学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

正しい判断力を身につけるには

2019.03.07日
judgement-2.jpg


"Good judgment comes from experience, and a lot of that comes from bad judgment."
--Will Rogers - 1879-1935 - Actor
「正しい判断力は経験を積んで身につけるもの。そして経験は誤った判断から身につけるものだ」
--ウィル・ロジャーズ、俳優
(訳 舟田譲二)


幼少の頃から現在に至るまで振り返ってみたら、数えきれないほどの失敗を犯してきています。
おそらくみんな大なり小なり似たようなものでしょう。
「自分はこれまでほとんど失敗をしたことがない」と言う人でも、胸に手を当ててみると必ずたくさんの失敗を犯しているものです。
なぜなら、人というものは失敗という痛い経験を通して多くのことを学び、その経験を生かして正しい判断力をつけていくものだからです。


歩きはじめたばかりの幼児は、道路にはいっぱい危険が潜んでいるということを知りません。経験がないからです。
「道路を渡るときには必ず止まって右左を見て、車や自転車、人が来ていないのを確かめてから気をつけて渡るんだよ」と口が酸っぱくなるほど親に言われます。それでもすぐに忘れて道路に飛び出して人にぶつかったりしながら、少しずつ覚えていきます。
ぶつかる相手が人だったらまだいいのですが、自転車だと怪我をしますし、車だと下手をすると命を落としてしまいます。
子どもが小さいうちは親は目を離せません。
そして、親自身もついうっかりという失敗を通して学び、それ以降気をつけるようになっていきます。


小さな子どもは犬や猫なども怖いもの知らずで、平気で尻尾をさわりに行ったり、口元に手を出したりします。
これも痛い経験を積むことによって、一つひとつ学んでいきます。


ところが、どうしたことか、大人になっても誤った判断で大きな失敗をしてしまう人がいます。
伴侶や子どもに対するDVなどもそのうちのひとつですし、最悪のケースでは犯罪を犯してしまいます。
そこで、その誤った判断から学んで、もう二度と同じ過ちを犯さないようになるならば、その失敗は大きな財産となるのですが、同じことを繰り返してしまい、やがて元に戻れない、取り返しのつかない失敗を犯す人もいます。
毎日のニュースを見ていたらこれらの例に事欠きません。


小さい頃の親の教育、また学校教育などがここで大きな責任を負っています。
「躾け」と称して厳しく育てること、あるいは学校でただ頭を鍛えるための勉強を教えるだけでは人生でもっとも基本的なレッスンを身につけることができません。
これこそが現在の家庭や学校における教育でもっとも欠けていることではないでしょうか。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村