学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

体の不調の原因は浮き指?

2019.04.14日

最近よくテレビの健康番組を見ます。
ほとんど毎日のようにどこかの局でやっています。
高齢者社会がきっとそれを物語っているのでしょう。
それと、やはり健康への関心がこれまでなかったほど高まってきているのが理由だと思います。
いずれにせよ、ニーズが高まってくると当然のことながら、テレビ局の方でも健康特集を組むわけです。


そのひとつに「浮き指」というのがありますが、皆さんご存じですか?
この浮き指だけで何度も見ました。
以下はNHKの「ガッテン!」からの抜粋です。


膝や腰の痛みなどの原因になり得るといい、なんと男性の6割、女性の8割が浮き指だとのことです。
具体的には立った状態のとき、足の指が浮いて地についていないため、重心がかかとにかかって体が斜め後ろに傾斜するため、バランスを取ろうとして前屈みになり猫背になったり、背骨が曲がり、そのため体のあちらこちらに故障が起きるというわけです。
また、不安定なのをカバーしようとして、太ももやお尻などの筋肉が発達したり、ふくらはぎやすねによけいな力が入ってパンパンに張ったりします。一度ついてしまった筋肉は疲労しないよう脂肪を蓄えるため、脚はどんどん固く、太くなっていくということになり、下半身太りの原因にもなるそうです。


72.png


0718_03.jpg


そこで私も早速自分の足を見ました。横から見たところこんな感じです。


IMG_4797.jpg


指が全部上を向いています。まさに浮き指!
そうか、これが原因で首や肩、背中、腰が痛むのかと合点がいきました。
ところが、浮き指かどうかのセルフチェックは、立った状態で足の下に紙を入れてみてすっと入ると浮き指、入らないと浮き指ではないのです。


0718_05.jpg 0718_04.jpg


私もやってみたところ、紙は入りませんでした。
両足の5本の指すべてがしっかりと地についています。
どうやら私の体の不調の原因は浮き指ではなかったようです。


でも、もし皆さんの中で浮き指の可能性が高いという方がいらっしゃったら、対策法として次のようなものがあります。


0718_09.jpg 0718_10.jpg


椅子に座り、足をもう片方の足の太ももにのせます。次に、手の指を1本ずつ、足の指の間に入れ、手を軽く握ります。


0718_11.jpg 0718_12.jpg


甲の方へ指を軽く曲げます。その状態で5秒キープ
(※痛みが出ないくらいの力で。軽い力でも痛みがある時は行わないでください)
反対に足の裏の方へ軽く曲げます。その状態で5秒キープ。


これを1日1回、片足15往復ずつ行ってください。
凝り固まった足の甲の側の筋肉をほぐし、浮き指を改善させる効果が期待できます。


番組では、浮き指だった人が2か月間この体操を実践した結果、浮き指が解消し、長年悩んでいたひざの痛みや腰痛も改善したという事例が紹介されていました。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村