学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

最大のリスク

2019.03.18日
quote-the-biggest-risk-is-not-taking-any-risk-in-a-world-that-changing-really-quickly-the-mark-zuckerberg-32-55-11.jpg


"The biggest risk is not taking any risk."
―Mark Elliot Zuckerberg − Co-founder of Facebook, Chairman, CEO
「最大のリスクとは、リスクをまったく取らないこと」
―マーク・エリオット・ザッカーバーグ、Facebookの共同創業者・会長・CEO
(訳 舟田譲二)


マークには毎日、大変お世話になっています。
多くの皆さんもきっとそうでしょう。
若干34歳で巨大企業であるFacebookの会長兼CEO。


ザッカーバーグは2010年、経済誌『フォーブス』が発表した「世界で最も若い10人の億万長者」の第1位に当時25歳の最年少でランクインした。推定総資産額は約40億ドル。同年、寄付啓蒙運動のギビング・プレッジに参加。2011年3月、『フォーブス』が世界長者番付を発表し、推定総資産額135億ドル(日本円で約1兆1,475億円)で52位にランクインした。
(Wikipedia)


スケールが違います。というか違いすぎます。雲の上、をはるかに超えて宇宙の上にいるような感じですが、さらにすごいのが慈善家としてです。
2010年にはアメリカ、ニュージャージー州ニューウォークの公立学校に1億ドル(約110億円)寄付しています。
さらに、上のギビング・プレッジではビル・ゲイツら億万長者たちと全収入の50%を寄付することを誓い合いましたが、その後彼は全収入の大半を寄付すると公言しています。


もちろん、資産が途方もなく大きいので大半を寄付したとしてもその残りだけでも相当なものですが、彼のその精神に頭が下がります。日本や中国などの巨大企業の資産家たちにも見習ってもらいたいものです。


このようなザッカーバーグの語っていることが、
「最大のリスクとは、リスクをまったく取らないこと」
です。
すなわち、彼自身石橋を叩いて渡っているのでなく、絶えずリスクを負って次々と事業をここまで拡大してきたということです。
私たちももっと何か大きいことをしようと思ったら、リスクを取らなければならないのですね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村