学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

焦らないで少し待とう

2019.01.22日
everything-happens-for-a-reason-even-if-you-dont-know-7027533.png


"Everything happens for a reason, even if you don't know the reason now, you will soon enough, just give it some time."
「すべてのことは理由があって起きる。たとえ今その理由がわからなくてもすぐにわかるようになる。だから焦らないで少し待とう」
(訳 舟田譲二)


「すべてのことは理由があって起きる」というのは、皆さん納得いきますか?
きっと、そのような経験があることと思います。
そのときにはわからないものです。


「なぜこんなことが起こるの?」
と私たちはその理由を知りたがります。
たとえば、家族がガンになって余命宣告を受けたとか、事故で亡くなった、自殺したなど身近な人の死に関するものや、会社の倒産、失業など、予想もしていないことが起こったとき。
通常、私たちは自分の身に、あるいは身内などにいいことが起きると、「なぜこんなことになったの?」と尋ねたりしません。
だいたい、思いもかけない不幸が起こったときにこのように問うものです。


しかし、考えてみたら当たり前のことですが、どこかから答えが返ってくるわけありません。
それにもかかわらず、私たちは理由を知りたがります。
そして、理由がわからないためによけいに苦しむことになります。


ところが、家族の死や事業の倒産など、大変なことが起こって数年経つと、徐々にその意味がわかってくるものです。
「ああ、あのときはわからなかったけど、そういうことだったのか」と。
きっと思い当たる節があることと思います。


世界の永遠のベストセラーと言われる、また私が「人生の取扱説明書」と呼ぶ聖書には次のような言葉があります。


「イエスは彼に答えて言われた、『わたしのしていることは今あなたにはわからないが、あとでわかるようになるだろう』」(口語訳)
「汝らいま知らず、のち知るべし」(文語訳)
(ヨハネ13:7)


これはまさに冒頭の言葉と符合します。
「すべてのことは理由があって起きる。たとえ今その理由がわからなくてもすぐにわかるようになる。だから焦らないで少し待とう」
このように自分たちの手が及ばないことは明け渡して、時に解決してもらうというのがじつは賢明な方法なのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事を読んで「なるほど」と思われたら、下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村