学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

人を外見で判断してはいけない

2018.11.05日
tumblr_ntg9bemASv1uepogto1_1280.jpg


"Do not judge by appearances. A rich heart may be under a poor coat."
--Scottish Proverb
「外見で判断してはいけない。豊かな心が貧しい服の下にあるかもしれない」
ーースコットランドのことわざ
(訳 舟田譲二)


上の写真の年配の女性は、シワが深く刻まれた顔や質素な身なりを見る限り、とても豊かには見えません。
ところが、両手にいっぱいのリンゴを持ってニコニコしながら人にあげようとして差し出しています。このところから、この女性が心豊かな人だと想像がつきます。


「外見で判断してはいけない。豊かな心が貧しい服の下にあるかもしれない」
はスコットランドのことわざだそうです。
スコットランドというのは、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。1707年の合同法によってグレートブリテン王国が成立するまでは独立した王国(スコットランド王国)でした。
グレートブリテン島の北部3分の1を占め、今日の人口は500〜600万人です。


image002.jpg


この地図からわかるように、日本でイギリスと呼んでいる国は、正式にはグレートブリテン及び北アイルランド連合王国といい、もともとそれぞれ独立していた国であるスコットランド、イングランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国(カントリー)から成っています。
「イギリス」という呼称は、ポルトガル語でイングランドを指すInglez(イングレス)が語源になっています。
江戸時代には、「英吉利」と書いて「エゲレス」と呼んでいました。


イギリスではスコットランド人はケチということで有名です。
セロテープのことを英語では「スコッチテープ」と言いますが、これはスコットランド人が破れた紙をテープで張り合わせて使うケチぶりを揶揄して名づけたものです。


次のようなジョークもたくさんあります。


朝、妻は目覚めると夫に言いました。
「あなたがバレンタインデーに私に真珠のネックレスをプレゼントしてくれた夢を見たの。これってどういう意味だと思う?」
「今晩、その意味がわかるさ」と夫。
その夜、夫は手に包みを持って帰宅し、妻に手渡しました。
喜んだ妻はその包みを開けると、一冊の本が出てきました。
タイトルにはこう書いてありました。
『夢の意味』


「外見で判断してはいけない。豊かな心が貧しい服の下に隠れているかもしれない」
という今日のスコットランドのことわざは本当に真理を突いています。
スコットランド人がケチというのも先入観と偏見です。
これを読んで、私はその裏が頭に浮かびました。
「外見で判断してはいけない。貧しい心が豊かな服の下に隠れているかもしれない」
逆もまた真理なりです。


高級外車を乗り回し、高級スーツに身を固め、ブランド品を身に着けているイケメンでも、一皮剥ぐと内側は高慢と貪欲で、人に対する愛がひとかけらもない。私はこのような人を何人も知っています。
このような人よりも、上のシワが深く刻まれ、質素な身なりをした年配の女性のほうが、はるかに愛に満ちていて立派です。私はこのような人もたくさん知っています。
人を外見で判断してはいけません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村