学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

8億の遺産が転がりこんできた!

2019.03.09日

昨日の朝、電話機のファクス受信ランプが点滅していました。
最近入ってくるファックスの99%は広告なのでほとんど中身も見ずに消去してしまうのですが、入っていた3通のうち1通は英語の書面でした。
(下のいずれの画像もクリックすると拡大され文字がはっきり読めます)


steven%20drake.jpg


差出人はロンドンの「スティーヴン・ドレーク弁護士事務所」。
読み進むと、次のように書いてあります。
「顧問弁護士をしていた顧客の日系イギリス人トーマス・フナダ氏が亡くなり生命保険760万ドル(約8億3千600万円)の相続人がいず、日本国籍で姓が同じであるあなたが法定相続人になります。2019年3月末日までに手続きをしなければ資格が失効します。
つきましては、故人の顧問弁護士としてあなたには一切のリスクなしに迅速に手続きを代行いたします。
当方としては、遺産の20%を慈善団体に寄付し、残りをあなたが40%、当方が40%で折半することを提案いたします。
手続の進め方は、以下の電話番号、あるいはメールアドレスのほうにお尋ねください。
アレックス・ミッチェル」


送信者のスティーヴン・ドレーク弁護士事務所をネットで検索すると、イギリスに存在するちゃんとした弁護士事務所で、しかも差出人のアレックス・ミッチェルも実在します。


alex%20michell.jpg


しかし、詳しくチェックすると、ファックスの文書に記された事務所の住所、電話番号、メールアドレスが微妙に違います。


stevendrakes.jpg


23.32.21.jpg


とくにメールアドレスの違いは普通だと気づかないほどです。
ホームページに載っているアレックス・ミッチェルのアドレスは
alexmitchell@stevensdrake.com
送られてきた文書のアドレスは
alexmitchell@stevndrakes.com


遺産相続や宝くじ大当たりなど、この手の詐欺はよくあります。
英語がよくできない人や、このような話に乗りやすい人なら簡単に騙されてしまいます。
挙げられている電話番号やメールアドレスに連絡を取ると、相手は必ず手付金を求めてきます。
まさにこれこそが相手の目的なのです。


私は8億円ぐらいの話で騙されません。
なにせ3年前には15億円の遺産相続の話もきましたが、それさえ蹴ったぐらいですから(笑)
「15億の遺産を相続することに!」


皆さんのところに送られてきても不思議ではありません。
以前、似たような詐欺にひっかかった方がいらっしゃったと耳にしましたので、くれぐれもこの類いの話には乗らないようご注意くださいね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村