学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

人生とは自分の身に起こる10%と...

2019.02.13日
08katiepiperSP_415x370.jpg


"Life is 10% what happens to us and 90% how we react to."
--Katie Piper 1983 - Activist, Writer, Television Presenter
「人生とは自分の身に起こる10%と、それに対してどのように反応するかの90%から成っている」
--ケイティ・パイパー、社会活動家・作家・テレビキャスター
(訳 舟田譲二)


イギリス人のケイティ・パイパーは現在35歳。
24歳のとき、自宅から出てきたところを顔に硫酸を浴びせかけられ全身大やけどを負いました。モデルを夢見ていたケイティは、これまで250回以上の手術を受けてきましたが、これからの人生も引き続き何度も手術を受けなければならない身です。


『きれい』と題した本にケイティは書いています。
「フードのついたパーカーを身にまとった若い男の子が、両手でコーヒーカップを持って通りを横切って自分のほうに歩いてきました。麻薬中毒者のように見えました。
気の毒に思い、携帯を首にはさんでお金をあげようとしてバッグに手を伸ばしたそのとき、
『バシャッ!』彼は手に持っていたカップの中身を私の顔に浴びせかけてきました。
一瞬、なにが起こったか状況がわかりませんでした。
と、次の瞬間鋭い痛みが私を襲いました。苦しみの爆発とでもいうか。これまで経験したことのないものでした。
その痛みは体中に広がりました。
顔が燃えているようにかんじました。あまりの熱さに顔から炎が出るかと思いました。
恐ろしい叫び声が聞こえてきました。
まるでと殺された動物の叫び声のような。
気づいたらそれは私の口から出てきていました」
(訳 舟田譲二)


モデルを夢見る、うら若い美しい女性がひとりの暴漢によって一瞬にして人生を奪われてしまいました。
まったく身に覚えのない、降って湧いてきたような悪夢。
おそらく地獄の底に突き落とされたかのように感じたことでしょう。
もう自分の将来はないと悲観したことでしょう。

ケイティはなんとそこから這いあがってきました。
「人生とは自分の身に起こる10%と、それに対してどのように反応するかの90%から成っている」
身に起こる10%の出来事の中には、自分の力ではどうしようもないこと。
道を歩いていて雷に撃たれるようなものです。


しかし、彼女はそこで悟りました。
自分でコントロールできないこと、過去に戻すことができないことは実際に起きる。
しかし、それにどのように対処するか、自分はこれからの人生をどのように生きていくかは、自分の選択だ。嘆き悲しんで人生をはかなみ、自殺することだってできる。
彼女は言います。
「だれでもポジティブに、そして固く決断するならば、たとえどのような状況でも生きていくことができる」と。
そして、ケイティは社会活動家となり、自らの経験を本に綴り、さらにテレビキャスターにまでなったのです。


昨日、突然飛び込んできたニュースにショックを受けました。
応援していた競泳の池江璃花子選手(18歳)が、ツイッターで白血病を公表したのです。
「この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、『白血病』という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。...今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです」


彼女のこのポジティブな姿勢と固い決意があるなら、必ずやこの試練を乗り越えることができることでしょう。お祈りしています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村