学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

チャンスとドア

2019.02.08日
if-opportunity-doesnt-knock-build-a-door-635706392339086658-13350.jpg


"If opportunity doesn't knock, build a door."
--Milton Berle - Comedian and Actor
「チャンスが訪ねてきてくれないなら、訪ねてきてくれるようドアを作ってしまいなさい」
--ミルトン・バール、ドメディアン・俳優
(訳 舟田譲二)


チャンスを待っていてはだめです。
自分から探して見つけるのです。
でもときに、探してもなかなか見つからないことがあります。八方ふさがりのように思えることもあります。
そのようなときにはどうすれば良いのでしょう?


チャンスはせっかくあなたのもとを訪ねてやってこようとしているのに、ノックしようにもドアがない、ということだってあります。
このようなときには、チャンスがやってきてノックできるよう、あなた自身がドアを作るのです。


どのようなドアが作れるでしょうか?
友人関係のドア、仕事のドア、趣味のドア、健康のドア、遊びのドア、勉強のドア、旅行のドア、料理のドア、スポーツのドア等々、考え出せばいくらでも出てきます。
これらのドアを自分で作るのです。
そうしたら、チャンスが自分からやってきてドアをノックしてくれます。


私は昨日、買い物ついでにウォーキングに出かけました。
家に戻ってしなければならない仕事がいくつもありましたが、帰り道に思い切って書店に寄りました。
書店に足を運ぶといつもいろんな刺激が与えられます。そう言えば、ここしばらく忙しくて書店から足が遠ざかっていました。


いくつかのコーナーを回り、気になる本を手に取り中身をパラパラと拾い読みしていました。
それぞれからとてもいい刺激が与えられました。
書店を出ようとしたとき、雑誌売り場の前を通りかかると気になるタイトルが目に飛び込んできました。
健康関連の雑誌ですが、私が今悩んでいる首や肩、背中、腰の痛みのヒントとなるものがあり、手に取って見ると、具体的な体操の方法や食事など役立ちそうなものがたくさんあるではありませんか。
これは実践しなければ、と思ってレジへ。
家に戻って早速いくつか実践。明日から本格的に始めます。


かくして、私は書店に寄るというドアを作ったところ、すぐにチャンスがノックしてやってきました。
待っていてはだめです。何事も自分から働きかけないとものになりません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村