢や希望があると逆風にも耐えられ、「夢に引き上げられる」こともできます。


歴史上、また現代においても成功した人というのは、例外なくぶつかった「問題」に押しつぶされずにむしろ「問題を押しつぶした」人たちです。
そして、このような人たちの行動の原動力となったのは「夢」です。


「西日本豪雨被災者の生きる力」の中でも紹介しましたが、ヴィクトール・フランクルはナチスの強制収容所アウシュビッツで奇跡的に生き残ったひとりですが、その時の経験を通して、人間は生きる目標があればたとえどれほど過酷な環境の中にいても生きる力が与えられる、という結論に至り、それを書物に著しました。


フランクルは「人生はどんな状況でも意味がある」と説き、生きがいを見つけられずに悩む人たちにメッセージを発し続けました。過酷な環境の中で、人は「心の支え」、生きる目的を持つことが、生き残る唯一の道であると語っています。
運命に毅然とした態度をとり、どんな状況でも一瞬一瞬を大切にすること。それが生きがいを見いだす力になる。幸福を感じ取る力を持てるかどうかは、運命への向き合い方で決まるとフランクルは結論します。


あなたの夢は何ですか?
夢さえあれば、どんな大きな問題にぶち当たっても押し戻されず、夢はあなたを問題から引き上げてくれます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

論理思考と想像力

2018.08.20日

"Logic will get you from A to Z. Imagination will get you everywhere."
—Albert Einstein, 1879-1955, Physicist
「論理思考は私たちをAからZまで導いてくれる。しかし、想像力はどこでもドアだ」
—アルベルト・アインシュタイン、物理学者
(訳 舟田譲二)


私は論理思考が好きです。
いつも物事を考えるとき、世の中の出来事を見るとき、人のことを考えるとき、車を運転しているとき、本を読んでいるとき、テレビドラマやニュースを見ているとき、何をしているときでも無意識のうちに論理的に考えています。


論理思考はアインシュタインが言うように、AからZまで連れて行ってくれます。
論理思考をするのは楽しいです。
ドラマや映画を観ていてストーリーの展開や結末を予想し、それが当たっていることもしばしばですし、ニュースで事件を知って犯人像をプロファイリング(「新潟県女児殺害事件 プロファイリング」)したり、事件の展開を予想することができたりします。
もちろん素人で、神様じゃないので外れることもありますし、いつでもAからZまでたどり着けるとは限らず、時には半分ぐらいのMだったり、G辺りで挫折することもあります。でもZまでたどり着けたときは爽快です。
これは勉強にも大いに役立ちます。


論理思考をするのがいつの間にか癖になっていて、音楽や芸術、映画など本来直感で味わうべきものまで論理思考をしてしまいます。
そして、それが邪魔してしまい、つまらなくなってしまうこともしばしばです。
たとえば、先日観た『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』では、ストーリーを楽しみつつも矛盾点が目についたり、先が読めてしまってつまらなくなることもあります。


一方で私はとても感情的、情緒的な人間で、小説を読んで、ドラマや映画を観てよく感動して涙を流します。
去年劇場で公開された話題作『君の膵臓をたべたい』を昨夜テレビで観て、素直に泣いてしまいました。
このようなときは、純粋に映画の世界にハマって楽しんでいます。
そして、冒頭でアインシュタインが語っているように、「どこでもドア」で過去の世界や、自分の知らない別世界に飛び込んだりしています。


dokodemodoor.jpg


人生には論理思考が必要で、これがないと世界は成り立ちませんが、論理思考だけでは行き着く先はZ止まりです。同時に人間のみに与えられている想像力である「どこでもドア」(「空っぽのポケット」)がないと、楽しくないし、発展に限界があります。


論理思考と想像力、このふたつを自由に駆使できるようになると、人生はより豊かに、楽しくなります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

美人とブス

2018.08.18日
%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-08-15%2018.51.05.jpg


相手の気持ちを何も考えずに
そのまま口に出すのが「ブス」
相手の気持ちを察して
ふさわしい言葉を使うのが「美人」
批判しかしないのが「ブス」
アドバイスするのが「美人」
自分ばかり話して
相手の話を聞かないのが「ブス」
相手の話を引き出し
求めることを話すのが「美人」
他人を妬んで何もしないのが「ブス」
できることから始めるのが「美人」
自分のことしか考えないのが「ブス」
まわりのことも考えるのが「美人」
まわりに期待して動かないのが「ブス」
自分から声をかけるのが「美人」
いつでも心がけ次第で「美人」になれる


これも一昨日と同じく、田口久人さんの作です。
「美人とブス」なんてとても過激なタイトルで、不快感を催す人もいるかもしれません。
でも、読んでいくと、女性の外面的なことを語っているのではなく、内面の美しさを語っていて、しかも女性に限らず男性にも、私たち人間みんなに当てはまることだと気づきます。


言い換えれば「美人」とは「心の美しい人」、「ブス」とは外面上の不細工(ぶさいく)さではなく「人間関係において自己中心な心の貧しい人」のことを指すということがわかります。
敢えて「美人とブス」という言葉を選んで使っているのです。


別のサイトにこんなのがありました。
やはり内面を言っており、女性に限らず男性にも当てはまります。
「ブスの25箇条」
1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.目が輝いていない
5.精気がない
6.いつも口がへの字の形をしている
7.自信がない
8.希望や信念がない
9.自分がブスであることをしらない
10.声が小さくイジケている
11.自分が最も正しいと信じている
12.グチをこぼす
13.他人をうらむ
14.責任転嫁がうまい
15.いつも周囲が悪いと思っている
16.他人を嫉妬する
17.他人につくさない
18.他人を信じない
19.謙虚さがなくゴウマンである
20.人のアドバイスや忠告を受け入れない
21.なんでもないことにキズつく
22.悲観的に物事を考える
23.問題意識を持っていない
24.存在自体が周囲を暗くする
25.人生においても仕事においても意欲がない


聖書にも、
「顔かたちや身のたけを見てはならない。わたしはすでにその人を捨てた。わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔かたちを見、主は心を見る」
(サムエル記上 16:7)
とあります。
外見に惑わされてはいけません。
また私たち自身も心を磨くようにならなければなりませんね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたは恋してますか、それともそれは愛?

2018.08.16日
m479.gif


昨日、8月15日、終戦記念日に次男正人とお嫁さんの萌さんのところに長女杏菜(あんな)ちゃんが誕生しました。
ふたりの愛の結晶です。


1人でも成立するのが「恋」
2人必要なのが「愛」
理由を作って会うのが「恋」
理由もなく会えるのが「愛」
伝え方に悩むのが「恋」
伝えなくても伝わるのが「愛」
叶わないこともあるのが「恋」
叶えたのが「愛」
一瞬で生まれるのが「恋」
一生育むのが「愛」
すぐに消えるのが「恋」
ずっと残るのが「愛」
相手の嫌いな所を見ないのが「恋」
全て受け入れるのが「愛」

―田口久人、ヤングキャリアコンサルタント


若い頃はみんな、好きな人のことで心を悩ませますね。
じっとしていられない。
一日中、いつもその人のことばかり考えている。
勉強や仕事が手につかない。
その人と少しの間でも一緒にいたい。
その人のことをもっと知りたい。
その人を自分だけのものにしたい。
その人がだれか他の人と親しげにしているのを見るとやきもちを焼く。
その人を自分のほうに向けたい。
....


挙げだせば切りがありません。
このような思いである時期、みんな悩みます。
でも、上のようなことを学校では教えてくれません。
親も友達も教えてくれません。
こんなとき、上の恋愛に関する名言を知ったなら、もっと気が楽になることでしょう。


上のことをひと言で言うと、
自分中心なのが「恋」
相手中心なのが「愛」

です。
愛には自己犠牲が伴います。
自己犠牲をいとうようなら、それは自己中心な恋。

恋が発展して愛になることもありますが、恋のままで一気に進んで結婚すると失敗に終わることがあります。というか、失敗に終わることが多いです。
結婚してからでもそのことに気づき、軌道修正してお互いに愛を育んでいくならばその結婚は成功します。手遅れはありません。


田口久人さんのことは以前、「自分らしく」でもご紹介しましたが、素晴らしい名言をたくさん書いていらっしゃいます。
私も「片思いと相思相愛」で同じテーマについて書いています。よろしかったらこちらの記事もご覧ください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

結婚における幸せは運による

2018.08.14日
B2789DE1-6215-40EE-A950-F5B95A621310.jpeg


“Happiness in marriage is entirely a matter of chance.”
―Jane Austin, 1775-1817, Novelist
「結婚における幸せは、まったく運による」
―ジェーン・オースティン、小説家
(訳 舟田譲二)


ジェーン・オースティンはいわゆる「いいとこのお嬢様」で、自身の数少ない恋愛経験と、田舎町の小さな社会の中で見聞きしたことを基に空想を繰り広げて恋愛小説を10冊ほど書いた女流作家です。


彼女の限られた見聞と空想世界の中から達した結論が冒頭の
「結婚における幸せは、まったく運による」
であって、私の考えではありません。誤解のなきよう。


それでは、私自身の結婚観はどうかと言えば、
「結婚における幸せは、まったく努力による」
です。
「運が良くて幸せになった」
と思っている人がいるとしたらとんでもない誤解で、その人の伴侶はそれはそれは涙ぐましい努力を陰でしています。
また、人生においてもっとも大きな比重を占める結婚が運によるものだとしたら、その他のことすべてが運によることになります。そして、そうでないことは私たちは経験上、また直感的に知っています。


何事にも原因があって結果があります。
どんなに大恋愛をして結婚したとしても、どちらか一方が相手の意向にそぐわない生活をしていたり、相手の気持ちをくみ取らない態度で接していたら当然の結果として結婚は破綻し、離婚という結果になります。
「風呂、お茶、飯」。退職後、一日中自宅にいるにも関わらず、会社員時代と変わらない亭主関白ぶりで指図する夫の態度などが原因で、妻が体調を崩す「夫源病(ふげんびょう)」が増えていて、なかには別居や離婚に至るケースもあると、昨日ニュースで報じていました。
これは「運」が悪かったのではなく、夫の「態度」が悪かったのです。


結婚生活とは、恋愛ごっことは違います。
「こんなはずじゃなかった」という場合は、惚れた腫れたで結婚して、相手をよく見ていなかったか、あるいは相手が自分のことを美しき誤解をしていたか、それともどちらかが豹変したかです。


結婚生活を成功させ、ふたりが幸せになるためには、お互いの「思いやり」や「努力」という協力が欠かせません。
冒頭の絵の中に
...by chance の上に取消線が引いてあってその上に choice とありますが、まさにその通りで「偶然」ではなく、結婚における幸せとは努力という「選択」の結果によるものです。
これらをせずにいて、お互いに「ハッピー、ハッピー」と言っているとしたら、それはふたりともとてもおめでたい人たちです。
絵に描いた餅のような幸せな結婚生活は、普通天から自然と降ってきません。


逆に、お互いの違いが次第に見えてきたとしても、「破れ鍋に綴じ蓋」(「夫婦円満の秘訣」)でお互いの欠けている部分を補い合う努力ができるなら、ふたりとも幸せになることができます。


最後に、この記事では「結婚生活における幸せ」をテーマに書いただけであって、ジェーン・オースティンの作家としての力量を批判するものではありません。オースティンはイギリスを代表する女流作家であり、没後200年経った今日でもイギリス国内のみならず世界中で人気があり、また彼女の作品が多くがドラマ化、映画化されているという事実を取っても、彼女の文才は十分認められます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

真の赦し

2018.08.07日
quote-1397.jpg


"It's not an easy journey, to get to a place where you forgive people. But it is such a powerful place, because it frees you."
--Tyler Perry, Actor
「人を赦すというところに行き着く旅は決して容易くはない。しかし、そこはものすごく心強いところだ。というのは、そこは私たちを自由にしてくれるところだから」
--タイラー・ペリー、俳優
(訳 舟田譲二)


まず「ゆるす」に当たる二つの漢字の違いについて触れなければなりません。
「赦す」と「許す」です。
「許す」には「赦す」の意味も含まれています。
多くの人が日常生活でよく使うのは「許す」で、「赦す」という字を知らない人もたくさんいます。
「許す」は「許可する」という意味で、英語では permit です。
これに対して「赦す」は「赦免」「特赦」「恩赦」などに見られるように、「罪を赦す」という意味です。英語では上で使われている forgive もしくは pardon です。


「赦」の漢字は、偏の「赤」の上の「土」の部分は人が両手両足を広げた「大」のような形で「人」の象形で、その下の部分は「炎」の象形です。つまり、人を火であぶって罪を祓い清めています。


k-136.gif


右側の部分の「攴」は上の「ト」(ボク)の部分は「ボコッ」という表音文字で、下の「又」は右手の象形です。右手で「ボコッ」と音が出るほど強く叩いている様子を表しています。
「赤」と「攴」で、人を叩いて罪を祓い清めるところから、「罪を赦す」という意味で用いられるようになりました。


この「赦し」は私たちの人生の永遠のテーマです。
小説や詩、映画、ドラマなどのテーマもその多くに「赦し」が絡んでいます。
私たちの日常の生活を見てもやはりそうです。
人間関係のこじれ、夫婦・親子喧嘩、別居、離婚、DV、子どもの虐待、さらには夫婦・きょうだい、親子、親族間などの傷害・殺人事件などもそのほとんどは、この「赦し」の問題が関わっています。
それほど「赦し」は人生にとって重い、しかも困難な道です。


なぜ人を赦すのがこれほどまでに難しいのでしょう?
それは自分自身が赦されたという経験をしていないからではないでしょうか。
真に赦された経験をしているならば、自分も人を赦すことができるようになります。
その赦しの意味の重さに気づき、自分も人を赦さざるを得なくなるからです。
主の祈りの「我らに罪をおかす者を 我らがゆるすごとく、我らの罪をもゆるしたまえ」の本当の意味は、
「私たちが赦されたように、私たちも、私たちに対して罪を犯した人たちを赦します」
です。


殺人事件の裁判で犯人に死刑判決が下されても、遺族は「犯人を一生赦すことができない」とよく言いますが、その結果自分自身が一生苦しみ、重い十字架を背負って生きていかなければならなくなります。
でも、自分自身も罪赦された罪人だとわかり、犯人を真に赦すことができたなら、広いところに立ち、自由になれます。それが冒頭の言葉の意味です。
「人を赦すというところに行き着く旅は決して容易くはない。しかし、そこはものすごく心強いところだ。というのは、そこは私たちを自由にしてくれるところだから」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

読書と記憶の量

2018.08.05日
545fbce99712225483999c8f2fc216e0.jpg


"No amount of reading or memorizing will make you successful in life. It is the understanding and application of wise thought which counts."
ーーBob Proctor, Author, Speaker
「読書や記憶の量で成功するのではない。肝心なのは理解と適用だ」
--ボブ・プロクター、作家・モチベーショナルスピーカー
(訳 舟田譲二)


これまで大勢の生徒や学生を指導してきて感じるのは、幼い頃からよく本を読んでいる子は概して勉強もよくできるということです。
語彙力もあり、その結果高い思考力を持っています。
思考力が鍛えられているので、どの教科もまんべんなくできます。


それでは、本を読むことが好きという子はすべて頭がいいか、というと必ずしもそうとは限りません。
たくさんの本を読んでいるのに語彙力のない子もいます。
できる子とどこが違うのか、子でもたちと話しながら考えてみました。
すると、後者の子は本をただ読んでいるだけで、本から学んでいない、ということがわかりました。読む本は小説でも何でもいいのですが、ただ字面(じづら)を追いながらストーリーを楽しんでいるだけなのです。
読み終わって、ああ面白かった、つまらなかった、で終わってしまっています。


一方、前者の子は本を読むとき、知らない言葉や漢字に出合ったら、一応文脈でその意味を類推して読み進みますが、必要に応じて国語辞典や漢和辞典を使って言葉を調べます。また、ときには親や先生にその言葉の意味だけでなく、使い方などを尋ね、それを覚えたら早速日常生活の中でそれを自分でも使います。
また読んだ本の内容をよく覚えており、人にもそれを上手に伝えることができます。


今や将棋界のみならず時の人となっている藤井聡太七段は、5歳のときに祖父母から将棋の手ほどきを受け、将棋教室に入会。入会時に師範から渡された、500ページ近い厚さの所司和晴『駒落ち定跡』を、まだ読み書きができない藤井は符号を頼りに読み進め、1年後には完全に理解・記憶したといいます。
その後も本をたくさん読み、読書が好きで新聞もよく読んで、学校の勉強もよくできるそうです。
ですから語彙力も相当なもので、大人でも知らないような言葉を勝利インタビューで普通に使って周囲の者を驚かせます。


ときどき、暗記が得意で、学校のテストの点数はとても良く、学年でも常に上位に入っていたりするけれども、教科書以外のことになるととんと知識がないという子がいます。一流大学の学生の中にもいます。
このような人は読書量や記憶量はすごいのですが、理解と適用が伴っていないのです。
学習というのはただ知識を詰め込むことではありません。
これまでの日本社会が、そのような人を能力があると信じ、持てはやして優遇してきたこともあり、ややもするとそれが頭が良いことだと勘違いしている人がたくさんいます。
実社会に出て期待外れで伸びない人というのはこのタイプの人が多いようです。
要は量ではなく質なのです。実際に使えるかどうかです。


「読書や記憶の量で成功するのではない。肝心なのは理解と適用だ」
というボブ・プロクターの言葉を今一度よく吟味し、幼いときから家族や周囲の者が、また学校や塾などの教育機関がもっと真の思考力をつけた子供たちを育てていかなければなりません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

ユーレカ!

2018.08.03日

「ユーレカ!」(ギリシャ語 εὕρηκα [ウレーカ] 英語表記 Eureka [ユーーカ])とは、日本語で「わかった!」「そうだったんだ!」「これだ!」「やったー!」のような意味です。
何か新しいことを発見したり、今までわからなかったことが急に閃いて解決できた時などに使い、英語の “Aha!” (アッー!)に当たります。(太字の部分を強く発音します)


昨日の記事を書いた直後にふとこの言葉が頭に浮かんできました。
一昨夜教えていた高3生、そして夕方ちょっと教えた小学1年生と、夜にやはりちょこっと教えた中3生が「そうか!」と、見せてくれた笑顔を思い出したからです。


「ユーレカ!」の由来をWikipediaから一部引用します。
数学でおそらく誰でも一度は耳にする「アルキメデスの原理」で有名な古代ギリシャの数学者アルキメデス(紀元前3C)の逸話です。


"Eureka!"という感嘆詞は、古代ギリシャの学者アルキメデスに帰するものである。伝えられるところでは、彼が風呂に入ったとき、浴槽に入ると水位が上昇することに気づき、上昇した分の体積は彼の体の水中に入った部分の体積に等しいとわかり、"Eureka! Eureka!"と2回叫んだという。彼は形状の複雑な物体の体積を正確に量るという困難な問題を解決できたと理解し、浴槽から飛び出して、裸のままシラクサの街を駆け抜け、この発見を共有しようとしたと伝えられている。


eureka%5B1%5D.gif


アルキメデスの洞察は、ヒエロン2世によって提起された、形状の複雑な金でできた誓いの王冠(英語版)の純度を計測するという問題の解決につながった。ヒエロン2世は金細工職人に王冠の材料として純金を渡したが、金細工職人が金の量を減らして同じ重さの銀を加えたのではないかと疑っていたのである。物質の重さを高い精度で比較するための器材は既に存在していた。これに体積を量ることができれば、密度が計算でき、金の密度は銀の約2倍もあり、標準温度・圧力において大きな値であるため、銀が混ざっていれば密度が低くなるのでそれがわかる。


やっぱり頭のいい人というか、天才の考えることは違いますねぇー!
凡人は風呂に入って湯船から湯が溢れるのを見ても当たり前のことと思って、別に何も感じない。
そして、「ユーレカ!」と叫ぶや否や、風呂から飛び出して裸のまま街の中を駆け抜けた、というところがいかにも天才(笑)。


私たちの生活の周りにはこのような思わぬ発見につながるものがいっぱい隠されています。
アルキメデスのような天才的発見でなくても、日々の人間関係において、また学生であれば勉強で、大人であれば料理や家事や仕事など、至るところにこの "Eureka!", “Aha!”, 「そうだったんだ!」が潜んでいます。
私はこの体験をするのが大好きで、毎日大小様々な発見をして楽しんでいます。それを教えている生徒や、またこのブログの読者の方に分かち合いたいというのが私の一番の願いです。


2年前の並行記事、「Aha!体験」にも面白い発見・気づきがあります。ぜひ併せてお読みください。


あっ、そうそう大切なことを今、思い出しました。
昨日、眼科に再び行ってきました。
前回の診察時検査してもらった結果、ウイルス性急性(流行性角)結膜炎は陰性だったのですが、3日目にそれまで大丈夫だった左目まで真っ赤に充血し始めたので、きっと右目のがうつったのだろうと思っていたら、やはりそうでした。いわゆる「はやり目」です。
ウイルスは細菌よりも小さく目に見えない微生物で、自分で生きることはできません。
ヒトや動物の細胞内に侵入して、その細胞を自分の住みやすいように変えて住み着きます。ウイルスの住み着いた細胞はやがて衰え、死んでしまい、病気になります。
しかし、ウイルスに対するヒトや動物の抵抗力が強いときは、ウイルスは活動することができないので病気になりません。
つまり、体力や免疫力が衰えているときにウイルスに侵されるのです。
今回、ものもらい(細菌性でウイルス性ではない)とはやり目の記事を書いたところ、何人もの方が同時期に同じ病を発症していらっしゃいました。
じつはこの夏の暑い時期に両者とも発症しやすく、直接の接触により伝染するのがはやり目です。
細菌やウイルスはどこにでもいます。身体の抵抗力をつけておくことと目を清潔に保つことが大切です。
皆さんもどうぞお気をつけくださいね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

自分らしく

2018.07.28日

「笑うことが苦手でもいい
うまく褒められなくてもいい
料理が下手でも
きちんとしなくてもいい
完璧になろうとするほど
苦しくなるだけ
誰にでも苦手なことはある
やるべきかよりもやりたいか
女らしさよりも自分らしさ
誰にも縛られずに生きていれば
人生はもっと楽しめる」

―田口久人、ヤングキャリアコンサルタント


田口久人さんは「いかにその人の魅力を引き出すか」を追求し続け、若者に寄り添う本を多く書いておられ(「そのままでいい」ほか)、「読むだけで涙が出る」などと圧倒的な支持を得ていらっしゃいます。


生きていくのが大変な人というのは、ほとんどのケース人の目を意識する人です。
上に挙げられている項目一つひとつを見ると、全部これに当てはまります。


ここでは女性について書かれていますが、男性でも同じことです。
「料理が下手でも」は、たとえば「仕事が下手でも」と言い換えてもいいですし、「女らしさ」はもちろん「男らしさ」になります。


笑って人を楽しませようとか、笑わないと人に変に思われる、などと考えていると「笑う」という行為そのものが負担になります。「笑い」とは面白いから自然と出てくるものです。
「人に褒められたい」「料理が下手だ」「きちんとしていなくては」「完璧になりたい」「これをやるべきか」「自分は女らしい(男らしい)だろうか」等々、こんなことばかり考えていたら誰でもノイローゼかうつ病になるか、そうでなければ生きていくのが苦しくなります。
自分の人生は他の誰でもない、自分のためにあるのです。


肩の力を抜いて
人にいいところを見せようとせず
たとえ欠点だらけでも
ありのままの自分で
生きていけばいい。
そうすれば「人生を楽しむ」ことができます。
同じ生きるなら楽しく生きないと損じゃないですか。
(3年前に書いた記事、「人の目」も併せてお読みください)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人は見違えるほど変わる

2018.07.25日
51-down-to-earth-productivity-quotes-22-638.jpg


"The simple act of paying positive attention to people has a great deal to do with productivity."
--Thomas J. Peters, Writer
「ただ好意的な接し方をするだけで、人は見違えるほど変わる」
--トマス・J・ピーターズ、作家
(訳 舟田譲二)


原文の
"The simple act of paying positive attention to people has a great deal to do with productivity."
はそのまま訳すと、
「人々にポジティブな注意を払う単純な行為は、生産性と大いに関係がある」
となりますが、それを敢えて上のように意訳しました。


これを書いたトマス・J・ピーターズさんは、アメリカの経営コンサルタントです。
ですから、生産性を重視する会社などではまさにこの言葉は上司と部下の関係などに当てはまります。
しかし、ちょっと考えてみると、これは上司と部下の関係のみならず親子関係や夫婦関係を始め、友人・師弟・先輩ー後輩等々、あらゆる人間関係にも適用できる言葉です。


「ただ好意的な接し方をするだけで、人は見違えるほど変わる」
を親子関係に当てはめてみましょう。
親が子に対していつもイライラしたり、怒ったりしていたら子どもは親に対して反抗的な態度を取るのは当たり前のことです。
でも、ちょっと優しく、好意的な態度を取るだけで、子どものほうもとても素直になります。
夫婦関係においてもしかり。
夫が妻に、妻が夫にもう少し優しい言葉遣いで丁寧な接し方をするなら、相手もそのような態度で接するようになります。


私は塾で生徒に教えるとき、子どもの様子を常に注意深く観察しながら、勉強に対する取り組む姿勢や興味、理解度、進歩、積極性、意欲などを見出すとすぐにそのことを具体的に褒めます。
すると生徒のほうも喜び、ますます頑張るようになります。
理系の生徒で英語が大の苦手、「英語は死んでる」と言っていたのに、入試では英語で一番高得点できるようになった生徒が何人もいます。


ブログを書くときにはいつも読者の方のニーズを意識しながらお一人ひとりにメッセージを届けるよう努めています(「ブログを続ける動機づけ」)。
すると、読者の方々はメールやメッセンジャー、ショートメッセージなどで次のような感想を送ってきてくださいます。
「それに気づくと苦難は180度意味が変わってきますね。先生のブログで私はいつも大変に励まされております。健全な見方、考え方を先生のブログを通して学んでおります。多くの方々もそうだと思います」
「舟田先生のブログはもうビンビンきまくりで、1人でスマホに向かって深く頷きながら読んでいます」
「私は先生のブログに毎日どれだけ力を頂いているか分かりません。最近は自分でも驚くほど精神状態が不安定になることがあり、聖書を開く元気もない時に、先生のブログに何度も救われました。不思議なことにどれもタイムリーなメッセージで、神様の働きを感じました。私にとって先生のブログは、本当に豊かに生きる為の知恵がつまった、現代版・箴言です」


皆さんも身近な人との接し方で試してみませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生を’素’通りしてはいけない

2018.07.15日
quote-1381.jpg


"Don't go through life, grow through life."
--Eric Butterworth -1916-2003, Minister, Author, Radio Personality
「人生を’素’通りしてはいけない。人生を’吸う’通りするのです」
--エリック・バタワース、牧師・作家・ラジオパーソナリティ
(訳 舟田譲二)


原文の go through life というのは、日本語で言えばただすう―っと通り過ぎること、すなわちあまり考えずに「素通りする」というような意味です。
これに対して grow through life とは、人生を成長しながら生きることです。
ところが、英語ではここで go(ゴウ)と grow(グロウ)と韻を踏んで言葉遊びをしているのです。このようなシャレた言葉遊びは翻訳者泣かせで、原文の味を出しながら翻訳するのは至難の業です。
そこでいろいろ考えたあげく、「’素’通り」に対して「’吸う’通り」と音をかけて訳し、「吸う」を「吸収する」「学び、成長する」という意味を込めて訳しました(訳注をつけないと通じないでしょうが)。


世の多くの人は人生をそれほど深く考えずに、「素通り」しているように見えます。
物ごころつき始めたときから、親に言われて将来のためにと勉強し、人並みに受験をして学校を卒業し、その後は就職、仕事、結婚、子育て、孫育て、老後の気ままな生活、そして死という流れを当たり前のことのように、人生の流れに身を任せて歩んでいるような気がします。


でも短い人生、もっと貪欲に生きないともったいないです。
貪欲に学び、吸収し、成長していかないと、自らの死を前にして空しさに襲われるのではないでしょうか。
9年近く前に「死ぬときに後悔すること」という記事を書きましたが、人が死ぬ前に後悔する25項目が挙げてあります。
ありきたりの人生をただ素通りしていると、このようなことで後悔することになるのは必定です。
そうならないためには、生きている間は一瞬一瞬を大切にし、考えながら、一歩一歩成長しながら高嶺を目指していくことです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

ありがとう

2018.07.10日
quote-1312.jpg


“‘Thank you’ is the best prayer that anyone could say. I say that one a lot. Thank you expresses extreme gratitude, humility, understanding.”
ーーAlice Walker – Novelist, Poet, and Activist
「『ありがとう』は、誰にでも言える最高の祈りの言葉です。私はこの言葉を頻繁に使います。『ありがとう』は、感謝と謙遜と理解の極みを表します」
ーーアリス・ウォーカー、小説家・詩人・社会活動家
(訳 舟田譲二)


日本語の「ありがとう」はとても美しい言葉で、外国の人たちの間でも英語の 'Thank you.' のように有名です。日本を訪れる外国人の観光客の方が「アリガト」と言うだけでなく、外国においても日本人らしき人を見かけると近づいてきて “Arigato” とよく声をかけてきます。


日本人でも知っている人は少ないのですが、「ありがとう」の語源は「有り難い」、すなわち「滅多に起こらないこと」という意味です。
もちろん、相手の人がしてくれた親切に対して「こんなことは滅多にない」と言っているわけではなく、「有り難い(滅多にないような)幸せに巡り合った、感謝なことだ」という謙遜な心を表しています。そういう意味において、この「ありがとう」はとても美しい言葉で、冒頭の英語の ‘Thank you’ と同じようにやはり「感謝と謙遜と理解の極み」の気持ちを表している表現です。


世界のさまざまな言語の「ありがとう」に当たる言葉は、それぞれの国の文化や習慣を表しているのでしょうが、おそらくどの言語においても「感謝と謙遜と理解の極み」を伝えるものでしょう。


今回の西日本における豪雨と未曾有の被害には私たち日本国民みんなが、そして世界中の人たちが心に大きな痛みを覚えており、お亡くなりになった方々に哀悼の意を表します。またご遺族の方々には天父のお慰めと癒しを心よりお祈りいたします。
自衛隊や地元の警察、消防を始め、ボランティアの人たちの懸命の救出活動、復旧活動に対して被災者の方々は悲しみと失意の中で心から「ありがとうございます」とお礼の気持ちを告げていらっしゃいます。


本当にこんなことは滅多にないことであり、そして二度と同じような事態を起こしてはならないことですが、自然の猛威の前に私たち人間になす術がないというのが現実です。
私たちも他人事ではなく、救助・復旧活動に当たっていらっしゃる方々に心から「ありがとうございます」と頭を下げて感謝と謙遜と理解の極みをもってお礼を申し上げます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

顧客第一主義が成功の秘訣

2018.07.04日

3日前の日曜日、田中晴也さんご夫妻と妹弟さんが我が湘南見附キリスト教会の礼拝に参加してくださり、礼拝後湘南海岸近くのお気に入りのイタリアンレストラン「ラ・パットーラ」でお昼をいただきました(「将来必ず点と点がつながって」)。
そのときの写真がこれ。


IMG_3429.JPG


ここは以前、田中ひかりさんとも、お母さんの元美さんともお昼をご一緒しましたが、皆さんとても気に入ってくださいます(「昨日は美女とデート!」)。


2年前には次男正人と妻の萌さんともディナーを一緒にして、やはりとても喜んでもらいました。


IMG_9482.JPG


晴也さんが昨日、メールで次のように言ってこられました。
「連れて行っていただいたイタリアンを以前TVで見たことがあると言いましたが、YouTubeで見たものでした。レストランの紹介ではなく、あのご主人がレストランを立ち上げるために、投資家に融資をお願いする番組でした。お金儲けではなく、お客の気持ちを考えている素晴らしい方だなと思っていましたが、まさか実際に会えるとは思っていませんでした。そのURLを下記に転載致します。お時間ありましたら閲覧してみてください。連日満員になる理由がわかると思います」
これがその人気TV番組『マネーの虎』で放映されたもののYouTube動画です。



なるほど、晴也さんのおっしゃるとおり、オーナーのこのお店に対する思い入れ、「世界一のパスタ・ピザレストランにする」という意気込み、そして料理の美味しさと、客を自慢の料理で幸せにするという「顧客第一主義」が、このレストランの人気の秘訣になっているのです。
晴也さんが、「番組に出ていたあの当時億万長者の社長たちも、融資をした加藤社長以外はみんな経営破綻したようです」と情報を付け加えてお知らせくださいました。ネット検索して確認してみると「心温まるマネーの虎のパスタの回 その後から現在までまとめてみた」に次のようにありました。
「マネーの虎が放送を終了して、何年か経ったある日、絶対的な成功者として出ていた虎達が続々と倒産していったのです。さらに注目なのが、このパスタの回に出ていた5人の社長のうち、立花さんに投資した加藤社長以外の4人全員が倒産していたということです」


本当にどんな商売をするにも、ただ単に利益追求を目的にするのでなく、やはりお客様を大切にするというのが何よりも大切だ、とういことを図らずも実証しています。
平塚近辺にお住まいの方、ぜひこの「ラ・パットーラ 平塚海岸通り店」をお試しください。とてもリーズナブルな値段で本当に美味しいパスタやピザが堪能できます。ウィークデーでもいつも満席という人気ぶりです。
とくに今週末は平塚七夕祭りもありますので、よろしかったら足を運んでみてください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたのやるべき価値ある仕事とは

2018.06.28日
quote-1364.jpg


"Far and away the best prize that life offers is the chance to work hard at work worth doing."
--Theodore Roosevelt – 1858-1919, 26th U.S. President
「ほかの何にも比べられないほどの人生で最高の褒美とは、やるべき価値のある仕事を一生懸命するチャンスが与えられることだ」
--セオドール・ルーズベルト、第26代合衆国大統領
(訳 舟田譲二)


ここ1か月少しの間に国内のあちらこちらで頻発している痛ましい事件。
児童の誘拐殺人事件に始まり、親による幼い子どもの虐待死、新幹線内での刃物による殺傷事件、そしてまた新たに起きた交番の警察官が刺されて拳銃を奪われ、近くの小学校で警備員が撃たれて死亡という事件。


これらの事件に共通するのは、容疑者の人間関係の乏しさ、未熟さ、そして他人に対するうっぷん晴らしや社会に対する復讐心です。
言い換えれば、人から認めてもらえないなど、孤立していて自分の居場所がないことが原因のひとつのように思われます。


ルーズベルト大統領が言った、
「ほかの何にも比べられないほどの人生で最高の褒美とは、やるべき価値のある仕事を一生懸命するチャンスが与えられることだ」
はとても大切なことですが、これはただ単に「仕事」に限ったことではありません。
与えられている能力や、置かれている境遇、状況等は人それぞれみんな異なります。
自分の能力を見て卑下したり、人に嫉妬したり、逆に他人を見下したりなど、他人と比較して得るものは何もありません。むしろ、悲劇を招くばかりです。


昨日、Facebookである人がシェアしている動画を見て、とても胸を打たれました。
日本語の字幕はありませんが、言葉がわからなくても意味は十分に伝わります。
ぜひ、ご覧ください。
この母子を見ていると、これこそが状況にかかわらず真に幸せに生きる秘訣、ある意味「やるべき価値ある仕事」だと思わざるを得ません。



毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

保証付き 幸せになる方法

2018.06.25日
4434.jpg


"Explain your anger, don't express it and you will immediately open the door to solutions instead of arguments."
「あなたの怒りの感情を外に出してはいけません。口で説明しなさい。そうするなら、喧嘩の代わりに解決の扉をすぐに開くことになるでしょう」
(訳 舟田譲二)


愛する夫(または妻)と何かで行き違い、喧嘩をしたとしましょう。
反論しようとして相手の言うことを聞いていたら言い争いはいつまでも続きます。それは相手の気持ちを理解しようとしていないからです。
私たちはお互いに汚い言葉でののしり合い、相手を傷つけることになり、時には暴力などの行為に及ぶことすらあります。
これは、相手の言っていることを耳で聞いてはいるけれども、心の耳で聴いていないからです。


このようなとき、感情をいったん脇に置いておいて、なぜそのような感情を持つようになったかを冷静に相手に説明するなら、泥まみれの喧嘩を避けることができます。
気持ちを説明するのです。感情をそのまま表に出してはだめなのです。


こんなことで喧嘩を避けることができるのなら、私たちはなぜそのようにしないのでしょうか。
答えは簡単です。「言うは易く行うは難し」だからです。
自分の内にある気持ちを表に出すのではなく、まずはそれに気づき、説明しようと努めるのです。
これには、気づくことと忍耐と訓練が必要です。


もし私たちが相手の気持ちを理解しようとして耳を傾けるなら状況は一変します。本当です。
あなたは相手の気持ちを文字どおり理解し、相手もあなたの気持ちを理解して、喧嘩は嘘のように治まります。
お互いに相手の気持ちを理解できるようになるなら、解決の道はおのずから見つかります。


そして、このことは夫婦間だけでなく、親子間でも、親族間、友人間、職場の上司と部下・同僚の間など、あらゆる人間関係にも当てはまります。


聖書には次のように書いてあります。
「怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。悪魔に機会を与えないようにしなさい」
(エペソ4:26ー27)
文字どおりには、「怒りなさい。でも罪を犯してはいけません」という意味です。
「悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい」
(エペソ4:29)


これを試して、身近な人々との人間関係を一変させてみませんか?
周囲の人たちと平和を保てるようになり、自分の心には平安が訪れ、幸せになれます。
保証付きです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

物事を全体の中で見る

2018.06.24日
quote-1102.jpg


"You’ve got to think about big things while you’re doing small things, so that all the small things go in the right direction."
--Alvin Toffler – 1928-2016, Writer and Futurist
「小さなことをしているとき、全体の中で考えなければならない。小さいことすべてが集まって正しい方向へ進むように」
--アルヴィン・トフラー、作家・未来学者
(訳 舟田譲二)


物事を近視眼的に見る習慣がついている人がいます。
このような人は、小さなこと一つひとつに目が行ってしまって、全体像が見えません。
生徒や学生の場合の勉強法がいい例です。
意味もわからないままただひたすらに個々の知識を頭の中に詰め込んで丸暗記しようとします。
よくある例として、歴史の年号をただ丸暗記しているのですが、全体の中での流れがわかっていないためとんでもない勘違いをしていたりします。
英語の単語の意味を丸暗記していて、その暗記した意味を英文の中に当てはめようとするため文の意味が取れない、というのも同じです。
このような人の勉強の目的はただテストで少しでもいい点数を取って、志望校に合格することにあります。


このような方法で勉強をしている人、あるいはしてきた人は往々にして、ほかのことにおいても個々の知識がバラバラでつながっていないため、生活の中でうまく活用できないでいます。
そして、「勉強してなんの役に立つの?」と言います。
日本の学校教育がこれまでそのようなやり方をしてきたため、正しい思考法ができなくなってしまっているのです。


でも、物事にはすべてつながりがあります。
歴史でいえば、15世紀半ばから16世紀にかけて、ポルトガルやスペインが東アジアに進出してそれぞれの国や地域の産物などを自分たちの国に持ち帰ったり、逆に自分たちの国の物をこれらの国々にもたらしたりして貿易を始めました。それによって世界中の交流が始まりました。
そのうちの一つとしてポルトガル人によって日本に鉄砲が伝えられました。当時、戦乱で明け暮れていた国を統一しようとした織田信長がこの鉄砲を使って勝利し、信長の臣下だった豊臣秀吉が信長の後を継いで全国を統一した、というふうに。
歴史が好きな人はこのようにストーリーとして歴史を理解します。
ですから、歴史から大切なレッスンを学び取り、それを自分の人生に生かします。


英語の単語も同様で、一つひとつに意味があり、それらはいろんなところでつながっています。これが理解できるようになると英語の学習はとても簡単になり、楽しくなります。そして、楽しくなると身につき、身についたものは将来使えるようになります。
しかし、単語や文法をただ知識として頭に詰め込んでいる人はそれだけで終わってしまい、将来使えるところまでいきません。


この世の中、すべてのことが目に見えないところで複雑につながっています。
そのつながりが理解できると、人生を賢明に生きることができるようになりますし、人間関係や子育てもうまくできるようになります。
つまり、冒頭の言葉のように、個々の小さなことをしているときにも、全体の中でそれらがどんな役割を果たしているかを考えることができるようになり、やっている小さいことすべてを集積して大きい目標に向かって進めるようにもなるのです。


このようになるためには、まずは本や新聞や論文などを読んで人の考えや思考法を学び、さらにそのところから自分自身の考えを論理的に構築していくようにならなければなりません。
私たちは生きている限り、常に周囲の人たちや物事、出来事などから学び、それを自身の生活の中に取り入れて生活を豊かにしていくのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

失敗したとしても後悔しない

2018.06.23日
quote-1360.jpg


"I knew that if I failed I wouldn’t regret that, but I knew the one thing I might regret is not trying."
--Jeff Bezos, CEO of Amazon
「私はもし失敗したとしても後悔しないということがわかっていた。試さなかったら逆に後悔しただろうということもわかっていた」
--ジェフ・ベゾズ、アマゾン社CEO
(訳 舟田譲二)


アマゾンと言えば今や知らない人はいませんし、世界中の多くの人がこのアマゾンに大なり小なりお世話になっていることでしょう。
1994年、ジェフ・ベゾズ氏は弱冠30歳にしてインターネットビジネスの可能性に目をつけ、アマゾン社を創業しました。


アマゾン社が誕生したとき、ほとんどの人がこの正体不明の会社が成功するだろうとは思っていませんでした。私もそのうちのひとりです。早晩、姿を消すだろうと思っていました。
ところが彼は時代の寵児となり、どんどん成長して今や巨大企業となりました。
うちにもアマゾン社から書籍などが宅配で届けられない週はないというぐらいよく活用しています。
本社のあるシアトルはボーイングの企業城下町として知られていましたが、2010年代には市内のオフィスの20%をアマゾン社が占有し、経済効果の累計が4兆円を超えるなど、アマゾンの企業城下町となりつつあると言います。


ジェフ・ベゾズ氏には先見の明がありました。
しかし、それ以上に彼のすごいところは、
「私はもし失敗したとしても後悔しないということがわかっていた。試さなかったら逆に後悔しただろうということもわかっていた」
と語っているように、失敗を恐れないチャレンジ精神です。


「後悔しないための航海」の中でもご紹介しましたが、マーク・トウェインも同様のことを語っています。
成功者というのは、こういうところから生まれているのですね。
そもそも失敗を恐れていたら成功などできるわけないのです。
バスケットの神様、マイケル・ジョーダン始め多くの偉大な人物が、失敗の積み重ねの結果自分の成功がある、と語っています(「何度もの失敗のお陰で成功できた」「失敗のススメ」ほか)。


私もジェフ・ベゾズ氏に倣って、
「私はもし失敗したとしても後悔しないということがわかっていた。試さなかったら逆に後悔しただろうということもわかっていた」
の精神で、これからの人生を歩んでいこうと決断しています。
皆さんはいかがですか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

目の不自由な人、耳の不自由な人にも通じる万国共通語

2018.06.22日
quote-1009.jpg


“Kindness is a language which the deaf can hear, and the blind can read.”
—Mark Twain
「親切というのは、耳の不自由な人が聞くことができ、目の不自由な人が見ることのできる言葉だ」
—マーク・トウェイン
(訳 舟田譲二)


マーク・トウェイン、大好きです。
とても波長が合います。
今日の言葉も素晴らしいです。
「親切というのは、耳の不自由な人が聞くことができ、目の不自由な人が見ることのできる言葉だ」


昨日、誕生日を無事迎えることができました。
幼少の頃から体が弱く、毎日ビオフェルミンを服み、しょっちゅうお腹を壊しては正露丸を服んで、ほとんど毎週近く病院通いしていました。
10代の頃は、二十歳まで生きられないだろうと思ったほどでした。
二十歳になったときには30歳まで持たないだろうと思っていました。
数えきれないほどの病を経験してきました。
あちらが痛い、こちらが悪い、と言いながらもいつの間にかここまで来ることができました。
本当に感謝なことです。


昨日は誕生日に当たって、大勢の方々から温かいお祝いやお祈りの言葉をいただき、本当に感謝に絶えません。皆さん、本当にありがとうございました。


マーク・トウェインが言うように、「親切というのは、耳の不自由な人が聞くことができ、目の不自由な人が見ることのできる言葉」です。
このような人の親切、心遣いをいただくと、勇気千倍。嬉しい限りです。
私はまだ目も耳も不自由ではありませんが、たとえ不自由になったとしても、人の温かい気持ちは伝わりますし、それに対して感謝の気持ちをもって応えていきたいといつも思っています。


みんながこのような気持ちで日々過ごすことができたなら、この世はどれほど住みよい、地上の楽園となることでしょうか。
でも、悲しいかな、そのように行かないのが現実の世界です。
であるならば、少なくとも自分自身が、そして身の周りからそのような運動を起こしていきたいものです。
皆さん、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

43歳になりました!

2018.06.21日

本日、2018年6月21日、43歳になりました!


IMG_3373.jpg


バカ正直な体組成計です。昨日まで体内年齢42歳と表示していたのに、日付が変わった途端、1歳年を加えて「43歳になったよ」と教えてくれました🤗
「43歳」は体内年齢というより、体内よりもっと奥に宿っている私の「精神年齢」と言ったほうが当たっているかもしれません。


IMG_3364.jpg

(いつものウォーキングコース。紫陽花の前で)


昨日は1日雨でほとんど外に出なかったのですが、一昨日は梅雨の晴れ間を縫って平塚駅近くの銀行にウォーキングを兼ねて出かけてきました。ついでにちょっと買い物などして帰宅すると約2時間、14000歩あまり、8.4km少し歩いてきました。
ショートパンツの涼しい出で立ちでしたが汗びっしょりになりました。


IMG_3347-1.jpg

(背景は国道1号線(旧東海道)にかかる花水橋、後ろは大磯町の高麗山)


その前日、いつもかかっている内科医へ高脂血症の薬をもらいに行ったところ、先生が面談で私のその後の線維筋痛症の様子などを尋ね、「ロコモ」というパンフレットを使って身体の「経年劣化」についてとても丁寧に教えてくださいました。


まずは次の「ロコモ基礎クイズ」を試してください。


locomo1.jpg


答えはこちらです。


locomo%202018-06-19%2018.53.34.jpg

(画像をクリックすると大きく表示され、字が読めます)


私は全問正解でした。
さて、10代から90歳までの人生を表したこの図表によると、私の現在地はずーっと右のほうの縦の青い棒線の辺りということになります。なんと「歩行困難」の真っ只中で「閉じこもり」の一歩手前。この後待ち受けているのは「転倒・骨折」と「寝たきり・要介護」、そして「召天」(あっ、これは表には載っていません)( ´∀`)。
(えーっ、それはないでしょ!)
そして、左のほうの黄緑の棒線が私の「体内年齢」ですが、「運動不足」も「肥満」もありません。いや、ちょっと待てよ... 確かにこの年齢の頃はモロ運動不足でちょっと肥満気味だった。(ということで、この表を他山の石として、どの年齢層にいる方もお気をつけくださいね)


パンフレットの後のほうに<毎日の生活に「+10」の週間を!>というページがありましたので、こちらもご参考に。
(ちなみに、健康志向の高い現在の私は「地域のスポーツイベントに参加する」を除いて、ほぼ全部日常生活の中で実践しています)


%2B10%202018-06-20%2013.21.29.jpg

(このパンフレットなかなかいいので、関心のある方はオンラインで紹介されている「1からわかるロコモ」をぜひご覧ください)


先日、NHKの『ガッテン』でやっていた「寝たきり予防法」では、UCLAのスティーブ・コール教授が発見した<人に親切にする>という方法を紹介していました。
自分は絶対に100歳まで現役で働くと言っていた妻はこれを見ていて、「私よりもあなたのほうが長生きするかも」ですって。
その私はこれまでいつも弱気だったのに、なんとなく自分でもそんな気がし始めてきました。
でも寿命ばかりは神様の御手の中にありますから、やるべきことはやって健康寿命を延ばし、後は委ねています。


そして極め付けは...
先日書店で見かけて購入した『アルツハイマー病 真実と終焉』も、転ばぬ先の杖で読み始めましたよ。
誕生日を迎え、着々と準備し、頑張っています。


IMG_3363.JPG


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

祖父の日

2018.06.19日
father%27s%20day-06-18%2020.09.32.jpg


写真の真ん中の下は私が直人を抱いているところ。その右はJoeパパが恵利紗さんを抱いているところ。みんなそっくりです。


"The fruits of your labors may be reaped two generations from now. Trust, even when you don't see the results."
--Henri Nouwen(1932 – 1996), Catholic priest, professor, writer and theologian
「労働の実は二世代後に収穫されるでしょう。たとえ今、その結果が見えなくても信じなさい」
--ヘンリー・ナウエン、カトリック司祭・大学教授・作家・神学者
(訳 舟田譲二)


一昨日6月17日は父の日でした。
昨日(アメリカの現地時間では父の日)、長男直人のお嫁さんの恵利紗さんがFacebookに上のような記事をアップしました。


直人くん❗
初✨父の日あめでとう💛💚💝
斗史希君が「早く歩けるようになって、いつもパパについていくんだ💞」と言っていたよ(本当、話せたらそう言いそうだね)😂
"You are the beeesssst DAD in the whole wide world😍Mama agrees❣"
by Toshiki
「パパはこの大きな世界中で最最最高のパパ。ママもそう言ってるよ❣」 斗史希より
Also Happy Father's Day to our bestest dads‼
Words cannot describe how much you have loved us through and through‼
Because you did so wonderfully, you have been promoted to grandpas!! HAHAHA
それから私たちの最最最〜高のパパたちへ。父の日、おめでとうございます‼
これまでどこまでもどこまでも私たちのことを愛してくれたパパたちへの感謝は言葉では言い表せません‼本当によくしてくれたので、おふたりをグランパに昇進させます!! ハハハ
湘南のグランパ&Joeパパへ💞いつも本当にありがとう‼


ということで、直人にとっては「初父の日」。
そして、私たち(恵利紗さんのお父さんJoeパパと湘南のグランパこと私)にとっては 「初祖父の日」でした。
恵利紗さん、ありがとう❣ いつも直人と斗史希のお世話をしてくれて。


ヘンリー・ナウエンの冒頭の言葉、
「労働の実は二世代後に収穫されるでしょう。たとえ今、その結果が見えなくても信じなさい」
は真実ですね。
神様の憐みによって、長男直人は私の信仰の働きを引き継いでくれ、次男正人は教育の仕事を引き継いでくれました。
本当に感謝に絶えません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

利己主義と利他主義の人の正しい生き方

2018.06.18日
quote-1347.jpg


"Make yourself a priority once in a while. It’s not selfish, it’s necessary."
--Karen A. Baquiran - Writer
「ときには自分を優先しなさい。それは決して自己中心なことではなく、必要なことです」
--カレン・A・バクウィラン、作家
(訳 舟田譲二)


この世の中、いろんな人から成り立っています。
根っから利己主義の人もいれば、逆に利他主義の人もいます。
利他主義の人は、無意識のうちに自分を犠牲にして、他人の便宜や益を優先します。
今回の東海道新幹線内の刃物による殺傷事件(「幸せは習慣」)で、襲われて負傷しているふたりの女性を助けようとして命を落とした男性。
とても正義感が強く、弱者の気持ちを理解し、困っている人たちを助けるタイプの人だったと彼のことを知る人たちが証言しています。
このような人は普段からいつもそのような考え方をしているので、今回のような状況に出くわすと無意識のうちに人を救う行動に出てしまいます。


「そんなこと考えたことない」と言う人もいるでしょう。
ほとんどの人はそうかもしれません。言い換えると、これはごく自然なことで、別にとくに悪いというわけではありません。
ただ、冒頭でも述べましたように、この世には両方のタイプの人が存在していて、さらに細かく分ければ時には利己主義、別のときには利他主義、と状況によって違う面が出てくるという人も大勢いることと思います。


世の中、善し悪し関係なくいろいろな人から成り立っていて、一人ひとりがそれぞれの役割を果たし、お互いに補い合い、助け合って生きています。
でも、気をつけなければならないのは、利己主義の人がいつも自分の益のために利他主義の人を思うように操ろうとしたり、逆に利他主義の人がいつも自分を犠牲にして他人の益のためにのみ生きている、というのは健全な形ではないということです。


冒頭の言葉のように利他主義の人も、
「ときには自分を優先しなさい。それは決して自己中心なことではなく、必要なことです」
という考え方を心に銘記しておかなければならないのです。


常に自分を犠牲にして、他人を優先していると心身に悪影響を与え、バーンアウト、燃え尽きてしまうことにもなりかねないからです。
ですから、このようなタイプの人は意識して、自分を優先しなければならないのです。優先したからと言ってそれは決して利己的なことではなく、自分のために必要なことです。


また、周囲の人もいつもこの利他主義の人の恩恵に与かっているばかりでなく、ときにはその人のためにも気を遣い、なにか自分にできることをしてあげなければなりません。
この世の中は、所詮、両者のタイプの人によって成り立っているのですから。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

夢や願望を実現させる人

2018.06.15日
quote-1352.jpg


"Some people want it to happen, some wish it would happen, others make it happen."
--Michael Jordan, Former Professional Basketball Player
「何かを実現させたいと思う人がいて、実現できたらいいなと思う人がいる。しかし一方で、実現させる人がいる」
--マイケル・ジョーダン、元プロバスケットボール選手
(訳 舟田譲二)


昨日の「何度もの失敗のお陰で成功できた」に次いで今日もマイケル・ジョーダンの言葉です。


この世のほとんどの人が「何かを実現させたいと思う」最初のグループに属しています。
いい成績を取って志望校に合格したい、部活で活躍して優勝したい、大学卒業後希望する会社に就職したい、起業して一旗あげたい、理想の人と結婚して素敵な家庭を築きたい、好きな旅行をしたい、英語が話せるようになりたい、本を出版したい、庭付きの大きな家に住みたい、好きな◯◯社の車に乗りたい、自由にサーフィンして過ごせる身になりたい等々、望むところを挙げだせば切りがありません。


第二のグループの人は、そこまで強い願望はないけど、「実現できたらいいな」と夢を見ています。
10億円の宝くじが当たったらいいな、世界中をクルーズで巡れたらいいな、有名なスポーツ選手(俳優、歌手)になれたらいいな、あくせく働かずに趣味を楽しみながら楽に生きられたらいいな、ご馳走を好きなだけ食べてスリムな身体でいられたらいいな、健康寿命が伸ばせてゆったりした老後を送れたらいいな、子どもや孫が立派に育ってくれたらいいな等々、「たら、たら」と言いながら一生を送ります。


もちろん、この2つのグループに属さない第3のグループの人たち、すなわち「どうせ無理」と初めからあきらめている人たちもたくさんいます。「やるだけ無駄」「うまくいかなくてがっかりするぐらいだったら、初めから何もしないほうがまし」と考える人たちです。


さらには第4のグループの人たちもいます。
そもそも夢を持つことすら知らない、ホームレスなどその日暮らしの人たちです。
貧しい国や、内戦にある国に生きる人たち、難民など。


ところが、一方で自分の望むことを一つひとつ実現させていくことのできる人もいます。


上のケースをもっとわかりやすい「痩せる」というたとえで説明してみましょう。
「痩せる」ことがいいとか、痩せなければならないといったバイアスで言っているのではなく、ただわかりやすい例として挙げているだけなので誤解のなきよう。


第1にグループは「痩せたい」と思う人たち。
第2のグループは「痩せられたらいいな」と思っている人たち。
第3のグループは「どうせ無理。痩せられるわけがない」と考えている人たち。
第4のグループは「痩せる」という選択肢すらない環境の中にいる人たち。


そして、第5のグループは「ライザップ(笑)に行って痩せる」人たち。
もちろんライザップに行けるだけのお金がある人はいいですが、そうでない人たちはどうでしょう。
いいえ、たとえお金がなくても、本当に痩せたい、痩せなければならないと思っている人たちは、ひたすら日常の生活の中で食事療法や運動療法などをして痩せます。


ごく少数ではありますが、痩せたいと思ってもそれが許されないような環境の中にいる人たちも実際にはいるでしょう。
しかし、一部のケースを除くと、大半の人たちは自分の意志、選択で痩せることができます。
タバコやアルコール、薬物、ギャンブルなどの依存症も同様です。
「やめたい」「やめられたらいいな」「やめられるわけがない」などと思っていたら、やめられる可能性はほとんどゼロです。


実際に、痩せたり、依存症を脱したり、はたまた仕事や結婚で成功する等々は、自分の決断と選択でできることです。
そしてもし万が一、できない環境にあるけど、真剣に願っているならば天が助けて、協力してくれる人を送ってくれます。
本当に意志さえあれば、何とかして道を開くことができるものです。
「実現させる人」とは、必ずしも恵まれた環境にある人とは限らず、どのようにしてか道を切り開く決意をしている人たちです。
バスケの神様、マイケル・ジョーダンのように。
また、籠の中の鳥のように。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

ためしてガッテン! 若さの秘訣は

2018.06.02日
francisbacon1.jpg


"I will never be an old man. To me, old age is always 15 years older than I am."
--Francis Bacon (1561-1626), English philosopher, statesman, scientist, jurist, orator, and author
「私は決して年寄りにはならない。私にとって老年とは、いつでも自分の今の年齢よりも15歳年上のことだから」
--フランシスコ・ベーコン、英国の哲学者、政治家、科学者、法学者、弁士、作家
(訳 舟田譲二)


フランシスコ・ベーコンと言ったら「知識は力なり」と言われるぐらい、この名言でよく知られている16〜17世紀にかけてのイギリスを代表する哲学者です。ほかに政治家、科学者、法学者、弁士、作家と、天が二物どころか四物も五物も与えた類いまれなる有能な人物です。
「独力では果たせなかったものの学問の壮大な体系化を構想していた。体系化の構想はフランス百科全書派にも引き継がれる」とWikipediaにもあります。


上の名言はあまり知られているわけではありませんが、私と波長がピッタリ合い、こういうのが大好きです。
400年近くも前に生きていた人ですから今とは平均寿命も違いますが、65歳で亡くなっています。彼流に言い換えると、80歳ぐらいの年齢で亡くなられたいうことになります。
2日前、所用があって書店に行き、興味のある本を何冊か立ち読みしていたところ、健康関連の本の中に「見た目の老けは身体の内面の老化の表われ」とありました。


昨日、銀行に行ったら、昼過ぎだったせいかほかに客がいなくて、いつもの私の担当(?)の受け付けのお姉さんならぬおばさんとちょっと話がはずんでしまいました。
先月、孫が生まれて3週間ほどロスのほうに行ってきました、と言って斗史希を抱いた写真をお見せしたところびっくりされました。


IMG_3258.jpg


受け付けのおばちゃん曰く、
「えっ、お孫さんがいらっしゃるのですか!?」
「ええ、初孫が生まれました」
「えーっ、まだまだそんなお年には見えませんよ」
「実は向こうでも、若いおじいちゃまですね、息子さんは先生が20歳のときのお子さんですか?とか、今48歳ぐらいですか?とか聞かれましたよ」
「いやー、私もそのぐらいのお年だとばかり思っていました」
「いえいえ、今月68になりますよ」
「えーっ!全然見えません」
話しをしていたら、他の店員さんも何人かそばに寄って来て「そう、若い、若い!」と言いながら、ほかの写真を覗き込んで、皆さん「可愛い〜!」の連発。
こういうのを至福の時と言うのでしょうか。


確かに、私自身もまだまだ年を取ったとは感じず、フランシスコ・ベーコンじゃないですが、自分ではまだ15歳若い53歳ぐらいのつもりでいます。
高校のときの同窓生に、「舟田は甘い!もうそんなに若くないよ。我々はもう立派な高齢者だよ」と叱られました。


でも、健康維持のために毎朝チェックしている体組成計に乗ると、「体内年齢42歳」と出ます。


IMG_3257.jpg


なぜこのような数値が出るのか自分でも不思議でならないのですが、面白いことに毎年誕生日が来ると、体内年齢も1歳年を取ります(笑)。
誕生日が来て体内年齢は43歳に。ベーコン流にこれに15歳足すと「58歳」。
実年齢から15歳引くと55歳。
まあ、いい線いくか。
うん、私はまだまだ若い。


昨日も夕方、少し肌寒くなった6時40分に家を出てウォーキングしてきました。
Tシャツにショートパンツという出で立ちでしたが、15分もすると身体がポカポカ温かくなってきて、それまで冷たく感じていた風も平気になり、帰ってきたら汗をかいていました。
ここ1か月の平均歩数はずっと1万歩以上(毎日6〜8km)をキープしています。


気持ちを若く持つことと、食生活と運動と睡眠の健康の三要素をしっかり守るなら、だれでも実年齢よりも15歳ぐらい若くいられますよ。若く見える俳優や女優さんたちも皆さん、これを実行していらっしゃいます。
嘘だと思ったら試してみてください。
きっと「ためしてガッテン!」になりますよ。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたはどのような生き方がしたいですか?

2018.06.01日
quote-1327.jpg


"Love life, engage in it, give it all you’ve got. Love it with a passion because life truly does give back, many times over, what you put into it."
--Maya Angelou – 1928-2014, Poet, Singer, and Activist
「人生を愛しなさい。人生を楽しみなさい。あなたの持てる限りのものを人生に捧げなさい。情熱をもって人生を愛しなさい。あなたが人生に捧げるものは本当に何倍にもなって戻ってくるから」
--マヤ・アンジェロウ、詩人・歌手・公民権活動家
(訳 舟田譲二)


詩人、歌手、女優であるとともに、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアと一緒に公民権運動に参加した活動家。
8歳のときに母親の恋人にレイプされるという痛ましい経験をし、それ以来人間不信になります。
しかし、愛と希望の力に目覚めて、16歳でサンフランシスコで初の黒人女性車掌になり、それがきっかけで積極的な人生を歩み始めます。
『歌え、翔べない鳥たちよ』 (I Know Why the Caged Bird Sings)は、1930年代〜40年代にかけての偏見と差別の中で過ごした貧しい子ども時代の自身の体験をつづった自伝。
彼女は作家として一躍有名になります。
1993年、ビル・クリントンのアメリカ合衆国大統領就任式にて自作の詩を朗読し、2011年には大統領自由勲章を受章。全米の人々が尊敬する黒人女性作家でした。
「希望の虹」より)


幼いときからこのような耐えがたい苦しみ、悲しみ、辛さ、貧しさを経験していましたが、その後マヤ・アンジェロウは自力でそこから這い上がり、努力して自らの人生を切り開いていきました。やがて仕事に就き、この経験から自信を築いていって、詩人、歌手、女優、作家、公民権活動家になり、多くの理解者、協賛者を得るに至りました。


彼女の人生を思うなら、私たちの悩みや悲しみや辛さなど、本当に取るに足りないものです。
その彼女が、冒頭のように、
「人生を愛しなさい。人生を楽しみなさい。あなたの持てる限りのものを人生に捧げなさい。情熱をもって人生を愛しなさい。あなたが人生に捧げるものは本当に何倍にもなって戻ってくるから」
と言っているのです。


人と比べて卑下したり、落ち込んだり、不平を言ったり、人生を儚(はかな)んだり、あるいは喜びや希望のない人生を送ったりしていては、限られた人生の日々があまりにももったいないです。
どのような環境にあろうとも、自分の生き方は自分が選択するのです。
せっかく与えられた命、あなたはどのような生き方がしたいですか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

水の上に石を投げよ!

2018.05.31日
quote-1337.jpg


"I alone cannot change the world, but I can cast a stone across the water to create many ripples."
--Mother Theresa – 1910-1997, Saint
「私はひとりで世界を変えることはできません。でも、水の上に石を投げてたくさんのさざ波を起こすことはできます」
--マザー・テレサ
(訳 舟田譲二)


マザー・テレサが残した数えきれないほどの名言は時代を超え、国や文化を超えて人の心を動かします。
今日の言葉はいかにもマザー・テレサらしいまさに金言中の金言と言えるものです。私の大好きなたぐいの言葉で、魂を揺さぶられます。


マザー・テレサはその謹厳実直な生き方そのものが多くのことを語り、世界中の数えきれないほどの人々の人生を動かしてきました。口先だけで綺麗事を語るのでなく、まさにそのままの人生を歩んだ方でした。


今日の金言、
「私はひとりで世界を変えることはできません。でも、水の上に石を投げてたくさんのさざ波を起こすことはできます」
は、私たちすべてに語られている言葉です。
マザー・テレサはあの小さな身体で、多くを語らず、世界中の弱者のために「水の上に石を投げてたくさんのさざ波を起こし」て、その結果世界中の人々の心を動かし、人々の心の中に愛の炎を起こし、その輪を広げていってくれました。


私たちもマザー・テレサに倣い、たとえ大きなことはできなくても、さざ波を起こす石を水の上に投げ続けようではありませんか。小さな行動が積もり積もって世界を変えます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

1%の奇跡

2018.05.29日
IMG_3241.jpg


“There are two ways to live: you can live as if nothing is a miracle; you can live as if everything is a miracle. “
ーーAlbert Einstein
「二つの生き方がある。奇跡など一つもないという生き方。もう一つは、すべては奇跡という生き方」
ーーアルベルト・アインシュタイン
(訳 舟田譲二)


毎日新聞が26、27両日に行った全国世論調査で、日本大アメフト部の選手が危険な反則タックルをして関西学院大の選手にけがをさせた問題を巡り、内田正人・前監督やコーチら指導者は反則を指示していないとする日大側の説明に対して「納得できない」とする回答が82%を占めた。「納得できる」は1%にとどまった。
(この事件の経緯については、「泣けました!」「あなたの人生はここで終わるわけではない」をご参照ください)


実際のところ、納得できないという人が100%だったとしても不思議でないような状況で、納得できると答えた人が1%いたというのは、日大にとっては本当にありがたい、最後の一縷(いちる)の望みの1%です。


前監督・前コーチによる記者会見、そしてそれに続く日大学長による謝罪会見も、ほとんどの人にとって空しく聞こえました。
日大アメフト部の現役選手、父母会、そしてアメフト部OBまでそろって上の会見について納得できないと異議を唱え、関東学連も「監督とコーチの指示を認定する方針」、関東学生アメリカンフットボール連盟も月内には臨時理事会を開催し、処罰について最終的に審議・議決する見込み」と発表しました。


このような中で1%の人が納得できると言っている今、日大側が自らの非を認めて真に謝罪し、関学側と和解することのみが、唯一のこの問題の解決の道です。たとえ、日大が言うように第三者委員会を立ち上げて調査しても、これまでと似たり寄ったりの結論を出すならば、それこそ日本全国民を敵に回し、日大が汚名を挽回する最後の機会も潰(つい)えてしまいます。


勇気を出して最後の1%に賭けてください。
そうするならば、私の期待するもう1%の劇的な奇跡の大展開もあり得ます。
それは、日大の加害者学生と関学の被害者学生の間で完全な和解と新しい友情の誕生、それに伴う両大学間の信頼回復と、試合再開にとどまらない関係修復とこれまでにない緊密な関係構築です。
そして、これこそが大学の教育の一環という場での、勝ち負けを超えた本来のスポーツの目的・意義ではないでしょうか。
これができるなら、この忌々(いまいま)しい事件がのちに美談として語り継がれるとこになり、それこそ映画化されるというような展開になったとしても不思議ではありません。
でも万一、日大が当該学生を退学処分にでもしようものなら、日大の信用は完全に失墜し、最後の1%も完全に消えてしまうことでしょう。


「二つの生き方がある。奇跡など一つもないという生き方。もう一つは、すべては奇跡という生き方」
私はアインシュタイン同様、奇跡を信じる者です。
日大側の勇断に期待しています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

またまた大泣きに泣きました

2018.05.27日

「あなたのパンを水の上に投げよ、多くの日の後、あなたはそれを得るからである」
(伝道の書11:1)


私の敬愛する故榎本保郎先生による『旧約聖書一日一章』は、デボーションで毎朝読んでいる書です。
昨日の箇所は上の伝道の書11:1からでした。
毎朝、その日ごとに大切なことを教えられ、恵まれ、感動するのですが、とくに昨日のこの霊想からは初め大笑いして泣き、次に感動して泣き、最後は感謝して大泣きに泣きました。
シェアさせていただきます。


有名な言葉である。元来は慈善行為をすすめるものだとの説もあるが、伝道に関してこの言葉がよく引用される。


私が同志社の神学生のとき、牧師に連れられて路傍伝道に行ったことがある。提灯(ちょうちん)と木箱をさげて街頭に立ち、そこで牧師は説教をした。葵祭りの宵であったと記憶する。大勢の人たちが街に出て行き来していた。牧師はこれらの人たちに向かって説教したのであるが、だれ一人足をとめて聞く人はなかった。説教が終わると牧師は私にも何か話をせよと言った。私は大きな声で「皆さん」と呼んだが、やはりだれも足をとめてくれなかった。ただいたずら盛りの子供が前をちょろちょろしているだけであった。話が終わってなんともいえぬ気持ちで教会に引き上げてきた。片手に木箱、片手に提灯をぶら下げた私の姿は見るもあわれであった。私は恥ずかしさと、信仰に耳をかさない人々に対する憤りとで腹が煮えくり返っていた。そんな私を心ない子供たちが「アーメン、ソーメン、ヒヤソーメン」と言ってからかった。私はうしろをふりむき、彼らをにらみつけてやった。


教会に帰りつくと牧師はすぐに私に感謝祈祷会をしようと言った。私はこれを聞いてまた腹が立った。「何が感謝や、これやからキリスト教はだめなんや、腹が立てば腹が立っていいじゃないか。その方がよほど正直や」。しかし、牧師に促されてしかたなく祈祷会に加わった。そのとき牧師は賛美歌の536番をうたおうと言った。


1.むくいをのぞまで ひとにあたえよ
こは主のかしこき みむねならずや
水の上に落ちて ながれしたねも
いずこのきしにか 生いたつものと
2.あさきこころもて ことををはからず
みむねのまにまに ひらすらはげめ
かぜに折られしと 見えし若木の
おもわぬ木陰に ひともや宿さん


私はこの歌をうたっている間に自分が恥ずかしくなり、いまさらのように自分の信仰のなさを恥じた。


それから20年ほどしたとき、私のところに同志社の神学部の新卒生が派遣されてきた。私は彼に面接をしながら、なにげなく彼の住所を見たところ、私がかつていた教会の近くであったので、20年前にこんなことがあったと彼に話した。話を聞いたいた彼は私の話が終わるのももどかしげな表情で私にこう言った。「先生、そのとき、アーメン、ソーメン、ヒヤソーメンと言ったのはこのぼくです。ぼくはあれからしばらくして教会に行くようになったのです」。私はあまりにも奇(くす)しき神のみ業に、しばらく何も言えなかった。まことに「多くの日の後、あなたはそれを得る」であった。


私はこれを読んでいて、これまでの私の人生が走馬灯のように頭の中を駆け巡りました。
私も神学生のとき、提灯と木箱は持たなかったものの、通りで賛美歌を歌い通りゆく人に路傍伝道したこともありました。ですから榎本先生のお気持ちは痛いほどよくわかりました。
そして、高校生の頃の出来事(「神の存在は証明できるか」)。
アメリカ留学中の榎本保郎先生の『ちいろば』との出合い(「生まれ変わり」)。
私が小学4年生のとき教育実習で来られた西村先生と榎本和子先生との出会いのシーン(「京都はとても暑く、私も熱かった!」)。
ちょうど1年前のゴールデンウイークの榎本和子先生との再会(「今日もいくつもの素敵な出会いが」)。
これらのことを思い浮かべながらお祈りしているともう感謝で泣けて泣けて。ティッシュで鼻をかみながら祈りました。
隣りで心を合わせて祈っている妻も泣いていました。


私の知らないところでパンが投げられていたのです。
知らないところであなたのためにもパンが投げられています。そして、それをあなたは多くの日の後に得るのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

より幸せになるための13の方法

2018.05.26日

私たちにはだれでも自分を幸せにする力があります。
一日の中で良かったことをいくつか書き留めるといったことから、ただ単に微笑むことまで、現在よりももっと幸せになるためにできるヒントがここにあります。
科学的に証明された幸せになれる方法を、Business Insiderが「幸せになるための13の方法」として公開しています。
13 Scientifically Proven Ways To Be A Happier Personより)


1.人のためにお金を使う
自分のためにお金を使うよりも他人のためにお金を使うほうが幸せになれる、という研究が『心理学紀要』の中で紹介されています。
「収入の大きさにかかわらず、他人にお金を使っている人がもっとも幸せな人」とこの研究は結論しています。自分のためにお金をぜいたくに使う人よりも、慈善事業や他人のためにお金を寄付する人は普通の人よりもつねに幸せに感じています。


2.天から与えられた恵みを数える
一日の終わりに、その日に受けた感謝できることを3つ書き留める人は、この習慣を持っていない人たちよりはるかに幸せに感じていると、ペンシルベニア大学教授マーティン・セリグマン氏などが研究の結果明らかにしています。
特別なことでなく、たとえばあなたの好きな人があなたに微笑みかけてくれたとか、夫や妻があなたに好物のデザートを買ってきてくれた、といったほんのちょっとしたことでいいのです。


3.なにか新しいことを試してみる
研究によると、冒険に出かける人やなにか新しいことにチャレンジする人、普段の生活に変化をつける人は一般的により幸せに感じているということが明らかになっています。
新しいことを試すと運動機能を高め、同時に頭脳を活発化します。


4.楽しみをとっておく
楽しみにしているとより一層幸せになります。
楽しい出来事を期待するのは私たち人間の本質だそうです。夕飯のご馳走やデザートを楽しみにしているだけで幸せになれます。


5.青い色を見る
サセックス大学の研究によると、青い色を見ていると自信が生まれ、ストレスが減少し、幸せ感が増幅するそうです。
『デイリーメイル』紙によると、私たちの青に対する好感は、「午後の青空が一日の満足感と夜の熟睡を結びつけていた」という私たちの先祖の考えからきているということです。


6.目標設定する
心理学者ジョナサン・フリードマンは、短期・長期目標を設定する人は設定しない人よりも幸せ感が強いと言います。
また、ウィスコンシン大学の神経科学者リチャード・デイビッドソン氏は、設定した目標に向けて頑張っている人はポジティブな感情を活発化させるのみならず、ネガティブな感情を抑え込むということを発見しました。


7.自分の意見に固執しない
『究極的な幸福の処方箋』の著者Dr. ディーパック・チョプラは、中立性を維持することは自分を幸せにする最善の方法だと言っています。
「自分の意見に固執することをやめると、心理的なエネルギーの消費を99%抑えることができ、より幸せに感じることができる」とチョプラ氏は語っています。


8.教会に行く
最近の研究の結果によると、定期的に教会に通っている人はそうでない人よりもはるかに幸せに感じ、自分たちの生活に満足しているということです。
メルボルン大学教授ブルース・ヒーディー氏は、25年間にわたって教会に通っている人たちを追跡調査したところ、彼らは肥満にならずスリムな状態を維持し、仕事について悩むこともなく、感情的に落ち着いたパートナーと結婚生活を続けていたということを発見しました。


9.毎晩少なくとも6時間の睡眠をとる
イギリスのイエオ・バレー社が18歳から65歳の人々を調査したところ、毎晩約6時間15分途中で目覚めることなく眠っている人たちは、幸せ度を5段階で5と答えたそうです。


10. 通勤時間は20分以内
上のイエオ・バレー社が行った調査によると、通勤時間が20分以内の人たちが幸せ度を5で評価しました。通勤時間が心身の健康にも影響を与えています。


11. 少なくとも10人の良い友人を持つ
ノッティンガム大学の研究によると、10人の良い友人を持っている人は、5人もしくは5人以下の友人を持っている人と比べると、より幸せに感じているということです。
「多ければ多いほど楽しい」というのは事実で、友達は多ければ多いほど人は幸せに感じています。
自分たちの幸せのためにも友人関係を豊かにすべきだと結論づけています。


12. 幸せになるまで幸せのふりをする
ちょっと大変そうに見えるかもしれませんが、実際にはたとえ悲しくても幸せそうに行動していると本当に幸せになれます。
いくつかの研究の結果も、ただ微笑んでいるだけでも人は幸せになれるということを証明しています。


13. 愛情関係
愛する人がいると人は幸せになれるものです。
コーネル大学の研究によると、幸せな結婚生活をしているかどうかでその人の健康や幸せの度合いが決まるそうです。
お互いに相手に対するコミットメントが強いほど、そのような関係の中にいる人は幸せに感じます。
(訳 舟田譲二)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

どのような人生を歩みたいですか?

2018.05.25日
quote-1331.jpg


"Life is made of memorable moments. We must teach ourselves to really live…to love the journey not the destination."
--Anna Quindlen – Author and Journalist
「人生とは一瞬一瞬の素敵な思い出からできている。目的地そのものではなく、旅路を楽しみ、日々を思いっきり生きることが何よりも大切」
--アナ・クウィンドレン、作家・ジャーナリスト
(訳 舟田譲二)


私たちは経験則的に「今の瞬間を楽しむ」ことの大切さを知っています。
だからこそ、友達やボーイフレンド、ガールフレンド、家族と過ごす時間を楽しもうとし、あるいはサーフィンやゴルフ、テニスなどのスポーツや、釣りや将棋、読書など趣味を楽しみ、人によっては仕事をも楽しみます。
そして、これは素晴らしいことです。


つい先日、「いい人生を生きる秘訣」という記事を書きましが、その中でも「日々の生活を楽しむことがいい人生を生きる秘訣。もっといい日が来るのを待って、先の日を楽しみにしていてはいけない」というマージョリー・ペイ・ヒンクリーの言葉を紹介しました。
明日や10年先、20年先などの人生を待ち望んでいてはだめなのです。なぜなら、先の日を楽しみにしていると、「今」という瞬間を楽しむことを忘れてしまうからです。
だれも将来、未来に生きることはできず、今を生きるよりほか何もできません。


しかし、ここにもうひとつ大切な真理が隠されているのを見逃してはいけません。
今のこの一瞬一瞬を楽しむ生き方は享楽主義的な人生につながりかねません。
すなわち、快楽を人生の目的として、これを追求する生き方。苦労を避けて、安楽に生を楽しもうとする快楽主義に陥りがちだということです。
実際のところ、多くの人がこの罠に陥ってしまっています。快楽主義こそが生きる目的のように勘違いしているのです。


たとえば、パチンコや競馬、競輪など一攫千金を狙って毎日毎日、時間とエネルギー、財を費やしている人がいます。あるいは、振り込め詐欺のように人を騙してでもお金を得たい、楽してお金を得て遊んで暮らしたいといった生き方もそうです。
美味しいものを食べて、高級車を手に入れ、旅行をし、贅沢な生活をすることが人生の目的になると、それは空しいことです。
それだけが人生ではない、人生の真の目的ではないからです。
もし、それが人生の目的であるなら、ほかの動物となんら変わるところがありません。
だから、そのような生き方をしている人は、何をしても、どんな贅沢をしてもきりがなく、心底から満足することはないのです。


「今」という瞬間を楽しめ、ということと一見矛盾しているかのように見えますが、これは真理の両面であって決して矛盾ではありません。
人生の真の目的を追求しつつ、今の瞬間瞬間を楽しみ、味わうことはもちろん可能なことであり、またしなければならないことです。
享楽主義ではなく、現実的目的追求主義です。
このような生き方こそが、私たちに真の幸せをもたらすものと私は信じて疑いません。
また、この地上の生涯だけでなく、その後の命もあると思うなら、また私たちを超えた超越的な神という存在を信じるなら、当然のことながら生き方は変わってきます。
皆さんはどのような人生を歩みたいとお考えですか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

私の近況報告

2018.05.18日
quote-1323.jpg


"The best way to pay for a lovely moment is to enjoy it."
--Richard Bach – Author
「素敵な時を過ごしていることに対する一番の感謝の表し方は、その時間を楽しむことだ」
--リチャード・バック、作家
(訳 舟田譲二)


"The best way to pay for a lovely moment" の 'pay' は文字どおりには「支払う」「代価を払う」という意味です。
すなわち、'a lovely moment' 「素敵な時間を過ごしていることに対する、感謝の気持ちの表し方の一番の方法」というのが原義です。
ですから、そのような「感謝の気持ちの表し方として一番の方法」は、「その素敵な瞬間を楽しむこと」だと言っているのです。


ちょうど一昨日の記事、「いい人生を生きる秘訣」の中にも書きましたが、いい人生を生きる秘訣は、「今」というこの瞬間を楽しむことです。
そして、素敵な瞬間を過ごしていることに対して感謝の気持ちを表す最善の方法は、その瞬間を思う存分楽しむことなのです。
つまり、一昨日の記事の言葉と今日の言葉は 'hand in hand' 「表裏一体」です。


還暦を迎える少し前から体調を崩し、それに続く父の召天、義母の交通事故と入院、妻の実家での看病生活、その直後に起こった東日本大震災と妻のいないしわ寄せによる多忙など、極度のストレスが相次ぎ、私も倒れて仕事ができなくなりました。
毎日、吐き気やめまいに襲われ、味覚・聴覚・嗅覚異常、うつ、幻覚・幻聴、睡眠障害、記憶障害、激やせ(2か月で体重−10kg、ウエスト−10cm)などの症状が現れて、しばらくは自宅でほとんど寝たきりの生活を余儀なくされました。
あちらこちらの病院にかかって検査、診察してもらっても原因不明。
のちに5つ目の病院の検査で脳波の異常が発見され、てんかんと診断。
こんな生活が5年ほど続きました。


そんな中、このままでいたら本当に一生寝たきりの生活になると思い、少しずつ外に出てウォーキングを始めました。最初は、10分歩くだけでふうふう、心臓はドキドキ。
やがて30分、1時間歩き、そのうちに8km、10km...20kmと伸ばしていきました。
そして、もう治ったかと思ったのが今からちょうど3年前(「絶"不"調から絶好調へ」)。
ところが、その直後に今度は繊維筋痛症を患い、全身の痛みでまたウォーキングができなくなりました。


でも前回の病も、今回のも信仰によって打ち勝ちました。
そして、今またウォーキングに励み、健康作りに再チャレンジしているところです。
毎日、そして一瞬一瞬を楽しみながら。


IMG_3170.jpg


ここ数日はほぼ毎日10km前後ウォーキングしていますが、背後で私のために祈って支えてくださっている方々や家族に心から感謝しつつ歩きながら祈っています。
そして、今の健康を感謝するだけでなく、目に入る景色や新緑の匂い、ホトトギスやカラスの鳴き声、小川のせせらぎ、海の波の音、潮の香り、涼しい海風などの自然だけでなく、途中行き交うウォーキングしている人やジョギングしている人、犬を散歩に連れている人やサーフィンしている人たち等々、目に入るすべてのものが新鮮で美しく、もう本当に一瞬一瞬を心ゆくまで楽しんでいます。


今日の言葉、
「素敵な時を過ごしていることに対する一番の感謝の表し方は、その時間を楽しむことだ」
はまさに私の今の人生そのものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

いい人生を生きる秘訣

2018.05.16日
The%20trick%20is.jpg


"The trick is to enjoy life. Don’t wish away your days, waiting for better ones ahead."
--Marjorie Pay Hinckley - Author
「日々の生活を楽しむことがいい人生を生きる秘訣。もっといい日が来るのを待って、先の日を楽しみにしていてはいけない」
--マージョリー・ペイ・ヒンクリー、作家
(訳 舟田譲二)


「いい人生ってニャンだ?」


明日、来週、来月、来年、10年先、30年先のことをいつも心待ちにしながら生活していたら、人生を心から楽しむことは一生できません。


早くテストが終わったらいいのに。
早く学校を卒業したい。
早く成人して、自立したい。
いい仕事に就きたい。
もっとお金を稼ぎたい。
いい人に出会って、早く結婚したい。
早く子どもがほしい。
子どもに早く育ってほしい。
いい車がほしい。
いい家に住みたい。
旅行がしたい。
いい人生を生きたい。
こうなったらいいのに。
あれがほしい。これもほしい。
もっと、もっと、もっと...


私自身、これまでの人生を振り返ってみたら、なんだかつねに上のようなことを考えてきたような気がします。
将来に夢があることは素晴らしいことです。
でも、今になってみれば、その時、その時の学校の勉強や、友達とのつき合いや、結婚生活や、子育て、仕事をもっともっと楽しんでいれば良かった、と。
確かに私なりに何事にも一生懸命取り組み、これまで生きてきました。だから、決して後悔しているわけではありません。
しかし、いつも先のことに目を向けていたために、その瞬間、瞬間を十分に楽しんでいなかったような気がするのです。


私たちが生きることができるのは、「今」というこの瞬間だけです。
来年どころか、明日、いや1時間先も、1分先も生きることはできません。


「今」という瞬間に目を向けるなら、感謝できることはいくらでも見つかります。
たとえ勉強や仕事で苦労していたときでも、子育てで困っていたときも、健康を害していたときでも、今振り返ったらその時、その時、神様からの恵みは数えきれないほどいただいていたし、祝福されていました。


いつも、明日、来週、来年...というふうに先の人生を考えていたら、「今」を見失ってしまいがちです。すると、今の幸せ、感謝を十分に見つけることができなくなるのです。


だから、「今」あるがままを楽しむのです。
現在の状態を最大限に生かすのです。
人生で最高の祝福は、「今」この瞬間、私たちの目の前に横たわっています。
楽しむのを先送りにしたら、今が十分に楽しめなくなります。
しょせん人生というものは、「今」という瞬間の積み重ねが、明日、来週、来年、20年先に結果となってついてくるものなのです。
そして、これこそがいい人生を生きる秘訣です。
ああ、このことに「今」気づいて良かった。
これからの生き方が変わってくるぞ!


と、昨日はこんなことを考えながら、夕方5時40分に家を出て、真っ暗になるまで2時間25分、16670歩、10.3kmの大磯海岸までのウォーキングを楽しむことができました。
これほどまで健康が回復したことに心から感謝した次第です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人に与えられたとてつもない能力

2018.05.14日

"When you dance, your purpose is not to get to a certain place on the floor. It’s to enjoy each step along the way."
--Wayne Dyer – 1940-2015, Author and Speaker
「ダンスするとき、フロアのある場所まで移動することが目的ではない。目的はその場所に行くまでのステップを楽しむことである」
--ウェイン・ダイヤー、作家・モチベーショナルスピーカー
(訳 舟田譲二)


昨日の記事「安上がりで効果てきめん英語学習法」に、その前日の土曜日にカイトサーフィンをしているオーストラリア出身の方とお友達になったと書きました。
昨日の礼拝後、そのことを柿谷牧師にお話ししたところ、すぐ近くにお住いの柿谷先生は歩いてよくこの海岸にいらっしゃるようで、写真のサーファーをこれまでしばしば見かけていてご存じでした。


さて、このカイトサーファー、エドワードさんの見事なサーフィンぶりを見ていていろんなことを教えられました。


まず第一に、その見事なサーフィンの腕前。
平塚で唯一の遊泳地区になっている防波堤のテトラポッドで囲まれたところを、本当に自由に左から右へ、右から左へとスイスイと気持ちよさそうに水の上を滑っていらっしゃいました。
風はほとんど同じ方向からずっと吹き続けているのですが、エドワードさんは風の向きがたとえどちらからであれ、自由に操り、膝をかがめてスピードを落として、最後は水面に背中をつけるまで身を倒してピタリとストップします。
カイトを操るバー(手で握る棒)とライン(バーとカイトをつないでいるひも)を実に見事にコントロールしています。別のカイトサーファーと近距離ですれ違うときも、しっかりコントロールし、決してぶつかったりラインが絡まったりすることはありません。
私など力がないから無理、とエドワードさんに言ったところ、実は力はほとんどいらず風を利用するだけだと言います。
しかし、10代の頃からずっと普通のサーフィンをやってきて慣れていたエドワードさんでさえ、カイトサーフィンでは最初のうちカイトをうまくコントロールできず、沖合まで風に流されて遭難しそうになったことが何度もあったそうです。
私だったら確実に遭難していて、今頃は天国にいることでしょう。
エドワードさんが、カイトサーフィンは50代から60代の人もたくさんやっているから試してみたらと誘ってくれましたが、そもそも運動音痴の私は見て楽しむだけで十分です (笑)。


このことから、人生も同じだなぁとつくづく思いました。
エドワードさんも最初はなかなかコツがつかめずに何度も沖に流され苦労していましたが、持ち前の根性と努力でこの難関を乗り越え、今では自由に操って楽しんでいます。
同様に、誰の人生にも荒波や逆風はつきものです。
困難に出合ったときに「もうだめ」と言って簡単に諦めて自暴自棄になったり、ギャンプルやアルコール、暴飲暴食に逃げたり、中には自死してしまう人すらいます。でも、人は試練を乗り越えるたびに強くなっていくものです。コントロールできるようになるまでは忍耐と努力、訓練が必要です。


kitemig.jpg


kite12.jpg


学んだことの二番目は、人間のすごい知恵と能力。
カイトサーフィンは数多くあるサーフィンの中でも比較的歴史の浅い(といってももう20年ぐらいになるそうですが)スポーツです。
もともとは、カイトすなわち日本でも昔から私たちがお正月に上げていた「凧」です。
この凧とサーフィンを結びつけて遊びにし、さらにスポーツに、そして競技にする、という知恵には驚かされます。


エドワードさんとも話していたのですが、1970年代に観ていたテレビ番組『ハワイ5-0(ファイブオー)』で初めて見たサーフィン(当時は「波乗り」と言っていました)に度肝を抜かれたものですが、人はこれをどんどん進化させいろいろなスポーツを生み出してきました。同様に、昔の凧が発展を遂げ、ハンググライダー、パラグライダーやモーターパラグライダー、スノーカイト等々を生み出してきました。
エドワードさんが言っていましたが、これから20年先、30年先になったらどんなスポーツがさらに生まれているか想像もつかない、と。
そして、これらのスポーツは世界中の多くの人たちに愛されて広がっていき、やがて競技にまで発展します。
このことをエドワードさんに尋ねたところ、2020年の東京オリンピックでは多分神奈川か千葉かを会場にして、これらのカイトを使ったマリンスポーツも競技になっているだろうという答えが返ってきました。


yandy85042.jpg


asagirihannnititaikenn.JPG


sailor-sail-motorsegler-fly-preview.jpg


10000000015301_4Hg1NDNK_4.jpg


06f336f8-b2db-4ed3-bec7-5f0041af13a3.JPG


大昔、空を飛ぶ鳥を見て、あんなふうに自分たちも飛びたいな、と思って考えていた人は凧を生み出し、さらにそれは飛行機に発展し、やがてそれがこのような遊びやスポーツにもなっていったのです。人間の無限の頭脳と可能性に驚かされます。
他の動物に本能として与えられているさまざまな能力を見て、そこから新しいことを生み出す知恵を人は神様から与えられているのです。


動物のようにただ飛ぶことや泳いで生活することを目的とするのではなく、私たち人間はそれを活用して人生を楽しむことができるように生まれてきているのです。
できない私などのためには、見て楽しむこともできるように。
「ダンスするとき、フロアのある場所まで移動することが目的ではない。目的はその場所に行くまでのステップを楽しむことである」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

明るい将来を望むなら

2018.05.11日
quote-learn-from-yesterday-live-for-today-hope-for-tomorrow-the-important-thing-is-not-to-albert-einstein-8-72-83.jpg


"Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow.The important thing is not to stop questioning."
--Albert Einstein
「昨日から学び、今日のために生き、明日に希望を持とう。大切なのは疑問を持つのをやめないことだ」
--アルベルト・アインシュタイン
(訳 舟田譲二)


アインシュタインの名言です。
前半の「昨日から学び、今日のために生き、明日に希望を持とう」はおそらくどなたも同意されると思います。
でも、これと後半の「大切なのは疑問を持つのをやめないことだ」とは、いったいどのような関係があるのでしょうか?皆さん、おわかりですか?


まず前半の部分から考えてみましょう。
「昨日から学び」というのは、もちろん文字どおり昨日に限ったことではなく、「過去」全般を指しています。つまり、過去から学ぶということです。
「今日のために生き」は、文字どおり今日も含みますが、さらに言えば「現在」あるいは「今この瞬間」という意味でもあります。
「明日に希望を持とう」も、文字どおり明日のこともそうですが、明日以降、明後日もその次の日も、...「将来」という意味になります。


そこで、後半の「大切なのは疑問を持つのをやめないこと」とのつながりですが、たとえば昨日を含む「過去」を考えるとき、「なぜあのようなことをしたのか?」「なぜあのようなことが起きたのか?」など、自分自身あるいは世界の過去の失敗やさらに成功も含めて、「なぜ?」と疑問を持つことが歴史を学ぶことの意義であり、これを今日(こんにち)に、また将来に生かすことにつながるのです。
ですから、「起きてしまったことはしようがない」ではなく、過去の経験を生かすためにどうすればいいのだろう、と疑問を持たなければ過去は役立たない死んだものになってしまいます。歴史に興味のない人は、「過去はもう変えられないことだから仕方のないこと」と考えていますが、これは大きな間違いです。


次に、「今日」「現在」「今この瞬間」の生き方とのつながり。
これは、自分自身の、また世界の将来は「今」にかかっているから、今をどう生きるか、ということを私たちは絶えず考えなければならないのです。
「今この瞬間」自分はどのように生きればいいのだろう、人とどのような接し方をすればいいのだろう、仕事や勉強に対してどのように取り組めばいいのだろう、今自分がこの行動を取るならそれは将来どのような結果をもたらすだろう等々、「今日のために生きる」にはどうすればいいのか自問しなければなりません。これが「今日」に疑問を持つということです。
「今」が将来を変えるからです。


そして、「明日に希望を持つ」ことにはどのような疑問を持てばいいのでしょう。
ハーヴィー・マッケイという作家が次のように言っています。
「楽観主義者は正しい。そして悲観主義者も正しい。あなたがどのようになるはあなたの選択次第だ」と。
「明日に希望を持てない」と考えている人は、悲観主義者です。そして、このような考え方をしていたら、まず間違いなく「明日」そして「将来」はそのとおりの人生になってしまいます。
そして、将来を楽観的に考える人はそのとおりの明るい人生を歩みます。
なぜ、そうなるのか、これも自分で考える必要があります。というのは、人に言われて納得できることではないからです。
自分の頭で「なぜ明日に希望が持てない」のか、考えなければなりません。
そして、自分で納得いく結論を出すことです。


私たちは疑問を持つのをやめたら、その時点で人生は終わってしまいます。
常に自分に問いかける。「なぜ?」「どのようにしたらいい?」「どうなるだろう?」と、過去・現在・未来のことを考えるとき、将来の人生は開けていきます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

感謝の心は人と人の心をつなぐ接着剤

2018.05.10日
quote-1314.jpg


"Appreciation is a wonderful thing: It makes what is excellent in others belong to us as well."
--Voltaire – 1694-1778, Writer and Philosopher
「感謝するというのは素晴らしいことだ。感謝によって他の人が持っている素晴らしいものを私たちも共有することができるからだ」
--ヴォルテール、文学者・哲学者
(訳 舟田譲二)


感謝する心は私たち人間が持つ最高の資質のひとつです。
「感謝しない心」とは、人になにかやってもらっても、そんなのは当たり前だと思います。
お金を払っているから当たり前、仕事だから当たり前、親だから当たり前、子どもだから当たり前、先生だから当たり前等々、「そんなことは当たり前」と思っていると感謝の心はなくなります。
そして、それはとてもさびしいことです。


店で物を買うとき、レジの人が「ありがとうございました」と言うと、私も必ず「ありがとうございました」と言います。バスを降りるときにも運転手さんに頭を下げて「ありがとうございました」と言います。
たんに儀礼的に言うのではなく、本当に感謝しているからです。


人から「ありがとうございます」とお礼を言われても、「こちらこそありがとうございます」と言います。ぎゃくにお礼を言わないと、なんか落ち着きません。実際、こちらもお世話になっているのですから。


感謝の気持ちをニッコリと笑顔や「ありがとう」「感謝しています」と言葉で表すと、そのときその人が持っている素晴らしいものを私たちも共有していることになります。
またそれは同時に、私たちの持っているものも他の人と共有するということです。
人間というのは、このようにしてみんなお互いを必要としていて、いろいろな面でお互いに助け合い、お世話になっているわけですから、感謝するのは当たり前なのです。
感謝することによってお互いの持っている素晴らしいものを共有できて、私たちはより豊かになります。


感謝の心は人と人の心をつなぐ接着剤です。
あなたは今日、だれかに感謝の気持ちを伝えましたか?
心がつながりましたか?
心がポカポカ温かくなりましたか?
もし、まだだったら、どんなに小さなことでもいいので感謝の気持ちを伝えましょう。
そうすることによってあなたの心も豊かになります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

男と女

2018.05.08日
kekkon.jpg


一昨日、お友達のふたりの若い女性に人生についていくつか尋ねられましたが、とりわけその中でも結婚のことについては年頃の女性にとっては大きな問題です。
どのようにしたら、この人こそ本当に神様に導かれている伴侶であると分かるのですか、と。
これはなかなか難しい質問です。
「この人こそ」と思っていても、結果的にはうまくいかないで別れることもあれば、「この人は違うだろう」と思っていたのに、いつのまにか結ばれてしまった、という人はきっとたくさんいらっしゃることと思います。
彼女たちに対する私の答えは...


「神様に導かれている結婚相手というものは不思議なようにして、次から次へと道が開かれていくけど、そうでない人は何らかの事情で道が閉ざされてしまう」
そう言ってしまえばどんな問題だって同じですが、こと結婚に関してはこれは真理だと思います。
ただ、もちろんこれだけではなく、心に平安があるとか、家族や友人など周りの人たちから賛成され祝福されているとか、相手と考え方や趣味、将来のビジョンなど波長が合うとか、その他さまざまな条件もあるでしょう。
逆に、これらの条件がすべて揃っていて、この人こそ神様が導かれた人だと確信して結婚したにもかかわらず、思っていたような人ではなく喧嘩が絶えず、結果的に離婚してしまった、という人もいます。


結婚というものは難しいものです。
そもそも、生まれ育ちの環境などがまったく違い、人格や考え方、感じ方も違い、しかも男女間の性差があって、結婚して一緒に暮らすということは当然のことながら、大小さまざまな問題が起こって当たり前です。
とくにこの男女差は思っている以上に大きいもので、テレビに出ていた結婚問題の専門家などは、「男性と女性はまったく別の生物だ」とやや誇張して言っていたほどです。


冒頭の言葉、
女は、結婚したら
夫に変わってほしいと思う。
でも夫は変わらない。
男は、結婚しても
妻に変わらないでほしいと思う。
でも妻は変わる。

はある意味、真理です。
おそらく多くの人にとって思い当たる節があるのではないでしょうか。


たとえば国際結婚を例にとると、もちろん例外はたくさんありますし、なにごとも一般化して言うことはできませんが、得てして日本人女性は外国人男性に優しさを求め、外国人男性は日本人女性に控え目、従順さを期待するという、いわゆるステレオタイプが一因していることもあります。私の叔母がそうでしたし、これまで似たようなケースをたくさん見てきています。
言い換えれば、これはなにも国際結婚に限ったことではなく、男性と女性は結婚するとき相手にある種の理想像を持っていてそれを期待するわけです。
しかし、実際には「そうは問屋が卸さない」のです。


それでは、どのようにしたらうまくいくのか、ハムレットじゃないですが、"To be, or not to be, that is the question." 「なすべきか、なさざるべきか。それが問題だ」「生きるべきか、死ぬべきか。それが問題だ」「やったろか〜↗、あかんか〜↘、ほな〜、どないしょ〜↗」(大阪弁版)。


これに対する私の答えは、ライザップじゃないですか「結果にコミットする」です。
利己的な考えで結婚すると、期待外れで失敗する可能性が高いです。
「利己的」というのは、相手にあれやこれやと期待し、注文をつけるということです。
これに対して、利他主義で相手に徹しようとするなら、すなわち「結婚生活をうまくいかせることにコミットする」決意がお互いのうちにできているなら、まずうまくいきます。
そのような決意ができていて、お互いにそのことを理解しているなら、逆にうまくいかないほうが不思議です。


聖書では結婚のことをこのように定義しています。
「男はその父母(ちちはは)を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである」
(創世記2:24)
そして、次のように勧めています。
「お互いに従いさい。
妻たちよ。あなたがたは、主に従うように、自分の夫に従いなさい。教会がキリストに従うように、妻も、すべてのことにおいて、夫に従うべきです。
夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい」

(エペソ5:22-25)


このように夫が命をかけるぐらいの気持ちで妻を愛し、妻がそのような夫に従う覚悟ができているなら、すなわちお互いに「コミット」できているなら、結婚は必ずうまくいきます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

固く握りしめた拳

2018.05.04日

"You cannot shake hands with a clenched fist."
--Indira Gandhi - 1917-1984, Prime Minister of India
「固く握りしめた拳で握手はできない」
--インドラ・ガンディ、インド首相
(訳 舟田譲二)


「固く握りしめた拳(こぶし)」は怒りの象徴です。
人は心の中で怒りを感じていたり、苦々しい思いを持っていたら無意識のうちに身体は硬直し、手は握り拳になっています。
握り拳を差し出して握手することはだれにもできません。お互いに握り拳を出すと殴り合いの喧嘩になります。


握手は挨拶のひとつの方法です。
挨拶するとき、相手のことを信頼していなかったり、恐れの感情を抱いていたり、敵対意識を持っていたりしたら握手はできません。


握手はまた同時に和解、仲直りの象徴でもあります。
人と何かで衝突して、不快な思いを抱いたままでいると、不整脈を起こし、血圧は上がり、呼吸は浅くなり、心拍数は上がり、健康上いいことはひとつもありません。
このようなときには、自分自身のために相手を赦すか、相手のために謝罪して赦してもらい、いち早く和解すべきです。
その和解、仲直りのしるしとして、固く握りしめた拳を解いて握手するのです。


quote-1309.jpg


「固く握りしめた拳」はまた緊張の象徴です。
緊張していると無意識のうちに握り拳になってしまいます。
このようなとき、相手の人が開いた手を差し伸べて握手を求めてくると、自分も手を開かざるを得なくなります。
握手はお互いの緊張をほぐし、その結果温かい心が伝わり、相手との距離を縮めて、良好な人間関係を築くことにもつながります。
固く握りしめた拳を開いて、積極的に手を差し伸べて握手し、友達を作りましょう。
友達の輪が広がっていくと緊張が解けて心が温かくなり、世界が広がります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

退屈で死ぬぐらいなら、情熱で死ぬ

2018.05.02日

“I would rather die of passion than of boredom.”
—Vincent van Gogh – 1853-1890, Painter
「退屈で死ぬぐらいなら、私は情熱で死のう」
--フィンセント・ファン・ゴッホ、画家
(訳 舟田譲二)


映画『炎の人ゴッホ』の中で「情熱の人」として描かれたゴッホですが、じっさいパッション(情熱)のかたまりのような人でした。
私も情熱の人です。ゴッホと同じく、退屈して死ぬよりむしろ情熱で死にたいと思っています。
あまりにも情熱的すぎて、下手をすると本当に情熱で死にかねません。
仕事において、また趣味でも、何にでも情熱を注ぎ、没頭するあまり自分のことを顧みなくなる傾向があり知らず知らずのうちに無理をしていまいます。ですから、後ろで手綱を引いてくれる人が必要です。私の場合それは家族や親しい友人であり、また神様です。神様がいらっしゃらないと暴走する危険性があります(笑)。


一昨日、テレビ番組でボーク重子さんという方を知りました。
重子さんは大学卒業後外資系企業に勤めていました。お付き合いをしていたアメリカ男性からある日、声をかけられました。
プロポーズかと思いきや、彼に言われた言葉は、「君は結婚したら、その後はどういうふうに生きていくの?」でした。
彼女が、「子どもを産んであなたの面倒を見たいと思います」と答えると、
「僕はそれだけの人はいらない」と言ってフラれてしまいます。


この失恋をきっかけに重子さんは自分探しにロンドンへ飛び、そこでアートを学びます。
現代美術史で修士号を取得後、南フランスで出会ったアメリカ人男性ティム・ジョゼフ・ボークさんと結婚し、米国ワシントンDCに移住。
そこで生まれたSkye(スカイ)さんを英才教育。
しかし、日本の大学受験のような教育ではなく、アメリカ流英才教育で、「自分で考え、自分からやる子ども」、「双方向のコミュニケーション力」、「心が折れない回復力」をつける子どもを育てるというとてもユニークな教育です。


重子さんは福島県の英語塾を経営するご両親の下で生まれ、英才教育を受けて育ちました。
そこでは絶えず他人と比較されていたため、自分を見失い、何のために生きているのかわからなかったそうです。
時間が無限にあれば暗記やドリルをさせ、テストで高得点をあげることもいいでしょうが、限られた時間の中で何が大切か考え、人格形成の大事な時期に子どもがパッションを感じることに打ち込める時間を与えたいと思いました。


そこでバレエを始め、ボランティアやいろいろな楽器、スポーツなどに触れるチャンスを与えて、その中で彼女が一番パッションを感じるものを探させたそうです。
家庭では食事の席で毎回、テーマを与えて家族でショートスピーチをする練習をしました。
その結果、バレエではプロのバレエ団からお誘いがくるほどの実力がついたそうですが、彼女は大学進学を決めました。


高い学費を少しでも自分でまかなおうと奨学金を得ることを考え、2017年7月、全米の女子高校生が知性や才能、リーダーシップを競う大学奨学金コンクール「全米最優秀女子高生」に応募し、見事優勝しました。最終審査は、抽選で引いた題目をその場でスピーチするというものですが、まさにこれぞスピーチというお手本のような素晴らしい名スピーチでした。
そして、今は全米の名門校コロンビア大学で学んでいます。


子どもの頃、他人と比較されて折れてしまいそれがトラウマになった重子さんは、ワシントンDC初のアジア現代アート専門ギャラリーをオープンさせ、そのほか教育関連の本を書く「作家」として(『世界最高の子育て』『世界最高の子育てツールSMARTゴール 「全米最優秀女子高生」と母親が実践した目標達成の方法』『誰だって「なりたい自分」になれる』)、若いアーティストの発掘などをする「アートコンサルタント」、また全米、日本で人生設計のお手伝いをする「ライフコーチ」として活躍されています。さらに将来は、モチベーショナルスピーカーになる夢をもっていらっしゃいます。
「この親にしてこの子あり」で、母親のパッションと娘のスカイさんのパッション、本当にすごい!私も見習いたいものです。


deafe0be-4dfe-43d2-8569-2499394d5bf5.png


そう、パッション=情熱さえあれば、能力はどんどん引き伸ばされ、道は開かれていくのです。この短い大切な人生、退屈で死ぬなんてじつにもったいない話です。
皆さんは何にパッションを感じていますか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、励みになりますので、下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

なんである アイである Part2

2018.04.23日

「マシュマロ実験」ってお聞きになったことありますか?
(以下は「All About 子育て・キッズ」より一部抜粋)


今から40年以上前のアメリカのスタンフォード大学で、マシュマロ実験は行われました。対象は、当時4歳の子供達186人。


子供たちは1人ずつ教室に通され、椅子に着席。机の上には1つのマシュマロが置いてありました。実験者は子供にこう伝えます。
「私はちょっと用事があるので、部屋を出るね。このマシュマロは君にあげるけれど、私が戻ってくるまで食べるのを我慢していたら、マシュマロをもう1つあげるよ。でも、私がいない間にそれを食べたら、2つめはないよ。じゃあ15分したら戻ってくるね」


果して、子供たちは魅力的なマシュマロを前に、どう行動したのでしょうか?
結果は、3分の2の子はマシュマロを食べ、3分の1の子が食べずに待っていました。


「マシュマロをいつ食べたっていいんじゃない?」
確かにそうなんですが、この実験者はその後、あることに気づいたのです。4歳のときの「食べる」「食べない」の決断が、その子の将来にも引き継がれているのではないかということを。


18年後、つまり、その子たちが22歳のとき、追跡調査が行われました。すると、予想通り、次のような相関が見られたのです。
・4歳のときの自制心の傾向は、18年後も続いていた
・マシュマロを食べた子よりも、食べなかった子の方が学業成績が良かった
そして2011年(45歳のとき)、さらなる追跡調査が行われ、この傾向が人生の半ばまで続いていることが分かりました。


学校の成績と比例するものといえば、真っ先にIQを思い浮かべる方が多いと思います。IQと知的学習能力はこれまで存分に研究されてきた分野。それゆえ情報も多いのですが”自制心”と”学力”は近年になって分かってきた関係です。


IQと自制心、どちらも高ければ、親としては万々歳ですが、実際には、IQは低くても自制心の高い子はいるし、IQが高くても自制心が低い子はいます。最近の研究で分かってきたのは、その子の成績をより正確に予測できるのは、IQ以上に、自制心だということなんです!


自制心の育みは、当然ながら、我慢や待つことが求められます。
「子供には我慢をさせたくない」
「子供の欲求は全て叶えてあげたい」
と思う方もいらっしゃるでしょう。


ここで大事なのは、「甘えさせる」と「甘やかす」の線引きです。言葉が似ていることもあって、混同しやすいのですが、両者はまったくの別物。
・「抱っこして」という子供の気持ちを無視したり、「一緒に遊んで」というのに拒絶したりというのは、甘えたい気持ちを拒否してしまっていることになります。
・「レジで泣かれてガムを買ってあげた」「テレビを消すとぐずるので2時間見せてしまった」「まかせると時間がかかるのでやってあげた」などは甘やかしです。


このマシュマロ実験の様子を表したのが下の動画です。



いかがですか?
このマシュマロ実験、昨日の記事に書いた
「愛だけだと甘やかしてしまい、犬は飼い主の言うことを聞かなくなる。
かと言って厳しい訓練だけだと犬は飼い主の愛情を感じず、自ら進んで言うことを聞かなくなるのです。
これは私たちの子育てや教育にも共通する教えです。


「若者をその行く道にふさわしく訓練せよ。
そうすれば、年老いても、それから離れない」
(箴言21:6)」


この訓練は、子どもや金成さんの場合の犬にとっては当座は喜ばしいものとは思われませんが、愛の動機から出ていることが後になって本人にわかるようになるものです。
「なんである、愛である!」

とそっくりではありませんか。


話はまだ終わりません。
マシュマロの話が実話として、明日のPart3に続きます。
乞うご期待。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

なんである アイである

2018.04.22日

「なんである、アイデアル」は、往年の人気俳優・コメディアン・マルチタレントの植木 等さん(1926-2007)が1963年に大ヒットさせたテレビの5秒CMのキャッチコピーです。
私もこれを毎日のように見て、当時斬新的なアイデアだった折りたたみ傘を親にねだって買ってもらい、通学にずいぶん重宝したものです。持っていない友人はいないというぐらいヒットしました。
今だったら間違いなく「流行語大賞」になっていたでしょう。



今日のテーマは「なんである、アイである」ですが、もちろん傘のCMではありません。


ロス滞在中の1週間ちょっと前、「いっちゃれば ちょーでー」の中でご紹介した親しい友人の金成さんのジャーマンシェパード2頭のうちの大きい方、雄のリオの話です。
リオは警察犬のようで見た目はとてもいかついのですが、よその犬にもそして人にも懐こく、3歳児が手を出して頭や体に触れても平気なとても優しい犬です。普段は家の裏庭でもう1頭のジャーマンシェパード、妹のようなアディと一緒にプロレスをしたりしてひっくり返ってじゃれ合う陽気で元気な犬で、よく訓練されています。
ただひとつ、リオはフードアグレッシブという問題を抱えています。食事中、たとえ飼い主でも近くに寄ると食べ物を取られると思って攻撃的になり、「ウー、ウーっ!」と唸って、ときには噛みついてきます。金成さんはこの 1年で3回噛まれました。1か月ほど前には手首を噛まれ4針縫う大怪我をされました。


私がロスを訪問するということを知った金成さんはぜひとも私と一緒に車でラスベガスの鶴田先生の教会に行きたい、往復の車の中でたっぷり話したいと願っていらっしゃったのですが、直前にこの事件が起こってかなり意気消沈し、リオを番犬として必要としているよその家にやることを真剣に考え、家族にそのことを伝えました。
ところが、リオを見つけて家に連れてきた奥さんのレズリーにとっては自分の可愛い子のようなもので、相当なショックを受け、次女のジョイさんは聞いて泣き出しました。
それでも金成さんは最終的には家族を半ば強引に説得して、犬の訓練でお世話になっていた訓練所へ引き取ってもらうようお願いに行きました。


ところが、金成さんは奥さんとジョイさんのことが心に引っかかって平安がありません。
私(舟田)を迎えるような状況ではない、とかなり悩んでいらっしゃったそうです。


ところがそのとき金成さんは思い出したのです。お気に入りの映画 ”Seabiscuit”(『シービスケット』)はこれまで何度も繰り返し観ていますが、リオに噛まれるちょうど2〜3日前に観たシーンのセリフが突如よみがえってきたのです。
シービスケットは競走馬の映画です。その中で、骨折をしたある競走馬を面倒見ている調教師トムに、ある人がこのように尋ねます。「どうしてそんな馬を面倒見ているのだ?」。競走馬は一度骨折すると通常安楽死をさせるからです。ところが、そのとき調教師トムはこのように答えます。
“You don’t throw a whole life away just ’cause he’s banged up a little.”
「ちょっと怪我をしたぐらいで命まで捨ててしまうもんじゃない」


この言葉によって、金成さんはRioを手放す考えを改めて、家族に謝り、フードアグレッシブの矯正トレーニングを続ける決心をします。
このときトレーナーから教えられたレッスンは、
「犬の調教には愛と訓練の両方が欠かせない」
ということでした。


金成さんはほかにもいくつか大きな問題を抱えていらっしゃいましたが、不思議なようにすべての問題が解決し(全面解決ではなくまだ進行中のものもありますが)、私を迎えることができるようになった、とおっしゃっていました。


愛だけだと甘やかしてしまい、犬は飼い主の言うことを聞かなくなる。
かと言って厳しい訓練だけだと犬は飼い主の愛情を感じず、自ら進んで言うことを聞かなくなるのです。
これは私たちの子育てや教育にも共通する教えです。


知恵の格言集の真髄とも言える聖書の箴言は、イスラエルの王ソロモンによって書かれました。ソロモン王は古今東西を通じて世界最大の知者と言われています。
その中の1節に次のような言葉があります。
「若者をその行く道にふさわしく訓練せよ。
そうすれば、年老いても、それから離れない」
(箴言21:6)


この訓練は、子どもや金成さんの場合の犬にとっては当座は喜ばしいものとは思われませんが、愛の動機から出ていることが後になって本人にわかるようになるものです。
「なんである、愛である!」


話はここで終わりません。
明日のPart2に続きます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ロス滞在最後の日

2018.04.17日

昨日は朝、直人と恵利紗さんがインターンシップでお世話になっているライトハウス・コミュニティ・チャーチの礼拝に行ってきました。今、泊めてくださっているレスリーも妹さんご夫妻もこの教会に通っていらっしゃいます。


午前中2回目の礼拝の前にバスケットコートのある広いジムに1回目の礼拝が終わった人と2回目の礼拝に来た人たちがコーヒーを飲みながらハグしたり握手したり挨拶を交わしたりしながら、立ち話ししています。


IMG_2881.jpg


11時少し前に礼拝堂に入ると、日本から来た私にはまるで映画館のように感じられる雰囲気の作りです。
礼拝が始まると同時に、鶴田さんの長男、ダイチ(「楽しい時間はあっという間に」)がリードするバンドの演奏が始まりました。もうまるでプロのようなクオリティです。彼のキーボード演奏と賛美、そして歌詞が本当に素晴らしい。
私も一緒になって歌いながら酔いしれました。
メッセージが始まるまでに、何人もの人がステージの上でお祈りします。


IMG_2885.JPG


日系人のGavin(ギャビン)がメッセージを始めましたが、その語る言葉はわかりやすく、例話も本人の実生活の中からでとても親しみやすく、聞いているうちに引き込まれていきます。でも、その中にしっかりとした聖書の学びが入っていて、恵まれると同時に多くのことを教えられます。


礼拝が終わって、ジムでコーヒーをいただいていると、メッセージしてくださった先ほどのGavin牧師が声をかけてくださり、インターンの直人の父親ですと自己紹介すると、開口一番「この度はお孫さんのお誕生おめでとうございます」と言って、教会の中を案内してくださいました。


ジムの裏側には、幼児から小学生、中学生などいくつものサンデースクールの教室が並んでいます。
そして牧師のオフィスにも案内してくださいましたが、入口近くの人が出入りしやすいところに位置しています。
この教会には、エルダー(長老)とよばれる教会の中心リーダーの牧師が5人、それに加えて、フルタイムの牧師が7人、パートタイムのインターンが7人。Gavin牧師は普段は説教担当ではなく、総務と海外宣教担当のエルダーだそうです。


15年前に開拓を始めて、7年前に現在のこの会堂に移ったそうです。この会堂は空き倉庫だったところを、自分たちの目的に合わせて設計し内部を改装されました。改装費用はなんと150万ドル(約1億6500万円)。建物はリースしていて毎月の支払いだけでも数百万円。
教会はここ数年、年間平均15%の成長で、20代から40代の若い世代の人たちが中心。
UCLAやUSCという全米でもトップクラスの学生がカープールして大勢来ていて、卒業して就職したあともそのまま教会につながっているそうです。現在子供も含めると1000人近い人がいて、日曜日の3回の礼拝でも足りず、隣の空き倉庫のリースを考え中といいます。
この写真の周囲に広大な駐車場があります。


IMG_2897.JPG


教会を出て直人のアパートに戻ると、写真家の真理さんが来てくださっていて、たくさん写真を撮ってくださいました。


30724720_961960253953729_1693230267344355328_n.jpg


恵利紗さんのママが用意してくださったイクラの親子丼をいただきましたが、これがまた美味しい!
斗史希もお腹を空かせてママから、そしてその後パパからミルクをもらってお腹がふくれると満足してまたスヤスヤ。「食っちゃ寝」ならぬ、「飲んじゃ寝」。これが斗史希の今の仕事です。でも運良く、目を開けた瞬間を撮ることができました。


4AC74001-F8C3-4EEB-9126-1933016AA8E3.jpeg


夕方、またいずみさんのお宅にお邪魔しました。最後のお別れのご挨拶ですが、GVBCの大里牧師ご夫妻とお嬢さんを始め、若い方が中心に集まってくださいました。同時に、斗史希くんの初お披露目です。
いずみさんとご主人のエドさんの手料理をご馳走になりながら、また楽しいひと時。
お礼にゴスペルマジックとメンタルマジックをご披露したところ、皆さんとても喜んでくださり、やった甲斐がありました。


EF7722A2-0672-434A-8B63-B92B9D02E99B.jpeg


レスリーの家に戻り荷造りを終え、寝る準備をしていたらレスリーが声をかけてくれて、別れを惜しみながらしばらく教会のこと、アメリカの政治のことから日常生活のことなどいろいろと話し、床(ベッド)に就きました。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

あなたは自分の人生を自分で選択する

2018.03.28日
quote-1256.jpg


“You choose the life you live. If you don’t like it, it’s on you to change it because no one else is going to do it for you.”
--Kim Kiyosaki, Author and Speaker
「あなたは自分の人生を自分で選択する。自分の人生が気に食わなかったなら、それを変えるかどうかはあなたにかかっている。なぜなら、他に誰もあなたの人生を変えてくれないから」
--キム・キヨサキ、作家・モチベーショナルスピーカー
(訳 舟田譲二)


自分の人生について文句を言う人がよくいます。
頭(体形)が悪いのは遺伝のせいだ、親が悪い、夫あるいは妻が悪い、子どもが言うことを聞かない、姑がうるさい、仕事が嫌だ、学校が嫌い、職場の上司がうるさい…挙げ出せばきりがありません。


欲求不満のはけ口で周りの人に当たったり、暴力を振るったり、事件を起こしたり、殺人を犯す人や、挙げ句の果てに、生きているのが辛いと言って自殺する人さえいます。

でも、どんなことをしようがそれで自分の人生が変わることはありません。むしろ悪くなるばかりです。
なすべきことはただ一つ。
自分の人生を変えること。


変えることができないことはそのまま受け入れ、自分の考え方や態度、生活の仕方を変える。
遺伝のせいで背が低いことや高いこと、また顔や声などを変えることはできません。
でも、姿勢を良くすることや化粧や笑顔などで人生を変えることなら誰にでもできます。
所詮、人はみな自分の人生は自分で選択しているのです。
あなたが人の人生を変えることができないのと同様、人もあなたの人生を変えることなどできるわけありません。


もっと有意義で良い人生を歩みたいと望むならば、文句を言ったり、人を責めたり、人に責任を負わせるのではなく、自分の人生に責任を持ち、自分の人生を変えることです。それ以外に方法はありません。


上の写真のように金魚鉢の中で生きている金魚ですら、狭い世界が嫌だと言ってもっと広い世界の金魚鉢に住まいを変えることができるほどですから、あなたにできないことなどありません(笑)。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

本物の成功者とは

2018.03.26日
quote-1271.jpg


“Successful people are always looking for opportunities to help others. Unsuccessful people are always Asking, ‘What’s in it for me?’”
—Brian Tracy – Speaker and Author
「成功している人はいつも誰か人を助けるチャンスを探している。成功できない人はいつも自分にとって利益になることを探している」
—ブライアン・トレーシー、モチベーショナルスピーカー、作家
(訳 舟田譲二)


この世の中、成功している人やお金持ちを見ると、「自分の利益」を追い求めている人であるかのように思っている人がたくさんいます。
実際のところ、そのような人も確かにいます。そのような人に何人か会ったことがあります。
でも、本当に成功している人とは自分の利益を追い求めている人たちなのでしょうか?


「自分にとって利益になることを探している」のは、偽りの、上辺だけの成功者です。
そのような人の張りぼての成功は、やがてメッキがはがれ、化けの皮がはがされて、白日の下に明らかになります。
たとえ地位、名誉、財産を築き、大豪邸に住み、高級車に乗り、周りの人からチヤホヤされていても、それがすなわち成功とは言えません。


本物の成功者は、決して自己の利益を求めてはいません。彼らは人を助けることによって結果的に成功を収めています。
その証拠に、このような成功者は慈善事業や研究機関、教育機関、国際的な活動などに多額の寄付をして、自らの利益を他者に還元しています。


いいえ、さらに言うと、実はこのような人たちだけが本物の成功者でもありません。
人の目に触れないところで、愛の寄付行為をしたり、ボランティア活動をしたり、あるいは他人の幸せを陰で祈り、人の役に立つことを願い、人の助けとなるチャンスをつねに探している人たちこそが本物の成功者です。
その働きはたとえどんなに小さくて、だれにも知られていなくてもいいのです。
自分の器に応じて、人のためにできることを精一杯している人、これが本当の成功者です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

人の最高の部分を引き出したいなら

2018.03.21日

“If you want to get the best out of a person you must look for the best that is in him.”
--Bernard Haldane ー 1911-2002, Author
「もし、人の最高の部分を引き出したいと思ったら、その人の内にある最高の部分を探さなければならない」
--バーナード・ハルダン、作家
(訳 舟田譲二)


私たちは往々にして上のハルダンの言葉と逆のことをしているようです。
知らず知らずのうちに人の良い点よりも欠点に目が行ってしまいます。
すると、それがより一層大きくクローズアップされてしまい、こちらが不満になるとそれは相手にも伝わり、お互いに気まずい思いをして、信頼関係が壊れてしまいます。
これは夫婦関係や親子関係、きょうだい・親戚関係など近しい関係ほどよく見られます。なぜなら、普段の生活の中でよその人には見えない裏まで見えてしまうからです。
この問題が大きくなると夫婦間であれば離婚に、親子間だと極端な場合は勘当とか絶縁という形になったりします。
多くの人間関係の問題はどうやらここにあるようです。


これに対して、とても良好な人間関係を保っている人は、概して相手の良いところを見つけて、それを認めて感謝し、さらに引き伸ばすということをしています。
さらに言うと、ハルダンが述べているように、
「もし、人の最高の部分を引き出したいと思ったら、その人の内にある最高の部分を探さなければならない」
のです。


私たちも、まずは身近な人たちに対して常に上のことを意識して、その人の持っている最高の部分を探して、それを引き出していくならば、人間関係は飛躍的に改善し、お互いに WIN-WIN(双方にとって有益)の関係を築くことができるようになるでしょう。


あなたもそのような関係を築きたいとは思いませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

あなたの小さな親切の行為が世界を変える

2018.03.19日
quote-1265.jpg


”When you are kind to others, it not only changes you, it changes the world.”
—Harold Kushner – Rabbi and Author
「人に親切にしたら、あなた自身が変わるだけでなく、世界も変わります」
—ハロルド・クシュナー、ユダヤ教ラビ・作家
(訳 舟田譲二)


「小さな親切運動」というのがあります。
1963年3月 東京大学卒業式の告辞で、総長であった茅(かや)誠司が「小さな親切」の重要性を訴える。その後、実践例が新聞などで報じられ、社会から幅広い共感が寄せられる。
1963年6月13日 社団法人「小さな親切」運動本部設立。茅が初代代表に就任し、以後23年間同職を務める。
日常生活における「親切な行動」の実践を重視し、一般国民からの推薦によって、毎月25日に親切な行動を行った個人や団体への実行章を贈呈する。実行章の受賞内容は様々だが、清掃・花植えなどの環境美化活動、高齢者への援助、事件・事故などの迅速な対処、社会奉仕活動、ボランティア活動などである。
全国の小中学校を対象とした作文コンクール(後援は内閣府、文部科学省、NHK、毎日新聞社)や「小さな親切」はがきキャンペーン(後援は日本郵便、読売新聞社)などを主催する。
環境美化運動や車椅子贈呈運動も行い、その活動を海外にも広める。

(Wikipediaより一部引用)


「実行章」や「作文コンクール」、「はがきキャンペーン」「車椅子贈呈運動」など、「小さな運動」を促進する手段がいくつも試みられています。これらは意識を岳めるために有効です。


一方、9年前に書いた「ペイ・フォーワード」という記事も、冒頭のハロルド・クシュナーの
「人に親切にしたら、あなた自身が変わるだけでなく、世界も変わります」
の言葉を運動にしたものです。記事の中の一部を引用します。
人は他人から何か厚意を受けると、普通その相手にお返しをしようとします。しかしそれでは、その厚意は当事者間のみで完結してしまいます。
この「厚意」を受けた相手に返す(ペイ・バック)のではなく、別の人に別な形でお返し(ペイ・フォーワード)していくと、善意の輪が知らず知らずのうちにどんどん広がっていきます。
やがてそれは私たちの家族を、友達を、学校を、社会を、国を、世界を変えていくことになる、という話です。


日本のことわざ「情けは人の為ならず」もそうですが、親切な行為はもちろん当事者を幸せにしますが、その前に自分自身が幸せな気持ちになります。
もちろん幸せな気持ちになるために親切な行為をするわけではありませんが、おまけとしてついてくるのです。
さらに、この親切な行為は家族、友達、学校、社会、国、世界に広がっていき、やがては世界を変えることになる、というわけです。
これは決して理想主義ではありません。


あなたの小さな、小さな親切の行為が世界を変えます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

引き寄せの法則なんて眉唾だ、と思う方へ

2018.03.19日
4FEF0FB6-866C-4E0C-B0C0-1657A0152B3D.jpeg


“Feeling grateful or appreciative of someone or something in your life actually attracts more of the things that you appreciate and value into your life.”
―Christiane Northrup, M.D. - Author and Speaker
「人生において、誰か人や何かものに感謝の心を持っていると、感謝しているものや価値観を置いているものをさらに多くあなたの人生に引き寄せることになる」
―クリスチアンヌ・ノースラップ医学博士、作家・モチベーショナルスピーカー
(訳 舟田譲二)


これは私自身がこれまで数え切れないほど経験し、そして信じている「引き寄せの法則」です。
このブログで何度も書いてきているので、もしご興味がありましたら、左上コーナーの「エントリー検索」に「引き寄せの法則」と入力するとそれに関する記事がたくさん出てきますので、その中で面白そうなものをご覧ください。


今日の言葉、
「人生において、誰か人や何かものに感謝の心を持っていると、感謝しているものや価値観を置いているものをさらに多くあなたの人生に引き寄せることになる」
は引き寄せの法則の中でも誰の目にも明らかな真理です。


もし眉唾だと思う方がいらっしゃったら、その逆を考えてみてください。
「人生において、誰か人や何かものに嫌な感情を持っていると、嫌だと思っているものや価値観を置いていないものをさらに多くあなたの人生に引き寄せることになる」
いかがですか?その通りだと思いませんか?
このような人をきっとご存じでしょう。
これが真ならばその逆もまた真なりです。


嫌なものを引き寄せたいと思わないでしょう。
誰でもいいものを引き寄せたいと思いますよね。
そしたら、どうすれば良いか、自ずと明らかになります。
ぜひ、お試しください。
結果にびっくりしますよ。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

本物の愛とは

2018.03.18日
514AF23D-CC93-4500-A84B-73B56F3EAD54.jpeg


“Love is when the other person's happiness is more important than your own.”
―H. Jackson Brown, Jr.
「愛とは、自分の幸せよりも他の人の幸せのほうが大切になること」
―H・ジャクソン・ブラウン, Jr
(訳 舟田譲二)


「愛憎劇」というのがあります。
「愛憎と憎悪の念が入り混じった、あくの強い筋書の人間ドラマを意味する語。『ドロドロの〜』などの表現で修飾でされる場合も多い」
(実用表現日本語辞典)


この世においては愛と憎しみが交錯していることがしばしばです。
「死ぬほど愛してる」と言ってながら、ちょっとしたことで次の瞬間には憎しみに変わり、 相手を殺すということすらあります。これはドラマの中の世界だけでなく、日常的に起こって新聞やテレビのニュースを賑わしています。
「愛と憎しみは背中合わせ」と言われる所以です。


このような愛憎劇が示していることは、自己中心で自己の利益を求める愛は本物の愛ではないということです。「愛してる」と言いながら、相手が自分の欲求を満たしてくれることを求め、それがかなわないと途端に相手を憎むのです。


しかし、本物の愛とは相手のために自分の心も時間もエネルギーも財も、時には命をもを犠牲にする利他的な愛です。これは決して絵に描いた餅、綺麗事ではありません。このような出来事もまた実際に私たちの身の周りで起こっています。
親が子のために身を粉にして働くのもその一つですし、伴侶の介護のために一生を捧げるのも、また駅のホームで転落した見ず知らずの人を助けるために線路に飛び降りて犠牲になる人などもそうです。
三浦綾子さんの『塩狩峠』もそのような実話に基づいて創作された小説です。
まさに「事実は小説よりも奇なり」です。


そして、聖書の中の有名な言葉もこのことが真実であることを証ししています。
「人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない」
(ヨハネによる福音書 15:13)


皆さんはこのような本物の愛を経験したことがありますか?経験したくありませんか?
自分もそのような愛の人になりたくありませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

自信喪失で悩むか優越感で傲慢になるか

2018.03.14日
quote-1258.jpg


"The reason why we struggle with insecurity is because we compare our behind the scenes with everyone else’s highlight reel."
--Steven Furtick - Pastor
「私たちが自信喪失で悩む理由は、自分の陰の部分と他人のハイライトの部分を比較するからだ」
--スティーヴン・ファーティック、キリスト教牧師
(訳 舟田譲二)


本文中の behind the scenes という言葉は、文字どおりには「舞台裏」。すなわち、人に当てはめれば「陰の部分」で、highlight reel はテレビなどで繰り返し放映される「見せ場のシーン」のことです。それで、「自分の陰の部分と他人のハイライトの部分を比較するからだ」と訳しました。


自分の舞台裏のシーンとは、他人が見ることのできないいわば秘密の部分で、自分だけが知っている「陰の部分」です。
これに対して、他人の「陰の部分」というのは、週刊誌などがいくら暴き立てたとしても他人のすべてを知ることは不可能です。そこで、どうしても私たちは他人に関しては「ハイライトの部分」つまり上辺のいい面を見て、それを自分の陰の部分と比べて自信喪失に陥ります。


あるいは、私たちがニュースや伝聞などで知り得る他人の「陰の部分」を知り自分と比べて、自分はこの人よりも優れていると、優越感を味わったり、人を見下したりします。


つまり、どっちに転んでも自分と他人を比較することは、劣等感で悩むか優越感で傲慢になるかで、いいことはひとつもありません。
あくまでも自分は自分、他人は他人。たとえ家族のメンバーであってもそうです。


人と自分を比較しないようにしましょう。
また、自分の子どもや家族を他人と比較することも同じことです。
ありのままを受け入れること、それが健全な自己イメージを育てることにつながり、ひいては幸せな人生を歩めることにもなります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

人生、賢く生きなければ損

2018.03.09日
quote-1254.jpg


"Kiss slowly, laugh insanely, live truly and forgive quickly."
--Paulo Coelho - Author
「ゆっくりと口づけし、狂ったように笑い、真実に生き、そして素早く赦しなさい」
--パウロ・コエーリョ、作家
(訳 舟田譲二)


上のコエーリョの言葉を逆に言ってみましょう。
「素早く口づけし、静かに笑い、偽りに生き、そして赦すのは先延ばしにしなさい」
なんと味気ない、不気味で、恐ろしく、苦しい人生でしょうか。
しかし、この世の中、見渡すとこのような生き方をしている人が少なくありません。
それを遺伝のせいにしたり、環境のせいにしたり、他人のせいにしたり、神のせいにしたりして、自ら不幸な道を歩んでいるのです。


でも、これは自分の選択です。
たとえ親であろうと、伴侶やきょうだい、教師や先輩であろうと、会社の社長、あるいは独裁国家の元首であろうとも、だれもひとりの人の人生を支配することはできません。
ひとりの人の人生はすべてその人の選択と意志によるのです。


オプラ・ウィンフリーの名言に、
「人生最大のレッスンは、あなたの人生に責任を負うのはあなた自身ということ」
というのがありますが、本当にそのとおりです。


「素早く口づけし、静かに笑い、偽りに生き、そして赦すのは先延ばしにしなさい」
という生き方をするより、
「ゆっくりと口づけし、狂ったように笑い、真実に生き、そして素早く赦しなさい」
という生き方のほうがはるかに素晴らしいことは誰の目にも明らかです。
これは取りも直さず自分自身のためであり、そしてこのような生き方をするとき、周りの人たちもみんな幸せになれます。


人生、賢く生きなければ損です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

人生楽しく、幸せに生きるコツは

2018.03.05日
%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-03-05%2000.14.22.jpg


“Humor and joy contribute to my total well-being, so I laugh a lot today!.”
--Louise Hay - 1926-2017, Author and Publisher
「ユーモアと喜びは私の完全な幸福の源。だから私は今日もいっぱい笑う!」
--ルイーズ・ヘイ、作家・出版者
(訳 舟田譲二)


ルイーズ・ヘイは生後18カ月で両親が離婚。貧困により5歳まで孤児院で過ごし、その後実母に引き取られたものの再婚した母からの虐待、 義父、隣人からのレイプに絶えられず15歳で家出。その後ファッションモデルとして活躍し、結婚・離婚を経験しスピリチュアルの道へ。
「思考を変えれば人生は変わる」ということに気づいたヘイは必死で勉強し、どのような思考がどのような身体不調に関連しているかなどを研究し、『ライフ・ヒーリング』などの本を著し世界的なヒットに。


「アファメーション」という肯定的な言葉を自分に言い聞かせることで、自らの人生を変えていくという新しい手法に至り、それを世界中に広めて幸せになる人を生み出すという使命に生きました。
苦難の人生を歩んできたルイーズ・ヘイが
「ユーモアと喜びは私の完全な幸福の源。だから私は今日もいっぱい笑う!」
と言っているのは実に説得力があります。
彼女が幸せになれるのなら、それこそ幸せになれない人なんかひとりもいないんじゃないか、と思うほどです。


私もこのアファメーションを日々の生活の中に取り入れています。
そして、毎日鏡に向かうたびに自分に微笑みかけます。
すると不思議なように幸せな気持ちになれます。鏡の中の自分が自分を幸せにしてくれるのです。
また、ルイーズ・ヘイのようによく笑います。
眉間にしわを寄せて悩んだり、イライラしたり、人に当たったり、暗いことを考えているより幸せになれ、人生が楽しくなりますよ。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

過去に置いてきたものと将来待ち受けているもの

2018.03.04日
quote-1249.jpg


"There are far, far better things ahead than any we leave behind."
―C.S. Lewis -1898-1963, Novelist
「私たちが過去に置いてきた何ものよりも、比較にならないほど素晴らしいものが将来に横たわっている」
―C・S・ルイス、小説家
(訳 舟田譲二)


「懐古主義」という言葉があります。
「昔は良かった…」というやつです。昔を懐かしみ、過去の思い出を大切にするのはいいことです。しかし、いつまでも後ろばかり振り向いていて、現実を直視しなかったり、過去にどっぷり浸っているのはあまり建設的とは言えません。


好むと好まざるにかかわらず、いつの時代も時はどんどん流れているので、私たちは現実を受け入れ、未来を見て前進していかなければなりません。
C・S・ルイスが言うように、「私たちが過去に置いてきた何ものよりも、比較にならないほど素晴らしいものが将来に横たわっている」と信じなければ、未来に対して希望が持てなくなり、それはすなわち現在の生き方に少なからず悲観的な影響を与えることになります。


現在の社会風潮を見ていると、ちょっと首を傾げたくなるようなことや、ついていけないこと、また不安になることなどがあります。
私なども、このままどんどん進んでいったら将来が危うくなるのではないか、と危惧するようなことが多々あります。
たとえば、核問題や民族・宗教問題などが複雑に絡まった緊張した国際関係、地球温暖化や環境汚染などによる生態系の破壊、近年急速に進んできた医療技術に伴う生命倫理にも関わる様々な問題、LGBTや性転換手術を始めとする男女間や性別を超えた諸問題、AIの発達による近未来社会に対する不安等々挙げ出せば切りがありません。


でも、私たちはこれらの問題から目をそらし、昔を懐かしんで生きていくことはできません。
このような時、私たちが過去に置いてきた良いものよりも、将来にはさらにもっと比較にならないほど良いものが待ち受けているに違いないという希望を持たなければ、私たちは生きていけなくなります。
考えてみれば、人類の歴史はこのような問題と常に向き合い、危機感とともに生きつつ発展してきたのです。


また、このことはさらに私たち自身の個人の生活にも直接関わっています。
健康の問題から仕事、結婚、子どもたちの問題、老後の問題etc, etc、常に様々な問題と直面しています。
言い換えれば、問題のない人生なんてあり得ないのです。
ですから結論としては、やはり
「私たちが過去に置いてきた何ものよりも、比較にならないほど素晴らしいものが将来に横たわっている」
と考えるしかない、ということになります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

有言実行の人

2018.03.03日
quote-1247.jpg


"Love all, trust a few, do wrong to none."
--William Shakespeare ー 1564-1616, Poet, Playwright, and Actor
「すべての人を愛しなさい。しかし、ごくわずかな人だけ信頼しなさい。そして、誰に対しても悪を計ってはいけません」
--ウィリアム・シェイクスピア、詩人・劇作家・俳優
(訳 舟田譲二)


「すべての人」「ごくわずかな人」「誰に対しても◯◯するな」と、日常生活の中で接する三段階のレベルの人間関係において私たちがなすべきことを、シェイクスピアがレッスンとして教えてくれています。


第1に「すべての人を愛すること」
これは言うは易し行うは難し。
私たちは生身を持った人間ですから誰でも嫌な人、好みでない人、馬の合わない人だっています。
にもかかわらず、シェイクスピアはここで「すべての人を愛しなさい」と私たちに勧めています。果たしてそんなことができるのでしょうか?
「好き・嫌い」というのは感情。
それに対して「愛する」というのは意志の世界です。
シェイクスピアは意志の力で「すべての人を愛しなさい」と勧めています。
なぜ? それが私たち自身のためだからです。波長の合わない人を排除していたら、決して幸せな人生を歩むことはできません。なぜなら波長の合う人だけと暮らすことはできないからです。馬の合わない人をも愛することによって私たちは平和に生きることができるのです。


第2に「ごくわずかな人だけ信頼すること」
好むと好まぬにかかわらず、残念ながらこの世の中、嘘をつく人、自分の利益を得るために人を騙す人、人に危害を加えるような人が現実にいます。私たちは知恵を用いて信頼できる人を見極めなければなりません。
「すべての人を愛する」ことと「ごくわずかな人だけ信頼する」ことは決して矛盾していません。
信頼できない人、私たちに悪を働く人を赦し、愛することは難しいことではありますが、決して不可能なことではありません。現に歴史上の著名な人物がそのお手本をたくさん残してくれています。


第3に「誰に対しても悪を計らないこと」
たとえ人にひどい目に遭わされたとしても復讐したり、悪を計ろうとしないこと。
これもひいては自分のためです。
人に悪を計ることは、まわりまわって結局自分の首を絞めることになります。
「できる限りすべての人と平和に過ごしなさい。
悪に負けてはいけない。かえって、善を持って悪に勝ちなさい」
(ローマ人への手紙12:18, 21)


シェイクスピアは謎に満ちた人物で、その人となりはよく知られていません。
しかし、四大悲劇「ハムレット」「オセロ」「リア王」「マクベス」のほか、「ロミオとジュリエット」「真夏の夜の夢」「ベニスの商人」など数多くの名作を残し、言葉の豊かさ、性格描写の巧みさなどで英国ルネサンス文学のみならず世界の文学の最高峰と称されています。
また、人から後ろ指を指されることなく、経済的にも大成功を収め、数多くの名言を残し、後世の人に大きな影響力を与えているところから見ても、シェイクスピアが有言実行、言行一致の人物であったことは想像に難くありません。
そのような人物が残した教えから学ぶことは、私たちにとって大変益なことです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

たとえ赦せなくても赦しなさい

2018.02.28日
quote-1245.jpg


"Forgive others, not because they deserve forgiveness, but because you deserve peace."
--Jonathan Lockwood Huie - Author
「人を赦しなさい。その人が赦されて当然だからではない。あなたの心が平安になるのが当然だからだ」
--ジョナサン・ロックウッド・ヒューイ、作家
(訳 舟田譲二)


「赦し」はとても重いテーマです。
頭では赦すことが大切だ、必要だと分かっていても、心がついていかない。
自分はこの人にさんざんな目に遭った。ぼろぼろになってしまった。人生がむちゃくちゃにされた。自分の家族までが巻き添えに遭ってみんな苦しんだ。
こんな状況でこの人を赦すことなんかできるわけがない。
罰を受けて当然だ。復讐することが自分の務めだ。復讐しなかったら被害に遭った者が浮かばれない。


これが、多くの小説やドラマや映画のテーマになっています。
実際にこのような体験をした人がたくさんいます。私にもそのような辛い経験があります。
今、これを読んでいる人の中にも、そのような体験をした人もいるでしょう。
現在その苦しい、辛い体験の真っ只中という人もいるかもしれません。
一昨日、昨日と連続で、まったく違う状況ですが、とても難しい「赦し」の問題に直面しているふたりの人から苦しい胸の内を打ち明けられました。
ひとりの人の話を聞いていて心が張り裂けそうになりました。
もうひとりの人は、その苦しみから既に立ち直っていらっしゃいます。


「赦されて当然な人」でなくても、また「赦されなくて当然な人」でも赦すのです。
たとえどんなに難しいことでも。悔しくても。
なぜ? どうして? WHY?
それは、あなた自身のためだからです。
「あなたの心が平安になるのが当然だから」「あなたの心が平安になるべきだから」です。


赦さない限り、一番苦しむのはあなた自身です。
赦すのは辛いし、苦しい。
しかし、それでも赦さないでいるほうがもっと辛いし、苦しい。
赦さない限り、苦しみがずう〜っといつまでも続く。
だから赦すのです。相手のためではなく、あなた自身のために。
赦すと心に平安がやってきます。
復讐は神の手に委ねるのです。


「愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、『主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する』と書いてあるからである」(ローマ人への手紙 12:19)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

人の人生を変える能力

2018.02.24日
quote-1240.jpg


"You were born with the ability to change someone’s life, don’t ever waste it."
--Dale Partridge - Author
「あなたは誰か人の人生を変える能力を持って生まれてきている。この能力を無駄にしてはいけない」
--デール・パートリッジ、作家
(訳 舟田譲二)


「人の人生を変える」なんて言ったらなんかちょっと傲慢な感じに聞えるかもしれません。
しかし、ここでデール・パートリッジが言っているのは、そのような意味ではなく、誰かの人生にいい意味で大きな影響を与えて、結果その人の人生の道を変える、その人を生かすというような意味です。


昨夜、『天才を育てた女房』というテレビドラマをやっていました。
岡潔(1901〜1978)という天才数学者とその妻の人生を描いたものです。
「数学界における三大問題を全て独力で解き、世界の数学者を驚嘆させた。 ヨーロッパの数学者たちはその独創性に驚き、『オカ・キヨシ』を日本の若い数学者の集団ではないかと疑ったほどだった」 というエピソードがあります。
京大で数学を教えていた時の教え子に、後のノーベル賞受賞者、湯川秀樹と朝永振一郎がいたというのもすごいです。


ドラマの中で岡潔は、数学の世界に、また宇宙に創造者の存在を直感しています。
彼の残した言葉、
「大宇宙は一つの物ではなく、その本体は情だ」
もそのことを意味しています。すなわち、宇宙は意味もなく、偶然にただ単なる物質として存在しているのではなく、我々人間と同じように「情」を持っている、と言っているのです。
「人は動物だが,単なる動物ではなく渋柿の台木に甘柿の芽をついだようなもの、つまり動物性の台木に人間性の芽をつぎ木したものといえる」
「日本だけのことではなく西洋もそうだが学問にしろ教育にしろ『人』を抜きにして考えているような気がする」
という言葉にも全く同感です。


しかし、このドラマのテーマは岡潔の天才ぶりにあるのではなく、その天才の素質を見抜き、信じ、それを開花させるために苦労も貧しさもいとわず一生を捧げたその妻「みち」の愛情です。
もし、みちの助けがなかったら岡の数学者としての花は開かなかったことでしょう。


このように、私たちにはみんな、誰にでも、みちのような働き、使命があると私は常々思っているのです。
「あなたは誰か人の人生を変える能力を持って生まれてきている。この能力を無駄にしてはいけない」
みちのような偉大な働きではないかもしれません。
でも、そんなことはどうでもいいこと。
大きな働きができるから価値があるのではなく、たとえ誰の目にも留まらないような小さな小さな働きであったとしても、誰かひとりの人の人生を変えるような力が私たちには与えられているのです。ひょっとしたらそれは親、あるいは子ども、兄弟など家族のような身近な存在かもしれません。


あなたもこのような能力を持って生まれてきているのです。
自分の利益のため、喜び、楽しみ、幸せのためだけに生きるのはあまりにも人生はもったいない。人のためにこの能力を生かしましょう。そもそも、私たち自身、親や恩師、親戚、友人等々、いろいろな人のお陰で今日があるのですから。能力を無駄遣いしないように。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

「マタイ効果」は真理

2018.02.21日
quote-1231.jpg


"If you look at what you have in life, you’ll always have more. If you look at what you don’t have in life, you’ll never have enough."
ーーOprah Winfrey, Media Proprietor, Actress, and Philanthropist
「自分の人生の中で持っているものに目を向けると、必ずますます豊かになる。しかし、持っていないものに目を向けると一生豊かになることはなくなる」
ーーオプラ・ウィンフリー、メディアオーナー・女優・慈善家
(訳 舟田譲二)


オプラ・ウィンフリーについてはこれまでに何度か書いてきましたが、その悲惨な生い立ちと逆境にも関わらずアフリカ系アメリカ人の女性として全米一の成功者、億万長者となり、さらにその財を惜しみなく慈善事業等に捧げる姿が多くの人の心を打ち、今や2020年の大統領選の候補者として注目を集め始めている大物です。その人物評価は大きく分かれますが、それはトランプ大統領を始め、各国の政治家にしても同じ。しかし、一般の人々の間で彼女の人気が高まってきていることは否めません。


「自分の人生の中で持っているものに目を向けると、必ずますます豊かになる。しかし、持っていないものに目を向けると一生豊かになることはなくなる」
という彼女の言葉は、おそらく自分の経験を通して至った結論なのでしょう。
確かに、これは聖書の中の教え、
「おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう」(マタイ福音書25:29)
とも符合しますし、現実の世界に目を向けるとき、これは真実だと言わざるを得ません。
というのは、一般的に言って、自らの持てるものに目を向けると感謝の気持ちがあふれてきます。感謝の気持ちがあるとますます与えらえ豊かになります。しかし、逆に持っていないものに心を向けていると不満な心が起きてき、そうするとますます与えられなくなり、十分に満ち足りるようになることはないからです。


そして、このことは物質面だけでなく、精神面、家族やその他の人間関係、仕事などにおいても当てはまり、持っているものに心を向けて感謝しているとますます与えられますが、ないものばかりに目を向けて惨めな気持ちになったり、嫉妬の心を持ったりしていたら、ますます貧しくなるものです。
そういう意味においても、この「マタイ効果」は真理です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

思考を変えると、世界が変わる

2018.02.19日

"Change your thoughts and you change your world."
--Norman Vincent Peale – 1898-1993, Minister and Author
「あなたの思考を変えなさい。そうすればあなたの世界が変わります」
--ノーマン・ヴィンセント・ピール、牧師・作家
(訳 舟田譲二)


FacebookフレンドのShalohm Ghaley(シャローム・ゲイリー)さんが次のようなお話をシェアしてくださいました。


一人の王様に男の召使いがいました。
この召使いはいつも王様に言っていました。「王様、神様のなさることはいつも完璧で、間違いは絶対におかされません。ですから、どんなことがあっても気落ちなさらないでください」


ある日、王様と召使いは猟に出かけました。そのとき一頭の野獣が王様に襲いかかってきました。召使いは何とか野獣を殺すことはできましたが、王様の指が野獣に食いちぎられるのを防ぐことはできませんでした。


王様は召使いが命を守ってくれたことに対する感謝の気持ちを示すどころか烈火のごとく怒り、言いました。
「もし神が善いお方であるなら、私は野獣に襲われることもなかっただろうし、指を失うこともなかっただろう!」


召使いは王に答えました。
「これらすべての不運な出来事にもかかわらず、神様は善きお方で、そのなさることに絶対に間違いはない、常に完璧だとしか申し上げることができません」
怒りに狂った王は召使いを捕えるよう命じました。
牢に入れられることになった召使いは再び王に言いました。神は善きお方で、 そのなさることは常に完璧です、と。


またある日、王様は一人で猟に出かけましたが、そのとき人を犠牲に捧げる野蛮人に捕らえられました。
祭壇の上で、野蛮人たちは王の指が欠けていることに気づきました。そのため神々に捧げるのに、王は傷物で完璧でないということで放免されました。


宮殿に戻ってきた王は召使いを釈放するよう命じ、召使いに言いました。
「友よ。神は本当に私に対して善きお方であった。私はあと一歩のところで殺されるところだったが、指が欠けていたおかげで放免された。しかし、一つ聞きたいことがある。もし神が本当にそれほど善きお方であるなら、なぜ私がお前を牢に入れるのを神は許されたのだ?」
召使いは答えました。
「王様。もし私が牢に入れられていなかったら私はきっと王様とご一緒に狩りに出かけていたことでしょう。そうしたら、私には欠けた指がないので私が犠牲の捧げものにされていました。神様のなさることは常に完璧なのです。神様に間違いは決してありません」


すべての出来事には目的があるということを忘れて、私たちはしばしば人生について、また私たちの身に起こる不幸な出来事について不平を言います。
あなたが今、私のこのメッセージを読んでいることの理由も神様はご存じです。どうかこのメッセージをだれか知り合いの方にシェアしてその方を祝福してあげてください。
神様は善きお方で、なさることは常に完璧だからです!


皆さん、一つの良い態度はあなたの人生に対する姿勢を決定します。自分の人生や経歴、職業、家庭生活などを見るとき、あなたは何と言いますか?神様に感謝しますか?サタン(悪魔)を非難しますか?神様に対して正しい態度を取っていると、神様はあなたのために動いてくださいます。


今ここで座して次のように言ってみましょう。
「ぐっすり眠ることができたことを感謝します。いろんな可能性が与えられて生かされていることを感謝します。住むところが与えられていることを感謝します。仕事が与えられていることを感謝します。家族や友人が与えられていることを感謝します。そして何よりも私の人生に神様が与えられていることを感謝します」
他の人が栄えていても嫉妬することなく、神様の恵みに感謝しましょう。なぜならその人たちがどんな辛いところや試練、苦しみを通って現在に至ったかあなたには分からないからです。ですから、自分に与えられているものを覚えて神様に感謝しましょう。
神様がいらっしゃるとわずかなものは豊かになります。神様の恵みの中ですべては益になります。もし神様があなたとご一緒にいらっしゃると感じるなら、このメッセージで誰かの人生に触れてあげてください。
「神、もし我らの味方なれば誰か我らに敵せんや」
神様はあなたが何かで苦しんだこともご覧になっていらっしゃいます。そして、おっしゃいます、「もう終わったんだよ」と。祝福があなたを待ち受けています。

(訳 舟田譲二)


「人間万事塞翁が馬」という有名な話があります。
「国境の近くにあった塞(とりで)の近くに住んでいた翁(老人)は、何よりも自分の馬をかわいがっていた。
その馬は、周りからも評判が立つほどの駿馬だったが、ある日突然、蜂に刺された拍子に飛び出してしまう。
一向に帰ってこない馬の様子に、周りからは翁に同情するほどだったが、翁は『これがきっかけで何かいいことが起こるかも知れない』とだけ言って、我慢強く待ち続けた。
すると、どうだろうか。しばらくして、その馬が別の白い馬を連れ帰ってきたのだ。
しかも、その白馬も負けず劣らずの優駿で、周りの者は口々に何と幸運なことかと囃(はや)し立てたが、翁は『これがきっかけで、別の悪いことが起こるかもしれない』と自分を戒め、決して喜ばなかった。
それから、かわいがっていた息子がその白馬から落ちて、片足を挫いてしまった。
周りはまた同じように慰めの言葉を掛けたが、翁はまた同様に『いいことの前兆かも知れない』と告げる。
それからしばらくして、隣国との戦争が勃発した。若い男は皆、戦争に借り出されて戦死した。
しかし息子は怪我していたため、徴兵されず命拾いした。そして、戦争も終わり、翁は息子たちと一緒に末永く幸せに暮らした」
 


一見、冒頭の話と似ているように思われますが、大きな違いがひとつあります。
それは、「人間万事塞翁が馬」には歴史を支配される絶対者の存在がなく、いつ、どこで、何が起こってどうなるか分からないという、ある意味成り行き任せなであること。
それに対して、冒頭の話には「善にして善をなし給う愛の神が、すべてのことを相働かせて私たちのために最善をなしてくださる」という大きな大前提がある、ということです。
どちらを信じようが自由です。もちろん、どちらを信じなくても勝手です。


6年前に知り合ったみづきちゃんという24歳の子がラスベガスで交通事故に遭い天に召されました。
ご両親の心痛を思うと胸が張り裂けそうでした。
でも、その後お母さんは信仰に導かれて人生がすっかり変わり、やがて天国でお嬢さんに再会できる日を心待ちにして日々お幸せに暮らせるようになりました。今もお母さんとはよくメールでやり取りしていますが、こちらのほうが励まされるほどです。
ノーマン・ヴィンセント・ピールがいうように、
「思考を変えると、あなたの世界は変わります」。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

点と点がつながって将来必ず

2018.02.12日
dots-1.jpg


"You can't connect the dots looking forward; you can only connect them backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something - your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life."
--Steve Jobs
「将来を見ていて点と点をつなぐことはできません。過去を振り返って初めて点と点をつなぐことができるのです。ですから、点は将来においてもどのようにかしてつながるに違いないと信じなければならないのです。あなたたちの直感とか、運命、人生、宿命等々、何かを信じるのです。このような考え方のお陰で、私はこれまで一度も落ち込んだことがありませんし、私の人生はこれですっかり変わりました」
--スティーブ・ジョブズ
(訳 舟田譲二)


昨日、中学生の頃の教え子のAさんが塾を訪ねてきてくれました。
5年ほど前に偶然(私は偶然ということは信じないので、何か意味があって)ウォーキング中会った(その時の経緯は「一石三鳥」に)のですが、それ以来のことです。
この時、就職した金融関連会社が合わなくて辞め、子どもの頃から好きだった英語の先生になろうと勉強している、と言っていたのですが、果たして川崎市の公立中学校で英語の先生になっていました。


お互いに懐かしくて、昔話に花を咲かせました。
Aさんはとてもセンシティブ(繊細)な子でしたが、31歳の誕生日をつい先日迎えた今も変わっていません。
話していると私との共通点がとても多く、物事の考え方や感じ方、好みがとてもよく似ています。完璧主義なところから、見ているお気に入りのテレビ番組まで同じで笑ってしまいました。


高円宮英語弁論大会に出たいと言って指導したことや、作文の添削をしたことが中学生の時の一番のいい思い出だったとのこと。学校ではクラスに仲の良い子がいなかった時期もあり、学校は嫌だったけど塾は楽しくて休んだことがなかったなど、何度も目に涙を浮かべながら話してくれました。


アカデミーに来ることになったきっかけを聞くと、小学3年生の時、友達に誘われてアカデミーキッズ英語のイベントに来たのが初めで、家に帰ってお母さんにそのチラシを見せたらお母さんが舟田先生の塾に行ってきたのと聞いて、お母さんが先生のことを知っていた、と言うではありませんか。
お母さんはなんで先生のことを知っていたのと尋ねたら、昔成人英会話クラスで舟田先生に習っていたんじゃないですか、ですって。言われて思い出しました。患った病気のせいで記憶が飛んでいてすっかり忘れていました。
お母さんも英語がとてもよくおできになる方でした。


身体があまり丈夫でないところも似ていて、運動をすることが将来への投資だと考えて、数年前から太極拳の教室に通っているとのこと。
その教室で以前どこかで会ったことのある人がいて、いろいろと話をしていたら横浜のS高校で一緒だったということが分かったそうです。そして、その人がファイナンシャルプランナーの勉強をしていると聞いて、Aさんも将来のためにその勉強をしようと思って先月資格試験を受けたそうです。


話を進めていくうちに、Aさんは自分のこれまでの人生で多くの点と点がつながって線になっていることに気づきました。今も、いろいろと苦労していることや不安に思っていることなどがある中で、これまでの点と点がつながって今日に至っているように、これからの人生も必ずまた点と点がつながって線になっていくんだよ、と私の「新超ひも理論」のことを話しました。
気がつくと3時間近く話していました。


冒頭のスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式でのスピーチの言葉を知ったのは、「新超ひも理論」を書いた後のことでしたが、ジョブズも同じことを言っている、と驚いたものです。
Aさんの人生も、これまでの人生上の小さな点や大きな点がいくつもいくつもつながって、必ず将来大輪の花を咲かせて、今まで考えたこともないような幸せを見いだせることになると私は確信しています。
祈っているよ、Hちゃん。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

笑顔で眠りにつく

2018.02.03日

"Your time is limited, so don’t waste it living someone else's life."
--Steve Jobs − 1955-2011, Entrepreneur and Co-Founder of Apple Inc.
「あなたの人生に与えられた時間は有限だ。だから他人の人生ために自分の人生を無駄にするな」
ーースティーブ・ジョブズ、起業家・アップル社共同創業者


2005年6月にスタンフォード大学卒業式でスティーブ・ジョブズは次のように語りました。
「将来を見ていて点と点をつなぐことはできません。過去を振り返って初めて点と点をつなぐことができるのです。ですから、点は将来においてもどのようにかしてつながるに違いないと信じなければならないのです。あなたたちの直感とか、運命、人生、宿命等々、何かを信じるのです。このような考え方のお陰で、私はこれまで一度も落ち込んだことがありませんし、私の人生はこれですっかり変わりました」
「ハングリーであれ、愚か者であれ!」 字幕付きオリジナル動画あり)


これは私自身これまでこのブログでも繰り返し述べてきた「新超ひも理論」と同じ考え方ですが、誰しもが大なり小なり似たような経験をこれまでにしてきていて直感的に信じていることではないかと思います。


「過去を振り返って点と点をつないで、点は将来においてもどのようにかしてつながるに違いない」と信じてきたスティーブ・ジョブズですが、数奇な人生を歩んだ後、膵臓腫瘍で56歳の若さでこの世を去りました。


冒頭の言葉、
「あなたの人生に与えられた時間は有限だ。だから他人の人生ために自分の人生を無駄にするな」
の言葉のごとく、彼は短い人生を自分の思うように生き抜きました。
「毎日を人生最後の日のように生きる」というモットーのとおりに。


私など常に周囲の人のことを気遣いしながら生きていて、スティーブ・ジョブズのような太く短い生き方ができない弱い者です。
でも、少なくとも「毎日を人生最後の日のように生きる」は実践するよう心がけ、毎晩床で「神様、感謝します。今日も最高の日を過ごすことができました」と祈って笑顔で眠りについています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

真の癒しは

2018.01.28日

"When a deep injury is done to us, we never recover until we forgive."
--Alan Paton - 1903-1988, Author and Anti-Apartheid Activist
「深い傷を受けた時、相手の人を赦さない限り私たちが完全に癒えることはない」
--アラン・ペイトン、反アパルトヘイト活動家・作家
(訳 舟田譲二)


自分を傷つけた相手を赦すことは難しい。
実際、ドラマや映画、小説などの世界では、その多くが「復讐」をテーマにしています。親、子どもが殺された、騙された、裏切られた、土地や財産・金品を奪われた、いじめられた、セクハラやパワハラを受けてトラウマになった等々、復讐の原因は限りなくあります。
ドラマや映画の復讐劇は、これらの出来事を通してそのような復讐がいかに愚かなことであるかを教える反面教師となっていますが、それにもかかわらず現実の世界では残虐な復讐劇は後を絶ちません。


過去に起きた戦争や、今日のテロなどもやはり相手を赦せない、という復讐の連鎖が事を大きくし、その結果、より大きな悲惨な結果をもたらしています。


ほとんどの人は上のようなおぞましい事件は起こさないでしょうが、冷静に心の内を探るなら、自分たちの心の内にも同じ恐ろしい罪の性質が潜んでいることに気づかされます。現に家族内での殺人事件などが起きると、身近にいた人たちは口を揃えて、そのような人ではなかった、そんな様子は微塵も見られなかった、仲の良い家族だったなどと言います。
この人間の恐ろしい罪の根源を完全に断つことは困難でしょうが、少なくとも私たちがその罪の罠に陥らない防御策はあります。


それは、冒頭で反アパルトヘイト活動家アラン・ペイトンが言う、「深い傷を受けた時、相手の人を赦さない限り私たちが完全に癒えることはない」という言葉にヒントがあります。
すなわち、「相手を赦すこと」です。
憎しみ、恨み、復讐は問題を解決することなく、かえって傷口を大きくするばかりで、唯一の解決の方法は「赦し」です。


国家間、宗教間などにおいても同様で、問題の解決は「赦し」以外にありません。
「赦し」は言うは易し行うは難しです。
しかし、相手に赦しを強要するのでなく、まず自ら相手を赦すこと、ここからすべてが始まります。
勇気をもってその第一歩を踏み出すこと、これが結局は自分の心の癒しにもなるのです。
いや、これ以外に真の解決、癒しはありません。
「また立って祈るとき、だれかに対して、何か恨み事があるならば、ゆるしてやりなさい。そうすれば、天にいますあなたがたの父も、あなたがたのあやまちを、ゆるしてくださるであろう」
(マルコによる福音書 11:25)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

失恋の経験から学び取るべきこと

2018.01.27日

“Every instance of heartbreak can teach us powerful lessons about creating the kind of love we really want.”
--Martha Beck, Author and Speaker
「失恋の辛い経験は、私たちが本当に望んでいる愛を生み出すための強烈なレッスンを教えてくれる」
--マーサ・ベック、作家・スピーカー
(訳 舟田譲二)


失恋というのは必ずしも「相手に振られる」というのを指すとは限りません。失恋を定義すると次のようになります。
「失恋とは、恋する相手への気持ちが成就しないこと。また、恋愛が何らかの形で終止符を打たれることである」


「恋は盲目」とよく言いますが、確かに恋愛をしている時は相手の良いところしか見えず、また将来のことについても現実的でない甘い考えでいることがよくあります。


失恋のことを英語で冒頭のように heartbreak と言いますが、本当に文字通り「心が壊れます」。
私も例外ではありません。経験者語る、です。
この人と絶対に結婚したい、と思った人が若い頃何人かいました。でも、どちらかの親の反対など外的要因によってかなわなかったり、あるいは相手か自分かいずれかに心の平安がなくて迷っているうちに立ち消えになったりして流れてしまいました。
それでもやはり heartbreak 「心が折れ」ました。
たくさん泣きました。相手に悪いことをしたという思いから後悔もしました。そして謝りました。


みんながみんなそうとは限らないでしょうが、失恋による傷ついた心は時が癒してくれるものです。
そして、後になって振り返ると、結果的にはあれで良かったのだ、と納得がいきます。
その切り替えが大切です。
いつまでも心の傷を引きずっていると、なお一層苦しみが増すばかりです。
あの辛い経験の結果、今日の自分があるのだと、起こった現実を受け入れなければなりません。


そして、何よりも大切なのは、その失恋から何にも代えがたいレッスンを学び、それを今後の人生に生かすことです。それは自分が「本当に望んでいる愛を生み出すため」のステップです。
これを失恋から学び取らないなら、その失恋の経験は無駄になるとは言わないまでも、本当にもったいないことです。自己中心の愛から利他精神の本物の愛に成長するのです。
多くの人が結婚を「ギブ・アンド・テイク」の関係だと思っています。
中には「テイク・アンド・テイク」だと思って、結婚から自分が何かを得ることばかり考えている人さえいます。
でも、本当は見返りを期待せずに「ギブ・アンド・ギブ」の精神で「与える」ことを心がけているなら、結果的には「ギブ・アンド・テイク」になり、双方が幸せになります。
「人が友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない」
(ヨハネによる福音書15:13)
と聖書の中で教えられている通りです。


皆さんの失恋の経験はどのようなものでしたか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

最悪と思えるようなことが実は最善

2018.01.23日

“Expect the best; and realize, sometimes what you perceive to be “the worst” is actually the best.”
―James Ray
「最善を期待しなさい。時にあなたが『最悪』と思っていることが実は最善なのです」
―ジェームズ・レイ
(訳 舟田譲二)


『人は、人を浴びて人になる』(夏苅郁子著 ライフサイエンス出版)という本を今読んでいます。


9784897753621.jpg


著者は最悪とも言える環境の中で生まれ育ちました。これでもかこれでもか、と家族から酷い目に遭わされ、学校ではいじめられ、母親と同じ統合失調症を患います。人と接することができなくなり、生きる目標もなく、アルコールやタバコ中毒になり、精神科の薬漬けになり、摂食障害に苦しみ、リストカットや自殺未遂を繰り返します。


著者は語ります。
「人生は、基本的には不公平だと私は思っています。過酷な人生を歩んだ人は、幸せな人生を送った人のような天真爛漫な笑顔を持つことは、とても難しいのです。
私の人生の不公平は、母の精神病の発病から始まりました。
私は青年期になると、父も母も殺したいと思うようになっていました。不公平の元凶を消して自分も死んで、私の代でこの家族はいなくなればいい……本気でそう思い、いつもカバンに出刃庖丁を入れて歩いていました。包丁を持っていると、ほっとしたのです。結局は親を殺すことはできず、その刃は自分に向けられました」
読んでいて胸が痛くなります。


ところがこの最悪とも思える状況の中で、不思議なようにしてその都度彼女を助けてくれる人が現れ、中には騙されたり裏切られたりという経験もしますが、それをも彼女は自分にとって益と受け止めて、やがて精神科医になります。
そして、好きな絵を描いて病院の廊下に貼っていたらそれを見た医師が、彼女に会いたいと言う絵が好きな上司のいる研究室に送迎しているうちに、その医師との結婚に導かれ、今は子どもにも恵まれています。
今から18年ほど前に静岡県焼津市に「やきつべの径診療所」を夫と共に開業。


この本を読んでいると、ジェームズ・レイが言う
「最善を期待しなさい。時にあなたが『最悪』と思っていることが実は最善なのです」
が綺麗事ではなく、真理だということがよく分かります。
そして、実はこのような話は私たちの身の周りにも数えきれないほど毎日のように起きているのです。


もし、自分の身に起こる様々な「不幸」「不運」につぶされそうになったら、この言葉を思い出してください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

◯◯が元気と若さの秘訣

2018.01.19日

71歳でカメラを始めた西本喜美子さん(89)は写真の魅力にはまり、自宅の一部を写真スタジオに改装。
同じく70歳を超えてから始めたパソコンで写真を加工しています。
下にその作品のいくつかをご紹介します。すべて自撮りです。もうびっくり。恐れ入りました。


file_parts_I0000850_adad21164af33db83f1ad2e551bae7eb.jpg  file_parts_I0000850_d59cd23bc0b42b98d34eb82ca882e612.jpg


このような手に汗握るスリル満点のものから、次のようなユーモアのセンスたっぷりのものまで。


5b6d261f22bb3f13524c42eb1ad08b86-1.jpg  25013860_1746461498983026_6342326954158456832_n.jpg


ほかにも芸術的なきれいな写真も。
西本さんの個展「遊ぼかね」が、2017年12月15日〜2018年1月18日まで東京・西新宿の「エプソンイメージングギャラリー エプサイト」で開かれているとテレビで紹介されていました。



89歳なんて信じられません。
「今の私にとって写真は楽しみのひとつ。大きく言えば命。カメラもって写真を撮ることが好きだからなるだけ自分でも元気でいたい」
何か楽しいこと、打ち込めることがあるというのは、何よりもの若さ、元気の秘訣です。
もう、私なんか完全に負けています。
西本さんの場合はカメラですが、カメラでなくても自分の趣味や好きなもの、打ち込めるものであれば何でもいいと思います。
私も西本さんを見習って、90歳、100歳現役を目指します。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

苦闘は、感謝が始まると終わる

2018.01.18日

"The struggle ends when the gratitude begins."
--Neale Donald Walsch, 1943- Author and Speaker
「苦闘は、感謝が始まると終わる」
--ニール・ドナルド・ウォルシュ、作家・スピーカー
(訳 舟田譲二)


ニール・ドナルド・ウォルシュという作家を今まで知りませんでした。
興味をもって調べてみたところ、ベストセラー『神との対話』シリーズの著者とのこと。


51EJ7M5FZHL._SX346_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg 51QNZSNRA7L._SX351_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg 51WHA1P8Z6L._SX348_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg


「神との口述筆記形式の対話をまとめた」という紹介にも心をそそられてさらに調べると、カスタマーレビューの評価が非常に高い。


「まさしく、『目から鱗がおちる』『魂を揺さぶる』本です」
「メンタルセラピーのスパイス!人生を喜びに満たそう!多くの人が笑顔になりますように。
周りの人にも笑顔が届きますように」
「読む度に味が出る、読み終わるとまた最初から読みたくなる。
そんなスルメの様なシリーズです」
「もし神様と話できるならこんな事を聞いてみたい。という内容が必ず出てきます。神様を信じていない人でも、この回答の内容には新しい発見があると思います。人生において何かいい意味でスイッチが押されたような本でした。すばらしい本ですよ!!!」


と延々と読者の5つ星の高評価が続きます。
そこでさらにちょっと「なか見!検索↲」も見てみました。
『神との対話A−宇宙を生きる 自分を生きる』
うーん、面白そう!
早速読むことにしました。
ご興味のある方はぜひお読みください。


冒頭の言葉、
「苦闘は、感謝が始まると終わる」
はストンと入ってくる言葉です。
多くの人が様々な問題で苦闘しています。
徳川家康も有名な言葉を残しました。
「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし」
林芙美子も言いました。
「花のいのちはみじかくて、苦しきことのみ多かりき」と。
ある意味、人生は苦闘の連続です。


でも、この苦闘から救われる道があります。それはウォルシュが言っているように、「感謝する」ことです。感謝が始まると苦闘は終わるのです。
ねえ。福澤諭吉さん。
ぜひお試しください。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-01-17%2022.35.47.jpg


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

古今東西を通じての真理

2018.01.16日

"Extend to each person, no matter how trivial the contact, all the care and kindness and understanding and love that you can muster, and do it with no thought of any reward. Your life will never be the same again."
--Og Mandino - 1923-1996, Author

「ほとんど関わりのない人に対しても、できる限りの思いやりと親切、理解、愛をもってその人に手を差し伸べなさい。しかも見返りを一切期待せずに。あなたの人生は一変することでしょう」

--オグ・マンディーノ、作家
(訳 舟田譲二)


オグ・マンディーノはとても波長の合う私のお気に入りの作家です。
これまで彼の作品は何冊も読みましたが、どの本も私自身の考えと非常に近く、とても親近感を覚えます。


今日のオグ・マンディーノの冒頭の言葉、
「ほとんど関わりのない人に対しても、できる限りの思いやりと親切、理解、愛をもってその人に手を差し伸べなさい。しかも見返りを一切期待せずに。あなたの人生は一変することでしょう」
は、私自身これまでの人生で何度か経験したことです。


私たちは自分に関係のある人には親切にするけれども、そうでない人にはあまり愛の手を差し伸べようとはしないものです。だからもし、少しでも深く関わろうとすると何か下心があるのではないかと勘繰られてしまうことすらあります。
でも、臆することなくこれを実践しましょう。
なぜでしょう?
それは「人生が一変する」からです。


これは、ロシアの文豪トルストイが書いた『靴屋のマルチン』(「小さな親切」)を始め、世界中の文学や映画などでも取り扱われているテーマです。
また有名な聖書の言葉、
「はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」
(マタイ25:40)
でも教えられていることで、古今東西を通じての真理です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

他人の不幸

2018.01.03日

「メシウマ」は「2ちゃんねる」などで使われる、他人の不幸に関するニュースに対し用いられるインターネットスラング。「他人の不幸で今日も飯がうまい」の略称で、「他人の不幸は蜜の味」とも言う。
2ちゃんねるに縁のない私は「メシウマ」という言葉をここで初めて知りました。


ドイツ語のschadenfreude(シャーデンフロイデ)という言葉が他人の不幸を知った時に生じる喜びというのがルーツだそうですが、おそらく人間の本性のようなものなのでしょう。


「自分はそんなことはない」と思っている人でも、機能MRI(脳が意識状態、覚醒状態で情報処理を行っている間の皮質活動を画像化する技術)を使った実験では、さまざまな状況で苦しんでいる人々が写った写真を被験者に見せると、ほとんどの場合、脳内の喜びの中枢が点灯するといいます。(The Response Magazine 2018.1月号 p. 10)


これは人間に巣食う罪の性質からくるもので、人と自分を比較して、自分が少しでも優れていると思うと優越感を感じて相手を見下したり、逆に相手が自分より優れていると思うと劣等感や嫉妬を感じたりします。


「他人の不幸を喜ぶ」ような生き方は間違っているということは重々分かっていながら、無意識のうちにその罠に陥ってしまうのです。
これから解放されるためには、まず
1. ありのままの自分を受け入れる
2. 自分の不幸にしがみつかず、思い切って手放してしまう
3. 人に何か不快なことを言われたり、されたりした時には、相手を赦す


マハトマ・ガンディは
「どれだけ偉大な人間になれるかは、同胞の幸福のためにどれだけ尽くせるかにかかっている」
と言っています。
たとえ偉大にならなくとも、自分の幸福のために、
「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣く」
(ローマ人への手紙 12:15)
こと、すなわち人と共感することです。(「同情と共感」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

美しい人生を送る25の素晴らしいヒント

2017.12.29日


美しい人生を送る25の素晴らしいヒント


1.毎日10〜30分ウォーキングしましょう。歩いている間、微笑みましょう。最高の抑うつ効果があります。
2.毎日少なくとも10分間、静まりの時間を持ちましょう。
3.毎朝目覚めたら、その日の目的を達成するために必要な知恵を神様に祈り求めましょう。
4.木や植物(プラント)になる食べ物をもっと食べましょう。工場(プラント)で加工される食べ物はできるだけ食べないようにしましょう。
5.お茶と水をたくさん飲みましょう。ブルーベリー、ブロッコリ、アーモンドを食べましょう。
6.毎日少なくとも3人の人をにっこりさせてあげましょう。
7.あなたの大切なエネルギーを、ゴシップやエネルギーを吸い取る吸血鬼、過去の出来事、ネガティブな考えや自分でコントロールできないことに無駄遣いしないようにしましょう。むしろあなたのエネルギーをポジティブな、現在の瞬間に投資しましょう。
8.限度額まで使い切ったクレジットカードで(つまりカードを使わずに)、王さまのような朝食をとり、王子さまのような昼食をとり、大学生のような夕食をとりましょう。
9.人生は決して公平ではありません。しかし、それでも素敵です。
10. 人生は、誰かを憎みながら時間を無駄遣いするにはあまりにも短すぎます。どんなことでも人を赦しましょう。
11. 自分のことをあまり真剣に考えすぎないように。誰もあなたのことなんかそんなに真剣に考えていませんよ。
12. すべての議論に勝つ必要はありません。意見が違うことを認めましょう。
13. 現在を台無しにしないために過去と和解しましょう。
14. あなたの人生を人の人生と比較してはいけません。他人の人生がどんなものなのかなんて誰にも分かりません。
15. あなたの幸せに、あなた以外に責任を持ってくれる人なんかいません。
16. 思いがけない災難を次の言葉で見直してみましょう。「今から5年後、このことは大問題になっているだろうか?」
17. 困っている人を助け、寛大になりましょう。人から何かを取る者にならないで、人に何かを与える者になりましょう。
18. 人があなたのことをどう思っているかなんて、あなたにはまったく関係のないこと。
19. 時はすべてを癒してくれます。
20. 状況がいかに悪かろうが良かろうが、全ては変化します。
21. あなたが病気になった時、あなたの仕事はあなたの面倒を見てくれません。面倒を見てくれるのはあなたの友達です。友達とはつねに連絡を取り合っていましょう。
22. 嫉妬は時間の無駄です。あなたにはすでに必要な物は全て与えられています。
23. 毎晩寝る前に神様にお祈りしましょう。そして、今日あなたが成し遂げることのできることを感謝しましょう。
24. 覚えていてください。あなたは十二分に祝福されています。ストレスなんて感じる必要はまったくありません。
25. あなたの知り合いの人たちみんなにこれをシェアして、友達がより幸せな人生が送れるよう力になってあげましょう。
(訳 舟田譲二)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

人生の旅をエンジョイしよう!

2017.12.28日

"Take pride in how far you've come. Have faith in how far you can go. But don't forget to enjoy the journey."
--Michael Josephson - Speaker and Former Law Professor
「ここまでよくやってきたということに誇りを持ちましょう。また、これから先どこまで行けるかということには信仰を持ちましょう。でも、この旅路を楽しむことを忘れないように」
ーーマイケル・ジョゼフソン、モチベーショナルスピーカー・元法学部教授
(訳 舟田譲二)


過去を振り返ると、本当によくここまでやってきたものだ、と誰でも思うものです。
病いや事故や様々な困難や苦しみ、愛する人との別れなどみんな経験してきています。ずっと順風満帆で苦労したことなんかない、という人はまずいないでしょう。もし、いたとしたら心配ご無用。必ずそのうちやってきますから。
「人生、山あり谷あり」です。
このような意味において、皆さん、これまで本当にご苦労さまでした。
これまでの人生に誇りを持つべきです。


しかし、人生はこれから先もまだまだ続きます。
いつまで続くかは誰にも分かりませんが、これから先どこまで行けるかということには信仰を持つしかありません。神様に委ねつつ、走るべき行程をただ忠実に走り続けるだけです。


でも、人生で一番大切なことは、その一瞬一瞬を楽しむことです。
これまでの行程を振り返って喜び満足し、これから先の道程を楽しみつつ前進する、まさに人生は旅のようなものです。
過去を後悔し、現在に不平、不満、愚痴を言い、将来を悲観的に見て不安を持ちながら旅はしていたら旅は台無しです。旅は楽しむためにするものです。
皆さん、ご一緒に人生の旅をエンジョイしましょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

世界を変えよう!

2017.12.19日

"With one kind gesture you can change a life. One person at a time you can change the world."
--Steve Maraboli - Author and Speaker
「一つの思いやりあるしぐさで人生を変えることができる。一人ずつ変えていけば世界を変えることができる」
--スティーブ・マラボニ、作家・スピーカー
(訳 舟田譲二)


ちょうどひと月ほど前に「鏡に向かって微笑みなさい」という記事を書きました。
ビートルズのジョン・レノンの妻、オノ・ヨーコが言った
「鏡に向かって微笑みなさい。毎朝微笑みなさい。そうしたらあなたの人生が大きく変わっていくのに気づくでしょう」
を知ってから、私も毎朝、いえ一日に何度も鏡を見るたびに自分に微笑みかけるよう努めています。
すると、"Hey presto!" (あら不思議!)
自分の笑顔を見ると本当に幸せな気持ちになるのです。
皆さんは試していらっしゃいますか?


昨夜のTV番組『中居の身になる図書館 なぜ若い?なぜ元気?』の中で医師が、「笑顔でいると幸せな気持ちになる。脳は騙される」と言っていました。
やっぱりそうなんです。
そして、自分が笑顔でいると周りの人たちも自然と笑顔になってきて、みんな幸せな気持ちになります。


逆に、いつでもしかめっ面をしている人や、悲しそうな顔をしている人のそばにいたら、あなたはどんな気持ちになるでしょうか?幸せな気持ちになると思いますか?


ということは、今日のスティーブ・マラボニの言葉、
「一つの思いやりあるしぐさで人生を変えることができる。一人ずつ変えていけば世界を変えることができる」
も同じで、上辺でない本心からの思いやりあるしぐさは、周囲の人々を幸せな気持ちにするのです。
今、日本には過去にないほど外国から大勢の観光客が訪れています。そして、みんな口を揃えて日本が気に入った理由の一つに挙げるのが、日本の「おもてなし」の心、サービス精神です。


このような小さな、本当に小さなおもてなしの声かけや笑顔など、親切な行為は周りの人を幸せな気持ちにさせます。
これはまさに「ペイ・フォーワード」の精神です。すなわち、親切な厚意を受けた相手に親切を返し(ペイ・バック)てそこで親切を完結させるのではなく、別の人に別な形でお返し(ペイ・フォーワード)していくと、善意の輪が知らず知らずのうちにどんどん広がっていくという考え方です。
pay-forward_move.gif 
〜あなたにも世界は変えられます〜をクリック


欲張らずに一度に一人ずつ変えていけば世界を変えることができます。
それを誰が始めるか。私から、そしてあなたからです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

不完全の向こう側を見る

2017.12.18日

"Being happy doesn’t mean everything is perfect. It means you have decided to look beyond the imperfections."
--Gerard Way - Musician
「幸せな状態というのは、すべてが揃っていて完全という意味ではない。それは不完全の向こう側を見る決意をしていることだ」
--ジェラルド・ウェイ、ミュージシャン
(訳 舟田譲二)


私たちはとかく完璧というものを求めやすく、なにか一つでも欠けているともう幸せじゃない、と考えてしまいがちです。
お腹に赤ちゃんが宿ると、親がまず求めるのは「五体満足」です。
生まれてきた赤ちゃんが「五体満足」であっても、さらに目や耳、鼻、口を始め、手足の指から爪に至るまで、いや、頭脳から運動神経から優しさ、たくましさ等々すべてにおいて完璧を求めてしまいます。


また自分自身を他の人と比べて、無意識のうちにあの人のように頭が良ければ、背が高ければ、美人であれば、スタイルが良ければ、家柄が良ければ、字が上手ければ、◯◯ができれば等々あれもこれも求めてしまい、何か一つでも欠けを見つけるとたちまち不満になり、不幸に陥ってしまいます。


しかし、「幸せな状態というのは、すべてが揃っていて完全という意味ではない」のです。
なぜなら、この世にすべてが揃って完全な状態などというものは存在しないからです。
であれば、私たちにできることはただ一つ。
「それは不完全の向こう側を見る決意をしていること」です。
不完全の向こう側を見るとは、不完全な姿、状態をありのまま受け入れるか、それがいやならその状態を変える努力をすることです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

悲劇の主人公?

2017.12.16日

292806_10150327859063856_880085168_n.jpg


"Anytime you blame others and complain about your situation, you are choosing to be a victim. By playing the victim role you are putting yourself in an ineffective and weak position. It is virtually impossible to allow incredible miracles to enter your life when you choose to remain in this negative mental state."
--Sonia Ricotti - Author and Speaker
「人のことを責め、自分の置かれている状況について不平を言う時はいつでも、あなたは自分を悲劇の主人公にしている。そして悲劇の主人公の役を演じることによって自らを無能な弱い立場に置いている。このネガティブな心理状態に留まり続けることを選択していると、信じられないような奇跡があなたの人生に起きることを事実上不可能にしているのです」
--ソニア・リコッティ、作家・スピーカー
(訳 舟田譲二)


このような人は私たちの身の周りにけっこういるものです。
さまざまな出来事の中で自分はいつも悲劇の主人公になっているように思い込んでいます。
本人は自分では気づいていないのですが、このような考え方が癖になってしまっているのです。普通の人だったら、別にどうってことないことでも、その人は周りのみんなが寄ってたかって自分にひどいことを言っているとか、ひどいことをしているというふうに受け止めるのです。
本当は自分よりももっともっと不幸な人や気の毒な人がいくらでもいるのですが、そのところには目が行きません。


このような考え方をしていると、結局のところ自分自身が一番惨めになり、不幸になります。
さらに、その状態から抜け出せるような奇跡がいくらでも起こり得るのに、その奇跡が起きることすら自らの手で妨げているのです。


ソニア・リコッティは、幸せな人生を送るために次の12のステップを提唱しています。
このような生き方をすると、あなたも必ず幸せな人生が送れるようになり、ソニア・リコッティのように美しく輝けます。
1.自分の目標を書き出す
2.過去を洗い流す
3.赦す
4.「箱」から外に出る
5.人生の旅を楽しむ
6.前もって失敗する
7.健康的な食事をし、活動する
8.自分の知っている人の中で一番ポジティブな人になる
9.あなた自身の「光の輪」を生み出す
10. もっと愛する
11. 自分の内なる人に近づき、神とつながる
12. 本当に大切なことに焦点を当てる


いかがですか?
あなたもこのような生き方をしたくありませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

夢を実現させたかったら

2017.12.10日

"I didn’t get there by wishing for it or hoping for it, but by working for it."
--Estée Lauder – 1908-2004, Businesswoman
「私が目標を達成できたのは、できればいいなとか、ぜひともやりたいという思いからではありません。目標に向かって一生懸命努力した結果です」
--エスティ・ローダー、女性実業家
(訳 舟田譲二)


IMG_2033.PNG


英語では 'wish' と 'hope' は微妙にニュアンスが違います。両者とも「〜だったらいいな」という願望に使われるのですが、'wish' は実現できる可能性が低いかもしくは不可能に近い場合に、'hope' は可能性が十分にある場合に使われることがよくあります。
たとえば、明日デートだけどいい天気だったらいいな、という場合は "I hope it'll be sunny tomorrow." と言います。ここでもし 'wish' と言ったら天気予報で雨の確率が高いニュアンスです。


さて、この名言を残したエスティ・ローダーは弱冠38歳の時、クレンジングオイル、スキンローション、スーパーリッチ・オールパーパスクリーム、クリームパックの4種類の化粧品でビジネスを始めました。
わずが2年後に、ニューヨークの大手百貨店、サックス・フィフス・アベニューにコーナーを設けるに至り、続く15年間で全米に販売ネットワークを広げます。


次にロンドン、ホンコンを皮切りに、全世界に進出していきました。
1964年には香水、男性用化粧品とラインを広げていき、68年には全米で最も優れた女性実業家トップ10に数えられるまでになりました。
エスティローダー社は今日年商1667億円を超える大企業です。


冒頭の彼女の言葉、
「私が目標を達成できたのは、できればいいなとか、是非ともやりたいという思いからではありません。目標に向かって一生懸命努力した結果です」
からは多くのことを教えられます。


ひとつは、誰でも最初の一歩は小さいところからのスタートだ、ということ。
2番目に、明確な目標を持っていた、ということ。何事も行き当たりばったりではだめです。
3番目に、目標を達成するためには、単に「できたらいいな」とか「是非ともやりたい」と願っているだけではだめだということ。
そして4番目に、言い古されていることですが、「目標に向かって一生懸命努力する」ことです。


これはビジネスの世界に限らず、学生の勉強において、仕事探し、伴侶を見つけること、良き家庭や良い人間関係を築くこと、良き人生を歩むこと等々、私たちの人生全般に当てはまることです。
夢を見ているだけでは夢は実現しません。夢を実現させている人は例外なく、陰で見えない努力をコツコツと重ねています。


あなたの夢は何ですか?
その夢を実現させるためにあなたは今、何をしていますか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

安らぎと満足感への直行ルート

2017.12.03日

"Good humor is a tonic for mind and body. It is the best antidote for anxiety and depression. It is a business asset. It attracts and keeps friends. It lightens human burdens. It is the direct route to serenity and contentment."
--Grenville Kleiser - 1868-1935, Author
「センスのいいユーモアは心と体の気付け薬です。不安と鬱(うつ)の最善の解毒剤です。それはまた事業資産です。友達を引き寄せ、そして離しません。人が負う重荷を軽くしてくれます。安らぎと満足感への直行ルートです」
--グレンヴィル・クライザー、作家
(訳 舟田譲二)


長男の嫁の恵利紗さんのご両親がこれまで何度も平塚に私たちを訪ねてきてくださって、親しい交わりの時を持たせていただいています。
恵利紗さんのお父さんは牧師先生ですが、ものすごいユーモアの持ち主で、教会の日曜日の礼拝のメッセージの中でもジョークの連発です。
普段の生活の中でもしょっちゅうジョークが飛び出し、周りのみんなを笑わせてくださいます。


去る8月の末にいらっしゃった時にはご一緒に近くのモールで食事をしました。
その時、「最近は毎日1万歩以上ウォーキングしています」と私が言ったところ、お父さんは「私は昨日は150歩でした」とおっしゃいます。
私が「えっ?」という顔をしていると、すかさず隣に座っていらっしゃったお母さんが「家の中でトイレまで歩いただけでしょ」と。
みんな顔を見合わせて大笑い。
お母さんもお父さんに負けないぐらい、おふたりでジョーク合戦です。


来年4月に長男夫婦に赤ちゃんが生まれます。男の子だそうです。私たちにとっては待ちに待った初孫の誕生です。
4日前の朝、突然長男直人から電話がかかってきました。
呼び寄せ便で通常の料金の半額以下でロサンゼルスまでの往復航空チケットが手に入るけど、来春の出産に時期に合わせて来ないか、という誘いです。しかも、その申し込み締め切りがあと20分以内に迫っていると言うのです。
妻は忙しくて行けないので、代わって私に行ってということになり、恵利紗さんのお母さんと私が急きょ同じ飛行機で行くことに決まりました。
その後で、恵利紗さんからメールが入り、私が来てくれるのが嬉しい、楽しみに待っている。父はファーストクラスが往復200ドルだったら行くと言っている、と。
これも、お父さん独特のセンスのいいユーモアで、思わず吹き出してしまいました。
私も家では結構ジョークを言って家族を笑わせるほうですが、恵利紗さんのご両親には負けます。


このようなご両親に育てられた恵利紗さんはとても温かく、長男夫婦は大変な時でもいつも明るく笑っています。


「センスのいいユーモアは心と体の気付け薬です。不安と鬱(うつ)の最善の解毒剤です。またそれは事業資産です。友達を引き寄せ、そして離しません。人が負う重荷を軽くしてくれます。安らぎと満足感への直行ルートです」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ごく普通の人こそ真のヒーロー

2017.12.02日

"A hero is an ordinary individual who finds the strength to persevere and endure in spite of overwhelming obstacles."
--Christopher Reeve - 1952-2004, Actor, Producer, and Screenwriter
「ヒーロとは、打ちのめされそうになるような障害の中にあって、なおも努力を惜しまず、耐え抜く強さを見出したごく普通の人のこと」
--クリストファー・リーヴ、俳優・映画監督・シナリオライター
(訳 舟田譲二)


クリストファー・リーヴはスーパーマンのはまり役の俳優でした。
しかし、43歳の時、乗馬競争中に落馬し、脊髄損傷を起こして首から下が麻痺しました。
新聞記者クラーク・ケントが走りながらスーパーマンに変身していく有名なシーンがありますが、この後、スーパーマンは車椅子の人になったのです。


clark_kent_superman.jpgreeve1.jpgreeve2.jpg


しかし、彼の人生はそこで終りませんでした。
映画界から離れた後、リハビリに専念するようになり、身体の麻痺に苦しむ人たちに対してより独立して生きるよう願って「クリストファー・アンド・ディナ・リーヴ麻痺資源センター」を開設しました。


事故の翌年には、第68回アカデミー賞授賞式にプレゼンターとして姿を見せ、出席者からはスタンディングオベーションが。
さらにその翌1997年にはHIV感染者を主人公としたテレビ映画『フォーエヴァー・ライフ 旅立ちの朝』で監督業に進出。
同年、ナレーションを務めたドキュメンタリー番組『Without Pity: A Film About Abilities』でエミー賞情報スペシャル部門作品賞を受賞。


1999年には自伝『車椅子のヒーロー あの名俳優クリストファー・リーブが綴る「障害」との闘い』の朗読アルバムでグラミー賞最優秀スポークン・ワード・アルバム賞を受賞しました。
これを機に俳優活動を本格的に再開し、1999年にはテレビ映画『裏窓』(アルフレッド・ヒッチコック監督の『裏窓』のリメイク作品)を製作するとともに、車椅子に乗った主人公を自ら演じます。


2003年から2004年にかけて連続テレビドラマ『ヤング・スーパーマン』に出演し、若き日のクラーク・ケントに素性の手掛かりを与えるヴァージル・スワン博士役を演じました。
2004年5月にはアテネオリンピックのコマーシャルにも出演しましたが、この年10月に自宅で心不全を起こして昏睡状態となり死去。52歳の短い生涯でした。


生前、リーヴはインタビューで「ヒーローとはどのような存在か」と問われることがありました。『スーパーマン』の映画撮影中は「先のことを考えずに勇気ある行動をとる人のこと」と答えていましたが、落馬事故を起こした後は冒頭のように、
「ヒーロとは、打ちのめされそうになるような障害の中にあって、なおも努力を惜しまず、耐え抜く強さを見出したごく普通の人のこと」
と語るようになりました。
(以上Wikipediaより一部引用)


映画『スーパーマン』の中のヒーローは、「先のことを考えずに勇気ある行動をとる人」かもしれませんが、それはあくまでも映画の世界の話。
現実の世界の本物のヒーローとは、誰の身にも起こり得る不慮の事故に遭遇した時、クリストファー・リーヴのように障害の中で力強く生き抜く力を持つ人、すなわち
「打ちのめされそうになるような障害の中にあって、なおも努力を惜しまず、耐え抜く強さを見出すごく普通の人」で、これこそ私たちが求めるべき姿なのではないでしょうか。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

過去の辛い思い出と決別

2017.12.01日

"Holding on to anger, resentment and hurt only gives you tense muscles, a headache and a sore jaw from clenching your teeth. Forgiveness gives you back the laughter and the lightness in your life."
--Joan Lunden - Journalist, Author, and Television Host
「怒り、恨み、受けた傷にしがみついていると、筋肉の緊張や頭痛、歯を食いしばることから起こるあごの痛みなどを引き起こすだけです。でも赦すなら、生活の中に笑いや明るさを取り戻すことができます」
--ジョウン・ランドン、ジャーナリスト・作家・テレビ番組司会者
(訳 舟田譲二)


joan%20lunden.jpg


おそらく誰でも人生で一度や二度ならず、人の言葉や行為によって傷ついたり、腹立ったり、悔しい思いをしたことがあるでしょう。
私もあります。
いじめだけでなく、今だったら大きな問題になるようなパワハラやセクハラといった類(たぐい)のとても不快な経験もしましたし、またいわれのない脅迫行為や暴力、物的損害を被ったこともあります。


しかし、胸に手を当ててよく考えてみると、たとえ意図したことでなかったとしても自分も他人にそのような思いをさせたことがある、と認めざるを得ません。
今、それらを思い起こすと胸が締めつけられます。会って謝れる人には可能な限り謝罪してきました。でも、いくら願っても連絡の取りようがなく、謝罪できない人もいます。


およそ人がふたり以上集まるところには、必ずと言っていいほど、互いの考えや気持ちの行き違い、衝突、そして時には激しい怒りを覚えるような仕打ちを受けるような場面が起きます。それは、私たち人間がそもそも生まれながらの罪人だからです。
生身を持った人間が地上において楽園のような生活を送るということはあり得ません。


しかし、そのような過去の出来事や辛い思い出にいくらこだわっていたところで、それでもって解決できることは何もありません。過去に戻ることはできませんし、過去の事実を変えることもできないのです。それどころか、自分が被害者であるか加害者であるかを問わず、過去の辛い思い出を引きずって生きることは、現在の自分に何ひとつ益をもたらしません。さらに心身を傷つけるだけです。


問題の解決法はただひとつ。「赦し」です。自分が受けたものであろうと、与えたものであろうと、相手をまた自分を赦すのです。
赦すことによって初めて、心に平安を、身体に癒しを得、新しい人生を歩み始めることができます。
勇敢に過去に立ち向かいましょう。


「もしも、あなたがたが、人々のあやまちをゆるすならば、あなたがたの天の父も、あなたがたをゆるして下さるであろう」
(マタイによる福音書 6:14)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

片思いと相思相愛

2017.11.29日

"Our attitude towards others determines their attitude towards us."
--Earl Nightingale - 1921-1989, Author and Syndicated Radio Personality
「人への私たちの態度が、その人の私たちへの態度を決める」
--アール・ナインチンゲール、作家・ラジオパーソナリティ
(訳 舟田譲二)


人間関係って単純に言うと、こういうもんなんです。
「態度」というのは、表情や思い、言葉、行為などすべてを含みます。
自分が相手に好意を抱いていると、相手も自分に好意を抱いてくれるようになります。相手のことを尊敬していると、相手も自分を尊敬してくれます。
逆に、相手のことを苦手だと思っていると、相手もあなたのことを苦手だと思いますし、相手のことを嫌だと思っていると、相手もあなたのことを嫌だと思うようになります。


自分の心がそのまま相手に伝わってそれが自分のところに戻ってきます。
これをみんな無意識のうちにしているのです。
これは人間関係における「引き寄せの法則」です。


love-2.jpg


それでは、よくある片思いはどうなのか、と思われるかもしれません。
自分は相手のことが好きで仕方がない、もう狂おしいほどに「好きすぎる」のに、相手は自分のことを見向きもしてくれない。
そんなこともありますよね。「経験者語る」です(笑)
よく新聞などの人生相談でも見かけます。
これは上の法則に当てはまらないのでしょうか?


片思いというのは、実は自分本位のわがままな好意なのです。
片思いしていると、周りの人が目に入らなくなり、その人のことばかり見ているようになります。すると、相手にもあなたのその視線が伝わります。
誰でもそうですが、自分のことをいつも見つめられていたり、意識されていると息が詰まるような感じになり、避けるようになります。
また、相手にしつこいほど話しかけたり、連絡を取ろうとしたりします。これも上と同様に相手には煩わしくなります。
話しかけようとしても、意識しすぎてぎこちなくなります。すると、相手はそのような人と一緒にいたくなくなります。要するに、ありのままのあなたの姿が相手には伝わらなくなるわけです。
昼も夜も相手のことばかり考えていると夢にまで見たりして、そのうちに現実の世界と空想の世界がごちゃまぜになって自分でもわからなくなり、変なことを言ったり、変な行動を取ったりするようになったりします。それが極端に進むとストーカーのようになることもあります。
当然のことながら、相手からは避けられ、嫌われることになります。
しつこいセールスや勧誘なども同様です。


つまり、相手を大切にしようという思いよりも自分の思い、感情が先走ってしまうと、相手に嫌われてしまうことになるというわけです。これが片思いの残酷な世界です。
相手のことが本当に好きだったら、それは自己中心の愛ではなく、相手を大切にする思いやりの愛になるべきなのです。
そのような愛で相手を見守っているなら、相手も自然とあなたのほうを見るようになり、お互いにまるでテレパシーのように愛が通じ合うようになり、相思相愛となります。
これは恋愛感情だけでなく、尊敬の念を含む本物の愛です。


この原理は様々な人間関係において当てはまります。
親子やきょうだい、夫婦間、友人間、上司と部下、教師と生徒の間等々。
自分の利益を求める自己中心的な心があると、表面上いくらうまく付き合っているように見えてもやがて相手には見透かされるようになります。


「愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。
不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。
愛はいつまでも絶えることがない」

(コリント人への第一の手紙 13:4-8)


このような真実な愛に根ざした人間関係を築いていきたいものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

世の中そんなに甘くない!

2017.11.28日

"The key to abundance is meeting limited circumstances with unlimited thoughts."
--Marianne Williamson – Author and Speaker
「豊かな人生の秘訣は、無制限の想像力を持って制限された環境の中で生きることです」
--マリアン・ウィリアムソン、作家・講演者
(訳 舟田譲二)


好きな仕事をして、経済的に豊かになり、いい家族や友達に恵まれ、いい家に住み、美味しいものを食べて、いい服を着、旅行や好きな趣味に興じて、ゆったりした時間を過ごし、健康にも恵まれ、将来何の不安もない、そんな人生を歩みたいなぁ。


こんな生活を夢見ていたら、あなたは決して人生に満足することはありません。
なぜならあり得ないからです。
こういうのを「絵に描いた餅」といいます。


最近、SNSでこのような「絵に描いた餅」で人を釣る詐欺まがいのセミナーの案内や各種プログラムへの勧誘、教材やいんちき商品販売などが巷にあふれています。まあ、この類のものは昔からあるのですが。
たとえば聞いたことのある「幸せになれる壺」などもその例です。


6ec27517965b414758640ec9e7c46059_400.jpg   S_5424509416163.jpg


ところが、騙されて何百万円、ときに何千万とこのようなものに使う人が実際にたくさんいるのです。
世の中そんなに甘くない!



マリアンン・ウィリアムソンが冒頭で言っています。
「豊かな人生の秘訣は、無制限の想像力を持って制限された環境の中で生きることです」
実はこのような生き方こそが真の豊かな人生なのです。
それは、私たちは誰でも人生において大なり小なり様々な制限を受けるからです。
その制限の中で想像力を持って生活を楽しむこと、これこそが真の豊かな生活なのです。


「あらゆる貪欲に対してよくよく警戒しなさい。たといたくさんの物を持っていても、人のいのちは、持ち物にはよらないのである」
(ルカによる福音書 12:15)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

あなたが幸福になるか不幸になるかは

2017.11.26日

"It isn’t what you have, or who you are, or where you are, or what you are doing that makes you happy or unhappy. It is what you think about."
--Dale Carnegie - 1888-1955, Author and Speaker
「あなたが幸福になるか不幸になるかは、あなたが何を持っているか、あなたが誰であるか、あなたがどこにいるか、あなたが何をしているか、によるのではない。あなたがどのように考えるかだ」
--デール・カーネギー、作家・講演家
(訳 舟田譲二)


デール・カーネギーは私もファンのひとりで、彼の著作を読み、本を朗読したCDも繰り返し聴いています。このブログでもしばしば取り上げてご紹介してきました。


昨日の朝起きると、今年の春までうちで働いていてくださったY先生から祈りのリクエストのメールが届いていました。
うちの塾でも学んでいらっしゃったご長女の4年生のSちゃんが4日前から激しい腹痛を訴え、嘔吐し、3日間一切飲食もできず、睡眠も取っていらっしゃらず、近所の医者に診てもらっても原因がわからなくて一昨日市民病院に緊急入院。東海大病院の医師との連携でレントゲン、CTスキャンやMRIなどの検査を精査した結果、成熟嚢胞性奇形腫の茎捻転の疑いがあるとので、昨日東海大病院に転院して手術することになった、という旨の連絡でした。


私も指導していたSちゃんは本当に素直ないい子で、下に双子の赤ちゃんが生まれたら赤ちゃんのお世話もよくして、忙しいお母さんのお手伝いもしていました。
Sちゃんのことを思うと可哀想で胸が張り裂けそうになり、昨日は一日中何度もお祈りしていました。
その後、再びYさんからメールが入り、「緊急入院だったので、執刀医、その他の先生、スタッフと、手術室の予定がまだ合わせられず、手術時間は分からないそうです。更なる検査の結果、両方の卵巣に腫瘍がある可能性が高いそうです。Sと一緒に聖書の色々な箇所を読みながら、主が信仰の先輩にして下さったことや、現代の人にもして下さっていることなどを確認し、祈りました。Sも泣きながら神様に感謝と願いをささげています。引き続き、祈りのサポートをよろしくお願いします」と言ってこられました。


Sちゃんも、そしてお母さんやお父さん、お兄ちゃんたち皆さんとても不安なことでしょう。
Yさんからの別のメールには次のようにありました。
「不思議なことに、主は、Sが腹痛を訴えたその日に、この病名を私に教えていて下さいました。
Sは、救急搬送からずっと一人で診察や検査を受けています。Sがイエス様を信じていて、本当に良かったと思います。
また、付き添いもさせてもらえないので、Sの寂しさは募ると思いますが、主がSを慰めて下さると信じて感謝します」


信仰者の強さをここに見ることができます。
痛くて苦しいのに、病院のベッドの上で涙を流しながらも神様に感謝と願いをささげているSちゃんと、お母さんのYさんの強さ。
これは、現在置かれている状況いかんにかかわらず、神様の最善を信じ、その御手に委ねていらっしゃる信仰者の姿です。


突然、今から31年少し前の出来事がよみがえってきました。
生まれてまだ8か月の次男が急に激しく泣き出しました。休みの日だったので片っ端から小児科に電話をして、ようやく連絡の着いた隣町の医者に連れて行って診てもらいましたが、注射を打っても何をしても泣き止みません。家に戻って再び医者に電話したところ、今晩は様子を見てまた明日も泣くようだったら来るようにと言われました。


そのような時、その数年前にロサンゼルス留学中、教会でお知り合いになったM医師のことを思い出しました。真夜中でしたが、藁にもすがるような思いでお電話して状況を説明したところ、腸重積の可能性が高い、すぐに大学病院に行くように、と先生に言われ東海大学病院に車を飛ばしました。
果たしてそのとおりでした。当番だった先生がすぐに診て処置してくださり、大事には至りませんでした。翌朝まで待っていたら手遅れになっていたかもしれないと言われ、すべてを備えていてくださった神様の憐みに心から感謝した次第でした。
この次男が今は私の仕事を継いで、一昨年結婚した嫁と一緒に毎日頑張ってくれています。感謝です。


Sちゃんに、そしてご家族に平安がありますように。そしてSちゃんに神様の癒しがありますように。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

感謝の心は静かな喜び

2017.11.24日

"There is a calmness to a life lived in gratitude, a quiet joy."
--Ralph Blum (1932-2016) Screenwriter
「感謝の心を持って過ごす人生には静けさがある。静かな喜びだ」
--ラルフ・ブルーム、脚本家
(訳 舟田譲二)


ラルフ・ブルームは文化人類学者、作家でもありました。
むしろそちらのほうでよく知られています。
ある時、イングランドで研究中、2000年前の古代バイキングの粘土板に刻まれた24のアルファベットに出合います。25番目は何も刻まれていない白の板でした。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202017-11-23%2021.29.48.png


ラルフはこの出合いを自分が見つけたのではなく、向こうから自分を発見してくれた、と言っています。
そしてこの文字板をいろいろと並べ替えているうちに、上の写真の順番になり、右上から左に順に読んでいくと、人生の主要なテーマである「自分」「協力」「合図」「退避」「力」「開始」「肥沃」「防御」「保護」「所有」「喜び」「収穫」「機会」「戦士」「成長」「活動」「流れ」「旅」「出入口」「突破」「休止」「一体」などで、そして最後の白いのは「神聖」だと発見します。
「かつてマーガレット・ミードが言った、"A-B-C-D...X-Y-God”という私が知っている唯一のアルファベットだ」
とラルフはピンときました。


ラルフはこの時、無職で一文無し、鬱の状態でしたが、これこそが自分の生涯の仕事と信じました。
彼はこの粘土板の文字は神からのe-mailで、これこそ神から私たち現代人へのメッセージだと言っています。人々に伝えることにより自分が会うことのない何百万人もの人たちの知恵・行動指針になると信じ、これを読解したノンフィクションをシリーズで5冊も書きました。


2017-11-23%2023.53.37.png


ラルフ・ブルームは、
「感謝の心を持って過ごす人生には静けさがある。静かな喜びだ」
と語り、その言葉どおりに、前立腺癌が発見されてからも化学療法や放射線治療を一切受けずに27年間生きて著作・啓蒙活動をし、「静かな喜び」に満たされて昨年84歳で天寿を全うしました。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

惨めな気持ちと幸せな気持ち

2017.11.18日

"Being miserable is a habit. Being happy is a habit. The choice is yours."
--Tom Hopkins - Sales Trainer
「惨めな気持ちでいるというのは習慣。幸せな気持ちでいるのも習慣。どちらを選ぶかはあなたの自由」
--トム・ホプキンス、セールストレーナー
(訳 舟田譲二)


私は若い頃、セールスという仕事を経験したことがあります。
また、これまで多くのセールスの人と接してきました。
ですから、セールスの仕事がいかに大変か、ということは痛いほどよくわかります。


飛び込みで一軒一軒回るセールスをしたことがあります。十中八九どころか、百中九十九は門前払いです。ひとりのお客様を得たら、その人に誠意の限りを尽くしてアフターサービスをしたり、親しくなったりして信頼関係を築き、そこからひとり、ふたりと新しいお客様を紹介していただき、ネットワークを広げていきました。


土産物屋でセールスをしたこともあります。
これは比較的楽でした。
なぜなら店を訪れる客は初めから置いてある商品に少しでも興味があるからです。それでも十中八九は冷やかし客でした。


また、職域販売といって、事前に許可を得たうえで会社や官公庁などへ昼休み前に行き、食堂横にテーブルを置いてその上に商品を並べ、前を通りかかる人に声をかけたり、実演したりして売るということも経験しました。
何度かやりましたが、これは本当に悲惨な経験でした。
売れても1個か2個。
下手をすると何時間もいてひとつも売れないこともありました。
このようなときは、肩を落として帰る、どころか情けなくて泣きたくなる思いでした。
自分はやっぱりセールスには向いていないということ発見したときです。


冒頭で、トム・ホプキンスというプロのセールス、しかもセールストレーナーが言っています。
「惨めな気持ちでいるというのは習慣。幸せな気持ちでいるのも習慣。どちらを選ぶかはあなたの自由」
もちろん、彼だって私と同じような経験をしたことでしょう。
最初からうまくいってプロのセールスになれる人なんてひとりもいませんから。


父は昔、車のセールスをしていました。
私がまだ小学生低学年の頃、セールスになりました。
今から60年も前のことです。
車なんてまだあまり走っていませんでした。
お金持ちのお医者さんが乗っていたのが、カブト虫と呼ばれたフォルクス・ワーゲンでした。
学校の先生で車に乗っている人はひとりもいませんでした。
ようやく6年生になった時、とてもカッコ良かった先生が車を買って、学校に乗ってきました。
真っ赤なマツダ・キャロルでした。職員室の前にとめられていたのはこのキャロル1台だけでした。


page-27105.jpg auto_KTna8M.jpg


やがて日産が初の高級車セドリックを売り出しました。
父はこのセドリックの販売担当になりました。
当時80万円ほどして、その後上級車の100万円を超えるものが出ましたが、周りの人たちはこんな高い車を一体だれが買うのだ、と言っていました。100万円というのは家が買えるほどの額だったのです。


当時のセールスは基本給はほんの数千円。あとは歩合給です。
車が売れなければそれこそ食っていくことができません。
とても貧しい生活でした。母が陰で洋裁の内職をして生計を立てていました。
そのような中で、ようやく1台売れ、2台売れ、と徐々に売れていくようになりました。
買ってくださったお客様は、医者のほか、京セラの前身、京都セラミックスの社長や、村田機械、島津製作所、堀場製作所、和光商事(今日のワコール)、グンゼなど大企業の社長たちが中心でした。
紹介から紹介をいただいて、年間100台という当時では考えられない台数を販売するようになり、何年も連続で全国トップセールスとなりました(「父の日」)。


私が経験したようなちっぽけな惨めさとは比較にならないほどの惨めさをきっと何度も味わったことでしょう。
でも、父はいつも積極思考でとても明るく、大勢の人といい人間関係を築いていました。
父のモットーは「車を買ってもらう前に、自分を買ってもらう」でした。
「惨めな気持ち」を脱して、「幸せな気持ち」でいるほうを選択し、その習慣を身につけていったのです。
そんな父を私はいつもまぶしく見ながら育ちました。
家は貧しかったのですが、いつも幸せでした。
人生で一番大切と言っていいほどのことを私に教えてくれた父でした。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

「正しさ」よりも「優しさ」を

2017.11.17日

「正しさ」と「優しさ」のどちらかを選択するという機会は誰にでもよくあります。
それは間違っているよとか、もっと違うやり方があったはずだとか、改善することができるよ、など人に指摘する機会です。
個人的に、あるいは人前でそれを「指摘」する機会。
しかし、これらの機会はすべてその過程において、相手をそしてさらにあなた自身をも不快にさせる結果につながることになりがちです。


精神分析医のような専門的な言い方をせずに率直に言うと、私たちが他の人をへこませようとしたり、矯正しようとしたり、あるいは私たちが正しくて相手が間違っていると言おうとすると、その人が間違っていると指摘すれば自分のほうが正しいのに違いない、と自我が誤って認識し、その結果優越感を味わうことになるのです。


しかし実際には、人をへこませて自分が勝ったと思う感情をよく注意して観察すると、相手を「へこませる」前よりも逆に自分自身も不快になっていることに気づきます。
他人を不快にさせる代償を払って自分が幸せになることは不可能だ、ということをあなたの心、即ち人に対する思いやりがある部分は直感的に知っているのです。


でも、幸いなことにその逆もまた真なのです。つまり、あなたの目標が人を立て、人を幸せな気持ちにし、彼らの喜びを一緒に味わうことにあるなら、あなた自身も彼らの幸福感のお裾分けをもらうことになります。
この次、誰かを矯正してあげる機会に巡り合ったら、たとえ彼らが多少間違っていたとしても、誘惑に負けないようにしましょう。
その代わりに、「この一件から私が本当に望んでいることは何だろう」と自分の心に尋ねてみるのです。
おそらく、あなたが本当に望んでいることは平和的な解決で、お互いに気分よく終わることです。
「正しく」あろうとすることを我慢し、「優しさ」を選択するたびに、自分のうちに平安があることに気づくことでしょう。


妻と私はある仕事のことで話し合っていたのですが、非常にいい結果となりました。
私は「自分の」思いつきが明らかにその成功の鍵になったと自慢げに話していました。
妻のクリスは、いつもの優しい表情で、私に花を持たせてくれていました。
その日、しばらくして私はふと気づきました。あれは私の思いつきではなく、妻のアイデアだったのです。「おおっと!」
そこで妻に謝ろうしたところ、妻はその成功は自分のお陰だと認めてもらって満足することよりも、むしろ私が喜んでいるのを見るほうが幸せに感じていた、ということがすぐにわかりました。
誰のアイデアだったかなんてことはどうでもよくて、私が嬉しそうにしているのを見て自分は幸せだった、とクリスは言いました。(ねえ、クリスがいかに愛すべき妻か、ということがよく分かるでしょう)


このやり方を「意気地なし」とか「自分の信念を主張できない」などと勘違いしてはいけません。
自分が正しいと思うことを主張しなくていい、と言っているわけではありません。ただ、自分が正しいと主張していると往々にして自分の心の平安を犠牲にすることがある、ということを言っているのです。
常に冷静さを保つためには、多くのケース、「正しさ」よりも「優しさ」を選択したほうがいいのです。それを実践する最適の場は、あなたのすぐそばにいる人です。


リチャード・カールソン
(リチャード・カールソンは『小さなことでくよくよするな』の著者)

(訳 舟田譲二)


私自身、最近このことに気づき始めていました。
正直に告白すると、これまで私も自分の「正しさ」を主張するタイプの人間でした。
私は自分のことをクレーマーとは思っていませんが、市役所や警察やレストランなどで、相手が間違っていると思ったらそれを指摘せずにはいられませんでした。お節介焼きな性格もあり、それが「親切」だと自分で思い込んでいたのです。
そして、それは身近な妻や子どもたち、職場では先生たちや生徒などに対しても同様でした。


「それは間違っているよとか、もっと違うやり方があったはずだとか、改善することができるよ」
などと親切ぶって言っていたのですが、胸に手を当ててよくよく考えてみると、この著者が述べているように私のうちに「自分が正しい」「相手が間違っている」という高慢な心、自己満足の心があることに気づき始めていたのです。そして、たとえ自分が表面上「勝った」と思っていても、心に平安がなかったということも事実です。


それで最近では、ひと言なにか言いたくなっても、できる限りお互いが気持ちよくいられるように、言いたくなる誘惑に負けないよう努めているのですが、まだまだ器の小さい人間で、ついつい言ってしまうことがあります。でも、そのことに気づくと素直に謝るようにしています。
この一文に出合い、なるほど、やっぱりそうだったんだ、と改めて教えられ、悔い改めた次第です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

豊かになる鍵

2017.11.15日

"This is the miracle that happens every time to those who really love; the more they give, the more they possess."
--Rainer Rilke - 1875-1926, Poet and Novelist
「心から愛する人たちにはいつも起きる奇跡、それは与えれば与えるほど与えられるという事実だ」
--ライナー・リルケ、詩人・作家
(訳 舟田譲二)


「与えよ。そうすれば、自分にも与えられるであろう」(「与えよ、さらば与えられん」 文語訳 ルカ6:38)
という言葉をつい先日ご紹介しましたが、イエス・キリストと同じことを2000年後のオーストリアの詩人、リルケも語っています。まさに「洋の東西を問わず、時代を超えて」の真理です。


リルケはここで、「与えれば与えるほど与えられる」と言っていますが、それは「心から愛する人たちにはいつも起きる奇跡」だ、というのです。
そう、愛の人には愛の奇跡がいつも起きます。


逆に、心の中でいつも人と自分を比較して劣等感に陥ったり、人を羨んだり、嫉妬したり、憎んだりするのは愛のない行為で、そのような人はますます愛から遠ざけられ、与えられなくなります。


イエスは、
「おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう」(マタイ福音書25:29)
とも語りましたが、これはアメリカの社会学者ロバート・マートンが1968年に「科学におけるマタイ効果」という論文の中で提唱したもので、今日一般に「マタイ効果」と呼ばれています。
「豊かな者はますます豊かになるが、貧しい者はますます貧しくなる」という現代の格差社会にも反映されていますし、経済面だけでなく勉強や音楽、スポーツの才能等などあらゆる分野で見られる現象です。


今、テレビでやっている『天才キッズ全員集合 〜君ならデキる!!〜』というのを見ていると、小学3・4年生ぐらいの小さな子どもたちが、ピアノを始め、ジャグリングや記憶力、知識、漢字などいろいろな分野で、その道のプロと呼ばれる人たちを打ち負かしてしまいます。将棋の藤井四段なんかもその例です。



DMQdZPVVQAAb96m.jpg


これらを見ているとほとんどのケース、家庭環境、親の影響です。
これはまさに「マタイ効果」です。


そして「マタイ効果」は、冒頭のリルケの言葉、
「心から愛する人たちにはいつも起きる奇跡、それは与えれば与えるほど与えられるという事実だ」
のように「与える」ことが鍵です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

◯に交われば白くなる

2017.11.11日

"Good actions give strength to ourselves and inspire good actions in others."
--Plato – Philosopher
「良き行動は自らの力の源泉となり、また他の人の良き行動をも促す」
--プラトン、哲学者
(訳 舟田譲二)


プラトンのことは、これまでこのブログでも何度か取り上げてきました。
とくに「愛知 ― 知を愛する」の中で書きましたように、我が「アカデミー学院」の名前もプラトンが紀元前4世紀に創設した学校の名前と同じです。プラトンの思想・哲学とは波長が合うのです。


今日の言葉、
「良き行動は自らの力の源泉となり、また他の人の良き行動をも促す」
もまたしかり。


中国の古いことわざに、
「朱に交われば赤くなる」
というのがありますが、これは関わる相手の良し悪しによって自分も影響を受けてそのようになる、だから良い友を選べ、という教訓として使われています。これは国家間においてもそのまま当てはまります。


これをもっと積極的に語っているのが上のプラトンの言葉です。
「友の影響を受ける」のではなく、自らが進んで人のお手本となるような行動を起こす。すると、人の良い行動を促すばかりか、自分のためにもなる、というわけです。


孔子は、「己の欲せざるところ、他に施すことなかれ」と語り、
ヒンドゥー教は、「人が他人からしてもらいたくないと思ういかなることも他人にしてはいけない」と教え、
イスラム教も、「自分が人から危害を受けたくなければ、誰にも危害を加えないことである」と言い、
ユダヤ教でも、「あなたにとって好ましくないことをあなたの隣人に対してするな」
と教えています。


しかしイエス・キリストは、
「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」
と、消極的に「〜するな」というのではなく、「〜せよ」と自ら進んで行動を起こすことを教えました。
この言葉が、「律法の中の律法」、世界中の「戒律の中の戒律」、最高の戒律として「黄金律」と呼ばれる所以(ゆえん)です。


「朱に交われば赤く」なりますが、「に交われば白く」なります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

真心から人に仕える

2017.11.08日

ディズニーランドのクリスマス・ファンタジーのパレードがひと足早く昨日から始まりました。
沿道は人でぎっしり。
愛嬌ふりまくミッキーやミニ、そして全スタッフが笑顔いっぱいで、来園者たちを笑顔にしようとサービスの限りを尽くします。たとえミッキーの着ぐるみを着ていても、その下で精いっぱいの笑顔で愛嬌を振りまいているのがその動きを見ていてわかります。
人々は幸せな気持ちになりたくて、毎年毎年このパレードを観に行きます。
ディズニーランドの成功の秘訣は、まさにサービスの精神です。


170809_170809_D5H_7267.jpg 20160107122945.png


"Earn your success based on the service to others, not at the expense of others."
--H. Jackson Brown, Jr. - Author
「成功とは、人を利用してでなく、人に仕えることによって築き上げるもの」
--H・ジャクソン・ブラウン Jr、作家
(訳 舟田譲二)


「成功」とは人を利用して、もっと悪い言い方をすると「人を踏み台にして」自分のものにするものだ、と誤解している人がいます。


テレビドラマや映画、小説の世界でこのようなテーマがよく取り上げられています。
でも、「事実は小説よりも奇なり」で、実際のところビジネスの世界だけでなく、教育、政治、医学、芸能、芸術、宗教などの世界ですらそのような人が多々見受けられます。


でも、このような人は早晩その魂胆が人々に見抜かれて信頼を失い、墓穴を掘ることになります。
ビジネスに限らず、およそ人間関係のあるところどこでも基本的なスピリットは「人に仕える」ことです。


昔、うちの子どもたちがまだ小さい頃、近くの大学病院の小児科にかかっていました。
担当の医師の患者そしてその家族に対する接し方、言葉遣いが人を小ばかにしたような感じで毎回不快な思いをしていました。
やがて隣街に引っ越し、小児科も変わりました。そこの先生もやはりぶっきらぼうで言葉使いが悪いのですが、腕がいいのでずっとそこに通っていました。


ある時、子どものインフルエンザ予防接種で近くに新しくできた小児科に行きました。
医師の顔を見てびっくり。昔の大学病院の担当医だったのです。独立して自分の病院を始めたのでした。向こうはこちらのことなど全然覚えていません。
でも、さらに驚いたのは、あの乱暴だった医師がすっかり変わり、ニコニコ顔で優しい言葉遣いになっていたことです。


最近のことですが、塾生のお母さんと話していた時、その方もお子さんをその小児科に連れて行っていたとおっしゃいました。
しかし、いつもニコニコしていたのがある日、ちょっとしたことで烈火のごとく怒り、大声で怒鳴られたそうで、そこへは行かなくなったそうです。
果たしてその小児科は開業して20年足らずで数年前に閉院してしまいました。


かたや私が今かかっている整形外科の先生は、もう80近いご高齢をまったく感じさせないほどお元気で、地域の信頼を得て何十年とこの地で開業しておられ、何百人という患者さんがひっきりなしにこの医院を訪れています。
朝9時の開院なのに、早い人は6時半とか7時ごろから玄関の前で並んでいて、8時30分に入口が開けられるとどっと待合室になだれ込み、8時45分にはリハビリ室はいっぺんに満員になってしまいます。
院長先生の診察を受けるのに2時間待ちぐらいはざらです。でも、みんな辛抱強く待っています。院長先生は患者さん一人ひとりの名前を覚えていて、患者さんの話を時間をかけてしっかり聴き、とても親切に診察してくださいます。
そして、看護師さんたちスタッフの皆さんがいつも笑顔で患者さん一人ひとりに接していらっしゃいます(「笑顔と笑声」)。


真心からのサービス精神は人に伝わります。
そして、そのような人は信頼され、仕事は祝福されます。
ディズニーランドやリッツ・カールトン・ホテルなど、成功している企業はいずれもサービス精神を一番大切にしています。


最近、毎日のようにかかってくる電話会社からの営業電話。
受話器を取るととてもにこやかに「笑声」で話しかけてきます。
「うちは結構ですので」
と断っても、聞かずにどんどんしゃべり続けます。
「申し訳ありませんが、うちは他の会社に変えるつもりはありませんので」
と再度言うと、急に声の調子が変わったり、中にはそのままガシャンと切る人もいます。
本物のサービスではなく、上辺だけの笑顔や笑声はすぐに相手に見破られます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

惨めになりたい? それとも強くなりたい?

2017.11.03日


"We either make ourselves miserable or we make ourselves strong. The amount of work is the same."

--Unknown
「私たちは惨めになることもできれば、強くなることもできる。使うエネルギーは同じだ」
--作者不詳
(訳 舟田譲二)


人生は一瞬、一瞬が選択です。
たとえどのような状況に置かれていても、選択次第で自分で自分を惨めにすることもできるし、また強くすることもできます。
たとえどんな過去を持っていようとも、あるいは一瞬前に大きな失敗をしたとしても、そこでどのような決断をし、行動を取るかで私たちの将来は変わってきます。


惨めな人生を送っている人というのは、なにか不快な経験をしたり、あるいは不幸を味わったり、屈辱的な目に遭ったりしたとき、そこに焦点を合わせてそれにこだわり続けて生きます。
一方、同じような経験をしても、すぐに軌道修正して、そこからなにかを学び取り、頭を切り替えて新しい面に目を向けるなら、そこからどんどん道が開けていき、その痛い経験を通して強くなることができ、さらに幸せにさえなることができるのです。
どちらを選ぼうとも、使うエネルギーは同じです。


作家、三浦綾子さん(1922-1999)は若い頃から結核、脊椎カリエス、心臓発作、帯状疱疹、直腸癌、パーキンソン病など次から次へと襲う病魔と闘いながらも、「私はこんなにもたくさん病気をして、神様にえこひいきされている」と言って、感謝をしながら執筆活動を続けて一生を送られました。
結婚以来ずっと綾子さんの介護を続けられた夫の三浦光世さん(1924-2014)は、不平不満をこぼしたことなく、夫婦円満で幸せな人生を送り、綾子さんを看取られました。


img_0_m.jpg


「まばたきの詩人」と呼ばれた水野源三さん(1937-1984)は9歳のとき赤痢にかかりその高熱によって脳性麻痺を起こし、やがて目と耳以外のすべての機能を失い、寝たきりの生涯を送られました。
話すことも書くこともできなくなりましたが、ある日母親が彼が何か言おうとしていると感じて、五十音図を持ってきて指で指し示したところ、まばたきして合図しました。
12才の時初めて聖書に触れ、13才で受洗されました。
以来、まばたきで綴った膨大な数の詩が後に詩集シリーズとなり、多くの人の感動を呼び、また逆境にいる数えきれないほどの人々に生きる力を与えました。


b0215311_14201164.jpg


悲しみよ 悲しみよ 本当にありがとう
おまえが来なかったら つよくなかったなら
私は今どうなったか
悲しみよ 悲しみよ おまえが私を
この世にはない大きな喜びが
変わらない平安がある
主イエスさまのみもとにつれてきてくれたのだ


自分の境遇を見つめて
嘆き悲しむものよ
どんな境遇にある心にも
救いと命を与えたもう
恵み深き主を仰げよ

自分の境遇を見つめて
死のみを願う者よ
どんな境遇にある心にも
希望と力を与えたもう
恵み深き主を仰げよ

自分の境遇を見つめて
世間を恨む者よ
どんな境遇にある心にも
愛と喜びを与えたもう
恵み深き主を仰げよ


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

幸せになる秘訣

2017.10.23日

"A key to happiness is to do kind things to others. A key to misery is to expect them to be grateful."
--Steve Maraboli
「幸せになる秘訣は人に親切にすること。惨めになる秘訣は人に感謝してもらうのを期待すること」
--スティーブ・マラボリ
(訳 舟田譲二)


「幸せになるのは人になにかをしてもらうこと」と勘違いしている人がたくさんいます。
その結果、自分が幸せでないのは◯◯さんのせいだ、と相手のせいにしてしまいます。
これは夫婦関係と親子関係においてとくによく見受けられます。
新聞の人生相談などを見ていると、このケースがとても多いです。
「自分勝手で幼稚な夫」「アラフォー娘2人から暴言」「母と大げんか 謝ってほしい」「女子大生 父の言動にいら立つ」「夫への恨みどう処理すべきか」等々、延々と続きます。


一方、幸せを感じている人たちの声を聞くと、多くの人がほかの人のために役立っていることや、ほかの人の幸せに貢献していることを挙げます。
このように、幸せというのは自分がなにかを得るというより、むしろなにかを与えることだ、と言うことができます。


ところが、せっかく人に親切にしたり、いいことをしても喜んでもらえない、感謝してもらえないとたちまち面白くなくなる人がいます。
人に親切にするのは、もともと感謝されたいからという動機からではないはずなのですが、やはり言葉や行動で感謝の気持ちを伝えてもらいたい、という思いがあるからなのでしょう。すなわち、なにかを得ることを期待しているわけです。


感謝の言葉、すなわち見返り(受けること)を期待することは惨めな結果につながり、親切にするという与える、本物の愛は幸せをもたらします。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

棚からぼたもち

2017.10.15日

"The amount of good luck coming your way depends on your willingness to act."
--Barbara Sher – Author
「あなたにやってくる幸運は、あなたが自ら進んで行おうとする意志にかかっている」
--バーバラ・シャー、作家
(訳 舟田譲二)


「棚からぼたもち」は落ちてきません。
こんなことは子どもでも知っています。
しかしどういうわけか、私たちは無意識のうちに「棚からぼたもち」が落ちてくるのを期待するものです。


「パチンコで1日に最高8万円稼いだ」とある人が言っていました。
それじゃ、パチンコでよほど稼いでいるんだねと尋ねたところ、全体では大きく負け越しているという返事。
一度勝つと味をしめ、負けると負けを取り戻そうとしてどんどんつぎ込み、いつの間にかハマっている、という依存症の仕組みです。


小〜中規模のパチンコ店で年間数千万から数億円の粗利が出ているそうです。ということは当然のことながら、一部のプロを除いて大半の人はパチンコ店にお金を貢いでいるという計算になります。
店の入口近くに陣取って玉を入れた箱をたくさん積み上げている人はプロで、いわば店のサクラです。
棚からぼたもちはやっぱり落ちてきません。


一方、年老いた母親の老後の世話を一生懸命やってきたひとりの女性がいます。
この人は、真夏の暑い日も、風が吹く真冬の寒い日も雨の日も、歩けなくなったお母さんを車椅子に乗せて家から1.4キロも離れた病院へ診察やリハビリに毎日のように連れて行っていました。
病院の横にある花壇に咲く季節の綺麗な花を見ながら、いつもお母さんと語り合っていました。


IMG_1842.JPG


ある日、娘はいつものように痩せ細ったお母さんを膝の上で抱いて話しかけていました。そのうちにお母さんは子守唄を聞いているように眠ってしまいました。お母さんをベッドに移そうとしたら、お母さんはすでに天国へ旅立っていました。
葬儀屋さんが言っていたそうです。
「自分の家で、こんな幸せな死に方ができる人なんて今どきめったにいない」と。


車椅子を押して病院に通ったのは本当に大変だったけど、今になって考えればとってもいい思い出だ、とこの人は幸せを噛み締めています。
自ら進んで力を尽くしてお母さんの介護をしてきたことが、結果として今の幸福につながっているのです。
幸運はこのような人のところにやってくるのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

原因と結果は事実の両面

2017.10.14日

"Cause and effect are two sides of one fact."
--Ralph Waldo Emerson, philosopher, author, poet, essayist
「原因と結果は事実の両面だ」
--ラルフ・ウォルド・エマソン
哲学者、作家、詩人、エッセイスト
(訳 舟田譲二)


「同じコインの裏表」とよく言いますが、ここでエマソンが言っているのも同じような意味です。
物事にはすべて原因があって結果がある。
私たちの目に見える結果には必ず原因がある。
これが「事実の両面」という意味です。
ときに私たちには理解できないような結果に遭遇することがあります。
しかし、それは私たちの知恵に限りがあるからで、たとえ目に見えなくても必ず原因があります。


善因善果、悪因悪果。
聖書にはこのことがたくさん教えられています。


A man reaps what he sows. (Galatians 6:7-8 )
「人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります」 (ガラテヤ人への手紙6:7−8)


They that sow in tears shall reap in joy. (Psalms 126:5)
「涙と共に種を蒔く者は、喜びの歌と共に刈り入れる」 (詩編 126:5 )


Whoever sows sparingly will also reap sparingly, and whoever sows generously will also reap generously. (2 Corinthians 9:6)
「少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります」 (コリント人への手紙II9:6)


私は小学校のとき、大きくなったら英語が話せるようになりたい、と思ってとにかく単語をたくさん覚えました。
中学時代は、リンガフォンという当時非常に高価だった英会話レコード教材を父に頼んで飼ってもらいました。そして擦り切れるほど何度も繰り返し繰り返し聞き、アメリカ人の発音と同じように発音できるようになるまで練習しました。
大学時代は、キャンパスで出会った外国人講師とはみんな親しくなり、毎週家に遊びに行き、家に泊めてもらったり、一緒に食事に行ったり、旅行に行ったりして英語を使う機会をいっぱい作りました。
その結果、大学卒業後アメリカに留学したときには、アメリカ人からアメリカ生まれの日系人と間違えられました。


たくさんよい種を蒔くとたくさんよい刈り取りができるのです。
その逆に、悪い種を蒔くと悪い刈り取りをしなければならなくなります。


アル中になろうとか、ニコチン中毒になろうと思って酒やタバコを始める人はまずいません。
最初は好奇心から始めたり、かっこよさを求めて始め、初めのうちはおいしくないのですが、繰り返しているうちにハマってしまいます。そのうちにやめられなくなる。これが依存症の恐ろしいところです。
酒が大好きだった俳優の石原裕次郎は肝細胞がんで死亡。タバコが大好きだったニュースキャスターの筑紫哲也さんは肺がんで死亡。やはり蒔いた種を刈り取ることになりました。


同じ種を蒔くなら、よい種を蒔いてよい刈り取りをしたいと思いませんか?
普段からいろいろなところでよい種をいっぱい蒔いておきましょう。
結果は...お楽しみです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

人の魅力は...

2017.10.07日

昨日の記事、「障がい」に対して、ひとりの方が次のように書いてこられました。
「障害者です。別に何の抵抗もありません。と言うか、自分を障害者とも思ってないんですけどね。challenged、ですから」


2日前の10月5日付読売新聞14面 「人生案内」に次のような相談が載っていました。


相談者は30代の女性。お尻に奇形を抱えて生まれたため、自分の人生に自信が持てないと言います。
これに対して、心療内科医の回答は、
「自分の努力で変えることができない体の問題は、いくら人から気にするなと言われても、絶えず脳裏から離れないものだ」と言いつつも、奇形があるかないかで人は判断せず、人としての魅力があるかどうかだ。人としての魅力というのは、体の問題を吹き飛ばしてしまう大きなエネルギーを持っている」
というものです。


5年前に書いた記事、「自分には◯◯できない」(講演の動画あり)の中で紹介したニック・ブイチチさんは先天性四肢欠損症で両腕両足がない状態で生まれてきました。
「手足がないことで幼少期を肉体的、精神的に大きな苦労とともに成長する。その間、何度も絶望に襲われ自殺を考えた。それを思いとどまったのは両親の愛と両親への感謝からであった。
自分自身の世話をすべて自分で行い、水泳、サーフィン、ボート、魚釣りなどありとあらゆるレジャーを楽しみ、2012年には日本人女性と結婚した。現在2児の父」
(Wikipediaより一部抜粋)


nickv3.jpg


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

「満足」と「不満」の分かれ目

2017.10.05日

"Abundance is not something we acquire. It is something we tune into."
--Wayne Dyer – 1940-2015, Author and Speaker
「豊かさとは手に入れるものにあるのではなく、目を注ぐものにある」
--ウェイン・ダイア、作家・スピーカー
(訳 舟田譲二)


ほとんどの人は豊かになりたいと思います。
「豊かになる必要はない」と言いつつも、美味しいものや栄養あるものを食べたいし、少しでもいい服を着たい。旅行に行きたい。友達に会いに行きたい。病気にかかったら医者にかかりたい、薬も服みたい。健康になるために運動をしたいし、運動するためにはスニーカーやさまざまな用具も必要。
豊かでなければこれらしたいことや必要なこともできなくなります。


そして、普通「豊か」というとき、私たちは無意識のうちに「物」や「お金」を頭に浮かべます。
豊かになること自体はなにも悪いことではありません。
ひもじい思いをしたり、貧しい生活をして心が折れるよりも、豊かなほうがいいに決まっています。
しかし、それでは「物」や「お金」があることイコール「豊か」かというと、そうではないと私たちは直感的に知っています。


3日前(アメリカ現地時間では10月1日)、ラスベガスで起きた悲惨な銃乱射事件の容疑者は、弟の話によると「ただポーカー・ゲームをして、船旅に出かけて、タコ・ベルでブリートを食べてるだけの人」と、ごく普通の人物。
元会計士で裕福な年金生活者が多く住む新興住宅地の2階建て一軒家で暮らしていた。不動産投資で巨額の利益を得ていて、事件前の数日は数万ドルギャンブルに使い、最近数週間で少なくとも16万ドル(約1800万円)を稼いでいた。さらにフィリピンにいる交際相手の女性には10万ドル(約1100万円)を送金していたという。また、小型飛行機の操縦免許をもち、小型機を2機所有していた。
一般的な基準から言うと非常に「豊か」な生活を送っていたことになります。


ところが、彼はおそらく自分の「持っているもの」には目を向けず、何かはわかりませんが「持っていないもの」「欠けているもの」、すなわち「不満」にばかり目をやっていて、それが引き金になって爆発して、社会を逆恨みし、自殺する前にひとりでも多くの人を道ずれにして社会に報復しようと考えたのではないか、と私は推察しています。
テロリストや殺人者など凶悪犯罪を犯す人物というのは、たいがいこのようなタイプの人です。


もし、この容疑者が手元にあるもの、「持っているもの」に目を注いでそれで満足していたなら、「持っていないもの」「不満」など目に入らなかったでしょうし、このような恐ろしい事件を起こすこともなかったことでしょう。


kop-w1200.jpg


よく言われるように、グラスの中に入っている半分の水を見て、「半分もある」と思うか「半分しかない」と思うか、それだけで同じ半分の水が「満足」になるか、「不満」になるかなのです。
人生とはまさにこのような考え方の選択の連続です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

残りの人生をいかに生きるか

2017.09.12日

"I choose to make the rest of my life the best of my life."
--Louise Hay – Author and Publisher
「私は残りの人生を、自分の人生で最高のものにすることにした」
--ルイーズ・ヘイ、作家・パブリッシャー
(訳 舟田譲二)


この名言に出会ったのは昨日のことです。
じつは、私自身最近ずっとこれとまったく同じことを考えていたので、ちょっとびっくりしました。
まるで私の気持ちを代弁してもらったような気がしています。


ここ数年、身近な人、愛する人の死が続き、これからの自分の人生について考えざるを得ません。
残りの人生を考えると、よくて10年、下手をすると5年単位。正直なところ20年という先までは見えません。
ちょうど1年前に「人生という砂時計」という記事を書いていたのですが、「人生の砂時計」をより一層強く実感しています。


地上での残された人生をいかに悔いなく生き、最高のものにするか、毎日のように考えています。
過去を振り返れば失敗したことが思い出され、後悔することはたくさんありますが、それにもかかわらず私は神様にあって今日あるを得ていることに対して感謝の気持ちでいっぱいです。


残された人生を後悔しながら生き続けることも、逆に最高のものにすることもどちらでもできます。
私は後者を選択します。
そして、その決断をすると自然と毎日そのような生き方ができるようになってきます。


つい2日前、アメリカのindividualogist.comというところから"What Your Archetype?"という、無料で私のタイプをオンラインで診断するというものが送られてきました。いわゆる怪しげな性格診断アプリなどではないので、私は試してみることにしました。
10問の質問に答えてわずか1分ほどで、「クリエイター」(創造者、考案者)タイプという結果が出ました。
5ページにわたるかなり詳しい診断が送信されてきましたが、読んでいて一つひとつ納得のいくことばかりで、長所・短所も含めこれを生かして残りの人生を送りたいとさらに願うようになりました。


読者の皆さんは、これからどのような人生を送りたいと願っていらっしゃいますか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

超感動実話

2017.08.27日

「事実は小説よりも奇なり」と言いますが、これはまるで映画を観ているような超感動実話です。
私は昨日、これを初めて読んで身震いして涙が出てき、日本語に翻訳しながらまた涙を流し、今再度これを読み返して「こんなことが本当にあるんだ」と感動すると同時にとても励まされました。
ひとりでも多くの方に読んでいただきたいと思い、シェアさせていただきます。


彼女は一時(いっとき)も私の傍(かたわ)らを離れなかった


「マイクのいったいどこがそんなにいいの?舌がもつれてまともに話すこともできないじゃない!」
初めて会ったガールフレンドのお母さんがそう言うのを聞いて、私は車に乗ってその場を去りました。


しかしその数日後、お母さんのために赤いカーネーションを一輪手に持って、同じドアの前に立ってチャイムを鳴らしたとき、私の将来の義理のお母さんはドアに出るなり「溶けて」(笑)しまいました。


シャロンとは高校時代ずっと真剣にお付き合いしました。私が卒業して遠くの大学に行ったとき、シャロンは高校3年生。長距離電話の請求額に比例するかのように、私たちの愛はどんどん育っていきました。


翌年、シャロンも私がいたテキサス大学オースティン校に入学し、私たちは最高に幸せでした。私たちはまさに世界の頂点に立ったかのような感じで、もう人生は約束されているかのように思っていました。
ところが運命の夜がやってきました。一瞬の出来事で私たちの人生は永遠のどん底に突き落とされたかのようになりました。


1981年2月18日。その日、私たちは大学の図書館で勉強していました。夜遅くなってきてシャロンは眠くなったので寮に戻りたいと言いました。
車に乗り込んだ私たちは彼女の寮に向かいましたが、運の悪いことにガソリンのゲージがゼロになっていました。近くのコンビニのガソリンスタンドに立ち寄り、シャロンに2ドル借りてガソリン代を支払いに私は店内に入って行きました。


ものごとというのは、いつでも思い通りに行くとは限らないものです。
運悪く、そのときたまたま店は強盗に襲われている真っ只中でした。強盗のひとりが私を冷蔵室に無理やり連れて行き、床に押し倒して後頭部に銃を撃ったのです。そう、処刑するかのように。


物語はここで終わりません。強盗は私が死んだと思いました。犯行の目撃者を消した、と。
しかし、強盗たちが現場を立ち去ったとき、私にはまだ微(かす)かに脈があったのです。


私が生き延びると思った人はほとんどいませんでした。そのため警察もこの事件を殺人課に回したほどです。夜中に寝ていたところをたたき起こされて病院に駆けつけた神経外科医も、私を見て手術したところで助かる見込みはないと思い、そのまま帰宅してしまいました。


ところが、その医師は翌朝病院に戻ってきて、私にまだ息があるのを見て大きなショックを受けました。
医師は私の両親に、手術しなければならないが、助かる見込みはほとんどないと伝えました。


しかし、私は医師の予想を裏切って手術後生き延びたのです。医師は両親に言いました。
息をしてはいるが、これから先、自分の意思を人に伝えたり、また人の言うことを理解できるようにはなることはない、つまり植物人間になるだろう、と。


医師の言葉を聞いた父はシャロンに、
「きみは自分の人生を歩みなさい」
と伝えました。


シャロンは即座に答えました。
「マイクが私の人生です」


私たちはそのときまだ結婚していませんでしたが、シャロンは「病めるときも健やかなるときも…」という誓いの言葉を固く信じていました。
彼女は大学を1学期休学して、ヒューストンの病院で私のリハビリに付き添ってくれました。
シャロンは、他の同級生たちがパーティなどで学生生活を謳歌しているとき、「病院でよだれを垂らしているボーイフレンド」と時を過ごしていたのです。


ついにシャロンは学業を続けるためオースティンのキャンパスに戻りました。
またまた、私たちの電話代は信じられないぐらいの額になりました。
私の目標もシャロンと一緒になるために大学に戻ることでした。
私が生き延びるとはだれも信じなかったあの忌まわしい事件から1年半経ち、私はようやくその目標を達成することができたのです。その主な理由のひとつは、もちろん、私の愛するシャロンが諦めることも、屈服することも断固拒否したからです。


大学に戻って4年後私は卒業しました。私にとって、このことは遂にシャロンにプロポーズできるということでした。長いトンネルの末の光です。決して過去を振り返らない、つねに将来を見るようにと私をいつも励ましてくれたのはシャロンでした。


5月のある美しい日、シャロンと私は誓いを交わし結婚することができました。私たちは結ばれることになっていたのです。私たちは本当に長い、いろいろな出来事があったこの9年間デートをしました。しかし、結婚式の当日、それだけの価値があったとつくづく思わされました。シャロンはまさに私の「魂の伴侶」です。


結婚して長い年月が経ちました。そして美しい娘、ショーンが与えられました。私たちはあまりにもたくさんのことを一緒に経験してきました。辛い嫌な経験もありました。しかし、もっともっとたくさんの素晴らしい経験をしました。


これは単なる妻への「ラブレター」ではありません。むしろこれは、瀕死の状態にあるボーイフレンドと付き合い続けるのはやめろ、とみんながアドバイスしたにも関わらず、それを乗り越えたひとりの女性の物語です。
私にとってこのことは、シャロンがどれほど純粋で、内面も外面も美しい女性であるかということに他なりません。
さらに、たとえどんなことがあっても決して夢をあきらめてはいけないということを証明してくれています。私がここまで回復できたのは、私の努力などではなく、すべてシャロンのお陰だと思っています。もし彼女がいなかったら私はどうなっていたことか。少なくとも今の私はいませんでした。


この話は私のガールフレンドのお母さんの言葉で始まりました。
「マイクのいったいどこがそんなにいいの?」
その本当の答えは、
「マイクにいいところなどひとつもない」
です。
シャロンこそが「いいところだらけ」なのです。
シャロン、きみのことを心から愛してるよ!


©2017 マイケル・ジョーダン・シーガル


マイケル・ジョーダン・シーガルが自ら語る感動的な動画はこちらから観られます。(日本語字幕はありません)


http://inspirationbymike.com/video.html


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

幸せな人生を送れるかどうかは…

2017.08.13日

"Life itself is a privilege, but to live life to the fullest – well, that is a choice."
--Andy Andrews – Author
「人生はそれ自体が恩恵だ。しかし、人生を心ゆくまで享受できるかどうかということになると、それはその人の選択の問題だ」
--アンディ・アンドリュース、作家
(訳 舟田譲二)


自分の人生を「恩恵」と受け止めている人は少ないのではないでしょうか?


2年前の記事、「『ありがとう』と『サンキュー』の反対語」の中にも書きましたが、自分の人生を「当たり前」と考え、「自分の意思で生まれてきたわけではない」、「頼んでもいないのになんで生んでくれたんだ」などと人が言っているのを何度も聞いたことがあります。
これは、自分の人生に対する冒涜だと思います。また、生んでくれた親にも、そして他の誰よりもこの世に送り出してくださった神様に対する冒涜です。


感謝のないところには喜びも、生き甲斐も、充実感も、使命感も何もないでしょう。
このような人たちが、オレオレ詐欺を行なったり、その他様々な反社会的な行為をして快感を味わっているように思えてなりません。


「人生はそれ自体が恩恵だ。しかし、人生を心ゆくまで享受できるかどうかということになると、それはその人の選択の問題だ」と冒頭でアンディ・アンドリュースが語っていますが、自分が今この瞬間生きている、生かされているということ自体が、奇跡、恩恵です。憐れみ、恵みです。


しかし、この人生を享受できていないとするならば、それは運命や宿命などの問題ではなく、自分の愚かな選択の結果です。
なぜなら、同じ状況に置かれていても、あるいは自分とは比較にならないほど劣悪な環境に置かれていたり、心身の病い、障がいなどを負っていても、その中で感謝して、明るく、力強く生きている人は世の中にいくらでも、いや数えきれないほどいるからです。


これらの人たちは、自分の人生を恩恵だと受け止め、感謝して生きることを選択しています。これは決して綺麗事や理想論、非現実ではなく、まさにこの瞬間世界中で起こっている現実です。
世界に目を向けてみましょう。いや、その気になれば自分の身の回りにもいくらでもそのような人を見つけられます。
幸せな人生を送れるかどうか、それはあなた自身の選択です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

大いなることを期待せよ

2017.06.04日

"Expect your every need to be met. Expect the answer to every problem. Expect abundance on every level."
--Eileen Caddy – 1917-2006, Author
「あなたの必要がすべて満たされると期待しなさい。あらゆる問題に答えがあることを期待しなさい。あらゆるレベルで満ち足りることを期待しなさい」
--アイリーン・キャディ、作家
(訳 舟田譲二)


私たちはとかく「まあ、こんなもんだろう」「これだけあればいいや」と、小さなことで満足してしまいがちです。
というか、「現状満足」「欲を持たないことが美徳」のような風潮があります。
私自身もどちらかとそのタイプで、あまり大きなことは望まないほうです。


でも、アイリーン・キャディはここで、
「あなたの必要がすべて満たされると期待しなさい。あらゆる問題に答えがあることを期待しなさい。あらゆるレベルで満ち足りることを期待しなさい」
と言っています。
なぜでしょう?
答えは、期待しなかったらそのとおりの結果しか得られないから。
これは決して遠慮ではなく、欲がないことです。
欲がないところに成長・発展はありません。
人類がここまで発展してきたのは、飽くなき欲望があったからです。


アイリーン・キャディはまた次のようにも語っています。
「あなたの人生で何かをうまくゆかせる秘訣は、まず第一に、うまくゆかせたいという心の奥底から沸き上がる願望です。次に、それが必ずうまくゆくと信頼し、確信することです。次に、あなたの意識に生き生きした明確なビジョンを描きます。そして、疑念や不信をもたずに、人生が一歩一歩実現してゆくのを見守るのです」


確かにこのような生き方をしていったら、夢は一つひとつ実現できていくことでしょう。
仕事においても、子育てにおいて、家族やその他あらゆる人間関係において、趣味や健康作りなど、これは何事においても当てはまります。
逆にそうでないと、私たちの人生はどんどん尻すぼみになっていき、自分でも惨めな気持ちになっていきます。そして、これは決して健全なことではありません。
夢を持ち、その夢に向けて努力することは大切なことであり、幸せな人生を生きるために不可欠なのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

きょうを最高の日にするために

2017.06.01日

"Today, give yourself permission to be outrageously kind, irrationally warm, improbably generous. I promise it will be a blast."
--Sasha Dichter – Acumen’s Chief Innovation Officer
「きょうは、誰彼かまわず考えられないぐらい親切に、なりふり構わず温かく、あり得ないぐらい気前よく振る舞ってごらんなさい。最高の日になるの間違いなしです」
--サーシャ・ディヒター、アキュメン社チーフ・イノベーション・オフィサー
(訳 舟田譲二)


すごくいい言葉ですね。
大いに啓蒙されました。
みんながこれを、家族や身近な人でできるところから実践していくなら、私たちの日々の生活は間違いなく変わり、身の周りが、そして社会が変わり、やがて世界が変わることでしょう。


SD_casual_9_crop_for_twitter.jpg


サーシャ・ディヒターはある12月の寒い日、ニューヨークの地下鉄で家路を急いでいました。
地下鉄の中でそれまで何度も見かけたことのあるひとりの男が、ホームレスの人に寄付を、と言っているのを耳にしつつも、彼は手に持つiPhoneに没頭している素振りをして、男の言葉を無視していました。きっと自分がホームレスで人のお金を無心しているのだろうと自分を正当化していました。
しかし、その日は地下鉄を降りて歩いていて、なにか引っかかるものを感じていました。


彼は勤めていた世界的な一流企業を辞めて、非営利団体のアキュメン社で働き始め、あるバレンタインデーの日に”寛容の日”と名づけた運動を起こします。
その日には、ホームレスであろうが親しい友人、あるいは通りがかりの見知らぬ人であろうと、たとえ誰であろうとも、頼まれたことにはどんなことでも寛容に「OK」と答えるという運動です。
この運動はやがて社会改革の引き金となり、慈善事業でなくビジネスとして、インドの田舎の何百万人もの人々に安全な飲み水をもたらし、ケニヤの何千もの貧しい農民がより多くを稼げるようにし、パキスタンのスラムの人々に住まう家を与えることになります。


この人が勧めているのが冒頭の言葉
「きょうは、手当たり次第に考えられないぐらい親切に、なりふり構わず温かく、あり得ないぐらい気前よく振る舞ってごらんなさい。最高の日になるの間違いなしです」
です。
これが単なる観念的な、かっこつけの言葉でなく、地に足の着いた真意のこもった言葉であることがわかります。


私自身、これまで街頭募金を訴える人の呼びかけに対して、「あれはひょっとしたら某宗教団体がやっている資金集めかもしれない」などと自分の考えを正当化して足早にその前を通り過ぎたり、助けを必要としている人を見て見ぬふりをしていることがしばしばありました。
でも最近は、気がついた時にはできる限り手を伸べて助けるようにしています。


2か月ほど前のことです。駐車場から車を出そうとしていた時、少し離れたところを杖をついて歩いていたひとりのお年寄りが仰向けに倒れるのが目に入りました。起き上がろうとするのですが身体の自由が利かなくて立ち上がれません。
人を待たせていて急いでいるのだ、と一瞬自分を正当化しようとする考えが頭をもたげたのですが、車のエンジンを切ってその老人のところに駆け寄りました。
起こしてあげようと何度試みても体重が重すぎて私の力ではどうしても無理です。しばらく格闘しているうちに、その方が身体を横に倒して手をついて自分で起き上がりかけました。手を貸してやっとの思いで立たせてあげることができましたが、足取りが怪しくまたいつ倒れるかわからない状況です。
私はしばらくその方の手を支えながら一緒に歩き、「家までお送りしましょう」と声をかけましたが、いやすぐそこだから大丈夫、と答えてひとりで歩いて行くその方が駐車場を出るまでひやひやしながら見送りました。
汗びっしょりになり、気づくと駐車場の土が、服やずぼんについて泥だらけになっていましたが、小さな人助けができたことでちょっぴり嬉しくなりました。サーシャ・ディヒターには遠く及びませんが。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

最高の自分バージョン

2017.05.30日

"Beauty is being the best possible version of yourself."
--Audrey Hepburn – 1929-1993, Actress
「美しさとは最高の自分バージョンでいること」
--オードリー・ヘプバーン、女優


audrey.jpg


オードリー・ヘプバーンについては、これまでたびたびこのブログで取り上げてきました。
何を隠そう、私は若い頃からずっと彼女のファンなのです。
若いころは彼女の艶(あで)やかさに惹かれていましたが、今は彼女の内面の美しさ、心の美しさに昔以上に魅了されています。


半年前の記事、「内から出る本当の美しさ」にアップしたのは晩年の彼女の写真です。


IMG_9961.JPG


確かに若いころのような華やかな美しさはありません。
しかし、作り物でない本物の美しさが内からにじみ出ています。


3年前の記事、「おお、オードリー!」の中に、「心に響く真の美しさ、絶世の美女【オードリーヘップバーン】が愛した詩」を引用しました。


時を越えた美しさの秘密


魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい。
美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。


物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、何度でも再出発することができます。
誰も決して見捨ててはいけません。
人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。


年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。
ひとつの手は、自分自身を助けるため、もうひとつの手は他者を助けるために。


女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。
女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。
女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。

-- サム・レヴェンソン


これは本当に真理です。
多くの人がこれとまったく逆のことをやっています。
オードリーの晩年の美しさは、口先だけでなく「最高の自分バージョン」を日々生きていたところから自然とおもてに現れていたものなのでしょう。
私たちも彼女に倣ってこの「最高の自分バージョン」を目指したいものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

愛情と思いやり

2017.05.28日

"Love and compassion are necessities, not luxuries. Without them humanity cannot survive."
--Dalai Lama – Buddhist Monk
「愛情と思いやりは必需品です。贅沢品ではありません。愛情と思いやりがないと人類は生存できません」
--ダライ・ラマ、仏教僧侶
(訳 舟田譲二)


「愛情と思いやり」
こんなの絵に描いた餅、理想像、求めるのは贅沢、などと思っている人がとても多いのではないでしょうか?
世知辛い世の中になった?


確かに朝ドラ『ひよっこ』なんかを見ていると、あの映画『三丁目の夕日』に見られた昭和の古き良き時代の人情が最近は薄れてきているように思われます。


でも、「愛情と思いやり」は昔を偲んで「昔は良かった」と言って惜しむものではなく、また今の時代には「下町の人情はもうない」と嘆くものでもありません。


「愛情と思いやり」は、私たちの心がけひとつで日常生活の中で実践できることです。
たとえば、夫婦・親子・きょうだいの間で、親族間、友人間、職場の同僚間等々、あらゆる人間関係の中で、私たちが率先して行うべきことなのです。
決して贅沢品にしてはいけません。
なぜなら、ダライ・ラマが言っているように、これがないと人間は生きていけないからです。


「愛情と思いやり」こそが、人間を人間たらしめるものです。
確かに動物の世界にも、損得感情抜きの「愛情と思いやり」が見られるように思われます。
しかし、動物と人間の決定的な違い、それは私たち人間が、神の像(かたち)に似せられて創られているということです。そうでなければ、人間は他の動物よりも少しは頭がいいという単なるレベルの差になってしまいます。
ですから、「愛情と思いやりがないと人類は生存できません」とダライ・ラマは語っているのです。


まずは私たちができるところから実践していこうではありませんか。
本物の「愛情と思いやり」はここにあり、と。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

受けるより与えるほうが幸い

2017.05.26日

"Remember that the happiest people are not those getting more, but those giving more."
--H. Jackson Brown, Jr - Author
「最も幸せな人とは、より多くを得ている人ではなく、より多くを与えている人だ」
--H・ジャクソン・ブラウンJr、作家
(訳 舟田譲二)


この世の基準は「より多くを得て幸せになる」です。
これはおそらく人間の本心でしょう。
「多くを持っている」は、もちろん家や財や地位や名誉なども含まれるでしょうが、さらに言えば頭脳や容貌、運動・音楽・芸術などさまざまな才能等々、挙げだせば切りがありません。
みんなこれらを追い求めます。そして、これらがひとつでも多く得られれば幸せになれるという幻想を持っています。


5年前、心身の休養のためロサンゼルスに行った際、ゲッティセンターとゲッティヴィラを訪れたとき、これは幻想だということをまざまざと知らされました。
そのときの記事、「本当の幸福とは」の中にも書きましたが、世界一の億万長者だったJ・ポール・ゲッティは私生活はめちゃめちゃで、5回も離婚再婚を繰り返し、あげくの果ては子どももその妻もドラッグにはまり、自殺したり、ヘロインの過剰摂取で死去。孫は、自分の祖父は大金持ちだから誘拐して身代金を要求したら大金をせしめられると友人に話していたところ、その話がマフィアに流れ、実際に誘拐され、片耳を切られた後に300万ドルの身代金を支払って解放されたとか、散々の結果です。
そして、21回も遺書を書き換え、自分の妻や子孫には最低限の遺産しか分割せずに、7400万ドルという莫大な遺産を財団に残し、彼が金任せに収集した美術品を所蔵する施設を作り、無料で一般に公開することになったというのです。
彼の曾孫は、"To me, money is not happiness at all." (自分にとって、お金とは幸せとはまったくかけ離れたものだ)と語っているそうです。
おそらくポール・ゲッティはお金でありとあらゆるものを手に入れましたが幸せにはなれず、その結果財団への寄付という形で与えることによって初めて平安を得たのではないでしょうか。


「まばたきの詩人」と呼ばれた水野源三さん(1937-1984)は9歳のとき赤痢にかかりその高熱によって脳性麻痺を起こし、やがて目と耳の機能以外のすべてを失いました。
話すことも書くこともできなくなりましたが、母親が彼が何か言おうとしていると感じて、五十音順を指で指し示したところ、まばたきして合図しました。以来、まばたきで綴った詩が後に詩集シリーズとなり多くの人の感動を呼びました。


41yxhDKkBwL._SX348_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg


口も手足もきかなくなったわたしを
28年間も 世話をしてくれた母
良い詩をつくれるようにと
四季の花を咲かせてくれた母 
まばたきでつづった詩を一つ残らず
ノートに書いておいてくれた母
詩を書いてやれないのが悲しいと言って
天国に召されて行った母
今も夢の中で老眼鏡をかけ
書きつづけていてくれる母


神様の 大きな御手の中で
かたつむりは かたつむりらしく歩み
蛍草は 蛍草らしく咲き
雨蛙は 雨蛙らしく鳴き
神様の 大きな御手の中で
私は 私らしく 生きる


涙なしには読めません。
水野源三さんは何ひとつ持たず、貧しい一生を終えられました。
でも、限りないほど多くの人を慰め、励ましてきました。そして、今も与え続けています。
本当に与えるだけの人生でした。
でも、彼ほど幸せな人はいなかったと思います。


「受けるより与えるほうが幸いである」(使徒20:35)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

日常性の中に潜む非日常性

2017.05.14日

今、NHKでやっている朝ドラ『ひよっこ』を観ていて教えらえることのひとつ、それは「日常性の中に潜む非日常性」です。


主人公を始めとする登場人物の周囲で起こる出来事は、みんな日常性の中に潜む非日常性です。
このドラマの作りがあまりにも丁寧すぎて、ストーリーの展開が遅く感じられ、それが視聴者に退屈を感じさせている面があるかもしれません。
これらはすべて私たちの日常生活の中にも起こっているごくごく当たり前の、小さな出来事ばかりです。ある意味、他人の目から見ればどうでもいいようなことでしょう。
しかし、当人にしてみれば「どうでもいいような」小さな出来事は、とても大きな意味を持つものばかりです。
それは、自分をその立場に置いてみればすぐにわかります。
そのようにこのドラマを観てみると、「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣く」ようになり、面白さが倍増します。
私は毎回、観るたびに喜び、泣いています。


しかし、それだけではありません。
私たちの生活の中には、同時に「非日常性の中に潜む日常性」もたくさんあるのです。
ほかの人には理解してもらえないような辛いことや悲しいこと、苦しいことなど、これらは当人にしてみれば「非日常的」なことです。人はだれでもこのような「非日常的」なことは求めず、波風の立たないごくごく普通の「日常的」な生活を求めるものです。
しかし、忘れてはならないのは、この「非日常的」なことの中にもたくさんの「日常性」が隠されているということです。


去る3日にお会いした、癌で病床に臥せっていらっしゃる鴨下新市さん(「ハゲ増す?」)のことを、あれ以来ずっと一日に何度も覚えてお祈りしています。
新市さんや奥さん、ご家族のことを思うと胸が痛みます。
とつぜん癌を宣告され、かなり危機的な状況にあるということは紛れもなく「非日常的」なことです。しかし、そのような中において静かに流れる時、家族とともに過ごす大切な時間、神様との語らいの時、これらはすべて新市さんにとっては「日常性」です。


私たちも、「非日常性の中に潜む日常性」に気づくとき、そこに平安や喜び、希望を見出すことができます。
それが、真の幸せです。
決して「日常性の中に潜む非日常性」を求めないこと、認めないことではないのです。


「あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである」
(コリント人への第一の手紙 10:13)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

一か八かやってみる

2017.05.13日

"If you wait for the perfect moment when all is safe and assured, it may never arrive. Mountains will not be climbed, races won, or lasting happiness achieved."
--Maurice Chevalier – 1888-1972, Actor
「すべてが安全かつ確実で完璧な時を待っていたら、そのような時は決して来ないだろう。山には登れないし、競争には勝てない、また永続する幸せは達成できないだろう」
--モーリス・シュヴァリエ、俳優
(訳 舟田譲二)


飛行機に乗ることを怖れる人がいます。
でも、それを言うなら、電車だってバスだって、自転車だって事故を起こす危険性があります。
さらに言えば、歩いていても何かにぶつかったり、こけることだってあります。車にはねられることもあります。
でも、みんな家から出て歩き、自転車に乗り、バスや電車に乗ります。なら、飛行機だって同じです。どうなるかわからないけど、みんな信じて行動しているのです。


学生は合格が確実でなくても志望校を受験します。
スポーツ選手は万全でなくても試合に臨みます。
仕事を選ぶ時も、ある意味一か八かです。
結婚を決断する時もそうです。


そう、人生に確実とか完璧というようなものはありません。このようなものは夢物語。
完璧な時など永遠にやってきません。
決断が必要なのです。
「案ずるより産むがやすし」で、やってみたら案外簡単にできたりするものです。
マイク・ニコルズというコメディアン・映画監督は言っています。
「唯一安全な道は、一か八かやってみることだ」
と。


信仰とはそのようなものです。
完全にすべてが整って、信じられる条件がそろったら信じる、というのは信仰ではありません。


「さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである」
(ヘブル人への手紙 11:1)
「彼は望み得ないのに、なおも望みつつ信じた」
(ローマ人への手紙 4:18)
「主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。その時、あなたがたはわたしに呼ばわり、来て、わたしに祈る。わたしはあなたがたの祈を聞く。あなたがたはわたしを尋ね求めて、わたしに会う。もしあなたがたが一心にわたしを尋ね求めるならば、わたしはあなたがたに会うと主は言われる」
(エレミヤ書 29:11-14)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

本物の幸せ

2017.05.11日

山のあなたの空遠く
「幸」(さいわい)住むと人のいふ
噫(ああ)、われひとと尋(と)めゆきて
涙さしぐみかへりきぬ
山のあなたになお遠く
「幸」住むと人のいふ

(カール・ブッセ作 上田 敏訳)


ずっと「幸せ」を捜し求め続けてきた。
でも、「幸せ」は見つからなかった。
それはとても悲しいことだったけれど、
でも「幸せ」がないというわけではない。
どこかに、どこかに、きっとあるんだよ
(現代語訳)


人は「幸せ」を求めて人生を歩みます。
それは、家族や友人であったり、仕事や趣味、旅行、グルメだったりと、いろいろです。
でも、どこを探し求めても真の「幸せ」は見つかりません。
メーテルリンクの『青い鳥』だったら、「家(身近なところ)にあった」となるわけですが、必ずしもそうなるわけでもありません。


しかし、アメリカ合衆国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの妻、エレノア・ルーズベルトは次のように語っています。
"Happiness is not a goal – it’s a by-product of a life well lived."
「幸せとは目標ではない。良い人生を歩んだときの副産物だ」

(訳 舟田譲二)


確かに、「幸せ」を探し求める人生は虚しいです。
まあ、そこそこ満足させてくれるものは見つかるでしょう。しかし、それが本物の幸せではない、ということを私たちは直感的に知っています。
むしろエレノア・ルーズベルトが言っているように、良い人生を歩んできたことを感謝するときにあとからついてくるもの、それが本当の「幸せ」です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

健康で幸福になるために

2017.04.19日

“The reason many people in our society are miserable, sick, and highly stressed is because of an unhealthy attachment to things they have no control over.”
― Steve Maraboli
「惨めで、病んでいて、ストレスに苦しんでいる人がこの社会にあまりにも多い理由は、自分でどうすることもできないことに異常にこだわっているからだ」
― スティーブ・マラボリ
(訳 舟田譲二)


これは至言です。まことに真理をついています。
一見、お釈迦さまの解脱の教えに似ているようにも思えます。


お釈迦さま(ゴータマ・シッダルタ)は、王宮で王子として裕福な生活を送っていましたが、ある日城から一歩外へ出ると、貧しい人や病人、老人、死にかけている人など苦しんでいる人が大勢いるのを見て「人生は苦なり」と初めて知り、いかにして人間の苦しみである「四苦八苦」から解脱するかを求めて、29歳で出家しました。
この「四苦八苦」の最初の四苦は「生老病死」、すなわち「この世に生まれてくること」「老いていくこと」「病になること」「死ぬこと」、そして、「愛別離苦(あいべつりく)」(親子・夫婦など、愛する人と生別または死別する苦痛や悲しみ)・「怨憎会苦(おんぞうえく)」(うらみ憎む相手に会う苦しみ)・「求不得苦(ぐふとっく)」(求めているものが得られないことから生じる苦しみ)・「五蘊盛苦(ごうんじょうく)」(色受想行識に執着する苦しみ)の四苦を加えたものを八苦と呼んでいます。つまり前の四苦は、人間の生きものとして起こる苦しみであり、後の四苦は、人間が人間であるために味わう苦しみです。


スティーブ・マラボリが冒頭で言っている
「自分でどうすることもできないことに異常にこだわっている」
というのは、お釈迦さまが言う「だから解脱せよ」というのとはずいぶん違います。
「解脱」というのは、この世の煩悩から解放されて悩みや迷いからまったく自由な「涅槃の世界に入る」という意味ですが、これができるならだれも苦労しません。実際のところ、日夜解脱を目指している僧侶でさえ、目標にしてはいるが奥が深くて到達できない、と言っているぐらいですから。


でもスティーブ・マラボリの言う「自分でどうすることもできないことに異常にこだわっている」は、原文にあるように「自分でコントロールできないことに捕らわれていると、惨めになり、病み、ストレスに押しつぶされそうになりますよ」、というもっと日常的な、私たちにも手の届くところにある処方箋のようなものです。


健康で幸福になるには、自分の手でコントロールできないことに執着しないことです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ