学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

感謝の心で生活する

2018.11.30日

ひとりの盲目の少年が足元に帽子を置いて建物の階段に腰かけていました。
横に立てかけてあるサインボードには、「私は盲目です。助けてください」と書いてありました。
帽子の中にはほんの数枚のコインしか入っていませんでした。少年の前を急いで通り過ぎる人が入れていった余った小銭です。


そこへひとりの人が通りかかりました。彼はポケットから数枚のコインを取り出して帽子の中に入れました。それからサインボードを取り上げると、それを裏返して何か書きました。
通りがかりの人の目に新しく変わった文字が見えるよう、彼はサインボードを少年の手に持たせました。
しばらくすると帽子の中にはコインがいっぱいにあふれてきました。今までよりずっと多くの人が盲目の少年にお金をあげていたのです。
その日の午後、サインボードの文字を書き換えた人が様子を見に戻ってきました。
少年は彼の足音を聞いて尋ねました。
「おじさんは今朝ぼくのサインボードを書き換えた方ですか?」
彼は答えました。
「私はただ本当のことを書いただけだよ。きみが言っていたことを違う言い方で言ったんだ。
『きょうは素晴らしいお天気です。でもぼくには見ることができません』ってね」


blind.jpg blind2.jpg i-am-blind3.jpg


サインボードに書いてあったことは両方とも本当のことです。でも、最初のボードにはただ少年が盲目だと書いてあっただけですが、男の人が裏に書いた言葉は、見えるということはなんて素晴らしいことなんだ、と通りかかる人に訴えかけていたのです。
あなたの人生がさまざまな問題であふれて押しつぶされそうに思えるとき、感謝の心を持ち続けることは難しくないでしょうか? 私たちの目に見えるのは抱えている問題ばかりで、それはまるで真っ黒な嵐の雲が私たちの人生の上に暗い影を落としているかのように見えます。
そして、なにもかもがスムーズに行っているように見えるときはどうでしょう? 私たちはこの貴重な一瞬一瞬を当たり前のことのように思っていないでしょうか? 最高の幸せ感や満足感の中に浸っていると、私たちは感謝することを忘れてしまうのです。


れでは、感謝の心って何なのでしょう?
簡単に言えば、感謝とは習慣です。世界とその中にあるすべての良いものを感謝の心を持って見ることです。自分の置かれている状況が自分の望んでいることであろうがなかろうが。
感謝とは、自分自身と、そして自分に与えらえているものすべてと平安な気持ちを持つことです。この感謝の気持ちを表すことを実践すると、感謝できることをますます引き寄せることになります。
さあ、早速試してごらんなさい。あなたの人生の中で感謝している人やものは何ですか?


ニック・オートナー
(訳 舟田譲二)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村