学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

デイリーブレッド Part 4

2019.02.18日

「デイリーブレッド Part 3」に書きましたように、続木 斉(ひとし)は、同じ内村鑑三の門下生である鹿田久次郎と共同生活を始めるようになりました。
その後、いろいろありましたが、久次郎は同志社女学校に通う妹ハナを東京に呼びよせ、明治女学校に転校させて身の回りの世話をしてもらうようになり、そこで斉はハナと出会って親しくなりふたりは結婚し、東京の郊外に居を構えます。


hitoshihana_01.jpg


ところが、少年時代の文学や芸術への傾倒から見られるように、斉は生粋の芸術家肌であり、当時一銭にもならない詩作に没頭していた。
斉の文筆だけで生計を立てるのは容易でなかった。妻と子供を抱える身ではなおさらである。そこで金銭的に恵まれない新婚生活に区切りをつけるため、夫妻はハナの生まれ故郷である京都に職を求めた。
そこへ舞い込んできたのが、久次郎が左京区吉田で開業したパン屋を譲り受ける話である。


日露戦争以降、洋風化ムードが漂っていた日本では、帰国を断念したロシア人捕虜が黒パンを焼き始め、ブームを起こしていた。栄養面から見ても当時蔓延していた脚気予防には、精白米と比べビタミンB1をより多く含む小麦が効果的とされた。久次郎はそこに目をつけパン屋を始めたわけだが、事情により暖簾を下ろさなくてはならなかった。そこで白羽の矢が立ったのが、親族にあたる斉夫妻であった。


1913年(大正2年)、続木夫妻は久次郎の店を譲り受け、屋号を「進々堂」と命名した。これは「すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目指して一心に走っているのです」(ピリピ人への手紙3:13〜14)からヒントを得て名付けられたものである。


進々堂の店構えは、店頭も工場の一部であり、ショーケースも設置されていなかった。パンの配達は全て荷車で行い、当時は店頭売りもしなかった。進々堂の隣組だった理髪店の店主は、店先に立つ斉の印象を「商売人らしからぬ人で、小僧に対する言葉なども学者言葉で『そもそも商売たるや......』といった調子だった」と語っている。彼が店番をしながら洋書を読みふける光景を目にした者もおり、斉の関心は商売よりももっぱら勉学に傾いていたようだ。


地道な経営を続けていた進々堂だったが、開業早々困難を迎えなければならなかった。
1914年(大正3年)の暮れ、工場から火の手が上がり店舗もろとも全焼したのである。薪窯や石炭窯でパンを焼いていた当時のパン屋の事情からすると、火事は決して珍しくなく、パン屋の主人は夜中も安眠できないと言われていた。


せっかく譲り受けたパン屋が全焼し、途方に暮れる斉だったが、用心深いハナは万が一のためにと密かな貯えをしていた。そんなことを露とも知らずにいた斉は、何事も怠らず用意周到な妻に深く感銘を受けたという。
若き二人の経営者は貯金を迷わず進々堂の再建に費やし、1914年(大正3年)に堀川竹屋町に新店を構えた。建設をこの場所に決めた理由は定かではないが、偶然にも進々堂にとって飛躍を遂げる転機となる。


以上、同社ホームページ上の「続木斉物語」から一部を抜粋、編集してあらすじをまとめました。
自分の思いどおりにならないことや予期しないことはだれの人生にも必ず起こりますが、私たちの最善を願っていらっしゃる愛なる神様は、不思議なようタイミングよくさまざまなことを巡り合わせ、すべてを相働かせて益としてくださいます。


「続木斉物語」はまだ続きますが、このあともあっと驚くような展開が待ち受けています。
その背後に流れる目に見えない糸を見ていきたいと思います。そして、それはある意味私たちの人生の縮図とも言え、ここから学ぶべきことは多くあります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村