学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

発達障害? 天才? 異才?

2018.11.24日

ASD(自閉症スペクトラム障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)といった発達障害。
社会では、これらの人たちがいわゆる「普通の人」と行動が違うため異様に見えて「障害者」と呼びます。
でも、果たして「普通」とはいったい何なのでしょう?
全体の中の大多数が人たちが集まるグループが「普通」なのでしょうか?
それでは、「普通」でなければ「異常」なのでしょうか? 
いいえ、決してそんなことはありません。


「普通」でないのを「異常」と見るので、偏見や差別が起こります。
「普通」でないのは決して「異常」ではなく、「非普通」(普通じゃない)というだけのことです。
「普通の人」も「非普通の人」もみんな同じ人間で、全体で「人間」というグループを構成しています。


一昨日のテレビ番組『所さん!大変ですよ』では、何人かの大人の「発達障害」の人たちが紹介されていました。
その中のひとり、福島 尚(ひさし)さんは自閉症です。
3歳の頃から電車が大好きで、すでに立体の車両の絵を描いていました。
そして、そのまま大人になってしまいました。
今も、駅で電車の絵を描き続けています。
電車が走り去った後もスケッチを続けます。
そしてでき上がった絵がこれです。


337009c2c02b80dd4d3702e9de279a19.jpg


これ、写真じゃないんですよ。しかも、ほとんど写真に頼らず記憶をもとに、定規などは一切使わずに描いています。


72a6eb8cbecadd84a5700f47980bf275.jpg


写真よりもリアルでまるで息づいているようです。
この能力が世に認められて個展を開き、さらに画集を出版するに至りました。


5375c4ec3c03e99bd58c54f04c1296fc.jpg


この絵が番組の中で紹介されました。
尚さんの鉄道画集の表紙を飾っている代表作『首都圏大宮駅』で、2004年に初めて100号キャンバスで挑んだ作品です。


IMG_4734w680.jpg


尚さんのお父さんは、鉄道の絵ばかりを描いている息子に腹が立ち、「いつまで子供みたいに絵ばかり描いているんだ!」
怒りと、情けなさが混ざり合い、何冊もあったスケッチブックをすべて燃やして、絵を描くことを、やめさせてしまったことがありました。


現在、尚さんは、福祉作業所で、パン作りの仕事をしています。
お父さんは、自宅のリビングのアトリエで夜と休日だけ絵を描いている尚さんを見ながら語りました。
「私も妻も、年老いて来て、これからのことが気にかかります。親として、息子の心配は尽きませんが、ただ、今だから言えるのは、好きな絵を、やめさせなくて、よかった」
(詳しくは『線路は続くよ』自閉症を超えた天才鉄道画家「あけの語りびと」(朗読公開)


「発達障害」の人みんなが尚さんのような能力を持っているわけではありませんが、人それぞれある種の「特殊能力」を持っています。
「普通」と違うからと言って、普通にしようとするのは間違っています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村