学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

幸福の扉

2019.02.06日
%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202019-02-05%2019.07.54.jpg


"When one door of happiness closes, another opens; but often we look so long at the closed door that we do not see the one which has been opened for us."
Helen Keller
「幸せのひとつの扉が閉ざされると別の扉が開かれる。しかし、私たちはしばしば閉ざされた扉をあまりにも長く見つめているために、私たちのために開かれている扉が見えないことがある」
ヘレン・ケラー
(訳 舟田譲二)


さすがヘレン・ケラー、鋭い視点から見事に私たちの弱いところを突いて真理を語っていますね。
神様は本当によくできたお方で(全知全能全愛のお方ですから当たり前のことですが)、私たちに平等にいいことも与えられれば、よくないことも与えられる。
うちの神様を信じたら、無病息災、商売繁盛、学業成就、子孫繁栄、交通安全、開運長寿、五穀豊穣、出世成功等々、いいことは何でもあげますよ、というのは嘘です。
こんな人生を送れる人など、地球上に誰ひとりいません。
はた目にこんな幸せな人がいるものだろうか、と思っていても、実際にはその人にも悩みや苦しみは必ずあります。
神様を私たちの奴隷のようにして、なんでもかんでも自分の思いどおりにしようということ自体がそもそも間違っています。


生きている限りだれでも、親や連れ添い、時には子との死に別れもあれば、自らが重い病気になることも、交通事故に遭うことも、受験で失敗することだってあります。それが人生というものです。C'est la vie.(セ・ラヴィ)
ただ、愛なる神様は私たちの知恵を超えたところで私たちのために最善のご計画をお持ちで、幸せのひとつの扉が閉ざされると別の扉を開けてくださいます。
ただ、未練がましく閉ざされた扉をいつまでも見つめていると、横で開かれている幸せの扉が見えなくなるということが現実にあるのです。


善き神様のご愛を信じて、与えられている恵みをひとつずつ数え、恵みに感謝していると、さらに大きな祝福が与えられていることに気づくものです。
それが本当に幸せな、生き甲斐のある人生です。
ヘレン・ケラーの言葉はじつに重たいです。心に留めておきたいとても大切な教えです。
「幸せのひとつの扉が閉ざされると別の扉が開かれる。しかし、私たちはしばしば閉ざされた扉をあまりにも長く見つめているために、私たちのために開かれている扉が見えないことがある」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村