学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

Good はあきらめろ!

2019.06.17日
good-to-great.jpg


"Don't be afraid to give up the good to go for the great."
--John D Rockefeller (1839 - 1937) Oil industry Business Magnate, Industrialist, Philanthropist
「“Great”を目指すために“Good”をあきらめるのを恐れてはいけない」
--ジョン・ロックフェラー、石油王・実業家・慈善家
(訳 舟田譲二)


ロック・フェラーは、石油業界を変革し、現代的フィランソロピーの構造を定義し、ピーク時はアメリカの石油の90%をコントロールした人物。
亡くなった1937年時遺産は14億ドル(2015年の価値では23億ドル)にも上ぼり、国の経済の1.5%以上であった。(2013年換算では2530億ドルになる)物価の変動を考慮すると、史上最大の資産を持つ富豪とされている。


慈善活動の現代的かつ体系的アプローチの構築に引退後の40年間、資産の大部分を使った。医療・教育・科学研究促進などを目的とした財団を創設した。彼が創設した財団は医学研究を推進し、鉤虫症や黄熱病の根絶に貢献した。また、シカゴ大学とロックフェラー大学を創設し、フィリピンにセントラル・フィリピン大学(英語版)の創設資金を提供した。
(以上、Wikipedia より)


「フィランソロピー、(英: Philanthropy)とは、基本的な意味では、人類への愛にもとづいて、人々の“well being”(幸福、健康、QOL等)を改善することを目的とした、利他的活動や奉仕的活動、等々を指す。あるいは慈善的な目的を援助するために、時間、労力、金銭、物品などをささげる行為のことである。従来日本語では「慈善活動」「博愛」「人類愛」などとも呼んできた」(Wikipedia)


これらのことから、ジョン・ロックフェラーが単なる金儲け主義の石油成金でなかったことは明白です。
今日の彼の名言、
「“Great”を目指すために“Good”をあきらめるのを恐れてはいけない」
から私たちが学べることはなんでしょう。
「私たちもお金を儲けて慈善家になるべきだ」ということではありません。
おそらくロックフェラーも、その生涯において目の前に“Good”(良いこと)の選択肢には数え切れないほど遭遇したことでしょう。でも彼は、そこで容易に“Good”に妥協せず、つねに“Great”(素晴らしいこと)を目指して努力し続けたことでしょう。


私たちの身の周りで、仕事に限らず、さまざまな人間関係から仕事、勉学、スポーツなど、およそありとあらゆることに適応できる素晴らしい教えではないでしょうか。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

日々成長を地で行く人!

2019.06.16日
publiliussyrus2-2x.jpg


"Each day is the scholar of yesterday."
--Publilius Syrus
「日々成長」
--プブリウス・シルス(紀元前46〜29年頃)、古代ローマの喜劇作家
(訳 舟田譲二)


原文の
"Each day is the scholar of yesterday."
は英語特有の非常に訳しにくい表現です。
直訳すると、
「毎日が昨日の学者」
ですが、これでは意味がわかりません。


言いたいことは、
「私たちは日々、その前の日から何かを学んで成長すべき」
ということだと思います。
すなわち言い換えると「日々成長」です。


ちょうどこのようなとき、すごいエクサイティング(excitingの発音は「エキサイティング」ではありません)なニュースに出合いました。
まさに、今日の名言を日々実践して、結果を出している人です。


その名は「大谷翔平」!
エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)の敵地レイズ戦で日本人初となるメジャーでのサイクル安打を達成した。「3番・DH」でスタメン出場し、初回の第1打席で先制3ラン、第2打席で二塁打、第3打席で三塁打、第4打席で中前打を放ち、偉業を成し遂げた。米メデイアも続々と速報している。
(Full-Countより)


名前の Shohei (英語の発音では「ショウヘイ」)をかけて、アメリカの新聞等では
"It's SHOWTIME" (ショウタイム)
と報じています。
その名場面の動画です。最後に大谷選手の日本語通訳付きのインタビューもあります。



去年の8月に「大谷翔平はベーブ・ルースを超えられるか」、そして11月には「前代未聞の三刀流」という記事を書き、私は「大谷翔平はベーブ・ルースを超える」と予言していましたが、一歩一歩その日が近づいてきています。


「毎日毎日『この方がいいな』と思って取り組んでいる」
という大谷翔平の言葉が、
「日々成長」
という紀元前1世紀の古代ローマの喜劇作家プブリウス・シルスの言葉と重なります。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

試練はプレゼント

2019.06.15日
CvtfUZeWEAASusv.jpg


"Challenges are gifts that force us to search for a new center of gravity. Don't fight them. Just find a new way to stand."
--Oprah Winfrey   (1954 - ) Media Executive, Actress, Talk Show Host, Television Producer, Philanthropist
「試練は、新しい重心を探させてくれるプレゼントのようなもの。試練に抵抗してはだめ。新しい立ち位置を探せばいい」
--オプラ・ウィンフリー、メディアエグゼクティブ・女優・トークショー司会者、テレビプロデューサー・慈善家
(訳 舟田譲二)


オプラ・ウィンフリーについては、これまで10回以上このブログで取り上げています。
彼女のプロフィールは上に書いたとおりで、とても立派なのですが、その履歴を見ればだれでもびっくりします。
オプラは未婚のティンエイジャーのカップルの間に生まれ、子ども時代を祖母・父親・母親の元を転々として育ちました。
彼女の血筋は89%がブラックアフリカ人、8%がアメリカインディアン、3%が東アジア人の系統といいます。
9歳の時に親戚に強姦されるなどの性的虐待を経験していて、決して恵まれた環境の下に生まれ、育っているわけではありません。


しかし、これらの試練や逆境に対して、その後アメリカで最も高い評価と人気を得るトーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」の司会者になり、この番組で彼女はエミー賞を受賞しています。
女優としてもアカデミー賞にノミネートされた経験を持つ演技派。
アフリカ系アメリカ人の中では一番の億万長者で、世界唯一の黒人ビリオネア(10億ドル以上の資産家)でもあり、『最も影響力を持つ女性』として名前を挙げられます。
これまでに250億円とも推定される寄付をしてきています。


彼女は見事に、「試練は、新しい重心を探させてくれるプレゼントのようなもの。試練に抵抗してはだめ。新しい立ち位置を探せばいい」を体現した人です。
だれの人生にも試練は不可避です。
試練が問題ではなく、試練にどう対処するか、これこそが一番大切なことです。
オプラが言うように、試練そのものをプレゼントと考えると、私たちの生き方は180度変わってきます。
試練の中で、重心の置き所、立ち位置を今一度点検してみてはどうでしょう?


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

喜びと悲しみ

2019.06.14日
shared-joy-is-a-double-joy-shared-sorrow-is-half-a-sorrow-14.jpg


"Shared joy is a double joy, shared sorrow is half a sorrow."
--Swedish proverb
「喜びは分かち合うと倍になり、悲しみは分かち合うと半分になる」
--スウェーデンの諺
(訳 舟田譲二)


じつはこのテーマ、調べたところこれまでこのブログに4度書いていました。
それぐらいこの考え方が好きで、私の信念とも言えます。
そして普段の生活の中で実践しています。
スウェーデンの諺とは知りませんでしたが、きっとどこでも同じような考え方があるのだと思います。


皆さんもこのような経験がありませんか?
嬉しいときにはみんな家族や友達などに話しますよね。
そしてみんなに喜んでもらうとなお一層幸せな気持ちになります。
さらに聞いた人も一緒に幸せな気持ちになりますよね。いわば幸せのお裾分けです。


それではぎゃくに悲しいことや辛いことがある場合は?
これもやはり私たちは人に話します。
話すと心が軽くなります。
自分ひとりだけで悩みごとを抱えていると、どんどん気が重くなり、ひどい場合は、病気にさえなります。


じゃ、人の悩みや辛い話を聞いた人はどうでしょう?
人の悲しみや辛い話を聞くことによって、その人と心を一緒にすることができ、人助けになるだけでなく、自分自身のためにもなります。
これは、sympathy(同情)と empathy(共感)によって自分自身の心を情緒豊かにすることができます。
心を柔らかにすることは若さを保つ秘訣にもなります。お年寄りで顔や声の表情が豊かな人は若々しいですが、顔などの表情がこわばっている人は年齢以上に老けているように見えます。
テレビでドラマを観ていても同情と共感力をつけることができます。(「再びsympathy(同情)と empathy(共感)について」


ということで今日の名言、
「喜びは分かち合うと倍になり、悲しみは分かち合うと半分になる」
はただ単に真理であるだけでなく、周囲の人のみならず自分自身のためにもいいので、おススメです。


「喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい」
(ローマ人への手紙12:15)


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

生きる力

2019.06.13日
1472005676450-the-greatest-good-you-can-do-for-another-is-not-just-share-your-riches-but-to-reveal.jpg


"The greatest good you can do for another is not just share your riches, but to reveal to him his own."
--Benjamin Disraeli  (1804 – 1881) British Statesman, Prime Minister, Novelist
「人にしてあげることができる最大の善は、たんに富を分け与えることではなく、その人が持っている富に気づかせてあげることだ」
--ベンジャミン・ディズレーリ、イギリスの政治家・首相・小説家
(訳 舟田譲二)


「人にしてあげることができる最大の善は富を分け与えること」と一般には考えられ、多額の寄付をする慈善家が世間の注目を集めます。
これはこれで素晴らしいことです。
富を独り占めして他人に一切分け与えないで贅沢な生活をしている人もいるのですから。


でも、ここでベンジャミン・ディズレーリが言っている「人が持っている富に気づかせてあげること」というのは、篤志家と同様に、あるいはそれ以上に偉大なことかもしれません。
というのは、多額の寄付や慈善行為ができる人というのは世界ではほんのわずかですが、人がもれなくみんな持っているその人独自の素晴らしさ(富)に気づかせてあげることは、だれにもできることだからです。


ちょうど、老子の格言『授人以魚 不如授人以漁』と似ているかもしれません。
「人に魚を与えると1日で食べてしまう。しかし人に釣りを教えれば生涯食べていくことができる」
という有名な話です。


人はみんな素晴らしい能力、無限の可能性を持ってこの世に生を受けていますが、多くの人はそれに気づいていません。
「自分は大した人間ではない」
「こんな程度の人間だ」
と、セルフイメージが低いため、自らの持てる可能性という「富」に気づかないまま、埋もれさせたまま一生を終える人がこの世の中の大半ではないでしょうか。


去る5月27日にNHKで放映されたドキュメンタリー『逆転人生「ヤクザから牧師へ 壮絶な転身 人生はやり直せる」』などは、そのいい例でしょう。


2016-04-12_151501.png


この中で紹介されている鈴木啓之さんは、かつては暴力団員で名うての博打うち。
多額の借金を背負い、死の淵まで追い詰められる。しかし裏切り続けた妻に救われ、生き方を180度変えた。今度は自分がより所のない人の支えになりたい。元受刑者などを受け入れ、再出発を応援するが、再犯者が出るなど厳しい現実に直面する。それでも「人生は必ずやり直せる」という。


自分の内にある無限の価値、「富」に気づくなら、人生の意味はまったく変わるのです。
それを気づかせてあげるというのは、「富」を与えること以上に、いや、それよりはるかに尊いのではないでしょうか。
それに気づいた鈴木啓之さんは、自分の人生をそのことのために捧げて、これまで数えきれないほどの人たちに「人生は必ずやり直せる」ということを教えておられます。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

幸福になる秘訣

2019.06.12日
quote-happiness-mahatma-gandhi-happiness-is-when-what-you-think-what-you-say-and-what-you-do-are-in-harmony.jpg


"Happiness is when what you think, what you say, and what you do are in harmony."
--Mahatma Gandhi - 1869-1948 - Indian Activist
「幸福とは、考えていることと、言っていること、そしてしていることが調和しているときに訪れるもの」
--マハトマ・ガンディ
(訳 舟田譲二)


マハトマ・ガンディの言葉は、このブログでも何度も取あげてきていますが、今日の言葉はすごくビンビンきます。まことに至言です。


言い換えると、「考えていることと、言っていることと、していることが調和していない」なら、幸福になれるわけありません。
心の中で悪いことを考え、悪態をつき、人に迷惑をかけるようなことをする人が幸福にはなれません。


私は常々、このガンディの言葉を実践するよう意識しています。
もし、万が一、調和していないことがあったりしたら、たちまち精神的に不安定になり、不幸な状態になります。それがわかります。
ですから、そのようなときは、すぐに軌道修正するようにします。
そして、思考と言葉と行動が一致できるようになると、すぐに幸せな気持ちになります。


もちろん生身を持った人間ですから、人の言うことや行動で傷ついたり、不快になることもあります。でも、それを引きずらないようすぐに思考を変え、「感謝します」「ありがとうございます」と独り言を言ったり、祈ったりし、そして忘れるよう努めてあたかもそのような不快なことがなかったかのような行動を取るようにします。
すると、「あら、不思議」!
本当に幸せな気持ちに包まれます。


ぜひお試しください。
すごい効果に驚きますよ。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

成功とは偶然のものではない

2019.06.11日
motivational-quotes-female-athletes-motivational-quotes-for-athletes-by-athletes-motivational-quotes-female-athletes.jpeg


"Success is no accident. It is hard work, perseverance, learning, studying, sacrifice and most of all, love of what you are doing or learning to do."
--Pele 1940 -  
「成功とは偶然のものではない。厳しい練習と、忍耐、学習、研究、犠牲などが伴う。しかし何よりも大切なのは、自分がしていることあるいは学んでいることに惚れ込むことだ」
--ペレ、元サッカー選手
(訳 舟田譲二)


昨日の記事、「ひたすら前進し続ける」では競泳界の王者、マイケル・フェルプスをご紹介しましたが、今日は「サッカーの王様」ペレです。


ブラジルの元サッカー選手ペレは、15歳でデビューしてからブラジル代表のエースとして3度のFIFAワールドカップ優勝するなど、1977年に引退するまでの22年間で通算1363試合に出場して1281得点を記録し、サッカー史上最高の選手の一人に数えられています。


靴磨きの仕事で家計を助けたりして、サッカー選手とはまったく無縁の人生を送っていましたが、父親からサッカーを学び、サッカーに惚れ込んだひとりの少年はやがてサッカーの王様に変身します。しかし、決して簡単なことではありませんでした。
1956年にサントスに入団したときには、体重が60kgに満たないきゃしゃな体つきであったこともあってすぐにトップチームでプレーすることはできませんでした。


「成功とは偶然のものではない。厳しい練習と、忍耐、学習、研究、犠牲などが伴う。しかし何よりも大切なのは、自分がしていることあるいは学んでいることに惚れ込むことだ」
と語っているように、彼は何よりもサッカーに惚れ込んでいました。


mindset.jpeg


「成功」とは海面の上に出ている氷山のようなもので、その下には「粘り強さ」「失敗」「犠牲」「失望」「良い習慣づけ」「努力」「コミットメント」など、目に見えない膨大な部分が隠れているのです。
これらを耐え忍び、貫徹する人のみが成功します。


しかし、ただ歯を食いしばって苦しみながら耐えるのではなく、ペレも言っているように何よりも大切なのは、やっていることに惚れ込むことです。
これさえあれば、どんな苦しいことにも耐えられますし、やがて必ず日の目を見て成功を収めることができます。


「成功」は必ずしも、大会社の社長や、学者、政治家、スポーツ選手、芸術家、俳優、優秀な学生などのような派手なものである必要はありません。
人目につかないごく平凡なひとりの父親・母親として、夫・妻としての成功もあり、ひとりの人間として幸せで有意義な、悔いのない人生を送ること、これも立派な「成功」です。
でも、その成功を収めるためにも、同様に海面下の粘り強さや失敗、犠牲、失望、良い習慣づけ、努力、コミットメントなどが欠かせません。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

ひたすら前進し続ける

2019.06.10日
quote-there-will-be-obstacles-there-will-be-doubters-there-will-be-mistakes-but-with-hard-michael-phelps-79-86-54.jpg


"There will be obstacles. There will be doubters. There will be mistakes. But with hard work, there are no limits."
--Michael Phelps  (1985 - )  American Retired Competitive Swimmer 
「障害はあるだろう。できないと言う人もいるだろう。失敗もあるだろう。しかし、力の限り尽くして努力するなら限界はない」
--マイケル・フェルプス、元競泳選手
(訳 舟田譲二)


オリンピックおよび世界水泳選手権の金メダリストであるマイケル・フェルプスは、「水の超人」と呼ばれたあのイアン・ソープ(オーストラリア)を超えて、世界の頂点に昇りつめた「水の怪物」「ボルチモアの弾丸」「トビウオ」「史上最強のスイマー」「最も偉大なオリンピック選手」といわれています。
一大会で複数の種目を制する体力を活かして、オリンピックメダルの通算獲得数28個、金メダルの通算獲得数23個という歴代1位。世界選手権では通算33個のメダルで、うち26個が金メダル。


広げると193cmの身長よりはるかに長い腕、大きな足そして非常に柔らかい関節は、一掻きで大量の水を掻くことができるので、大きな推進力を生み出し、ほかのだれも追随できません。
こんな怪物ですら、「障害はあるだろう。できないと言う人もいるだろう。失敗もあるだろう」と言っているように、このようなことはすべて経験してきているのです。
ましてや「我々においておや」です。
私など、自慢じゃないですがまさに「障害」「不可能」「失敗」のプロのような者です(笑)。


このような私にとって、
「障害はあるだろう。できないと言う人もいるだろう。失敗もあるだろう。しかし、力の限り尽くして努力するなら限界はない」
というフェルプスの言葉は、本当に大きな励まし、慰め、癒し、救いです。


皆さんはいかがですか?
なにか問題にぶち当たっている人はいませんか?
困難を覚えている人、苦しみや、悲しみ、不安を抱えている人はいませんか?
私も幸せそうな顔していながらやはり抱えています。
だれの人生にもこのようなものはつきものです。
でも、だからと言って悲壮な顔をしていたら、ますます暗くなり、最後にはお先真っ暗になります。
「力の限り尽くして努力するなら限界はない」という言葉を信じて、ひたすら前進し続けようではありませんか。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

小さな親切

2019.06.09日
aesop2-2x.jpg


"No act of kindness, no matter how small, is ever wasted."
--Aesop
「たとえどんなに小さな親切でも無駄になることは決してない」
--イソップ物語
(訳 舟田譲二)


中学2年生のとき、社会科(歴史)を教えていた粟津先生が授業中、エスペラント語のことを話してくれました。
エスペラント語というのは、ポーランドの眼科医ザメンホフが世界中でみんなが共通語で話し合えたら、もっとお互いの理解が進み、平和になるだろうと考えて作った人工語です。
エスペラント語に興味ある人には放課後教えてあげる、と言ったので英語が好きだった私は友達を2〜3人誘って早速先生のもとを訪ねました。


ラテン語を基本にしているのですが、とても簡単であっという間に話せるようになりました。
そして『イワンのばか』というエスペラント語で書かれた短編小説が読めるまでになりました。
ちょうどその年、私の住んでいた京都で国際エスペラント語大会が開かれるということで、世界中から大勢のエスペランティスト(エスペラント語使用者)が集まりました。
粟津先生と一緒に二条城に行って、外国から来た人の通訳を片言のエスペラント語ですることができました。


大学時代には、学友を誘って今度は私がエスペラント語を教えました。
このことがきっかけで、私はその後言語学に興味を持つようになり、大学卒業後はアメリカに留学し2つの大学院で言語学を学ぶことになったのです。
学んでから55年経った今でもエスペラント語は覚えていて、本も読めます。
卒業して帰国し、京都の仁和寺前で文房具屋さんを営んでおられた年老いた恩師を訪ねてエスペラント語を教えてくださったお礼を言ったところ、よく覚えていてとても喜んでくださいました。


イソップ物語の中に「アリとハト」というのがあります。



困っている人に親切にするといつか巡り巡って自分のところに返ってくる、ということを教えている寓話です。


留学当時知り合ったアメリカ人の方から数日前、思いがけずフェイスブックで友達リクエストがきました。
とても親しくなり、家族ぐるみのお付き合いをして、食事やパーティによばれたり、何度も旅行に連れてもらったりしました。
クリスチャンになるきっかけになったのもこの友人、デニスのお陰です。また、貧乏留学生時代、毎月献金して支えてくださいました。
彼からのメールには次のようにありました。
「君のことを何十回もいろんなところで話してきた。あれからもう40年も経つ。息子は45歳でふたりの男の子が、娘は40歳で3人の女の子がいる。自分は今も教会で活動している...」
と長い近況を知らせてきてくれ、私も近況を知らせて昔の友情が復活しました。


デニスは当時、大きな家に住んでキャデラックに乗っていて、私から見るとまるでお父さんのような存在で、彼のことを「ビッグダディ」(パパ)と呼んでいたのですが、なんと私とたった2歳違いでした。
留学中の私の長男と住んでいるところがそう遠くなく、息子の卒業式のときにぜひ再会しようと言ってきました。
いろんなところでいろんなつながりがあり、それが今も生きていることがとても嬉しくなりました。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

持てる者が豊かではない

2019.06.08日
quote-1710.jpg


"Not he who has much is rich, but he who gives much."
--Erich Fromm - 1900-1980 - German Social Psychologist
「持てる者が豊かではない。与える者が豊かだ」
--エリッヒ・フロム、社会心理学者
(訳 舟田譲二)


私たちの「豊か」「金持ち」の定義はお金や財産などたくさん持っている人のことです。
確かに、大きな家に住み、別荘を持ち、高級車に乗り、大型クルーザーを持ち、海外旅行をし、美味しいものを食べ、贅沢している人は豊かです。豊かでない人にとって、これはまるで夢の世界です。


日産自動車のカルロス・ゴーン元CEOなど、この基準から言えばものすごい金持ちで豊かです。
まだ現段階では真実は明らかになってはいませんから断定的なことは言えませんが、これまでに報道されていることを見る限り、ん?とちょっと首を傾げざるを得ません。多くの人が今まで描いていたゴーン像が崩れつつあります。


マザー・テレサなどはこの正反対の人生を送りました。
自らは貧しい生活を送り、その中で貧しい人たちに寄り添い、さらに多くを与えていました。
さて、本当はどちらが豊かなのか、と言われればおそらくだれもがマザー・テレサだと答えることでしょう。


でも、持たない人は人に与えるものさえないではないか、と言う人もいるでしょう。
与えるものは必ずしもお金や物とは限りません。
自分にできることをする、それが本当の与えることです。


アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外にあるサドルバック教会はメガチャーチとして知られています。その敷地の広さは120エーカー(東京ドーム約10.5個分)で、まるで大学のようなのでキャンパスと呼ばれています。
教会の活動には、週に約22000人が参加し、囚人や、社長、中毒者(麻薬、アルコール)、シングルの親、HIV感染者など様々な人に対して奉仕をしています。4万2000人のホームレスの人々に「1日3食を40日間」の食料援助を行ったこともあるそうです。


聖書にも
「受けるよりは与える方が、さいわいである」(使徒20:35)
とあります。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

勉強の意味は?

2019.06.07日
quote-1709.jpg


"An investment in knowledge pays the best interest."
--Benjamin Franklin - 1706-1790 - Founding Father of the United States
「知識に投資すると最高の利子を受け取れる」
--ベンジャミン・フランクリン
(訳 舟田譲二)


「知識に投資する」とは、学ぶことです。
「知識」とは単なる「暗記」ではありません。
小学生や中高校生の得意技(?)は、試験前の詰め込み暗記です。
暗記でとりあえず得点はできます。
でも暗記だけで終わったら、試験が終わるとすぐに忘れてしまい将来役立たないばかりか、受験のときにもう一度暗記しなおさなければなりません。多くの人がこのような勉強法をしています。
これはじつに効率の悪い勉強法です。


勉強に暗記することは不可欠です。ものごとを最初は暗記しなければなにも進みません。
でも暗記した後、それを知識に定着させることが不可欠です。
そのためには繰り返しが必要です。
テストで得点できない人は、繰り返しをしていないため定着していないからです。
日本人だったらだれもが覚えのある「掛け算の九九」などその典型です。
「九九」の覚え方のコツは繰り返しです。


永遠に続く円周率記憶でギネス記録を持つ原口 證(あきら)さんは、なんと10万桁覚えています。
暗唱するだけで16時間30分もかかったそうです。
ただ数字を羅列して覚えているのではなく、音でストーリーを作って覚えています。たとえば、
0 - お、ら、り、る、れ、ろ、おん、おー
1 - あ、い、う、え、ひ、び、ぴ、あん、あー、びゃ、ひゃん、びゃ、びゃん
のようにです。
これは、自分で覚えやすいように作ればいいのです。


私は大学生のとき、恩師の金田一春彦教授(金田一京助の息子で、金田一秀穂さんの父)から学んだのをいまだに覚えています。
私の覚えた方法は下の語呂合わせです。
産医師異国に婿さ、子は苦なく身ふさわし、(20桁)
これをアメリカ留学中、クラスで円周率のことが話題になったとき、前に出て黒板に書いて披露したところ天才だと思われてしまいました(笑)。
英語でも英単語の文字数で覚える方法などがあります。
How I want a drink, alcoholic of course, after the heavy lectures involving quantum mechanics! (15桁)


「円周率を覚えて何の役に立つの?」と尋ねられたら、正直覚えること自体に意味はありません。でも、頭の体操になります。
世界で一番長い英単語は音と各文節の意味で覚えてしまいました。
pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis (塵肺症)
(ニューモノウアルトラマイクロスコピックスィリコウヴォルケノウコロニオウスィス)
pneumono(肺)ultra(超)microscopic(微視的な)silico(ケイ素の)volcano(火山の)coni(塵)osis(病気)
世界で一番長い地名は英国ウェールズ地方にある村の名前
Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch
(ランヴァイアプウルグウィンギルゴウゲラッフワーンドロウブウルランティスィリオウゴウゴウゴウッフ)
覚えても意味ありませんが、頭の訓練で、勉強の仕方の基本である繰り返しの良い例です。


「知識に投資すると最高の利子を受け取れる」
というベンジャミン・フランクリンの今日の名言ですが、勉強しているときは何の役に立つのかわからないことでも、将来なんらかの形で利子となって戻ってくることになるというわけです。
知識を増やすと悩みも増えますが、同時にさまざまな悩みに対する答えもその知識の中から見出すこともできるようになります。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

楽しみながら働く

2019.06.06日
unknown1%20%281%29.jpg


"Choose a job you enjoy, and you will never have to work a day in your life."
--Unknown
「自分が楽しめるような仕事を選びなさい。そうすれば一生の間一日たりとも働かなくてよくなります」
--作者不詳


NHKの朝ドラ『なつぞら』がずっと高視聴率を続けています。
配役がとてもよく、一人ひとりの俳優が素晴らしい演技をしていますし、演出も抜群です。
1回ごとにいろいろ教えられることがたくさんあります。とてもいい番組です。
8週目からは、主人公の奥原なつが念願かなってアニメーターになるべく東洋動画に就職します。
なつは北海道では柴田牧場でも楽しみながら一生懸命働いていましたし、東京に出てきてからは新宿の川村屋で皿洗いも一切手抜きすることなく真面目に丁寧な仕事をしていました。
でも、なつが本当にやりたいことは漫画映画制作をすることでした。
一度就職試験で落ちましたが、どうしても夢をあきらめることができず、再チャレンジして仕上課でセル画に色を塗る仕事に就きます。
隣りの席で仕事をしている6か月先輩の桃代からいろいろ教えてもらいながら仕事をします。


natuzora.jpg


単純作業なのですが、なつはこれも一生懸命。桃代はそんななつを見て驚きます。
桃代は自分の仕事はただ生活のためにしているだけで、仕事が楽しいなんて考えてみたこともなかったのです。


楽しめる仕事に就くことが成功する秘訣です。
でも大半の人は、とくに好きでもないけれども生活のために仕事をしています。
ただ生活のために、お金のために働いている人は目が死んでいます。
でも楽しみながら仕事をしている人は目が輝いています。


冒頭の言葉に、
「自分が楽しめるような仕事を選びなさい。そうすれば一生の間一日たりとも働かなくてよくなります」
とありますが、私たち日本人にすれば「仕事をする」=「働く」ことで、ちょっと矛盾しているように感じるかもしれません。
ここで使われている言葉は "work" ですが、言い換えると "labor" 「労働」といった感じです。


"labor" は苦しみを伴う仕事で、女性の出産のときにも「陣痛」という意味で使われる言葉です。
同じ仕事をするなら苦しみながら労働するより、楽しみながら生き生きと働きたいものです。


でも、今就いている仕事がたとえ楽しくなくても、思考を変えることによって楽しくなることもあります。
皆さんはいかがですか? 楽しみながら働いていますか?
単純な作業や、家事や育児などでも楽しみながらやれば疲れも吹っ飛んでしまいます。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

道は開かれる

2019.06.05日
quote-1705.jpg


"You have the power within you to rise above whatever is currently seeking to bring you down."
--Unknown
「現在、あなたを下に引き下げようとしているものがあるなら、それが何であろうとも、あなたにはそれを乗り越える力がある」
--作者不詳
(訳 舟田譲二)


今、あなたの人生において何か直面している問題がありますか?
というか、ない人なんているのでしょうか?
私たちはこの世に生きる限り、絶えず何らかの問題にぶつかっていて、悩んだり苦しんだり、辛い思いをします。


もし万が一、「そのようなものはなんにもない」という方がいらっしゃったり、おめでとうございます。あなたは「万が一」、すなわち1万人にひとり、いや100万人か、1000万人かわかりませんが、その中の非常に貴重なひとりです。
あるいは、現実には問題があるけれども、それを問題と感じない積極思考を持っていて、肯定的な生き方を選択しているのでしょう。そしてそれは、さらに素晴らしいことです。


でも、たいがいの人は何か問題があることと思います。
しかし「問題があること自体が問題」なのではありません。なぜなら、冒頭でも言いましたように問題があるのはごくごく当然のことだからです。
ひょっとしたらそれは現在の問題ではないとしても、将来に対する不安かもしれません。


このような問題に私たちは圧倒されて、時に押しつぶされそうになったりすることもあります。
抑うつ状態になっていたり、欲求不満のはけ口をどこかに求めている人もいるかもしれません。


しかし「作者不詳」で、どなたが言われたのかわかりませんが、今日の名言のように、
「現在、あなたを下に引き下げようとしているものがあるなら、それが何であろうとも、あなたにはそれを乗り越える力がある」
ものです。


なぜ、そう断言できるのか。
それは、私たちはみんな、おそらくだれでもこれまでの人生で一度や二度ならず、そのような体験をしているからです。
あるいは、周りの人たちを見てください。必ずそのような人が何人もいるはずです。
私自身、これまで数えきれないほどそのような体験をしてきましたが、不思議なようにしてその都度不思議なようにして、考えもしなかったところで道が開かれ、危機を脱出できました。
そして、今直面している問題も、その経験則から必ず道が開かれ、乗り越えることができると確信しています。


いや、自分には一度もそのような体験がないと言う人がいたら、心配しなくても大丈夫です。
今まさに、あなたはそれを体験しようとしているのです。
乗り越えられるまで耐え忍んでください。
「道は開かれます」


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

貧しさと豊かさと貪欲

2019.06.04日
29-Most-Inspirational-Wealth-And-Money-Quotes-Of-All-Time.jpg


"It is not the man who has too little, but the man who craves more, that is poor."
--Seneca 4BC-AD65 - Roman Philosopher
「貧しい人とは持たない人ではなく、さらに欲しがる人のことだ」
--セネカ、紀元前4年〜紀元65年 古代ローマ哲学者
(訳 舟田譲二)


現代のような豊かな時代でなく、今から約2000年も前の時代に生きていた古代ローマの哲学者が上のようなことを言っているというのは驚きです。
というか、人というものはきっといつの時代も本質的に変わらないということの証拠でなのしょう。
人は貧しい、あるいは豊かであるにかかわらず、つねにもっと欲しがるものです。
欲望には際限がありません。
持てば持つほどさらに欲しがるものです。


しかし、欲望そのものが悪なのではありません。
人に限らず地球上のすべての生きとし生けるものは、欲望を持って生まれてきます。
たとえ小さな蟻や、池などに住む体長2〜3ミリのミジンコのようなプランクトンでも、生きるために必死で餌を探して食べています。



小太りのミジンコちゃんが忙しそうにお食事している様子


でも、人間の場合、単に生きるためというよりも、ちょっとやっかいな地位や名誉や財産、快楽、贅沢などといったことのためにとめどなく求めます。
これらは生きていくために絶対必要というものではなく、むしろ邪魔にすらなり得るものです。
飽くなき欲望は危険ですらあります。ときにその目的達成のために嘘をついたり、人を騙したり殺したりしてでも金銭や物を奪おうとします。
人間と動物が決定的に異なる点はここにあります。


幸せな生き方というのは、与えられているものに満足すること、それと同時に向上を目指すことで、このふたつは決して相矛盾するものではありません。


「人が誘惑に陥るのは、それぞれ、欲に引かれ、さそわれるからである。
欲がはらんで罪を生み、罪が熟して死を生み出す」
(ヤコブの手紙 1:14, 15)


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

望むことはできると信じなさい

2019.06.03日
Abraham-Lincoln-Quote-Determine-that-the-thing-can-find-the-way-20140716.jpg


"Determine that the thing can and shall be done, and then we shall find the way."
--Abraham Lincoln  (1809 - 1865)
「望むことはできるし叶えられると信じなさい。方法はあとから見つかる」
--エイブラハム・リンカン
(訳 舟田譲二)


エイブラハム・リンカンの名前を知らない人はいないでしょう。
第16代アメリカ合衆国大統領で、「歴代アメリカ合衆国大統領ランキング」において、しばしば「もっとも偉大な大統領」の1人に挙げられます。
「人民の人民による人民のための政治」で知られるゲティスバーグ演説でも有名です。


歴代の大統領の中でもこんなすごい大統領はまずいませんが、その経歴を知る人はあまりいません。


19世紀初頭の1809年、山の中の粗末な丸太小屋の中で生まれました。
両親は無学な開拓農民であり、リンカーンが7歳のとき一家は貧困と奴隷制度のために、自由州(奴隷のいない州)であるインディアナ州へ転居
9歳 母が34歳で病気のため他界
19歳 母の死後、エイブラハムの世話をしていた姉が死産で他界
22歳 失業
23歳 州議会議員に落選
25歳 事業に失敗
26歳 恋人と死別
27歳 神経の病を発病
31歳 事業に失敗
32歳 州議会議員選挙に落選
34歳 再度事業に失敗
34歳から下院議員選挙を3回連続で落選
43歳から5年間に3回、下院議員選挙に落選
47歳 副大統領選で落選
49歳 上院議員選挙に落選
55歳 上院議員選挙に落選
56歳 副大統領選で敗北
58歳 上院議員選挙に再び落選


そして、パンパカパーン!
60歳にして第16代アメリカ合衆国大統領に就任!


もうすごいとしか言いようのない見事な経歴。まるで映画を観ているようです。
私だったらとっくの昔に人生そのものをあきらめていたことでしょう。


なぜここまで耐えられたのか。
その秘訣は彼が語った冒頭の言葉にあります。
「望むことはできるし叶えられると信じなさい。方法はあとから見つかる」


「信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである」
(ヘブル人への手紙 11:1)
と聖書にもあるとおりです。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

結果を出すことがすべて!?

2019.06.02日
Quotation-Jack-Dixon-If-you-focus-on-results-you-will-never-change-If-53-17-80.jpg


"If you focus on results, you will never change. If you focus on change, you will get results."
―Jack Dixon - Welsh Rugby Union Player
「結果にこだわっていると決して変われない。変化にこだわっていると結果にたどり着く」
―ジャック・ディクソン、ウェールズ・ラグビーユニオン選手
(訳 舟田譲二)


結果にこだわる人がとても多いように思います。
この世は「結果を出すことがすべて」という風潮があります。
子どもは学校で、スポーツやブラスバンドなどの部活で競い合い、結果を出そうとします。そして、毎回のテストで、最終的には入試で結果を出すことが求められます。
社会に出るとさらに拍車がかかります。会社や研究などの場でも、みんな結果を出すために競い合います。
世界全体がそうです。
ある意味、弱肉強食の世界です。


みんなこれが当たり前だと思っています。これが正しいと思っています。
しかし、気をつけなければいけないことがあります。
5月28日に川崎で起こった児童らの殺傷事件は、社会に抹殺された(と自分で思っている)人によって引き起こされた、いわば社会に対するリベンジ(復讐)のようなものです。
あまりにも結果にこだわるあまり、勝ち組と負け組に分かれてしまい、結果を出せない人はこの世の落伍者、脱落者になってしまうのです。


本当は勝ち組と負け組でなく、みんなが互いに思いやり、助け合い、補い合うような関係になれば、決して復讐劇など起こらないのではないでしょうか。


「結果を出すことがすべて」という考え方をしていると、望む結果が手に入らないと落ち込んだり、自暴自棄に陥ったりします。
結果にこだわっていると人は変われません。でも、結果よりも変化にこだわるならば、結果は自然とついてくるものです。
皆さんもそのような経験がありませんか?


受験において成功することはもちろん大切です。でも、成功する人と成功しない人が必ず生まれます。失敗した人は落伍者でしょうか。
受験で失敗した人の中には、まるで人生の終わりみたいに落ち込んでしまう人がいます。
お受験の国、韓国では10代の死因で一番多いのは自殺で、その理由のトップが成績不良や受験の失敗です。小学生でさえ成績不振のために自殺する子がいるそうですが、これは明らかに行き過ぎです。


結果を得るために本当に大切なのは過程、すなわち自分が変化することです。
変化を通して悔いのない過程を送っていたなら、たとえ結果が出せなくてもそれを素直に受け入れることができ、さらにその結果を生かして、次の成功につなげることができます。


ウェールズのラグビー選手、ジャック・ディクソンが言っている言葉は真理です。
「結果にこだわっていると決して変われない。変化にこだわっていると結果にたどり着く」


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

愛だけが愛を呼び覚ます

2019.06.01日
love-alone-could-waken-love.jpg


"Love alone could waken love."
--Pearl S. Buck 1892 - 1973, Writer and Novelist
「愛だけが愛を呼び覚ます」
--パール・バック、作家・小説家


パール・バックといえば言わずと知れたあの感動の名作『大地』の著者。
ウェスト・バージニア州で生まれ、生後3ヶ月で宣教師である両親とともに中国江蘇省の鎮江に渡り、英語と中国語の両言語を話すバイリンガルとして育ちました。
「生まれと祖先に関しては私は米国人だが、同情と感覚において私は中国人だ」と本人はのちに語っています。


幼いころは自分は中国人だと信じて育ったバックでしたが、1911年、大学教育を受けるためにアメリカに帰国してランドルフ・メイコン女子大学に入学しました。1914年に卒業後、母の病気の知らせを受けて今度は自ら宣教師として中国へ戻ります。
1917年、南京大学で教鞭を執っていた農業経済学者兼宣教師のジョン・ロッシング・バックと結婚し一時南京大学、南東大学で英文学を講義。
1927年に南京事件に遭遇し、日本の雲仙に一時避難し、この後中国に戻った彼女は本格的な執筆活動を開始しました。


1931年、二作目の『大地』が大ベストセラーとなり、1932年のピューリッツァー賞を受賞。
1938年には『大地』の業績によってノーベル文学賞を受賞しました。


パール・バックの上のようなバックグラウンドをまったく知らないまま、私は中学生のときこの『大地』を学校の図書館から借りてきて読みました。感動で何度も涙を流し、胸が震えました。私の思春期において最大の影響を与えた本です。三部作の長編小説で、こんなに長い小説を読んだのは生まれて初めてでした。
貧しいひとりの中国人の人生が描かれていて、勤労により資産家になりますが、次々と一家を襲う問題の中で苦しみつつ生き抜いていくという非常に重いテーマの小説でした。
その後、映画でも観ましたが、やはり原作の感動には足元にも及びませんでした。


daichi.jpg


主人公の娘のひとりが知的障害者ですが、じつはバックのひとり娘も同じく知的障害を抱えていて、彼女は自らの人生をこの小説の中で描いていました。
バックは、6人の孤児を養子として自らの手で育てたほか、人種を問わない国際的な養子仲介機関であるウェルカム・ハウスを設立したり、その後もアメリカ人とアジア人との混血の寄る辺のない子供達を教育するためにパールバック財団を設立したりして、自らを中国の貧しい人たちのために捧げました。


きょうの名言、
「愛だけが愛を呼び覚ます」
は、まさに彼女の人生そのものを物語っています。


私にはとてもじゃないですがパール・バックのような立派な人生は送れません。
でも、このような生き方に憧れます。
機会を作って今度は原作を英語で読んでみたいと思うようになりました。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。