学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

なつぞらとスーツとアリメツ

2019.08.30日

『なつぞら』と言えばもちろん、今人気のNHKの朝ドラ。
4月から始まった100作目のシリーズで、あと残すところ1か月となりました。
またお別れするのが寂しいです。


今回の『なつぞら』は広瀬すず主演で、草刈正雄や松嶋菜々子始め、大型俳優による抜群の演技も去ることながら、時代考証や演出などすべてが秀逸です。


主人公奥原なつの実在モデル、アニメーター奥山玲子の立志伝で、物語の中には若かりし頃の高畑勲や宮崎駿などが登場し、また作中のテレビアニメの原作が、「狼少年ケン」「魔法使いサリー」「マジンガーZ」「アンデルセン童話」など懐かしいタイトルが並び、昔を思い出させます。
また、ちょうど京アニの不幸な事件があって世の人の関心が日本のアニメに注がれていることもあって、よけいにこのドラマを身近に感じさせます。


実在のモデルとこのドラマのために作ったモデルがうまく相混ざり、より奥深さを演出しています。
人々の人情や愛情を絡めて描くヒューマンドラマで、いつも観ていると無意識のうちに微笑んでいたり、涙していたりします。


resize.jpg


『スーツ』については去る5月に「成功と労働」という記事で紹介しましたが、この夏、私はアメリカの原作 "SUITS" を2011年に放映されたシーズン1から昨年のシーズン7までの8年分すべてを通して一気に観ました。
小学生の頃ハマっていた『ペリー・メイソン』を始め、高校生の頃は『われら弁護士』など、もともと弁護士物が大好きなのですが、この "SUITS" はこれまでの弁護士ドラマをはるかに凌ぎます。
こちらは去年、英国ロイヤルウェディングで話題になったメーガン・マークルが主役のひとりを務めていて、2011年から続く超人気ドラマだけあって、本当に奥が深くて、息もつかせないストーリー展開は見事というほかありません。
俳優の演技に至っては、日本の映画やドラマを寄せ付けないほどの高いレベルです。
愛情や友情も大きなテーマにはなっているのですが、お金や権力、地位、名声、嘘、裏切り、騙し合い、暴力、ドラッグ、性などいわゆるこの世の中のドロドロした面がこれでもか、これでもかというほどリアルに描写されています。
でも、これらは決してオーバーな描写ではなく、毎日のニュースを賑わしている日常茶飯事の出来事ばかり。


a014a30.png


このドラマを観ていて現実世界の怖さを垣間見たような気がして、高校生の頃弁護士になりたいと思っていた私はならなくて本当に良かったと胸を撫で下ろしています。まあ、もともと弁護士になる能力などありませんでしたが。
よく話題に上る小室圭さんが今、 "SUITS" と同じ舞台ニューヨークにあるフォーダム大学のロースクールで国際弁護士の資格を取るために勉強していますが、このドラマの中で描かれているアメリカの厳しい社会を見ていて、小室圭さんにこんな大変な仕事が務まるのだろうかと、お節介でしょうが心配してしまいます。


話は変わりますが、我が家の台所の流し台の上を歩き回る全長1mmほどの極小の蟻をひと月ほど前からよく見かけるようになりました。ガスレンジの狭い隙間ら出入りしているので、レンジ台の下や流しの下などいろいろ調べてみたのですが、1匹も見あたりません。
そこで、先に入手していた「アリメツ」という殺蟻剤をガスレンジのそばに置いておきました。
すると、2〜3日後にはその中に10数匹の小さな蟻が折り重なるようにアリメツの液の上に浮いていて、それ以来ほとんど見なくなりました。


あるとき、ふと見ると目の前で3匹の蟻がアリメツの液が入れてある小さなスプーンの中にいました。1匹はスプーンの中央に浮いています。たっぷり飲んでお陀仏したのでしょう。
別の1匹はアリメツを少し舐めては離れますが、その美味しさに惹かれてすぐに戻りまた舐めています。
もう1匹はきっとかなり液を舐めたあとなのでしょう、危険を感じてそこから離れようとするのですが、すでにかなり舐めたせいかフラフラになっていてスプーンから出ることができません。


これらの蟻の姿はまるで、 "SUITS" の中に登場する、罪にまみれた人たちのようでした。
「危険だ」「逃げなければ」と思いつつも、甘い誘惑に負けてズルズルと罪の世界にハマっていく、という人間の弱さです。
『なつぞら』の中に描かれているのは、私たちが憧れるほのぼのとした理想の世界で、登場するのはいい人ばかりですが、現実は "SUITS" のような世界です。
私たちは心して甘い誘惑に負けないようにしなければなりません。
これは決して他人事ではありません。男性も女性も、老いも若きも問わず、みんな誘惑に弱いものです。自分は大丈夫と思っているのが一番危険です。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

夏休みおススメ映画

2019.08.12日

『ミッション・インポシブル』全6作を昨日観終わって、さて今日は何を観るか...
そこで、「おススメ映画」でネット検索したところ面白そうなのを見つけました。
今まで観ていなかった『ダ・ヴィンチ・コード』などいくつか観かけましたが、自分に合わないものはどんどんスルーして、ようやく出合ったのが『グラン・トリノ』。
ウォールストリート・ジャーナル紙が「クリント・イーストウッドの人生を賭けた映画」と評するだけあって、これは彼の映画人生の集大成とも言える大作です。



さすがクリント・イーストウッド。監督・プロデューサー・主演、じつにお見事です。
人生について深く考えさせられる感動のヒューマンストーリーでした。
ネタバレになってしまうので、敢えて何も書きません。
ぜひご覧になってください。私は★★★★★(五つ星)をつけました。


今や、ほとんどの映画が Netflix、Hulu、Amazonプライム・ビデオなど動画配信サービスで観られるようになりました。
「夢から覚めて起き上がり、行動せよ!」に書いた、あの世界最大規模だったブロックバスター・ビデオが倒産したのには驚きましたが、今やレンタルビデオショップはどんどん姿を消しつつあります。
うちの教室の斜め向かいにあった「TSUTAYA・すみや」もついに閉店し、建物も取り壊されてしまいました。ちょっと寂しいですが、時代の流れには勝てません。


%83X%83~%83%84.jpg %83X%83~%83%84%83A%83t%83%5E%81%5B%20%281%29.jpg


でも、マックの斜め向かいにあるアカデミー学院は今も健在です。
つい先日もマックのドライブスルーの商品受け渡し口で待っていると、こんな感じで目の前に我が愛するアカデミーが見えました。


IMG_5515.jpg


夏休み中のアカデミー生も今頃は、マックを食べながらエアコンの効いた家でビデオでも観ていることでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

Mission Impossible? No, Mission Accomplished!

2019.08.10日

“Good morning, Mr. Hunt.
Should you or any member of your IM force be caught or killed, the Secretary will disavow all knowledge of your actions. This message will self-destruct in five seconds.”
「おはよう、ハント君。
君のミッションはいつものごとく、君もしくは君のメンバーが捕えられたり、殺されたりしても当局は一切関知しない。このメッセージは5秒後に自動的に消滅する」


♪タンタン、タンタンタンタン、タンタンタンタン、タンタンタンタン、タララ〜、タララ〜、タララ〜、タタン...
のお馴染みのメロディ。


この夏休み、気分転換に観始めたミッション・インポッシブルにどっぷりハマっています。
今までのシリーズは全部見たはずなのですが、部分的に覚えていてもストーリーは結構忘れていて、自分でもびっくりしました。
まあ、ストーリーはどれもかなり複雑で、二転三転どころか五転六転七転して予想を何度も裏切られるので、派手なアクションシーン以外はきっと頭に残っていないのでしょう。
観ていてハラハラドキドキで、観終るとぐたっと疲れるのですが、それでもやっぱり大好きです。
どこまでが特撮なのか実写なのか、本当にわかりません。
それとシリーズを順番に観ていると、トム・クルーズが初めは若くてスリムなのが、だんだん太って貫録が出てくるにもかかわらず、体力や動きが衰えないところに驚かされます。
面白いのは、初めの頃はパソコンも大型で処理に時間がかかっていたのが次第に小型化・高速化され、メディアもフロッピーディスクだったのが、次にSDメモリーカードに変わり、その後USBフラッシュメモリーに変わっている辺りも、時代の変遷を感じさせて面白いです。


pdc_missionimpossible4tower.jpg


で、昨日は私自身の Mission Impossible のチャレンジがありました。
今年の9月で満9年になる愛車のプリウスが今週初めにバッテリーが上がりエンジンがかからなくなりました。
あわてて、この30年間お世話になっている自動車屋さんのMさんにお電話して、ジャンプケーブルを持ってきていただいて難を逃れることができました。
Mさんによると、一度エンジンがかかりさえしたらあとは走っていたら充電されるので大丈夫とのことでしたが、一応念のためと思ってディーラーに状況を説明してバッテリーのことを尋ねると、エンジンをかけたりする補機バッテリーの寿命は通常4〜5年ということで、9年ももっているというのは聞いたことがない、すぐに新しいのに取り替えないと出先でいつまたかからなくなるかわからないですよ、と言われました。


そこでネットで検索すると、確かに寿命はそんなもので、4年に1回のバッテリー交換が勧められていました。ディーラーだと3〜4万ほどするけど、ネットで適合機種を買って自分で簡単に取り付けできるとあったので、試してみることにしました。
下の動画を見つけました。
確かに簡単そう。これだったら自分でもできる!



ところがいざ始めると、補機バッテリーのナットを緩めたり、ガス抜きのホースを抜いたりするのが思いのほか大変で、途中何度も携帯を手に取ってMさんに助けを求めようとしました。
しかし、ミッション・インポッシブルを思い出して、これぐらいできなきゃだめだと自分に言い聞かせて作業を続けました。
腰を屈めてやっているので持病の腰痛が出始め、少し涼しくなった夕方5時半に始めたものの、全身汗が噴き出て目にも入ってくる始末。また蚊よけのクリームを塗っておいたにもかかわらず、「敵」ならぬ蚊が執拗に顔を狙って攻撃をしかけてきます。


途中何度か娘の力も借りて、インポッシブル(不可能)と思えていた「任務を完了」!
Mission Accomplished!
作業が終わって、エンジンをかけてみたら無事かかりました。ネットでは30分ほどとあったのに、その3倍の1時間半かかりました。
でも、娘のお陰でバッテリーも上位機種で18,390円もするものが、Yahooのポイントを利用しなんと100円で買えて、大満足でした。
人生何事もそうですが、IMF(Impossible Mission Force)と同じで、ひとりではなくチームの力でやり遂げることが大切だとつくづく思い知らされました。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

ケセラセラ なるようになる!?