学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

ラムネの原点

2017.10.04日

3日前の記事、「i'm lovin' it」はマクドナルドのテレビCMのキャッチコピーですが、じつはこの発音が英語学習上とても大切で、あの「ラムネ」の発音の原点でもあるのです。


第19講 「lovin' it の発音」


「英語をネイティブのように発音したかったら」の中でも取り上げましたが、英語の語尾の -ng の発音は young における日本語式の〔ヤング〕ではありません。発音記号では【jʌ'ŋ】と書き、〔ヤンく゚〕のようにカ行の鼻濁音〔く゚〕と発音します。最後に〔グ〕をつけてはだめなのです。
ですから、loving は【lʌ'viŋ】〔らヴィンく゚〕です。(〔ら〕のひらがな表記は便宜上英語のLの音を表しています)


ところが、マクドナルドのCMでは loving ではなく lovin' と書いてあります。会話を文字化するとき、loving を短縮形の lovin' でよく表します。
"i'm lovin' it" 「マックだ〜い好き中」のような会話調の雰囲気を出しているのです。
さて、この lovin' の発音も loving 同様【lʌ'vi'ŋ】〔らヴィンく゚〕です。
そして、あとに it がついているので、 lovin' it【lʌ'viŋət】〔らヴィンけ゚(ット)〕のようになります。
この場合のあいまい母音【ə】は日本語の〔ア〕の音ではなく、そのスペリングによって弱い【ɑ】【e】【i】のように聞こえます。
(例: animal【ǽnəməl】 、ceremony【sérəmòuni|-mə】 、possible【pɑ'səbl】 )


日本のテレビCMでは「アイム ラビニ」のように言っています(最近は、ララララッラーのようなメロディに変わっていますが)。
でも英語では「ラビニ」のように〔ニ〕という音にはなりません。なぜなら lovin' の発音は【lʌ'vin】〔らヴィン〕じゃないからです。
アクセントが【lʌ'viŋət】〔ヴィンけ゚(ット)〕と【lʌ'】〔〕の上にあるので、そのあとの it は【it】とは発音されずあいまい母音の【ət】になり、ふたつの音がくっついて〔ネ〕のように聞こえ、さらに〔(ット)〕も飲みこまれてしまって聞こえなくなり〔ヴィンけ゚〕のようになります。


ちょうど日本の飲み物「ラムネ」の音の成り立ちとよく似ています。
もとは明治時代にイギリスから入ってきた lemonade【lèmənéɪd】〔ムネイ(ド〕だったのですが、初めに聞いた人が〔ラムネ〕と聞き間違えたことから「ラムネ」と命名されたのです。ラムネとレモネードはまったく別物なのですがね(笑)。


ramune.jpg


もうひとつおまけ。
"i'm loving you." を日本語式に〔ラブ〕と言うと、英語では love よりもむしろ rub のように R の音に聞こえてしまいます。
rub【rʌ'b】〔ラブ〕の意味は「こする」ですから、これまた大変な誤解のもとになります(笑)。


英語の 【f, v】 と日本語の〔フ、ブ〕とは調音の仕方が根本的に違います(両者を区別するため、本稿では便宜上英語の 【f】 はひらがな表記で〔ふ〕、 【v】はカタカナで〔ヴ〕としています)。


下の左図のように、英語の 【f, v】 は上の歯が下の唇に当たって出す唇歯摩擦音ですが、右図のように日本語の【ɸ】〔フ〕は唇を丸めてロウソクの火を「フゥー」と吹き消すときの両唇摩擦音で、【β】〔ブ〕はその有声音です。左図と右図の上の歯の位置に注目してください。


fv.jpg
        【f, v】                        【ɸ , β】


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

i'm lovin' it

2017.10.01日


しょっちゅう目にするマクドナルドのテレビCM。
今日は日曜日なので、全国のマクドナルドはよく流行ることでしょうね。


このキャッチコピーの "i'm lovin' it" ですが、そもそも love という動詞は「状態動詞」で like, need, want などと同じく現在進行形にはできない、と学校で習っています。
I am wanting some water. (水が欲しい)
とは言えず、
I want some water.
と現在形を使って言います。
現在進行形は「動作動詞」といって、たとえば read, run, talk などにしか使えません。
I am reading an interesting novel. (私は今面白い小説を読んでいるところ)


ということで、上のマクドナルドのキャッチコピー "i'm lovin' it" は文法的に間違っています。
しかし、CMの "i'm lovin' it" の右上に小さな®がついています。これは登録商標(registered trademark symbol のイニシャルの R)なのです。
登録商標では、quick という正しいスペリングに対して Kwik とつけても構わないわけです(「クエスチョン スイーツ ツイッター の共通点は?」)。


この "i'm lovin' it" にはちょっと違和感があるので消費者の目(耳)を引きます。
それがマクドナルドの戦略だったのです。
ですから、私は最初にこのCMを見たとき、「あっ、うまいキャッチコピーを作ったものだ」と感心していたのですが、ネット上ではこれは文法的に間違っているというのが日本国内だけでなく、アメリカやそのほかの国々でも取り上げられました。



でもこのキャッチコピーは2003年から世界中で統一して使っているので、いつの間にかそれがもう当たり前のようになってしまって、いつの間にかアメリカでも一般の人々の間で "i'm lovin' it"が使われるようになりました。
平たく言えば「大好き」なのですが、あえて原語の雰囲気を出すと、
「マックだ〜い好き中」
のような感じでしょうか。
ちょっとオーバーな言い方をすれば、英語の文法がマクドナルドのCMで書き変えられたのです。


hear (聞こえる)も同じく状態動詞なので、 I'm hearing the concert." (今コンサートを聞いているところ)とは言えませんが、会話表現では、
"I'm hearin' ya." (ya は you の会話表現)
(きみの言ってることはわかる)
のような言い方はネイティブの間で以前から使われていたので、マクドナルドはこれをうまく利用したのですね。


でも、日本人がカッコつけのつもりで真似して下手に使って、
"I'm lovin' you."
なんて恋人や伴侶にに言ったら、
「今(この瞬間)はきみのこと愛してるよ(あなたのこと愛してるわ)」
のような響きになり、最近ちまたでよく耳にする本物の愛情の伴わない「不◯している」のような感じになりやけどしますので、ご注意のほどを。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

クエスチョン スイーツ ツイッター の共通点は?

2017.09.27日

「クイーン」「クイック」「クエスチョン」「クエスト」(ドラゴンクエスト)「スクワット」などすっかり日本語になったものがたくさんあります。
ほかに、「スイーツ」「スエットパンツ」「スイッチ」「スイング」「ツイン」等など。
これらの共通点はなんでしょう?


この「クイ〜」や「クエ〜」「スエ〜」「スイ〜」「ツイ〜」で始まる言葉も日本人にとっては発音がちょっと難しく、「hat に『ハッと』する」の中に書きましたように、正確な発音を身につけておかないと、「ついうっかり」といつもの癖が出てしまいます。


第17講 「qu sw tw の発音」


英語の勉強をしていて、q で始まる単語が全部 qu になっていることにお気づきになった方もあるかと思います(一部 qa qi qo もありますが、これらはイスラムやアラブ系、中国系の地名・人名など固有名詞の独自の発音を英語表記したもの)。
昔の英語(5c〜12c頃)では cw と綴られていましたがこんにちの qu と同じ音です(c k q は親戚の文字)。
イングランドは昔いろいろな国に征服されました。その都度、その国の言語の影響を大きく受けました。
もともと話されていたイングランドの言語はゲルマン民族の制服によりドイツ語に近い言語に取って代わり、後にノルマン民族に征服された際にはラテン語系のフランス語にも影響されました(当時、支配階級がフランス語を話し、庶民は英語を話していました)。
この結果、英語にはいろいろな言語の語彙やその発音が残り、現代英語になったのです。また、その過程で、ヨーロッパの多くの言語に見られる複雑な、名詞・形容詞・動詞の格変化の屈折が英語になくなり、わずか「3単現のs」が残っている程度になりました。


さて、qu- で始まる単語の発音は、「クイーン」「クイック」「クエスチョン」「クエスト」のような〔ク〕ではなく、【kw-】と〔クウ〕という音です。【w】〔ウ〕と言うとき、日本語の普通の〔う〕の音ではなく、唇を丸めて突き出して強く〔ウゥ〕と発音します。
ですから、
queen【kwíːn】 〔クウィーン〕, quick【kwík】〔クウィック〕, question【kwéstʃən】〔クウェスチュン〕, quest 【kwést】〔クウェスト〕, squat【skwɑ't】〔スクウァット〕(スクワットではない)
のようになります。
ときどき Kwik のようなスペリングを見かけることがありますが、これは英語の綴り字法ではなく、 quick をもじって商品名にしたもので、発音は quick と同じです。


このほか上の例では、、
「スイーツ」は sweets【swíːts】〔スウィーツ〕, 「スエットパンツ」の「スエット」は sweat【swét】〔スウェット〕, switch【swítʃ】〔スウィッチ〕, swing【swíŋ】〔スウィンく゚〕, twin【twín】〔トゥウィン〕
のように発音します。
そうそう、ついでに日本語の「セーター」は英語では sweater【swétər】〔スウェター〕(「汗をかかせるもの」の意味)です。


なお、「ツイッター」は英語では twitter【twítər】〔トゥウィッタ〕、「ツイート」は tweet【twíːt】〔トゥウィート〕で、日本語とは似ても似つかない発音です。もともと tweet は鳥のさえずりの「ピーピー」「チュッチュ」というような擬音語で、 twitter はピーチクパーチクしゃべる「おしゃべり屋」のような感じの意味です。当初、日本語では「ツイート」を「つぶやく」と言っていましたね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

発音のセオリーと実践

2017.09.26日

"In theory, there is no difference between theory and practice. But in practice, there is."
--Yogi Berra
「理論上、理論と実践に違いはない。しかし、実践においては違いがある」
--ヨギ・ベラ、MLBプロ野球選手
(訳 舟田譲二)


ヨギ・ベラ(1925-2015)はメジャーリーグ選手としては、身長172.7cmと超小柄でしたが、アメリカ野球殿堂博物館入りしている名プレーヤー。
「メジャーリーグ屈指の「バッドボールヒッター」(悪球打ち)と呼ばれ、日米野球で金田正一が投じた頭の上の高さの悪球をバットを立てて大根切りで右翼スタンドへ叩き込んだそうです。
(Wikipediaより)


ヨギ・ベラの人生が上の名言を証明しています。
先日シェアしたバスケットボールのおもしろ動画をもう一度ご覧ください。
これは理論上の話で、実践ではまずこううまくいかないでしょうが。



第16講 「理論と実践」


「理論」を英語で theory と言います。最近はカタカナ語がやたらと多く、普通に「セオリー」と言われるようになりました。
「理論上、理論と実践に違い」はなく、日本では日常の生活で「セオリー」で事欠くことはまずありません。
「しかし、実践においては違いがある」のです。
どういうことかと言うと、この theory という言葉をいつでも「セオリー」と言っていると、英語を話しているときにも無意識のうちに〔セオリー〕と言ってしまうのです。これが理論と実践の違いの現実です。
私はこれまでそのような状況を数えきれないほど見てきました。これが、日本人の英語が外国人に通じない理由のひとつだと言えます。


高校時代、夏休みにアメリカからひとりの高校生が我が家にホームステイに来ました。
私の小中高校時代の友人がたくさん遊びに来て、みんな英会話の実践を試みたのですが、なかなか彼らの話す英語が通じません。
そのひとつの例を「エピソード」の中で以前ご紹介しました。


さて、 theory ですが、英語では【θíːəri】と発音します。
この【θ】はギリシャ語の「シータ」といい、見た目も形が少し似ていますが、口の中で上の歯と下の歯の間に舌先を少し出して〔す〕という音を出します(〔 〕内のひらがな表記は日本語にない音だということを意味しています)。英米人の中には舌を歯と歯の間にはさまず、上の歯の裏に当てて発音する人もいますが、下の図のような舌の位置で th の音を練習することをお勧めします。


th.png


英語によく出てくる th の綴りは、無声音では theory のように【θ】、有声音では【ð】と発音します。
ですから、英語の the, this, they, there などを日本語式に〔ザ〕〔ズィス〕〔ゼイ〕〔ゼア〕と発音したら絶対に通じないのです。
〔アイ スィンク〕と言ったら、英語では I sink と聞こえます。
〔ゼン〕は zen (禅)と聞こえます。then は正しくは【ðén】です。


英語に限らず語学の学習はたとえどの言語でも必ずそれぞれ独自の音があります。それを自国語の似た音で間に合わせようとすると、絶対に上達しません。
そういう意味で、まだ頭が柔らかい幼い子どもほど先入観や恥ずかしさ、癖などがないので楽に新しい言語の正しい音を身につけることができるのです。


でも、これは私の持論ですが、何事にも手遅れということはありません。今からでもしっかり練習すれば必ず正しい発音をすることができるようになります。カタカナ英語だった大勢の人を綺麗な発音ができるよう指導してきたので確信を持って言うことができます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

hat に「ハッと」する

2017.09.24日

昔は「帽子」というと hat 〔ハット〕、と学校で習っていましたが、こんにち hat はほとんど見かけなくなり、今や帽子は cap 〔キャップ〕となりました。お年寄りから子どもまでみんな cap を愛用しています。私自身もそうです。4年前には hat をかぶっていましたが今は cap です。最初はちょっと抵抗があったのですが、今ではこのように後ろ向けにかぶったりするようになりました 笑。(次男夫婦から今年の誕生プレゼントにもらった愛用のキャップで、つばは後ろについています)


%8EO%90%E7%89%401.JPG cap2.jpg


第15講 「hat hut hot  の発音」


一般に日本では hat は〔ハット〕と発音するものと思っている人が多いと思いますが、実は cap 〔キャップ〕と同じ母音です。
cap とか cat だとちゃんと発音できるのに、hat になるとたちまち〔ハット〕になってしまいます。
同じ a のスペリングなので【æ】という音ですから、【hǽt】は〔ハット〕というより、むしろ〔ヘァット〕に近い発音です。
そもそも cap も【kjǽp】〔キャップ〕ではなく【kǽp】〔ケァップ〕なのです。(【j】の音については「i と j」を参照)


基本的に、アクセントのある a は【ǽ】〔エァ〕と発音されます。
アクセントがほかの母音にある場合には、 a は【ə】〔あ〕というあいまい母音になります(「『アァー』『あぁー』、ため息が出ますね」)。
たとえば、cap は【kǽp】ですが、-ity という名詞を作る接尾辞がつくとアクセントはその直前に移動するので、capable (能力のある)の名詞形 capacity (能力)を日本語で最近よく「キャパシティ」と言いますよね。しかし、正確には【kəpǽsəti】〔かペァスティ〕のようになります(カタカナ表記に少し無理がありますが)。


本題に戻りますと、日本語で〔ハット〕と言うと、アメリカ英語では「小屋」を意味する hut 【hʌ't】〔はット〕と聞こえます。(ここでひらがなで〔は〕と表記したのは下の【ɑ】の発音と便宜上区別するためであって、音を表しているわけではありません。日本語は一般にあまり口を大きく開けて発音しないので、〔あ〕はこの【ʌ】に近い暗い音です)
スペリングは cut, sun のように u で綴られることがほとんどですが、次のようなケースもあります。
come, love, won, country, trouble, young, blood, flood


【ʌ】と【ə】は非常によく似ていますが、上で述べましたように【ə】はアクセントのない弱い音で、【ʌ】はアクセントがあるはっきりした音です。
「しかし」という意味の but は普通の会話の中では【bət】と弱く発音しますが、強調するときには【bʌ't】と言います。


これに対してよく似た音で hot 【hɑ't】の【ɑ】は口を大きく開けてはっきりと発音します。
(イギリス英語では、コーヒーの「ホット」のような【hɔ't】の音になります)


ということで、日本語ではみんな同じ〔ハット〕になる言葉ですが、英語ではhat【hǽt】(帽子)、hut【hʌ't】(小屋)、hot【hɑ't】(熱い、暑い)で、全部まったく違う音なので、発音する際には気をつけなければなりません。
本当に hat の音には「ハッと」しますね (笑)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

英語をネイティブのように発音したかったら

2017.09.23日

singer は日本語では「シンガー」。
youg の比較級は younger 「ヤンガー」。
と思うでしょう。
残念でした!


第14講 「英語の【ŋgər】〔ンガ〕 と 【ŋər】〔ンか゚〕いう音」


日本語にはガ行の鼻濁音というのがあります。
「私行きます」
の「が」を「か゚」【ŋa】と発音する地域が東日本を中心にあります。もともと東京方言なのですが、NHKのアナウンサーなどは標準語として訓練されているので「か゚」と言っています。
鼻から息を抜いて〔か゚、き゚、く゚、け゚、こ゚〕と言います。
最近ではだんだん聞かれなくなってきており、やがて日本語から完全に消えてしまうと思います。
ちょうど「ヱ」〔ウェ〕とか「ヰ」〔ウィ〕、「%82%A2.jpg」〔ィイ〕、「%82%A6.jpg」〔ィエ〕のように(「『ちょっと贅沢なビール』と言えば...」「ウヰスキーを飲む」「イースト菌?」)。


さて、今日の本題です。
英語の sing を【siŋg】〔スィング〕と発音するものと思っている人がほとんどだと思います。
これは正確には【siŋ】〔スィンく゚〕というふうに、語末の g は発音しません。
したがって、 singer も【síngər】〔スィンガ〕ではなく、【síŋər】〔スィンか゚〕になります。
えっ、なにが違うの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、じつはこれが大きな違いで、アメリカ人のネイティブスピーカーは文脈で singer って言いたいんだろうなと理解はしてくれるでしょうが、アメリカ人が「ワターシノ ナマーエワ ジョン ホワイト デース」と言っているように訛って聞こえるのです。


「〜する人」を表す英語の接尾辞 -er は、全部 singer【síŋər】同様、【-ŋər】〔ンか゚〕と発音されます。


ところが、ここで大問題。
young【jʌ'ŋ】〔ヤンく゚〕の比較級(もっと若い)は、【jʌ'ŋər】〔ヤンか゚〕にならず【jʌ'ŋgər】〔ヤンガ〕なのです。
なぜだかわかりますか?


これはかなり高度なレベルで、大学の英語専攻の学生や学校の英語の先生でも区別できないほどです。
答えは、上の「〜する人」という場合は鼻濁音の【ŋər】〔ンか゚〕ですが、形容詞(ものの様子を表す言葉)の比較級・最上級では【ŋgər】〔ンガ〕という音になる、です。アメリカ人が発音しているのをよーく聴いていたらわかります。
この発音の区別ができるようになったら、もう一人前、ネイティブ並みです。
ちょっと(じゃなくてたくさん)練習してみてください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

「アァー」「あぁー」、ため息が出ますね

2017.09.21日

第13講 「英語の〔アー〕という音」


英語には、〔アー〕の音に2種類あります。
イギリス英語も入れると厳密には3つになりますが、ここでは一般によく使われているアメリカ英語を扱います。
この区別がけっこうやっかいで、学校の英語の先生でも正確にできる人はあまりいないんじゃないかと思います。
ましてや生徒にしてみれば、発音どころでなくスペリングの段階で「アァー」「あぁー」と、ため息が出てきます。


そこで、今日はこの発音とスペリングを取り扱い、皆さんのため息をなくすお手伝いをさせていただきたいと思います。
(〔 〕内のカタカナ・ひらがな表記は音を区別するための便宜上のものでとくに意味はありません)


1.澄んだきれいな【ɑːr】〔アァー〕という音


これは日本語の「ア」よりも口を大きく開け、舌の位置をできる限り下げて、はっきりと「アー」と言います。
アメリカ英語では「アー」の後ちょっと巻き舌にして r の音を響かせるので、発音記号では r が少し右に傾いた形(イタリック体)で【ɑːr】と記されています。日本語表記の〔アァー〕の小さい ァ がそれを表しています。
(イギリス英語では【ɑː】と発音され、この r の音が入っていません。イギリス人が
I can't. を〔アイ カーント〕と発音しているのをよく聞くことがあると思いますが、この音です)


この【ɑːr】という r が聞こえる音は、通常 -ar と綴られます。
たとえば:
car【kɑ'ːr】〔カァー〕, park【pɑ'ːrk】〔パァーク〕、large【lɑ'ːrdʒ】〔らァーヂ〕(ひらがな表記のラ行は便宜的に L を表しています。〔ジ〕と〔ヂ〕については「第5講 「ジ と ヂ 」を参照のこと)


<例外>
w の後の ar は【wɔ'ːr】〔ウォー〕と発音する。(Star Wars 〔スターウォーズ〕)
award【əwɔ'ːrd】〔アウォード〕(日本語で「賞」を意味する「アワード」は間違い。アメリカ人タレントのデーブ・スペクターさんは、日本人になりきってわざと「アワード」と言っています。日本語になった外来語には、このようなスペリング・プロナンシエーションがたくさんあります)


2.口の中でこもった感じの【əːr】〔あぁー〕という音


この【əːr】という音はほとんどの場合、a 以外の母音、i, e, u などが r と一緒に綴られます。
口は小さく開けて、巻き舌で重い感じで〔あぁー〕と発音します。(【ə】はあいまい母音と呼ばれ、あいまいな音です。ここではひらがなで〔あ〕と表記します)
たとえば、
bird【bə'ːrd】〔ばぁード〕
her【hə'ːr】〔はぁ〕
surf【sə'ːrf】〔さぁーフ〕(サーフィンする)


ほかに w の後の or や ear で綴られることもあります。
例:
work【wə'ːrk】〔わぁーク〕
world【wə'ːrld】〔わぁーるド〕
heard【hə'ːrd】〔はぁード〕(hear「聞こえる」の過去形)
pearl【pə'ːrl】〔ぱぁーる〕


<例外>
heart の ear は【hɑ'ːrt】〔ハート〕のように【ɑːr】と発音する。
ハート(心、心臓)は濁っていてはだめだから (笑)


ミニマルペア(最小対語)で比較すると:
star【stɑ'ːr】〔スタァー〕(星)−stir【stə'ːr】〔スたぁー〕(かき混ぜる)
heart【hɑ'ːrt】〔ハァート〕(心、心臓)−hurt【hə'ːrt】〔はぁート〕(傷つける)
carve【kɑ'ːrv】〔カァーヴ〕(彫る、刻む)−curve【kə'ːrv】〔かぁーヴ〕(カーブ、曲線)
farm【fɑ'ːrm】〔ファーム〕(農場)−firm【fə'ːrm】〔ふぁーム〕(堅い)
barn【bɑ'ːrn】〔バァーン〕(納屋)−burn【bə'ːrn】〔ばぁーン〕(燃える)


このように、英語には日本語にない音があるので、学び始める最初にその発音とスペリングの区別をしっかり身につけておかないと後で「アァー」「あぁー」と、ため息が出ことになるのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

「ベース」はひらがなでは「べえす」それとも「べいす」?

2017.09.20日

第12講 「ベースは『べえす』それとも『ベイス』?」


日本語のカタカナ表記は主に外来語や動物の鳴き声、音などに使われます。
たとえば、「ベースボール」、「ワンワン」、「カタカタ」のように。


小学1年生でカタカナを学ぶとき、ひらがな表記と比較しながら学びます。
「ケース」はひらがなでどのように書くと思います?
「けーす」はだめです。なぜならひらがなには音を伸ばす「ー」はないからです。
そこで、〔ケ〕の音を伸ばしたときの母音「エ」を使って、「けえす」と書くのです。
「ゲーム」も同様に「げえむ」です。
このひらがな表記に違和感を感じるのは私だけでしょうか?皆さんはいかがですか?


それでは、「ボール」はどう書くかといえば、「ぼおる」となるのです。
サラダボウルは「ぼうる」になります。
これはball 【bɔ'ːl】〔ボール〕、bowl【bóul】〔ボウル〕で英語の発音に近いです。


しかし、英語で「ゲーム」は game 【géim】〔ゲイム〕で、〔ゲーム〕でも〔ゲエム〕でもありません。
ところで、英語には
【aː】〔アー〕、【iː】〔イー〕、【uː】〔ウー〕、【ɔː】〔オー〕という長母音はありますが、【eː】〔エー〕という音はありません。
全て【ei】〔エイ〕なのです。
ですから、本当は日本語の表記も「ベース」よりも「ベイス」、「エース」→「エイス」、「テープ」→「テイプ」、「レース」→「レイス」、「ペースト」→「ペイスト」、「ゲート」→「ゲイト」、「デート」→「デイト」のほうが、もとの言葉の発音に近いですし、そのように変えればいいと私は思うのですが。
というのは、こんにち「メイン」、「ヘイトクライム」など、〔エイ〕という音の言葉が日本語にも定着してきているからです。


そうであれば、カタカナ語のひらがな表記を「べえす」、「ええす」「てえぷ」などとこだわる必要もなく、ひらがなでもカタカナ同様、「べいす」、「えいす」、「ていぷ」とすればいいじゃありませんか。
というのが、私の考察で提言です。
また、英語を話すときには決して【eː】〔エー〕とは言わず、【ei】〔エイ〕と発音してくださいね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ジョンはハゲだ

2017.09.19日

音声学シリーズの第6講で取り上げた、「ライト(右)にライト(光)を当てろ!?」のように、日本語では英語のRとLの発音の区別がないので日本語の【ɾ】音〔ラリルレロ〕を当てて同じように発音する人が多いのです。そのためRとLのスペリングが苦手になる、という結果になります。
英語学習の初めにRとLの発音の区別をきちんと学習しておけばそれで済むことなのですが、これまでの日本の英語教育が読み・書き・文法中心で、発音を軽視してきたためそのツケが回ってきたのです。


第11講 「I bought a boat. (私は舟を買った)」


英語で bought【bɔ'ːt】〔ボート〕と boat【bóut】〔ボウト〕はまったく違う音なのですが、日本語になるとカタカナ表記が「ボート」となってしまうため、英語の発音がおろそかになってしまいます。
上のタイトルの場合は、
〔アイ ボート ア ボウト〕(実際には〔アイ ボータ ボウト〕のように聞こえる)
のように言わなければ通じません。


このようなものをミニマルペア(最小対語)と呼びます。
ほかにいくつか例を挙げると、
chalk【tʃɔ'ːk】〔チョーク〕 - choke【tʃóuk】〔チョウク〕(息を詰まらせる), call【kɔ'ːl】〔コール〕(呼ぶ、電話する) - coal 【kóul】〔コウル〕(石炭), bald【bɔ'ːld】〔ボールド〕(禿げている) - bold【bóuld】〔ボウルド〕(勇敢な)


上の例からもわかるように、じつは発音とスペリングには関連性があります。
たとえば、al や ough, augh は〔オー〕と発音され、 choke のように 母音+子音+e で終わる単語は子音の前の母音の音、ここでは〔オウ〕、oa や o も〔オウ〕と発音します。これをフォニックスと言い、これを英語学習の初期段階で教えることがとても大切です。


ですから、「ジョンは勇敢だ」(John is bold.)と言うつもりで、
〔ジョン イズ ボールド〕
と言ってしまったら、
John is bald. と聞こえ、「ジョンはハゲだ」という意味に取られ誤解されてしまいます。


ちなみに、最近、日本の一女性政治家が言った
「このハゲーッ!」
の暴言が大問題になっていますが、これは日本独自のもののようで、外国では一般にハゲを揶揄(やゆ)するような習慣はないようです。少なくとも私は聞いたことがありません。欧米では20代や30代で禿げる人はいくらでもいて当たり前のように受け取られているので、偏見がないのだと思います。


話が脱線しましたが、日本人にとっては〔ボールド〕も〔ボウルド〕も大差ないように思われますが、英語を学ぶ場合はこのような基本をきちんと押さえておくことがとても大切です。
あっ、そう言えば、テレビのCMでよく見る液体洗剤「ボールド」も正確には〔ボウルド〕です。(ハゲではありません 笑)


mono89859052-161219-02.jpg


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ストレス

2017.09.09日

「最近ストレスを感じる」
現代の日本はよく「ストレス社会」と言われます。
私はストレスを感じなくて良い、どうでもいいようなことでも自分からストレスを背負ってしまうほうで、気をつけなければなりません。
しかし、今日のテーマは:


第10講 「英語のストレス」


「英語の勉強がストレスになる」人もいるかもしれませんが、そういう意味ではありません。
音声学で「ストレス」というのは、日本語で言うところの「アクセント」のことです。
英語で accent と言うと、人が真っ先に考えるのは「訛(なま)り」のことです。
He speaks English with a Japanese accent.
(彼は日本語訛りで英語を話す)


日本語には高低アクセント(Pitch Accent)があります。たとえば下のように。


photo.jpg

(「日本語のアクセント 〜日本語の音韻(3)〜: 日本語への想い」から)


しかし、英語の場合は強弱アクセントがあり、それをストレス(Stress Accent)と呼びます。
さて、この「ストレス」という言葉ですが、日本人が発音すると、〔スレス〕のようになりますが、英語では【strés】と発音し、日本語式に言うなら〔ストス〕のように、「レ」の部分を強く言います。なぜなら、stress には t のあとに母音がないので、子音のみを強く発音することはできないからです。


私の愛車「プリウス」は、日本語では〔リウス〕と、「プ」の部分を強く発音しますが、アメリカでは【puríus】〔プウス〕と「リ」の部分が強く発音されます。スペリングが Prius で、P のあとに母音がないからです。ですから、アメリカ人が〔プウス〕と言ったら日本人には訛っているように聞こえるのです。
逆に、日本語では〔プ〕は p u のように子音のあとに母音がくっついているので、日本人にとって英語のように母音がついていない子音が発音しにくいわけです。


日本語になってしまった外来語(カタカナ表記の言葉)を発音するときには、とくに注意が必要です。
男性用ヘアケア用品の「サクセス」はテレビのCMで〔クセス〕と言っていますが、英語の正しい発音は【səksés】〔サクス〕です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

MEIDI-YA

2017.09.08日

今、オーストラリアに短期留学中の甥っ子の玲音(レオン)と一昨日スカイプで話しました。
ホストファミリーはどんな人と尋ねたら、ホストマザーに代わると言われて、ジュディさんと話し始めたら、玲音のことを Reon と発音しています。
「あなたは Reon とR で彼のことを呼んでいるのですか? Leon て言わないのですか?」と尋ねると、
「そう、書類に Reon って書いてあったから。最初、英語式の Leon かなと思ったんだけど」という返事。
横にいる玲音が彼女と英語で話しているのが聞こえてくるとけっこうペラペラと話していて、ジュディも彼のことをとてもほめているので嬉しくなってきました。


日本では、パスポートを取るときに名前を原則ヘボン式ローマ字表記するよう定められています。そのため、ラ行は「R」と決められていて、Leon とは綴れないのです。私は Leon を使えるようにしてもいいと思うのですが。
まあ、これぐらいはまだいいのですが、小学校ではいまだに19世紀に発案された訓令式ローマ字という時代遅れの、外国では通じないものを教えています。なぜなのか?ただ単に規則的で覚えやすいという理由からです。


第9講 「ローマ字表記のなぞ」


缶詰で有名な「明治屋」ってご存じですよね。この名前のローマ字表記は MEIDI-YA です。
「あれっ?」と思われた方もあるのではないでしょうか。
これだと発音すると〔メイディヤ〕になります。
普通だったら MEIJI-YA と綴るはずです。


slide-02-1708.jpg


昔、「日通」のトラックには全部 NITTU と書いてありました。
発音すると〔ニットゥ〕です。おそらく人からそのように指摘されたのでしょう、もうずいぶん前に表記を NITTSU に変えました。
この NITTU が訓令式ローマ字です。
今では「明治屋」の「ジ」は訓令式ローマ字では ZI になります。
ザ行は za zi zu ze zo で、ダ行は da zi zu de do となっていますが、昔は日本式ローマ字の表記で da di du de do でした。
明治屋は明治時代創業なので、 MEIDI-YA と綴ったのでしょう。
タ行は ta ti tu te to なので、 NITTU だったのでしょうね。
訓令式ローマ字は、上のザ行のように規則正しく綴っているかと思えば、ダ行のように zi zu が入ったりでかなり混乱しているように思われます。


訓令式ローマ字とヘボン式ローマ字で異なるのは以下のものです。
〔シ〕si→shi、〔チ〕ti→chi、〔ツ〕tu→tsu、〔フ〕hu→fu、〔ジ〕zi→ji、〔シャ シュ ショ〕sya syu syo→sha shu sho、〔チャ チュ チョ〕tya tyu tyo→cha chu cho、〔ジャ ジュ ジョ〕zya zyu zyo→ja ju jo
音はヘボン式のほうが日本語発音に近いです。訓令式だと、〔スィ〕〔ティ〕〔トゥ〕〔ズィ〕〔スャ〕〔スュ〕〔スョ〕〔テャ〕〔テュ〕〔テョ〕というとても奇妙な発音になります。
小学生にとってローマ字を覚えるのはけっこう大変なようですが、学校での指導時間はほとんどありません。
そして、中学生になったら英語の時間に最初にヘボン式ローマ字を学び、それを使わなければ☓になります。
パスポートを申請するときにもヘボン式が必要で、外国で通じるのもヘボン式です。
どうしてこんな複雑で面倒なことをしているのでしょうか。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように?

2017.09.06日

「いつ?」、「どこで?」、「だれが?」、「何を?」、「なぜ?」、「どのように?」
と言えば、おそらく誰でも知ってるあの5W1Hの "When", "Where", "Who", "What", "Why", "How" です。("Which" 「どちら」が含まれていないのは、通常 "Who", "What" で間に合うからです)
えっ、なんでひとつだけ仲間はずれの "How" が入ってるの?って。
実は逆に "how" だけが正統派で、あとの5Wが仲間外れなのです。
英語の本国、イギリスでは5世紀〜11世紀頃の古英語時代には、それぞれ "hwenne", "hwær", "hwa","hwæt", "hwi", "hu" と綴られていたのです。それが時代の変遷とともにスペリングが変わって現在のものになりました。発音は古英語時代からさほど変わっていないようです。
(「ヘェー!」「ヘェー!」「ヘェー!」で3ヘェー!)


ちなみに、日本語も平安時代にはハ行がこんにちのように〔は ひ ふ へ ほ〕とは発音されず、なんと〔ふぁ ふぃ ふ ふぇ ふぉ〕と発音されていたそうです!
「ファイト」「フィールド」「フェーン現象」「フォント」など、最新の外来語が平安時代にすでに正しく発音されていたとはびっくりぽん!
(「ヘェー!」「ヘェー!」「ヘェー!」「ヘェー!」「ヘェー!」「ヘェー!」「ヘェー!」「ヘェー!」「ヘェー!」「ヘェー!」で10ヘェー!!)


なぜこのようなことを書くのかと言うと、実はこの Wh- で始まる単語の発音が、簡単そうでけっこう難しく、間違えて発音している人がたくさんいるからです。(学校の英語の先生でさえ)


第8講 「Wh- の発音の仕方」


日本語には世界でも珍しい〔ふ〕という音があります。外国人にとってはこれが発音しづらく、【f】の音で代用するケースが多いです。ですから私の名前「ふなだ」もローマ字綴りだとFunadaになり、Hunadaとは書かないのです。
この日本語〔ふ〕の音は、IPA(国際音声記号)では【ϕ】(ギリシャ語の〔ファイ〕の文字)を当てています。


日本人が英語を発音をするとき、自然と日本語にある音を代用しようとするので、Wh-疑問詞に無意識のうちにこの【ϕ】という音を入れてしまいます。
たとえば、"When"を【ɸwén】〔ふウェン〕、 "Where"を【ɸwéər】〔ふウェア〕、 "Who"を【ɸúː】〔ふウー〕、 What を【ɸwɑ't】〔ふワット〕、 "Why"を【ɸwái】〔ふワイ〕のようにです。


正しくはそれぞれ次のように発音します。(〔 〕内の日本語の発音表記はあくまでも便宜上で、正確ではありません)
【(h)wén】〔(ホ)ウェン〕、 "Where"を【(h)wéər】〔(ホ)ウェア〕、 "Who"を【húː】〔フー〕、 What を【(h)wɑ't】〔(ホ)ワット〕、 "Why"を【(h)wái】〔(ホ)ワイ〕。
英語の【(h)】と日本語の〔(ホ)〕が( )に入っているのは、ほとんど聞こえないか発音しない、という意味です。
"Who"【húː】はカタカナ表記で〔フー〕と書いたのは、日本語の「ふ」の音である【ɸúː】〔ふウー〕と区別するためで、口を丸めて突き出しロウソクの火を消すときのように「フー」と言ったら【ɸúː】〔ふウー〕になってしまいます。あくまでも【h】の「はー」と軽く息を出すときの音です。


微妙な違いで大したことないと思われるかもしれませんが、たったこれだけのことで日本人の訛りか、ネイティブの発音の違いになってしまいます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ぬかづけ

2017.09.04日

数日前のテレビ番組で、「林修の今でしょ!講座【長生きの秘訣が分かる3時間SP】健康長寿まとめ」をやっていました。最近はこの手の番組がとても多く、健康志向の人が増えてきたことと、今ひとつはやはり高齢化社会を反映しているのでしょう。
そう言う私も、こういった番組はほとんど欠かさず毎回観ています(笑)。


さて、その中で発酵食品がいいと言っていました(これはいつも聞いていることですが)。
納豆は常連で、いつも必ず出てきます。
味噌やヨーグルトもよく出てきますし、私も納豆、味噌汁、ヨーグルトは毎日食しています。
しかし、私にとって盲点だったのは、「漬け物」でした。
それで、何でも新し者屋の私は早速、漬け物を作ろう!と言いました。
そうしたら、言いだしっぺの私が作ることに相成りました。
スーパーで日曜日の食料品のまとめ買いのときに「いりぬか」を買ってきました。


4901460749736_main_l.jpg


そして、昨日、生まれて初めての試みで、パッケージ裏に書いてある「ぬかみその漬け方」という説明とネット検索した「糠漬け」のサイトを見ながらチャレンジしました。
昨日は午後から雨が降り始め、いつものウォーキングに出かけられなくなったので、その時間を利用して作りました。なんと、いつもの1時間半ほどの1万歩のウォーキングのほうがよっほど楽で、ぬか床作りと野菜の材料を切って漬け終ったときには、もうくたくた。十分すぎるほど運動できました(笑)。
朝にはできているそうなので、楽しみです。
さて、この糠漬けが今日の音声学のテーマです。


第7講 「ず と づ の区別 」


去る3日の記事、「私の名前は〔ジョージ〕それとも〔ヂョーヂ〕?」を読んだ方から次のようなご質問をいただきました。
では、ずとづの発音は英語ではどうなりますか?私の名前は香鶴子ですがかづこと読みます。づにこだわりを持っています‼人からかずこと書かれたら少しムッとします。笑。両親がつけてくれた名前のづにこだわっています。


まず、日本語では書き方と発音の仕方が必ずしも一致しません。下がご質問に対する答えです。
「ず」は「す」の濁音。「づ」は「つ」の濁音。〔す〕と言いながらその舌の位置のままで濁らせると〔ず〕になりますし、〔つ〕を濁らせると〔づ〕になります。
ですから、「つづき」と言うときには、〔つ〕につられて〔づ〕になりますし、「すずめ」も同様に〔す〕に引きずられて〔ず〕と自然と発音しています。これを逆に、〔つずき〕とか〔すづめ〕と発音するのは至難の業です。
香鶴子さんの場合は、「鶴」の字が使われているので「かづこ」で正解です。和子だと「かずこ」となります。


上の答えで「かづこ」というのは書き方です。発音する際にはおそらく〔かずこ〕とご本人も知らないうちに言っていらっしゃることと思います。
発音はあくまでも〔つ〕が濁った音が〔づ〕で、〔す〕が濁った音は〔ず〕で、〔づ〕の発音は語頭(単語の初め)かまたは、「つづく」のように「つ」の文字に続くときに自然と使いますが、それ以外ではほとんどの場合〔ず〕と言っていると思います。ですから、今日のタイトルの「ぬかづけ」も、ぬかにつけるので「づ」の文字を使いますが、発音すると〔ぬかずけ〕になっています。
昨日、ネット上のニュースを見ていたら、「気ずかない」云々とありましたが、正しくは「気づかない」です。記者が「気づかない」ぐらいですから、日本語は難しいですね(笑)。


これが英語になると、発音は明らかに異なります。
たとえば、car の複数形 cars は【kɑ'ːrz】〔カーズ〕ですが、card の複数形 cards は【kɑ'ːrdz】〔カーヅ〕となります。
ネイティブの人たちは小さい頃からまったく意識せずに、当たり前のこととして自然と区別していますが、日本人にとっては聞き分けるのも、発音し分けるのも非常に困難です。
皆さん、試してみてください。
これをクリアすると英語の発音は飛躍的にうまくなり、ネイティブの発音に一歩近づけます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ライト(右)にライト(光)を当てろ!?

2017.09.04日

第6講 「英語の R と L の発音の区別 」


4年前の記事、「一石三鳥」の中に登場した卒塾生のAさんは中学生時代、英語がダントツによくできました。
法学部を出たあと就職したのですが、自分には合わないと言って仕事を辞め、通信教育で教師になる資格を取るための勉強をしていました。おそらく今はどこかの中学校で英語の先生になっていることでしょう。


この子は、どの教科もとても良くできたのですが、特に英語が得意で、高円宮英語弁論大会に出たいと言ってきたので、発音の特訓をしました。
学校のテストでは英語は毎回満点かそれに近い得点でした。いつもミスするのは、RとLのスペリング間違いでした。しかし、弁論大会の練習のとき徹底してRとLの発音の仕方を教えたところ、それからスペリング間違いはしなくなりました。
英語の学習で一番大切なのは、スペリングを丸暗記することではなく、発音を正確に身につけることです。そうすれば、外国人に通じる綺麗な正しい発音になりますし、スペリングで間違えることもなくなります。


Rの発音
下の図のように、Rを発音するときには、口の中で舌は上顎(あご)にくっつかず、ちょっと後ろに反ったような感じになります。
この状態で、何度もrightと言ってみてください。


r.jpg


Lの発音
Lを発音するときには、舌の先を上の歯茎にしっかりとくっつけたまま離さないで喉から空気を流します。
舌を上の歯茎にできるだけ長くくっつけてlightと何度も言って、違いを確かめてみてください。


l.jpg

これに対して、日本語のラ行は英語のLよりももう少し後ろに舌の先が触れて、その次の瞬間「ら」と言うとき舌を弾いて上顎から離します。(そのため専門用語で「弾音」といいます)


t02200222_0365036912954133317.jpg


自分で声を出して、「ら り る れ ろ」と言ってみてください。
口の中で、上顎に舌が触って発音する瞬間に離れるのがわかると思います。
英語の【r】【l】と区別するため、日本語のラ行は【ɾ】という発音記号を用います。小文字の「r」の上の棒が消えたような文字です。


ですから、right【rait】(右、正しい)は舌の先をどこにもつけずに発音し、light【lait】(光)は舌の先を上の歯茎にしっかりとくっつけたまま発音しながら覚えると、どのような単語でもRとLを正確に発音できるようになり、同時にスペリングも正確に覚えられます。
これを両方とも日本語で【ɾait】〔ライト〕と言うから、RとLを間違えるのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

私の名前は〔ジョージ〕それとも〔ヂョーヂ〕?

2017.09.03日

第5講 「ジ と ヂ 」


今日のテーマである「ジ と ヂ 」に入る前に、8月31日の「ウヰスキーを飲む」の中に書いたワ行についてひと言付け加えておきます。これも大切な英語の発音に関することですので。
この中に次のように書きました。
ワ行にはかつて、「わゐうゑを」「ワヰウヱヲ」と、ひらがな・かたかなともにイ行の「ゐ」「ヰ」、エ行の「ゑ」「ヱ」があり、昔は[wa, wi, wu, we, wo]と発音されていたものと思われます([wu]に当たる文字がありませんが)


[wu]に当たる文字がないばかりか、この【wu】の音もおそらく日本語には昔から今日までありません。
英語を始めとする他の言語にはあるものが多いのですが。
ですから、日本人はwoman【wúmən】の発音が苦手で、〔ウーマン〕と日本語式に言ってしまうのです。
この英語の発音を正確にする秘訣は、「イースト菌?」の中に挙げた
〔アー エー イー ウー エー オー、アオ〕の発声練習の続きで、ワ行も同様に
〔ゥアー ゥエー ゥイー ゥウー ゥエー ゥオー、ゥアゥオ〕
と練習すると、唇をすぼめて〔ゥウ〕と言うことができるので、woman【wúmən】と正しく発音できるようになります。


さて、「ジ と ヂ 」の区別ですが、実は日本人は知らないうちにきちんと発音できています。
たとえば、「しじみ」と言うときいくら頑張っても「しぢみ」と発音するのは非常に難しいです。
同様に、「ちぢむ」と言うところを「ちじむ」と発音するのも困難です。
今日の日本語では「ジ」も「ヂ」も同じように発音するものとほとんどの人が思っていますが、実はそうではありません。
〔ジ〕は〔シ〕の音が濁った音ですから、〔シ〕の口の構え・舌の位置をそのままで〔ジー〕と言えばいいのです(摩擦音)。
〔ヂ〕も同じで、〔チ〕の口の構え・舌の位置をそのままで〔ヂー〕と伸ばせばできます。
つまり、〔シ〕〔ジ〕の音を出すとき、舌の先はどこにも触りませんが、〔チ〕と言うときには舌の先が上の歯茎に触れて下がはねます。ちょうど「ちぇっ!」と舌打ちをするときのように。ですから〔ヂ〕の音も同じように舌の先が上の歯茎に触れます。これを破裂音と摩擦音が一緒になっているので破擦音と言います。
ですから、「しじみ」と言うときには自然と同じ舌の位置で発音するので自然と〔ジ〕になりますし、「ちぢむ」も同様に、自然と〔ヂ〕になるのです。


ところが、これが英語の発音になると、pledge【plédʒ】〔プレッヂ〕(誓約)の〔ヂ〕とplesure【pléʒər】〔プレジャー〕(楽しみ)の〔ジ〕が区別ができなくなります。
コツは、発音記号で【dʒ】となっているものは舌先を上の歯茎につけて〔ヂ〕と言い、【ʒ】のときには舌先をどこにもつけずに〔ジ〕と言うのです。
私の名前を英語で言うとGeorgeですが、これは【dʒɔ'ːrdʒ】となり〔ジョージ〕ではなく、正確には〔ヂョーヂ〕です。
厳密に言うと、日本語の「ジョージ」は〔ジョージ〕と〔ヂョーヂ〕の中間のような音です。
同じGeorgeでもフランス語では【ʒɔ'ːrʒ】〔ジョルジュ〕と発音し、摩擦音の〔ジ〕の音になります。
フランス人が話す英語に訛りがあるように聞こえるのは、このように英語の音がなく、フランス語の音で代用するからで、日本人の英語に訛りがあるのも同様の理由によります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ij

2017.09.02日

第4講 「 ij


昨日の記事、「イースト菌?」の中で、英語で「東」を表すeast〔イースト〕と「イースト菌」のyeast〔ィイースト〕の発音が違うことを書きました。
この発音の区別は日本人にとっては至難の業です。
ear【íər】〔イア〕、year【jíər】〔ィイア〕も同様です。この簡単な発音区別の方法は、earのときには〔イアリング〕と言って、そこから〔リング〕を取ると〔イア〕になります。これがearの発音です。日本人はどうしても「耳」は〔イヤ〕だと思っているので、year〔ィイア〕の発音と紛らわしくなってしまうのです。yearの【j】の音は、思いっきり舌に力を入れ上あごに近づけて〔ィイ〕と言うのがコツです。


さて、この英語の発音記号【j】はの文字なのに、なぜ「ジ」と言わずに〔ィ〕と発音するのでしょうか?
多くの人が疑問に思っています。これまでこの質問を何度も受けました。
実は ij がもとは一緒だからなんです。
そう言えば形がちょっと似てますよね。i がちょっと伸びると j になるでしょう。
もともと i だったのが異体字として j になりました。
ですから、 j i の音があり、それが発音記号に残って【j】となったのです。
今からおよそ700年ほど前に ij が区別されるようになり、 i が母音として残り、 j が半母音、すなわち【j】という音となりました。
ですから、Jesus(イエスさま)のことをイタリア語で〔イエスース〕と言いますが、 英語では 〔ジーザス〕と発音するのです。カトリックの「イエズス会」というのはここから来ています。
そして、この【j】という音がさらに y という文字に変化したのです。


次回は、これまた日本人にとって難しい「ジ」と「ヂ」の違いについてお話します。
たとえば、「しじみ」と「ちぢむ」の違いです。これは単に文字が違うだけでなく、みんな無意識のうちに発音でも区別しているのです。これがわかると、英語のpledge【plédʒ】〔プレッヂ〕(誓約)とplesure【pléʒər】〔プレジャー〕(楽しみ)の発音の違いもできるようになります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

イースト菌?

2017.09.01日

第3講 「イースト菌?」


ワ行に古くは「わゐうゑを」「ワヰウヱヲ」と、ひらがな・かたかなともにイ行の「ゐ」「ゑ」〔ウィ〕、ウ行の「ヰ」「ヱ」〔ウェ〕があったというのは、とても面白いです。
昨日の記事の中に書いた「ウヰスキー」の表記について、お友達のTakamiさんが再度、素敵なコメントをくださいました。
幼少の頃より、両親が社交ダンス教師だった私は、ダンス教室の入り口に掲げてあるダンスのメニュー?の中に「クヰックステップ」というのがあったのです。
これを発見したのも、もう50年以上前です。
「クイックステップ」というダンスがあることは子供ながら知っていましたので、なんで「イ」じゃなくて「ヰ」なんていう変な形で書くのだろうかと思っていました。
両親は、「これはウィと発音するのだよ」とは教えてくれませんでした。
まさにこれが quickにより近いカタカナ表記なのですね。
ウィスキーは、たいていの日本人は「ウイスキー」といいます。これもマッサンが「ヰ」の前に「ウ」をつけて商標登録したからなのかも…


もしも、「クヰック」という表記と〔ウィ〕という音が今日残っていたら、「クイック」よりも英語のquickの発音に近いので、日本人の英語の発音ももうちょっとうまくなっていたかもしれません。
「ウォーター」もきっと「ウヲーター」と表記され、発音も〔ウウォーター〕となっていて、よりwaterの発音に近かったことでしょう。
実際のところ、「ウォーター」があまりにも根付いているため、日本人で正確にwaterを【wɔ'ːtər,wɑ't-|wɔ'ːtə】〔ウウォーター〕と発音できる人はあまりいません。


雑誌『わかさ』10月号の特集は「のど」です。


wakasa.jpg


私は幼少の頃から喉が弱く、小学生時代劇団に入っていて発声練習をするとすぐに声がれして、親に吸入器を買ってもらってしょっちゅうそれで喉を潤していました。こんにち耳鼻咽喉科で喉が痛いと言うと、口に当てて蒸気が出てくるネブライザーです。
この『わかさ』の表紙に「かすれ声はのどの老化のサイン!」とあったので、1年以上前からかすれ声で授業ができなくなっていた私は、さっそく買ってきて読み始めました。
「高低をつけて声を出しのど仏を上下に動かす[のど仏スクワット]なら、起動も広がり[発声機能]がみるみるアップ」(p.26)には次のような喉の運動が載っています。


nodo.jpg


いいことは何でもすぐに実行する私は、これをウォーキング中に(近くに人がいないのを確かめて)やっています(笑)。
昔、劇団でよくやった〔アー エー イー ウー エー オー、アオ〕の発声練習です。
これで喉仏を上下させて喉を鍛えるというわけです。
〔カー ケー キー クー ケー コー、カコ...〕
とずっとやっていくと、ヤ行にきます。
〔ィヤー ィエー ィイー ィユー ィエー ィヨー、ィヤ ィヨ〕
普通は、〔ヤー エー イー ユー エー ヨー、ヤヨ〕となるのですが、これは今日ヤ行が「ヤイユエヨ」になっているからです。
でも、正確には[ィヤ ィイ ィユ ィエ ィヨ]です。英語の発音記号では【ja ji ju je jo】となります。
この発音記号の【j】についてはよく〔ジ〕と発音するものと思っている人がいますので次回扱います。


ワ行には「わゐうゑを」「ワヰウヱヲ」があるのに、ヤ行にはなぜか「イ」と「エ」がありません。
ところが、実は昔あったのです。
画像としてしか残っていませんので、それを下に載せます。


%82%A2.jpg

これは漢字の「以」から作られた〔ィイ〕に当たる文字で、ひらがなの「い」の原形になりました。


%82%A6.jpg

これは漢字の「江」から作られた〔ィエ〕に当たる文字で、かたかなの「エ」の原形になりました。


さて、前置きが長くなりましたが、第2講「イースト菌」の「イースト」は英語ではyeastと綴り、「東」を意味するeastと発音が明確に違います。
east【íːst】、yeast【jíːst】で、イースト菌には【j】の文字がついています。これが〔ィイ〕という音です。
ですから、正確には「イースト菌」ではなく、「ィイースト菌」です。
日本人にとって発音の区別が一番難しいものです。
同様に、ear【íər】、year【jíər】で、yが先頭に付くときには、舌を思いっきり上あごに近づけて強く〔ィイ〕と発音します。
この項、次回に続きます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

ウヰスキーを飲む

2017.08.31日

昨日は、「『ちょっと贅沢なビール』と言えば...」でしたが、今日は「ウヰスキーを飲む」です。私は飲みませんが...


imgrc0063733920.jpg


第2講 「『ウヰスキーを飲む』の『ヰ』と『を』の音は」


今から千年以上も前に作られた「いろは歌」。
いろはにほへど ちりぬるを (色はにほへど 散りぬるを)
わかよたれそ つねならむ (我が世たれぞ 常ならむ)
うゐのおくやま けふこえて (有為の奥山今日越えて)


この「有為の...」の意味は、「有為(人間の所行)の深い山を今日越えて」です。
漢字で書く「有為」はもとはかなで「うゐ」です。
現代語の[うい]という発音は当時のものとは異なります。
おそらく古代日本語では、[ううぃ]と発音していたものと思われます。
この発音が次第に簡素化されてイ音便で[うい]となったのでしょう。


昨日の第1講、「『ちょっと贅沢なビール』と言えば...」の記事を読んだお友達のTakamiさんが次のようなコメントを送ってくださいました。
「私の母は『◯◯ヱ』といいます。
ですので、私も『ヱ』には子供の頃から興味を持っていました。
母の名のヱの前の母音は『オ』です。
仮に『コトヱ』とすると、『コトエ』と言うより自然に『ウェ』となります。
ヱビスビールのYEを見たとき、なんでWEじゃないの?と、私も思いました。
日本語と英語の発音…おもしろいですね。次回も楽しみです。
外国人が難しい日本語の発音…『○○円お預かりします』など『ん』のあとに母音が繋がっているヤツです。次回も楽しみにしてます♪」


Takamiさんはさすがプロの声楽家。お母さんのお名前からこのような問題にすでに子どものときに興味を持っていらっしゃって、「ヱビスビールのYEを見たとき、なんでWEじゃないの?」と疑問を感じていらっしゃいました。普通の人はこんなことに気づきません。見慣れている人はそれを当たり前だと思っているのです。
Takamiさんのおっしゃるとおり、お母さんのお名前がたとえば「コトヱ」さんだとしたら、「ヱ」の音は、前の音「ト」を伸ばしたときに残る[オ]の音につられて[ウェ]となり、その結果「コトヱ」のように「ヱ」の文字をお母さんのご両親が当てられたのです。ご両親が住んでいらっしゃった時代、地方では[ウェ]という発音が普通だったのでしょう。


6年前に天国に旅立たれた友人の柿谷寿美江さん(「心洗われます」)は、ご自分のお名前をローマ字でSumiyeと綴っていらっしゃいましたが、この場合も前の音[イ]につられて、次の[エ]の音は[イェ]となるのです(イ音便)。
もしも、ローマ字でSumieと綴ると、外国人は[スミエ]ではなく[スミー]と発音してしまします。
なぜなら、英語ではieは[イエ]とは発音せず、[イー]になるからです。(例:calorie, movie, rookie, Katie)


今日の、テーマである「ヰ」の文字は、「ニッカウヰスキー」の名前に残っているぐらいですが、これは正確には「ヰ」自体が[ウィ]という発音なので、これだと[ウウィスキー]となって変です。正しい旧仮名遣いにするとすれば「ヰスキー」なのですが、これは会社を興した「マッサン」がそのように命名した結果登録商標になったので、正しかろうが、間違っていようが勝手です。このような例は他にいくらでもあります(笑)。


ということで、ワ行にはかつて、「わゐうゑを」「ワヰウヱヲ」と、ひらがな・かたかなともにイ行の「ゐ」「ヰ」、エ行の「ゑ」「ヱ」があり、昔は[wa, wi, wu, we, wo]と発音されていたものと思われます([wu]に当たる文字がありませんが)。
これが音便で簡略化され、こんにちの「わ(い)(う)(え)を」、すなわち「わを」になったのです。


最後にこの「を」という文字ですが、皆さんはこれをどのように発音されますか?
たとえば、「ウヰスキー飲む」と言うとき、[ウォ]と発音しますか?
それとも[オ]?
これを研究している人たちがいて、結論は出ていないのですが、どうやら昔本州とあまり行き来のなかった九州や四国地方に[ウォ]が比較的多く残っているようです。こんにちは圧倒的に[オ]と発音する人が多く、また学校でも[オ]と普通指導しています。
しかし、[ウォ]と発音するのは地方のお年寄りが多いのかと思いきや、意外なことに都会に住む若い人の間でもけっこうあるようです。
名古屋育ちの私の妻も[ウォ]派なのですが、本人は私が指摘するまで全然気づいていませんでした。
しかし、妻の弟妹たちはみんな普通に[オ]と発音しているので、家庭環境とか地方、時代の影響ではありません。そこで、妻の小学校時代の先生が国語を教えているとき、「を」と「お」と区別するために「を」は[ウォ]と発音するのだと教えたのだろう、というのが私の推測です。


明日は、ヤ行の「やいゆえよ」を扱いますが、何とこれが日本人が一番苦手とする英語の発音につながります。どうぞお楽しみに。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

「ちょっと贅沢なビール」と言えば...

2017.08.30日

「ちょっと贅沢なビールです〜♪」というテレビCMをよく(と言うか、ときどき)見ますが、どのブランドかわかりますか?
そう、「エビスビール」!


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202017-08-29%2021.49.10.jpg


じゃないんです、実は。
「エビス」じゃなくて「ヱビス」です。お気づきでしたか?
ローマ字表記では YEBISU。
「あっ、そうか! ヱはYEなんだ」
と思った人があるかもしれませんが、これも残念賞。


この「ヱ」という文字、この「ヱビスビール」ぐらいでしかお目にかかりません。
ひらがなでも古文の中で「ゑ」という文字が出てくるぐらいで、学生以外で目にする人はまずいないでしょう。あっ、あと百人一首にも出てきますね。
「ヱビスビール」の「ヱ」またひらがなの「ゑ」の発音は、「YE」すなわち「イェ」じゃありません。
「ヱ」「ゑ」はワ行です。
学校では今日、ワ行は「わいうえを」もしくは「わをん」と教えていますが、もともとは「わゐうゑを」「ワヰウヱヲ」と書き、ワ行なので「ヱ」「ゑ」は、ローマ字表記すると「WE」となり、発音は「ウェ」です。
今日から数回にわたって、私の専門分野である言語学の講義をします(笑)。
と言って、難しい話にはしません。むしろ、英語学習にもまた日常の日本語にも役立つよう、また「へエー、そうだったのか!」と、目からうろこの授業にしますので、ご期待ください。


今日は第1講「ヱ」。
第1問。
なぜ「ヱ」は「ウェ」なのに、ローマ字で「YEBISU」と書かれて「WEBISU」じゃないのでしょう?
これは簡単。
いつもCMなどで「エビスビール」と言っていて、「ウェビスビール」じゃないからです。
すなわち、「エビス」の「エ」の音は「YE」(イェ)に近いのです。
昔、外国人が日本に来て初めて日本語を聞き、それをローマ字表記したとき、「江戸」を「EDO」とせず「YEDO」としました。おそらく彼らにとって「エド」と発音するのが難しくて、自然と「イェドウ」と言っていたので、「YEDO」と書いたのでしょう。


第2問。
では、なぜ「エビスビール」と言っていながら「ウェ」という発音の「ヱ」の文字を当てたのでしょうか?
これだと、「イェビスビール」じゃなくて、「ウェビスビール」になって変です。
これは難問です。
「ヱビスビール」は今はサッポロビールのブランドのひとつですが、元々は独立したビール銘柄でした。細かい話をすると本筋から外れるので簡単に言いますと、大黒天など七福神のうち日本古来の神である恵比寿様にあやかって縁起かつぎで命名したものと思われます。
この「ヱビスビール」を作り始めたところが、そのまま地名になって今日の東京渋谷の「恵比寿」になりました。ちょうど、トヨタ自動車の本拠地が「豊田」という地名になったのと同じです。
なぜ「ヱ」という文字を使ったかと言うと、古来恵比寿様は旧字で「ゑびす」と書かれていたためです。


ということで、今回のテーマは「ビール」ではなく、「ヱビスビール」の「ヱ」はローマ字の「YE」(イェ)ではなかった、というのが第1講の結論です。ヱビスビールファンの方、申し訳ありませんでした。
この話がどんどん展開して面白くなっていきますので、明日をお楽しみに。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

日本人はなぜ英語が下手なのか

2017.02.02日

「差別!低賃金!重労働!外国人を過労死させるブラック企業!?時給300円の実態に迫りました!
そして我々が当たり前だと思っいた事が、世界のみんなからは非常識だった。
お客様は神様➡︎ 日本が駄目な原因 あなたの働き方あってますか…?」


これはTBS系列で毎週月曜日21:53 - 22:54に放映されている『好きか嫌いか言う時間』というディベートバラエティ番組で、去る1月30日に行われた『日本で働く外国人の怒り』というテーマのディベートに対する番組ツイッターの言葉。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202017-01-30%2023.37.56.jpg


この番組、ときどき見るのですが、外国人が参加するディベートには、日本に住んでいる中国や韓国、フィリピン、ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ、カナダなど外国人の方々が大勢出演しています。
そして、驚くべきはそのほとんどがとても流暢な日本語を自由に操っていること。
中には、画面を見ずに耳だけで聞いていたら、日本人が話しているかと思うほど、なまりもないとてもきれいな日本語や、ときに地方の方言を話す人もいます。


日本で生活しているから当たり前?
とんでもありません。
アメリカに長年住んでいて、アメリカ人の女性と結婚し、アメリカの大学で教鞭をとっていて、しかも言語学を専門とし、英語で多くの専門書も書いている日本人の教授の家を留学生時代の今から40年近く前、訪問してお食事をよばれたことがあります。
私はこの先生のファンだったので、大きな期待をしていたのですが、この方が話していらっしゃったのは、日本語アクセントのひどいまことに下手なブロークンイングリッシュでびっくりしました。


先週、うちを訪ねてきてくださった鶴田牧師は在米40年になり、アメリカ人も日本人、日系人も含めとても幅広い交友関係をもっていらっしゃいます。
鶴田さんと話していたとき、外国人で日本語が本当に上手な人はたくさんいるのに、日本人で英語がうまい人にほとんど会ったことがない、と言ったところ、鶴田さんもまったく同意見でした。
同時通訳をやっている英語のプロと言われるような人でさえ、アメリカ人とまったく同じように英語を話せる人にも出会ったことがありません。


これはいったいどうしたことでしょうか。
日本人が民族的に語学の学習能力が劣っている、などということは絶対にありません。
日本語が外国語と比べて簡単だということもありません。


外国人とほとんど触れることができなかった昔と違い、国内にも大勢の外国人が住んでいて、また留学や仕事で外国に行く日本人も多いのに、なぜこんなに日本人の英語力、またその他の外国語運用能力が低いのでしょうか。
原因を突き詰めていくと、やはり教育の仕方、あり方の問題だということになりそうです。


↓ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

一度しかない人生、できれば◯◯とともに生きたい

2016.12.09日

「一度しかない人生、できれば◯◯とともに生きたい」
あなたなら◯◯に何が入りますか?


小説家、詩人の多和田葉子さんがドイツでクライスト賞を受賞しました。


「東京都中野区生まれ。国立市で育つ。東京都立立川高等学校、早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。書籍取次会社に入社して西ドイツ・ハンブルクに研修に行ったことがきっかけでドイツに魅せられるようになり、ハンブルク大学大学院の修士課程を修了する。


1982年から2005年までハンブルク、2005年よりベルリン在住。1987年、ドイツにて2か国語の詩集を出版してデビュー。1991年、書類結婚の相手を異国に訪ねた女が味わうミステリアスな体験を描いた『かかとを失くして』で第34回群像新人文学賞受賞。1992年、『犬婿入り』で第108回芥川龍之介賞を受賞。


1996年、ドイツ語での文学活動に対し、バイエルン芸術アカデミーからシャミッソー文学賞を授与される。2000年、ドイツの永住権を取得。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。博士号(ドイツ文学)を取得。2005年、ゲーテ・メダルを受賞。著作はドイツ語でも20冊以上出版されており、フランス語訳、英訳、イタリア語、中国語などの翻訳も出ている。」
(以上Wikipediaより)


多和田葉子さんの記事が、12月6日付読売新聞に「クライスト賞を受賞して  ドイツ語一つ一つ磨く小説工房」と題して載りました。とても興味深い記事なので、以下に転載させていただきます。


 小説は小学生の頃から書いていた。中学に入って初めて英語の授業があり、英語が日本語と全く違う仕組みを持っていることに大きなショックを受けた。高校時代にはドイツ語を第二外国語として学び、大学ではロシア語を勉強した。どちらも難しかったが、外国語を見たり聞いたりすると、わくわくするようになった。二十二歳でドイツに渡り、しばらくするとドイツ語で小説が書いてみたくなった。それまで日本語で書いていた、あまりにも「小説らしい小説」とは違う、透明度の高い、シンプルで、しかも哲学や詩を目指す短い作品が書けそうな気がした。


 それ以来ずっと、ドイツ語と日本語両方で執筆を続けてきた。ドイツの読者は、わたしが日本語で書いている作品は知らないし、日本語の読者はわたしのドイツ語作品を知らない。二人の作家が一つの身体の中に住んでいるようなものだった。それは二つのターゲットに向けて執筆するということではなく、どうしてもドイツ語で書きたいことと、どうしても日本語で書きたいことが湧いてくるのだ。書いているうちに金鉱を掘り当てたみたいな手応えがあればそれでいい。


 ドイツ語で書いた作品を日本語に訳したことがないわけではない。日本語だけで書いていたのではなかなか到達できない文体を発見したくて、『変身のためのオピウム』や『ボルドーの義兄』などは、ドイツ語で書いたものを日本語に翻訳してみた。逆の方向への翻訳、つまり日本語で書いたものをドイツ語になおす作業はごく最近までしたことがなかったが、『雪の練習生』で初めて挑戦した。あまりにも難しくて何度も投げ出したくなった。訳せないので同じ話を違った風に語り、それがまた翻訳と呼べるのか分からなくなった時期もあった。


 毎朝目が醒さめるとまずドイツ語に向かう。それは冒険というより、工房の地道な作業に似ている。単語を一つ一つ選んでは磨く。そんなことを三十年ほど続け、ドイツでも二十冊以上作品を発表してきたが、わたしのドイツ語による創作活動が今年クライスト賞によって評価されたことがものすごく嬉うれしい。わたしの愛読したハイナー・ミュラーやエルンスト・ヤンデル他、移動の女性作家エミーネ・セヴギ・エツダマやヘルタ・ミュラーなど、これまですばらしい作家たちが受賞している賞だ。
 一度しかない人生、できれば複数の言語とともに生きたい。(作家)


中学生になって初めて英語を学んで日本語との違いにショックを受け、高校ではドイツ語を、大学ではロシア語を学び、大学卒業後「書籍取次会社に入社して西ドイツ・ハンブルクに研修に行ったことがきっかけでドイツに魅せられ」てドイツ語と結婚(笑)。
そしてドイツ人顔負けのドイツ語で小説や詩を書き、そのドイツ語の自作の作品を日本語に翻訳、という常識では考えられないような離れ業をやってのける、まさに才女です。


彼女の結びの言葉、「一度しかない人生、できれば複数の言語とともに生きたい」は、まさに言語を愛し、言語の可能性、面白さにハマったひとりの人の生き様を見事に表しています。
私などもちろん足元にも及びませんが、同じく言語を愛し、英語と心中した者(「好きなものと心中する」)のひとりとして、私はそんな彼女にエールを送ります。多和田葉子さんの作品を読んでみたくなりました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

日本語の間違いあれこれ

2016.12.05日

下に挙げるのは、そのほとんどがメールマガジンやフェイスブック、ホームページなどで毎日のように見かける「変な日本語」です。テレビのバラエティ番組などで出演者が話している言葉も含まれます。


1.「分かち書き」
分かち書きってご存じですか?
こんな感じの書き方です。


wakachigaki.jpg


これは小学1年生の国語の教科書のページです。
「ある 日、 三びきの ねずみの きょうだいの ところへ、 おばあちゃんから 手がみが とどきました。」
1年生は日本語の読み書きを学び始めたばかりでまだ慣れていないので、このような書き方をすることにより読み書きしやすくしているのです。
でも、大人がこの小1レベルの書き方をしているのは恥ずかしいです。


2.句読点(くとうてん)の使い方
[ 。 と 、]の使い方は、上の国語の教科書のように、小学1年生からしっかり学んでいるはずなのに、これができていない人が非常に多いのも残念なことです。
中には、文節ごとに読点(とうてん) [ 、]を入れている人もいますが、これは非常に読みにくいです。
「私は、昨日、京都へ、行きました。」
また、読点の使い方を誤ると、意味を読み違えることになりますので要注意です。
「彼は、嬉しそうに話している彼女の顔を見つめていた。」 (嬉しそうな顔をしているのは彼女)
「彼は嬉しそうに、話している彼女の顔を見つめていた。」 (嬉しそうな顔をしているのは彼)


3.敬語(丁寧語、尊敬語、謙譲語)の使い方
・されております (「される」という尊敬語と「おる」という謙譲語が一緒になっている)
→していらっしゃいます
・大切な人はおりますか? (大切な人に「おる」は不可)
→大切な方はいらっしゃいますか?
・行かれます (軽い敬語)
→いらっしゃいます
・申されました (「申す」は自分のことに使う謙譲語で、「される」という尊敬語と一緒に使えない)
→おっしゃいました
・ご意見を貰っています
→ご意見をいただいています
・覚えていますでしょうか? (客に対しては丁寧の度合いが低い)
→覚えていらっしゃいますでしょうか?
・迷われている方
→迷っていらっしゃる方
・先生が言われています
→先生がおっしゃっています
・〜されてください
→〜してください
・了解しました (客や目上の人に対しては不可)
→承知いたしました


4.主語と述語の不一致
・◯◯さんが〜していただいた
→◯◯さんが〜してくださった
・◯◯さんが来ていただきました
→◯◯さんに来ていただきました
→◯◯さんが来てくださいました
・一読しただけで長文が理解したり (「長文」は理解しない。理解するのは「人」)
→理解できたり


5.漢字の読み方の間違い
・来日 (日本に来ること)
らいじつ→らいにち
・落日 (沈もうとしている太陽)
らくにち→らくじつ
・入国
にゅうごく→にゅうこく (にゅうごくは「入獄」で刑務所に入ること)
・出国
しゅつごく→しゅっこく (しゅつごくは「出獄」)
(テレビで有名なコメンテーターの方が誤って使っていた)


6.漢字の使い分け
・始めて見た
→初めて見た
・初める
→始める
(「初め」は、時間的に早い段階、最初、一番目などの意味)
(「始め」は、開始、始まり、着手などの意味)


7.漢字の間違い
・達 (しんにょうの右側は「羊」だが「幸」と書く人が多い)
・博士、専門 (「博」に点をつけなかったり、「専」に点をつける人が多い。音読みでハ行の時には点がつく)


8.重複表現の間違い
・日本に来日して
→来日して
・頭痛が痛い
→頭痛がする
(「馬から落ちて落馬して」と同じ類)


9.ことわざのうろ覚え
・友は類を呼ぶ
→類は友を呼ぶ
・思い立ったら吉日
→思い立ったが吉日


などなど、たくさんあります。私たちの国語を大切にしましょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

みんなで寄ってたかって私を...

2016.11.14日

"Laughter is an instant vacation."
--Milton Berle - 1908-2002, Comedian
「笑いはインスタント・バケーション」
--ミルトン・バール、コメディアン
(訳 舟田譲二)


今回のアメリカ大統領選でトランプ氏がクリントン氏に勝って次期大統領に決まりました。
「アメリカとメキシコの間に高い壁を作って、メキシコからの不法移民を入れない。建設費は全額メキシコに負担させる」とトランプ氏が言っていたことはよく知られた事実です。
しかし、トランプ氏の勝利を受けてメキシコ大統領も、
「メキシコとアメリカの間に高い壁を作って、アメリカからトランプ逃れの不法移民を入れない。建設費は全額アメリカに負担させる」
と言ったとか言わないとか。
もちろんこれはジョークですが(笑)。


でも、以下はジョークではなく事実です。
2週間前に、友人の柿谷正期牧師に勧められて毛髪ミネラル分析検査を受けました。
昨日その結果が届きました。
検査によると、マグネシウム、カルシウムとコバルトの数値が基準値以下でしたが、ほかはとくに問題ないようで有害金属も発見されませんでした。
詳しい分析は柿谷牧師にお願いしていますが、実年齢より低い値を推奨するというミネラルバランスから算出した「ミネラル年齢」は62.6歳と出ていました。 ヽ(^。^)ノ
ミネラルバランスを整えるために推奨される食品に挙げられているものは、ほとんど全部普段の食事で摂っています。


1年半前に測定したAGE(エイ・ジー・イー)年齢(Advanced Glycation End Products=終末糖化産物)では私の数値は200と出てこれは49歳に当たるとのこと(「健康で長生きするために」)。 ヽ(^。^)ノ


age.jpg


体組成計による体内年齢は41歳。 ヽ(^。^)ノ


bodyage.jpg


42.2%という筋肉率による年齢は20代。 ヽ(^。^)ノ


muscle.jpg


20代の血圧の正常値は上が130、下が85。そしたら私の最高血圧84、最低血圧51の年齢は10代? ヽ(^。^)ノ


blood%20pressure.jpg


みんなで寄ってたかって私を「若い、若い!」と言っておだててかつごうとしています(笑)。
ときどき自分の年齢を忘れるほどボケかけてきているし、毎月2つの病院にかかっているのに...
私はホントは何歳なの?


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

安住アナがヤバイ!

2016.10.06日

一昨日、今年度最後の中2の国語の授業で太宰治の『走れメロス』をやっていました。
授業が終わって、バス送迎の女子生徒たちに駐車場に向かう途中言いました。
「今日、国語で『走れメロス』をやったんでしょ。
実は、これ先生の愛読書なんだよ」
そして背広の内ポケットから文庫本を取り出して見せました。
「へえー、『走れメロス』が?」
「いや、ちょっと、なんかちょっと違うよ。ホラホラ。『走れエロス』って書いてある!」
「エー!?なにこれ?」
「やだー!エロス?」
「なにそれ?エロ本?」
「先生、そんなの読んでるの?」
みんな一斉に大声で叫びました。


5年半前の記事、「見たいけど怖い、怖いけど見たい」の冒頭の一部です。この続きが気になる方は左のリンク先からご覧ください。


しかし、これよりもはるかにヤバいのが我らのヒーロー安住アナの「走れメロス特別授業」。
2014年2月28日に放映された『ぴったんこカンカン』の再放送を先週見たのですが、大爆笑。
母校の明治大学で元ゼミ恩師の齋藤孝先生を横に安住アナが名講義。


20年前、無口な学生だった安住アナは、齋藤先生の授業で
「君達、教師を目指しているのに誰も前に出て2・3分喋れないのか!」
の言葉に、前に出てあろうことか40分喋り続けた。
それも誰も止めようがない素晴しい内容で、終わったと同時に学生全員がスタンディング・オベーション。
「あれが原点」
齊藤教授いわく、20年勤めて一番プレゼンが凄かった生徒。


こんな楽しい授業だったら、だれでも勉強大好きになること間違いなし!
それでは、その名講義をどうぞ。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

語学は不要になる?

2016.09.30日

昨日、NHK NEWS WEB の「語学は不要になる?自動翻訳最前線」という記事が目に留まりました。私の専門とする言語学の分野です。


「考え得ることは...」という7年前の記事の中に書いた、私がアメリカに留学していた40年余り前の自動翻訳の力量は次のようなものでした。
“It’s one thirty.”  「それは1と30だ」 (「1時30分です」)
“Time flies like an arrow.”  「時ハエは矢が好きだ」 (「光陰矢のごとし」)


今、手元にある1973年発行の『概説言語学』(ノウエル・ミニス編 三省堂)の VI「言語学と文学」(ジョージ・スタイナー著)の章には次のようにあります。
「たとえ最も複雑なコンピューターであろうとも、人間の言語行使能力と実際的言語運用とにたいして真の光をあてるには、あまりにも甚だしく初歩的であり、あまりにも甚だしく図式的である。とりわけ意味と含蓄の決定にかんしては、人間の脳のなかの10の14乗の電気化学細胞と神経細胞接合点が一挙に作動するのであって、そのさいの速度・そのさいの精妙な選択の水準たるや、機械的計算などは、まったく及ぶべくもないと、わたしは思うのである。またわたしは、機械翻訳の潜在能力についても、懐疑的である。この点にかんしては、広範な混乱がみられる。特定の巨大な語彙集ならば、たしかにつくることはできる。この種の語彙集なら、たしかに、化学や高額の文献を翻訳するという労多い過程を劇的にスピード・アップできるかもしれない。しかし、このような電気仕掛けの語彙集などは、どれほど洗練されようとも、たかだか超辞書にすぎず、人間の行う翻訳の手引きになるものにすぎない。こういうものは、一群の通常原語の素材を対応する一群の言語に、いかなる真の意味においても、翻訳などできるものではない」(同上p.168-169) 
この訳文自体がまるで機械翻訳したような感じです(笑)


AN INTRODUCTION TO HISTORICAL AND COMPARATIVE LINGUISTICS (Raimo Antilla, MacMillan, 1970) p.370 、An Introduction to Descriptive Linguistics (H.A.Gleason, Holt Rinehart Winston, 1961) p.205-207 にも機械翻訳について同様の懐疑的な見解が述べられています。


当然のことです。今から40〜50年前には絵を描いたり、小説を書いたりするAI(人工知能)など想像もつかなかったからです。
しかし、今や2020年の東京オリンピックを目標に、スマホで使える自動翻訳の実用化を目指しているというのです。
そのアプリはこんな感じです。


translator.jpg


「難解な日本語もスラスラ翻訳」と書かれていますが、こんなのはAIの力を借りずともいとも簡単に翻訳できます。語彙も文法も非常に単純だからです。
本当に難しいのは、主語がなかったり、主語と述語が一致していない、次のような日本語特有の非文法的な文章です。
「二人が向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた」
(『リアル鬼ごっこ』(文芸社)  p.137)
日本人ならごく普通に日常使っている文で、私たちは暗黙の了解で理解していますが、このような非論理的な文章は機械には理解不能です。


今回の記事を書いた記者は結論として次のように書いています。
「ただ、食べればあらゆる言語を自動翻訳してくれるドラえもんの“ほんやくコンニャク”のような、ひみつ道具の域に達するのはまだまだ先になりそうです。語学をしっかりと学び直そうと決意を新たにした取材になりました」


そう、今年の春「ほんやくコンニャク」にも書いたとおり、語学はやっぱり勉強しなければならないのです。たとえ機械翻訳ができるようになったとしても。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

馬がしゃべる?そーんなバカな!

2016.09.22日


「馬がしゃべる?そーんなバカな
馬が歌う?そーんなバカな
ホント。
だけど相手はひとり、ホントに好きな人にだけ
アイ アム ミスター・エド」
というオープニングソング。
1962年から1964年まで放映された日本でも人気のアメリカのホームコメディ。
私のお気に入りの番組で、欠かさず観ていました。


馬が人語を話す。これはドラマの世界。
でも、なんと馬語を話す人がいるのです。
その人の名はモンティ・ロバーツ(現在81歳)。


映画『モンタナの風に抱かれて』(ロバート・レッドフォード主演)のモデルとなった人で、その著『馬と話す男〜サラブレッドの心をつかむ 世界的調教師モンティ・ロバーツの半生』(徳間書店)は多くの人に読まれ、モンティ・ロバーツは日本に講演に来られたこともあります。


モンティは、調教したことのない野生馬をわずか30分で調教し、その背に鞍を乗せて人が乗れるまでにします。
その方法は、従来のような調教師が権威を持って鞭で馬を強制的に従わせるのではなく、馬の目線に立って馬の気持ちを理解し、馬と語り合いながら信頼関係を築き、馬が自分の方からモンティに従いたくなるように導くという画期的な方法です。



モンティ・ロバーツはひと言でズバリ、その調教の秘訣を語っています。
「どんな教師も、その気のない脳みそに知識を押し込むことはできない。教えるという一方的な行為は存在しない。あるのは、学ぶという行為だけだ」と。


学校や塾における教育、また家庭における親の子どもに対する教育において、従来の馬の調教のような脅しや強制、暴力などが日常的に行われていて、それによって生徒・子どもは勉強嫌いになっています。
さらに、教師の部活等における暴力的な指導により自殺・自殺未遂する生徒が全国で後を絶たず、平成に入ってからその数は60件余りに上ると言います。
馬でさえ、馬語を話すモンティ・ロバーツの愛情によって学ぶ姿勢が生まれるのならば、ましてや人間においておやです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

マヌケ

2016.09.20日

アルゼンチンにある「マルデアホ」という地名を始め、世界中の面白い地名を「まるであほ」という7年前の記事の中でご紹介しました。


昨日、さらに面白い地名をたくさん見つけました。その一部を下にシェアします。
地理の勉強がこんなんだったら、生徒たちはみんな地理大好きになりますよ。


「マダカシラ」
インドの町。岩山に築かれた「マダカシラ要塞」が有名だそうです。この要塞にいたら周りを見回して、「敵はまだかしら?」って感じですね。


アメリカのウィスコンシン州にある町「オナラスカ」。


onaraska.jpg

(学校名が「オナラスカ公立学校」。でも、授業ができなくなると困るので、校内ではもちろんオナラ禁止です、はい)


インドの町「マヌケ」。
別に住人がマヌケというわけではありません。賢い人もいます (^o^)。


アメリカのアイダホ州南西部に位置する都市「ナンパ」。


nampa.jpg

(見た目はのんびりした雰囲気の田舎ですが、危険なので女性は近寄らないでください?)


「シリフケ」はトルコにある町。
えっ、拭いていないんですか?


ドナウ川に面したスロバキアの町「コマールノ」。
うん、ホント困るの〜。


マレーシアのマレー半島先端にある町「パンティ」。


panti.jpg

(霧が立ち込めていて何も見えません。見るな!)


フィリピンの町「イロイロ」。
今の大統領、本当に色々ありますね。


南米スリナムにある村「アフォバッカ」。
アホばっかではありません。


北アフリカにある「キレナイカ地方」。
この地方に住む人たちは「キレナイか?」


タイのリゾート地「サムイ島」。
ホントはメチャクチャ暑いところなのに、「寒い島」とはこれいかに?


トルコのカッパドキア地方にある「カイマクル」。
観光客は土産物を買いまくるので、町はホクホク(笑)。


アメリカ、ミシガン州にある街「ボインシティ」。
紹介されたら急に日本からの観光客が殺到したとか(そんなことあるわけないよ)。


チェコ北東部、ポーランド国境近くにある町「フルチーン」。
ん〜...


インドネシア、バリ島にある有名な観光地「キンタマーニ」。
ちょっとお下品になってしまいました。失礼。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

読み書きはできるが、英会話は...

2016.08.18日

「英語は読み書きはできるが、会話はできない」
という話をよく聞きます。
確かに、日本ではほとんどの人が最低でも中学・高校で6年間、さらに大学まで進むと10年間か、それ以上英語を学んでいます。


高校生を教えていると、高校で使っている英語の教科書はかなりレベルが高く、また大学入試となると、英語を母国語としている人でも難しいと感じるほどです。
大学受験には普通4000語程度、難関大学で5500語以上の英単語が必要と言われています。
これほど英語を勉強してきているので、みんな自分は読み書きはできると思っています。


今から30数年前、中央大学で英文専攻の学生に英語を教えていたとき、彼らの語彙力不足に驚きました。
彼らに、大学受験でたくさん単語を覚えてきたでしょう、と言うと戻ってきた返事は、
「受験が終わると全部忘れてしまいました」。
英作文をさせると、書く文章は中学生並みの稚拙なもの。しかも、単純な文法間違いやスペリングミスもいっぱいあります。


昔、外資系の企業に勤めていたとき、東大出の部長レベルの人やそれ以上の人たちの英語の読み書きも実にあやしいものでした。
でも、みんな自分は英会話は苦手だけど、読み書きはできる、と言っていました。


「英語の読み書きができる」とは、辞書を片手に縦の文章(日本語)を横(英語)に、横の文章を縦にする、というのではありません。これは「暗号解読」のようなものです。
「英語が読める」というとき、辞書の助けなしに新聞や本が読める、ということです。私たち日本人が日本語で書かれた新聞や本を読むときに、よほどのことがない限り辞書を引かないのと同様です。
「英語が書ける」というのも、辞書なしにスラスラと自分の言いたいことを文章にできる、ということです。
今はemailやチャットがあるので、気軽に外国人とリアルタイムで「書いた文章」で会話をすることもできます。


W.A.グロータース氏はその著『誤訳』の中で、最善の英語勉強法は辞書を引かずに英語で書かれた推理小説を読むことである、と言っています。
まったく同感です。私のお奨めは「明日がある」の中でご紹介したシドニィ・シェルダンの小説です。息もつかせないスピーディーなストーリー展開で、読み出したらやめられなくなります。まどろこしくて辞書など使ってられなくなります。


ときどき社会や英語は暗記科目だ、と言う人がいます。確かに、社会では地名や人名、出来事など覚えることがたくさんあります。また英語も、単語・熟語・文法など覚えなければ読むことも書くこともできません。
しかし、本当に社会や英語ができる人は、これらが暗記科目とは絶対に思っていません。
暗記科目と思っている間は、ただ試験のための勉強をしているに過ぎません。これでは使い物にならないのは当然のことです。
本当に英語の読み書きができるというのは、これまでに学んできたことを総合的に活用して、自由自在に自己表現したり、相手の言わんとしていることを理解する、ということです。そのためには、異文化の理解も必要です。


つまり、日本人の言う
「英語は読み書きはできるが、会話はできない」
というのは、日本人の美しい誤解なのです。
もし、英語の読み書きができれば、会話だって少し耳の訓練をし、発音の訓練をすればできます。
「読み書きはできる」と言う前に、まずは読み書きの本当の力をつけましょう。
それが英会話の第1歩です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

国語の面白さ

2016.06.01日

 わたしは、外国人に日本語を教えるという仕事をしている。最初は、日本語ができるのだから簡単な仕事だと思ったのだが、やっていけばいくほど、そんなに簡単な仕事ではないということに気づかされた。日本語を初めて勉強する外国人の気持ちになって、自分たちが当たり前だと思っていることについて、もう一度考え直すことをしなくてはいけなかったのだ。外国人に日本語を教えるときには、日本人が状況に応じてどんな言葉を使うのかということを示すことが大切だったのである。
 あまり意識されないことなのだが、わたしたちは、普段さまざまな日本語を使い分けている。
 子どもがとても小さいときには、一種類の言葉しか使えない。
 オママゴトというのは、学齢期前ぐらいにするようになる遊びだが、子どもが社会的な能力を身に付けていく遊びとして、近年注目されている。また、どんなに方言の強い地域であっても、オママゴトをするときには、たいてい共通語が使われるということが発見されている。
「おとうさん、お帰りなさい。」
「うん、今帰った。」
 というような言葉づかいを子どもたちはオママゴトでしているが、かれらの両親がそう言って家に帰っているとは思えない。かれらは何かをまねているのだが、それは、家庭の日常ではなく、テレビやマスコミの中での「標準的社会」のようなものを模倣しているらしい。そのようにして、子どもは自分の普段使っている言葉以外の言葉づかいを身に付けていく。そうして、友達に使う言葉、親に使う言葉、小学校に上がって先生に使う言葉の使い分けができるようになる。大人はさらに細かくなる。
 日本語は、一つではなく、さまざまな種類の言葉の束のようなものであると考えられている。その全体が日本語なのである。
 日本語といってもさまざまにあるので、たった一つの正しい日本語というのは、実は存在しない。ある場面、ある人に対しての、適切な言葉づかいというのはあるのだが、どんな場面でも使える万能の「正しい日本語」というものはない。テレビのアナウンサーの使う言葉が正しい日本語であると思われるかもしれないのだが、あの調子で家族間の会話はできない。
 さまざまな適切な言葉の全体が、正しい日本語と言えば言えるかもしれない。ある場面での適切な言葉づかい、つまり、その場面でだけの正しい日本語を決めるのは、だれとどんな場面で、どんなことを、何のために話しているのか、というようなことであると思われる。
 たとえば、敬語というのは、こうしたたくさんの日本語の中の一つである。目上の人には敬語を使わなければならないと教えられている。いかにも正しい日本語のようなのだが、敬語を使うことと、それが相手に感じのよい印象をあたえるかどうか、適切な言葉であるかどうかは、実は別の話なのだ。
 やたらていねいな言葉使いをされても、なんだか気取って聞こえて、ちっともうれしくない、というようなことがある。敬語というのは、人間関係を穏やかにしていくための言葉使いの工夫である。状況に応じて、その場に合った言葉使いを選ばなければならない。そうやって、相手と気持ちのよい関係を作っていくのである。
 適切で、相手に良い印象をあたえる言葉、それが正しい日本語なのだ。

(「金田一秀穂の文章より」−小学5年生の国語の問題文より抜粋)


これは1か月ほど前、小学5年生に国語の授業をしていたときに扱った問題文です。
5年生にとっては結構難しい文章です。
筆者の金田一秀穂さんは皆さんよくご存じ、最近はテレビのクイズ番組やバラエティ番組にも出演していらっしゃり、その人懐っこい笑顔や話し方ですっかりお茶の間の人気者です。
かのアイヌ語の研究で有名な言語学者金田一京助氏のお孫さんで、国語学者です。
京助氏の息子さん、すなわち秀穂さんのお父さんは私の大学時代の恩師の金田一春彦氏。
12年前に91歳でお亡くなりになりましたが、春彦氏もテレビの「笑っていいとも!」やワープロのCMなどに出ていらっしゃいました。
大学時代はとても可愛がっていただき、大変お世話になりました(「言葉遣い」)。
大好きな、そして心底尊敬していた立派な学者・研究者であり、また良き教師で、毎回の授業に魅了されていました。
金田一秀穂さんは私より3歳年下で、当時春彦先生は私に秀穂さんのことを話してご相談していらっしゃったのです。


そんなつながりがあるので、よけいに秀穂さんには親しみを覚えます。
その秀穂さんの文章が使っているテキストに引用されているとは予想だにしませんでした。
しかも、外国人に日本語を教えるという私と同じ経験をしていらっしゃり、書いていらっしゃること一つひとつに共感を覚えるのです。
なんと不思議な巡り合わせ。
この文章を使って子どもたちに教えながら、言語の面白さ、楽しさ、奥深さに酔いしれていました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

コミュニケーションは真実に

2016.05.21日

いとしい相手から次のような手紙をもらったら、さて、どんな気持ちだろう。〈あくびがでるわ。いやけがさすわ。しにたいくらい。てんでたいくつ。まぬけなあなた。すべってころべ〉
◆絶望してやけ酒、やけ食いに走るのは早い。横書き6行の左端を縦に読んでみる。「あ・い・し・て・ま・す」。和田誠さんのエッセー集『ことばの波止場』(白水社)から引いた。詩人、谷川俊太郎さんの作という。伝統の言葉遊び、 折句(おりく) である
◆NHKが載せた新聞番組表の紹介文がちょっとした話題になっているらしい。2日夜に放送したサッカーワールドカップの特集『プロフェッショナル』である
◆〈日本代表エースに密着▽/本田圭佑500日の記録▽/ガチンコ総取材▽ミラ/ン移籍舞台裏▽挫折を/バネに進化▽超極秘ト/レーニングにケニア人▽/W杯へ独占インタ〉。横書きの左端を縦に読めば、「日・本・ガ・ン・バ・レ・W杯」となる。凝りましたね、NHK
◆苦心の折句も効いてか、日本時間のきのう、日本代表はコスタリカ代表との国際親善試合に逆転勝ちを収めた。「 言霊(ことだま) の 幸(さき) わう国」である。

(読売新聞 2014年 6月4日付「編集手帳」より)


私も昔、言語学をやっていたくらいで、言語には人一倍の関心があり、言葉遊びなども大好きです。
このブログでもこれまで何度も言語をテーマにした記事を書いてきています。
上の「編集手帳」も興味深く読ませていただきました。
しかし、冒頭の谷川俊太郎さんの作という手紙文は正直、ちょっといただけません。


あくびがでるわ。
いやけがさすわ。
しにたいくらい。
てんでたいくつ。
まぬけなあなた。
すべってころべ。


いくら言葉遊びと言っても、受け取った相手の気持ちを思うととってもじゃないですが、こんなことは書けません。いくら言葉遊びでも。
そこで、私だったら言葉遊びでどんな風に書くだろうかと少し考えてみました。


あなたのことを思うと
いても立ってもいられない
死んでもいいくらい
天を越えて
まっすぐに
すっ飛んで行きたい


heart1.jpg


これでも、やはり左端の文字を縦に読むと「愛してます」となり、平凡かもしれませんが、これで十分な言葉遊びになっていますし、愛している気持ちは倍になって伝わることでしょう。
あまり気をてらって、冒頭のような手紙を書くと、受け取った人はやはりショックを受け、下手をすると真意が伝わらず心が裂けてしまうかもしれません。


コミュニケーションとはこういうものです。
気をてらって、面白いつもりで言ったとしても、相手にそれが伝わらず逆に不愉快な思いをさせるなら、それは上手いコミュニケーション術とは言えません。


"The most important thing in communication is to hear what isn't being said."
-- Peter F. Drucker, Author and Management Expert
「コミュニケーションで最も大切なことは、話されていないことを聴くことだ」
(舟田訳)
著作家、経営学者のピーター・ドラッカーの言っている上の言葉がコミュニケーションの本質を語っていると思います。


実際のところ、コミュニケーションにおいて言葉そのものが果たす役割はわずか7%と言われています。
それでは残りの93%は何かと言うと、顔の表情や声の調子、話し方、身振り手振りなどのノンバーバル(非言語)コミュニケーションなのです。
たとえば、
「愛してるよ」
と同じ言葉を言ったとしても、低い声で、顔は無表情で、冷たく言ったり、あるいはうるさそうな顔をして、
「愛してるよ。愛してる、愛してる、愛してる。もうこれでいいだろうっ!」
というような調子で言ったなら、相手には間違いなく
「愛していない」
というメッセージが伝わることでしょう。


これが「言霊」と言われる所以(ゆえん)で、言葉には魂が宿っているのです。


聖書には、次のようにあります。
「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。
この言は初めに神と共にあった。
すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった」
(ヨハネ1:1〜3)
「言は神であった」とあります。
この点において、神与の人間の言葉は動物の鳴き声とは根本的に異なるのです。


私たちも言葉を大切にし、コミュニケーションは真実に行うよう常に意識したいものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

ゴースト・ボーイ : 暗闇の13年間

2016.05.03日

南アフリカ共和国出身のマーティン・ピストリアスさんは、生まれてから最初の12年間はごく普通の幸せで健康的な少年でした。
ところが、ある日突然すべてが変わってしまいました。
原因不明の病気になったのです。医者達はその病名を突き止められず、懸命に治療に当たりましたが病状はどんどん悪化し、いかなる動きも、話すことも、目で合図することすらできなくなり、ついには意識もなくなり、植物人間状態になってしまいました。


それからなんと13年間、暗闇の中の人生を送ります。
ところが奇跡が起きます。意識が戻ったのです。しかし、両親を始め、周囲の人たちはだれも彼が意識を持っていることがわかりません。また、そのことを伝える術も彼にはありません。そのため、介護士からはありとあらゆる虐待を受けます。
しかし、ある日大逆転の人生が始まりました。
続きはこちらの動画をご覧ください。感動で胸が震えます。



自伝『ゴースト・ボーイ』は世界的ベストセラーに。本の紹介はこちら。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

たらちね考

2016.04.09日

一昨日の夜、中3生のTさんに国語を教えていました。
国語が好きで得意と言うTさん、さすがにとてもよくできます。読解問題などはほとんどいつも全問正解。
「難解」な文章は、傍線を引きながら、それこそ「何回」も読んで正解に導きます。
苦手意識を持っている文法問題も少し教えるとすぐ飲み込み、どんどんできるようになります。


一昨日は、やはりTさんが苦手としている詩と俳句・短歌でした。
苦手と言っているのに、自分で一生懸命考えて、やはりほとんど全部できています。間違えたところや、よくわからなかったところを中心に教えるのですが、全部納得してくれます。
短歌のところで枕詞(まくらことば)の「たらちね」が出てきましたが、もちろん彼女にとって初顔合わせです。


足乳根の母に連れられ川越えし
田越えしこともありにけむもの

斎藤茂吉


%82%A0%82%E8%82%C9%82%AF%82%DE.jpg %90%EC%89z%82%A6%82%B5.jpg %91%AB%93%FB%8D%AA%82%CC.jpg

(斎藤茂吉生誕地 山形県上山市月岡公園内歌碑)


意味がわからないようなので、私が自分の昔の記憶で教えようとしたのですが、その前に念のためと、ちょっとiPhoneでネット検索すると意外や意外。私が習ったこととまったく違うことが書かれています。


私が教わったのは「垂乳根」、すなわち乳が垂れた老いた母のイメージだったのですが、別解釈に「足乳根」で、「満ち足りた乳」、すなわち授乳中の豊かな乳というのがありました。
さらに、もともとは「たらちね」、漢字を当てたのは後世で、意味はないとするもの。
そして、元来の意味は未詳というものも。


Tさんには一応これらみんなの解釈を教えましたが、後でいろいろ思索しました。
ネット記事の中に「垂乳根の母とは、乳が垂れた母親のことを言うのですか? なんて下品で卑わいなのでしょうか」というのがあり、思わず笑ってしまいました。
きっと、ボ…、ペ…のようなイメージを持った、若い女性の方が書かれたのでしょう。


私が子どもの頃は、近所のおばさんだけでなく、若いお母さんが電車やバスの中など公衆の面前で恥ずかしさなど微塵もなく、胸を出して赤ん坊に乳を飲ませている情景などざらでした。
これを卑わいなんて誰も思いませんでした。
ましてや「たらちね」という言葉が生まれたのは、今から約1200年も前の万葉集の時代ですよ。


私が思うに、
「垂乳根の 母が釣りたる 青蚊帳を すがしといねつ たるみたれども」
に見られるように、「たらちね」はもとは「乳が垂れた老母」の意味だった。
しかし、新たに「足乳根」という漢字がつけられて、「ふっくらした乳」の意味になり、やがて両者の意味が薄れていって、意味のない単なる枕詞と言われるようになったので、その歌によって捉え方は異なるのではないか、と。
だからどの解釈も正解でしょう。


そう言えば、私自身も子どもの頃の母のイメージはふくよかな乳、そして晩年は垂れた乳でした。
そのいずれも、あたたかさを感じこそすれ、卑わいさなどあろうはずもない。
なにせ、「たらちね」は「母」にかかる枕詞で、「女」にかかるものではないのだから。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

頭を良くする方法

2015.11.27日

昨日、ネットサーフィンしていて偶然、下のサイトに出合いました。
いいえ、偶然じゃないです(「偶然、たまたま」「再び『偶然、たまたま』?」)。これも実はちゃんと「ひも」でつながっています。


■頭の回転が速い人に共通する10の特徴
1.早口で話したり話の展開が速い
2.つい人の話をまとめたくなってしまう
3.人の言いたいことをすぐに理解できる
4.知識があることをおおっぴらにしない
5.なにごとにおいても決断がはやい
6.仕事もプライベートも要領よくこなす
7.仕事をするときのペースも速い
8.人間関係を瞬時に見抜くことができる
9.記憶力がよく昔のことも覚えている
10.好奇心が旺盛でなにごとにもWHYではじまる


■新しい言語の学習が年齢に関係なく脳を構造的に強化することが明らかに
多言語を勉強することで「脳力」が鍛えられ、認知症防止にもつながるという研究結果が発表されていますが、母国語以外の言語を学習することは、年齢に関係なく物理的に脳の構造に変化を与えて、脳の機能を向上させることが新たにペンシルベニア州立大学の研究によって明らかになりました。


ペンシルベニア州立大学の心理学・言語学・情報科学・テクノロジー学部のピン・リー教授の研究によると、母国語以外の言語学習が、学習者の脳内ネットワークを構造的・機能的に強化させることが判明しました。リー教授は「第二言語の学習は脳の特定エリアを使用するため、脳を強化させたり、成長させたりする『脳の体操』のような効果があるのです」と話しています。


リー教授の研究チームは、英語を母国語とする39人のイングリッシュスピーカーを集めて、半数の参加者に6週間にわたって中国語のボキャブラリー学習を行わせるという脳の研究を実施しました。新しい語彙を学習したチームは、学習を行わなかったチームに比べて学習した語彙を覚えるまでの目的達成率が高くなっており、脳内ネットワークが強化されていることが判明。「新しい言語を学習する」というタスクが、脳の柔軟性と効率性を上昇させるのに適した作業であるということが分かりました。


また、学習開始前と開始後に参加者たちの脳をMRIでスキャンしたところ、脳内ネットワークをつなぐ神経が学習前に比べて物理的に発達していたとのこと。また、この効果は学習者の年齢に関係なく得ることができることも分かっています。リー教授は「最も興味深い発見は、従来の研究に反して脳は我々が考えていたよりも柔軟だったことです。また、新言語の学習が人々に『美しい老化』をもたらすかもしれません」と話しています。
「知らないと損!!手軽にできる頭の回転をよくする方法とは」より抜粋)


上に引用したことは、これまで「学院長 元気の出るブログ」で繰り返し述べてきたことと合致しています。
これらもすべて「勉強のひも」によってつながっています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

英語ができるようになるには

2015.11.19日

日本人の大半は、自分は英語には関係ないと思っています。
しかし同時に、それ以外のほとんどの人は英語ができるようになりたいと願っています。英語ができると世界が広がると思っているからです。


実際、英語の必要度は高まる一方で、今や社内公用語を英語にして、英語で会議をしたり、社内文書を英語で回す企業や英語力を昇進の条件にしているところも増えてきているほどです。
身の周りの英語もどんどん増えてきています。
TOEICの受験者も年々増え、国内での英語熱は今まで以上に高まっています(「英語ができると得すること」)。
ところが、TOEFLやTOEICの結果を見ると、日本人の英語力はどうしたことか、いまだに先進国中最低レベル、世界全体で見ても下から数えた方が早いぐらい低いのです。


なぜでしょう?
すべての結果には原因があります。
ひとつにはほとんどの日本人の英語勉強法が、学校の試験のため、受験のためになっているからです。
英語を暗記科目だと思っているのです。
単語や熟語を一生懸命暗記し、文法を覚え、長文読解や作文問題をやり、発音・アクセント問題をこなし、リスニングテストの練習をしています。
そして、とりあえず学校のテストで点を取り、受験もなんとかこなして志望校に合格します。
しかし、みんな自分の英語力は大したことないと知っています。
大学に入ると英語はもう役目を果たしたかのように、みんな勉強しなくなります。文学部や外国語学部で英語を専攻する学生ですらそうです。
これで英語ができるようになったら不思議です。
英語と言えども日本語と同じ言語で生きています。それを、まるでテストのために源氏物語を覚えるような勉強法をしていて、英語ができるようになるわけありません。


私たち日本人がどのようにして日本語を身につけたかというと、まずはたくさん聞き、聞いたことを真似して話し、次にたくさん読んで、読んだことを真似て書いてきた結果です。
これを言うと、母国語と外国語では学習法が違うと言う人が必ず出てきます。
しかし、現実は逆で、外国語ができる人は国語もできるのです(「英語ができると国語もできるようになる!」)。
また、昨日の数学同様、英語も私たちの生活の中のあちらこちらに潜んでいます。たとえば、身の周りの外来語や歌の歌詞、街でよく見かける看板やテレビのCMなど。
普段からそれらに慣れ親しんでおくことは、英語の学習にも大いに役立ちます。


私の英語学習法はこれまでこのブログで繰り返し書いてきましたが、まずは大量に聴きました(「多聴多読多〇」)。
リスニングにかけてきた時間は数万時間になります。
今はiPhoneで、本を朗読したオーディオブックやセミナーを録音したCDを毎日聴いていますが、新たに別のCDをiPhoneに入れようとして整理し始めたところ、あるわあるわ。
なんと数百枚あるのです。
これらをすべて何回も繰り返し繰り返し聞いています。
この結果、英語を聴いていても日本語と同じ感覚で聴き取ることができるようになりました。


そして、たくさん聴くことは話すことにつながり、次に読むことにつながり、そして書くことにもつながるのです。
これが、英語の「勉強のひも」です。
単語、熟語、文法、読解、作文、発音・アクセント、リスニングなどをバラバラでやっていたら「ひも」でつながらないのは当たり前のことです。
英語の「ひも」が見えてくると、学習は楽しくなり、新しいことがどんどん頭に入ってきて、実際に生活の中でも使えるようになります。こうして、学んできた英語が初めて役立つのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

スケベニンゲン!?

2015.10.02日

私は小さい時から言葉が大好きです。
昨日の記事に書いたしりとりゲームは、子どもの頃スポーツが苦手だった私にとっては得意技でした。
下の記事は約6年前のものです。今、読み返しても吹き出してしまいます。
気分転換に皆さんもどうぞお楽しみください。


「まるであほ」


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

言葉遣い

2015.08.16日

私はどうも生真面目というか、クソまじめというか。
まあ、きっとクソまじめなのでしょう。
言葉遣いにとてもうるさいのです。
昨日も録画しておいたテレビ番組「心と脳の白熱教室 『あなたの性格は変えられるか』」を見ていたのですが、英語で話されているのを日本語に翻訳してナレーションをしている人が「気高い」という言葉を「きだかい」と言っているのを聞いてちょっと幻滅してしまい、素晴らしい番組の価値が半減したかのような気がしました。
もちろん、これは「けだかい」と読みます。


ほかにもこれまでこのブログで言葉に関する記事はたくさん書いてきましたが、昔、言語学をやっていたこともあってか、とくに言葉遣いについてはうるさいのです。
今ではもう当たり前のようにみんなが使っている「なので…」という言い方も、私は好きではなく、自分では絶対に使うことはできません。
考えてみたら、「嗚呼、福田恆存先生!」の中に書いた福田恆存先生や、金田一春彦先生(「自分を買ってもらえ そこ2」)など、国語の大家から受けた影響が大きいのかもしれません。


また、言葉遣いに敏感な私は、ええとこのボン(「今日は何の日?」)じゃないですが、これまで一度も妻や子どもたちに対してさえ「俺」とか「お前」という言葉を使ったことがありません。親しい友達の間ですらそうです。自分のことは「僕」、「私」また「パパ」などと言い、相手のことは名前を使って呼んでいます。
小学生のとき、近所に住んでいた2歳年下の子が自分のことを「わし」と言っているのを聞いて驚き、「僕」と言った方がいいよと教えてあげたことがあるほどです。


このような言葉遣いになったのは、おそらく両親の育て方の故でしょう。
私は小さい頃から言葉遣いにはデリケートで、言葉が大好きでした。
ですからきっと福田先生や金田一先生とも波長が合い、大学では英語、英語学を専攻して、大学院では言語学を専攻することになったのだと思います。


このような私が聖書に触れたとき、聖書の言葉
「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった」(ヨハネによる福音書 1:1)
はまさに私の魂に即座に響き、その後の聖書理解、神理解に大いに役立ちました。


私たち人間が人間たる所以は、言葉を使うことにあり、そしてこの言葉は神様ご自身が私たち人間とコミュニケート(意思疎通)するために与えられた最大のプレゼントだと確信するのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

幼児期からの訓練

2015.03.11日

これまで何度かわくわく発見クラブのレポートをこのブログでご紹介してきました。
前回「わくわく発見クラブ レポート8」をお届けしてから早1年余りが過ぎてしまいました。
昨日は、久しぶりにこのクラスをのぞいてみたところ、現在小学1年生から3年生の低学年クラスで四字熟語を勉強しているところでした。一人ひとりが自分たちで今日覚える四字熟語を選び、その字を書いたあと意味を調べ、使い方を学んでいたのです。
後ろに立って生徒たちが書いているプリントを見てビックリ。
これがその画像です。


yoji1%20%282%29.JPG


yoji2%20%282%29.JPG


yoji3%20%283%29.jpg


「自由自在」「以心伝心」「付和雷同」。
こんな難しいのを小学生低学年が学んでいるのです。本人たちは別に難しいとは感じずに。
漢字も意味も学び、さらに例文まで自分で作るのです。これを日常の生活の中で何気なく普通に使えるようになったら、これはもう本物です。
見ていて羨ましくなってきました。私も幼い頃からこんな学びをしておきたかったなぁ、と。
この子どもたちの将来が今から楽しみです。


去る2月27日の「やったー、全員合格!」の記事中で紹介した幼稚園の年中さんから中学卒業までアカデミーで学んだTSくんが現役で早稲田に合格した、というニュースを書きましたが、先週の7日には第1志望だった横浜国大教育人間科学部人文化課程に合格という知らせが入りました。
お母様からのメールには、「受験生みんなが難しく感じた中で、アカデミーで基礎力をつけてもらった底力のようなものが他の子との差になったのではないかと私は思います」とあり、本当に嬉しく思いました。
これこそまさしく私が目指しているものだからです。


また、今日も1件嬉しい知らせが入りました。
上のTSくんと同じく幼稚園年中から11年間学んだYSちゃんが今年めでたく本人の行きたかった志望校に合格したのですが、引き続き高校でも個別部で英語と数学を学びたい、と言ってきてくれたのです。この分だと一生ずっとアカデミーにいるんじゃないか、と冗談を言ったぐらいです。


この4月からは新たに、幼児、小学生からの基礎力、考える力をつけるコースを設けることになり、これにも大いに期待しているところです。とどのつまり、幼児期からの頭(だけに限りませんが)の訓練が生涯の力の源泉となるからです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

エイカフェ(成人英会話クラス)開講

2015.02.16日

アカデミーでは3月の新年度から新たに成人英会話クラスを始めます。
その名も「エイカフェ」。
Academy English Conversation for Adults の頭文字を取って、AECAとCafeを合体させたもので、茶菓をはさんでカフェ感覚で気軽に英会話を学んでいただきたいという願いを込めてつけたものです。


じつは今から26年前に平塚のこの地で英会話教室を開いたとき、小中高校生・成人クラスを始めたところ、オープンと同時に百五十名近くの方が入会してくださり、成人クラスも週に3日、午前と午後のクラス、さらに夜のクラスもできて、数十名の方が始められました。
主に主婦の方が趣味で学んでいらっしゃいましたが、中にはビジネスマンや管理職の方、パラグライダーで世界遠征をしていらっしゃった方や、エンジニア、英語教師、大学生などバラエティに富んだ顔ぶれでした。中には家族ぐるみで来てくださっていた方も何組かありました。
英語教師の方は目標としていた英検1級に合格されました。このほか、クラスの友達同士でハワイ旅行された人たちや、アメリカにホームステイに行った方、海外旅行にいらっしゃった方、語学留学された方などもありました。
今年いただいた年賀状の中に当時の主婦の方からのものがありましたが、なんと今年は年女で84歳と達筆で書いてあり、時の経つ早さに改めて驚かされました。


私が英語の勉強に興味を持ったのは幼稚園のときのこと。
描く絵にはいつもABCとかちょっとした英語が書いてあって、それを見た先生が絵の裏に「じょうじくんはおおきくなったらえいごがぺらぺらになるんですね」と書いてくださっていたことを今でも覚えています。
すでにそのころから英語の単語を常に覚えるようにしていました。


小学校時代に独学で習得した単語数で中学・高校はほとんど間に合うほどで、英語は常に得意教科でその頃からクラスの友達に教えたりしていました。
そして大学では当然のことのように英語を専攻することになり、さらに当時出会った『20か国語ペラペラ』(種田輝豊著)という本に刺激されて、第二外国語のフランス語、第三のスペイン語に続いて、ポーランド語や、ドイツ語、ロシア語、中国語を学び、卒業後アメリカに留学してからは知り合った友人を通してさらに韓国語、ポルトガル語、タガログ語などを学びました(「英語学習の秘訣」)。
ペラペラとはほど遠く、そのほとんどは趣味程度で終わりましたが、英語はやはり専門だったことと7年のアメリカ生活もあってものにすることができました。


数日前にFBフレンドから紹介された下のYouTubeの動画など日本語と変わらないレベルで理解することができます。これは私のお気に入りのアメリカのテレビ番組ですが、17歳で20か国語以上をマスターしたTim Doner (ティム・ドナー)という人が自分の語学学習の体験談を語っています。



上の動画でティム・ドナーさんが語っている内容がそのまま日本語で「17歳で20カ国語を操る天才少年が語った、“コトバの本質”が奥深い」に書かれていますので、比べていただくとその面白さを味わうことができます。


私の成人英会話クラスでも、毎回目からウロコの楽しい授業を行い、正確な発音から英語の基礎を学んでいただき、海外の人たちとのメールによる会話や短期語学留学、ホームステイ体験、外国からの観光客との交流などができるレベルまで指導させていただく所存です。
ご興味がおありの方はぜひお問い合わせください。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

コミュニケーションの大切さ

2015.02.03日

「コミュニケーション」の大切さが指摘されるようになって時久しいです。
みんなコミュニケーションが重要なことはよくわかっているのですが、一般に日本人は下手なように思われます。
コミュニケーションは日本語に直すと「意思疎通」で、お互いに忌憚(きたん)なく心の中に思っていることを相手に伝え、理解し合い、争い事などを避け、より良い人間関係を築くためのものです。
今回の「イスラム国」との摩擦や衝突などを見ても、やはりコミュニケーションがうまくできていないな、と思わずにはいられません。


先日の記事「満足とは」に引用した哲学者・エピクテトスの有名な言葉にこのようなものがあります。
「神は人間にひとつの舌と、ふたつの耳を与えた。しゃべることの2倍多く聞けということだ」
これは実に真理をついており言い得て妙です。
さらに言うならば、人間には目もふたつ与えられています。これはすなわち、お互いに相手の目をふたつの目でしっかり見て、コミュニケーションを取りなさい、ということでもあるでしょう。


昔、英会話を教えていた方で、ある大手の商事会社を定年退職して家にいながらご自分の趣味をいろいろやっていらっしゃる方がいました。
家に呼ばれて行ったことがあるのですが、奥さんとふたり暮らし、そして犬がいました。
気がつくと、ご主人も奥さんもふたりとも笑顔で犬とはよく会話されるのですが、ご夫婦の間ではまったく会話がないのです。
なにか言いたいことがあると、お互いに犬を通じて相手に伝達していらっしゃるような感じでした。
日本人の高齢者の夫婦間によく見られるコミュニケーションがうまくできていない典型的なケースです。

私たち夫婦も今年高齢者の仲間入りをするのですが、よくこれだけ話すことがあると思うほど、日々のニュースのことから私たちの信仰のこと、仕事のこと、仕事に関わる人たちのこと、知人・友人・親族のこと等々、どんな話題でも顔を合わせている間はネタが途切れることはありません。
もちろん行き違うこともありますが、そのようなときにはお互いに素直に謝ります。
そして、エピクテトスのアドバイスに従って、話す2倍の時間をかけて相手の言うことに耳を傾け、そして相手の目をしっかりと見つめながら。
高齢者特有の、相手は言ったことを忘れて同じことを何度も言うけれども、こちらもそれを忘れてしまっているので聴く(笑)という面もあるようですが。


communication.jpg


新聞の「人生案内」などを見ていると、たいがいの問題の根底にはこのコミュニケーションの不足があるように思われてなりません。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

リラグゼーション

2014.10.27日

私はリラックスできないのです。
この「リラグゼーション」(リラクゼーションの表記もあり)という言葉を見たり、聞いたりすると。
「リラグゼーション」ってどういう意味ですか? と尋ねたら、誰でもすぐに「リラックスすることに決まってるじゃないか」と言うでしょう。
正しい発音はリラックスからきているので、relaxation「リラクセイション」となります。
日本語ではカ行、サ行などは清音と呼ばれ澄んだ音なのですが、ガ行、ザ行などは濁音と呼ばれ、濁った音です。だから私は「リラグゼーション」という発音を聞くとリラックスできなくなるのです。
一体だれがこの「リラグゼーション」という言葉を生み出したのでしょう。


あと、これもリラックスするためにの jacuzzi 「ジャクーズィー」なのに、「ジャグジー」と言われると同じものに浸かっていても疲れが取れなくなります。



これからアイススケートのシーズンになりますが、今日もテレビで「エキシビション」と言っていました。
これは本来、exhibit (エグズィビット)の名詞形ですから「エグズィビッション」という発音になります。
これも初めから正しい発音(せめて原音に近い「エグジビション」)で輸入して日本語化しておけば良かったのに…とついつい思ってしまいます。


つい最近、寿司屋に行ったときのこと。
すぐ近くのテーブルで親と子どもが「アボガド」と言っていました。
なるほど、メニューにも店内の貼り紙にもそう表記されています。
これは英語では avocado で正しい発音は「アヴォカードウ」です。
「アボガド」と言われると私にはせっかくの美味しさが台無しになってしまいます。せめて「アボカド」と言ってもらいたいものです。


しばらく前の記事「国語用法の誤り」にも書いたのですが、「五千円からお預かりします」は非常に居心地が悪いです。しかし、今日は「五千円でお預かりします」とレジで言われ、アッまた新種が現れたと思いました。
なぜ単純に「五千円お預かりします」と言わないのでしょうね。


このほか、あちこちでよく耳にする変な日本語で「バッグ」を「バック」、「ドッグ」を「ドック」など挙げ出せば切りがありません。
もっと言葉を大切にしてもらいたいものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

変な日本語、変な英語

2014.10.05日

昨日の読売新聞18ページに「国語に関する世論調査…敬語の誤用敏感に」という興味深い記事が載っていました。言語学をやっていた私にとってはそのまま見過ごすことのできない内容です。


敬語については、「必要だと思う」という回答が前回03年度調査から1.9ポイント増の98%で、20歳代以下は100%だった。敬語を身につけた機会は、「アルバイト先を含む職場の研修など」が最多の63.5%で、03年度の51.7%から上昇。「国語の授業」は42.6%と、前回の48.2%から低下した。
尊敬語と謙譲語を取り違えるなどの誤用について聞いたところ、「お客様が申されました」(本来は「おっしゃいました」など)という言い方が「気になる」との回答は63.1%。03年度調査の54.1%、1995年度調査の41.4%から増えた。「どうぞいただいてください」(本来は「召し上がってください」など)が気になるとしたのも74.7%と、過去の調査を上回った。
店員などが使う表現についても厳しくみる傾向があり、「お会計の方、1万円になります」を「気になる」としたのは63.5%と、02年度調査より12.9ポイント増。「千円からお預かりします」も55%が「気になる」とし、9.8ポイント増えた。


keigo.jpg


敬語は実際のところ生徒にとってはとても難しいもののようで、身につけるのは至難の技のようです。上の表を見てもわかりますように、敬語を学校の国語の授業で学んで身につけたという人より、家庭でのしつけや職場、アルバイト先と答えている人が多いのを見ても、勉強として学ぶことよりも身をもって学ぶことがいかに大切か、ということがよくわかります。
学校の卒業式や入学式などで、「今も校長先生が申しておられましたように…」と、学校の先生自身が間違った敬語を使っているぐらいですから(1年半ほど前の記事「国語用法の誤り」に詳しく述べています)。


昨日もウォーキングしていて面白い看板をいくつか目にしました。
まず、「料金・価格」の使い分け。
また、日本語には単数形・複数形の区別がないため次のような間違いもしょっちゅうです。


tokoya1.JPG


これは生徒を教えている塾のチラシにもよく見られるものですが、授業料のことを「価格」と書いてあります。本来、「価格」は正しくはものの値段に使い、床屋や塾などサービス業には「料金」を使います。
英語で"Price"は本来「価格」で、「料金」は"Fee"と言いますが、どういうわけか理容室・美容室などでは"Price"を使い、これはいいのですが、この看板では英語の複数形が間違っているのです。"men"(男性)が"man"の複数形なのにさらに"s"をつけて"mens"となっていますし、そして"lady"(女性)の複数形は"ladies"としなければならないのに"ladys"となっています。
看板に書くのならば、あらかじめ調べてから、あるいは人に尋ねて確かめてからにすべきです。とくに英語を使うなら。


最近、Facebookなどでよく見かけるのは漢字の多用です。
これはコンピュータやスマホが自動的に変換してくれるので、自分でも普段使っていない、また書けないような漢字まで使っているケースで、たとえば「御座居ます」「成るほど」「繋がる」「纏(まと)める」などです。これらはひらがなの方がいいでしょう。


昨日見た店内の貼り紙で面白かったのはこれです。


toire.JPG


図書館の本じゃあるまいし、トイレは「貸し出し」(家への持ち帰り)はできないでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

舟田式ひも勉強法 その23

2014.05.25日

 22. 漢字の勉強法


漢字に非常に関心のある私はこれまで何度も漢字の勉強法について書いてきました。
一例を挙げると、「舟田式ひも勉強法 その8」「横棒〈一〉が生み出す大きな違い」などですが、ご興味のある方はご覧になってください。
さて、一昨日の読売新聞の「編集手帳」に面白いことが書かれていました。


眺めていると絵や像が浮かんでくる、そういう漢字がある。「麗」という字を見ると、美しいツノを戴(いただ)いて崖に立つ鹿が目の前に現れ、「串」という字を見ると、蒲(かば)焼きの幻影がいい匂いを放つ
◆いまの季節でいえば、麦の異体字「麥」がそうだろう。実った姿だけではなく、ツンツンした穂の手触りまでが伝わってくる。きのうのヨミウリ・オンラインが麦秋の写真を載せていた。山口県下関市で大麦の収穫作業が最盛期を迎えているという
◆見出しに「大麦畑、ビール色に」とあった。日本酒を愛した若山牧水にも、稲穂を見て〈酒のあぢはひ日にまさり来れ〉と詠んだ一首があるから、ここは麦の穂からビールの喉ごしを連想するのもお許し願うとしよう
◆実るほど 頭(こうべ)を垂れる稲穂が管理職とすれば、踏まれても天に向かって穂を突き出す麦は新入社員の趣かも知れない。社会に出てもうすぐ2か月。踏まれた夜にひとり、苦いビールで一日の疲れを癒やす人もいるだろう
◆〈麦秋や若者の髪炎なす〉(西東三鬼)。気分の湿りがちな梅雨も近い。髪はともかく、胸の炎は「麥」のごとく、ツンツンと鋭くあれ。

(5月23日付 読売新聞1面「編集手帳」より)


この中に出てくる「麦」の異体字「麥」は、恥ずかしながら私は「初めてお目にかかります」ということで、新しい発見でした。
「実った姿だけではなく、ツンツンした穂の手触りまでが伝わってくる」ということで、今晩は私もその恩恵に与かって「苦いビールで一日の疲れを癒し」ていただくことにします。
記事中に紹介されている他の漢字、「麗」「串」のイメージ、これらもとてもよくわかります。実にうまく表現していると思いました。これは実に素晴らしい漢字の勉強法の一つです。


漢字が苦手、と言う人が結構多く、驚かされます。
店で買い物をして、領収書を書いてもらう時、店員の書く漢字を見ていると間違いはしょっちゅう、さらに筆順の間違いが実に甚だしい。大人でもこうなんだから、ましてや子どもたちにおいておや、です。


毎年、生徒の書く字を見ていて驚かされるのが、「達」という字です。
「私達は...」と作文するのですが、その「達」の字、旁(つくり)が「幸」になっています。これもたった「横棒一本」の違いですが、多くの生徒が「幸」だと思い込んでいるのです。
これについては以前にもこのブログ記事に書いたことがありますが、なぜ「達」の旁が「幸」でないのか。
普通はたいがい、何らかの意味があるのですが、意味のないことだってたくさんあります。そのような場合はただ覚えるしかありません。
しかし、何十回書いて覚えようとしても、それだけでは印象が薄くてすぐに忘れてしまいます。
そこで、自分でなんらかの意味をつけるのです。
たとえば、これは生徒に教えるためにとっさに考えついた私のおやじギャグでお恥ずかしいのですが、こうです。
「毛は刈り取られ、肉は食べられる羊達は幸せじゃない」
これで「羊達」の「達」という字の旁は幸せの「幸」ではなく「羊」だと覚えれば、「あっ、そうだもう一本棒を入れなければ」ということになります。


同様に「辛い」という字も一見「幸い」と似ているのですが、やはり横棒一本の差です。
左の字は「辛い」(つらい)、右の字は「幸い」(さいわい)で、まったく逆の意味ですが、字が似ているため子どもたちにとってはややこしいのです。
そこで私が教える時には、
辛い人生、プラス思考で上にのサインをつけると、幸せな人生に変わるよ」
と言うのです。
実際にペンを取って、「辛」という字を書き、その上に「十」をつけてみてください。あれっ、不思議!「幸」になります。
私にとってこの上の「+」サインは、実は私の信仰の基である十字架の「十」なのです。
私の人生も信仰を持つまでは「辛い」ことが多かったのですが、キリスト教の十字架信仰を持ってから「幸い」な人生に180度変えられました。


これらはひとつの例に過ぎませんが、このようにして自分で何か理由を考えて漢字の形や意味を覚えると身につき、それはもう一生忘れることはありません。
これも私の言うところの「ひも勉強法」で、ひもでつながるということです。
漢字が苦手と言う人、とくに最近の若い人に多いですが、できる限り漢字を使わずにひらがなやカタカナでで間に合わそうとします。そして、漢字を使わないためますます苦手になってしまうのです。
でも漢字はこの「ひも勉強法」で学ぶと楽しく、しかも確実に身につき、日々の生活でも大いに役立つようになります。


漢字への興味がきっかけで勉強大好きになり、どの教科の勉強も全部よくできるようになり、今年アカデミーの講師の新しい戦力となって加わってくれた人がいます。
「成功の鍵はこれだ!」の中にも書いた「将来は作曲家になりたい」という有光理彦(としひこ)さんです。
これを見るだけでも、漢字の勉強がいかに大切か、そして人生を変えるか、ということがよくおわかりいただけるかと思います。


ところで、日本漢字能力検定協会が発表した2013年を表す漢字は、
・日本全体のチームワーク=「輪」で2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催、富士山の世界文化遺産登録、サッカーFIFAワールドカップ2014に日本代表の出場が決定。日本に再び五輪がやってくるという「輪」。
・東北地方の一致団結した大きな「輪」で、東北楽天ゴールデンイーグルスが日本シリーズ初優勝。
・ワールドカップの日本代表新ユニホームで円陣を組むと「輪」のデザインになる、ということで、「輪」と決まりました。
ちなみに、この「輪」という字、「車」が「侖」すなわち、一つ屋根の下できれいに順序よく並んで輪のようになっている様からできています。


kanji.jpg


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

言葉の面白さ

2014.02.15日
coat.jpg


  寒い日には、長めのコート、厚めのセーターで外出。帰ったら、熱めの紅茶に砂糖を多めに入れて……。
「長い」「厚い」「熱い」「多い」といった物の様子を表す言葉などに「め」が付くと、その性質や程度が少し強く出ていることを表します。漢字を当てれば「目」です。新聞では読みやすさを考え、平仮名で書いています。
「多い」なら「多め」、「少ない」なら「少なめ」と、「い」を取って「め」を付けるのがルールです。「多いめ」「少ないめ」のように「い」を残してはいけません。作文を書くときには気をつけてください。
ただし、例外があります。それは「濃い」です。本来は「濃め」のはずですが、それでは言いにくいからでしょうか、「濃いめ」がふつうの言い方になっています。反対語の「薄い」は「薄め」です。「薄いめ」ではありません。
しようゆの色が薄いのは「薄口」、濃いのは「濃い口」です。この場合も、「薄い」の「い」は取れても、濃いの「い」は残ります。
「濃い」の「い」は特別ーーといっても、「濃いくする」「濃いすぎる」の「い」は余分です。「濃くする」「濃すぎる」が適切です。

(2月12日付 読売新聞21面 「学ぶ 育む」より)


だから日本語は難しい、と言いたくなるかもしれません。
実際のところ、日本語にはもともと外国語のようにしっかりした文法というものがなく、近世になって外国語の文法をほとんど真似して取り入れ、日本語風にアレンジしたのが国文法です。
日本語に例外が多いのはそのためです。


形容詞は「〜い」で終わるものがほとんどですが、少数ながら「〜な」で終わるものもあります。
「きれいな」「静かな」などが例としてよく挙げられますが、これらは形容詞とは呼ばず、形容動詞といいます。それは、「きれいだ」「静かだ」のように「〜だ」と言い換えられ、動詞のような働きもするからです。


それでは、上のケースはどうかと言えば、実は簡単。
「濃い」は例外ではなく、もっと特別な理由があるのです。
実は「〜い」形の形容詞は、「濃い」の二文字を除いて他はみんな三文字以上なのです。たとえば、「あつい」とか「うすい」、「おおきい」、「おもしろい」のように。
ですから、バランス感覚の問題で「濃め」とは言わずに「濃いめ」と言うのです。


上の記事では、
「多いめ」「少ないめ」「薄いめ」
とは言わないので注意、と言っていますが、最近これらはあちらこちらでしょっちゅう耳にします。
テレビでもよく聞きます。
そして、もともと文法的に間違っていても、多くの人たちが言い始めて、そちらの方が一般的になると、いつの間にかそれが正しい用法とみなされるようになります。


以前、「国語の用法の誤り」という記事を書き、そのようなケースをいくつか挙げましたが、それ以降もこのようなものはどんどん増え続けています。
本来間違っている言葉の使い方なのですが、あまりにも多くの人たちが使うようになると、それが正しいとみなされるようになるのです。そして、辞書すら書き換えられます。
それが、ある意味言語が生きている証拠で、また面白さでもあるのです。
ですから、「多いめ」「少ないめ」「薄いめ」などが市民権を取るのはそんなに遠い将来ではないと私は思っています。


「教育の本来の目的とは」の中に、同じような例を「スカートまくり」の話や英語のケースなども交えて挙げていますので、ご興味ある方はこちらもぜひご覧になってください。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

英語学習の秘訣

2014.01.25日




今から26年ほど前に出た本で、何度か繰り返して読んだことがある『外国語上達法』(千野栄一著 岩波新書)を最近また読み返しています。


幼稚園の頃から英語が好きだった私は、中学の時に英語だけでは飽き足らず、国際共通語を目指してポーランドの医師ザメンホフ氏によってつくられた人造語、エスペラント語を学びました。
大学時代には種田輝豊著『20ヵ国語ペラペラ』という本を読んで触発されました。
そして外国語学習にハマり、大学では第二外国語としてフランス語、第三にスペイン語を取り、その他ロシア語、中国語、ドイツ語、ポーランド語のクラスに潜りで入って、学びました。ポーランド語の先生は、私が潜りであるのを知って逆に喜び、ポーランド語の辞書をプレゼントしてくださいました。


卒業後、アメリカに留学してからは知り合ったフィリピン人や韓国人の留学生と友達になり、タガログ語と韓国語も勉強しました。
この後、キリスト教信仰を持ち、当時研究していた言語学からキリスト教神学、教育学、心理学、カウンセリングに学びが移行しました。
この時は、旧約聖書の原語であるヘブライ語、新約聖書の原語ギリシャ語を学びました。
あれだけ、外国語好きだった私も、ヘブライ語だけには音を上げました。それぐらい、ヘブライ語には苦労しました。おそらく、これまでに勉強してきたものすべての中で一番苦労したのが、このヘブライ語です。


英語は会話のみならず、読み書きにも不自由ないレベルになり、フランス語とスペイン語は簡単な会話と読み書き、ポーランド語、タガログ語は友達がいたので簡単な会話。ロシア語、中国語等は学生時代は簡単な読み書きのレベル、という感じで、種田輝豊氏のようにペラペラの領域などは夢のまた夢でしたが、外国語の勉強は十分に楽しみました。


さて、今日のテーマ「英語学習の秘訣」ですが、千野栄一氏は冒頭の『外国語上達法』の中で、まず一番大切なのは約3000語の基礎語彙と呼ばれる生活に密着した単語を覚えることであると語っています。
なんと、この3000語で日常の会話はもとより、読み書きも90%までカバーできるというのです。


実は、私自身も幼い頃から英語に興味を持っていたので、日本語と同時に英語の単語を覚えました。父やアメリカ人と結婚した叔母とその叔父から、片っぱしから英語の言葉を学びました。
「◯◯って英語で何て言うの?」
といった感じで、手当たり次第に尋ね、ほとんどの身の回りの単語を覚えました。
そのお陰で、中学のみならず高校でもほとんど単語では苦労しなかったほどです。


この基礎語彙というのは、主に生活に密着した言葉です。
つまり、外国語学習、具体的にはほとんどの人にとっての英語学習の基本の基本は、まずは生活に密着した1000語、次にあと1000語、そしてもう1000語と最低限3000語という基礎語彙をしっかりと身につけることなのです。
これまで長年英語を教えてきて、英語の得意な生徒は間違いなく単語力があり、逆に英語が苦手と言う生徒は例外なく単語を知りません(「バセバ11」)。


さらに、一つの単語を覚える時には、それから派生した形容詞や副詞、動詞形などの派生語も一緒に覚える。
また、同時に反意語や類義語なども覚えることができれば、もう完璧です。
また、それらを個々バラバラに覚えるのではなく、その中に共通するルールのようなものを見出すと簡単に覚えられ、また忘れなくなります。
上の「バセバ11」にも書きましたが、これは英語の発音にも通じます。


英語学習において次に大切なのは、文法ですが、これは明日に回します。


そう言えば、私が英語以外の言語学習で成功しなかった一番の理由は、やはり単語不足でした。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。

言語は面白い

2013.02.15日

ロシア語の単語を一つだけ知っている。「こんにちは」である。国際会議のロシア語通訳者、故・米原万里さんのエッセーに教わった。〈ズロース一丁!〉
◆外国語なのに響きが日本語を連想させて、何となく覚えている。そういう単語が誰しも一つ二つはあるだろう。ペルシャ語でスイカを意味するという〈ヘンダワネ〉や、スワヒリ語で唐辛子を指すという〈ピリピリ〉などは、一度聞くと忘れがたい
◆ラテン語にも、日本人によく知られた言葉がある。枢機卿が集まってローマ法王を選出する会議〈コンクラーベ〉である
◆ローマ法王ベネディクト16世(85)が高齢を理由に退位を表明した。終身制が伝統の法王がみずから退位するのは約600年ぶりのことという。後継の法王は3月にコンクラーベで決まる
◆地上には銃火とテロと災害の絶える時がない。平和の祈りという根気の要る仕事が、心臓などに持病がある高齢の法王にとって荷が重いのはたしかだろう。〈ヘンダワネ〉と疑惑を抱く段階は過ぎ、乱暴で物騒な隣近所に神経を〈ピリピリ〉とがらせる日本人にも、若い人に後事を託す気持ちは分かる。

(2月14日付 読売新聞「編集手帳」より)


「ズロース一丁」「ヘンダワネ」「コンクラーベ」
実に面白いですね。
どこの国の言語にもこのようなケースがよくあります。


「まるであほ」という以前書いた記事の中には、世界中の面白い地名を紹介しました。
「まるであほ」はアルゼンチンにある地名だそうです。
ほかにも、バヌアツのエロマンガ島、バリ島のキンタマーニ高原、オランダのスケベニンゲン、アイルランドのボイン川、北海道の珍小島(ちんこじま)…おっと下品になってしまいました。すみません。これでは文字通り「まるであほ」です。


たまたまなのですが、その国、地方ではごく普通の名前や言葉が、別の言語で面白い意味を持っているわけで、日本人のごくありふれた苗字がスペイン語で変な意味の言葉に聞こえるので、わざわざ名前の読み方を変えた日本人大使もいたほどです。でも、そのスペイン語の意味は恥ずかしくてここに書くこともできません。


言語は本当に面白いです。
アマゾンの奥地で狩猟採集漁猟の生活を送るピダハン人の言語には数を表す単語がないそうです。
ひとりのアメリカ人の宣教師が人口300人ほどの小集団のピダハン人の中で生活し、聖書をピダハン語に翻訳しようとしたのですが、言語学や人類学の常識をくつがえす言語であることを発見します。
ピダハン語には「1」「2」「たくさん」という言葉しかなく、ポルトガル語で10までの数を教えようとしたのですが、だれも覚えてくれません。チンパンジーでさえ1〜9までの数を数えることができるそうです(未確認ですが、20まで数えられるという発表もあるそうです)。
右・左を表す言葉もなければ、色を表す単語もない、動詞には完了形が存在しない、家族関係を表す言葉もない、愛とか死のような抽象的な概念を表す単語もない、とないないづくしの言語なのです。
従属節がないため、一文はとても短いけれども、ピダハン人はとてもおしゃべりでよく笑うそうです。
彼らは、周囲の環境の中でうまく生き抜いていくための知恵を備えていて、狩猟採集民として満たされた生活を送っているといいます。
従来の言語学、人類学の定説に反することばかりで、ピダハンは果たして現生人類なのだろうか、と疑われたほどです。


かつて言語学を学んでいた者として、このピダハン語には私も非常に興味があります。
言語は面白いです。


今日は、神奈川県立高校入試の日。
うちの塾生たちも今ごろ必死で問題に取り組んでいます。
ピダハン語でなく、日本語で頭の中をきちんと整理して、今まで学んできたことを思う存分答案用紙に発揮してね、と祈っているところです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

こち亀

2012.03.14日

ご心配いただいた風邪は、昨日一日寝てほぼ治ったようです。
久しぶりに朝までぐっすり眠ることができました。
朝目覚めると、まだ体調は万全ではないものの、長い時間寝ていたので腰や身体のあちこちが痛くなり、もう起きることにしました。そして早速仕事を始めました。


さて、今日のタイトルは「こち亀」です。
言わずと知れた人気漫画の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の通称。
少し前まではこの漫画のタイトルのように「派出所」と言っていましたが、ひとつは「ハシュツショ」が発音しにくいこと、次に昔から「交番」の名前で一般に親しまれてきたこと、そして第三に「コーバン」が世界的に認知されるようになってきたことなどから、今から18年前の平成6年に「交番」が正式名称となりました。
今日は「交番」のお話です。


交番についている看板「KOBAN」は、日本在住の外国人の数が増えたためローマ字表記にしたのですが、「小判」に読める、と多くの人々の間で不評です。
「O」の上に長音を表す屋根のマークのサーカムフレックス「^」をつけて、「Ô」と表記すべきだと言う人や、「こうばん」だから「KOUBAN」にすべきだ、はたまた「KOOBAN」や「KOHBAN」とすれば良いと言う人などもいます。


なぜ「KÔBAN」や「KOUBAN」でなく、「KOBAN」になったかと言うと、犯罪が少ない日本には独自の交番(KOBAN)制度があるとローマ字表記で外国の文献で紹介され、外国でも「KOBAN」が知られるようになったからです。


また、長音にサーカムフレックスを使用する訓令式ローマ字表記法は日本では小学4年生で習うものですが、これが日本国内でしか通用しないという問題もあります。
訓令式は小学生にとっては規則的で覚えやすいのですが、音を正確に表していません。
たとえば、「し」を「si」と書くと、外国人は「シ」とは発音せず「スィ」と読み、日本語の音でなくなります。
訓令式の「ta, ti, tu, te, to」は、「タ、ティ、トゥ、テ、ト」となり、これはもう日本語ではなく外国語です。
このような点から国内では、音をより正確に表すヘボン式ローマ字が一般に使われるようになり、この表記法では長音にサーカムフレックス記号をつけない決まりになっているのです。
ですから、「Tokyo」「Ota Koji」と書いても、「トウキョウ」「オウタ コウジ」と読まれ、「トキョ」「オタ コジ」と読まれることはありません。


実際のところ、「KOBAN」をヘボン式で読む外国人は「コバン」とは発音せず、「コウバン」と言います。
「total」を「トータル」や「トタル」とは言わないで「トウタル」と発音するのと同じです。
逆に「KOUBAN」と書くと「カウバン」、「KOOBAN」と書くと「クーバン」のように英語流の読み方をされる可能性が大です。英語では「house」を「ハウス」、「cool」を「クール」と発音するからです。


ちなみに先日行ってきた妻の実家の近くにある「KOBAN」は、「幹部交番」という珍しい名称がついています。
「えっ?交番に警察の幹部がいるの?」と信じられない思いでネットで調べてみると、なんと警部や警視といった警察幹部が実際に勤務しているとのことです。
下の写真のひさしの上にやはり「KOBAN」と大きく書かれていました。


koban.JPG


交番と言えば、つい先日平塚駅近くの銀行に行った際、歩道にひとりの人が倒れているのを見かけました。
一見してヨッパライが寝転んでいるような感じでした。
でも、念のため近くの交番に連絡に行きました。
応対した中年の女性警察官は私が状況を伝えると、
「はい、わかってます。今、そちらの方に向かっています」
とぶっきら棒な返事。
こち亀の両さんに活を入れてもらわないと。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

言葉ゲーム

2011.10.22日

机ん、ノータン、テレバン、ズバン、車ん、おやつん...
何だと思いますか?
おそらくこれらを見てすぐに分かるのは、世界中に私のほかには一人だけ。
それは...


大学生の頃、私が流行らせた言葉ゲームです。
流行らせたとは言っても、うちの家族内だけですが。
最初、何気なく言ったのが大うけして、それからというものどんどんエスカレートしていきました。


普通、動詞の否定形は「行く」に対して「行かない」で、「〜ない」と言いますが、文語の「行かぬ」が口語表現で「行かん」となりました。
これを名詞の語尾につけて、「〇〇でない」という使い方を始めたのです。
たとえば、
「今日は車で行くの?」
と尋ねられて、
「いいや、今日は車ん」
と言ったら、「車じゃない」「車では行かない」という意味で、とても便利なのです。
やり始めたらこれが面白くて、そのうち父が加わり、当時小学3年生ぐらいだった妹も仲間に加わりました。
ある時には、あまりにも面白くて3人で涙を流して大声で笑いながら会話の中で連発していました。
それを見ていた母がバカらしくなって、「くだらない。もういい加減にしなさい」と珍しく私たちをたしなめました。


この名詞の否定形の造語はいつも簡単にはいくとは限りませんでした。
たとえば、「かばん」とか「パン」など、初めから「ん」で終わっている言葉の時は困りました。
そこで編み出したのが奥の手です。
動詞で「走る」の否定形は「走らない」→「走らぬ」→「走らん」です。
そこで、「かばん」はこれを利用して「かばらん」、「パン」は「パラン」となります。
「エアコン」は時には「エアカラン」になったり、「エアカン」になったりしました。


新しい言葉をを発明して会話の中でさり気なく使い、相手に通じるか試すのは本当に楽しかったです。また相手が、「かばらん」とか「パラン」などと新しい言葉を使うと、それが何を意味するのか推測し、それに対して答えるのも楽しみの一つでした。
このような言葉ゲームを生活の中で楽しむことは、言語に対する勘を育てます。
私の場合、これがその後、言語学の研究というふうに進んでいきました。


冒頭の「机ん、ノータン、テレバン、ズバン、車ん、おやつん」は、ここまで読んだ方はもうおわかりでしょうが、次の言葉はどういう意味でしょう?
「今日はお腹すいてないから、おひらん」


「おひらん」は「お昼を食べない」という意味になります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

案ずるより横山やすし

2010.01.07日

「案ずるより横山やすし」
は、放送プロデューサー、TVコメンテーターのデーブ・スペクターさんの生み出したダジャレです。
昨日の読売新聞夕刊8-9面にデーブ・スペクターさんのことが紹介されていました。
彼はシカゴにあった仏教会の日本語学校に毎週日曜日に1時間、6年間通い続け主席で卒業したそうです。
日本語弁論大会で「三島由紀夫の生涯と自殺」と題してスピーチし、優勝したとのこと。
彼の手書きのスピーチの原稿の写真が載っていました。


デーブ・スペクターさんは11歳のとき、ガイドブックで丸暗記した日本語で「郵便局はどこですか?」とひとりの日本人少年「ワタル君」にシカゴの街で話しかけ、それがきっかけでワタル君から日本の漫画や雑誌を借りて読み漁り、やがて「座頭市」「若大将」などの映画にはまり、小説を読み始め、どんどん日本文化に浸かっていきます。


彼の日本語の勉強法は、毎日新たに覚えた日本語を手帳に書いて、自分の辞書のようなものを作ることです。これは今でも続けているそうです。本当に脱帽です。
ローマ字での読み、漢字、英語の意味のみならず類義語までぎっしり書き込んでいるそうです。


今から20数年前、親しくしていただいた立川駅前キリスト教会のリーズナー牧師も、戦後日本に宣教師として来たとき、常に手帳を持ち歩き、電車の中で、街角で、いつでもどこでも耳にした日本語を全部ローマ字で書きとめ、家に帰って辞書で引いて意味を調べ、自分の辞書を作ったと言っていました。
リーズナー先生の日本語も驚くほど流暢(りゅうちょう)でした。


私も小学生の頃、アメリカ人の叔父のところで夏休みを過ごすとき、いつでも聞き覚えた英語を手帳にカタカナで書きとめ、自分の辞書を作りました。
「ケロスィーン」(kerosene)は当時覚えた単語で、「灯油」のこと。おそらく日本人の子どもで「ケロスィーン」なんて知っている子はいなかっただろうと思います。
手帳は何冊にもなり、この頃覚えた英単語の数は相当なもので、その後中学・高校、場合によっては大学に行ってからでも間に合ったほどです。


語学の学習の基本は、単語です。
自分自身の単語帳を作ることはとてもいい方法です。
英語が苦手な人はまず例外なく語彙力がありません。
語呂合わせでも何でもいいので、まずは単語を一つひとつ覚えていくこと。
その積み重ねが実力につながっていきます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブロ グ村