学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

オランダのもうひとりのシンドラー

2018.11.08日
quote-1494.jpg


"Worrying does not empty tomorrow of its troubles, it empties today of its strength."
--Corrie Ten Boom - 1892-1983 - Watchmaker
「心配しても明日の問題を消しはしない。むしろ今日の力を消してしまう」
--コーリー・テン・ブーム、時計職人
(訳 舟田譲二)


去る10月には「日本のシンドラー・杉原千畝」を、つい先日は Facebook で英国のシンドラー、ニコラス・ウィントンをご紹介しました。



そして今日はオランダのシンドラーです。


コーリー・テン・ブームは、第二次世界大戦中に多くのユダヤ人をナチスから助けたオランダ人クリスチャン、ホロコースト生残者。自伝『わたしの隠れ場』の著者として知られる。
1944年2月28日、同国人の通報者によってテン・ブームの一家は逮捕され、スヘフェニンゲンの刑務所に送られる。彼女はそこからヴフト強制収容所に移送され、最終的にドイツ北部のラーフェンスブリュック強制収容所で終戦を迎えた。
1967年12月、イスラエルから「諸国民の中の正義の人」を授与。
1971年11月、自伝『わたしの隠れ場』 The Hiding Place をジョン&エリザベス・シェリルとの共著で出版。この自伝は1975年、ジュリー・ハリス(ベッツィー・テン・ブルーム役)主演で映画化された。邦題は『隠れ家』。

(Wikipediaより)


映画『シンドラーのリスト』で有名になった本元オスカー・シンドラー(1908 - 1974)は、メーレン(当時オーストリア領、現チェコ領)生まれのズデーテン・ドイツ人の闇商売で資産を拡大していった実業家。
シンドラーは、快楽主義者で遊び人で、まさにプレイボーイのライフスタイルを楽しみ、上品な社会の中で立ち回り、良い身なりをし、女性たちからももてはやされ、金を湯水のように使っていました。
彼の経済的な関心は、できるだけ多くのユダヤ人を救済したいという願望の前に次第に後退していき最後には、全財産をこの目的のために投げ出すだけでなく、自分の命まで賭けようとしたのです。このようにしてドイツにより強制収容所に収容されていたユダヤ人のうち、自身の工場で雇用していた1,200人を虐殺から救いました。


第二次大戦中、ナチスドイツによってユダヤ人殺戮が各地で行われていたとき、上の杉原千畝やニコラス・ウィントン、コーリー・テン・ブームのような、命がけでユダヤ人を救った多くの「シンドラー」がいました。


コーリー・テン・ブームの今日の言葉、
「心配しても明日の問題を消しはしない。むしろ今日の力を消してしまう」
は、今日の平和な時代、平和な国に住む私たちにもとても大切なメッセージを伝えています。


私たちはとかく目の前のさまざまな問題に心を奪われて、不安になり、心配し、ときにその結果病気になったり、最悪、命を縮めることにもなります。
でも、よくよく考えると、いくら心配したところで明日の問題が消えることはありません。
むしろ、不安を抱えていると夜も十分に眠れなくなり、昼間はそのために考えることも、大切なことに集中することもできなくなります。つまり、「今日の力すら消してしまう」ことになるのです。


今から約2000年前、イエス・キリストも山上の垂訓で次のように述べられました。
「だから、わたしはあなたがたに言います。自分のいのちのことで、何を食べようか、何を飲もうかと心配したり、また、からだのことで、何を着ようかと心配したりしてはいけません。いのちは食べ物よりたいせつなもの、からだは着物よりたいせつなものではありませんか。
空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしません。けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです。あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。あなたがたのうちだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。
...
そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。
だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります」

(マタイ6:25−34)


心配しても明日の問題を消しはしません。むしろ、最善を成してくださる神様に委ねて、今日という日を精いっぱい生きる、そうするなら今日生きていく力が与えられます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村