学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

地上最強の武器

2018.10.11日
ferdinandfoch1-2x.jpg


"The most powerful weapon on earth is the human soul on fire."
ーーFerdinand Foch 1851 - 1929, Marshal of France, Field marshal (United Kingdom), Marshal of Poland
「地上最強の武器は火がついた人間の魂だ」
ーーフェルディナン・フォッシュ、フランス元帥・イギリス陸軍元帥・ポーランド元帥
(訳 舟田譲二)


私は戦争とか武器とか、喧嘩などとは全く無縁の人間なので、「元帥」と言われても軍隊でとても偉い人ということぐらいしか知りませんでした。
「元帥」とは軍における最高階級なんですって(なにを今さら?)。
日本で言えば、武田信玄、織田信長、徳川家康のような歴史に名を残す人物のことです。


フェルディナン・フォッシュという人は、なんとフランス元帥・イギリス陸軍元帥・ポーランド元帥だったのですって? えー、めちゃめちゃすごい人じゃないですか!?
この人が第一次世界大戦時、第9軍司令官を務めてドイツ軍に対する防戦を指揮していた際に、絶体絶命の状況で発した名言が、
「我が軍の右翼は押されている。中央は崩れかけている。撤退は不可能。状況は最高、これより反撃する」
だそうです。
普通だったら、「状況は最悪」とだれでも言うでしょう。
信じられないような超ポジティブ思考です。
百戦錬磨で戦争の裏の裏まで知り尽くしていたのでしょう。


この名将中の名将が残した別の名言が冒頭の言葉です。
「地上最強の武器は火がついた人間の魂だ」
おそらく彼自身の魂に火がついていたのでしょうね。そうでなければこのような言葉は決して出てこないでしょう。
私など、カッコよく言えば「平和主義者」ですが、実際には意気地なしですから、このような状況に面したら間違いなくすぐに降伏します。


この平和な時代に生きている私たちは実際に戦争という場面に遭遇することはないでしょうが、心の中に起こるさまざまな霊の闘いには日々直面しています。この霊の戦いにはそうそう簡単に降伏してはいけません。なぜなら、それは即人生での敗北を意味するのですから。
でも、一番困難な霊の戦いにおいても、最強の武器はやはり「火がついた魂」です。
神によって魂につけられた火は決して消されることはありません。
というか、これ以外に霊の戦いに勝つ術などはないでしょう。


あなたの魂も火がついていますか?日々の霊の戦いに打ち勝っていますか?


四方八方すべて敵に囲まれて攻められていても上は常に開いています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村