学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

長所と短所は同じコインの両面

2018.11.29日
1735065-Steve-Jobs-Quote-In-most-cases-strengths-and-weaknesses-are-two.jpg


"In most cases, strengths and weaknesses are two sides of the same coin. A strength is in one situation is a weakness in another, yet often the person can't switch gears. It's a very subtle thing to talk about strengths and weaknesses because almost always they're the same thing."
--Steve Jobs
「ほとんどのケース、長所と短所は同じコインの両面だ。ひとつの状況での長所は別の状況では短所になる。しかし、その長所短所を切り替えることはなかなかできないものだ。長所、短所というのはとても微妙なもの。なぜなら長所・短所はほとんどいつでも同じものだから」
--スティーブ・ジョブズ
(訳 舟田譲二)


1週間前の「我が家流のいい夫婦の日」の中に、妻のいい点を100個書いて手渡したと記しました。
でも、今それを読み返してみると、なんと「いい点」は裏返すと「改めてほしい点」でもあることに気づきました。「改めてほしい点」というのは、言い方を変えると「短所」です。
たとえば、「話題作りがうまい」は言い換えると「おしゃべり」となりますし、「寛大」は「甘い」ともなるわけです。
私なんかも人からよく「優しい」と言われますが、自分ではこれは短所の「甘い」の裏側の面だと思っています。


先日来、続けて書いている「発達障害」なども、一般には「人との関わりが下手」とか「ひとつのことに集中してほかが見えない」、「ひとつの分野には特化しているがほかの分野では能力が劣っている」というふうに捉えられています。このように「悪い面」ばかりが強調されています。
しかし、これを別の見方をしたら、「人に頼らず自分ひとりだけでも楽しく時間を過ごすことができる」、「ほかのことに気が散らず集中できる」、「人の持っていない特化した能力がずば抜けている」等々。これらは「障害」どころか、素晴らしい能力です。


このように、私たちは意識しないと人の悪い点ばかりが目に入りがちで、良い面を見ることができないという傾向があります。
他人の良い面はいろいろ見えるけど、家族やきょうだい、自分のことになると悪い点がよく見える、というのも同じです。


「発達障害」という言葉に表われているように、「普通」の人と同じでないと「障害」という名で呼ぶのです。
先日の「発達障害? 天才? 異才?」の中に登場した福島尚(ひさし)さんは自閉症と言われて、学校でもそして両親からも悪い面ばかり見られていました。
ほとんど話すことができず、集団行動も苦手で、知識や技術を習得するにも長い時間がかかります。
しかし、鉄道が大好きだった福島さんは小学3年生の頃、親に鉄道模型を買ってもらえなかったので自分で厚紙とセロテープを使って作りました。それがこれです。


33.jpg


20歳頃、知的には6歳半と言われたそうですが、鉄道画を描くことにおいてはまさに天才レベルです。


P1020330.jpg


私の友人、小川政弘さんは次のようにおっしゃっています。
「『発達障害』という言葉は好きではありません。私のFB友人の一人も映画『レインマン』の兄のような並外れた記憶力で、さながら歴史書のような頭脳の持ち主。私は尊敬を込めて、彼の才能に『特化発達』という名前を進呈しました」


上でスティーブ・ジョブズが言っているように、長所と短所は表裏一体、同じコインの両面です。
私たちも人の欠点が目につくときには、観点を変えてその裏側の優れた面を見るようにしましょう。
そうするならば、その人が幸せになれるだけでなく、自分自身も幸せになれ、人間関係もうまくいくようになります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村