学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

語彙力があると

2019.03.20日
quote-vocabulary-enables-us-to-interpret-and-to-express-if-you-have-a-limited-vocabulary-you-jim-rohn-81-1-0169.jpg


"Vocabulary enables us to interpret and to express. If you have a limited vocabulary, you will also have a limited vision and a limited future."
--Jim Rohn 1930-2009  Entrepreneur, Author, Motivational Speaker
「語彙力があれば理解することも表現することもできる。限られた語彙力しかないと、夢も、そして将来も限られてくる」
ーージム・ローン、起業家・作家・モチベーショナルスピーカー
(訳 舟田譲二)


先日、営業の人から電話があり、話していたら「28日」のことを「にじゅうようか」と言っていて、一瞬「24日」のことかと思いました。
おそらくこの人はこれまでずっと「にじゅうようか」と思い込んできて生きてきたのでしょう。
確かに日本語の数字の読み方や物の数え方は複雑怪奇で、状況によって不規則に変化します。
日にちの読み方は次のようになります。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202019-03-19%2019.18.58.jpg


上の表からもわかるように、11日から19日までと、21日から29日までは14日と24日だけがそれぞれ「じゅうよっか」「にじゅうよっか」と言って、あとは普通の数字の読み方に「にち」をつけるだけです。
この営業の人はまさか、15日を「じゅういつか」とか、29日を「にじゅうここのか」とは言っていないでしょう。でも、14日の「じゅうよっか」につられて18日も「じゅうようか」と言っている可能性は大です。
たったこれだけのことですが、この人は私の信用を失ってしまいました。
おそらく、これまでほかにも私と同じように感じたお客さんがいることでしょうが、今もなお「にじゅうようか」と言っているということは、それを訂正する前にみんな話を断っているものと思われます。


言葉というのはそれほど大切なものなのです。
これに対して、アカデミーに幼稚園の年長さんから通い始めたMちゃんは、入塾したとき5歳ですでに「ついたち」「ふつか」・・・「とおか」「じゅうよっか」「にじゅうはちにち」と全部正確に言えました。
ほかにも動物や野菜、果物、料理、草花、世界の国々などの名前を驚くほどたくさん知っていました。
家でお母さんがしっかりと教えていらっしゃたのだと思います。
語彙力がしっかり身についているMちゃんは、新しいことわざを教えたり、歴史や人物名、ちょっと難しいかなと思うような新しい概念を教えても、まるで渇いた地に水が浸み込むかのように、学んだことをどんどん吸収していき、どんどんできるようになっていきました。
新しいことを学ぶのが楽しくて仕方がなくて、勉強が大好きでした。


つまり、語彙力は考える力も表現する力も生み出すのです。
これまで塾で教えてきた大勢の生徒を見ても、みんなこれが共通していますし、その逆もまた真なりです。


私は冒頭の言葉を語っているジム・ローンのファンの一人で、10年ほど前まではバス送迎するときには彼のセミナーを録音した16枚組セットのCDを繰り返し繰り返し、それこそ何十回と聴いて、空で全部暗唱できるほどでした。



彼は類い稀な名スピーカーで聴衆を虜にします。私も上のCDを何十回と聴いているうちに英語の語彙力が格段に上がりました。語彙力がつくと本を読むスピードは速くなりますし、思考回路は活性化され、人と話すときには話題に事欠かなくなります。


もっともっと語彙力を増やしましょう。
だれにとってももう手遅れということはありません。
「亀の甲より年の功」で、年を取ったら取ったでますます知恵と知識と経験が増し加わり、語彙力を磨くことができます。
赤ちゃん、幼児を育てている真っ最中の人たちは、子どもの語彙力を増やす訓練を早いうちからしましょう。将来の可能性が大きく広がります。


「語彙力があれば理解することも表現することもできる。限られた語彙力しかないと、夢も、そして将来も限られてくる」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村