学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

人生で犯す最大の過ち

2019.04.24日
Greatest-mistake-in-life-is-fearing-you-will-make-one-1000px.jpg


"The greatest mistake you can make in life is to be continually fearing you will make one."
ーーElbert Green Hubbard  (1856 - 1915)  Writer, Publisher, Artist, Philosopher
「人が人生で犯す最も大きな過ちは、過ちを犯すことを常に恐れることである」
--エルバート・グリーン・ハバード、作家・出版者・芸術家・哲学者
(訳 舟田譲二)


過ちはだれでも犯します。だからこそ「人」なのです。
もし、過ちを犯さない方がおられるとしたら、それは「神」です。
被造物はすべて過ちを犯します。
有限なものは知恵においても、能力においても、愛においても限りがあるからです。


でも、過ちを犯すことを恐れる必要はありません。
恐れるべきは、「過ちを犯すことを常に恐れること」です。
なぜなら、過ちを犯すことを常に恐れていたなら、人はなにもできなくなるからです。
過ちは犯してもいい、失敗してもいいのです。
失敗するからこそ私たちはその過ちから学び、同じ過ちを繰り返さないようにしようと、経験を通して知恵を得、より慎重に行動するようになっていきます。


人類の歴史を見るとき、人は数えきれないほどの失敗を犯してきました。
その最たるものは侵略や戦争、差別や暴力、殺戮などです。
でも、それらの過ち・失敗のお陰で私たちは少しずつ賢明になり、人類の文明は発達してきたのです。
過ちを犯すことを恐れてなにもしなかったなら、人類は昔のままで進歩も発展もなかったことでしょう。


ですから、私たち自身も過ちを犯すことを恐れる必要がないばかりか、子どもを育てる過程において、また教室で生徒や学生を指導する過程において、あるいは職場で後輩や新人を教育し、育てる過程においても、最初から彼らに完璧を求めることなく、失敗を認めて受け入れてあげなければならないのです。
そもそも初めから完璧な人などというものは存在しないのですから。


親や教師、部活の顧問や監督、あるいは職場における経営者、上司や先輩など、指導し、育てる立場にある者が、相手に対して非寛容的になり、厳しく叱責したり、ときに体罰を与えたりすることは根本的に間違っているのです。


できない人をできるようになるように育てること、これこそが私たち「先に生まれた者」に与えられている使命です。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。