学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

あなたは人に辛い、それとも自分に辛い?

2019.03.06日

quote-1615.jpg


"You've been criticizing yourself for years and it hasn't worked. Try approving of yourself and see what happens."
--Louise Hay - 1926-2017 - Author
「あなたはこれまで何年も自分のことを批判してきました。でもそれでうまくいきませんでした。一度自分を認めてみてはどうですか?そうしたらどうなるか見てみませんか?」
--ルイーズ・ヘイ、作家
(訳 舟田譲二)


中には人に辛くて自分に甘い人もいます。
でも多くの人が自分に何か一種のコンプレックス、引け目のようなものを感じています。
しかも、それは多くの場合、ほんの些細などうでもいいようなこと、他人はほとんど気にしていないようなことです。


ところが、その自分に対する辛口批評が、正しく自分のことを評価できなくしているばかりか、逆に自分の価値を不当に低く下げる結果とさえなっているのです。
人にはみんなそれぞれ異なる特徴があります。
身体的、心理的、また能力的な違い等々、これはみんな特徴であって、優劣をつけることのできるようなものではありません。
しかし、この世はこれらの目に見える違いを基準に優劣をつけるため、それに影響を受けて私たちも知らず知らずのうちに他人を、また自分を評価してしまいます。


このような意味のない評価基準に踊らされて自分自身を評価し、セルフイメージを下げてしまっているのです。
もう、そのようなことは卒業して、他人との比較をやめてありのままの自分を受け入れ、認めてみてはいかがでしょう。
そうするなら、ストレスはうんと減り、人生はずっと生きやすくなり、より幸せな有意義な人生を送れるようになります。


人に辛くて自分に甘いのはもちろん問題外ですが、それと同じぐらい人に甘くて自分に辛いのも大きな問題です。自分をもっと大切にしましょう。そのためにはありのままの自分を受け入れ、認め、正しく評価することです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村