学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

持てる者が豊かではない

2019.06.08日
quote-1710.jpg


"Not he who has much is rich, but he who gives much."
--Erich Fromm - 1900-1980 - German Social Psychologist
「持てる者が豊かではない。与える者が豊かだ」
--エリッヒ・フロム、社会心理学者
(訳 舟田譲二)


私たちの「豊か」「金持ち」の定義はお金や財産などたくさん持っている人のことです。
確かに、大きな家に住み、別荘を持ち、高級車に乗り、大型クルーザーを持ち、海外旅行をし、美味しいものを食べ、贅沢している人は豊かです。豊かでない人にとって、これはまるで夢の世界です。


日産自動車のカルロス・ゴーン元CEOなど、この基準から言えばものすごい金持ちで豊かです。
まだ現段階では真実は明らかになってはいませんから断定的なことは言えませんが、これまでに報道されていることを見る限り、ん?とちょっと首を傾げざるを得ません。多くの人が今まで描いていたゴーン像が崩れつつあります。


マザー・テレサなどはこの正反対の人生を送りました。
自らは貧しい生活を送り、その中で貧しい人たちに寄り添い、さらに多くを与えていました。
さて、本当はどちらが豊かなのか、と言われればおそらくだれもがマザー・テレサだと答えることでしょう。


でも、持たない人は人に与えるものさえないではないか、と言う人もいるでしょう。
与えるものは必ずしもお金や物とは限りません。
自分にできることをする、それが本当の与えることです。


アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外にあるサドルバック教会はメガチャーチとして知られています。その敷地の広さは120エーカー(東京ドーム約10.5個分)で、まるで大学のようなのでキャンパスと呼ばれています。
教会の活動には、週に約22000人が参加し、囚人や、社長、中毒者(麻薬、アルコール)、シングルの親、HIV感染者など様々な人に対して奉仕をしています。4万2000人のホームレスの人々に「1日3食を40日間」の食料援助を行ったこともあるそうです。


聖書にも
「受けるよりは与える方が、さいわいである」(使徒20:35)
とあります。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。