学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

棚からぼたもち

2017.10.15日

"The amount of good luck coming your way depends on your willingness to act."
--Barbara Sher – Author
「あなたにやってくる幸運は、あなたが自ら進んで行おうとする意志にかかっている」
--バーバラ・シャー、作家
(訳 舟田譲二)


「棚からぼたもち」は落ちてきません。
こんなことは子どもでも知っています。
しかしどういうわけか、私たちは無意識のうちに「棚からぼたもち」が落ちてくるのを期待するものです。


「パチンコで1日に最高8万円稼いだ」とある人が言っていました。
それじゃ、パチンコでよほど稼いでいるんだねと尋ねたところ、全体では大きく負け越しているという返事。
一度勝つと味をしめ、負けると負けを取り戻そうとしてどんどんつぎ込み、いつの間にかハマっている、という依存症の仕組みです。


小〜中規模のパチンコ店で年間数千万から数億円の粗利が出ているそうです。ということは当然のことながら、一部のプロを除いて大半の人はパチンコ店にお金を貢いでいるという計算になります。
店の入口近くに陣取って玉を入れた箱をたくさん積み上げている人はプロで、いわば店のサクラです。
棚からぼたもちはやっぱり落ちてきません。


一方、年老いた母親の老後の世話を一生懸命やってきたひとりの女性がいます。
この人は、真夏の暑い日も、風が吹く真冬の寒い日も雨の日も、歩けなくなったお母さんを車椅子に乗せて家から1.4キロも離れた病院へ診察やリハビリに毎日のように連れて行っていました。
病院の横にある花壇に咲く季節の綺麗な花を見ながら、いつもお母さんと語り合っていました。


IMG_1842.JPG


ある日、娘はいつものように痩せ細ったお母さんを膝の上で抱いて話しかけていました。そのうちにお母さんは子守唄を聞いているように眠ってしまいました。お母さんをベッドに移そうとしたら、お母さんはすでに天国へ旅立っていました。
葬儀屋さんが言っていたそうです。
「自分の家で、こんな幸せな死に方ができる人なんて今どきめったにいない」と。


車椅子を押して病院に通ったのは本当に大変だったけど、今になって考えればとってもいい思い出だ、とこの人は幸せを噛み締めています。
自ら進んで力を尽くしてお母さんの介護をしてきたことが、結果として今の幸福につながっているのです。
幸運はこのような人のところにやってくるのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

障がい

2017.10.06日

「障がい」という言葉はとてもデリケートです。
新聞やテレビなどメディアでは「障害」という感じが使われていますが、「害」という字に「災害」「害虫」「災い」のような否定的な意味合いが含まれているため、最近では「障がい」とひらがなを使っているケースも多いです。


このブログで「障がい」という言葉が使われている記事を検索したところ、80ほどありました。そのいずれも、障がいを肯定的にとらえています。
以前「Yes, I can !」という記事の中であまりにも感動した動画を紹介したとき、次のような言葉を書き添えました。
"Yes, I can !"
「そう、私にもできる!」
とても励まされ、勇気づけられます。
「障がい」という言葉を「個性」「才能」と変えなければなりません。

すると、この記事と動画を見たひとりの方から、「障害を軽々しく個性、才能などと言わないでください」と抗議のメールが届きました。
私はその動画を初めて見たとき鳥肌がたつほど感動し、そのときの気持ちを正直に書いたのですが、その方にとっては「障がい」を「個性、才能」といった言葉で表してほしくないご事情があったのでしょう。


「障害」も「障がい」も言葉自体にはなんら差別的な意味合いは含んでいませんが、使う人の気持ちや状況によってはそのように受け取られることもあり、気をつけなければなりません。
その反面、「障害」という言葉が昔よりも日常生活の中でよく使われるようになり、一般の人々の間でわりと素直に受け取られるようになってきている事実もあります。
たとえば、電車やバスの中に書いてある「障害者、お年寄り、妊婦の方に席をゆずりましょう」という標語によって、最近では当たり前のようにマナーとして守られるようになってきました。
また、パラリンピックはオリンピックに劣らず人々に大きな感動を与えます。


日本語の「障がい」と似たような意味合いの英語の言葉は disabled 〔ディスエイブルド〕ですが、英語ではとても肯定的な言い回しで表現されることが多くあります。
differently talented〔ディファレントリタレンテッド〕, differently gifted 〔ディファレントリギフテッド〕(異なった賜物が与えられている人)、differently abled〔ディファレントリエイブルド〕(異なった能力を持っている人)、challenged〔チャレンジド〕(神様から与えられた困難に立ち向かっている人)などです。日本語にもこのような意味合いの言葉が生まれればいいのですが。「挑戦者」はちょっとオーバーすぎるような感じがしますが。


ブログで私がこれまでご紹介してきたのはみんなこのような人たちで、とても大きな励ましを受けます。
今日、ご紹介する下の人もそのひとりです。家族や周りの人の愛がとても大切だと教えられます。



毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

愛の輪を広げよう

2017.09.25日

"Spread love everywhere you go. Let no one ever come to you without leaving happier."
--Mother Teresa – 1910-1997, Nun and Missionary
「あなたが行くところどこででも愛の輪を広げなさい。あなたのところに来る人が、もっと幸せな気持ちになってあなたのもとを去ることができるように」
--マザー・テレサ、修道女・宣教師
(訳 舟田譲二)


昨日はとても嬉しいことがふたつありました。
毎日、一日に何度もお祈りしている人が何人かいるのですが、そのうちのひとりの方が半年ぶりぐらいで教会に来られました。
前回久しぶりに来られたときには体調が思わしくないようで、言葉数も少なかったのですが、昨日は目が合うなりその表情からすっかりお元気になられている様子がすぐにわかりました。
お互いににっこりと笑顔を交わすなり、こちらに飛んできて両手を広げてハグしてくださいました。
ハグして背中をさすりながら私は嬉しくて涙が出てきました。
「毎日お祈りしていましたよ」
と言うと、
「はい、ありがとう。わかっていました」という返事。


礼拝中はとても美しい、大きな声で賛美され、牧師のメッセージにはひと言ひと言大きくうなずいてメモを取っていらっしゃり、その姿を後ろから見ていて何度も何度も涙が出てきました。
礼拝後もしばらくお話ししましたが、自ら進んでいろいろなことを話してくださり、何年も昔に戻ったような気持ちになりました。


午後からは別の方ふたりが遠くからうちを訪ねてきてくださいました。
このおふたりのためにも毎日お祈りしているのですが、とても元気で明るく、いろいろな話に花が咲き、祈りが聞かれていることを目の当たりにして、嬉しくて仕方ありませんでした。


ふたりが帰られてから、私は冒頭のマザー・テレサの言葉をしみじみとかみしめました。
まるで天使が朝は教会に、午後には家を訪ねてきてくれたような感じでした。
私の一番の喜びは、人が幸せになっているのを見ることです。
人の幸せが私の幸せです。
マザー・テレサのように、私自身も幸せを持ち運ぶ器になりたいと心から願わされました。


そもそも私たちはみんなそのために生かされ、この地上に置かれているのではないか、それこそが私たちの使命なのではないか、と強く思わされた一日でした。
神様、感謝いたします。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

「白いキリン」 神獣?

2017.09.18日

2年前の記事、「ピンクの象」は大反響を呼びました。
「自分もピンクの象だ」と共感を覚えた方がたくさんいらっしゃいました。


しかし、今日は「ピンクの象」ならぬ「白いキリン」のお話です。しかもこれは実話です。
以下は9月16日付 「HUFFPOST」および「NATIONAL GEOGRAPHIC」(日本版) からのシェアです。


「完全に神獣だ」 世にも珍しい“白いキリン“の親子(動画)


whitegiraffe.jpg


アフリカのケニアの保護区で8月下旬、なんとも珍しい全身が真っ白なキリンが見つかった。
あまりにも神々しい姿に、Twitter上では「完全に神獣だ」といった声が上がっている。



動画を撮影したのは、アンテロープ(レイヨウ)の一種「ヒロラ」の保護活動をしている「ヒロラ保護プログラム」のパトロール隊員。Youtubeで公開したところ、たちまち世界中に拡散された。


ヒロラ保護プログラムによると、白いキリンの存在はこれまでも知られていたが、実際に確認されたのは、たった2回だけ。初めての報告は、2016年のタンザニアのセレンゲティ国立公園で、2016年3月には、ケニアのイシャクビニ保護地区でも確認された。


このキリンは、皮膚の細胞が色素を作ることができない「白変種」で、白くなってしまったよう。目が赤くないことなどから、全ての器官で色素を作り出すことができない「アルビノ」ではないという。


動画や写真を見た人からは、「完全に神獣」「めっちゃ綺麗だ」といった声が相次いだ。
このタイプの動物は、皮膚細胞で色素を作れないこと以外には、生存に不利になるような遺伝的問題はない。ただ、白い色のせいで望ましくない注意を引いてしまうことはある。


保護団体のキリン保護基金によると、キリンの赤ちゃんはライオンやハイエナなどの捕食者の標的になりやすく、生後半年以内に半数以上が死亡するという。ヒロラ保護プログラムが投稿した動画のコメント欄には、生息地についての情報も記されており、世界中に拡散したことで密猟の標的になってしまうのではないかという懸念の声も寄せられている。


白く珍しい体でニュースになる動物はキリンだけではない。8月にはスウェーデンで、珍しい白いヘラジカが草むらの中を歩いている様子が撮影されている。同じく白変種と考えられる白いライオンや白いペンギンも目撃されている。


胸を張って歩くお母さんキリンの姿はまるで優雅な伯爵夫人のよう。
でも、「ピンクの象」や「白いキリン」だけでなく、人間でもちょっと見慣れない変わった人がいると特別扱いしたり差別したりすることがありますが、これらは個性のひとつです。お互いありのまま受け入れ合いましょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

殺人事件が予想外の展開に

2017.09.11日

2015年5月、米ミシガン州で起きた殺人事件。


マーティン・デュラムさんが自宅で射殺された。マーティンさんの体には5発の弾が撃ち込まれており、そのうちの1発は頭部へのものだった。また、現場にいた妻のグレナも撃たれて重傷を負っていた。
ところが、数日後に自宅内で遺書が見つかり、凶器と思われる銃も見つかったことから、この事件はマーティンさんの自殺として処理された。


マーティンさんが飼っていたペットのオウムのバドは、マーティンさんの前妻に引き取られたのだが、それから2週間後、バドは何やらわけのわからない鳴き声を発するようになった。しばらく叫んだりわめいたりした後、最後には必ず「撃たないでくれ!」という言葉で終えていたという。


show_image.php.jpg

(イメージ画像)


前妻は何度もこの言葉を聞くうちに、これは死んだマーティンさんの最後の言葉ではないかと信じるようになった。そこで彼女は警察に通報。警察は再捜査を開始した。
ともに再婚である夫妻にはそれぞれ連れ子がいたが、子どもたちは夫妻が金のことでよく口論をしていたことや、ともに怒りやすい性格だったと証言。さらに、残された夫の遺書は、実はグレナが書いたものであることが判明したことなどから、犯人は妻のグレナだと断定するに至った。


8月末、米ミシガン州の裁判所で、陪審員らはオウムの証言を信じる判断を下し、裁判長はグレナ・デュラム(49)に殺人と武器所有の罪で終身刑を言い渡した。この判決の鍵となったのは、オウムが証言した被害者の最期の“声”であった。
(9月10日付 日刊サイゾー 「殺人事件の一部始終を目撃! オウムの“証言”で、被告に終身刑判決が下る」を一部改編)


ペットには飼い主の愛情が伝わり、ペットもその愛情に応えようとするものです。
近年は空前のペットブームですが、一方でペットに対する虐待や遺棄なども大きな社会問題になっています。
ペットは家族の一員です。一旦飼い始めたら、最後までしっかり世話をするのが飼い主の責任・義務であり、さらに愛情を注いで飼うことによってペットからも愛情が返ってきて、お互いに幸せになれるのです。


あっぱれバド! マーティンさんに対するきみの愛の恩返しが実を結んだね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

楽観主義とは

2017.08.29日

"Optimism is the faith that leads to achievement."
--Helen Keller – 1880-1968, Author, Activist, and Lecturer
「楽観主義とは結果を出す信仰です」
--ヘレン・ケラー、作家・社会活動家・講演家
(訳 舟田譲二)


去る26日〜27日にかけての「24時間テレビ『愛は地球を救う』」。
チャリティの募金額が激減し過去10年で最低だったとか、番組に飽きたとか、チャリティ番組なのに出演者に高額のギャラが発生など、批判も多かったとネットに載っていました。
ずっと観ていたわけではありませんが、それでもたまたま見た「お母さんの目になる…4歳の娘がはじめてのおつかい」や「女芸人と耳の不自由な子ども達が コンビネーションマリンバに挑戦!」などは素直に感動し、涙、涙、涙でした。
とくに「耳の不自由な子ども達がコンビネーションマリンバに挑戦!」の1シーンで、母親が子どもに対して「こんな子に生んでごめんね」と言うのに対して、子どもが「こんな子どもに生まれてきてお母さんごめんね」と言うところでは涙が止まりませんでした。感動の涙です。
「なんでこんな子どもが生まれてきたんだ。お前なんかいらない子だ」と言う親や、「なんで頼んでもいないのに生んだんだ?」と言う子どもがいますが、私はこれを聞くと胸が締め付けられ悲しい涙が出てきます。


DIFT-U2V0AAYnaj.jpg


このような中で、盲聾唖という三重苦を乗り越えたヘレン・ケラーの「楽観主義とは結果を出す信仰」という言葉には胸が震えます。
上の「お母さんの目になる…4歳の娘がはじめてのおつかい」「女芸人と耳の不自由な子ども達が コンビネーションマリンバに挑戦!」は、子どもたちが結果を出すことを信じ、幾多の困難を乗り越えてチャレンジしたことにより目標を達成した見事な例です。


私など、やれ繊維筋痛症で身体中が痛いとか、睡眠障害で眠れないなどと愚痴を言っているのが恥ずかしくなります。
夜中に身体が火照って眠れないのです。熱くて熱くて。それで体温を測ってみたらなんと34.9度という超低体温。
いつも寝る前に摂っている睡眠を促すというサプリメント、メラトニン10mgを昨夜は30mgも摂ったにもかかわらずです。途中何度もベッドから抜け出して、リビングでストレッチや深呼吸をしたり、ベッドに戻ってタオルに包んだ保冷剤を首や後頭部、おでこに当てたりしましたが、明け方の4時まで眠れませんでした。そしてようやく寝たと思った5時20分には目覚め、1時間20分しか眠れなかったのですが、それがどうした!?


最近、こんなことはしょっちゅうで、もう慣れっこになりました。
それで昨日は目覚めてからもう眠りに戻れなかったので、時間がもったいないと、6時過ぎには起きて早朝ウォーキングに出かけました。
早朝の朝日を浴びると、夜寝る頃には体内に本物のメラトニンが発生してよく眠れるといいます。


朝は23.5℃ととても涼しく、そよ風に吹かれて快適なウォーキングでした。
昨日の記事、「空の鳥を見よ」じゃないですが、いつものサイクリングロードでスズメたちが「チュンチュン」と朝の挨拶をして私を出迎えてくれました。
さらに進んでいくと、桜の並木では「ミーン、ミーン、ミーン」とミンミンゼミ、そして「ツクツクボーシ、ツクツクボーシ」とツクツクボウシの耳をつんざくような大合唱。
中には、ちょっとあわてんぼうの秋の虫がもう秋の到来を告げて鳴いていました。
とても爽やかな気持ちの良い早朝ウォーキングでした。


そして、正午には長男直人の嫁の恵利紗さんのご両親が平塚を訪問してくださり、ららぽーとでお会いしてお昼をご一緒に。と、そのとき、ロサンゼルスにいる恵利紗さんからお母さんの携帯に電話が。
お母さんはなんてタイミングがいいの、とびっくり。
実は昨夜寝る前に思いついて、直人に提案しておいたサプライズです。
食事が終わってから静かなカフェに移動して、そこでスカイプで国際電話会談(笑)。
お互いの近況を知らせ合ったり、また直人と恵利紗の生まれたときや、子どもの頃の逸話など、話は尽きませんでした。
そして、最後に直人にお祈りしてもらいました。


家に戻って少し身体を休めて夕方に残り半分のウォーキングに出かけ、目標の11,300歩以上を達成、6.9km歩けました。
私もヘレン・ケラー同様、「結果を出す信仰、楽観主義」の固い信奉者です。
ぐっすり眠れるようになり、身体の痛みも取り去られて完全に癒されると信じています。
神様感謝します。また、お祈りくださっている皆様、ありがとうございます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

超感動実話

2017.08.27日

「事実は小説よりも奇なり」と言いますが、これはまるで映画を観ているような超感動実話です。
私は昨日、これを初めて読んで身震いして涙が出てき、日本語に翻訳しながらまた涙を流し、今再度これを読み返して「こんなことが本当にあるんだ」と感動すると同時にとても励まされました。
ひとりでも多くの方に読んでいただきたいと思い、シェアさせていただきます。


彼女は一時(いっとき)も私の傍(かたわ)らを離れなかった


「マイクのいったいどこがそんなにいいの?舌がもつれてまともに話すこともできないじゃない!」
初めて会ったガールフレンドのお母さんがそう言うのを聞いて、私は車に乗ってその場を去りました。


しかしその数日後、お母さんのために赤いカーネーションを一輪手に持って、同じドアの前に立ってチャイムを鳴らしたとき、私の将来の義理のお母さんはドアに出るなり「溶けて」(笑)しまいました。


シャロンとは高校時代ずっと真剣にお付き合いしました。私が卒業して遠くの大学に行ったとき、シャロンは高校3年生。長距離電話の請求額に比例するかのように、私たちの愛はどんどん育っていきました。


翌年、シャロンも私がいたテキサス大学オースティン校に入学し、私たちは最高に幸せでした。私たちはまさに世界の頂点に立ったかのような感じで、もう人生は約束されているかのように思っていました。
ところが運命の夜がやってきました。一瞬の出来事で私たちの人生は永遠のどん底に突き落とされたかのようになりました。


1981年2月18日。その日、私たちは大学の図書館で勉強していました。夜遅くなってきてシャロンは眠くなったので寮に戻りたいと言いました。
車に乗り込んだ私たちは彼女の寮に向かいましたが、運の悪いことにガソリンのゲージがゼロになっていました。近くのコンビニのガソリンスタンドに立ち寄り、シャロンに2ドル借りてガソリン代を支払いに私は店内に入って行きました。


ものごとというのは、いつでも思い通りに行くとは限らないものです。
運悪く、そのときたまたま店は強盗に襲われている真っ只中でした。強盗のひとりが私を冷蔵室に無理やり連れて行き、床に押し倒して後頭部に銃を撃ったのです。そう、処刑するかのように。


物語はここで終わりません。強盗は私が死んだと思いました。犯行の目撃者を消した、と。
しかし、強盗たちが現場を立ち去ったとき、私にはまだ微(かす)かに脈があったのです。


私が生き延びると思った人はほとんどいませんでした。そのため警察もこの事件を殺人課に回したほどです。夜中に寝ていたところをたたき起こされて病院に駆けつけた神経外科医も、私を見て手術したところで助かる見込みはないと思い、そのまま帰宅してしまいました。


ところが、その医師は翌朝病院に戻ってきて、私にまだ息があるのを見て大きなショックを受けました。
医師は私の両親に、手術しなければならないが、助かる見込みはほとんどないと伝えました。


しかし、私は医師の予想を裏切って手術後生き延びたのです。医師は両親に言いました。
息をしてはいるが、これから先、自分の意思を人に伝えたり、また人の言うことを理解できるようにはなることはない、つまり植物人間になるだろう、と。


医師の言葉を聞いた父はシャロンに、
「きみは自分の人生を歩みなさい」
と伝えました。


シャロンは即座に答えました。
「マイクが私の人生です」


私たちはそのときまだ結婚していませんでしたが、シャロンは「病めるときも健やかなるときも…」という誓いの言葉を固く信じていました。
彼女は大学を1学期休学して、ヒューストンの病院で私のリハビリに付き添ってくれました。
シャロンは、他の同級生たちがパーティなどで学生生活を謳歌しているとき、「病院でよだれを垂らしているボーイフレンド」と時を過ごしていたのです。


ついにシャロンは学業を続けるためオースティンのキャンパスに戻りました。
またまた、私たちの電話代は信じられないぐらいの額になりました。
私の目標もシャロンと一緒になるために大学に戻ることでした。
私が生き延びるとはだれも信じなかったあの忌まわしい事件から1年半経ち、私はようやくその目標を達成することができたのです。その主な理由のひとつは、もちろん、私の愛するシャロンが諦めることも、屈服することも断固拒否したからです。


大学に戻って4年後私は卒業しました。私にとって、このことは遂にシャロンにプロポーズできるということでした。長いトンネルの末の光です。決して過去を振り返らない、つねに将来を見るようにと私をいつも励ましてくれたのはシャロンでした。


5月のある美しい日、シャロンと私は誓いを交わし結婚することができました。私たちは結ばれることになっていたのです。私たちは本当に長い、いろいろな出来事があったこの9年間デートをしました。しかし、結婚式の当日、それだけの価値があったとつくづく思わされました。シャロンはまさに私の「魂の伴侶」です。


結婚して長い年月が経ちました。そして美しい娘、ショーンが与えられました。私たちはあまりにもたくさんのことを一緒に経験してきました。辛い嫌な経験もありました。しかし、もっともっとたくさんの素晴らしい経験をしました。


これは単なる妻への「ラブレター」ではありません。むしろこれは、瀕死の状態にあるボーイフレンドと付き合い続けるのはやめろ、とみんながアドバイスしたにも関わらず、それを乗り越えたひとりの女性の物語です。
私にとってこのことは、シャロンがどれほど純粋で、内面も外面も美しい女性であるかということに他なりません。
さらに、たとえどんなことがあっても決して夢をあきらめてはいけないということを証明してくれています。私がここまで回復できたのは、私の努力などではなく、すべてシャロンのお陰だと思っています。もし彼女がいなかったら私はどうなっていたことか。少なくとも今の私はいませんでした。


この話は私のガールフレンドのお母さんの言葉で始まりました。
「マイクのいったいどこがそんなにいいの?」
その本当の答えは、
「マイクにいいところなどひとつもない」
です。
シャロンこそが「いいところだらけ」なのです。
シャロン、きみのことを心から愛してるよ!


©2017 マイケル・ジョーダン・シーガル


マイケル・ジョーダン・シーガルが自ら語る感動的な動画はこちらから観られます。(日本語字幕はありません)


http://inspirationbymike.com/video.html


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

こんなに元気になりました!

2017.08.21日

"It is not how much we do, but how much love we put in the doing. It is not how much we give, but how much love we put in the giving."
--Mother Teresa
「どれだけ多くのことをしたかではなく、どれだけ多くの愛をこめたてしたか。どれだけ多くのものを与えたかではなく、どれだけ多くの愛をこめて与えたか。それが大切なのです」
--マザー・テレサ
(訳 舟田譲二)


知り合いの方に会うたびに、あるいはメールや電話をいただくたびに、皆さん私の健康のことを気遣ってお声をかけてくださいます。
一昨日の土曜日は調子が悪く、一日中肩が凝って全身が重く、気分も良くありませんでしたが、昨日は朝からとても気分良く、一日をとても有意義に幸せに過ごすことができました。
皆様のお祈りを心より感謝いたします。まだまだ「三歩進んで二歩下がる」ような状態ですが、確実に一歩ずつ前進していることをここにご報告させていただきます。


協力牧師を務めています湘南見附キリスト教会の柿谷正期牧師が、リアリティセラピーのお仕事で先週半ばより愛媛に出張でした。昨日曜日は留守を仰せつかって教会でメッセージのご用をさせていただきました。


church.jpg


この礼拝には中央大学での教え子の小島さんが来てくださいました。
県立高校の英語教員を務めていらっしゃり、アクティブラーニングの分野ではこれまで度々研究発表を行い、またキャリア教育やリーダーシップの養成などにも熱心に取り組んでおられ、雑誌のインタビューを受けたりしていらっしゃる素晴らしい教育者です。
小島さんとはこれまでずっとご家族とお付き合いさせていただいています。8年前の記事、「心身の休息とエネルギー充電」の中にツーショットが載っていますが、今や50代で見た目は私よりもはるかに貫録あり、どちらが教え子だかわからないぐらいです(笑)。
礼拝後、小島さんと1時間半ほど聖書のお話をしました。


1か月ほど前、「生きてます!」の記事の中に新しいウォーキングシューズを買ったことを書きましたが、これまで2年間履いてきたMBTシューズをその日代わりに底の補修に出しました。それができあがったという連絡が入り、お店に取りに行きました。


mbt1.jpg


夕方帰宅して、踵(かかと)の部分を補修してもらった愛用の靴を履いて早速ウォーキングに出かけました。
さすが履き慣れた愛靴、歩き心地が違います。1万歩あまり歩いて戻ってきたら6時。



820.jpg


身体の調子がいいので、それから愛車プリウスの洗車を始めました。
もう何か月も洗っていなかったので水垢がついて汚くなっていました。
丁寧に洗車していたらいつの間にか辺りは暗くなり、街灯の光を頼りに仕上げたらもう7時。


身体の調子がいいとこんなにいろんなことができるのですね。
元気になってきているご報告ができて感謝です。


マザー・テレサの冒頭の言葉、
「どれだけ多くのことをしたかではなく、どれだけ多くの愛をこめたてしたか。どれだけ多くのものを与えたかではなく、どれだけ多くの愛をこめて与えたか。それが大切なのです」
が実践できたとても充実した一日でした。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

私もそのような者でありたい

2017.08.20日

"Those who bring sunshine into the lives of others, cannot keep it from themselves."
--Sir James M. Barrie – 1860-1937, Novelist
「人の人生に光をもたらす者は、自分の内に光を留めておくことができない」
--サー・ジェームズ・M・バリー、小説家
(訳 舟田譲二)


美味しいレストランを発見したり、素晴らしい小説を読んだり、映画を観たり、素敵な人に出会ったりすると、人はそのことを友人や知人、家族などに言わずにはいれなくなるものです。
素晴らしいものを知ったら、それを自分だけのものにしておくのは逆にもったいないこと。


人の人生に光をもたらすような人は、自分の内にその光を留めておくことができません。
私もそのような者でありたい。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

天に宝を積もう!

2017.08.18日

"The most valuable things in life are not measured in monetary terms. The really important things are not houses and lands, stocks and bonds, automobiles and real estate, but friendships, trust, confidence, empathy, mercy, love, and faith."
--Bertrand Russell – 1872-1970, Philosopher and Writer
「人生で最も価値あるものは金銭では測れない。本当に大切なものとは、家や土地、株や債券、車や不動産などではなく、友情であり、信頼、自信、共感、憐れみ、愛、信仰である」
--バートランド・ラッセル、哲学者・作家
(訳 舟田譲二)


この世の多くの人は、ラッセルが言うところの友情、信頼、自信、共感、憐れみ、愛、信仰などに裏切られた経験があってか、そのようなものを大切なものとは思わない。むしろこれらを嘲笑し、こんなものでは生きていけない、こんなことを言うのはおめでたい人だ、と言う。


やっぱり生きていく上でなくてはならないもの、最終的に頼りになるものは、金であり、家、土地、株、債券、車、不動産などの財産だと言います。
確かに一見そのように思われます。また、これ自体は決して間違っていることではなく、尊いことですらあります。
そして多くの人は、一生かけてこれらの財産を築くことを目指します。
しかし、これが人生の目的となると、話は別です。このような人生は不毛で、真の喜びや満足、平安はありません。


聖書の中にイエス・キリストが語られた次のような譬え話があります。


「ある金持の畑が豊作であった。
そこで彼は心の中で、『どうしようか、わたしの作物をしまっておく所がないのだが』と思いめぐらして言った、『こうしよう。わたしの倉を取りこわし、もっと大きいのを建てて、そこに穀物や食糧を全部しまい込もう。
そして自分の魂に言おう。たましいよ、おまえには長年分の食糧がたくさんたくわえてある。さあ安心せよ、食え、飲め、楽しめ』。
すると神が彼に言われた、『愚かな者よ、あなたの魂は今夜のうちにも取り去られるであろう。そしたら、あなたが用意した物は、だれのものになるのか』。
自分のために宝を積んで神に対して富まない者は、これと同じである」

(ルカによる福音書 12:16-21)


このことは、かつて世界一の億万長者と呼ばれたポール・ゲッティの人生を見ても明らかです。
J・ポール・ゲッティは私生活はめちゃめちゃで、5回も離婚再婚を繰り返し、あげくの果ては子どももその妻もドラッグにはまり、自殺したり、ヘロインの過剰摂取で死去。孫は、自分の祖父は大金持ちだから誘拐して身代金を要求したら大金をせしめられると友人に話していたところ、その話がマフィアに流れ、実際に誘拐され、片耳を切られた後に300万ドルの身代金を支払って解放されたとか、散々の結果です。
そして、21回も遺書を書き換え、自分の妻や子孫には最低限の遺産しか分割せずに、7400万ドルという莫大な遺産を財団に残し、彼が金任せに収集した美術品を所蔵する施設を作り、無料で一般に公開することになったというのです。
彼の曾孫は、"To me, money is not happiness at all." (自分にとって、お金とは幸せとはまったくかけ離れたものだ)と語っているそうですが、本当にその通りです。


天に宝を積みましょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

恩知らず

2017.07.30日

夏の真昼の道中で暑さにあえぐ旅人がプラタナスの木を見つけた。その陰で身を休めながら「実がなっていない」「役立たずな木だ」と散々な言いようである。「恩知らずめ」と木が怒ったのも無理はない。イソップの寓話(ぐうわ)である。
◆身近な街路樹のプラタナスが減っているという。大きくなるので剪定(せんてい)や落ち葉の処理に手間がかかる。それがきらわれるらしい。
◆かように現実の世界でも見過ごされがちな恩恵に、光があたったと思わせる話もある。五輪開催時の暑さ対策として街路樹の陰を広げる。東京都のそんな計画を先週の記事が伝えていた。会場周辺のプラタナスなど2000本が対象になる。
◆読売新聞の社屋から遠くない都心の通りで、その1本をみた。幹から枝先までの距離は剪定で抑えられている。これが倍以上になるまで枝張りを大きくするという。3年先のきょうは大会7日目にあたる。緑陰のありがたみが身にしみる人もいよう。
◆人に親切を施してもわかってもらえないことは多い――イソップの教えるところである。確かにそうだが、感謝される日もいずれは来る。寓話の続編が紡がれるといい。

(7月30日付 読売新聞「編集手帳」)


イソップ物語の「プラタナスの木」はこんなストーリーです。


夏の盛りの暑い日に、ふたりの旅人が暑さでぐったりしていましたが、大きなプラタナスの木を見つけました。そこでその木陰に入ってひと休みしていました。
ふたりは木を見上げて言いました。
「この木は実はつけないし、葉っぱは散らかるばかりで役立たずだなぁ」
するとプラタナスの木が怒って言いました。
「恩知らずども。私の木陰で休んで恩恵に与っているくせに、実がないだの無用だのと」


うちでも今から約20年前に新築した際、狭い庭に4メートルほどの常緑樹の樫の木を植えました。
10年もするとその木はどんどん背が伸びて葉が生い茂り、二階の大屋根を超えるほどにまでなりました。木陰になったダイニングは涼しくて良かったのですが、根が張って木の周りのインターロッキングを持ち上げ始めました。
そこで、庭師を呼んで剪定してもらおうとしたところ、根がブロックの塀と家の基礎にも食い込みかけていることがわかり、慌てて根元から伐採して、大きな根っこも引き抜いてもらいました。


IMG_1316.jpg IMG_1317.jpg


塀と家の基礎は難を免れましたが、今は「朝日が暑い。木がないと家が殺風景で寂しい。何か新しい木が欲しいね」などと話し合っています。
まるでイソップの寓話そのものです。


同様に、私たちはしばしば人にお世話になっている間はそれを当たり前のことと思い、その人がいなくなると途端にその人の有難さが身にしみて感じる、ということがよくあります。
「孝行のしたい時分に親はなし 」の諺ように。


親や子など身近な者だけでなく、自分のそばにいる人や、関わりのある人はみな、意味あってそばに置かれているのです。


また逆の立場で、たとえ人に親切を施してもわかってもらえない、時には誤解されるようなことすらままあります。
それでもいいのです。そもそも人に感謝されたくてするようなことは本当の親切ではないのですから。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

「哀しみの向こう」

2017.07.29日

昨夜TV番組『金スマ』で、自閉症スペクトラムという障がいを持った野田あすかさんのことが紹介されていました。
見ていて何度も涙がこみ上げてきました。
野田あすかさん作曲・演奏の「哀しみの向こう」の心に響く美しいピアノの音色に耳を傾けてください。



私のすぐ身近なところにも同じ障がいを持って苦しんでいる子がいます。
障がい者に対する見方を変えて、受容する社会を作っていかなければなりません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

優しい言葉、親切な顔つき、感じのいい笑顔

2017.06.07日

"A gentle word, a kind look, a good-natured smile can work wonders and accomplish miracles."
--William Hazlitt – 1778-1830, Writer
「優しい言葉、親切な顔つき、感じのいい笑顔は、びっくりするような結果をもたらし、さらに奇跡を起こす」
--ウィリアム・ヘイズリット、作家


上辺だけの「優しい言葉、親切な顔つき、感じのいい笑顔」をしている人を私はこれまでたくさん見てきました。
このような人に騙される人はたくさんいます。お人好しだった父はよく騙されました。
でも、私は直感的にすぐにわかります。
ですから、甘い言葉にひっかかりません。


しかし同時に、本物の「優しい言葉、親切な顔つき、感じのいい笑顔」をしている人にもこれまでたくさん出会ってきました。
本物かどうか、「におい」というか、やはり直感でわかります。
そして、このような人に出会うと奇跡が起こり、人生が変わります。


人を見る目というのはどのようにしたら養われるか。
直感が働かない場合には、しばらくその人の言動を注意深く観る(観察する)ことです。外面ばかり見ていたら騙されます。
でも人は知らず知らずのうちに本音を出してしまうものです。
本心からか、それともお金儲けやその他の下心があるかどうか、あるいは他意はないけどshallow(深くなく、表面的)なのか、見極める必要があります。
とくに職場や伴侶を選ぶときなど、一生に関わる人を見抜く目を持っていないと、あとで後悔することになります。
「後悔先に立たず」
人を見る目を養いましょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

今日一日だけ

2017.06.06日

「クスリをやめるってかっこいい!」
 1993年。世界53か国から米国シカゴに集まった5万人の人波にもまれながら、当時30歳の三浦陽二さん(53)は初めて思った。知らない者同士が熱いハグを交わし、薬物をやめていることを祝い合う。どの顔も力強く、温かかった。
 薬物依存症の当事者たちの世界大会。薬物からの回復支援施設・日本ダルク(東京)の理事長の近藤恒夫さんに同行した。この旅が三浦さんの薬物依存症回復への転機となった。


 小さい頃、学校でよくいじめられた。中学1年の時、13人のいじめっ子に闘いを挑むと、不良に一目置かれるようになった。中1でたばこ、中2でシンナー。高校を中退し、移った定時制高校で先輩が声をかけてきた。「覚醒剤、やったことある?」「もちろんあるさ」。虚勢を張った。覚醒剤依存の始まりだった。大学に進んだが中退。稼いだ金を薬につぎ込んだ。


 逮捕は2回。初犯は執行猶予で済んだが、26歳の時に実刑となり、1年間服役した。刑務所に入った時の「二度とやらない」という決心は、出所の頃には「次は絶対捕まらないぞ」に変わっていた。
 親は日本ダルクに相談し、三浦さんに世界大会行きを勧めた。親の金で遊べるなら、と軽い気持ちだったが、帰国した時にはダルクに入る決心が固まった。
 「今日一日」だけ薬をやめる生活を積み重ねて23年。日本ダルクの職員となった三浦さんは「近藤さんや世界の人たちに接することで、自分を大切にしようと思うことができた」と振り返る。


 世界の薬物依存の実情に詳しく、近藤さんとの共著もある放送プロデューサーのデーブ・スペクターさんによると、欧米では非合法薬物であっても組織的な売買ではなく、自己使用や所持だけなら刑罰より回復支援が重視されるという。
 昨年から日本でも、刑務所にいる期間を短縮し、残りを執行猶予にして社会の中での更生を目指す「刑の一部執行猶予制度」が始まった。いかに回復につなぐかが今後の課題だ。
 日本は長く厳罰主義で臨んできたため、社会の目も厳しい。「刑務所に入ったことでつながりが切れ、社会復帰に苦しむ人が多い」と近藤さん。スペクターさんは「薬物は手を染めた時点では自己責任ですけど、抜け出せないのは病気。本人も苦しい。社会から抹殺せず、『戻ってきてね』と声をかけていいのではないでしょうか」と話す。

(2017年6月5日付 読売新聞 12面「医療ルネサンス 依存症からの回復 脱薬物 社会復帰に課題」より)


いろいろと教えられる記事です。
とくにデーブ・スペクターさんが言う、
「薬物は手を染めた時点では自己責任ですけど、抜け出せないのは病気。本人も苦しい。社会から抹殺せず、『戻ってきてね』と声をかけていいのではないでしょうか」。
このような社会全体で助け合うという考え方はこれからの社会では必要不可欠です。


それと、三浦陽二さんの言う「『今日一日』だけ薬をやめる生活を積み重ねて23年」の考え方。
この「今日一日だけ」の取り組みとその積み重ねは何事にも通じる大切な教えです。
「今日一日だけ」は、悪い習慣を断つにも、良い習慣を身につけるのにも役立てることができる方法です。
良きにつけ悪しきにつけ「塵も積もれば山」になります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

きょうを最高の日にするために

2017.06.01日

"Today, give yourself permission to be outrageously kind, irrationally warm, improbably generous. I promise it will be a blast."
--Sasha Dichter – Acumen’s Chief Innovation Officer
「きょうは、誰彼かまわず考えられないぐらい親切に、なりふり構わず温かく、あり得ないぐらい気前よく振る舞ってごらんなさい。最高の日になるの間違いなしです」
--サーシャ・ディヒター、アキュメン社チーフ・イノベーション・オフィサー
(訳 舟田譲二)


すごくいい言葉ですね。
大いに啓蒙されました。
みんながこれを、家族や身近な人でできるところから実践していくなら、私たちの日々の生活は間違いなく変わり、身の周りが、そして社会が変わり、やがて世界が変わることでしょう。


SD_casual_9_crop_for_twitter.jpg


サーシャ・ディヒターはある12月の寒い日、ニューヨークの地下鉄で家路を急いでいました。
地下鉄の中でそれまで何度も見かけたことのあるひとりの男が、ホームレスの人に寄付を、と言っているのを耳にしつつも、彼は手に持つiPhoneに没頭している素振りをして、男の言葉を無視していました。きっと自分がホームレスで人のお金を無心しているのだろうと自分を正当化していました。
しかし、その日は地下鉄を降りて歩いていて、なにか引っかかるものを感じていました。


彼は勤めていた世界的な一流企業を辞めて、非営利団体のアキュメン社で働き始め、あるバレンタインデーの日に”寛容の日”と名づけた運動を起こします。
その日には、ホームレスであろうが親しい友人、あるいは通りがかりの見知らぬ人であろうと、たとえ誰であろうとも、頼まれたことにはどんなことでも寛容に「OK」と答えるという運動です。
この運動はやがて社会改革の引き金となり、慈善事業でなくビジネスとして、インドの田舎の何百万人もの人々に安全な飲み水をもたらし、ケニヤの何千もの貧しい農民がより多くを稼げるようにし、パキスタンのスラムの人々に住まう家を与えることになります。


この人が勧めているのが冒頭の言葉
「きょうは、手当たり次第に考えられないぐらい親切に、なりふり構わず温かく、あり得ないぐらい気前よく振る舞ってごらんなさい。最高の日になるの間違いなしです」
です。
これが単なる観念的な、かっこつけの言葉でなく、地に足の着いた真意のこもった言葉であることがわかります。


私自身、これまで街頭募金を訴える人の呼びかけに対して、「あれはひょっとしたら某宗教団体がやっている資金集めかもしれない」などと自分の考えを正当化して足早にその前を通り過ぎたり、助けを必要としている人を見て見ぬふりをしていることがしばしばありました。
でも最近は、気がついた時にはできる限り手を伸べて助けるようにしています。


2か月ほど前のことです。駐車場から車を出そうとしていた時、少し離れたところを杖をついて歩いていたひとりのお年寄りが仰向けに倒れるのが目に入りました。起き上がろうとするのですが身体の自由が利かなくて立ち上がれません。
人を待たせていて急いでいるのだ、と一瞬自分を正当化しようとする考えが頭をもたげたのですが、車のエンジンを切ってその老人のところに駆け寄りました。
起こしてあげようと何度試みても体重が重すぎて私の力ではどうしても無理です。しばらく格闘しているうちに、その方が身体を横に倒して手をついて自分で起き上がりかけました。手を貸してやっとの思いで立たせてあげることができましたが、足取りが怪しくまたいつ倒れるかわからない状況です。
私はしばらくその方の手を支えながら一緒に歩き、「家までお送りしましょう」と声をかけましたが、いやすぐそこだから大丈夫、と答えてひとりで歩いて行くその方が駐車場を出るまでひやひやしながら見送りました。
汗びっしょりになり、気づくと駐車場の土が、服やずぼんについて泥だらけになっていましたが、小さな人助けができたことでちょっぴり嬉しくなりました。サーシャ・ディヒターには遠く及びませんが。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

最高の自分バージョン

2017.05.30日

"Beauty is being the best possible version of yourself."
--Audrey Hepburn – 1929-1993, Actress
「美しさとは最高の自分バージョンでいること」
--オードリー・ヘプバーン、女優


audrey.jpg


オードリー・ヘプバーンについては、これまでたびたびこのブログで取り上げてきました。
何を隠そう、私は若い頃からずっと彼女のファンなのです。
若いころは彼女の艶(あで)やかさに惹かれていましたが、今は彼女の内面の美しさ、心の美しさに昔以上に魅了されています。


半年前の記事、「内から出る本当の美しさ」にアップしたのは晩年の彼女の写真です。


IMG_9961.JPG


確かに若いころのような華やかな美しさはありません。
しかし、作り物でない本物の美しさが内からにじみ出ています。


3年前の記事、「おお、オードリー!」の中に、「心に響く真の美しさ、絶世の美女【オードリーヘップバーン】が愛した詩」を引用しました。


時を越えた美しさの秘密


魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい。
美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。


物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、何度でも再出発することができます。
誰も決して見捨ててはいけません。
人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。


年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。
ひとつの手は、自分自身を助けるため、もうひとつの手は他者を助けるために。


女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。
女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。
女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。

-- サム・レヴェンソン


これは本当に真理です。
多くの人がこれとまったく逆のことをやっています。
オードリーの晩年の美しさは、口先だけでなく「最高の自分バージョン」を日々生きていたところから自然とおもてに現れていたものなのでしょう。
私たちも彼女に倣ってこの「最高の自分バージョン」を目指したいものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

私もこういう生き方をしたい!

2017.05.29日

長年の喉の酷使で1年ほど前から声が出なくなり、それまで教えていたすべてのクラスから降りました。その経緯を書いたのが「三度の飯よりも好きな...」の記事です。
「三度の飯とは比べものにならないぐらい好きなもの、それは教えること」と書いたのですが、その中で引用したのは宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の有名な詩です。
それほど詳しく知っていたわけではないのですが、宮沢賢治の生き方や考え方にとても共感を覚え、いわゆる「波長が合う」ので、「宮沢賢治のような素朴な生き方がしたい」と書きました。


昨夜、親しくさせていただいているFBフレンドで、これまで何度もこのブログに登場していただいているひかりさんから次のようなメールが届きました。
私は読んでいて胸が高鳴り、この感動を是非ともひとりでも多くの人にシェアしたいと思い、ひかりさんにその旨お伝えしてご了解をいただきましたので、以下に原文のまま引用させていただくことにします。


宮沢賢治の「雨ニモマケズ」という詩のモデルになったと言われている、斎藤宗次郎さんという方をご存知ですか?既にご存知かもしれませんが、少しネットから引用して紹介させて頂きます。
私はこの斎藤宗次郎さんの生き様に感銘を受け、私もこういう生き方をしたい!と心から願いました。


「雨にも負けず」


雨にも負けず 風にも負けず
雪にも 夏の暑さにも負けぬ
丈夫な体をもち
慾はなく 決して怒らず
いつも 静かに笑っている
一日に 玄米四合と 味噌と
少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく 見聞きし 分かり
そして 忘れず
野原の 松の林の 陰の
小さな 萱ぶきの 小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って 看病してやり
西に疲れた母あれば
行って その稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行って 怖がらなくてもいいと言い
北に喧嘩や訴訟があれば、
つまらないから やめろと言い
日照りの時は 涙を流し
寒さの夏は おろおろ歩き
みんなに 木偶坊(でくのぼう)と呼ばれ
褒(ほ)められもせず 苦にもされず
そういうものに 私はなりたい


この宮沢賢治の「雨にも負けず・・・」の詩には、実際のモデルがいたことをご存知でしょうか。この詩には色々な解釈がなされ、法華経の“常不軽菩薩(じょうふぎょうぼさつ)”の精神を表している、とも言われていますが、それでもひとりのクリスチャンの影響があったようです。


そのモデルの名前は斎藤宗次郎といい、1877年に岩手県の花巻に禅宗の寺の三男として生まれました。小学校の教師になりますが内村鑑三の影響を受けてクリスチャンとなります。


当時は、キリスト教が「耶蘇(やそ)教」などと呼ばれ迫害をされるような時代でした。親からは勘当され、教師の職は失い、町を歩いていれば「ヤソ」と嘲られ石を投げられました。家のガラスが割られたり、家を壊されたこともあったそうです。大衆の迫害はエスカレートしていき9歳の長女にまでおよび、「ヤソの子供」とばかにされお腹を蹴られ、腹膜炎を起こして亡くなってしまいました。その娘の愛子ちゃんは亡くなる時、賛美歌を歌ってほしいといい、彼が賛美歌を歌うと「神は愛なり」と書いて天に召されたそうです。


彼はそのような失意のどん底にあっても「御心がなりますように」とくじけることなく神様を信じ、神様に従い続けました。普通なら迫害のない別の土地へ移るところですが、宗一郎はむしろ、その土地の人々に神様の愛をもって仕えることを選びました。朝は3時に起きて牛乳や新聞の配達をし、迫害をする人たちのために祈り、福音を伝えたのです。10メートル歩いては神様に祈り、10メートル歩いては神様に感謝を捧げたという話はあまりにも有名です。


彼はそれこそ、雨の日も、風の日も、雪の寒さの中でも休むことなく働き、仕事の合間に病人を見舞い、励まし、祈りました。「でくのぼう」と言われながら最後まで愛を貫き通したのです。


そんな斎藤宗次郎は1926年に内村鑑三に招かれて東京へ引っ越すことになりました。花巻の地を離れる日、誰も見送りに来てくれないだろうと思って駅に行くと、そこには身動きがとれないほど大勢の人々であふれていました。なんと町長をはじめ学校の教師に生徒たち、迫害をしていた町の人たちが見送りに集まっていたのでした。彼の行いを通して神様の栄光が現され、町の人々の中で実を結んだのでした。そして、その群集のひとりに宮沢賢治がいて、「そういうものに、わたしは、なりたい」と書いた、とされています。


まさに、この斎藤宗次郎というひとはキリストの同労者として生きたのです。


ひかりさんが送ってきてくださった上の文章を読みながら、私は感動でしびれました。
「私もこういう生き方をしたい!」
とおっしゃるひかりさんと私もまったく同じです。


皆さんはいかがですか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

愛情と思いやり

2017.05.28日

"Love and compassion are necessities, not luxuries. Without them humanity cannot survive."
--Dalai Lama – Buddhist Monk
「愛情と思いやりは必需品です。贅沢品ではありません。愛情と思いやりがないと人類は生存できません」
--ダライ・ラマ、仏教僧侶
(訳 舟田譲二)


「愛情と思いやり」
こんなの絵に描いた餅、理想像、求めるのは贅沢、などと思っている人がとても多いのではないでしょうか?
世知辛い世の中になった?


確かに朝ドラ『ひよっこ』なんかを見ていると、あの映画『三丁目の夕日』に見られた昭和の古き良き時代の人情が最近は薄れてきているように思われます。


でも、「愛情と思いやり」は昔を偲んで「昔は良かった」と言って惜しむものではなく、また今の時代には「下町の人情はもうない」と嘆くものでもありません。


「愛情と思いやり」は、私たちの心がけひとつで日常生活の中で実践できることです。
たとえば、夫婦・親子・きょうだいの間で、親族間、友人間、職場の同僚間等々、あらゆる人間関係の中で、私たちが率先して行うべきことなのです。
決して贅沢品にしてはいけません。
なぜなら、ダライ・ラマが言っているように、これがないと人間は生きていけないからです。


「愛情と思いやり」こそが、人間を人間たらしめるものです。
確かに動物の世界にも、損得感情抜きの「愛情と思いやり」が見られるように思われます。
しかし、動物と人間の決定的な違い、それは私たち人間が、神の像(かたち)に似せられて創られているということです。そうでなければ、人間は他の動物よりも少しは頭がいいという単なるレベルの差になってしまいます。
ですから、「愛情と思いやりがないと人類は生存できません」とダライ・ラマは語っているのです。


まずは私たちができるところから実践していこうではありませんか。
本物の「愛情と思いやり」はここにあり、と。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

受けるより与えるほうが幸い

2017.05.26日

"Remember that the happiest people are not those getting more, but those giving more."
--H. Jackson Brown, Jr - Author
「最も幸せな人とは、より多くを得ている人ではなく、より多くを与えている人だ」
--H・ジャクソン・ブラウンJr、作家
(訳 舟田譲二)


この世の基準は「より多くを得て幸せになる」です。
これはおそらく人間の本心でしょう。
「多くを持っている」は、もちろん家や財や地位や名誉なども含まれるでしょうが、さらに言えば頭脳や容貌、運動・音楽・芸術などさまざまな才能等々、挙げだせば切りがありません。
みんなこれらを追い求めます。そして、これらがひとつでも多く得られれば幸せになれるという幻想を持っています。


5年前、心身の休養のためロサンゼルスに行った際、ゲッティセンターとゲッティヴィラを訪れたとき、これは幻想だということをまざまざと知らされました。
そのときの記事、「本当の幸福とは」の中にも書きましたが、世界一の億万長者だったJ・ポール・ゲッティは私生活はめちゃめちゃで、5回も離婚再婚を繰り返し、あげくの果ては子どももその妻もドラッグにはまり、自殺したり、ヘロインの過剰摂取で死去。孫は、自分の祖父は大金持ちだから誘拐して身代金を要求したら大金をせしめられると友人に話していたところ、その話がマフィアに流れ、実際に誘拐され、片耳を切られた後に300万ドルの身代金を支払って解放されたとか、散々の結果です。
そして、21回も遺書を書き換え、自分の妻や子孫には最低限の遺産しか分割せずに、7400万ドルという莫大な遺産を財団に残し、彼が金任せに収集した美術品を所蔵する施設を作り、無料で一般に公開することになったというのです。
彼の曾孫は、"To me, money is not happiness at all." (自分にとって、お金とは幸せとはまったくかけ離れたものだ)と語っているそうです。
おそらくポール・ゲッティはお金でありとあらゆるものを手に入れましたが幸せにはなれず、その結果財団への寄付という形で与えることによって初めて平安を得たのではないでしょうか。


「まばたきの詩人」と呼ばれた水野源三さん(1937-1984)は9歳のとき赤痢にかかりその高熱によって脳性麻痺を起こし、やがて目と耳の機能以外のすべてを失いました。
話すことも書くこともできなくなりましたが、母親が彼が何か言おうとしていると感じて、五十音順を指で指し示したところ、まばたきして合図しました。以来、まばたきで綴った詩が後に詩集シリーズとなり多くの人の感動を呼びました。


41yxhDKkBwL._SX348_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg


口も手足もきかなくなったわたしを
28年間も 世話をしてくれた母
良い詩をつくれるようにと
四季の花を咲かせてくれた母 
まばたきでつづった詩を一つ残らず
ノートに書いておいてくれた母
詩を書いてやれないのが悲しいと言って
天国に召されて行った母
今も夢の中で老眼鏡をかけ
書きつづけていてくれる母


神様の 大きな御手の中で
かたつむりは かたつむりらしく歩み
蛍草は 蛍草らしく咲き
雨蛙は 雨蛙らしく鳴き
神様の 大きな御手の中で
私は 私らしく 生きる


涙なしには読めません。
水野源三さんは何ひとつ持たず、貧しい一生を終えられました。
でも、限りないほど多くの人を慰め、励ましてきました。そして、今も与え続けています。
本当に与えるだけの人生でした。
でも、彼ほど幸せな人はいなかったと思います。


「受けるより与えるほうが幸いである」(使徒20:35)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

日常性の中に潜む非日常性

2017.05.14日

今、NHKでやっている朝ドラ『ひよっこ』を観ていて教えらえることのひとつ、それは「日常性の中に潜む非日常性」です。


主人公を始めとする登場人物の周囲で起こる出来事は、みんな日常性の中に潜む非日常性です。
このドラマの作りがあまりにも丁寧すぎて、ストーリーの展開が遅く感じられ、それが視聴者に退屈を感じさせている面があるかもしれません。
これらはすべて私たちの日常生活の中にも起こっているごくごく当たり前の、小さな出来事ばかりです。ある意味、他人の目から見ればどうでもいいようなことでしょう。
しかし、当人にしてみれば「どうでもいいような」小さな出来事は、とても大きな意味を持つものばかりです。
それは、自分をその立場に置いてみればすぐにわかります。
そのようにこのドラマを観てみると、「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣く」ようになり、面白さが倍増します。
私は毎回、観るたびに喜び、泣いています。


しかし、それだけではありません。
私たちの生活の中には、同時に「非日常性の中に潜む日常性」もたくさんあるのです。
ほかの人には理解してもらえないような辛いことや悲しいこと、苦しいことなど、これらは当人にしてみれば「非日常的」なことです。人はだれでもこのような「非日常的」なことは求めず、波風の立たないごくごく普通の「日常的」な生活を求めるものです。
しかし、忘れてはならないのは、この「非日常的」なことの中にもたくさんの「日常性」が隠されているということです。


去る3日にお会いした、癌で病床に臥せっていらっしゃる鴨下新市さん(「ハゲ増す?」)のことを、あれ以来ずっと一日に何度も覚えてお祈りしています。
新市さんや奥さん、ご家族のことを思うと胸が痛みます。
とつぜん癌を宣告され、かなり危機的な状況にあるということは紛れもなく「非日常的」なことです。しかし、そのような中において静かに流れる時、家族とともに過ごす大切な時間、神様との語らいの時、これらはすべて新市さんにとっては「日常性」です。


私たちも、「非日常性の中に潜む日常性」に気づくとき、そこに平安や喜び、希望を見出すことができます。
それが、真の幸せです。
決して「日常性の中に潜む非日常性」を求めないこと、認めないことではないのです。


「あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである」
(コリント人への第一の手紙 10:13)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

本物の幸せ

2017.05.11日

山のあなたの空遠く
「幸」(さいわい)住むと人のいふ
噫(ああ)、われひとと尋(と)めゆきて
涙さしぐみかへりきぬ
山のあなたになお遠く
「幸」住むと人のいふ

(カール・ブッセ作 上田 敏訳)


ずっと「幸せ」を捜し求め続けてきた。
でも、「幸せ」は見つからなかった。
それはとても悲しいことだったけれど、
でも「幸せ」がないというわけではない。
どこかに、どこかに、きっとあるんだよ
(現代語訳)


人は「幸せ」を求めて人生を歩みます。
それは、家族や友人であったり、仕事や趣味、旅行、グルメだったりと、いろいろです。
でも、どこを探し求めても真の「幸せ」は見つかりません。
メーテルリンクの『青い鳥』だったら、「家(身近なところ)にあった」となるわけですが、必ずしもそうなるわけでもありません。


しかし、アメリカ合衆国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの妻、エレノア・ルーズベルトは次のように語っています。
"Happiness is not a goal – it’s a by-product of a life well lived."
「幸せとは目標ではない。良い人生を歩んだときの副産物だ」

(訳 舟田譲二)


確かに、「幸せ」を探し求める人生は虚しいです。
まあ、そこそこ満足させてくれるものは見つかるでしょう。しかし、それが本物の幸せではない、ということを私たちは直感的に知っています。
むしろエレノア・ルーズベルトが言っているように、良い人生を歩んできたことを感謝するときにあとからついてくるもの、それが本当の「幸せ」です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

恋は盲目。友情は目をつむる?

2017.05.06日

"Love is blind, but friendship closes its eyes."
「恋は盲目。友情は目をつむる」(ことわざ)
(訳 舟田譲二)


quote-about-love_3841-7.jpg


「恋は盲目」ということわざは有名で、どうやら万国共通のようです。
上のことわざでは、その後に「友情は目をつむる」というのがついています。
おそらくこの意味は、友人の目には欠点は見えるけれども敢えてそれを指摘せず、見て見ないふりをする、というようなことでしょう。
その点、恋に落ちると「あばたもえくぼ」で、相手の欠点が見えなくなることを言っています。


しかし、面白いことに気づきました。
日本語では「恋」と「愛」を区別して、「恋」はなんとなくちゃらちゃらしていて、浮ついた「惚れた、腫れた」の類いのものですが、「愛」と言うと、「神の無条件の愛」のように高尚なイメージがあります。
ところが、原語の英語では両者を区別せず、ただひと言 Love です。


英語のことわざで"Love is blind."と言うときには、日本語の「恋」のようなイメージなのでしょう。
しかし、私は本物の愛は「盲目」ではなく、また上の友情のように「見て見ないふりをする」「目をつむる」とも違うと思うのです。


相手の弱さや欠点などが見えていても、わかっていても、それを承知の上で「ありのまま受け入れる」。これこそが本物の愛ではないでしょうか。
条件付きで、気に入れば、自分の眼鏡にかなえば愛する、というのは自己中心的な愛で、こんなものは本物の愛からはほど遠いものです。


むしろ、本物の愛は、相手を両目でしっかり見て、今まで見えなかった部分、良い点を敢えて見つけることです。
相手の欠点ばかりが目についている間は、愛が欠けている証拠です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ハゲ増す?

2017.05.03日

"Dreams are only dreams until you wake up and make them real."
--Ned Vizzini – 1981-2013, Writer
「夢はあくまでも夢にすぎない。目覚めて、それを現実のものにしない限りは」
--ネッド・ヴィッジー二、作家
(訳 舟田譲二)


今日は妻の母教会の宣教60周年記念感謝会に参加してきました。
後藤喜良先生の力強いメッセージと、これまでご奉仕してこられた牧師先生たちや献身者の方々、ここで信仰に導かれた方々のお証(あかし)などがありました。
ドイツから来た女性宣教師が開拓されたこの教会は、過去60年の間に16人という大勢の献身者を輩出してきました。一応、妻もその中のひとりということで、突然証を頼まれて少し語りましたが、皆さんお話のお上手な方々ばかりでした。
中でもFacebookでお知り合いになった、敬愛する鴨下彌(わたる)先生の尾西教会で信仰に導かれたお証はまるで漫談のようでみんな笑い転げていました。


IMG_0961.JPG


IMG_0888.JPG


私たちの結婚の仲人をしてくださった中嶋先生ご夫妻と妻の青年時代の信仰の友、Mさんと一緒に


しかし、一番親しくさせていただき、お会いするのを楽しみにしていた新市さんからほんの数日前メールをいただき、癌で入院中と知らされ、私は「心が折れそうになって」いました。


しかし、司会をしていらっしゃる牧師の土肥先生は、沈痛な表情ではなく、むしろにこやかに新市さんのご病気のことをお伝えになりました。
土肥先生によると、現在の新会堂建設の是非を問う役員会で全員が反対したにもかかわらず、新市さんおひとりが賛成され、教団の理事会で3分の2以上の賛成があってゴーサインが出たそうです。
そして、長年にわたって積み立てられてきた会堂献金で借入金ゼロで建築できたとのこと。


新市さんは祈りに祈って、そして行動を起こして長年の夢だった会堂建設を現実のものにされたのです。
今日の60周年記念感謝会をほかの誰よりも楽しみにしていらっしゃった新市さんが参加できなかったのを皆さんとても残念に思っていらっしゃいました。


私たちは新会堂の献堂式の約1か月後に訪ねましたが、妻が青年時代をともに過ごした新市さんと私はそこで友達になりました。


その新市さんが癌と知り、Facebookの彼の過去の記事をたどると、3月には次のように書いていらっしゃいました。
「12月から3ヶ月半理髪店に行ってないので困っていましたが、調度抗がん剤の副作用で髪の毛がなくなりつつあり、理髪店に足を運ぶ手間がなくなり助かりました。全て主は益としてくださいます。感謝です」


記念会のあと、新市さんを病院にお見舞いに行けるかどうか土肥先生にお尋ねしたところ、大丈夫とのお返事。
「かえってこちらが励まされますよ」と土肥牧師。


早速、病院に向かいました。
ベッドの上の新市さんに今日の記念感謝会のお話をし、新会堂の影の功労者である新市さんの労をたたえると、新市さんは謙遜して全ては神様のみわざとおっしゃるばかり。
土肥先生がおっしゃっていたとおりだったので、私はそのことを伝えて「とても励まされます」と言ったところ、新市さんは
「いや、まだ髪の毛はありますよ」
と冗談で返し私たちを笑わせました。
実は新市さんは鴨下彌先生の弟さん。ご兄弟揃ってすごいユーモアの持ち主です。


でもそれ以上に、私は信仰者の強さを見せつけられた思いをしました。
最後に新市さんと手を取り合ってお祈りしましたが、みんな涙が溢れてきました。それは悲しみの涙ではなく、感謝の涙でした。


「イエスは彼女に言われた、『わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。
また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。あなたはこれを信じるか』」

(ヨハネによる福音書 11:25, 26)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

今日もいくつもの素敵な出会いが

2017.05.02日

4年前にお会いした榎本和子先生(「京都は暑く、私も熱かった!」)は、知る人ぞ知る『ちいろば』牧師の奥様です。
3年前に再びお会いして(「素晴らしい出会い」)またの再会をお約束していたのですが、今日それを果たすことができました。


前回、前々回は妹は一緒じゃなかったのですが、今回は妹にも是非とも会ってもらいたいと思い、同伴してもらいました。


朝、お電話したらお風邪を召して、花粉症で顔と両目が腫れていて床についているのでお会いできないと恵さんのお嫁さんのお返事だったのですが、「今、起きてきました。ちょっとお待ちください」とおっしゃって、和子先生とお話ししたところ是非お越しくださいとのこと。
すぐに準備して家を出ました。


目が腫れていて会うのが恥ずかしいとおっしゃっていたのですが全然わからないほどで、今年92歳というお年を感じさせないほど相変わらず頭はボケるどころか私よりもはるかに明晰でかくしゃくとしていらっしゃって驚かされました。
話はあちらこちらに飛びますが、全てきちんと理解し、適切なお返事やご感想をくださり、またご謙遜と独特のユーモアでみんなを笑わせてくださいます。


IMG_0841.JPG


「前回お会いしたときよりお元気そうで、どっしりと落ち着いていらっしゃる」と、私の顔を見るなり言ってくださり、2年半前に健康を回復したことをちゃんと見抜いていらっしゃって、二重三重に驚かされました。


昨日私たちがお会いした西村先生のこともよく覚えていらっしゃり、和子先生にいただいた『旧約聖書一日一章』『新約聖書一日一章』を宝物にして読んでいらっしゃいますよ、とお伝えしたところ、昨年出版された『ちいろばの女房』を西村先生、妹と私に一冊ずつ、おもて表紙を開いたところに目の前でみ言葉とサインを達筆でしたためてプレゼントしてくださいました。


IMG_0874.JPG


妹がオルガンに興味を持っていることを伝えたところ、るつ子先生が奥の部屋にあるとても立派なオルガンを見せてくださって、週に一日オルガンを教えているとおっしゃいました。それを聞いた妹は以前からずっとオルガンを習いたいと思っていたと言うと、なんとその場で来週からオルガンを教えてくださることになる、というびっくりぽんのお土産付きでした。


IMG_0844.JPG


ほんの30分ほどお目にかかれれば、と言ってお伺いしたのに、いつの間にか2時間になってしまいました。おいとまする時には、お昼をご一緒にどうぞとお勧めくださいましたが、温かいお心遣いを心から感謝して失礼しました。


榎本先生宅を出て急いでヴォーリズ学園へ。
副校長先生と少しお話しして、校内を見学させていただきました。
顔を合わす生徒たちが「こんにちは!」と元気よく挨拶してくれ、礼儀正しいのに驚きました。
つい10日前に召天された道城先生のお部屋は電気が消えていて主人なき学園長室が寂しさを物語っていました。
副校長先生始め、お話しする先生方皆さんが、道城学園長は責任感の強い方で使命を全うされたと口を揃えておっしゃっていました。
先ほどのるつ子先生はヴォーリズ学園でハンドベルのご指導をしていらっしゃいますが、るつ子先生も道城先生のことを、学園長として、理事長として、牧師として、父親として、夫として使命を立派に全うされたとおっしゃっていましたが、死の間際まで全力で走るべき行程を走り抜かれた先生を改めて尊敬しました。


IMG_0856.JPG


ヴォーリズ学園を後にして次に道城先生宅を訪ねました。40年前の留学中、大変お世話になった道城夫人を弔問しました。
お部屋の中は道城先生がお使いになっていたパソコンなどがそのままあり、在りし日の道城先生が偲ばれました。
まだ10日ほど前にご主人を亡くされたばかりですが、夫人はとても明るく、昔の思い出話や、4人のお子さんのこと、お孫さんのことなどをお写真を見せながら話してくださいました。
上の3人の息子さんたちは、当時まだ生まれたばかりの赤ん坊から幼稚園児くらいのわんぱく坊主でしたが、今や独立してご家庭を持っていらっしゃり、道城先生も立派に成長されたお子さんやお孫さんたちに囲まれて天国に旅立たれ、お幸せだったことでしょう。
奥様も道城先生の生涯を太く短い立派な人生だったと振り返っていらっしゃいました。
「されど我らが国籍は天に在り」
のみ言葉をいつも語っていらっしゃった道城先生ですが、まさにそのみ言葉に生きる人生でした。


IMG_0860.JPG


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

今日の素敵な出来事

2017.05.01日

今日は本当に幸せな一日でした。
昨日から滋賀に住む妹宅に滞在し、今日は妹と一緒にお昼に京都の小学校時代の恩師を訪ねました。妹の運転する車で滋賀県ののどかな田園を通り抜け、京都に入るともう懐かしさで胸がいっぱいになりました。


幼稚園に始まり、小中高大と京都で育ったのですが、その間教わった数多くの先生の中で、たった3週間のつながりだったのに一番親しみを感じ、私の人生に最も大きな影響を与えたのは、小学4年生のときの教育実習生の西村隆宏先生でした。
以来、57年にわたる長いお付き合いの中で、母の葬儀から私の結婚式など、人生の節目節目には必ず立ち会ってくださり、またずっと文通を続けて近況報告をし合ってきました。
また、これまでに何度も家に泊めていただいたり、京都観光に連れていただいたりと、まるで親戚のようなお付き合いでした。年齢的にはひと回りほど離れたお兄さんのような方ですが、私にとってはお父さんのような存在です。


心温まる素晴らしいお食事のご接待をいただきながら、しばらくお会いしていなかった間の積もる話に花が咲きました。


IMG_0805.JPG


IMG_0809.JPG


お別れを惜しみつつ近いうちの再会を約束して西村先生のお宅を後にし、中高大学時代10年間過ごした嵐山を回り、昔住んでいた家の前を通って昔の日々を偲びました。


IMG_0821.JPG


夕方、5歳違いの従兄の家を訪ねました。
ここの次女が先日のブログ「こんな芸術家が身内にいた!」に登場しましたが、アメリカ留学から帰国した33年ほど前にまだ幼児の頃に会ったきりだったので是非とも会いたいと妹に言っていたら、この子の写真家の兄も実業家の姉(私の従兄弟甥・姪)にもみんなに会えるよう手はずを取っておいてくれました。
彼らの仕事ぶりや作品などを見て目を細め、大きな将来の可能性に期待を膨らませました。


IMG_0872.JPG


その後、京料理に連れていただき、舌鼓を打ってその美味しさに酔いしれました。
従兄からは親族の昔話や近況などを教えてもらい、長いブランクを埋めてもらって、みんなでとても楽しいひと時を過ごさせていただきました。


IMG_0839.JPG


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

心が折れそうになってる…

2017.04.30日

"You are braver than you believe, stronger than you seem, and smarter than you think."
--(Winnie the Pooh) A. A. Milne – 1882-1956, Author
「あなたは自分が信じているより勇敢で、見た目よりもよりも強く、思っているより利口だ」
--『クマのプーさん』の原作者、A・A・ミルン
(訳 舟田譲二)


実は今、私は心が折れそうになっています。


ちょうど1週間前の記事「命の恩人の召天の知らせにショック」に書いた道城先生の奥様を明後日、弔問させていただくことになっています。
本来ならばこの日にお見舞いに伺う予定だったのですが、癌の進行が予想外に早く、1週間遅れで間に合わず残念ながら願いがかないませんでした。
73歳での召天でした。


そして、3日は妻の母教会の60周年記念会があり、私たちの仲人をしてくださった牧師先生始め、これまでに二度この教会を訪ねた際、お知り合いになった方々とお会いできるのを楽しみにしてきました。
ところが昨夜、そのうちのひとりで一番親しくさせていただいている兄弟にメールで時間を尋ねたところ、返ってきた返事に愕然としました。
癌で入院中で、万一の時に備えて家族の出席も難しいとのこと。記念会の後、お見舞いに伺いたいと思っています。
この方は私たちと同い年です。


この他、病名は知らされていませんが、もう半年以上入院しておられる知り合いの方がいらっしゃいます。この方はまだ30代の若い方で、毎日お祈りしているのですが、お母さんと離れて寂しい思いをして暮らしている幼いお子さんたちのことを考えると辛くてたまりません。


でも、このような中、グッドニュースがあります。
57年の長きにわたって親しくお付き合いさせていただき、敬愛してやまない小学校時代の恩師、西村先生を明日、京都にお訪ねすることになっているのです。


先生は7年前血液の癌と言われるリンパ腫を患われ、化学療法で一旦良くなられたのですが、昨年秋再発し、今また治療を受けていらっしゃいます。
これまで結構頻繁にお会いしていたのですが、ここ3年ほど私が急に忙しくなったことと、先生のご病気もあってお会いすることがかなわなかったので、化学療法が一段落し落ち着いているとお聞きして、居ても立っても居られないなくなり是非ともお目にかかりたいとお願いし、明日の再会が実現することになったのです。しかも、滋賀に住む妹と一緒にお会いできるというオマケ付きです。


西村先生は私の人生の中で今や一番長くお付き合いさせていただいている、私にとってまるで父親のような存在の大切な方です。
先生がリンパ腫と闘い、懸命に明るく、積極的に生きていらっしゃるお姿は、今心が折れそうになっている私にとって何よりもの喜び、力の源泉となっています。


クマのプーさんが、
「あなたは自分が信じているより勇敢で、見た目よりもよりも強く、思っているより利口だ」
と励ましてくれているような気がして嬉しくなりました。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

東北でよかった!?

2017.04.28日

"It’s not what you say out of your mouth that determines your life, it’s what you whisper to yourself that has the most power."
--Benjamin Disraeli – 1804-1881, Former British Prime Minister
「口が語る言葉があなたの人生を決定するのではない。最も大きな力を持っている、自分の心にささやく言葉が人生を決定するのだ」
--ベンジャミン・ディズレーリ、元英国首相


今村雅弘元復興大臣が東日本大震災の復興に関連して、「まだ東北のほうだったからよかったが、もっと首都圏に近かったりすると、莫大な額になる」と失言し、その責任を取って大臣を辞任しました。
まことにデリカシーに欠ける不用意な発言で、空いた口がふさがらない、とみんな思っていることでしょう。私もそう思っていました。


実際には、冒頭でベンジャミン・ディズレーリが言っているように、「口が語った言葉」というよりむしろいつも心の中で思っていたことがついおもてに出てしまって、それが彼の人生を決定づける結果となったと言う方が当たっているのでしょう。


ところが、なんと面白いことに、この「東北でよかった」発言が、逆手を取ってポジティブになって急拡散しているそうです。
ハッシュタグ「#東北でよかった」をつけて東北地方の魅力を伝える投稿が大量にされていると言います。
曰く
「青森はねぷた祭りではしゃげるし、秋田は金萬、ハタハタ美味しいし、岩手ははやぶさ・こまちの連結切り離し見れるし、山形はさくらんぼ狩りできるし、宮城は光のページェントやばいし、福島は磐梯山のドライブ最高なので、生まれが #東北でよかった ( ˘ω˘ )」
等々。


%82%E6%82%A9%82%C1%82%BD.jpg


これらもやはり普段から心の中でそのように思っているから自然と口に出てきたのです。
図らずも今村元復興相の不用意な発言が、逆に東北の良さをアピールすることになった!
こんな展開になるとは、だれも予想だにしなかった?
いいえ、そうではなく、東北を愛してやまない人たちが常々心の中でささやいている言葉が、大臣の不快な失言すらも、明るい、希望の言葉に変えてしまったのです。
「口が語る言葉があなたの人生を決定するのではない。最も大きな力を持っている、自分の心にささやく言葉が人生を決定するのだ」


ガンバレ、東北!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ひよっこ

2017.04.25日

“The right thing to do and the hard thing to do are usually the same.”
― Steve Maraboli
「なすべき正しいことと、なすのが困難なことはたいてい同じだ」
― スティーブ・マラボリ
(訳 舟田譲二)


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202017-04-24%2022.56.40.jpg


「どうすっぺ?」に続くNHKの朝ドラ『ひよっこ』の第2弾です。
だんだん面白くなってきました。
これまでの筋展開はあまりにも日常的なことばかりで、平凡なストーリーのイメージで、妻は「つまらない」と言っていたのですが、私は今回のこのドラマには結構初めからハマっています。


そのひとつは、平凡な中に小さなドラマがいくつもあり、これが私たちの日常生活と同じだから共感するのです。
今ひとつの理由は、演出に負うところも大きいと思うのですが、出演者の演技がみんなすごく自然でとても上手いこと。ドラマを観ているのを忘れさせるほどです。
もうひとつは、時代背景が私の青春時代と重なっていて、以前「豊かだった昭和時代」に書いたように、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のような素朴な時代の人情の温かみを感じるからです。


これまでもそうでしたが、昨日の『ひよっこ』のシーンでは何度も泣かされました。
登場人物一人ひとりの気持ちが痛いほど伝わってきて、感情移入してしまうからです。
これからのストーリーの展開、ある程度想像はつくのですが、「ひよっこ」がどのように成長していくのか楽しみです。


冒頭のスティーブ・マラボリの言葉、
「なすべき正しいことと、なすのが困難なことはたいてい同じだ」
を、このドラマの中の人たちは本当は難しいのに違いないのに、みんなごく自然にやっている。そこにも胸を打たれます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

使命に生きる

2017.04.23日

「小さな奇跡」という昨日の記事をご覧になったひとりの方から次のようなメールを朝一番にいただきました。
ご本人の承諾を得て、その一部を下にご紹介させていただきます。


「敬愛なる舟田先生
おはようございます。
朝からすみません、どうしても舟田先生に感謝の気持ちを伝えたくてメールさせて頂きました。
私は先生のブログに毎日どれだけ力を頂いているか分かりません。最近は自分でも驚くほど精神状態が不安定になることがあり、聖書を開く元気もない時に、先生のブログに何度も救われました。(不思議なことにどれもタイムリーなメッセージで、神様の働きを感じました)
私にとって先生のブログは、本当に豊かに生きる為の知恵がつまった、現代版・箴言です。
先生にしかできない素晴らしい働きですね。
その恩恵にあずかることができて本当に感謝致します。
きっと多くの読者の方も同じ気持ちだと思います。
先生も毎日お忙しいと思いますが、お体ご自愛下さいね。また夏になったら海でプレヤーウォーキングできたら嬉しいです!
では、今日も舟田先生にとって素敵な1日になりますように!
感謝を込めて
H」


じつはこのようなメールを読者の方からよくいただくのですが、これぞまさしく私の願っていることで、私がこのブログを書く目的です。
私は次のようなお返事を書き送りました。



「Hさん
こんにちは。
私のブログが少しでもお役に立っているなら本当にとても嬉しいです。
おそらく今日の記事を読んで、このようなご感想を寄せてくださったのだと思いますが、その中に書いていますように、一人ひとりみんなに、ひとりの漏れもなく存在の意味・目的があり、使命が与えられています。そして、それはもちろん神様から来るものです。神様抜きにしたら、人生に目的も意味もありませんし、使命がなければ人は生きていくことができなくなります。
蟻のような小さな生き物や、さらに言えばアメーバや細菌のような微生物にさえ存在の意味、目的、使命が与えられていて、みんな必死に生きようとしているのです。たったこれだけのことでも、神の存在が証明できると言っても過言ではないと私はいつも思っています。
神様はHさんに素晴らしい賜物をたくさん与え、尊く用いてくださっています。Hさんの普段からの明るさ、積極性などは周りの多くの方々に希望や喜びを与えてくれていますよ。
ですから安心してください。
『主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである』
(エレミヤ 29:11)
私もHさんの平安と希望に満ちた明るい将来を信じて祈っています」


これは、私がこのブログで繰り返しお送りしているメッセージ、私の信念です。
皆さんも、「◯や◯は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう」と、ご自分の持てる最高のものを家族や友人に、この世に提供して与えられている使命を全うしてくださいね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

小さな奇跡

2017.04.22日

"I have no silver and gold, but what I do have I give to you."(Acts 3:6)
「金や銀は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう」(使徒の働き3:6)

(訳 舟田譲二)


これは有名な聖書の中の一節です。
今から約2000年前の歴史上の出来事。
イエス・キリストの十字架上での処刑後、弟子たちは師を失って意気消沈し、迫害を恐れて隠れていましたが、復活したイエスに出会ってからは、まったく別人のように生まれ変わりました。
弟子たちの筆頭、ペテロは3度もイエスを知らないと言って裏切りましたが、実際に復活の主に出会って、力強くイエス・キリストを宣べ伝えるようになりました。そして、その信仰の故に幾多の迫害にあい、最後は逆さ磔(はりつけ)という殉教の死を遂げた、と伝えられています。
そのペテロが言ったのが冒頭の言葉です。
このあと、彼は次のように続けています。
「ナザレの人イエス・キリストの名によって、歩きなさい」
すると、生まれつき足のきかなかった男がたちまち癒されて歩き出した、という奇跡が起きました。


しかし、今日、私がここで述べたいことは、これとは異なる奇跡です。
私はよく、冒頭の
「金や銀は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう」
という言葉を瞑想するのです。


この世の中、「金や銀」という言葉で象徴されるような、経済的に裕福な人もいれば逆にそうでない人もいます。
同様に、学問や医療、芸術やスポーツなどさまざまな分野で抜きんでた人もいれば、そうでない人もいます。
しかし、私たちはみんなお互いに補完し合うように生まれてきています。


昨夜、フィギュアスケート世界国別対抗戦がテレビで放映されていました。
これを見て、励まされたり心が踊るような思いになった人も多かったことと思います。
このほか、連日行われているサッカーやプロ野球などのスポーツも同じです。
テレビでやっている歌番組によって、あるいはコンサートなどで音楽によって勇気づけられている人も大勢います。
ドラマやバラエティ番組などの娯楽によって癒され、楽しんでいる人もたくさんいます。
旅行したり、あるいは外食したりすることによって元気をもらっている人もいます。
病気になると医師のお世話になり、私たちはとても助けられています。
このように、私たちはみんなお互いに助け合っているのです。


私の健康のことを心にかけてくださって毎月、たくさんのサプリメントを贈ってくださっている方がいらっしゃいます。
あるいは地元の産物のうどんやチーズやハムなどを贈ってくださる方もあります。
また別の方は健康に関する本を送ってくださったり、食事などの健康法を教えてくださいます。


冒頭のペテロじゃないですが、私には金銀はありません。そのほか、私にはないものの方が多く、このように多くの方々から助けられています。
でも、私にあるもの、それは英語や教育という仕事、またこのブログ記事など、これらによって少しでも人々のお役に立つことができているなら、たとえどんなに小さくても、それは与えられている使命を果たしていると思うのです。


このようにこの世のすべてのもの、空気や水を始め、食物となる動植物やペットも、みんなそれぞれに使命が与えられていて、それを用いることによって互いに助け合っている。
同様に、あなたにも、家族の間で、また仕事を通してなど、あなたでなければできないことが必ずたくさんあります。
それが与えられていること、そして貢献できていることを感謝しつつ、また同時にほかの人たちやさまざまなものによって助けられていることを感謝する。
このとき、小さな奇跡は私たちの身の周りでたくさん起きるのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

良い人間関係を築くために

2017.04.09日

まれに見るほど幸福に感じている100人にインタビューしたなら、戻ってくる答えの共通点のトップは「まれに見るほど」の良い人間関係です。


現代の私たちの大衆文化の中では物質主義や自尊心などが一般に広く受け入れられているにも関わらず、富や美は幸福をもたらすのには不十分です。
と言うか、富や美は幸福になるために必要でさえありません。さらに言えば、職場での、家族間での、あるいは家庭内における下手な人間関係が、苦悩と心労の確実な原因です。
私たちのほとんどにとって、幸福のレベルにもっとも大きな影響を与えるのは家族間の人間関係です。その中でも一番強力な影響を持つのは、ひとつの屋根の下に一緒に住んでいる核家族で、とくに親子間の関係です。


年齢に関わらず、あなたと両親との関係は慰めになるか苦痛になるかのどちらかです。多くの子どもたちは両親に対して相反する感情を持っています。しかし、ほとんどの子どもは両親に認めてもらいたい、関心と愛を示してもらいたいと切に願っています。両親も似たようなニーズを持っています。


あなたが親だったら、子どもがあなたに愛されていると感じるよう、つねに、そして真剣な努力をする決意をしなければなりません。
子どもにもっと幸せになってもらいたい、そして自分自身ももっと幸せになりたいと思うなら、子どもたちが頑張っているのを低く評価したり、認めることをおろそかにしたりせず、また失望しているような素振りをすることは避けなければなりません。息子、娘として誇りに思っているということを伝えなさい。


そして、今もまだ両親が健全であるなら、子どもの頃両親にしてもらったことに対してだけでなく、今のありのままの両親を愛していることを伝えて喜ばせてあげましょう。
両親に頻繁に話しかけ、上辺でない、有意義な会話をしましょう。
また両親の助言を求めましょう。あなたがその助言にたとえ同意しなくても、軽蔑の眼で両親を見るようなことをしてはいけません。
愛を表す最善の方法は、敬意を表すことです。


マイケル・ジョゼフソン
(訳 舟田譲二)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

元気になりたかったら

2017.03.31日

"If you want to lift yourself up, lift up someone else."
--Booker T. Washington – 1856-1915, Educator
「もし元気になりたかったら、だれか他の人を元気にしてあげなさい」
--ブッカー・ワシントン、教育者


ブッカー・ワシントンは、バージニア州で奴隷として生まれました。
奴隷制から解放された後、教員養成学校で学び、後年米国で著名な教育者となり、裕福な慈善家から支援を得て多数の小さな地域の学校と、南部の至る所で黒人のための高等教育機関を設立、運営することを支援しました。


彼の自叙伝『奴隷から立ち上がりて』はベストセラーとなり、彼は大統領のゲストとしてホワイトハウスに招待された最初のアフリカ系アメリカ人となりました。


彼はアメリカ合衆国の社会への寄与に関して、ハーバード大学とダートマス・カレッジから名誉学位を与えられ、バージニア州ハーディの彼の生家は国の記念物に指定されました。また、初のアフリカ系アメリカ人を記念する硬貨として彼の肖像が刻まされた50セント硬貨が発行され、アメリカ郵政史上初のアフリカ系アメリカ人を描いた彼を記念する切手が発行されました。
(以上Wikipediaより一部抜粋)


このブッカー・ワシントンが語っている言葉が冒頭の、
「もし元気になりたかったら、だれか他の人を元気にしてあげなさい」
です。
いかにも教育者らしい、またアフリカ系の同胞のために尽力した、素晴らしい人物にふさわしい言葉です。
そして、この勧めは単に「元気になりたかったら」にとどまらず、「幸せになりたかったら」「豊かになりたかったら」「友人が欲しかったら」「頭が良くなりたかったら」等々、ありとあらゆることに通じる普遍的な教えです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

幸いな生き方

2017.03.29日

"As I look back on my life, I realize that every time I thought I was being rejected from something good, I was actually being redirected to something better."
ーーSteve Maraboli - Speaker, Author, & Behavioral Scientist
「人生を振り返ってみると、いいものを拒絶されたと思っていたのが、じつはさらに良いものへ導かれていたということに気づく」
--スティーブ・マラボリ、スピーカー・作家・行動科学者
(訳 舟田譲二)


スティーブ・マラボリの格言、「人を愛する最善の方法」を一昨日シェアしましたが、ちょっと調べてみると、マラボリは数々の素晴らしい格言を発し続けています。
どれもこれも波長が合い、大ファンになってしまいました。
きっとこれからもこの人の格言を度々シェアさせていただくことになることと思います。


今日の格言、
「人生を振り返ってみると、いいものを拒絶されたと思っていたのが、じつはさらに良いものへ導かれていたということに気づく」
は、これまで私がこのブログで繰り返し書いてきたことと軌を一(きをいつ)にします。


私もこれまでの人生を振り返って、自分の思いどおりに行かなかったとき、「なぜ?」といぶかしく思ったり、不満に思ったり、がっかりしたり、辛い思いをしたり、ときには腹を立てたこともありました。
しかし、あとになって考えると(何年越しということもありましたが)、それら一つひとつが目に見えない糸のようなものでつながっていて、結局は最善の結果に導かれていた、ということばかりです(これは私の信念である「新超ひも理論」です)。
みなさんもそのように感じていらっしゃることはありませんか?


私の好きな聖書の言葉もこのことを別の表現で語っています。
「凡(すべ)てのこと相働きて益となる」(ローマ8:28)
これは文語訳という私のお気に入りの訳ですが、ちょっとわかりにくいかもしれません。
英語訳では
"And we know that in all things God works for the good of those who love him, who have been called according to his purpose.”
「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています」(新改訳)
と、「物事が自然と良くなる」というのではなく、神様ご自身が背後にあって働いて物事を最善に導いてくださる、ということが明らかにされています。


成り行き任せ、運に頼るわけではありません。
人格者なる神様が、私たちの最善を願って一人ひとりの人生を導いていてくださっているという信仰の世界です。
ならば、これから先、残された人生も最善に導かれるに違いないと信じ、神の御手に委ねること。これが一番幸いな生き方だということになります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

人を愛する最善の方法

2017.03.26日

"I find the best way to love someone is not to change them, but instead, help them reveal the greatest version of themselves."
--Steve Maraboli – Author and Speaker
「人を愛する最善の方法は、その人を変えようとするのではなく、その人が最高の自分を出せるよう手助けすることだ、ということを私は悟った」
--スティーブ・マラボリ、著作家・スピーカー
(訳 舟田譲二)


そうなんです。
私たちは無意識のうちに、自分が愛している人、子どもとか伴侶とか、近しい人ほどより良くなってほしいと望むあまり、ついついその人に「こうした方がいいよ」「これはしない方がいい」と言ったり、ときには「こんなことはしちゃだめだ」と言いたくなるものです。
その動機はあくまでもその愛する人に良くなってもらいたいからで、もちろんいじわるなんかではありません。


しかし、往々にして相手からは煙たがられたり、ときには反発されたりして、こちらの意図が伝わりません。
スティーブ・マラボリはとても素晴らしい助言を私たちに与えてくれています。
「人を愛する最善の方法は、その人を変えようとするのではなく、その人が最高の自分を出せるよう手助けすることだ」と。
手助けするには方法はいくつもあるでしょう。
それはアドバイスや説教ではなく、むしろ自分でモデルとなり示すことかもしれません。
「最高の自分を出す」とは、その人が内に持っているものを引き出すことです。
そのお手伝いをするのが、最善の愛を示す方法なのです。
なにか心当たること、あなたにもできることはありませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

恵みを数え始めたら

2017.03.24日

"When I started counting my blessings, my whole life turned around."
--Willie Nelson – Singer/Songwriter
「恵みを数え始めたら、私の人生は180度変わった」
--ウィリー・ネルソン、シンガーソングライター
(訳 舟田譲二)


1年少し前の記事、「幸せだなぁ、ぼくは」「超先行予約」に登場した現在小1のMちゃん。
幼稚園年長さんで入塾してきたのですが、この1年間の成長は目覚ましく驚かされることばかりです。


家が近くで、しかも私の自宅と塾の前の通りが通学路になっているので、しょっちゅう会います。そして、学校の帰り道などに会うといつもニコニコして近寄ってきて、お互いにハイタッチを交わします。これだけで、"You made my day!" (お陰で今日も最高の一日になったよ!)


一昨日は、授業中私の顔を見ていて「学院長先生」と言うので、「なあに?」と聞き返すと彼女の口から返ってきた言葉は、なんと
「学院長先生の髪の毛、少なくなってきたね」。
「えーっ、いっぱいあるよ!ほら」
もう、可愛くて仕方ありません。


つい数日前、誕生日を迎えた中学高校時代の友人に「おめでとう」メッセージを送ったところ、戻ってきた返事に「孫のためにまだしばらくは働きます」とありました。
「うちはまだ孫はいないんですよ。羨ましいです」
と書いたのですが、考えてみたら私などいったい何人の孫同様の可愛い子どもたちと毎日塾で顔を合わせていることか。


つい先日も、上のMちゃんが私に尋ねました。
「学院長先生、ガウディアの生徒たちのこと好き?」
「うん、みんな大好きだよ!」
そう、ガウディアの生徒だけでなく、中学生も、卒塾した生徒たちも、私にしてみればみんな孫のようなもの。可愛くないわけありません。
こんな素晴らしい仕事に就けて本当に幸せだ、と毎日を満喫しています。
もちろん、辛いことや悲しいことも多々ありますが、恵みを数え始めると止まりません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

人が幸せを感じるのは

2017.03.12日

近年、「幸福」の本質や要因について、知識の体系化がかつてないほど進んできています。
そのひとつとして、「幸福」は感情であり、決して環境によるものではないということが明らかになりました。幸福とは「面白いこと」や「楽しいこと」以上のことです。幸福は、長く続く健全な状態だということができます。


私たちが幸福と感じるのは、「私たち【に】何かが起こるから」ではなく、「私たち【の内に】何かが起こるから」です。言い方を変えれば、幸福とは人生に対する私たちの受け止め方です。
アブラハム・リンカンはかつて言いました。
「人は自分が願う分だけ幸せになれる」と。
仏教の諺によると、
「痛みは避けられない。しかし、苦しみは選択できる」のです。


それでは、幸せな人たちに共通する特性は何でしょうか?
お金ではありません。名声でも、外見でもありません。知性や能力でもありません。
いいえ、もっとも大切なふたつの要因は、「感謝の心」と「満足いく人間関係」です。


公式は単純です。
「感謝できることを数え、家族や友達を楽しむこと」です。


ところが残念なことに、「単純」イコール「簡単」とは限りません。


本能的に暗い表情をする人や悲観的になる人は、自分たちの考え方を再構築しなければなりません。
「幸福とは欲しいものを手に入れることではなく、自分が手に入れたものを望むことだ」
と言うのと、
「自分が持っているもので本当に満足する」
というのはまったく別のことです。


多くの人にとって、ポジティブに考え、行動するには訓練が必要です。


時にそれは、物事の見方を変え、明るい兆しやコップに入っている半分の水を見て、感謝するのを選択することです。
またある時に必要なのは、痛みや失望、嫉妬心などを抱えて悩み苦しむ代わりに、感謝すべきことすべてを含め良い考えに心を向けるように自分をし向けることです。


興味深いことに、ポジティブな態度を維持する能力が、大切な人間関係を生み出したり維持したり、最善の結果を期待することと同様、とても大切なことだということです。


マイケル・ジョゼフソン
(訳 舟田譲二)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

小さな親切

2017.02.27日

"No act of kindness is too small. The gift of kindness may start as a small ripple that over time can turn into a tidal wave affecting the lives of many."
--Kevin Heath
「親切な行為で小さすぎるものなんて一つもない。親切のギフトは小さなさざ波で始まるかもしれない。しかし、やがてそれは多くの人の人生に影響を与える津波となる」
--ケビン・ヒース
(訳 舟田譲二)


小さなさざ波から大きな津波に!
親切な行為は初めたとえどんなに小さく見えても、それはどんどん大きくなっていって、大勢の人の人生を変えるほどの力を帯びていきます。
考えてみたら、人類の歴史はまさにこの人の無私の親切行為の積み重ねです。


ロシアの文豪トルストイが書いた『靴屋のマルチン』は世界中の数え切れないほど大勢の人々に感動を与え、小さな親切を促してきました。


マルチンはとても信仰厚い人でした。
クリスマスが近づいたある夜、マルチンは夢の中 でイエス様の声を聞きました。
「マルチン、マルチン、明日あなたの家に行くよ」 
次の日、マルチンは仕事をしながら窓から外の様子を気にしていましたがイエ ス・キリストはいっこうに現れません。


そのかわり、窓から雪かきをしている老人が寒そうにしているのが見えました。マルチンは老人を家に招いて暖かいお茶をご馳走しました。
次に赤ちゃんを抱いた貧しそうな母親が通りました。マルチンは寒そうにしているお母さんに温かい食事を食べさせ、ショールとお金をあげました。
次に通りすがりにおばあさんのかごからリンゴを取ろうとしている少年を見て、マルチンは急いで外に出て、少年と一緒におばあさんに謝りました。


イエスさまが来るとおっしゃったのは、ただの夢だったか、とマルチンはがっかりしました。
その時、イエス・キリストが現れ、「今日、あなたのところに行ったのがわかったか」と言い、雪かきの老人、貧しい母子、通りすがりのおばあさんと少年の姿に変わりました。


「はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」
(マタイ25:40)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

試練は人生を意味あるものにする

2017.02.20日

"Challenges make life interesting, however, overcoming them is what makes life meaningful."
--Mark Twain – 1835-1910, Writer
「試練は人生を面白くする。しかし、試練を乗り越えることは人生を意味あるものにする」
--マーク・トウェイン、作家
(訳 舟田譲二)


だれでも試練はできることなら避けたいものです。
しかし人生に試練はつきもので、だれも避けて通ることはできません。


試練の真っただ中を通っているときは苦しいし、嫌なものです。でも不思議なことに、試練はある意味人生を面白いものにしています。試練のない人生なんて、「クリー◯のないコーヒー」みたいで、平凡でつまらないことでしょう。


さらに試練を乗り越えて振り返ると、試練が自分を練り清めてさらに大きく、強くしてくれたことに気づきます。つまり、試練が人生を意味あるものにしてくれたということがわかるのです。
きっとそのような意味で、試練を通して私たちが成長することを神様は望んで、敢えて試練を与えてくださっているのでしょう。


少なくとも、試練に対する受け止め方・考え方を変えると、試練そのものが持つ意味も、また私たちに与える影響もすっかり変わってきます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

源たれ

2017.02.19日

私の初恋は高校生のときでした。
私はチアリーダーのメンバの一員で、デイブはアメフト選手。私たちは出会ってすぐデートを始めました。
すぐに親密な仲になりました。まだティーンエージャーでしたが、これまで味わったことのない特別な感情を抱くようになりました。


数か月後、デイブは家族で旅行に出かけ、旅先から私に手紙を送ってきました。
母が届いた手紙を私に手渡してくれました。
デイブからの手紙だとわかると、私は舞い上がるような気持ちで自分の部屋に駆けていきました。
封筒から手紙を取り出すとドアを閉めました。床に座ってドアに背をもたれかかせ、デイブからの素敵なラブレターを読み始めました。
家族旅行の冒険をシェアしてくれ、そして私に会えなくてさびしいと言って、最後のところには「愛してる」とありました。
やったぁー!これまでだれも私に愛してるなんて言ってくれたことありません。
大ショックです。だれかが私を愛してくれてる!私は赤ん坊のように大泣きに泣きました。
嬉しさと悲しさが同時にやってきました。嬉しさというのは、だれかが私を愛してくれてると知ったから。悲しさというのは、これまでだれからも「愛してる」と言われたことがなかったから。


デイブと私は高校生の間、ずっと離れていられなくなりました。
3年生になった時、デイブは妹さんが別の高校に通っているひとりの友達と多くの時間を過ごすようになり、距離が開き始めました。
2週間ほどたったある日、突然、私に別れを告げて、その友達の妹と付き合い始めたのです。
予期さえしなかったことです。ふたりの関係がこのようにして終わり、私は自分は人から愛されるような人間じゃないんだと考えるようになりました。心の中に大きな穴がぽっかりとあきました。
この破局で味わった苦痛は決定的でした。もう二度とだれにもこのようなことを私にさせない、と私は心に決めました。このような思いが実は自分自身を傷つけているとは思いもよりませんでした。


このとき以来、私は次々といろいろな男性と付き合いました。でも、二度と傷つけられたくなかったので関係を断ち切るのはいつも私のほうでした。


恋愛関係が次から次へと壊れていく中で、私はメンターのボブ・プロクターにアドバイスを求めに行く決心をしました。ボブは成功について少なからず通じていたので、きっと私を助けてくれるに違いないと思ったのです。このとき私は20代で、将来もし家族を持ちたいならもっと長続きする関係を築くことを考えなければならないと思ったからです。


ボブと私は腰かけ、心を割って話し合いました。彼は私に大切な質問をしました。
「きみの理想的な人はどんな人?」
私は答えました。
「一緒にいて楽しい人で、心が広くて、楽天的で、よく笑う人で、家族を大切にし、ロマンチストで、信頼できる人で、正直で...」
私の理想像はどんどん続きました。


ボブは熱心に耳を傾けてくれました。そして次にとても大切な質問をしました。
「ペギー、きみ自身は自分がそのような人物だと思うかい?」
うーん...。私はちょっと考えなければなりませんでした。
そして、私は自分はそういう人間だと思い、そうだと答えました。
ボブは言いました。
「素晴らしい」
彼は続けて言いました。
「たとえどんなものであれ、人はだれでも自分と同じものを引き寄せるんだよ。人生で楽しさを求めるなら、自分自身が楽しい人になることだ。人に正直を求めるなら、自分が正直であること。人生で愛を求めるなら、愛のある人になる。ロマンスを求めるなら、自分がロマンチックな人になること」


ひと言で言えば、自分自身がその「源になれ」ということです。
自分が望むものが何であれ、望むそのものになること。


50代になった今、私は夫のデニスと満ち足りた幸せな結婚生活を送っています。決してデニスに私が求めるもの、たとえば「愛」「喜び」「楽しさ」「ロマンチック」「正直」などを彼に求めません。というのは、人生でこれらを体験するには、私自身がそのものでなければならないということを知っているからです。それは私の内から出てくるものでなければなりません。私たちの結婚はまるでマジックのようで、人の目にはものすごい「幸運」に映っていることでしょう。
でも、私たちが経験している愛や喜びは、私たちの選択にかかっています。その選択とは、私たちの願望の源です。


「自らその源たれ」というこの成功の原則はどんなことにも、そしてすべてのことに当てはまります。
もし、人生で成功したいと望むなら、人の成功の源となることです。
人生で繁栄を望むなら、人の繁栄の源になりなさい。
この方程式は、「源たれ」という3文字に集約されます。そしてこれは、あなたの人生を常により良くしていく可能性を秘めているのです。


ペギー・マッコール


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202017-02-18%2023.46.18.png


ペギー・マッコールはニューヨークタイムズ紙の12冊のベストセラーの著者。
ネット上で無料のモーニング・マネー・クラスを提供している。毎日、3〜5分のショートメッセージをビデオで届けてくれます。ご希望される方は次のサイトから登録してください。http://peggymccoll.com/go/morning-money-classes/

(訳 舟田譲二)


(自ら「源たれ」というのは素晴らしいメッセージです。これは人生で成功する秘訣です。
私もときどきこのサイトを見ますが、毎回教えられることがたくさんあります。ペギーはかなり早口の英語で語りますが、リスニングのいい練習にもなりますよ)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

褒めることよりも大切なこと

2017.02.18日

"Taking an interest in what others are thinking and doing is often a much more powerful form of encouragement than praise."
--Robert Martin - Author
「人が考えたり行なったりしていることに関心を持つことは、褒めることよりもはるかに強力な励ましとなる」
--ロバート・マーチン、著作家
(訳 舟田譲二)


人を褒めることはとても大切です。いつも他人の言うことすることにケチをつけ、けなしてばかりいる人がときどきいます。
でも、人はけなされたり、ケチをつけられるとやる気をなくすものです。
親の子どもに対する接し方や、教師の生徒に対する、また上司や雇い主の部下に対する接し方などを見ればよくわかります。


しかし、「人が考えたり行なったりしていることに関心を持つこと」は、案外多くの人に見過ごされているのではないでしょうか。
ロバート・マーチンが言っているように、人に純粋な関心を持つことは、単に褒めることよりもはるかにその人にとって大きな意味を持つものです。


「へぇ〜、そうなんだ」
「ふ〜ん。それで?」
「そしたらどうなったの?」
のような相づちや質問は、その人に関心を持っていることを表し、それはすぐに伝わります。
そして、さらに会話ははずんで、相手の人はどんどん話を続けます。
むしろ表面的な褒め言葉はそれほどありがたく感じられず、会話はすぐに止まってしまいます。


先日、「持っているものはますます与えられる」の中に登場したAさん、最近は毎日塾に顔を出してニコニコしながら話が止まりません。
曰く、
「アメリカの大学に留学して化学を勉強したいんです。今、元素は118発見されているんだけど、私は120番目の新元素を発見するのが夢なんです。そして、将来は大学で化学を教える先生になりたいです」
私はちょっと茶々を入れました。
「そうなの...。先生は文系の人間であまり化学には興味がないんだ。元素なんて、なんか無機質で情緒がないような気がするよ」
これに対する彼女の答えは、
「え〜?なんで、なんで?この壁のクロスも、柱も、床も目に見えるものはみんな元素から成り立っているんですよ。一つひとつがそれぞれの特徴を持っていて、その特徴を生かしてこういうものになってるんです。それを思ったら、もうどれもこれも可愛くて可愛くて仕方がない」
「そう言えば、腸内細菌を研究している人が言ってたけど、自分の腸の中にいる細菌が可愛くて、花子とか一つひとつ細菌に名前をつけているんだって。それとおんなじだね」
「はっはっははは...」


こんな感じで会話はいつまでも続きます。
おそらくAさんは自分の考えていることを人に言いたくて仕方ないのでしょう。
あなたのすぐ近くにもそんな人がいませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

いじめの問題

2017.02.07日

先週の木曜日に「日本人はなぜ英語が下手なのか」という記事を書いたところ、多くの人からコメントをいただきました。
この中で引用したTBS系列で放映されている『好きか嫌いか言う時間』というディベートバラエティ番組で、昨夜は「いじめ」の問題が取り扱われました。
中高校生や現役の学校教師、箱根駅伝3連覇の青山学院・原監督などが本音でいじめについて討論していました。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202017-02-06%2023.13.58.png

(これは動画ではありません)


去る1月28日にアカデミー学院では中学3年生を対象に受験の際の面接練習をしたのですが(「将来の夢」)、そのときひとりの生徒に中学校で頑張ったことについて尋ねたところ急に涙を流し、学校で殴る・蹴るなどのいじめを受けていると言い始めました。
この子のいじめについては本人からこれまでに何度も聞いていましたし、学校の担任にも話していると言うのですが、一向に改善されていないようで、話を聞いていてとても心が痛みました。


そう言う私自身、中学生の頃陰湿ないじめを受けた経験があり、他人ごとではありませんでした。
以下は、今から5年ほど前に書いた記事、「心が痛むいじめの問題」から一部抜粋した再録で、私自身の辛い経験を綴ったものです。今、読み直してみて、当時のことがありありと甦ってき、涙が出てきます。
いじめの問題に対してひとりでも多くの人の意識が高まり、なんらかの対策を講じるひとつのきっかけになれば幸いです。


実は私も、中学1年の時、執拗ないじめに悩まされ、死にたいと思ったことがありました。
小学校の卒業式の翌日にまったく知らないところに引っ越してきました。
新しい中学での生活が始まり、周りに友達がひとりもいなくて寂しい思いをしていたら、近所に住む同じクラスの二人の男の子が声をかけてくれました。それからあっという間に彼らと親しくなり、毎日遊ぶようになりました。


ある日、そのうちのひとりが私について変な噂を流し始めたようです。
「街からやってきた舟田は大会社の社長の息子で大金持ち。家には自家用の飛行機もあるらしい」云々。
周りの子たちから異様な目で見られるようになり、その噂を打ち消すのにひと苦労しました。
そうこうしているうちに、その生徒が悪い仲間と一緒になって、私に対するいじめを始めるようになりました。
「舟田、掃除さぼるなよ」
「いや、さぼっていない。ちゃんとやっているじゃないか」
「だれもお前がさぼってるなんて言ってないだろ。さぼるなって言ってるだけだ」
次第にいじめはエスカレートしていきました。事あるごとにいちゃもんをつけて、責め立ててきました。
来る日も来る日もいじめられ、もう毎日が憂鬱で、学校に行くのが苦痛になりました。
クラスの他の生徒たちはそれを見ていて見ぬふり。
しかし、ある日、隣の席に座っていたひとりのおとなしい子が味方になってくれ、気にする必要はないよ、と声をかけてくれました。
これがどれほどありがたかったことか。


その後、両親にいじめられていることを泣きながら伝えました。
それを聞いた父が立ち上がってくれました。
「その子の家に行って、お前が自分の口で、これ以上いじめないでくれ、と言いなさい。自分は口ははさまないけど、通りの角でお前たちが話しているところを見ていて、もし何かあったら助けに行くから」と言ってくれました。
そこで勇気を持って、その子の家に行き、このいじめの問題で自分はとても苦しい思いをしている、もうこれ以上続けないでくれ、とはっきりと言うことができました。
近くに立っている父の姿が目に入って、彼も少し恐れたのか、それでいじめはピタリと止まりました。
ひとりで悩んでいなくて良かったと心底思いました。


しかし、その後も別の子に電車のホームの裏に連れて行かれ殴られそうになったり、修学旅行の時にも別のクラスの子の部屋に呼び出されて数人に取り囲まれ、暴行を受けそうになったことなどもありましたが、その都度、近くにいた誰かが助けてくれました。


(中略)


いじめは子どもの間の問題だけではありません。
大人の社会においても、しかも庶民を守るべき立場にある警察官や市・県の職員、教師までもが弱い立場にいる女性や子どもに性的嫌がらせや暴行などの破廉恥行為をしているというのは、これこそまさにいじめそのものです。
学校関係者が隠蔽工作をするのもいじめ行為です。
しかも、世界の中でも例外というぐらい平和で安全な国と言われている日本国内でさえ、毎日のようにこのようないじめがあらゆるところで行われているのです。


しかし、このようなことは最近になって始まったことではなく、昔から常に起こっていました。
これはモラルの低下云々の問題ではなく、人間の心の内に潜む恐ろしい罪の性質のゆえの犯罪行為です。
この根本的な問題を解決しない限り、懲戒免職や懲役刑などの重い実刑判決を課したとしても、決して後を絶つことはないでしょう。


私たち人間は、犯罪を犯す犯さないを問わず、ひとりの例外もなく、神様の前にはみんな罪人(つみびと)です。
この罪の問題の解決なしに、平和で安全な国、幸せな人生など築けるわけありません。
今、私たちが行っていることは、いわば砂上の楼閣作りのようなものです。
日本国民みんなが一度立ち止まって、自分の心の内を再点検し、問題解決のための糸口を真剣に探し求め話し合い、それを実際に行動に移さなければならない時が来ています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ひび割れつぼの話

2017.02.06日

とっても素敵なお話に巡り合いました。
FacebookフレンドのMasumi HughesさんがDaniel Matsushitaさんのタイムラインからシェアしてくださったものです。再シェアさせていただきます。


【ひび割れつぼの話】
インドのある水運び人は2つのつぼをもっていました。その2つを天秤棒の左右につけて肩にかけ、ご主人のために毎日水を運んでいました。片方のつぼには、ひび割れがあったので、いつも水が半分こぼれていました。もう片方のつぼは完璧で、自分は役目を十分果たしていると満足していました。


ひび割れつぼは、自分のひび割れを情けなく思い、いつもみじめな気持ちになりました。2年が経ち、ひび割れつぼは、とうとう水運び人に言いました。「私は自分が恥ずかしい。私にはひび割れがあって毎日水が半分こぼれ、あなたの役に半分しかたっていない。それがとても辛いんです」  
それを聞いて水運び人は、ひび割れつぼに優しく言いました。「今度歩く時に、道端の花をよく見てごらん」


そう言われて、次の日、ひび割れつぼは、毎日通る道に美しい花が咲いていることに気づきました。美しい花を見て、少し元気になった気がしましたが、ご主人の家に着いたときには、やはり水は半分しか残っていませんでした。


「やはり私は役に立たないつぼだ。ごめんなさい」
すると水運び人はこう言ったのです。
「気がつかなかったかい? 道端の花は君の側にしか咲いていなかっただろう。僕は君のひび割れを知ってから、君の通る道に花の種をまいておいたんだ。毎日そこを通るたびに君は種に水をやり、花を育ててきたんだよ。僕は毎日その花を切り、ご主人の食卓に飾ってきた。君のおかげでご主人は、きれいな花を眺めながら 食事を楽しむことができるんだよ」


img_2.jpg


この話はいろいろなことを教えています。


私たちはとかく自分の欠けているところに目が行き、情けない気持ちになったり、申し訳なく思ったり、自分は役立たずだと自分を責めたりしてしまいやすいものです。
しかし、自分の気がつかないところで、私たちの「欠け」そのものが、ほかの人やものの役に立っていたりするのです。


上の話の中では、もう一方のつぼは完璧だったとあります。
「自分は役目を十分果たしていると満足していました」とあり、確かに水漏れもなく役割は完璧に果たしていたかもしれませんが、「満足していた」とあるように、ひょっとしたらそれは自己満足だったのかもしれません。


私たちから見て才色兼備で「完璧」に見える人がときどきいますが、そもそも完璧などと言える人はひとりとしていません。
むしろこの世の中は、一人ひとりみんな異なるギフト(賜物、才能、特徴)が与えられていて、それらに優劣をつけることなどできません。


私たちは与えられているそれぞれのギフトを最大限に活かすことによって、互いを助け合い、補い合って役割を果たし、社会全体として機能するようになっている、と私はいつも思うのです。
ですから、自己満足して高慢になることも間違っていれば、また自分の劣っている面を見て自己卑下することも同様に間違っています。


この物語を読みながら私はこんなことをを考えていました。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ロシアより愛を込めて

2017.02.04日

"The mediocre teacher tells.
The good teacher explains.
The superior teacher demonstrates.
The great teacher inspires."

--William Arthur Ward
「平凡な教師はただしゃべる。
良い教師は解説する。
さらに優れた教師は自らやってみせる。
しかし、偉大なる教師は生徒の心に火をつける」

--ウィリアム・アーサー・ウォード
(訳:舟田譲二)


ウイリアム・アーサー・ウォードは、米国ルイジアナ州出身で、メソジスト教会監督や日曜学校校長、信徒リーダーなどを務めたほか、いくつかの大学で教え、リーダーズダイジェストなどのコラムニストとしても活躍していました。
彼が残した名言は、今日でもアメリカでもっとも多く引用されていると言われます。


昨夜、塾から家に帰る道、向こうの方から飛び跳ねるように駆け寄ってくる若い女性がいました。
最初、私の後ろにいるだれかに向かって駆けてくるのかと思い、振り返ろうとしたのですが、近づいてきたその女性は満面の笑みで、私に声をかけてきました。
「学院長先生!あー、お会いできて良かった!」


アカデミーで7年間働いてくださり、生徒たちの人気者だった清田先生です。
去年、退職されて今も東京で教育関係のお仕事をしていらっしゃるのですが、昨夜はなんと仕事が終わってからわざわざ電車に乗って平塚まできてくださいました。そして、折り返しお住まいの埼玉まで戻られるとのこと。
それは、私にバレンタインのチョコレートを届けるため!ではなく(笑)、もうすぐ卒塾する愛する中3の生徒たちにチョコレートを直接手渡し、受験生を激励するためだったのです。
私のためのチョコレートもついでに(?)ありました。というか、在職中毎年バレンタインになると欠かさずチョコレートをくださっていましたが。
昨日いただいたチョコレートは超豪華版。ピンクのハートのボックスに入ったキュートなゴディバのアソートメントチョコ。


shopping.jpg


家に帰って妻と一緒にひとついただきましたが、口の中でとろけて、思わず「美味しい〜!」。
その温かいお心遣いに胸に熱いものが込み上げてきました。ありがとう、清田先生!


このとき、お気に入りで何度も観た映画、『007 ロシアより愛を込めて』の主題歌の冒頭の歌詞がよみがえってきました。


51z27YdTL7L.jpg


(ジェームズ・ガクインチョーとタチアナ・キヨタ?)


From Russia with love I fly to you,
much wiser since my goodbye to you.
I've travelled the world to learn,
I must return from Russia with love.


清田先生はロシアほど遠くはありませんが(笑)、東京から1時間以上もかけて愛する生徒たちのために駆けつけてくださいました。「ロシアより愛を込めて」ならぬ「埼玉より愛を込めて」
本当の愛情がなければできないことです。
生徒たちもみんな、清田先生の気持ちをしっかりと受け止めて、全力で10日後の受験に臨むことでしょう。
「偉大なる教師は生徒の心に火をつける」
これは真実です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

私欲から解放されて

2017.01.31日

"What we have done for ourselves dies with us; what we have done for others and the world remains and is immortal."
--Albert Pike – 1809-1891, Attorney and Writer
「私たちが自分のためにやったことは、自分の死とともに消えてなくなる。しかし、人のため、世のためにやったことは永遠に残る」
--アルバート・パイク、弁護士、作家
(訳 舟田譲二)


アルバート・パイクについては、ネットで調べるとフリーメイソンKKK(クー・クラックス・クラン)の創始者であるとか、第1次・第2次・第3次世界大戦を予言していたとか、いろいろ書かれています。
しかし、そんなことはさておき、冒頭の
「私たちが自分のためにやったことは、自分の死とともに消えてなくなる。しかし、人のため、世のためにやったことは永遠に残る」
はツボを得た言葉です。


人は生来自己中心なもので、その行動のほとんどは自分の益のためです。
しかし、自分のためにたとえどんなに偉大なことをして地位を得、名声を博し、偉大な事業をなし、財産を蓄えたとしても、その人が死ぬとすべては消えてなくなり、人々の記憶からも消し去られてしまいます。
しょせん、あの世にこれらを携えていくことはできないのです。


一方、ひとりの人が他の人のため、世のためになしたことは、永遠に人の心に刻みつけられ、語り告げられます。
それは文学や哲学、教育、スポーツ、芸術etc.etc.、どれを取っても明らかです。
残されたものは、たとえ何年、何百年、何千年たっても、私たちの魂に語りかけ、教え、励まし、慰め、知恵を、喜びを、勇気を与え...と、その影響ははかり知れません。


1909年に北海道で起きた鉄道事故の実話を元に三浦綾子さんが小説にした『塩狩峠』は、のちに映画化されました。
「人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない」という聖書の言葉を実践して自らの命を犠牲にしたひとりの青年の行動が、100年以上たった今日も、本や映画を通して国内外の多くの人に感動を与え、命を与え続けています。


どんなことであれ、私欲から解放されて自由に活動、行動するなら、それは多くの人に、そして世に益するものとなるのです。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人生とは芸術

2017.01.13日

"Life is the art of drawing without an eraser."
--John W. Gardner – 1912-2002, Former U.S. Secretary of Health, Education, and Welfare
「人生とは消しゴムなしで描く芸術だ」
--ジョン・W・ガードナー、米国保健教育福祉省元長官
(訳 舟田譲二)


うまく言ったものですね。
私も「人生とは芸術だ」と常々思っています。
私たち一人ひとりが描く異なった絵。
いえ、人だけではありません。地球上のすべての動植物、さらに細菌なども含むすべての生命体がその人生をかけて1枚1枚の絵を描いています。
どれ1枚をとってもみんな異なり、しかも無価値なものなどなく1枚1枚に無限の価値がある。
「開運!なんでも鑑定団」に出したら、それこそ値段がつきません。それぐらい価値あるものです。


さらにすごいのは、消しゴムで消して描き直すことができない、みんな一回限りの人生を最高に描いているのです。
もちろん、はた目に見ると「傑作」や「駄作」もあるでしょうし、「失敗作」もあるかもしれません。しかしこれはあくまでも人間の見方。
神様の目から見れば、どれ一つとして「駄作」や「失敗作」はないのです。
なぜなら神様は
「わたしの目には、あなたは高価で尊い」(イザヤ43:4)
「わたしは限りなき愛をもってあなたを愛している」(エレミヤ31:3)
と一人ひとりにおっしゃっているからです。


あなたは神様の最高傑作。
たとえ失敗があったとしても消しゴムで消して描きなおす必要のない、ありのまま、今の状態で最高の芸術作品なのです。
卑下したり、悲観することは作者である神様に対する冒涜です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

周りの人たちがあなたの真似をする

2017.01.11日

"Do something wonderful, people may imitate it."
--Albert Schweitzer - 1875-1965, Theologian
「なにか素敵なことをしなさい。周りの人たちがあなたの真似をするかもしれませんよ」
--アルベルト・シュバイツァー、神学者
(訳 舟田譲二)


mig.jpg


人の行動は伝染するものです。
憎しみを持っていると、連鎖反応で憎しみもどんどん広がっていきます。
個人レベルに限らず、国と国の間でも小さないさかいが起こると、それはどんどん大きくなっていきます。
分裂はますます裂け目を大きくします。
疑惑を持っていると、その疑惑はさらに大きくなり、だれも信じられなくなります。
誤りはさらに大きな誤りを引き起こします。
悪口を言っていると、悪口は周りにどんどん伝染していきます。


しかし、一方で人の良い行いもまた伝染していきます。
私たちの日々の生活を少しでも明るく、幸せにするには、また世界に平和を求めるなら、当然のことながら私たちがまず率先して人のお手本となるような行動を取らなければなりません。
なぜなら、それも伝染していくからです。


シュバイツァーがここで言っている、「なにか素敵なことをしなさい。周りの人たちがあなたの真似をするかもしれませんよ」はまさにこのことを教えています。
私がよく心に思うのは、次の「平和を求める祈り」です。


わたしをあなたの平和の道具としてお使いください。
憎しみのあるところに愛を、
いさかいのあるところにゆるしを、
分裂のあるところに一致を、
疑惑のあるところに信仰を、
誤っているところに真理を、
絶望のあるところに希望を、
闇に光を、
悲しみのあるところに喜びをもたらすものとしてください。
慰められるよりは慰めることを、
理解されるよりは理解することを、
愛されるよりは愛することをわたしが求めますように。
わたしたちは与えるから受け、
ゆるすからゆるされ、
自分自身を捨てることによって、永遠の命に生きるからです。


地上において完全な理想郷をつくることは不可能ですが、小さな行い一つひとつの積み重ねが輪を広げていくなら、世界はもっともっと平和になり、住みやすいところになることでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

ダディ

2017.01.07日

今から数年前、2005年11月28日に父は亡くなりました。
父の名前はジョン。父は私の人生の大半において、子どもたちとほとんど時間を過ごすことのなかった、つねに忙しい会社の経営者でした。
子どもの頃のことを考えると、ほとんど母の思い出ばかりです。母は家族をひとつにまとめ、自らの愛情とサポートで家庭を築いてくれていました。
父はいわゆる大物のビジネスマンで、ただ仕事やレクリエーションのスケジュールに沿って、家を出たり入ったりしているだけでした。


しかし父は、年を取るにつれて自分の人生に関わっている人たちに関心を寄せるようになりました。娘たちや義理の息子たち、孫たちなどに。
ひ孫が誕生すると父はそれまでとはまったく違う人物となり、周りの人たちのことをもっとよく知ろうとするようになりました。父は愛する者たちみんなと時間を過ごすよう努め、私たちに自分自身をまるでギフトのようにして与えてくれました。


その過程で父は、家族の一員として愛されるとはどういうことかを学びました。
また、父がどれほど素晴らしい人物であったかを知るきっかけも私たちに与えてくれました。
父が人生最後の数年間に、その生き様を通して人生についてとても多くのことを私に教えてくれた、ということを知ったらきっと驚いたことでしょう。


父はいつでも万事において楽しい面や良い面を見つけていました。決して鼻を鳴らしたり不平を言ったり、人の悪口を言ったり、人に対して否定的な見方をしたりすることなく、自分の財産に対しては物惜しみせず、道徳面、金銭面においては人々の信用が厚く、機会あるたびに人をハグし、愛を体現し、感謝の気持ちを表していました。
父は、ただありのままの姿でいるだけで素晴らしいお手本でした。


ですから私は今日、さまざまな人間関係を考えるとき、どれほど無意識のうちにお互いに影響を与え合っているかということを思いめぐらせるのです。
私たちの日常生活の中で、ほんの些細な会話や行動さえもがほかの人にいつまでも消えない印象を与えます。


ほかの人に対する心遣いや思いやりを伝えることができるよう、私は自分のすることすべてにおいてこのことを意識するよう心がけています。
ちょうど晩年の父が私に教えてくれたように。
あなたはいかがですか?


サンドラ・アベル
(訳 舟田譲二)


6年前の記事、「子は父の背中を見て」の中に、私自身の天に帰ったダディ(私も父のことをこう呼んでいました)のことを書きました。
父は決して上のサンドラ・アベルさんのダディのような立派な人ではありませんでした。
それでも数えきれないほど多くの素晴らしいレッスンを、お手本を私に残してくれました。


サンドラが
「あなたはいかがですか?」
と尋ねていますが、果たして私はどうなんでしょう?
「子は父の背中を見て育つ」と言いますが、果たして子どもたちにどのような背中を見せてきたのでしょうか。
そして、これから先も見せ続けるのでしょう。
また、子どもに対してだけでなく、あらゆる人間関係において私はどのような背中を見せているのでしょう。
私も「自分のすることすべてにおいてこのことを意識するよう心がける」ようにしています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

親切のススメ

2017.01.06日

"Be kind whenever possible. It is always possible."
--Dalai Lama - Monk
「できる時にはいつでも親切にしなさい。そして、親切はいつでもできることです」
--ダライ・ラマ、僧侶


「可能な時にはいつでも親切にしなさい。でも、親切にするのに可能でない時などないのですよ」というダライ・ラマの親切のススメです。


img04439.jpg


「小さな親切運動」というのがありますが、上のはあくまでも一例であって、「電車やバスの中で人に席を譲る」「困っている人を手伝ってあげる」など、改まってすることである必要はありません。どんなことでもいいのです。言葉かけだけでもいい。寄り添ってあげるだけでもいいのです。
親切は、いつでも、どこでも、だれにでもできることです。
夫婦や親子、きょうだいの間でも、また友達同士、仕事仲間、上司と部下、先輩と後輩、雇主と従業員、教師と生徒の間から、まったく見知らぬ通りがかりの人に至るまで。


そう言えば、厚切りジェイソンのお笑いネタに「親を切って何が親切だ」というのがありましたが、親切とは「親を切る」のではなく、「相手にぴったり寄り添う」という意味です。
人はひとりで生きていくことはできず、誰かにぴったりと寄り添ってもらいたいものです。
ですから、ほんのちょっとしたことでいいのです。
「親切」は人間関係の潤滑油です。
親切のない世界はギスギスして、息づまるような感じがします。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

大きな木

2017.01.01日

Happy New Year!


この新しい年が、皆様にとって祝福に満ちた素晴らしい年となりますようお祈りいたします。
新年にあたり《愛のギフト》をお贈りします。


日本題は『大きな木』ですが、原題は『与える木』です。
見返りを期待せず、与え続ける心の大きな木の物語です。
男の子の幸せを願って自分の持てるものをすべて与える木の愛情に涙が出てきます。


51YgmVzF2xL._SX399_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg 41DC3E4E1SL._SX370_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg


昔々、一本の木がありました。
この木はひとりの男の子が大好きでした。


男の子は毎日、木のところにやってきて、その木の落ち葉を集め、それで王冠を作って、森の王様ごっこをするのでした。
男の子は木の幹に登り、枝からぶら下がってブランコ遊びをしては、木になるリンゴを食べました。
また男の子は木とかくれんぼをしました。
疲れると木陰で眠りました。
男の子は木が大好きで、木は幸せでした。


時は流れました。
男の子は大きくなっていきました。
木はしばしばさびしくなりました。


ある日、男の子が木のところにやってきたので木は言いました。
「さあ坊や、わしの幹に登ってリンゴを食べ、わしの木陰で遊んで楽しんでおくれ」
男の子は言いました。
「ぼくはもう大きくなってあなたに登って遊ぶことなんかできないよ。
いろんなものを買って楽しみたいんだ。それにお金がほしい。ぼくにお金をくれませんか?」
木は答えました。
「ごめんね。わしにはお金はないよ。あるのは葉っぱとリンゴだけだ。わしのリンゴを持って行って町で売りなさい。そうしたらお金ができて幸せになれるでしょう」
そこで男の子は木に登り、リンゴを集めてそれを持って行ってしまいました。
木は幸せでした。


男の子は長い間ずっと戻ってきませんでした。
木は悲しくなりました。
ある日、男の子は帰ってきました。木は嬉しくて体を震わせて言いました。
「さあ、わしの幹に登って枝からぶら下がってブランコして楽しんでおくれ」
男の子は言いました。
「ぼくは忙しくて木になんか登ってられないよ。
暖かい家がほしいんだ」と男の子。
「結婚して子どもたちがほしい。だから家がいるんだ。ぼくに家をくれない?」
「わしは家なんか持ってないよ。森がわしの家なんだ。でも、わしの枝を切って家を建ててもいいよ。そしたら幸せになれるだろう」
そこで男の子は木の枝を切って、それを持って行って家を建てました。
木は幸せでした。


男の子は長い間戻ってきませんでした。
男の子が戻ってきた時、木は嬉しくて話せないほどでした。
「さあおいで。わしのところで遊んでおくれ」と木はささやきました。
「ぼくはもう年をとってしまって、惨めで遊べなくなったよ」と男の子は言いました。
「ぼくをどこか遠くに連れて行ってくれる舟がほしいんだ。ぼくに舟をくれない?」
「わしの幹を切り倒して舟を作りなさい。そうしたら遠くに船旅に出られますよ。そして幸せになれるでしょう」
男の子は木を切り倒し、舟を作って船旅に出ました。
木は幸せでした。
いいえ、本当はそんなに幸せではありませんでした。


長〜い時がたって男の子はまた戻ってきました。
木は言いました。
「ごめんね。わしにはあんたにあげるものはもうなんにもない。リンゴはなくなってしまった」
男の子は言いました。
「私の歯はもう弱くなってリンゴを食べられなくなってしまった」
「わしの枝はなくなってしまった。もうブランコ遊びはできないよ」
男の子は言いました。
「年をとって枝でブランコ遊びはできなくなってしまったよ」
「わしの幹はもうなくなってしまった。もう登れないよ」
「私も年で木登りはできない」
木はため息をついて言いました。
「なにかをあげたいんだが、なにも残ってない。ただの古い切り株だ。ごめんね」
「もう必要なものなんてほとんどない。ただ、静かなところで腰かけて休みたいだけさ。もうくたくたなんだ」
木は思いっきり背伸びして言いました。
「じゃあ、古い切り株が腰かけて休むのにいいよ。
さあ、おいで。ここに腰かけなさい。座って休みなさい」
男の子はそうしました。
木は幸せでした。

(訳 舟田譲二)


最後にプレゼント第2弾。
The Giving Tree 原文の朗読です。
(私の朗読ではありません)



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

クリスマスツリーの枝の上に置かれた小さな封筒

2016.12.21日

ちょうど1年前の記事です。
読み返してみて、そしてその中の動画を見直して、胸が熱くなるのを覚えました。
それで再度ここにシェアさせていただくことにしました。


これは1982年12月14日に『ウーマンズ・デイ』誌に掲載された実話です。
『ウーマンズ・デイ』誌が、クリスマスシーズンのお気に入りの家族の伝統と、その背後にある物語を募集したところ何千もの応募がありましたが、その中で1等賞に選ばれたものです。
そして、この物語はジョージア州アトランタ市に住むある家族を動かし、与えることの大切さを若者たちに教えることを目的とした「白い封筒プロジェクト」と「ギビング101」という非営利団体の誕生につながりました。
(手記に基づいた創作ビデオです。登場人物の台詞を字幕スーパーにする術を知りませんので、下に日本語訳をつけました。パソコンでご覧になる方は、タブをふたつ開いてリンクをコピーし、一方で動画を流しながら他方で日本語訳を目で追うと同時通訳のような感じで見られると思います)




ほんの小さな、白い封筒でした。うちのクリスマスツリーの枝の上に置かれていたのは。
宛名もなければ、差出人もわからないし、メッセージもありません。この10年間ぐらい、ただクリスマスツリーの枝の間からちょこっと顔を出しているだけでした。


夫のマイクがクリスマスが大嫌いだったことから、ことのすべては始まりました。別にクリスマスの本当の意味を知って嫌っていたわけではありません。クリスマスの商業的な面が嫌いだったのです。お金の無駄遣いから始まり、クリスマス直前の慌ただしい買い物。ハリーおじさんへのネクタイやら、おばあちゃんへの風呂上りのパウダーなど、他にもうなにも思い浮かばなくてやけくそになって買うプレゼントのことです。


マイクがこのように感じているのを知っていたので、私はある年のクリスマス、いつものようにシャツやセーター、ネクタイなどをプレゼントするのをやめることにしました。
その代わりに、私はマイクのためだけの、ある特別なことを考えつきました。
それは驚くような方法でひらめいたのです。


当時12歳だった息子のケビンは、通っていた中学校でレスリングをしていました。そして、クリスマスの直前に街のスラム街にある教会がスポンサーしているチームと1回勝負の試合することになりました。
息子の学校のチームの子どもたちが鮮やかなブルーとゴールドのユニフォームとピカピカのレスリングシューズで身を固めているのに対し、相手チームの子どもたちが履いているスニーカーはボロボロ。唯一靴ひもがチームをまとめているかのように見えるほどで、その歴然たる違いは驚くばかりでした。


試合が始まると私はドキッとました。相手チームの生徒たちは耳をプロテクトするソフトなヘルメットのようなヘッドギアをつけずにレスリングをしているのに気づいたからです。
みすぼらしいチームにとって、ヘッドギアなどとっても買えるような代物ではなく、ぜいたく品でした。
さて、うちのチームは相手をぼこぼこに打ち負かしてしまいました。
どのウェイトの級でもうちのチームは勝ちました。相手チームの子どもたちはみんなマットから立ち上がると、敗北を認めることができない、ストリートチルドレン特有のプライドで、ボロボロのユニフォームに身を包まれて、空威張りしながらふんぞり返って歩いて戻っていくのでした。
私の隣りに座っていたマイクは、悲しそうに頭を振りながら言いました。
「せめてひとりだけでも勝ってくれれば。みんなものすごい可能性を持っているのに。でも、こんなふうに負けてしまうと、本当にくじけてしてしまうな...」


マイクは子どもが大好きでした。リトルリーグのフットボールや野球、ラクロスのコーチをしてきて、子どもたちのことをよく知っていました。
まさにそのときでした。彼へのプレゼントのアイデアが浮かんだのは。


その日の午後、私は近所のスポーツ用品店に行き、レスリング用ヘッドギアとシューズの詰め合わせのセットを買い、それを匿名でスラム街の教会に送ったのです。
そしてクリスマスイブに、私はクリスマスツリーの枝の上に封筒を置いておきました。その中で、私がやったことをマイクに知らせ、これが私から彼へのプレゼントだと書き留めたメモを入れておきました。


マイクは、その年、そしてそれからずっと何年にもわたって、クリスマスになると最高の微笑みを見せてくれるようになりました。
クリスマスがくるたびに、私はこの伝統を守り続けました。ある年は、精神に障がいのある子どもたちのグループをホッケーの試合に招待し、また別の年には、クリスマスの1週間前に火事で家が焼け落ちたお年寄りの兄弟に小切手を送ったり、等など。


このツリーに乗せる封筒は、いつしか私たちのクリスマスのハイライトになっていました。
クリスマスの朝、この封筒はいつも最後に開けられました。私たちの子どもは自分たちのおもちゃのプレゼントなどそっちのけで、お父さんがツリーからこの封筒を取って、その中に書いてあることを読み上げるのを目を輝かせて聞くのでした。
子どもたちが大きくなるにつれ、おもちゃはより実用的なものに取って代わっていきました。でも、封筒はいつもみんなの注目の的でした。


でも、この物語はここで終わりません。
恐ろしいガンで私たちはマイクを失ったのです。
次のクリスマスがやってきたとき、私はまだ悲しみが癒されていず、クリスマスツリーを飾ることができないほどでした。
でも、クリスマスイブに私はツリーに封筒を置きました。翌朝見ると、封筒はさらに3つ増えていました。
子どもたちの一人ひとりがだれにも知られないように、お父さんのために封筒をツリーの上に置いておいたのです。
この伝統はその後もずっと続いていて、いつの日かきっと孫たちも封筒を取って見るのを楽しみにするようになるでしょう。


クリスマスのスピリットに似た、このマイクのスピリットは、これから先いつまでも私たちの伝統となるに違いありません。
ナンシー・W・ギャヴィン
(訳:舟田譲二)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

かみさまへのてがみ

2016.12.17日

米国の子供たちが神様に手紙を書いた。例えば、〈かみさま、かぜを ひくのは なんの やくにたつのですか?〉(谷川俊太郎訳)。サンリオ刊『かみさまへのてがみ』には楽しい質問が並んでいる。
◆万物をこしらえたという創造主に、出来栄えの感想を尋ねた子供もいる。〈かみさま あなたは きりんを ほんとに あんなふうに つくりたかったの? それとも あれは なにかの まちがいですか?〉。長い首が不思議でならないのだろう。
◆動物園でおなじみの人気者に、絶滅の危険が増している。国際自然保護連合(IUCN)が最新版の「レッドリスト」で、キリンを絶滅危惧種に指定した。
◆違法な狩猟や環境の悪化などが原因という。アフリカに生息する個体数は、この30年間に約4割も減っている。「なにかの まちがいですか?」。絶滅なんて間違いですよね、と子供たちの声が聞こえてきそうである。
◆本田一弘さんにキリンの一首がある。〈見えずともいいところまで見えてしまふ淋さびしく長い麒麟きりんの首は〉(歌集『銀の鶴』)。その黒い瞳には、おのが種族のどんな未来が映っているのだろう。

(12月16日付 読売新聞 「編集手帳」より)


これを読んで、私も『かみさまへのてがみ』を読みたくなって検索したところ、「かみさまへのてがみ」のタイトルでいくつかの興味深いYouTubeの動画がヒットしたので、ついでに見てみました。
ひとつは「お涙ちょうだい」のとても感動的なものでした。



合唱曲もありましたが、アメリカで大ヒットしたと言われる同名の映画の短いプロモーションビデオ、これも感動的で実際のビデオを観てみたくなりました。



でも、やっぱり冒頭の谷川俊太郎訳の『かみさまへのてがみ』の中に紹介されている子どもの神様への素直な質問、「かみさま あなたは きりんを ほんとに あんなふうに つくりたかったの? それとも あれは なにかの まちがいですか?」が一番心にぐさりときます。


ちょうど昨日のブログ記事「地球の将来、人類の未来は」に書いたように、現在の子どもたちがこれからの時代に直面する「動植物の生態系の破壊」や「民族・国家間の戦争、テロ、地球温暖化など異常気象による大型台風・地震・火山爆発の多発」の問題など、子どもたちの「このままではいけない。なんとかしなければ...」という魂の叫び声のようなものが聞こえてくるような気がします。
このような質問を神様にぶっつけたくなる純真な想い、この答えを子どもたちは自ら探し求めていかなければならないのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

一度しかない人生、できれば◯◯とともに生きたい

2016.12.09日

「一度しかない人生、できれば◯◯とともに生きたい」
あなたなら◯◯に何が入りますか?


小説家、詩人の多和田葉子さんがドイツでクライスト賞を受賞しました。


「東京都中野区生まれ。国立市で育つ。東京都立立川高等学校、早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。書籍取次会社に入社して西ドイツ・ハンブルクに研修に行ったことがきっかけでドイツに魅せられるようになり、ハンブルク大学大学院の修士課程を修了する。


1982年から2005年までハンブルク、2005年よりベルリン在住。1987年、ドイツにて2か国語の詩集を出版してデビュー。1991年、書類結婚の相手を異国に訪ねた女が味わうミステリアスな体験を描いた『かかとを失くして』で第34回群像新人文学賞受賞。1992年、『犬婿入り』で第108回芥川龍之介賞を受賞。


1996年、ドイツ語での文学活動に対し、バイエルン芸術アカデミーからシャミッソー文学賞を授与される。2000年、ドイツの永住権を取得。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。博士号(ドイツ文学)を取得。2005年、ゲーテ・メダルを受賞。著作はドイツ語でも20冊以上出版されており、フランス語訳、英訳、イタリア語、中国語などの翻訳も出ている。」
(以上Wikipediaより)


多和田葉子さんの記事が、12月6日付読売新聞に「クライスト賞を受賞して  ドイツ語一つ一つ磨く小説工房」と題して載りました。とても興味深い記事なので、以下に転載させていただきます。


 小説は小学生の頃から書いていた。中学に入って初めて英語の授業があり、英語が日本語と全く違う仕組みを持っていることに大きなショックを受けた。高校時代にはドイツ語を第二外国語として学び、大学ではロシア語を勉強した。どちらも難しかったが、外国語を見たり聞いたりすると、わくわくするようになった。二十二歳でドイツに渡り、しばらくするとドイツ語で小説が書いてみたくなった。それまで日本語で書いていた、あまりにも「小説らしい小説」とは違う、透明度の高い、シンプルで、しかも哲学や詩を目指す短い作品が書けそうな気がした。


 それ以来ずっと、ドイツ語と日本語両方で執筆を続けてきた。ドイツの読者は、わたしが日本語で書いている作品は知らないし、日本語の読者はわたしのドイツ語作品を知らない。二人の作家が一つの身体の中に住んでいるようなものだった。それは二つのターゲットに向けて執筆するということではなく、どうしてもドイツ語で書きたいことと、どうしても日本語で書きたいことが湧いてくるのだ。書いているうちに金鉱を掘り当てたみたいな手応えがあればそれでいい。


 ドイツ語で書いた作品を日本語に訳したことがないわけではない。日本語だけで書いていたのではなかなか到達できない文体を発見したくて、『変身のためのオピウム』や『ボルドーの義兄』などは、ドイツ語で書いたものを日本語に翻訳してみた。逆の方向への翻訳、つまり日本語で書いたものをドイツ語になおす作業はごく最近までしたことがなかったが、『雪の練習生』で初めて挑戦した。あまりにも難しくて何度も投げ出したくなった。訳せないので同じ話を違った風に語り、それがまた翻訳と呼べるのか分からなくなった時期もあった。


 毎朝目が醒さめるとまずドイツ語に向かう。それは冒険というより、工房の地道な作業に似ている。単語を一つ一つ選んでは磨く。そんなことを三十年ほど続け、ドイツでも二十冊以上作品を発表してきたが、わたしのドイツ語による創作活動が今年クライスト賞によって評価されたことがものすごく嬉うれしい。わたしの愛読したハイナー・ミュラーやエルンスト・ヤンデル他、移動の女性作家エミーネ・セヴギ・エツダマやヘルタ・ミュラーなど、これまですばらしい作家たちが受賞している賞だ。
 一度しかない人生、できれば複数の言語とともに生きたい。(作家)


中学生になって初めて英語を学んで日本語との違いにショックを受け、高校ではドイツ語を、大学ではロシア語を学び、大学卒業後「書籍取次会社に入社して西ドイツ・ハンブルクに研修に行ったことがきっかけでドイツに魅せられ」てドイツ語と結婚(笑)。
そしてドイツ人顔負けのドイツ語で小説や詩を書き、そのドイツ語の自作の作品を日本語に翻訳、という常識では考えられないような離れ業をやってのける、まさに才女です。


彼女の結びの言葉、「一度しかない人生、できれば複数の言語とともに生きたい」は、まさに言語を愛し、言語の可能性、面白さにハマったひとりの人の生き様を見事に表しています。
私などもちろん足元にも及びませんが、同じく言語を愛し、英語と心中した者(「好きなものと心中する」)のひとりとして、私はそんな彼女にエールを送ります。多和田葉子さんの作品を読んでみたくなりました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

女子大生 気になる男性が2人

2016.12.08日

 20代の大学生の女性。夏のゼミ合宿から、2人の男性が気になっているのですが、この気持ちが何なのかわかりません。
 2人は友達同士です。一緒に肝試しやバーベキューをし、たまに話をするうちに気になり始め、いつの間にか彼らを目で追い、一緒にいたいと思うようになってきました。
 最初は一時の感情だろうと思っていましたが、大学が始まり、彼らと会うとうれしくてたまりません。ただ、ゼミは先生の講義を聴くだけで、学生同士で活動をするわけではなく、2人と話す機会はほとんどありません。きっかけがあれば、話せるのにと残念です。
 私は中学、高校時代を女子校で過ごしました。恋愛をしたことがなく、この感情が恋なのかわからず、戸惑っています。彼らと付き合いたいのかと言われたら、それもわかりません。気になっているのが2人という状況も不思議です。
 もうすぐ就職活動が始まるため、残りの大学生活を恋愛ばかりに使ってもいられません。今後、どうすべきでしょう。(A子)

     ◆

 ◇増田明美(スポーツ解説者)


 ちいさな恋の種が地中からそっと芽を出したような相談のお手紙です。
 2人の男性のことが気になっているのですね。きっと2人の醸し出す雰囲気があなたのタイプなのでしょう。今、あなたは恋愛のドアをノックしたばかり。もしかしたら今の感情は恋というよりも「好感」なのかもしれませんね。
 でもドアの先には広い草原が広がっています。草原で芽吹いた芽から茎が伸びて、葉を茂らせ、花が咲く「恋」がきっと現れるでしょう。そして草原に出れば、あなたが2人の男性のことが気になるように、あなたのことを遠くから見つめている人がいるのです。
 これからもさまざまな出会いを大切に、大学生活をエンジョイしてください。勉強や就職活動もあるなかで「大学生活を恋愛ばかりに使ってもいられない」という真面目なあなたなら、草原で迷子になることはありません。
 これまで通り、あなたの道をしっかりと、心豊かに歩き続けてくださいね。ふとした時に、その道端に恋の花が見つかりますよ。

(12月7日付 読売新聞 「人生案内」より」)


この相談者A子さんのようなことは、女性に限らず男性も含めてほとんどの人が若いころには一度や二度ならず経験することでしょう。
その答えになるかもしれません。
以前、「生活の中に潜む数学」という記事を書きましたが、なんと結婚相手を決めるときにも数学が役立つんですって!
これから結婚という人はご参考までに。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

成功したければ

2016.12.04日

Put your heart, mind, and soul into even your smallest acts. This is the secret of success.
--Swami Sivananda - 1887-1963, Author
「心も精神も魂もあなたのもっとも小さな行動に至るまで注ぎなさい。これが成功の秘訣です」
--スワミ・シヴァナンダ、作家
(訳 舟田譲二)


「成功」と言うと、だれでも、仕事での成功や学業、子育て、人生での成功などをまずは思い浮かべるかもしれません。
そう、確かにこれらもすべて「成功」です。
しかし、成功はこれらの大きなものに限らず、私たちの日々の生活の中でのさまざまな小さなことすべてにおいても存在します。
家族を含むあらゆる人間関係、精神の安定、健康、規則正しい生活、食生活、運動、休息、睡眠、学び等々、生命活動全般にわたります。
これら一つひとつに、「心も精神も魂もすべて」を注ぐなら、成功しないわけありません。
これらのうちのひとつでも成功していないとすれば、それは心と精神と魂を完全に注いでいないからです。


スワミ・シヴァナンダは医師、ヨガの指導者、宗教家、思想家、作家として、生涯をとおして人民のために自らを捧げた奇特な人です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人生と人間関係を改善する方法

2016.12.02日

「ぼくのことをひとことで言い表すとしたら何て表現すると思う?」
妻はちょっと考えて言いました。
「ひとことは難しいけど、完璧主義かしら...。うーん、でもやっぱり優しさだわ」


昨日の記事、「完璧を追い求めると」の中にこの会話の経緯(いきさつ)を少し書きました。
じつはこの後、続きがあるのです。
私は妻に
「じゃあ、自分で自分のことをひとことで言い表すとしたら何て言う?ぼくはどんな言葉で表現すると思う?」
妻はしばらく考えて答えました。
「自己中心?わがままかしら?」
「残念でした。ぼくがいつも考えているのは、『正直』だよ。自己中心とかわがままなんて考えるのは、セルフイメージが低い証拠だよ」
私は妻のことを正直だと考えている理由をいくつか例を挙げて話しました。


自分のこと、また自分の伴侶や子どもなど、家族のことを正しく評価することはとても大切なことです。
否定的、消極的な見方をしていると、それはセルフイメージを低くしますし、また家族など身近な者を否定的に評価すると、それはその人間関係に大きな悪影響を与えます。
逆に良い面を見、肯定的、積極的な見方をする、すなわちいい点を探すと、セルフイメージは高くなりますし、対人関係も飛躍的に良好なものになります。


いかがですか?
あなたは自分のことをどのように表現しますか?評価しますか?
身近な人たちをどのように見ていますか?
頭に浮かぶ言葉を点検してみましょう。
これによって自分自身の人生を、そして人間関係を驚くほど改善することができます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

希望の虹

2016.11.28日

"Try to be a rainbow in someone's cloud."
--Maya Angelou - 1928-2014, Poet and Author
「誰かの曇った心の雲の中で虹になろう」
--マヤ・アンジェロウ、詩人・作家
(訳 舟田譲二)


3062541_11.jpg


詩人、歌手、女優であるとともに、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアと一緒に公民権運動に参加した活動家。
8歳のときに母親の恋人にレイプされるという痛ましい経験をし、それ以来人間不信になります。
しかし、愛と希望の力に目覚めて、16歳でサンフランシスコで初の黒人女性車掌になり、それがきっかけで積極的な人生を歩み始めます。
『歌え、翔べない鳥たちよ』 (I Know Why the Caged Bird Sings)は、1930年代〜40年代にかけての偏見と差別の中で過ごした貧しい子ども時代の自身の体験をつづった自伝.。
彼女は作家として一躍有名になります。
1993年、ビル・クリントンのアメリカ合衆国大統領就任式にて自作の詩を朗読し、2011年には大統領自由勲章を受章。今日、全米の人々が尊敬する黒人女性作家です。


冒頭の
「誰かの曇った心の雲の中で虹になろう」
は、まさにマヤ・アンジェロウの人生そのものを表した名言です。
自分の生まれ育ちを呪い、自分をさげすみ、裏切り、ひどいことをしてきた人々や社会を恨み、憎んで生きる道もありましたが、彼女はその正反対の生き方、すなわち人々の心の雲の中にかかる希望の虹になることを選択したのです。


彼女のその立派な生きざまの前に、私はただただ頭を垂れ、心砕かれるばかりです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

コラボの世界

2016.11.26日

一昨日はここ湘南地方で57年ぶりの雪が降り、朝起きると辺りは一面銀世界。とは言っても家や車の屋根の上に2〜3センチ積もっただけで、午後にはもう溶け、車の運転や仕事には支障なくほっとしました。


昨日は朝早く目覚めたので、小一時間ウォーキングに出かけました。頭に雪を頂いた富士山が真っ青な空を背景に輝いていました。


IMG_0090.JPG

(自宅のすぐ近くから見える富士山)


でも、富士山がひとつだけしかないので美しいので、もしも両隣にも向こう側にも手前にも同じ富士山があったりしたら興ざめです(笑)。
周囲に低い、緑の山々があるからこそ際だって美しいのです。では低い山々は綺麗じゃないのかと言えば、もちろんそんなことはなく、木々の緑が日々私たちの目を楽しませてくれています。
いわば富士山と普通の山々のコラボです。


日本には四季があり、春夏秋冬それぞれに気候も景色も、食べ物もほかには味わえない良さがあります。
四つの季節がそれぞれの役割を果たしています。春夏秋冬のコラボです。


アカデミーでは毎年12月に小学生の英語教室でクリスマス会を開きます。1989年の創立以来ずっと続けていて、子どもたちの間では大人気のイベントです。
クリスマス会と言っても単なるパーティではなく発表会も兼ねているので、普段学んでいる英語を使ってゲームをしたりして楽しみます。
また、教会で行われるクリスマス礼拝のミニチュア版のような感じで、キャンドルライトで学院長のメッセージがあり、またキリストの生誕シーンの聖句を英語で暗唱したり、英語の賛美歌をアカペラで歌ったりします。


担当の先生から、生徒たちが家で練習できるよう、聖句と歌の動画を作ってアカデミーのホームページに載せて欲しいと言われ、早速作ってみました。私が英語でお手本を示し、それをカラオケのように文字が画面に流れるのを息子が作ってくれました。
HPトップページの「お知らせ」の「マイティキッズ英語教室 クリスマス会練習課題」です。
ちょっと恥ずかしいですが、息子と私のコラボ作品を下の「アカデミー学院ホームページ」からご覧ください。


「アカデミー学院ホームページ」


私たちの身体には、無数の器官や細胞がありますが、どれ一つとして不必要なものはなく、みんながコラボしてお互いに助け合っています。
食物も無駄なものは何ひとつありません。すべてが互いに補い合っています。


人間の世界も同様で、不必要な人などひとりもいません。
みんながお互いを必要としています。
この世の中、強い人だけでなく弱い人もいて、お互いに助け合っているのです。
世界全体がコラボしています。
昨日の記事、「1日にたった1時間、たった1分を」の中に書いた「協働」です。
これがあるから世界も、宇宙もすべてがうまく機能しているのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

『五年目のひとり』

2016.11.21日

一昨夜の土曜日に放映された山田太一ドラマスペシャル『五年目のひとり』(芸術祭参加作品)はとても見応えのある作品で、途中何度か涙しました。


新聞に載っていた番組欄には、
「山田太一×渡辺謙が贈る家族愛の物語〜東日本大震災から5年! 津波が引き裂いた父娘の命!! 忘れたくない… 遺された男に起こる奇跡〜涙と感動の結末!!」 市川悦子、高橋克実、柳葉敏郎、木村多江
とあり、興味をそそられました。


ちょうどその日、私は5年前のブログ記事、「おばあさんは川へせんたくに…」をFacebook上でシェアしていたのですが、この中で東日本大震災のことを書いていました。
大震災の前の年の暮れ辺りからちょっと体調を崩していたのですが、震災の少し前の2月14日に私は愛する父を天国に送り(「バレンタインデーに嬉しいことが3つ」)、直後には義母の交通事故、そしてそれに続く東日本大震災。
立て続けに起こったこれらの出来事が引き金となってストレスから私は体調を大きく壊し、その後4年にわたって心身の病と闘うことになったのでした。


上の「おばあさんは川へせんたくに…」の記事の中には次のように書きました。
「私のストレスや苦しみなどは、被災地の人たちとは比べものになりません。
被災地では、愛する家族や親族・友人を始め、家や車・家財道具・船などの仕事道具・土地、仕事、その他多くのものを失い、今も避難所や仮設住宅に住んでいらっしゃる方々が大勢いらっしゃいます。
現地でさまざまなボランティア活動や、体を張って放射能の除染活動をしていらっしゃる方々も数え切れないほどいらっしゃいます。
このようなことを考えると、私など不満を鳴らすことなど決してできません。
ちょうど、私の仕事を周りの人たちが分担してやってくれているように、被災地でも多くの人たちがそれぞれの持ち場立場で力を出して、助け合っています。
『そうだ。人というのはひとりでは生きていけない。みんながお互いを必要とし、助け合いながら生きているんだ』」
ちょうどこれを地で行くような内容のドラマがこの『五年目のひとり』だったのです。


749E6D6C-3D69-4129-BF52-0FF4CCD8F260-253-0000002DB9347D6B_tmp.jpg


脚本家山田太一氏はこれまで幾多の小説やエッセイ、シナリオ・戯曲などを書いてこられ、いくつもの大きな賞を受賞してこられた超ベテラン。
この作品の中でもその技量が惜しみなく発揮されていました。82歳という歳を感じさせないじつに緻密なストーリーの展開、登場人物一人ひとりの台詞のやり取りの絶妙さ。配役も演出ももう見事と言うほかなく、俳優さんたちの名演技と相まってこの作品を素晴らしいものに仕上げていました。


東日本大震災は単なる過去の出来事ではなく、今日に至るまで、そしてこれから先もまだまだその結果をあちらこちらに引きずっていきます。
それに対して私たちにできること、それはたとえ小さなことでも、一つひとつが合わさると、このドラマのようにそれは大きな感動を呼び起こし、ひとりの人の人生を変えることにもなるのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

内から出る本当の美しさ

2016.11.15日

"When you find peace within yourself, you become the kind of person who can live at peace with others."
--Peace Pilgrim - 1908-1981, Spiritual Teacher
「内なる平和を見出したら、周りの人たちとも平和に暮らせる人になれる」
--ピース・ピルグリム、スピリチャル指導者
(訳  舟田譲二)


2日前に、オードリー・ヘプバーンの記事、「本物の美しさ」を投稿したところ、FBフレンドで英語教師仲間の須見啓子さんが次のようなコメントをくださいました。
「舟田先生、一瞬鳥肌がたちました!笑
なぜならば、ちょうど私もオードリーヘップバーンの名言をタイムラインにあげたくて、数日前からいろいろ考えていたからです。(*≧∀≦*)」


そして次に私が、冒頭の言葉を数日反芻(はんすう)していたところ、須見啓子さんが下の画像をタイムラインにアップされました。


IMG_9961.JPG


上の言葉と、このヘプバーンの言葉に相通じるところがあると感じずにはいられませんでした。
「内なる平和を見出したら、周りの人たちとも平和に暮らせる人になれる」
「美しい唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。美しい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい」


つまり、「周りの人たちと平和に暮らせる人」というのは、自分の心の内に平和を見出している人。
また、「美しい唇を持つ人」は、心の中で美しいことを考え、それを口に出して言う人。「美しい瞳を持っている人」は、他人の美点を常に探している人なのです。
心の中で考えていることは、唇や目に自然と現れてきます。


晩年のオードリー・ヘプバーン。見た目は確かに年老いて、若いころのような華やかさはありません。
しかし、若いころの美しさ以上に、ユニセフの活動に励んでいた当時の彼女の心の内、すなわち貧しい子どもたちや病に苦しんでいる子どもたち、戦争の犠牲になってしいたげられている子どもたちを慈しみ、愛の手を伸べる優しさが、その目に、唇に現れています。
これぞ彼女の本当の美しさではないでしょうか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

本物の美しさ

2016.11.13日

"As you grow older, you will discover that you have two hands, one for helping yourself, the other for helping others."
Audrey Hepburn - 1929-1993, Actress
「歳を重ねるにつれて、ふたつある手のうちひとつは自分を助けるため、もうひとつは他人を助けるためにあることがわかるようになる」
オードリー・ヘプバーン
(訳 舟田譲二)


9633b1b7-64ae-48f5-8e89-c4e97c0dcc34.jpg


ヘプバーンといえば『ローマの休日』。
でも、『麗しのサブリナ』も良かったし、『戦争と平和』『パリの恋人』『昼下りの情事』『尼僧物語』『ティファニーで朝食を』『暗くなるまで待って』『おしゃれ泥棒』も『シャレード』も『マイ・フェア・レディ』も、もうどれもこれも全部良かった。大ファンでした。
本当に綺麗でした。
演技もその役になりきってうまかった。
ヘプバーンはアカデミー賞、エミー賞、グラミー賞、トニー賞といくつもの賞を取り、もっとも人気のあった女優のひとりです。


しかし、後半生のほとんどは国際連合児童基金(ユニセフ)での仕事に捧げました。
しばらく銀幕から遠ざかって見なくなったなと思っていたある日、ニュースでユニセフの活動をしている様子を見て、びっくり。
「えっ、これヘプバーン?」


e0184881_18300700.jpg


若いころの可愛さや華やかさはもはや消えてなくなっていましたが、内側から本物の美しさが溢れ出ていました。
これが、冒頭のヘプバーンの言葉、
「歳を重ねるにつれて、ふたつある手のうちひとつは自分を助けるため、もうひとつは他人を助けるためにあることがわかるようになる」
に表われています。
ますます彼女のファンになりました。


人からちやほやされる上辺の美しさは若いころの一時的なもの。
永遠に残るのは、内側から溢れ出る本物の美しさです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

感謝の気持ちを生きる

2016.11.04日

"To speak gratitude is courteous and pleasant, to enact gratitude is generous and noble, but to live gratitude is to touch Heaven."
--Johannes A. Gaertner – 1912-1996, Professor of Art History
「感謝の気持ちを言葉で表すのは思いやりがあり、気持ちいい。感謝の気持ちを行動で表すのは寛大で、立派だ。しかし、感謝の気持ちを生きるなら天国に触れることになる」
--ヨハンネス・A・ゲルトナー、美術史教授


johannes-a-gaertner-quote.jpg


ゲルトナーの上の素晴らしい言葉に胸を打たれました。


ゲルトナーはドイツ生まれのユダヤ人のハーフでしたが、クリスチャンとして育てられ、ハイデルベルグ大学で神学で博士号を取得。キリスト教の牧師になるつもりだったのですが、時は第2次大戦。ドイツの徴兵を逃れてペルーに移住。そこで同じユダヤ人とドイツ人のハーフの女性と結婚し、ふたりは語学教師をしたり、書籍の輸入商などを営んだりしていました。
戦後、合衆国に移住しニューヨークで出版業を営み、大学でラテン語やさまざまな人文科学系の学科を教え始め、ラテン語とドイツ語の詩集を出しました。
そのような時、1学期限りの契約で美術史を教えたところ、その技量が買われて助教授、教授へと昇進し、後には芸術一般を教えるようになりました。


日本でエステティシャンというと、エステティックサロンにおいて「ボディケア」「脱毛」「フェイシャル」「リフレクソロジー」などの施術を行い、人々の肌や体の悩みを解決したり、より美しくする職業のことを指しますが、英語のaesthetician(エステティシャン)の原義は、「美の本質を専門とする哲学者」で、ゲルトナーはその草分けのような人物です。


そのような人の口から出た言葉が冒頭の
「感謝の気持ちを言葉で表すのは思いやりがあり、気持ちいい。感謝の気持ちを行動で表すのは寛大で、立派だ。しかし、感謝の気持ちを生きるなら天国に触れることになる」
です。
これぞ「美の本質」という感じです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

幸せになる秘訣

2016.11.02日

"One of the things I keep learning is that the secret of being happy is doing things for other people."
--Dick Gregory – Civil Rights Activist and Author
「私がいつも教えられていることのひとつは、幸せになる秘訣は他の人たちのために何かする、ということだ」
--ディック・グレゴリー、市民権活動家・作家


Dick_Gregory_2015.jpg


ディック・グレゴリーは現在84歳で、現役のコメディアン、俳優、作家、市民権活動家です。
(上の写真は1年前のもの)


彼には面白いエピソードがあります。
その昔、米国南部のあるレストランに入っていったところ、ひとりの白人のウェイトレスが彼のところにやってきて言いました。
「うちでは黒人は食わせないの」
ディックは答えました。
「ああ、全然かまわないよ。俺は黒人なんか食わねえから。フライドチキンを持ってきてくれ」
これを聞いていた3人の白人の若い男たちがディックのところにやってきて言いました。
「よーっ、おっさん。ひと言忠告しておく。お前がそのチキンにすることを、そのままお前にしてやるからな」
そこでディックはナイフとフォークをテーブルに置き、手に取ったチキンにキスして言いました。
「さあ、坊やたち、そこに並べ!」

(訳:舟田譲二 Wikipediaより。一部改)


さすが市民権活動家、コメディアン。ユーモアのセンスたっぷりに、しかも辛らつに人種差別を皮肉っています。


さて、ディック・グレゴリーの冒頭の言葉、
「私がいつも教えられていることのひとつは、幸せになる秘訣は他の人たちのために何かする、ということだ」
に私はこれ以上賛同できないほどです。
彼はまさにこの言葉どおりの幸せな人生を歩んでいるのだということがよくわかります。


この世の中、自分の幸せばかり追い求めて、人のために何かしたら損だ、と思っている人もたくさんいます。
でも、実はこのまったく逆で、人のために何かして、少しでも人の役に立てたなら、これほど幸せに感じることはありません。自分の益ばかり追い求めている間は真の喜び、幸せはありません。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人と人の間の境界線

2016.10.30日

最近、「境界線」についてよく考えます。
心理学などで使う「境界線」(別名バウンダリー)と私が考えている境界線はちょっと違うようです。


広い意味での「境界線」は、たとえば国家間の「国境線」です。
国境線とは隣接する国と国との境目で、国家主権の及ぶ限界です。勝手に自国の都合や益のために他国の国境線を越えると、最悪の事態では戦争になります。国家の主権は犯してはならないからです。
各国がこの基本的なルールを守れば戦争は起きないはずです。


同様に、各個人レベルにおいてもさまざまな境界線が存在します。
それは、たとえ夫婦や親子、きょうだいなど家族間、親しい友人間においてもそうです。
それぞれ超えてはいけない私的な境界線があります。
この境界線を越えるからさまざまな問題が起こるのです。


夫婦というのは、まったくの赤の他人でありながら、もっとも近しい関係です。
聖書には、「夫婦は一体である」と教えられています。「一体」とはひとつということです。
分けられないひとつの単位です。しかし、それでもなお夫にも妻にもそれぞれ自分自身の境界線があります。
そして、この境界線を越えることは、伴侶の人権を踏みにじることになります。これが原因でお互いに不信になり、離婚に至るケースもあります。


また、結婚している夫婦は一体なので、不可侵です。
したがって不倫は絶対にだめなのです。国境を越える行為と同じです。
マジシャンのミスター・◯リックが次のように言っていました。
「不倫はバレなければ天国だが、バレたら地獄だ」と。
「経験者語る」のような響きがありますが、たとえバレなくても不倫行為は夫婦間およびそれに割り込む人物、またそれぞれの家族などすべてにとって地獄そのものです。天国なんてどこにもありません。


きょうだい間においても不可侵の境界線があります。
これを破ると親が死んだあと財産争いなどに発展したり、互いに憎しみ合ったり、裁判沙汰になったりします。最悪の事態では殺人事件にも至ります。


さまざまなトラブルやそれに伴うほとんどの事件は、この「境界線」を越えて起きるます。
私たちはみんな他人の、あるいは国家や団体などすべての権利を認め、尊重すべきなのです。


「人にされたくないことを人にしてはいけない」、という消極的なものではなく、さらに一歩進めて、
「何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ」
という聖書の教えは万国共通の、そして永遠の真理です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

争いの修復作業

2016.10.28日

昔々、隣同士の農場に住んでいるふたりの兄弟が大きな争いごとに陥ってしまいました。これまで何の問題もなく、必要に応じてそのときどきお互いに機械や物を貸し合ったり、仕事を手伝い合ったりしてきたのですが、この40年で初めての大きな兄弟げんかになりました。


これまでの長い間の協力関係がいっぺんに壊れてしまいました。ほんの些細な誤解から始まったのですが、やがてそれは大きな問題に発展し、お互いに相手をひどい言葉でののしり合い、ついには何週間も口を利かなくなってしまいました。


ある日の朝、ジョンの家のドアに「トン、トン」とノックの音がしました。ドアを開けると見知らぬ男が大工道具の箱を持って立っています。
「2〜3日でできる仕事を探しているのですが」
とその男が言いました。
「ひょっとしたらその辺で、何か私にできるような小さな仕事はありませんか?」


「ああ、あるとも」と兄のジョンが答えました。
「お前さんにぴったりの仕事がある。あの川の向こう側の農場を見てみろ。あれはうちの隣の農場で、実は弟がやっているんだ。先週まで向こうとうちの間には牧草地があったんだが、弟のやつが小川の土手にブルドーザーを入れやがって、今では間に大きな淵ができてしまった。やつは俺に嫌がらせをしたつもりでいるんだろうが、俺はやつに一杯食わせてやろうと思ってる。あそこの小屋の横に積み上げてある乾燥させた木材が見えるだろう。あれで2メートル半ほどの高さの柵を作ってもらいたいんだ。やつの農場を見なくて済むように。少なくともあいつの頭を冷やすことになるだろう」


springfarm.jpg


大工は答えました。
「状況はわかりました。釘と穴堀機を用意してください。そうしたらきっとあなたのお気に召すような仕事ができることと思います」


ジョンは大工がすぐに仕事に取りかかれるよう、町へ行って材料や道具を準備すると、一日出かけました。
大工は寸法を測ったり、のこぎりで切ったり、釘で打ちつけたりして一日中一生懸命働きました。
ジョンは戻ってくると、びっくりして目を大きく見開き、口をあんぐり開けました。


柵などどこにもありません。あったのは橋。川の一方からもう一方にかかっている橋!手すりのついた立派な橋です。
そして向こうから橋を渡ってくるのは、隣の農場に住む弟。手を広げてやってきます。


「俺があんなにひどいことを言ったり、したりしたにもかかわらず、こんな橋を作るとは兄さんは大したやつだ」


ふたりの兄弟は初め橋の両端に立ち、次には真ん中で会い、お互いの手を取り合いました。ふたりは振り返って、道具箱を持ち上げようとしている大工の方を見ました。
「ちょっと待ってくれ。あと数日ここにいてくれ。ほかにももっとたくさん仕事があるから」と兄のジョンが言いました。


大工は言いました。
「ここにいたいのは山々なんですが、もっとたくさんの橋を造らなければなりませんので」
作者不詳

(訳:舟田譲二)


現代の「万里の長城」を造ると主張している御仁がいらっしゃる中で、心温まる素晴らしいお話です。
私たちも高い塀を建てるのではなく、橋をかける者になりたいものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人間に与えらえた知恵

2016.10.10日

"What you do makes a difference, and you have to decide what kind of difference you want to make."
--Jane Goodall(1934-), Primatologist and UN Messenger of Peace
「あなたの行動が違いを生み出す。しかし、どんな違いを生み出すかはあなた自身が決めなければならない」
--ジェーン・グドール、霊長類学者・国連平和大使


ジェーン・グドールさんは幼い頃より動物が好きで、アフリカへ行くことを夢見る少女だった。
ケニヤで農場を経営する友人宅を訪問したときに人類学の世界的権威であるルイス・リーキー博士と出会う。リーキーの勧めでタンザニアのゴンベのジャングルでチンパンジーの研究を始める。 リーキーとグドールは世界で初めてチンパンジーが草の茎を使いアリを捕る行動を報告し、人類固有とされてきた道具を使う能力がチンパンジーにも存在することを証明した。また、草食動物であると考えられていたチンパンジーが雑食であること、チンパンジーの性格に個体差があることを証明し、目覚しい研究成果を上げた。(Wikipedia)


1119jane-freud600.jpg


グドールさんがチンパンジーの研究を始めたとき、チンパンジーが彼女から逃げて近づくことすらできませんでした。
しかし、来る日も来る日もチンパンジーの行動を観察し、性格の違いを見つけて1頭1頭に名前をつけて近づいていきます。そのうち、チンパンジーのほうがグドールさんを自分の仲間として認めてくれるようになり、仲良くなって上に挙げたような画期的な発見を次々としました。


グドールさんは言っています。
「ヒトの脳。私が思うに、私たち人類と、一番近い親戚であるチンパンジーの最も大きな違いは、脳にあります。チンパンジーはかつて考えられてきたよりもずっと高い知性を持っています。それでも、どんなに賢いチンパンジーの脳も、ロケットや、そこから這い出して火星を動き回り、地球上の科学者たちに写真を送信するロボットを設計した生き物の脳とは比較になりません」
この知恵ある人間がどんどん傲慢になって、地球を破壊してきました。
「けれども、私たちは正気に返りつつあります。すでに世界中で、私たちが作りだした多くの問題への革新的な解決法が考案されています。例えば再生可能エネルギー、持続可能な農法というように。それに、個人のエコロジカル・フットプリントを軽減する方法も」(ジェーン・グドール:地球の未来に希望を抱く5つの理由より)
と彼女は、人間に与えらえた知恵で地球を破壊することはないだろうと期待しています。


動物行動学者らしい表現でグドールさんは冒頭のように語っています。
私たちがすることはどんなことであれ、良きにつけ悪しきにつけ何らかの違いを生み出すことになる。
大切なのは「どんな違いを生み出すか」で、それを決めるのは私たち一人ひとりの務めだ、と。


今日、ジェーン・グッドールさんは国連平和大使として、精力的に全世界を飛び回って講演活動を行い、自然保護、動物保護を訴えています。
「動物に性格や心、思考能力、そして何より感情があることを受け入れる覚悟ができれば、当然の帰結として、私たちは無数の動物たちの心理的・肉体的苦痛を思い、眠れぬ夜を過ごすことになるでしょう。集約的畜産、食肉処理、スポーツハンティング、罠猟、エンターテインメント業界の動物たち、『ペット』の扱い、釣りなど、挙げていけばきりがありません。だから私はベジタリアンになりました」


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人間はみんな自己チュー

2016.10.05日

私は使ったことがありませんが、自己中心のことを「自己チュー」と言うようです。
「誰々は自己チューだ」という表現をいつ頃からかよく耳にするようになりました。
考えてみたら私自身もそうですし、人間なんてみんな自己チューです。誰だって自分が一番可愛いですし、美味しいものも食べたければ、いい家にも住みたい、いい暮らしをしたい、痛い思いはしたくない、死にたくない…、当たり前のことです。
また自分の立場が危うくなると自分を守るために嘘もつけば、人を責めもする。最近テレビなどでよく見るシーンです。
憎い人には直接暴力を振るわなくても言葉などで傷つけもする。
考えてみれば、人間関係のもつれや、国家間の戦争などすべてこの自己チューから起こっています。


ふと「自己チュー」の反対は何だろうと考えてみました。
よく「自己紹介」をもじって「他己紹介」などと言ったりしますので、「自己」の反対は「他己」?
そしたら「自己チュー」の反対は「他己チュー」、すなわち「他人中心」という意味になります。
周りを見回して、こんなお人好しの他己チューの人なんかいますか?
いるとしたら、「チューチュータコかいな」のタコぐらいでしょう。でも、そのタコすらやはり自分が可愛い自己チューです。


もともと「自己」は「己れ自ら」ということですから、「他人自ら」というのは矛盾していて、「他己」というのは誰かが勝手に言い出した言葉で、いわゆる造語です。
ですから「他己チュー」という言葉は存在しません。そもそも人間みんな自己チューなのですから、他己チューという概念も存在しません。


でも「利己主義」に対して「利他主義」もしくは「利他精神」という概念は存在します。
これについては「利他の心」「ビジネスのエッセンス」の中でも触れましたが、たとえ自己チューな私たちでも「利他精神」は日常生活の中で実践できることです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

苦しみや困難な中にある人へ

2016.09.26日
ashlynn.jpg


私の名前はアシュリンです。
今11歳ですが、8歳の頃からずっとトゥレット症候群で苦しんでいます。まばたきや変な呼吸といったひきつけを起こします。
家族も私も初めのうちはただの癖かなにかだと思っていました。でも、だんだん症状がひどくなってきてようやくトゥレットだとわかりました。というのはお父さんも同じトゥレットだったからです。
じつは正式にトゥレットと診断されたわけではありません。というのは、これがトゥレットだということはみんなわかっているからです。それで両親は私をお医者さんに連れて行って、ただひどくならないようにと、薬を出してもらうことを望んでいないのです。


私がトゥレットだとわかってからわりとすぐに家族は引っ越しました。そしてありがたいことにホームスクーリングで学ぶようになりました。でも、教会は変わらなければなりませんでした。
新しく通い始めた教会の礼拝はすばらしかったです。でも私はきっとパニックするだろうとおそれていました。私がひきつけを起こしているのを、だれかがじっと見ていました。
その日、家に帰ったときには泣きそうになりました。
教会で洗礼を受けて半年ぐらいするとひきつけはほとんどなくなりました。2年半ほど前のことです。


それから家族はもう一度引っ越しました。そして昨日の晩、私たちはジェイミー・グレースのキャンプコンサートに行ってきました。
ジェイミーが自分のひきつけのことを話し始めたとき、私は泣きそうになりました。
ジェイミー・グレースもトゥレットだということを私は知っていました。だからジェイミーのおかげで、私もトゥレットであるということがうんと楽になりました。
ジェイミーが「神様はぜったいに間違ったことはされない」と言ったとき、もう私はその場で泣きたくなってしまいました。
幼稚園の頃からの友達に、何か月か前にトゥレットのことを勇気を出して言いました。
「あなたがトゥレットだからと言って、私はあなたのいい友達だってことに変わりはないわよ」と友達が言ったとき、また泣きたくなりました。


ギターを弾いたり、歌を歌ったりすると気持ちが落ち着きます。
ギターを習い始めて2年ぐらいになります。ギターを弾いていると気持ちよくなって、ひきつけを起こさないことに気づきました。
それからもうひとつ、トゥレットだということで落ち込むこともありますが、人と同じであることよりも人と違うということはもっといいことなんだ、ということがわかるようになりました。
これはトゥレットに限らず、自分が人と違うということで辛い思いをしている人がいたら、ジェイミー・グレースが言っているように、「神様はぜったいに間違ったことはされない」ということを思い出してほしいと思います。人と違うということであなたはもっとすてきな人になっているからです。

(訳:舟田 譲二)


ちょうど二日前、ピアノや歌を教えていらっしゃるFBフレンドのTakami Anabukiさんから、このジェイミー・グレースの"Fighter"という歌の歌詞を翻訳して欲しいと依頼されました。
訳していて魂に迫ってくるものを感じました。
この歌は、苦しみや困難な中にある人が必死で立ち上がろうとしている姿を歌っているもので、同じような境遇にいる人への励ましのメッセージとなっているからです。
これがその歌です。
長くなるので歌詞は明日のブログに載せることにします。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

真の友は永遠に

2016.09.25日
Good%20friends%20.jpg


良い友はお互いを思いやる
親しい友はお互いに理解し合う
しかし真の友は永遠に共にいる
言葉を超え、距離を超え、時を超えて

「最高の英語の名言」より
(訳:舟田 譲二)


このような友を持ちたいものです。
そして、このような真の友になりたいものです。


原文では、"True Friends..."と複数形になっていて、「真の友」を一般化して言っていますが、我々有限の人間が、言葉を超え(すなわち文化を超え)、そして時空を超えて永遠に良き友でいることなど能力的にも物理的にも不可能です。
言葉も時も空間も超えた真の友と言えば、やはりイエス・キリストでしょう。
キリスト教式結婚式や葬儀などで必ずと言っていいほどよく歌われる讃美歌312番は世界中の人に愛されています。その歌詞は:


いつくしみふかき ともなるイエスは
つみ とが うれいを とりさりたもう
こころのなげきを つつまず のべて
などかは おろさぬ おえる おもにを


いつくしみふかき ともなるイエスは
われらのよわきを しりて あわれむ
なやみ かなしみに しずめるときも
いのりに こたえて なぐさめたまわん


いつくしみふかき ともなるイエスは
かわらぬ あいもて みちびきたもう
よの とも われらを すてさるときも
いのりに こたえて いたわりたまわん


感謝します、イエスさま。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

弱き者よ、汝の名は…

2016.09.24日
5%20Funny%20Facts.jpg



「人生の5つの愉快な真理」

1.子どもがひとりできたらあなたは親になる。しかし、ふたりできたらあなたは審判になる。
2.結婚とは、一方がつねに正しく、他の一方はつねに夫であるという関係である。
3.愛はお金で買うことはできない。しかし、愛のためにはお金がたくさんかかる。
4.妻と夫はつねに妥協する。夫は自分が誤っていたと認め、妻は夫に同意する。
5.私たちの話す言葉を母語と言うが、それは父親には話す機会がまったく与えられないからである。

「最高の英語の名言」
(訳:舟田譲二)


アメリカ人特有のユーモア満載「名言」(迷言?)です。
読んでいて吹き出しながら、自分のことに当てはめて考えてみると、これが「当たらずとも遠からず」で、おそらくアメリカ人の夫婦だけでなく、ひょっとしたら日本人にも、あるいはほかの国の夫婦の間にも共通する「真理」なのかな、なんて... (笑) 。


1.は間違いなく真理。子どもがふたりできると、親は間に入って「審判」にならなければなりません。
審判に求められることは、公平であること。どちらに味方しても必ずもう一方からブーイングがきます。


2.夫婦間において「一方がつねに正しく」とはどちらのことか。「他の一方はつねに夫である」からその答えは明白です。
かつてはまったくこの逆だったのですが、男女同権が唱えられるようになってから、むしろ女性の権利の方が優先されるようになって、「老いては子に従え」じゃないですが、男性は「つねに妻に従え」のような雰囲気になってきました。その方が事は丸く収まるからです。
面白いことに、ライオンなど動物の世界においても、一見オスの方が強そうに見えるのですが、実際にはメスが自分の思うようにオスを従えています。


3.は面白い「真理」ですね。確かに愛はお金では買えないけど、たくさんお金がかかる。一般の世界ではきっとそうでしょうね。本物の愛にはお金はかからないのですが。


4.お互いに妥協しないで我を通そうとすると、衝突は不可避で関係は壊れ、離婚ということになります。そして、ほとんどのケース、女性はひとりでも、あるいは子連れでもやっていけるのですが、男性はひとりでやっていけない。そこで「謝る」。これが夫の側の妥協。それに対して、妻の「妥協」とは夫の言うことに同意する。うーん、言い得て妙。


5.一般的に男性は寡黙で、女性はおしゃべり。脳科学的にも、また遺伝子的に見ても女性の方が言語能力が優れているので、自然とそのような形になります。
そこで、家庭内においても母親の意見が通ることが多く、それを英語でも日本語でも自国語のことを「母語」と言うのとかけてるところがミソです。


ハムレットの名セリフ
「弱き者よ、汝の名は女なり」
の現代語訳は、
「弱き者よ、汝の名は男なり」。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

世界に不用の物はない

2016.09.23日
r11-p01.jpg r11-p04.jpg


r11-p02.jpg r11-p03.jpg

上の4枚の写真は何だと思いますか?
ピンと来る人がいたらかなりの「通」です。
私はなにかの菌類かと思いました。でも、ハズレ。
一般の私たちにはなじみの薄い「粘菌」(ねんきん)と呼ばれるものなのですが、これがまた実に不思議な生き物。
「動物とも、植物とも、菌類とも、原生生物とも言える曖昧な生物、コスモポリタンで、梅雨時から夏にかけて、森の朽ちた倒木や落ち葉の上などに見つけられる。粘菌変形体は、裸の原形質の巨大な塊で、100gぐらいの原形質が、先端部では数cmから数mのシート状に広がり、後方では、管がネットワーク状に分布している」
と北海道大学電子科学研究所、上田哲男さんが語っています。


かつて昭和天皇もこれをご研究されていたそうです。
そして、この粘菌の研究で世界的に有名だったのは、南方熊楠(みなかたくまぐす)という1867年から1941年に活躍した博物学者、生物学者、民俗学者です。
明治19年に19歳で渡米し大学で動植物を研究し、その後25歳でイギリスに渡り、大英博物館で考古学、人類学、宗教学などの蔵書を読みふけったといいます。


18か国語を自在に操り、独学で世界的な粘菌の研究者となったこの人がすごいことを言っています。
「多くの菌類や黴(かび)菌は、まことにせっかく人の骨折って拵(こしら)えた物を腐らせ、悪(にく)むべきのはなはだしきだが、これらが全くないと物が腐らず、世界が死んだ物で塞がってニッチも三進(さっち)もならず」と続け、害虫も無益のものではないと力説したそうです。
(2016年8月21日付読売新聞 「[名言巡礼]南方熊楠の言葉…世界にまるで不用の物なし」より)


「粘菌は味覚もあり、苦いものは避け、糖とかアミノ酸のような美味いものには寄って行く。嗅覚もある。臭いに対する粘菌の反応とヒトの反応に高い相関があることから、そこに共通のメカニズムがあると想像されるほどだ。その他、重力や電流にも反応する。粘菌には五感が備わっていると言ってよい。動物では特殊化した感覚器官が局在化しているが、粘菌ではこれらの能力が全身にある。一部分を切り取っても、サイズが小さくなるだけで同じように振舞う。粘菌は、全身が感覚器官であり、運動器官であり、情報器官だと言われる」
一見原始的な生物が、感覚受容、判断、行動、“計算”、“記憶”など、脳をもつ動物にも匹敵する高度な情報能力を示すことから、これを応用した「粘菌コンピュータ」なるものまで生まれたのです。


この単細胞生物の真正粘菌が形成する餌の輸送ネットワークを理論的に解明し、都市を結ぶ実際の鉄道網よりも経済性の高いネットワークを形成する理論モデルの構築に成功したそうです。
近年ますます複雑化するネットワーク社会において、経済性および災害リスクなどの観点から最適な都市間ネットワークを設計する手法の確立につながるというではありませんか。


去る7月に相模原市の知的障害者施設で起きた殺傷事件を受けて、一昨日の21日に横浜で全国から1000人が集う追悼集会が開かれました。
参加した方たちが切々と訴えていました。
「容疑者の『障がい者はいらない』という言葉は、私たちに向けられています。私たちは障がい者である前にひとりの人間です」
「障がい者にも輝く人生があります。生まれてよかったと思える社会を作らなくてはいけません」
「障がい者はみんなうまく言葉にできなくても心や頭の中ではちゃんと考えています。このことを社会の人たちにわかってほしいです」


この世の菌類やかび菌、害虫を始めとするあらゆる動植物を指して「世界に不用の物はない」と南方熊楠は語りましたが、人である障がい者ほどこの世において大切な存在のものはありません。
私たちは障がい者と力を合わせて共生社会作りを目指さなければなりません。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

馬がしゃべる?そーんなバカな!

2016.09.22日


「馬がしゃべる?そーんなバカな
馬が歌う?そーんなバカな
ホント。
だけど相手はひとり、ホントに好きな人にだけ
アイ アム ミスター・エド」
というオープニングソング。
1962年から1964年まで放映された日本でも人気のアメリカのホームコメディ。
私のお気に入りの番組で、欠かさず観ていました。


馬が人語を話す。これはドラマの世界。
でも、なんと馬語を話す人がいるのです。
その人の名はモンティ・ロバーツ(現在81歳)。


映画『モンタナの風に抱かれて』(ロバート・レッドフォード主演)のモデルとなった人で、その著『馬と話す男〜サラブレッドの心をつかむ 世界的調教師モンティ・ロバーツの半生』(徳間書店)は多くの人に読まれ、モンティ・ロバーツは日本に講演に来られたこともあります。


モンティは、調教したことのない野生馬をわずか30分で調教し、その背に鞍を乗せて人が乗れるまでにします。
その方法は、従来のような調教師が権威を持って鞭で馬を強制的に従わせるのではなく、馬の目線に立って馬の気持ちを理解し、馬と語り合いながら信頼関係を築き、馬が自分の方からモンティに従いたくなるように導くという画期的な方法です。



モンティ・ロバーツはひと言でズバリ、その調教の秘訣を語っています。
「どんな教師も、その気のない脳みそに知識を押し込むことはできない。教えるという一方的な行為は存在しない。あるのは、学ぶという行為だけだ」と。


学校や塾における教育、また家庭における親の子どもに対する教育において、従来の馬の調教のような脅しや強制、暴力などが日常的に行われていて、それによって生徒・子どもは勉強嫌いになっています。
さらに、教師の部活等における暴力的な指導により自殺・自殺未遂する生徒が全国で後を絶たず、平成に入ってからその数は60件余りに上ると言います。
馬でさえ、馬語を話すモンティ・ロバーツの愛情によって学ぶ姿勢が生まれるのならば、ましてや人間においておやです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

「怒る」と「叱る」

2016.09.15日

少し前に、「怒りの原因」という記事を書きました。
そして昨日、その続編ともなる「正しい怒り方」について記しました。


「怒り」というのは、ある意味人間の本質にも迫るような大きな問題です。
この怒りが原因で、傷害事件や殺人事件から国と国との間の戦争問題にまで発展するのです。


さて、親子の間や上司と部下、子弟間、先輩・後輩間など、身分や立場上の上下関係においては、「怒る」ことと「叱る」ことがよく混同され、それがもとでさらに人間関係を壊しているケースがよくあります。


国語辞典の「怒る」の定義の中に、「叱る」という言葉を挙げているものもあるほどです。
1 不満・不快なことがあって、がまんできない気持ちを表す。腹を立てる。いかる。「真っ赤になって―・る」
2 よくない言動を強くとがめる。しかる。「へまをして―・られた」


しかし、「怒る」と「叱る」の間には、厳然たる違いが存在します。
「怒る」は基本的には上の定義にもあるように、「不満・不快なことがあって、がまんできない気持ちを表す。腹を立てる。いかる」、すなわち自分本位の心の中の不満の爆発、怒りをぶっつけるという意味合いが含まれます。
「叱る」は往々にして、「怒る」と同じ状況を生み出すからです。


しかし、「叱る」の本来の意味は、「目下の者の言動のよくない点などを指摘して、強くとがめる」です。
すなわち、怒りという心の中の状態を相手にぶっつけるという自分本位のものでなく、相手のことを考え、また相手が改善することを期待して「注意する」という行動を指しています。
ですから、「優しく怒る」ことは普通できませんが、「優しく叱る」ことはだれにでもできます。


ここで気をつけなければいけないのは、たとえいくら相手のことを思っての行為であっても、「怒り」の感情を相手にぶっつけて「叱る」なら、それは単なる「怒り」としか相手には受け取られないということです。
この点において、多くの人たちが過ちを犯しています。
とくに多いのが、親が子を叱るケースです。親が愛の行為から叱っているとしても、子どもは怒られているとしか感じません。
これでは元も子もありません。


正しく「叱る」コツは、
1.叱る前にひと呼吸おく
2.大声を出さず、冷静に叱る
3.叱るべきときに間髪を入れずに叱る
4.ねちねちとしつこく叱らない
5.的をひとつに絞って具体的に叱る
6.人前で叱らない
7.優しく叱る
8.相手が納得できるよう論理的に叱る


このように、怒らずに叱ることはだれにでもできます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

正しい怒り方

2016.09.14日

"Anyone can become angry - that is easy. But to be angry with the right person, to the right degree, at the right time, for the right purpose, and in the right way - this is not easy."
--Aristotle
「だれでも怒ることはできる。じつに簡単なことだ。しかし、しかるべき相手に、しかるべきレベルで、しかるべき時に、しかるべき目的で、しかるべき方法で怒るとなると、これは簡単なことではない」
--アリストテレス
(訳:舟田 譲二)


アリストテレスについてはこれまで何度かこのブログの中で取り上げてきました。彼の名言の多くは私の波長と非常によく合い、一つひとつビンビンきます。
6年前に書いた記事、「幸福になる秘訣」は今読み返しても、「ふむふむ、なるほど」と我ながら感心する、アリストテレス特有の幸福論です。


今日の「怒り方」も非の打ちようのないほどずばり真理を突いた教えです。
多くの人が夫婦間、親子間、きょうだい間、子弟間、同僚間、上司部下の間等々で、この「正しい怒り方」の原則を守らないために、関係を壊し、下手をすると憎しみや嫉妬に発展したり、さらにこれがもつれると、傷害事件や殺人事件に、国と国の間では戦争にまで発展するのです。


さすが天才アリストテレス、正しい怒り方をじつに簡単明瞭に教えています。
「しかるべき相手に、しかるべきレベルで、しかるべき時に、しかるべき目的で、しかるべき方法で」怒るなら、その怒りは役目を果たします。
しかし、そこが人の弱いところ。ことごとくその正反対をしてしまうのです。
「怒るべき相手を間違えている」
「怒るべきレベルを超えている」
「怒るべきでない時に怒っている」
「目的を外れて怒っている」
「正しい方法で怒っていない」


だれかに対して怒った最後の時のことを思い出してみましょう。胸に手を当てて、正直に。
私たちのだれひとり、胸を張って自分は「正しい怒り方」をしたと言うことはできないのではないでしょうか。
正しい怒り方は問題解決につながりますが、怒り方を間違えるとかえって問題を複雑にしてしまいます。
このように、「怒ること」自体は簡単なのですが、「正しく怒ること」は決して簡単ではありません。
この次、なにかで頭にきて、怒りたくなったときには、ひと呼吸おいて上のアリストテレスの「正しい怒り方」を頭の中で復習してみましょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

明日の良い仕事のための最善の準備

2016.09.13日

"The best preparation for good work tomorrow is to do good work today."
--Elbert Hubbard (1856-1915)
「明日の良い仕事のための最善の準備は、今日良い仕事をすることだ」
--エルバート・ハバード
(訳:舟田 譲二)


エルバート・ハバードは19世紀後半から20世紀初頭にかけて活躍したアメリカの著名な教育者、著作家です。
セールスマンとして成功を収めた後、新しいキャリアを求めて40代はじめにそれまでの仕事をやめて大学で勉強を始め、その後会社経営をするかたわら、勤勉、質素な生活、積極的姿勢という独自の人生哲学を広めようと執筆活動をはじめました。
43歳のとき、わずか1時間で書き上げたという『ガルシアへの手紙』は、14年後には4000万部も印刷され、世界中の多くの人を啓蒙しました。


「幸せは日々の習慣で作られる」という名言も残していますが、
今日の名言
「明日の良い仕事のための最善の準備は、今日良い仕事をすることだ」
と同様、ハバードの勤勉な性格、生活態度から生まれた言葉です。


ここでは「明日の良い仕事」と言っていますが、これは仕事に限らず、親子関係を始めとするあらゆる人間関係に適用できますし、学生ならば勉学に、また健康や、人生そのものについてすべての人に当てはまります。
とどのつまり「ローマは一日にして成らず」なのです。
今日の一日をどのように過ごすかが、私たちの将来を決めます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

心の中で人を裁いていると

2016.09.12日

"If you judge people, you have no time to love them."
--Mother Teresa – 1910-1997, Missionary and Saint
「心の中で人を裁いていると、その人を愛する余裕はありません」
--マザー・テレサ、修道女・聖人
(訳:舟田 譲二)


マザー・テレサについては「あなたの中の最良のものを」を始め、何度かこのブログでも取り上げてきました。


マザー・テレサはつい1週間前、カトリック教会で「聖人」として認定されました。
プロテスタントでは「聖人」という概念はありません。なぜなら聖書によると人はみんな同じ罪人だからです。
しかし、「聖人」であろうがなかろうが関係なく、病や貧困に苦しむ人々の救済に捧げたマザー・テレサの生涯と、彼女の謙虚な信仰の姿勢は世界中の人々から称賛され、マザー・テレサの残した数々の名言は今日も多くの人々に勇気と希望と力を与えています。
私もその恩恵に与かるひとりです。


冒頭の
「心の中で人を裁いていると、その人を愛する余裕はありません」
は私たちすべてに語られている言葉です。
私たちは例外なくみんな高慢な者であり、知らず知らずのうちに人を心の中で裁いています。
「裁く」とは、分かりやすい言葉で言い換えると、「その人の良し悪しを判断する」という意味です。
私たちはみんな「同じ穴のむじな」、似たり寄ったりです。
人を心の中で裁くことのできるような者はひとりもいません。
しかも、マザー・テレサの言うように、人を心の中で裁いている間は、その人に対する愛が自らのうちに欠けていて、自分も同じように神様から裁かれるからです。


聖書にも次のような言葉があります。
「隣り人をさばくあなたは、いったい、何者であるか」
(ヤコブの手紙 4:12)


「人をさばくな。自分がさばかれないためである」
(マタイによる福音書 7:1)


「だから、ああ、すべて人をさばく者よ。あなたには弁解の余地がない。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めている。さばくあなたも、同じことを行っているからである」
(ローマ人への手紙 2:1)


私たちもマザー・テレサに倣って、謙虚に人に仕える者となりたいものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人生とは、自分の身に起こる10%と...

2016.09.11日

"Life is 10% of what happens to you and 90% of how you respond to it."
--anonymous
「人生とは、自分の身に起こる10%と、それにどのように反応するかの90%から成っている」
--作者不詳
(訳:舟田 譲二)


人生とは本当に摩訶不思議なものです。
健康で、家族に恵まれ、楽天的に、幸せに一生を過ごす人がいるかと思えば、かたやさまざまな病気を抱え、サポートしてくれる家族はいず、その結果悲観的になり、不幸な一生を送る人もたくさんいます。
これを「不公平だ!」と言う人もいます。


でも考えてみれば、そもそもこの地上において、みんなが公平ということはあり得ません。
たとえ工場でベルトコンベアーに乗って次々と生み出される機械物でも、出来不出来があります。ましてや、命を持つものですべてが同じ、公平などということを望む方がそもそも間違っています。


動物や植物の世界でも不公平は存在しています。
生まれつき足が不自由な犬もいます。同じ農園で栽培されている同じ種類の果物でも、美味しいものもあれば美味しくないものもあります。
でも、ここで大切なのは、動物や植物はほかと比べて不公平だ、なんてこれっぽっちも考えていないということです。


これに対して、人はほかの人と自分を比べるから、「不公平だ!」と言いたくなるわけです。
動植物と違って我々人間には知恵があるからそのように感じるのは当たり前だ、と言う人もいるでしょう。
ところが、またまた不思議なことに、同じ病気を抱えている人、経済的困窮の中にいる人、家族関係で問題のある人等々、似たような状況の中にあっても、ある人はその中で生き生きと、幸せに生きていますが、別の人は不平・不満が口を突いて出てきて、恵まれている人を嫉妬したり、恨んだりする人すらいます。


作家、三浦綾子さんは結核、脊椎カリエス、心臓発作、帯状疱疹、直腸癌、パーキンソン病など次から次へと襲う病魔と闘いながらも、「私はこんなにもたくさん病気をして、神様にえこひいきされている」と言って、感謝をしながら一生を送られました。
一生、綾子さんの介護を続けられた夫の三浦光世さんも、不平不満をこぼしたことはなく、夫婦円満で幸せな人生を送られました。


このように考えてみると、冒頭の言葉、
「人生とは、自分の身に起こる10%と、それにどのように反応するかの90%から成っている」
は確かに真理だと言わざるを得ません。
そして、起こったことにどのように反応するかには、根拠が必要です。無目的な出来事に対してポジティブに反応するのはまことに困難です。
このことを証ししていらっしゃるのが、シカゴ在住のFBフレンドの中村佐知さんです。


ご主人が作られた下の動画を昨日、「ミルトスの木かげで 線香花火」でシェアされました。
涙なしに見られない感動の実話です。



中村佐知さんのお嬢さんの美穂さんは21歳という若さでガンで天に召されました。
ご両親、ご家族・ご親族始め、多くの友人の方々が本当に苦しい、辛い思いをされました。
その苦しさの中で、お母さんは美保さんが息を引き取られる直前のときのことを葛藤の中で次のように語っていらっしゃいます。


「ガンになっても助かる人はいる。完治しなくても、ガンと共存しながら長生きする人もいる。死ぬにしても、安らかに眠るように亡くなる人もいる。それなのに、なぜみんは、21歳の若さで、ガンの診断を受けてから1年も経たないうちに、しかもこんなに苦しみながら、死に向かって突き進んでいるのですか…? あんなに大勢の人たちが、世界中で祈ってくださっているのに、癒しを確信し、ひれ伏して祈っていたのに、なぜこうなってしまうのですか? 私たちの祈りは、あなたの御前に何の意味もなかったのですか? My God, my God, why have you forsaken us!?」


しかし、最後には次のような言葉で締めくくっていらっしゃいます。


「みんは、本当に最期までよく頑張った。彼女の闘いは華麗だった。 感謝の言葉と愛の言葉で貫かれていた。もちろん時には痛みや悲しみゆえにかんしゃくを起こしたときもあったけれど、それでも、みんはいつも感謝と愛と憐れみの心で満ちていた。葬儀に来てくれた大勢の友人たちも、それを証ししてくれた。この地上での最期の言葉が「I love you」だとは、実にあの子らしい。苦しみのただ中からなおも愛を告白できるところは、幼児のころから少しも変わっていないのだ。敵は、みんに神様を呪わせ、親を呪わせ、この世の中を呪わせたかったのだろう。何とかみんに、いのちではなく呪いの言葉を吐かせようと、苦しみを与え続けたのかもしれない。しかし彼女は屈しなかった。苦しみを苦しみとして受け止めつつも、自分の肉体の弱さを受け入れつつも、決して屈しなかった。そして、この地での最期を「I love you!」と叫ぶことで締めくくった。敵はさぞかし悔しがったことだろう。イエスが十字架の上で赦しの言葉を語ったように、みんは病の床の淵から愛の言葉を語った。たとえ肉体は死んでも、みんはこの闘いに勝ったのだ。イエス様もみんに、「Well done!」とおっしゃっておられることだろう。」
「ミルトスの木かげで 最後の30時間」より一部抜粋)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

本物の愛とは

2016.09.10日

"Life has taught us that love does not consist in gazing at each other, but in looking outward together, in the same direction."
--Antoine de Saint-Exupery – 1900-1944, Aviator and Writer
「愛とはお互いの目を見つめ合うことにあるのではない。一緒に外を見る、それも同じ方向を見つめることだ、ということを我々は経験から学んでいる」
--アントワーヌ・サン=テグジュペリ、パイロット・作家
(訳:舟田 譲二)


サン=テグジュペリと言えば『星の王子さま』。
私の大好きな本のひとつで、人生の節目節目で何度も読み返しては多くのことを教えられ、感銘し、共感を覚えた書です。(「星の王子さま」
いわゆる「波長が合う」作家です。


普通、「愛」というと、私たちが一番に想像するのは男女間、恋人同士、夫婦間の愛などです。
そして、そのイメージは決まって、ふたりがお互いに目を見つめ合っている姿です。
しかし、ここでサン=テグジュペリが言っている愛は、「一緒に外を見る、それも同じ方向を見つめることだ」という深遠なものです。
「お互いに目を見つめ合う愛」も大切なものですが、そのような「惚れた、腫れた」の類いの愛というものは、そういつまでも続くものではありません。


本物の愛とは、むしろ手を携えて一緒に自分たちの外の世界を、同じ方向を見つめること。
これだと、必ずしも「男女間の愛」に限定されることなく、同じ意志、目的、夢を持った者たちの群れなど誰にでも当てはまります。
そして、これこそが時代や国や文化を超えた本物の愛で、この愛がこれまで世界を動かし、変えてきたのではないでしょうか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

みんな同じ空の下で生きている

2016.09.06日

"We all live under the same sky, but we don't all have the same horizon."
--Konrad Adenauer – 1876-1967, Former Chancellor of Germany
「我々はみんな同じ空の下で生きている。しかし、見ている地平線はみんな違う」
--コンラート・アデナウアー、元ドイツ首相
(訳:舟田 譲二)


Adenauer.jpg


アデナウアーは、戦後のドイツ連邦共和国(西ドイツ)の初代首相です。
子どもの頃、ニュースや新聞でこの名前をよく見聞きしていたのを覚えています。
非常に頭の切れる人だったようで、学生時代にクラスメイトと共にカンニングを画策していたそうです。
その計画は巧妙で、頭の良いクラスメイトに問題の解答を作らせ、答えを書くときには、カンニングがバレないように一人ひとりの生徒に間違えるところまで指示していたといいます。(そんないい頭を持っているんだったら、カンニングなんかするな!(^o^))


この頭の良さをいかんなく発揮し、自らが再建したケルン大学から名誉博士号を与えられ、その後も同大学の各学部に3度にわたって名誉博士号を授与され、哲学、政治学、医学、法学などその名誉博士号は多岐にわたる。
第一次世界大戦時の食糧難には大麦の加工食品や大豆製ソーセージを発明。ナチスにより引退生活に追い込まれていた時には「害虫防止ブラシ」「車のライトに幻惑されないメガネ」など珍発明を連発。庭いじりが好きでバラの新種を開発し「アデナウアーのバラ」と名付けた。(以上、Wikipediaより)


この頭のいいアデナウアーが言った冒頭の言葉はなかなか奥が深いです。
確かに、世界中何十億という人が地球上に住んでいますが、みんな例外なく同じ空の下で生きています。しかし、見える世界はみんな異なっています。
ある人は大平原の地平線を見ているでしょうが、山しか見たことのない人もいれば、砂漠や、ジャングルや海や氷しか見たことのない人、また都会しか見たことのない人もいます。
はたまた一生裕福な世界しか見ない人もいれば、逆に貧しい世界しか見ない人もいます。


さらに言うと、同じところに住んでいて、同じ生活をしていても見ている世界は一人ひとりみんな違います。一卵性双生児の人たちですら、毎日見ている地平線は異なっています。
そして、多くの人は自分に関心のあること、自分にとって益のあることしか見ていません。
しかし、また別の人は、ほかの人に見えない世界、地平線を見ていて、いかにして他の人に、また世界に貢献できるかを考えています。


実際のところ、ドイツ語で「地平線」と言うとき、「全体を見る能力」という意味が含まれているそうです。
私たちももっと広い視野を持って世界を見るものでありたいものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

86,400秒分の1秒

2016.09.04日

"God gave you a gift of 86,400 seconds today. Have you used one to say 'thank you?'"
-- William Arthur Ward
「神様は今日、あなたに86,400秒という贈り物をくださいました。あなたはそのうちの1秒を使って『ありがとう』と言いましたか?」
-- ウィリアム・アーサー・ウォード
(訳:舟田譲二)


ウィリアム・アーサー・ウォード(1921-1994)はアメリカの教育学者、牧師、教師。
アメリカでインスピレーションナルな名言でもっともよく引用される人物の一人です。


よく引用される彼の有名な言葉に次のものがあります。
The mediocre teacher tells.
The good teacher explains.
The superior teacher demonstrates.
The great teacher inspires.
平凡な教師はただしゃべる。
良い教師は解説する。
さらに優れた教師は自らやってみせる。
しかし、偉大なる教師は生徒の心に火をつける。
(訳:舟田譲二)


これは本当に教育者として鏡にすべき名言中の名言です。
以前、山本五十六の有名な言葉をご紹介しましたが、これに通じる教えです(「ほめてやらねば 人は動かじ」)。


さて、今日の冒頭の彼の言葉
「神様は今日、あなたに86,400秒という贈り物をくださいました。あなたはそのうちの1秒を使って『ありがとう』と言いましたか?」
は、本当に耳に痛いです。


去る2月に「ありがとう」と「サンキュー」の反対語という記事を書きました。
「感謝する心」の反対は「当たり前と思う心」です。
私たちは、毎日毎日、数えきれないほどたくさんの素晴らしいプレゼントを神様からいただきながら、無意識のうちにそれを当たり前のものと思い、感謝するのを忘れてしまいがちです。
そのプレゼントの中でも最高のものは「時」です。だれでも公平に1日に86,400秒という時間を与えられています。
生きていること、時間が与えられていること、そんなことは当たり前だと思っているのです。
しかし、ウィリアム・ウォードは言っています。「86,400秒のうちの1秒でも使って『ありがとう』と言いましたか?」と。


人から何をしてもらっても当たり前。神様から数えきれないほどの恵みを毎日いただいても当たり前。
これは本当に私たちが陥りやすい罠で、なんでもかんでも「当たり前」と思っていると、「感謝する心」、喜びが生まれてきません。


まずは、86,400秒のうちの1秒を使って神様に「ありがとう」「感謝します」と言いましょう。
そして、次に、家族や友人など私たちの身の周りの人たちに同じく「ありがとう」と言おうではありませんか。
私たちが今日の一日生かされていることは、まさに神様のお陰、身の周りの人たちのお陰です。
みんながこのような思いで一日を過ごすなら、争いは止み、家族も、世の中も本当に平和になるでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

他人の幸運を喜ぶ

2016.08.23日

"One of the sanest, surest, and most generous joys of life comes from being happy over the good fortune of others."
--Archibald Rutledge – 1883-1973, Poet
「人生において、もっとも健全、確実、かつ豊かな喜びのひとつは、他人の幸運を喜ぶところから来るものだ」
--アーチボールド・ラトリッジ、詩人
(訳:舟田 譲二)


アーチボールド・ラトリッジ(1883-1973)はアメリカのサウスカロライナ州生まれの教育者、詩人、作家。
著書も詩も、そして名言も数多く残しています。


今日の冒頭の名言、
「人生において、もっとも健全、確実、かつ豊かな喜びのひとつは、他人の幸運を喜ぶところから来るものだ」
は今日の社会に欠けているとても大切な教えのひとつのように思われます。
競争社会においては、人を蹴落としてでも自分が出世する、人よりも豊かになる、地位や名誉を築く等々に価値観が置かれがちで、いかにこれらを得るかであくせく働いているように見えてなりません。


このような社会においては、他人の成功や幸福を望むよりは、他人の不幸を望む人が多いものです。競合他社や商売敵が倒産すると喜ぶ、なんてあまりにもみみっちい、寂しいことじゃないですか。
このようなことをやっていて幸福になれるわけありません。
他人の幸運を、幸せを喜ぶこと、これほど安上がりで、しかも心身にとって健康的で、さらに自らに幸福をもたらすものはないでしょう。
逆に、他人に嫉妬したり、他人の不幸を願うことは、骨の腐りであり、心身の不健康につながり、結果自分の不幸につながります。


そして、これらは国と国との関係にも当てはまります。
敵対国と言わないまでも、政治・経済上の競争国を敵視して、その国の失敗や不幸を喜ぶなんていうのはあまりにも了見が狭いです。
もっと豊かな心の持ち主になりたいものです。これが、個人を、社会を、国を、世界を、全人類を幸せにします。
そもそも私たちはみんな兄弟姉妹ではありませんか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

良い客と悪い客

2016.08.21日

 私は良い客だ。どんなひどいサービスであろうと、絶対にクレームをつけたりしない。
 レストランに入ると、ウェイターもウェートレスも世間話に夢中で、誰一人「ご注文は承っておりますでしょうか」と聞いてこない。あとから来店した一行に先に料理が出されることもあるが、そんな時でも私は絶対にクレームをつけず、黙って待つことにしている。


 何かを買おうと店に行く時も、私は店員のことを思いやる。横柄な店員は、何を買うか決めるまでいくつもの商品を見ていると腹を立てるが、そのような時でも私はできる限り礼儀正しく振る舞うことにしている。店員と同じように失礼な態度をとったほうがよいとは思わないからだ。


 先日、ガソリンスタンドに行くと、五分近く待たされた。ようやく対応に来ても、ガソリンは撒き散らす、油で汚れた雑巾でフロントガラスを拭くといったありさまだ。しかし、私はこのひどいサービスにもクレームをつけなかった。


 私は文句を言わないし、愚痴もこぼさないし、批判もしない。ましてや、一部の人たちがするように事を荒だてるようなことは絶対にしない。そんなことは余計なことだと思う。私は良い客なのだ。さらに、もうひとこと付け加えれば、私は二度と来ない客である。


 私はあまりにも強引な商売をされると、そこを立ち去って、良い客をきちんと評価してくれる、訓練された従業員のいる店に行って買い物することにしている。世間には、どんな店でも倒産させてしまう、私のような良い客がおおぜいいる。


 広告宣伝費を湯水のように使って顧客を呼び戻そうと躍起になっている会社をよく見かける。そんなことをしなくても、微笑みながらひとこと親切な言葉をかけ、良いサービスを提供しさえすれば、私を固定客にできるのに。


 あなたがどのようなビジネスに携わっていようと、店がつぶれそうだったり、会社の業績が悪化していたりするなら、私のような二度と来ない客が原因であることに気づいてほしい。

名もなき良い客


これは『お客様の心をつかむ 真実の瞬間』の著者が語っていることです。私の言葉ではありません。


私も基本的には不満があっても口に出さず、うちに収めておく「良い客」です。
ある時、レストランで運ばれてきた料理に髪の毛が入っていたことがありました。
黙ってその毛を取って食事することもできましたが、私はウェイターを呼びました。
ウェイターはなかなか来てくれませんでした。
ようやく来たウェイターに、まだ手をつけていない料理の中に入っている髪の毛を見せました。
ウェイターは「しらばくお待ちください」と言って、厨房に行き、その後なかなか戻ってきませんでした。
ようやく来て言いました。
「少しお時間をいただくことになりますが、お料理をお作り直しすることもできますが、そのようにいたしましょうか?」
私はこの返答に一瞬驚きましたが、そこでも決して怒りを表さず、静かに「そのようにお願いします」と答えました。
料理ができてくるまでかなりの時間がかかり、一緒にいた人たちはみんな食べ終わっていました。
ウェイターは「申し訳ありませんでした」のひと言も言わずに、料理を置いて立ち去りました。
それでも私はクレームをつけませんでした。そんなところで喧嘩するだけの価値がないと思ったからです。
あとで、お詫びにと言ってデザートをテーブルについていたみんなに持ってきてくれました。
私は丁寧にお礼をいいました。
しかし、そのレストランには二度と戻りません。
この店は私に見捨てられたのです。


でも、変化を期待できるところや変化してほしいところには敢えて「悪い客」(クレーマー)になります。
先日の記事、「すぐやるか?」をご覧になった方の中には、私のことを「クレーマー」と思っている人もあるかもしれません。
まあ、少なくとも件の市役所の担当者にとって私はクレーマーのように映っていることでしょう。ひょっとしたらブラックリストに乗っているかもしれません。
自分ではクレーマーとは思っていませんが、言うべきときにははっきりと、論理的に、冷静に相手が納得できるよう話します。


なぜそのような嫌われ役を敢えてするのか。妻などは放っておけばいい、と言います。
決して自分の主義主張を通したいから言っているのではありません。
ほかの人たちも迷惑を被っているし、自分が言わなければほかに言う人がいないと思うから、みんなの声を代弁して言っているのです。
また、同時に少しでも改善してもらうよう期待を込めて言っています。
つまり、見捨てていないのです。


なぜなら、私自身、冒頭のような黙って去っていき二度と戻ってこないような「良い客」は望んでいないからです。
むしろ、「悪い客」から適切で有用なアドバイスが欲しいのです。
聞くときには少々耳に痛いかもしれませんが、「善意のクレーム」によって改善したいと常に思っています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

「ありがとう」のひと言

2016.08.03日
present.jpg


"Feeling gratitude and not expressing it is like wrapping a present and not giving it."
-- William Arthur Ward, Scholar
「感謝してはいながらその気持ちを表現しなければ、それはプレゼントをラッピングしておいて相手に渡さないようなものだ」
-- ウィリアム・アーサー・ウォード、学者
(訳:舟田譲二)


ウイリアム・アーサー・ウォード(William Arthur Ward, 1921-1994)は、米国ルイジアナ州出身で、メソジスト教会監督や日曜学校校長、信徒リーダーなどを務めたほか、いくつかの大学で教え、リーダーズダイジェストなどのコラムニストとしても活躍していました。
彼が残した名言は、今日でもアメリカでもっとも多く引用されていると言われます。


さて、感謝していながらその気持ちを素直に表せない人がとても多いです。日本人にその傾向が強いように思われます。
外国の人の場合はちょっとオーバーすぎるほど言葉だけでなく、顔の表情やジェスチャー、ハグしたりなど、全身で感謝の気持ちを相手に伝えます。
そのアメリカですら、ウィリアム・ウォードが人々にもっと感謝の気持ちを表すようにと勧めているぐらいですから、ましてや私たち日本人においておやです。


日本人の場合、とくに夫婦間や親子間など家族の間で、「ありがとう」というひと言が出てこないことが多いように思いますが、いかがでしょうか?
以前、「ありがとう」と「サンキュー」の反対語という記事を書きましたが、「ありがとう」の反対語は「当たり前」です。
つまり、人に何をしてもらっても「当たり前」と思う傲慢な心です。確かに何でも当たり前と思っていると、「ありがとう」という感謝の気持ちは起きてこないですよね。


いくら感謝していると言っても、その気持ちを表現しなければ、「プレゼントをラッピングしていながらそれを渡さないようなもの」で、これでは元も子もありません。
私たち日本人は、もっと素直に感謝の気持ちを相手に伝えられるようになりたいものです。
それも、とくに家族など身近な人たちに。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

健全なセルフイメージ

2016.07.31日

子どもの頃、私のセルフイメージはとても低かった。妹はとても可愛くて、頭がよく、性格はおっとりしていて愉快で、みんなから愛されていた。私が2歳のとき妹が生まれてきて、両親の愛情を私から「奪って」しまったので私はおもしろくなかった。そこで、私は自分のうちになにか人から愛されない原因があるに違いないと思うようになった。次に私は怒りっぽくなって、無意識のうちに人を遠ざけるようになった。


両親は愛情深く、妹と私を差別などしていなかった。しかし、両親が妹により多くの時間を割き、かまっているように見えたので(小さい子どもだから当然のことだったのだが)、私は妹ほど大切な存在でもなければ、価値もない人間だと思うようになった。


これがこの後25年間におよぶ「劣等感」の始まりだった。私は自分が愛されるに値しない者、価値のない者、ほかの人たちのように能力のない者だと思うようになった。そして、これが自己成就的予言となった。私はどのようにして友達を作ったらいいのかわからなかった。だから小学生時代はほとんど孤独な時を過ごした。中学高校生になってほんの少しはよくなったものの、自分のうちに人に与えられるものなどないと思っていたので、友達はあまりできなかった。


成人してからも本当に辛い日々を過ごしていた。しかし、いくつかの成功体験とおして私は自分自身を見つめ直し、思っていた以上のものがあるかもしれないと気づき始めた。


私は自分を注意深く見つめ、子ども時代のことから解放されて、自分が何者であるかがわかり始めてきた。自分はこれでいいのだ、自分のうちにも人に提供できるものがたくさんあることに気づいた。30代になる頃には、他人の評価によって自分が何者か決まるわけではないということもわかってきた。自分が何者であるか、そして自分に愛される価値があるということは自分しか決められないことだとわかった。


自分次第だということがわかったとき、私は自分を評価し直し、ほかの人たちと同じように、自分は愛される価値のある、かけがえのない存在で、能力があるのだと結論づけた。自分はユニークだという点においてみんなと違っていて(私たちはみんなそうなのだが)、そしてそれ自体素晴らしいことなのだ。また、ありのままの状態で私は良い人間だということにも気づいた。


かと言って自分が「完璧だ」というわけではない。そもそもそんなものは存在しないのだ。「完璧」の定義は、私たち自身にかかっている。それで、私こそ「完璧な私」だということがわかった。これは別に成長の余地がないという意味ではない。さまざまな困難や不完全なことがあっても、私は自分自身を愛し、感謝することができる、という意味である。他人に関係なく私には価値がある。もし何らかの理由によって、人々が私と同じように感じなかったとしても、それは彼らの問題であって、私の問題ではない。


私は自分の価値を認めなかったときには人生がどれほど苦痛であったかを今でもよく覚えている。私の今の目標は、他の人たちがかつての私と同じあの苦痛を感じなくていいよう、サポートすることだ。


肯定的なセルフイメージを持っている人は、人生においてどのようなことが起こってもよりうまく対処できるということを見てきた。自分の内に価値があると感じていたら、たとえさまざまな困難やトラウマがやってきてもうまく対処できるし、そこから前進することもできる。自分を愛し、受け入れることができない人にとっては、あらゆることが苦しみに感じられるものだ。


もしあなたが自分の内に疑いを持っているなら、自分の古い信念を再評価する時間を取って、あなたはこれまでもずっと驚くような素晴らしい人物であったことを再発見してもらいたい、と私は願っている。
これは必ずやあなたの人生を変えることになるだろう。


サンドラ・アベル、ベストセラー作家、スピーカー、カウンセラー、ライフ・ビジネスコーチ
(訳:舟田 譲二)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

知的障害者福祉施設で起きた事件に思う

2016.07.29日

"In helping others, we shall help ourselves, for whatever good we give out completes the circle and comes back to us."
--Flora Edwards - Author
「他の人を助けることによって、私たちは自分自身を助けることになります。というのは、たとえどのような善意を施しても、それは回り回って自分に戻ってくるからです」
--フローラ・エドワーズ、作家
(訳:舟田 譲二)


去る7月26日、神奈川県相模原市緑区の知的障がい者福祉施設「津久井やまゆり園」で19人が刺殺され、26人が重軽傷を負うという痛ましい事件が起きました。


「知的障がい者はこの世にいない方が世のためだ」という、独りよがりの異常な妄想によって引き起こされた事件のようで、世界を震撼させました。
これは、最近外国で頻繁に起きているテロ事件と本質においてまったく変わらず、独善的な行為で、世界平和などたとえどんなに立派な主義・主張を唱えても決して許さるべき行為ではありません。


世間ではよく次のように言われるのを耳にします。
「人にしてほしくないことはしてはいけない」
確かに、上の事件の犯人にしても、またテロリストたちにしても、同じことを自分にされたら嫌なはずです。
憎しみや暴力行為は、またそれを引き起こすという負の連鎖を生むだけです。


しかし、本来「人にしてほしくないことをしてはいけない」ではなく、
「何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ」
(マタイによる福音書 7:12)
であるべきです。
憎しみや復讐に打ち勝つ唯一の道は、自ら進んで人に善をなすことです。
これによって正の連鎖が始まり、自分のところにも善が戻ってくるのです。


「一寸の虫にも五分の魂」で、蚊や蟻ですら自分の命に危険が迫ると必死で逃れようとしますし、死ぬ時には苦しみます。
ましてや人間においておやで、自分の価値観で他人の生命を軽んじたり、ましてやそれを奪うことなど絶対に許されません。
亡くなられた方の恐怖、苦しみ、またそのご家族の方の悲しみ、辛さを思うと心が張り裂けそうになります。


教育の原点は、まさに人の生命の尊厳を教えることにあるのではないでしょうか。
単に勉強ができる、テストでいい点が取れる、いい学校に進学する、などが教育の目的ではないはずです。
オウム事件の時もそうでしたが、テロリストたちは概して高学歴の人たちが多いようです。


学問よりも学歴よりも何よりも、人の生命を大切にすること、そしてその中には当然のことながら自分の生命も含まれるということを家庭で、そして初等教育で徹底して教えるべきだと思います。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

学院長、カッコいいよ!

2016.07.20日

ちょうど6年前の記事の再録です。
今や大学2年生になった、今日の話の中に登場するS君、今頃どうしてるのかなぁ...


多分2か月ぐらい前からだと思うのですが、中2の男子生徒が私の顔を見るたびに、
「学院長、カッコいいよ!」
と言うのです。
初めのうちは冗談と受け止めて、
「ありがとう。みんなそう言うよ」
と冗談で返していたのですが、最近段々とエスカレートしてきました。
一昨日はついに何人かが私のことを
「学院長、カッコいい。ニコラス・ケイジみたいだよ」
と言うのです。
まあ、ほめられて気分悪くはないのですが、ちょっと気になることがありました。
みんなニコニコ(というかニタニタ)しながら言うのです。
しかも、よく聞いていると、
「ニコラス・ケイジ」ではなく、「ニコラス刑事」と聞こえるのです。
どうもかつがれているみたいです。
そこで
「もういいよ。冗談は」
と言ったら、
「真面目に、カッコいいっすよ!」
とS君が言うのです。
「真面目に」というのは、いわゆるこれまでの「まじで」の新しいバージョンのようです。


正直、私は自分がカッコいいなどと思ったこともありません。
ましてや、中学生の男子から「カッコいい」なんて言われる覚えもありません。
しかし、誰でも「カッコ悪い」とか「ブスだ」とか「バカだ」とか「うざい」とか言われるよりも「カッコいい」と言われるほうが、たとえ冗談でも気持ちいいものです。
それで私もS君に「学院長、カッコいいっすよ!」と言われたら、「Sもかっこいいよ!」と言い返すことにしています。


先日、バス送迎をしているとき、Rちゃんに
「◯◯ちゃんのお母さんがRちゃんのことをとてもいい子だってほめてたよ」
先生も本当にRちゃんはいい子だと思ってる」
と言ったところ、
「全然そんなことないですよ」
という返事が戻ってきました。
もちろん謙遜しているのです。
そこで私は
「オーケー、じゃあ、◯◯ちゃんのお母さんに、Rちゃんは全然いい子じゃないですよ、って言っておくね」
と冗談で言って、
「でも本当にいつもいろいろありがとう。Rちゃんにはとっても感謝しているよ」
と付け足しました。
Rちゃんはニッコリ笑って、元気よくあいさつしてバスを降りました。


人間、誰でもほめられると嬉しいものです。
「ブタもおだてりゃ木に登る」と言うぐらいですから。
それなのに、みんな人のことをあまりほめないのは一体どうしてでしょう。
耳にするのは批判的な悪い言葉ばかりです。
そしてお互いに傷つけあっています。
みんながお互いに相手のいいところを見つけて、それをほめれば人間関係はもっとうまくいき、みんなが幸せな気持ちになり、人生が楽しくなるのに。
教師は生徒を、親は子どもを、夫は妻を、妻は夫を、兄姉は弟妹を、同僚同士で、友達間で、上司が部下を、部下が上司をもっとほめるようになったら、みんなもっともっと素晴らしい人間に成長していくと「真面目に」思うのですが。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

ビジネスのエッセンス

2016.07.19日
image.jpeg


徳川幕府の末期を支えた幕臣・勝海舟は、明治維新の後、1899年(明治32年)まで生きた。晩年の時事談議をまとめた「氷川清話」の中で、勝は塚本定次という商人を、「田舎にはまだ感心に本気の人が居る」と大いに称賛している。


塚本は、思わぬ利益を得た時には、自分でため込まず、従業員に分配したり、学校に寄付したりする。所有する荒れ地には、桜を植えて近隣住民を楽しませたという。


塚本は、いわゆる近江商人の一人だ。今の滋賀県を拠点とした商人たちは全国に商いを展開し、江戸時代に大いに栄えた。塚本の言動に見るような利他的な家訓が、近江商人の家には数多く伝わっている。例えば中村治兵衛宗岸そうがんという商人は18世紀半ば、後継ぎとして孫娘の婿に迎えた15歳の青年にこんな書き置きを残した。
「皆人よき様にとおもひ、高利望み申さず、とかく天道のめぐみ次第と、只ただそのゆくさきの人を大切におもふべく候」
自分だけが大きな利益を得ようと思わず、取引先の人々を大切に思いなさい、と丁寧に説いている。


 近江商人は、近江を本拠に、地方に支店を出して、互いの特産品をそれぞれの土地に届ける、現代の商社のような機能を果たしていた。


 「彼らは他国に出かけていって商売をした。行った先の地域社会に支持されなければ、商いは成り立たないと知っていました」。長年、近江商人を研究してきた末永國紀くにとし・同志社大名誉教授は話す。
 薄利でよい、誠実に働け。理想論にも見えるけれど、「ひとかどの商人は似た言葉を残しているし、引き継げなかったところは滅んでいる」(末永名誉教授)。持続可能な経営のための知恵だったのだろう。


 そんな近江商人の哲学を、後世の研究者が集約した言葉が「売り手よし、買い手よし、世間よし」、通称「三方よし」。近年は、企業の社会的責任の源流と注目を受けている。


 近頃、あちこちで大企業の幹部が謝罪する姿を目にするにつけ、買い手や世間を軽んじた商いは、結局は長続きしないのだと痛感する。
(7月17日付 読売新聞 日曜版 「[名言巡礼 繁栄をもたらした利他精神]近江商人の商売の心構え…売り手よし、買い手よし、世間よし」より)


私は大学卒業後もいくつかの学校で学び、最終的に卒業して仕事に就いたのは34歳の時。
もちろんそれまでにも仕事はいくつもしてきましたが、自立して本格的に始めたのはこの時です。
キリスト教会牧師、英会話学校講師、大学講師、企業のサラリーマンと、四足の草鞋(わらじ)を履くという忙しさでした。
そしてその後、これらすべてをやめて自分の英会話学校、学習塾の仕事を始めました。
30年あまりになりますが、自分ほど商売に向いていないものはいないというほど、こと商売に関しては本当に下手です。
ただ、ここまでやってこれたのは、父から仕込まれた上の近江商人のサービス精神に負うところが大きいです。
私は儲けを度外視して一生懸命人に仕えることに徹してきました。
その結果、今日があります。
勝海舟が称賛したという近江商人の精神こそが、日本が世界に誇るビジネスのエッセンスではないでしょうか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

あなたが発している波長は?

2016.07.16日

日常の生活の中で、「◯◯さんと波長が合う」とか「合わない」という表現をみんなよく使います。
この「波長」というのは何でしょうか?
一般的には「フィーリング」とか「相性」のような意味で使っているのではないでしょうか?


実は今、「量子物理学」という新しい分野の学問が熱いのです。
これまでの「ニュートン力学」は目に見える世界を扱っています。
たとえば、物体が上に上がれば下に落ちてくる(重力の法則)とか、物体を押すと押し返される(作用と反作用の法則)のようなものです。
ところが、量子物理学では原子、分子、電子、素粒子など目に見えない世界を扱っています。
そして、原子や電子が粒子としての特徴をもつと同時に波としての特徴をもつ(物質波)ことが知られています。
つまり、光や音や電波など、すべて波を発しているということはみんな知っていますが、これらは波の性質と同時に粒子としての特徴ももち合わせているそうです。
そして、さらに話を進めると、実は光や音などだけでなく、すべての物質もやはり粒子から成り立っていて、これらの粒子が波動を起こしているというのです。
そう、車も家も、人間さえも波動しているのです。


なるほど、それで合点がいきました。
人間も波動しているということは、ある種の波長の波を発しているわけで、これが人によって同じ波長で共鳴したり、衝突したりする。だから、波長が合う、合わない、ということがあるわけです。


私たちが何色が好きとか、どんな音楽が好きとか嫌いとか、誰々が好き、嫌い、どんな車が好き、どの科目が得意、不得意等など、挙げ出せば切りがありませんが、これらのもとはみんな波長のせいだということがわかれば、納得がいきます。


さて、私たちもみんなある種の波長を発しているわけですが、それが否定的・消極的・破壊的な波長だと、やはり同じような波長のものを引き寄せることになります。
これが、これまで何度もこのブログで触れてきた「引き寄せの法則」なのです。(「意思あらば道通ず」「あなたの望みをかなえよう」ほか参照)


ならば、私たちは幸せになりたければ、そのような波長を発しなければならないということです。
憎しみの波長を発していたらやはり戻ってくるのは憎しみです。
人からの愛を求めているなら愛の波長を発するのです。
あなたはそのような波長を発していますか?


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

こんなことがあり得るのか!

2016.07.10日

希望に胸をふくらませてベネズエラからアメリカに留学してきて、エンジニアリングを学んでいた美しい20歳の女性の人生が一瞬にして悪夢に変わった。
酒気帯び運転をしていたひとりの若者の車がセンターラインを越えて女性の乗っていた車に正面衝突。
女性は九死に一生を得たものの、全身の60%を覆う重度の火傷を負う。
事故後10か月間意識不明。50回にも及ぶ手術を受けて生き返るも、顔も身体も焼け落ちて恐ろしい姿に一変した。
女性は今でも悲しくて毎日5分間泣くが、泣き終わったら気持ちを切り替えて明るく生きようと努めている。


彼女の名前はジャッキー・サブリード。
オプラ・ウィンフリー・ショーで、加害者の男性の母親と初対面し、言葉を失っている母親を抱きかかえて、
「大丈夫よ。大丈夫」
と慰める。
それに対して、母親はジャッキーに、
「あなたは世界一美しい」
と答える。


見る人々を泣かせる感動的なシーン。私も大泣きに泣きました。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

あなたも北極星!

2016.07.07日
%96k%8B%C9%90%AF.jpg


「私たちひとりびとりは、だれか他の人にとって、北極星のような存在である。だれも、ある人の代わりになってその人自身の生活をすることはできない。そのような意味において、私たちひとりびとりは、それぞれ自分自身の生活に責任を持たなければならない。しかし、もし私たちが、自分の理想や、愛する者たちが私たちに対していだいている希望にはるかに及ばないような生き方をするならば、私たちは、自分自身を傷つけるだけでなく、また、だれかの北極星を空から落とすことになるのである」
(『山頂をめざして』 p.469 L・B・カウマン著 いのちのことば社)


そうです。私たちはみんな、ひとり残らずだれか他の人にとって、北極星のような存在、すなわち絶対に必要な存在なのです。
赤ん坊からお年寄りまで、ひとり残らずみんなです。
自分など生きていても何の役にも立たない、自分の人生に意味なんかない、自分がこの世にいてもいなくても何も変わりない、などと人はよく考えがちです。
日本はとくに自殺(自死とも)する人の数が多く、年間30,000人にも及びます。ざっと毎日100人近くの人が自殺しているということになります。
自分の生きている価値や目的がわからないと、困難や試練、苦しみにぶつかると死にたくなることがだれにもあります。


これまでこのブログで何十もの障がい者に関する記事も書いてきましたが、そのどれもこれも否定的・悲観的なものではなく、積極的・肯定的なものばかりです。


ニック・ブイチチさんのこと(「自分には◯◯できない」)、全盲のジム・ストーヴァルさん(「盲目にならなくても見える!」)、リジー・ベラスケスさん(「頑張れ、リジー!」)、マレーシアの全盲のほか、頭蓋骨・脊柱奇形といういくつかの障害を持って生まれてきたコリンくん(「生き甲斐」)、また障がい者でなくても、携帯電話のセールスをやっていてみんなから無能と思われていたポール・ポッツさんのこと(「ダイヤモンドの原石」)等など、挙げ出せば切りがありません。


これらの人たち一人ひとりに共通すること、それは自分に与えられた役割、使命に気づいたということです。
神様はこの世に私たち一人ひとりを生み出す時に、その人にしかない大切な役割、使命を一人もれなく与えてくださっているのです。
自分自身の快楽のために生きるのは虚しいことです。でも、ほかの人の北極星(道しるべ)となるために生きることには本物の生き甲斐があります。
あなたもだれかの北極星なのです。それを空から落とさないようにしましょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

自分にしてもらいたいこと

2016.07.01日

 数年前、私はある電話会社のコマーシャルに出演を依頼された。スーツを新調しようとニューオーリンズ郊外にある自宅近くの衣料品店に行ったところ、幸運にも販売員のフレッド・オーバートと出会った。自己紹介し、自分が探しているものについて相談すると、フレッドはたいへん親身になってくれた。それ以来、私はずっと彼の固定客だ。
 

 フレッドはまず私の話にじっくり耳を傾けてくれた。私がカメラの前でどんなイメージを希望しているかをよく知るため、彼はコマーシャルについて質問したうえで、細い縦縞の入った濃紺のスーツを推薦し、寸法を測った。私はそのスーツを買い、これでやっとコマーシャルの準備が整ったと思った。


 しかしその後、会社側から「コマーシャル撮りに使うセットの背景が暗いので濃い色のスーツは合わない」と言われ、私はグレーのスーツを探すために再びフレッドのところに行った。すると彼は、「そういう事情でしたら、濃紺のスーツを引き取りましょう」と言ってくれたが、私はそれが良いスーツで手放したくなかったので、そのまま自分のものにした。しかし、フレッドの店にはグレーのスーツがたくさんあったものの、どれもコマーシャルの雰囲気にぴったり合わない。フレッドは強いて自分の店のスーツを売りつけようとせず、競合店へ行くよう私に勧めたので、行ってみると、そこでイメージにぴったり合うスーツが見つかった。このことでフレッドは販売のチャンスを逸したが、私の信頼を得た。

(中略)

 以前、フレッドの上司はこう言った。「彼は絶対に顧客を失わない。彼の顧客は、引っ越すか死ぬかしない限り、生涯にわたって顧客であり続ける」。しかし、この発言は少しだけ事実と異なる。その後、私は遠方に引っ越したが、スーツはいまでもフレッドから買っている。

(中略)

 彼は私を説得して、グレーのスーツを買わせることもできたかもしれない。しかし、私が本当に必要としているかどうかもわからない商品を買って店を出ていってほしくなかった。だから、競合店を紹介したのだ。しかし、私はそれ以来、その競合店ではスーツを一着も買っておらず、フレッドの店では何着も買っている。売れば販売につながるが、買うのを手伝えば顧客の獲得につながるという証しである。
(マイケル・ルボーフ著 『お客様の心をつかむ真実の瞬間』 ダイヤモンド社 p.15-19)


今読んでいる上掲書は、ビジネスのバイブル、さらに言えば人間関係などその他すべてのことに通じるもっとも大切なことを教えてくれる本です。
私も普段から仕事をするときに、また生徒や生徒のご父母と接するとき、塾で働いてくださっている人たち、友人、親族などすべての人にこの精神を忘れず接するよう努めています。
これも「父の日」に書いたように、父から教わった大切な教えです。


そして、その原型が本の中の本と言われるバイブル(聖書)にあります。
「何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい」
(マタイの福音書7:12)


みんながこのような精神で生きていたなら、人間関係の衝突や、恨みや憎しみ、復讐、争いごとなど世の中から消えてしまうことでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

真実の瞬間

2016.06.29日

先日の記事「もっと楽に生きるコツ」は、結構多くの人が抱えている問題に対する解決法だったようで、少しでもお役に立てることができていれば幸いです。


さて、この記事の中でご紹介したマイケル・ルボーフさんの有名な著書『お客様の心をつかむ真実の瞬間』を早速読み始めていますが、素晴らしい本でぜひ皆さんにもお薦めしたいと思います。
ビジネスについて書かれたバイブルのような本ですが、人間関係のバイブルとも言えます。
その中からひとつをシェアします。


「顧客に対してほぼ確実に良い印象を与える基本戦略がある。それは、顧客のセルフイメージを高める手助けをしてあげることだ。そうすれば、顧客はあなたのことが好きになる。
新婚ほやほやのジェーンが、友人と昼食を共にしながら、なぜボブではなくビルと結婚したのかを説明している。
 『たしかにボブは素晴らしい男性よ』とジェーンは言う。『ハンサムだし、高学歴で、頭も切れるし、仕事もできる。実際、ボブといっしょにいると、この世で最もすばらしい男性といっしょにいるように感じるわ』
 『じゃあ、どうしてビルと結婚したの』と友人が尋ねると、ジェーンはこう答えた。
 『ビルといっしょにいると、自分がこの世で最もすばらしい人物のように感じられるからよ』
 この話は、自分を売り込むうえで最も大切なポイントを示している。ポジティブで長続きする印象を与える最も効果的な方法は、顧客が抱いているセルフイメージを高めてあげることに全神経を注ぐことなのだ。
あなたが接する顧客はみな、セルフイメージを高めてほしいと思っている。そのことに神経を集中すれば、あなたは自分を売り込むことができる。しかし、ほとんどの人はそれをしない。自分の製品やサービス、自分自身を顧客に印象づけようと躍起になるあまり、顧客とそのニーズを忘れてしまっているのだ。」

(同上 p.39-40)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

平凡な中の幸せ

2016.06.22日

昨日の誕生日に際しましては、本当に数えきれないほどたくさんの方々からお祝いメッセージ、お祈りをいただき心からお礼申し上げます。お一人ひとりにお礼の気持ちをお伝えすることができませんが、今日のこの記事を通して私の想いをご理解いただければ幸いです。


家族を始め親族から、昔からの親しい友人、信仰の友、友人の友人、Facebookで知り合いになった方々、セミナー等で知り合った方々等々さまざまな方からお祝いいただきました。
その方との間柄によって、「舟田譲二様」「舟田様」というとてもご丁寧なものから、「舟田さん」「舟田先生」「譲二先生」「先生」「ジョージ」「ジョージくん」「フナやん」「舟田くん」など、呼び方も千差万別。面白いです。
多くの方が、私の健康のことを気遣いお祈りくださっていて、また「学院長 元気の出るブログ」で励まされている、と逆に私を励ましてくださいました。
お祝いメッセージ一つひとつを読みながら、また添付されている画像や音楽などを楽しませていただきながら、お一人ひとりのお顔やこれまでのおつき合いの経過などを思い浮かべ、感謝のお祈りをいたしました。


昨日の「今日は私の誕生日」に載せた『ルート66』の写真に何人かの方が反応してくださいました。
「ルート66 懐かしいですね 忘却の彼方から舞い降りてきたみたいやあ」(HIさん)
「ルート66、いいですね!! 素敵です」(TAさん)
「ルート66、これからも安全第一でお進みください(笑)」(NTさん)
ほか。



上の動画は、マ−テイン・ミルナ−(声=愛川欽也氏)、ジョ−ジ・マハリス(声=納谷悟朗氏)の二人がロスアンゼルスとシカゴを結ぶルート66を、コルベット・ステイングレ−に乗って旅する、日本では1962年から放映され絶大な人気を誇ったTVドラマ『ルート66』の主題歌です(Wikipediaより)。
青年時代7年近く過ごしたロサンゼルスのサンタモニカが起点で、全長3,755kmの大陸を横断する国道です。
テレビ番組は、この国道を旅しながら繰り広げる若者二人の日常の出来事をドラマ化したストーリーです。
私も子どものころ、このドラマが大好きで夢中になり、いつかあのルート66を自分も車で走ってみたいと憧れていたものですが、実際に現地に住み、走ってみるとごくごく普通の平凡な国道です。


考えてみたら私たちの人生も似たようなもので、ルート66を走っているような毎日ありきたりの生活なのですが、その中で起こる様々な出来事を喜んだり、悲しんだり、驚いたり、感動したり、あるいはなにも感じないような平平凡凡の日々を過ごしたりしています。


しかし、そのような平凡な生活の中にこそ幸せに生きる秘訣が隠されています。
それが昨日シェアしたTV番組TEDの「幸福な人生を送るには? ハーバード流人生満喫術」の中でも語られています。
幸せな人生を送る秘訣、それはすなわち「人間関係」です。
多くの人が思うような「富」や「名声」「地位」「豪勢な生活」「家や車などの持ち物」などは人に幸せをもたらしません。
家族や親族、友人などとの間で、豊かな人間関係を持っていること、これが何よりも幸せなことで、これがひいては健康、長寿にもつながる、というのです。


そのような意味で、今回<ルート66>の誕生日を迎えた私は、本当に平凡な生活をしていますが、家族や親族に、また多くの友人たち、また仕事における仲間、さらにはアカデミーに送られてくる多くの生徒たちに恵まれて本当に幸せだ、とつくづく実感しました。


皆さんに感謝の気持ちをこめて。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人生の行く先は

2016.06.15日

"Sow a thought and you reap an action;
sow an act and you reap a habit;
sow a habit and you reap a character;
sow a character and you reap a destiny."
「思考の種を蒔きなさい。そうしたら行動の実を刈り取るでしょう。
行動の種を蒔きなさい。そうしたら習慣の実を刈り取るでしょう。
習慣の種を蒔きなさい。そうしたら人格の実を刈り取るでしょう。
人格の種を蒔きなさい。そうしたら人生の目的地を刈り取るでしょう」
(作者不詳)
(訳: 舟田 譲二)


上を次のように言い換えてみましょう。


「悪い思考の種を蒔きなさい。そうしたら悪い行動の実を刈り取るでしょう。
悪い行動の種を蒔きなさい。そうしたら悪い習慣の実を刈り取るでしょう。
悪い習慣の種を蒔きなさい。そうしたら悪い人格の実を刈り取るでしょう。
悪い人格の種を蒔きなさい。そうしたら最悪の人生の目的地を刈り取るでしょう」
こちらの方が、よりリアルで実感がわくかもしれません。


一昨日、ある人から聞いた話ですが、日本の高校生の8割、10人のうち8人が「自分に自信がない」と言っているそうです。
これは本当に驚くべき、お先真っ暗な数字です。
原因のひとつは、そしてひょっとしたら一番大きな原因なのでしょうが、教育にあると思います。
まずは幼児期からの家庭での親の教育に始まり、小中高校と学校の教育にも責任があるでしょう。
子どもに自信をなくさせるような教育をしているとしか思えません。


そういう私も高校生の頃、学校生活のつまらなさ、授業の退屈なこと、自分自身のやる気のなさなどから、将来が見えなくなった一時期がありました。
自分自身が見えなくなっていました。
何のために生きているのか、人生の目的は何なのか、と真剣に考え悩みました。
友人と語り合い、本を読み、またあるときは教会の門をたたいたこともあります(「神の存在は証明できるか」)。
でも答えは見つかりませんでした。当時の私も「自分に自信がもてない」一青年でした。


でも幸いにもその後、思考を一新する最高の機会に恵まれ、その結果人生の目的地が見えるようになりました。
とどのつまり、人生の行く先は最初の思考から始まっているのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

高潔とは

2016.06.13日
cslewis700208.jpg


"Integrity is doing the right thing, even when no one is watching."
- C.S. Lewis, author
「高潔とは、たとえ人がだれも見ていないところでも正しいことをすることだ」
−C.S.ルイス、作家
(訳: 舟田 譲二)


高潔はちょっと難しい言葉ですが、辞書には「人柄がりっぱで、利欲のために心を動かさないこと。また、そのさま」と定義されています。
簡単に言えば、「立派な人柄」「人格者」です。


本当に立派な人というのは、他人が見ていようが見ていまいが、正しいことをします。悪いことはしません。
人前だけでいいことをする人、いいことを言う人は、真に高潔であるとは言えません。
うらおもてがない。金太郎飴のように、どこを切っても出てくるのは金太郎です。


kintaro.jpg


人前でいくらいいことを言っていても、陰で別人になるような人は、金太郎飴から桃太郎が出てくるようなもので、「看板に偽りあり」です。
自戒の意味も込めて。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

セルフイメージが低いと

2016.06.12日

"Accept yourself as you are. Otherwise you will never see opportunity. You will not feel free to move toward it; you will feel you are not deserving."
- Maxwell Maltz - 1889-1975, Author
「自分をありのまま受け入れなさい。そうでないと決して好機を見出すことはないでしょう。遠慮せずに好機に向かって進むこともできないでしょうし、自分はそれにふさわしくないと感じることでしょう」
-- マックスウェル・モルツ(1889-1975)、作家
(訳:舟田譲二)


正しいセルフイメージが持てずに悩んでいる人がとても多いです。
それが引っ込み思案の原因であることもあれば、自傷行為に走ったり、自信がないために良い仕事ができなかったり、勉強やスポーツで腕を振るうことができない、はたまた人にすぐに喧嘩を売ったり、言葉や行動でのDV(家庭内暴力)につながることもあるでしょう。
ともかく、セルフイメージが低いと、さまざまな問題の原因となります。


さらに困ったことに、冒頭にあるように、さまざまなチャンスがやってきても自信がないために、自分はそれにふさわしくないと思って、みすみす見逃してしまったりします。
私たちは神様によって、一人ひとりかけがえのない存在、最高の作品として創られています。


自分をありのまま受け入れること。
すべてはここから始まります。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

感動小話

2016.06.11日

小学生のとき、少し知恵遅れのA君がいた。
足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵が上手な子だった。
彼は、よく空の絵を描いた。抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。
担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。
冷や汗をかきながら、指を使って、ええと、ええと、と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。私はN先生が大嫌いだった。
クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、全校集会で先生のお別れ会をやることになった。生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、と言い出したお馬鹿さんがいた。
お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。


私は、A君の言葉を忘れない。
「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」
A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。N先生がぶるぶる震えながら、嗚咽を食いしばる声が、体育館に響いただけでした。

(kokoro堂より)


小学5・6年生のときの同級生に、上の話のAくんほどではありませんが、勉強ができず、不器用で、スポーツは何をやってもだめなSくんという子がいました。
いつもクラスのみんなから冷やかされ、馬鹿にされていました。
私も何度かクラスの仲間につられてSくんを冷やかしたことがありました。
卒業後私は引っ越し、二度と顔を合わすことがなくなったSくんに対して「あのときは悪かった」と、機会があったらお詫びを言いたい、とずっと思っていました。


十数年ぶりに会った別の同級生にSくんのその後のことを尋ねました。
返ってきた答えに私は唖然としました。
あれほどドジで「丸出ダメ夫」だったSくんが、なんとプロのバレエダンサーになったというではありませんか!
私は頭をガーンと殴られたように感じました。そして、心の中でSくんに「ごめんね。そして、おめでとう!」と言いました。
人生、どうなるかわからないものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

ダウン症の若者のTV番組、米テレビアカデミー賞を受賞

2016.06.10日
s_Born-This-Way.jpg


ようやくこういう時代が到来しました。
ダウン症の人たち、またその他の「障がい」を持った人たちへの偏見や差別がなくなる日が一日も早く来るよう心から願うものです。
下の動画は感動物です。


複雑な問題に取り組み、社会への変革をもたらしたTV作品に贈られる米テレビアカデミー賞(Television Academy Honors)。
第9回テレビアカデミー賞をダウン症の若者のリアリティ番組”Born This Way”が受賞しました。


“Born This Way”は大人のダウン症のある人の問題・課題にフォーカスした内容です。
7人のグループが友情、恋愛、仕事などに情熱を傾け、人生の夢をかなえるために頑張る姿がカメラに収められています。


番組制作したA&Eは”Born This Way”放映開始以降、(第6話まで)視聴率が83%伸びたと言います。
「(この結果に)わたしたちは圧倒されました。障がい者の方やその家族の視聴者から様々な意見や感想が寄せられました。」
「わたしたちの見ている世界を変化させるような番組を作ることは非常に難しいです。”Born This Way”は、その番組の一つだと私たちは信じています。」

「DS21.info」より)



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

怒りの原因

2016.06.09日

「怒り」はだれの心にもあり、コントロールするのが難しいものです。
あるときには、人に対して、あるいは物に対して、はたまた国や異なった考え方・価値観などに対して、そして自分に対してさえも怒ることがあります。
この御しにくい怒りはどこから来るのでしょうか?
そして、怒りをうまくコントロールするにはどうしたらいいのでしょうか?


私はこの問題をずっと長い間考えてきました。
なぜなら、この世の問題のほとんどは、「怒り」によって引き起こされているからです。
傷害事件や殺人事件など、原因の多くは「怒り」です。
国家間の戦争も、テロも、宗教間の対立も、相手に対する怒りが原因であることが多いです。


それでは、「怒り」の原因は何か。
これがわかり、うまくコントロールできるようになると、多くの問題を未然に防ぐことができます。
私が到達した答え、「怒り」の原因をひとことで言うと、「相手を自分の思うように動かしたい、コントロールしたい」という考えです。
たとえ夫婦間や親子間など近しい関係にあっても、人は自分の期待どおりには動いてくれないものです。
なぜなら、人はみんなそれぞれ自分なりの価値観を持っていて、それに従って行動し、生きているからです。
自分だって、人からなにかを強制されることは嫌でしょうし、実際のところ人に言われるとおりには動きません。ならば、人が自分の思いどおりに動いてくれないのは当たり前のことです。


ところが、他人が自分の思いどおりに行動してくれないと、人は腹立ち、怒るのです。
つい先日、北海道七飯町の山林で父親の仕置きで山林で置き去りにされた少年のケース(「月に代わって、おしおきよ!」)も、ことの発端は子どもが自分の思いどおりにならないことに対する父親の怒りです。


ここに怒りの対処法の答えが隠されています。
自分だって人にああしろ、こうしろ、と言われるのが嫌なのですから、人だって同じ。たとえ子どもでも親の思いどおりにいかなくて当たり前。生徒も教師の言いなりにはなりませんし、部下も上司の思うようには動いてくれません。
そこで腹を立てるのではなく、相手の立場に自分を置いてみる。そうすることによって同じ問題でも違う面が見えてきます。
もしも怒りがムラムラと湧き上がってきたら、その場でそれを爆発させてしまわず、まずはひと呼吸置くことです。ほんのちょっと時間を置くだけでも、血が上っている頭も冷めてきます。
これは怒る価値があるかどうか、と客観的に判断します。多くの場合、怒ることによって得る結果は、相手だけでなく、自分にとっても苦をもたらし、損になることがわかります。


それでも人間は感情を持った動物ですから、いつでも冷静に対処できるとは限りません。
怒ることもあるでしょう。
そのようなときには、次の聖書の言葉を思い出すといいです。
「怒ることがあっても、罪を犯してはならない。憤ったままで、日が暮れるようであってはならない」
(エペソ人への手紙 4:26)


怒りそのものは罪ではありません。「義憤」というものもあり、神様ご自身も悪に対しては非常に強い怒りを持っていらっしゃいます。
しかし、それを爆発させて相手を傷つけるようなことになると、それは罪です。
そして、もし怒ってしまった場合には、日が暮れる前に、すなわちその日のうちに詫びて、関係を修復することです。
これができれば、家庭は円満になり、親子・友人間、また国家間の争いもなくなるのですが...


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

そうこなくっちゃ!

2016.06.08日

stewardess.jpg


飛行機の機中でのこと。
「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」
ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫びました。
「何かありましたか?」
「あなたわからないの?黒人なんかの隣には座りたくないのよ!  こんな人迷惑だわ」
女性の隣では、黒人男性が憮然とした顔で座っています。
「お客様、少々お待ち下さいませ。空いている席を確認してきます」
乗務員は足早に立ち去りました。
周囲の乗客はざわざわと不穏な空気に覆われました。
しばらくして乗務員が戻って来ました。
いずれの航空会社の乗務員も、接客については、 厳しい教育を受けてきています。
その乗務員がどのようにこの乗客に応対するのか、 機内の乗客全員がかたずを飲んで、経緯を見守っていました。


乗務員は件(くだん)の乗客にこう言いました。
「お待たせしました。ファーストクラスにひとつ空きがありますので、どうぞそちらへ」
周囲の乗客のため息がもれました。
しかし、
「本来ならこういうことはできないんですが、隣の席がこんな人では確かに迷惑でしょうと、機長が特別に許可しました。さ、どうぞ」
ファーストクラスに招かれたのは、黒人男性の方でした。
周囲の乗客は、ホッとした表情で、 にこやかに黒人男性を見送りました。

(「おっちゃん、おばちゃんのゆるゆる倶楽部」より)


爽快!
そうこなくっちゃ!
結末を読んでホッとしました。
"I have a dream!"というあの偉大な演説をしたマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師も、半世紀を経た今日、まだまだ一部とは言え夢が実現されつつあることを知って、きっと天国で喜んでいらっしゃることでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

罪の呵責(かしゃく)

2016.06.07日

ちょうど6年前の記事の再録です。
この記事を書いた翌年、父は天国に凱旋しました。
父の思い出、そして私の恥ずかしい思い出の記事です。


昨夜はなかなか寝つけませんでした。
最後に枕もとの時計を見たときは4時でした。
そして、7時に父に起こされました。
「ジョージ、もう起きなさい!」
「はい」
「グッモーニン...」
アレっ?父の姿が見えません。
なんと夢の中で父に起こされたのです。
父には一昨日、病院で診察を受けるときに会ったばかり。
車椅子に座った父は、アルツハイマーが進み、私のことも分からず、何を話しかけても反応がありません。
かつて太っていた父は、今や手足もやせ細り、昔の面影はありません。
その父が、昔の若いときの元気のいい声で私を起こしてくれたのでした。
高校生の頃にタイムスリップしたような感じでした。


早く目覚めたので、犬を散歩に連れて行きました。
歩きながら、父のことや母のことを思い出していました。
すると幼稚園の頃のことがフラッシュバックしてきました。


IMG_0006.jpg


これは私が4歳の頃の写真です。
母が営んでいた洋裁店の前で撮ったものです。
手に持っているのはおもちゃではなく、本物のカメラ(ただし壊れていましたが)。
髪はパーマをかけて、七三で横分けしていました。
虫も殺さないような可愛い(!?)顔をしていて、近所の人たちの間で人気者でした。
母の洋裁店の筋向いには小さな会社があって、みんなが「組合」と呼んでいました。
私はしょっちゅうそこに遊びに行きました。
その「組合」の人たちが、交互に私を家に泊めてくれて、あちらこちらに連れて行ってくれました。


IMG_0005.jpg IMG_0004.jpg


左:「組合」の人たちに囲まれて  右:慰安旅行に一緒に連れて行ってもらったときの写真


ところが、表とは裏腹に私の心の中にはすでに悪い心がありました。
今でもそのシーンをはっきりと覚えています。
三輪車に乗って、住んでいた家の向かいにあった商店の玄関の大きなガラス戸に石を投げつけて割ったのです。
石を投げつければガラスが割れることはわかっていました。
「ガシャーン」という大きな音とともにガラスは粉々になって下に落ちたかと思うと、店の人が飛び出してきました。それも予期していました。でも、逃げようとしませんでした。
親を呼ばれて、こっぴどく店の人に叱られました。
もちろん、親からもさんざん叱られました。


ある日、近くの神社で縁日があってたくさんの露店が出ていました。
私は親からお小遣いをもらったことがなかったので物を買うということすら知らなかったのですが、なぜか露店で買い食いしたい衝動に駆られました。
日曜日の朝早く、親がまだ寝ているときに、そっと食器戸棚に入れてあった母親の財布から小銭を盗んだのです。
胸がドキッドキッと大きな音を立て、親に気づかれるのではないかと恐れました。
そして盗んだ小銭を持って縁日に行き、何か買い食いしたのですが、それがとてもまずくて
「しまった。悪いことをしてしまった」と、とても後悔しました。
そして、家に戻るとすぐに両親にそのことを涙ながらに打ち明けて、「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝りました。
普段優しかった両親はこのとき烈火のごとく私を叱りました。


これらの苦い思い出は、成人してからもずっと私の心を苦しめ続けました。
つい数日前、読売新聞の「人生案内」に、50代主婦の方が出来心で万引きをして、警察に通報され、その後、家族にもその店の人にも、近所の人にも顔向けができなくて、辛くて死んでしまいたい、と相談していました。
私はこれを読んで、その人の気持ちが痛いほどよくわかりました。
私自身がかつての罪の呵責から解放された、「赦しの福音」があることをその人に伝えたい、と心から願いました(「訓練していたことを実践しただけです」)。
そして、その人に声をかけてあげたいと思いました。
「死なないでください。生きていれば必ず『小さな幸せ』がいくつも見つかります。
そして、生きていて良かったと思う日がきます」と。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

月に代わって、おしおきよ!

2016.06.04日

「月に代わって、おしおきよ!」
あのセーラームーンの有名な決め台詞です。


去る5月28日、「土手に向かって小石を投げていた」という理由で、両親からお仕置きで北海道七飯町の山林に置き去りにされた小学2年生の男児が6日ぶりに、昨日無事発見されたというニュースに、地元や国内のみならず世界中が驚きました。
私も1週間前にこのニュースを知ったとき、いかにお仕置きとは言え、セーラームーンが悪党をお仕置きするのと違い、こんな幼い子どもを、しかもこんな程度のことで北海道の山中に置き去りにしたということに大きなショックを受けました。そして、この子の無事を祈っていました。保護されたことを知り、本当に安堵しました。


確かに子育てにおいてお仕置きが必要と思われるときが、そしてそれが子どものためと思って躾けをすることがあります。
しかし、その大半は不必要なこと、いやそれどころかしてはいけないことです。
なぜなら、その仕置きは子どもと親との信頼関係、愛情関係にひびを入れることになりかねず、また子どもの心に深い傷となって残ることも十分あり得るからです。


うちの塾にもこの男の子と同い年の子が何人もいます。
無事発見、保護されたので良かったですが、この子が泣きながら3〜4時間も山の中をひとり歩いていたことを思うと、本当に胸が痛みます。
今回のこの出来事で、この男児の心にトラウマが残らないことを切に祈るものです。


私もこの男児と同じ年頃のとき、やはり父親から仕置きをされたことがあります。
しかし、仕置きといってもたかだか、押し入れやトイレ(自宅の暗い狭い便所)にほんの短い時間入れられただけです。
私はそのとき大泣きに泣いて、必死で「ごめんなさい、ごめんなさい!」と言って父親の許しを請い、すぐに許されて出てくることができました。
たったこれだけのことなのに、あれから60年近くたった今でも、あのときのことを鮮明に覚えているぐらいです。
だから、仕置きは不要だと私は言いたいのです。
本当に子どものためと思うなら、もっと冷静に、子どもにわかるように優しく話し、本人に間違っていることを悟らせ、反省させることは十分に可能です。
お仕置きをするのは悪人だけにお願いします。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

運命の赤い糸

2016.05.31日

地球上の生物の種類は約870万ぐらいだそうですが、そのうち約9割はまだ発見されていないといいます。
しかし、1500万から4000万とか、あるいは1億と推定する研究者もいます。
この数字は種類で個体数ではありません。
人間はホモサピエンスで1種類ですが、その数は現時点で73億人あまりです。


以前教えていた私立中学3年生のS君の英語の教科書にコオロギの鳴き声の話が出ていました。
リーン、リーン、コロコロ、チンチロチンチロチンチロリンなどという秋に聞く鳴き声です。
実はこれは正確には鳴き声ではありません。
コオロギは口で鳴いているのではなく、羽根をこすり合わせて音を出しているからです。
さて、鳴くのはオスだけで、これはメスに対する求愛活動なのです。
メスは何匹ものオスの鳴き声を聞いて、この人(コオロギ君?)の歌が一番うまい、というふうに相手を決めて、ここでカップルができあがるのです。
魚もダンスを踊ったりしてメスに求愛活動をします。
クジャクは翼を広げます。
食べ物をプレゼントして求愛する鳥などもいます。
巣を作って求愛するものもいます。
ほかにも、数多くの生物がさまざまな求愛活動をします。


犬が好きな人には、同じ種類の犬でも顔を見て、可愛い犬、美人(犬?)、年寄り、意地悪な犬、怖い犬など違いがわかります。
私は犬の顔を見て、嬉しい、悲しい、甘えたい、疲れた等などの表情がわかりますが、猿の顔はほとんど見分けはつきません。
しかし、サル山で餌付けをして猿の世話をしている人には、100匹以上いるサルの1匹1匹の顔が区別でき、やはり性格もわかるそうです。


私たち人間には魚はみんな同じ顔に見えますが、おそらく魚の世界の中では、やはり美魚、老魚など違いがわかるのでしょう。
だから、上に挙げたように魚の世界でもダンスのような求愛行動があるのです。


さて、それでは人間は?
私たち日本人には、たとえばアラブ系の人たちやアフリカ系の人たちはあまり見慣れていないので、みんな似ているように見えます。
白人から見ると、日本人も中国人も韓国人も、そしてアジア系の人はみんな同じように見えて区別がつきません。


私の場合は、アメリカ人の俳優は、昔の人も今の人も結構見分けがつき、名前もわかります。
しかし、ファッションモデルになるとみんな同じ顔に見えます。
その理由を考えてみると、自分にとって大切なもの、興味・関心のあるものに関しては、よく見えるということです。


さて、人間の場合、結婚相手を探すのに、動物のような本能的な求愛活動はしません。
「婚活」をする若者は多いですが、これも一種の求愛活動でしょうが。


「運命の赤い糸で結ばれている」という表現をよくしますが、これは単なる迷信や俗説、伝説などで片づけられない面があります。
なにか目に見えない、不思議な引き合いがあり、自然とカップルができあがる、という感じがします。
アカデミーでも、2組のカップルがこれまでに誕生しています。
そのような出会いの場を提供できたということはとても喜ばしいことです。
地球上の何十億という人の中から自分の相手を見つける、というのはまさに奇跡と言っても過言じゃないほどの確率で、また不思議なめぐり合せです。


「幸せの青い鳥」じゃないですが、案外、自分のすぐそばにそのような人がいることがよくあるものです。
要は、先ほどの話ではありませんが、関心をもってよく見るということです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

夫婦愛のかたち

2016.05.30日

「現代の清少納言」こと、橋本由香里さんの昨日のFBの投稿をシェアさせていただきます。ほのぼの夫婦愛です。


〜60歳のラブレター〜
妻から夫へ
姉の影響で
以前はあなたのワイシャツを
クリーニングに出していたのを
自分で洗いアイロンを
かけるようになりましたね。
胸のポケットに名刺が入っていたり、
朱肉のシミが付いていたり、
袖口や襟元が汚れたりして、
「ああ!契約がとれたんだわ!」とか、
「力仕事をしたんだ!」とか、
仕事をがんばっている様子が分かり、
いつも感謝でいっぱいになります。
そんな思いで
私がワイシャツを洗っているのを
気がついていないですよね。
汚れたワイシャツは
まずたわしで襟元、袖口などを
下洗いして洗濯機に入れます。
干してからアイロンをかけますが
きれいにプレスされる心地よさと
ほのかな香りに包まれて
幸せな気分になります。
時間がなくあわてて
今日着ていく分だけ
朝になってアイロンをかけている姿を
たまに見せてしまうので、 きっとあなたは、
私がワイシャツのアイロンがけが嫌いだと
思っていませんか?
本当は
お休みの日にラジオを聴きながら
アイロンをかけ、
ゆったりとあなたのことを
思いめぐらしながら、
仕事をしているのが好きなんです。
こんな平穏な毎日が続くことを
祈っています。
あなたは今年で60歳になりますが
定年がないので、
まだまだ現役で
頑張ってもらわなければなりませんが、
私もがんばってワイシャツあらい続けます。
健康であなたと私、
まずは80歳を目指し
共に生きていきましょうね。
本当にいつもありがとう!
世界一の彼方へ。
上原礼子 58才 NHK出版
〜〜〜〜〜〜〜〜
おはようございます。
私も、ワイシャツは自宅で洗い
アイロン掛けをします。
あっちゅう間にこなします。
夫は、着る直前に、
自分で二度目のアイロンをかけます。
そろりそろり…です。
お互いのペースを強要したらあきまへん。

(以上、橋本由香里さんのブログより)


ちなみに、我が家では妻のアイロンがけはありません。結婚式に着ていくワイシャツはセルフサービスでアイロンをかけます(笑)。
いろいろな夫婦愛のかたちがあっていいのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

中3息子がゲームばかり

2016.05.20日

40代の会社員女性。シングルマザーです。中学3年の息子がどうしようもなくて、嫌になります。
高校3年の娘は大学受験に向け、親の私が驚くほど熱心に勉強しています。それに対し、息子は部活をやめさせられて以来、スマホのゲームばかりしています。同居する私の両親が息子のことで私に小言を言い、私は怒りを10倍にして息子にぶつけ、ケンカになる。いつも、この繰り返しです。


将来、こんな調子で定職に就かず、家でごろつかれても困ります。息子を私の人生から抹消したいとさえ考えます。本人にも、「こんなクズ、産むんじゃなかった」と言います。
一時は、息子の人生は息子が決める、私は明るくしてさえいればいいと、自分に言い聞かせていました。でも、こんな日々がいつまで続くのかと思うと、今、更生させるべきなのかと悩みます。(山口・C子)


◇大日向 雅美(大学教授)
子どもは必ずしも、親の思い通りに育たないものです。さりとて自分の人生から息子さんを抹消したいとは尋常ではありません。「こんなクズ、産むんじゃなかった」とまで母親から言われて、よく息子さんは耐えていると思います。


お手紙には、部活をやめさせられたと書かれています。事情がよくわかりませんが、高校受験か何かを理由に、息子さんの意思とは無関係にやめさせられたのでしょうか? そうでしたら、気持ちの整理がつかないのは当然です。


しかも家の中では、対照的に優等生のお姉さんが輝いていて、自分をめぐって祖父母の小言が飛び交い、母親からは存在を全否定されているのです。唯一の逃げ場がスマホのゲームになっているのだと思います。あなたはすでに息子さんを精神的に抹消しているのと同然です。
まず息子さんへの接し方について率直にあやまってください。今、何を考えているのか、何をしたいのか、じっくり聴いてください。娘さんと比べることはやめて、息子さんの良いところを探してください。
この先、ひきこもったり暴力を振るったりするほど追いつめないために、即刻あなたの心と態度を改めるべきです。

(5月19日付 読売新聞17面「人生案内」より)


昨日の記事「子どもをやる気にさせるコツ」に書いたことの正反対のことをすべてこの方はしていらっしゃいます。
このようなことを日々繰り返していて、親子間の信頼関係が壊れ、お互いに自暴自棄になってしまって、子どもがゲームという唯一の自分の世界に逃げる、というのはごくごく当たり前の結果です。


回答者のアドバイスはすべて納得のいくものです。
このような状況の下で、助けを求めてカウンセリングに行く人も多いです。
でも、ここで大切なことがひとつ見落とされています。
カウンセラーが、これはだめです、こうしなさいああしなさい、とアドバイスし、本人もそのとおりだと頭では納得するのですが、言われたとおりできないのが人間。
みんな自分なりの言い分もあるし、すべてのことの発端は相手にある、相手が変わらなければ、と考えるのが人の弱いところです。


真の解決の道はどこにあるかと言えば、本人のうちに、このままではだめだ、何とかしなければ、どうしても現状を変えたい、いい親子関係を築きたい、といった燃えるような願いがなければうまくいきません。
逆にこれさえあれば、もう問題の解決の道筋は見えたようなものです。
なぜなら、それさえあれば人に言われなくても自分で方法はいくらでも見つけられるからです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

もうひとつの飢餓問題

2016.05.15日

"Three billion people on the face of the earth go to bed hungry every night, but four billion people go to bed every night hungry for a simple word of encouragement and recognition."
-- Cavett Robert
「世界中で30億人の人たちが飢えた状態で毎晩床に就いている。しかし、40億人の人たちはちょっとした励ましや褒め言葉に飢えた状態で毎晩床に就いている」
(キヤベット・ロバート)


うーん、なかなか鋭い指摘です。
確かに、世界中の飢餓の問題はよくあちらこちらで目にしたり耳にしたりして、みんなの知るところです。
しかし、飢餓人口よりもさらに10億人も多くの人々が「励ましや褒め言葉」に飢えている、というのはちょっとショッキングな話です。世界の総人口70億の半分以上ということです。
でも、言われてみれば、なるほど、さもありなんという感じです。


5年ほど前に、「豚もおだてりゃ木に登る」という記事を書きましたが、その後も繰り返し「褒めること」の大切さをこのブログで訴えてきました(このページ左上コーナーの「エントリー検索」に「褒める」や「ほめる」、「励まし」を入れて検索してみてください。きっとその記事の数の多さに驚かれることと思います)。


身の回りをちょっと見回してみてください。
あなたの励ましや褒め言葉を必要としている人が必ずいます。あなたのすぐ隣りにも、家族や親族の中にも、学校や職場にも、友達の中にも。
「地球の飢餓を救え」などへの寄付行為もとても大切ですが、もっと身近なところで、あなたに今すぐにでもできる飢餓対策、それが「励ましや褒め言葉」なのです。


ただ、褒めることにも一つ注意しなければならないことがあります。
それは、「褒めて、褒めて、褒めまくれ?」の中に書きましたので、こちらをご参照ください。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

60歳のラブレター

2016.05.12日

先おとといの記事「現代の清少納言」でご紹介した橋本由香里さんのブログからシェアさせていただきます。さすが、現代の清少納言です。
心にジーンとくるストーリーをお楽しみください。


妻から夫へ
昨年の暮れ、
和室の電球を変えようとしたら、
あなたの懐かしい字で
前回取り替えた日付がありました。
平成12年11月、その2年後、
あなたは心不全で亡くなりました。
当時小6の一人息子と私を残して
早すぎる死でした。


取り替えようと電球を外すと
日付の横に何やら文字が書いてありました。
「久美ちゃん大好き、
何年もずっと一緒一緒だよ」
えー!こんなところに?
なんとその7年後に
あなたの言葉を見たのです。
それも亡くなった後に…


顔も体格も性格も、
あなたにそっくりに成長した息子は
高校2年になり、
あなたが書いた電球を見せると
「おー!」しか返ってきませんでした。
たった13年間と言う
短い結婚生活でしたが、
ほんとに幸せな結婚できた。
ありがとう!
これからも私と息子を
見守っていてくださいね。
(もちろんその電球は
私の宝物として置いてあります)


西久保久美子56歳
NHK出版より


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

現代の清少納言

2016.05.09日

年は30歳前後だったろうか。彼女は、同僚の女性たちから、のけ者にされるいじめにあう。休職して実家に帰り、引きこもりは10か月ほど続いた。彼女を救ったのは、書くことだった。愚痴を描いたのではない。皆を楽しませようと思ったのである。
ブログを綴る現代女性のようだが、平安時代、清少納言と呼ばれた女性の話だ。ユーモアのある明るい文章で人気の彼女。
「実は、絶望の中で書いたんです」と京都学園大学の山本淳子教授(55)は話す。

(5月9日付 読売新聞別刷り日曜版「よみほっと」 1ページより一部抜粋)


つい数日前、フェイスブックの共通の友人を通してひとりの方が私に友達リクエストをしてこられました。
「ブログを綴る現代女性のようだが」というのを地で行くような話です。
以下は、その方のプロフィールから。
「Facebookがきっかけ!
病気・孤独・挫折から、55歳で人生の再スタート!
『Facebookって面白い!これで元気になれるかも…』元気になりたい!明るくなりたい、そんな祈るような気持ちで毎朝投稿を始めました。
私はそこで、新しい人生と本当にやりたいことを見つけました。
当時の私は、心も体も家庭もどん底で、もがいてもがいて、なんでもやりつくして、それでも良くなれない自分に絶望していた時がありました。病気・孤独・挫折の繰り返しでした。
でも、どうしてもあきらめきれずに、自分で自分を治すしかないと腹を決め、試行錯誤しながら、迷い迷い歩いて、ここまで来れた道のりがあります。
その苦しかった道のりが糧となり、肥やしとなり、今の私を支えています。そして、私の話をすると、同じように苦しんでいる人がたくさんおり、共感を呼び、励ますことに役立つことがわかりました。
私自身、苦しかった時、
寄り添ってくれる人がいたら、どんなに心強く思えたことか…と切に思いました。
今も、そんな人にはなかなか出会うことはできません。
それなら、私がなればいい‼と決め、「どん底から輝く人生へといざなう”パラダイス人生_後見人”橋本由香里のライフ・リメイクプログラム」を開発することを決意したのです。
あなたと共に寄り添い、人生の再スタートラインに立てるよう、私がエスコートします!
どん底から輝く人生へ誘う(いざなう)ライフ・リメイクプログラム
http://hashimotoyukari.sakura.ne.jp/taiken/


人はひとりで生きていけません。
みんな、だれかを必要としており、また同時に一人ひとりに、その人にしかできない使命のようなものが与えられています。
この方はそれをご自分で見出し、自ら苦境から脱したのみならず、今や他人のために役立つことに生き甲斐を感じ、日々生き生きと生活していらっしゃいます。
素晴らしいお手本、まさに現代の清少納言です。
ご興味のある方は、上のリンク先からご本人に直接ご連絡してください。
元気がもらえますよ。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

愛犬、愛車、愛◯

2016.05.01日

こんな感じのとてもおしゃれなプードルを最近よく見かけます。


%83t%83%40%83C%83%8B%202016-05-01%2015%2022%2047.jpeg


胸を張って堂々と歩いていて、まるで白い貴婦人のようです。
でも、本人(本犬)は自分がおしゃれをしているなんて意識はまったくないでしょうし、また、自分から望んでおしゃれしているわけでもなく、飼い主の趣味と贅沢でやっていることです。
ただひとつ言えることは、飼い主の愛は犬にも十分に伝わっていて、お互いに幸せでいるということです。
そして、犬の方も飼い主に対して精いっぱいその愛情に応えようとします。


愛とはそのようなものです。
愛するものは精いっぱい愛し、愛されるものはその愛に応えようとするのです。


先日、中3生に英検準2級対策授業をしていたときに、
can't stop 〜ing
(〜せずにはいられない)
という表現が出てきました。
そこで、Ray Charles の有名な歌
I Can't Stop Loving You
を紹介し、出だしを歌って聞かせました。
すると、ひとりの生徒が早速ペンで手にこの歌の題名をメモしていました(笑)。


昨日は何か月ぶりかで愛車のプリウスを洗車しました。
ずっと忙しくて時間がなかったのと、風邪で体調を壊したりして、我がプリウスは雨の跡がついてとてもみすぼらしくなっていました。


洗車し始めると、次から次へと綺麗にしたいところが出てきました。
後ろのハッチを開けたところの溝は苔が生えて緑になっていたので、割り箸の先を鉛筆削りで削って細くしたものを雑巾で包んで、隅から隅まで一点の汚れもないほどにしました。
ドアを開けたところの周囲のピラーやステップも綺麗にしました。


そうこうしているうちに、高校時代にガソリンスタンドでアルバイトをしていたときのことを思い出しました。
高校の先生をしていたちょっと年配のお客さんは、愛車のコロナをそれこそ舐めることができるほど、エンジンルームの中までピカピカにしていました。
それで、私もボンネットを開けて、ボンネットの裏からエンジン周りすべてを割り箸と雑巾で綺麗にし始めました。
それこそ、いつも修理や車検をお願いしているTボデーのTさんが見たらびっくりするほど、ホイールキャップやタイヤなど足回りから、車全体をピッカピカに仕上げました。
2時間もかかって終わると、6時過ぎで空が夕焼けで赤く染まっていました。


%83t%83%40%83C%83%8B%202016-05-01%209%2039%2017.jpeg


これで我が愛車、プリウスもプードルじゃないですが、白の貴婦人になりました。
車にも私の愛が伝わったでしょうか?


犬や車を愛し、大切にすることは素晴らしいことです。
しかし、どういうわけか、一番大切な自分の伴侶や子ども、きょうだい、親族、友人、恩師、教え子などに愛情を十分に注がない、あるいはその愛情を伝えることが下手な人が多いのはいったいどうしたことでしょう。


もっともっと愛すべきものを愛し、
I Can't Stop Loving You
を歌だけでなく、日々の生活の中で実践したいものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人を潤す者は自分も潤される

2016.04.16日

うなぎ屋の隣に住んでいる人が、いつもうなぎのにおいをおかずにご飯を食べていたところ、うなぎ屋の主人が「代金を払え」と言ってきました。
すると、においをタダ嗅ぎしていた人は、財布を取り出して小銭の音をチャリ〜ンと鳴らし、「自分はうなぎを食べたわけではなく、においを嗅いでいるだけなので、代金はお金ではなく音で支払う」と答えたそうな。


落語の小話です。
ウケました(笑)。
なるほど、ケチな人にはケチで応える、というわけですね。
これはある意味、世の中の常識というか、慣わしというか。


小学生の頃、私はとても貧しい家庭の子でした。
周りの友達はそこそこのお小遣いをもらっていて、それでマンガ本を買ったり、お好み焼き屋に友達と一緒に行って飲み食いしたりしていました。
一方、私はお小遣いをもらっていなかったので、友達に貸してもらったマンガを読んだり、お好み焼き屋に行っても横でにおいだけ嗅いでいたりしたものです。それで上の話を思い出した次第です。


家に風呂はなく銭湯に行っていたのですが、友達の家に遊びに行くと、友達のお母さんはそのことを知っていたのでしょう、夏など夕方になると友達と一緒に風呂入れてくださったりしたものです。


靴を買ってもらうときはいつも自分の足のサイズよりもふた回りほど大きいもので、つま先に新聞紙などを丸めてつめて履き、サイズがきちきちになってついには底に穴が開いて雨の日に水が入ってくるようになってようやく新しい靴を買ってもらっていました。


でも、貧しいことを苦に思ったり、恥ずかしいと思ったりしたことはありませんでした。
それは、両親の豊かな愛情をいつも感じていたからです。
そんなこともあって、貧しい中で育ったにもかかわらず、私はお金やモノに対する執着心はなく、「15億の遺産を相続することに!」なっても、ロトで3億円当たったと言われても、まったく心を動かされることはありません。


聖書の中に次のような言葉があります。
施し散らして、なお富を増す人があり、与えるべきものを惜しんで、かえって貧しくなる者がある。
物惜しみしない者は富み、人を潤す者は自分も潤される。

(箴言 11:24, 25)


先日「マタイ効果+α(アルファ)」の中でも書いたとおりで、これは真理です。
このような人生を歩みたいものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

愛するとは

2016.04.15日

「ラスベガス日本人教会」を牧会する、私の敬愛する鶴田牧師の3年前のブログ記事の転載です。
親子関係、子育てについて教えていますが、これは夫婦関係を始め、あなたが大切にするすべての人間関係にも通じることで、自分と特定の人との関係を頭に入れながらお読みください。


今日は、“子供が一番欲しいもの”ということについて考えてみました。
ところで皆さんは、自分の小さな子供が何を一番欲しがっているかを考えたことはありますか?オモチャでしょうか?コンピューターゲームでしょうか?それとも美味しいチョコレート?


そうではありません。小さな子供は、お父さんとお母さんと一緒にいることを何よりも欲しているのです。彼らはお父さんとお母さんが傍に居てくれれば、愛されていることを確認し、安心感を覚え、自分が価値のある人間であることを信じるようになります。


ですから、親が子供を愛するということは、時間を使わないで子供が欲しい物を買い与えることではなく、何よりも時間という大切なものを犠牲にして子供と一緒に過ごすことであり、そこに親子が深い絆で結ばれ、同時に、その子供が肯定的な自己像を持つに至る大切な要因があるのです。
そして、その自己像が、いわゆる人生脚本として、その子の一生を支配し、大きく左右していくことを考えれば、子供と過ごす時間の大切さは、どれだけ強調してもし過ぎることはないのです。


ある日、5歳になる娘を持つ父親が、その日も仕事で疲れきって遅く家に帰ってきました。すると、彼の娘がドアのところで待っていたのです。父親は驚いて言いました。


父: まだ起きていたの?もう遅いから早く寝なさい。
娘: パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど。
父: なんだい?
娘: パパは1時間にいくらお金をかせぐの?
父: そんな事、お前には関係ないことだよ。


仕事で疲れている父親はイライラして言いました。


父: どうして、そんなこと聞くんだ?
娘: どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?


女の子は嘆願しました。


父: あまり給料は良くないよ・・・20ドルくらいかな。ただし残業代は無しだ。
娘: わぁ。


女の子は言いました。


娘: ねえ。パパ。私に10ドル貸してくれない?
父: なんだって!


疲れていた父親は怒ってしまいました。


父: お前が何不自由なく暮らせるためにお父さんは働いているんだ。それなのにお金が欲しいだなんて。ダメだ!早く部屋に行って寝なさい!


女の子は、黙って自分の部屋に行きました。しばらくして父親は後悔し始め、少し厳しく叱り過ぎたかも知れない…。きっと娘はどうしても買わなくてはいけないものがあったのだろう…。それに今まで娘は一度も何かをねだったことなどなかった・・・。


父親は娘の部屋に行くとそっとドアを開けて、小さな声で言いました。


父: もう寝ちゃったかい?
娘: ううん。パパ!


娘は少し泣いているようでした。


父: 今日は長いこと働いていたし、ちょっとイライラしてたんだ・・・。ほら。お前の10ドルだよ。


娘はベットから飛び起きて顔を輝かせました。


娘: ありがとう。パパ!


そして、小さな手を枕の下に入れると数枚の硬貨を取り出しました。父親はちょっとびっくりして言いました。

父: おいおい。もういくらか持ってるじゃないか。
娘: だって足りなかったんだもん。でももう足りたよ。


娘はそう答えた。そして10ドル札と硬貨を父親に差しのべて、


娘: パパ!私20ドル持ってるの。これでパパの1時間を買えるよね?


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

同情と共感

2016.04.13日

英語では「同情」を sympathy (スィンパすぃ)、「共感」を empathy(エンパすぃ) と言います。(英語のthは上の歯と下の歯の間に舌を軽くはさんで出す摩擦音で、日本語にはない音なのでsのスの音と区別するために敢えてひらがな表記しました)
両者は一見よく似た言葉です。
これはギリシャ語の pathos 「苦しみ」から来ています。日本語にもなって「ペーソス」(悲しみ、悲哀、哀愁)といった意味で使われています。
sympathy の sym- は「共に、同時に」といった意味の接頭辞で、たとえば symphony 「シンフォニー、交響曲」、 synchronized swimming 「シンクロナイズドスイミング」などにも使われています。
empathy の em- はもともと in- という形の接頭辞で「〜中に」という意味です。
すなわち、sympathy は「苦しみを共にする」、empathy は「苦しみの中に入っていく」ということから、日本語でそれぞれ「同情」「共感」と訳しているのです。(「共感」という日本語はむしろ sympathy に近いような感じがしますが)
empathy はまた「感情移入」という意味でも使われます。「苦しみの中に入っていく」のですから、それも理解できます。


sympathy と empathy はアメリカ人にも区別が難しい言葉で、同意語だと思っている人も少なくありません。
あるアメリカ人は両者の違いを次のように定義しました。
Empathy is entering into another's feelings. Sympathy is having a feeling together with someone.
「empathy はほかの人の気持ちの中に入っていくこと。Sympathy はその人と同じ気持ちになること」
また、
Sympathy is when you feel bad for someone else. Empathy is when you feel bad with someone else.
「Sympathy は誰かほかの人のために心を痛めること。Empathy はその人と一緒に心を痛めること」
When you feel sympathy for someone you feel sorry for their pain. When you feel empathy you are feeling the pain too.
「あなたが誰かに sympathy を感じるとき、あなたはその人の痛みを気の毒に思っている。しかし、あなたが empathy を感じるときは、あなた自身もその痛みを感じている」
とも言っています。


どっちでもいいじゃないか、と思う方もあるかもしれませんが、実はこのふたつはカウンセリングをする時に大きな違いを生み出します。
Empathy、すなわち「その人の痛みを共有して」「その人の立場に立って」話を聞くならば、その人は「自分のことを本当に理解してくれている」と感じます。


1994年、1995年に放送されたテレビドラマ『家なき子』では、主人公の相沢すず(安達祐実)が、「同情するなら金をくれ」と言った劇中の台詞が新語・流行語大賞に選ばれるほどのブームとなりました。
同情は当事者にとって、それほどうれしくないものなのかもしれません。


「ラッキーマン」で紹介したマイケル・J・フォックスも、その本の中(Chapter 8)で次のように言っています。
In man-on-the-street interviews, members of the public offered expressions not so much of sympathy, as I feared, but of genuine empathy, as well as heartfelt wishes for a positive outcome.
「街頭インタビューでは、私が恐れていたような同情の声はあまり聞かれず、むしろ心からの共感と良い結果を望む心からの願いが聞かれた」
つまり、マイケル・J・フォックスも人々から同情されることを恐れていました。ところが、自分の予想に反して、みんなが心から共感してくれていることにホッとしているのです。


Put yourself in her (his) shoes.
は英語でよく使われる表現で、「その人の靴の中に自分の身を置きなさい」というところから、
「彼女(彼)の身になってみなさい」
という意味です。
これも empathy に近い感覚だと思います。
マイケル・J・フォックスも言っているように genuine empathy 「心からの共感」を人は求めています。
上辺の同情はかえって人の心を傷つけることがあります。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

たらちね考

2016.04.09日

一昨日の夜、中3生のTさんに国語を教えていました。
国語が好きで得意と言うTさん、さすがにとてもよくできます。読解問題などはほとんどいつも全問正解。
「難解」な文章は、傍線を引きながら、それこそ「何回」も読んで正解に導きます。
苦手意識を持っている文法問題も少し教えるとすぐ飲み込み、どんどんできるようになります。


一昨日は、やはりTさんが苦手としている詩と俳句・短歌でした。
苦手と言っているのに、自分で一生懸命考えて、やはりほとんど全部できています。間違えたところや、よくわからなかったところを中心に教えるのですが、全部納得してくれます。
短歌のところで枕詞(まくらことば)の「たらちね」が出てきましたが、もちろん彼女にとって初顔合わせです。


足乳根の母に連れられ川越えし
田越えしこともありにけむもの

斎藤茂吉


%82%A0%82%E8%82%C9%82%AF%82%DE.jpg %90%EC%89z%82%A6%82%B5.jpg %91%AB%93%FB%8D%AA%82%CC.jpg

(斎藤茂吉生誕地 山形県上山市月岡公園内歌碑)


意味がわからないようなので、私が自分の昔の記憶で教えようとしたのですが、その前に念のためと、ちょっとiPhoneでネット検索すると意外や意外。私が習ったこととまったく違うことが書かれています。


私が教わったのは「垂乳根」、すなわち乳が垂れた老いた母のイメージだったのですが、別解釈に「足乳根」で、「満ち足りた乳」、すなわち授乳中の豊かな乳というのがありました。
さらに、もともとは「たらちね」、漢字を当てたのは後世で、意味はないとするもの。
そして、元来の意味は未詳というものも。


Tさんには一応これらみんなの解釈を教えましたが、後でいろいろ思索しました。
ネット記事の中に「垂乳根の母とは、乳が垂れた母親のことを言うのですか? なんて下品で卑わいなのでしょうか」というのがあり、思わず笑ってしまいました。
きっと、ボ…、ペ…のようなイメージを持った、若い女性の方が書かれたのでしょう。


私が子どもの頃は、近所のおばさんだけでなく、若いお母さんが電車やバスの中など公衆の面前で恥ずかしさなど微塵もなく、胸を出して赤ん坊に乳を飲ませている情景などざらでした。
これを卑わいなんて誰も思いませんでした。
ましてや「たらちね」という言葉が生まれたのは、今から約1200年も前の万葉集の時代ですよ。


私が思うに、
「垂乳根の 母が釣りたる 青蚊帳を すがしといねつ たるみたれども」
に見られるように、「たらちね」はもとは「乳が垂れた老母」の意味だった。
しかし、新たに「足乳根」という漢字がつけられて、「ふっくらした乳」の意味になり、やがて両者の意味が薄れていって、意味のない単なる枕詞と言われるようになったので、その歌によって捉え方は異なるのではないか、と。
だからどの解釈も正解でしょう。


そう言えば、私自身も子どもの頃の母のイメージはふくよかな乳、そして晩年は垂れた乳でした。
そのいずれも、あたたかさを感じこそすれ、卑わいさなどあろうはずもない。
なにせ、「たらちね」は「母」にかかる枕詞で、「女」にかかるものではないのだから。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

コミットメント

2016.04.05日

先日来、このブログでディズニーランドの話や「仕事の価値」の中のレジ打ちの女性の話などをいくつかシェアしてきました。
これらの話が私たちの感動を呼ぶのはなぜでしょう。
スタッフのお客様に対するサービス精神もそのとおりですが、突き詰めて言うと、自分の仕事に対する「コミットメント」です。


コミットメント?
日本ではあまり聞きなれない言葉で、知らない人のほうが多いのではないかと思います。
英語の "commitment" は、日本語には訳しにくい言葉です。
英和辞典に載っている訳語を一部挙げると、
「委託、委任、公約、誓約、婚約、義務、責務、責任、かかわり合い、参加、犯行、拘留、投獄...」
これではさっぱりわかりませんよね。
ぴったりした日本語がないので、日本でも「コミットメント」とそのままカタカナ語を使っているのです。


それでは、この「コミットメント」とは何なのでしょう。
ひと言で言うと、「何かに自分自身を捧げる」ことです。
「捧げる」と言うとき、それは中途半端なやり方ではなく、「徹底的に」「心底から」「命がけで」「全身全霊」という捧げ方です。「献身」「全力投球」と言い換えることもできます。


身近なところで、勉強、部活、スポーツ、友人関係、受験、アルバイト、就職、仕事、職場での人間関係、事業、結婚、夫婦関係、子育て、親戚付き合いなどに当てはめてみましょう。
どうですか?
イメージできますか?
学生であれば、「勉強、部活、スポーツ、友人関係、受験、アルバイト、就職」に、社会人ならば「仕事、職場での人間関係、事業、結婚、夫婦関係、子育て、親戚付き合い」などに、自分自身を徹底的に捧げる、命がけで捧げることをイメージしてください。
これで成功しないほうが不思議だとは思いませんか?
逆に、「コミット」(英語の動詞は "commit")して失敗することなど考えられません。


どの世界においても成功する人の割合がほんの数パーセントしかないのは、みんな中途半端で徹底的に「コミット」していないからです。
成功している人はみんなそれぞれの分野で「コミット」しています。
プロのスポーツ選手しかり、音楽家、芸術家、政治家、学者、医者などを見ればよくわかります。
そのほか、大工さんや左官屋さん、ペンキ屋さん、豆腐屋さん、パン屋さんなどを見ても、成功している人はみんな自分の仕事に「コミット」しています。
夫婦関係がうまくいっているカップルは、お互いに「コミット」しています。


Oさんは、将来科学者になるつもりで大学では宇宙地球科学を専攻しました。
ところが大学卒業後、ひょんなことからビジネスの世界に入りました。
何をやってもうまくいかず、貧乏と不幸のどん底で毎日あえいでいました。
いろいろなことを勉強していく中で、Oさんは日本ではまだあまり知られていなかった「ある考え方」に出会います。
彼は直感的に「これだ!」と感じ、これに賭けることにしました。「コミット」する決意をしたのです。
自らのビジネスにこれを応用し、さらにこの「考え方」を日本で普及させるために命をかけることにしました。
今やOさんは、日本のダイレクトマーケティングの世界で第一人者となり、月商何千万円です。
さらに友人や家族にも恵まれ、幸せな家庭生活を送っていらっしゃいます(数年前、塾からディズニーランド遠足に行ったとき、食事の席で偶然にお子様連れのご夫妻にお会いしました)。


Oさんに限らず誰でも、何かに、あるいは誰かに出会ったとき、それ(その人)に「コミット」すれば、必ず、100%成功できます。
「100%成功の鍵」はコミットメントです。
ディズニーランドやリッツ・カールトン・ホテル(「私がとても大切にしていること」)などの成功は、スタッフの仕事に対するコミットメントにあるのです。そして、自分の仕事にコミットしている人自身も、生き甲斐を感じ、最高に幸せになっています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

命のサイン帳

2016.04.02日
disney0.jpg


ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、ひとりのお父さんが元気なさそうにやってきました。
インフォメーションのスタッフが、「どうかなさいましたか?」と尋ねたところ、
そのお父さんは答えました。
「今日、子どもと一緒に来ました。子どもが、ミッキーちゃんとか、ミニーちゃんとかのキャラクターにサインをしてほしいと言っていたので、サイン帳を持ってきたんです。
子どもは、キャラクターを見つけては、一人ひとりにサインを書いてもらっていました。
そして、あと少しでそのサイン帳が全部埋まるというところで、そのサイン帳を失くしてしまったんです。
サイン帳、落し物で届けられていないかと思って来て見たんですが、ありませんか?」


インフォメーションには、サイン帳は届けられていませんでした。
そこで、そのスタッフは、考えられるいろんなところに電話をしてみました。
ところが、どこにも届けられていませんでした。
スタッフは、サイン帳の特徴を詳しく聞いた後、「いつまでご滞在されますか?」と聞いたそうです。その家族は2泊3日で来ていたので、2日後のお昼には帰らなければならなかったそうです。
スタッフはそれを聞いて、
「それでは、この後、もう少し探してみますので、2日後、お帰りになる前にもう一度こちらにお寄りいただけますか。多分、それまでには見つけられると思います 」
と言いました。


そして、お父さんが帰られた後、そのスタッフはさらに、いろいろな部署に電話をかけて聞いてみたり、自分の足で駐車場や心当たりのある場所に探しに行ったそうです。
ところが、やっぱり、どうしても見つかりませんでした。
もしかしたら、それを拾った人が、「すごい! これキャラクターみんなのサインが書いてある」と言って、喜んで持って行ったのかもしれません。


で、そのスタッフの子は、どうしたかと言うと、結局、そのサイン帳と同じサイン帳を自分で買って、自分の足で、いろんな部署をまわって、キャラクターのサインを全部書いてもらって当日を迎えたそうです。


当日、お父さんがやってきました。
多分見つからないんだろうなという気持ちで来たのだと思います。
お父さんは、「どうでしたか?」と聞きました。


すると、スタッフの子は、
「申し訳ございません。そのサイン帳は見つけることができませんでした。
でも、お客様、こちらのサイン帳をお持ち帰り下さい」
と言って自分の買ったサイン帳を手渡しました。


お父さんが中を見ると、びっくり。キャラクターのサインが全部書いてあったのです。
お父さんは、もちろん大喜びして、「ありがとうございます!」と言って持って帰ったそうです。


ところが、この話はここで終わりません。
後日、ディズニーランドにそのお父さんからの、一通の手紙が届きました。


先日は「サイン帳」の件、ありがとうございました。
実は、連れて来ていた息子は脳腫瘍で、いつ死ぬかわからない、という状態の時でした。
息子は物心ついたときから、テレビを見ては、
「パパ、ディズニーランドに連れて行ってね」
「ディズニーランド行こうね」
と、毎日のように言っていました。


「もしかしたら、約束を果たせないかもしれない」
…そんなときでした。
「どうしても息子をディズニーランドに連れて行ってあげたい」
と思い、あと数日で命が終わってしまうかも知れないというときに、無理を承知で息子をディズニーランドに連れて行きました。


その息子が夢にまで見ていた大切な「サイン帳」を落としてしまったのです。あの、ご用意頂いたサイン帳を息子に渡すと
「パパ、あったんだね! パパありがとう!」
と言って大喜びしました。


そう言いながら息子は数日前に、息を引き取りました。
死ぬ直前まで息子はそのサイン帳をながめては、
「パパ、ディズニーランド楽しかったね!ありがとう!また、行こうね」
と言い、サイン帳を胸に抱えたまま永遠の眠りにつきました。


もし、あなたがあの時、あのサイン帳を用意してくださらなかったら、息子はこんなにも安らかな眠りにはつけなかったと思います。
息子は「ディズニーランドの星」になったと私は思っています。
あなたのおかげです。
本当にありがとうございました。


その手紙を読んだスタッフは、その場で泣き崩れたそうです。
もちろん、その男の子が死んでしまったという悲しみもあったでしょうが、
「あの時に精一杯のことをしておいて本当に良かった」
という、安堵の涙だったのではないでしょうか。


(出典元:矢島 実 「涙と感動が幸運を呼ぶ」)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

成功の8つの原則

2016.03.23日

「成功の8つの原則」なんて、あちらこちらでよく聞く言葉です。
8つでなくて、5つでも7つでもかまいません。
私もこれまでこのブログでいく度となく「成功の原則」のようなことを書いてきました。
人によって成功体験は異なりますから「成功の原則」も少しは変わりますが、だいたい似たり寄ったりです。なぜなら、「成功の原則」には真理があり、共通点があるからです。
そして、この8つの原則も例外ではありません。
しかし、この人が言うと、重みが違います。
なぜなら、およそ普通の人が考え得る限り、この人ほど「成功」という言葉からほど遠いところにいた人はいないのではないか、いったいどうしてこの人が「成功」という言葉を語るようになったのか、と不思議に思えるからです。


このブログでもこれまで何度もご紹介してきたニック・ブイチチさんが語る「成功の8つの原則」はこれです。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

笑いは世界を変える

2016.03.22日


笑いは世界を変えます。
上の動画は何度見ても面白い。ついついこちらまで笑顔になってしまいます。
怒りや憎しみ、嫉妬が連鎖反応を起こすように、笑顔や笑いも周りに伝染します。


じつはこれ、コカコーラのCMなんです。
こんなユーモラスなCMっていいですね。


私も普段から自分でも笑顔を作るよう心がけています。
そして、家族や、周りの人にも笑顔や笑いを誘うようにしています。


塾で、生徒が
「先生、トイレ行ってもいいですか?」
と聞くと、
「いっトイレ」。
「トイレ借りてもいいですか?」に対しては、
「貸してあげるけど、あとで返してね」。
学院長のイメージと落差があるだけに、余計にみんな一瞬ポカンとした顔をしてその後で笑い出します。


たったこれだけのことでも生徒の笑顔や笑いを引き出せます。
(中には通じない子もいますが)


日本では「笑う門には福来たる」「笑いは百薬の長」、ドイツでは「三べん薬を飲むより一ぺん笑うほうがよい」、アイルランドでは「たんと笑ってたんと寝れば医者はいらない」など。
そして中国には「一笑一若一怒一老」(いっしょういちじゃくいちどいちろう)、すなわち、笑えば1歳若返り、怒れば1歳老いるという言葉があります。


笑いは脳卒中や心臓発作のリスクも下げるという最新の検証結果も伝えられています。
私はあなたの健康を変え、人生を変え、周りの人たちを変え、社会を変え、世界を変えます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

学習障害

2016.03.16日

長男(13)が小学6年だった2014年12月、発達障害の一つである学習障害(LD)と診断された。
 知的発達の遅れはないが、読み書きが十分にできず、九九も覚えられない。自分と父(73)も同じだった。「不便だったものは、これなんだ」と心が軽くなった。
 進学先の中学校に宛てて、長男や自分、父が悩んだ経験を文章にまとめた。「あ」「お」といった丸みのある文字が判別できない、「客」は分かるが、2文字からなる「額」は混乱する……。小学校の特別指導の教諭に見せたところ、出版を勧められた。「恥ずかしがってばかりでは、分かってもらえない」と執筆に挑んだ。
 原稿は手書き。漢字は、平仮名をスマートフォンで変換して書き写した。昨年12月に出した本の題名は「学習障害三代おそろい」。父が勤務先に出す書類を、姉が代筆していたこともつづった。
 支えがあれば、周りと同じ生活ができることは実体験で分かっている。「少しでもLDのことを知ってもらい、子どもたちが生きやすい時代になってほしい」と願う。

(3月15日付 読売新聞「顔」 親子3代の学習障害を本にした松本三枝子さん より)


学習障害についてもっと一般の人々に知ってもらいたい、と親子3代にわたる自らの学習障害の経験を本にした勇気。
世間では、今でも学習障害に対する偏見は強く、異常視したり、言葉は悪いですがバカ扱いしたりする人がたくさんいますが、著者であるお母さんが「不便だったものは、これなんだ」とおっしゃっているように単に「不便」なのです。
これはちょうご乙武洋匡さんが、「障がいは不便です。しかし、不幸ではありません」(「五体不満足」)と言っていらっしゃるのと同じです。


さまざまな障がいを持っている人たちに対して、世の中がもっと受容的になることを切に願うものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

公園で神に出会う

2016.03.14日

470895895.jpg


エイブは85歳という歳にもかかわらず、とても自立心の強い老人でした。
しかし、軽い発作を起こしてから息子は自分のところに引っ越してくるようにと言って聞きませんでした。


エイブは住んでいる古いアパートの近くにある公園に行けなくなってとてもさびしい思いをしていました。そこである土曜日、公園にきっと何かがあると思って彼はついに公園に出かけることにしました。


途中で道に迷ったエイブは、ティミーという名の少年に公園への道を尋ねました。
ティミーはエイブに、公園に連れて行ってあげたいけど、神様を探しているので時間がない、と答えました。
両親がなぜ離婚するのか、その理由をどうしても神様に尋ねたいのだと言いました。
「ひょっとしたら神様は公園にいるかもしれないよ。おじいさんも、神様に尋ねたいことがあるんだ。なんで神様は自分を役立たずな人間につくられたのか聞きたいんだよ」と、老人は答えました。


そこでふたりは一緒に神様を探しに行くことにしました。
公園に着くとティミーは両親の離婚のことで泣き始めました。エイブはティミーの顔を両手に包んで、彼の目をじっと見つめました。
「ティミー、なんでいやなことが起こるのか、おじいさんにもわからない。でも、その理由はお前のせいじゃないってことだけはわかる。お前はいい子だ。お前のお父さんもお母さんもお前のことが大好きだし、これからだってずっと愛してくれている。お前は絶対に大丈夫だよ」
ティミーはエイブをギュッと抱きしめて言いました。
「ありがとう。おじいさんに会えて本当によかった。ぼく、もうおうちに帰っても大丈夫」


通りの向かいからティミーのお母さんはふたりが抱き合っているのを見て、息子のところに駆け寄ってきて心配そうに尋ねました。
「今のおじいさんはだれ?」
「あの人はきっと神様だ」とティミーは答えました。
「えっ、あの人がそう言ったの?」
「ううん。でもおじいさんがぼくにさわって、大丈夫だよって言ってくれたとき、気持ちがすーっとしたんだ。そんなことできるの神様だけだよ」


エイブが家に戻ったとき、息子がきつい口調で尋ねました。
「いったいどこに行ってたんだ?」
「神様と公園にいたんだ」
「えっ、なんだって!? なんで神様と一緒にいたって思うんだ?」
「おれを必要としていた男の子を神様はおれんとこへ送ってくださって、男の子はおれを抱いてくれたんだ。おれはもう役立たずじゃないって神様が言ってくださっているように感じたんだよ」

(Whatwillmatter.comより)
(訳:舟田譲二)


神様は、私たちみんなを必要な存在としてつくってくださっています。
必要のない人などひとりもいません。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

似た者夫婦

2016.02.26日

「似た者夫婦」とは、夫婦になる男女は趣味や性格が似ていることが多いということ。
また、最初はそれほど似ていなくとも、長く生活を共にしていくうちにお互い影響し合って、考え方や好みが似てくる場合もあるということを意味します。


長年一緒に生活していると考え方や行動が夫婦そっくりになってくるのはよくあることです。
「本物の勇気」の中に書いたミラーニューロンはここでも働いています。


そして、これは夫婦間だけでなく、いろいろな場面でも働いています。
子どもがバレエの練習をしているとき、踊っている先生を一生懸命見ていると、その子どもの頭の中では先生の脳の活動している部分と同じ部位の脳が働きます。上手な先生の手の動き、身体の動きを観察していると、その先生の脳が活動しているように子どもの脳が活性化されるのです。上手なお手本を見て腕をあげることができるのは、このミラーニューロンのおかげです。


もともとミラーニューロンの働きが発見されたきっかけは、人が猿のエサを手でつかむのを見ていた猿の脳が活性化したことにあります。サルの脳には相手の行動を映すような神経細胞があることがわかったのです。
自分は何もしなくても相手が何かをするのを見ていれば、相手が行動したときに活発化する脳の部分と同じ部分が自分の脳でも活発化するのです。
かくして弟子が師匠を見ていると弟子は師匠に似てくるわけです。
その飼い主と犬の例が次の動画です。



うちで飼っていたラブラドールのラブは、飼い主の私たち家族があまり運動神経がよくなく気が小さかったため、それが犬にもうつってラブもとても気の弱い犬になりました(「遺伝か環境か」)。
上の動画の犬とちょうど正反対です。


このように見てくると、夫婦間だけでなく、親子間、教師と生徒の間など、その影響力がいかに大きいかということがよくわかります。
良い意味でも悪い意味でも、知らず知らずのうちにお互いに影響を与え、それがやがて相手の性格や生き方にまで大きな影響力を与えます。このようにして「似た者夫婦」が生まれるわけです。
いい関係を築き、良い感化力を与えたければ、お互いに良いお手本を示さなければなりません。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

恋は盲目?

2016.02.24日

英語のことわざに次のようなものがあります。
"Keep your eyes wide open before marriage and half shut afterwards."
「結婚前は両目を大きく見開き、結婚してからは片目を閉じよ」


なるほど、確かに結婚前というのは相手のいいところばかりが見えて、結婚後はこんなはずじゃなかったなどと、悪い面が目につくというのはよくある話です。


昔、もう30年以上も前のことですが、英会話を教えていたとき、大手の商事会社を定年退職した方が通っていらっしゃっていました。
年齢は60歳をちょっと過ぎたころ。今の私よりもずっと若かったのですが、見た目はもう70歳ぐらいの感じ。
何十年と空手をやっていらっしゃってお体は健康そのもの。商事会社では英語を使ってお仕事をしていらっしゃったので、とても積極的で結構話せました。でも自己流の英語で、発音も文法もまったくデタラメでした。


あるとき、ご自分の家でクラスを開きたいと申し出てくださって、私と一緒にこの英会話のクラスの仲間たちをご招待してくださり、お茶やデザートをご馳走してくださいました。
見ているとすぐ横に奥様がいらっしゃるのですが、私たちとは一切言葉を交わされません。それどころか、ご主人ともひと言も会話がないのです。
ところがどうしたことか、家の中で飼っている犬とは、ご夫妻ともによく会話をしていらっしゃいます。
犬が夫婦の間に入って、行ったり来たりして夫婦の間を取り持っているような感じでした。


これまでにもこのようなカップルを何度か見たことがあります。
おそらくは、冒頭のことわざの真逆で、結婚前は片目をつぶり、結婚後は両目をしっかり見開いて相手の悪いところばかりを見て、心の中で批判していらっしゃるのでしょう。
"Love is blind."
「恋は盲目」
ということわざもあるように、恋をしている間は相手のいいところばかりを見て、欠点は見えないのです。


ところで、神様はどうかというと、私たちのことを隅から隅まですべてご存じの上で、私たちをありのまま受け入れ、愛してくださっています。それこそ、両目をしっかり見開いてよくご覧になっていらっしゃるのです。
私たちが自分でも嫌になるようなところもすべてそのまま受け入れてくださっています。これが神様の無条件の愛です。


私たちも神様に見倣ってと言うと少し大げさですが、結婚してからも両目を見開いて相手をありのまま、しっかり見ればいいと思います。片目をつぶって見て見ぬふりをするのではなく、むしろ、相手のいいところをもっと一生懸命探すように努めるのです。片目をつぶるからかえっていい面が見えなくなるのではないでしょうか。
私の尊敬するJohn MacArthur (ジョン・マッカーサー)牧師が説教の中で言っていました。
「私は罪人(つみびと)だ。ただ自分が罪人であるだけではない。さらに、罪人である妻と結婚もしている」。
もともと罪人で自己中心、自分勝手なのが人間ですから、欠点があるのは当たり前のことです。
自分がそうであるように相手も同じなのだ、と受け入れる、ここが肝要です。自分が不完全なのに相手に完全を求めること自体が間違っています。


ですから、私は敢えて、
「結婚前は両目を見開いて相手を見よ。結婚してからはさらに大きく目を開いて相手をしっかり見て長所を探し、それに感謝せよ」
と言いたいのです。
感謝できることを探し始めると、不思議なほど次から次へと見つかるものです。
これこそが見せかけでない、本物の夫婦愛です。
下の写真は「自分には◯◯できない」の中でご紹介した先天性四肢切断症のニック・ブイチチさんご夫妻です。
今もお幸せに結婚生活を続けていらっしゃり、2年前にはお子さんも与えられました。
お互いに両目をしっかり見開き、相手を見つめ、受け入れ、愛し、支え合っていらっしゃいます。


nick3.jpg


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

夫婦円満の秘訣

2016.02.23日

「破(わ)れ鍋に綴(と)じ蓋(ぶた)」ということわざがありますが、どんな人でも、その人に似合った、結婚相手がいるというたとえです。
由来は、ひびが入った鍋には、修理をした蓋が合うように、自分に似合った相手と 一緒になるのが、互いにつりあいが取れてうまくいく、ということから生まれたそうです。
「似た者夫婦」というような意味もあります。


あるとき、寝る前に妻が「鍋に蓋」っていう言葉があったかしらと尋ねたので、上のことわざを思い出し、世界三大悪妻の話をしました。
世界三大悪妻は、哲学者ソクラテスの妻クサンティッペ、作曲家モーツァルトの妻コンスタンツェ、作家トルストイの妻ソフィアと言われています。
いずれも後の作り話とも言われていますが、世界三大◯◯というのは人の興味をそそるタイトルです。
ソクラテスは独身の男性に結婚について尋ねられたとき、次のように答えたとのこと。
「ぜひ結婚しなさい。よい妻を持てば幸せになれる。悪い妻を持てば私のように哲学者になれる」。
またあるとき、クサンティッペがソクラテスに次のように言ったそうです。
「屁理屈ばかり言っていないで働きなさい」。
ところがソクラテスはまったくそれに動じないので、妻は彼に頭から水をぶっかけました。
するとソクラテスはすました顔で、
「雷の後の雨はつきものだ」と言ったといいます。
この話をしたら、妻が吹き出して大笑いしました。


本当に結婚というのは、いい結婚をすると幸せになれますが、下手な結婚をして不幸になるぐらいならしないほうがましです。まあ、哲学者にはなれるかもしれませんが。
私は幸いなことに哲学者にはなりませんでした。


妻は私によく言います。
「私たちは本当に似た者夫婦ね」。
実際、物事の考え方や感じ方、価値観がとても似通っています。
ですからいろいろなことに一緒に感動し、一緒に泣き、一緒に喜び、一緒に大笑いします。
結婚してからだんだんそのようになってきたようです。
まさに「破れ鍋に綴じ蓋」です。
自営業をやっていることもあって、妻と私はそれこそ朝から晩までほとんどずっと一緒です。
「亭主元気で留守がいい」というテレビCMが昔流行ったことがありますが、妻は「留守は困る」と言います。まあ、「アッシーくん」になったりなど、何かと便利屋さん的な要素もあるからかもしれませんが(笑)。


私たちが結婚する直前に離婚したオーストラリア人の友人から素晴らしいアドバイスをいただきました。
「いつまでも友達同士でいること。これが幸せな結婚生活を続けるコツよ」と。
私たちは、このアドバイスに忠実に従ってきました。
ですから、結婚してもうすぐ34年になるのに、いまだに友達同士のような感じで、毎日新鮮です。
上のアドバイスをくれた友人も再婚して、以来とても幸せな結婚生活を送っています。
日本では、夫婦は空気のような存在だ、とよく言いますが、いるかいないか分からないような存在ではなく、空気のようになくてはならない存在で、お互いに意識して、相手をいたわり合い、支え合う、「破れ鍋に綴じ蓋」のようにお互いに補い合うことが大切なのではないでしょうか。
1年に1日、2月2日の「夫婦の日」だけ良い夫婦になるのではなく、1年365日よい夫婦でいることが、一番のいい子ども教育にもなります。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

幸せになりたい!

2016.02.22日

読売新聞の人生案内に、30代独身女性が、男性と交際したいと切々と訴えていました。


「30歳代後半の独身女性。一人暮らしです。今まで男性とお付き合いしたことがありません。
仕事関係でも趣味関係でも男友達は多く、2人きりで食事に行くこともありますが、恋愛に発展しません。
男友達に告白して断られた時に理由を尋ねたところ、『友達としてしか見られない』とのこと。女性としての色気が足りないのでしょう。
言葉遣いや身なりに気を使っていますが、実を結びません。
誰からも恋愛の対象にされず、深く悩んでいます。何より性体験がないことがつらいです。
いつか絶対にご縁があるはず、と信じていこうと思うのですが、一方で、自分には異性を引きつける性的魅力が欠けているのだろうと薄々感じています。
可能性がないのに男性との出会いを追い求めても絶望するだけ。
このまま歳を取ることが不安です。いっそ恋愛をあきらめることができたらいいのですが……。(東京・A子)」


このような相談はよく見かけます。
男性からも女性からも、若い子からも中年からも熟年からも。
みんな、「幸せになりたい!」と叫んでいるのです。


「幸せになりたい」人に朗報があります。
簡単な方法で幸せになれます。


答えは、「人を幸せにすること」です。
同様に、友達が欲しい人。「自分のほうから人の友達になる」ことです。
「お金が欲しい人」は「人にお金を惜しみなく与える」。
(逆説のように見えるかもしれませんが、真実です。人に、社会にお金を還元する人のところにお金は流れ込んできます)
「勉強ができるようになりたい人」は「勉強を好きになる」。
(勉強を好きになると、勉強もあなたを好きになってくれます)


先生が好きになると、その先生から好かれる。
社長が社員を愛すると、社員は社長を愛するようになる。
社長を信頼すれば、社長から信頼される。
スポーツを愛すると、そのスポーツに愛され、どんどん上達する。
読書を愛すると、本のほうがあなたを愛してくる。
人を助けると、人から助けらる。


その反対に、人に不親切にすると、不親切がもどってきます。
人を嫌うと、その人から嫌われます。
読書を嫌うと、本から嫌われます。
勉強をいやだと思っていると、どんどん勉強ができなくなります。
お金をケチると、お金は逃げていきます。


しかも、この法則はなんと2倍になって返ってきます。だから、やらなければ損なのです。
これは、「引き寄せの法則」と同じ考え方です。
この法則がわかると、人生は自分の思うように生きることができるようになります。
人生は、一瞬、一瞬、すべてのことを選択し、その結果がついてくるものです。


幸せになりたければ、人を幸せにする。
こんな簡単なことはありません。
みんな、自分のことばかり考えているから、求めるものがどんどん逃げていくのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

幸せだなぁ、ぼくは

2016.02.17日

今月初めから幼稚園年長さんのMちゃんがガウディアに入会して通ってくれています。
お母さんの隣りにちょこんと座って、小学1年生の算数と国語をお勉強しています。
年長さんにとって1時間のお勉強はさぞかし辛いかと思いきや、なんとMちゃんは楽しくて仕方がないのです。1時間はMちゃんにとってあっという間です。


週に2日来るのですが、毎回新しいことを学ぶのが楽しい様子で、その反応が私にビンビンと伝わってきます。
しかも、まるで渇いた地に水が浸み込むかのように、学んだことをどんどん吸収していきます。
塾に来ない日の宿題も、きちんと全部こなしてきます。ですから、進むのがとても速いのです。
算数では繰り上がりの2桁足す1桁のたし算やひき算も、ほとんど見た瞬間にパッパと解いていきます。
単純な計算問題は退屈なようで、ちょっとひねった文章題や考えなければならない問題の方が楽しいようです。
国語では、毎回学ぶ新しい漢字や言葉、「てにをは」などの助詞や主語・述語などの文法をどんどん身につけていきます。
漢字の意味や成り立ちなどを教えると、それも全部すぐに理解して覚えます。
漢字の書き順で、ついうっかり間違えると、自分ですぐに気づき、「あっ」と言ってニコッとしてすぐに書き直します。
幼いのにこんなに勉強大好きな子どもは、正直これまでで初めてです。
Mちゃんに会うのが毎週の楽しみになっています。
とても素直で、ご挨拶やお礼もしっかり言えて礼儀正しく、もう可愛くて仕方ありません。


以前このブログの「□+2=5」の記事に書いた小学1年生のYちゃんは、まだまだ気分屋さんで調子のいい時と悪い時があって、私を手こずらせます。
でも、ついこの前まで指を使って計算していたのに、いつの間にか指を使わずにかかなり速く計算できるようになってきました。
わがままで、おてんば、ちょっとやんちゃなYちゃんですが、やはり可愛くて仕方ありません。


1年前の記事、「弁護士」の中に登場した現在小6のAちゃんも、教えることをどんどん吸収する子で、先日は父母会にお母さんと一緒に来てくれたのですが、お母さんからAちゃんの人生がアカデミーに来て変わった、とまさに教師冥利に尽きるお言葉をいただき、感激しました。このAちゃんも可愛くて仕方ない子です。
来月から引き続き中学生クラスに来てくれますが、これから3年間の成長が楽しみです。


幼稚園年長さんから通っている現在中1のYちゃんとHちゃんは、この日曜日にそれぞれ英検準2級と3級の2次面接試験を受けるのですが、今その特訓をしています。ちょっと難しいのにチャレンジしているため時々自信喪失したりしますが、このふたりも長年のお付き合いで、やはり可愛くて仕方ありません。


今年卒塾する現中3の生徒たちはみんなとても仲のいい仲間で、とくに1年間指導した特進クラスの生徒たちには親しみを感じ、我が子のように可愛いです。昨日が入試日だったのですが、朝目が覚めるなり、そしてその後も1日中何度も、生徒一人ひとりの名前を挙げて実力が発揮できるようお祈りしました。


また、卒塾生で現在高2のUくんが、この6月に英検準1級を受けるので特訓して欲しいと言って、この2月から塾に戻ってきたのですが、この子も可愛い。覚えることばかりで苦労していますが、いつもニコニコしながら頑張っています。


今から30年近く前、英会話学校を始めたときの第1期生であるFくんは小学5年生のときに妹さんと一緒に入会。
お母さんも同時に成人英会話クラスに入会し、以来長年にわたって学んでくださいました。そのお母さんと3か月ぐらい前にお電話でお話しする機会があったのですが、「先生のお仕事は本当に素晴らしいですね。いつも最高のお仕事だと思っています」と言っていただき、自分でもこの仕事の素晴らしさをこのときひしひしと感じ、心より感謝しました。


毎日毎日、可愛くて仕方がない生徒たちと接することができて、加山雄三じゃありませんが、「幸せだなぁー!」とつい口に出てくる今日この頃です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

昨日のバレンタインデー

2016.02.15日

昨日はバレンタインデー。
きっと皆さんはたくさんバレンタインのチョコをプレゼントされたことでしょう。


昨日は一昨日に続き塾の新年度の説明会の日でした。
昼過ぎに教室に着いて資料作りなど準備をしていたら、専任講師の清田先生が来られました。
そして、ジャジャーン!いただきましたよ、モロゾフの詰め合わせチョコレートを。
「ひょっとして、これって本命チョコですか?」
清田先生の顔が一瞬引きつりました。
なんか、この光景って毎年繰り返しているような...
そう言えば、7年前のバレンタインデーにも同じようなことを書いていました(「バレンタインデー」)。
生徒に
「学院長、奥さんがいるのに浮気しちゃだめですよ!」
なんて言われちゃいました。
「ご家族皆さんでお召し上がりください」
と、清田先生。


そして、「本命」(?)とこちらが勝手に思っていた生徒たちからチョコは来ず...(若い先生たちにはプレゼントしていたのでしょうが)
結局、清田先生からの文字どおりチョコっとだけでした。
家に帰って家内といただいたら、美味しかったこと。
ハッピーでした。


昨日は中3生の最終授業日でした。
下の写真は息子の英語の授業の様子。(学校ではインフルエンザが流行っていて、マスクをつけている生徒がたくさんいました)


last%20class.JPG


でも、これでお別れというわけではなく、まだ来月末に塾で一泊のお別れ卒デミー(アカデミー卒塾式)があります。
私からは卒塾生へのはなむけメッセージとともに贈るプレゼントがあります。
これは毎回恒例のあっと驚く学院長のマジックです。
もう何年やっているでしょうか。去年の夏合宿のときにもやって好評でした(動画はこちらから。「初公開 学院長のマジック」)。


バレンタインのチョコはほんのチョコっとでしたが、なによりも嬉しかったのは、ここ5〜6年体調を壊していてこの説明会でほとんど貢献できなかったのが、今回は嘘のように健康を快復して立派に(?)責任を果たすことができたこと、これが神様からの一番のプレゼントでした。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

最高のギフト

2016.02.12日
gift.jpg


明後日はバレンタインデー。
ひそかに期待している私です(笑)。


この世の中、どんなことでもお金で片づけられるような風潮があります。
ですから「ギフト」とか「贈り物」「プレゼント」とか言うと、お金がかかるものを想像してしまいます。
「最高のギフト」と言ったら、ダイヤモンドかなにか、いったいどれほどお金がかかるのだろうなどとつい考えてしまいます。


このブログでこれまで19回も引用しているビジネスコンサルタントのブライアン・トレーシー(「期待されている以上のこと」)が、このギフトに関してすごいことを言っています。


"The greatest gift that you can give to others is the gift of unconditional love and acceptance."
(人に与えられる最高のギフトは、無条件の愛と受容のギフトである)


The Power の中で著者、ロンダ・バーンも次のように述べています。
「相手を変えようとすることは愛を与えないことです!自分はその人にとって何が最善なのかが分かる、自分の方が正しくてその人が間違っている、などと思うことは愛を与えないことです!また、批判や非難をしたり、不平や小言を言ったり、人のあらさがしをすることも愛を与えないことです」 (『ザ・パワー』p.224)。


「相手を変えようとする」「批判や非難をする」「不平や小言を言う」「人のあらさがしをする」 − 多くの人が日常茶飯事にしているこれらのことは、すべて「無条件の愛と受容」と正反対のことです。
ブライアン・トレーシーはなぜ「無条件の愛と受容が人に与えられる最高のギフト」と言うのでしょうか?


『ザ・パワー』には次のようにあります。
「歴史上の最も悟った人たちはみな、人を愛しなさいと教えています。良い人になるために人に愛を与えよと言っているのではありません。私たちに人生の秘密を教えているのです!それは引き寄せの法則です。人を愛すると、あなたの人生は驚くほど素晴らしいものになります。人を愛するとそれに相応(ふさわ)しい人生を受け取ります。
(中略)
人に親切にしたり、人を勇気づけたり、助けたり、人に感謝したり、好感を抱いたりして人を愛しなさい。するとそれが何倍にもなって自分に戻ってきます。そして、健康、金銭、幸福、仕事など人生の色々な面に愛がもたらされます」 (p. 220-221)


「無条件の愛と受容」は、人が一番必要としているものです。
とくに成長過程の子どもはそうです。
しかし、子どもに限らず、大人も、お年寄りもみんな、人から無条件に愛され、受け入れられることを求めています。
人は高価なギフトを求めているのではありません。いくら高価なギフトを上げても、無条件の愛と受容というギフトがなければ、それはむなしいギフトです。


人が最も必要としているものを与えることは、その人にとって最高のギフトです。
そして、「無条件の愛と受容」という最高のギフトを人に豊かに与える時、それはほかの誰でもない、自分にそのまま戻ってきて、自分自身が一番幸せになれるのです。
バレンタインデーのギフトは、ゴディバのチョコレートや高価なプレゼントでなくていいのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

魔法の言葉

2016.02.11日


人見知りで、いつも父の背中に隠れているような子どもでした。そんな私に、人前に出るきっかけを与えてくれたのが、愛知県岡崎市立矢作西小学校6年の時の担任だった筒井博善先生(故人)。当時50歳代後半で、一人ひとりの児童によく目配りしてくださる先生でした。
 新学年が始まって間もない音楽の授業。ピアノが苦手な先生は、「代わりに弾いてくれないか」と私を指名しました。「できません」と何度も断ったのに、先生は「絶対にできるから、やってみなさい」と励ましてくれました。両親から音楽の先生を目指していることを聞き、引っ込み思案な私に活躍の場を与えてくれたのでしょう。
 学芸会でも、準主役のお姫様の役をくださいました。その時も「できるよ」と背中を押してくれました。とても恥ずかしかったけれども、大勢の前で演じる喜びも味わいました。
 先生が体調を崩して2〜3週間入院したことがありました。退院して登校した日の朝の光景が、今も忘れられません。職員室に駆けつけ、窓の前にひしめき合いながらクラス全員で先生の姿を探しました。振り向いた先生が笑いかけてくれた時、涙が出るほどうれしかったのを覚えています。
 それまでは「どうせダメだから」とあきらめがちだったのに、先生に「できるよ」と言われると、「ひょっとしてできるかも」と自信が湧いてくる。私にとって「魔法の言葉」でした。先生に出会わなければ、人前で自分の音楽を聴いてもらうシンガー・ソングライターを目指すこともなかったかもしれません。

(2013年7月1日付 読売新聞 インタビュー 「私の先生」より)


シンガーソングライター、岡村孝子さんにとって、人生を変えた「魔法の言葉」は、小学6年の時の担任教師の「できるよ」でした。
私も教育関連の仕事に携わって足かけ40年。この間、この「できるよ」の魔法の言葉を何回使ってきたことか。
生徒は頭から「無理」と言うのですが、それを説得して自信を持たせ、背中を押してきた結果、英検・漢検・数検などの検定試験を始め、高校・大学受験でも、また就職において、人間関係の修復などにおいても、この魔法の言葉が数え切れないほど実現してきました。そして、これらの体験をこのブログに数多く記してきました。


私自身もそうでしたが、人間というものは基本的には否定的・消極的な考えが支配していることが多いようです。
そのような中で、学校や塾の先生、親、友達などの「できるよ」のようなちょっとした励ましの言葉が「魔法の言葉」になることは古今東西よく知られていますし、それを体験してきた方も読者の中にきっとたくさんいらっしゃることと思います。


皆さんの、お子さんや兄弟姉妹、夫や妻、親、友達あるいは生徒や先生、会社の同僚や上司、部下を含め、あらゆる人間関係において、その人を生かす「魔法の言葉」は考えてみればいくらでも見つかります。
「夫婦の間のあいうえお」シリーズや「子育てのあいうえお」シリーズなどをぜひ日々の生活の中で実践していただければと思います。
その逆の、人をつぶす「悪魔の言葉」(「子育て禁句のあいうえお」など)は子育てだけでなく、あらゆる人間関係においてできる限り使わないようにしましょうね。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

大感動の純愛物語

2016.01.26日

18年前に空前の大ヒットをした映画『タイタニック』。
それをはるかに凌ぐ純愛物語。
しかも、これが映画やドラマ、小説ではなく実話なのです。


Facebookのフレンドが動画をアップされました。いわゆるプロポーズ大作戦の一シーンなのですが、これを観た私は感動のあまり男泣きに泣き、大粒の涙がポタポタとテーブルの上に落ちました。
最初は個人情報は伏せ、一般論として「あなたはドラマの主人公」というタイトルで記事を書こうと思っていたのですが、お二人が動画を利用してくださいと、快く申し出てくださいましたのでここにご紹介させていただくことにしました。


年齢差23歳。男性は初婚、女性の方が年上での再婚。傍目に見る限り不可能と思えるような状況ですが、二人の真実な愛がすべての壁を打ち壊しました。
昨日、お二人とやり取りしていて、その背後にはもっともっとすごい、感動の裏話が山ほどあるのですが、それらは省略します。
ただ一つ付け加えさせていただくと、女性の二人のお子さんはもうすでに成人してご結婚していらっしゃり、シングルマザーとしての再婚とのことです。お子さんたちも、そしてお二人のご両親もご結婚を応援していてくださるそうです。
それでは動画をご覧ください。
涙なしには見られません。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

教え子の来訪

2016.01.21日

昨日は教え子の丈くんの誕生日。
「丈くん」といっても、今や27歳の立派な大人。
小学3年生の頃からアカデミーにお兄ちゃんと一緒に通い始め、大学生の4年間はアカデミーでは数学と理科を担当した人気講師。
大学卒業後は、私立の中学・高校で数学の教師を務め、この4月からは本人の念願であった地元の公立高校での採用が決まり、新たに高校の数学教師としてスタート。
さらにおめでたいことに、この3月には結婚式を挙げます。


その丈くんが、昨夜アカデミーを訪ねてきてくれました。
結婚式・披露宴の招待状を直接届けてくれると同時に、結婚式の司式を正式に依頼してくれたのです。
去年の7月、次男正人の結婚式の司式をした(「昨日は最高に幸せな一日でした」)のを見てとても感動したようで、式後すぐに自分の結婚式の時には司式をしてもらいたい(彼の言葉では「牧師さんしてください」)と言ってきたのです。


20年近くも丈くんの成長をずっと見てきたので、彼の結婚式の司式をさせていただくというのはとても光栄なことで、喜びもひとしおです。
小学生の頃から明るくて素直な子だったのですが、そのまま大人になったという感じです。


去年の11月20日のブログ記事、「倒産寸前ホテルが奇跡の復活」を見た丈くんは、Facebookに次のようなコメントを寄せてくれました。
「学院長!
私もこの番組を見ていたのですが、ちょうど、『アカデミーみたいだなぁ、学院長みたいだなぁ』と思いながら見ていました。
嫁さんに、『アカデミーも、似たような雰囲気があるよ』と話もし、学院長がブログにしていてビックリしたので、思わずコメントさせて頂きました(^^)」


昨夜、中1・中2と個別のクラスを何年かぶりに見学した丈くんは、「懐かしい!また、ここで働かせていただきたいです」と、とても嬉しいことを言ってくれました。
自習に来ていた中3生には、「この近くの高校の先生になるので、ひょっとしたら君たちにその学校で会うかも」と。


アカデミーの歴代の先生たちは今も付き合いが続いていて、それぞれの結婚式にはみんな仲間が集まって祝い、また毎年お盆休みにはバーベキュー大会や泊りがけの旅行、そして忘年会をしたりしています。
箱根で一泊で行われた去年の忘年会(下の写真)には、仕事で来れなかった人を除いて21人も集まったそうです。
このようにして、先生たちがいつまでも仲良くしていて、その都度私にも顔を見せて挨拶してくれるのは、私にとって本当に大きな喜びです。


bounenkai.jpg


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

感動物語

2016.01.16日

私の親しい友人で、尊敬する鶴田牧師(「VIP」)がメールメッセージという形で毎週素敵なお話を送ってくださっています。
一昨日とても感動的な物語を送っていただきました。
あまりにも素晴らしいお話なので、一人でも多くの人に読んでいただきたいと思い、鶴田牧師の了承を得てここに転載してご紹介させていただきます。
これは作り話ではなく、実話だそうです。
私はまるで映画を観ているようにありありと情景を心に描きながらこれを読みました。


ある裕福な男性と彼の一人息子は、珍しい絵画の収集が趣味でした。ピカソからラファエルまで、彼らのコレクションは実に目を見張るものがありました。そして、二人はいつも一緒に座って、価値ある作品を眺めながら、その一つひとつの素晴らしさを語り合いました。


ベトナム戦争が始まり、息子は出征していきました。そして勇敢にも一人の兵士仲間を救い出そうとして犠牲になり、戦死してしまうのです。やがて父親にその知らせが届き、父親は一人息子の死を深く悲しみました。


一ヶ月が過ぎた頃、ちょうどクリスマスの前の日に、玄関のドアをたたく音がありました。ドアを開けると、一人の青年が大きな包みを持って立っていました。その青年は言いました。「あなたは私のことをご存知ありませんが、私はあなたの息子さんが命を捧げて下さった兵士です。彼はあの日、多くの兵士の命を救いました。そして最後に、負傷した私を安全な場所に運んでくれているときに心臓に弾丸を受け、即死しました。彼はいつもあなたのことを話してくれました。あなたがどんなに芸術を愛しておられるかということを。


青年は持っていた包みを差し出しました。「これは大したものではありません。私は偉大な画家ではありませんが、あなたの息子さんは、あなたがこれを持つことを望んでいると思います。」
父親は包みを開けました。それはその青年が描いた息子の肖像画でした。彼は、その兵士が息子の個性を見事に捉えて描いた絵を畏敬の念をもってじっと見つめました。父親の目からは、涙が止め処なく溢れ出てきました。彼はその青年に感謝をすると、いくらでも払うからその絵を譲って欲しいと言いました。


「そんな、とんでもありません。私は、あなたの息子さんが私にしてくれたことに何もお返しできません。これは私の心からの贈り物です。」


父親は、その肖像画を暖炉の上に掛けました。そして、訪問客が彼の家を訪ねる度に、まずこの息子の肖像画を見せて、それから彼のコレクションを見せるようにしました。


数ヶ月が経って、その男性は亡くなりました。そこで彼の遺言にしたがい、彼のすべての絵画が競売に掛けられることになりました。有力者たちが至る所から彼の家に集まり、数々の名画を見て、彼らのコレクションの一つに加える機会が訪れたことに興奮気味でした。いよいよ競売が始まり、まず最初に息子の肖像画が壇上に。


portrait%20of%20son.jpg


競売人は、小槌を打ち付けました。「では、まず、この‘息子の肖像画’から始めます。誰が、この絵に値段をつけられますか?」
会場は静まり返り、しばらくして、後ろのほうから大声で、「我々は、有名な名画を見たいんだ。この絵は飛ばしてくれ!」 しかし、競売人はその声を無視し、「この絵に値段をつける人は誰かいませんか?誰が初めに値段をつけますか? 100ドル? 200ドル? 誰かいませんか?」


すると今度は、少し怒ったように叫ぶ声がありました。「我々はゴッホやレンブラントを見に来たんだ。本当の競売を始めてくれ!」 しかし競売人は執拗に続けました。「息子! 息子! 誰がこの‘息子’を持って行きますか?」
 

やっと会場の一番後ろから声がかかりました。それは長年その家で働いてきた庭師でした。「私がその絵に10ドル払おう。」 貧しい男にとって、それが払える限度でした。そこで競売人は続けました。「10ドルの声が掛かりました。20ドルはいませんか?」


すると、また会場から声がしました。「早くその絵を10ドルで彼にやって、我々は名画を見よう!」
「入札金額は10ドルです。誰も20ドルはいませんか?」


会場のあちこちから怒りの声が上がり始めました。彼らは‘息子の肖像画’など欲しくありませんでした。彼らは自分たちのコレクションのためにもっと値打ちのある投資を望んでいました。


そこで競売人は小槌を打ちつけました。「では、この‘息子’は10ドルで落札です!」
すると二列目に座っていた男性が叫びました。「さあ、名画のコレクションに移るとしよう!」


ところが、競売人は小槌を置いて言いました。「残念ですが、これで競売を終わります。」
「何だって、本命の名画はどうするんだ!」
「まことに残念です。私がこの競売を執り行なう依頼を受けたとき、遺言に特別な条件が明記されていることを聞かされました。そして、その特別な条件は、この最後の時まで明かしてはならないことになっていました。その特別な条件とは、この‘息子の肖像画’だけを競売に掛けること、そして誰であっても、この‘息子の肖像画’を買った者が絵画を含むすべての地所を相続するというものでした。ですから、この‘息子’を手に入れた者がすべてを得るのです。」


いかがでしたか?
すごい話ですよね。私は読み終わってしばらく感動に酔いしれました。
鶴田牧師は、上の話からひとり子イエス・キリストを与えてくださった父なる神様のご愛を説いていらっしゃいます。
このほか、父親の息子に対する愛とか、商売の心、人の心を理解すること、誠実、芸術品の価値等など、この物語からいろいろと教えられることがあります。
皆さんはこの物語からどんなことを教えられましたか?


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

相利共生

2015.12.30日

今から25年ぐらい前のこと。
うちの塾の小中学生の生徒たち十数名をアメリカへホームステイに引率して行きました。
私がお世話になった家では夕食後の歓談のとき、なんの話からだったか、ご主人が日本の捕鯨を強く非難し始めました。
私はそれに対して、捕鯨の伝統的な意味や、文化、クジラの食用や骨、油の活用法などさまざまなことを話しましたが一切受け付けず、クジラは魚ではなく哺乳動物だから殺すのはいけないと言います。
それを言うなら、私たちはみんな牛や豚を殺して食べているではないか、これらも哺乳動物だ、と返したところ、牛豚は食べてもいいが、クジラはだめだの一点張り。
さらに、この人は狩猟が趣味で、冬になるとライフル銃を持って山に入り、シカや熊、ウサギなどを打ち殺し、その肉を食べ、その取った動物の頭をはく製にして壁に飾っていたので、私はこれこそ残酷だ、と言ったところ、もうこの話はこれで終わりだ、と言って打ち切り、気まずい雰囲気で夜が終わりました。


去る9月に「人間は万物の霊長か」という記事を書きました。
我々人間に限らず、この地上の生物はみな、ほかの動植物を食料にして生存しています。人間だけが万物の霊長だから、というわけではありません。


ここで、最近よく言われる「共生」という概念が大切になってきます。
「共生」とは、文字どおり「共に生きること」です。
Wikipediaには「複数種の生物が相互関係を持ちながら同所的に生活する現象」と定義されています。


共生と言うとき、
相利共生(そうり) … 双方の生物種がこの関係で利益を得る場合
片利共生(へんり) … 片方のみが利益を得る場合
片害共生(へんがい) … 片方のみが害を被る場合
寄生(きせい) … 片方のみが利益を得、相手方が害を被る場合
などをよく挙げますが、私は、表面的には上のように利害関係があるように見えるものも、
「すべては互いに益し合って生きている」
のではないかと思うのです。


この世を人間中心に考えると、人間に益となる動植物等のケースは上の「片利共生」になり、動植物等を中心に考えると「片害共生」で犠牲者となります。
人が愛(め)でる草花や、食用にする動植物等は、人間にとってはありがたいものであっても、彼らにとってはいわば被害者になるのですから。


しかし、視点を変えると、じつは一見被害者に見える彼らも、人に益することによってその与えられた使命を果たし、喜んでいる(?)のではないでしょうか?
これを人間のエゴだとか、傲慢と言う人もいます。
しかし、そのように言う人でも、現実にはこの世に存在するさまざまなものを食用にし、あるいは趣味や観賞用として利用しています。これは矛盾です。


さて、この共生という考えは、さらにはこの地球上の人間同士の関係においても言えます。
一昨日、日本と韓国が「慰安婦問題」で歴史的な最終合意に至りました。
これからは未来志向で、両国間の平和と繁栄を目指していかなければなりません。今までのように、両者が自分の立場ばかり主張し、一歩も譲らない姿勢でいては、お互いに益することなどひとつもありません。
そして、このような問題は、今も昔も地球上至るところで、国家・民族間の衝突や戦争に、さらにはそれが尾を引いてお互いに憎しみ合い、復讐し合うという負の連鎖に陥り、テロに発展したり、テロの掃討という報復合戦になっています。
これほど愚かなことはありません。
ここでこそ、人類、人間という広い見地から、真の「相利共生」を目指さない限り、人類は必ず滅亡の道をたどることになるでしょう。


ianfu.jpg


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

献げることの大切さ

2015.12.22日

昨日の記事、「クリスマスが大嫌いだった人のために」は多くの人たちの共感を呼んだようです。


そして、昨日の朝一番に私の目に飛び込んできたのは、長男の直人が通っているロサンゼルスのガーデナ・バレー・バプテスト教会の大里英二牧師がFacebookに載せていらっしゃった前日のクリスマス礼拝の様子でした。


大勢の人々が列を作って講壇にやってきて、飾られている大きなクリスマスツリーに赤い靴下をたくさんぶら下げていらっしゃる写真が載っていたのです。


red%20socks0.jpg


red%20socks.jpg


私はそれに対して、次のようなコメントを書きました。
「祝福されたクリスマス礼拝、様子が伝わってきます。ツリーいっぱいに飾りつけられた赤いソックス、素晴らしいですね」
大里牧師からすぐに返信がきました。
「感謝です。この特別献金はメキシコ、タイ、そして、日本の被災地の皆さんのために献げました。長い長い列となって献金をしてくださる兄弟姉妹を見て胸が熱くなりました」


ちょうどこの直後、私は下の記事に出くわしました。


「自分にできる範囲で精いっぱい献げましょう」


4人の小さな子どもを抱えた未亡人のテレサは、経済的に困っている家庭にプレゼントや食料を教会のメンバーが集めて届けに行く、というお知らせを見ました。そこで、彼女は貯金が入れてあるつぼから10ドルを取り出して、3ダースのクッキーを作るための材料を買いました。
テレサが待ち合わせ場所になっている教会の駐車場に着いたとき、教会の人たちが物品を届けるためにまさに出ようとしているところで、ぎりぎり間に合いました。


テレサがグループ一団と一緒に走っていたルートはよく知っている道でした。しかし、車列がテレサの家の前で止まったとき、彼女はびっくりしました。
牧師が彼女を見つけて言いました。
「テレサ。まさかきみが私たちの仲間に加わるなんて思ってもみなかったよ。ご主人が召されてからずっと大変だったことを知っていましたよ。だから、私たちはみんなあなたを助けたいと思っていたのです」
自分がこの慈善活動の対象になっていたということを思うと彼女はとてもきまり悪い気がしましたが、テレサはだれにも不快な思いをさせたくなかったので、明るく言いました。「まあ。これで私もお友達とこのクッキーを一緒にいただけるわ」


この話は、だれひとりとして貧しいために他の人を助けることができないということはない。本当の慈善は愛と哀れみに根差しているということを教えてくれています。
経済的困窮より心が貧しいことの方が憐れなのです。テレサのこの物語は、私たちのうちで、できること、そしてなすべきことをしている者は、ほんのわずかしかいない、ということを気づかせてくれます。


ロサンゼルス市YMCAの前代表である私の友人、ラリー・ローゼンは、「犠牲の献げもの」という概念を私に教えてくれました。自分が望んでいるものを犠牲にしなければならないところまで思いっきりたくさん献げるという概念です。
簡単なところからスタートすればいいのです。慈善活動に献げようと思っている額を出し、次にそれを倍にします。
もし、それがちょっと大変だと思うなら、2倍にする代わりに50%増やします。
つまり、ちょっと背伸びしてみる、ということです。あなたが援助する人にとって、それは大きな意味を持つことになるでしょうし、あなた自身の心にとっても同様に大きな祝福となります。
覚えておいてください。大切なのは人の品性です。
マイケル・ジョゼフソン

(訳:舟田譲二)
(11月28日付 ボブ・プロクター『インサイト・オブ・ザー・デー』より)


そして、この物語を読んでいて、私は昔書いた記事「またしても危機到来!」を思い出しました。
私自身も「経済的困窮学生」のひとりで、上の物語とそっくりのケースだったのです。
その日のことを思い出して、胸が熱くなり、感謝を捧げました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

クリスマスが大嫌いだった人のために

2015.12.21日

これは1982年12月14日に『ウーマンズ・デイ』誌に掲載された実話です。
『ウーマンズ・デイ』誌が、クリスマスシーズンのお気に入りの家族の伝統と、その背後にある物語を募集したところ何千もの応募がありましたが、その中で1等賞に選ばれたものです。
そして、この物語はジョージア州アトランタ市に住むある家族を動かし、与えることの大切さを若者たちに教えることを目的とした「白い封筒プロジェクト」と「ギビング101」という非営利団体の誕生につながりました。




ほんの小さな、白い封筒でした。うちのクリスマスツリーの枝の上に置かれていたのは。
宛名もなければ、差出人もわからないし、メッセージもありません。この10年間ぐらい、ただクリスマスツリーの枝の間からちょこっと顔を出しているだけでした。


夫のマイクがクリスマスが大嫌いだったことから、ことのすべては始まりました。別にクリスマスの本当の意味を知って嫌っていたわけではありません。クリスマスの商業的な面が嫌いだったのです。お金の無駄遣いから始まり、クリスマス直前の慌ただしい買い物。ハリーおじさんへのネクタイやら、おばあちゃんへの風呂上りのパウダーなど、他にもうなにも思い浮かばなくてやけくそになって買うプレゼントのことです。


マイクがこのように感じているのを知っていたので、私はある年のクリスマス、いつものようにシャツやセーター、ネクタイなどをプレゼントするのをやめることにしました。
その代わりに、私はマイクのためだけの、ある特別なことを考えつきました。
それは驚くような方法でひらめいたのです。


当時12歳だった息子のケビンは、通っていた中学校でレスリングをしていました。そして、クリスマスの直前に街のスラム街にある教会がスポンサーしているチームと1回勝負の試合することになりました。
息子の学校のチームの子どもたちが鮮やかなブルーとゴールドのユニフォームとピカピカのレスリングシューズで身を固めているのに対し、相手チームの子どもたちが履いているスニーカーはボロボロ。唯一靴ひもがチームをまとめているかのように見えるほどで、その歴然たる違いは驚くばかりでした。


試合が始まると私はドキッとました。相手チームの生徒たちは耳をプロテクトするソフトなヘルメットのようなヘッドギアをつけずにレスリングをしているのに気づいたからです。
みすぼらしいチームにとって、ヘッドギアなどとっても買えるような代物ではなく、ぜいたく品でした。
さて、うちのチームは相手をぼこぼこに打ち負かしてしまいました。
どのウェイトの級でもうちのチームは勝ちました。相手チームの子どもたちはみんなマットから立ち上がると、敗北を認めることができない、ストリートチルドレン特有のプライドで、ボロボロのユニフォームに身を包まれて、空威張りしながらふんぞり返って歩いて戻っていくのでした。
私の隣りに座っていたマイクは、悲しそうに頭を振りながら言いました。
「せめてひとりだけでも勝ってくれれば。みんなものすごい可能性を持っているのに。でも、こんなふうに負けてしまうと、本当にくじけてしてしまうな...」


マイクは子どもが大好きでした。リトルリーグのフットボールや野球、ラクロスのコーチをしてきて、子どもたちのことをよく知っていました。
まさにそのときでした。彼へのプレゼントのアイデアが浮かんだのは。


その日の午後、私は近所のスポーツ用品店に行き、レスリング用ヘッドギアとシューズの詰め合わせのセットを買い、それを匿名でスラム街の教会に送ったのです。
そしてクリスマスイブに、私はクリスマスツリーの枝の上に封筒を置いておきました。その中で、私がやったことをマイクに知らせ、これが私から彼へのプレゼントだと書き留めたメモを入れておきました。


マイクは、その年、そしてそれからずっと何年にもわたって、クリスマスになると最高の微笑みを見せてくれるようになりました。
クリスマスがくるたびに、私はこの伝統を守り続けました。ある年は、精神に障がいのある子どもたちのグループをホッケーの試合に招待し、また別の年には、クリスマスの1週間前に火事で家が焼け落ちたお年寄りの兄弟に小切手を送ったり、等など。


このツリーに乗せる封筒は、いつしか私たちのクリスマスのハイライトになっていました。
クリスマスの朝、この封筒はいつも最後に開けられました。私たちの子どもは自分たちのおもちゃのプレゼントなどそっちのけで、お父さんがツリーからこの封筒を取って、その中に書いてあることを読み上げるのを目を輝かせて聞くのでした。
子どもたちが大きくなるにつれ、おもちゃはより実用的なものに取って代わっていきました。でも、封筒はいつもみんなの注目の的でした。


でも、この物語はここで終わりません。
恐ろしいガンで私たちはマイクを失ったのです。
次のクリスマスがやってきたとき、私はまだ悲しみが癒されていず、クリスマスツリーを飾ることができないほどでした。
でも、クリスマスイブに私はツリーに封筒を置きました。翌朝見ると、封筒はさらに3つ増えていました。
子どもたちの一人ひとりがだれにも知られないように、お父さんのために封筒をツリーの上に置いておいたのです。
この伝統はその後もずっと続いていて、いつの日かきっと孫たちも封筒を取って見るのを楽しみにするようになるでしょう。


クリスマスのスピリットに似た、このマイクのスピリットは、これから先いつまでも私たちの伝統となるに違いありません。


ナンシー・W・ギャヴィン
(訳:舟田譲二)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

あっぱれ未来人!

2015.12.03日

未来人と言っても、未来の人間のことではありません。
「未来人」と書いて、「みくと」と読む、東大阪市に住む小学2年の加藤未来人くんのことです。
ご両親が万感の思いを託して付けられた素敵な名前「未来人」。その名前にふさわしい、未来を切り開くような少年の話です。


リウマチで手が不自由なおばあちゃんが、大好きなカニを苦労せずたくさん食べられるように――。そんな思いから8歳の男の子が考えた「カニむきロボット」のアイデアを、大阪府東大阪市の町工場のおっちゃんたちがカタチにしようと奮闘している。試作品を見てもらおうと、2日に工場に招く。

 
発案したのは東大阪市の小学2年、加藤未来人(みくと)君。今年の正月、奈良県広陵町に住む祖母の勝子さん(72)の家に親戚が集まり、みんなでカニすきを食べた。長年、関節リウマチを患う勝子さんがカニの殻をむきにくそうにしているのを、母親の位織(いおり)さん(45)が代わりにむいて渡すのを見ていた。


3カ月後。「大切な人が困っているとき、こんなモノがあったらいいなと思ったことはありませんか」。市の広報誌に発明品アイデアの募集が載った。市内の物づくり企業約70社でつくる「東大阪ブランド推進機構」の主催で、ブランド賞(2点)に選ばれると、市内の町工場で実際につくってくれる。未来人君は早速、「カニむきロボット」のイメージ図と説明を描いて応募。235点から選ばれた。


ログイン前の続き製作には、企業の壁を越え、工具メーカーやデザイナーなど計十数人が参加。5月にカニ料理店で殻をむくコツを教わり、製作スタート。仕事の合間や週末を利用して取り組んできた。

 
本物のカニを買って何度も試したが、カニの脚の太さや形、硬さがまちまちでなかなかうまくいかない。そもそも初めての物を一から作り出すだけに「考えられるいろんな方法を総当たりで試すような『寄り道』をして、手数もかかった」。
安全や衛生面で心配がなく、使いやすいものを目指しているが、勝子さんが扱うにはまだ重すぎ、洗って何度も使える素材にもなっていない。未来人君がワクワクするような仕掛けやデザインにもこだわる。

(中略)


未来人君は「ちゃんとつくってくれると思う。できたら、すぐおばあちゃんに見せて、カニを買って試してみたい」。発明品でカニを食べ、家族みんながニカッと笑えるようにと、名前は「カニニカ」に決めている。
勝子さんは「おばあちゃんのことをここまで考えてくれて……。小さいながらもちゃんと見てるんですね」とうれしそうだ。


プロジェクトリーダーで厨房(ちゅうぼう)機器メーカー「オーシン」の藤田剛社長(50)は「子どもたちに『物づくりが人を幸せにする』ということを感じてもらいたかった。家族で楽しく使えて、『発明してよかった』と感じてもらえるものにしたい」と話す。(稲垣大志郎)
(後略)
(12月2日付 朝日デジタルより抜粋 全文および写真は「おばあちゃんにカニむきロボを 8歳考案、町工場が試作」


この記事を読んでいて胸にジーンときました。
熱いですね。
ご両親が未来人くんに託した想い、そしておばあちゃんの未来人くんに対する愛情、これらがすべて働いて「ひも」のようにつながって、未来人くんの「カニむきロボット」の発案に、そしてそれが町工場の人達の心を動かし、物作りにつながる。
そして、これがさらに手の不自由な多くの人たちやお年寄りの方々のQOL(生活の質)を向上させることにつながる。
このクリスマスシーズンにぴったりの心温まるストーリーです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

結婚、子育てで失敗しない法

2015.11.16日
family.jpg


[人生案内]離婚の長女 3人子連れで疲弊


60代の女性。3人の子どもを連れて離婚した長女の今後が心配です。
 長女には小学生2人と5歳の子がいます。2年前にうつになり病気休業を繰り返しながら働いています。
 先日、「自分は子どもを育てられない」と言い放ちました。子どもが言うことを聞かずわがまま放題で、ゆううつになり、むなしくなるのだといいます。
 再婚したいと、結婚相談所に登録しましたが、うまくいきません。「3人子どもがいるのは、そんなにハンデなのか」と落ち込んでいます。精神的に男性にすがりたい、と言います。
 状況を見かねて、私は孫たちを3日ほど預かりましたが、すっかり疲れてしまいました。私にも持病があり無理がききません。
 長女の元夫に、子どもを引き取ってもらえないかと話をしたら、「何を今さら」と断られてしまいました。
 心配でなりません。私は母親としてどうすべきでしょうか。(広島・W子)


     ◇


 いや、ご長女の子育てのご苦労いかばかりかと共感したいのですが、それ以前にお子さんたち、父からも母からも邪魔者扱いされて、何だか不憫ふびんすぎます。
 第一、「子どもを育てられない」と宣言したところで、お子さんにとって大切な母親であることに変わりありません。ご長女の母であるあなたが、「それを言ってはいけない」と諭してあげるべきかと。
 ご長女は再婚を考えておられるようですが、それを実現するためにも、まず母が子をかわいがらねば。「子どもがいるのはハンデ」と言う以前に、我が子への愛情がないのでは良い旦那が来てくれるわけもない。子どものある女性と再婚したい男性の心理は、やはり平和で幸せな家庭を作りたいという願いでは? 「子どもが嫌なので男に頼る」のでは、かえって男が寄り付かないでしょう。
 持病があるのに本当に精いっぱいの力を尽くしておられるあなたに頭が下がりますが、ご長女の子育てを代行したり、元夫に子どもを押し付ける算段をしたりするのではなく、子どもをどうやったら愛せるかを、ご長女と一緒に真剣に考えることから始める必要があるように感じられました。
野村 総一郎(精神科医)

(11月14日付 読売新聞「人生案内」より)


野村総一郎さんの名回答には、いつも「スカッと爽やか」な気持ちになります。お見事と言うほかありません。
相談者もそのご長女さんも、一昨日の記事「結婚ってフィフティ-フィフティ?」に書いた正しい結婚観、育児観を持っていらっしゃたなら、状況は180度変わっていたことでしょう。


多くの人が結婚を自分中心に考えています。
そして、自分の思うようにいかないと、安易に離婚という形で解決を図ろうとします。その結果、いつも子どもたちが一番の被害者になります。
このご長女さんご夫妻も、結婚に対して正しい考え方をしていらっしゃったなら、きっと結婚生活はすっかり違っていて、離婚を避けることができ、また子育てで苦しむことも、うつになることも、再婚で悩むこともなかったことでしょう。
もしも、このままの考え方をしたままで子連れで再婚されても、また同じ過ちを繰り返すことになる可能性が大です。
とどのつまり、結婚も子育ても、原則に従って行えばうまくいくものであり、大きな祝福となります。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

結婚ってフィフティ-フィフティ?

2015.11.14日
marriage%20is.jpg


Marriage is not 50-50.
Divorce is 50-50.
Marriage has to be 100-100.
It isn't dividing everything in half, but giving everything you've got!
結婚は50/50(フィフティ−フィフティ)ではない。
離婚が50/50だ。
結婚は100/100だ。
結婚とは、すべてを半々に分けることではなく、自分の持てるもの100%を与えること。

(訳:舟田譲二)


最近は結婚のことを「コストパフォーマンス」で考える人が増えてきているようで、そのようなタイトルの記事をあちらこちらでよく見かけます。
コストパフォーマンスで考えるなら、結婚は50/50でも100/100でもなく、100/0になり、自分さえ良ければ良いという全く自己中心なものになってしまいます。
そして、自分にとって益でなくなれば、不倫をする、離婚をするということになります。
果して結婚てそのようなものなのでしょうか。


聖書によると、結婚とは次のようなものです。
「妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい」
「主」とはイエス・キリストのことです。
夫婦関係が壊れる原因の多くは、妻が夫に仕えない、すなわちパワーバランスが崩れるというところにあるようです。妻は自分の思い通りに夫をコントロールしようとしますが、夫は妻に支配されるのを嫌います。そこで夫は言葉や行動をもって妻を力づくで支配しようとします。


それでは夫に対してはどうでしょうか。
夫は妻に仕えられてふんぞり返って、亭主関白で妻を自分の思い通りにこき使っていればいいのでしょうか。このような夫婦関係も非常に多く、そしてその結果離婚に至るケースもしばしばです。
聖書は次のように言っています。
「夫たる者よ。キリストが教会を愛してそのためにご自身をささげられたように、妻を愛しなさい」
夫に対しては妻を愛しなさい、とあるのですが、その愛し方は単に「愛しているよ」というようなレベルではありません。
「キリストが教会を愛してそのためにご自身をささげられたように」とは、イエス・キリストがご自分を信じる者を愛して十字架上で命を捧げられたようにという意味で、命をかけて愛しなさい、という命令です。
夫がこのように命がけで妻を愛するなら、妻は喜んで夫に仕えることでしょう。


つまり、聖書が教える結婚の姿は、夫も妻も自らを相手に100%捧げること、「100/100」の関係です。
このような結婚がうまくいかないわけありません。
そして、育児においても必ず成功します。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

確率論

2015.11.08日
medical_shujutsu.jpg


医者が手術の前に患者に言いました。
「この病気の手術が成功する確率は10%と言われています」
「10%!」
「でも安心してください。私はこれまでこの病気の手術で9回失敗していますから」


なるほど、手術の成功の確率は10%で、これまで9回失敗していたら、確率論的には次あたりは成功するかも、ということですね。
でも、果たしてこの医者の腕は信頼できるのか...


成功哲学者のジャック・キャンフィールドがいいことを言っています。
"I teach something called The Law of Probabilities, which says the more things you try, the more likely one of them will work. The more books you read, the more likely one of them will have an answer to a question that could solve the major problems of your life.. make you wealthier, solve a health problem, whatever it might be."
-- Jack Canfield, Success Coach
「私は確率の法則というものを教えている。この法則によると、より多くのことを試すと、そのうちの一つがうまくいく可能性がある。また、より多くの本を読めば、あなたの人生における大きな問題を解決してくれるような答えを見出す本を見つける可能性が高くなる。あなたをより裕福にしてくれ、健康上の問題を解決してくれたりと、ほかのどんなことであれ」
-- ジャック・キャンフィールド、成功哲学コーチ
(訳:舟田譲二)


これは言えてます。
よく小学生や中学生が、ときに高校生や大学生ですら尋ねます、「勉強をしていったい何の役に立つの?」と。
今の学校や塾での勉強、さらに言えば、日本の教育システムの中での勉強は、ともすれば強制的なものになりがちで、意味や目的も分からず、ただ試験のために、学校の成績のために、受験のために、就職のためにしなければならないもの、というふうに子どもたちは受け止めています。
勉強が苦痛になるのは当たり前、「いったい何の役に立つの?」と言いたくなるのはよく分かります。私自身がそうだったのですから。


でも、人間ってなにかをやって、いきなり「ビンゴ!」、大当たり、なんてことはまずありません。
勉強に限らず、スポーツにしても、職業にしても、はたまた結婚相手にしても、いろいろ試していくうちに、「これだっ!」というものに当たることがしばしばです。
ということは、これも確率論で、上でジャック・キャンフィールドが言っているように、より多くのことを試し、またより多くの本を読み、より多くの分野の勉強をする、そのうちに自分に合ったもの、大好きなものに出会うチャンスが増えるわけです。
これだけでも勉強をする理由は十分にあります。
勉強は役立たない、つまらない、と先入観で決めつけるのは損です。将来の可能性の扉を自ら閉ざすようなものですから。


私はこれまでやってきたこと、勉強してきたこと、すべてが今役立っていて、「◯◯式」じゃないですが、「やってて良かった」と心底思っています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

3年連続のリユニオン

2015.11.07日

昨日は本当に素晴らしい出来事がふたつもある、とても贅沢な日でした。
久し振りに出かけた東京でしたが、まず一つ目はFacebookフレンドの北村啓子さんがご経営していらっしゃる会社の銀座オフィスをお訪ねさせていただいたことです。
これまでにもいく度かお会いして、その都度大変お世話になっているのですが、この夏銀座にオフィス兼店舗を出されたということで、ずっとお訪ねしたいと願っていました。
銀座の一等地に位置するそのオフィスは、まるで映画『ティファニーで朝食を』のティファニーのようなイメージの(行ったことありませんが)センスのいいとっても素敵なところでした。
あいにく北村さんはお仕事でオフィスを空けておられお会いすることができませんでしたが、スタッフの方々がとても温かくお迎えくださり、感動に胸が震える思いをしました。
扱っていらっしゃる商品は、高級化粧品と私も愛用させていただいている高品質なサプリメントで、まさに五つ星のものです。自信を持ってご紹介させていただけるものばかりです。
ご興味がある方は是非ご連絡ください。


rapas11.JPG  rapas12.JPG


rapas13.JPG  rapas14.JPG


ラパスを後にして品川に向かい、二つ目の幸せな時を過ごしました。
2年前の「初対面同士の再会?」、そして去年の「一年ぶりの同窓会⁉」に続き、今年は3年連続のハグリユニオンの素晴らしい時を持たせていただきました。
もとはアメリカ在住のますみ・ヒューズさんが一時帰国されるのを機に、つながっていたFBフレンドで集まろうということになったのです。
私にとってこのクリスチャン仲間の1年に1回の集いは、他のなにものにも代えがたいもので、いわば魂の故郷での親しい交わりのひと時です。
ただ今回は風邪でお一人が、そしてもう一人は直前になってご家族に体調を崩した方が出て、急に参加できなくなったのが残念でした。
美味しいお食事をいただきながら、金野正樹先生(写真左)が作詞されたゴスペル演歌替え歌『北国の春』などをカラオケで歌って楽しみました。
皆さんとのお別れの時には、ハグしていただいて涙が出てきて止まらなくなるほどで、天国の前味を味わうような感謝な時となりました。


reunion.JPG


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育ては親の責任

2015.11.06日

以前、子育てシリーズで「子育てのあいうえお その1」「子育てのあいうえお その2」「子育てのあいうえお その3」「子育てのあいうえお その4」「子育てのあいうえお その5」「子育てのあいうえお その6」をあいうえお順で書きました。


このシリーズ、なかなか評判がよかったのでそれに続いて今度は「子育て禁句のあいうえお」シリーズを書きました。
「子育て禁句のあいうえお その1」「子育て禁句のあいうえお その2」「子育て禁句のあいうえお その3」「子育て禁句のあいうえお その4」「子育て禁句のあいうえお その5」「子育て禁句のあいうえお その6」「子育て禁句のあいうえお その7」「子育て禁句のあいうえお その8」「子育て禁句のあいうえお その9」「子育て禁句のあいうえお その10」
「子育て禁句のあいうえお 最終回」と、11回にわたって書きました。


もし、まだご覧になっていらっしゃらない方がありましたら、すぐに読める内容なのでぜひご覧ください。
子育ての終わった方は孫育てに、お子さんのいらっしゃらない方は甥子さんや姪子さんに、まだこれからの方には将来のお勉強のために今から見ておかれたらなにかと役立つことかと思います。


oisotsuri1.JPG


「子は親の背中を見て育つ」とよく言いますが、子どもは親の背中だけでなくすべてを見ています。
先日、大磯海岸に行った時、サーフィンをやっている親の子どもは小学生の時からサーフィンを、釣りをしている親の隣りには小学生の子どもが釣りを、並んで一緒にジョギングをしている親子などを見かけました。今度の東京オリンピックでは2代目の活躍が期待されています。
趣味から好み、特技まで親の影響を受け、真似をして育ちます。そういう私も父のお陰で英語が得意になりました。親の生き様が子どもの一生を決めると言っても過言ではないほどです。
どんな子どもに育てるか、それはまさに親の責任です。


「子は親の鏡」というタイトルのものをFacebookで最近見つけましたのでそれをここにシェアさせていただきます。
ちょうど読売新聞の[貧困 子供のSOS]をシリーズでご紹介してきた内容と、上の「子育てのあいうえお」「子育て禁句のあいうえお」の総集編のような感じで、とてもうまくまとめられています。
一分間の短いYouTubeの画像もついていますので、ぜひご覧ください。よくあちらこちらで見かける光景です。



「子は親の鏡」


けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
親が他人を羨(うらや)んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
誉(ほ)めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世はいいところだと思えるようになる


ドロシー・ロー・ノルト


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育て禁句のあいうえお 最終回

2015.11.04日


長く続いた「子育て禁句のあいうえお」シリーズもいよいよ今日が最終回です。
これまでお付き合いくださった皆様には心より感謝いたします。
少しでもお役に立てたならば本望です。
では、行きましょう。


る  ルックスがいい。(悪い)!
「◯◯さんはルックスがいい」とか「見た目が悪い」、「ブス(ブ男)だ」などと、親が子どもの前で平気で人の外見の良し悪しを話していることがあります。時には、子どもの友達のことでも、このような外見の評価をしたりします。でも、これは教育上絶対に好ましくありません。
まず、人の良し悪しを外見で判断すること自体が意味のないことですし、しかも子どもにその人の価値に関して先入観や偏見を与えることにもなります。さらに人を外見で判断するという誤った教育をすることにもつながります。
学生時代にある超有名な茶道の家元の英語通訳をしたことがあります。外見はものすごく立派で、周りの人たちがペコペコしていましたが、私はちょっと接しただけで、その人の中身が見えた気がして、とてもがっかりした覚えがあります。人は外見ではわかりません。


れ  例外は認めない。
何かルールを決める時など、よくこの「例外は認めない」という言葉を聞きます。
まあ、確かに何事も例外ばかりあったらルールの意味がなくなりますが、かと言って例外を一切認めないというのは、杓子定規で人間的な温かみや融通というものを感じません。
とくにこれが親子関係の場合はなおさらのことです。子どものために、時には例外も認めて、失敗や過ちを受け入れてあげることも必要です。
私たち自身、これまでの人生振り返ってみると、この「例外」によってずいぶん救われてきたのではないでしょうか。


ろ  ろくでなし。
「ろくでなし」も、このシリーズ第1回の最初の「あほ」「バカ」「マヌケ」同様、相手を見下した表現で人の心を傷つけます。
「ろくでなし」というのは、「性格が曲がっている」「役立たずのどうしようもないもの」というような意味で、別の言葉で言うと「落ちこぼれ」「能無し」「カス」「くず」「社会のダニ」「ゴキブリ」等など、相手を非難するありとあらゆる悪い言葉の総称のようなものです。
これらを言われて良い気分のする人など一人もいません。
人に言われたくないことを人に言ってはいけません。とくに自分の子どもには。


わ  わざとらしい。
せっかく子どもが何かを一生懸命言ったり、やったりしても、それを素直に認めることができず、「わざとらしい」と言って一蹴する親がいます。これでは子どもがかわいそう。
万一、たとえわざとらしく見えたり、聞こえたりしたとしても、親はそれをありがたく受け止め、お礼を言ってあげると、子どもも気持ちよくなり、じゃあまた今度も何か喜ばれるようなことをしようという気になります。子どもの心の背後に悪意を見るのではなく、善意を見抜いて、それを伸ばしてあげるようにするのが親の務めです。


以上で「子育て禁句シリーズ」を終えることになります。
皆さんの応援、温かいコメント等たくさんいただき、ありがとうございました。
私がこのシリーズのまとめとして言いたかったことを、お二人のFBフレンドの方が見事に言ってくださいました。感謝をもってご紹介させていただきます。


「神様から授かった大切な宝物をいかに上手に育てるかは、親や教育者をはじめ、周りの大人たちの課題でしょうね」(NMさん)


「”反面教師風”学びも、時として肯定的おすすめよりインパクトがありますね。そしてこれも相手が我が子だけでなく、人間関係全てに言えるようです」(MOさん)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育て禁句のあいうえお その10

2015.11.03日


この「子育て禁句のあいうえお」もシリーズ10回目になりました。
今、子育て中の方も、これからの方も、もう終わって今度は孫育ての方も、またお子さんのいらっしゃらない方にも、何らかの形で少しでもお役に立てていることがあるなら、幸いです。
ちょっと長くなり過ぎた感がありますが、次回で最終回にしたいと思います。


や  やかましい!
子どもに対して平気で「やかましい!」「うるさい!」と怒鳴る親の気が知れません。
子どもというのは概してうるさいものです。逆に、もしおとなし過ぎたら問題です。
同じ状況でも、「やかましい」と思うか、「賑やかで楽しい」と思うか、考え方ひとつです。
同じ子育てするなら、楽しむ方が自分のためにも子どものためにもいいに違いありません。


ゆ  夢みたいな話するな。
子どもが夢みたいな話をするのは当たり前のこと。むしろ、現実的なことばかり話す子どもがいたら、その方が問題です。
子どもの夢のような話をしっかり聴いてあげて、大きく驚いたり、感動したり、褒めたりしてあげましょう。
「超常識」の中にも書きましたが、みんなから夢のような話だと言って、バカにされていた人がその夢を実現させたケースは数え切れないほどあります。


よ  欲張り!
子どもに限らず、人間誰でも自己中心なものです。ですから自己中心な親が子どもに向かって、「欲張り!」とか「自己中心」なんて言えた義理ではありません。
親自身がまず自己中心でない生き方をして子どものお手本にならなければなりません。
「欲張り!」と子どもを責める前に、人に優しくする、人のことを心にかける生き方をまず示してあげましょう。


ら  落書きばかりして。
子どもはあちらこちらに落書きをします。まだ、いいことと悪いことの区別がつかないのです。そして、落書きは子どもにとっては最初の自己表現活動です。少々のことは大目に見てあげながら、正しいことと間違っていることを教えていってあげてください。
私の愛用の聖書の中にも何カ所か子どもの落書きが残っていますが、今となってはいい思い出です。


り  理屈を言うな!
親に叱られた子どもが何か言おうとすると、頭ごなしに「理屈を言うな!」と大声で怒鳴る親がよくいます。
でも、誰にでも何かを言ったり、したりするその背後には、必ず何らかの理由があります。その理由を話そうとする時に、「理屈を言うな!」と言ってさえぎってしまうと、会話がそこで中断されるばかりでなく、子どもは親に拒絶されたかのように感じます。
時に屁理屈を言うこともあるでしょう。そのような時には、冷静にその理屈が成り立たないことを教えてあげればいいのです。このようにして子どもは知恵をつけて成長していきます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育て禁句のあいうえお その9

2015.11.02日


「子育て禁句のあいうえお」シリーズ、長い間お付き合いくださいましてありがとうございます。あともう少しです。


ま  まだっ!?
親はどうも忍耐力がないのか、しょっちゅう子どもに「まだっ!?」「早くっ!」と言って、行動を急かします。子どもは何をするにも時間がかかるものです。何事にも慣れていないから当然のことです。
もう少し忍耐強く待ってあげましょう。
また、時間がかかるからといってすぐに手を貸すこともあまり良くありません。何事も自分でやることが大切なのです。その繰り返しですべて上達していきます。


み  みっともない!
子どもがみっともないことを言ったり、したりすることも当たり前のこと。私たち自身も子どもの頃はそうだったのですから。
常識外れのことや、人に迷惑をかけるようなことはだめですが、少々みっともなくても、周りの人たちは笑って大目に見てくれます。親が人目を気にしていつも「みっともない」と言っていると、子どもは人目を意識するようになり、子どもらしい行動が自由に取れなくなってしまいます。


む  無理、無理。
親は子どもに対してあまりにも容易に「無理」と言って、子どもが何かしようといているのを諦めさせようとします。
確かに、子どもにとって困難なことはたくさんありますが、それら一つひとつを試していく中で、できることが少しずつ増えていくのです。
ですから頭ごなしに「無理、無理」と言うのでなく、忍耐力をもって見てあげましょう。
できれば「すごい!」と言って褒め、もしできなければ「あと一歩」とか「こういうふうにやってみたら?」とヒントを与えたりして、簡単に諦めない根性を同時に育て上げるようにしましょう。
また、子どもに何か頼まれたりした時なども、あまりにもあっさりと「無理」と断るのでなく、本当に力になれないかどうかよく考えてから答えるようにしてもらいたいものです。


め  めんどくさい。
子どもに何かせがまれて「めんどくさい」と答える親をよく見かけます。これでは子どもがかわいそう。自分が人に何かを頼んで、「めんどくさい」と言われたらどんな気持ちがしますか?
とくに子どもは親の関心や助けや愛情をいっぱい必要としています。「めんどくさい」は禁句です。
子どもに思いっきり時間を使ってあげましょう。


も  文句ある?
子どもが何か言おうとしたら「文句ある?」と切り返す親がいます。これははた目で見ていても心が痛みます。
子どもにも当然、自分なりの考え方ややり方、価値観などがあるわけですから、親はもっと子どもの心の叫び声に耳を傾けるべきです。
「文句ある?」と言う前にお互いにもっとよく話し合い、理解するように努めましょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育て禁句のあいうえお その8

2015.11.01日

私が子どもの頃からみると、確かにこの「子育て禁句」シリーズに書いているようなひどい言葉遣いはずいぶん減っていると思います。
でも、現実に今でも時々ここに挙げているようなシーンに遭遇することがありますし、また青少年の非行などの背景にこのような親の子育てがあることも否定できません。


散歩していて、仲の良さそうな親子を見かけるとホッとします。
昨日もそのようなシーンにいくつか遭遇しました。
すると、自然とこちらも笑顔になってしまいます。


それでは、今日も続きをいきましょう。あくまでも反面教師にしてくださいね。


は  恥さらし!
子どもはまだ社会経験は浅いし、人間関係だって下手に決まっています。ですから時々、親にとって恥ずかしい場面に遭遇することだってあります。それは、私たち自身も子どもの頃はそうだったんですから。
でも、子どもに向かって敢えて「恥さらし!」なんて言う必要はありません。もっと具体的にどのように言えば良かったのか、すれば良かったのかを教えればいいのです。子どもたちはこうして学びながら成長していくのです。


ひ  ひねくれもん!
子どもは何事においても親の思うようにはいきません。一個の人格を持ってこの世に生まれてきているのですから。
親の思い通りにいかないからといって、「ひねくれもん!」と言うのは間違っています。ひょっとしたら親の考えの方が間違っている可能性だってあります。
子どもの考え方を尊重してあげましょう。間違っていれば、それを具体的に示して教えればいいだけのことです。


ふ  ふざけるな!
子どもがふざけているのを見て「ふざけるな!」と言うのではなく、むしろ親にとって面白くない時にこのような言い方をするのではないでしょうか。ですから、子どもだって時には親に向かって同じように「ふざけるな!」と言うのでしょう。
でも、この言葉はお互いを傷つけ、不愉快にし、関係を壊すだけで決して解決には至りません。
「ふざけるな!」は会話も行き詰まりにします。この言葉を使う前に、「なぜ?」と理由を尋ねて、お互いの立場や考え方の違いを理解するように努めるべきです。解決の道はそこから自ずと開かれていきます。


へ  下手くそ。
子どもは何をやっても下手くそなのは当たり前。私もあなたも子どもの頃は、下手くそだったのです。
子どもは「下手くそ」と言われると、やる気をなくすのが落ちです。
ですから、どのようにすればうまくなるのか教えるのが親の務めなのです。


ほ  没収する!
子どもが携帯やゲームや漫画本、テレビなどに夢中になっていると、親はつい「没収する!」と言って取り上げてしまいます。
でも、いきなり没収するのでなく、その前に親子の間でルール作りをすることが大切です。
「◯時まで」とか、「〜をやったら」などと、お互いに納得がいくように話し合ってルールを作り、それを破った場合は没収という取り決めをしておく方が効果的ですし、さらに将来の社会性を身につけるためにも役立ちます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育て禁句のあいうえお その7

2015.10.31日


実はこの「子育て禁句のあいうえお」を書き始めたのは「夫婦間のあいうえお」や「子育てのあいうえお」を書いた頃で1年以上も前のことです(㊟この記事自体が2年前のものですので、実際には3年以上も前になります)。
でも、「子育て禁句のあいうえお その1」にも書きましたように、「禁句」シリーズなので「あまりにも否定的、攻撃的な言葉が多く、自分でも書きながら気が重くなってきて」アップするのをやめようと思い、そのまま放っておきました。


しかし、世の中いいことばかりではなく、現実には辛いことや悲しいことがあまりにも多く、ドメスティックバイオレンスなど子どもに対する親の虐待事件など、ニュースの話題に上らない日がないぐらいです。
それで、思い切って反面教師の意味合いで、今回このシリーズを始めることにしました。
ですから、もしお読みになっていて不愉快になられたら、本当に申し訳ありません。裏を読み取っていただければ幸いです。
それでは、その続きです。
反面教師として、何か一つでもご参考になることがあればと願いつつ。


ぬ  抜かしやがる!
子どもが生意気なことを言うようになるのは成長のしるしです。みんなそのようなところを通って大人になっていくのです。
そのような時に、「生意気なことを抜かしやがる」などと言うと、上から目線で子どもを押さえつけ、バカにするので、子どもの成長はなくなります。そもそも「言う」という意味で「抜かす」と言うのは、相手を卑しめる非常に悪い言葉です。
子どもは親の背中を見て育ちますから、もっと人を大切にした言葉遣いを普段から心がけ、いいお手本になるようにしなければなりません。
以前、一人の小学生の女の子がものすごい言葉遣いをするので注意したところ、家でいつも母親からそのように言われているから、という答えが戻ってきたことがありますので、私たち親は本当に要注意です。


ね  寝ぼけたことをほざくな!
「ほざく」も上の「抜かす」と同様、相手を卑しめる悪い言葉です。私自身は上品なので(笑)、このような言葉は使ったことがなく、テレビなどで聞いているだけでも胸が悪くなるほどです。
「寝ぼけたこと」というのは、子どもにとっては心の中にある「夢」の話です。人類はこれまで、荒唐無稽と思われるようなことを考えてきたお陰でここまで進歩してくることができたのです。
子どもが考える「夢」、すなわち「超常識」を頭からバカにしないで、そのような夢をもっともっと大きくするお手伝いをするのが親の真の務めです。
(㊟つい先日の記事、「この日がやってきた!」「『バック・トゥー・ザ・フューチャー 』」を見れば、このたった30年間のものすごい進歩がよく分かります)


の  のぼせるな!
子どもは誰でも人から褒められたいものです。自分ですごいと思うことを何か言ったりしたりして、得意顔になっている時に、親から「のぼせるな!」などと言われたら、それこそ風船に針を刺すようなものです。がっかりするどころか、やる気さえなくしてしまいます。
むしろ、「すごいね!」とか「偉い!」、「お前は将来きっと大物になるよ」などと言って褒めて、励ましてあげるとどんどん伸びます。(㊟今、NHKの朝ドラでやっている「あさが来た」の主人公の「あさ」などがそのいい例です)
その上で、天狗にならないようちょこっとだけ釘を刺せばいいのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育て禁句のあいうえお その6

2015.10.30日

今日は素晴らしい出会いがありました。
私は今、健康回復のために名古屋郊外の街に仮住まいしているのですが(㊟2年前のことです)、しばらく前からFacebook でつながっていた方が隣町に住んでいらっしゃることを最近知りました。
そして、お互いのやり取りの中で、すぐ近くにいるのでお会いしましょうという話になり、今日実現したのです。
ご自宅にお招きいただき、奥様ともお会いして、奥様手作りのお昼もご馳走になりました。


安倍 正(ただし)さんという私より4歳年上の方ですが、お仕事など社会経験だけでなく、若くしてご結婚されたので、子育て・孫育てのご経験もとても豊富です。
お子様は40代〜30代の方が男女6人、お孫さんも大学生から小学生まで11人もいらっしゃるのです。
しかも、とてもお上手にお子様方をお育てになり、皆さんとても立派にご成長されていて良好な親子関係を持っていらっしゃいます。


しかも、趣味の音楽ではいろいろな楽器をこなし、合唱団にも入っておられ、旅行もこれまでに何か国も行っていらっしゃいます。
他にも趣味をたくさん持っておられ、これまでの人生を精一杯エンジョイしてきて後悔することは何もないとおっしゃるのです。



クリスチャンの方で、この「子育て禁句のあいうえお」シリーズを読んできて、ほとんどすべてそのようにやってきたとおっしゃり、まさにお手本のような子育てをしてこられた方です。
お話ししていて教えられることばかりで、同時に非常に励まされました。しかもとてもご健康で、文字どおり私の目標のようなお方でした。
安倍さん、本当にありがとうございました。今後ともよろしくご指導のほどお願いいたします。


今日は続きの「な」行ですが、前置きが長くなったので、ちょっと短めにします。


な  何をやってもダメな子ね。
この言葉もこれまで数え切れないほど耳にしてきました。はたで聞いていても気が滅入るぐらいですから、これを毎日、親から言われている子どもの心の中はどんなでしょう。
「何をやってもダメな子ね」と言われて、「なにくそ。そのうちに見返してやるぞ」と、反骨精神が養えればいいのですが、たいがいは親の言葉に洗脳されてしまって、自分はダメな子だ、という刷り込みがされてしまいます。
「お母さんも子どものころは、これはなかなかうまくできなかった。でも練習してできるようになった。あなたも練習すればきっとできるようになるよ。一緒にやつてみよう」と励ましてあげるのが一番でしょう。


に  憎たらしい!
これほど子どもの心を傷つける言葉はないでしょう。親の愛をひとかけらも感じることができません。このような言葉を毎日聞いて育った子どもは愛情というものを経験していないため、人に対する愛情も欠けています。
子どもが生まれて最初に経験するのは親の愛情です。たっぷり愛情を注いで、愛情豊かな子どもに育ててあげましょう。
そして、それは冒頭の安倍さんのように可能なことなのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育て禁句のあいうえお その5

2015.10.29日
childcouple.jpg


昨日の記事「ダウン症の先生 活躍中」は、多くの人の感動を呼んだようで、たくさんのクリックをいただきました。
人を差別したり、いじめたりするのは人間の自己中心の罪の性質からきていますが、ダウン症に限らずどのような障がいもまた欠点も、その人の個性として受け入れられるような世の中になったら、どれだけ住みやすく、平和な世界になることでしょう。一人ひとりがみんな社会に欠かせないものとして、貢献できる社会を目指したいものです。
そして、これは親の育て方いかんにかかっているのです。
それでは、今日も続きの「た」行を見ていきましょう。


た  大したことない。
子どもが何を言っても、何をしてもあんまり感動しない、あるいは目も向けない親が時々います。
子どもの描いた絵を見ても、作文を読んでも、戻ってきたテストを見ても、「 大したことない」と言って、褒めないのです。
中には、テストで95点取ってきても、「なんで100点が取れないの!? あっ、これもこれもケアレスミス。ケアレスミスがいつも多すぎる!ここはよく考えればできる問題でしょ!」などと言って、95点の努力を褒めない親がいます。これでは、子どもはやる気をなくしてしまいます。
こんな時には、「おっ、95点!よく頑張ったね。どこで5点を落としたのかな?あー、惜しい。これは手に関連している漢字だから手へんを使うんだよ。人べんは人に関することだから、これだと『侍』になっちゃうよ。あれっ、ここは記号で答えなさいって問題にあるのに、言葉で答えてしまったね。これからは気をつけようね!」と言えば、子どもはますますやる気になります。


ち  中途半端のろくでなし。
中学生のとき、体育の先生が言いました。「バカの大足、マヌケの小足。じゃあ、中ぐらいは何だと思う?中途半端のろくでなし、って言うんだよ。あっはっはっは」。
何を言っても、何をしても、どこかに欠点やだめなところを見つけて、そこにケチをつける親がよくいます。
実際のところ、いざケチをつけようと思えば、どんなことでも文句を言うことはできます。そう言う親でさえ、子どもに言わせれば完璧からは程遠い、欠点だらけの人間です。そもそも完璧な人間なんていないんですから。
お互いに相手にケチをつけ始めたら切りがありませんし、必ず不愉快になり、また喧嘩になります。
足が大きくても、小さくても、中ぐらいでも、いくらでも褒めることはできます。褒めるところを探しましょう。
褒められて不愉快になったり、怒ったりする人はいません。


つ  つけあがるな!
子どもというものは人から褒められると誰でも嬉しくてついつい調子に乗るものです。そんな時に、「つけあがるな!」などと言ったら、せっかく褒めたのが台無しになってしまいます。
「つけあがるな!」と言って責める代わりに、「うん、これは偉いけど、あまり調子に乗りすぎたらダメだよ。周りの人のこともよく考えてあげないと」とか、「これはとってもいい。でも、まだまだ伸びる余地があるよ。これで満足していたらダメだ。さらにもっと上を目指して頑張ろうね」などと言って、高慢になるのを言下に戒めるといいでしょう。


て  低脳!
自分の子どもに対して「低脳」呼ばわりするというのは、自分自身が低能であることを証明しているのにほかなりません。賢い親は自分の子どもを賢いように扱いますし、そのような言葉遣いをします。そして、この親の子どもに対する接し方が子どもをそのように育て上げていきます。
賢い子どもに育てたければ、そのように扱うことです。「お前は頭が悪い」というメッセージを子どもに送り続けていたら、子どもは間違いなく頭の悪い子に育っていきます。子どもがどのように育っていくかは、親の育て方にかかっています。


と  とぼけるな!
子どもも人間ですから、人に責められると当然のことながら、自己防衛本能が働いて自分を守ろうとします。そのような時に、あまりにもはっきりと「とぼけるな!」と言われると、逃げ場がなくなります。
子どもに逃げ場を作っておいてあげることもときには必要です。
ただ、子どもがとぼけているのをそのまま放置するのではなく、やはりここで親がどのように対処するかで、これからの子どもの成長に大きく影響します。
せっかくのいい機会ですから、責任の所在を明らかにし、誤っていることに対しては、きちんと認めること、そして償うことも教えましょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育て禁句のあいうえお その4

2015.10.28日
fountain.jpg


私の子どもの頃は、親や学校の先生、近所の大人などは怖い存在で、絶対服従のような感じでしたが、最近はいい意味でも悪い意味でもこれがだんだんなくなってきました。そしてお互いに友達同士のような感覚になり、言葉遣いもそのようになってきました。
でも、これはちょっと考える余地があると私は常々思っています。


さ  寒っ!
これは最近の流行り言葉です。大人も子どももほとんどみんなが日常に使っています。
でも、この「寒っ!」という言葉を耳にすると、私は本当に「寒く」なってしまいます。
友達同士ならまだしも、親が子どもに対して言う言葉ではないでしょう。当人同士はおそらく軽い気持ちでふざけながら使っているのでしょうが、やはりはたで聞いていていい気持ちはしません。
「寒っ!」というのは、やはり相手を小バカにした響きがあり、愛情を感じません。
「寒っ!」と言う代りに、何かもっとユニークな面白いジョークで言い返したらどうでしょう。


し  死ね!
「死ね!」もここ十年ぐらいでしょうか、流行り始めるとみんなが言います。上の「寒っ!」と同様、もちろんふざけて言っているのでしょうが、やはり人を不愉快にします。ましてや、親が子どもに言う言葉ではありません。
実際、学校などで友達の間でいじめられ「死ね!」と言われて自殺した子もいるのですから、言葉遣いにはくれぐれも注意してもらいたいものです。


す  好きにしろ!
「好きにしろ!」は、私が子どものころ親に言われる一番怖い、嫌な言葉でした。私は素直な子どもだったので、こう言われるととても苦しくなって、いつでも親のもとに戻って「ごめんなさい」と謝ったものです。親に逆らってまで自分の好きなことはできませんでした。
しかし、今は時代が違います。うっかり「好きにしろ!」などと言うと、それを逆手にとってやり兼ねません。ちょうど「ひとの嫌がることを進んでしなさい」と小学校で先生に言われたある男の子が女の子のスカートをまくって歩いたという話もありますので要注意です(「教育の本来の目的とは」)。


せ  セコいやつだ!
人に対して「セコい」という言うのは、相手を責める、品位を下げて卑しめることです。前にも書いたように子どもが自己中心なのは、まだ十分な人間関係を経験していず、人に対する気遣いなどができないので、ある意味当たり前のことなのです。
こういうときに、ただ一方的に「セコい」と言って責めるのではなく、それではどうすればいいのか、何と言えばいいのか、人に対する気遣いを教えてあげると、子どもの成長を促す素晴らしいチャンスとなります。


そ  損した。
親が子育てに当たって損することなど数え切れないほどあります。そんな時にいちいち「損した」などと言う必要はありません。
子どもはみんな無限の可能性を持って生まれてきていますが、それはそう簡単に見つかるものではありません。いろいろ試していく中で、発見できる良さや才能、特徴、適性、特技などを発見するのです。
それまで遠回りすることなど当たり前で、むしろ一発で見つけられる方が稀です。
ですから、何かをやってうまくいかなかったときに、「損した」などと言うと、子どもはこれから新しいことにチャレンジすることに億劫になってしまい、その結果素晴らしいチャンスを失うことにもなりかねません。
子どもは長〜い目で見てあげましょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育て禁句のあいうえお その3

2015.10.26日

今の私の一番の仕事は、健康回復です。
「健全な精神は健全な肉体に宿る」というのは、古代ローマの詩人ユベナリスが、『風刺詩集』の中で「大欲を抱かず、健康な身体に健全な精神が宿るようように祈らなければならない」と語った言葉の一部が広まったと言われています。
今日一般には、「体が健康であれば、それに伴って精神も健全である。また、何事も身体がもとである」(故事ことわざ辞典より)というような意味で使われています。


ということで、私も今は心身魂、それに頭脳も加えて新たに「心身魂脳」の健康を目指して日々訓練に励んでいます。
昨日は、1周1.8kmのコースを3周早歩きで、最後の1周はノンストップのジョギングで計7.54km、1時間15分ほど「健全な肉体」作りに励んできました。
今からちょうど50年前、中学生のとき体育の時間に1500m走がありました。幼少の頃から身体が弱かった私は、走り終わったときはもう心臓が止まるかと思うほどへとへとになりましたが、今日はなんと1800m走っても平気でした。
「『加齢』という言葉」という記事を書いた3年前頃から、体力の衰えを感じ始めてスタートしたウォーキングのお陰でここまで強められました。まさに「継続は力なり」です。
でも、まだ昨日も2度ほど気持ち悪くなっているので、まだまだ回復途上です。
それに今日は、昨日の頑張り過ぎがたたって、両足の太ももが筋肉痛です。いつも皆さんから「無理しすぎないように」と言われているのですが、ついつい…。
(㊟この記事は2年前に書いたものを再録しています。書いた当時と比べると、体調は飛躍的に好転していて気分が悪くなることはもうありません。ただ、ここしばらくはまた疲れ気味でウォーキングもほとんどしていませんでした。でも昨日は秋晴れの好天に誘われて午前中は教会へ早足で往復1時間歩き、夕方にも1時間あまり散歩に出かけ、本当に久しぶりに11.66km歩くことができました。また、コツコツと健康づくりに励みたいと思っています)


ということで、「子育て禁句」も継続は力で、毎日の積み重ねでどんどん親子関係を改善させていくことができるので、今日も引き続き頑張りましょう。「無理しすぎない程度に」。


oyako.jpg


か  癇(カン)にさわる
当然、時には子どもの言うことやすることが親の癇にさわることだってあります。子どもも一人格を持っていますし、何でもかんでも親の思いどおりにいくわけがありません。むしろ、親の思いどおりに育つ子どもほどのちになって大きな問題に当たるということがよくあります。
ですから、子どもを一人格者として認め、受け入れてあげましょう。たとえ癇にさわることがあっても、そんなことは口に出して言う必要はありません。こちらは大人なのですから、ニコッと微笑んで流してあげましょう。


き  気に食わない。
上の「癇にさわる」と同様、気に食わないことだってあるでしょう。でもこの言葉も禁句です。
「気に食わない」と言われた子どもは、親に愛されていない、拒絶されていると感じます。
むしろ、なぜ気に食わないのかその理由・原因を考えて、どのようにしたら良いのかを教えてあげるといいです。そうしたら、子どもは親の愛情を感じ、親の愛に応えようとするようになります。


く  くだらん!
相手はまだ子どもで、価値観も十分に育っていないわけですから、親から見て「くだらない」ことを言ったり、したりするのは当たり前のことです。
しかし、ここで「くだらん!」と言って、子どもの言うこと、することをバカにしたり、切り捨てたりするのではなく、やはりどのように言えば、あるいはすれば、それが「くだる(?)」ことになるのか、ヒントをあげればいいのです。優れた価値観を子どものうちに育てていくことも親の大切な使命のひとつですから。


け  けちんぼ!
子どもはそもそも自己中心なものです。それで当たり前です。生まれたときからずっと親にそのように育てられてきたわけですから。
でも、物心がつき始めた頃から、ぼちぼちと周りの人のことを考えることのできるような子どもに育てていくのが親の務めです。ここでもやはり、「けちんぼ!」と言うのではなく、「〜してほしいな」とか「〜できたらすごいよ」というような言い方で、けちんぼを徐々に修正していけばいいのです。


こ  困った子だ。
子どもは成長過程にあります。常に「現在進行形」です。ですから親が困ることがあるのもしごく当たり前のことです。でもそんなときに、わざわざ「困った子だ」と念を押して言う必要などありません。この言葉も子どもにとっては「自分は親にとって邪魔物なのだ」「自分は親に愛されていない」というメッセージに聞こえます。この場合も、「困った子だ」と言うよりも、どのようにしてもらいたいのか、具体的に言う方がはるかに良い結果を生みます。
こういうのを"I message"と言います。自分の感情を相手にぶっつけるのではなく、「私はあなたにこのようなことを望んでいる」という自分の気持ちを伝えるのです。


親子関係は、すべての人間関係の基本の基本となるものです。そういう意味で、子育ては親の一大事業、仕事以上に大切な責任ある仕事です。仕事のために子育てを犠牲にすることは本末転倒です。
そのことを常に頭に入れて日々、子どもと接するよう努めましょう。親子関係が飛躍的に改善すること間違いなしです。そして、のちに子どもは親に感謝するようになります。
テレビによく出ている有名な女優さんで、いまだに親を憎んでいて、親の悪口を毎回公言している人がいますが、実に気の毒と言うほかありません。そのようにならないためにも。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育てでほかの何物にも勝るものは

2015.10.21日

「子育てのあいうえお」のシリーズを再シェアしてきましたが、「子育て禁句のあいうえお」シリーズを始める前に、下の動画を皆さんにぜひご覧いただきたいと思い、シェアさせていただきます。
感動もののテレビCMと言えばタイですが、昨日はタイのCMをはしごでいくつも観て、その都度泣かされ目が赤く腫れたほどです。それにしてもタイのCMは、ストーリーのある見事な出来栄え。
このCMの中に登場する父親の娘に対する愛は、親の子どもに対する万国共通の愛でしょう。
子育てでこの親の愛に勝るものはありません。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育てのあいうえお その5

2015.10.19日

「私の成功の秘訣がひとつだけあるとすれば、それはずっと子どもの心のままでいたことです」
「私は天才ではありません。ただ、人より長くひとつのことと付き合っていただけです」
「天才とは努力する凡才である」


上はいずれもアインシュタインが残した名言です。


img1_einstein_tongue.jpg


かの天才と呼ばれたアインシュタインが自ら、自分は天才ではないと語り、天才の定義は努力する凡才である、自分の成功の秘訣はずっと子どもの心のままでいたことだ、と言っているのです。
ということは、子どもはだれでもみんな天才になる可能性を持っているということです。
またアインシュタインは、子育てについて次のようにも語っています。
「育児くらい崇高で素晴らしい仕事はない」
「子どもには批評よりも手本が必要である」

つまり、子どもの無限の可能性をどれだけ引き伸ばし、育てるかはひとえに親の子育てにかかっているということです。


それでは今日も行きましょう。
「子育てのあいうえお」シリーズその5です。
親自ら子どものお手本となり、この崇高で素晴らしい仕事に引き続き取り組んでいきましょう。


ま  負けるが勝ち。
勝負に勝つことだけが勝利とは限りません。場合によっては、負ける方が勝ちということだってあります。勝ち負けの結果だけにこだわらないよう小さいときから教えましょう。
み  見事だ!
子どもが何かを首尾よく成し遂げたとき、たとえ完璧でなくても「お見事!」と言って褒めてあげてください。褒められれば褒められるほど子どもは伸びます。
む  胸がいっぱいだ。
親として嬉しいとき、感動したときなど、「胸がいっぱいだ」と親の気持ちを素直に子どもに伝えましょう。子どもは親に喜んでもらえることがとても嬉しいものです。
め  名案だ!
子どもが何か提案したときなど、「名案だ!」と言って感謝しましょう。子どもは自信を持ってどんどん発言できる子になります。
も  もちろん!
「もちろん!」は、疑いようもなく、という意味で、子どもを力強くサポートする言葉です。「聞いてる?」「嬉しい?」「本当に?」「ぼくのこと好き?」などと子どもに聞かれたら、即座に「もちろん!」と答えてあげましょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育てのあいうえお その4

2015.10.18日

2年前の記事を転載させていただきます。
「もう一度子育て見直します」
というご感想や、大学時代の同級生からは、
「今度は孫育てに役立てたいです」
という嬉しい声が寄せられています。


fathers%20day.jpg


今日は父の日。とは言っても、私にとっては別に何もありません。誰も「父の日、おめでとう」とも言ってくれません。でも、私はそんなことはまったく気にしていません。
そう言えば4年前の父の日はちょうど私の誕生日と重なり、塾で先生や生徒たちにサプライズのパーティをしてもらいました。
このことを思い出してその日のブログ「父の日」をもう一度読み返したのですが、まるで昨日のことのようによみがえってきました。
その中に元気な頃の父というリンクがあり、それを読んで2年少し前に天国に帰った父のことも思い出しました。その中に「私が何度か大きな失敗をしたときには厳しく叱りましたが、そのあとはすぐにまた優しい父に戻っていました」というくだりがあり、その失敗のひとつがありありとよみがえってきました。


大学生のとき、父の愛車セドリックを借りて名古屋に住んでいた友人を訪ね、彼の下宿に泊めてもらいました。翌日、友人の下宿を出る前に気をきかしてボンネットを開け、ラジエーターに水を満たしました。
当時のセドリックは高級車、乗り心地満点でご機嫌で京都に向かって国道を走っていたのですが、真ん中あたりの滋賀県で急にボンネットから煙が出てきて、エンジンストップ。道路脇に停めてボンネットを開けると、なんとラジエーターキャップの締め忘れで、中の水は空っぽ。車はオーバーヒートして止まったのです。
あわてて父に電話して、別の車で迎えに来てもらい、ロープで牽引してもらってゆっくりゆっくり京都まで戻りました。
父が大事にしていたセドリックでしたが、エンジンまでだめにしてしまいました。
しかし、父は私の不注意を少し叱っただけで、そのまま赦してくれたのです。
このときほど父の愛情を強く感じたことはありませんでした。
大学を卒業してアメリカの大学院に留学させてもらい、そこでクリスチャンになりましたが、上の出来事もあって父なる神の愛が赦しの愛であることは容易に理解でき、素直に受け入れることができました。


子育ての基本の一つ。それは「赦し」です。
それではシリーズの4回目です。


は  始めが肝心。
始め良ければ終わり良し。英語では、"Well begun is half done."(始めがよければ半分終わったのと同じこと)と言います。何事も始めが肝心。子どもが何かやりたいと言ったときは、「始めが肝心」と言って励まし、背中を押してあげましょう。
ひ  ひと休みしよう。
何事もあまり一生懸命になると周りが見えなくなることがあります。頑張りすぎて途中でダウンしないように、「ひと休みしよう」と言ってあげることも必要です。
ふ  不可能はないよ。
子どものことを心配するあまり、「無理」とか「不可能」とか、子どものやる気に水をさすネガティブな言葉が無意識に出てきます。でも、むしろ「不可能はないよ。やってごらん」と励ましてあげてください。世の中の天才とは、ほとんどのケース「不可能はない」と親に教えられて育ち、何かに取り組んできた人たちです。
へ  平気、平気。
子どもが何か失敗をしてもそれほど大したことではありません。本人はとても気にしていますので、そのようなときは「平気、平気」と言って安心させてあげましょう。ここからまた新しいチャレンジが始まるのです。
ほ  方法は必ずあるよ。
ときには八方ふさがりに見えることがあります。でも、上を見上げると空が開いているし、いざとなればトンネルを掘って地下を進むという方法だってあります。「方法は必ずある」ということを親は子どもに教えなければなりません。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育てのあいうえお その3

2015.10.17日
children.jpg


CHILDREN are not the people of tomorrow but the people of today.
They have a right to be taken seriously, and to be treated with tenderness and respect.
They should be allowed to grow into whoever they were meant to be.
The unknown person inside each of them is our hope for the future.”
- Janusz Korczach -


子どもたちは未来ではなく、今現在生きている人間である。
真摯に受け止められ、優しさと尊敬の念を持って取り扱われる権利がある。
子どもたちはなるべき人物になれるよう認められるべきである。
一人ひとりの内に潜む未知の人物は将来の我々の希望である。
−ヤヌシュ・コルチャック−


上はマドレーヌさんのポスティングからの引用です。
ヤヌシュ・コルチャック(1878年- 1942年)は、ポーランドの小児科医、孤児院院長、児童文学作家で、1989年に国連で採択された「子どもの権利条約」に大きな影響を与えた人物です。
彼の主張は、子どもは生まれながらにして立派なひとりの人間であって、成長していって徐々に人間になるのではない。だから、我々大人は子どもの人間としての尊厳を尊重し、一個人そのものが持つ価値がいかに大きいか、そしてそのような子ども一人ひとりと真摯に向き合うことがいかに大切かということを訴えています。
これは子どもを持つ親だけでなく、私たちみんなに語られている言葉です。


昨日の「子育てのあいうえお その2」を読んだ一人の読者から、全部覚えて実践できる自信がない、というメールをいただきました。
でも大切なのは、私がたまたま書いた言葉一つひとつを全部覚えてそのまま実践することではなく、日々の生活の中でいかに意識して子どもを立派なひとりの人間として接するか、ということです。そして、これができれば最近大きな問題になっている子どもに対する虐待などはなくなります。
それでは今日の「子育てのあいうえお その3」をお送りします。


た  大したもんだ。
「大したもんだ」、「偉い!」と、親が子どもを大げさに褒めると、子どもの自尊心は大きく育ちます。
「ダメはダメ」と、Fさんがアイデアを送ってくださいましたが、本当に「ダメ」というネガティブな言葉は禁句です。
ち  調子いいね。
人間だれでも調子のいいとき、悪いときがあります。調子の悪いことを指摘するよりも、調子のいいことを指摘してあげるほうが子どもにとっては有益です。親にこのように言われると、子どもはどういうときに調子がいいかがわかるようになり、そのようなときを意識して生み出すことができるようになります。
つ  続けようね。
何事も継続が肝心。せっかくいいことを始めても途中でやめてしまってはもったいないです。継続して初めて何でもモノになります。
て  できるよ。
どれほど多くの親が子どもに「お前に○○なんかできない」と、否定的な言葉を使っていることでしょう。もっともっと「できる」というメッセージを送ってあげたいものです。
と  どうして?
学習の基本は好奇心です。ただ単に教えられたことを覚えたり、テストでいい点を取ることにあるのではありません。常に「なぜ?」「どうして?」と子どもに尋ねかけ、自ら「なぜだろう?」と考える子どもに育ったら、教育は大成功です。それだけで一生食べていけます。
な  仲直りしよう。
親子、兄弟、友達同士でぶつかること、ケンカすることもあります。そのようなとき、親自ら「仲直りしよう」と声をかけていると、子どもも人に対して「仲直りしよう」と言える子どもになります。
に  似合うよ。
ヘアスタイルや洋服、持ち物など、どんなことでも「似合うよ」と言って、子どもを励ましてあげましょう。自信のある子に育ちます。
ぬ  脱いだらどうするんだっけ?
「また脱ぎっぱなしっ!」と言って頭から叱るのでなく、「脱いだらどうするんだっけ?」と言って、自分で考える子どもに育てましょう。
ね  寝る子は育つ。
「寝る子は育つ」という諺は真理です。テレビやゲームなどで夜遅くまで起きているのは、子どもにとって心身ともに良くありません。十分な睡眠が取れるよう、生活の時間管理を身につけられるよう助けてあげましょう。
の  伸びてるよ。
身長だけでなく、勉強でも、スポーツでも、趣味でも何でも、「伸びている」と指摘されることは子どもにとってものすごく嬉しいものです。励まして、ますます伸びるよう助けてあげるといいですね。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育てのあいうえお その2

2015.10.16日

きのうの朝、子供の泣き声を聞いてベランダに出た。幼稚園児の男の子が「いやだ、いやだ…」と歩道で泣いている
◆「ほら、バスが来たぞ」。若いお父さんが叱りつけても小雨のなかを動こうとしない。お父さんは男の子を抱き上げると、頬を軽くポンと叩たたいて、送迎バスのほうに走っていった
◆めずらしい光景ではあるまい。6月というと、たとえば同じ組の、入園したては神妙にしていた腕白わんぱくな子がそろそろ本領を発揮してくる頃でもある。おとなしい子供たちにとっては、乗り越えねばならない第一関門の季節かも知れない
◆「母の日」が過ぎてもうすぐ「父の日」だが、子育て奮闘中の若いパパやママには、元気いっぱいの「いってきま〜す」と「ただいまッ」にまさる贈り物はなさそうである。歌人の俵万智さんが育児の大変さに触れて、「生後1歳までの記憶があれば、子供はみんな親思いになる」と本紙で語っていたのを思い出す。5〜6歳の出来事もしっかり記憶しておいてね、というのが世の親御さんの実感だろう
◆さて、あの子は何がいやでグズっていたか。今朝は笑顔でバスに乗れるといい。

(2013年6月13日付 読売新聞1面 「編集手帳」より)


「生後1歳までの記憶があれば、子供はみんな親思いになる」という俵万智さんの言葉が非常に重く心に響きますが、5〜6歳どころか何歳になっても手遅れということはありません。「思い立ったが吉日」じゃないですが、気づいたその日から実行することが何よりも大切です。
それでは今日のシリーズ「その2」をお届けします。少しでも何かのお役に立つことができれば。


a5f716cffb993f2af01ac6f10ab59b9d_s.jpg


か  可愛い!
顔や姿、格好だけでなく、言葉や仕草にも子どもの可愛さはあふれています。それを言葉で言い表し、愛情を伝えましょう。
き  気にしなくていいよ。
子どもは誰でも失敗するもの。そういうときに頭ごなしに叱るのでなく、「大丈夫。気にしなくていいよ」と言って、受け入れてあげましょう。そうすると、失敗を恐れずにいろいろなことに挑戦する積極的な子どもに育ちます。
く   くじけるな。
誰にでもくじけそうになるときがあります。「くじけるな」と言って励ますことも大切。
け   けじめをつけよう。
いつもただ褒めるばかりでなく、間違ったことにははっきりと「ノー」と言い、けじめをつけることも教えなければなりません。
こ   後悔しても仕方ない。
失敗したことは後悔しても元に戻すことはできません。後悔するよりもむしろ失敗から学び、新しいスタートを切ることによって、失敗という痛い経験が生かされてきます。
さ   才能がある。
子どもにはみんな才能があります。その才能を見抜き、引き出してあげるのが親の務めです。小さなことでも気づいたらその場で、「お前には才能がある」と言って励ましてあげましょう。その才能はどんどん伸ばされます。野球のイチロー選手などみんなこのようにして才能を伸ばしてきました。
し   幸せだよ。
「お前と一緒にいて幸せだよ」と言葉に出して愛のメッセージを伝えましょう。子どもは精神的にとても安定し、すくすくと成長することができます。
す   素直だね。
親の多くは子どもの素直でないところばかりに目が行って、ついつい「素直でない」と言ってしまいますが、本当はもっと素直なところに気づいてそれを褒める方がはるかに効果的です。
せ   積極的でいい。
積極的な子どもに育てるためには、日常の生活の中で子どもの積極的な面を見つけてそれを指摘し、褒めることが一番です。
そ   想像力があるね。
子どもは想像力がたくましいものです。その想像力を親や周りのおとなが自分たちの常識ではかって「ばか」とか「無理」とか不用意に言ってしまうケースがとても多いです。エジソンやアインシュタインなどの偉大な発明家や科学者などは、みんな親に想像力を褒められて伸びていきました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育てのあいうえお その1

2015.10.15日

2年前の記事からの転載です。


vallen_pursuit_of_happyness.jpg


昨晩、吹き替え・字幕スーパーなしで久しぶりにアメリカ映画をテレビで見ました。
「幸せのちから」(原題: The Pursuit of Happyness)で、ウィル・スミス主演、6歳の実の息子と親子で好演しています。
父子の愛情を見事に描いた実話に基づくとても感動的なストーリーで、最後のシーンは涙で目が曇りました。(もしご興味がおありでしたら詳しい内容はこちらからご覧ください)


この映画の中で私にとって一番感動的だったのは、貧乏のどん底の生活をしているとき、父が息子に向かって次のように言うシーンです。


movie-text-the-pursuit-of-happyness-will-smith-Favim.com-513412.jpg


Don't ever let somebody tell you...
...you can't do something.
Not even me.
All right?
You got a dream...
...you gotta protect it.
People can't do something themselves...
...they wanna tell you you can't do it.
If you want something, go get it. Period.
「お前にはできない」なんて絶対にだれにも言わせちゃだめだぞ。
たとえ俺でも。わかったか? 夢があったら、どんなことがあってもそれを守り通すんだ。
人は自分では大したことはできやしない。それで、「お前にはできない」って言いたいんだ。
でも、本当に何か欲しかったら、何としてもそれを手に入れるんだ。ただ、それだけだ」

(私訳   英語はわざと非文法的な文にして、親子間のくだけた会話の雰囲気を出しています)


父親は息子のためにもこの言葉をそのまま実行するのです。
そう、今日から始まる「子育てのあいうえお」の基本は、子どもに夢と自信を持たせ、それを親自ら実践して見せることです。


あ  ありがとう。
親が率先して子どもに、また周りの人に「ありがとう」と普段から言ってお手本を示し、感謝の心を育てましょう。
い  いいね!
子どもが何か言ったり、したりしたとき、「いいね!」と言ってサポートしてあげると、子どもの内に自信が育ちます。
う  嬉しいよ。
親の嬉しい気持ちを素直に言葉で言い表すと、子どもは愛情を感じます。
え  笑顔が素敵だよ!
子どもの笑顔は親にとって最高の宝物です。親子でいつも笑顔を心がけていると、家庭は自然と明るくなります。
お  大きくなったね。
子どもは自分が大きくなっていることを実感しません。いつまでも子ども扱いをするのでなく、年齢に応じた扱いをすることでより大きな成長が期待できます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

夫婦の間のあいうえお その3

2015.10.14日

今日は、「夫婦の間のあいうえお」と「夫婦の間のあいうえお その2」に続く第3弾で、「ま」〜「わ」です。


ま  まあまあ。
「まあまあ」はいろいろな場で使えるとても便利な表現です。相手が興奮しているときに「まあまあ」と言ってなだめ、落ち着かせる方法。完璧でなくてもそこそこ満足できるときに使う「まあまあ」。料理の出来や新しい服などについて尋ねられて、「なにこれは!?」と言う代わりに「まあまあ」とか「あと一歩かな」などと言えば、角が立ちません。
み  見て!
子どもが親に「見て!」よく言いますが、同様に夫婦の間でも「見て!」と言って、相手の関心を引きつけることは大切です。長年一緒に生活していると、お互いに空気のような存在になってきて相手に対する関心や意識も次第に薄れてきます。そこで、「見て!」と言って関心を引くのです。
む  無駄はない。
毎日の生活の中でいろいろな無駄は必ずあります。でもそのようなときに、敢えて「無駄はない」と言うのです。勉強になった、もう二度と同じ間違いは繰り返さない、など今後のレッスンになったわけですから。そこで、相手の失敗を責めずに「無駄はない」と言って慰めるのです。
め  目を見て。
お互いに目を見ないで会話をしている夫婦がとても多いように思われます。でも真のコミュニケーションの基本中の基本は相手の目を見て話すこと・聴くことです。ときには「目を見て」と口に出して言うことも必要です。
も  もうちょっと!
完璧ということなどはなかなかありません。そこで、ある程度のところで満足することも大切です。そういうときに「もうちょっと!」と言って、相手を励ますのです。それほど不愉快にも感じませんし、さらに上を目指して頑張ろうという向上心も生まれます。
や  やってあげる。
相手が大変そうだったら、「やってあげる」と言って手を貸してあげましょう。お皿洗い、掃除、草花の水やり、庭の手入れ、洗車、ゴミ出し、食後のテーブルの後片づけ、肩もみ・身体のマッサージ等など、身の回りでお互いに手伝えることはいくらでもあります。このような助け合いで愛情を行動に現すのです。
ゆ  夢みたい。
なにか嬉しいことがあったら、「夢みたい」と喜びを素直に言葉に表すと、相手も必ず嬉しく思います。
よ  喜んで!
あるレストランではなにかを注文するといつも大きな声で「喜んで!」というスタッフの声が戻ってきます。夫婦の間でもなにか頼まれたとき、いやいやではなく、気持ちよく「喜んで!」やりましょう。
ら  ラブラブ!
新婚時代のラブラブの感情はだんだん薄れてきます。でも夫婦間でいつまでも仲良くやっていくためには、このラブラブをある程度意識して演出しなければなりません。そこでどちらかが敢えて、「ラブラブ」と言って意識を喚起するのもひとつの方法です。
り  理屈なし。
夫婦の間ですから利害関係なしに、損得勘定なしに、理屈なしに相手のために自分を捧げるのです。そのような親の姿を見て育つ子どもは知らず知らずのうちに同様の優しさを身につけていきます。
る  ルンルン!
最近あまり耳にしなくなりましたが、嬉しくて気持ちが高揚している「ルンルン!」状態を意識して演出しましょう。歳取ってもずっと仲良くやっていける秘訣です。
れ  連絡して。
一昔前よく言われた「ホウレンソウ」。「報告」「連絡」「相談」で、ビジネスの場面で実践されているものですが、夫婦の間でも同様に必要不可欠です。
ろ  労苦は共に。
どこの家庭にも、夫婦の間にもいろいろな労苦はつきものです。ひとりで負うと重くて担いきれませんがふたりだと重さは半分になります。相手が大変だなと感じたら、「労苦は共に」と声かけしてあげましょう。
わ  わぁーっ!
「わぁーっ!」は感動の言葉です。上の正反対で、喜びはふたりで分かち合うと倍になります。嬉しいことや驚くようなことがあったら、少々大げさに聞こえるぐらいに「わぁーっ!」と言って、喜び・感動をシェアしましょう。


このように、ちょっとした気遣いで夫婦関係はいくらでも良くしていくことができます。そして、夫婦関係がうまくいっているとお互いに幸せを感じますし、子どももうまく育てることができます。
実際のところ、仲のいい夫婦は若い、年寄りに関わらず、みんなこのような細かい心遣いを日常生活の中で実践しています。私たちも見習いたいものです。
逆に、昔の知り合いで夫婦間にコミュニケーションがまったくない方がいらっしゃいました(「コミュニケーション」)が、一緒にいて息が詰まるようでした。


以上で簡単ながら、「夫婦の間のあいうえお」を書いてきましたが、次回は「子育てのあいうえお」を扱います。
皆さんの方でももしグッドアイデアなどがありましたらぜひお知らせください。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

夫婦の間のあいうえお その2

2015.10.12日

昨日の記事「夫婦の間のあいうえお」に対して、早速何人かの方がコメントくださいました。
「おもしろいですね、「あ」以外は結構言い合う仲良し夫婦ですが、今更「あ」は言えない、言えない、吹き出しますよ(^-^;」
「時々見直したり,意識的に使っていくといいなと思いました。シェアさせてくださいね」
「「あ〜そ」いいですね〜。実践されようとする舟田先生は素敵です。
ちなみに夫からは言われた事のないことば・・、期待するとがっかりするので、私から言ってみましょう ♪
神様が合わせて下さったことを感謝しつつ☆彡」
「旦那が留守が良いの言葉はよくないっていうことですね。ありがとうございます」
「実践します(≧∇≦)」


このような生の声を聞かせていただけるととても嬉しいです。
これらに刺激されて、私もさらに精進(?)しなければ、と思った次第です。
今日は、シリーズの第2弾です。
リンクを貼らずにそのままコピペしてしまいますね。


昨日書いた「夫婦の間のあいうえお」は大勢の方にご覧いただいたようで、結構評判のようでした。
こんなコメントをFBフレンドの方々からいただきました。
「☆日野原医師の標語から・・『 思うだけではいけませんね、実践(言い始める)こそが勝負です!』・・・ですよね。 一度、口にしたら‥二度目からは楽になるでしょう。。 (^-)v~ 」(MHさん)
「ネガティブは人をダメにしますが、ポジティブは人を建て上げます。こんな言葉を心に留めて日々を歩んでいくなら、どんなにかすばらしいでしょう!」(MKさん)
「うっとおしい、え:えげつないにしたらよかったわ(笑)舟田先生、blogに登場させてもろて、光栄です」(FFさん)
皆さん、コメントをありがとうございました。
MHさんもおっしゃっているように、大切なのは実践です。私も書いた以上(?)、早速いくつか実践しています。
この続きはまた今度、と思っていたのですが、夕方散歩に出かけちょっと考えていたら、次から次へと思い浮かんできて最後の「わ」までできてしまったのですが、ちょっと長くなるので2回に分けます。
昨日は、「あ」〜「そ」でしたので、今日は続きの「た」〜「ほ」までです。


た  「楽しい」
夫婦仲良くなるためには日々楽しく過ごさなければなりません。同じことをしていても、「楽しい」と思っていると本当に楽しくなってきます。要は言葉に出して相手にその気持ちを伝えることです。
ち  「ちょうどピッタリ!」
ヘアスタイルでも洋服でもアクセサリーやその他の持ち物でも、「あなたにちょうどピッタリ!とても似合っている」と言われると誰でも嬉しいものです。
つ  「辛かった?」
毎日の生活の中で誰でも辛いことを経験します。そのようなとき、ちょっとひと言「辛かった?」と尋ねられるとそれだけで癒されます。
て  「手をつないで」
最近、ご年配の方々で手をつないで歩いていらっしゃる方をあちらこちらでよく見かけます。手をつなぐのは仲良しのしるし。どちらかが「手をつないで歩こっ!」て言い出すと、最初はちょっと恥ずかしくてもすぐに慣れ、新婚気分に戻れます。
と  「とんでもない」
「ありがとう」とお礼を言われたら、「とんでもない、そんなこと当たり前のこと」と、恩に着せないようにしましょう。
な  「なーに?」
相手が心のの中で何を考えているかはわからないものです。ひと言「なーに?」と言って会話の緒(いとぐち)を作りましょう。
に  「ニッコリ笑顔で」
毎日顔を合わせているとつい笑顔を忘れてしまいがちです。お互いに意識して「ニッコリ笑顔で」と口に出すと、それだけで自然と笑顔が生まれます。
ぬ  「ぬくもり」
夫婦間のぬくもりは大切です。スキンシップです。これも意識していないとついつい忘れてしまいますので、どちらかが「ぬくもり」と言うのを合図にするとか、あるいはそっと手を取る、肩に手を置く、など行動することが欠かせません。
ね  「ねえねえ」
「ねえねえ」は女性言葉で、概しておしゃべりな女性の方がよく使う言葉ですが、男性が使っても平気です。「ねえねえ」と言うと、何か新しい話題を持ち出すのが容易になります。
の  「のんびり行こう」
今は忙しい時代、ストレス社会です。昔の人が一生かかって経験したストレスを、私たち現代人は20歳までで全部体験するとも言われています。こういうときに大切なのは、焦らずのんびりいくことです。お互いにちょっと焦っているな、イラついているなと思ったら、「のんびり行こう」と声かけするといいのではないでしょうか。
は  「話して」
意思の疎通、会話こそがやはり心を通わせる一番の手段です。わかっているつもりでも案外わかっていないもの。そこで、何かちょっとでも気になることがあったら「話して」と声をかけましょう。
ひ  「ひょっとしたら」
思わぬこと、意外なことが日常起こるものです。そのようなとき、ちょっと気を利かせて「ひょっとしたら」という気遣いが嬉しいです。
ふ  「夫婦水入らず」
いつも子どもと一緒、友だちと一緒というのはだめです。夫婦水入らずの時間が必要です。
へ  「へえー!」
相手の言ったことに対して、「へえー!」と思いっきり驚く。自分に関心を持ってもらっていると思うとき愛情が伝わります。
ほ  「欲しい?」
相手が何かを欲しているとき、「欲しい?」と尋ねてあげるのです。方法はあとからいくらでも考えられます。相手のニーズを見逃さないことも大切な心遣いです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

夫婦の間のあいうえお

2015.10.11日

2年ほど前に書いた記事、「夫婦の間のあいうえお」のシリーズを再びシェアさせていただきます。
今日はその第1回目をどうぞ。
少しでもお役に立てていただければ幸いです。


http://www.academygakuin.com/blog/2013/06/post_1315.html


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

お母さんの愛に感謝!

2015.09.15日
haha.jpg


先日、【お母さんへの手紙】というとても感動的な話をFBで読んで、涙で目が曇りました。
心揺さぶられるお話です。私たちみんなの母親への思いを代弁してくれている「手紙」です。
孫の顔を見られないまま56歳の若さで天国に帰った母のことを思い出して、感謝の心で胸がいっぱいになりました。


そこで、FB上でシェアさせていただいたところ、大きな反響を呼び、Mさんからは次のようなコメントをいただきました。
「自分が親になって 親の有り難みをやっとわかった。
子供達も 今は反抗とかするけど、親になったら親の気持ちや有り難みをわかってくれるといいなぁ」
Mさん大丈夫ですよ。あなたも私も、そしてうちの子どもたちもそうだったように、みんな同じところを通ります。子どもの頃は親に逆らっていてもやがて必ず感謝するようになります。


心温まるとても感動的なお話なので、是非とも一人でも多くの方に読んでいただきたいと思い、このブログで再度ご紹介させていただきます。


【お母さんへの手紙】


お母さん、私を産んでくれてありがとう。

あんなに痛くて辛い思いをしたのに、私を見た瞬間、満面の笑みで「わぁっ女の子!嬉しい!」と言ってくれたね。

私が夜中に泣いてお母さんが眠れなくても、いつも私を優しく包んでくれた。

私が病気になりにくいようにって母乳で育て、いつどんな時も私がお腹をすかせればすぐにおっぱいをくれたね。

夏は自分が真っ黒に日焼けしても私をプールに連れていき、冬は寒い時に自分の上着を脱いで私に着せてくれたね。

私が幼稚園に行きたくなくて、二人乗り自転車のうしろで暴れて転んだ時、お母さんはすぐに私を抱き上げ「大丈夫⁈痛いとこない⁉」って。
全く怒らなかった。
私は無傷で、お母さんはスボンが破れて手足をすりむいていたのにね。

私が学校で悪口を言われたと泣いて帰った時
「お母さんだけはあなたの味方だから」
と私を抱きしめ、

高校三年間は毎日手作り弁当、
お昼休みにお弁当箱のフタを開けるのが楽しみだった。

私が社会に出て、毎日遅くまで遊び回ってた頃
怒る父親とは反対に
「若いうちに好きなことをやれば良い。会社や他人に迷惑さえかけなければ自己責任で」
と見守る姿勢を貫き通した。

そして私が結婚する時には
自分が一生懸命働いて貯めたお金を何の惜しげもなく私に持たせ
「あなたの結婚資金はあなたが赤ちゃんの時から積み立ててきたし、
あなたが幸せなことがお母さんも幸せ。
何か困ったときに使いなさい」と言った。

それから私に赤ちゃんが産まれた。
里帰りした私と赤ちゃんを優しく迎え入れ、私が夜中に授乳すると寒いから、とわざわざ新しい暖房器具を用意し、
赤ちゃんの肩が寒そうだからとベストを編んでくれたり、
朝は私よりも早く起き、
夜は私より遅くまで起きていた。

お母さん
私が産まれてから今日までお母さんが私にしてくれたことは、当たり前で、だれからも何の評価もなく、お母さん自身も当然のことと思ってしてきたことばかりかもしれない。

でもね、私はお母さん自身がそのことを
「母親として当然のことをしてきただけ」
と言えることが1番スゴイことだなって思うの。

こうして私も今お母さんになって、やっとお母さんのすごさがわかったの。

だからね、声を大にして言うよ。

私のお母さん!

私のことをこんなにも愛し、大切にしてくれてありがとう。

それから、今度は世界中のお母さんへ。

お母さんがしてること、今は誰も褒めてくれないかもしれない。

それどころか、一生懸命作ったご飯、5才の娘に「何かマズイ」って言われたり、2才の息子にお皿のおかずを投げ捨てられたりね。

それでそれを黙って拾うお母さんに、お父さんが「子供の好きなものにしたほうが良いんじゃない?」ってね。
簡単に言うけど、
だって、栄養バランスとか考えてるからね。

でもね!
お母さんが家族に注ぐ素晴らしい愛情は、
毎日毎日家族の心に少しずつ少しずつ、
目立たないけど、
まるで雨のしずくのように注がれて、
いつかお母さんがおばあちゃんになる頃、
きっといっぱい色んな形でかえってくるよ。

しずくがバケツいっぱいになったら外に溢れるようにね!

だからまだ今は家族の心のバケツに愛情を貯める時。

今は誰も褒めてくれなくても
ちゃんと伝わってるよ。

今は誰も認めてくれなくても
ちゃんと届いてるよ。

だからお母さんは今のお母さんのままでいい。

十分頑張ってるんだから。

誰よりも家族のこと愛してるんだから。

…ぽちゃんっ、ぽちゃんっ、ぽちゃんっ…

お母さん
いつもありがとう


最近、NHKの連続ドラマ『まれ』に登場する子どもたちや、アニメの世界名作劇場『ペリーヌ物語』(「障害が大きければ」)、『母をたずねて三千里』(「チャンスは手を伸ばし、もぎ取るもの」)、そして今放映されている『トム・ソーヤーの冒険』に出てくる主人公の子どもを見ていても、はたまたアカデミーで毎日教えている小学生や中学生と接していても、最近は子どもたちがもう「目に入れても痛くない」ほど可愛くて仕方がありません。ついつい無意識のうちに顔がでれぇーっ(^_^メ)としてしまいます。
妻に言わせれば、歳を取った証拠だ、と。


でも、上の【お母さんへの手紙】を読んでいて、「わたくしの中にもひょっとしたら母性愛があるのかしら」(^。^) なんて思ったり、いやこれは「俺の父性愛なんだろう」(^_^;)なんて思ったり…
でも、これで孫ができたら、きっともう母性愛や父性愛や慈愛をはるかに超えた「爺愛」(-_-;)になるのでしょうね。


私も声を大にして天国の母に言いたいです。
「マミー(お母さん)、僕をこの世に生んでくれてありがとう!
貧しい中で毎日朝早くから夜中遅くまで、時には徹夜して働いてくれたよね。でもそんなこと当たり前って顔して、愚痴ひとつこぼさなかったね。
今、この年になってマミーの愛が本当によく分かるよ。心より感謝しているよ!」


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人に与えたものと、人から受けたもの

2015.09.07日
blessed.jpg


"Blessed are those who give without remembering and take without forgetting."
-- Elizabeth Bibesco
「幸いなるかな。人に与えたものを思い出さず、人から受けたものを忘れない者は」
-- エリザベス・ビベスコ
(訳:舟田譲二)


エリザベス・ビベスコ(1897–1945)は英国首相の長女として生まれた、イギリスの作家・詩人、社交界の名士。
12歳の時、慈善事業のために自分が演出する劇の台本をアイルランドの偉大な劇作家、ジョージ・バーナード・ショーに依頼して書いてもらう。
ルーマニア人の貴族と結婚し、侯爵夫人となる。当時のイギリスでは、ほかのだれよりも超越した知性の持ち主と評される。イギリスの上流社会での自らの体験を作品の中で描写している。


エリザベス・ビベスコは多くの名言を残していますが、冒頭のものは彼女の生活から生まれた真実のものに違いありません。
豊かで、優雅な生活をしていながら、「人に与えたものを思い出さず、人から受けたものを忘れない」という精神は本当に立派です。
多くの人は、むしろこの逆で、「人に与えたものをいつまでも覚えていて、人から受けたものを忘れる」のではないでしょうか。


私はこれまで何人か、このような「人に与えたものを思い出さず、人から受けたものを忘れない」立派な人に出会ってきました。
今もそのうちのお一人に、とてもお世話になっていて心からその方を尊敬しています。
私の知り得る限り、ほかの誰よりも立派な、本物の篤志家・慈善家です。
このような方とお知り合いになれていることを私は本当に誇りに思っています。
まさに現代のエリザベス・ビベスコです。


私自身も、この方に倣ってたとえ小さいことであっても、「人に与えたものを思い出さず、人から受けたものを忘れない」者となれるよう努めたいと常々思っています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

86,400秒分の1秒

2015.09.03日

"God gave you a gift of 86,400 seconds today. Have you used one to say 'thank you?'"
-- William Arthur Ward
「神様は今日、あなたに86,400秒という贈り物をくださいました。あなたはそのうちの1秒を使って『ありがとう』と言いましたか?」
-- ウィリアム・アーサー・ウォード
(訳:舟田譲二)


ウィリアム・アーサー・ウォード(1921-1994)はアメリカの教育学者、牧師、教師。
アメリカでインスピレーションナルな名言でもっともよく引用される人物の一人です。


よく引用される彼の有名な言葉に次のものがあります。
The mediocre teacher tells.
The good teacher explains.
The superior teacher demonstrates.
The great teacher inspires.
平凡な教師はただしゃべる。
良い教師は解説する。
さらに優れた教師は自らやってみせる。
しかし、偉大なる教師は生徒の心に火をつける。
(訳:舟田譲二)


これは本当に教育者として鏡にすべき名言中の名言です。
以前、山本五十六の有名な言葉をご紹介しましたが、これに通じる教えです(「ほめてやらねば 人は動かじ」)。


さて、今日の冒頭の彼の言葉
「神様は今日、あなたに86,400秒という贈り物をくださいました。あなたはそのうちの1秒を使って『ありがとう』と言いましたか?」
は、本当に耳に痛いです。


去る2月に「ありがとう」と「サンキュー」の反対語という記事を書きました。
「感謝する心」の反対は「当たり前と思う心」です。
私たちは、毎日毎日、数えきれないほどたくさんの素晴らしいプレゼントを神様からいただきながら、無意識のうちにそれを当たり前のものと思い、感謝するのを忘れてしまいがちです。
そのプレゼントの中でも最高のものは「時」です。だれでも公平に1日に86,400秒という時間を与えられています。
生きていること、時間が与えられていること、そんなことは当たり前だと思っているのです。
しかし、ウィリアム・ウォードは言っています。「86,400秒のうちの1秒でも使って『ありがとう』と言いましたか?」と。


人から何をしてもらっても当たり前。神様から数えきれないほどの恵みを毎日いただいても当たり前。
これは本当に私たちが陥りやすい罠で、なんでもかんでも「当たり前」と思っていると、「感謝する心」、喜びが生まれてきません。


まずは、86,400秒のうちの1秒を使って神様に「ありがとう」「感謝します」と言いましょう。
そして、次に、家族や友人など私たちの身の周りの人たちに同じく「ありがとう」と言おうではありませんか。
私たちが今日の一日生かされていることは、まさに神様のお陰、身の周りの人たちのお陰です。
みんながこのような思いで一日を過ごすなら、争いは止み、家族も、世の中も本当に平和になるでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

愛している者には、時は永遠である

2015.08.28日
sunset.jpg


"Time is too slow for those who wait, too swift for those who fear, too long for those who grieve, too short for those who rejoice, but for those who love, time is eternity."
-- Henry Van Dyke
「時は待っている者にはあまりにも遅く、恐れている者にはあまりにも速く、悲しんでいる者にはあまりにも長く、喜んでいる者にはあまりにも短い。しかし、愛している者には、時は永遠である」
-- ヘンリー・ヴァン・ダイク
(訳:舟田譲二)


ヘンリー・ヴァン・ダイク(1852ー1933)は、アメリカの作家、詩人、随筆家で、長老派教会の牧師を務めたあと、プリンストン大学の英文学教授となり、その在任中オランダ公使も務めた多彩な人物です。
上のダイクの言葉は、作家、詩人、また牧師に実にふさわしいものではないでしょうか。


時というのは非情なもので、
「時は待っている者にはあまりにも遅い」。
早く来ないか、とその時を待ちこがれている者には、時は永遠に感じるほどゆっくりと流れます。


「恐れている者にはあまりにも速い」。
願わくはその時が来ないで欲しい、と思っている者にはあまりにも速くやってきます。


辛い思いをして
「悲しんでいる者にはあまりにも長く」
感じられるものです。


そして、
「喜んでいる者にはあまりにも短い」。
こんな喜びが永遠に続いて欲しいと思っている者にはあまりにも短く感じられます。


そんな一見、いじわるのように見える「時」ですが、
「愛している者には、時は永遠である」。


時は神様から私たちへのプレゼントです。
そして、この愛があるからこそ、私たちは神から与えられたつかの間の地上の人生を真に享受することができるのです。
もし愛がなかったら、この世の人生はあまりにも苦渋に満ちていて、空しい。
神様、あなたの無限のご愛を心から感謝いたします。


「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです」
(ヨハネI 4:10)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

明日のために今日を大切に

2015.08.13日

"You must do the things today that others will not do so that you can have the things tomorrow that others will not have."
-- Anonymous
「人がしないことを今日しなければならない。そうすることによって人が手に入れることができないものを明日、自分のものにすることができるのだ」
-- 作者不詳
(訳:舟田譲二)


人は得てして、周囲の人たちと同じことをやっていたら安心だと思いやすいものです。
確かに周りの人たちと同じようなことをしていたら大きな失敗をすることはないかもしれません。
しかし、
「危険は冒さなければならないものだ。なぜなら、人生における最大の危険は、なんの危険も冒さないことだからだ」
というレオ・バスカーリアの言葉を先日ご紹介しましたように(「危険を冒さないことは…」)、自らの殻を破ってチャレンジしないでいると、当然の結果として陳腐なことしか手に入れることはできません。


ここで「自分のものにする」「手に入れる」というのは必ずしも物質だけとは限りません。
自尊心や自信、人望、信頼を始め、高潔、人格、優しさや思いやり等々、目に見えない徳というものも含まれます。
ときには恥ずかしい思いをしたり、仲間から浮いてしまうことや、嘲笑されるようなこともあるかもしれません。
でも、いいのです。
人がしないことを敢えてするのです。
勉強でも仕事でも、スポーツでも、芸術活動でも、人間関係でもなんでもかまいません。
「小事に忠実な者は大事に忠実」で、今日やっている小さなことが信任されて、明日、大きく実を結ぶことにつながります。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

良い夫婦関係を築く秘訣

2015.08.02日
11755766_1178034475547461_5043927535977098292_n.jpg


去る7月19日に司式した次男正人と小島萌さんの結婚式(「昨日は最高に幸せな一日でした」)で行ったショートメッセージを以下にシェアさせていただきます。
良い夫婦関係を築くのに、新婚・既婚、結婚年数に関わらず通じることで、少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。


聖書が教える良い夫婦関係を築く秘訣を3つのポイントでお話します。
まず第1に、妻に対して聖書は何と言っているでしょうか。
「妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい」(エペソ5:22)
「主」とはイエス・キリストのことです。
夫婦関係が壊れる原因の多くは、妻が夫に仕えない、すなわちパワーバランスが崩れるというところにあるようです。妻は自分の思い通りに夫をコントロールしようとしますが、夫は妻に支配されるのを嫌います。そこで夫は言葉や行動をもって妻を力づくで支配しようとします。
このような勧めを聞くと、こんなのは不公平だと女性の方は思い、面白くなく感じるものです。


それでは第2に、夫に対してはどうでしょうか。
夫は妻に仕えられてふんぞり返って、亭主関白で自分の思い通りに妻をこき使っていればいいのでしょうか。このような夫婦関係も非常に多く、そしてその結果離婚に至るケースもしばしばです。
聖書は何と言っているのでしょう。
「夫たる者よ。キリストが教会を愛してそのためにご自身をささげられたように、妻を愛しなさい」(エペソ5:25)
夫に対しては妻を愛しなさい、とあるのですが、その愛し方は単に「愛しているよ」というようなレベルではありません。
「キリストが教会を愛してそのためにご自身をささげられたように」とは、イエス・キリストがご自分を信じる者を愛して十字架上で命を捧げられたようにという意味で、命をかけて愛しなさい、という命令です。
夫がこのように命がけで妻を愛するなら、妻は喜んで夫に仕えることでしょう。


最後にふたりに対して聖書は何と言っているのでしょう。
「それゆえに、人は父母を離れてその妻と結ばれ、ふたりの者は一体となるべきである」(創世記2:24)
結婚してからも夫、または妻がまだ自分の親に精神的に、あるいは経済的に頼っていてはいけません。これも結婚生活が破たんする大きな原因のひとつです。
結婚したらふたりは一体であり、良い時だけでなく、苦しい時も、どんな時でもふたりで一緒に問題を解決していかなければなりません。実家に頼っていてはいけません。
また聖書には、
「互に重荷を負い合いなさい」(ガラテヤ6:2)
とあります。
夫婦は一心同体ですから、喜びだけでなく、相手の悩みや苦しみも自分のものです。二人で喜びを分かち合えば二倍になり、苦しみを分かつと半分になります。
最後にもうひとつ聖書から。
「怒ることがあっても、罪を犯してはならない。憤ったままで、日が暮れるようであってはならない」(エペソ4:26)
ここで言っている「日が暮れる」とはその日が終わる、ということです。どんなに愛し合っていても、時には意見が衝突し、喧嘩することがあるでしょう。しかし、それを翌日に持ち越さない。お互いに謝り、また許し、相手を受け入れること。互いに許し合う、これがいつまでも平和で仲良く続けられる夫婦関係の秘訣です。
二人が一生、お互いを大切にし、支え合い、神様に祝福された素晴らしい結婚生活を築いていけるよう切に祈り求めます。
ご列席くださいました皆様もぜひ二人のことを覚えて祈り、支えてくだされば幸いです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

感謝の気持ちを表現する

2015.08.01日
for%20you.jpg


"Feeling gratitude and not expressing it is like wrapping a present and not giving it."
-- William Arthur Ward, Scholar
「感謝してはいるけどその気持ちを表現しないことは、プレゼントをラッピングしていながらそれを渡さないようなものだ」
-- ウィリアム・アーサー・ウォード、学者
(訳:舟田譲二)


NHKの朝の連続ドラマ『まれ』が面白くてハマっています。
希を見ていて、「一生懸命」とかその他教えられることがたくさんありますが、そのうちの一つが希の素直さで、悪いと思った時には平謝りするし、ありがたいと思うと精いっぱいその気持ちを相手に伝えるところで、とても好感が持てます。


感謝していながらその気持ちを素直に表せない人がとても多いです。とくに日本人にその傾向が強いように思われます。外国の人の場合はちょっとオーバーすぎるほど言葉だけでなく、顔の表情やジェスチャー、ハグしたりなど、全身で感謝の気持ちを相手に伝えます。


確かにいくら感謝していても、その気持ちを表現しなければ、「プレゼントをラッピングしていながらそれを渡さないようなもの」で、これでは元も子もありませんね。
私たち日本人も、希のようにもっと素直に感謝の気持ちを相手に伝えられるようになりたいものです。
それも、とくに家族など身近な人たちに。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

迷子の迷子の子犬ちゃん

2015.07.30日


昨日、FBフレンドの方がシェアしてくださった、とっても心温まる感動的な動画。
「迷子の迷子の子犬ちゃん」のストーリーかと思いきや、実はこれ、アメリカのテレビCMなのです。それもバドワイザーというビール会社の。
「スキッと爽やか」ならぬ「あと味スッキリ」CMです。


その後で、その前作を見つけました。
なるほど、こういう流れのストーリーだったのか、と納得。



しかし、それにしても感動的なストーリーの後に、会社の名前をチラッと一瞬だけ見せるスマートさ。
日本の会社もこんなふうにカッコいいCMを作ってもらいたいものです。


budweiser.jpg


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

顧客第一主義

2015.07.26日

"Never say no when a client asks for something, even if it is the moon. You can always try, and anyhow there is plenty of time afterward to explain that it was not possible."
-- Cesar Ritz, hotelier
「お客様が何かを頼んだら、決して"できません"と言ってはいけない。たとえそれが"月"であったとしても。いつでも試してみることはできるし、それに、"できませんでした"と後で説明する時間はたっぷりとあるのだから」
-- セザール・リッツ、ホテル経営者
(訳:舟田譲二)


セザール・リッツ(1850-1918)は今日の最上級ホテルの代名詞とも言えるホテル・リッツおよびザ・リッツ・カールトンというホテルの礎を築いた人です。
ザ・リッツ・カールトン・ホテルについては1年あまり前に、「人にして欲しいこと」という記事にも書きました。


セザール・リッツは16歳でホテルに見習いとして雇われましたが「ホテル従業員には向いていない」と言って首になり、その後軽食の給仕の仕事や、靴磨き、売春宿のドアマンなどの職を始め短期の季節労働の仕事をしたり、ホテルやレストランを片っ端から回って、就業を積んでいきます。
若干27歳でモンテカルロのホテルの支配人になると、1年で収益を倍にするなど敏腕を振るい、その後いくつかのホテルを買収し、46歳でホテル・リッツを始め大成功を収めました。


そのホテル王セザール・リッツが言っているのが冒頭の言葉です。
成功の秘訣は徹底した「顧客第一主義」です。
そして、この顧客を第一にしたサービスはすべての基本であり、最終目標です。
「人々にしてほしいと、あなたがたの望むことを、人々にもそのとおりにせよ」(ルカ6:31)
という聖書の教えはすべてに通じる真理です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

商売の基本とは

2015.07.22日

昨日の「小さな人助け」の記事を書いていて思ったことがありました。
つい数日前、この前の石灰沈着性腱盤炎による肩のリハビリと、最近の膝の痛みを診てもらうために近所の行きつけの整形外科医院に行ってきたのですが、ここはいつ行っても先生、そして看護師さんや受付の人たちなどの患者に接する態度に教えられます。
スタッフの方々は皆さん笑顔で、よく笑い、患者に対してもとても気さくに優しく接してくださいます。若い美人の人など一人もいず(ごめんなさい...)、みんなおば(あ)ちゃんたちなのですが、接し方を見ているだけでいつもとても癒されるのです。これも上の「小さな人助け」のひとつだな、と。


比較的最近行った内科医院は、受付の人も看護師さんたちもぶっきらぼうでサービス精神がなく、冷たい感じがしました。行くといつも癒されるどころか逆に不快な気持ちになります。
次男がまだ幼稚園から小学低学年の頃、アトピーを患っていてよく皮膚科や小児内科に連れて行ったのですが、この皮膚科の先生と助手の奥さんの態度は最悪でした。
ある時、子どもが突然尿意を催し、トイレを貸してくださいと、お願いしたところ、歩いて5分少し離れた駅構内のトイレを使ってくれと言われ、開いた口がふさがりませんでした。それ以来、他の皮膚科に変えて二度とそこには行かなくなりました。
小児科の医者もとても怖い人で、子どもにも親にもいつも説教で、私たちは叱られてばかりいました。当然のことのようにそこの受付の人も看護師の方々もみんな冷たく怖い人ばかりでした。
ほかにも、このような医者にはこれまで数多く当たってきました。


病院だけではありません。
昔よく行った地元の有名なかまぼこ店。ここはまさに殿様商売をやっていて、店長始め店員みんな客を客と思わない横柄な態度で、行くたびにとても不愉快な思いをしました。
これに対して、客にニコニコしながら優しく接してくれるスタッフのいるお店はついついこちらもひいきになってしまいます。
商売とはしょせんお客様あってのものです。医者であろうとだれであろうと、お客様に対して失礼な態度を取るなんていうことはもってのほかです。


手前味噌になりますが、アカデミーの生徒たちがみんな口をそろえて言うのは、先生たちが優しいということ。生徒たちはみんな先生が大好き。それは先生たちが生徒に甘いからではなく、生徒想いで、生徒のために一生懸命なのが生徒に伝わるからです。
ですから、毎年行う卒塾式では、先生も生徒も別れを惜しんで大泣きに泣くのです。


教育も、医療も、商売も、なんであっても基本はお客様との信頼関係。
客を軽んじ、バカにした態度を取ったり、ぞんざいに扱ったりすると客は当然去って行きます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

小さな人助け

2015.07.21日
shawn.JPG


"Great opportunities to help others seldom come, but small ones surround us every day."
-- Sally Koch, Author
「人助けをするものすごい機会なんてめったに来るものではない。しかし、小さいものなら毎日私たちを取り囲んでいる」
-- サリー・コッホ、作家
(訳:舟田譲二)


1週間ほどの短期間滞在をしていた長男の直人夫婦が、昨夜ロサンゼルスに向けて羽田を発ちました。
昨日、朝起きてきて、開口一番
「今日がもう最後の日なので、俺から提案があるんだけど。
オススメの映画があって、それを家族みんなで一緒に観に行かない?」


ということで観に行ったのが、『羊のショーン』というアニメ。
最初のうちはなんだと思って観ていたのですが、そのうちにだんだんハマっていきました。
隣に座っていた妻は、ここ1週間あまりずっと夜中から明け方近くまで仕事をしていて、しかも昨日の次男の結婚式で疲れていました。それで、羊が主人公の映画だからきっと「羊が一匹、羊が二匹」ですぐに寝てしまうよ、と言っていたら予言的中。
羊飼い(牧場主)が羊を数え始めた途端に、羊飼いと一緒にすぐに眠り始め、映画が終わるまでぐっすり眠っていました。良い休息の時が取れたようで本人は大満足でした。


この映画は子ども向けのアニメのようでありながら、実は我々大人もそのストーリーから、ある事件を通して羊飼いと羊の間の愛情を深く教えられるもので、なかなかの感動ものでした。
直人の妻の恵利紗のお気に入りの物語ということで、恵利紗は泣きながら観ていたそうです。

さて、冒頭のサリー・コッホの言葉はまことに至言。心からアーメンと唱えたいです。
このような日々の小さな人助け、それも自分の親や子ども、兄弟、友人、同僚、上司と部下、近隣の人など、毎日顔を合わす人たちこそ、まさに私たちが率先して手を差し伸べなければならない相手です。


ところがどうしたことでしょう。
私たちはとかく夫婦間や親子間など身近な人たちほど、言葉遣いや接し方でぞんざいに扱ってしまう傾向があるのではないでしょうか。
お客さんやよその人たちにいくら丁寧に接し、親切にして人々から良く思われていても、いわゆる「内弁慶」で、外の顔と内の顔が違うようでは意味ありません。
私たちの親切な言葉を一番必要としているのは、実は私たちの身近な人たちなのです。
それこそ朝起きてからから夜寝るまで、小さな親切をする、人助けをする機会など数え切れないほどあります。


昨日観た映画『羊のショーン』に登場する羊飼いと羊。羊あっての羊飼い、羊飼いあっての羊。日常生活の中でお互いに相手を必要としているのですが、それがなかなか分からない。何かがあって初めて相手の存在の大きさに気づくものです。


いま一度、私たちも日々の生活をもう一度点検してみようではありませんか。
そして、身近な人たちに優しく接し、小さな人助けを日々心がけるようにしましょう。そのようなチャンスは身の周りにいくらでも転がっています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

もう一つの成功の鍵

2015.06.09日

"Do a little more than you're paid to. Give a little more than you have to. Try a little harder than you want to. Aim a little higher than you think possible, and give a lot of thanks to God for health, family, and friends."
-- Art Linkletter
「給料を支払われている分よりももう少し仕事をしましょう。与えなければならないよりももう少し与えましょう。やりたいと思っていることよりももう少し頑張りましょう。できると思う以上、もう少し上を目指しましょう。そして、健康や家族、友人のために神様にいっぱい感謝しましょう」
-- アート・リンクレター
(訳:舟田 譲二)


アート・リンクレター (1912–2010) はカナダに生まれましたが、両親は貧しさから彼を近くの教会の入り口のところに置き去りました。この教会の牧師夫妻が彼を養子にして育て、やがて彼はラジオの、そしてテレビのパーソナリティとして大成功を収めました。


Alinkletter.jpg


リンクレターのモットーは冒頭の言葉で、それが彼に成功へ導きました。
考えてみたら、確かにこのような生き方を心がけていたら、生まれ育ちがどんなであろうと、容姿や能力がどうであろうと関係なく、だれでも人生で成功しますね。
これも成功のとても大切なルールの一つです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

持っている人、持っていない人

2015.05.23日

For whosoever hath, to him shall be given, and he shall have more abundance: but whosoever hath not, from him shall be taken away even that he hath.
(King James Version)
というのは、持っている人には与えられ、ますます豊かになるが、持っていない人からは、持っているものさえも取り上げられるだろう。
(マタイによる福音書 13:12)
(私訳:舟田 譲二)


上の欽定訳と言われる King James Version はイングランド王ジェームズ1世の命令によって翻訳された1611年刊行の聖書で、とても格調高く、今日でもこの訳を好んで用いている人たちは大勢います。
雰囲気としては、下の文語訳、あるいは文語訳の前に刊行された元訳が欽定訳にとても近いです。
それ誰(たれ)にても、有(も)てる人は與(あた)へられて愈々(ますます)豐(ゆたか)ならん。されど有たぬ人は、その有てる物をも取らるべし
(文語訳)
それ有(もて)る者ハ(は)予(あたへ)られてなほ餘(あまり)あり無有(もたぬ)者ハその有(もて)る物をも奪(とら)るる也(なり)
(元訳)


さて、この言葉が言わんとしているのは、「誰でも、たとえどんなことでも、持っている人はそれがますます与えられるけど、持っていない人からは持っているものまでも取られてしまう」という、今日の考え方からすると一見不公平に思えるようなことです。
でもこれは事実です。


もっとわかりやすい身近な例を挙げると、たとえば:
頭のいい人は勉強するのでますます頭が良くなるが、勉強しない人はますます勉強ができなくなる
運動する人はますます運動能力が高められるが、しない人はどんどん運動できなくなる
毎日歩いて(ジョギングして)いる人は面白くなってますます歩く(ジョギングする)が、しない人はできなくなる
本を読む人はますます読むので、本から学び成長するが、読まない人はますます読めなくなり成長しなくなる
絵を描く(字を書く)のが好きな人はたくさん描く(書く)のでますます絵(字)がうまくなるが、描かない(書かない)人はますます描かなく(書かなく)なり下手になる
音楽が好きな人は楽器を演奏したり、歌を歌ったりするのでますますうまくなるが、そうでない人はまったくできなくなる
健康な人は食事・運動・休息などバランスのとれた健康法に気をつけるのでますます健康になるが、そうでない人は健康に留意しないのでますます不健康になる
金持ちはお金の価値を知っていて正しく管理し、うまく活用・運用するが、そうでない人はますます貧しくなる
美しい人は美容に気をつけるのでますます美しくなるが、そうでない人はますます◯◯(ごめんなさい)になる
仲のいい人たちは関係を大切にするのでますます仲良くなるが、仲たがいしている人はますます仲が悪くなる(愛情も憎しみも倍加される)
人と交わるのが好きな人は社交の場にどんどん出ていくのでますます社交的になるが、そうでない人はますます非社交的になりやがて友人がいなくなる


等々、いくらでも挙げることができます。
ちょっと厳しいようですが、これは公平、不公平の問題ではなく、私たちの選択という意志の問題です。
自分の将来を考えて、良い方に時間や労力や財を投資するならそれはますます豊かになって戻ってきますが、それをしなければ当然のことながらますます乏しくなり、それこそ持っているものまで取り上げられ、なくなってしまいます。
ですから古今東西、偉人と呼ばれる人たちはみんな口をそろえて目標の設定とその実行の大切さを訴えているのです。


あなたはどちらを望みますか?
望むことに対してどのような行動を起こしますか?


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

呼吸の無駄遣い

2015.04.30日
breath.JPG


"As you waste your breath complaining about life, someone out there is breathing their last. Appreciate what you have."
「あなたが人生について不平を言いながら呼吸を無駄にしている時、すぐそこにいるだれかが最期の呼吸をしています。自分の持っているものを感謝しましょう」


私たちは日々の生活の中でなんと不平や不満を口にすることが多いことでしょう。
生かされている大切な命の息をこんなことに無駄遣いしている間に、かたや息を引き取っていっている人がすぐそばにいるのです。


順天堂大学医学部教授の小林弘幸氏は、その著『超一流の人の「健康」の極意』の中で、百円貯金を勧めておられます。
「人の悪口や不平不満を言ったらそのたびに貯金箱に1回につき100円ずつ入れていく。そうすると、1日に何回自分が不平不満を言ったか、誰かのせいにしたかが、はっきり目に見えて分かります。すると、人というものは面白いもので、自然と、どんどんそういうことを言わない意識のほうが強くなっていくのです。
(中略)
スーパー外科医たちもそうですが、超一流の人たちを見ていると、本当に人の悪口や愚痴を言いません。そんな暇があったら勉強する。前へ進む。だから彼らは、時間のコントロールにおいても、超一流なのです」(上掲書p.56-57)


与えられている大切な命を感謝し、呼吸を無駄遣いせず、もっと意義あることに使いましょう。
最期の息をしている人のためにも。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

離婚しない理由

2015.04.17日

"You may have a 100 good reasons to get divorced.
But all you need is find just one simple reason to stay married and make yourself and your family happy."

--Author unknown
「離婚するのに100のもっともな理由があるかもしれない。
しかし、あなたに必要なのは、結婚生活を続け、自分自身をそして家族を幸せにするたった一つの単純な理由を見つけることだ」

--作者不詳
(訳: 舟田 譲二)


結婚というものは、するまではワクワクして希望と喜びに満ちているけれども、いざ結婚して現実を見るとそんなに甘いものではないということがわかる。
なぜなら、たとえどんなに愛し合っていても、相手がどれほど素晴らしい伴侶であっても、自分自身が欠けだらけのものであるから。
さらに、お互い全く異なる環境の下で生まれ育ってきたので、考え方や価値観など同じということはあり得ない。
そこで、一つ屋根の下で暮らす結婚生活の中では、意見が衝突したり、気持ちがすれ違ったり、相手のことを不快に感じたりすることがあるものです。
人間はそもそも自己中心ですからこのようなことが、しばしばでなくてもたまに起こることはごく当然のことです。


size_605_a0002_006977.jpg


そして、離婚という選択肢が頭の中をよぎることも時にはあるかもしれません。いや、冒頭の言葉のように離婚する理由が100も見つかるかもしれません。
最近はあまりにも簡単に離婚する人が増えてきていて、その結果当人も、そしてさらに子どもや親までも巻き込んでみんなが不幸になるというケースもしばしばです。


このようなとき、大切なのはそのときの感情に流されずに、たった一つの理由を探すことです。結婚生活を続ける理由を。


多くの場合、問題の原因を伴侶や子ども、親に、あるいは仕事に、など周りに見出そうとします。
しかし、これでは問題は解決しないばかりかかえって複雑にし、みんなを Lose(敗者)にするか、あるいは Win - Lose(勝者−敗者)としてしまいます。


でも気をつけてよくみると、必ず Win - Win 、みんなが勝者になる道があるものです。


そしてこれは結婚に限ったことではなく、全ての人間関係や、仕事、学生であれば勉学などにも通じることなのです。


ちなみに、今日の名言は「作者不詳」と冒頭に書きましたが、実は誰あろう私の名言(迷言?)でした。
常々考えていることを文章にしてみました。
たった一人の人のお役に立てればと願って。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

夫婦円満の秘訣 その3

2015.03.30日
c0221557_23482385.jpg


以前、「夫婦円満の秘訣」「夫婦円満の秘訣 その2」という記事を書きました。
今日は、マイボイスコムが3月13日から15日までの期間に行った「夫婦」に関するアンケート調査をもとに「夫婦円満の秘訣 その3」をお届けします。


調査の結果、「夫婦円満のためにしていること」について挙げられたのは「できるだけ会話をする」ことでした。
これについては「コミュニケーション」という記事の中で夫婦間のコミュニケーションの大切さを述べました。
夫側からは「家事を分担する」という回答があったということで、これも上の「夫婦円満の秘訣 その2」の中に書きました。


しかし、夫の立場である私の視点から気づかなかったことは、やはり妻が何を大切にしているかという点です。
妻側からは「ひとりの時間を大切にする」「友人との時間や趣味を楽しむことを尊重する」「夫とほどよい距離をとるようにする」などといった回答が挙がったそうです。これを知って、「へぇー、そうだったんだ」と初めて知りました。


「配偶者の気になること」という質問に対して夫の最多回答は「特にない」。夫は一般的に言うとこういうことについては割とうといのです。
これに対して、妻の回答では、「頑固なところ」「加齢臭を感じた」が多く、さらに、「家事をしない、手伝わない」「いびきや寝相が悪い」「日々の感謝を口にしない」といった声もあったという点です。
これは「なるほど」という感じです。
加齢臭(カレーの臭いではない!)に関しては、40歳を過ぎれば男性だけではなく女性にも必ずあるので、お互いに相手を不快にさせないためにも、風呂に入って体を清潔に保つ、衣類は「着たきりスズメ」にならないよう頻繁に着がえるなど基本的なことに加え、規則正しい生活リズムやバランスの取れた食事、酒・たばこを控える、運動する、防臭・制汗剤の使用などでかなり抑えることができます。
また、夫は頑固を改め、もっと家事を手伝えばいいのです。
これだけでうんと夫婦円満に近づけます。


「夫婦円満のために必要だと思うができていないこと」を聞くと、夫、妻ともに「日々感謝を伝えること」という回答。
ところが、感謝を伝えていると思っている夫は50.5%、妻は66.0%。一方、相手から伝えられていると感じている夫は43.3%、妻は51.0%でした。夫、妻ともに「伝えている」より「伝えられている」と感じている方が少なかったというのは、人は自分の欠けにはあまり気づかないけれども、相手の欠けにはよく気づくということを表しています。
いずれにせよお互いに感謝の心を持ち、それを言葉や態度で表すことが大切で、決して当たり前とは思わないことです(「『ありがとう』と『サンキュー』の反対語」)。


一番大切だと思ったのは次の点です。
「円満度が高い」と答えた夫婦ほど、「配偶者からの褒められ率」が、高かったということです。
また、「うるおいのある毎日を送っているか」という質問でも、円満度が高い夫婦や褒められ率が高い人ほど、「うるおいを感じている」と回答したということで、親子の間でも夫婦の間でもいかに相手を褒めることが大切かということを如実に表しています。
ただし、褒めすぎには要注意です(「褒めて、褒めて、褒めまくれ?」)。


そして、夫よりも妻の方が多く「うるおいのある毎日を送っている」と答えた割合が多く、「おいしいもの」「友だちとの外出」「おしゃれ」など、自分の時間を楽しむことでうるおいを手に入れる“うるおい妻”が多いということで、一般的に夫は不器用で、妻の方が自分の生活を楽しむのが上手という姿が見えました。


結論として、褒め言葉や感謝の言葉を配偶者と贈り合い、自分の時間を楽しむことこそが、夫婦円満で、より生活をうるおわせる秘訣のようだと締めくくっていました。
「なるほど、確かに」と納得するとともに、夫たるもの(私も含めて)は妻をもっと褒め、同時に妻に倣って自分の時間を楽しむことがひいては夫婦円満で、うるおいある生活を楽しむことにつながるのだ、と教えられ大いに納得した次第です。
同じ生きていくなら夫婦円満の方がいいに決まっています。その方がお互いに幸せですし、健康長寿にもつながります。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

「ありがとう」と「サンキュー」の反対語

2015.02.02日

昨日の記事「ありがとう」は後藤健二さんの尊い犠牲の死を悼んで書いたものですが、大きな反響がありました。
私自身、昨日は何度も繰り返しその動画を見てそのつど感動の涙を流しました。寝る前にもう一度見てやはり悔し涙とも感謝の涙ともつかない涙を流し、ご遺族の方々を始め、関わっておられた教会の方やお友達、学校の教え子など関係者の方々の上に神様のお慰めと癒し、平安をお祈りしました。


「ありがとう」と普段、何気なく使っている言葉にこれほどの重みがあるのかと改めて思わされました。
日本語の「ありがとう」はもっとも美しい言葉の一つだとよく言われますが、本当にそう思います。
この「ありがとう」に相当する英語の言葉と言えば当然だれもが知っている「サンキュー」です。
正確には "I thank you." と言い、「私はあなたに感謝します」という意味です。
そこで、この反対を英語で言うとどうなるのかと考えてみたところ、当然のことながら
"I don't thank you." または "I can't thank you." となります。
これは、「私はあなたに感謝しません」「私はあなたに感謝できません」のような意味で、言い換えると日本語の「当たり前」と同じになります。これは面白いと思いました。
日本語の「ありがとう」は「有り難い」からめったにないこと、珍しいこと。英語の "Thank you." は「感謝します」で、もともとの意味は全然違うのに、反対の意味になると同じ「当たり前」になるということなのです。


つまり、昨日の動画にあったように、普段私たちが「当たり前」と思っていることは、実は決して当たり前のことではなく、背後には数えきれないほどの犠牲や、祈りや、愛の行為があるということです。
その中でももっとも大きいのは、これはもう神様の大きなご愛、憐み、慈しみで、これ以外にはありえません。
改めて今回、後藤健二さんが流された尊い犠牲の血に、そして神様のご愛、イエスさまが私たちのために流してくださいました尊い血潮に心より感謝した次第です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

会うは別れの始め

2015.01.20日

これまで何度もこのブログに登場したNHKの朝ドラ『マッサン』。
先週のトピックは「会うは別れの始め」で、昨日からは「人間到る処青山有り」。
「墳墓の地はどこにでもあるから、人は故郷を出て大いに活動すべきであるという意」という意味です。
いよいよマッサン一家は、本場スコットランドのようなうまいウイスキーを造るという夢の実現のために北海道に向けて出発することになりました。
しかし、その前にこれまでお世話になった大阪の近所の人たちにお別れ会をしてもらいます。
それが昨日のシーンでした。



エリーの一番の理解者であり友人のキャサリンが言います。
「やっぱりやめた方がええん違う?
エリーはなんも知らんのや。
北海道のウインターはな、吐く息がアイスになるらしいで。鼻水垂らしたら、つららになって、息もできんでジ・エンドや。
いやいやいや、北海道はな、人の数よりも熊の数の方が多いんや。
歩いとったら大きな大きなビッグベアーが出てきて、グワ〜!
それにな、それに、それに…
そんな遠いとこまで行ったらもう会われへんやん。
ウイスキーなんか、どこでも造れる。大阪おったらええ。
エリーに会われへんようになるのさみしい。
マッサンどうでもええけど。
なあ、エリーらだけ大阪に残ったらあかんの?



(蛍の光のメロディとともに)
エリー「みんな、おおきに。ほんまにありがとうございます。
私、大阪大好き。
みんなと別れる、とってもとってもさみしいです。たくさん悲しい。
だけど私たちの夢をかなえるために、家族三人で北海道へ行きます。
力合わせて、何があっても頑張ります。
オー、皆さんのこと、ずーっとずーっと忘れません。
長い間、ホントにお世話になりました」



会うは別れの始め。
夫婦であろうと親子、兄弟姉妹、親族、親しい友人、師弟等々すべての人間関係にはやがて必ず別れの時がきます。
辛くて、悲しい別れ。
今、こうしてこの記事を書きながら、昨日の上のシーンがよみがえってきて目に涙が浮かんできます。キャサリンの言葉も去ることながら、「蛍の光」に乗せたエリーの言葉には胸が詰まります。


しかし、地上における別れが最終の永遠の別れじゃないのです。
「会うは別れの始め」とよく言いますが、信仰を持つ者にとっては、
「別れは再会の始め」
なのです。
ドラマ中のエリーのモデルになったリタは64歳で召天しますが、最期を看取った夫のマッサンはその後18年生き、臨終の床で愛するリタの元に行きたいと言って病床洗礼を受けるのです。(『百万人の福音』1月号 p.10)
なんて感動的なんでしょう。
愛する人たちとの別れもやがて天国での再会があるという希望があれば、一時的な別れでありそんなに打ちのめされるほどの悲しみではなく、また自分の死も恐れるものでなくなります。
信仰は単なる気休めや、弱い人がすがるものでもなく、人の人生そのものを根底から変える生きる力です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

利他の心

2015.01.05日

1959年、27歳で京都セラミツクを創業した稲盛和夫さん(京セラ名誉会長)は、ご自分の会社を京都一に、日本一、世界一にしようと、強い願望を持って始められました。絶縁材料の研究開発という狭い分野。持っている技術はたいしたものではなかったけれども、誰にも負けないほど努力したそうです。
稲盛氏は次のように語っています。


 日本人特有の勤勉さや、努力、丁寧なものづくりという資質はすたれていない。慈愛に満ちた思いやりの心は、一番の宝だ。東日本大震災時にも略奪などが起こらなかった。人の困っているところにつけ込んで、自分が得をしようとは思わない。経済が強い、軍事力が強いということよりも、そうした美徳という点で世界が尊敬してくれる。
 日本人が持っているおもてなしの精神を、サービス産業ではもっと発揮すべきだ。作られた笑顔ではなく、心からのおもてなしの気持ち。お客様が思っていることを気持ちよくしてあげることが一番大事になる。
 経営が厳しい地方の中小企業でも、創意工夫がカギになる。現在のビジネスをこのまま続けていて良いのか。通りいっぺんのやり方で、なかなか利益が出ないと嘆いていてもうまくいかない。どうやったら利益が出るか、考えて工夫しないといけない。
 私がもしラーメン屋なら、おいしいラーメンを作るため常に工夫し、努力をする。「ラーメンとはこんなものですよ」というのではなく、よそのラーメンを食べ、その味を出そうとすれば、もっと良いものができる。
 会社を起業するのが難しい時代という見方があるが、そんなことはない。良いアイデアや具体的な計画があれば、支援するところはいくらでもある。
 自らの利益をただ追求するのではなく、自分以外の周囲の人たちが豊かになるように考える「利他の心」が大事だと思う。今も、中堅・中小企業の経営を助ける活動をボランティアでしているが、利他をベースに経営している会社は非常に順調にいっている。
 世界で貧富の格差が問題になっている。ますます、思いやりや礼儀正しさといった日本人が持つ良さが称賛される時代が来ると思っている。

(1月4日付 読売新聞1面〜2面 一部抜粋)


まことにそのとおりだと思います。
NHK朝ドラの『マッサン』が思っていた以上にすごい人気です。このブログでもこれまで何度か取り上げました(「マッサン」「マッサン Part2」「やってみなはれ」)。
この番組の人気の秘訣のひとつは、その昔、大正時代から昭和時代にかけて日常生活の中でごく当たり前に見られたおもてなしの心、作った料理を近所におすそ分けしたり、そのお返しをしたり、お互いにいたわり合い、助け合うといった下町の人々の人情に心惹かれるからではないでしょうか。
これこそ、『マッサン』に登場するでき過ぎ妻、エリーのモデルとなったリタじゃないですが、まさに「利他精神」です。


rita.jpg


リタさんは生涯マッサンの夢をかなえるために尽くし、日本人以上に日本人らしい嫁と呼ばれ、マッサンもその妻の心に応えてリタの最期を看取るのです。
リタじゃなく「利他」の心、これこそ今の日本に求められている、そして世界のお手本ともなるべき大切な「お・も・て・な・し」の精神ではないでしょうか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

感謝の心 Part3

2014.12.21日

「感謝の心」「感謝の心 2」という記事を以前、と言ってもずいぶん前になりますが書きました。また、「感謝」という言葉をブログページ左上コーナーの「エントリー検索」に入力してみると200以上ヒットしました。(めんどくさくなって途中で数えるのをやめましたが)
「感謝」は、人生を豊かに生きるための大切なキーワードです。


6年以上にわたってこのブログをほぼ毎日書いてくることができたことも感謝です。
ここ数年体調を崩していて、ブログの過去ログを見てみるとキッズクラブのクリスマス会では11年〜去年まで3年間メッセージもできない状態でした。
一時期は一日中寝ていたりして、自分の命はもうそんなに長くないのではないだろうか、なんて弱気になっていたこともあったのですが、信仰の力と背後で祈ってくださっている多くの方々のサポートによってここまで強められました。
調子が良くなり始めたのはほんの数か月前からのことですが、まるで嘘のようです。
一昨日のクリスマス会では、その準備に始まりメッセージから後片づけまで、全部きっちりやり遂げることができました。
感謝なことです。


この間、食事療法やウォーキング、スイミングなどの運動療法、サプリメントなど良いと思われることは何でもやってきました。
これらすべてがきっと相乗効果を上げたのでしょう。
何事も一生懸命やる私の性分で、ウォーキングはほぼ毎日1時間から2時間、スイミングは最近は50分で1km以上泳げるまで体力もついてきました。
体組成計によると、体脂肪も内臓脂肪も過去最低レベル、体内年齢は39歳、血圧は上が93、下が53で正常値をさらに下回る至適血圧と、もう言うことなし。
感謝、感謝。


この数年間、父や義母、何人かの親しい友人の死や辛いこと、悲しいこと、苦しいことなど、試練もたくさんありました。
でも、常に感謝の心を失わないよう努めてきました。
人間だれでも人生のネガティブな面を見ると、次から次へとマイナス面ばかり見えてきて、ついつい「神様なぜですか?」と言いたくなったりするものです。
でも、このようなときにもプラス面に目をやって、感謝できることを探し始めると数えきれないほど感謝なことが見えるようになってきます。
病気したことにも感謝、苦しかったことにも感謝、辛かったことや悲しかったことにも感謝。これらがなければ今日の私はありません。
このように感謝していると、ますます心身魂ともに強められ、感謝なことがさらに増えてきます。
今日はこれから教会でクリスマス礼拝。
今年もここまで守られてきたことに感謝します。
「数えてみよ、主の恵み」と、感謝できることを毎日の生活の中で数え上げましょう。幸せになれること間違いなしです。


「いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである」
(テサロニケ人への第一の手紙 5:16-18)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

心温まるクリスマスストーリー

2014.12.17日


とても温かいクリスマスストーリーです。
とくに最後のシーンで出てくる言葉、
"Give someone the Christmas they've been dreaming of."
「あなたが大切にしている人がずっと夢見ているクリスマスをプレゼントしてあげましょう」
(訳: 舟田譲二)
には心がジーンとなります。


クリスマスを1週間後に控えたこの時季、あちらこちらの家やデパートなどにツリーやイルミネーション、リースが飾りつけられています。とってもきれいで心温まります。
でも、日本ではともすれば上のような飾りつけとサンタクロース、プレゼントとケーキだけで、クリスマスの意味も目的も何も考えられないまま終わってしまいがちです。


クリスマスの主人公は、もちろんサンタクロースではありません。
「クリスマス」とは、もともと「くりす」=キリスト、「マス」(ミサ)=祭り、から来ていて、いわば「キリスト祭り」のことで、イエス・キリストの誕生日を祝うものです。
世界広しといえども、世界中の人々に誕生日を祝ってもらっているのは、イエスさまだけでしょう。
もちろん他宗教の人でクリスマスを祝わない人はいくらでもいます。しかし、今日世界のほとんどの国で使われている西暦も、ただ単に文字どおりの西洋の暦ではなく、イエス・キリストの誕生日を0年として始まっていて、世界の歴史がキリストの誕生で真っ二つに分けられているのです。
これはすごいことですよね。


なぜキリストの誕生日が大切なもので、このように世界中で祝われているのか。
それは神様が私たち人間を愛していてくださっていることを表すために、イエス・キリストをこの世にお送りくださったからです。
「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである」
(ヨハネによる福音書 3:16)
と聖書に書いてあるとおりです。


イエス・キリストについては「イエス・キリストの奇跡とは」に詳しく書いています。
このことは、一般の日本人の方には、というか私もかつてはそうだったのですが、理解するのが非常に難しいのですが、昨日観てきた映画『神は死んだのか?』の中で、本当に見事なまでに描写されていました。


さて、我がアカデミー学院でも明後日の金曜日は、キッズクラブ(小学生)のクリスマス会です。
生徒たちがとても楽しみにしていますが、彼らの期待に十分に添える、冒頭の動画のような楽しい、温かいクリスマス会にしたいと思って準備しています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


死が別つまで Part5

2014.12.05日

"What can you say about a twenty-five-year-old girl who died? That she was beautiful and brilliant? That she loved Mozart and Bach? The Beatles? And me?"
「25歳で逝ってしまった女の子のことにどんな言葉があるだろうか?彼女は美しくて、頭がきれた。
彼女はモーツァルトとバッハ、ビートルズが大好きだった。そして、ぼくのことが...」


Oliver:     Hey what makes you so sure I went to prep school?
オリバー:   ねえ、なんでぼくが私立の進学校に行ったって思うの?
Jennifer:    You look stupid and rich.
ジェニファー: おバカで金持ちに見えるからよ。
Oliver:     Actually I'm smart and poor.
オリバー:   残念でした。ぼくは頭が良くて貧乏だよ。
Jennifer:    Uh-uh, I'm smart and poor.
ジェニファー: そう? 頭が良くて貧乏なのは私の方よ。
Oliver:     What makes you so smart?
オリバー:   なんで君がそんなに頭がいいって言えるの?
Jennifer:    I wouldn't go for coffee with you.
ジェニファー: あなたに誘われてもお茶なんか行かないもの。
Oliver:     Yeah well I wouldn't ask you.
オリバー:   君を誘おうなんて思っていないよ。
Jennifer:    Well, that's what makes you stupid.
ジェニファー: だから、おバカだって言うのよ。


Oliver:     Jenny, I-I'm sorry.
オリバー:   ジェニー、あー…ごめん…
Jennifer:    Don't. Love means never having to say you're sorry.
ジェニファー: だめ。愛というのは絶対にごめんなんて言わないの。

(訳: 舟田譲二)


love-story.jpg


私が大学生の時に観たこの"Love Story" 『ある愛の詩(うた)』(1970年作)。
感動して、涙を流し、何度も観に行きました。
そして、その後もビデオで繰り返し繰り返し観ました。というのは、成人英会話中級クラスでこのビデオを教材として使っていたからです。
ですから、上の名セリフなどはもう頭に焼きついていますし、テーマミュージックやジェニファーが演奏していたバッハのチェンバロの曲なども甦ってきます。
でも、今こうして改めて上の会話を見ると、また胸キュンになります。
自分もこんな燃えるような命がけの恋をしてみたい、なんて学生時代思ったものです。
そして、実際いくつかの恋愛を経験しました。でもそのいずれも結婚には至りませんでした。
だからこそ今の私があるのですが。


この頃の親友だったKくんなど、この映画の主人公たちと、ジェニファーと同じく白血病を患っていた彼女と自分とをダブらせて、自分は彼女を看取ると断言していたのですが、別れてその後別の女性と結婚しました。まあ、若い頃はそれでいいのです。


上の名セリフ中の名セリフと言われている
Love means never having to say you're sorry.
は、字幕では「愛とは決っして後悔しないこと」
と訳され、これがまたもの大ヒットしたのですが、私は会話の流れから敢えて、
「愛というのは絶対にごめんなんて言わないの」
と訳しました。


この二人、映画の中では文字どおり「死が別つまで」愛を貫き通しました。
その姿に、そして美しい映像や音楽に酔いしれて、私を含む多くの人が感動で涙したものです。
でも本当は、映画に感動して涙するだけでなく、自分たちの人生を通して他人事でなく、、この「死が別つまで」を実際にそのまま実演し、自分たち自身の本物の涙を流したいものです。


下の画像はライアン・オニールとアリ・マックグローの2年前、映画撮影から42年後の写真(現在はそれぞれ73歳と75歳)。
二人ともあんまり変わってない。若いっ!


Ryan_ONeal_Ali_MacGraw_Paramount_100th_Anniversary_2012.jpg


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

死が別つまで Part4

2014.12.04日
fuufu.jpg


元言語学者の観点から、いくつかの夫婦間の呼び名の語源をちょっと探ってみました。


「かみさん」
これは元々、上の人に対するうやうやしい呼び方で、「お上」から来ている。それにさらに「さん」(元は様)をつけているので、ものすごく偉いお方という畏れ多いお方に対する呼び方。
また、「おお、神様」が語源だという説もある。
「家内」
一見、家の内にいる人というふうに見えるが、実はこれは妻を怖れる夫が他人に対して、「うちのおっかない(恐ろしい)お方」と言ったところから始まっている。
「妻」
爪楊枝という言葉があるが、いつも妻に用事を言いつけられている夫が、用事を飛ばして「爪」と言ったのが妻に変化した。
「女房」
「房」とは元々部屋の意味で、妻に部屋を占拠されて追い出された夫が小さくなって、妻のことを女房と呼んだ。
「旦那」
元の意味は「布施、施し」で、そこから妻に施しをして仕える人という意味になった。
「主人」
主人というと家の主(あるじ)のように見えるが、元は音の似ている囚人から来ていて、妻の言いなりになっている人を指す。
「亭主」
これはひところよく流行った「亭主元気で留守がいい」のCMに表れているように、家にいないことを望む妻が言い始めた呼び名。
「ハズ」
結婚してから、「こんなはずじゃなかった」と言った妻の言葉が語源。
「夫」
オットセイがいつも「オエーッ、オエーッ!」と鳴いている様子が夫と似ているからついた。


というのはもちろんぜーんぶ冗談。
ごめんなさいね、世の奥様方。
えっ、こんなの舟田先生らしくない、ですって?
いや、話はこれからです。すべてのことには原因があります。
冒頭に挙げたような、男尊女卑ならぬ「女尊男卑」が始まった元をたどってみます。これは冗談ではなく、大真面目な話です。


皆さんご存じの聖書の中のエデンの園の物語。
神様がアダムをお造りになった時、彼は自分にふさわしいパートナーが見つかりませんでした。
そこで神様は、
「人がひとりでいるのは良くない。彼のために彼にふさわしい助け手を造ろう」
と言って、エバを造ってアダムのところに連れてこられました。
深い眠りから目覚めたアダムはエバを見て、
「これこそ、私の骨からの骨、私の肉からの肉」
と言って一目惚れし、二人は結婚しました。


ところがその後、蛇の形をとったサタンがエデンの園にやって来て、アダムとエバをそそのかして神の言いつけに背かせようとします。
そのサタンの誘惑に最初に負けたのはエバで、彼女は神に禁じられていた木の実を取って食べ、それを夫のアダムにも与えたのでアダムも食べてしまいました。


しばらくすると、神様がやって来られてアダムに仰せられました。
「食べてはならないと命じておいた木から食べたのか」
アダムは答えました。
「あなたが私のそばに置かれたこのおんなが、あの木から取って私にくれたので私は食べたのです」
神はエバに仰せられました。
「あなたはいったいなんということをしたのか」
エバは答えました。
「蛇が私を惑わしたのです。それで私は食べたのです」


これが人間が最初に犯した罪です。
聖書の中で語られる罪とは、人を殺すとか、物を盗むとかいう犯罪ではなく、神に対して逆らう心で、さらにアダムとエバの間に見られるようなお互いに責任を相手のせいにするような自己中心の罪です。


この後、神はアダムとエバに罰をお与えになります。
「わたしはあなたのみごもりの苦しみを大いに増す。あなたは苦しんで子を産まなければならない。
しかも、あなたは夫を恋い慕うが、彼はあなたを支配することになる」
(創世記3章)


ちょっと前置きが長くなりましたが、夫婦の問題の根源のほとんどはここにあります。
すなわち妻は夫をコントロールしようとする(上の「恋い慕う」という言葉の原義は、その後の4:7の「罪があなたを恋い慕っている」と同じで「支配しようとする」という意味)が、夫はそれが気に食わなくて力ずくで妻を支配しようとする、ということです。
先日も、テレビを見ていたら、家具や電化製品、車やその他さまざまなものを買う時の決定権の8〜9割は妻にあるとのこと。これは世界的にもほぼ共通していることで、エバ以来女性の遺伝子の中に受け継がれてきているようです。
夫は妻が自分を支配しようとしているのを感じると、だんまりを決め込むか、面白くないと言葉で売られた喧嘩を買ったり、あるいは力ずくでねじ伏せようとしてますます関係が悪化するのです。これを男性神経症と言います。


新約聖書を見ると、「夫は妻を、キリストが教会を愛したように愛しなさい」とありますが、これはキリストが教会、すなわち私たちのために命をかけて愛してくださったように愛しなさいということです。
そして、妻に対しては「キリストに仕えるように夫に仕えなさい」と言っています。
つまり、夫婦は何か問題を解決しようとする時、あるいは何か決めようとする時、ふたりとも1票ずつの投票権があるのですが、最終的には夫にもう1票の投票権があり、夫が決めるのです。その時、妻は夫に従うのが聖書的な良好な夫婦関係です。その代り、夫は自分の決定したことに対して責任を持たなければなりません。命がけで。
また、妻も夫の選択が間違っていたからといって、後で「ほら、だから言ったでしょ! やっぱり私の言ったとおりじゃないの!」などと言ってはいけないのです。
これが、人生のマニュアル本と言われる聖書が教える、死が別つまで夫婦円満に過ごす秘訣です。
これから結婚しようとする人も、またすでに結婚している人も、ぜひこの夫婦間のルールを実践してみてください。神様の祝福は折り紙つきです。そして、私もハンスの祈りの手で陰ながらお祈りしています。


nakayosifuufu.jpg


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

祈りの手

2014.12.03日

「祈りの手」という有名な絵がありますが、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。


prayinghands.jpg


いまから500年ほど前、ドイツのニュールンベルグの町にデューラーとハンスという若者がいました。
2人とも子だくさんの貧しい家に生まれ、小さい時から画家になりたいという夢を持っていました。 


2人は版画を彫る親方の元で見習いとして働いていましたが、毎日忙しいだけで絵の勉強ができません。
思いきってそこをやめて絵の勉強に専念したいと思いましたが、絵の具やキャンバスを買うお金もままならないほど貧しく、働かずに勉強できるほど余裕はありませんでした。
ある時、ハンスがデューラーに1つのことを提案しました。
「このままでは2人とも画家になる夢を捨てなくてはいけない。
でも、僕にいい考えがある。
2人が一緒に勉強はできないので、1人ずつ交代で勉強しよう。1人が働いてもう1人のためにお金を稼いで助けるんだ。そして1人の勉強が終わったら今度は、別の1人が勉強できるから、もう1人は働いてそれを助けるのだ」

 

どちらが先に勉強するのか、2人は譲り合いました。
「デューラー、君が先に勉強してほしい。君の方が僕より絵がうまいから、きっと早く勉強が済むと思う」

 

ハンスの言葉に感謝してデューラーはイタリアのベネチアへ絵の勉強に行きました。
ハンスはお金がたくさん稼げる鉄工所に勤めることになりました。


デューラーは「1日でも早く勉強を終えてハンスと代わりたい」と、ハンスのことを思い寝る時間も惜しんで絵の勉強をしました。
一方残ったハンスはデューラーのために早朝から深夜まで重いハンマーを振り上げ、今にも倒れそうになるまで働きお金を送りました。


1年、2年と年月は過ぎていきましたがデューラーの勉強は終わりません。
勉強すればするほど深く勉強したくなるからです。
ハンスは「自分がよいと思うまでしっかり勉強するように」と手紙を書き、デューラーにお金を送り続けました。


数年後ようやくデューラーはベネチアでも高い評判を受けるようになったので、故郷に戻ることにしました。
「よし今度はハンスの番だ」と急いでデューラーはニュールンベルクの町へ帰りました。
2人は再会を手を取り合って喜びました。


ところがデューラーはハンスの手を握りしめたまま呆然としました。
そして、泣きました。
なんとハンスの両手は長い間の力仕事でごつごつになり、絵筆がもてない手に変わってしまっていたのでした。
「僕のためにこんな手になってしまって」と言って、デューラーはただ頭を垂れるばかりでした。
自分の成功が友達の犠牲の上に成り立っていた。
彼の夢を奪い、僕の夢がかなった。
その罪悪感に襲われる日々を過ごしていたデューラーは、「何か僕に出来ることはないだろうか。少しでも彼に償いをしたい」
という気持ちになり、もう一度ハンスの家を訪ねました。


ドアを小さくノックしましたが、応答はありません。でも、確かに人がいる気配がします。
小さな声も部屋の中から聞こえきます。
デューラーは恐る恐るドアを開け、部屋に入りました。
するとハンスが静かに祈りを捧げている姿が目に入りました。
ハンスは歪んでしまった手を合わせ、一心に祈っていたのです。
「デューラーは私のことで傷つき、苦しんでいます。自分を責めています。神様、どうかデューラーがこれ以上苦しむことがありませんように。そして、私が果たせなかった夢も、彼がかなえてくれますように。あなたのお守りと祝福が、いつもデューラーと共にありますように」


デューラーはその言葉を聞いて心打たれました。
デューラーの成功を妬み恨んでいるに違いないと思っていたハンスが、妬み恨むどころか、自分のことより、デューラーのことを一生懸命祈ってくれていたのです。
ハンスの祈りを静かに聞いていたデューラーは、祈りが終わった後、彼に懇願しました。
「お願いだ。君の手を描かせてくれ。君のこの手で僕は生かされたんだ。君のこの手の祈りで僕は生かされているんだ!」


こうして、1508年、友情と感謝の心がこもった「祈りの手」が生まれました。

(「いのりの手」 学校図書出版 かがやけみらい どうとく4年より)


一昨日、FBフレンドを通して知ったこの感動的な物語、デューラーの「祈りの手」は昔から知っていましたが、その背後にこんなエピソードがあるとは知りませんでした。
読んでいて胸が熱くなりました。
小学4年生の道徳の教科書に載っていて、その主眼は「互いに思いやり、信頼し合う友情を育む」といういかにも道徳的な感じがします。それはそれでいいと私も思います。とくに公立の学校で祈るとかいうことを取り上げることはできないので当然のことでしょう。
でも、私はクリスチャンの立場から、やはり「祈り」そのものに心が釘付けにされました。


そして、昨日、朝のデボーションの前に、妻にこの「祈りの手」の絵を見せたところ、知っていると言うのでこの物語を読んで聞かせてあげました。
ところが読んでいる途中、何度も何度も胸がいっぱいになって、涙があふれてきて読み続けることができなくなるほどでした。


ハンスはその友、デューラーのために自らの人生を捧げました。陰で祈りながら。
そして、デューラーもハンスの祈りの手の絵を描いて後世に残し、ハンスの祈りに対する感謝の気持ちを表しました。
この友情には本当に胸を打たれます。泣かされます。
私も友のために、これまでお世話になってきた人たちのために、祈りの手を合わせてもっともっと祈らなければと示されました。


しかし、イエス・キリストは私たちの罪のために祈るのみならず、身代わりとなってご自分の命を捧げて私たちの罪の償いをしてくださいました。
「人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない」
(ヨハネによる福音書15:13)
ああ、主よ、あなたの大きなご愛を心より感謝いたします。あなたのご愛にこの小さき者も少しでも応えていくことができますように。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

死が別つまで Part3

2014.11.27日

『幸福♡脳』をつくれば 恋も仕事もうまくいく −心を病んでいませんか−』(医学博士・神津健一著 予防医学・代替医療振興協会発行)に面白いことが書かれていました。
ちょうど、昨日まで続けていた「死が別つまで」のシリーズに関連しているので、グッドタイミングと思いシェアさせていただくことにしました。


koufukunou.jpg


第5章
恋愛脳・結婚脳・離婚脳・「SEX」脳


◯恋愛脳
恋愛はしても結婚はしたくないか、しなくてもいい、という人が増えている。確かに恋愛と結婚は違う。
恋の始めはドーパミンホルモンが沢山分泌するが、時間が経つにつれて刺激もなくなり、分泌量は徐々に下降する。
すると恋愛関係の維持に疲れを感じ、ときには煩わしくさえなってくる。これは恋愛の終末期である。
恋愛脳は最初重く、時間が経つと軽くなる。


◯結婚脳
恋愛から結婚に至るケースが自然であるが、恋愛期間が長過ぎるとドーパミンホルモンの分泌が減少して、結婚に対する欲望も徐々に後退する。結婚願望は安定感をもたらすセロトニンホルモンによる。
ドーパミンの分泌が盛んで燃えるような恋をしていても、もしこの人と二人だけで、いつもず〜っと一緒にいたい、暮らしたい、できれば子どもが欲しい...と思ったら、脳内はセロトニンという安定感を与えてくれるホルモンが増幅していると考えられる。


◯離婚脳
結婚生活が3年以上も経過するとセロトニンやGABAなど安定感をもたらせたホルモンに馴れ、刺激がなくなると倦怠期に入ってくる。とくに子供がいない夫婦の場合は、かなり深刻になるケースもある。
時には配偶者の存在がうっとうしく感じたり逃避したくなるのは、ノルアドレナリンホルモンの仕業である。
新しい刺激や快感を求めてドーパミンやアドレナリンホルモンが分泌量を増やすのもこの頃である。脳が徐々に離婚志向に傾き始めるので要注意。


◯「SEX」脳
「愛する人とのいいSEXは健康にいいし、気持ちも穏やかになり、女性は艶やかになり、キレイになる」
これは幸せ感が得られるドーパミンやセロトニンの分泌が促されるからである。
「SEXは脳でする」と言われていますが、前頭葉の大脳新皮質の働きが大きく関係している。好きという感情に想像力や精神的満足感などを視床下部に性腺刺激を与えてドーパミンホルモンを分泌する。
しかし、ストレスを受けると性ホルモンの分泌量が減ったり止まったりする。すると女性は月経が止まったり、不順になったりするし、男性はインポテンツになったりする。
アメリカの美人女流作家で栄養学者としても著名な、ノーラ・ハイデンはその著書『Energy』(エネルギー)の中で、Dr. Eugene Sheimann の『セックスは心臓と生命を長持ちさせる』の著書を引用し、若々しく、健康を保つために、セックスの重要性を次の10項目で説明しています。


1. セックスは、ホルモンのバランスを調整し、動脈の活性化を促進する。
2. セックスは、女性にとっても男性にとっても老化現象の進行を防ぎ、若さを保つのに役立っている。
3. セックスは、愛と共に、人生に夢と希望、生き甲斐をもたらしてくれる。
4. セックスは、夫婦生活を楽しく、潤いのあるものにしてくれる。中年になって独身生活を送っている男性の50%は心臓麻痺になっていることを銘記すべきである。
5. セックスは、男性が歳をとってからの不整脈や、インポテンツを防ぐのに役立っている。
6. セックスは、フラストレーションによる食べ過ぎ、酒やタバコの飲み過ぎを抑制してくれる。
7. セックスは、コレステロールのレベルを下げるのに役立っている。
8. セックスは、性格を温和にし、落ち込んだり、孤独にならず、やる気をもたらしてくれる。
9. セックスは、心と身体の柔軟体操として大いに役立つものである。
10. セックスは、最も経済的にストレスを解消する唯一の方法である。


いかがでしょうか。
地球上のほとんどの動物が、ただ子孫保存のために繁殖期に本能によって交尾するのに対して、人間は男性と女性が愛を交わして性の営みをし、これは上に挙げたようにさまざまな心身の健康を生み出すのです。


聖書の創世記2章には次のように記されています。
「人がひとりでいるのは良くない。彼のために、ふさわしい助け手を造ろう」
「これこそ、ついにわたしの骨の骨、わたしの肉の肉。
男から取ったものだから、これを女と名づけよう」
「それで人はその父と母を離れて、妻と結び合い、一体となるのである」


ここに見事なまでに神様の人間に対する性の祝福が記されています。
そして、この性の営みは「夫婦間」のみで許されていることで、婚外のセックスはほとんど必ずと言っていいぐらい離婚や憎しみ、金銭のトラブル、ときには傷害事件や殺人事件、また子どもの情緒不安定や精神障害など恐ろしいトラブルのもととなっています。上の離婚脳のところにあるノルアドレナリンホルモンには要注意です。


これまで私は性に関して恥ずかしいという思いが常にあり、友人との間ですら話題にしたことがなく、セックスの「セ」の字も言えないほどだったのですが、今回初めてこのブログでも取り上げる勇気が与えられました。
そして、至った結論はやはり「死が別つまで」です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

死が別つまで Part2

2014.11.26日

父親が太郎君の髪を見て言いました。
「太郎。髪が長くなったから、明日散髪に行きなさい」
これをそばで聞いていた母親が言いました。
「あら、いいわよ。今の子供はみんなこんな長さが普通よ。太郎、行かなくていいわ」
ここで問題になっているのは髪の長さではありません。この家ではだれが支配権を握っているかということです。母親は自分が何をしているのか意識していないと思いますが、実は子供の前で父親の頬に平手打ちをくわせたのと同じです。

(『しあわせな夫婦になるために』 柿谷正期著 いのちのことば社 p.26)


shiawase.jpg


著者の柿谷正期氏は、もうかれこれ40年近くにおよぶ私の師であり、同労者であり、また冗談を言い合える親しい友でもあります。毎週、柿谷氏が牧会していらっしゃる教会の礼拝にも行っています。
去る23日、礼拝後に先生が26年前に書かれた上の書を買い求め早速読みました。
読んでいて、一つひとつ首肯することばかり。そして、自分なりに努力してきたつもりではありますが、この本の中に教えられていることに自らを当てはめると思い当たる節が多々あり、反省しています。よく言われることですが、頭でわかっていることと実行することとは別なんですよね。
夫婦関係、親子関係、セルフイメージ、子育てについてなど、非常に大切なことがぎっしりと詰め込まれていて、今日でも類書を見つけるのはなかなか困難です。
具体的には、夫婦間のコミュニケーションの取り方、夫婦喧嘩の仕方、互いに赦し合うことの大切さなど日常生活に密着した内容になっています。
これから結婚しようとしている人、もう既に結婚している人、良い結婚生活ができている人にもそうでない人にも一読をお薦めしたい良書です。


また、同じく柿谷氏の翻訳による『夫婦のための豊かな性生活の手引き』(エド・ウィート著)のカセットテープ版(CD版もあり)を先日から毎朝妻と一緒に聴いて学んでいます。
我が家ではこういった話題はこれまでずっとタブー視されてきていたのですが、これからも教えられること多く、また同時に反省しきりです。結婚前に、あるいは結婚してからでももっと早くに聴いて夫婦で一緒に学んでおけば良かった、そしてもっとオープンに子どもたちとも聖書に基づいた正しい性の概念を話し合っておけばよかった、と。
現淀川キリスト教病院名誉ホスピス長、大阪大学名誉教授の柏木哲夫氏は、「婚約中のカップル、新婚の夫婦、壮年・中年の夫婦、また初老・老人の夫婦...すべてのクリスチャンが一度聴いてみる価値のあるカセットである」と推薦の言葉を寄せていらっしゃいます。


上記の書籍あるいはオーディオ書籍、その他柿谷氏による著作をお求めになりたい方は、「柿谷カウンセリングセンター 書籍申込み書」から、またカウンセリングご希望の方は、「柿谷カウンセリングセンターホーム―ページ」からどうぞ。
きっとさまざまな問題の解決の糸口になることかと思います。
私自身、これまで柿谷氏にどれほどお世話になってきたかはかり知れないほどで、いつも心から感謝しています。


1年に1日だけの「いい夫婦」ではなく、死が別つまで真のいい夫婦でありたいものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

死が別つまで

2014.11.24日

"A good marriage is when you're married to not to someone you can live with, but to someone you really can not live without."
Dr. Howard Hendricks
「良い結婚とは、一緒に生きることができる人と結婚していることではなく、その人がいなくては生きていけない人と結婚していることである」
ハワード・ヘンドリックス博士



ヘンドリックス博士はダラス神学校を卒業したのち、ある教会の牧師として働き始めましたが、間もなく卒業した神学校から招聘され、昨年88歳で天に召されるまで、60年あまりにわたり、13000人以上の学生を教えてこられました。
「自分は教えることが好きだ。教えることは私にとって生きることだ」とまで言われた博士の言葉に、その生き様が表れています。


このヘンドリックス博士が残された名言の一つが冒頭の結婚に関する言葉です。


私たちはとかく結婚に関して、わりといい加減というか、好きだ、惚れた、といった感情に流されて、あるいは家や将来性やその他さまざまな条件などで結婚してしまいがちです。
しかし、結婚とは聖書によると、イエス・キリストと花嫁なる教会の関係に例えられるほど神聖なものです。
そのように考えると、そう簡単に離婚や再婚を繰り返したりすることなどできなくなるはずです。


確かに、結婚して最初の頃はみんな幸せでラブラブムードでやっていけるのですが、一生このような関係を続けるのはなかなか困難です。
みんなそれぞれ個性があり、物事の考え方や感じ方、価値観なども違いますから、行き違いや衝突なども起きるでしょう。
でも、だからと言って、もうダメだと言うことは決してありません。
思い立ったが吉日で、気づいたならそれこそいつからでももう一度やり直すことができる、それが結婚というものです。


「妻たる者よ。主に仕えるように自分の夫に仕えなさい」
(エペソ人への手紙 5:22)
「夫たる者よ。キリストが教会を愛してそのためにご自身をささげられたように、妻を愛しなさい」
(エペソ人への手紙 5:25)


相手がいなければ生きていけないというほどお互いに自らを捧げ、仕え合うならば、その結婚は必ず神様に豊かに祝福され、死が別つまで共に素晴らしい生涯を生き抜くことができることでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

カーラース、なぜ鳴くの?

2014.11.18日

昨日、ウォーキングに出かけようとしたら、どこからか幼い女の子の可愛い声が聞こえてきました。
「アイラブユー、アイラブユー、アイラブユー…」と、リズムに乗って繰り返しています。
やがて父親と4歳ぐらいの女の子が手をつないで仲良さそうに、私の行く道の前を歩いていきました。


Iloveyou.JPG


そのとき、私はふと20数年前の頃にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えました。
実は末っ子の娘が40歳のときに生まれることがわかったときから、胎教じゃないですが、妻の大きくなっていくお腹に手を当てながら、毎日英語で "I love you. I love you. I love you. God is sending us a big present. You're going to be a beautiful girl. I love you. I love you." (愛してるよ。愛してるよ。神様は私たちのところに素晴らしいプレゼントを送ってくださる。必ずとっても美しい女の子になるよ。愛してるよ)などと話しかけていたのです。
そして生まれてからも、毎日毎日、それこそ朝から晩まで、ミルクを飲ませるときも、おむつを替えるときも、お風呂に入れているときも常に英語で話しかけていました。
娘が14〜15歳になるまでこれがその後もずっと続きました。ニュースなど結構難しい内容のことも英語で話していました。
でも家族がみんな日本語で話すので、私にも日本語で答え、いわば半バイリンガル(?)のような感じでした。
さすがに年頃になってきたら、恥ずかしいだろうと思い、その頃から少しずつ日本語でも話しかけるようになったのですが、初めの頃はぎこちなく、とても話しづらかったのを覚えています。
でも、そのお陰か、英語を聴くことに関しては結構自信があるようで、アメリカやイギリスのテレビ番組を見ていても大体の内容はわかると言います。
冒頭に登場した女の子も将来、こんな形で英語が好きになってくれればいいなと思いました。


さて、いつものウォーキングのコース、近所の金目川沿いのサイクリングロードを歩いていると、すぐ目の前に真っ黒に見える鳥の大群が飛翔していました。大きな声で鳴きながら。
そのあまりの数の多さに驚き、持っていたiPhoneで写真を撮りました。


mukudori.JPG


これは、この辺りをねぐらとしているムクドリです。
川沿いに立ててある看板には、「シラサギとムクドリの生息地です。大きな音を立てたりして驚かさないようにしてください」とあります。
むしろ、この鳥の大きな鳴き声と大群にこちらの方が驚かされたのですが。


家に戻ってネットでムクドリを検索してみると、
「もともとは農作物に害を及ぼす虫を食べる、益鳥とされていた。平均的なムクドリの家族(親2羽、雛6羽)が1年間に捕食する虫の数は百万匹以上と研究されている。当時害虫を1匹駆除するのに1円かかるといわれていたため、ムクドリ1家族で年間に百万円以上の利益を国家にもたらす「農林鳥」とたたえられたほどである。その後、生息環境の破壊により都市に適応して大量に増殖すると、鳴き声による騒音や糞害などが、しばしば問題になる。日本国内では1994年からは狩猟鳥に指定されている。その他、果物を好んで食べるため、果樹園に被害を与えるとして駆除されることもある」(Wikipediaより)
とあります。


私はこれを見て思いました。
農作物に害を及ぼす虫を食べる、益鳥とされていて、ムクドリ1家族で年間に百万円以上の利益を国家にもたらす「農林鳥」とたたえられたのに、鳴き声による騒音や糞害、また果樹園に被害を与えると言われるようになると、途端に害鳥になり狩猟鳥に指定された、とは何という人間の身勝手なことか。
それも人間の手による生息環境の破壊により都市に移動していった結果ではないですか。
ひと昔前によく流行った歌、「カーラース、なぜ鳴くの。カラスの勝手でしょ」じゃないですが、それこそ「人間の勝手でしょ」。
私も以前、頭の上を飛んでいたスズメに糞をかけられたことが何度かありますが、「糞害だ!」と「憤慨」することなく苦笑したものです。また、家の周りで毎日のように大きな声で鳴くこのムクドリやカラスの鳴き声を騒音だから駆除せよ、などとは考えたこともありません。


昨日の記事「雁に学ぶ」の中に書いたように、もう少し人間と周囲の動植物との間に調和をもたらすことはできないものでしょうか。
この地球と地球上のすべての生き物は、神様が愛をもってお創りになったもので、人間だけのものではないはずです。
犬や猫などのペットもそうで、ペット業者が金儲けのために劣悪な環境の中で増殖させ、不要になったものはどんどん殺処分していくというのも、まったくもってひどい話です。
これこそまさに「人間の横暴」(とても興味深いアニメがあります)ではありませんか。


私たちは、もう一度謙虚になって、地球上のすべての被造物との共生、調和、平和を考えるべきではないでしょうか。我が子だけにではなく、すべてのものに"I love you."と言えるようになりたいものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子どもの可能性と教育法

2014.11.03日

5歳のとき多動児で学習障害児。学校では先生から見放され、上の子は9歳まで、下の子は10歳まで字の読み書きもできませんでした。
お母さんは最初はとても辛い思いをしましたが、そこから立ち上がり、子どもたちに学校をやめさせて、自ら家でホームスクーリングで教え始めます。
子どもたちは母親の愛情を感じ、学んだことをスポンジのようにどんどん吸収していき、兄の方は11歳、弟は12歳でなんと大学生に‼︎


これはアメリカで起こった実話です。
ふたりは大学卒業後、システムエンジニアになり、その後あの有名な映画『ロード・オブ・ザ・リングズ』のデジタルイメージを制作したのです。


母親は自らの子育ての記録を本に著し、その本は教育界のみならず一般の人々の間でも絶賛されて、米国テレビネットワークCNN, ABC, NBC, CBSで、そしてウオールストリート・ジャーナル、ワシントンポスト、ロサンゼルスタイムス、ニューヨークタイムス他の新聞でも紹介されました。
この本は、親や教育者たちに子どものチャレンジ精神を力に変え、興味・関心を発見し、さらにそれらを情熱に変え、情熱を才気・知性に変える方法を教えています。
本に寄せられた推薦の言葉には、「この本は全世界の言語に翻訳されて、すべての教育者、親に読んでもらうべきだ」とありました。


brilliance.JPG


彼女はテレビのインタビューで次のように語っています。
子どもは一人ひとり異なり、それぞれが自分の興味、関心、賜物を持っている。それを早く見出し、育てることが親の務め。
親子の間の信頼関係がもっとも大切。子どもに対して強制的だと子どもは親に逆らうようになるが、信頼関係ができていると子どもは自ら進んで勉強もするようになる。
公教育始まった当時と今ではすっかり環境が変わっている。教育の仕方も時代とともに変化させなければならない。


resa2.jpg


子どもはみんな「無限の可能性」(こちらの記事もクリックしてご覧ください)を持ってこの世に生まれてきています。
その可能性の芽を親や学校が摘み取っていてはだめです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

最高の贈り物とは

2014.09.21日

最高の贈り物は、あなたの一部を分け与えること。
   ラルフ・ウォルドー・エマソン


 昨年のハロウィーンのころ、わたしは「火曜日の子ども」のカーニバルに招かれた。「火曜日の子ども」は、エイズ・ウィルスに感染した子どもを援助する組織だ。子どもたちのほとんどは、わたしが女優だとは知らなかっただろう。遊びに来てくれた大きいお姉さんだと思ったに違いないし、わたしもそのほうがよかった。
 会場では、子どもたち全員が集まって四角い布きれに色を塗っていた。それを縫い合わせ、キルトを作るのだ。この組織に一生のほとんどを捧げ、まもなく退職する人に贈るためである。
 ブースには、明るい色の絵の具がたくさん用意してあった。集まった布きれを見ると、ピンクのハートがあり、明るい青い雲があり、輝くオレンジ色の朝日があり、緑色や紫色の花がありとじつにさまざまだった。どれも明るくて元気で陽気なものばかりだった。
 しかし、わたしの隣りに座っていた少年が描いたハートは違っていた。暗くて空っぽで生気がなかった。
 最初わたしは、暗い色の絵の具しか残っていなかったのかと思った。ところが、少年に尋ねてみると、「ぼくの心が暗いからこの色を選んだの」と答えた。「どうして?」と聞くと、少年は「重い病気だから」と言った。自分だけではなく、母親の病気も重いのだという。
 「ぼくの病気もママの病気も、もう治らないんだ」。彼は私の目をじっと見て、「どうしようもないんだよ」と言った。
 わたしは、こう言わずにはいられなかった。「だけど……どうしようもない、なんてことはないのよ。あなたやママの病気をなおすことはできないかもしれない……。 でも、わたしたちはお互いに抱き合える。ほんとうに悲しいとき、抱き合うと気持ちが楽になるものよ。わたしの言っていること、分かってもらえるかしら?」
 少年はすぐにわたしの膝に乗ってきた。少年のいじらしさに、わたしの胸は破れそうだった。
 しばらくすると、少年はわたしの膝から下りて絵の続きを描き始めた。
 「少しは気分がよくなった?」とわたしが聞くと、「うん」と答えたが、「でもやっぱり病気だし、何にも変わらないや」と言う。「そうね。わかるわ」。わたしは、悲しい思いでその場を離れた。だが、わたしにできることがあるなら、何でもしてあげたかった。
 カーニバルが終わって帰り支度をしていると、誰かがわたしの服を引っ張った。振り向くと、そこにはさっきの少年が微笑みを浮かべて立っていた。
 「ぼくのハート、色が変わってきたの。明るくなってきたんだよ……抱っこが効いたみたい」
 家路につきながら、わたしは自分のハートも明るい色に変わっているのに気づいた。
ジェファニー・ラブ・ヒューイット

(『こころのチキンスープ 9』 p.45-47 ジャック・キャンフィールド、マーク・V・ハンセンほか ダイヤモンド社)


私はこれを読んで、この少年の気持ちがよくわかるような気がしました。
エイズのような重い病気ではありませんが、私の現在の病いも治る可能性は50%だとつい一昨日主治医に言われたばかりで、ちょっと気を落としていました。でも、私の場合は治る可能性も50%あり、それプラス思考の力と背後で祈ってくださっている方々も大勢あるので、上のストーリーの中の少年よりもはるかに恵まれた環境にあります。
でも、私ももし今、絵の具を使って絵を描くとなるとやはり暗い色を使ってしまいそうです。


しかし、これを読んで強く励まされました。
この少年が「大きいお姉さん」の膝の上に乗ってハグされ、元気が出てきて明るい色を使うようになってきたといいます。
さらに、その言葉を聞いた著者のハートも明るい色に変わってきました。


つい1週間ほど前までアメリカにいて、どこに行っても誰とでもハグをして、実際それだけで私もどれほど励まされ、勇気づけられたことでしょう。
最後には、空港まで見送ってくれた息子と娘(嫁)からハグされて泣きそうになるほど嬉しく思いました。


来たる10月の末には中学時代の50周年同窓会があると旧友から知らされました。京都までちょっと遠いのと体力的な面で不安感があったのですが、勇気を奮い起こして参加することにしました。
今の私にとってはむしろ旧友やいろいろな人に会い、日本ではハグするのは難しいにしても、握手したり笑顔で話し合うことが大きな励み、癒しになります。
このようなことを積み重ねながら、完治の50%に賭けることにしました。
それと同時に、上のストーリーの少年や著者のように、私自身も暗い顔をしているのではなく、周りの人たちと幸せを分かち合い、その輪を少しでも広げたい、そしてそれこそが最高の贈り物だ、と教えられた次第です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。


にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

哀れな人間とは

2014.09.03日

人間が死んだり、金銭を失ったり、家がないとか、財産がないとかいうことが、哀れなのではない。
なぜなら、これらすべてのものは、人間にもともと備わっているものではないからだ。
人間は、自分の本来の財産、最高の財産、すなわち「愛するという才能」を失った時が、哀れなのである。

--トルストイ


今日も昨日に引き続きトルストイの名言から。


torusutoi2.jpg


私たちはとかく、家族や親しい友人を亡くした、病気になった、金を騙し取られた、家が災害に遭って流された、財産を失ったなどの出来事を、トルストイが言うように「哀れだ」と思いやすい。


つい2〜3日前、Facebookの「感謝のバトンリレー」コーナーにこんなことを書いていらっしゃる方がありました。
・今年は娘の召天から25年、次男の召天から20年、娘と私たち夫婦の 洗礼から25年という、節目の年です。ここまで私たちを導いてくださった神様に、何よりも感謝を捧げます。
・夫が、癌を患う中、スペイン巡礼の旅に8月29日に出発しました。帰国は10月7日予定です。40日で800キロ歩きます。祈りに支えられ、神様だけを頼って一人で歩く旅です。守られて出発できたこと、まずこれが感謝です。


また、別の方は、
ここ23年の間の事がとくに印象的ですね。
44歳の時に高所転落により背骨骨折というアクシデントにあった瞬間、イエス様の愛のカプセルにすっぽりと入れられた感覚は今も変わらないですね。
(怪我以外での事の方が戦いが多かったかな)
最初の骨折により足首が動かなくなったゆえ転ぶ=骨折=入院を何度も繰り返してきましたが、心の平安は奪われる事無く今に至っています。
元気だけが取り柄だった私が一瞬にして障害者になりましたが・・・
それにより「あなたの信仰があなたを癒した」と御言葉の意味と信仰の使い方を教えてくれる先生方に出会わせてもらいました。


私はこれらのお証を読ませていただいて、頭をガーンと殴られたような気がしました。
このような試練に遭うと私たちは、「神はいったいどこにおられるんだ!」「神もヘチマもあるものか!」などと、不平・不満をぶちまけ、やけっぱちになったり、生きる意欲を失ったりしがちです。


冒頭のトルストイの言葉、
人間は、自分の本来の財産、最高の財産、すなわち「愛するという才能」を失った時が、哀れなのである。
多くの人がこの点を見失っています。
神様から最高のプレゼントとして与えられている「愛するという才能」を失ったら、もはや人間は生ける屍(しかばね)です。


2年前に訪れたロサンゼルス近郊のゲッティセンターとゲッティヴィラのオーナーであった世界一の億万長者J・ポール・ゲッティは、金に糸目をつけずに古代ローマ、ギリシャなどの美術品に始まり中世、近世、現代に至る絵画や彫刻などの芸術品を収集しました。
これほどの大富豪でありながら、その生涯は5回も離婚再婚を繰り返し、あげくの果ては子どももその妻もドラッグにはまり、自殺したり、ヘロインの過剰摂取で死去、と愛に満たされない実に哀れなものでした(「本当の幸福とは」)。
やはり人間は、「愛するという才能」を失った時が、もっとも哀れなのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

幸せになりたいなら

2014.08.21日

"Those who are not looking for happiness are the most likely to find it, because those who are searching forget that the surest way to be happy is to seek happiness for others. ".
---Martin Luther King, Jr. , clergyman
「自らの幸せを見つけようとしていない人が一番幸せ見つけるものだ。というのは、自分の幸せを探している人というのは、幸せになれるもっとも確実な方法が他人の幸せを探すことだということを忘れているからだ」
マルチン・ルター・キングJr.牧師

(訳 : 舟田譲二)



私がよく引用する偉人などの名言・格言はこのブライアン・トレーシーのメールマガジンからのものが多いです。毎日送られてきて、教えられることばかりです。
つい先日も、「人類が生き残る唯一の道」で、またずいぶん前にも「オバマ大統領誕生!」の記事の中でマルチン・ルター・キングJr.牧師のことはご紹介しました。


今日の、キング牧師の言葉は本当に意味深です。
なぜなら、幸せになりたくない人などだれもいないからです。そしてだれでも自分の幸せを追求するものです。
しかし、キング牧師は言います。
「幸せになれるもっとも確実な方法は他人の幸せを探すことだ」と。
ここで、普通の人なら、「人の幸せなんてどうでもいい。自分が幸せになりたいんだ」という発想になり、中には「人が幸せになる、ということは自分の幸せの分までその人に取られることになる」とやっかみやひがみが生じたりするものです。


この結果、世界中で戦争があり、同国内でも、同じ家庭内でも、会社内や学校内でも憎しみや争いが絶えないのです。
問題の根本解決の唯一の方法は、ここでマルチン・ルター・キングJr.牧師が言っているように、
「自分の幸せを探している人というのは、幸せになれるもっとも確実な方法が他人の幸せを探すことだ」
というのを肝に銘じて、それを日々の生活の中で実践することにあります。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人類が生き残る唯一の道

2014.08.17日

"We must learn to live together as brothers or perish together as fools."
---Martin Luther King, Jr.
「我々は兄弟として生きていくことを学ばねばならない。さもなくば、我々は愚か者として共に滅びることになる」
マルチン・ルター・キング Jr.牧師

(訳 : 舟田譲二)




今、イスラエルのガザ地区やウクライナの政府軍と親ロシア派との衝突、その他日本の北方領土でのロシア軍の軍事演習、韓国との間の竹島問題、中国との尖閣諸島問題を始め、アフリカでは同じ国の中での内戦状態の国々など、挙げ出せば切りがないぐらい戦闘状態もしくは一触即発のところが目白押しです。


どうしてこうも人間は戦争をしたがるのか?
これはもとをたどれば、人間の自己中心性、すなわち罪から来ています。
先日、「日本の少子化と国際化にもの申す」に書いたいじめや人種差別などと根源は同じです。


しかし、これを続けていると冒頭でキング牧師が言っているように、間違いなく、「我々は愚か者として共に滅びることに」なります。
それを避けたければ、牧師の言うように「我々は兄弟として生きていくことを学ばねばならない」のです。
戦争は、いや戦争ばかりでなく人種差別や身近なところのいじめなど、お互いに傷つけ合うばかりで何一つ益はありません。


人種・民族・国家を超えて我々はみんな一つの人間という兄弟姉妹であることを理解し、損得勘定抜きでそれを実際に実践していかないと、やがて世界大戦争になり、確実に「我々は愚か者として共に滅びることになる」でしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

母親を亡くした時

2014.08.15日

昨日の記事に対して、Facebookにはものすごい反響があり、その中のかなり多くの方がご自分のお子さんを亡くされた時の辛さ、苦しみを綴っていらっしゃいました。その数に驚くとともに、心の痛みを私も共にさせていただきました。
それで、今日のタイトルは初め「子どもを亡くした時 その2」とするつもりだったのですが、やはり内容に合わせて「母親を亡くした時」と変えました。


さて昨日の続きです。
私の胸は高鳴ってきました。ドキドキという音が聞こえるほどです。
しかし、他の人たちがやっている演技を見ていて、私の頭の中ではすでにある程度のイメージはできていました。


襖の裏側に立って待っています。
「次の人」とキューサインが出ました。
私は襖を勢いよく開けて、「ただい…」と言いかけて、母の遺体を見つけます。
遺体に見たてているものは、昔よくあった小さな丸椅子の周りに座布団をひもで巻きつけたものが畳の上に置いてあるだけです。
私は一瞬息をのんで状況を理解しようと努めますが、目の前の母の遺体をにわかに信じ、受け入れることができず、開けた襖を両手にしたままそこに立ち尽くしてしまいます。
しばらくして、ようやく遺体の方に向かって一歩踏み出し、次に遺体のところに駆けつけて抱きつき、わッと泣き始めます。
「お母ちゃん、お母ちゃん、おかあ〜ちゃ〜ん」
と抱きしめた丸椅子を揺すりながら大声でわめいているうちに、演技をしていることを忘れて本当に母親の遺体を抱いている気持ちになり、涙をボロボロこぼし、わんわんと本当に泣いてしまっていたのです。
辺りはシーンと静まり返り、団長がOKサインを出しても私はまだ泣き続けていました。


実はこの時の泣きシーンが高く評価され、それ以来劇団に入ってくる子役の仕事はほとんど私にまわってき、翌年は「スーパーお姉さん」で主役をもらったのでした。
その頃のことを書いたのが「何事も一生懸命」「セリフを忘れた!」「時代の変遷」「アカデミー監督賞」「今日は大掃除」などで、今年の6月に32年ぶりにスーパーお姉さんに再会した時の記事と写真が「人生最高の日?」に載っています。
お暇な方はどうぞご覧になってください。


というようなことで、素人の私が言うのも口はばったいですが、テレビや映画などで演じる時にはその役になり切らなければならないというのが私の持論です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

日本の少子化と国際化にもの申す

2014.08.12日

昨日から神奈川県平塚市の自宅から名古屋郊外の妻の実家にお盆帰省。
私は今、車の運転にドクターストップがかかっているため妻が一人でずっと運転。
途中やはりお盆ラッシュで渋滞があり、休憩も含めて約7時間の長旅。妻に本当に申し訳なく思いつつ、私は助手席で昨日のブログ記事を書いたり、寝たり。
帰りもきっと渋滞に巻き込まれることになるでしょう。


妻の実家の隣街に住んでいらっしゃるFacebookフレンドの掃部関(かもんぜき)美智子さんと前から帰省の際にはお会いする約束をしていたのですが、昨夜ようやく実現しました。
二人とも安藤秀世先生や金 斗絃先生、金野正樹先生など共通の友人があまりにも多く、そこからFBでつながった仲ですが、初めてお会いしたという感じはまったくなく、昔からの親しい友人という不思議な感覚でした。


ただ、ご両親が日本からブラジルに移住され、現地で生まれてブラジル人として育たれた美智子さんにとって、24年前に日本に期待して来られた時のショックは大変なものだったそうです。
ブラジルという国は全体的にのんびりしていて人も温かく、住み心地良かったのに、日本に来て驚いたのはみんなせかせかしていて、他人には冷たかったこと、また人種差別があったことだそうです。このことは昨日の記事「もうだめだ、という時は…」にも関連していて、お話をお聞きしていてとても心が痛みました。


IMG_4790.jpg

ご一緒に見えたのは美智子さんの息子さんのお嫁さんで、23年前に来日され、学校で美智子さんの生徒さんだったそうです。彼女もやはり美智子さんと同じことをおっしゃっていて、今でも同じような差別を体験しておられるとのこと。
この名古屋近辺はブラジルからの移民がとても多い地域で、私も以前、日本の少子化の問題について「子どもたちはどこへ行った?」の記事の中でもブラジルなどからの移民政策を進めるようにと提案していたのですが、未だに続く日本の鎖国的な国民性を打破しなければならないと、お二人のお話をお聞きして強く感じた次第です。


このような時に見た次のYouTubeの微笑ましい動画からは本当に教えられることが多いです。
どうぞお楽しみください。私たちも彼らのように人種や民族を超えてもっと仲良くなれないものなのでしょうか。





↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

過大評価と過小評価

2014.08.08日

"Too many people overvalue what they are not and undervalue what they are."
(Malcolm Forbes, Publisher)
「自分のことを実際以上に過大評価する人があまりにも多く、同時に過小評価する人もあまりにも多い」

(出版業 マルコム・フォーブス)
訳: 舟田 譲二


これを言ったのは、アメリカを代表する経済誌『フォーブス誌』の元発行人、マルコム・フォーブス氏(1919-1990)です。


MalcolmForbes03.jpg


日本語にも「分相応」という言葉があります。「その人の身分や能力にふさわしい」という意味です。
これとはちょっと違うのですが、上でフォーブス氏が言わんとしていることは、この世の中を見ているとあまりにも多くの人が背伸びして自分の実力以上のものを見せたがっている、あるいは本当にそう思い込んでいる。
しかし一方では自分の実力を知らずに過小評価している人もとても多い。両者とも間違っている、ということだと思います。


フォーブス氏のように世界中の有名人と年から年中会っていると、こんなことはきっとすぐに見抜けるのでしょう。
高望みする必要もなければ、自分を必要以上に低く評価し、おとしめる必要もない。ありのままの自分でいいのだ、ということです。
確かに私たちも周囲を見渡すとこの両者を見ます。そして、私たち自身もこのどちらかに当てはまるかもしれません。


でも、神様の目からご覧になると、フォーブス氏のような大富豪であろうと逆に貧しい人であっても、健康であろうが病気であろうが、みんな等しく価値ある大切な人であって、神様は人を偏り見るようなことはなさいません。
ですから、必要以上に高望みして良く見せようとすることも、また卑下することも必要ないのです。ありのままの自分を受け入れましょう。あなたはあなた自身そのままで神様に愛されています。


そう考えればとても幸せになれるし、また気が楽になるじゃないですか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

子育ては親の責任

2014.08.05日

以前、子育てシリーズで「子育てのあいうえお その1」「子育てのあいうえお その2」「子育てのあいうえお その3」「子育てのあいうえお その4」「子育てのあいうえお その5」「子育てのあいうえお その6」をあいうえお順で書きました。


このシリーズ、なかなか評判がよかったのでそれに続いて今度は「子育て禁句のあいうえお」シリーズを書きました。
「子育て禁句のあいうえお その1」「子育て禁句のあいうえお その2」「子育て禁句のあいうえお その3」「子育て禁句のあいうえお その4」「子育て禁句のあいうえお その5」「子育て禁句のあいうえお その6」「子育て禁句のあいうえお その7」「子育て禁句のあいうえお その8」「子育て禁句のあいうえお その9」「子育て禁句のあいうえお その10」
「子育て禁句のあいうえお 最終回」と、11回にわたって書きました。


もし、まだご覧になっていらっしゃらない方がありましたら、すぐに読める内容なのでぜひご覧ください。
子育ての終わった方は孫育てに、お子さんのいらっしゃらない方は甥子さんや姪子さんに、まだこれからの方には将来のお勉強のために今から見ておかれたらなにかと役立つことかと思います。


oisotsuri1.JPG


「子は親の背中を見て育つ」とよく言いますが、子どもは親の背中だけでなくすべてを見ています。
先日、大磯海岸に行った時、サーフィンをやっている親の子どもは小学生の時からサーフィンを、釣りをしている親の隣りには小学生の子どもが釣りを、並んで一緒にジョギングをしている親子などを見かけました。今度の東京オリンピックでは2代目の活躍が期待されています。
趣味から好み、特技まで親の影響を受け、真似をして育ちます。そういう私も父のお陰で英語が得意になりました。親の生き様が子どもの一生を決めると言っても過言ではないほどです。
どんな子どもに育てるか、それはまさに親の責任です。


「子は親の鏡」というタイトルのものをFacebookで最近見つけましたのでそれをここにシェアさせていただきます。
ちょうど読売新聞の[貧困 子供のSOS]をシリーズでご紹介してきた内容と、上の「子育てのあいうえお」「子育て禁句のあいうえお」の総集編のような感じで、とてもうまくまとめられています。
一分間の短いYouTubeの画像もついていますので、ぜひご覧ください。よくあちらこちらで見かける光景です。



「子は親の鏡」


けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
親が他人を羨(うらや)んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
誉(ほ)めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世はいいところだと思えるようになる


ドロシー・ロー・ノルト


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

母親版「メシ、フロ、ネル」

2014.08.03日

[子供の貧困 SOS]シリーズ第3回です。


(前略)
 貧しさから、子供があたり前の生活や体験をあきらめざるを得なくなることを、教育や児童福祉の専門家は「剥奪」(はくだつ)と呼ぶ。
 「剥奪によって子供は自信や将来への希望を失い、学校に行けなくなったり、問題行動を起こしたりする。不登校やいじめの背景には、剥奪が隠れていることが多い」。道中隆・関西国際大教授(社会福祉学)は指摘する。東京都板橋区の06年の調査では、生活保護を受給している家庭の中学生449人のうち、不登校になったのは11.58%の52人。これに対し、生活保護や就学援助を一切受けていない家庭では2.41%と、その差は4.8倍にも上った。
 道中教授は「貧困による悩みや苦しみは、親には相談しづらい。学校で相談員を増やすなどして悩みを聞き出し、心の負担を軽くすることが重要だ」と話す。

     ◇

 大阪府の少年(15)は6月下旬、入学したばかりのパソコンの専門学校を退学した。登校したのはわずか2日。辞めた理由を尋ねる母親(46)に「今さら勉強したってしょうがない」と吐き捨てた。
 小学2年のときに両親が離婚。生活保護を受給していたが、母親は3人の息子を養うため、機械部品工場で夜の9時、10時まで働くようになった。帰宅後のわずかな時間も弟たちの世話に追われ、母親が口にするのは「ごはん」「お風呂」「寝なさい」だけ。
 「お金がないから」と洋服もおもちゃもゲームも買ってもらえず、母親への不満ばかりが募った。勉強する気もなくなり、授業についていけなくなった。
 5年生になって熱心な担任の女性教師と出会い、放課後に勉強をみてもらった。初めて「勉強したい」と思い、母親に頼み込んで週に1度だけ塾に通ったが、6年生で担任が代わると、また授業から取り残された。
 中3の秋、同級生が受験勉強に没頭する姿を見るのがつらくて、学校に通うのをやめた。そのまま卒業し、高校には進めなかった。
 母親の勧めで専門学校に入ったが、かけ算や割り算すら満足にできないままでは、授業についていけるはずもなかった。「したいことは何もない。もう、どうでもいい」と少年は言う。
 「ほかの子と同じように、勉強できる環境すら作ってやれなかった。息子たちの将来を思うと、胸が張り裂けそうになる。できることなら、人生をやり直したいぐらいです」。母親は深いため息をついた。

(8月1日付 『読売新聞』 31面)


これを読んでいて、それこそこちらの方が「胸が張り裂けそうに」なりました。この子の将来はどうなるんだろう、と。


学習塾という子どもと接する仕事をしてきて、子どもになにか問題があるケースというのは、ほとんどの場合、原因はその家庭環境にあるように思われます。
頭はものすごく切れるのに集中力のない子どもなどの場合、家で夫婦喧嘩が絶えず、毎日のように自分の目の前を皿やその他の物が飛び交う、と言っている小学低学年の生徒がいました。話を聞いていて本当に心が痛みました。


夫婦仲が悪い例としてよく言われる「メシ、フロ、ネル」ですが、これが親子の間でも同様に「ごはん」「お風呂」「寝なさい」だけというのはとても大きな問題です。
これで子どもがまともに育つわけがありません。


学校では結婚前の望まない妊娠を避けるために、と言って避妊法を道徳の時間に実際に避妊具を用いて教えているそうです。しかし、これだと避妊さえしっかりやっていれば、婚前のセックスも認める、と言っているようなものです。


本当に必要なのはそんなことではありません。
結婚とはどういうものか、なぜ結婚するのか、結婚したらどんな責任が伴うのか、子どもに大きな影響を与える離婚を避けるためにはどうすれば良いのか、等など教えるべきことはいくらでもあるはずです。


今はあまりにも安易に離婚するカップルが多く、その結果犠牲になるのはいつも子どもです。
この問題は夫婦の間でもゆっくり時間をかけて、しっかり話し合っておく、そして離婚は選択肢に入れないというぐらいの決意が必要がです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

夜の歌舞伎町 苦闘の母…

2014.08.01日

 東京・歌舞伎町の雑居ビル3階にある24時間対応の託児所「わんぱくランド」。7月上旬の未明、プレールームに敷かれた小さな布団で、1歳2か月の男児が寝息を立てていた。
 「ただいま」。午前2時過ぎ、勤務を終えた母親(28)が戻り、男児に身を寄せた。母親はメイクを落とさず、スプレーで固めた髪形のまま横になり、たちまち眠りに落ちた。電車が動き出した午前5時過ぎ、目を覚ました男児を抱き上げ、薄明るくなった歓楽街を抜けて駅に向かった。
 妊娠8か月で、将来を誓い合った男性が突然、姿を消した。両親はすでに他界し、頼れる人はいない。「1人で育てるしかない」と決意し、昨年5月に出産した。
 すぐには働けないと思い、生活保護の受給を考えたが、都内の市役所で男性職員から「出産直後だからって働けないんですか?」と言われ、あきらめた。以前、専門学校で取った指圧師の資格を生かして働くことも考えたが、なかなか勤め先が見つからなかった。貯金が底をつきかけ、昨秋、半月ごとに給料が出るキャバクラ店で働き始めた。
 月収は指名客の数で左右され、15万〜40万円と一定しない。子供の急な発熱で欠勤すると罰金。保育料だけで月10万円かかる。客との飲食で空腹を満たし、節約しても、家賃を払うとマイナスの月もある。子供に新しい服を買えず、小さくなったものを着せ続けたこともあった。
 男児は昼寝が欠かせず、起きて一緒にいられるのは出勤する夕方までの短い時間だけ。まだ伝い歩きをせず、言葉も少ないと感じる。男児は目を覚ましている時は自分のそばを離れず、頻繁に抱っこをせがむ。
 寝る時間を削って転職先を探し、7月末にようやく指圧師として働けることが決まった。母親は「これまで息子に寂しい思いをさせてしまった。もう夜の仕事はしない」と誓う。
 わんぱくランドの職員によると、この母子のようなケースはまれで、「多くの母親は仕事と子育てで疲れ果て、職を探す気力をなくしてしまう」と話す。

       ◇

 母子家庭は全国に約124万世帯。8割の母親は働いているが、その半分はパートかアルバイトなどの非正規だ。生活保護を受けているのは1割に過ぎない。
 厚生労働省の2013年の調査では、母子家庭の母親が働いて得た収入は平均で年179万円で、両親がいる家庭や父子家庭などの平均年収603万円とは大きな開きがある。母子家庭の36.5%は貯蓄ゼロ。収入を増やそうと、昼と夜の仕事を掛け持ちする人も少なくないが、夜間に子供を預けられる先は少ない。
(後略)
(7月31日付 『読売新聞』 31面)


kabukicho.jpg


これは昨日の記事「クリスマス おにぎり1個…」の続きです。昨日の記事はかなり大きな反響を呼びました。今日の記事も読んでいてとても心が痛みます。


一人のFacebookフレンドの方が、たとえ生活保護などの制度があっても、それがちゃんと活用されていないのではないかとおっしゃっていましたが、案の定、上の記事によると活用しているのは1割に満たないとのこと。その他の子育て支援制度もきっと似たり寄ったりでしょう。
せっかくあっても活用されていない、また活用するにはいろいろと条件や制約がついていて利用できない人々もかなりいるものと思われます。
役所などの行政があまり親切でない、だから昨日の記事の人のようにあきらめるケースも少なくないでしょう。


また、母子家庭で生活が大変なところは、ついてっとり早くお金が入る夜の水商売の仕事に就く人も多く、子どもの世話のことが問題になるケースがとても多いです。昼間、家に子どもをひとりで置いておいて熱中症で亡くなっていたなど。また、親子での会話が少ないため、語彙力が極端に貧弱な子どもも多いですし、思春期になって不良につるんでしまうケースもよく見受けられます。


「母子家庭の母親が働いて得た収入は平均で年179万円で、両親がいる家庭や父子家庭などの平均年収603万円とは大きな開きがある」や「母子家庭の36.5%は貯蓄ゼロ。収入を増やそうと、昼と夜の仕事を掛け持ちする人も少なくないが、夜間に子供を預けられる先は少ない」などからも、彼らの生活がいかに大変かがよくわかります。
行政の手がこのような弱者にも十分に届き、6人に1人の貧困の子どもの状態が一刻も早く改善されることを切に願うものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

クリスマス おにぎり1個…

2014.07.31日

昨日の読売新聞社会面[貧困 子供のSOS]<1>クリスマス おにぎり1個…「同級生と住む世界違うんだ」からの引用です。ちょっと時間を取って現状に目を向けてください。


 豊かなはずの日本で、子供の6人に1人が貧困に苦しんでいる。厚生労働省が16日に公表した2012年の子供の貧困率は16.3%で過去最悪を更新した。貧しさから進学をあきらめる子や、食事も満足にとれない子がいる。家庭の経済状況で、子供の将来が左右されない社会を作るにはどうすべきか。この夏、国は「子供の貧困対策大綱」をまとめる。現状をリポートし、課題を探る。
 ガラス窓越しに真冬の冷気が入り込む。昨年のクリスマス。首都圏の公営住宅に住む女児(12)は薄暗い部屋で、スエット姿で毛布にくるまり、寒さに震えながら、母親(50)の帰りを待っていた。
 外の廊下に響く足音が玄関前で止まる。メーターボックスを開け、水道のバルブを閉める音が聞こえた。台所の蛇口をひねると水は出ない。「またなの?」。思わずため息をついた。
 帰宅した母親と空のペットボトルを抱えて近くの公園に行き、水をくんだ。自宅との間を何度も行き来していると、近くの民家から「勝手にくむな」とどなる男の声が飛んできた。
 持ち帰った水でのどを潤し、母親とおにぎりを一つずつほおばった。この日初めての食事。あまりの惨めさに、涙も出なかった。
 母親と2人暮らし。幼いころから母親が仕事でいなくなると不安に襲われ、自分を傷つけたくなる。介護ヘルパーの母親は、そんな自分を心配して短時間しか働けず、給料は月10万円に満たない。料金未払いで電気、ガス、水道がたびたび止まる。昨夏も電気が止まり、エアコンが使えず、熱中症になった。今年は日中の暑さをしのぐため、近所の図書館で過ごしている。
 食事はNPO団体から配られる賞味期限が迫ったレトルト食品や缶詰でしのいでいるが、月末が近づくと底をつく。そんな生活が5年近く続いている。
 体調を崩しやすく、毎月のように風邪をひく。母親が家計をやりくりし、本や文房具を買ってくれることもあるが、「食費に回せるのに」と思ってしまう。
 小学校の同級生はスマートフォンでゲームに熱中し、休み明けは、家族旅行の思い出話で盛り上がる。そんな姿をみる度に、「住む世界が違うんだ。私は身分が違うんだから、仕方がない」と言い聞かせる。苦しい状況を知られたくなくて、友達と深くつきあえない。
 「私なんかダメなんだって、いつも思う」。母親の隣で力なく笑った。

(7月30日付 『読売新聞』 31面)


bosikatei.jpg


これが中国とかベトナムとか、外国の話ではなく、同じこの日本の中の世界なのです。しかも6人に1人。
信じれますか?
私の知らない世界でした。この記事を読んで本当に胸が痛みました。あまりにもひどい。世界でも最も豊かな国の一つだと言われているこの日本で。


政府は高齢者社会に向けて社会福祉サービスを充実させようとし、また途上国援助の一環として円借款や無償資金援助などを活発に行っており、もちろんどれもこれも大切なことですが、肝心のおひざ元の日本国の中で6人に1人が上のような経済的危機状態の中で暮らしているというのは、なにか釈然としないものを感じざるを得ません。追いつめられて一家心中というケースだって十分あり得るでしょう。
国債や借入金を合わせた「国の借金」が2013年度末で過去最大の1024兆9568億円となったといいます。


その場限りの見た目カッコいい経済政策ではなく、もっと長期的な展望で自らの足元をもっとしっかり見つめやっていかないと、日本は将来本当に破産するということだって十分に考えられます。
そして、我々国民がこの現実の問題にもっと目を向けて、自らの生活を見直し、ぜいたくを改め、政府にもそれを求めるようにならなければなりません。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

野のユリ

2014.07.08日

一昨日、昨日は茨城県小美玉市の、いつもマッキーさんと呼んでいる金野正樹先生の教会を訪ね、FBの仲間たちと去年の9月(「初対面同士の再会?」)以来の再会を果たしました。


私たちはこれを、リユニオンと呼んでいます。お仕事や健康上の理由で来れなかった方々もいらっしゃいましたが、金野先生の奥様を入れて8名の、小さいながらも密度の濃い、実に幸いな交わりの時となりました。
これも今の私にとっては、必要かつ元気と力を与えられる最高の「千載一遇のチャンス」となりました。


私の居住している平塚からはかなり遠く、今はあまり体力がないので集会の前日に寄せていただき、集会の翌日、すなわち今日はちょうど中間点になる東京の病院の予約があるので勝手を言って昨夜もう一泊させていただきました。
そのお陰でご夫妻とゆっくりとお交わりしたり、昨夜はお寿司をご馳走になり、何度もご一緒にお祈りすることができて、本当に幸いな時を持つことができました。


昨日の「御国に一緒に行く会」では、午前中はお互いの近況報告や祷告課題をみんなでシェアし合い、お互いのために祈るとても幸いな時を持たせていただきました。


そしてそのあとはお楽しみの「流しそうめん」のお昼。
これは私にとっては初体験。
美味しい天ぷらやその他のおかずも皆さんによって用意されていて、美味しい美味しいと言っているうちに、ついつい食べ過ぎてしまいました。


soba1.JPG


お昼が終わると教会の会堂で今回のメインイベントである映画会。
会員みんなの事前の人気投票で「野のユリ」に決まっていました。


元ワーナー・ブラザーズ映画社の製作室長で字幕翻訳を専門としてこられた、FBフレンドの小川政弘さんが映画上映の前に見るべきポイントを簡潔にお話しくださり、さらに上映後には再びこの映画の特徴や教えられることを解説してくださいました。


ogawa3.JPG  amen3.JPG


昔、この世界で有名だった故淀川長治氏顔負け、というよりはるかに淀川氏をしのぐ小川さんの名解説が私たち参加者全員の心を完全にとらえ、魅了しました。
映画だけだったら、「ふーん、なるほどね」で終わっていたところが、小川さんの解説がつくと映画の価値がそれこそ何百倍にもなり、みんな驚きました。


この映画で主演のシドニー・ポワチエは私の好きな俳優ですが、主演男優賞およびゴールデングローブ賞主演男優賞をダブル受賞するという歴史的快挙を遂げています。


「人間のエゴイズムは他者への感謝で乗り越えられる」という本当に素晴らしい映画です。お時間の許す方はぜひ映画の1シーンですが下の動画をご覧になってください。
お薦め度 No.1のシブいけど、スマートで後味のとても良い映画です。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

信じることの大切さ

2014.06.30日

「信じてくれてありがとう」


 私はニューヨーク市内の心療内科クリニックで働くソーシャルワーカー。といっても、まだ経験も浅いため、勉強しなければならないことはたくさんある。
 ある日、私のもとに別の心療内科の専門クリニックから、ローズという20歳の女性が紹介されてきた。ところが、カルテはもちろん、いままでの診療記録も届いていない。とまどっている私に、所長は言った。「とにかく話を聞いてあげなさい」。
 会ってみると、ローズは精神的に異常があるというより、孤独で、屈折した女性という印象だった。ただ家庭環境が複雑なうえ、気持ちをわかってくれる人に恵まれず、これまで病院でもきちんと話を聞いてもらったことがないようだった。
 話を聞いてあげると、彼女は進んで話をしてくれた。生きがいの感じられる仕事、安心して住める場所、温かい人間関係があれば、きっと新しい人生を始められるに違いない。私も何とか彼女の力になりたかった。こうして私たちはすっかり意気投合し、みるみるうちに彼女の生活にも変化が現れた。
 順調に診療が始まってから1か月過ぎた頃、やっとローズの診療記録が届いた。何と、その書類は厚さ10センチにもおよび、数回におよぶ入院の様子も記録されていた。「この患者は偏執的分裂症のため、回復の見込みなし」と医師の所見が記されていた。
 しかし、私の知るローズはそんな人ではなかった。そこで、こんな書類は一切無視することにした。この体験のおかげで、診断が100パーセント正確だとは限らないということもわかった。
 彼女の話から、彼女が入院生活でどんなにおぞましい目にあってきたかもわかった。薬づけにされ、隔離され、辱(はずかし)められてきたのだ。そんな苦しい日々を、ローズは生き抜いてきたのだった。
 やがてローズは仕事を見つけた。そして家族と離れて暮らせる場所も見つかった。私のもとに通い出してから数か月後、ローズはある男性を連れてきた。彼は、ローズを心から愛している立派なビジネスマンであり、いずれは結婚するつもりだと話してくれた。
 診療がついに終わったとき、ローズは銀のしおりと、手紙をくれた。手紙にはこう書かれていた。「私のことを信じてくれてありがとう」
 いまでも私は、その手紙を肌身離さず持ち歩いている。これを見るたび、人にはどんな態度でどう接したらいいかを改めてかみしめる。これもみんな、「回復の見込みなし」というレッテルに打ち勝った勇気ある女性のおかげである。
ジュディ・テーテルバウム

(『こころのチキンスープ 7 夢中になれるものありますか?』 p.53-55 ジャック・キャンフィールド、マーク・V/ハンセン他著 ダイヤモンド社)


chickensoup.JPG


これは実際によくありそうな話です。
ここでは医者と患者のケースですが、学校において教師と生徒、教授と学生、企業における上司と部下、雇用人と被雇用者、家庭における夫と妻、親と子どもの間等など、いくらでもあります。
問題の根源は両者間の信頼関係の欠如と相手に対する思い込み、先入観、偏見です。このことを上の
『こころのチキンスープ』から学び取りたいものです。

以前、「『ダメだ!』という言葉が人をダメにする」という記事の中に次のように書きました。
「教師があまりにも安易に吐く『ダメだ!』という言葉が、生徒をダメにしています。
そして、親が言う『ダメだ!』という言葉が子どもを、上司や同僚が言う『ダメだ!』という言葉が社会で働く人を、夫と妻がお互いにぶつける『ダメだ!』という言葉が夫婦関係を壊しているのです。
スタント教授に習って、私たちは相手の可能性を信じ、『やればできる』という人を生かすメッセージを周りの人たちに送り続けなければなりません」


信じることの大切を再確認しましょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

母が残してくれた最高のプレゼント

2014.06.25日

一昨日の続きです。
さて、母が残していってくれた素晴らしいプレゼントとは・・・


数日前、「運命の出会い」の中に、
そして、まさにここでそれこそ「千載一遇のチャンス」となる出会いがあったのです。
ここは大きな教会だったので、神学生は男性・女性それぞれ3名ずつが遣わされたのですが、その中の一人が将来の私の妻となる人だったのです。

と書きましたが、この神戸中央教会での妻との一緒の奉仕はわずか3か月あまりだけでした。
私が休学して翌年4月に復学した時には、すでに妻は神学校を卒業し、伝道師として遠くの教会に派遣されていたので入れ違いになっていたのです。


普通だったらこれでもう終わりなのですが、母が天国に帰った時にこんな出来事がありました。
妻と同じ教団から献身して神学校に来ていた先輩のIさんという人が奉仕で母教会に戻った際、妻に出会い、そこで私の母が召天したことを伝えました。
それを聞いた妻が私に慰めと励ましの手紙を送ってきてくれたのです。
神学校の私のメールボックスに差出人名のない1通の手紙を見た瞬間、なぜか直感的にこれはきっと"あの姉妹"からだと思い、封を開けると私の第六感は当たっていました。
ごく普通の内容の慰めの手紙で、私もごく普通の感謝の返事を書きました。
私の返事に対してまた彼女から返事があり、というふうにして自然と文通が始まりました。しかし、なんとなくこれはただ事ではないという、またしても第六感が私の心に語りかけていました。


私は子どもの頃からどういうわけか、この「第六感」というのがとても発達していて、小さい頃から自分が思い描いたことがそのとおりに実現する、ということが数えきれないほどあったのです。
そうすると数か月後に彼女から来た手紙の末尾に次の聖書の言葉が書いてありました。
「あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」
(マタイによる福音書28:20)
そこで、私が彼女に宛てた返事には最後に次のみ言葉をもって締めくくりました。
そこでイエスは答えて言われた、「女よ、あなたの信仰は見あげたものである。あなたの願いどおりになるように」。
(マタイによる福音書15:28)


canan.jpg


このようにして私たちは母の召天から1年半後の3月に、「千載一遇のチャンス」となる結婚へと導かれました。これが母が残していってくれた私たちへの最高のプレゼントでした。
私は関西聖書神学校を自主退学し、アメリカのタルボット神学校の残りの2年間の学びを続けるために二人でアメリカに渡ったのでした。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

亭主元気で留守がいい

2014.05.18日

昨日は礼拝後、妻と一緒にいつもの湘南平塚海岸に行って、持って行ったチェアに座ってお昼のお弁当をいただきました。
その後、砂浜を歩いて波打ち際まで行き、波の音を聴き、周囲の大勢の人たちを見ながら、いろいろなことを話しました。
夫婦水入らずの時です。


hiratsukakaigan.JPG

その時、ふと昔よくやっていたテレビCMを思い出しました。
「亭主元気で留守がいい」



うちなんか、お互いに依存心が強いせいもあるのでしょうが、仕事を含めこれまではほとんど四六時中一緒でした。
最近になって私の健康快復のためのウォーキングなどで、仕事も以前のように常に一緒ではなくなり、少しずつお互いに独立(?)してきました。
でも妻に言わせれば、上の「亭主元気で留守がいい」というのは信じられないないようです。


そういえば、昔、成人英会話クラスを教えていた時、大手商事会社を定年退職したばかりの男の方が女性に混じって入っていました。
年の頃にすれば、おそらく今の私とほとんど変わっていなかったのでしょうが、ご年配に感じ、貫禄と存在感、また発言力のある方でした。


一度、この方がご自分の家でクラスをやって欲しいとおっしゃり、クラスのメンバーみんなでお邪魔しました。
とても素敵なお家で、愛犬が家の中で飼われていました。
奥様も隣の部屋にいらっしゃるのですが、私たちのところには顔も出されず、お茶の用意もご主人一人で全部やっておられました。


気づくと、ご主人は犬には頻繁に話しかけ、その犬が今度は奥様のところへ行き、奥様も何やら犬に話しかけていらっしゃいます。
犬はまるで通訳のようにご主人と奥様の間を行ったり来たりしながら、二人の間を取り持っていたのです。


このご家庭では、まさに上の「亭主元気で留守がいい」そのもので、二人の間には普段から一切会話がなく、それこそ
「風呂」「メシ」「寝る」
の口だったそうです。


せっかくお子さんたちがみんな独立し、夫婦だけで暮らしていらっしゃるのだからもっと仲良くされたら毎日が有意義で楽しいだろうに、と思ったことでした。


日本にはどうやらこのような夫婦が結構多いようで、だから「亭主元気で留守がいい」のようなCMが人々の共感を呼び、受けるようです。
でも、これは本当にもったいない。


私たち夫婦は、いつでもどこでも一緒にいるので、どこに行っても「ご夫婦仲がいいですね」と言われます。今日も教会で言われました。


仲が悪いよりいい方が良いに決まっているじゃないですか。
でも、そのためには普段からお互いに何でも心を割って話し合えるような場を意識的に作って、心にあることを伝え、コミュニケーションを図るようにしておかなければなりません。


この後、私はさらに歩いて日本最初の海水浴場、大磯海岸に行きましたが、平塚湘南海岸と違って閑散としていてちょっと寂しく思いました。
ここは昔、教会をやっていた時、洗礼式をやった思い出深いところでもあります。
今日はわりと暖かかったので、平塚でも大磯でも海の中に入って遊んでいる子どもたちが何人かいました。
平和な感謝の一日でした。


oisokaigan3.JPG


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

昨日は美女とデート!

2014.05.16日

昨日は美女とデート。
午後1時に平塚駅で待ち合わせ、平塚駅南口から海岸に向かう途中にある美味しいパスタ店でお昼を一緒にいただき、話題が尽きず2時間おしゃべりしました。
そして海岸まで歩き、波打ち際を散歩。感激した彼女ははしゃぎながら駆けて行き、靴を履いたまま海水の中へ。


hikari1.JPG


10日前には彼女のお母さんと同じ場所でデートしたばかり。
お母さんと一緒に撮ったのが左の写真。同じところで写真を撮ろうと思って今日も彼女をその場所にお連れしたところなんと十字架がなくなっている。残念!左の写真の十字架についている紙には「違法建造物」と書かれていて撤去命令が出ていたのです。
そこで海をバックに彼女と一緒に「ピース」して記念写真を撮りました。ちょうど親子ぐらい年が離れているのですが、まるでナイスカップルのよう?
(写真をクリックすると拡大されます)


motomi.JPG hikari.JPG


実はこの母娘、今年の1月に「最高の一日」の中でご紹介したFBフレンドの田中さんです。
この時、伊豆の別荘にご招待いただき本当に文字通り「最高の一日」を過ごさせていただいたのですが、その後もこの別荘をご厚意で使わせていただいたりして大変お世話になっています。
ご長男の晴也くんがこの年末年始に、ロサンゼルスを訪れ直人と親しいお交わりを持たせていただいたのがきっかけで、ご家族みなさんととても親しくなりました。そして、上のお写真のご長女のひかりさんも先月末に1週間ロサンゼルスを訪問し、やはり直人とお交わりさせていただいたのです。


今日はこの後、先日お母さんとご一緒に腰かけてお話したりお祈りした同じベンチのところで、ひかりさんとお話ししたのですが、あっという間の3時間でした。ロサンゼルスのお話しに始まり、これまでの信仰の軌跡について、また私自身のこれまでの人生のお話など話題は尽きませんでした。
驚いたのは、お母さんもそうでしたが、ひかりさんも私の過去のブログ記事をよく読んでくださっていて、いろいろな出来事や経験をとてもよく覚えていてくださったことで感激しました。
でも話の主人公は初めから終わりまでずっと神様で、ひかりさんの口から、「舟田先生がいつもおっしゃっている『ひも』ですね」という言葉に、私もそれを改めて強く感じました。
そしてふたりで神様に心から感謝して、一緒にお祈りの時を持ちました。
駅でお見送りしたときにはお会いしてから6時間が経っていました。


家に戻ったのは夜の8時近く。
今日歩いた時間は3時間、距離は16kmでした。
私が今年の目標としている心身魂脳の健康にとてもいい一日となりました。
感謝!


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

舟田式ひも勉強法 その13

2014.05.07日

 13. 勉強を面白くさせるのは...
昨日の記事「12. だから勉強は面白い!」の中に、「教育専門家や教師が勉強とはつまらないもの、というような考え方をしていたら、子どもに勉強の面白さを伝えることができるわけありません」と書きました。
本当に学校の授業が正直つまらないです。
私自身、小学生から高校生まで勉強というものはつまらないものだ、と思い込んでいました。


しかし大学に入って初めて、勉強の面白さを体験しました。
時間や空間を超えて、縦横無尽に細かくひものようにつながっている学問の奥深さに触れて、勉強のとりこになりました。
あれほど勉強嫌いだった私が、その後、34歳で最終的に学校を卒業するまでずっと勉強し続けることとなり、さらに今、この勉強の面白さを教育の実践の場である塾で講師や生徒たちに伝えたり、ブログで皆さんにお伝えしたりする、いわば勉強の伝道師のようになったのです。
長い道のりでした。大学生になるまで誰も勉強の面白さを教えてくれなかったのです。


しかし、今になって考えてみると、確かにつまらない授業をして私を勉強嫌いにさせていた学校の先生達や日本の教育制度にも責任はありますが、実はもっと別のところに本当の責任があることに気づかされます。
その「責任」とは...


もう何年も前のことになりますが、数学や理科が大好きでかなりできる生徒がいました。
国語も社会も頑張ればそこそこできて、学校のテストでも結構いい点数が取れるのですが、どういうわけか英語に関しては単語は覚えられない、文法の基礎は何度やっても理解できないのです。
理解力はあり、頭もいいのにどうしてこの子は英語ができないのだろう、と不思議に思っていました。
ある時、この生徒とゆっくり話す機会があり、私は彼女にその理由を尋ねました。
「英語なんてどうせやっても何の役にも立たないし、やるだけ無駄」
「どうしてそう思うの?先生なんかは英語をやってきて今、いろんなところでとても役立っているし、英語の勉強が楽しくて仕方がないよ」
「えっ、うそでしょ。英語の勉強が楽しいなんて。だって、私の両親は二人とも学生時代、英語が嫌いで苦手でした。両親は、英語なんてつまらないし、やっても絶対に役立たないっていつも言っています」


「ははーん。なるほど、そうだったのか。
この生徒が英語嫌いで、勉強しようとせず、頭から英語なんてやったって何の役にも立たないと言っていたのは、両親の刷り込みだったんだ」
その後、単語の覚え方や文法の基礎を繰り返してやって、ようやく英語がまあまあできるようになり、高校受験では成功して、本人が高めに設定していた第一志望校に合格することができました。



そうです。日本の教育制度や学校の教師や授業を云々する前に、親の勉強に対する姿勢が子どもに一番大きな影響を与えているのです。
確かに、勉強に限らず、スポーツや趣味などにおいても、親の好みや考え方が子どもの人生に大きく影響しているのは、自分自身、あるいは周囲を見ても明らかです。
親が子どもに名前をつける時点で、親は子どもにある種の期待をかけています。


有名なスポーツ選手の名前などにそれがよく表れています。
私の場合、父が英語が好きで、外人と英語でペラペラ話し、冗談を言い合って大声で笑っているのを見て育ち、また私に「譲二」(ジョージ)という名前をつけてくれたお陰で、私は幼い頃から英語が好きで、将来は絶対に英語ができるようになると信じて疑いませんでした(「意思あらば道通ず」)。
しかし、運動音痴だった父は、スポーツの面白さをまったく教えてくれず、何も習わせてくれませんでした。父を責めるわけではありませんが、スポーツを経験しないまま育った私も父同様に運動音痴になってしまいました。


本をよく読む親の子どもは読書好きに育ちます。
野球が好きな親の子どもは野球が好きになります。
しばしば政治家の子どもが政治家になり、宗教家の子どもが宗教家に、スポーツ選手の子どもがスポーツ選手に、芸術家の子どもが芸術家に、教育者の子どもが教育者に、音楽家の子どもが音楽家に、俳優の子どもが俳優になったりするのも同様です。
親の責任、大です。
子どもが勉強を面白いと感じ、好きになるための一番の責任者は親です。
そして、これが親から子へ、子から孫へと、順々にひものようにつながっていくのです。
何事においても手遅れということはありません。気づいた時がスタートする最善の時です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

一人ひとりの個性を尊重

2014.04.29日

昨日、「舟田式ひも勉強法 その5」まで書きましたが、実はこのシリーズまだ当分続きます。
ずっと同じような話が続くと皆さんに飽きられるかもしれないと思い、今日はちょっと脱線です。
とは言っても、本当の脱線ではなく、今お話ししていることに関連はしているのですが。


今、毎日ウォーキングをしていることはこのブログでこれまで何度も書いてきています。
普通はだいたい2時間、13kmほど歩いているのですが、昨日は2時間43分あまりで約16km歩いてきました。
いつもの金目川沿いのサイクリングロードの散歩コースです。


uguisu.JPG


ここはいつも歩いていると、最近では田舎でもあまり聞かなくなったといううぐいすの鳴き声が、上の写真の木立の辺りから、またそのほかの場所でも毎回聴けるのです。
朝、歩いている時にはうぐいすが私に、
「おはよう!」
と語りかけているような気がし、帰り際、とくに夕方などは
「お帰り。お疲れさま!」
と言ってくれているように感じます。
それに対して私も
「おはよう」とか「ただいま」と祈りの中でうぐいすさんに答えています。


さて、うぐいすの鳴き声と言えば、だれでも知っているあの有名な歌。
1. 梅の小枝で うぐいすは
  春がきたよと うたいます
  ホウ ホウ ホケキョ
  ホウ ホケキョ


2. 雪のお山を きのう出て
  里へきたよと うたいます
  ホウ ホウ ホケキョ
  ホウ ホケキョ


昔、「物まね大合戦」とかいうテレビの番組に出た小学生の女の子が、実に見事にこのうぐいすの鳴きまねをして、だれが聴いても本当にうぐいすの鳴き声と思うほどそっくりで、この女の子がチャンピオンになりました。
日本では、うぐいすというと、その鳴き声はほぼだれでも「ホーホケキョ」と言います。



ところが、散歩しながらよく聴いていると、これが必ずしも「ホーホケキョ」じゃないことに気づきます。
私が気づいただけでも、たとえば、
「ホーホケホケキョ」「ホーホケキョケキョ」「ホーケキョ」「ホーホケッキョ」「ホッホーホケキョ」「ホッホッホッホーホケキョ」「ケキョケキョケキョ」「ホッホッホッホーホケキョ」「ホホホホホーケキョ」
などなど本当にたくさんのバリエーションがあるのに気づきます。
ところが面白いことに、外国人の耳にはこのうぐいすの鳴き声は「ホーホケキョ」とは聞こえず、
「スースチチュ」「スーチッチュ」「ルールキチュ」「フーフチュン」「ホーチポン」
などと聞こえるようです。
じつに面白いです。


これは動物などの鳴き声に限りません。
犬にあまり関心のない人にとって、犬は同じ種類の犬ならみんな同じ顔に見えます。
ところがある種の犬を飼っている人にとっては、よその同種の犬の顔を見ると明らかに違いがわかるのです。
これは猫や、その他なんにでも当てはまります。


一昨日、FBフレンドのSさんが、パンジーのこんな可愛い写真を載せていらっしゃいました。


panji.jpg


そして、次のように書いていらっしゃいました。
「みんな ソックリなようで、微妙に違う顔してますね(*^^*) どんなものにも唯一無二の顔がありますね(^_^)」


そうなんです。
ファッションに興味ある人には、人が身につけている服装はとても気になり、その特徴がすぐに目に入り、しっかりと頭の中に刻み込まれます。
何でもそうですが、興味あることには人間は非常に敏感に小さな違いに気づきますが、そうでない人にとってはみんな同じように見えてしまいます。


海岸でよく見かける鳩も、一見みんなそっくりに見えるのですが、よく見ていると1羽1羽みんな羽の色や柄が違うだけでなく、姿格好も、また顔すら違うし、行動も、声や鳴き方もそれぞれ異なるのです。


hato.JPG


ましてや、「人間においておや」です。
動物から見れば、人間はみんな同じように見えるかもしれませんが、我々人間同士は違いがわかります。
たとえ一卵性双生児で一見そっくりでも、親から見ていると顔や体つきだけでなく、性格や行動やさまざまな違いがはっきりと見えます。


私たちも人を見るときに気をつけなければならないのは、十把一絡げにしてはいけない、ということです。
一人ひとり顔や恰好が違うだけでなく、考え方も感じ方も表現の仕方も、歩き方や食べ方など行動も、すべてがみんな異なります。
この違いを私たちはその人固有のものとして受け入れ、尊重しなければなりません。


今、この「舟田式ひも勉強法」シリーズで繰り返し言っていることは、みんなそれぞれ個々の点から成っているのではなく、それぞれの点が集まって線になっている、ということですが、個々の特徴を尊重するとともに、個々バラバラに見るのではなく、その中に共通する線を見出すこと。これがとても大切なことで、これによって初めて、正しい人間関係を築くこともできるようになるのです。


ということで、今日はちょっと気分転換を図りました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

友達の友達は友達

2014.04.14日

ちょうど2年ぐらい前に、「43年ぶりの同窓会」「お父さ〜ん!」という記事に、高校の時の同窓会があったことを記しました。昨日はその第2弾、というか他の人たちは去年もやっていたようなので正確には第3弾なのですが、京都の植物園でお弁当を各自持ち寄りで集まり、旧交を温めるミニ同窓会が開かれました。
しだれ桜がちょうど満開で最高に美しく、一緒に歳取っている同窓生たちも桜に映えて一層若々しく、そして美しく見えました。来れる人たちだけで、というミニ同窓会でしたが45名も集まりました。
(下の写真は、いずれもクリックすると拡大表示されます)


shokubutuen1.JPG


私たちの頃は1学年のクラス数も生徒数も多かったこともありますし、今と違って男女間の交わりはほとんどなかったので、当時の女の子たち(現在は◯女)の印象が薄く、というか男同士でさえわからない人があまりにも多くてびっくりで、「初めまして、じゃないですが、私は舟田譲二です。失礼ですが…」と言ってお互いに自己紹介しなければなりませんでした。(ちなみに上のカッコ内の◯に入る文字は「熟」ではなく「美」です(^o^))。


shokubutuen2.JPG shokubutuen3.JPG

shokubutuen4.JPG shokubutuen5.JPG


みんなと別れて私は小学生当時6年間住んでいた家や、毎日遊んでいた賀茂川の辺りをちょっと散策しながら小学生時代を懐かしく振り返りました。


kamogawa.JPG


そしてその後、小学5・6年当時同級生だった近所の親友に電話をして、近くのモールで会うことに。京都に戻るたびに彼と会い、一緒に食事したりしていますが、今回は1時間ほどお話しして別れました。


つい2週間ほど前には、「50年振りのミニミニ同窓会」を中学2年当時の仲間二人と一緒にやったばかりです。
大学卒業と同時に故郷京都を離れアメリカに留学し、帰国してからは湘南地方に住み、なかなか同窓会なるものには参加できませんでした。
でも、ようやく時間も少し取れるようになり、またこのようにして旧友と会って昔を懐かしんで話すことが自分の健康のためにもとてもいいことがわかり、積極的に同窓会に出るようになりました。


昨日は、この高校の時のミニ同窓会のあと、さらに大きなおまけつきでした。
これまでこのブログに何度も登場していただいている、小学4年生の時の教育実習生だった先生とその後54年間(!)もずっとお付き合いが続いているのですか、ちょうど植物園の近くにご実家があるので、事前にご連絡して夕方お邪魔させていただくことになっていたのです。
前回お会いしたのは、去年の夏(「京都はとても暑く、私も熱かった!」)。なんか毎年お会いしているような感じです。
西村先生は私にとっては年齢的にはお兄さんなのですが、まるで父のような存在で、何かあるとご相談に乗っていただいたり、アドバイスや励ましをいただいたりで、いつも本当にお世話になりっぱなしです。
今回もまたお会いする機会が与えられ、本来の目的だった高校の同窓会以上にこちらの方がメインイベントのような感じになりました。


もうこれまでに何度もお宅に泊めていただいているので、「ただいまー!」とまるで実家に帰ってきたような気がするほどです。
しばらくご夫妻とお話しして、夕食に出かけることになりました。
なんと行き先は私が小学生の頃住んでいた家のすぐ近く。ご夫婦でやっていらっしゃるとても素敵な京料理店で、小学校の時の同級生の家の隣です。


ここでまたまたびっくりの出来事が。
つい1時間前に「じゃあ、またね!」と言って別れたばかりの先ほどの親友Sくんが奥さんと一緒に入って来て隣の席に着いたのです。私は彼の声に気づいていたのですが、彼がいつ気づくかと思って黙って様子を見ていたら、ふとこちらの方を見て、目をパチクリ。一瞬何が何だかわからないといった表情でした。それからは、ご一緒していた西村先生ご夫妻とSくん夫妻との間でも楽しい話題が次々と持ち上がり、とても盛り上がりました。


fujiya1.JPG fujiya2.JPG


いただいたお料理はさすが本場の京料理、しかもこの二家族が常連客で懇意にしているお店というだけあって盛り付けから、一品一品もう芸術品とも言える最高のもの。
美味しいお料理に舌鼓を打っていたら私の携帯がなり、取ってみると昼の同窓会で一緒だったNくんから。
明日、京都駅を発つ時に見送りに来たいとのこと。ところが面白いことに、19歳の時にアメリカからうちにホームステイに来た交換留学生のエドくんを通じて、小学校時代のSくんと中高時代のNくんも友達(「意思あらば道通ず」)。そこで、電話を代わってまた二人の会話も盛り上がり、近く会う約束に。そして、Sくんと西村先生ご夫妻も親しくなって、今度は6月にこのお店でご一緒しましょうという話に発展。もうこうなると、偶然の積み重ねではすみません。
まさに「友達の友達は友達」を地でいく形となりました。最高に祝福された素晴らしい京都滞在の一日となり、「ああ、京都に来て本当に良かった」と、とても幸せな気持ちで床に就きました。


そして明けて今日、西村先生ご夫妻とお別れしてから、昨夜電話がかかってきたNくんと京都駅で午前10時半に会い、なんと4時間にわたり喫茶店でいろいろなことを話し合いました。


nakamura.JPG


電車がホームを出るまで付き合ってくれ、座席に着いて「ありがとう。またね」と口を大きく開けてお互いに言い、手を振りながらお別れしました。
つくづく私は幸せ者だな、と心から感謝しました。そして、これでもう半分以上、健康になった気持ちになりました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へにほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

◯◯◯が◯んだ、小指が痛い...

2014.04.11日

あなたがかんだ 小指が痛い
きのうの夜の 小指が痛い
そっとくちびる 押しあてて
あなたのことを しのんでみるの
私をどうぞ ひとりにしてね
きのうの夜の 小指が痛い


これは、伊東ゆかりの1967年の大ヒット曲「小指の想い出」の1番の歌詞です。
私とほぼ同世代の人だったら、ほとんどみんな無意識のうちに口ずさんだ経験があるのではないかと思うほど、当時はみんながこの歌を歌っていました。
意味も知らずに私も歌っていましたが、なんで「あなたがかんだ 小指が痛い きのうの夜の 小指が痛い」のだろう、とネットで調べてみたら結構ヤバイ内容のようです。それを国民みんなが知ってか知らずか歌っていたのす。


実は、私も今、小指が痛いんです。
でもそれは、当前のことながら「あなたが昨日の夜、噛んだ」からではありません。
今日のブログタイトルの
「◯◯◯が◯んだ、小指が痛い」
の◯に入る言葉は、
「わたしが転んだ」なのです。恥ずかしながら...
ついでに、その続きの部分はこのようになります。
「ひと月前の、小指が痛い」


ちょうど1か月前の今日、「心身の健康をあなたにも」という記事の中に、山梨県南都留郡(山中湖近く)にある美徳杜(びとくもり)に来ています、と書いてその中にテニスをしている写真を載せました。実はこの時、テニスコートの周りはすっかり雪に覆われていて、コートに降りる階段も雪が積もっており、しかもそれが凍っていたのです。手すりに捕まりながらゆっくり気をつけて一歩一歩降りていたのですが、底が丸い「健康になる靴」MBTを履いていたため、滑って大きく転んでしまいました。
その時、体を支えようとして右手を階段についた時、どうやら打ち所が悪かったようで、右手の小指をひどく痛めてしまいました。
でも痛みを我慢してテニスを続けました。撮ってもらった写真を見ると、ちょっと格好が悪いのは右手の小指が痛かったせいです(と、長年やっていなかったのを怪我をした小指のせいにする私です)。


tennis.JPG


夜になると小指が赤く大きくはれ上がり、美徳杜のスタッフの方に湿布をしていただきました。
数日、痛みは激しかったのですが徐々に引いていき、家に帰る頃にはかなり良くなっていたので、もう大丈夫と思っていたら、なんの1か月たった今もまだ痛いのです。
私のホームドクター(娘)によると、たとえ骨折していても固定しておけば自然とつながるものだ、ということで整形外科にも行かずにいたのですが、なかなか痛みが消えません。
食事するときに箸を持つのさえ不自由なぐらいです。
怪我をしてもう1か月もたつのに、生活のさまざまな場面で不便を感じています。


聖書に次のような言葉があります。
目は手にむかって、「おまえはいらない」とは言えず、また頭は足にむかって、「おまえはいらない」とも言えない。
そうではなく、むしろ、からだのうちで他よりも弱く見える肢体が、かえって必要なのであり...

(コリント人への手紙第1 12:21-22)


たった1本の、それも小さな小指。普段、小指のことなどまず考えもしない、まさに「からだのうちで他よりも弱く見える肢体(体の一部)」です。
しかし、この1本の小指が痛むと、身体全体が痛みを共有する。気分まで滅入ってしまうのです。
人間の体というものはこのようにできているのです。


そして、それは身体だけに限らず、家族や学校、会社や、どんな集合体も同様で、小さな目立たない人でもみんな絶対に必要不可欠な存在です。だれかが痛みを覚えると、みんなが痛みます。
こんな共生の家族や社会を、そして世界を、私たちは日常の生活の一場面一場面で目指していきたいものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人にして欲しいこと

2014.04.07日

8年前の誕生日・父の日(父の日は6月の第3日曜日で、何年かに一度私の誕生日と重なります)のプレゼントとして、アメリカにいる長男、直人が贈ってくれたものは『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』(かんき出版)という本でした。
なぜこんな本を送ってきたのだろうと、最初は意味がわからなかったのですが、読んでみると書かれていること一つひとつに「なるほど」と首肯することばかりで、数えきれないほど多くの大切なことを教えられ、息子に感謝した次第です。


教えられたことの一つはお客様に対するサービスの心です。
つい先日、次のような記事に出会いました。


ザ・リッツ・カールトンというホテルを知っているでしょうか?
「紳士淑女をおもてなしする私たちもまた紳士淑女です」というモットーが伝説となり、今では、日本で最もホスピタリティに富んだサービスを行うホテルとして不動の地位を築きました。
多くの人が、「リッツ・カールトンに一度でいいから泊まってみたい」ということを言います。
そんな伝説のホテル、ザ・リッツ・カールトンですが、このリッツ・カールトンにも、多くの伝説ストーリーがあります。
今日は、その中から一つ。
リッツ・カールトンに泊まっていた二人のご婦人が、部屋から出てきます。そして、廊下を歩きながら、こんな会話をしていました。
「今日で50歳か。嫌ね〜、年とるって。」
「まだまだ、若いじゃない!大丈夫よ」
その会話を、リッツ・カールトンのアルバイトの子が、ちょうど掃除をしていたので聞いていました。
そのアルバイトの子は、すぐに上司に報告。
そして、そのお客様を喜ばすスペシャルチームが結成されます。もちろん、リーダーはそのアルバイトの子。
そのご婦人の部屋にバースデイケーキを用意し、飾り付けやメッセージカードを置いておきました。
帰ってきたご婦人は、ものすごく感動したそうです。
どうですか?
なんか誰にでも簡単にできそうな話です。
が、これがなかなかできない・・・
よくアルバイトの子は、上司に相談したと思います。
普通なら、「え〜、誕生日なんだ〜」ぐらいで終わってしまいます。
常に、お客様を喜ばすことをミッションとして考えていなければ、できないことです。
そして、この話には続きがあります。
実はこの誕生日だったご婦人は、某上場企業の社長の奥さまだったのです。このことは、後でわかったそうです。
そして、このサプライズにいたく感動したご婦人は、社長であるご主人に報告。
社長は、数ヶ月後に予定していた会社の創立祝いのパーティーを、他のホテルからリッツ・カールトンに変更したそうです。
そのパーティーの予算は、数千万円だったそうです。。。
アルバイト一人のホスピタリティが、数千万円の売上を生んだわけです。


昨日、駅ビルのレストラン街の中のうどん屋さんでお昼をいただきました。
私の健康上の食事制限もあり、食べられるものが限られていて、妻には申し訳ないのですがどうしてもこういったあっさりしたものになりがちです。
このお店は、以前もやはり別のうどん屋さんが入っていたのですが、数年前に改装しオーナーも変わって新たにオープンしました。
前の店にも何度か行ったことはあったのですが、正直それほどお気に入りではありませんでした。
「仕方なく」という感じでした。シートはあちらこちら破れていたり、店員の態度もつっけんどんで店の雰囲気があまり良くありませんでした。


新しく生まれ変わったこの店に入ってみると、メニューはすっかり変わり、店内も非常に明るく、きれいになっていました。


udon.JPG


さらに一番驚いたのは、このお店の店員の接客の丁寧さ、愛想良さ、丁寧な言葉遣いです。
アルバイトの若い店員なのですが、みんないつもニコニコしてとても丁寧に、しかも明るく客に接します。
もちろん、うどんそのものの味も前の店と比べてはるかに美味しいのですが、いつも人気で客が外で列を作って待っているのです。
客層も若いカップルから親子連れ、家族連れ、中高年のおひとりの方、とほぼ全世代にわたっています。


やっぱり大切なのは、客を大切にする心です。これはどんな職業にも通じます。冒頭に挙げたリッツ・カールトンのケースもまったく同じです。


聖書にも、
「人々にしてほしいと、あなたがたの望むことを、人々にもそのとおりにせよ」
(ルカ6:31)
という言葉がありますが、これはいつの時代、どこの国、どんな職種にも、そしてあらゆる人間関係など、すべてに共通する真理です。
これをきっちりやっていれば、結果は必ずあとからついてきます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

おお、オードリー!

2014.03.27日
hepburn.jpg


昨日、FBフレンドのSKさんのタイムラインに、故オードリー・ヘップバーンさんのことが書かれていました。
「心に響く真の美しさ、絶世の美女【オードリーヘップバーン】が愛した詩」というタイトルで次の詩が紹介されていました。(実際に紹介されていたのは一部でしたが、全文をここに引用します)


時を越えた美しさの秘密


魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい。
美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。


物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、何度でも再出発することができます。
誰も決して見捨ててはいけません。
人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。


年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。
ひとつの手は、自分自身を助けるため、もうひとつの手は他者を助けるために。


女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。
女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。
女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。

- サム・レヴェンソン


オードリー・ヘプバーンがとても好きだった詩で、亡くなる年の最後のクリスマス・イヴに、2人の息子、ショーンとルークに読み聞かせたものだそうです。
この詩の原文は、アメリカの詩人サム・レヴェンソンが孫娘の誕生に贈った手紙にあり、彼の詩集『時の試練を経た人生の知恵』に収録されているものです。


私は若い頃からヘップバーンの大ファンで、おそらく彼女の映画は全部、それも何度も繰り返し観たのではないかと思います。
また、映画界から引退してからはユニセフ親善特別大使として全世界を飛び回って活躍していらっしゃったことも、彼女に非常に好感を持っている理由になっています。
63歳という若さ(今の私の年齢)で亡くなったオードリーの晩年はもちろん若い頃のような可愛さや華やかさはありませんが、内側からにじみ出る美しさがとても印象的でした。


Audrey10.jpg


さすがに、上に引用した詩が大好きだと言っていたオードリー・ヘップバーンだけのことがあります。
まさに彼女はそのような素晴らしい人生を送った方だと思います。
私たちも彼女に見習いたいものです。
おお、オードリー!


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

代価と代償

2014.03.20日

昨夜、自宅の机につけてある蛍光灯スタンドの球が切れました。
そこで今日は雨でしたが、近くの◯◯電機まで歩いて買いに行くことにしました。
本当は低気圧のせいか気分はかなり滅入っていて、昼食後はそのまま布団に入ってひと眠りしようと思っていたのですが、気分転換のために思い切って傘をさして出かけました。
一昨日、昨日と違って今日はかなり寒く、また冬に戻ったような感じでした。


◯◯電機で型番を伝えて店員さんに探してもらったところ置いていないとの返事。
近くだったら☐☐☐☐ホームセンターさんにあるかもしれないと言われ、思い切って足を伸ばすことにしました。
ところがここにも置いてなく、◯◯◯◯ホームセンターだったらあるかもしれないとのこと。
そこまでは歩いて1時間以上かかりますし、しかもこの雨と寒さの中。もうあきらめることにしました。
そして、そこから引き返して家に戻ろうとしたのですが、せっかくここまで来たのだからもうちょっと足を伸ばして、いつもの散歩コースを逆回りで海岸まで行こうと思いました。


途中、だんだん横殴りの風が強くなってきて、雨が容赦なくズボンや傘をさしている上着にも打ちつけます。
でもこうなったら最後まで歩きとおそうと心に決めました。


歩いているうちに体が温まると同時に沈んでいた心も少しずつ明るくなってきました。
いつものように歩きながら声に出して祈り始めました。
「神様、感謝します。感謝します。感謝します」と言っているうちに、感謝すべきことが次から次へと頭に浮かんで、感謝は途切れません。
今年、私に与えられている聖書の言葉、
「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです」
(テサロニケ人への手紙 第1 5:16〜18)
が頭に浮かんできました。


そういえば、最近「喜ぶ」ことが少ないなぁ...、と気づき、喜ぶべきことをまた一つひとつ数え上げながら感謝を神に捧げました。


そうしているときにとても大切なことに気づきました。
「そうか、今、雨の中を歩いていてずぶ濡れになっているけど、これは健康になるための代償なんだ」と。
「代償」というのは、「目的を達するために、犠牲にしたり失ったりするもの」というような意味です。
ウォーキングという時間や労力、そして今日の場合は雨に濡れるという犠牲を払って、健康を得るのです。


私たちは日常生活の中で、常にさまざまな「代価」を支払って、何かを成し遂げるための犠牲や代金などを支払っています。
家で使っている電気や水道・ガス、インターネットや携帯電話、食品、着物等など、すべて代金を支払ってその恩恵にあずかっているわけです。


上に挙げた「代償」と言うとなにか自分が損をしているような感じがしますが、この「代価」という言葉を使うと益を被る、というプラス面がクローズアップされます。
私は今、毎日、玄米採食を中心とした食事療法をしていて、以前大好きだったラーメンや焼き肉やギョーザ、ピザ、ケーキやアイスクリームなどといったものは一切食べていません。
また、今日も雨の中約12キロほど歩いてきましたが、このウォーキングも時間や労力といった犠牲が伴っています。
しかし、今、自分が一番求めている健康を得るためには、このような「代償」は全然痛くもかゆくもありません。
なぜなら、その結果、自分が一番求めている「健康」を手に入れることができるからです。
ですから、私にとってはこれらは「代償」ではなく、むしろ喜んで捧げる「代価」なのです。


このように考え始めると、もうウォーキングも食事療法も全然苦痛ではなく、むしろ楽しんでできるようになります。
生徒や学生にとっての勉強だって同じです。
試験のためとか、仕方なく、あるいはいやいややっていると、これは「代償」で、身に着くものも着かなくなってしまいます。
それに対して、多くの子どもたちが学校の部活などでサッカーや野球などのスポーツには喜んで、時間も労力も捧げます。
これはうまくなる、レギュラーになって試合に出る、試合に勝つ、などの対価が得られる「代価」だからです。


私たちはやることなすことすべて、自分の益のために「代価」を払っていると思えば、同じことをやっていても全然苦痛ではなくなり、むしろ楽しいこと、喜ばしいこととさえなるのです。
同じ生きるのなら、そのような生き方をしないと損じゃないですか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

心のこもったサービス

2014.03.14日

今、5日間お世話になった富士山麓の美徳杜を出て、平塚の自宅に向かう車中です。
本当に数え切れないほどたくさんの恵みをいただき、感謝に絶えません。


昨日の朝食時、普通だったら誰も気づかないようなちょっとした出来事がありました。
長野眞弓代表が、箸に手をつけず次のように尋ねられました。


「ディズニーランドのリピート客は何%ぐらいだと思いますか?」
「来客のほとんどじゃないですか」と私。
「97.5%です」と長野さん。
続いて長野さんは次のようなお話をしてくださいました。


ディズニーランド内にあるレストランで、若い夫婦がお子様ランチを注文しました。
お子様ランチは、メニューには9歳以下と書いてあります。
マニュアルでは、子どものいないカップルに対してはお断りすることになっています。


しかし、そのキャストは、
「失礼ですが、お子様ランチはどなたが食べられるのですか?」と尋ねました。
奥さんが、「死んだ子どものために注文したくて…」と答えました。
「私たち夫婦は子どもをなかなか授かりませんでした。
やっと待望の娘が産まれましたが、身体が弱く、一歳の誕生日を待たずに神様のもとに召されたのです。
私たち夫婦は泣いて過ごしました。子どもの一周忌に、いつかは子どもを連れて来ようと話していたディズニーランドに来たのです。
そしたら、ゲートのところで渡されたマップに、ここにお子様ランチがあると書いてあったので思い出に・・・」
そう言って夫婦は目を伏せました。


キャストの青年は、「どうぞこちらの方に」と言って、夫婦を四人がけの家族テーブルに移動させ、子ども用の椅子を一つ用意しました。
そして、「子どもさんは、こちらに」と言って、亡くなった子どもが生きているかのように小さな椅子に導いたのです。


しばらくして、運ばれてきたのは三人分のお子様ランチでした。
キャストの青年は、「ご家族でゆっくりお楽しみください」と声をかけて、その場を立ち去りました。


後日、ディズニーランドに、このご夫妻からお礼の手紙が届きました。
「お子様ランチを食べながら涙が止まりませんでした。まるで娘が生きているかように家族の団欒を味わいました。
こんな娘との家族団欒を東京ディズニーランドでさせていただくとは、
夢にも思いませんでした。これから、二人で涙を拭いて生きて行きます。
今度はこの子の妹か弟かを連れてきっと遊びに行きます」


長野さんはこの逸話を通して私たちにとても大切なことを教えてくださいました。
マニュアル通りでなく、その場の空気を読んで臨機応変にお客様にサービスすることを、ディズニーランドでは徹底してすべての従業員に対して教育している。私たちもこれを見習わなければならない、と。


実は私も2年前に「ディズニーランドなう(続き)」という記事を書き、ディズニーランドの最大の特徴である「サービス精神」と「夢はかなう」というメッセージについて書いたことがあります。
長野さんは、このことを私たちに日常の生活の一コマの中で実に見事に教えてくださいました。


今回の私の休暇は、心身魂脳ともにしっかり休息と栄養をいただくことのできた、実に最高の時となりました。
お招きくださった長野さん、そして心のこもったサービスでお世話くださったスタッフの皆さんお一人ひとりに心より感謝いたします。
このような恵みの時を与えてくれた妻にも、そしてすべてを相働かせて最高の益に導いてくださった神様に感謝の気持ちでいっぱいです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

本物の夫婦愛とは

2014.03.04日
couple.jpeg


英語のことわざに次のようなものがあります。
"Keep your eyes wide open before marriage and half shut afterwards."
「結婚前は両目を大きく見開き、結婚してからは片目を閉じよ」


なるほど、確かに結婚前というのは相手のいいところばかりが見えて、結婚後はこんなはずじゃなかったなどと、悪い面ばかりが目につくというのはよくある話です。


昔、もう30年以上も前のことですが、英会話を教えていたとき、大手の商事会社を定年退職した方が通っていらっしゃっていました。
年齢は60歳をちょっと過ぎたころ。今の私とほぼ同じぐらいではないかと思うのですが、見た目はもう70歳ぐらいの感じ。
何十年と空手をやっていらっしゃってお体は健康そのもの。商事会社では英語も使っていらっしゃったので、とても積極的で結構話せました。でも自己流の英語で、発音も文法もまったくデタラメでした。


あるとき、ご自分の家でクラスを開きたいと申し出てくださって、私と一緒にこの英会話のクラスの仲間たちをご招待してくださり、お茶やデザートをご馳走してくださいました。
見ているとすぐ横に奥様がいらっしゃるのですが、私たちとは一切言葉を交わされません。それどころか、ご主人ともひと言も会話がないのです。
ところがどうしたことか、家の中で飼っている犬とは、ご夫妻ともによく会話をしていらっしゃいます。
犬が夫婦の間に入って、行ったり来たりして夫婦の間を取り持っているような感じでした。


これまでいく組かこのようなカップルを見たことがあります。
おそらくは、冒頭のことわざの真逆で、結婚前は片目をつぶり、結婚後は両目をしっかり見開いて相手の悪いところばかりを見て批判していらっしゃるのでしょう。
"Love is blind."
「恋は盲目」

ということわざもあるように、恋をしている間は相手のいいところばかりを見て、欠点には目をつぶっているのです。


ところで、神様はどうかというと、私たちのありのままを何から何まで、隅から隅まですべてご存じの上で、私たちをありのまま受け入れ、愛してくださっています。それこそ、両目をしっかり見開いてよくご覧になっていらっしゃるのです。
私たちが自分でも嫌になるようなところもすべてそのまま受け入れてくださっています。これが神様の無条件の愛です。


私たちも神様に見習ってと言うと少し大げさですが、結婚してからも両目を見開いて相手をありのまま、しっかり見ればいいと思います。片目をつぶって見て見ぬふりをするのではなく、むしろ、相手のいいところをもっと一生懸命探すように努めるのです。片目をつぶるからかえっていい面が見えなくなるのではないでしょうか。
もともと自己中心で自分勝手なのが人間ですから、だれでも欠点があるのは当たり前のことです。
自分がそうであるように、相手も同じなのだと受け入れる、ここが肝要です。自分が不完全なのに相手に完全を求めること自体が間違っています。


ですから、私は敢えて、
「結婚前は両目を大きく見開いて相手を見、結婚してからも引き続き相手をしっかり見て長所を探し、それに感謝せよ」
と言いたいのです。
感謝できることを探し始めると、不思議なほど次から次へと見つかるものです。
これこそが見せかけでない、本物の夫婦愛というものだと思います。
下の写真は「自分には◯◯できない」の中でご紹介した先天性四肢切断症のニック・ブイチチさんご夫妻です。
今もお幸せに結婚生活を続けていらっしゃり、去年にはお子様も与えられました。
お互いに両目をしっかり見開き、相手を見つめ、受け入れ、愛し、支え合っていらっしゃいます。


nick.jpg


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

先生たちの生徒への熱い想い

2014.03.01日

一昨日の記事「人生は長い」の中に、県立高校の合格発表の日の塾の様子を書きました。
これを読んだ方々からとても嬉しい励ましのお言葉を何人もの方からいただきました。
その一部を下にご紹介します。


「不合格になっても、きちんと報告に来れる生徒さんは、立派ですよね。そういう教育をされた、親御さんやアカデミーの先生がた、そして生徒本人に敬意を表します」


「本当に、ジ〜ンと沁み入りました。不合格の子どもも合格の子どもも、ずっとアカデミー仲間として、絆が続きますように!」

「不合格だった生徒のことを思うと胸が痛いですが、すべては神様の御手の中。 この挫折を味わったからこそ気づくことあり、また、目指していた学校には入れず、違う学校に入ったとしても、それはそれで思いもよらぬ出会いがあったり、思いがけない出来事が待っているんですね!気持ちを切り替えて青春をエンジョイしてほしいです」


「不合格の子どもたち、胸が痛む思い、よくわかります、私の次男はそうでした。受かる自信があったわけではなかったのですが。そして与えられて哀歌3章。主こそ私のすべてですというみ言葉を一緒に読んだとき、希望が生まれ、彼は定時制に進みました。もう一度来年受験すると言って。でも、一年後彼はそのまま留まりました。受験しなおすより、ここで高校生活を全うするという新しい目標が与えられたのです。定時制に通って知った多くのことが、彼を精神的に大人にしてくれました。同じ年の普通の高校生よりずっと精神的に成長しました。大学受験もしました。定時制に進んだ子は大学へ行く子が少ないのですが、あわれみによって、進学できました。そして今税理士という仕事が与えられたのはその時のおかげです。だから、不合格でも新しい道が備えられることを子どもたちに知ってほしいと思います」


長い人生、どこでどうなるか本当にわからないものです。私もこれまでそのような経験を数えきれないほどしてきました。
人生でおそらく最初とも言える大きな試練を経験した生徒たちが、このことを通して大きく成長することを心から願うものです。


ところで、このとき不合格の通知に一番に来た生徒はとくに人一倍一生懸命頑張っていた子で、口では「悔しい」と何度も繰り返していましたが、意外と表情は非常に明るく、私たちもホッとしました。
そして、その子がカバンから取り出して私に見せてくれたものは、下のようなうちの先生たち手作りのお守りでした。(下のものは先に私立の推薦で合格が決まっていた生徒のもので、「学業祈願」となっていますが、受験する生徒には「合格祈願」となっていました。写真の中に書いてあった生徒の名前は消して◯◯に変えてあります。画像をクリックすると拡大され、小さな文字が読めるようになります)


%82%A8%8E%E7%82%E8%82P.JPG %82%A8%8E%E7%82%E8%82T.JPG


omamori2.png


omomori1.png


先生たちが何時間もかけて、生徒一人ひとりに合わせたメッセージを手書きで作り、「中3最後の授業」のとき、先生たちから生徒に手渡されたものです。
当日、インフルエンザで授業を休んだ生徒の上のお守りが残っていて、それをあとで見た私は大きな感動を覚え胸が熱くなりました。


これまでアカデミーでは毎年、受験の神様と言われる神社のお守りを先生たちがポケットマネーで買いに行ってそれをみんなに手渡していたのですが、今回は初めてこのような手作りによるものでした。
一人ひとりに違うメッセージが書かれているので、それだけ先生たちの想いや愛情が伝わったのだと思います。
報告に来た上の生徒は、「これは私の宝物。一生身につけて大切に使う」と言っていました。


私にとって生徒一人ひとりも宝物ですが、先生たちもみんな宝物です。本当に誇りに思います。
先生たちは一年間の労苦をいたわり合って、生徒たちの合格報告を受けてから二泊三日の関西方面への旅行に今日まで行っていますが、旅行が大いに祝福され無事戻ってきて、明後日からの新年度の授業にまた思いも新たに教壇に立ち、生徒たちへ愛情こもった指導をしてくださることを心から楽しみにしつつ、大いに期待しています。
先生がた、本当にありがとう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

もうひとつの飢餓問題

2014.02.21日
Brian2-.jpg


世界的に有名な経営コンサルタント、ブライアン・トレーシーについてはこれまでこのブログで何度も取り上げてきました(「不景気なときの最高の投資」ほか)。彼からの一昨日のメールマガジンに次のような言葉が紹介されていました。


"Three billion people on the face of the earth go to bed hungry every night, but four billion people go to bed every night hungry for a simple word of encouragement and recognition."
-- Cavett Robert
「世界中で30億人の人たちが飢えた状態で毎晩床に就いている。しかし、40億人の人たちはちょっとした励ましや褒め言葉に飢えた状態で毎晩床に就いている」
(キヤベット・ロバート)


うーん、なかなか鋭い指摘です。
確かに、世界中の飢餓の問題はよくあちらこちらで目にしたり耳にしたりして、みんなの知るところです。
しかし、飢餓人口よりもさらに10億人も多くの人々が「励ましや褒め言葉」に飢えている、というのはちょっとショッキングな話です。世界の総人口70億の半分以上ということです。
でも、言われてみれば、なるほど、さもありなんという感じです。


3年ほど前に、「豚もおだてりゃ木に登る」という記事を書きましたが、その後も繰り返し「褒めること」の大切さをこのブログで訴えてきました(このページ左上コーナーの「エントリー検索」に「褒める」や「ほめる」を入れて検索してみてください。きっとその記事の数の多さに驚かれることと思います)。


身の回りをちょっと見回してみてください。
あなたの励ましや褒め言葉を必要としている人が必ずいます。あなたのすぐ隣りにも、家族の中にも、学校や職場にも、友達の中にも。
「地球の飢餓を救え」などへの寄付行為もとても大切ですが、もっと身近なところで、あなたに今すぐにでもできる飢餓対策、それが「励ましや褒め言葉」なのです。


ただ、褒めることにも一つ注意しなければならないことがあります。
それは、「褒めて、褒めて、褒めまくれ?」の中に書きましたので、こちらをご参照ください。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

最高の二乗

2014.01.13日

子どもの頃から、寝るところが変わると興奮して眠れないことがしばしばでしたが、昨夜もその例にもれませんでした。
田中さんご家族の深いご愛に触れて興奮し、いただいたご馳走でお腹がびっくりし、身体が熱くなってなかなか眠れませんでした。


田中さんご一家は、無私の心で喜んで主にお仕えしていらっしゃる、愛に包まれた本当に素敵なご家族です。
この熱海の別荘を教会の青年会のために、ご親戚やお友達のために提供していらっしゃるということをお伺いして、頭が下がる思いがしました。
2階の1部屋は海が目の前に見える書斎ですが、私に本を書くためにいつでも泊りがけで来て使ってくださいなんて言われ、FBを通じてお知り合いになった私のような者にも愛を注いでくださり、感謝、感激です。
まるで、新たに兄妹、息子、娘が増えたような錯覚にとらわれたほどです。


会話の中で何か私のお証をすると、それブログ記事で読みました、と何度もおっしゃり、恐縮しました。ブログを読んでいる時に、リンク先が本文中にあると必ずその都度そこに飛んで読んでくださっているとのこと、ブロガーにとっては光栄の至りです。


今日は朝起きると、お嬢さんのひかりさんはお仕事ですでに6時半に電車で東京に戻られたとのこと。今日の一日、ご一緒できないことがとても残念でした。


朝食が終わると家の裏山を登りました。頂上からは富士山や大島などが見える絶景でした。


%92%B8%8F%E3.jpg


このあと、伊東市まで足を伸ばして連れて行っていただいたところは、ステンドグラス美術館。


%83X%83e%83%93%83h%83O%83%89%83X%82O.jpg


館内全部が聖書の出来事を絵にした美しいステンドグラスに包まれ、さらに100年ぐらい前のドイツ製のオルゴールの演奏やピアノとヴィブラフォンの生演奏、また結婚式場にも使われるホールでは、パイプオルガンの生演奏と、至れり尽くせり。
どの演奏も見事なもので、感動の連続でした。
ここは本当に皆さんにもお薦めのところです。
庭に出たところでパチリと1枚記念写真。


%83X%83e%83%93%83h%83O%83%89%83X%82P.jpg


ここを出て、今度はやはり目の前に海が広がるホテルの中のカフェで、軽い昼食。


%83J%83t%83F.jpg


もうこれで十分すぎるほどのおもてなしを受けたのに、さらに別荘近くの酵素風呂に連れていただきました。米ぬかと木のおがくずを混ぜた砂のようなところに20分ほど頭だけ出して寝そべり汗をびっしょりかいて、そのあとは露天岩風呂。
この酵素風呂も初体験ならば、上がってからの青汁と玄米餅も私にとっては初体験。


昨日が最高の日だと思っていたら、今日はさらに最高の二乗のような素晴らしい一日でした。


その時どき、お互いに心割っていろいろなことを話し合い、もうまるで旧知の仲のような感じで、田中さんご一家には、どれだけ感謝してもし切れないほどです。


平塚への帰り道、伊豆半島の一本道は連休のUターンラッシュで大渋滞。
でも、家の前まで送っていただき、これからも家族ぐるみで親しくお付き合いしましょうと言っていただき、今回はお仕事の都合で来れなかったご主人の勝己さんにも次回お会いできるのを本当に楽しみにしています。
また、4人のお子さん方のこれからの歩みのうえに神様の豊かな祝福をお祈りしてお別れしました。


田中さん、最高の二乗の週末を本当にありがとうございました。
「ありがとうございました」より他にもっと感謝の気持ちを伝える言葉はないものかと、じれったく思うこの二日間でした。
これから両家の親しいお付き合いが始まることを祈りつつ、また互いに誓い合ってお別れしました。
あっ、そうそう。あまりにも楽しい、幸せな二日間で心身魂脳の癒しにもなり、お陰さまでずいぶん元気になりました。それも併せて感謝して皆様にも報告させていただきます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

最高の一日

2014.01.12日

今日は朝の教会の礼拝に始まり、この礼拝に東京からいらっしゃったFBフレンドの田中さん母子に熱海にある別荘にご招待を受け、温泉や海の幸のご馳走、ご家族との親しいお交わりで、最高の一日になりました。


ご長男の晴也(ハルヤ)くんがこの年末年始にロサンゼルスに1週間いらっしゃり、そこでうちの長男の直人にお世話になったので、ということで今回のこの出会いが実現しました。カウンセラーを目指していらっしゃるご長女のひかりさんには、柿谷先生がやっておられるリアリティセラピーをご紹介し、空きが出る5月から学びを始められることも今日、決まりました。


教会を後にして、伊豆に向かう道は連休の観光客で結構混んでいて、ずいぶん時間がかかりましたが、車の中ではずっと楽しい会話が続き、あっと言う間に着いた感じです。


田中さんの別荘すぐ近くにある温泉旅館で、晴也くんとご一緒に温泉に入らせていただきました。
なんと目の前に美しい相模灘が広がる絶景の温泉です。妻がいつか海の見える温泉に行きたいと、ずっと前から言っていましたが、まさにそれをそのまま絵にしたようなところです。ご一緒だった方としばらくお話ししていて、写真を撮っていただきました。


haruya.JPG


このあと、田中さんの別荘に連れていただき、そこで夕食までの時間、親しくお話ししてお交わりしました。
FBでつながるまで、全く別の世界で生きてきた私たちでしたが、お話ししていると、いろいろなところで共通の知人や恩師などたくさんの接点があり、背後にある神様のご計画にみんな驚いた次第です。


この後、家からすぐ近くの和食料亭に連れていただき、そこでこれまで食べたこともないような海の幸のご馳走をいただきました。店のご主人がザルに入った生きたイカを持ってきて見せてくださり、しばらくするとそれが形を変えてお皿の上に乗って運ばれてきました。まだ足がピクピクしている超新鮮なものです。この他、さまざまな刺身やサザエの壺焼き、カニの味噌汁など、本当に豪勢なお食事で、ここ数年ずっと食事療法で粗食を食べていた私の胃はきっと驚いたことでしょう。



夕食後はまた別荘に戻り、私のこれまでの人生の証、信仰のお話など、話題は尽きませんでした。最後に、みんなで一人ずつ順番にお祈りし、神様のご栄光を崇めました。


クリスチャンの交わりがかくも素晴らしいものだとは、私にとっては本当に新たな発見のようでとても新鮮に感じ、大感謝の一日でした。まるで、信仰を共にするもう一つの新しい家族ができたような錯覚を覚えるほど、祝福された最高の時を過ごさせていただきました。
神様の恵みに心から感謝するとともに、田中さんご一家のご愛に胸を打たれた一日となりました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

明けましておめでとうございます

2014.01.01日

明けましておめでとうございます。
皆様、きっと素敵な元旦をお過ごしになっていらっしゃることと思います。


私たちは一昨日、神奈川県平塚市の自宅から車で名古屋郊外の妻の実家にやって来ました。
途中、足柄SAで休憩をし、美味しいお昼をいただきました。
とても良いお天気で、目の前に雄大な富士山が美しくそびえていました。




今朝は、いつものように岩倉キリスト教会の元旦礼拝に出席し、今年一年間のチャレンジをいただきました。


初めからあったもの、わたしたちが聞いたもの、目で見たもの、よく見て手でさわったもの、すなわち、いのちの言について。
このいのちが現れたので、この永遠のいのちをわたしたちは見て、そのあかしをし、かつ、あなたがたに告げ知らせるのである。この永遠のいのちは、父と共にいましたが、今やわたしたちに現れたものである。
すなわち、わたしたちが見たもの、聞いたものを、あなたがたにも告げ知らせる。それは、あなたがたも、わたしたちの交わりにあずかるようになるためである。わたしたちの交わりとは、父ならびに御子イエス・キリストとの交わりのことである。
これを書きおくるのは、わたしたちの喜びが満ちあふれるためである。

(ヨハネの手紙第一 1:1〜4)


「愛する人のために私たちは何をしてあげたいと思うか?
自分の一番大切なものを愛する人にあげたいものである。
神は愛する私たちに一番大切なもの、すなわち永遠の命を与えてくださった。
私たちは少しでも地上で長生きしたいと思う。しかし、地上での命には限りがある。大切なのはその後に続く永遠の命である。
私たちには永遠の命の完成という希望が、命の喜び、生きる喜びが神様から与えられている」


命の喜び、生きる喜び
これがあるのとないのでは、人生は180度変わってきます。
私は、この新しい一年、永遠の命を受けた者として、「命の喜び、生きる喜び」に満ちあふれた感謝の日々を送ろうと決意を新たにした次第です。


皆様の日々の生活の上にも、神様の豊かな祝福がありますよう心よりお祈り申し上げます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

メリークリスマス!

2013.12.25日
%83T%83%93%83%5E%83N%83%8D%81%5B%83X3.jpg


子どもの頃は、親からもらえるクリスマスプレゼントが楽しみでしたが、27歳の時に信仰を持ってからクリスマスの意味がまったく変わってしまいました。
クリスマスプレゼントを最後に誰かからもらったのはいつのことだろうと、思い出すことすらできません。
でも、今年のクリスマスは神様ご自身からエンデの『モモ』という素晴らしい本をプレゼントのようにして導かれ、読めたことを心から感謝しています。


昨日は「ミヒャエル・エンデ著『モモ』」について書きましたが、FBでかなりの反応がありエンデの人気作家ぶりをうかがわせました。
実際、FBには何人もの方が「大好きな本です」と書いてこられました。
私も
「エンデの作品は児童文学ですが、なんか大人向けにメッセージを送っているように感じます。
彼の深い感性にしびれました」
と書いたのですが、その後Wikipediaを見てさらに驚かされました。


『モモ』(Momo)は、ドイツの作家ミヒャエル・エンデによる児童文学作品。1973年刊。1974年にドイツ児童文学賞を受賞した。各国で翻訳されている。特に日本では根強い人気があり、日本での発行部数は本国ドイツに次ぐ。
1986年に西ドイツ・イタリア制作により映画化された。映画にはエンデ自身が本人役で出演した。
(中略)
ストーリーには、忙しさの中で生きることの意味を忘れてしまった人々に対する警鐘が読み取れる。このモモという物語の中では灰色の男たちによって時間が奪われたという設定のため、多くの書評はこの物語は余裕を忘れた現代人に注意を促すことが目的であると受け止めていた。しかし、エンデ本人が世の中に訴えたかったことは、この「時間」を「お金」に変換し、利子が利子を生む現代の経済システムに疑問を抱かせることが目的だった。このことに最初に気が付き、エンデ本人に確認を取ったのはドイツの経済学者、ヴェルナー・オンケンである。


いゃあ、私もごく普通に上の一般的な解釈である「この物語は余裕を忘れた現代人に注意を促すことが目的」と受け止めていました。
しかし、経済学者が指摘した「この『時間』を『お金』に変換し、利子が利子を生む現代の経済システムに疑問を抱かせることが目的だった」という解釈がエンデ自身の言いたいことだったというのには心底恐れ入りました。


実は私もまったくの素人ながら、現代世界において常識とされ、誰も疑問にすら思わない資本主義社会に一種の恐れすら感じている者です。だからと言って、共産主義や社会主義を主張するものではもちろんありませんが、貧富の格差が大きく、さまざまな社会的矛盾を抱えている資本主義が絶対とは決して言い切れないと思っています。
世界経済にいまだ尾を引いている7年ほど前のリーマンショックは、世界中の経済に大きな影響を与えました。
そういう意味もあって、私は現在の資本主義の社会構造が完璧な理想像とは思っていません。この点でもエンデと波長が合うのかもしれません。
今度はエンデの『果てしない物語』を読もうと思っています。


それにしても、私たちみんなに大きな影響を与えている経済不況、昨日発表された「安倍カラー」の予算案にも期待して、来年にはなんとか上向きになってもらいたいものですね。サンタさん、じゃなくて神様、よろしくお願いします。
そして、最後になりましたが、皆さん
メリークリスマス!


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

真の友、魂の家族

2013.12.19日




つい先日の「夕闇に輝く十字架」という記事の中に、三浦綾子さんの『生きること 思うこと』を読んでいると書きましたが、昨夜読み終えました。


なんかまるで私の心の中を見透かして書いていらっしゃるんじゃないかと思うほど、三浦綾子さんとは考え方や感じ方で波長が合うのを感じます。


三浦さんは作家デビューされる前、ご自宅で雑貨屋を1年ほど営んでいらっしゃいました。当時の時代背景が随所に見られます。
店先に置いてある赤電話を借りに来た人のことが書いてあったりして、「赤電話」と聞くだけで懐かしさがこみ上げてきます。


この『生きること 思うこと』が出版されたのは1972年のこと。すでにデビューして10年ほど経っていて、その間に次から次へと大ヒット作品を発表していらっしゃいますが、自分はまだまだ新人と、とても謙虚です。


さて、この本を書かれた頃、1970年と言えば私はまだ20歳の大学生です。今から40数年も前のことですが、昨夜読んだところに次のような箇所があり、驚かされました。
「友人とは何か。わたしの場合、お互いに何を祈ってほしいのか、わかっている間柄の人たちだと思っている。お互いの祈りの課題、それは、真の心の底を見せることであり、弱さを見せるこだと思う。この課題をお互いに祈っているならば、ふだん、特に親しく出入りしなくても、遠くに離れていても、わたしは深く交わっていることになると信じている」
(上掲書p.200)


えっ、これって今、最先端のFacebookのことじゃないの⁉︎
Facebookについては、今年に入ってからブログの記事の中でも度々書いてきました。
一例を挙げると、
「感謝!」「毎日の元気の源」「今日のデート その2」「Facebookよ、ありがとう!」「人生、悲喜こもごも」「初対面同士の再会?」「これからだ!」「子育て禁句のあいうえお その6」
等などです。


上に挙げた記事を順に読み返すと、初めのうちはFacebookのありがたさに感謝していたのが、これが次第に発展していって、FBでつながる人たちが増え、さらにこれらの方々と次々とお会いする道が開かれていったことがよくわかります。
さらに、ただ会ったというだけでなく、この中から祈りのグループが生まれ、遠く離れているにもかかわらず、これらのフレンドと毎日FB上でお会いし、お互いに祈り合い、固い絆で結ばれているという事実です。もう他人という気がしないのです。いわば、真の友、魂の家族です。


これはまさに三浦綾子さんが上でおっしゃっていることそのものではありませんか。
三浦さんご自身が40数年前にご体験していらっしゃったことが、今やこのインターネットという時代の落とし子のお陰で、私たちも同じ恩恵にあずかることができるようになったのです。


昨夜、上の本を読み終え、感謝の気持ちにあふれてしばし神様にお祈りしました。
そして、最後になりましたが、FBフレンドの皆さん、ありがとうございます。心から感謝しています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

現代版鼠(ねずみ)小僧 御用

2013.12.12日




 大阪府内の民家で空き巣を繰り返したとして、府警捜査3課は11日、同府和泉市池田下町、無職出水衛被告(48)(公判中)を窃盗容疑などで逮捕、送検した、と発表した。
 出水被告は飼い猫や野良猫計約120匹の世話で年間約900万円使っていたといい、「餌代を稼ぐために90回ほど盗みをやった」と供述している。
 発表によると、出水被告は7月17日、同市内の民家に侵入、現金やネックレスなど(総額22万円相当)を盗んだ疑い。府警は、昨年9月から逮捕される今年9月までの32件(総額1920万円相当)を裏付け、うち4件が起訴された。
 出水被告は、自宅近くに月3万円で倉庫を借りて猫約20匹を飼育。毎日、近くのスーパーで5キロ分のアジや鶏肉を買い、飼い猫だけでなく、市内の公園や駐車場などにいる約100匹の野良猫にも食べさせていた。
 以前は餌代をアルバイトなどで賄っていたが、2年前に失業したという。「猫を抱くのが至福の時だった」などと話している。

(12月12日 読売新聞 「空き巣で"稼いだ"900万、猫120匹の餌代」より)


この記事を読んで一番に思い出したのは、昔子どもの頃よく映画やテレビで観た「鼠小僧」でした。
以下はWokipedia「鼠小僧」より一部抜粋したものです。
「鼠小僧について『金に困った貧しい者に、汚職大名や悪徳商家から盗んだ金銭を分け与える』と伝説がある。実はこの噂は彼が捕縛される9年も前から流れていた。事実、彼が捕縛された後、役人による家宅捜索が行われたが盗まれた金銭はほとんど発見されなかった。傍目から見ると彼の生活が分をわきまえた慎ましやかなものであることから盗んだ金の行方について噂になり、このような伝説が生まれたものと考えられる。
しかし現実の鼠小僧の記録を見るとこのような事実はどこにも記されておらず、現在の研究家の間では『盗んだ金のほとんどは博打と女と飲酒に浪費した』という説が定着している



太字で記したこの解説の最後の部分は私にとっては初耳で、これまで映画やテレビを通して知っていた、英雄として描かれた義賊のイメージが強かったので、正直がっかりでした。


冒頭の記事「空き巣で"稼いだ"900万、猫120匹の餌代」の犯人は、自ら鼠小僧のようなつもりでいたのでしょうか。
万が一にも、猫を本当に自分の命のように愛し、どうしても見捨てておけなかったとしても、人の家に無断で入って盗みを働き、それを猫の餌代にしていたというのは、猫の神様がいたとしても、やはり認めてはくれないことでしょう。
もし彼が、毎日ドブ川の中に入って、猫の餌となる鼠や魚を獲っていたとしたら、これは本物の愛で、猫からも愛され、社会からも感謝されていたことでしょう。


義賊と言えば、中世イングランドのロビンフッドの物語が有名ですが、これは伝説上の人物です。
英語には、
Even Robin Hood was a thief.
(義賊とは言っても所詮は盗人)
という諺もあるほどで、やはり盗みは盗み、決して認められません。


「あなたがたは、その実によって彼らを見わけるであろう。茨からぶどうを、あざみからいちじくを集める者があろうか。
そのように、すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。
良い木が悪い実をならせることはないし、悪い木が良い実をならせることはできない」

(マタイの福音書7:16-18)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

サンタはやっぱり実在した!

2013.12.11日

santa.jpg
(釧路市立仁々志別小に届いた図書約千冊のうち、書架に仮置きされた約600冊)


 北海道釧路市阿寒町の小学校3校に、匿名の男性から計約3千冊(計約600万円相当)の児童向けの図書がプレゼントされていたことが10日、分かった。各小学校では「サンタクロースからの贈り物」と喜んでいる。
 釧路市の書籍販売会社「カトウ書館」によると、11月中旬に高齢の男性が訪れ、小学校3校を指定して「子どもが喜びそうな本を贈ってほしい」と注文、その場で現金600万円を支払った。男性は名乗らず、連絡先も言わなかったという。
 カトウ書館は百科事典や図鑑、児童向け小説や絵本を選び、3校に約千冊ずつ届けた。

(東京新聞12月10日 付「『サンタ』から小学校に本3千冊 匿名男性、北海道・阿寒町」より)


昨日、この記事を読んだとき、私の心は喜びであふれました。
「ああ、やっぱりサンタさんは実在したんだ!」


猪瀬東京都知事が、問題になっている特洲会からの5000万円授受の責任を取って、今後1年間の知事給料年額約2600万円を返上する、と言ったそうです。
今日の読売新聞「USO放送」には、「いいな 給料返上しても生活できて − 都民」とありましたが、本当にこれが一般庶民の正直な感覚でしょう。


都知事が年間給料2600万円を返上すると言ったのと、冒頭記事の高齢の匿名男性が現金600万円を持ってきて小学校に本を寄付したのとでは、天と地ほどの違いがあります。


先日、FB上に面白いことが書いてありました。
お寺の住職が近所の子ども達を集めてクリスマス会を開いていたそうです。その時、子どもからキリスト教会でクリスマス会をやっていることを聞いた住職が驚いて、
「へえー、キリスト教会でもクリスマス会やるのか」ですって。


サンタクロースの起源は日本ではあまりよく知られていないようです。
以下はWikipedia より一部抜粋。
 「4世紀頃の東ローマ帝国・小アジアのミラの司教、聖ニコラウスの伝説が起源である。
(中略)
ある日ニコラウスは、貧しさのあまり、三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知った。ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、屋根の上にある煙突から金貨を投げ入れる。このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入っていたという。この金貨のおかげで娘の身売りを避けられた、という逸話が残されている。この逸話が由来となり、『夜中に煙突から家に入って、靴下の中にプレゼントを入れる』という、今日におけるサンタクロースの伝承が生まれている」



すなわち、「聖(セイント)ニコラウス」と言っていたのが、だんだん発音が変化していって、今日の「サンタクロース」になったのです。


クリスマスと言うと、どうしてもサンタクロースや赤鼻のトナカイ、靴下のプレゼントなどのイメージが強くて、上の住職さんのようにお寺でもクリスマス会をやったりするのでしょうが、クリスマスはもともと「クリスト」(キリスト)+「マス」(ミサ=祭り)で、キリストの誕生を祝うものです。


なぜクリスマスにプレゼントをするかと言うと、神様からイエス・キリストという最高のプレゼントを送っていただいたことを記念してやっているのです。神様からいただいたご愛を何らかの形にして、家族や親しい人たちにに普段の感謝の気持ちを伝えるというわけです。


そういう意味において、冒頭の匿名男性の小学校への600万円分の図書のプレゼントというのは、いわば神様からいただいたものを、感謝の気持ちを込めて行った行為ということができるでしょう。
だから、「クリスマスプレゼント」と呼ばれたのです。


サンタさんは、このように誰の心の中にも存在します。
神様からいただいたご愛を感謝の気持ちをもって周囲の人たちに表すのです。
あなたはこのクリスマス、サンタさんに何を求めますか?
また、あなたは誰に対してサンタさんになりますか?
神様からいただいているご愛を具体的な形で表して、サンタさんが実在することを証ししようではありませんか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

ムンクも真っ青「ギャーッ!」

2013.11.15日

競売会社クリスティーズが12日にニューヨークで行った競売で、アイルランド生まれの画家フランシス・ベーコン(1909―92年)の作品「ルシアン・フロイドの三習作」が、美術品の競売で史上最高額となる約1億4240万ドル(約141億6400万円)で落札された。
 これまでの最高額は、昨年5月に約1億1992万ドルで落札されたエドバルド・ムンクの「叫び」だった。

(11月13日付 YOMIURI ONLINE より )


この最新ニュースに私もびっくり、ムンクと一緒に叫んでしまいました。
昨日、FBでご紹介したところ、多くの人の関心を引き大きな反響がありました。
ご覧になっていらっしゃらなかった方々のために、ここにもう一度載せさせていただきます。


これがかの有名なムンクの「叫び」で、おそらくほとんどの人がこれまでに何度かは目にしていらっしゃるのではないかと思います。それぐらい世界的に有名な絵です。



これに対して、今回史上最高値で落札されたというフランシス・ベーコンの「ルシアン・フロイドの三習作」はこちらです。
私も見たのは初めてですが、多分ほとんどの方も初めてではないかと思います。



それにしても、絵の価値はどのようにして決まるのでしょうか?
それは、見る人、あるいは買う人の価値観です。
私にはムンクの方が馴染みがあるので、値打ちがあるように思われるのですが、落札した人にとってはベーコンの方がはるかに価値があるのでしょう。


私たちの人生も同じで、自分では価値がないと思っていても、神様からご覧になると、私たちには無限の価値があるのです。
ですから、私たちは自分の命を、人生を粗末にしてはならず、大切にしなければなりません。
そのことがわかったら、毎日の生き方が必ず変わってきます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

両親の愛情たっぷり受けて

2013.11.13日

昨日「甘ったれるな!」という記事を書きました。
レーナ・マリアさんは両腕がなく、左足が右足の半分の長さしかないという大きなハンデを持ってこの世に生まれてこられましたが、ご両親の愛情をいっぱい受けて育たれました。


1988年のソウルパラリンピックでは、両腕がないにも関わらず、背泳4位、自由形5位、平泳ぎ6位入賞というとてつもない記録を出して世界の注目を集めました。
私なんか両腕、両足、それこそ五体満足な身体でありながら、パラリンピックでどんな競技に出ても、それこそ最下位間違いなしの心身ともに弱い者です。第一からして、両腕がなくて背泳、自由形、平泳ぎができるということ自体が私の限られた頭では理解不能です。


以前、「五体不満足」という記事の中で乙武洋匡さんのことを書きましたが、人の幸不幸は健康や物質的豊かさなどによるものではないのです。


冒頭に書いたレーナ・マリアさんが、去年日本に公演にいらっしゃった時のテレビCMをYouTubeで見つけました。とても感動的なのでお裾分けさせていただきます。
昨日のブログに載せた動画には彼女の歌声しか入っていなかったので、彼女の普段の姿を垣間見ることは私たちにとって大きな励みになります。
障がいの辛さなど微塵も感じさせない彼女の笑顔、輝きをご覧になってください。ご両親の愛情をたっぷり受けて育ってこられたレーナ・マリアさんを。
(ビデオの字幕中「2つの足がなくても」は、「2つの手がなくても」の誤りです)



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

一人ひとりに役割がある

2013.10.08日

%96k%8B%C9%90%AF.jpg


今日読んでいた本の中にとても心惹かれる文がありました。
「私たちひとりびとりは、だれか他の人にとって、北極星のような存在である。だれも、ある人の代わりになってその人自身の生活をすることはできない。そのような意味において、私たちひとりびとりは、それぞれ自分自身の生活に責任を持たなければならない。しかし、もし私たちが、自分の理想や、愛する者たちが私たちに対していだいている希望にはるかに及ばないような生き方をするならば、私たちは、自分自身を傷つけるだけでなく、また、だれかの北極星を空から落とすことになるのである」
(『山頂をめざして』 p.469 L・B・カウマン著 いのちのことば社)


そうです。私たちはみんな、ひとり残らずだれか他の人にとって、北極星のような存在、すなわち絶対に必要な存在なのです。
赤ん坊からお年寄りまで、ひとり残らずみんなです。
自分など生きていても何の役にも立たない、自分の人生に意味なんかない、自分がこの世にいてもいなくても何も変わりない、などと人はよく考えがちです。
日本はとくに自殺(自死とも)する人の数が多く、年間30,000人にも及びます。ざっと毎日100人近くの人が自殺しているということになります。
自分の生きている価値や目的がわからないと、困難や試練、苦しみにぶつかると死にたくなることがだれにもあります。


これまでこのブログで何十もの障がい者に関する記事も書いてきましたが、そのどれもこれも否定的・悲観的なものではなく、積極的・肯定的なものばかりです。


ニック・ブイチチさんのこと(「自分には○○できない」)、全盲のジム・ストーヴァルさん(「盲目にならなくても見える!」)、リジー・ベラスケスさん(「頑張れ、リジー!」)、マレーシアの全盲のほか、頭蓋骨・脊柱奇形といういくつかの障害を持って生まれてきたコリンくん(「生き甲斐」)、また障がい者でなくても、携帯電話のセールスをやっていてみんなから無能と思われていたポール・ポッツさんのこと(「ダイヤモンドの原石」)等など、挙げ出せば切りがありません。


これらの人たち一人ひとりに共通すること、それは自分に与えられた役割、使命に気づいたということです。
神様はこの世に私たち一人ひとりを生み出す時に、その人にしかない大切な役割、使命を一人もれなく与えてくださっているのです。
自分自身の快楽のために生きるのは虚しいことです。でも、ほかの人の北極星(道しるべ)となるために生きることには本物の生き甲斐があります。
あなたもだれかの北極星なのです。それを空から落とさないようにしましょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

夫婦円満の秘訣 その2

2013.09.13日

heart.jpg


昨夜、テレビで崩壊寸前の夫婦の問題が取り上げられていました。
夫は2年半前リストラに会い、以来警備員のアルバイトをしながら求職活動をしていますが、7年前に購入したマンションのローン支払いなど生活費で、毎月14万5000円の赤字が膨らみ続けているといいます。
経済アナリストの森永卓郎さんが、夫婦の生活に密着し、アドバイスをします。
家族でフィリピンに移住したら、生活費は日本と比べたら比較にならないほど安く上がり生活は楽になるし、子どもが現地の学校に行ったら日本に帰国した際、英語ができるようになっていて帰国子女として母親が希望している私立の学校に編入もできる、と。
すると、夫はその提案に乗り気で、やってみないとわからない、試してみようと言い、妻は頭から猛反対で夫を激しく罵倒します。
妻は夫の努力を全然評価せず、自分は働く意思は全くなく夫を責めるばかりで、食べ物や日常生活では贅沢していながら、子どもを私立の学校にやりたいと言っています。
最後のシーンで、夫は引き続き職を探し、頑張るしかない、と元気なく言っていました。


これを見ていて、私は無意識のうちに夫婦円満の秘訣について考えていました。
そして今日、この問題について書こうとしたら、すでに「夫婦円満の秘訣」という記事を3年半ほどまえに書いていたので、きょうはシリーズ その2です。(このページ左上コーナーにある「エントリー検索」に「夫婦円満」というキーワードを入力すると、ほかにもいくつかの記事が出てきますので、関心のある方、あるいはニーズのある方はご参照ください)


さて今日、私は3時間ほどかけて主夫業をしました。
私がここ数年体調を崩しているので、そのしわ寄せが妻や息子、娘に行っていて、いつも本当に申し訳なく思っています。
今の私がすべき第一優先の仕事は健康作りです。
そして、同時に自分にできることは何でもするよう努めています。


今朝は妻が塾の掃除に行っている間、まず洗濯物を干し、昨日の洗濯物をたたんで片づけ、それから家の掃除をしました。
普段あまり手の届かないところ、例えば押入れのスノコや衣装ケースなどを全部のけて掃除機をかけ、ふすまも外して下の車輪などのホコリも取りました。
さらに、冷蔵庫を前に移動して床や壁、冷蔵庫の上、裏側、下に着いているホコリを掃除機で吸い、雑巾がけしました。
ピアノの下、洗濯機の下なども同様に掃除機を使ってきれいにしました。
途中、掃除機の中のゴミ・ホコリを2回出しました。
私は、このような家事をすることを恥ずかしいとは全然思いません。
今は料理こそしませんが、独身のころやっていたので、いざとなればいつでもできます。
私が小学生のころは、毎年大晦日に母親は煮しめなど料理で正月の準備をしている間、父親が家中の大掃除をし、畳も全部上げて表に出して干し、パンパンとホコリを叩き出したりし、私も父の手伝いをしていました。最近は、このような光景はまったく見かけなくなりました。


つまり、夫婦円満の秘訣のひとつは、お互いに仕事分担してできることはどんなことでもやって助け合うということです。
冒頭のテレビ番組に登場した妻のように、相手を責めるばかりで、自分もできる範囲内で協力しようという意気込みがなければ、たとえどんな状況でも、うまくいくものもいかなくなります。


そう言えば、私の尊敬するJohn MacArthur (ジョン・マッカーサー)牧師が説教の中で言っていました。
「私は罪人(つみびと)だ。ただ自分が罪人であるだけではない。さらに、罪人である妻と結婚もしている」
この言葉は示唆に富みます。
人間、みんなそもそも自己中心な罪人なのです。だから、罪人同士が結婚し、夫婦となっているのですから、お互いに足りないところ、欠けているところなどあって当たり前の話。
相手を責めるということは、すなわち自分自身も同じ欠け、足りないところがあるということを認めているのと同じことです。
だからこそ、お互いにその欠けを補い合う努力をする、これが夫婦円満の秘訣の第一歩です。


つい先日、友人を通してあるご夫婦の結婚カウンセリングを依頼され、今晩ご夫妻にお会いすることになりました。
お話しするポイントは、過去がどうであったかではなく、今、自分たちの望んでいることは何か、今どんなことをしているか、今していることはその目標達成のために役立っているか、目標に向かって自分たちにできることは何か、この4つのポイントです。
これは、どんな問題にも当てはまります。
お試しあれ。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

弱者に優しい社会を

2013.08.27日

HeavensSpecialChild.jpg


Heaven's Special Child
天国の特別なこども


A meeting was held quite far from earth
会議が開かれました。 地球からはるか遠くで
"It's time again for another birth,"
「また、次の赤ちゃんの誕生の時間ですよ」
Said the Angels to the Lord above,
天においでになる神さまに向かって、天使たちは言ました。
"This special child will need much love.
「この子は特別な赤ちゃんで、沢山の人たちの愛情が必要でしょう。」


Her progress may seem very slow
この子の成長はゆっくりに見えるかもしれません。
Accomplishments she may not show
もしかして、一人前になれないかもしれません。
And she'll require extra care
だから、この子は下界で出会う人びとに
From the folks she will meet down there.
特に気をつけて、もらわなければならないのです。


She may not run or laugh or play
走ったり、笑ったり、遊んだりすることができないかもしれません。
Her thoughts may seem quite far away
もしかして この子の思うことはなかなか分かって貰えないかもしれません。
In many ways she won't adapt
何をやっても うまくいかないかもしれません。
And she will be known as handicapped
そしてこの子はハンデを負っていると思われるでしょう。


So let's be careful where she is sent
ですから 私たちはこの子が何処に生まれるか、
We want her life to be content
この子の生涯が幸せなものとなるように
Please Lord, find the parents who
どうぞ神さま、この子のために素晴らしい両親を探してあげてください。
Will do a special job for You
神さまのために特別な任務を引き受けてくれるような両親を。


They will not realize right away
その二人は すぐには気づかないかもしれません。
The leading role they're asked to play
彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を。
But with this child sent from above
けれども 天から授けられたこの子によって
Comes stronger faith and richer love
ますます強い信仰と豊かな愛を抱くようになるでしょう。


And soon they'll know the privilege given
やがて二人は自分たちに与えられた特別の神様のみ心を悟るようになるでしょう。
In caring for this gift from Heaven
神から贈られたこの子を育てることによって。
Their precious charge, so meek and mild,
柔和でおだやかな この尊い授かりものこそ
Is Heaven's very special child." 
天から授かった特別な子どもなのです。


by Edna Massimilla
エドナ・マシミラ作  大江祐子訳  (一部著者改変)


上の詩は、FBフレンドのOさんから昨日教えていただいたものです。
昨日の記事、「母の愛」を読んで知らせてきてくださいました。
Oさんはご自分のお子さんが障がいをもって生まれてきたことを知ったとき、この詩によってとても励まされたそうです。
そして、お子さんが「産んでくれてありがとう」と心から感じて生きられるよう、そして将来自立できるよう、障がいを受け入れ喜んで育ててきたとおっしゃいます。
この詩も、そしてOさんの言葉にも一つひとつに重みがあり、深い感動を覚えました。
きっと、天上で冒頭の詩のような会話がなされて、神様がOさんご夫妻を選び、特別なお子さんをお二人に贈ってくださったのでしょう。
ですからお子さんも心からそのような感謝の気持ちを持っていらっしゃるに違いありません。
そして天国においては、「良い忠実なしもべよ、よくやった。あなたは、わずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ」(マタイ25:23)と、神様から労をねぎらう温かいお声をかけていただき、大きな祝福を受けられることでしょう。


私は幼稚園のころは間借りしていた家に障がい者の方がおられ、また小学校時代には斜め向かいのお宅にダウン症のお子さんがいらっしゃったりして、小さいころから障がい者に対する意識は高い方でした(「DOOR TO DOOR」)。
ですから、このブログでも障がい、あるいは障がい者を取り上げた記事はたくさんあります。
その願いは、この社会から、全世界から障がい者に対する偏見や差別行為がなくなることです。でも、現実には今この瞬間にも世界中のあちらこちらで人種偏見や政治理念の違いによる戦争が行われていて、また私たちのすぐ身近なところでも差別行為が行われ、それがさらに進んで傷害事件や殺人事件にまでつながっています。
これが聖書のいう人間の罪の本質です。
ですから問題の根本的な解決は天国に行かない限り実現しないのでしょうが、かと言って私たちは手をこまねいているわけにはいきません。
日常の生活の中で、できることをなにかひとつでもするのが、人としての務めでしょう。


今日の新聞には1面トップに、「認知症に優しい街 推進」という記事が載っていました。
これによると、65歳以上の認知症高齢者は462万人と推定され、さらに予備軍(私も含めて)が400万人いるというのです。
日本の高齢化率は24%と世界一(誇れることではありませんが)、そして65歳以上の15%が認知症を発症しているといいます。
一方、イギリスやアメリカを始めとする諸外国では既に国を挙げた「国家認知症戦略」なるものを策定し、推進しているそうです。


日本も、昔と比べると障がい者、高齢者、認知症患者など弱者に対する偏見や差別行為はかなり減ったとは言え、正直なところまだまだです。
昨日の記事、「サービス+利益の一石二鳥」のような社会がどんどん広がっていくことを心より願います。
今日、私にできることは何でしょう。神様教えてください。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

アメリカの娘が結婚しました!

2013.08.26日

今年の1月の「アメリカの娘が結婚します!」の記事の中でお知らせしましたように、娘のDoraがJeremiahと今日、結婚式を挙げました。


dorawedding0.jpg


我が娘ながらほれぼれします。本当に美しい!


dorawedding2.jpg  dorawedding3.jpg


日本の結婚式のように大きな会場に多数の人を招いて豪勢にするのではなく、会場も質素、ケーキも小さくて可愛い。そして、式後には新婦自ら友だちと一緒に歌を披露。いかにもアメリカ的。

dorawedding4.jpg
(写真をクリックすると拡大されます)


記念写真も庭で撮るラフなスタイル。
いいですね。こういうカジュアルな結婚式。
私も日本の父として結婚式に招待されていたのですが、行けなくて残念でした。でも、今はこのようにFacebookのお陰で、その場にいたかのような気持ちになれ、お祝いもできて本当に幸せです。


しかし、それにしてもうちの子どもたちの結婚式はいつになるんだろう…。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

サービス+利益の一石二鳥

2013.08.26日

yuubin.jpg


日本郵便が高齢者事業、安否報告や買い物代行 
 日本郵政グループの日本郵便は、郵便局員が高齢者世帯を訪問し、暮らしぶりを確認したり、買い物代行などを行ったりする生活支援サービス事業を10月から始める。
 高齢者の割合が高い北海道、宮城、山梨、石川、岡山、長崎の6道県の一部地域、計103郵便局で先行的に実施する。2014年4月から地域を順次拡大し、15年4月の全国展開を目指す。
 郵便局員が、郵便や貯金・保険の窓口業務以外を行うのは初めてだ。
 郵便局の営業活動の中で、都市部に住む人が過疎地などで暮らす高齢の両親らの暮らしぶりや、安否を把握したいという需要があることが分かった。日本郵便は、地域に密着した郵便局ネットワークの強みを生かせ、収益の拡大にもつながると判断した。
 新しい生活支援サービスは、郵便局員が、会員となった顧客から依頼された高齢者の自宅を訪問したり、郵便局を会場にした食事会に招いたりして、生活ぶりや健康状態を把握する。その上で、遠くに住む家族など、指定の届け先に月1回、リポートを送る。
 医療機関の紹介や、生活の悩みに24時間いつでも電話で相談に応じるサービスも専門の業者に委託して提供する。会員の基本料金は、月額1000円程度になる見込みだ。
 このほか、流通企業などと提携し、水やコメ、生活必需品などを定期的に自宅に届ける買い物支援や、利用者の健康状態を毎日電話で確認するサービスも受けられる。これらのサービスは追加料金がかかる。

(8月26日付 読売新聞1面)


少子高齢化についてはつい一昨日、「子どもたちはどこへ行った?」に書いたばかりですが、今日の朝刊一面のトップ記事はこの画期的な発想で、私はとても嬉しくなりました。
昔の郵政公社ではおそらく考えつかなかった「サービス+利益の一石二鳥」の発想です。
郵便事業がインターネット、メールなどによってどんどん縮小化してきているので、発想の大転換をしたわけですね。


でも、よくよく考えてみたら、私が子どもの頃などは、「郵便屋さん、おはようさん」の歌に見られるような光景、すなわちよく郵便屋さんが家を一軒一軒歩いて、あるいは自転車で回りながら、「暑いですね」「お変わりありませんか?」「おじいちゃん、最近どうですか?」などのような会話が家の前で割と頻繁に行われていたような記憶があります。
まあ、昔は今のように忙しくなく、暇だったこともあるのでしょうが、郵便屋さんが地域に溶け込んでいて普通にこのようなコミュニケーションが取れていたのでしょう。
このほか、「トーフー、トーフー」とラッパを鳴らしながら回る豆腐屋さんとか、お店のご用聞きの人とかともごく自然な会話がありました。
今は、何か殺伐としていて、何もかもが機械的にマニュアル通りに、そして忙しく動いているようで、昔のようなゆったりした感じ、ぬくもりが欠けているように感じるのはきっと私だけではないでしょう。


このような中で、せっかく家を一軒一軒回っている郵便屋さんなんだから、昔に戻ってこういうサービスをしようというのは、私は大賛成です。とくに、近年の高齢化や社会構造の変化などでお年寄りの独り住まいなども多く、よく孤独死のニュースなんかも目にしますので、これはうまく機能するようになると画期的な試みとなると思います。


そう言えば、宅配業者が事業に参入して郵便事業を圧迫するようになってから、郵便局員の応対もとてもよくなりました。
やはり、どの世界もこのようないい意味での競争が必要ですね。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

母の愛

2013.08.25日

診察券
鹿児島大学病院の看護師自治会から講演の依頼があった。
福祉とか医療とかは、僕たちの生活にも直結する。
見えなくても、病気もケガもするし、通院や入院もある。
声をかけてくださったことに感謝し、お引き受けした。


僕は、鹿児島県の北西に位置する阿久根市というところで生まれ育った。
東シナ海に沈む夕陽がとっても美しい自慢の故郷だ。
母は、僕が十歳のとき、
鹿児島市の大きな病院に僕を診察に連れて行った。
夜間に見えにくかったり、何かにつまずきそうになったりする、
息子の目を心配してのことである。
それが、この鹿児島大学病院だった。
当時、鹿児島市まで行くには蒸気機関車で二時間余りかかった。
両親にとって、時間的にも、経済的にも大変なことだっただろう。
そして、診察の結果、網膜色素変性症という難病だということが判った。
それは母にだけ告げられた。
きっと、母は、お医者さんから、
息子の目がいつか失明するかもしれないことも、聞かされたに違いない。
どんな思いで、その事実を受け止めたのだろう。


ただ、十歳の少年の思い出に悲しさはない。
診察の後に連れて行ってもらった動物園の光景が、
楽しかった思い出として、心のアルバムに残っているばかり。
そのアルバムの中で、母はいつも静かに微笑んでいる。
昭和四十年代の初め、地方で暮らす少年にとって、
動物園に行くなんて、まるで夢のような出来事だった。


あれから、半世紀近い歳月が流れた。
年老いた両親は、いまは京都の僕の近くで暮らしている。
不肖の息子にできるのは、時々覗いては声をかけることくらいだ。
僕はいつものように両親のもとを訪ね、
鹿児島に行くことを告げた。
あの鹿児島大学病院に、講演に行くのだと告げた。
八十歳を超えた母が、タンスの引き出しから、一枚の紙切れを取り出してきた。
「もういらないから」とつぶやいて、僕に渡した。
あの十歳のときの、診察券だった。


あの日から、
母は、その診察券を捨てられずに生きてきたのだろう。
あのときの思いを持ち続けて生きてきたのだろう。
僕は、母の大きな優しさに、打ちのめされるような気がした。
幸せが、身体中を支配した。
生まれてこられたことに、感謝した。
僕を産んで、育ててくれた両親に、心から感謝した。
たった数グラムの診察券は、
気の遠くなるような時間の中で、
母の思いを染み込ませていた。
ずっしりと重たく感じられるその診察券を背広の内ポケットに忍ばせて、
僕は、鹿児島へ向かった。

(松永信也著『風になってくださいU』法藏館 p.38-41)


今日見ていた「おしん」(「商売の極意」)の1週間分の再放送の中の1シーン。
日中戦争が泥沼化していき、これからは軍人の時代だと国民皆兵が叫ばれる中、おしんの長男・雄は多感な16歳。国を守り、家族を守るためにと言って、陸軍士官学校進学を目指しますが、雄が軍人になると言うのを聞いておしんの流した涙を見、母親を悲しませるわけにはいかない、と雄は心を変えます。


子どものことをほかの誰よりも一番心にかける母親。
上の松永信也さんも、十歳のときの大学病院の診察券をずっと大事に取ってきた母親の愛情に打ちのめされる思いをし、「幸せが、身体中を支配した。生まれてこられたことに、感謝した。僕を産んで、育ててくれた両親に、心から感謝した」を語っています。


「頼んでもいないのになんで自分を産んだのだ!」と母親に喰ってかかる子どもがとても多い今日ですが、これは親に責任があります。
この松永さんや雄のように、「産んでくれてありがとう」と言える子どもに育てるのが躾の妙でしょう。
FBフレンドのKさんが今日、「しつけは親の生き方」と書いていらっしゃいましたが、本当にそのとおりです。Kさんは、言葉どおりにお子さんたちをとても立派に育ててこられ、それがお孫さんにまできちんとバトンタッチされているそうです。
「子どもは親の背中を見て育つ」は実に的を射た言葉だとつくづく思わされました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

サプライズの日

2013.08.21日

昨日はサプライズの日でした。
まず、早朝に次男、正人からの富士山登頂の知らせ(「富士山登頂に成功!」)。
次に午後から市民病院で、かかっている2科の月1回の受診の結果が両方とも順調とのこと。自分ではそれほど自覚はないのですが、やはり毎日の食事療法や5km〜10kmのウォーキングが功を奏しているのでしょう。医者がとても元気そうに見えますって。正直、とても嬉しかったです。


そして3つ目は、病院から帰宅すると国際郵便の小包がテーブルの上に。
開けてみると、1か月ほど前の記事、「生き甲斐」を読んだコリンくんのお母さんがご自分の書いた本を私にプレゼントしたいと言って、FBフレンドのマドレーヌ(マデレン)さんに手渡し、それをマドレーヌさんが送ってきてくださったのです。


HarvertOfLove.jpg


このことは事前にマドレーヌさんから連絡があったので知っていたのですが、驚いたのは同封されていたもう1冊の本とCD。これはマドレーヌさんからのプレゼントでした。
これは本当のサプライズ。


remnant.gif


信仰の書です。
おもて表紙を開いたところには自筆でメッセージが書き添えられていました。
「主が与えてくださった友情の素晴らしい贈り物を感謝します。あなたと主の関係がより深められ、豊かにされ、さらに主のご約束に深い洞察力が与えられるのにこの本がお役に立ちますように。
『わたしがあなたのために立てている計画は平安と将来と希望を与えるものである』
(エレミヤ書29:11)
平和の神がイエス・キリストによって、主のみ心を行うために必要なものをすべてあなたに与えられ、主のお喜びになることがあなたをとおしてなされますように。
キリストにあって、
マドレーヌ」。

もうこれを見ただけで私は胸がいっぱいになりました。


2冊の本をパラパラとページをめくり、全体に目を通しました。両方ともすばらしい本です。
コリンくんのお母さんが書かれた本には、コリンくんの写真が赤ちゃんのときから、大学の卒業式に至るまでほぼ全ページにわたって載せられていました。とても感動的です。


そして、CDをかけました。
「キリストにはかえられません」「いつくしみ深き」「主われを愛す」など、数多くの有名な賛美歌がパンパイプとフルオーケストラによって奏でられているとても美しい調べで、古き我が家に帰ったかのような錯覚を覚え、涙が出てきました。


whispers.jpg


日が落ちて涼しくなってからのウォーキングもとても楽しく、目に入る自然の木々や草花、そして赤く染まった空、耳に入るセミやすずめの鳴き声など、一つひとつがとても新鮮で、私の心を癒し、強め、励ましてくれました。


そして明けて今日、上の Harvest of Love を読み始めたら、もう引き込まれてやめられません。
お母さんの辛い体験、苦しみが綴られていて、最初は今の状態の私にとって読むことはどうか、と少しためらわれたのですが、その苦しみの中でどのようにしてお母さんが立ち上がり、我が子コリンくんのためにありとあらゆることを試し、必死で毎日戦われる姿に、そして母親の深い愛情にひどく心を打たれました。
この本の内容についてはまた改めて書くことにします。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

お猿さん、お疲れさまでした!

2013.08.17日

nikkosarugundan.png
(日光猿軍団ホームページより)


 「お猿の学校」などで1990年代に大ブームとなった栃木県日光市のテーマパーク「日光猿軍団」が、年内で閉園することになった。
 出演する猿の高齢化に加え、福島第一原発事故が影響し、スタッフ不足や来場者の激減に悩む状態が続いていた。閉園を決断するきっかけは今夏の猛暑。疲れ切った様子の猿を見るにしのびなく、「校長」の間中敏雄さん(65)が決めたという。「お猿さんたちは頑張ってくれた。これからはゆっくり休ませたい」と話し、今後は自身の所有する山で猿の面倒をみるという。
 猿軍団は施設内の劇場で曲芸を披露していた。一番人気の題目「お猿の学校」では、校長役の間中さんのかけ声で出席を取ったり、算数に挑戦したりと、多数の猿がショーを繰り広げるのが特徴。91年に結成され、テレビで紹介されると一躍人気者になった。
 間中さんがスタッフとともに猿を調教してきたが、現在いる28匹は平均20歳。人間なら50〜60歳という。最大25人いた調教師も、その大半を占めた外国人が震災後に帰国し、今は間中さんの妻と弟、スタッフ1人だけ。入場者数も、原発事故の風評被害で半分以下となった。
 今年の猛暑で、ステージから戻るとぐったりしている猿を見て、「これ以上無理させられない」と感じたという間中さん。「自分もちょうどいい頃合い。猿が好きなので、一緒にゆっくり過ごしたい」と話した。

(8月17日付 読売新聞 34面「さらば日光猿軍団」より)


91年に結成され、現在の猿の平均年齢が20歳ということは、ほとんど生まれたばかりの赤ん坊から間中さんが育て上げてきたということです。この間、見送った猿もきっとたくさんいたことでしょう。
猿は人よりも寿命が短いため、自分よりも早く年老いていくのです。
「6歳の青年猿もいるが、最古参のポン太は30歳で、人間なら90歳だ。補聴器をつけながらの円熟の演技で人気だが、校長の目からは衰えも隠せなくなってきた」(スポーツ報知紙)。
私は見に行ったことはありませんでしたが、テレビでは何度も見ました。そしてその都度、本当に感心したものです。


冒頭の記事を読んでいると、間中「校長」の猿に対する愛情がひしひしと伝わってきます。
「疲れ切った様子の猿を見るにしのびなく」、「お猿さんたちは頑張ってくれた。これからはゆっくり休ませたい」、「今後は自身の所有する山で猿の面倒をみる」、「これ以上無理させられない」、「猿が好きなので、一緒にゆっくり過ごしたい」。
本当にお猿さんたちもご苦労さまでしたが、間中さんもお疲れさまでした。
残りの人生を、山で自分が愛して育ててきた猿たちと一緒に過ごし、最期を看取ってあげるというのは本当に立派です。
「公演の定休日が木曜だってことは皆知っているし、気づいているかもねえ。オレに気遣って知らないふりをしてるのかも」(スポーツ報知紙)と語る間中さんの猿と心通わせるコミュニケーションには、ただただ恐れ入るばかりです。
お猿さんたちもきっと幸せでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

小さな奇跡

2013.08.16日

京都で西村先生ご夫妻からいただいた『風になってください II 視覚障がい者からのメッセージ』(松永信也著、法藏館)を早速昨日読ませていただきました。


kaze.jpg


冒頭の「1章 ありがとうカード 《街角の出会い》」から感動し、圧倒されることばかりでした。
黄色の水仙
いつもの暮らしの中では、
もう自分が見えない人間だということは、
ほとんど忘れてしまっている。
一日二日ならともかくも、十五年というような時間は、
見えない世界を日常化してしまうのだ。
そして、視覚以外の五感を、当たり前のように使って生活している。
耳も鼻もよく働くし、つい興味のあるものは触ってしまう。
安全に快適に生きていくために、できるだけ正確な情報を求めて、
視覚以外の残りの五感は自然にがんばるのだろう。
目ほど正確ではなく、限られた情報だということは、納得済みのことである。
その暮らしの中には、特別なセンチメンタリズムも存在しない。
時間と空間の織り成す日常で、穏やかに呼吸するのが、
人間が暮らしていくということなのかもしれない。
僕たちの日常も、見える人たちと同じように、
普通に存在し、普通に喜怒哀楽もあるのだ。
ただ、そこに見える人が関わって、思いもかけない感動が生まれる時がある。
奇跡と言ってもいいのかもしれない。


僕は、いつものように普通にカフェでコーヒーを飲み、外へ出た。
顔に当たる粉雪が、冷たいなあと思った。
寒いという感覚だけで、僕は無表情だったと思う。
もちろん、この時点で、風景とか映像とかの概念はない。
数歩進んだとき、サポーターが水仙の花を見つけた。
そして、僕にそれを伝えた。
僕は、その水仙の花を触らせてもらい、そっと鼻を近づけた。
微かだけど、甘い香りがした。
サポーターは、それが黄色の水仙であることも教えてくれた。
突然、僕の脳の中の黄色が蘇った。
グレー一色だった目の前に、
卵黄のような黄色が広がった。
まるで、溢(こぼ)した絵の具のように、それは広がっていった。
僕は、今年初めての春を感じた。
うれしくなった。
僕の表情も、きっと春になっていたと思う。


どこかで、見えない人に出会ったら、
色や形を伝えてあげてください。
どこかで、聞こえない人に出会ったら、
小鳥のさえずりやせせらぎの音を教えてあげてください。
どこかで、歩けない人に出会ったら、
山の向こう側の話をしてあげてください。
どこかで、寂しい人に出会ったら、
希望を語ってあげてください。
ひょっとしたら、小さな奇跡が生まれるかもしれません。


たったこれだけの文章が、私の心の目を開いてくれました。
そうか、私はこのような世界を今まで考えても見なかった。
見えること、聞こえること、歩けること、ものを食べられること、家族がいること、仕事ができること等など、なにもかもごく当たり前のことと思っていました。
でも考えてみたら、本当にこれってすごいことなんだと改めて驚かされました。


私の塾のすぐ裏には整形外科があり、塾の前を毎日白い杖をついて歩いている、整形外科で働いているマッサージ師の人が何人かいらっしゃいます。
それも当たり前の見慣れた光景になっていて、とくに注意を払うこともありませんでした。
何度か、車が近づいているとき、「あっ、車が来ていますよ」とかひと言、ふた言声をかけたことはありますが、そんな程度でした。
でも、本を読み進むうちに、目が不自由な方々の生活の中の様々な困難な面がよくわかりました。


これからは、この本の中に登場する通りがかりの方々が、ひじを貸してあげて手引きしていらっしゃるように、自分もそのような状況に出会ったら、進んでお手伝いさせていただきたいと心より願いました。
そして目や耳など、身体のさまざまな部分に障がいを持っていらっしゃる方々への思いやりにつながって、このような小さな親切が私たちの周りでどんどん広がっていき、みんなが共同で生活する、「小さな奇跡」があちらこちらに生まれる、そんな社会になっていったらいいな、と心から思いました。


西村先生ご夫妻の、これまでの視覚障がい者の方々への尊いボランティアのお仕事を心から感謝するとともに、私の目を開いてくださいましたことに言い尽くせない喜びを感じました。ありがとうございました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

VIP その2

2013.07.27日

最近、よく「ビップ」という言葉をテレビなどで耳にします。
最初は何のことかと思っていましたが、話の流れで英語のVIPをローマ字読みで「ビップ」と言っているのだとわかりました。
英語では「ヴィーアイピー」とそのままアルファベット読みします。Very Important Person 「重要人物」という意味で、政府などの要人に使ったりします。


VIPについては以前、「VIP」という記事の中に私の「重要人物」、とっても大切な人のことを書きました。
36年の長きにわたるおつき合いの友達で、今も1年に1回はお会いし、去年は夏に私が彼をアメリカに訪ね(「鶴田牧師夫妻と感動的な再会」)、秋には私の家を訪ねてきてくださり、年に2回も会うことができました(「裸のつき合い」)。


昨日は、私自身がVIP待遇される体験をしました。
どこで?
月に1回行く床屋でです。
この床屋さんのことはこれまでにも何度か書いたことがあるのですが、前回はここで私の教え子に会いました(「三日坊主になるかどうか…」)。
この床屋さんは今から20年近く前に開店したのですが、私はその時からの得意客で、行くと必ず店長自ら私の髪をカットしてくださいます。
ほかの店員の方もみんなわかっていて、私を店長に回してくれます。
ある時などは店長が昼休みか何かで不在だったのですが、携帯に電話して呼び戻してくれました。
ほかのお客さんが大体20〜30分ぐらいで終わるのに、私はその倍の1時間ぐらいかけて丁寧にカットしてくれます。
シャンプーもリンスも、他の客には使わないドイツ製の高級なものを特別に使って、頭皮をしっかりマッサージしてくれます。
とてもいい香りで心身ともに癒されます。
カットしている間、二人の間ではいろいろと話題が絶えません。
サービス満点です。


あるとき会話の中でお互いの年齢のことが出てきて、髪もヒゲも白くて見た目は貫禄たっぷりの店長の方が私よりも7歳若いことがわかり、二人ともびっくりしました。
昨日は店長曰く、
「髪の量は多くて黒いし、とてもしっかりしている。しかも、お顔もとても若々しい」。


VIP待遇され、すっかり気持ちよくなりました。
ウォーキングを兼ねていつも歩いて行くのですが、往復10キロあまりの道のりも全然苦になりません。
しかも昨日は、カットが終わってから食料品や生活用品などの買い物もして、背に背負った4キロのリュックの重さも気にならないぐらいで、少しずつ体力がついてきていることを実感できました。


聖書には、
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」 (イザヤ書43:4)
とあり、神様は私たち一人ひとりに「あなたはわたしのVIP、とっても大切な人」とおっしゃってくださっています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

妻は夫を恋い慕う?

2013.07.19日

聖書の中の創世記に出てくるエデンの園とアダムとイブの物語はあまりにも有名です。
聖書を読んだことも、手に取って見たこともない人でも知っています。


eden.jpg


ここに面白い表現が出てきます。
つぎに女に言われた、「わたしはあなたの産みの苦しみを大いに増す。あなたは苦しんで子を産む。それでもなお、あなたは夫を慕い、彼はあなたを治めるであろう」(創世記3:16)


これは神様の言いつけにそむき、園の中央にあった禁断の木の実を取って食べたことに対して、神様がイブ(聖書の中ではエバ、英語ではイーヴ)におっしゃっている言葉です。
出産の痛みと苦しみはここから来ているのですが、それよりもそのあとの「あなたは夫を慕い、彼はあなたを治めるであろう」という言葉に注目したいと思います。
妻に恋い慕われれば夫は嬉しいのではないでしょうか。
しかし、それにもかかわらず夫は力づくで妻を支配しようとするというのです。


この「恋い慕う」という同じ言葉が、その直後に再び使われています。
「あなたが正しく行なったのであれば、受け入れられる。ただし、あなたが正しく行なっていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたはそれを治めるべきである」(創世記4:7)
「罪があなたを恋い慕っている」というのは、とても怖い状況です。この言葉のもとの意味は、「誘惑する」で、罪が戸口で待ち伏せして女性を誘惑しようとしているというのです。


これに先立つところには次のような出来事がありました。
女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。
つまり、イブが最初にへびの誘惑に負けて木の実を食べ、それをアダムに与えているのです。
そして、神に叱られたとき、二人はどうしたかというと、言い訳ばかりして他人のせいにしました。
人は答えた、「わたしと一緒にしてくださったあの女が、木から取ってくれたので、わたしは食べたのです」。
そこで主なる神は女に言われた、「あなたは、なんということをしたのです」。女は答えた、「へびがわたしをだましたのです。それでわたしは食べました」。

(創世記3:12, 13)


罪は実に巧妙に人を誘惑し、だまします。そして、罪を犯した人はそれを素直に認めて謝ることができず、責任転嫁をしようとします。
人間の弱さ、罪の本質を見事に表しています。


さて、話をもとに戻して、イブはどのようにして夫を恋い慕っているか、すなわち誘惑しようとしているかと言うと、夫婦間の力関係においてです。
妻は無意識のうちに夫を自分の思いのままに動かそうとする傾向があります。そして、それに対して夫は妻のご機嫌取りをして妻の言うように動くのですが、それが何度か繰り返されると堪忍袋の緒が切れて、頭にくると言葉や力で妻をねじ伏せようとする。これを男性神経症と呼びます。夫婦間の問題というのは、ほとんどのケースこれに集約されそうです。
DVなどはその典型です。


夫婦が同じ権力を持っていると、ことあるごとに喧嘩になり、うまくいきません。一般に芸能人カップルに離婚が多いのもこれが一因と思われます。
そこで聖書は、男女のどちらが偉いかということではなく、秩序として妻は夫に従うようにと教えているのです。
でも、これでは妻の方は面白くありません。男女平等じゃない、と言いたくなります。


それでは夫に対して聖書はなんと言っているかというと、
夫たる者よ。キリストが教会を愛してそのためにご自身をささげられたように、妻を愛しなさい。
(エペソ人への手紙5:25)
キリストはどのようにして教会(キリストを信じる群)を愛されたか、というとご自分の生命をささげてくださったのです。ということは、聖書は夫に対して「命がけで妻を愛せよ」と言っているのです。
これが聖書の教える夫婦間の秩序です。
どうでしょうか。命懸けで夫に愛されていたら、妻は喜んで夫に従えるようになるのではありませんか。
まあ、女性的な夫と男性的な妻の場合は、立場が逆転してもいいのですが。


わかりやすい例えで言えば、通常交差点内ではどの車も信号に従って走ったり止まったりしています。みんな平等で、ルールに従っているのです。
しかし、パトカーや救急車、消防車などは緊急時には赤信号でも進むことができます。これは緊急車両が他の車よりも偉いからではなく、優先順位を設けて秩序を保つためです。このような秩序がないとあちらこちらで自己主張して譲らず、喧嘩になったり事故になったりします(「長生きするための秘訣」)。


同様に、神様は健全な夫婦の関係を願って、力関係ではなく、秩序を設けらました。
そして、その神様の定められた秩序に従うとき、夫婦関係はうまくいくのです。
私自身、このところから深く教えられ、反省しきりです。もちろん、私が暴君だとか、妻を力づくでねじ伏せようとしているというわけではありませんが。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

私の隣人とは

2013.07.14日

昨日の読売新聞「人生案内」より。
友人とは何か悩む
30歳を目前にした公務員男性です。「友人」とは何なのか、悩んでいます。
友人と呼べる存在はいますが、自分の側だけが友人だと思っているのではないかと考えてしまいます。「今度、いつ空いてる?」「飲みにでも行く?」と誘うのは、いつもいつも自分。自分が動かないと、会うことも遊ぶこともありません。自分ばかりが声をかけるむなしさを感じます。
大学を卒業する時に、友人と呼べる存在を作ろうとしなかったことに気づき、社会人になって積極的に動き、出会いを広げようとしました。「求めよ、さらば与えられん」と言いますが、「与えられた」と感じたことはほとんどありません。
自分は「つまらないやつ」と思われているのでしょうか。趣味もないので関係が広がらないのでしょうか。
花火大会や海水浴など自分には無縁です。そんな話を聞くと孤独感が強くなり、つらくなります。若いうちに親友や仲間という存在を感じられない自分は人生の負け組ですか。自分の今までの人生は何だったのでしょうか。(神奈川・T男)
    ◇
友だちを作るのを、いちどやめてみませんか?
あなたは友だちというのを、いっしょに飲む仲間、あるいは祭りや海水浴などでいっしょに遊ぶ人というようにイメージされているようですね。たしかに仕事の後で息抜きしたいとき、だれも横にいないのは寂しいものです。
ごはんも一人で食べるより、仲間と食べるほうがうんとおいしい。けれどもそれがおいしいのは、相手が自分にとって大切な人だからです。苦楽をともにしてきたという共通の思いがあるからです。
楽のみならず苦をともにしてきたというこのことが、たがいの信頼というものを築きます。地域社会の結束も、日々の暮らしを、伝統行事を手をたずさえて守ってきた、災害を、戦乱を力を合わせてくぐり抜けてきた、という体験をとおして育まれます。
遊びや飲み会に誘うよりも、相手が苦労している仕事に思いをはせる、もがいている相手に脇から手を差しだす、そんな小さな思いやりが後で大きな意味をもってきます。友だちというのは、「作る」ものでなく「なる」ものです。
  鷲田 清一(哲学者)

(7月13日付 読売新聞17面)


今日の礼拝の柿谷牧師のメッセージは、「誰が私の隣人か?」というタイトルでした。
聖書の中でもとても有名なルカの福音書10章、善きサマリヤ人のたとえ話からです。
ユダヤ人の律法学者が同じユダヤ人であるイエスに、永遠の生命を受けるために何をすべきかと問いかけたところ、イエスは逆に律法にはどうあるかと尋ね返します。
律法学者が、「神を愛し、隣人を愛する」と答えたところ、イエスは「正しい、その通りにしなさい。そうすればいのちが得られる」と答えます。
律法学者が「隣人とは誰のことですか」と尋ねると、イエスは次のたとえ話をします。
ある人がエルサレムからエリコに向かう道中で、強盗に襲われて身ぐるみはがされ、半殺しになって道端に捨てられていました。
祭司、そしてレビ人といったいわゆる聖職者はこの人を助けずに通り過ぎます。
しかしユダヤ人からとてもに嫌われていたサマリア人は、この大怪我をした人の手当てをし、自分の家畜に乗せて宿屋まで運び、介抱します。翌日、宿屋に怪我人の世話を頼んで費用まで出して出かけました。
このたとえ話をした後、律法学者に対してイエスが、このたとえ話の中で怪我人の隣人は誰かと尋ねたところ、「助けたサマリア人です」と彼は答えます。
するとイエスは、「あなたも行って同じようにしなさい」と言った、というストーリーです。


柿谷牧師は、メッセージのまとめとして、「隣人とは友人ではない。出会った人、神があなたの隣に置いてくださった人のことである。あなたの隣人は誰か。あなたはどのような隣人になりたいか。隣人に今週一週間何ができるか」と問いかけられました。


冒頭の「人生相談」の中で質問者のT男さんが、人から遊びや飲みに誘われるのを待っているけど誘われない。自分の方ばかり誘っているのはむなしい。「親友や仲間という存在を感じられない自分は人生の負け組ですか。自分の今までの人生は何だったのか」と言っています。


確かに、どのような友人も最初は隣人です。神があなたの隣に置いてくださった人です。
まずは神が自分の隣に置いてくださった隣人に対して何ができるかを考え、そしてそれを実行するところから、人間関係が友人へと発展していくのです。


私は自分の隣人とは誰か、考えました。
近所に住んでいる人たちだけが隣人ではありません。
神様が私の隣に置いてくださった人たち、たとえば、仕事の仲間であるアカデミーの先生たちや生徒、その生徒を送ってくださっているご父母の方々、これまで学校や職場などさまざまなところで出会ってきた人たち、さらにこのブログを通して、あるいはFacebookを通して知り合った方々、など挙げ出せば切りがありません。


礼拝後、妻と一緒に近くのショッピングモールに出かけましたが、そこでアカデミーの生徒とそのご家族ふた組に、さらに10年以上も前にうちで先生をしていた方でつい先日結婚されたばかりの素敵なカップルにも出会い、この人たちも私の隣人だと気づきました。


私が今週、これらの人たちにできることは何か。
ひとつはこのブログを通してメッセージを送ること。また、声をかけてあげること。耳を傾けてあげること。
さらに自分に何ができるか、毎日考えながら生活しようと思いを新たにしました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

人を赦すとは

2013.07.09日

小学校を卒業した翌日に私は引越ししました。
京都の市電がすぐ近くを走っている、当時としてはけっこう街中から、田んぼに囲まれた田舎、嵐山にです。
でも、私はこの嵐山がすぐに大好きになりました。
幼稚園の頃からずっと借家住まいだったのですが、初めての自分の(というか父の)家でした。
行きつけだった寿司屋のおじさんから生まれたばかりのポインターをいただき、たいそう可愛がり、毎日散歩に連れて行きました。コースは嵐山から嵯峨野です。
内容は今日、これから書こうとしていることとは全然関係ないのですが、以前ブログの記事の中にこの犬が登場したことがあるので、写真はこちらから見ることができます。
昨日、たまたまFacebookで下の嵯峨野の竹林の写真を見て、ちょうどそこを散歩コースでよく歩いていたのでとても懐かしくなり、当時のことを思い出したのです。


%8D%B5%89%E3%96%EC.jpg


中学1年生になって間もない頃のことです。学校までは遠かったので電車通学をしていました。
同じクラスではなかったのですが、近所のSくんと親しくなり、一緒によく通学しました。
あるとき、このSくんが乗っていた電車の少し前の席の窓から顔を出して何やら大きな声を出して言っていたので、私も顔を出してSくんの言っていることを聞こうとしました。
次の瞬間、私の顔にSくんがふざけて吐いたつばが「ベチャッ」と大きな音を立ててかかったのです。私は頭にきて、「コンチクショー!」とばかりに仕返しをしました。
ところが、車両の後ろの方にいた私は風下ですから、当然のことながらつばを吐いたと同時に口の周りに自分のつばがそのままかかりました。(ああ、なんてバカなんでしょう! ホントに恥ずかしい…)
自分の馬鹿さ加減に呆れたということもありますが、顔につばをかけられたからといって、Sくんを恨んだり、喧嘩したりすることはありませんでした。


中学生の頃は、何度か執拗ないじめに遭いました(「心が痛むいじめの問題」)。でも、意気地がなかったこともありますが、自分から仕返しをしようと思ったことはありません。もともと平和主義というか、喧嘩が嫌いなのです。
小学生のときにも友達に殴られたことがありましたが、仕返ししませんでした。仕返ししたらそれが倍になって返ってきて、泥沼化することを本能的に知っていました。


今、エジプトで失脚したモルシ前大統領派と軍などとの間で連日衝突が起こっていて、50人以上が死亡、400人以上がけがという大惨事に発展しています。このニュースを見るたびに心が痛みます。


先日読んでいた本の中に次のような箇所がありました。
「赦しはまずきみのため、赦す者のためなんだ」(『神の小屋』p.311 ウィリアム・ポール・ヤング著 サンマーク出版)
主人公は…、と書こうとしたのですが、ネタバレになるのでやめておきます。


そう言えば、うちの次男がまだ2歳だった頃、隣町の厚木市で大きな事件が起きました。
強制わいせつの前科のある19歳の少年が、更生のために通ってお世話になっていたキリスト教会牧師の5歳の娘にいたずらしようとして騒がれて殺害し、知人の家の天井裏に遺体を隠していたという大変なショッキングな事件です。
当時、毎日、テレビのワイドショーで取り上げられていましたが、犯人が捕まった直後に牧師のインタビューがテレビに流れ、新聞でも大きく報道されました。
「私は少年を赦しています」
この言葉に多くの人が大きな感動を覚えました。


赦しはもちろん相手のためですが、まずは自分のためなのです。
エジプトで反目し合っている人たちが、この赦しの力に一日も早く目覚めることを願ってやみません。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

愛のいろいろな形

2013.05.30日

「愛」と言うと、どうしても男女間の「惚れた、腫れた」の恋心のイメージが先行してしまいます。
しかし、愛にはいろいろな形があります。
先日、ラスベガス日本人教会の鶴田牧師のブログ記事「愛するとは」をご紹介しましたが、その中に描かれていた「愛」は親が子どものために費やす時間のことで、愛するとは時間を使うことである、と書かれていました。
これは本当に大切なことで、愛する人のためには誰でも時間を惜しみません。
そして、これは親子や男女間だけの問題ではなく、ありとあらゆる人間関係にも通じます。


つい最近お知り合いになった方が、親の愛情を微塵も感じたことなく育ち、幼少の頃から愛に飢えていたそうです。生い立ちをお伺いして、本当に心が痛みました。
この方は愛を求めて若いころ教会に通い始め、そこで神様にお出会いし、ほんものの愛を初めて体験されたそうです。今はご病気で苦しんでいらっしゃるようですが、Facebook上のお友達の励ましで、一生懸命生きていらっしゃいます。心から尊敬します。
励ましや祈り、これも愛のひとつの形です。


ここ数日、愛のいろいろな形について考えています。
うちのアカデミーの先生たちが生徒たちのことを大切に思い、犠牲を惜しまずに生徒たちが通う学校の運動会や文化祭を訪れて励ましたりするのも愛のひとつの形です。


私は家族をとても愛しています。
実際のところ、たとえば家族のうちで心臓移植などが必要な状況になれば迷うことなく自分の心臓を提供できます。命すら惜しまない。これも愛のひとつの形です。


それでは通りがかりの見知らぬ人のためにも自分の命が捧げられるかというと、ちょっと考えてしまいます。
とっさに思わず体が動いてしまうということもあるかもしれませんが、きっと二の足を踏んでしまうことでしょう。
でもその場で、救護したり、警察や救急車を呼んだりはできるでしょう。それも愛のひとつの形です。


世界で最初に印刷された書物で、出版以来ずっと毎年、世界のベストセラーと言われる聖書の中で一番有名な言葉は、
「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである」
(ヨハネの福音書3:16)
です。
これこそまさに愛の極みでしょう。私たちには真似できない最高の愛です。


しかし、日々の生活の中で具体的な形で愛を表すことは私たちにもできます。
忍耐もそうでしょうし、親切な行為もそうでしょう。赦しも愛の形のひとつです。人をありのまま受け入れること、信頼することも愛のひとつの形です。
命を与えるというような特別な状況でなくても、家族や親族、友人、同僚、先生、生徒等など、ありとあらゆる人間関係において愛のさまざまな行為を示すことは誰にでもできます。
一人ひとりがこのような生き方を心がけるなら、世界は本当にもっと平和に、そして私たちの日常生活も潤いのある、充実したものになることでしょう。
人はみんな愛情を必要としていのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

愛するとは

2013.05.21日

「ラスベガス日本人教会」を牧会する、私の敬愛する鶴田牧師のブログからの転載です。
親子関係、子育てについて教えていますが、これは夫婦関係を始め、あなたが大切にするすべての人間関係にも通じることで、自分と特定の人との関係を頭に入れながらお読みくださるといいと思います。


今日は、“子供が一番欲しいもの”ということについて考えてみました。
ところで皆さんは、自分の小さな子供が何を一番欲しがっているかを考えたことはありますか?オモチャでしょうか?コンピューターゲームでしょうか?それとも美味しいチョコレート?


そうではありません。小さな子供は、お父さんとお母さんと一緒にいることを何よりも欲しているのです。彼らはお父さんとお母さんが傍に居てくれれば、愛されていることを確認し、安心感を覚え、自分が価値のある人間であることを信じるようになります。


ですから、親が子供を愛するということは、時間を使わないで子供が欲しい物を買い与えることではなく、何よりも時間という大切なものを犠牲にして子供と一緒に過ごすことであり、そこに親子が深い絆で結ばれ、同時に、その子供が肯定的な自己像を持つに至る大切な要因があるのです。
そして、その自己像が、いわゆる人生脚本として、その子の一生を支配し、大きく左右していくことを考えれば、子供と過ごす時間の大切さは、どれだけ強調してもし過ぎることはないのです。


ある日、5歳になる娘を持つ父親が、その日も仕事で疲れきって遅く家に帰ってきました。すると、彼の娘がドアのところで待っていたのです。父親は驚いて言いました。


父: まだ起きていたの?もう遅いから早く寝なさい。
娘: パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど。
父: なんだい?
娘: パパは1時間にいくらお金をかせぐの?
父: そんな事、お前には関係ないことだよ。


仕事で疲れている父親はイライラして言いました。


父: どうして、そんなこと聞くんだ?
娘: どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?


女の子は嘆願しました。


父: あまり給料は良くないよ・・・20ドルくらいかな。ただし残業代は無しだ。
娘: わぁ。


女の子は言いました。


娘: ねえ。パパ。私に10ドル貸してくれない?
父: なんだって!


疲れていた父親は怒ってしまいました。


父: お前が何不自由なく暮らせるためにお父さんは働いているんだ。それなのにお金が欲しいだなんて。ダメだ!早く部屋に行って寝なさい!


女の子は、黙って自分の部屋に行きました。しばらくして父親は後悔し始め、少し厳しく叱り過ぎたかも知れない…。きっと娘はどうしても買わなくてはいけないものがあったのだろう…。それに今まで娘は一度も何かをねだったことなどなかった・・・。


父親は娘の部屋に行くとそっとドアを開けて、小さな声で言いました。


父: もう寝ちゃったかい?
娘: ううん。パパ!


娘は少し泣いているようでした。


父: 今日は長いこと働いていたし、ちょっとイライラしてたんだ・・・。ほら。お前の10ドルだよ。


娘はベットから飛び起きて顔を輝かせました。


娘: ありがとう。パパ!


そして、小さな手を枕の下に入れると数枚の硬貨を取り出しました。父親はちょっとびっくりして言いました。

父: おいおい。もういくらか持ってるじゃないか。
娘: だって足りなかったんだもん。でももう足りたよ。


娘はそう答えた。そして10ドル札と硬貨を父親に差しのべて、


娘: パパ!私20ドル持ってるの。これでパパの1時間を買えるよね?


今日の一言: 愛するとは時間を使うこと


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

「互いに愛し合う」とは

2013.05.17日

今日はちょっと一人で落ち着いて考えごとがしたくて、久しぶりに大磯の海岸にやって来ました。
ポカポカと暖かい太陽を身体いっぱいに受けて、日向ぼっこをしながら石段に腰かけています。
遠くに白波を立てて進む船が見えます。漁から戻って来た大きな漁船は大磯港に向かっています。
時々ヘリコプターが轟音を立てて頭の上を通り過ぎて行きますが、辺りに人は誰もいません。


oiso%20beach.JPG


何十羽もの鳩が「クークー」と鳴きながらすぐそばまで近寄って来ます。
一見、みんな同じように見えるのですが、よく見ていると一羽一羽色合いも大きさも、声も鳴き方も、さらに額が飛び出ているものやそうでないもの、頭の大きいものや小さいもの、クチバシの色や形など、全部違うのです。考えてみればごくごく当たり前のことなのですが。


doves.JPG


私がいくら鳥が好きと言ったところで、区別がつくのは鳩とカラス、スズメとツバメ、クジャクなど主だったものだけで、毎日Facebook上に紹介される数え切れないほどの美しい鳥は初めて見るものばかりです。


その中の鳩という一種類だけでもこれだけ個性があるのです。
しかし、個性に気づいたところで、一羽一羽に名前をつけて区別するなどということはまず不可能です。
おそらく鳩の方でも、私たち人間はみんな同じように見えて区別はつかないことでしょう。もちろん、鳩同士ではお互いに区別がつき、好き嫌いなどもあることと思います。仲良さそうなのもいれば、追いかけられて逃げ回っているのもいますから。


私たち人間も同じで、合う、合わないがあります。これはごく自然なことです。
でも、聖書を読んでいると、
「互いに愛し合いなさい」
という表現によく出会います。


「わたしのいましめは、これである。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい」
(ヨハネの福音書15:12)


こんなことは可能なのだろうかと人は言います。
しかしよく見ると、
「互いに好きになりなさい」
とは書いてありません。
「好き」というのと「愛する」とは、一見似ているように思われますが、実は異なります。
聖書の言う「愛する」は、「好きだ、惚れた」のレベルのものではなく、たとえどのようであっても自分の意思で相手をありのまま受け入れ、赦し、相手のために自分を犠牲にする覚悟をするということです。
果たしてそんなことができるのでしょうか。
上の聖書の言葉はイエス・キリストが語られたものですが、
「わたしがあなたがたを愛したように」
とあるように、イエスの愛はまさに私たちをありのまま受け入れ、赦し、ご自分を犠牲にしてくださった愛なのです。一人ひとりの個性や長所、短所、能力、外見、国籍など一切を超えて。
この愛を体験しないと、自分を犠牲にするような愛は損だから「まっぴらご免」となってしまいます。
しかし、体験した者にとっては、それが可能になる。だから、
「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい」
ということができるのです。
もしそうでなければ、この「愛し合いなさい」という命令は意味のない、空しいものになってしまいます。


私たち一人ひとりが「お互いに愛し合う」ことができるようになったら、憎しみや偽り、誤解、殺し合いなど、およそ考え得るこの世の悲劇はほとんどがなくなるのではないでしょうか。
神様のご愛に生かされる者となりたいものです。
と、つれづれなるままに、涼しい潮風に吹かれながら考えていました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

本当の幸せとは何か?

2013.05.11日

リジー・ベラスケスさんは高校のとき、「世界一のブス女」としてYouTubeに8秒間のビデオで紹介されました。


LIZZY.jpg


世界中で他に二人しかいないという奇病をもって生まれてきたベラスケスさんは、脂肪組織がまったくなく、筋肉を作ることも、エネルギーを蓄えることも、体重を増やすこともできません。体脂肪は0%で、体重はたったの27kgしかありません。
上のYouTubeに寄せられたコメントで人は彼女のことを「it」(それ)「化け物」などと呼び、彼女に自殺するよう勧めていました。


このような状況にもかかわらず、ベラスケスさんは4つの目標を立てました。
1. モチベーションスピーカーになる
2. 本を出版する
3. 大学を卒業する
4. 家族と仕事を持つ


現在23歳のベラスケスさんは、モチベーションスピーカーとなってすでに7年、200回以上もセミナーを開き、「自分のユニークさをありのまま受け入れる」「いかにいじめに対処するか」「試練を乗り越える方法」などのテーマで話してきています。


彼女はテキサス州立大学サンマルコス校でコミュニケーションを専攻する4年生、親友と一緒に暮らしています。
彼女の最初の本『リジー、美しい』は2010年に出版され、世界中の人々の心をとらえ、2冊目の本『美しくなりなさい。ありのままの自分でいなさい』は9月初めに出版、そして2013年には3冊目の本を書こうとしています。


CNNテレビのヘッドラインニュースのインタビューで、彼女はDr.ドゥルー・ピンスキーに次のように言いました。
「今、私が本気で取り組んでいるのは、公の場での人々の視線の問題です。
でも、ようやくここまでやってきました。人々が私を見つめて私のことをああだ、こうだと決めつけるのをただ座って待っているのではなく、私の方から彼らのところに近づいて行き、自己紹介して名刺を手渡し、『はじめまして。私はリジーといいます。私をジロジロと見つめているのではなく、お勉強し始めませんか』と声をかけるのです」


ベラスケスさんは、テキサス州サンアントニオ市に生まれました。4週間の早産で、体重は950gしかありませんでした。
母親のリタさん(45歳)はデイリーメール紙に語っています。
「医師たちは、この子がどうやって生き延びるか想像もつかなかったと言いました。
ベビー用品の服は大きすぎて、おもちゃ屋に行って人形の服を買わなければなりませんでした」
医師はリタさんと夫のルーペさんに警告しました。
「あなたがたのこの一番上のお嬢さんは一生歩いたり、話したりすることはできないでしょう。ましてや普通の生活など送ることはできません」と。(彼女のふたりの弟妹は同じ症状を患うことはありませんでした)
ところがなんと、彼女は成長したのです。身体は本当にとても小さいのですが、内臓も脳も骨も普通に成長しました。


彼女には栄養を蓄える脂肪組織がまったくありません。ですから一日を送るためには、エネルギー源を得るために15分か20分おきに何か食べなければならないのです。
片方の茶色の目は4歳のとき曇り始め、今ではこの目は全く視力を失いました。もう一方の目もほんのわずかの視力しかありません。


リジー・ベラスケスさんのことが励みとなったなら、「いいね!」か「シェア」をクリックしてください。
このような大変な状況の中で、彼女が私たちの励みとなり続けられるよう、彼女のために祈りのコメントをよろしくお願いします。


4日前、私はFacebook上でこのポスティングを読み、ベラスケスさんの写真を見て、「気の毒に」と思い、とても心が痛みました。
でもこの数日、ベラスケスさんのことを、そして本当の幸せとは何か、ということをずっと考えているうちに考え方がだんだん変わってきました。
大変なハンディがあるにもかかわらず大きな目標を4つも立てて、それを一つひとつ実現していっているベラスケスさんは、本当は一番幸せなんじゃないか。
逆に、「世界一のブス女」というビデオをYouTubeに載せた人や、「化け物」「死ね」などと書き込んだ人たちはなんて不幸なんだろうと。
そして、彼女の名前をネットで検索したところ、ベラスケスさんが家族や多くの友人たちに囲まれ、みんなの愛に包まれてとても幸せそうにしていらっしゃる写真が何枚も載っていて、最近体調不良と言って元気があまりなかった私は本当に打ちのめされたような気持ちになりました。


リンク先をたどって見てみると、正直なところ興味本位としか思えないような不快な写真や人種偏見、女性蔑視に満ちた写真などが多数載せられている中で、今年1月15日にアップされた彼女のポスティングのところには、なんと262,125人が「いいね!」、29,323人がコメント、38,012人がシェアしていて、その数は今この瞬間もどんどん増え続けています。
そして、寄せられているコメントはすべてポジティブなもので、彼女の勇気、積極性、彼女の美しさを褒め称えています。
このページをシェアで紹介してくださったマドレーヌさんに心から感謝するとともに、ひとりでも多くの人にベラスケスさんの存在を知ってもらい、私のように元気をもらってもらいたいと思い、記事にしました。
リジー・ベラスケスさんに心から感謝!


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

レ・ミゼラブル

2013.03.09日

今話題の映画『レ・ミゼラブル』。
何年ぶりでしょうか、今日、妻と一緒に観てきました。
少し前に次男が観に行ってとても感動したと言っていたのを妻が聞いていて、今日、突然私に一緒に観に行こうと誘ってくれたのでした。


les%20miserables.jpg


感動で涙が止まらなかったからティッシュを持って行くようにという次男の勧めに従って、ティッシュをポケットに忍ばせて行きましたが、本当でした。
高校生の頃か、大学生の時か、いつ読んだのか覚えていませんが、ストーリーはだいたい覚えていました。最後の方は記憶があやふやでしたが、感動で大泣きしたのはやはり最後のクライマックスシーンでした。


帰宅してウェブで調べてみると、何とアフレコ(口パク)は一切なく、すべて実際に歌いながら生で収録したとあり、またまた驚き。
「やっぱり!」
どうりで演技や顔の表情、涙、息づかいなど、すべてがとてもリアルだったわけです。
それにしても、全出演者の歌唱力や歌声のレベルの高さ、演技力。そして、映像や音響効果、すべてが最高レベルでした。
あれが全部生で収録されたとはちょっと信じられないぐらいです。


原作の『レ・ミゼラブル』を読んでいなくても、全編を通して聖書のメッセージが流れているので、クリスチャンにとってはとてもしっくり来、よく理解できます。
最後のシーンで語られる「愛のあるところに神がおられる」には、もうジーンときて、涙が止まりませんでした。


お薦めの映画です。ぜひ皆さんもご覧になってください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

春が来たぁ〜!

2013.03.04日

3月は暦の上で春。
一昨日の1日には早速「春一番」が吹き、急に暖かくなってきました。
今週半ばにはもう20度を超える陽気になるとか。


1年で一番日が短い冬至(12月22日頃)よりも気温がぐんぐん下がり、一番寒くなるのは2月ですが(「日が長くなってきた」)、1年の暦の中で12月・1月・2月の冬が終わった翌月から春になるというのは出来すぎと言う他ありません。
これから桜のつぼみがどんどん大きくなり、あと1か月ちょっとすると桜を始め、いろいろな花が一斉に咲き始めます。
私たちの心まで明るくなって、うきうきした気分になってきます。


アカデミー学院でも今日が新年度の初日。
新しい生徒が大勢やってきます。学校ではまだ小学6年生ですがアカデミーでは今日から中学1年生。新2年生で入塾してくる生徒や体験生もたくさんいます。みんなに会うのが今から楽しみです。
2月28日には公立高校の合格発表があり、うちの中3生からは続々と嬉しい合格通知が舞い込みました。講師全員が塾に待機し、電話で合格の連絡が入り、また午後からは生徒が塾を訪れるたびにみんなで「やったぁー!」「良かった!」と大拍手。
中3生にも春が来ました。


昨日は柿谷先生の教会の礼拝に久しぶりに出かけました。
ここ2か月ほど、腸炎になったりして体調を崩し(「回復途上にあります」)、そのあとはずっと3月の新年度のための入塾説明会や無料体験レッスンなどが続き、ちょっとご無沙汰していました。
そう言えば、ちょうど1年前のブログにも柿谷先生の教会での様子を記しました(「若返りました!」)。
昨日は礼拝後の交わりの時、初めて教会に来られたカメラマンの方との出会いがありました。
教会員のMさんのお父様がカメラマンということで、そのつながりでMさんが教会に誘われたのです。
いろいろと興味深いお話や目を覚まされるようなお話をMさんから伺い、本当に感謝しました。私達の心にも春がやってきました。


また、昨日は教会に出かける前に読んだ新聞にも素敵な記事が載っていました。
『顔 「見た目に症状のある人を被写体にする写真家 冨樫東正(とがしはるまさ)さん 38)』(読売新聞2面)
冨樫さんはこの3年あまり、顔のあざや脱毛など外見に症状のある人を撮影してきて、それらを先月都内で写真展を開いて紹介したそうです。
「最初はどう接していいか迷ったし、展示なんて考えもしなかった」。実際に相対してみると、普通の人たち。会話が進むうち、症状のことを忘れた。「知らないからジロジロ見たりしてしまう。僕の写真で、もっと彼らを知ってもらえたら」
(中略)
写真嫌いだった人も、作品には顔をほころばせる。「遺影にしたい」と冗談めかして喜ぶ人もいた。「僕のラウフワークになるのかな」。資金難の活動だが、機会があれば各地で展示したいと考えている。


私はこの記事を読んでいて心がポカポカと温かくなってきました。
「見た目問題」に限らず、さまざまな障がいを負っている人も、また病の人、お年寄りもみんなごく普通の人。
ともすれば社会で肩身の狭い思いをしている人たちにも、本当の意味で春が来ることを心から祈りつつ。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人にして欲しいと思うこと

2012.12.15日

毎朝、職場の塾に向かう道、道路上の灰皿が否(いや)が応(おう)にも目に入ります。
いえ、正確には灰皿ではありません。
生活用水路の上にかかる小さな橋のたもとに取りつけられていた反射鏡の天板が、何者かによって取り去られて穴になったところに、バスを待つ人たちがタバコの吸殻を捨てているのです。
もう一方の反射鏡は台座ごと取り外されています。誰かが自宅で灰皿として利用している、なんてことはないでしょうが。


%8AD%8EM.JPG %8AD%8EM%82Q.JPG


すぐ脇のバス停の周りにはさらにたくさんの吸殻が落ちています。
道路を汚さないよう気遣って(?)橋の上から川に投げ捨てている人も見かけます。


毎朝、塾の前の歩道を掃除していてもたくさんの吸殻が捨てられています。
この時期、落ち葉の掃除は当たり前のことで、骨は折れますがまったく苦にはなりません。自然が織りなす落ち葉はそれなりに美しいのですが、人が故意に汚す吸殻には正直なところうんざりです。
自宅の玄関を出たところにも吸殻がいつも落ちています。
信号待ちしている車がドアを少し開けていました。車が走り去ったあとの道路上に灰皿から捨てられた吸殻が山になっていたというショッキングな光景を何度か目にしました。


タバコの吸殻から、40数年前の学生時代のことを思い出しました(「嫌煙権と喫煙権」)。
タバコを吸うのは確かに個人の自由ですが、上の例のように吸わない人に迷惑をかけることや、道路や川を汚すことは、やはりマナー違反です。


タバコの吸殻だけではありません。
自転車で走りながら、飲み終わって空になったペットボトルをよその家の庭に投げ込んだり、空き缶を塀の上に置いて行ったりする人をよく見かけます。
数日前の朝には、近所の家の庭の生け垣にスーパーのレジ袋に入れたゴミがクリスマスツリーの飾りよろしく、ぶら下げられていました。


先日はウォーキングしていたら、河原の土手脇に立ててある目隠しの塀が見事に(?)ペインティングされていました。
落書きをしている人は、アーティスト気分で描いているのかもしれませんが、すぐ下に住んでいる人や通りがかりの人にとっては、まことに迷惑千万。実に不愉快です。


%97%8E%8F%91%82%AB.JPG


この国のマナーは一体どうなったのでしょうか?
誰だって自分の家の前に吸殻を捨てられたり、ペットボトルや空き缶、ゴミを庭に捨てられたり、塀や店のシャッターに落書きをされたら不愉快でしょう。
人にされたくないことをするのはマナー違反です。
いえ、マナー違反であるばかりか、建造物損壊罪や器物損壊罪、廃棄物処理法、軽犯罪法などの法律違反ですらあります。
むしろ、人にして欲しいことをするのが、人間としての常識というものではないでしょうか。


このような時、Facebookでとても心温まるYouTubeの動画に出会いました。シェアしてくださった大和カルバリーチャペルの倉地先生に感謝します。下にご紹介しますので、ぜひご覧ください。
私たちの身の回りからこのような小さな運動が始まれば日本も、そして世界も変わります。
冒頭の橋の上の「灰皿」とバス停付近に捨てられている吸殻がときどききれいに掃除されていることにある日、気づきました。
その親切な行為の主は、ひとりのお年寄りです。トング(ゴミばさみ)を使って、近隣の歩道に落ちている吸殻やその他のゴミを拾って回ってくださっているのです。
私は頭が下がる思いで、心の中で「ありがとうございます!」とお礼を言いました。
ちなみに、私も落ちているペットボトルや空き缶、菓子の包み紙などのゴミは拾って塾や自宅のゴミ箱に分別して捨てるよう心がけています。



毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

欠けているのは愛

2012.10.26日

NHKの連続テレビ小説「純と愛」の中で2週間ほど前、面白いシーンがありました。
主人公の純がいろいろな人に善意で親切をしようとするのですが、何をしてもうまくいかず裏目に出てしまい、失望落胆してしまいます。
その時、彼女の良き理解者であるホテルの社長が言います。
「君には一つ欠けていることがある。それは…、まあいいや」
「いえ、いえ、よくないです。教えてください。私に何が欠けているかを」と純は食い下がります。
これに対して社長は、
「君に欠けているのは愛だ」と答えます。
純はこの言葉を聞いて、愛とは「愛ちゃん」のことと受け止め、この時から彼女は真剣に愛ちゃんのことを思い始めます。


このNHKの人気連続ドラマ、10月1日から始まったばかりで、まだこれからストーリーが展開していくのですが、主人公の純と愛という名前からして今後の展開にある程度の想像はつきます。
前々回の「カーネーション」(「岸和田だんじり祭と京都祇園祭」ほか)同様、出演者の演技も、また演出も実にうまく、これからが楽しみです。


さて、冒頭の「愛が欠けている」の言葉ですが、私はこれを聞いた瞬間はっとしました。
これまでこのブログに何度も書いてきた『ザ・パワー』(「目が開かれた!」ほか)の中で著者ロンダ・バーンがそれとそっくりのことを言っているのです。


「あなたの感情も人生の他のものと同様、肯定的にも否定的にもなります。つまり、あなたは良い感情か悪い感情のどちらかを抱いています。素晴らしい感情は全て愛から生まれています!逆に、否定的な感情は全て愛情不足から生まれています。あなたが歓びに満ちて良い気分でいる時には愛を放出しています。そして、沢山の愛を与える程、より多くの愛を受け取るのです。
絶望して気分が落ち込んだ時は、否定的なものをたくさん出しています。あなたが否定的なものを出せば出す程、否定的なものが返ってきます。否定的な感情を抱くと気分が悪くなる理由は、否定的な感情の中には肯定的な力である愛がないからです!
愛は人が感じることができる最高のものです。
これに、感謝、歓び、情熱、興奮、熱意、希望、満足が続きます。これらは良い感情です。
これに対して悪い感情は、退屈、苛立ち、落胆、心配、批判、怒り、敵意、羨望、罪悪感、絶望、恐怖と続きます」 (『ザ・パワー』p.55、およびThe Secret: The Power (Audio CD) より)


かつて私が毎日、頻繁に実感していた感謝、歓び、情熱、興奮、熱意、希望、満足などの良い感情が、最近では退屈、苛立ち、落胆、心配、批判、怒り、敵意、羨望、罪悪感、絶望、恐怖などという悪い感情に負けてしまっているのです。
これは取りも直さず、私自身の愛の欠如によるものだと、「純と愛」の上のシーンを見ていて深く示されたのです。


これまで私はそれを体調不良のせいにしていたのですが、考えてみれば、たとえ体調不良が原因だとしても、それを言っている間は、いつまでもこの「悪い感情」のサイクルから抜け出すことができないということに気づきました。
数日前、夜中一晩中、そして目覚めてからも一日中、例の吐き気に襲われ、これがきっかけでここ数日かなり体調を崩して落ち込んでいたのですが、今日、久しぶりに大磯の海岸まで歩いて行って、何時間も暖かい太陽の日差しを全身に浴びながら心地よい海風に吹かれていてようやく元気を取り戻すことができました。
それと、かなりしょぼくれていた私の隣に腰かけ、親切に声をかけてくださり、ご自分の身の上話などをして励ましてくださった見ず知らずの58歳の方にも心から感謝します。


とても大切なことに気づかせてくれた「純と愛」に心から感謝!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

メンコとビー玉

2012.08.25日

小学6年生に教えている中高一貫校対策のテキストに次のような問題がありました。
「6年生全員で地域のお年寄りを招待して、昔遊びを教えてもらう交流会を開くことになりました。教えてもらう遊びは、こままわし・めんこ・おてだま・おはじき・けんだまの5種類を予定しています。
(中略)
そこで、みんなから必要な情報を聞き出すために、アンケート用紙を配ることになりました。アンケート用紙を下のわくの中に作りましょう」


このテキストは、ユニークな視点や発想、表現力を鍛えるもので、これまでにない新しい問題がたくさん載っています。
生徒たちにこれらの遊びについて聞いたところ、ほとんどの子がメンコは見たことがないということでした。一人だけおじいちゃんの家にあると答えました。メンコの遊び方を尋ねると、これはだいたいみんな勘で知っていました。
しかし、ビー玉はどのように遊ぶのかも知らないという答えがみんなの口から戻ってきました。
この子どもたちが今から60年、70年先、おじいちゃんやおばあちゃんになった時、昔遊びはメンコやビー玉などでなく、ゲーム機とかになっているのでしょうか。
「おじいちゃんが子どものころは、ニンテンドーDSとかPSPっていうゲーム機で遊んでいたものだよ。懐かしいなぁ...」なんて。


私が小学生のころは、それこそメンコとビー玉の全盛期でした。
来る日も来る日も毎日、メンコかビー玉のどちらか、あるいはチャンバラごっこをしたりして遊んでいました。
うちは当時、借家に住んでいて貧しいほうでお小遣いももらっていませんでした(「不景気なときの最高の投資」)。
それで、自分でメンコやビー玉を買うことができなかったので、友達にいくつか恵んでもらって、あとは実力勝負で買って貯めていくしか方法はありませんでした。
大げさな言い方をすると、生活がかかっていてどうしても負けるわけにはいかなかったので、技術を身につけるのに必死でした。ですから自然と強くなり、結構たくさん貯めることができました。
まさに「窮すれば通ず」です。


人間誰でも窮地に追い込まれると、不思議と道が開かれるものです。
しかも、そういう時は周りの人たちが助けの手を伸べてくれたりします(「渡る世間は鬼ばかり?」)。


と同時に、私たちのすぐ近くにも私たちの助けを必要としている人がいます。
神様がその人のためにあなたを近くに置いていらっしゃるのかもしれません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

コミュニケーション

2012.07.11日

先週1週間、北カリフォルニアのサンタ•クルーズ近くにあるマウント•ハーモンというところで、キリスト教の修養会に参加してきました。
そこでお知り合いになったダネル•マクレイン師から今朝メールをいただきました。
マクレイン師は修養会で英語まじりの日本語でお証しされたのですが、1953年から1994年まで41年間も日本で宣教師を務められたという割には日本語がそれほどお上手でなく、英語以外の部分はあまり理解できませんでした。


修養会最終日の夜、マクレイン師と個人的に少しお話しする機会がありました。このときも会話はほとんど英語でところどころ日本語が交じるといった感じでした。
マクレイン師がお書きになった "ARE YOU HEARING HIM?" (主のみ声が聞こえますか?)という本を買い求め、サインしていただきました。
そのサインの字が85歳とは思えないほど、私よりもはるかにお上手で驚いたのですが、今日いただいたメールの文章も、また表現力も、そして記憶力もものすごく本当に圧倒されました。
今日、その本を読み始めたところ、本の中の表現力はメールの文章よりもさらにずっと上です。
きっと、何年も前にお書きになったものなのだろうと思って読み進むと、「来る2020年、今から10年足らずですが、」とあり、確かめると出版年も2012年と今年ではありませんか。
ということは、この本は去年お書きになったということです。84歳で。もう打ちのめされた感じです。
しかも、本の内容は、昔の日本での宣教の思い出話かと思っていたところ、本全体を通して日本に言及しているのは1箇所しかなく、あとは全部アメリカの現状のことが書かれているのです。
85歳というご高齢にもかかわらず、マクレイン師は今も刑務所伝道を始め、3つの高齢者ホームで聖書研究を行い、さらに月報も出していらっしゃいます。


マクレイン師の話される日本語があまりお上手でなかったので、きっとお年のせいなのだろうと思っていた自分を恥じました。
しかし、それにしてもよくあの日本語で(と言ったら失礼ですが)教会がひとつもない農村の小さな村々で41年間も宣教活動をしてこられたものだと思っていたとき、ある出来事を通してはっと気づかされました。
それは、マウント•ハーモンでお証しのとき情熱を注ぎ出すようにして私たちに訴えておられた日本に対する愛情です。
言葉が少々うまくなくても、愛情を込めて真実に話すなら相手の心に届くものなのです。
逆に、いくら上手な、あるいは正しい言葉で話したとしても、相手に自分の愛情が伝わらなければ、それは聖書の中にある「やかましいどらや、うるさいシンバルと同じ」なのです。


このことを通して私は深く心の中を探られ、悔い改めました。
神様、傲慢な私をお赦しください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

バカの大足

2012.05.28日

中学生の時の保健体育の先生は怖いけどとても面白かったS先生。
中学3年の時、男女分かれての保健の時間に性教育がありました。
S先生が黒板に女性の体の絵を描いて生殖の仕組みについて教えてくれました。
ユーモアあふれる授業で、教室はずっと大爆笑の連続。
授業が終わり、女子が教室に戻ってくる前にS先生は黒板に書いてあった女性の体の絵にちょっと手を加えました。
上部と下部を消して横の線で結び、真ん中の部分がくびれた壺のようなオブジェにして、上の口から縦に何本もの線を引き、その先に花をつけて、はい、花がいっぱい詰まった花瓶の絵の出来上がり。
またしても、みんな大笑い。


ある時、S先生が保健の授業の中で言いました。
「バカの大足」
これはよく使われる表現ですが、その後に続いて
「間抜けの小足、中途半端のろくでなし」。
ここでまた大爆笑。
いつもこんな調子でした。


昨日、ふとこの授業風景がよみがえってきたのは、中2のみずきちゃんとバスの中で話していた時のことです。
みずきちゃんが「バカの大足」というわけではありませんが、以前塾に来ていた今は高3のお姉ちゃんのありさちゃんと姉妹そろって背がとても高いのです。
以前、姉妹の名前の由来を尋ねたところ、ご両親が女優の観月ありさのファンだったそうで、初めの女の子が生まれた時「ありさ」と名付けたところ、二人目も女の子だったので「みずき」(実際にはそれぞれ漢字が使われています)と名付けたそうです。それで姉妹そろって「みずきありさ」。
なるほど、とても上手い名付け方です。


080117mizuki01.jpg


ところで、観月ありさは身長169センチでとても大柄な女優ですが、実はありさちゃんはさらに高くて171センチ、みずきちゃんも166センチで中2としてはかなり高く、今もまだ伸び続けています。
ご両親ともにやはり背が高いそうですが、「みずき」「ありさ」二人ともテニスをしていて、遺伝プラス運動でますます身長が伸びるのです。
昨夜、みずきちゃんに尋ねました。
「背が高くて便利なこととか不便なことってある?」
「便利なことはあまり感じたことありません。でも、洋服や靴を買う時、自分の気に入ったものがあってもサイズがなかったりすることがよくあって不便を感じます。あと、目立つことと周りの男子がみんな小さくて、それがいやかな」
ハイルーフで室内高164センチの送迎バス、ほかの生徒たちはみんな大丈夫なのに、みずきちゃんは頭がつかえ、腰をかがめて乗り降りします。


背の低い人は高い人を羨ましく思ったりするものですが、実際にはそんなのはどうでもいいこと。
大足、小足、中足にバカも間抜けもろくでなしもありません。
背の高い女の子も、背の低い男の子も、みんなそれぞれの個性で、いい悪いなどありません。
みんな、それぞれの個性をお互いに認め合い、受け入れ合う。
これが人間関係をもっと気持ち良いものにし、ひいては人種や国家や文化や宗教を始めとするさまざまな差別や戦争などの解決の糸口になると私は信じています。
教育はただ勉強だけ教えて、試験のために暗記させ、志望校に合格させて、いいところに就職させることが目的ではありません。
もっと人間として基本的なことをしっかり教える必要があります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

ドラえも〜ん! その3

2012.04.18日

去る4月6日の記事に書いた「増えーるメガネ!」(実名は「ダイエットめがね」)を発明したのは、東京大学研究員の鳴海拓志さん(28)。
「巧みな画像処理で、食べ物だけを大きく見せ、それをつかむ手の大きさは変えない『めがね』を開発した。これをかけると、食べた量が少なくても満腹感を覚える。『いかに脳をうまくだますか。脳との知恵比べです』と、いたずらっぽく笑う」(4月15日付 読売新聞2面「顔」より)


鳴海さんの発明品にはこの他、スポーツ飲料に様々な色の光を当ててフルーツ味に変化させる「おばけジュース」や、普通のクッキーをチョコレート味に感じさせる装置など。
見た目や香りを変えることで、脳が味を勘違いする性質を利用したものと言います。


narumi.jpg


弟さんが自閉症で、「その気持ちを理解したい」と思ったのが研究の原点とのこと。
自分の家族に自閉症の者や精神あるいは肉体的な障がいを持つ者がいたりすると、それだけで引け目を感じたり、恥ずかしがって隠そうとしたりする人が多い中で、鳴海さんは立派です。
「その気持ちを理解したい」という優しさ、弟さんに対する愛情が彼をしてドラえもんのような発明家に育て上げたのです。
ちょうど、のび太くんを愛するドラえもんがのび太くんのために様々なひみつ道具を出すように。


愛は人を成長させ、人を変え、周囲を変え、社会を変え、世界を変えます。
世界は、もっともっと多くのドラえもんを必要としています。
あなたの周囲にもあなたの助けを必要としている「のび太くん」がきっといます。
「ドラえも〜ん!」というのび太くんの声が聞こえてきませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

愛されていないと感じると...

2012.04.05日

愛されていないと感じると、人は自分のうちに価値を見出せないものです。
幼少の頃の、親や周囲の人たちの育て方、接し方で子供は、自分自身の価値を見出していきます。
親が子供を大切に育てていると、子供は愛されていると感じ、その愛に応えようとします。
ここに親子間の愛情・信頼関係が築かれていきます。
本当の信頼関係があるなら、子供は親が少々厳しく育てても平気なものです。
逆に、いくら優しく、甘く育てても、本物の愛が欠除していると信頼関係が築けない場合もあります。


これは親子間に限らず、その他の人間関係においても同様です。
人というものは、愛と信頼関係の中で生きています。
その信頼関係にひびが入ったり、損なわれたりすると、誰でも生きていくことすら苦痛になります。


日本では毎年三万数千人の人が自殺で尊い命を失っています。一日に百人近くの人です。
その多くは、この愛情、信頼関係が見出せず、失意の中で自らの命を絶っているのです。
「人の命は地球より重い」と言ったのは、1973年の時の首相、福田赳夫氏でした。
しかし、哲学的、物理学的、論理学的、また進化論的にこれを揶揄(やゆ)して「迷言」だとあざ笑っている人たちも大勢います。


そのような中で、「教えてgoo」(2003年7月20日)にwelovekobeさんの素晴らしい発言を見つけました。
少し長くなりますが下にその一部を引用します。


「人間がもし偶然にこの宇宙に発生した産物なら、本源的に『存在価値』は無いのです!!
なぜなら、作られた目的=創造目的がないからです。
自分がいくら千回万回『俺は価値がある〜っ!!!』と叫んだところで、それは単なる自慰行為でしかないのです。自己満足でしかありません。哲学的に論理的、実証的に真の価値が、その人間にあるわけではないのです。
ですから、偶然に進化した突然変異のなれの果てが人間だというのなら、そんな存在に尊厳性があるはずもないし、地球より重いわけがないのです。


しかし、もし、人間が神様によって創造された存在なら、つまり、創造目的があるのなら、人間は、神様にとって『存在価値』があるのです!!


じゃ、誰の為に生まれてきたのか?単なる偶然なら、誰の為でもないですね。
しかし、神様が人間を創造されたのなら、人間は、神様の為にまず生まれてきたといわざるを得ないのです。
そして、大事なことは、神様は、全知全能でも、お一人では愛することはできないということです。
『喜び』を感じることは、『愛する対象』がなければ神様でも不可能だということなのです。
だから、神様は人間を創造されたのです。
それ以外に考えられますか?全知全能だという神様が愛を必要とされない方なら、一人で楽しめば良いでしょ?
なのに、人間を創造されたとするなら、その理由は『愛』しかないのです。
人間を愛する子供として創造し、そのために、先駆けて、森羅万象をお作りに成ったのです。勿論地球もです。
ですから、人間は神様の愛する子女なのです。
貴殿には御子さんはいらっしゃいますか?
もし、何人かいらっしゃる御子さんの一人でも、病気で死にそうになったら、全財産を投げ打ってでも、治療費を捻出して、その子を救いたいと思うのは親の心情でしょう・・・
神様も、それと同じ心情をもっていらっしゃいます。


むしろ、神様がそのような『心情の神様』なので、神様に似せて創造された人間も又心情的存在なのです。だから、地球より重い存在なのです。子供だからです!
神様にとって、『地球より重い』のです」


これこそ、まさに「名言」です。私もまったく同感です。
ひとりでも多くの人に自分の命の尊さを今一度確認していただきたいと思い、この記事を書きました。
ぜひ味わって読んでください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

愛が欲しい!

2012.03.16日

「引き寄せの法則」については、これまで何度もこのブログの中に書いてきました(「引き寄せの法則 2」他)。
一番わかりやすい例を挙げると磁石です。
磁石のN極とS極はものすごい力でお互いに引き寄せます。
逆にN極同士、S極同士はこれまたすごい力で反発し合います。
この性質に着目して実用化したのがリニアモーターカーです。


実は、愛も同じです。
人は誰でも愛なしには生きていけません。
「愛が欲しい」「愛されたい」と思う人は多いのですが、「愛を引き寄せる」ことを知らないのです。
どのようにしたら愛を引き寄せることができるのでしょうか。
同じ波長のものが引き合いますから、自分の方から愛を発するのです。
言い換えると、「愛する」と「愛される」ようになるのです。


今回の卒塾式でそのことをとても強く感じました(「卒デミー Part2」)。
「卒塾おめでとう」と言うと、生徒たちはみんな口々に「卒塾したくない」と言います。
書いてもらったアンケートのほとんどに、
「アカデミー、大好き」
「先生たち、大好き」
のことばが溢れています。
なぜそれほどまでにみんなアカデミーのことが好きなんだろうと考えてみたら、答えは簡単でした。
先生たちがみんな生徒一人ひとりを愛し、かゆいところに手が届くほどにまでケアしているからです。
誰でも他人から愛されるとその人を愛するようになるものです。
愛が愛を引き寄せているのです。


親が子どもを愛するから子どもも親を愛する、恋人同士も、夫婦間、また友人間においても同じです。
マザーテレサがいまだに世界中の人々に愛されているのは、彼女が愛の人だったからです。
愛するから愛される、これは万有引力と同様、普遍的な法則です。


さらに、このことは人間関係においてのみ見られるものではなく、ありとあらゆる分野に通じます。
たとえば、生徒や学生の場合だと、数学が好きになると、今度は数学の方がその人を好いてくれるようになります。うそのように聞こえるかもしれませんが、これは本当です。
私の場合、英語が小さい頃から大好きでした。そうしたら、英語の方から私に近づいてきて、チャンスをいっぱいくれました(「意思あらば道通ず」)。


仕事もそうです。
自分の仕事を嫌だと思っていたら、仕事はどんどん自分から離れていきます。
好きだと思い、毎日の仕事を楽しんでいたら、新しい仕事がどんどん入ってきます。
仕事を愛すると、仕事に愛されるようになるのです(「塾の仕事は3K」)。


あなたは誰に愛されたいですか?何に愛されたいと思っていますか?
愛されたいと思っている人を、また愛されたいと思うものを自分の方から愛するのです。
これが愛される秘訣です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

感動物語

2011.10.06日

私の親しい友人で、尊敬する鶴田牧師(「VIP」)がメールメッセージという形で毎週素敵なお話を送ってくださっています。
一昨日とても感動的な物語を送っていただきました。
あまりにも素晴らしいお話なので、一人でも多くの人に読んでいただきたいと思い、鶴田牧師の了承を得てここに転載してご紹介させていただきます。
これは作り話ではなく、実話だそうです。
私はまるで映画を観ているようにありありと情景を心に描きながらこれを読みました。


ある裕福な男性と彼の一人息子は、珍しい絵画の収集が趣味でした。ピカソからラファエルまで、彼らのコレクションは実に目を見張るものがありました。そして、二人はいつも一緒に座って、価値ある作品を眺めながら、その一つひとつの素晴らしさを語り合いました。


ベトナム戦争が始まり、息子は出征していきました。そして勇敢にも一人の兵士仲間を救い出そうとして犠牲になり、戦死してしまうのです。やがて父親にその知らせが届き、父親は一人息子の死を深く悲しみました。


一ヶ月が過ぎた頃、ちょうどクリスマスの前の日に、玄関のドアをたたく音がありました。ドアを開けると、一人の青年が大きな包みを持って立っていました。その青年は言いました。「あなたは私のことをご存知ありませんが、私はあなたの息子さんが命を捧げて下さった兵士です。彼はあの日、多くの兵士の命を救いました。そして最後に、負傷した私を安全な場所に運んでくれているときに心臓に弾丸を受け、即死しました。彼はいつもあなたのことを話してくれました。あなたがどんなに芸術を愛しておられるかということを。


青年は持っていた包みを差し出しました。「これは大したものではありません。私は偉大な画家ではありませんが、あなたの息子さんは、あなたがこれを持つことを望んでいると思います。」
父親は包みを開けました。それはその青年が描いた息子の肖像画でした。彼は、その兵士が息子の個性を見事に捉えて描いた絵を畏敬の念をもってじっと見つめました。父親の目からは、涙が止め処なく溢れ出てきました。彼はその青年に感謝をすると、いくらでも払うからその絵を譲って欲しいと言いました。


「そんな、とんでもありません。私は、あなたの息子さんが私にしてくれたことに何もお返しできません。これは私の心からの贈り物です。」


父親は、その肖像画を暖炉の上に掛けました。そして、訪問客が彼の家を訪ねる度に、まずこの息子の肖像画を見せて、それから彼のコレクションを見せるようにしました。


数ヶ月が経って、その男性は亡くなりました。そこで彼の遺言にしたがい、彼のすべての絵画が競売に掛けられることになりました。有力者たちが至る所から彼の家に集まり、数々の名画を見て、彼らのコレクションの一つに加える機会が訪れたことに興奮気味でした。いよいよ競売が始まり、まず最初に息子の肖像画が壇上に。


競売人は、小槌を打ち付けました。「では、まず、この‘息子の肖像画’から始めます。誰が、この絵に値段をつけられますか?」
会場は静まり返り、しばらくして、後ろのほうから大声で、「我々は、有名な名画を見たいんだ。この絵は飛ばしてくれ!」 しかし、競売人はその声を無視し、「この絵に値段をつける人は誰かいませんか?誰が始めに値段をつけますか? 100ドル? 200ドル? 誰かいませんか?」


すると今度は、少し怒ったように叫ぶ声がありました。「我々はゴッホやレンブラントを見に来たんだ。本当の競売を始めてくれ!」 しかし競売人は執拗に続けました。「息子! 息子! 誰がこの‘息子’を持って行きますか?」
 

やっと会場の一番後ろから声がかかりました。それは長年その家で働いてきた庭師でした。「私がその絵に10ドル払おう。」 貧しい男にとって、それが払える限度でした。そこで競売人は続けました。「10ドルの声が掛かりました。20ドルはいませんか?」


すると、また会場から声がしました。「早くその絵を10ドルで彼にやって、我々は名画を見よう!」
「入札金額は10ドルです。誰も20ドルはいませんか?」


会場のあちこちから怒りの声が上がり始めました。彼らは‘息子の肖像画’など欲しくありませんでした。彼らは自分たちのコレクションのためにもっと値打ちのある投資を望んでいました。


そこで競売人は小槌を打ちつけました。「では、この‘息子’は10ドルで落札です!」
すると二列目に座っていた男性が叫びました。「さあ、名画のコレクションに移るとしよう!」


ところが、競売人は小槌を置いて言いました。「残念ですが、これで競売を終わります。」
「何だって、本命の名画はどうするんだ!」
「まことに残念です。私がこの競売を執り行なう依頼を受けたとき、遺言に特別な条件が明記されていることを聞かされました。そして、その特別な条件は、この最後の時まで明かしてはならないことになっていました。その特別な条件とは、この‘息子の肖像画’だけを競売に掛けること、そして誰であっても、この‘息子の肖像画’を買った者が絵画を含むすべての地所を相続するというものでした。ですから、この‘息子’を手に入れた者がすべてを得るのです。


いかがでしたか?
すごい話ですよね。
鶴田牧師は、上の話からひとり子イエス・キリストを与えてくださった父なる神様のご愛を説いていらっしゃいます。
このほか、父親の息子に対する愛とか、商売の心、人の心を理解すること、誠実、芸術品の価値等など、この物語からいろいろと教えられることがあります。
皆さんはこの物語からどんなことを教えられましたか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村