学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

ガンの予防には◯◯が一番

2018.11.01日


きょうの料理の時間です。
前回は1年前の記事、「今日はお料理教室♪」で殻が簡単にむけるゆで卵の作り方をご紹介しました。見逃した方は是非ともご覧になってお試しください。


きょうは美味しくて栄養満点の「野菜スープ」の作り方です。


【材料】野菜の具は何を入れてもいいです。
私が昨日作ったものには以下のものを入れました。
ニンジン1本
カボチャ少々
玉ねぎ1個
キャベツの葉3枚
チンゲン菜2束
ブロッコリの茎の部分
えのき
いんげん
トマト2個


【作り方】
1.これらの野菜を適当な大きさに切ります。
2.5.5Lの圧力鍋(大きめの普通の鍋でも大丈夫です)にニンジンやカボチャなど固い物から下に順に入れていきます。
3.水を300cc加えて煮ます。


IMG_3903.jpg


4.煮立ったら弱火にしてさらに5分間(圧力鍋の場合)煮ます。
できあがるとこんな感じになります。


IMG_3904.jpg


5.さめるまでしばらくそのまま置いておきます。次におたまで少しずつ取ってミキサーにかけます。


IMG_3906.jpg


6.それを大きめのタッパーに移します。
7.その中にチューブ入りの生姜やガーリック等をお好みに応じて入れてよくかき混ぜます。


IMG_3907.jpg


8.冷蔵庫に入れて保存し、毎日小分けにしていただきます。5〜6日持ちます。


【召しあがり方】
冷たいままでも美味しく召し上がれますが、電子レンジでチンしても美味しいです。
召しあがる際に、お好みによって味付けしてもいいですが、しなくても大丈夫です。


【野菜スープの優れている点】
なお、この野菜スープは普通の生野菜サラダの200倍の免疫力があり、今話題になっている腸内フローラ(腸内細菌)の環境を整える働きをします。
腸内には600兆〜1000兆個、1000種類以上細菌がいると言われています。
この細菌の中には善玉と悪玉があり、そのバランスを整えることが大切だそうです。


抗がん剤の開発・研究をしている医師・前田浩さんは、2016年にはノーベル賞候補にもなった方ですが、「ガンの予防には野菜スープを食べるのが一番」と断言しています。
「腸」の健康や「腸内細菌」の権威である藤田紘一郎医師は、腸内フローラの本を多数書いていらっしゃいますが、そのうちの一冊がこれです。


81zXUPoM-HL.jpg


腸内細菌は、髪の毛をふさふさ生えさせるだけでなく、心の病と言われるうつ病や発達障がいのひとつアスペルガー症候群を始め、花粉症、アトピーなどのアレルギー性疾患、パーキンソン病などにも治療効果が出ているそうです。ダイエット効果も抜群です。


野菜スープ、お薦めです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村