学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

人生は一度限り

2019.05.03日
Life-Quotes_rain-1.jpg


"Laugh your heat out.
Dance in the rain.
Cherish the memories.
Ignore the pain.
Love and learn.
Forget and forgive.
Because remember
YOU ONLY HAVE ONE LIFE TO LIVE."
「心から笑いなさい。
雨の中で踊りなさい。
思い出を大切にしなさい。
痛みは無視しなさい。
愛し、学びなさい。
忘れ、赦しなさい。
なぜなら
人生は一度限りだから。

(訳 舟田譲二)


「人生は一度限り」です。
賢く生きなければなりません。
だから、
「心から笑いなさい。
雨の中で踊りなさい。
思い出を大切にしなさい。
痛みは無視しなさい。
愛し、学びなさい。
忘れ、赦しなさい」と教えています。


「心から笑う」のは、健康のために欠かせない、病気の一番の予防薬であり、また治療薬です。
「思い出を大切にする」のは人間だけにできることです。思い出のお陰で、辛い、悲しい、苦しい中を通るとき将来に希望が持てます。逆に、辛い、悲しい、苦しい思い出をバネにして力強く生きていくこともできます。
「痛み」を身体や心に感じ、覚えていると、それが癖になってなかなか痛みから抜け出すことができません。これはまさに私自身が今経験していることです。ですから、「痛みは無視」するのが一番なのです。
人や自然や芸術、スポーツ、学問等々を愛することは人生においてかけがえのないことです。
愛がなければ人生はとても空しいものになってしまいます。
そして、人生生きている限り学び続けるのです。私たちは死ぬまで成長し続けることができます。
最後に、「忘れる」ことと「赦す」ことの大切さ。
人や国などが過去にしたことをいつまでも根に持っていると未来永劫、憎しみや復讐心から解放されることはありません。あらゆる人間関係、国家関係、民族関係などにおいて、過去を忘れ、赦すことは将来の無限の可能性につながります。


「心から笑い、思い出を大切にし、痛みは無視し、愛し、学び、忘れ、赦す」
これらはすべて一回限りの人生を幸せに生きるために大切なことであることはよくわかります。
しかし、「雨の中で踊りなさい」というのは何を意味しているのでしょう。
こんなことする人が実際にいるでしょうか。また、やって一体なんの役に立つのでしょう。
これは、2年前の記事「嵐の中で」の中にも書きましたが、必ずしも文字どおり「雨の中で踊る」ということではありません。
「雨や嵐の中で踊る」とは、その中にいつまでもとどまっているのではなく、立ち上がって外に出る、行動するということを意味しています。
ここから新しい道が開けていきます。


さあ、人生は一度限り。
悔いのないよう、私たちも行動を起こしましょう。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。