学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

ばかまじめ

2017.10.19日

松本人志のCMがクソつまらない(失礼!)。
けど、真面目な顔をしてやるところが面白い。
最近は「バイトアプリは、タウンワーク」のシリーズ。
よくあれだけ真面目な顔してふざけた役を演じられるものだ。さすがはお笑い芸人。


昨日も10800歩のウォーキングをして夕方遅くに家の近くまできたとき、私の横を郵便局の赤い車が追い越してすぐ目の前に停車しました。
見ると、少し前にやっていた「ばかまじめ」な郵便配達員を演じたCMのポスターが貼ってあります。


bakamajime-2.jpg


ずいぶん日に焼け雨風にさらされたと見え、色があせてしまっています。
もとのポスターはこれです。


bakamajime.jpg


「ばかまじめ」とは言っても、爽やかな郵便配達員を熱演していました。


bakamajime3.jpg


ところで、郵便局が最近大きく変わってきました。
昔、局員は本当にばかまじめな感じで、味もそっけもなくぶっきらぼうでした(ごめんなさい)。
でも、今はどこの郵便局へ行ってもたいがい笑顔で応対してくれ、愛想もいいです。
とくに私の家の近くの郵便局は本当に行くたびに幸せな気持ちになります。


つい2日前も行ってきました。今回だけではないのですが、私が投函する封書約100通に、最近出たばかりのとても美しい記念切手を見せて、これを代わって貼っておきます、と言ってくれるのです。私は嬉しくて何度もお礼を言いました。
以前だったら、料金別納のスタンプを渡して「自分で押してください」でした。


この郵便局は局長さん自身がとても腰の低い方で、こちらの気持ちをくみ取っていつもとても親切に対応してくださいます。
すると、局員さんもみんな笑顔で丁寧な態度になります。
でも、別の郵便局では局員の対応があまり良くありません。ここは局長さんも奥に座ったままで客に応対しません。


お店や会社、学校、役所や警察署など、およそトップに立つ人の気持ちがそこで働く人の接客態度になって現れるものです。
トップに立つ者は心しなければなりません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

♪たったらたったたー どこでもドア...!

2017.09.17日

ドラえもんの秘密道具で私の一番のお気に入りは「どこでもドア」です。
もしもひとつだけドラえもんにおねだりできるとしたら絶対にこれです。
「♪たったらたったたー!」


dokodemodoor.jpg


「どこでもドアー」
(例のドラえもんの声で)


これが、な、なんとすでに5年前に発売されていたのです!しかもたった64万円で。



Ce9-Na0UAAI2bnH.jpg

これさえあれば車はいらない。友人に会いにアメリカにも瞬時に行ける。ローマやパリやロンドン...世界中どこへでも行ける。
地震や津波が来ても、富士山が爆発しても、どこかの国からミサイルが飛んできてもその瞬間に安全な場所に避難できる。
しかもたったの64万円で!
しまった!ちょっと遅かったか。


調べたところ、買った人がオークションにかけていて、これもすでにたったの16,001円で売れていた!
ざ、残念!気づくのが遅かった!



dokodemodoor01.jpg


いや、待てよ。よーく見ると、「自作のどこでもドア譲ります」とある。なあーんだ本物じゃないんだ...


しかし、「♪たったらたったたー!」
3日前に我が家にも「どこでもドア...ホン」がやってきたのです。
築20年になる我が家は、今年はエアコンからキッチンのガスコンロ、ほかにもここ数年で寿命が尽きたものが次から次へと出てきています。
先週からはドアホンが故障してしまい、チャイムが鳴ると慌てて玄関のドアに駆けつけなければなりませんでした(宅配便の配達の人が留守だと思って行ってしまうので)。
そこで、ネットで「どこでもドアホン」を注文して、私の得意技、DIYで自分で付けちゃいました。


1428110104045.jpg


ワイヤレスの子機がついているので、2階にいても(トイレの中でも)どこにいても本物の「どこでもドアホン」です。
ほんのちょっとだけ生活が向上しました 笑
22世紀なっても「どこでもドア」はやっぱり夢物語だろうなぁ。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

今日は気分転換

2017.09.14日

ここしばらくちょっと難しい話が続いていたので、今日は気分転換です。
面白い動画を見つけましたので、シェアさせていただきます。
大いに笑ってお楽しみください。



毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ハッピー・バースデイ!!!

2017.08.11日

「ハッピー・バースデイ」
言語は違っても全世界共通の嬉しい言葉。
これを音楽で表現すると、子どもも知ってる例の "HAPPY BIRTHDAY TO YOU!" です。


今日は、ちょっと味わいのある、楽しい "HAPPY BIRTHDAY TO YOU!" を動画でお送りします。
これをベートーベンだったらどのように弾くのでしょうか?ショパン、ブラームス、バッハ、モーツァルトだったら?
どうぞ心ゆくまでお楽しみください。



毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

DNAを受け継ぐ

2017.05.12日

"It is in Toyota's DNA that mistakes made once will not be repeated."
--Akio Toyota
「一度犯した過ちは二度と繰り返さない。それがトヨタのDNAだ」
--豊田章男、トヨタ自動車株式会社代表取締役社長
(訳 舟田譲二)


今月から来月初めにかけてこの近辺の中学校の生徒は京都、奈良(大阪)方面へ修学旅行に行きます。ほとんどの子が初めての関西ということでみんなとても楽しみにしています。
昨日、何人かの中3生に尋ねました。
「奈良で見たいものは何?」
返ってくる答えは決まって
「鹿公園」
です。
そこで
「大仏は?」
と水を向けると、
「大仏も見たいです」
続けて尋ねます。
「奈良の大仏と鎌倉の大仏ではどちらが大きいか知ってる?」
「奈良です」
「そう、正解。奈良の大仏は鎌倉の大仏よりも大きいんだけど、建物の中にあるんだよ。すごいよね。じゃあ、奈良の大仏と鎌倉の大仏、どっちが先にたったか知ってる?」
「奈良!」
「残念」
「じゃあ、鎌倉?」
「残念!」
「えっ、どっちが先なんですか?」
「まだ両方ともたっていない」
「???」
「奈良の大仏も鎌倉の大仏もまだ座ったままだよ」
「???」
こちらの子たちにはこのなぞなぞが通じません。


statue-buddha-1.jpg kamakura.jpg

お釈迦さまをモデルにしたものなので、同じDNAを引き継いでいてやっぱりよく似ています(笑)


ゴールデンウィークに京都に行った際、従兄の家を訪ねました。
久し振りに会って、私の顔を見るなり従兄が、
「おっちゃん(私の父のこと)によく似てきたなぁ」
と。

dad.jpg
今は亡き父が55歳の頃の写真です


大仏のジョークのセンスも父からのDNAです。


また、従兄家族と会ったときの記事(「今日の素敵な出来事」)に妹と一緒に撮った写真が載っていますが、それを見た人や妹と一緒に会った人たちからも兄妹そっくりだ、と言われました。
DNAは争えません。


つい1週間ほど前、アメリカ留学中の長男直人が卒業したと言って写真を送ってきました。
その写真を見て、私の卒業のときの写真と似ている、やはり同じDNAだなと思いました。
人からもよく親子そっくりだと言われます。
そのことを直人に伝えると、直人も自分の写真を見てそう思ってた、と言ってきました。


naoto2.JPG.jpeg joji.JPG

眼鏡をかけた直人はもっとよく似ています


この写真の中の私の年よりも直人の方が10歳も上ですが、直人はまだこれから4年間、さらにその上の学校での学びが待っています。
私は34歳で最終の学びを終えましたが、もっと学んでおきたかった、機会があったらまた学びたいとこの年になってもまだ思っています。高校まであれだけ勉強嫌いだった私が大学に入って勉強の面白さにハマりましたが、直人も同じです。
上の豊田章男社長の
「一度犯した過ちは二度と繰り返さない。それがトヨタのDNAだ」
の言葉のごとく、直人は私の後悔を知ってかしらでか、トヨタと同じくこの点でも私のDNAを受け継いでいるようです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

東北でよかった!?

2017.04.28日

"It’s not what you say out of your mouth that determines your life, it’s what you whisper to yourself that has the most power."
--Benjamin Disraeli – 1804-1881, Former British Prime Minister
「口が語る言葉があなたの人生を決定するのではない。最も大きな力を持っている、自分の心にささやく言葉が人生を決定するのだ」
--ベンジャミン・ディズレーリ、元英国首相


今村雅弘元復興大臣が東日本大震災の復興に関連して、「まだ東北のほうだったからよかったが、もっと首都圏に近かったりすると、莫大な額になる」と失言し、その責任を取って大臣を辞任しました。
まことにデリカシーに欠ける不用意な発言で、空いた口がふさがらない、とみんな思っていることでしょう。私もそう思っていました。


実際には、冒頭でベンジャミン・ディズレーリが言っているように、「口が語った言葉」というよりむしろいつも心の中で思っていたことがついおもてに出てしまって、それが彼の人生を決定づける結果となったと言う方が当たっているのでしょう。


ところが、なんと面白いことに、この「東北でよかった」発言が、逆手を取ってポジティブになって急拡散しているそうです。
ハッシュタグ「#東北でよかった」をつけて東北地方の魅力を伝える投稿が大量にされていると言います。
曰く
「青森はねぷた祭りではしゃげるし、秋田は金萬、ハタハタ美味しいし、岩手ははやぶさ・こまちの連結切り離し見れるし、山形はさくらんぼ狩りできるし、宮城は光のページェントやばいし、福島は磐梯山のドライブ最高なので、生まれが #東北でよかった ( ˘ω˘ )」
等々。


%82%E6%82%A9%82%C1%82%BD.jpg


これらもやはり普段から心の中でそのように思っているから自然と口に出てきたのです。
図らずも今村元復興相の不用意な発言が、逆に東北の良さをアピールすることになった!
こんな展開になるとは、だれも予想だにしなかった?
いいえ、そうではなく、東北を愛してやまない人たちが常々心の中でささやいている言葉が、大臣の不快な失言すらも、明るい、希望の言葉に変えてしまったのです。
「口が語る言葉があなたの人生を決定するのではない。最も大きな力を持っている、自分の心にささやく言葉が人生を決定するのだ」


ガンバレ、東北!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

人の幸せのために

2017.03.20日

"The shortest distance between two people is a smile."
--Victor Borge – 1909-2000, Comedian
「ふたりの人の間の最短距離はスマイルだ」
(訳 舟田譲二)


ビクター・ボーグはコメディアンであると同時にプロのピアニスト。
ピアノの腕前はもちろんのこと、演奏とユーモアを見事なまでに合体させ、聴衆を笑いの渦の中に巻き込む技術はまさに超一流です。
彼は、クラシック音楽を一般の人々に身近なものとし、「微笑み」「笑い」が人をもっとも親密に、幸せにする鍵だということを知っていたので、自らのピアノの技術を抑え、敢えてコメディアンとして、死の直前まで人々の幸せに貢献する生涯を送りました。


彼のいくつかのYouTube動画を見てみましたが、どれも引き込まれて、思わず微笑んでしまいます。どうぞお楽しみください。



毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

意志あらば道通ず

2017.02.09日

志村けんといえば、言わずと知れた日本を代表するお笑いタレント。
私と同い年なのですが、マルチの才能を持ち、今でも私なんかよりはるかに精力的に働き、稼ぎまくっています。


デビュー当時のことをよく覚えていますが、ドリフターズの舞台番組にチョイ役で出してもらっていましたが、舞台の端から端まで走り回って、下手なギャグを言いまくるのですがまったくウケず、仲間からも聴衆からも半分バカにされていました。
その彼が、なんと最後にはドリフターズで一番の人気者になり、さらに一番息の長い、稼ぎ頭の芸人となりました。


Wikipediaによると、ドリフに弟子入りすることを決めた志村けんは、「1968年2月にいかりや長介の家へ直接押しかけ、雪の降る中、いかりや本人が夜中に帰ってくるまで12時間ほど待ち続けた。1週間後にいかりやから弟子入りを認められ、ドリフの付き人となった」そうです。
これを読んでいて、ちょうど同じ頃、アメリカ留学中の私が就業許可をもらうまで必死で移民局のボスに喰らいついていった姿を思い出しました(「成功とはあきらめないこと」)。


昨日「究極のリサイクル」という記事を書いていて、志村けんが芸人を目指すきっかけとなったエピソードを2年少し前に書いたのを思い出し、読み返してみました。
今日は、その記事を下に再録させていただきます。
メッセージは「意志あらば道通ず」です。


現代はエコブームで、何でもリサイクル。
でも何と300年近くも前、アイルランドの作家、スウィフトが『ガリバー旅行記』の中に書いた空に浮かぶ島ラピュタの中にその原型があるのです。
この物語の中に、人間の排泄物を再び元の食物に還元しようという究極のリサイクルのシーンが出てきます。学者たちが大真面目で、それこそ糞まみれになって研究しているのです。
すみません。汚い話になってしまって。


この物語はもちろん作り物なのでただ笑い飛ばして終わりなのですが、実際に私たちがよく知っている人で自分の排泄物(う◯こ)を食べ物に変えた人がいます。
それは1980年代に大ヒットして、日本全国で子どもから大人までがそのものまねをしたぐらいのバラエティ番組『志村けんのだいじょうぶだぁ』に登場していた「変なおじさん」こと志村けんです。
コントの中で、変なおじさんが、最後に決まって言うセリフが「だっふんだー!」でした。(私は見ていませんでしたが...汗)
これを漢字で書くと「脱糞だ」。(そういう意味が込められていたかどうかはわかりません)


志村けんがどうして、この下ネタを食べ物に変えたかというと、実は小学1年生の時、運動会の徒競走で「よーい、ドンっ!」の瞬間にみんなの前でう◯こをたれてしまったのです。
みんなから笑われました。この時、本人は恥ずかしくて泣いたそうです。そしてその後も「ウンコもらし」というあだ名で呼ばれていました。
しかし、志村はこれをバネにし、逆にお笑いで人々を笑わせて一生食べていこうと決心することになるのです。志村けんは、まさにラピュタ島の物語に登場する学者のように排泄物を生涯の糧(食べ物)に変えるという究極のリサイクルに成功したわけです。


hennaojisan.jpg


普通このような経験をすると、もう生きていけなくなる人だっています。
しかし、このみんなから笑われた経験の「う◯こ」を生涯食べていけるお笑い芸人にリサイクルしところが本当にすごいです。


恥ずかしい経験や辛い経験、悲しい経験など人間だれしも必ず一つや二つ、いやきっとそれ以上あるでしょうが、考え方を変えるとそれすら益に変えることだってできるのです。
私たちも志村けんに倣って物事を肯定的にとらえ、変えていけるようになりたいものです。
「意志あらば道通ず」です。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

究極のリサイクル

2017.02.08日

私が発案(?)した究極のリサイクルは、鼻をかんだティッシュペーパーを水で洗って再利用するというもの。
「えっ!?」
と思われるでしょうが、本当にできるのです。


IMG_0335.JPG


皆さんおなじみのティッシュ。
この5色のボックスからひとつ色を選んでください。
皆さんの目の前でビニールのラッピングを破って、選んだボックスを出します。
ティッシュ取り出し口の部分を切り取って2枚のティッシュを引き出し、その1枚で鼻をかみます。
いえ、冗談。これはちょっと汚いので、鼻はかまずに2枚のティッシュを2つのグラスの上にそれぞれかぶせ、口を輪ゴムで留めます。
皆さんにどちらかひとつを選んでもらいます。
そして、イチニノサンで同時にそれぞれのティッシュの上に手をかざし、ハンドパワーを送ります。
その後、別のグラスに入れた水をティッシュの上に注ぎます。
すると、皆さんのティッシュはすぐに破れて、水がグラスの中に落ちます。
しかし、私がハンドパワーを送った方のティッシュは水を注いでも破れず、ティッシュの上に水がたまります。
ですから、鼻をかんだ後でもそのティッシュを水で洗って再利用できるというわけです。


これはもちろん冗談ですが、私の考えたオリジナルマジックです。これまでいろいろなところで何度もやってきましたが、いまだにタネを見破られたことはありません。


さて、今日の本題は本物の究極リサイクル。
昨夜、中3生に教えていた入試予想問題の中の長文読解問題にとてもおもしろいストーリーがあったのです。
それは、象や牛など動物の糞(フン)をリサイクルして紙を作るというものです。
カナダのある会社がそれを発明し、商品化しました。今や世界の多くの国で売られています。
名前はそのものずばり、プープーペーパー(私も子どもの頃、うんちのことをプープーと呼んでいました)。
糞は洗浄して煮沸されているので、もちろん臭わず清潔です。
象の1個の糞から大きな紙25枚を作ることができ、それで10冊のノートが作れます。この紙は本にも使われています。
これで森林伐採を減らし、地球温暖化からも守ることができる、という究極のエコです。


読んでいて、これは実話に違いない思い、ネット検索したところ案の定ちゃんと載っていました。

Friendsforever_Poop_and_toilet_paper_roll_print_9buz.jpg

英語でよく"Think outside the box."(箱の外で考えよ)と言いますが、これは既成概念(箱)に捕らわれず想像力を働かせて、まったく新しいアイデアを生み出せ、という意味です。
これからの時代、このような柔軟な考え方が世界を変えていくことでしょう。


昨夜教えていた生徒のうちのひとりの子が、自分の部屋の机の上には、これまでやってきた入試予想問題や過去問などが積み上げられていて、それが50センチほどの高さになっているそうです。
ちょうど1週間後の受験を前にどんどん自信を深めてきています。
将来の世界を担う受験生、みんなガンバレ!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

学問の神様⁉︎

2017.01.02日

初詣というとやはり神社。
近所の神社の「初詣」のチラシがあちらこちらにたくさん貼られていました。
そして受験生やその親御さんたちは学問の神様のところにお参りに行きます。
ところで、神社に願掛けして投げ込む賽銭で一番多いのは五円とか。「ご縁がありますように」というダジャレです。十円入れると「遠縁」になるからダメで、二十円入れると「二重に縁がありますように」。だったら、一万円でも十万円でもいいはずですが、なぜか五円です。

五円の賽銭で、酒や汁粉を振舞ってもらおうというのは、ちょっと「甘い汁」を吸いすぎでは?
でも、きっと受験生もたくさんこの神社にお参りに行くのでしょう。


IMG_0186.JPG


おっと、ちょっと待った!
よく見ると「初詣」の「初」の漢字が間違っているぞ。
これは小学生や中学生がよく犯す誤り。(というか、大人もよく間違う)
「初」の部首名は「ころもへん」(カタカナのネの字の右肩に点が付いている)ではなく、「かたな」もしくは「りっとう」なのですが、左側はいわゆる「ころもへん」(主に衣類に関する字に使う: 裸、襟、裁、裕)と同じで、「しめすへん」(カタカナのネの字)ではないのです。
まあ、ちょっと大目に見て、しめすへんというのは、神事に関すること(例: 神、社、祓、祈)に使うので、しめすへんの「初詣」もありか…。
でも、このような小学4年生が学ぶ基本的な漢字を間違うところにお参りに行くようでは、合格祈願も危ないのでは…
そのような時間があったら、一つでも漢字を覚えて受験に臨む方が合格は確実になるのではないでしょうか。
というか、この神社の神様に正しい漢字を教えてあげないと。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

あなたの人生は画期的に変わる!

2016.12.11日

外的動機づけと呼ばれるいわゆる「アメとムチ」。
多くの親が子育てでこれを使い、保育園・幼稚園から始まり高等教育を終えるまで、いや、さらに社会に出て就職し、あるいは起業したりしてもやはり「アメとムチ」は多くの場で用いられています。
ある意味、それはあまりにも当たり前として受け止められ、そしてその役割を果たしてさえいます。
確かに。


でも、ちょっと待ってください。
本当にそうなんでしょうか?
それでいいのでしょうか?


常識をくつがえす次の動画を見てください。
この正しい動機づけの手法を用いれば、子育ても、教育も、企業の生産性も、はたまた人間関係も変わります。
そして、あなたの人生も画期的に変わります。たった18分ほどの時間の投資で。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

サラリーマン川柳 大募集!

2016.11.18日

娘来て 「誰もいないの?」 俺いるよ


毎回、国民的人気の「サラリーマン川柳」。
今年は第30回。
サラリーマン川柳が今年も募集されています。
募集要項など詳しい内容は「サラリーマン川柳 大募集!」をご覧ください。
11月25日が締め切りですので、ご興味ある方はぜひチャレンジしてください。
「一般部門」1等賞受賞者には、「おもてなしの宿50,000円相当の宿泊ギフト券」や2〜10等賞には「選べる宿泊券ギフト券30,000円相当」ほか、たくさんの商品が当たります。
今年は同時に、歴代1位決定戦も開催されており、あなたの1等賞を選び投票すると、抽選で1,000名に全国共通お食事券2,000円分が当たります。


「あなたの1等賞」は以下の中から選ぶだけです。
楽しみついでに皆さんも投票、あるいは下の作品を参考に応募してみてはいかがですか?
ネットから簡単に投票・応募できます。
上のウェブサイトで、やくみつるさんとやすみりえさんのサラ川の作り方アドバイスもあります。


時代の世相をよく表していて思わずニタリ、アッハッハ!笑いは百薬の長です。
ちょっとセクハラ、パワハラっぽいのもありますが、そこは風刺の川柳。大目に見てあげてください。


ボディコンを 無理して着たら ボンレスハム (第4回)
まだ寝てる 帰ってみれば もう寝てる (第5回)
いい家内 10年経ったら おっ家内 (第6回)
連れ込むな! わたしは急に 泊まれない (第7回)
やせてやる!! コレ食べてから やせてやる!! (第8回)
『ゴハンよ』と 呼ばれて行けば タマだった (第9回)
「早くやれ」 そう言うことは 早く言え (第10回)
わが家では 子供ポケモン パパノケモン (第11回)
コストダウン さけぶあんたが コスト高 (第12回)
プロポーズ あの日にかえって ことわりたい (第13回)
ドットコム どこが混むのと 聞く上司 (第14回)
デジカメの エサはなんだと 孫に聞く (第15回)
タバコより 体に悪い 妻のグチ (第16回)
「課長いる?」 返ったこたえは 「いりません!」 (第17回)
オレオレに 亭主と知りつつ 電話切る (第18回)
昼食は 妻がセレブで 俺セルフ (第19回)
脳年齢 年金すでに もらえます (第20回)
「空気読め!!」 それより部下の 気持ち読め!! (第21回)
しゅうち心 なくした妻は ポーニョポニョ (第22回)
仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い (第23回)
久しぶり〜 名が出ないまま じゃあまたね〜 (第24回)
「宝くじ 当たれば辞める」が 合言葉 (第25回)
いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦 (第26回)
うちの嫁 後ろ姿は フナッシー (第27回)
皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞 (第28回)
退職金 もらった瞬間 妻ドローン (第29回)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

みんなで寄ってたかって私を...

2016.11.14日

"Laughter is an instant vacation."
--Milton Berle - 1908-2002, Comedian
「笑いはインスタント・バケーション」
--ミルトン・バール、コメディアン
(訳 舟田譲二)


今回のアメリカ大統領選でトランプ氏がクリントン氏に勝って次期大統領に決まりました。
「アメリカとメキシコの間に高い壁を作って、メキシコからの不法移民を入れない。建設費は全額メキシコに負担させる」とトランプ氏が言っていたことはよく知られた事実です。
しかし、トランプ氏の勝利を受けてメキシコ大統領も、
「メキシコとアメリカの間に高い壁を作って、アメリカからトランプ逃れの不法移民を入れない。建設費は全額アメリカに負担させる」
と言ったとか言わないとか。
もちろんこれはジョークですが(笑)。


でも、以下はジョークではなく事実です。
2週間前に、友人の柿谷正期牧師に勧められて毛髪ミネラル分析検査を受けました。
昨日その結果が届きました。
検査によると、マグネシウム、カルシウムとコバルトの数値が基準値以下でしたが、ほかはとくに問題ないようで有害金属も発見されませんでした。
詳しい分析は柿谷牧師にお願いしていますが、実年齢より低い値を推奨するというミネラルバランスから算出した「ミネラル年齢」は62.6歳と出ていました。 ヽ(^。^)ノ
ミネラルバランスを整えるために推奨される食品に挙げられているものは、ほとんど全部普段の食事で摂っています。


1年半前に測定したAGE(エイ・ジー・イー)年齢(Advanced Glycation End Products=終末糖化産物)では私の数値は200と出てこれは49歳に当たるとのこと(「健康で長生きするために」)。 ヽ(^。^)ノ


age.jpg


体組成計による体内年齢は41歳。 ヽ(^。^)ノ


bodyage.jpg


42.2%という筋肉率による年齢は20代。 ヽ(^。^)ノ


muscle.jpg


20代の血圧の正常値は上が130、下が85。そしたら私の最高血圧84、最低血圧51の年齢は10代? ヽ(^。^)ノ


blood%20pressure.jpg


みんなで寄ってたかって私を「若い、若い!」と言っておだててかつごうとしています(笑)。
ときどき自分の年齢を忘れるほどボケかけてきているし、毎月2つの病院にかかっているのに...
私はホントは何歳なの?


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

大ボケ教授 Part3

2016.11.08日

これは南アフリカ共和国のグラハムズタウンで本当にあった話ですって!


ある夫婦が大ボケ教授を夕食に招待しました。
食事中、突然雨が降り始めました。そのうちに、まるで天が裂けたかのような大雨になりました。
あまりにもひどい降りだったので、歩いてやってきていた教授に夫婦は家に泊まっていくよう勧めました。教授は丁寧にお礼を言って泊めてもらうことにしました。


roof-in-rain.jpg


夕食後、夫婦が皿を洗ったり片づけたりしているうちに教授の姿が見えなくなりました。
どこを探してもいません。
40分ほどして玄関のドアのベルが鳴りました。
そこには頭の先から足の先まですっかりずぶ濡れになった教授が立っています。
このひどいどしゃ降りの中いったいぜんたいどこで何をしていたのかと夫婦が尋ねると、教授の答えは、
パジャマと歯ブラシを取りに家に帰ってきたんですって!


次の話はミシシッピーでの出来事。


party2016_1.jpg


とあるパーティでひとりの教授が質問されました。
「大学教授というのはよくぼんやりしているって本当ですか?」
教授は頭にきて答えました。
「教授の記憶力が悪いなんてことは断じてない!
今、私がどこにいて、明日になったら私が昨日どこにいたか忘れているなんてことがあるなんて君は思うのかい?
はい、それではほかに何か質問のある人」


別の客が尋ねました。
「はい、質問です。教授というものはぼんやりしていて記憶力が悪いって本当ですか?」
「いい質問だ。きっともうぼちぼちだれかがその質問をすると思っていたよ」


あの20世紀最大の天才・アインシュタインも簡単な数字や記号を記憶することが苦手で、小学生のように英語のスペルを間違えることがよくあったそうです。
そう言えば、最近私も物ごとを忘れることが頻繁にあり、ちょっとはアインシュタインに近づいてきたのかもしれません(笑)。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

大ボケ教授 Part2

2016.11.07日

ある日のこと。大ボケ教授、電車の中で切符が見つかりません。
車掌がやってきて言いました。「まあまあ、落ち着いて。ちゃんと見つかりますよ」


しばらくして車掌が戻ってきましたが、教授はまだ切符を見つけることができません。
教授が有名な科学者であることに気づいた車掌は言いました。
「お客様が切符をお買いになったことは間違いありません。ですからもう切符のことは忘れてくださって結構ですよ」
「ご親切にどうもありがとう。でも、どうしても切符を見つけなければならんのだ。でないと、どこで降りていいのかわからない」


もうひとつ、大ボケ教授の車中物語。


2634477004_f8afae29b1_b.jpg


大ボケ教授が出張から戻ってきました。疲れきった様子です。
妻が尋ねました。
「まあ、あなた。いったいどうしたの?出張が大変だったの?」
「うん、最悪だった。乗った電車、車両の後部に向かって座っていたから、くたくたに疲れてしまった」
「えーっ、どうして向かい側の席の人に代わってもらわなかったの?」
「いやそれがきればよかったんだが、運悪く向かいの席には誰も座っていなかったんだ」


次は大学での出来事。


rsz_photo_1.jpg


大ボケ教授が左右が不揃いの靴を履いて教室に入ってきました。
ひとりの学生が言いました。
「教授。履いていらっしゃる靴、左右が違いますよ」
教授、頭をかきながら言いました。
「いやー、なんでこんなことになったんだろう。家にも左右不揃いの靴がもう1足あるんだよ」


世の中、こんな人ばかりだったら困りますが、平和にはなるでしょうね。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

大ボケ教授 Part1

2016.11.06日

子どものころ大好きだったディズニー映画のひとつに『フラバー』があります。繰り返し何度も観ました。
映画の原題は"The Absent-minded Professor"で、日本名の副題には「うっかり博士の大発明」とついています。
弾力性が超強く、空気よりも軽い物質「フラバー」をうっかり博士が発明したことから始まるコメディです。
"fly"と"rubber"が合体した合成語"flubber"(フラバー)は、「空飛ぶゴム」というような意味です。
(ちょうど"breakfast"と"lunch"を一体化した"brunch"と同じように)
教授はフラバーを使った車を発明し、その車で飛行機のように空を飛ぶという、子どもが好きそうな映画です。


open-uri20150422-12561-1515sih_42f7a3c8.jpeg


ところでabsent-minded professorを日本語にすると、「うっかり博士」というより大歩危(おおぼけ)ならぬ「大ボケ教授」のような感じで、いつも自分の専門分野のことばかり考えていて、日常生活でボケたことを言ったりしたりする人を指します。いわゆる「専門バカ」で、ときどきこのような人がいます。
かの天才・アインシュタインも、大学ではいつも何か考えていたので、手を壁に触れて廊下を伝い歩きし、一つひとつの教室を通って自分が教える教室にたどりついていた、という逸話があるほどです。
英語にはabsent-minded professorを題材にしたジョークがたくさんありますが、そのうちのいくつかを日本語に訳してご紹介します。


ジョンソン教授一家は引越しをすることになりました。
夫がとても忘れっぽいということを知っている妻は、新しい家の住所を書いた小さな紙を教授の服やズボンのポケット全部に入れておきました。
クラスが全部終わったら、教授がすることはただポケットからそのメモを取り出して、メモに書いてある住所に車を走らせるだけした。


ところがその日の授業中、教授はそのメモの1枚1枚全部の裏に授業の覚書を書いて学生に渡してしまいました。
さて、仕事が終わった教授は車に乗ったとたん、その日が引っ越しの日だったことを思い出しました。
どこに行っていいのか教授はまったく思い出すことができません。
しかし、突如ひらめきました。
教授はこれまで住んでいた家に向かって車を走らせました。運よく何人かの子どもたちが家の前で遊んでいました。


そばにいた子に教授は尋ねました。
「ねえ、お嬢ちゃん。ジョンソンさんたちがどこに引っ越したか教えてくれない?」
「ええ、いいわよ。そこの角を曲がって2軒目の家よ、パパっ!」


おいおい、どこまでボケてるんだ、教授っ!(笑)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

幸せになる秘訣

2016.11.02日

"One of the things I keep learning is that the secret of being happy is doing things for other people."
--Dick Gregory – Civil Rights Activist and Author
「私がいつも教えられていることのひとつは、幸せになる秘訣は他の人たちのために何かする、ということだ」
--ディック・グレゴリー、市民権活動家・作家


Dick_Gregory_2015.jpg


ディック・グレゴリーは現在84歳で、現役のコメディアン、俳優、作家、市民権活動家です。
(上の写真は1年前のもの)


彼には面白いエピソードがあります。
その昔、米国南部のあるレストランに入っていったところ、ひとりの白人のウェイトレスが彼のところにやってきて言いました。
「うちでは黒人は食わせないの」
ディックは答えました。
「ああ、全然かまわないよ。俺は黒人なんか食わねえから。フライドチキンを持ってきてくれ」
これを聞いていた3人の白人の若い男たちがディックのところにやってきて言いました。
「よーっ、おっさん。ひと言忠告しておく。お前がそのチキンにすることを、そのままお前にしてやるからな」
そこでディックはナイフとフォークをテーブルに置き、手に取ったチキンにキスして言いました。
「さあ、坊やたち、そこに並べ!」

(訳:舟田譲二 Wikipediaより。一部改)


さすが市民権活動家、コメディアン。ユーモアのセンスたっぷりに、しかも辛らつに人種差別を皮肉っています。


さて、ディック・グレゴリーの冒頭の言葉、
「私がいつも教えられていることのひとつは、幸せになる秘訣は他の人たちのために何かする、ということだ」
に私はこれ以上賛同できないほどです。
彼はまさにこの言葉どおりの幸せな人生を歩んでいるのだということがよくわかります。


この世の中、自分の幸せばかり追い求めて、人のために何かしたら損だ、と思っている人もたくさんいます。
でも、実はこのまったく逆で、人のために何かして、少しでも人の役に立てたなら、これほど幸せに感じることはありません。自分の益ばかり追い求めている間は真の喜び、幸せはありません。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

トランプかヒラリーか

2016.10.26日

2週間後に迫ったアメリカ大統領選を前に、最後の討論会を終えた翌日の10月20日、大統領選挙の恒例行事となっているアルフレッド・E・スミス記念財団の慈善晩餐会で、共和党候補ドナルド・トランプ氏と民主党候補のヒラリー・クリントン氏がアメリカ人特有のジョークを交えたスピーチをしました。


trump.jpg hilary.jpg


今回の大統領選はかつてないほど、相手の醜聞を暴き立てて攻撃するという中傷合戦で、どちらの候補がより良いかではなく、より悪くないかを基準に投票するとも言われています。
この晩さん会でのスピーチは、それが伝統とは言え、相手をなじる辛らつなジョークとおふざけの自虐的なジョークが絡み合い、最初から最後まで大笑いさせてくれるジョーク合戦でした。聴衆のブーイングも何度も起きました。
バックグラウンドがわかっていないと理解しづらい個所もいくつかありましたが、それでも十分に楽しめる内容です。


本人の意向を聞いたうえでスピーチライターがあらかじめ原稿を書いてはいるのですが、とっさのアドリブなども見事です。また、相手の辛らつなジョークにお互いに大笑いするところもさすがです。


下のリンク先から両者のスピーチの動画およびスピーチの原稿の日本語訳が見られます。
日本語訳を見ながら動画の音声を聴くこともできますので、英語を勉強していらっしゃる方にはリスニングの良い教材にもなることでしょう。動画で聴いている時間のない方は日本語訳にさっと目を通すだけでも楽しめます。
それではどうぞごゆっくりお楽しみください。


「トランプのスピーチ」


「ヒラリーのスピーチ」


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

私は刑事に向いてる?

2016.10.15日

「刑事といえばこの人!」と思うハマリ役男性俳優
1位は水谷豊さん。(『相棒』杉下右京役)


確かに刑事ドラマを見ていると水谷豊さんを一番よく見かけます。
ドラマから離れても、水谷さんが本物の刑事ではないかと錯覚するほどです。


で、ドラマの中の水谷豊さんを見ていると、なんとなく自分の姿がダブって見えてくるのです。
気のせいかと思ったのですが、昨日妻にそれとはなしに、「この人ってはた目に見ると僕に似てる?」と尋ねてみたら、妻も似てると言います。四六時中いつも一緒にいる妻がそう言うので、やっぱりそうなのかと思い、ちょっと遊び心で写真を並べて、鏡に映したようにしてみました。
こんな感じです。


mizutani.jpgfunada2.jpg


妻は雰囲気が似てると言いますが、皆さんはどう思われますか?


さて、私は人一倍正義感が強く、曲がったことは大嫌い、また推理力もあり刑事ドラマなどを見ていると、結構筋が読めます。
そういう点では刑事に向いているのかななんて思ったりするのです。
小学生の頃、父の親しい友人で島津さんという白バイ警官がいました。
今と違ってまだまだのんびりしていた時代。仕事中によく白バイに乗ってうちに遊びに来てくれ、私も白バイに乗せてもらったりしたことがあります。
この頃は、大きくなったら白バイに乗るカッコいい警察官になりたいなんて思ったこともありました。
しかし、私は体力もなければ精神力もない。デリケート過ぎて殺人現場などとってもじゃないですが絶対に立ち会うことなどできません。事故現場で血を見るだけでも卒倒してしまいそうです。
やっぱり私はごく普通の平凡な人間。教師しかできないような者です。逆立ちしても刑事などなれません。


うまくできたもので、人それぞれみんな向き不向きがあり、自分に合った仕事に就くと本当に幸せですが、間違うと大変。悲劇になることさえあります。
単なる憧れでなく、自分の適性をよく見極めて仕事を探すことはとても大切なことです。
皆さんはいかがですか?ご自分に合った仕事を見つけられましたか?
また、学生の方は探していらっしゃいますか?仕事選びは細心の注意を払ってくださいね。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

安住アナがヤバイ!

2016.10.06日

一昨日、今年度最後の中2の国語の授業で太宰治の『走れメロス』をやっていました。
授業が終わって、バス送迎の女子生徒たちに駐車場に向かう途中言いました。
「今日、国語で『走れメロス』をやったんでしょ。
実は、これ先生の愛読書なんだよ」
そして背広の内ポケットから文庫本を取り出して見せました。
「へえー、『走れメロス』が?」
「いや、ちょっと、なんかちょっと違うよ。ホラホラ。『走れエロス』って書いてある!」
「エー!?なにこれ?」
「やだー!エロス?」
「なにそれ?エロ本?」
「先生、そんなの読んでるの?」
みんな一斉に大声で叫びました。


5年半前の記事、「見たいけど怖い、怖いけど見たい」の冒頭の一部です。この続きが気になる方は左のリンク先からご覧ください。


しかし、これよりもはるかにヤバいのが我らのヒーロー安住アナの「走れメロス特別授業」。
2014年2月28日に放映された『ぴったんこカンカン』の再放送を先週見たのですが、大爆笑。
母校の明治大学で元ゼミ恩師の齋藤孝先生を横に安住アナが名講義。


20年前、無口な学生だった安住アナは、齋藤先生の授業で
「君達、教師を目指しているのに誰も前に出て2・3分喋れないのか!」
の言葉に、前に出てあろうことか40分喋り続けた。
それも誰も止めようがない素晴しい内容で、終わったと同時に学生全員がスタンディング・オベーション。
「あれが原点」
齊藤教授いわく、20年勤めて一番プレゼンが凄かった生徒。


こんな楽しい授業だったら、だれでも勉強大好きになること間違いなし!
それでは、その名講義をどうぞ。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

あなたは先生にキスのお返しをしたの?

2016.10.01日
kiss.jpg


アメリカの小学校で文法の時間のこと。
先  生「ウィリー、次のようなのを何と言いますか?
    I love, you love, he loves
ウィリー「三角関係です。だれかが撃たれて殺されます」

10,000 JOKES, TOASTS & STORIES, Doubleday & Companyより 訳:舟田譲二)


これはアメリカのジョーク集からの引用です。
先生は、「3人称・単数・現在のs」という答えを期待していたのでしょうが、思いもよらない答え。
でも、アメリカだったらあり得そうな話です。


同じ本からもうひとつキスの絡んだ話。
これもアメリカならではのジョークです。
男の子が家に帰ってきてお母さんに言いました。
「ママ、ニュースだよ。今日、学校で先生にキスされたんだ」
「まあ、お利口さんだったのね。で、あなたは先生にキスのお返しをしたの?」
「もちろんしなかったよ!顔にキスしたよ!」


これは読んでいて???。
英語の本文には次のようにあります。
"Did you kiss her back?"
"Of course not! I kissed her face!"


"Did you kiss her back?"のbackは「キスのお返しをする」という意味なのですが、男の子はbackを「背中」と勘違いして「もちろん(背中になんか)しなかったよ!顔にキスしたよ!」と答えているのです。
日本語の訳文だけ見ていたのではわかりません。
ここが翻訳の難しいところで、訳者の腕が問われるところです。
昨日の「語学は不要になる?」に書いたように、コンピュータによる機械翻訳では上と同じようなトンチンカンな面白くないジョークになってしまいます。


ところが、AI(人工知能)だと、人間の知能を使ってジョークをくみ取り、文脈を変えてでもうまく翻訳するというのです。
AIとの知能比べで挑戦してみたのですが、これがなかなか難しい。そりゃそうです。なにせ人間の知恵を上回っているのですから。
そこで私が考えたAI並み(笑)の翻訳は:


男の子が家に帰ってきてお母さんに言いました。
「ママ、ニュースだよ。今日、学校で先生にキスされたんだ」
「まあ、お利口さんだったのね。で、あなたは先生にキスのお返しをしたの?」
「もちろんしてやったよ!天才のぼくにキスするなんて先生もお利口さんだねって!」


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

弱き者よ、汝の名は…

2016.09.24日
5%20Funny%20Facts.jpg



「人生の5つの愉快な真理」

1.子どもがひとりできたらあなたは親になる。しかし、ふたりできたらあなたは審判になる。
2.結婚とは、一方がつねに正しく、他の一方はつねに夫であるという関係である。
3.愛はお金で買うことはできない。しかし、愛のためにはお金がたくさんかかる。
4.妻と夫はつねに妥協する。夫は自分が誤っていたと認め、妻は夫に同意する。
5.私たちの話す言葉を母語と言うが、それは父親には話す機会がまったく与えられないからである。

「最高の英語の名言」
(訳:舟田譲二)


アメリカ人特有のユーモア満載「名言」(迷言?)です。
読んでいて吹き出しながら、自分のことに当てはめて考えてみると、これが「当たらずとも遠からず」で、おそらくアメリカ人の夫婦だけでなく、ひょっとしたら日本人にも、あるいはほかの国の夫婦の間にも共通する「真理」なのかな、なんて... (笑) 。


1.は間違いなく真理。子どもがふたりできると、親は間に入って「審判」にならなければなりません。
審判に求められることは、公平であること。どちらに味方しても必ずもう一方からブーイングがきます。


2.夫婦間において「一方がつねに正しく」とはどちらのことか。「他の一方はつねに夫である」からその答えは明白です。
かつてはまったくこの逆だったのですが、男女同権が唱えられるようになってから、むしろ女性の権利の方が優先されるようになって、「老いては子に従え」じゃないですが、男性は「つねに妻に従え」のような雰囲気になってきました。その方が事は丸く収まるからです。
面白いことに、ライオンなど動物の世界においても、一見オスの方が強そうに見えるのですが、実際にはメスが自分の思うようにオスを従えています。


3.は面白い「真理」ですね。確かに愛はお金では買えないけど、たくさんお金がかかる。一般の世界ではきっとそうでしょうね。本物の愛にはお金はかからないのですが。


4.お互いに妥協しないで我を通そうとすると、衝突は不可避で関係は壊れ、離婚ということになります。そして、ほとんどのケース、女性はひとりでも、あるいは子連れでもやっていけるのですが、男性はひとりでやっていけない。そこで「謝る」。これが夫の側の妥協。それに対して、妻の「妥協」とは夫の言うことに同意する。うーん、言い得て妙。


5.一般的に男性は寡黙で、女性はおしゃべり。脳科学的にも、また遺伝子的に見ても女性の方が言語能力が優れているので、自然とそのような形になります。
そこで、家庭内においても母親の意見が通ることが多く、それを英語でも日本語でも自国語のことを「母語」と言うのとかけてるところがミソです。


ハムレットの名セリフ
「弱き者よ、汝の名は女なり」
の現代語訳は、
「弱き者よ、汝の名は男なり」。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

マヌケ

2016.09.20日

アルゼンチンにある「マルデアホ」という地名を始め、世界中の面白い地名を「まるであほ」という7年前の記事の中でご紹介しました。


昨日、さらに面白い地名をたくさん見つけました。その一部を下にシェアします。
地理の勉強がこんなんだったら、生徒たちはみんな地理大好きになりますよ。


「マダカシラ」
インドの町。岩山に築かれた「マダカシラ要塞」が有名だそうです。この要塞にいたら周りを見回して、「敵はまだかしら?」って感じですね。


アメリカのウィスコンシン州にある町「オナラスカ」。


onaraska.jpg

(学校名が「オナラスカ公立学校」。でも、授業ができなくなると困るので、校内ではもちろんオナラ禁止です、はい)


インドの町「マヌケ」。
別に住人がマヌケというわけではありません。賢い人もいます (^o^)。


アメリカのアイダホ州南西部に位置する都市「ナンパ」。


nampa.jpg

(見た目はのんびりした雰囲気の田舎ですが、危険なので女性は近寄らないでください?)


「シリフケ」はトルコにある町。
えっ、拭いていないんですか?


ドナウ川に面したスロバキアの町「コマールノ」。
うん、ホント困るの〜。


マレーシアのマレー半島先端にある町「パンティ」。


panti.jpg

(霧が立ち込めていて何も見えません。見るな!)


フィリピンの町「イロイロ」。
今の大統領、本当に色々ありますね。


南米スリナムにある村「アフォバッカ」。
アホばっかではありません。


北アフリカにある「キレナイカ地方」。
この地方に住む人たちは「キレナイか?」


タイのリゾート地「サムイ島」。
ホントはメチャクチャ暑いところなのに、「寒い島」とはこれいかに?


トルコのカッパドキア地方にある「カイマクル」。
観光客は土産物を買いまくるので、町はホクホク(笑)。


アメリカ、ミシガン州にある街「ボインシティ」。
紹介されたら急に日本からの観光客が殺到したとか(そんなことあるわけないよ)。


チェコ北東部、ポーランド国境近くにある町「フルチーン」。
ん〜...


インドネシア、バリ島にある有名な観光地「キンタマーニ」。
ちょっとお下品になってしまいました。失礼。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

本人だからしょうがない!

2016.08.28日

俗に〈美しいも皮一重かわひとえ〉という。美女だ、美男だと言っても、所詮しょせんは皮一枚の話にすぎない。おのが皮一枚はときに憂いの種になるのだが、なかには笑いの種にしてしまう人もいる。
◆イラストレーターの南伸坊さんは近刊『本人遺産』(文芸春秋)のなかで、著名人80人の顔を真似まねている。松本清張や石原裕次郎、STAP細胞の小保方晴子さんなどは三者それぞれ別系統の面立ちなのに、どれもよく似ていて感心するほかはない。
◆観察力の賜物たまものか、それとも“汎用性”に特別すぐれた顔をお持ちか、たぶん両方なのだろう
◆この夏はいつもの年にまして、たくさんの顔を見てきた気がする。参院選や東京都知事選のポスターもそうだが、リオ五輪ではメダリストの顔写真が並ぶ紙面に隅から隅まで目を通した。いくつもの笑顔と泣き顔の記憶を残し、8月もじきに終わる。
◆締めくくりがその一冊になった。〈子は親に似たるものをぞ亡き人の恋しきときは鏡をぞ見よ〉。古歌に従ってお盆の時期に鏡をのぞいてみたが、あまり母には似ていない。血縁があってもそうなのに、南さんは不思議な皮一枚をお持ちである。

(8月27日付 読売新聞「編集手帳」より)


興味を引く記事だったので、南伸坊さんとはどんな人なのか、ちょっとググってみた。
なるほど、編集手帳の記者が舌を巻くのも無理はない。私も思わず吹き出すやら、感心するやら。
ひと昔前の「怪人二十面相」も真っ青。
「どちらが本人だかわからない」と思ったら、本人曰く「本人だからしょうがない!」(笑)
(最後の人が本物の本人です)
下にその一部をご紹介します。
さらに楽しみたい方は、『本人遺産』をどうぞ。堂々の80人一挙掲載です。


arafat.jpg  kannaoto.jpg kato.jpg

アラファト元PLO議長       菅 直人       加藤紘一


enraikazuki.jpg  inosenaoki.jpg  aso.jpg

えなりかずき        猪瀬直樹         麻生太郎


mizukishigeru.jpg  steve.jpg  yorotakeshi.jpg

水木しげる      スティーブ・ジョブズ       養老孟司


tamori.jpg  obokata.jpg  mogikenichiro.jpg

タモリ          小保方晴子        茂木健一郎


kimjonun.jpg trump2.jpg

キム・ジョンウン               トランプ


nonomura.jpg  minami.jpg

野々村竜太郎              南 伸坊


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

もっとしっかり英語を勉強せよ! Part2

2016.07.25日

街で見かけるオモシロ英語の第2弾。
これは本当に恥ずかしい。穴があったら入りたい...
(Engrish.comより)


life-jacket-under-the-sea.jpg

救命胴衣、溺れて沈みゆく海の中で見つけてももう手遅れだ!


please-cause-me-trouble.jpg

ご迷惑をおかけください!?


dont-something-on-the-here.jpg

何をしちゃだめなの?意味不明???


bending-machine.jpg

この機械はあなたの持っているものを曲げてくれます


bring-back-trash.jpg

ここのセブン・イレブンは店にゴミを持ってきて欲しいらしい


for-adult-smokers-only.jpg

子ども専用の喫煙室はどこですか?


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

もっとしっかり英語を勉強せよ!

2016.07.13日

街で見かけるオモシロ英語。
(Engrish.comより)


smorking-aria.jpg

(ここはどこ? ワタシハダレ? エイリアン?)


repairing-wall.jpg

(壁を修理する際は、壁に手を触れないでください!? どうやって? 気合で?)


Harf-and-Harf.jpg

(Harf-and-Harf? 半飯?)


SHIRA-WEb-open-close.jpg

(開けーゴマ! 閉まれーゴマ!)


engrish.jpg

(あなたは危険人物なので、立ち入り禁止です!)


日本人よ。学校でもっとしっかり英語を勉強せよ!


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

お見事!天才チャプリン

2016.06.30日

チャプリンについては2年前に「幸運の女神に微笑んでもらう」という記事の中で紹介しました。私が心から尊敬する人物のひとりで、人生のお手本のような人です。
彼の作品はどれも大好きです。見ていて、思わずニタリとしたり、吹き出したりします。
どれを見ても、彼の天才ぶりがいかんなく発揮されています。


苦難の幼少時代を送ったにもかかわらず、彼の言葉
「自分自身を信じなければならない。これが秘訣だ。私は孤児院にいた時も、食べ物をあさって放浪していた時も、こんな時でさえ私は自分のことを世界一の俳優だと思っていた」
には心打たれます。


特撮などない時代にどのようにして、下のような動画を撮影したのか不思議でなりません。
偶然に見える動きの一つひとつにすべて計算され尽くされた緻密さがうかがわれます。
どうぞ、気分転換にご堪能ください。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

超楽しいクラシック音楽

2016.06.28日

ここ数日、ちょっと難しい内容でした。
今日は皆さんにリラックスしていただきたく、思わす吹き出してしまうクラシック音楽をご紹介します。
こういうの大好きです。私のセンスにとっても合います。
実際にこんなコンサートがあったら私は何としてでも会場に足を運ぶでしょう。


「クラシック音楽」と聞くだけで退屈で面白くないという人がとても多いですが、こんな楽しいコンサートを見たらきっとクラシックファンになることでしょう。
それにしてもものすごいテクニック!
どうぞごゆっくりお楽しみください。


.


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

教育と教養

2016.04.11日

私の敬愛する節子さんが昨日、久しぶりに教会の礼拝に来られました。
バスを乗り継いで2時間近くかけて来てくださいました。
2日前にお電話で礼拝に来ると伝えてくださり、とても楽しみにお待ちしていました。


じつは去る3月27日のイースターの日、教会での礼拝後、午後は教会から1時間余かかるメモリアルパークへ墓前礼拝に教会のみんなで行き、その帰り道節子さんのお宅をお訪ねしたのですが、あいにくその日は隣り街に出かけておられお留守でした。
訪ねて行った私たちを、ご主人がお茶やお菓子を出して歓待してくださり、もうまもなく戻ってきますから、と言っていろいろなお話をして私たちを楽しませてくださいました。でも、奥さんには連絡が取れず、30分余りいたのですが結局戻ってこられなかったのでお会いできないままおいとましました。


このとき、ご主人のお話の中で話題に上ったのが、歳を取ってから大切な「教育と教養」というお話でした。
ご主人はとても教育も教養もおありの方で、お話上手で話題も豊富だったのですが、この「教育と教養」はじつは期待していた内容とは違いました。
「きょういく」は「教育」ではなく、「今日、行く」ところで、「きょうよう」は「教養」ではなく、「今日の用事」だそうで、歳を取ってもボケないために、このふたつに気をつけるようにと、お嬢さんから言われたとのこと。
私たちはみんな大笑い。


でも、考えてみたら、私もぼちぼちこの「今日、行く」ところと、「今日の用事」を意識しなければならないようになってきました。
節子さんが、教会へバスを乗り継いで来られるとき、よく会う90代のおばあさんがいらっしゃるそうで、その方に年齢を尋ねられて「83歳」と答えたところ「まだ子どもねぇ」と言われたとのこと。
またまた大笑い。
「それじゃ、私なんか赤ん坊ですよ」と私。


節子さんは私のことを子どものようにとても可愛がってくださっています。
母が生きていたら今は92歳。56歳の若さで天国に帰りましたが、私のイメージの中では母が今生きていたら節子さんのような感じだろうなといつも思っています。
節子さん、いつまでもお元気でいてくださいね。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

笑いは世界を変える

2016.03.22日


笑いは世界を変えます。
上の動画は何度見ても面白い。ついついこちらまで笑顔になってしまいます。
怒りや憎しみ、嫉妬が連鎖反応を起こすように、笑顔や笑いも周りに伝染します。


じつはこれ、コカコーラのCMなんです。
こんなユーモラスなCMっていいですね。


私も普段から自分でも笑顔を作るよう心がけています。
そして、家族や、周りの人にも笑顔や笑いを誘うようにしています。


塾で、生徒が
「先生、トイレ行ってもいいですか?」
と聞くと、
「いっトイレ」。
「トイレ借りてもいいですか?」に対しては、
「貸してあげるけど、あとで返してね」。
学院長のイメージと落差があるだけに、余計にみんな一瞬ポカンとした顔をしてその後で笑い出します。


たったこれだけのことでも生徒の笑顔や笑いを引き出せます。
(中には通じない子もいますが)


日本では「笑う門には福来たる」「笑いは百薬の長」、ドイツでは「三べん薬を飲むより一ぺん笑うほうがよい」、アイルランドでは「たんと笑ってたんと寝れば医者はいらない」など。
そして中国には「一笑一若一怒一老」(いっしょういちじゃくいちどいちろう)、すなわち、笑えば1歳若返り、怒れば1歳老いるという言葉があります。


笑いは脳卒中や心臓発作のリスクも下げるという最新の検証結果も伝えられています。
私はあなたの健康を変え、人生を変え、周りの人たちを変え、社会を変え、世界を変えます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

身につまされるシルバー川柳

2015.10.13日

シルバー川柳、面白いですね。
昨日、中学・高校時代の友人がシェアしてくれたものを見て笑っていたら、ハッとしました。
そのうちのいくつかをシェアします。


「三時間待って 病名 加齢です」(経験あり。華麗だったらいいのに...)
「LED 使い切るまで ない寿命」(うちにもこれから先何十年ももつLEDがたくさんある)
「何回も 話したはずだが 初耳だ」(何回も聞いたはずだが、も)
「目覚ましの ベルはまだかと 起きて待つ」(もっと寝てたいのになぜこんなに早く目覚めるの?)
「育毛剤 すりこむたびに 毛が抜ける」(言われてみればそんな気も)
「忘れえぬ 人はいるけど 名を忘れ」(名前が出てこないのはしょっちゅう)
「腹八分 残した二分で 薬のむ」(ホント薬が増えました)
「味のある 字とほめられた 手の震え」(はい、その通りです)
「聞き取れず 隣にならって ウソ笑い」(これしょっちゅう)
「厚化粧 笑う亭主は 薄毛症」(これは幸いまだです)
「大事なら しまうな 二度と出てこない」(はい、しまわないようにします)
「アイドルの 還暦を見て 老いを知る」(言えてる)
「歩こう会 アルコール会と 聞き違え」(アリスクリーニングをアイスクリームと読み違え)
「ポストまで 迎えに来てる 墓地チラシ」(電話の勧誘もしょっちゅう)
「物忘れ 妻の叱咤で 思い出し」(いやいや、叱咤でも思い出せません)
「はいチョコよ 夫に贈り 妻が食べ」(これはいつものこと)
「愛してる 問えば老妻 頬を染め」(こんなふうに老いたいものです)
「久々に 訪ねし故郷は 知らぬ街」(これは真理)
「メモをした それをどこかに 置き忘れ」(携帯電話のように呼び出し音が鳴ればよいのにと思う昨今)
「若人の 物忘れ見て ホッとする」(正直、ホッとします)
「医者通い これも一つの ボケ防止」(スマホに予定を登録していて見るのを忘れていた)
「命ある 限り働く 自営業」(うちもそうです)
「ときめきが 健康長寿の ビタミン剤」(ときめきがもっと必要だ)
「病気して 医療の高値に 目がくらみ」(つつましい生活をしているのですが、医療費と薬代だけは贅沢)
「ピカピカに 磨いた靴の 出番ない」(愛用はもっぱらウォーキングシューズ)
「ひとごとと 思っていたら わが身にも」(これは自作)
「若さとは でっかい夢の あるかなし」(上の川柳、詠み人のほとんどは70代から90代。私などまだまだ鼻タレ小僧。でっかい夢を持って頑張らねば)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

現実にはあり得ないが...

2015.10.08日

こんなことは現実にはあり得ない。しかしものすごくリアルに見せているところがすごい。
大いに楽しませていただきました。皆さんもお楽しみください。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

百利あって一害なし

2015.10.03日

「百害あって一利なし」と言うと、タバコが定番。
ところが、なんと「百利あって一害なし」というのがあるんです。
さて、何でしょう?
「私はこれで◯◯がやめられました」じゃないですが、私はこれで健康になれそうです。
世界が認めた健康長寿法です。皆さんもお試しあれ。


続きはこちらから。


「百利あって一害なしの◯◯」


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

餅は焼いても、やきもち妬くな、火の用心!

2015.07.02日
%89%CE%82%CC%97p%90S.jpg


餅は焼いても、やきもち妬くな、火の用心!(チョン、チョン)


昔、小学生の頃、週に2度ほど当番で駆り出されて、
「マッチ一本火事のもと、火の用心。
サンマ焼いても家焼くな、火の用心」
と言いながら、拍子木をチョン、チョンと打って近所を回ったものです。


今日の冒頭の言葉はこれとはちょっと違います。私が作った新しい標語です。
人間関係に対する警告のようなものです。
やきもちを妬く、ということは相手を信頼していないこと、あるいは自分に自信がないことの裏返しの行動なのでしょう。
でも、これが人間関係、とくに夫婦関係や友情を壊す原因にもなりかねません。つまり、人間関係の火事にもつながるし、自分自身の健康をも害する、という意味で火事になるということです。


あまりにも独占欲が強くてやきもちを妬くと、相手は息が詰まるような思いをして、かえって煩わしくなるものです。
また、相手を信頼していないと、相手もあなたを信頼しなくなります。
自分に自信がないとしたら、相手はそんな自信のない人に魅力を感じません。
また、嫉妬は自分の心身をむしばみます。
つまり、どちらに転んでも得することはひとつもないのです。
そして、多くの場合、昨日の記事にも書いたように、「心配とは事前に支払う無駄な利息」なのです。


ということで、
餅は焼いても、やきもち妬くな、火の用心!(チョン、チョン)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

サラリーマン川柳

2015.05.30日
sarasen.jpg


第一生命保険が募集したサラリーマン川柳に全国から4万句以上の応募があり、入選100作の中から投票で選ばれた上位10作品が先日発表されましたが、毎年のことながら吹き出すような面白いものばかりで、まさに時代をうまく反映しているなと感心しました。


1位 皮下脂肪資源にできれば ノーベル賞
2位 沸きました 妻よりやさしい 風呂の声
3位 妖怪か ヨー出るヨー出る 妻の愚痴
4位 壁ドンを 妻にやったら 平手打ち
5位 記念日に 「今日は何の日?」 「燃えるゴミ!!」
6位 増えていく 暗証番号 減る記憶
7位 あゝ定年 これから妻が 我が上司
8位 オレオレと アレアレ増える 高齢化
9位 ひどい妻 寝ている俺に ファブリーズ
10位 充電器 あったらいいな 人間用


どれも本当に傑作。お見事です。
とくに6位や8位の作品などは身につまされます。10位は実感!
団塊の世代のサラリーマンの定年と高齢化に伴い、家庭内での夫の立場は弱くなり、妻の尻の下に敷かれている様子がありありと。
これまで長年働いて家庭を支えてきてくれたんだから、もうちょっと優しく、労わってあげてもいいんじゃないかと思いますが...
それから1位の中高年の皮下脂肪、何とかならないものでしょうかね。資源にできれば本当に最高ですが。


男性諸君、定年後家で粗大ごみ扱いされたり、加齢臭で妻からうるさく言われないために、今からしっかり健康管理や脳トレをやっておきましょうね。と、自分自身にもそう語りかけています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

青いキリン!?

2015.04.06日

ある大富豪が言いました「青いキリンを見せてくれたら、莫大な賞金を与えよう」。


ingland.jpg イギリス
本当にそんな生物がいるかどうか、徹底的に議論を重ねた。


germany.jpg ドイツ
そんな生物が本当にいるかどうか、図書館に行って文献を調べた。


usa.jpg アメリカ
軍隊を世界中に派遣し、探し回った。


Flag_of_Japan.svg.png 日本
品種改良や遺伝子操作のすえ、青いキリンを作った。


china.jpg 中国
青いペンキを買いに行った。


これも例のエスニックジョークです。
国民、民族、人種を揶揄(やゆ)したこの類(たぐい)のジョークは、当該の人たちにとっては不快に感じることも多々あるので注意が必要です。そのことを重々承知のうえで敢えてこれを紹介させていただいたのは、もちろん他意はなく下のことが書きたかったからです。誤解なきようお願いいたします(イギリス・ドイツ・アメリカ・中国の皆さん、ごめんなさいね)。


それにしても、日本の品種改良や遺伝子操作の技術は相当なものです。
英語で blue rose (青いバラ)と言えば、これまでは「不可能」という意味でした。ところがこの不可能を日本のバイオテクノロジーが可能にしました。今や blue rose は「奇跡」とか「夢の実現」「神の祝福」という意味で使われるようになりました。
朝ドラ「マッサン」の中に登場したニッカウィスキーのライバル会社であるサントリーが開発した「奇跡の花」です。


blue%20rose.jpg


サントリーは、そんな花色の研究を通して、花を強く美しく咲かせるポリフェノールに着目し、その可能性を女性の美の力として応用して、育毛・発毛促進の商品に結びつけたほか医薬品にも手を広げ、バイオテクノロジーを活用して企業の多角経営化に成功しています。


このほか、富士フイルムもフィルムで培ったナノ技術を活用して化粧品分野など多角化経営で成功を収めています。ヤクルトも化粧品、医薬品に、日本たばこ産業(元日本専売公社)は医療器具、医科向け医薬品、加工食品、清涼飲料水に、宝酒造もバイオテクノロジーによってバイオ研究用試薬の製造販売、健康食品・キノコの製造販売に、と例を挙げればいくつもあります。


この分だと、アメリカが軍事用のロボットを開発している(「ロボット犬蹴り飛ばすのは虐待?」)間に、日本は青いバラに次いでこんなニッコリ微笑んだ青いキリンもバイオで作り出すかもしれませんね(笑)。


blue%20giraph.jpg


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

うつ予防に笑いを

2015.04.03日

昨日の記事「うつ病と体の痛み」は大きな反響を呼び、大勢の方々から次のようなフィードバックをいただきました。


「病は気から。。ですね。心のケアの大切さを痛感いたしました」
「うつになるプロセス、その症状、薬物治療やコミュニケーショントレーニングなどの回復のプロセス、身をもって体験し、多くを教えられています」
「私は鬱病と診断されて閉鎖病棟に二度入院しました。息子の病気と小学校入学に関する問題を解決させたくて走り回っているうちに全く眠れなくなり薬漬けアルコール漬けになりました。もう10年以上のお付き合いになり、その後も色々な病気になりました」
「この場をお借りして。鬱への予防対策としてセロトニン分泌トレーニングですね(`・ω・´)
-肩凝り解消
-生活サイクルの中への有酸素運動の取り入れ
-日光浴
なるべく心がけております」
「ある青年は不眠症というか寝られなくなって、医師に相談後、睡眠薬を飲んでいたら、身体の不調が出て、次に調べたら総合失調書の診断され、また薬。幻覚幻聴がひどくなったそうです。必ず正常になると信じて、励ましカウセリング、祈りを繰り返しました。 彼も、祈りながら飲む薬を控え、1年間かかって薬を止めました。 薬の副作用、幻聴幻覚が消えて全くの正常になりました」
「腸内細菌叢の手当てが、できれば、うつ病は、治ります。腐敗菌優位の状態が、酸化、糖化から乳酸や尿酸などが過剰発生し、血液を腐らせ、弱った細胞に届くと、炎症を起こします。血液の浄化は、腸内細菌叢の手当てから」
「何も気力もなく、何も出来ない状態で障害手帳2級です。本人でないと分からず、第三者からみるとただの怠け病人にしか見られないようですが、本人は辛いようです」
「元鬱病で二級の手帳持ちで処方薬バンバンだった頃があり…
今は精神系の薬無しで10ヶ月なったかな? 約5年の闘病でした」

等々。
皆さん、貴重なご意見やご感想、体験談、アドバイスなどをいただきましてありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。


このようにうつは誰でもなり得ますが、なっても治る病気ですから、焦らず気長に、そして気を楽にもっていくといいでしょう。
それとやはり笑いが大切です。気が滅入ってくると笑う余裕がなくなるものですが、笑いは万病の薬です。


昨日家に帰った孫、じゃなくて甥がこちらにいた時に見せてくれたYoutubeの動画で大いに笑わせてもらい、気持ちが晴れました。
以前投稿した「英語は発音が肝心、でも…」に次ぐ、大笑いのハチャメチャ英会話レッスンです。
どうぞご一緒に笑ってうつを吹っ飛ばしてください。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

毛も歯もない噂⁉︎

2015.03.20日

「根拠もなにもないウソの情報のことを慣用句でなんというでしょうか?」
(滋賀県のある中学校のテスト問題)
珍解答: 「毛も歯もない噂」



上の問題を「歯が立たない」と思う生徒は正確にこの慣用句を覚えていなかっただけのこと。それで、年寄りは毛も歯もないというところから類推してこのようなトンデモ珍解答が出てきたのです。
もちろん正答は「根も葉もない噂」です。このことわざの語源は、
「根」は、根拠のこと。
植物の元となる「根(根拠)」もなければ、その結果生える「葉」もないの意味からです。


「毛も歯もない噂」で思い出すのは次の地名の写真です。


こんな地名があるんですね。笑っちゃいました。
というか、笑えない事実が…
実は1年ほど前のある日、妻に
「あなた、髪の毛が急に薄くなってきたわよ」
と言われ、自分で鏡を見てびっくり。そのとき撮った写真がこれです。


「ああ、ついに年か…」
と一瞬思ったのですが、いやいや待てよ。まだあきらめるのは早すぎる、と一念発起。
試してみたのです、あるものを。
そうしたところ、床屋に行くたびに店長が「髪に何かつけてますか? 芯がしっかりしてきて量も増えてきていますよ」と嬉しいことを言ってくれるようになりました。
そして昨日撮った使用後の写真がこれ。



本当に「髪薄い」から「薄くない」になりました。
「毛も歯もない噂」は「根も葉もない噂」に相成りました。
秘密はこれです。



同じ悩みを抱えていらっしゃる方、お試しあれ。
ちなみに、歯は一本残らず全部自歯です。毛も歯もしっかりあります。
何事も「早めのお手当て」です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

トイレ考 その3

2015.02.11日

昨日は朝からとても晴れて暖かい一日でした。とは言ってもまだまだ寒かったですが。
朝、教室に着くと、目の前に雪をかぶった富士山が目の前に大きくそびえ立っていました。写メを撮ったのですが、写真だとやはり遠くなので小さくしか映っていません。教室の前の通りの先にある山の上に頭をのぞかせています。山がないところでは、本当に雄大な姿を見せていて迫力満点です。


academyFuji.JPG

(クリックすると拡大されます)


昨日この建物の中で起こった夜の個別のクラスでの出来事。
教えていた中3のKさんが
「すみません。トイレ行ってもいいですか?」
「もしだめだって言ったらどうする?」と私が変なつっこみ。
Kさん、思わずニタリ(というか苦笑)。


思い出したのは先日FBフレンドのYさんから送られてきたこの画像。


cattoilet.JPG


しばらくしたら今度は自習をしていた中2のHくんが尋ねました。
「先生、トイレ借りてもいいですか?」
私は返事しました。
「うん、貸してあげるけどあとでちゃんと返してね」
Hくん、「???」


これは平塚市内の某ドラッグストアにあった張り紙。


toire.JPG


図書館の本じゃあるまいし、トイレって貸し出しすることなんかできませんよね。
お粗末ながら「トイレ考 その2」に続くシリーズその3でした。今日はちょっと気分転換でした。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

英語は発音が肝心、でも…

2015.01.24日

イスラム国の日本人人質事件は膠着事態が続いているようで、息が詰まるような感じです。
それにしたがって私のこのブログ記事もどうしても重苦しくなりがちで、こちらも息が詰まるよう。
このようなとき、久しぶりに大爆笑する動画に出会いました。
昨年の暮れに書いた「ダッフンダ〜!」の志村けんの再登場です。ここらへんで皆さんにも笑っていただき、緊張した心身をほぐしていただければと思います。


今の人質問題でも交渉は英語で行われることが多いのですが、英語は発音が悪いと本当に通じません。
この動画を参考にいいかげんにジャパニーズ・イングリッシュを卒業して、本格的に交渉できる力をつけたいものです。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

最高の暮らしと最低の生活

2015.01.13日
englishhouse.jpg



二人の男が話していました。
「最高の生活って、どんなものだい?」
「アメリカで給料をもらい、イギリスの邸宅に住み、中国人のコックを雇い、日本人女性を妻にすることさ」
「じゃあ、最低の生活は?」
「中国で給料をもらい、日本の住宅に住み、イギリス人のコックを雇い、アメリカ人女性を妻にすることさ」

(訳 舟田譲二)


これは「エスニックジョーク」(民族を話題にしたジョーク)です。
いわゆるステレオタイプ(多くの人に浸透している先入観)で、決して正確な事実ではありません。でも、なんとなくわかるような気もします。


一昨日の読売新聞20面に「人権シンポジウムin大阪 外国人と人権」という特集記事が載っていました。そこには次のように書いてありました。
「在留外国人や訪日外国人が増加傾向にある日本では、日本人と外国人の文化等の違いによる様々な問題が発生しています。日本における外国人をめぐる現状や課題に関する議論を通じて、外国人と人権について考えるシンポジウムが昨年11月に大阪市で開催されました」
このシンポジウムでお茶の水女子大学名誉教授の宮島 喬さんは、「外国人がマイノリティであることをいま一度確認した上で、彼らの地位を改善する努力が必要。国際水準の人権を確保するための第一歩として国籍や民族を理由とした個人にレッテルを貼ることはやめなければならない」と述べ、また大阪法務局人権擁護部長の並木浩一さんは、「言語や宗教、文化、慣習等の違いに起因する人権上の問題も発生しており、最近では特定の民族を排斥するような言動が『ヘイトスピーチ』として報道されている」と語っています。


今回フランスで起きたテロ事件を巡って、世界はますますイスラム対反イスラムの方向に拍車をかけようとしています。
欧米を中心とする国々では反テロリズムで一致しており、表現の自由は断固守るべきと主張しています。
さらに、当の政治週刊誌「シャルリー・エブド」は決してテロには屈しない、今後もずっとイスラムに対する風刺画を掲載し続けると断言しています。
ところが、イスラムの教えでは教祖であるムハンマドの風刺画に限らず、動物でも花でもどんなものでも絵にすること自体が偶像崇拝である、として過激派は今後も彼らの神、アッラーの名にかけて復讐すると誓っています。


これではいつまでたっても解決の糸口は見つからないばかりか、火に油を注ぎ、血で血を洗うことになるばかりです。
これに対する唯一の解決法、平和を求める道は、お互いの違いを認め受け入れ、相手を中傷誹謗したり、「力には力で」という行為を捨てることしかありません。


そういう意味では、冒頭の「最高の生活と最低の生活」のジョークのようなたとえ軽いタッチのものであっても、言われた当人にとって不快感を感じさせるものであれば慎まなければならないということです。
なぜなら、たとえばアメリカ人は世界で一番の高給取りだと自認しこのジョークを快く思ったとしても、中国人は面白くないし、またアメリカ人の女性もやはり不快になるからです。
今回、5回にわたってこのたぐいのジョークを掲載してきましたが、私たちはこれを単に面白がっているだけでなく、やはり背後で傷ついている人たちのことを、フランスのテロ事件をきっかけに思いやらなければならない、と私自身反省した次第です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

Joke、ジョーク、冗句

2015.01.12日

去る9日の読売新聞に「『あはは』の心 時代を貫く」という記事が載っていて、落語家の桂文珍さんが次のように述べておられます。
人にはどこかに「笑欲」(しょうよく)、つまり「笑いたい」という欲望があるんですね。人生、つらいことばかりでは耐えられない。どんなに進退窮まった状況であっても、「あはは」と笑うことで癒されたり、励まされたり、勇気をもらうことがある。


最近、テロ事件など心ふさぐような悲惨なニュースが続き、ついつい笑顔を忘れがちです。
ここしばらくジョークのシリーズを続けてきましたが、これも拙ブログのご愛読者の皆さんの癒し、励み、勇気、元気のもとになればという思いからです。
今日もその続きです。


Three old guys are out walking.
First one says, "Windy, isn't it?"
Second one says, "No, it’s Thursday!"
Third one says, "So am I. Let's go get a beer!"


これを直訳すると:
3人のお年寄りが道を歩いていました。
ひとりが言いました。「風が強いね」
2人目が言いました。「いいや、今日は木曜日だよ」
3人目が言いました。「ああ、俺も。ビールを飲みに行こう」
となり、さっぱり意味が分かりません。


蛇足ながら説明を加えさせていただくと、
最初のお年寄りが言ったのは “Windy” で「風が強い」。
2人目はこれを “Wednesday” 「水曜日」と聞き違えて、 “Thursday” 「違うよ。今日は木曜日だよ」と訂正します。
それを3人目は “Thirsty” 「喉が渇いた」と聞き違えて、「ビールを飲みに行こう」と言っているのです。
このような英語のジョークを日本語に訳すのは至難の業です。
そこで私は次のような訳を考えてみました。


3人のお年寄りが道を歩いていました。
ひとりが言いました。「風が強いなぁ」
2人目が言いました。「ホント、カズは強い」
3人目が言いました。「女房は家事は弱い」


のように意訳すると、もともとの英語のジョークから意味はずれますが、3人の耳の遠いお年寄りのトンチンカンな会話が復元されます。なんか身につまされそうな会話ですが...


これは実話。
小学5年生のT君に英語を教えていたときのこと。
「T君。genius の意味は?」
「...」
「忘れた?じゃあ、英語で言うよ。“People call you genius.”
「あっ、わかった。天才だ!」とT君。
私は思わず吹き出してしまいました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

アイルランド人は

2015.01.11日

つい先日の記事「ダッフンダ〜!」の中に登場した『ガリバー旅行記』の著者スウィフト、そして「10倍の結果を出すには」の中に書いたジョージ・バーナード・ショーはイギリスのお隣の国、アイルランド出身の作家です。
これまでスコットランド人のジョークを2回にわたって書いてきましたが、今日はアイルランド人のジョークです。
アイルランド人は今日、世界でももっともフレンドリーな国民のひとつと言われているほど、お人よしなのですが、それは裏を返すと田舎者というイメージでもあります。また真面目な一方、酒飲みでノー天気なところもあるようです。
アイルランド人の話す英語は、昔のゲール語(アイルランド語)の影響を受けていて、今でもイギリスの英語と違いかなり訛りがあります。
以下、昨日、一昨日と同じく"Modern Eloquence"からの引用です。


「深い根」
ひとりのアイルランド人が痛む歯を抜いてもらうために歯医者に行った。
ところが、歯を抜く器具、鉗子を見たとたん怖くなってどうしても口を開こうとしなくなった。


forceps.jpg


困り果てた歯医者は手伝いをしている少年に針を渡し、合図したら患者のお尻に針を刺すようにと少年の耳元でささやいた。
医者は少年に合図をした。
針は患者のお尻に突き刺さり、彼はものすごい痛みに思わず大きな口を開けて叫んだ。
その瞬間、歯医者は仕事に取りかかり、歯はあっという間に抜けた。
「ほーら、そんなに痛くなかっただろう?」
アイルランド人は答えた。
「んだ。だんが根があんなに深けえとは思うてもおらんだ」

(訳 舟田譲二)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

大切なのは最後のひと踏ん張り

2015.01.10日

昨日は「スコットランド人は」という記事の中に、彼らは倹約家で有名だと書きました。
その典型がスコッチテープという今日のセロテープなのですが、これは破れた紙を捨てずに済むように再利用する倹約の精神から生まれたと記しました。
私が小学生の頃このセロテープがぼちぼちと出始めたのですが、ケチなスコットランド人が使っていたスコッチテープすらうちでは買えなくて、まだ糊で間に合わせていました。それも、文具屋で売っている糊ではなく、悪くなりかけた残りご飯をトロトロになるまで煮て作ったもので、洗濯糊にも使っていました。今、こんなことをしている人はさすがにもういないでしょうが、私たちの子どもの頃は結構これが普通でした。


さて、今日もスコットランド人のケチぶりについての小話、第2弾。
昨日の"Modern Eloquence"の本からです。


サッカーが大好きな二人のスコットランド人が、イングランドとスコットランドの間で国際試合が開催されることを知り、この試合を見に行くことにした。
そして家からスタジアムまでの距離、約500キロを歩いて行った。
試合時間には間に合ったが、二人ともくたくたに疲れてしまって、フェンスをよじ登る力がなくなっていた。


fence.jpg


私たちもこのふたりの倹約家のスコットランド人に倣いつつも、この物語を反面教師にして最後のひと踏ん張りを心がけたいものですね。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

時事(ジジイ)川柳第二弾

2015.01.04日

時事(ジジイ)川柳の第二弾です。


寝正月
食っちゃ寝食っちゃ寝で
体脂肪増え


もういくつ寝るとお正月
お正月には 凧あげて
こまをまわして 遊びましょう
はやくこいこいお正月


昔のお正月遊びは凧あげしたり、こままわし、まりつき、おいばねつきなど外に出て冷たい風が吹く中、ジャンパーに身を包んで走り回ったりしていたものですが、今や子どもたちは家の中でTVゲームをしていて外であまり見かけなくなり、いつしか「もういくつ寝ると寝正月」に取って代わりました。
そういう私も同じで冒頭のジジイ川柳のように、
「寝正月、食っちゃ寝食っちゃ寝で
体脂肪増え」
で、体重、体脂肪、内臓脂肪全部増えてちょっと危険信号。また運動を再開しなければなりません。


ということで、今朝は教会へ歩いて行き、帰りも駅の方へ買い物に行ってまた歩き1時間半ほどのウォーキングができました。本当は2時間ぐらいウォーキングしなければならないのですが。
まあ、また今週からスイミングを再開して身に付いた体脂肪・内臓脂肪を落とすよう努めます。


ところで、今日駅の近くのメガネ屋さんの前で下のような看板を見かけました。


megane.jpg


ここは一流のメガネ屋さんです。
二日前の「学問の神様!?」の中の写真の「初詣」と同じく、「初」の漢字がまた間違っています。
しかも、二つの看板が並べてあってすぐ右の看板には正しい漢字が書いてあるのに。
メガネ屋さんだったらちゃんとメガネをかけてしっかりと正しい漢字を見て看板書いてね。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

ダッフンダ〜!

2014.12.29日

現代はエコブームで、何でもリサイクル。
でも何と300年近くも前、アイルランドの作家、スウィフトが『ガリバー旅行記』の中に書いた空に浮かぶ島ラピュタの中にその原型があるのです。
この物語の中に、人間の排泄物を再び元の食物に還元しようという究極のリサイクルのシーンが出てきます。学者たちが大真面目で、それこそ糞まみれになって研究しているのです。
すみません。汚い話になってしまって。


この物語はもちろん作り物なのでただ笑い飛ばして終わりなのですが、実際に私たちがよく知っている人で自分の排泄物(う◯こ)を食べ物に変えた人がいます。
それは1980年代に大ヒットして、日本全国で子どもから大人までがそのものまねをしたぐらいのバラエティ番組『志村けんのだいじょうぶだぁ』に登場していた「変なおじさん」こと志村けんです。
コントの中で、変なおじさんが、最後に決まって言うセリフが「だっふんだー!」でした。(私は見ていませんでしたが...汗)
これを漢字で書くと「脱糞だ」。(そういう意味が込められていたかどうかはわかりません)
志村けんがどうして、この下ネタを食べ物に変えたかというと、実は小学1年生の時、運動会の徒競走で「よーい、ドンっ!」の瞬間にみんなの前でう◯こをたれてしまったのです。
みんなから笑われました。この時、本人は恥ずかしくて泣いたそうです。そしてその後も「ウンコもらし」というあだ名で呼ばれていました。
しかし、志村はこれをバネにし、逆にお笑いで人々を笑わせて一生食べていこうと決心することになるのです。志村けんは、まさにラピュタ島の物語に登場する学者のように排泄物を食物に変えるのに成功したわけです。


hennaojisan.jpg


普通このような経験をすると、もう生きていけなくなる人だっています。
しかし、このみんなから笑われた経験の「う◯こ」を生涯食べていけるお笑い芸人にリサイクルしところが本当にすごいです。


恥ずかしい経験や辛い経験、悲しい経験など人間だれしも必ず一つや二つ、いやきっとそれ以上あるでしょうが、考え方を変えるとそれすら益に変えることだってできるのです。
もうすぐこの1年が終わり新しい年を迎えますが、私たちも志村けんに倣って物事を肯定的にとらえ、変えていけるようになりたいものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

舟田ニング? 舟田イズム?

2014.12.22日

今、女子高生の間でカリスマとされる舟田譲二氏の2014年2月26日の投稿、記事が年間最多いいね!を獲得、巷で大きな話題を呼んでいる。若い世代からの支持が強くすでに女子高生の間では舟田ニングという遊びが流行っており、渋谷には舟田イズムの第1人者の小川政弘は「舟田様マジ最高っす!」と声を大にした。


FBのソフト『自分新聞』なるものを試してみたら、トップ記事が上のもの。
もうずっこけちゃいましたよ。
「今、女子高生の間でカリスマとされる舟田譲二氏」「舟田ニングという遊び」もさることながら「渋谷には舟田イズムの第1人者の小川政弘は『舟田様マジ最高っす!』と声を大にした」は、ホント、マジ最高っす! もう大爆笑!
なにか特殊なソフトで私の過去1年間のFB投稿をざっと分析し、適当にこのようなデタラメ新聞をあっという間に作り上げる、というのはアナログ人間の私にとってはまさに驚きです。


jibunsinbun.jpg

(画像をクリックすると拡大されて文字が読めるようになります)


同新聞によると、「いいね!」年間最多賞記事は「学院長のいろいろ」。皆さん、ありがとうございました。


ちなみに英語版も作ってみたところ、やはり日本語と英語では漢字を使うか使わないかで情報量が異なって、違う結果になり興味深いものとなりました。


mytimes.jpg


これらのウソ『自分新聞』を通して過去1年間を振り返り、またまた感謝しました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

真面目な中にもユーモア Part2

2014.11.01日

ここ数日、ちょっと難しい内容でした。
でも、昨日の動画をまだご覧になっていらっしゃらない方がありましたら、ぜひ少しお時間を取って見てみてください。それこそ「目からウロコ」です。


今日は皆さんにリラックスしていただきたく、先日の記事「真面目な中にもユーモア」の第二弾をお届けします。
前回はユーモラスなバレエでしたが、今日は思わす吹き出してしまうクラシック音楽です。こんなのがあるとは、今の今まで私は知りませんでした。お陰で心身ともに癒されました。
こういうところから入っていったら、もっとクラシックファンが増えるのではと思います。
これには言葉はいりません。
どうぞごゆっくりお楽しみください。


.


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

真面目な中にもユーモア

2014.10.25日

一昨日、FBフレンドのK子さんのタイムラインにシェアされていた動画に初めはひとりでニヤニヤしていたのですが、そのうち思わず大爆笑してしまいました。
このユーモアのセンスは抜群です。
K子さんのFBに寄られたコメントも面白いです。
「間合いをずらすのは難しいですなぁ♪(^-^)」
「面白いですね。技量があるからできるんですね」
「コミカルさに表わされる高い技量。余裕の演技が笑いと安心感を与えてくれました(笑)」
「おもしろーい!
これは喜劇なのかなo(^o^)o」
私のコメントは、
「みんな大真面目な顔をしてやっているところがまた面白いです。こういうのもあっていいですね。息抜きになります」


本当にすごい息抜きになりました。
真面目な中のユーモア、これは大切ですね。
ただ真面目なだけでは人からつまらないと思われることがしばしばです。
たとえばクラシック音楽やバレエなどはそのひとつの例で、頭から退屈、つまらないと思って見ようともしない人がたくさんいます。


中学3年生のとき学校からN響だったかのクラシックコンサートに行ったことがあります。
私はそれまでレコードでしか聴いたことがなかったクラシックに魅せられて夢中になっていたのですが、周りの生徒たちはわいわい、ガヤガヤうるさくてしようがない。
せっかくの機会なのに、なんてもったいない、と思っていたものです。


当時、私はひょうきんでおとぼけ者で、授業中も冗談を言ったりしてよくクラスの仲間を笑わせていたものですが、大学生の頃からかとても真面目になってしまいました。
そのため、私がFBでたまに冗談を言うと、「おっ、舟田先生から冗談が出た!」とよく揶揄(やゆ)されるほどです。


正直、自分でも上に「クソ」がつくほど、真面目になってしまったと思っています。このことは先日のブログ「『若さ』と『馬鹿さ』が取り柄」にも書いたとおりです。


そこで、自分でも悔い改めてもう少し不真面目、ノー天気になろうと決意し、「健康の秘訣」という記事を書き、その中に「笑顔・笑う」という項目を挙げて、皆さんにも笑っていただきたいと思って超面白い動画をそこに載せたわけです。


今日、皆さんにシェアさせていただく動画は冒頭に挙げた一見真面目に見えて、その中にあるユーモアの典型的なものです。
私もこのような真面目な中のユーモアを目指したいと願わされています。


今日はこれからその中学3年のときの50周年の同窓会で、これから京都に向かうところです。
昔の仲間を前に、果たしてどれだけ真面目な中のユーモアを発揮できることか…



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

超一流と超三流

2013.11.06日

昨日は、もうずいぶん前に教会で知り合い、3日前の日曜日に礼拝後ずっと一緒に話していたアメリカ人の友人、マイクを職場に訪ねて岐阜に行ってきました。
長い電車の中で、FBフレンドのハワイの医師、小林先生から送られてきた「ユダヤ人の笑い話より」シリーズに夢中になっていました。次のはそのうちの一つ。


「改名」
アドルフヒトラーの時代、ドイツでは個人の名前の変更は原則として赦されなかったが、よっぽどひどい名前の場合は例外的に改名を認める場合があった。
一人のユダヤ人が名前を変えたいといって役所にきた。
"お前の名前はなんというのか?"
"はい、アドルフ•シュティンクフースといいます"
(シュティンクフースとは英語でSTINK FOOT「臭い足」の意)
"なるほど、シュティンクフースか、これじゃあ仕方が無い。改名を許可しよう。で、新しい名前はなんという?"
ユダヤ人はおどおどしながら答えた。
"カール•シュティンクフースです"



このシリーズ、どれもとても面白いので、私もぜひ読んでみたいと思い、小林先生に出典をお尋ねしたところ、「30年も前に読んだ本で名前を忘れました」とのお返事。書名を忘れても、その中身をこれだけはっきりと、しかもいくつも覚えていらっしゃるあたり、さすがです。


そこで、岐阜までの電車があまりにも長いので車中、ネット検索してみました。
すると、あるわあるわ。本もたくさん出ています。
見ていたら次のような傑作に出会いました(一部改変)。


イスラエル国会の議長は毒舌をもって知られていた。あるとき、本会議で120人の議員を前にして
「この議会にどうして信頼を置けというのですか。議員の半分がバカなのに!」
と演説を締めくくった。
 しかし、あまりにも侮辱的な発言なので、本人やメディアに講義の電話やメールが殺到した。
翌日、彼はやむなく演壇に立って謝罪した。
「昨日の私の発言で、ご迷惑をおかけしたことを、心から深くお詫びいたします。昨日の発言を撤回させていただきます。議員の半分はバカではありません」

(「頭が良くなるユダヤ人ジョーク集」より)


うーん、これには唸りました。こういうものばかり読んでいたら確かに頭が良くなりそうです。
同時に、これは今の日本の国会での質疑応答を見ていて、議員たちにそのまま送りたい言葉だと思いました。


というところで、岐阜駅に到着しました。お陰で長い旅もまったく退屈せずに済みました。


岐阜駅で降りて、マイクに描いてもらった地図を見ながら難なく目的地に着くことができました。
なんと駅前の一等地にある37階建ての立派なビルです。



マイクに案内されて、一つひとつの教室やカウンセリングルームなどを見せていただきました。とてもきれいなオフィスで、英会話教室として使うのはもったいないぐらいです。
教材や、パソコンと連動させた最先端の大きなモニターや電子白板などの教具も実演して見せてもらいました。
これがまたすごい!
英会話テキストをもとに、パワーポイントを使った自作の教材でデモンストレーションしてくれました。
もう見事というほかありません。



しかも、生徒は小学生から一般成人まで、ひとクラスほとんどが1名か2名と言いますから、本当に贅沢なシステムです。
文字通り世界最先端、最強のシステム、そしてマイクのようなとても優秀な先生に学べる生徒はなんて幸せなんだろうと、羨ましく思いました。


このあと、マイクと英語教育論やお互いのバックグラウンド、家族のことなど親しく話し合うひと時も与えられ感謝でした。
私が30年近く前、中央大学で教えていた頃の最先端機器は、オーディオ・ビジュアルという名のもと、VCRのビデオテープで、早送りしたり巻き戻したりしていたことをマイクに話したところ、そう言えば自分が子どもの頃、父親がそんなのを使っていたなですって。隔世の感を禁じ得ませんでした。


ただ、一等地にある一流のビル、一流の教具教材、一流の講師で、生徒は1人か2人ということですから、費用の方も超一流のようです。当然のことですが。


そこで、ユダヤ人ならこんな時、どんなジョークを言うのだろうと帰りの電車の中で考えてみました。次のは自作のユダヤ人ジョーク。


<カウンセリングルームにて>
カウンセラー「無料体験されていかがでしたか?」
体験生「何もかも超一流ですごいです。ただ、授業料も超一流で…」
カウンセラー「そりゃそうでしょう。すべて超一流ですから」
体験生「ただ一つだけ超三流のものがありますよ」
カウンセラー「えっ、超三流のものなんてありませんっ!」
体験生「いえ、確かに超三流のものがあります。生徒の私の財布の中身が超三流です」


お後がよろしいようで…


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

完璧な人

2013.06.03日

「今日のデート その2」でご紹介した、2か月ほど前のデートのお相手の小川さん。
その後もFacebookでしっかりつながっていて、まるで毎日お会いしているような感じすらします。
小川さんからは素敵な写真やメッセージがしょっちゅう送られてきて、私の元気の源泉にもなっています。
小川さん、本当にありがとうございます。


さて、今日の小川さんのポスティング、これが大傑作。


perfect%20person%200.png
perfect%20person.png


(注:上記文中「そのまんまで言い」は「そのまんまでいい」)


私は最初、英文の方を読んだのですが、最後の黄色で書かれた文章のところにきて思わず吹き出してしまいました。
本当に面白い。そして、原文もさることながら、小川さんの最後の解説もいつものように実にいい。これは座布団3枚ぐらいあげたいですね。


ところで、今日の新聞の国際面にこんな記事が載っていました。

【テヘラン=酒井圭吾】イランの大手通信社、イラン学生通信によると、同国南東部ケルマン州で5月末、密造酒を飲んだとみられる住民約360人が体調の異変を訴えて病院に運ばれ、6月2日までに6人が死亡した。
 イスラム教国家のイランでは飲酒は違法で、地元当局は「(飲んだのは)酒でなく、栄養剤だった」として、不名誉な事件の火消しを図っている。
 同通信や地元住民への取材によると、密造酒は同州ラフサンジャン市の闇市場で出回ったとみられ、購入者はそれぞれの自宅で飲酒。5月29日から中毒患者が大量発生した。密造酒の種類は不明だが、同市では「アラク」と呼ばれる蒸留酒が横行していたという。
 イランでは、飲酒者は初犯で「むち打ち80回」、3回犯すと死刑になる重罪。同通信によると、同市のイスラム法学者は5月31日の礼拝で、「イスラム教徒をおとしめるため、何者かが毒を含んだ栄養剤を配布した」と住民をかばう説教を行った。

(6月3日付 読売新聞4面)


これは6人もの人が死亡しているので、決して笑えるような出来事ではありませんし、果たして地元当局やイスラム法学者が語っていることの真偽のほどはわかりませんが、それにしても、「飲酒者は初犯で『むち打ち80回』、3回犯すと死刑になる」というのは本当なのでしょう。
もし、このような罰則を日本を始め世界各国で厳格に実施したなら、世界の人口はほとんど0近くになってしまいます。イスラム教には飲酒だけでなくほかにも厳しい戒律がたくさんあり、これらをも適用したら地球上に誰ひとり生き残れなくなります。
人間の本質、また罪の問題の本質を見逃していると言わざるを得ません。
ですから、上の記事のように隠れたところで粗悪な密造酒を飲み、死に至るという事件が起きるのでしょう。


聖書は、人間は本来、犯罪を犯していなくても心の中はみんな罪人である、と明確に教えています。そして、小川さんも上でおっしゃっているように、そのような罪人である私たちに対して、
「疲れた者、重荷を負う者は、誰でも私のもとに来なさい。休ませてあげよう」
とイエス・キリストは私たちに声をかけてくださっています。
キリスト教は決して観念の世界の「宗教」ではありません。日本人の多くがこの点で誤解しているように思われます。かつての私がそうであったように。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

冗談

2011.10.17日

中学生の頃のことです。
私は髪の毛がとても硬くて、ほとんど毎朝、寝ぐせで髪の毛が立っていました。
寝ぐせを直すヘアドライヤがまだなかったのです。


床屋さんは、私の髪の毛を刈りながら、「ぼくの髪の毛硬いなぁ」と言って、髪が詰まって動かなくなったバリカンを掃除したり、切れにくくなったハサミを途中で何度も取り替えたりするほどの床屋泣かせの髪でした。
ある時のこと、店の裏に引っ込んだかと思ったら、何やら手にして戻ってきました。
なんと、それは針金を切るペンチです。それで私の髪の毛をバチンバチンと切り始めました。


と、ここまで読んで、
「へえー、そんなに硬い髪の毛があるの?」
と思った人がいたら、ごめんなさい。
ペンチの話は作り話です。それまでは本当なのですが。
常識的に考えて、床屋さんがペンチで人の髪を切るなんてあり得ません。


しかし、私は根が真面目で、しかも真面目そうな顔(?)をしているせいか、みんな私の言うことをそのまま信じてしまいます。
上の床屋の話もそのまま信じてしまう人が、これまでたくさんいました。
もちろん、嘘を言っているわけではないのですが、冗談を言っても通じないことがよくあります。


つい数日前も、一人の生徒が何時にテストを受けに塾に行けばいいですかと尋ねた時、私が午前6時と答えると、
「えっ?そんなに早くですか?」
「いやいや、冗談だよ。6時なんて先生にとっては真夜中だよ」。


バスの迎えの時間を尋ねられて、
「6時23分47秒」
と答えると、
「えっ、その時間ピッタリじゃなきゃだめですか?」。


2週間ほど前には、塾に携帯電話の忘れ物があって、ひとりの生徒に尋ねると、きっとそれはKさんのものだ、と言うので、
「じゃあ、Kさんにメールで携帯を塾に忘れてるよって伝えて」
と言ったところ、その子も、周りにいた子もみんな、「学院長、ボケたんじゃない?」とけげんな顔をしていましたが、もちろんボケていません。冗談です。


つい先日は、授業が終わってバスで生徒を家に送っていく時みんなに言いました。
「みんなバスに乗ってる?はい、乗ってない人、手を挙げて!」
そしたら、まともに受けた子が言いました。
「学院長、乗ってない人は手を挙げられませんよ」
「じゃあ、足を挙げて!」
これでようやく冗談が通じました。


以前、教室で成績表とアカデミー通信を封筒に詰める作業をしていたら、ひとりの生徒がびっくりして言いました。
「えっ、学院長。それって学院長が手でやってたんですか?」
「そうだよ。先生は不器用で足ではできないから手でやってるんだよ」
「???」


うちの生徒たちがあまりにもうぶというか、真面目というか、私の言う冗談をまともに受け止めすぎて、こちらが面喰ってしまいます。
でも、時には冗談が通じて、さらに冗談で返してきて、その機転の良さに驚かされるような生徒もいます。
こういう時は実に気持ちがいいです。


冗談のセンスを身につけることは人間関係をスムーズにする、社会では必要な技術です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村