学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

陰と光

2018.12.15日
FB366328-BE99-4F35-ADDF-DC33CBF16AFE.jpeg


“May you see sunshine where others see shadows and opportunities where others see obstacles.”
「ほかの人が陰を見るとき光が、また障壁を見るときには機会が見えるように」
(訳 舟田譲二)


11日には「グッドニュース」という記事を書いたばかりですが、その翌日にはなんと光と陰の両方を見ることになりました。
光は何かと言うと…


過去20年ぐらいずっと苦しんでいる首から肩、背中、腰の痛みの原因と治療法を探るべく、先日テレビ番組『スゴ腕の専門外来スペシャル』で見た首の疾患スーパードクターの予約が取れて去る12日に診察を受けることができたことです。
院長はMRI画像で頚椎に変形があり、神経が圧迫されている様子を見せてくださいました。
そこで治療法を尋ねると、痛み止めの薬や首の牽引などは一時しのぎで、完治しないばかりか、これからどんどん悪化していく、完治には手術以外にない、とキッパリ言われました。
そこで即、手術を受ける決断をしてお願いしました。
これはグッドニュース。


ところが、待ち受けていたのは大きな陰、障壁。
「行列ができるスーパードクター」だけあって、手術は早くて1年先、下手をすると5年先と言います。
さらに、術後3週間の入院が必要で、一番早い1年後の手術を受けるには特別な個室の予約が必要で、その個室の差額ベッド代が1日なんと58,300円‼
手術費別で個室料金だけで、1,320,000万円あまり。
手術前に事前の検査が必要で、それが来年の3月!
ガーン❗


光と陰。
手術の予約をしていた人が都合などでキャンセルされることがあり、1年以内に繰り上げということもあり得る、ということで、陰を見ないで光を見ることにしました。


診察が終わってから、敬愛する恩師、西村隆宏先生宅をお訪ねしました。
西村先生は私が小学4年生のときに教育実習で来られた先生で、当時23歳のハンサムでとても素敵な青年。


596AEB88-B007-49E1-8DF8-35BB0D18ADA0.jpeg


西村先生の右隣でくっついているのが私


以来、58年に及ぶ長いお付き合いをさせていただいています。
母の葬儀のときに参列、また私の結婚式のときにも列席してくださり、アメリカ留学中も帰国してからもずっと文通を続けてきました。


アルツハイマー型認知症になった父がたまたま一時的に住んでいたところが西村先生のお宅のすぐそばだったこともあり、父を連れて先生宅を訪問したのがきっかけで、親しくお付き合いさせていただくことになりました。
父が召天してからは、しばしば先生宅を訪ねては泊めていただいたり、京都の懐かしの思い出の場所に連れていただいたりしてきました。
そして今回泊めていただいた際は、素晴らしい時が私たちを待ち受けていました。
続きは明日に。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村