学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

昨日の出来事

2019.07.27日

アメリカから10日ほど来日中の Jeremiah Newton(エレミヤ・ニュートン)という青年に昨日会いました(英語の発音はジェラマイア)。
マスターズ大学で長男直人の妻恵利紗と出会い、その後同じ大学に通うことになった直人とも友達になって、今年の1月にFacebookフレンドになった人です。


Jeremiah からFacebookメッセンジャーで、7月に日本を訪れるので会いたいと言ってきました。
それからあっという間に半年経ち、今日本にいる、時間があったら24〜27日に平塚に行きたいけど、と都合を聞いてきたので昨日会うことになったのです。


待ち合わせ場所の平塚駅に約束時間に行ったところ背の高いハンサムな外国人がいたので、"Jeremiah?" と尋ねると、”Mr. Funada?" という返事。
お互いにニッコリ微笑んで二言みこと挨拶を交わし、駅ビル5階のレストランに昼食を取りに行きました。
ひと通りいろんなレストランを見て回り、彼の好みで天ぷらうどんをいただくことに決まりました。


注文してから料理が運ばれて来るまでの間、互いの自己紹介に始まり、話は途切れることがありません。今、日本語を勉強しているところだそうですが、まだほんの片言なので会話はすべて英語です。


「エレミア・ニュートンってすごい名前だね。
旧約聖書の預言者エレミヤと万有引力を発見した科学者ニュートン。
預言者と科学者、きみはどちらのほう?」
「そうですね...預言者ではないけど聖書を勉強しているので、両方かな?」
「ニュートンって、ひょっとしてアイザック・ニュートンとなにか関係があったりして...」
「じつはそうなんです」
「えっ、ホントに?」
「先祖がメイフラワー号でアメリカにやってきたのですが、そのルーツをたどっていくとアイザック・ニュートンにつながる可能性があります。とは言っても、アメリカにはニュートン姓の人はたくさんいるので、もちろんだれにもはっきりとはわかりませんが(笑)」


Jeremiah.jpeg


料理がやってくると、「おいしい!」と言ってエレミアくんはあっという間に平らげてしまいました。サラダを追加注文してまた食事を続けながら、お互いのバックグラウンド、家族のことなどについて話に花が咲きました。


彼の一番の興味を尋ねると「言語」という答えが戻ってきて、言語学者である私とうまが合い、またまた話が盛り上がりました。
大学でギリシャ語を学んで、その後ヘブライ語を勉強しているとき、言語の奥深さを知ったそうです。
日本語の、意味を表す漢字や音声を表す仮名文字もルーツをたどると、古代アッカド語(アッシリア・バビロニア語)とそっくりだと言います。
そして、エレミヤくんは自分のノートを広げてヘブライ語の旧字体であるパレオ文字で縦書きで書いた旧約聖書の一部を見せてヘブライ語で読み始めました。


IMG_5493.jpg


下の写真は、左がパレオとヘブライ語のアルファベット、右は古代アッカド語を彫った石板の写真で、エジプトの象形文字に似ています。


IMG_5494.jpg IMG_5511.jpg


ここから話が発展して、彼の知らなかった「日ユ同祖論 日英同祖論」を紹介して私たちはさらに熱くなりました。


Jeremiahくんは日本は今回で4度目だそうで、将来はアメリカで神学校の学びを終えたら日本か、あるいはアフリカでもどこへでも宣教師として行くつもりだと話してくれました。
そして来年また日本にやってきて、1年ぐらい東京近辺に住んで日本語を学びながら教会で奉仕したい、だからまた来年会おう、と言ってお別れしました。


昨日はまた、北海道に住んでいらっしゃるSBさんからメッセンジャーで次のようなメッセージが飛び込んできました。
「FBでの励まし感謝します。
本州は暑いでしょうね。お体いかがですか?
ところで、昨年手にとり、今年読んでいる ポール・デービッド・トリップさんの『互いに助け合うために』という本なんでが、訳者が 舟田恵利紗さんとあります。
舟田先生のご家族の方ですか?
本の内容が多くの気づきが与えられた事、そして、訳が素晴らしいです。自然な表現というのか、とても読みやすく心から感謝しました。
もし、ご家族の方でしたら、舟田先生に感謝をお伝えしたいと思いメールしました。
全て主に感謝します」


2年前に「遂に出版された!」に書いたように、直人の妻恵利紗が翻訳したもので、こんなところでも役立てられていることをとても嬉しく思いました。
その恵利紗と直人は1歳4か月の斗史希とともに、恵利紗のご両親三田先生ご夫妻と一緒にアメリカ東海岸のサポート教会をファーローで回っている真っ最中です。
2か月の長旅ということで、三田先生ご夫妻のタフさにはただただ驚かされます。
引き続き旅が祝福されますように。


長梅雨が明けたと思う間もなく、猛烈な暑さに見舞われて私はもうすでにグロッキー気味ですが、皆さんどうぞお身体ご自愛くださいね。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。