学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

生きる力

2019.06.13日
1472005676450-the-greatest-good-you-can-do-for-another-is-not-just-share-your-riches-but-to-reveal.jpg


"The greatest good you can do for another is not just share your riches, but to reveal to him his own."
--Benjamin Disraeli  (1804 – 1881) British Statesman, Prime Minister, Novelist
「人にしてあげることができる最大の善は、たんに富を分け与えることではなく、その人が持っている富に気づかせてあげることだ」
--ベンジャミン・ディズレーリ、イギリスの政治家・首相・小説家
(訳 舟田譲二)


「人にしてあげることができる最大の善は富を分け与えること」と一般には考えられ、多額の寄付をする慈善家が世間の注目を集めます。
これはこれで素晴らしいことです。
富を独り占めして他人に一切分け与えないで贅沢な生活をしている人もいるのですから。


でも、ここでベンジャミン・ディズレーリが言っている「人が持っている富に気づかせてあげること」というのは、篤志家と同様に、あるいはそれ以上に偉大なことかもしれません。
というのは、多額の寄付や慈善行為ができる人というのは世界ではほんのわずかですが、人がもれなくみんな持っているその人独自の素晴らしさ(富)に気づかせてあげることは、だれにもできることだからです。


ちょうど、老子の格言『授人以魚 不如授人以漁』と似ているかもしれません。
「人に魚を与えると1日で食べてしまう。しかし人に釣りを教えれば生涯食べていくことができる」
という有名な話です。


人はみんな素晴らしい能力、無限の可能性を持ってこの世に生を受けていますが、多くの人はそれに気づいていません。
「自分は大した人間ではない」
「こんな程度の人間だ」
と、セルフイメージが低いため、自らの持てる可能性という「富」に気づかないまま、埋もれさせたまま一生を終える人がこの世の中の大半ではないでしょうか。


去る5月27日にNHKで放映されたドキュメンタリー『逆転人生「ヤクザから牧師へ 壮絶な転身 人生はやり直せる」』などは、そのいい例でしょう。


2016-04-12_151501.png


この中で紹介されている鈴木啓之さんは、かつては暴力団員で名うての博打うち。
多額の借金を背負い、死の淵まで追い詰められる。しかし裏切り続けた妻に救われ、生き方を180度変えた。今度は自分がより所のない人の支えになりたい。元受刑者などを受け入れ、再出発を応援するが、再犯者が出るなど厳しい現実に直面する。それでも「人生は必ずやり直せる」という。


自分の内にある無限の価値、「富」に気づくなら、人生の意味はまったく変わるのです。
それを気づかせてあげるというのは、「富」を与えること以上に、いや、それよりはるかに尊いのではないでしょうか。
それに気づいた鈴木啓之さんは、自分の人生をそのことのために捧げて、これまで数えきれないほどの人たちに「人生は必ずやり直せる」ということを教えておられます。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。