学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

たった3つの問題解決法

2019.03.22日
Best%20wisdom%20quotes%20images%20sayings%20%20%2835%29.jpg


"There are 3 solutions to every problem:
Accept it, Change it, Leave it.
If you can't accept it, change it.
If you can't change it, leave it."

「どんな問題にも3つの解決法があります。
問題を受け入れるか、変えるか、放っておくか。
受け入れることができなければ変えなさい。
変えることができなければ放っておきなさい」

(訳 舟田譲二)


これはまさに名言です。
確かに、この3つ以外に問題の解決法はありません。
1.「問題を受け入れる」
文字どおり問題をありのまま受け入れるのです。
ある時は「我慢」することかもしれません。
あるいは、問題と「同居」することかもしれません。問題の解決策が見つからないので、とりあえずは現状維持して様子を見るわけです。


2.「問題を変える」
1のオプション「受け入れる」ことができなければ、次にできることは「問題の解決策を見つけて行動を起こす」こと、つまり「変える」ことです。
当たり前のことですが、これが一番賢明なやり方です。


たとえば、今、朝ドラでやっているインスタントラーメンやカップヌードルの開発秘話に見られるように、次から次へと問題に当たりますが、「必ず問題の解決法はあるはずだ」と言って諦めずにチャレンジし続けることが問題解決の最善策です。
私たちの現在の便利な生活を可能にした交通の移動手段、鉄道や車や飛行機、船など。身の周りの電化製品等々に見られるような物を、人類は発明してきました。
物だけでなく、さまざまなシステムを開発してきました。
いまだにこれらの便利な物やシステムの恩恵に与かっていない人たちが地球上には数えきれないほど大勢います。そのような国々や地域に、先輩に当たる人たちが物やシステムを輸出して生活向上のお手伝いをしています。


3.「放っておく」
1の「受け入れる」ことも、2の「変える」こともできなければ、あとはそのまま「放っておく」しかありません。
当然のことながら、不便や不自由、辛いことや苦しいことも伴いますが、もうどうしようもありません。放っておいて時が解決してくれるのを待つしかありません。


ところが、どうしたことか上の3つと異なる第4のオプションを選択をする人が中にいます。
それは、1も2も3もできないため、「文句や不平を言う」のです。これは周りの者が大変な迷惑を被ります。
また、「反社会的な行動を取って欲求不満のはけ口を見つけようとしたり、人に迷惑をかける」ような行為に及ぶのです。


核廃絶か核開発継続かの選択を迫られている今の北朝鮮の状況はこれに近いようです。
その気になれば2の「状況を変える」こともできるのですが、面子(メンツ)や面目(めんもく)体裁(ていさい)−基本的には全部同じことですが−、プライドが邪魔をして実(じつ)を取ることができず、自らを窮地に追い込んでいるのです。
「人の振り見て我が振り直せ」で、私たちも心しなければなりません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村