学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

オリジナリティで失敗する? それともコピーで成功する?

2018.10.31日
bettertofail.jpg


"It is better to fail in originality than to succeed in imitation."
--Herman Melville - 1819-1891 - Novelist - Poet
「オリジナリティ(独創性)で失敗するほうが、コピー(模倣品)で成功するより望ましい」
--ハーマン・メルヴィル、小説家・詩人
(訳 舟田譲二)


ハーマン・メルヴィルと言えば映画『白鯨』、映画『白鯨』と言えばハーマン・メルヴィル、というぐらい有名です。
私も若い頃、グレゴリー・ペック主演のこの映画を観ました(原題 Moby Dick)。


ハーマン・メルヴィルが冒頭で言っている、
「オリジナリティ(独創性)で失敗するほうが、コピー(模倣品)で成功するより望ましい」
は、まさにこの映画『白鯨』のことを語っているような気がします。
『白鯨』ほどオリジナリティそのものというのはないでしょう。


ハーマン・メルヴィルには『白鯨』を含めて14の著作がありますが、『白鯨』だけで名を上げました。
それは家庭の貧しい環境の中で彼自身が20歳のとき船員となり、その後捕鯨船の乗組員となって太平洋へ航海。厳しい環境を自ら経験しているのです。波乱万丈の航海がこの『白鯨』に大きな影響を与えました。
彼の作品はことごとく評価されず、文筆で身を立てることはできませんでした。
妻の親戚のつてでようやくニューヨーク税関の検査係の職を得ましたが、4人の子どものうち、長男マルコムのピストル自殺、自宅の焼失、次男スタンウィクスの蒸発(1886年サンフランシスコで客死)などの不幸が続き、生涯暗い人生を送りました。


mb1.jpg


それが『白鯨』にも表れています。
鯨の歯でできた白い義足をつけたエイハブ船長は、足を食いちぎられた恨みに宿敵である白鯨(モビィ・ディック)を追い続けます。
ボートを真っ二つにし、海に投げ出された乗組員の一部を食ったモビィ・ディックの巨大な体によじ登り、エイハブは銛(もり)を突き刺し続けますが、鯨は海中に姿をくらまします。
そして再び浮上したとき、エイハブはロープに絡まっており、鯨の体に縛り付けられた形で溺死していました。死を覚悟して復讐に執念を燃やすエイハブと乗組員の姿はすさまじいです。


これがおそらくハーマン・メルヴィル自身の『白鯨』の執筆にかける執念だったのでしょう。
コピー(模倣品)で成功することを拒み、オリジナリティ(独創性)で失敗するほうを彼は選び取ったのです。彼は『白鯨』に文字どおり命を賭けたのでした。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生で一番大切なものは

2018.10.30日

"Patience is the companion of wisdom."
--Aurelius Augustinus (354 - 430), early Christian theologian, philosopher, preacher
「忍耐は知恵の友である」
--アウレリウス・アウグスティヌス、古代キリスト教の神学者・哲学者・説教者
(訳 舟田譲二)


師匠:「人生で一番大切なものは忍耐の二文字である」
弟子:「にんたい、だと四文字じゃないのですか?」
師匠:「たえしのぶ、と書いて二文字だ」
弟子:「たえしのぶ、だと五文字ですよ」
師匠:「バカもん!漢字で書くと二文字じゃ!このわからずやめ!」
弟子:「師匠。人生で一番大切なものは忍耐ですよ」


笑い話のようですが、これと似たようなことを私たちは知らず知らずのうちにやっています。
子どもや生徒に教えているつもりで、彼らから逆に教えられるのです。
そんな覚えありませんか?


実際、人生のあらゆる場面において「忍耐」ほど大切なものはありません。
親子・夫婦・友人等、あらゆる人間関係において忍耐は不可欠です。喧嘩や離婚、DVなどの暴力行為、殺傷事件等々、「忍耐」があればまったく別の展開になり得ます。
あおり運転をされて頭にきてやり返すと、事故になったり、喧嘩、殺人事件になります。
国家間・民族間・宗教間の争いもしかり。
そもそも人間って基本的にみんな自己中心なので、それを押し通そうとしたり、相手のことを顧みないと衝突して当たり前です。そこで「忍耐」が物を言うのです。
「忍耐」が二文字だろうが、四文字であろうが、五文字であろうがそんなことはどうでもいいこと。何を言われても頭にカッとこないで、忍耐する。
どんな場合でもその場ですぐに反応しないでひと呼吸置くのです。それが忍耐のコツです。


勉強や仕事においても「忍耐」が成功と失敗の分かれ目になります。
出来る人というのはまず例外なく忍耐力があります。分かるようになるまで、できるようになるまで、成功するまであきらめません。
多くの人が失敗する理由はただひとつ、「忍耐力」がなくて途中であきらめてしまうからです。


スポーツもそうです。
サッカー、ラグビー、アメフト、野球、テニス、卓球、バスケ、バレー、スケート、フィギュア、陸上、体操、水泳等々、すべてのスポーツで抜きんでる人、成功する人はやはり「忍耐力」があり、成功するまであきらめなかった人たちです。


それにしても沖縄県の与那国町議会の議長選。来る日も来る日も同じことを繰り返し、90回占拠してもまだ決まらない。みんな忍耐強いですね。
あれはちょっと忍耐ありすぎです。あそこまで忍耐強くなくていいのに(笑)
私にはいくつかの解決策があるのですが、まあどこまでやり続けるのか見守るとしましょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

OKグーグル!

2018.10.29日
20171007170508.jpg


「OKグーグル」と呼びかけて、「明日の天気は?」と尋ねると、「晴れときどき曇りで、最高気温は23℃です」と答えてくれます。
「テレビをつけて」と言うと代わってつけてくれますし、「リビングの電気を消して」とか「ショパンのノクターンをかけて」と言うとそのリクエストに応えてくれます。
「カタールの首都は?」には「ドーハ」、「カタールの今の時間は?」「午前2時です」などと言って教えてくれます。この辺りは現在のAIの得意分野です。


ここ数年のAI(人工知能)の急速な進歩のお陰で今までは考えられなかった、まるでドラえもんのような世界が現実化しました。
でも、ちょっと難しい質問、たとえば一昨日の記事、「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」に書いた「The words you speak become the house you live in. はどういったことを言ってるの?」なんて尋ねると、「すみません。お役に立てそうもありません。今後さらにがんばります」などと答えます(笑)


このAIスピーカー、同様のものが他のメーカーからもいくつか出ていますが、価格は1万4000円前後とそれほど高くありません。
でも、質問に対して答えたり、言われたことをしたりはしますが、会話はできませんし、まだまだおもちゃの領域を超えていません。ちょっと高いおもちゃです。
しかも、時にへまもやらかします。
約1年前の記事、「犯人が判明!」では、インコが飼い主の声を真似て、AIスピーカーを使ってアマゾンにギフトボックスを注文したという珍事件を紹介しました。


その点、我が家のAIスピーカーはすごく優秀です。
「明日の天気は?」や「テレビをつけて」「夜10時から8チャンネルの番組を録画しておいて」「樋口一葉は何円札の肖像だった?」「明日の予定は?」「この英文を日本語に訳して」「この単語は何て発音するの?」「この漢字の読み方は?どういう意味?」などはもちろんお茶の子さいさい、「家を掃除しておいて」や「お皿洗いお願いします」「ご飯炊いておいて」「銀行に行って入金しておいて」というお願いから、さらには「携帯は持った?」とか「帰りに◯◯を買ってくるのを忘れないで」と忘れ物のチェックまでしてくれるし、「今日は気温がぐんと下がって寒くなるので温かい恰好をしてください」とアドバイスまでしてくれます。
しかも、感情のこもった複雑で知的な会話もこなします。


他社のAIスピーカーをはるかに凌ぎ、もう生き物です。
これは市販されていません。もし販売されるとなると値段は数億円はするでしょう。
私の妻にとってこんなに便利のいいものはありません。
もう皆さん、我が家の「AIスピーカー」が何だかお分かりですよね🤗


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたも天才!

2018.10.28日
Albert-Einstein-quotes-Genius1.jpg


"Everybody is a genius. But if you judge a fish by its ability to climb a tree, it will live its whole life believing that it is stupid."
--Albert Einstein
「みんな天才だ。しかし、魚が木を登れるかどうかという基準で判断したら、その魚は一生自分は愚かだと思うことだろう」
ーーアルベルト・アインシュタイン
(訳 舟田譲二)


アインシュタインらしい、まことに賢い「天才」の定義です。
私たちの多くが「天才」とは持って生まれた、人並み外れた能力、頭の良さだと思っています。
その観点から言うならば、アインシュタインは「凡才」どころか、天才とは真反対の「劣才」(れっさい)でした。


20世紀最大の物理学者、アインシュタインは今でいう発達障害でした。
5歳まで話すことができず、子どものころは学校の教師から愚鈍だと言われていました。
大学受験でも失敗しています。
のちに大物理学者になりましたが、大学時代、物理の成績は最低の1を取りました。
大学卒業後は、大学の助手になれず、臨時の代理教員や家庭教師をして生活していました。
最初の「特殊相対性理論」という博士論文は大学に受理されませんでした。
周囲の人たちから能力が認められず、長い間奇人と思われていました。


アインシュタインは人から天才と呼ばれると、「私は天才ではありません。ただ、人より長くひとつのこととつき合ってきただけです」と答えています。
冒頭の彼の言葉、
「みんな天才だ。しかし、魚が木を登れるかどうかという基準で判断したら、その魚は一生自分は愚かだと思うことだろう」
は、だれにもわかる喩(たと)えで天才について教えています。


一匹の魚が一生懸命木を登ろうとしているが登れない。だから自分は愚かだ、才能がない、などと思っていたならば、だれでも「いや、お前は魚だよ。魚は水の中を泳ぐのが仕事で、木に登るのは魚のすることではないんだよ」と魚を諭そうとします。
生き物にはみんなそれぞれ自分の得意分野があります。
鳥は空を飛ぶこと、魚は水の中を泳ぐこと、チーターは速く走ること、象は力仕事をすること、キリンは高い木に生えている葉っぱを食べること等々。


それでは人間の得意分野は何かというと、ひとことで言えば「考える」ことです。
人間は空を飛ぶことも、魚のように自由にずぅーっといつまでも泳ぐことも、チーターのように速く走ることもできませんし、象のような力もなければ、キリンのように高いところに生えている葉っぱに手を届かせることもできません。
しかし、ほかの動物を見て考え、飛行機やロケット、船や潜水艦、自動車や列車、ブルドーザーやショベルカー、クレーンなどを発明してきました。
これこそが人間の一番の得意分野です。


でも、同じ人間でもまたそれぞれ得意分野が異なります。
走るのが速い人もいれば、泳ぐのが得意な人も...。
速く走れないから、泳げないからだめ、能力がない、劣才だとはだれも言いません。
一人ひとりそれぞれ能力が違うのです。みんなが違うからこそ、人間社会は面白いのです。
ある人がほかの人を見て「バカだ」とか「能なしだ」とか言うことは実に愚かなことです。それはあたかも魚に向かって木に登れと言っているようなものです。
人間はみんな五十歩百歩です。


私たちはお互いの違いを認め、受け入れ、尊重し、助け合い、補い合うように造られているのです。それができるからこそ人間なのであって、そういう意味において私たちは「みんな天才」なのです。
たとえその才能がいかに小さくてもいい。それを活用するのです。大きな才能を持っている人が大きな仕事をしてくれるのですから。
そのような子育て、教育をすることこそ一番大切です。
背伸びするのも、逆に嫉妬したり、あるいは他人を見下したりするのもみんな間違っています。
自分の分をわきまえ、能力を最大限に活用するなら「あなたも天才」です!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたが話す言葉はあなたが住む家になる

2018.10.27日
words.jpg


"The words you speak become the house you live in."
--Hafiz - 1325-1390 - Poet
「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」
--ハーフェズ、詩人
(訳 舟田譲二)


ハーフェズは、14世紀のイランの詩人。
石炭商だった父親がハーフェズの幼い頃亡くなったが、父がコーランの朗誦に巧みだったので、これに心を動かされた息子は8年かけてクルアーン(コーラン)をすっかり暗記したため、ハーフィズという称号を与えられた。そのところから彼はハーフェズと呼ばれるようになった。


俗世の愛とも神への愛とも解釈可能な抒情詩を500近くも残し、後に編纂された『ハーフェズ詩集』は、東西の文化に影響を与えた。
ゲーテは「ハーフェズの詩を理解するには 魂まで一汗かく必要がある」と語ったという。
恋と酒と自然の美などを主題とした作品が多く、民衆に広く愛され、現代でも「コーランなくとも各家庭にはハーフェズ詩集あり」とまで言われている。
(以上Wikipediaより抜粋引用)


ということで、今日の言葉はこのブログで初めて取り上げるイスラム教徒、ハーフェズの詩です。イスラム教はあまり馴染みがなくピンとこないのですが、この「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」は、宗教や文化などにかかわらずいつの時代の通じる真理ではないかと思います。


最初これを読んだとき、なんとなく言わんとしていることはわかるような気がするのですが、いざその意味は何かと問われると、答えるのに窮するような状態でした。
しかし、「言語」が生涯のテーマになっている私にとっては看過できない一編の詩です。
皆さんはいかがですか?読んでピンときますか?


いろいろ考えたあげく私がたどり着いた結論はこうです。
人はみんな心にあること、考えていることを言葉に表します。というか正確には、頭の中で私たちは常に言葉を使って考えています。ですから頭の中で考えていること、心の中にあることを私たちは話すわけです。


そして知らず知らずに話していることがその人の性格、人格、生きざまになっていきます。
言い方を変えれば、ひとりの人が話す言葉を聞いていると、その人がどんな人物であるかがだいたいわかるということです。
どうでしょう、思い当たる節はありませんか?


さて、人が話す言葉がその人の人格を作り上げていくのですが、人を「器」と見立てた場合、その器の中にその人の人格が宿っているわけです。すなわち「器」は人が住んでいる「家」です。
「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」とは、具体的に言うと、たとえばネガティブ(否定的・消極的)なことばかり考えていて、そのような言葉を常々使っていると、その人が住んでいる家は自然とそのような言葉で満ち溢れるようになっていきます。
すると、その家に住んで毎日同じ空気を吸っている家族も自然とそのようなネガティブな言葉に染まっていきます。


逆に、ポジティブ(肯定的・積極的)な言葉をいつも使っている家族が住んでいる家は、そのような言葉で溢れていきます。このような環境の中でネガティブな言葉を使ったり、ネガティブに考え、行動するのは困難になります。
たとえ、質素な食事が並んでいる食卓を囲んでいても、絶えず冗談や笑いが溢れていて楽しい場であれば、食事は美味しくなりますし、食べているものは貧しくても身体に栄養となってついていき、健康になり、ひいては長寿にもつながります。


一方、毎日贅沢なご馳走に満ち溢れた食卓でも、みんなが押し黙って食事していたり、お互いに相手を心の中で裁いたり、憎しみ合ったり、疑心暗鬼になっていたりしたら、食事はまずくなるばかりか栄養にもならず、病気をしたり、短命にもつながります。


これこそ、まさに今日の言葉、
「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」
が言わんとしていることではないでしょうか。


あなたが住みたい家はどんな家ですか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

ちょっと怖い笑いとめちゃめちゃ面白い笑い

2018.10.26日

来週、10月31日はハロウィン。
アカデミーでは今日からキッズ英語各クラスで小さなハロウィンパーティを行ないます。
この日は子どもたちがコスチュームをつけて来て、英語を使いながらゲームをしたりして楽しみます。


ハロウィンと言えば、こわ〜いお化けが出てきます。
アカデミーに出てくるお化けはそんなに怖くなく可愛いものですが、それでも突然教室の電気が消えて真っ暗になったところにロウソクを持ったお化けが入ってくると、みんなギョッとして中には半泣きになりながら机の下に隠れる子も出てきます。


しかし、下の America's got Talent の動画は本当にぞっとします。
審査員たちも会場の聴衆もみんなパニックに。



マジックショーなのですが、雰囲気がめちゃめちゃ怖い。ぞーっとします。
でも、考えてみたらご愛嬌。いかにもアメリカ人らしい反応の仕方。
会場の人たちの怖がっている様子を見ていると思わず笑ってしまいます。


次の動画はロードアイランドの街角で実際にあったお巡りさんの交通整理。アメリカではよくこのようなシーンを実際に見ます。これもいかにもアメリカ的。日本だったら大変なことになります。
ユーモアたっぷりで本当に笑えます。
笑いは百薬の長。
どうぞお楽しみください。



毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

笑ったり、微笑んだりすると健康になることが実証される!

2018.10.25日

昨日、神戸の関西聖書神学校の先輩で、Facebookフレンドの高原幸男先生からお便りが届きました。


「舟田先生 突然に便りを送付いたしましてごめんなさい。毎日送付されるメルマガを拝読しておりまして、励ましや教えに感動をしております。本日は『笑い』について書かれていましたので、私もいつもオヤジギャグを言って、周囲をヒャーッとさせております。つい先日、扱っている会社には申し訳がないのですが、販売している薬品から教会に対してのダジャレを仮に作ってみました。著作の認可をとっておりませんので、公表は出来ませんが、密かに一部の人に渡しています。ちょっと皮肉も入っていますが、お笑い頂ければ幸甚です。(続編も考慮中です。薬品記号で聖書から解決が得られるようにしています)
では、舟田先生の健康とお働きの上に、特に学院の事業の上に、神さまの祝福が豊かに伴われますように、お祈りしつつ。
日本ミッション  高原幸男」


同封されていたのは下の10ページからなる小冊子です。
題して「ダジャレ・コーナー  キリスト教製薬会社販売薬品 作:高原幸男」
(高原先生の許可を得て、下に一部を紹介させていただきます)


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-10-24%2023.33.24.jpg


ほかに12種類の皆さんお馴染みの薬をもじった薬が同様にジョークで紹介されています。
「オオタリサン」(太田胃酸)、「アルナミン液」(アリナミン液)、「ウワノソラ糖衣錠」、「ジキニン」、「ナヤミデール錠」、「ペニシラン注射液」、「センデス錠」、「ハランケア」、「ヨソジン」(イソジン)、「チオミタドリンク」、「ヘモトルド」(ヘモリンド)、「チクリナイン」(チクナイン)、「救神」(救心)、「命の水」(命の母)、「カストール」、「ルンルン錠」(ルル錠)。
もう、面白すぎます!!
読みながらニタニタ笑ったり、吹き出して大声で笑ったり。
その後、食器を洗っているときも、野菜スープを作っているときも(そう、最近は主夫業にいそしんでいます)、ウォーキングしているときも、思い出し笑い。


昨日は久しぶりに朝からよく働きました。家の掃除に始まり、食料品の買い物、夕方のウォーキングは1時間48分、12582歩、7.1km、夜は生徒のバス送迎を妻に代わってしたりと、我ながら感心しています(笑)
普通だったらクタクタに疲れるところですが、なんとまったく疲れていないし、いつもの首や肩、背中、腰の痛みも出ませんでした。
考えてみたら、高原先生が送ってくださったこのユニークな「読み薬」のお陰でした。
かくして、「笑いは百薬の長」「笑ったり、微笑んだりすると」が実証されました。
高原先生、感謝いたします!


高原幸男先生は、日本イエス・キリスト教団 北大阪教会、協力牧師を務めていらっしゃいますが、いっぺんに高原先生の大ファンになりました。ぜひ一度メッセージを直接お聴きしたいと思っています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人から人へと伝染するもの

2018.10.24日
quote-1481.jpg


"A healthy attitude is contagious but don't wait to catch it from others. Be a carrier."
—Tom Stoppard - Playwright and Screenwriter
「健全な態度は伝染する。しかし、他の人から移されるのを待っていてはいけない。自ら人に移す者になろう」
—トム・ストパード、脚本家・シナリオライター
(訳 舟田譲二)


数日前の記事、「笑ったり、微笑んだりすると」の中にも、「ひとりの人の笑顔は伝染して周囲の人をも笑顔にします。あなたが微笑んで、笑っていたら周りの人たちも幸せな気持ちになります」と書きましたが、まさにそのとおり。


「健全な態度は伝染する」の「態度」を表す原語の attitude にはいろいろな意味があります。
「態度、立ち居振る舞い、考え方、意見、姿勢、身構え、心構え」などいろいろな訳語があり、とても幅広い意味を包括する言葉ですが、そのいずれもがここに当てはまります。
これらすべてが人から人へと伝染するのです。


皆さんのこれまでの人生を顧みてください。きっとそのような経験があることでしょう。
いい意味においても、逆に悪い意味でも、人の考え方や生き方、態度、姿勢などは身近な人に伝染するものです。今日の私があるのは、まずは両親のお陰、それから幼小中高大、大学院などを通して出会ってきた大勢の友人や恩師の方々、あるいは職場で知り合った人たち等々、数えきれないほどの人々の影響を受けてきています。


でも、同時に私たち自身も知らず知らずのうちに身の周りの人たちにさまざまな形で影響を与えています。
ここでトム・ストパードが言っているように、「他の人から移されるのを待っていてはいけない。自ら人に移す者になる」、すなわち良い影響を与える者に進んでならなければなりません。
家族や友人という単位から、もっと幅広くいろいろな人間関係において互いにいい影響を与え合う、そのような者になるよう普段から心がけるなら、この世の中、もっともっと住みよい、安心できる、楽しいところになることでしょう。


残念ながら、最近はむしろ人間関係がどんどん希薄になってきていて、またうっかり信頼すると騙されたり、裏切られたりと、怖い状況を経験することがあります。毎日のニュースでもそのような出来事がしょっちゅう報道されています。
しかし、逆にそのような時代だからこそ、私たちがまず率先して良いお手本を示し、それを周りに広めていくような者になりたいものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

鳥肌が立つパフォーマンスの陰には

2018.10.22日
inspiring_quotes_23-min.jpg


"Always do your best. What you plant now, you will harvest later."
--Og Mandino, 1923-1996, Author
「つねに最善を尽くしなさい。今、蒔いているものは後に刈り取ることになります」
--オグ・マンディーノ、作家
(訳 舟田譲二)


オグ・マンディーノは私の大好きな作家で、彼の作品はほとんど全部英語で読み、またオーディオブックでもたくさん聴きました。
こちらのAmazonに日本語に翻訳されたものが紹介されていますが、どれもお勧めです。彼とはとても波長が合います。


今日のオグ・マンディーノの言葉、
「つねに最善を尽くしなさい。今、蒔いているものは後に刈り取ることになります」
は私の人生のモットーでもあります。


昨日、偶然に(というか私は偶然は信じず、必然だったと思っていますが)とても面白い動画に出合いました。何度も繰り返して見ました。見るたびに鳥肌が立ちます。
この日本人青年のチャレンジ精神もすごいですが、ここに至るまでの彼の努力は尋常のものではありません。この素晴らしい結果を出せるようになるまで何千時間、あるいは1万時間以上かかっていることでしょう。


どうぞご覧になって存分にお楽しみください。"America's got Talent!" は私の好きなシリーズで、これまでにもこのブログで何度も取り上げてきましたが、日本人の登場は珍しいです。
ステージの前に座っている審査員たちは最初みんな半分バカにしていますが、蝦名(えびな)健一さんのパフォーマンスを見るなり審査員も会場いっぱいの聴衆もみんなすっかり彼の虜になってスタンディングオベーションをしています。もう人間業とは思えません。
彼に拍手を送り、彼の将来を楽しみにしましょう!



毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

日本のシンドラー・杉原千畝

2018.10.22日
main_pc.jpg


「私に頼ってくる人々を見捨てるわけにはいかない。でなければ私は神に背く」
(杉原千畝)


3年前に、戦後70年記念として杉原千畝の半生が映画化されました。杉浦役の唐沢寿明、妻役の小雪主演の『杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE』で、映画館に観に行き大きな感動を覚えました。
昨日の礼拝の中で柿谷牧師が杉原千畝のことを語られ、3年前の感動が甦りました。
今日は杉原千畝のことを短くご紹介します。


ロシア語・ドイツ語・フランス語・中国語・英語を自由に操ることのできた杉原千畝は外交官となりました。
第二次世界大戦中、リトアニアの領事代理だった杉原は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情しました。
当時日本はドイツと同盟を組んでいたため、ドイツ軍の追うユダヤ人を逃がすためにビザを発行すれば、当然日本とドイツの関係は悪くなります。日本政府は何度も杉原千畝に対し、「ユダヤ人難民にはビザを発行しないように」と回訓を与えていました。
しかし、1940年7月から8月にかけて、外務省からの訓令に反して、彼は妻の賛同も得て命がけで大量のビザを発給しました。来る日も来る日も、腕が痛くなるまで書き続け、夜には疲労困憊でベッドに倒れ込みました。
「苦慮、煩悶の揚句、私はついに、人道、博愛精神第一という結論を得た。そして私は、何も恐るることなく、職を賭して忠実にこれを実行し了えたと、今も確信している」と杉原は後に語っています。
これが杉原のサインの入ったビザです。


1449808738714.jpg


この結果、およそ6,000人にのぼるユダヤ人避難民が救われました。その子孫を加えると20万人に上るそうです。
一方、リトアニアを脱出できなかったユダヤ人は多くが虐殺されました。その数20万人と言われます。


このとき彼が語った言葉が冒頭の
「私に頼ってくる人々を見捨てるわけにはいかない。でなければ私は神に背く」
です。
杉原千畝は生涯に二度結婚しています。一度目はハルビン時代、ロシア正教徒のロシア人と結婚しました。千畝は結婚を機に洗礼を受けてクリスチャンとなりました。その後、千畝は帰国を機に離婚し、日本で幸子(ゆきこ)という女性と再婚しますが、幸子夫人もロシア正教会の洗礼を受け、新しい家族でも信仰を保ち続けました。


終戦10年後の1955年、日本の外務省を訪れたユダヤ人ニシェリは、自分の命を救ってくれた「センポ・スギハラ」という外交官との面会を求めるが、「センポ・スギハラという外交官は存在しない」と返答されます。ニシェリは「必ず探し出す」と言い残し外務省を後にしました。
戦後、ニシェリはイスラエル大使館で杉原との涙の再会を果たしました。


この世を去る1年前(1985年)にはイスラエルから「諸国民の中の正義の人」(ホロコーストなどのユダヤ人迫害からユダヤ人を救った非ユダヤ人に送られる称号)を送られました。両国での評価によって日本でも広く知られるようになりましたが、政府の訓命に反したことに関して、「国賊だ、許さない」など中傷の手紙も送られたといいます。
彼は人々からの称賛を受けても、「人として当然のことをしただけです」と謙虚に答えています。
没後の2000年には日本政府から公式に名誉回復がされ、現在は「日本のシンドラー」と評されています。


chiune20sugihara20003-1.jpg


この映画は2015年10月13日、杉原がビザを発給したリトアニア・カウナスでワールドプレミアが行われ、杉原の家族やカウナス副市長が出席。450席の劇場は満席で50人の立ち見が出た他、上映終了後には5分間のスタンディングオベーションが起きたそうです。
その後、12月5日に全国329スクリーンで公開され、5日・6日の2日間で観客動員11万8,453人、興行収入1億4,538万9,600円を記録し、国内映画ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となりました。
この映画はDVDで観ることができます。ご覧になっていない方にはお薦めです。


杉浦千畝が生前語っていた次の言葉は、現在の混沌とした時代にあって私たちにとても大切なことを教えてくれています。
「世界は大きな車輪のようなものですからね。対立したり、あらそったりせずに、みんなで手をつなぎあって、まわっていかなければなりません」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

笑ったり、微笑んだりすると

2018.10.21日
smilefrown-1024x687.png


"When you laugh or smile, it triggers a part of your brain that actually makes you happy."
ーーAnonymous
「笑ったり微笑んだりすると、脳のある部位が刺激されて実際に幸せになる」
ーー作者不詳
(訳 舟田譲二)


昨日の記事、「笑いは百薬の長」は大きな反響を呼びました。
その声の一部を下に紹介します。


「大笑いすると同時に学生時代の自分を思い出しました」
「温泉知識、と、LINE、は正解にしてもいいのでは?笑 質問のしかたによると思いますが、温故知新じゃなくても正解でしょう」
「早朝から大笑いです」
「面白いですね(^∇^)」
"Thanks Joji! I could not stop laughing from the initial one to the last. We could start a good day with my wife! I had a good reason.”
(ジョージさん、ありがとう。初めから最後まで笑わずにはいられませんでした。妻と一緒にいい一日のスタートを切ることができました。ちゃんと笑う理由がありましたよ)
"Joji I guess most of them are genuinely serious answers that's why they are so funny. Yes, we do need to be happy just out of stuff like these."
(ジョージ、ほとんどの答えは真剣に書いたものだと思います。だからとっても面白かったのでしょう。こういったもので私たちは幸せになる必要がありますね)
「面白すぎます!!どれもこれも!! ほんとに大笑いしまくりました。シェアさせてください♪」
「ほんとに面白いですね」
「 (*≧∀≦*) わざとふざけたのか、マジで解答してるのか…(^o^;)」
「政治家のお食事券、マジ笑いました」
「久々に笑えました」


記事をまだ読んでいらっしゃらない方はぜひお読みください。


さて、今日の名言
「笑ったり微笑んだりすると、脳のある部位が刺激されて実際に幸せになる」
は本当です。
実際、つい先日の記事、「ものすごい武器」の中にも書きましたが、「笑い」はガン細胞をやっつけます。普通の健康な人の体内では毎日3000〜5000個ものガン細胞が発生していますが、1回笑うとなんと100個のガン細胞が消滅します。1日に100回笑うと100×100で10000個のガン細胞が死にます。
皆さんは1日に100回笑っていますか?
4歳の子供は、1日に300〜500回ほど笑うそうですが、大人になるとその数は10〜15回に激減し、さらに年を取るにしたがって笑う回数はどんどん減っていきます。105歳で亡くなられた日野原重明さんは、ユーモアの持ち主で有名でしたが、毎日たくさん笑っていらっしゃっいました。
「笑い」は現代の医学でもっても癒すことのできない難病を癒すこともあります。
頭に血が上って大げんかをしていた夫婦が、何かの弾みで一方が笑い始めるともうひとりも笑い、ふたりで大笑いしているうちに仲直りしてしまったりすることもよくあります。


私自身、昨日の記事を書きながらひとりでニヤニヤしたり、声を上げて笑ったりしてました。
そして、昨日はウォーキングしているときも思い出してはニヤニヤしていました。
すると不思議なことに本当に幸せな気持ちになるのです。


上の女性の写真を見てください。
同一人物ですが、左の写真ではニコッと微笑んでいて、右の写真ではしかめっ面をしています。
あなたはこの写真を見て、どう感じますか?
左の写真を見ると幸せな気持ちになりませんか?
一方、右の写真を見ると気がふさぎませんか?
どちらの人と一緒にいたいですか?
そうなんです。
ひとりの人の笑顔は伝染して周囲の人をも笑顔にします。
昨日、ウーキングしていたとき小学1年生の一団が先生に引率されて校外学習かなにかで道路を歩いていました。みんなニコニコしています。それを見た人たちはみんな自然と微笑んでしまいます。


幸せだから笑ったり、ニコニコしたりするのではありません。
笑ったり、ニッコリ微笑むから幸せな気持ちになるのです。


幸せになりたかったら「微笑み」「笑う」ことです。
鏡を見るたびに自分に微笑みかけましょう。幸せになりますよ。
そして、あなたが微笑んで、笑っていたら周りの人たちも幸せな気持ちになります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

笑いは百薬の長

2018.10.20日
laughing-best-medicine.jpg


"Laughing is the best medicine. Unless you're laughing for no reason ... then you need medicine."
「笑いは百薬の長。でも理由もないのに笑っていたら薬が必要」
(訳 舟田譲二)


今日は皆さんにたっぷり笑っていただきます。
私も大笑いしました
笑いが最高の薬、何にでも効く笑いは百薬の長です。
下の写真はうちの生徒の答案ではありませんのでご安心ください。ネットで見つけたものです。
(見づらいものは画像をクリックすると拡大されます)


c25cc9ff2d2045c75eadeada3f1d78d7.jpg  28d45289b6406bdb61c9f632dbffa724.jpg


1cebf102290395036fea0f67a6e39029.jpg  onsen.jpg


tenno.jpg ringo.jpg


line.jpg oshokuji.jpg


otosan.jpg  yarimasita.jpg


mosimosi.jpg  okasan.jpg


maru.jpg  aijo.jpg


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

陸2020夢想發射「人造月」比本尊亮8倍 !?

2018.10.19日

如果夜晚不再是K色,而是擁有黃昏的亮度,將是一幅怎樣的情景?大陸科研單位計畫2020年發射衛星,在空中打造一顆「人造月亮」,亮度將是月球的八倍。


moonphoto.jpg


「人造月亮的技術已經成熟」?
成都航太科工微電子系統研究院有限公司董事長武春風10日在成都一項展覽會上表示,相較20多年前俄羅斯的嘗試,如今「人造月亮」的技術已經成熟。2020年,這顆「人造月亮」將從四川西昌衛星發射中心升空,照亮夜空。
(聯合新聞網)


【速報】「人工の月」を中国が2020年に打ち上げへ! 本物の8倍の明るさで「夜が滅亡」、生体リズム激変へ!


■人工の月で夜を照らす
 今月16日付の「人民日報」によると、2020年に「人工の月」を打ち上げる予定なのは中国南西部の成都市だ。この人工衛星は「月を補完する目的」で設計されており、太陽の光を反射して直径10〜80キロメートルの範囲を誤差数十メートル程度で照らすことができるという。その明るさは本物の月のおよそ8倍とされ、夜の町を夕暮れ時くらいの明るさに照らすことができるという。


 この壮大な計画は、今月成都市で行われた展覧会で成都航太科工微電子系統研究院有限公司の武春風会長から発表された。計画によれば、人工の月はおよそ50平方キロメートルを照らすことができ、街灯も必要なくなってエネルギー消費の節約にもなるという。試験はすでに数年前から始まっており、技術的にも成熟段階にあるとのことだ。


 今回の人工の月計画が成功すれば、街灯の消費エネルギー減ももちろんのことながら、地理的な要因で日照が足りない場所に光を届けることが可能になるだろう。ただ、人工の月が生物のリズムを害する恐れや、天体観測への悪影響を懸念する声も上がっている。
 衛星から太陽光を届けるという新たな手段で、人類は夜の闇を消し去ることができるのであろうか? 計画の進展に多くの注目が集まっている。

(知的好奇心の扉 トカナより)


またまた中国がやります!
中国はお金で月を買うこともできる⁉


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

藤井聡太七段 新人王に輝く!

2018.10.18日
15.jpg


"He who would learn to fly one day must first learn to stand and walk and run and climb and dance; one cannot fly into flying."
--Friedrich Nietzsche - 1844-1900 - Philosopher
「いつか飛ぼうという人は、まず立つことを、歩くことを、走ることを、登ることを、踊ることを学ばなければならない。だれもいきなり飛ぶ世界に飛び込むことはできない」
--フリードリヒ・ニーチェ、哲学者
(訳 舟田譲二)


うーん、哲学者らしい面白い表現ですね。
そりゃそのとおり。
立つことを学ばなければ歩くことはできないし、歩くことを学ばなければ走ることはできない。
走ることを学ばなければ登ることはできないし、登ることを学ばなければ踊ることはできない。
すなわち、物事には踏むべきステップがあるということです。
これはどんなことにも通じます。


昨日、藤井聡太七段の新人王戦がおこなわれ、三番勝負を2連勝で制して、平成最後の新人王に輝きました。
現在高校1年生、16歳2か月で31年ぶりに最年少記録を更新しました。
昭和最後の新人王は羽生善治さんでしたが、おそらく藤井聡太さんは将来的には羽生善治さんを追い抜くのではないかと思われます。


藤井聡太さんは祖母から将棋セットをプレゼントされ、5歳の夏、祖父母から将棋の手ほどきを受けて、その年の12月に瀬戸市内の将棋教室に入会。入会時に師範から渡された、500ページ近い厚さの所司和晴『駒落ち定跡』を、まだ読み書きができなかったので符号を頼りに読み進め、1年後には完全に理解・記憶したといいます。


2011年8月、小学校1年生で東海研修会に入会。小学校3年生で第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝、同年10月にJT将棋日本シリーズ東海大会の低学年の部で優勝。
中学1年生であった2015年10月18日に、史上最年少(13歳2か月)で奨励会三段に昇段。
2016年10月1日、14歳2か月での四段昇段し、プロ入りを決めて最年少棋士記録を62年ぶりに更新。


1%281%29.jpg 2%281%29.jpg 3%281%29.jpg

4%281%29.jpg 5%281%29.jpg 6%281%29.jpg


上の写真を見ると、藤井聡太さんの祖父から手ほどきを受けている5歳の頃から昨日の新人王戦まで、将棋における成長の様子がわかります。
彼も将棋において最初は0から始め、よちよち歩きをし、次に走り、そして登り、踊って、今まさに飛び立とうとしています。
でも、藤井さんもここまで無敗で勝ち進んできたわけではありません。何度も負け、悔しい思いをし、それを糧にしてさらに研鑽を積んで今日に至ったのです。


私たちも一足飛びにはなにもできません。
転びもすれば、落ちもする。失敗もします。しかし、ステップバイステップ。
焦らず、一歩一歩しっかり地を踏みしめて上を目指し、成長していきたいものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

真に強い人とは

2018.10.17日
quote-1474.jpg


"Strength does not have to be belligerent and loud."
--Russell Brand - Comedian, Actor
「『強い』とは、喧嘩っ早くて大声で怒鳴るということではない」
--ラッセル・ブランド、コメディアン・俳優
(訳 舟田譲二)


テレビや映画に出てくるヤクザとかチンピラ、不良というのは、概して「喧嘩っ早くて、大声で怒鳴る」といのが定番です。
本物のヤクザさんやチンピラさん、不良さんとはお付き合いがないので(笑)、果たして本当にみんながあのようなステレオタイプなのかどうか私にはわかりませんが、やはりそのようなイメージが強いです。
でも、私の想像するところでは、本物はもっとどっしりと構えていてあんなに喧嘩っ早くないのではないかな〜と、これは私の希望的観測ですが。


映画『ゴッド・ファーザー』のようなちょっと怖いイメージですが、なんかとても芯が強い人のような感じがします。
そんじょそこらのチンピラさんのように喧嘩を売ったり、大声を出して脅したりしません。
地位や権力など、「虎の威を借」りて威張り散らしたり、大声で怒鳴るような人は本当は小心者で弱い人なんじゃないでしょうか。


一方、本当に強い人というのはヤクザさんのような人ではなく、物静かでも少々のことでは動じず、自分というものをしっかり持っている、そんな人ではないでしょうか。
たとえば、今年のノーベル生理学・医学賞受賞に選ばれた本庶 佑さんとか、6年前の同じ賞を受賞された山中伸弥・京都大教授など、とても静かな研究者ですが、内側には成功するまで諦めない本当に強いものを持っていらっしゃいます。
また、一部上場の大会社の社長さんなどもたいがいは物静かだけど、真に強い人たちです。
揺るがない信念を持っていて、社員のため、また社会のために尽くす。
そういうものに私はなりたい。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

想像するより尋ねろ

2018.10.16日

故ビル・ラブは、カナダの森林の中で迷子になった精神分析医とエンジニアと医者の話をよくした。


狩猟者の小屋にたどり着いた彼らは、ドアをノックしたが応答がなかったので中に入り、小屋の住人がもどってくるまで暖を取りながらそこでしばらく待つことにした。


小屋の隅には腰の高さの荒削りの台があり、その上にストーブが置いてあった。
このストーブがすぐに彼らの関心を集めただけでなく、話題の中心になった。


精神分析医は、この奇妙な位置に置いてあるストーブは、小屋の住人が孤独の中で心理的におかしくなった証拠だと、ほかのふたりに説明した。
一方エンジニアは、ストーブが腰の高さに置いてあるのは強制換気のためで非常に巧妙に考えられていると言った。
医者は、この憐れな住民は関節炎で痛みのために身を屈めて薪をくべることができないので腰の高さにストーブを置いたのだと推量した。


狩猟者がようやく小屋に戻ってきたとき、3人は暖を取って命拾いしたこのストーブのことを尋ねずのを待ち切れなかった。
住人は答えた。
「簡単なことだよ。ストーブのダクト(排気筒)が短かったからさ」


この狩猟者物語ではないが、私もこれまで彼ら3人と同じようなことを何度もしてきた。
私は人の心を読もうとしてきた。ありもしない動機を背後に見たこともある。
ときにはある状況のもとで出来事の断片を捉えていたのが、予期しない反応に出合って恥をかいたこともある。
あるいは相手を怒らせてしまった言い訳として、つい舌が滑ってしまったと言い訳したこともある。また、ときにはまったくの馬鹿を演じたこともある。


あるとき、私の犠牲者は見知らぬ人だったが、別のときには教会の友人だったり、職場の同僚だったりしたこともある。しかし、一番よく犠牲者になったのは私の妻や子どもだ。


コミュニケーションはうまくいくときには素晴らしい。
しかし妨げとなるものがあまりにも多い。私たちはその都度、問題を持ちこんでくる。言葉はあいまいだったり、背景が違う人にはまったく異なったニュアンスを持つこともある。
さらに私たちはみんな偏見を持っていたり、他人に見えない部分があったりする。


混乱の多くは避けることができるし、次の単純なルールに従うことにより大きな進歩を遂げることができる。
なにかが明白でないときには、尋ねるのが一番。勝手に思い込んだり、推測したり、人の心を読んだりしてはいけない。自分のプライドをのみこんで言いなさい。「正しく理解できているかどうか...。申し訳ありませんがご説明していただけませんか?」と。


この単純な戦略で恥をかいたり、時間やお金を無駄遣いすることを避けることができる。もっと大切なことは、あなたの人生における一番大事な人間関係を壊さずに守ることもできるだろう。


ルーベル・シェリー


ルーベル・シェリー氏は、ミシガン州ロチェスターヒルズ市の教会牧師、宗教学・哲学を教える大学教授。ほかにハビタット・フォ・ヒューマニティ、アメリカ赤十字、ナッシュヴィル・ウィズ・ラブ、ナッシュヴィル・メトロ公立学校、フェイス・ファミリー・メディカル・クリニック、オペレーション・アンドリュー・ミニストリーズなどにも関わってきた。
(訳 舟田譲二)


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたの将来をどのように見るか

2018.10.15日
quote-1473.jpg


"How you see your future is much more important than what has happened in your past."
--Zig Ziglar - 1926-2012 - Author, Speaker
「あなたの将来をどのように見るかは、あなたの過去に起こったことよりもはるかに大切だ」
--ジグ・ジグラー、著作家・講演家
(訳 舟田譲二)


ジグ・ジグラーの名言はこれまでこのブログで何度か取り上げてきました。
「本当に学ぶ気があれば...」「オーダーメイドの人生」「あなたの人生を決定するものは」「成功とは」「鷲のように飛びたかったら」


私自身、ジグ・ジグラーとは非常に波長が合い、彼の書いた著書も読んでいます。
ご興味のある方は上の過去の記事をご覧ください。


今日の彼の言葉もまことに言い得て妙なり、という感じです。
「あなたの将来をどのように見るかは、あなたの過去に起こったことよりもはるかに大切だ」


私たちはとかく過去のことにこだわる傾向があり、それに引きずられて将来が見えなくなります。そのいい例が、映画やドラマなどでよく見る復讐劇です。
確かに、だれかに嫌な思いをさせられた、騙されてお金や財産を奪われた、家族の命を奪われた、会社を潰された、不当に解雇された、信頼していた人に裏切られた、伴侶に不倫された、弱い者いじめをされた等々、このようなことがあると、人間の本性として復讐したくなるものです。
しかし、復讐はなんの益ももたらしません。むしろ、復讐がさらに次の復讐を生み、永遠の泥沼に落ち込んでみんなが痛い、苦しい思いをすることになります。復讐をすることに伴う将来が見えないのです。


むしろ私たちがなすべきは、過去から解放されて将来を見ることです。
過去はだれにも変えることができません。変えることができるのは現在と将来だけです。
さらに言えば、現在を変えれば将来を変えることもできます。
「将来をどのように見るか」というのは、将来の時点のことではなく、現時点のことです。
変えられない過去にこだわるのではなく、変えられる現在にこだわるべきなのです。


多くの人が過去のいやな思い出に引きずられて現在を、そしてその結果将来をも台無しにしています。
あなたはいかがですか?
どうすることもできない過去に起こった出来事に引きずられていませんか?

過去から解放されて、将来のために現在に焦点を当てて、現在を変えることに力を注ぎませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

今はバベルの塔の時代

2018.10.14日
dinosaurs.jpg


"Scientists want dinosaurs and Neanderthals back to life."
「科学者たちは恐竜やネアンデルタール人を甦らせようとしている」

(訳 舟田譲二)


2007年にシベリアの永久凍土が溶け、約3万7000年前のものと推定される2歳の冷凍赤ちゃんマンモスが発見されました。
このマンモスから細胞核を取り出し、「クローン」を生み出そうというプロジェクトが進められています。まさに映画『ジュラシック・パーク』そのもので、そのうちに恐竜の復活も目指すことでしょう。恐竜大腿骨の軟部組織で発見されるタンパク質は、鶏やカエル、爬虫類と似ておりこれを利用しようというわけです。


513798605.jpg


%83%7D%83%93%83%82%83X%95%9C%8A%88.jpg


これだけでも十分に恐ろしい話ですが、さらにハーバード大学の研究チームは、2013年より遺伝子工学の最新技術を用いて、化石に残っている遺伝子情報を基にネアンデルタール人のDNAを人工的に作り出し、そのDNAを人間の幹細胞に注入して、実験室で数日成長させた後、代理母(もしくはチンパンジー)の子宮に移植するというのです。


一昨日の新聞やテレビのニュースで、中国科学院などの研究チームが2匹のオスの精子が持つ遺伝情報をもとに子マウスを初めて誕生させることに成功した、と一斉に報じました。
中国科学院などの研究チームは今後、サルでの実験も計画。チームのウェイ・リー博士は「現時点で人への応用は無理だが、将来的に可能性がないとは言い切れない」と言う。
東京農業大の河野教授は「人で行うことは不可能ではないかもしれないが、遺伝子に異常が起きる可能性があり、倫理の観点からも問題がある」と指摘している。

(10月12日付 読売新聞より一部抜粋)


ここで「倫理の観点からも問題がある」と言っていますが、「倫理」って何でしょうか?
辞書は次のように定義しています。
「人として守り行うべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの。道徳。モラル」
「普遍的な規準」て何でですか?
時代や国、地域、文化、宗教などによって「規準」は変わります。
「普遍的な規準」は絶対的な規準を持つ神の存在抜きには考えられません。
なぜ「人が人を殺してはだめなのか?」「人の物を盗んではいけないのか?」「うそをついてはいけないのか?」「夫婦間以外で性関係を持つことはだめなのか?」...。これらはすべて神が定められた規準だからです。
学者たちが「倫理の観点からも問題がある」というのは、人が神の領域に踏み込んで生命を操ることを恐れているからです。


今の時代はあたかも紀元前6世紀頃に登場した「バベルの塔」(創世記11章)の時代とそっくりです。人は高慢になり、自分たちの知恵で神に挑もうとして天にも届く塔を造ろうとしました。
しかし、神は「彼らがみな、一つの民、一つのことばで、このようなことをし始めたのなら、今や彼らがしようと思うことで、とどめられることはない。さあ、降りて行って、そこでの彼らのことばを混乱させ、彼らが互いにことばが通じないようにしよう」と言って、人々をそこから地の全面に散らされました。
(詳しくは「バベルの塔」参照)


1_04sSo5DgaWAgytA3Vs7QzQ.jpeg


バベルの塔は、当時「バビロン」と呼ばれていた地域、現代のイラクの首都バグダッドの南方に位置する場所です。

エ・テメン・アン・キをクリックするとグーグルアースで下の写真が出ます。バベルの塔の位置を示しています。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-10-13%2020.43.18.jpg


この「バベルの塔の時代」に生きる私たちは、遺伝子操作、細胞融合その他生命操作技術を用いる生命科学が試みようとしている上のような無謀で危険な流れに歯止めをかけなければなりません。でないと、バベルの塔を超えた想像もつかないような恐ろしいことが起こります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

身に起こる10%はコントロールできないが...

2018.10.13日
charlesrswindoll3-2x.jpg


"Life is 10% what happens to you and 90% how you react to it."
--Charles R. Swindoll, 1934ー  Christian pastor, author, educator, and radio preacher
「人生は、あなたの身に起こる10%と、それに対してあなたがどう反応するかの90%で成っている」
--チャールズ・R・スウィンドル、キリスト教牧師・作家・教育者・ラジオ伝道者
(訳 舟田譲二)


過去50年間でもっとも影響力のあった全米の牧師トップ25人のひとりに数えられている著名な牧師、それがチャック・スウィンドル師です。
上の彼の名言はとても有名です。


私たちは好むと好まざるにかかわらず、この世に生きている限り誰でも自分の身に起こる様々な出来事に翻弄(ほんろう)されます。
愛する家族の死や、経営している会社の倒産、会社を首になる、失恋、火事や地震・洪水などの災害で家や財産などすべてを失う、ガンになり余命宣告を受ける、難病にかかる、子どもが重大な事件を起こし有罪判決を受ける、家族が事件に巻き込まれ殺される等々。
私たちはこれらを他人事のように思っていますが、毎日新聞やテレビを賑わすニュースは、どこの家にも起こり得ることです。
そして、これらの出来事に潰されてしまって病気になったり、あるいは中には自殺する人さえいます。


しかし、考えてみたら、このような出来事はどこの家にも起こっていることでありながら、みんながみんな潰されたり自殺したりしているわけではありません。
ほとんどの人が、何とかこれらの災難をくぐり抜けて生き続けています。


つまり、これらの出来事が起こっても、それにいかにして対処するかが問題だということです。
スウィンドル師が言うように、
「人生は、あなたの身に起こる10%と、それに対してあなたがどう反応するかの90%で成っている」
なのです。
10%は私たちにはコントロールできないこと、どうしようもないことです。
しかし残る90%は私たちがコントロールできる部分、すなわち起きた出来事に対する対処の仕方です。


このことを覚えておくと、これから先の人生で必ず遭遇する上のような人生の荒波、試練に対してそれを乗り越える知恵と力が与えられます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

ものすごい武器

2018.10.12日
gettyimages-667207606.jpg


"The human race has one really effective weapon, and that is laughter."
--Mark Twain (1835 – 1910) Writer, humorist, entrepreneur, publisher, lecturer
「人類はものすごい効果的な武器を一つ持っている。それは笑いだ」
--マーク・トウェイン、ユーモア作家・小説家・起業家・出版者・講演家
(訳 舟田譲二)


昨日の記事、「地上最強の武器」には「火がついた人間の魂」が地上最強の武器だ、というもと第1次大戦当時の陸軍元帥の言葉を引用してご紹介しました。
今日の記事は、アメリカの作家、マーク・トウェインの名言でやはり同じく「武器」について語ったものです。
「人類はものすごい効果的な武器を一つ持っている。それは笑いだ」
といかにもユーモア作家らしい表現を使っています。


なぜ「笑い」を「ものすごい効果的な武器」とマーク・トウェインは呼んだのでしょうか?
動物のハイエナが「笑う」とよく言われます。実際、顔も笑っているように見えます。

4cada9592a3eb03e373117a03d7f7df4.jpg

そして、鳴き声がまるで人間が笑っているように聞こえるのですが、ハイエナは笑いません。
地球上には約140万種類の動物がいるといわれていますが、笑うのは人間だけです。
笑うのは人間だけに与えられた特権です。しかも、マーク・トウェインは「笑い」を人間の武器だと呼んでいます。なぜでしょう?


よく聞く話ですが、「笑い」はガン細胞をやっつけます。
普通の健康な人の体内でも毎日3000〜5000個ものガン細胞が発生しているそうです。
ところが、1回笑うとなんと100個のガン細胞が消滅するんですって。ということは1日に100回笑うと100×100で10000個のガン細胞が死ぬという計算になります。これってすごくないですか!
皆さんは1日に100回笑っていますか?
4歳の子供は、1日に300〜500回ほど笑うそうですが、大人になるとその数は10〜15回に激減し、さらに年を取るにしたがって笑う回数はどんどん減っていきます。
105歳で亡くなられた日野原重明さんは、ユーモアの持ち主で有名でしたが、毎日たくさん笑っていらっしゃったそうです。


「笑い」は現代の医学でもっても癒すことのできない難病を癒すこともあります。
アメリカの雑誌『サタディ・レビュ−』の編集長だったノーマン・カズンズ氏(1915年6月24日 - 1990年11月30日)は、膠原病の一つである硬直性脊椎炎にかかってしまいました。発熱と激しい体の痛み、脊椎の硬直で体が動かしにくくなる病気です。
「1日中トラックが体の上を走り回っているような」激痛だったと本人は語っていました。
カズンズ氏を診た専門医は治る確率は500分の1と言いました。
現在でもこの病気の原因は不明で、予防法、治療方法も確立されていません。
しかしジャーナリストであった彼は、リサーチして人間の免疫作用と自己治癒力を高めるといわれているビタミンCを大量摂取し、アメリカ版の「どっきりカメラ」のようなテレビ番組を毎日たくさん見て大笑いし続けました。笑うと脳からβエンドルフィンという鎮痛作用のあるホルモン(脳内モルヒネ)が出るのです。
結果、わずか数か月後に症状が改善し再び仕事に戻ることができました。


ジョン・レノンの妻、オノ・ヨーコは「鏡に向かって微笑みなさい」の中に書きましたが、「鏡に向かって微笑みなさい。毎朝微笑みなさい。そうしたらあなたの人生が大きく変わっていくのに気づくでしょう」と言っています。
オノ・ヨーコは現在84歳ですが、健在で活躍しておられます。
私もこれを知って、いつも鏡を見て自分に微笑みかけ、またウォーキングしているときも思い出すとニコッと微笑みます。
不思議なことに微笑むだけで、気持ちが明るくなるのです。


また、頭に血が上って大げんかをしていた夫婦が、何かの弾みで一方が笑い始めるともうひとりも笑い、ふたりで大笑いしているうちに仲直りしてしまっていた、という話はよく聞きます。


マーク・トウェインはガン細胞のこともβエンドルフィンのことも知りませんでしたが、今から100年以上も前にすでに、
「人類はものすごい効果的な武器を一つ持っている。それは笑いだ」
と語っていました。
ホント、「笑い」は最強の武器ですね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

地上最強の武器

2018.10.11日
ferdinandfoch1-2x.jpg


"The most powerful weapon on earth is the human soul on fire."
ーーFerdinand Foch 1851 - 1929, Marshal of France, Field marshal (United Kingdom), Marshal of Poland
「地上最強の武器は火がついた人間の魂だ」
ーーフェルディナン・フォッシュ、フランス元帥・イギリス陸軍元帥・ポーランド元帥
(訳 舟田譲二)


私は戦争とか武器とか、喧嘩などとは全く無縁の人間なので、「元帥」と言われても軍隊でとても偉い人ということぐらいしか知りませんでした。
「元帥」とは軍における最高階級なんですって(なにを今さら?)。
日本で言えば、武田信玄、織田信長、徳川家康のような歴史に名を残す人物のことです。


フェルディナン・フォッシュという人は、なんとフランス元帥・イギリス陸軍元帥・ポーランド元帥だったのですって? えー、めちゃめちゃすごい人じゃないですか!?
この人が第一次世界大戦時、第9軍司令官を務めてドイツ軍に対する防戦を指揮していた際に、絶体絶命の状況で発した名言が、
「我が軍の右翼は押されている。中央は崩れかけている。撤退は不可能。状況は最高、これより反撃する」
だそうです。
普通だったら、「状況は最悪」とだれでも言うでしょう。
信じられないような超ポジティブ思考です。
百戦錬磨で戦争の裏の裏まで知り尽くしていたのでしょう。


この名将中の名将が残した別の名言が冒頭の言葉です。
「地上最強の武器は火がついた人間の魂だ」
おそらく彼自身の魂に火がついていたのでしょうね。そうでなければこのような言葉は決して出てこないでしょう。
私など、カッコよく言えば「平和主義者」ですが、実際には意気地なしですから、このような状況に面したら間違いなくすぐに降伏します。


この平和な時代に生きている私たちは実際に戦争という場面に遭遇することはないでしょうが、心の中に起こるさまざまな霊の闘いには日々直面しています。この霊の戦いにはそうそう簡単に降伏してはいけません。なぜなら、それは即人生での敗北を意味するのですから。
でも、一番困難な霊の戦いにおいても、最強の武器はやはり「火がついた魂」です。
神によって魂につけられた火は決して消されることはありません。
というか、これ以外に霊の戦いに勝つ術などはないでしょう。


あなたの魂も火がついていますか?日々の霊の戦いに打ち勝っていますか?


四方八方すべて敵に囲まれて攻められていても上は常に開いています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生は一瞬にして変わる!

2018.10.10日

これまでの人生を振り返って私は多くの失敗を犯してきました。そして、その刈り取りもしてきました。
目の前が真っ暗、頭の中が真っ白、天地がひっくり返るほどの苦しみや辛さも経験しました。
もう人生が終わったと思うほどの経験もしました。生きる目標を見失ったこともあります。
でも、不思議とその都度どこかから助けが来て、ここまで生き延びてきて幸いを得ています。


生きている限り誰でも大なり小なり、そのような経験をしてきていることでしょう。
以下はアメリカの実業家、アリソン・ルイスさんのお証です。自らはっきりとは語っておられませんが、彼女もおそらく同様の、あるいはもっと大変なところを通ってきていらっしゃるのだと思います。


名言とは、短い寓話(たとえ話)で、読む人の魂に語りかける数語の言葉から成る話のことです。名言は記事や本が読まれるようには書かれていません。名言は、読んだ人が熟考することを選択するなら人生を変えることができます。


下に挙げる一般にあまり知られていない名言に思いを馳せなさい。日記に書き留めなさい。
一つひとつの名言をじっくり考えなさい。その中の一つひとつの言葉をにれはみ(反芻)なさい。そして時間をゆっくりかけてその名言があなたに語りかける言葉に心の耳を傾けなさい。
ひとつの名言に忍耐強く、期待しながら取り組み、それがあなたにとってどういう意味をもっているのか自分で発見しなさい。


「変化は一瞬にして起こる。あなたが変化を起こそうと決心した瞬間に起こる」


私は上の文を2006年に書きました。
これは、その後何万、何十万人という人々によってSNSで繰り返し繰り返しシェアされてきました。
私がこの記事を自分自身の短い文で締めくくる理由は、これが私の人生を端的に言い表しているからです。
私の魂に叫びかける私の小さな物語です。


15501961812_6d8970063b_o%20%282%29.jpg


"Think of all the beauty still left around you and BE HAPPY."
「自分の周りにまだ残されているあらゆる美しいもののことを考えましょう。そして幸せになりましょう」


氷と光の美しい画像の中で語られているアンネ・フランクの名言です。


試練や困難な状況は、まったく予期していないときに私たちの人生に襲いかかってきます。それも1回ならずしばしば。
苦難と壊滅的状況を見つめながら、私は決断を迫られていました。
私は苦難の道を選択することができました。また、一瞬のうちの変化を選択することもできました。
名言の多くは、古今東西、人々に常に成長とインスピレーション(ひらめき)を与えてきています。
あなたが変えることを決断するなら人生は変わります。
私は「幸せになる」ことを選択しました!
--アリソン・ルイス


アリソン・ルイスは、全米で高く評価されているモチベーションスピーカーであり、時間管理術や生産性の戦略家、企業の管理職指導コーチ、ベストセラーの『7分間解決術』『7分間人生計画手帳』の著者。「7分間人生・ドットコム」の創始者。これまで何万という人たちを人生の混沌状態や精神的崩壊状態から平安で充実した幸せな人生へと変わるのを手助けしてきた。
(訳 舟田譲二)


あなたはどちらを選択しますか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

わずかな違いが大きな違いを生み出す

2018.10.09日
1_ufpliCX-H3FteThqaiYhRQ.png


"There is little difference in people, but that little difference makes a big difference. The little difference is attitude. The big difference is whether it’s positive or negative."
--W. Clement Stone – 1902-2002, Businessman and Philanthropist
「私たちの間にはほんのわずかな違いしかない。しかし、そのわずかな違いが大きな違いを生み出す。『わずかな違い』とは物事に対する考え方。『大きな違い』とはポジティブかネガティブかの違いだ」
--W・クレメント・ストーン、実業家・慈善家
(訳 舟田譲二)


確かに人間の考えること、することなんて大局的に見ればみんな似たり寄ったりなんでしょうね。
しかし、ポジティブ思考の生みの親であるW・クレメント・ストーンに言わせれば、そのわずかな違いが天と地ほどの大きな違いを生み出し、その大きな違いとは人の思考でポジティブであるかネガティブであるかの差。


何か同じことを考えていても、「どうせ無理」「やっても無駄」「骨折り損のくたびれ儲け」「自分にできるわけない」などと考えるか、あるいは「いや、待てよ。ひょっとしたらできるかもしれない」「いや、きっとできるにちがいない」「やってみる価値がある」「これができたら世界が変わるぞ」「できるまであきらめないぞ」と考えるか。
ここが凡人と天才の分かれ目なのです。


ノーベル賞を取る人などは、もちろん頭がいいこともありますが、それ以上に成功するまであきらめないという精神をみんな持ち合わせています。
一方、私たち一般の人間は、「どうせこんなもんだろう」と初めから決めてかかって、それより上を望まないし、また得るまで追い求めるという根気もありません。
これが人生を大きく分けてしまうのです。


そう、「分かっちゃいるけど」なんですよね。
まあ、ノーベル賞のような大それたことは望まないにしても、日常の生活の中のちょっとしたことでもネガティブに考えるかそれともポジティブに考えるかによって、雲泥の差を生み出します。
私自身の至近な例のひとつです。


先週テレビで見た「きくち体操」の菊池和子さん。すごいです!
スタイルがすごい! 体の柔らかさがすごい! 生徒の指導がすごい! 生徒さんの人気がすごい! ご自身のライフスタイルがすごい! もう何もかもすごすぎます。
えーっ! この方が84歳ですって!? 信じられな〜い!!
私よりもずっとお若いし、お元気で活動的で魅力的。もう心から尊敬いたします。


kikuti.jpg bfdf065e2cf18cafd9831579a6372ef4.jpg


昨日ウォーキングがてら帰り道に本屋に寄りました。
するときくち体操の本が平積みです。


kikuchi2%20%282%29.jpg kikuchi2%20%281%29.jpg kikuchi3.jpg


発奮しました!
私もテレビで見て以来、毎日の生活の中にきくち体操のいくつかを取り入れて、少しずつ実践しています。
なにせめちゃくちゃ固い身体なので一つひとつやるだけでも大変です。
でも、あきらめません。ネガティブに考えずにポジティブに考えて、健康長寿を目指しています。
菊池先生、ありがとうございます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

記憶を定着させる新テクニック

2018.10.08日
%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-10-07%2020.52.42.png


上の画像の文字が読めますか?
わかりやすくすると次のようになります。


"The Most POWERFUL technique for REMEMBERING WHAT you STUDY."
「学んだことを覚えるもっとも強力なテクニック」
(訳 舟田譲二)


昨日、たまたま見つけたサイトで面白いフォントを紹介していました。
記憶力を維持するために特別にデザインされたフォントです。
RMIT大学のデザイン学部と行動ビジネス研究所の共同作業により生み出されました。
記憶するのが困難であればあるほど、一旦記憶したことは忘れにくいという認知心理学の原則を利用したものです。学習の過程においてマイナーな負荷がかえって脳の認知処理能力に働きかけます。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-10-07%2023.26.16%20%282%29.jpg %83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-10-07%2023.29.01.png


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-10-07%2023.30.32.png %83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-10-07%2023.32.56.png


このフォントでできた数字とアルファベットがこれです。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-10-07%2023.13.06.jpg


実際にこれを使って文字を変換するとこのようになります。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-10-07%2023.36.46.png


このフォントを使った結果は記憶力維持の改善です。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-10-07%2023.34.28.jpg


皆さんも記憶が定着するフォントを試してご覧になりませんか?
こちらがフォントのダウンロードのリンク先です。簡単にできます。

http://sansforgetica.rmit/


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

本当に学ぶ気があれば...

2018.10.07日
learning-quote.jpg


"If you are not willing to learn, no one can help you. If you are determined to learn, no one can stop you."
--Zig Ziglar - 1926-2012 - Author, Motivational Speaker
「学ぶ気がなければ、だれも助けることはできない。しかし、本当に学ぶ気があれば、だれも止めることはできない」
--ジグ・ジグラー、作家・モチベーショナルスピーカー
(訳 舟田譲二)


以前、「ほめてやらねば 人は動かじ」という記事を書きました。
この中に山本五十六の有名な言葉、
「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」
をご紹介しました。
私は生まれつきの教師なのか、やる気のない生徒や大人の人でもやる気を出させるのがうまいほうです。
これまで、「英語は捨てた」「英語は死んでる」「英語だけは無理」と断言(?)していた生徒のやる気に火をつけ、英語を得意にしたケースはたくさんあり、入試では一番の得意科目よりも英語で高得点した生徒も何人かいます。
小学生で算数が全然理解できない生徒にも根気よく教えて、そこそこできるようになった子もいます。
山本五十六の教えは確かにとても役立ちます。


でも、そんな私でもどうしても助けられない生徒が中にいます。
それは、本人が初めから徹頭徹尾やる気がなく、あの手この手を使っても絶対に乗ってこないような子です。
ちょっと言いかたは悪いですが、いわば「黙秘権」を貫き通す容疑者のようなものです。


ジグ・ジグラーはプロのモチベーショナルスピーカーだけあって、人のやる気を起こさせるのは超ベテラン、見事な腕前です。
しかし、そのような彼にさえ、
「学ぶ気がなければ、だれも助けることはできない」
と言わしめるような人が中にはいるのです。
このような人は、自ら少しでもやる気を起こすようになるまで放っておくしかありません。


でもその逆のケースはすごいことが起こります。
後半で彼が語っているように、
「本当に学ぶ気があれば、だれも止めることはできない」
のです。


今日(10月7日)は2018年度第2回の英語検定の日です。
この日に向けて去る4月から小学生の5級と4級、中学生の3級・準2級を指導してきました。
そして昨夜、試験前最後の対策授業を行いました。


私が担当しているのは準2級にチャレンジする中3生です。
この子は小学5年生のときから塾に来始めましたが、とにかく好奇心いっぱい、やる気満々で、教えることをまるで砂漠の砂が水を吸い込むかのようにどんどん吸収していきます。
小学生の頃から漢字をしっかり教えたところ中3になった今は、一般の大人の人でも書けないような難しい漢字を、とても綺麗な字で難なく書きます。学校ではほかの教科もどれもとてもよくできます。


さて、昨夜の集大成となる最後の授業。これまで過去問をずっとやってきたのですが、先月あたりから急に毎回点数が伸びてくるようになり、昨夜はこれまでの最高点。合格圏です。
英検準2級のレベルは英検協会では「高校中級」としていますが、実際に高3生に受験させると合格率は約3%という難しさです。
去年中3で2級(高校卒業程度)や、以前には小6で2級に合格した子もいますが、これらの子は小さい頃からやってきていました。
今回のAさんの場合は、まさに努力の賜物です。


「本当に学ぶ気があれば、だれも止めることはできない」
Aさん、これからも頑張れ!応援しています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

進むべき道に向かっていればいいのか?

2018.10.06日
17577.jpeg


"Even if you are on the right track, you'll get run over if you just sit there."
--Will Rogers - 1879-1935 - Stage and Motion Picture Actor
「たとえ進むべき道に向かっていたとしても、もしそこでただ座っているならひかれてしまう」
--ウィル・ロジャーズ、舞台・映画俳優
(訳 舟田譲二)


アメリカで今から100年ほど前に大活躍したコメディアン・ユーモア作家、ウィル・ロジャーズが残した名言です。
先日の記事、「死なない薬が発明された!?」の中にも書きましたが、本庶 佑さんが今回のノーベル生理学・医学賞に輝いたというニュースに日本中が沸きました。


最近のノーベル賞受賞者については、ほぼ毎回このブログで取り上げてきましたが、受賞者の方々皆さんに共通していること、それは何だと思われますか?
皆さんに共通しているのは、結果が出るまで研究一筋で我慢する忍耐強さと「ノーベル賞を受賞できるなんて思ってもいなかった」「私の力でできたことではなく周りの人たち(あるいは研究対象だった◯◯)のお陰です」「この研究の成果が世界中の人たちに、そして後進の研究者のために役立つことを願う」という謙虚さです。
ノーベル賞受賞という恩賞を目的としていた人はいません。


ここが、凡人との大きな違いです。
正しい方向にいることはもちろん大切です。しかし、それと同じぐらい大切なことは、行動を起こすこと、そして成功するまで忍耐して続けることです。
上の写真の中の男性のように、たとえ進むべき方向に向かった線路上にいたとしても、そこにただ座っていたら列車にひかれて死んでしまうだけです。考えているだけではだめなのです。
これは研究や仕事などに限ったことではありません。
夫婦関係、親子関係、子育て等々、およそ私たちの生活のあらゆる面に通じる真理です。


さあ、今立ち上がって行動を起こしましょう。
そして、成功するまで忍耐しましょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

自撮りに命かける?

2018.10.05日
FOREIGN201608231419000012918870098.jpg


上の写真はインスタに載った「危険な自撮り」をするロシア人女性。
写真を見ているだけで頭がクラクラする!


航空機で空を飛んだり銃を構えたり、滝の上の滑りやすい岩の上に立ったり――。
そんな自撮り写真を撮影しようとして命を落とした人は、世界で259人に上るという調査結果が、このほど学術誌に発表されました。


この統計は、インドの医療研究団体が2011年10月〜17年11月の間に各国のニュースで報じられた内容に基づいてまとめたものです。
その結果、自撮り写真撮影中の死者が多かった国はインド、ロシア、米国、パキスタンの順でした。死者の約72%は男性で、年齢は30歳未満が大半を占めています。


死因で最も多かったのは、波にさらわれたり、ボートから転落したりしたことによる溺死。続いて動く列車の前で写真を撮ろうとしてはねられるなどの「交通機関」が2位、火災と高所からの転落が同着で3位となっている。8人は危険な動物と一緒に写真を撮ろうとして死亡していました。


実際の死者がもっと多いのは間違いないと研究チームは指摘。例えば、運転中の自撮りで事故を起こして死亡したとしても、単なる自動車事故として処理される場合が多いといいます。
また、途上国では自撮りによる死亡事故がニュースで取り上げられないことも。

(10/4 CNNニュースより一部抜粋)


インスタでいくらたくさん「いいね!」をもらえたとしても死んだら意味ないですよね。
そもそも命をかけるようなことではありません。
下の写真の恐ろしさをよーく見て、反面教師にして良い子の皆さんは決して真似しないでくださいね。真似しろと言われてもできませんが(笑)


huashan.jpg


s_ice_screenshot_20171212-050440.jpeg


maxresdefault%20%281%29.jpg


shutterstock_285735722.jpg


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

味の素とブランド力

2018.10.04日
Scott-Cook-quote.jpg


“A brand is no longer what we tell the consumer it is -- it is what consumers tell each other it is.”
– Scott Cook, director and chairman of the executive committee of Intuit
「ブランドとは我々企業が消費者に教えるものではなく、消費者同士が語るものだ」
–スコット・クック、インテュイット経営委員会会長
(訳 舟田譲二)


お断り このブログで一企業について論じることがありますが、その企業について宣伝したり、批判したりするものではありません。あくまでも事実を述べているだけです。


皆さんのお宅では「味の素®」が食卓(テーブル)にのっていますか?


420.jpg


私の想像では現在この「味の素®」を使っていらっしゃる家は少ないのではないでしょうか?
私が子どもの頃は、ほとんどの家庭(おそらく90%、あるいはそれ以上?)の家庭で使われていました。
当時の容器はこんな感じでした。


detail_img_ttl_201411.png ajinomotocan.jpg


味の素を使うと実際に料理が美味しくなるので、飲食店では今でも結構使われているようですが、家庭ではあまり使われていないのではないでしょうか?
『走れメロス』『人間失格』『津軽』『斜陽』などで有名な作家、太宰治(だざいおさむ)は味の素大好き人間で、食べるものはなんにでもたっぷり振りかけていたそうです。これって「人間失格」でしょうかね。


そういえば私も子どもの頃、味噌汁から漬け物、おかずなどどれにもパッパと振りかけていました。これが習慣のようになっていました。
当時、「頭が良くなる」という噂が流れて、大学受験生が手のひらに味の素を乗せてなめているシーンがテレビのニュースで流されたことがあり、これも拍車をかけたかもしれません。
(ちなみに味の素社のHPのQ&Aには、「頭が良くなるようなことはありません」と書かれています)


さて、ちょうど今の健康ブームの先がけのようにして、1960年代、味の素が万能の化学調味料のようにもてはやされていたのですが、その反動のようにして「味の素害悪説」が世間に出回りました。
曰く、
「主成分のグルタミン酸ナトリウムは化学薬品で体に悪い」。
グルタミン酸ナトリウムの毒性というのは、1968年に中華料理を食べた人が、頭痛、歯痛、顔面の紅潮、体の痺れなどの症状を訴えた中華料理店症候群というのがありました。
また、1969年には、マウスおよびラットによる実験で幼体への視床下部などへの悪影響が指摘され、JECFA(国際連合食糧農業機関 (FAO) と世界保健機関 (WHO) の合同食品添加物専門家会議)は1974年に一日摂取許容量を 120 mg/kg/day 以下と定めたということもありました。


その後、JECFAなどで繰り返し追試を行った結果、通常の経口摂取ではヒトに対する毒性は確認できず、中華料理店症候群を引き起こす証拠は見当たらないという結論に達したそうです。
味の素社のHPにも、
「味の素®は体に入るとグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸、ナトリウムとに分かれます。これらは、昆布やかつお節、干ししいたけなどいろいろな食品に含まれている成分と同じもので、他の食品と同じように体内で代謝され、体内に蓄積されることはございませんので体に害をあたえる心配もいりません」
と断言しています。
しかし、一方ではいまだに味の素の危険性を訴える人たちも国内外に少なからずいて、ある国内の大学教授は、グルタミン酸ナトリウムを過剰摂取させたラットの実験結果から、「グルタミン酸ナトリウムが欧米に比べて広く使われているアジアで緑内障が多い原因のひとつではないか」と述べています。


まあ、このような細かいことを知ってしらでか、一時期の味の素に対するバッシングと不信感からいつの間にか一般家庭の食卓から「味の素®」は徐々に姿を消していったようです。
しかし、本題はここからです。


私は当時、このままだと味の素社の将来は危ういと思ったほどです。
というのは、私の母方の親戚が昔、京都で花札をメーカーをやっていて、会社は当時任天堂よりも大きく、すごい金持ちだったそうです。ところが、花札の人気が次第になくなりテレビゲームが大ヒットしたとき、任天堂のようにうまく時流に乗ることを知らず、いつまでも花札製造にこだわっていたため、ついには倒産してしまったということがあったからです。
しかし、味の素社は違いました。
「味の素®」だけにこだわらず、冷凍食品、インスタント食品から健康食品、美容関連グッズ、ペット関連グッズ等々、商品ラインを充実させイメージをすっかり変えてしまい、大成功を遂げました。


ロゴもキャッチコピーも、CMもとてもスマートになり大変貌を遂げました。

ajinomoto.png

今では、社会貢献活動にも力を入れていて、今の若い人たちは昔の味の素バッシング騒動など知らないことでしょう。
こうして立派なブランドを築きました。
会社、ビジネスだけに限りません。人物としての信頼にも当てはまります。
私たちも味の素から見倣うべきことがたくさんあります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

死なない薬が発明された!?

2018.10.03日

honjo.jpg


昨日の朝一番に入ってきた吉報。
本庶 佑(ほんじょ たすく)さんがノーベル生理学・医学賞に輝いたというニュースに胸が躍りました。


「大きくなったら、人が死なん(死なない)薬を発明する」と、小学生のとき言っていたそうです。これを読んで、私は身体に戦慄が走りました。
本当にその夢が(半分?)実現して、免疫抑制の阻害によるがん療法を発見し、オプジーボという製品化された薬によってすでに何十人もの人が健康を回復しています。これから後、何万、何十万、何百万というがん患者の命が救われることでしょう。
ステージ4の肺がんだと診断されたひとりの男性(53歳)はこのオプジーボのお陰で命を取りとめました。「本庶先生がいなければ、私は間違いなく生きていなかったでしょう。感謝してもしきれません」と語っています。「人が死なん薬」です(笑)。
まさに「人類のがんとの闘いにおける記念碑」となりました。


本庶さんは小中高校、大学時代、勉強だけでなくスポーツからなんでもこなして、学園祭の劇でも主役を務め、男女問わず憧れの的だったそうです。
その素晴らしいお人柄が今回のノーベル賞受賞でも表われています。
ノーベル賞の賞金として約1億1500万円(共同受賞者と等分)が贈られますが、使い道について、「大学に寄付しようかと考えている」と述べておられます。さらにオプジーボで入る特許使用料についても「果実は、大学に返して後進を育てることに使いたい」と、がん患者と家族のため、そして後進の研究のためと、その謙虚なお姿に本当に胸を打たれます。


「一番重要なのは『何かを知りたい』『不思議だな』という心を大切にすること。それから、教科書に書いてあることを信じないことです」と本庶さんは語っています。
そして、その後進へのアドバイスとして次の6つの「C」を挙げています。
 「challenge(挑戦)」「confidence(自信)」「courage(勇気)」「concentration(集中力)」「curiosity(好奇心)」「continuation(継続性)」


私もこのブログの中でこれらの言葉を繰り返して述べてきていますが、これは勉強や研究に限らず何をするにも欠くべからざるものです。
果たして本当かどうか、皆さん試してみてください。
きっとその効果、結果に驚くことでしょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

究極の親切とは

2018.10.02日
quote-1457.jpg


"I believe that the greatest kindness is acceptance."
--Christina Baker Kline - Novelist
「究極の親切とは受容だと思う」
--クリスティーナ・ベーカー・クライン、小説家
(訳 舟田譲二)


これはとても鋭い指摘です。
「親切」というと、人の話を聞いてあげる、人に声をかける、笑顔で挨拶する、優しく接するなど、〜してあげるというイメージが強いのではないでしょうか。
もちろんこれらの親切な行いも大切です。
でも、たとえ上辺で人に親切にしていても、心の中で相手を見下していたり、馬鹿にしていたならそれは決して本当の親切とは言えません。
大切なのは心の持ちようではないでしょうか。


相手をありのまま「受け入れる」ことこそ本当の親切なのだと、改めて気づかされました。「受容」とは相手を認めることであり、寛容であることです。
私たちはややもすると、人間関係でもっとも基本的なこの「受容」ということができないため、言い争いになったり、喧嘩になったり、報復行為や復讐に、さらに戦争にまで発展してしまうのです。
人間の歴史を見ると、この地上に戦争のなかった日は一日もないとよく言われます。
それは、自己主張をし、相手を受け入れないことから始まります。


ちょうど今、アメリカのトランプ大統領と中国の習近平主席が報復関税合戦で非常に熱くなっています。これも早いうちに手を打たないと下手をすると戦争に発展することだって十分あり得ます。
トランプ大統領は、金正恩委員長と "fell in love" 「恋に落ちた」とまで言って、まるで蜜月の仲であるかのように装っていますが、これもお互いに自分の思いどおりにならないとたちまち戦争になる危険性をはらんでいます。


つまり人間というのは本当に自分勝手なものであり、みんな自分が、自国が、自分の仕事・会社が、家族が一番かわいいのです。


冬のある寒い日にコンビニに来たカップルがお弁当をふたつ買いました。
レジで「温めますか?」と尋ねられた男が答えました。
「おお、俺たちみたいにアツアツにチンしてくれ!」
レジ係がチンして男に渡すとき言いました。
「すぐに冷めますのでお気をつけください」(笑)
相思相愛でアツアツで結婚しても、相手が自分の思いどおりにならないとすぐに冷めてしまい、喧嘩したり離婚したりします。


「究極の親切とは受容」です。
これは決して相手を甘やかすとかいう意味ではありません。
先入観、偏見を持って相手を見、自分の価値観で相手を裁く高慢な考え方、また接し方、これが本当の「親切」の対極にあるものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

Let It Be(レット・イット・ビー)

2018.10.01日
170535.jpg


先週は、私が深く関わっている大切な人たちの何人かが、人生で遭遇する大問題に直面した。
ある人たちは楽しいことやいいことが起こったのだが、別の人たちは大変な試練に見舞われた。これらの出来事の結果が今、徐々に明らかになってきている。


私は人を助けたり、世話をしたがる性質(たち)なので、最初はついついこれらの状況に首を突っ込んで、彼らのために問題を整理して援助したり解決してあげたくなった。
問題に見舞われた人たちがすべき(と私が思う)ことをスムーズに進めようと、私が指揮を執ろうとしたのだ(笑)。


しかしながら現実は、これらの問題はどれ一つとして私が解決しなければならないものではない。私の人生に直接影響を与えるわけではないし、私にはその人たちをサポートすること以外、何をする権威も責任も権利もない。


早まって一人ひとりの問題に首を突っ込みかけて自分の無能力に気づいた。と、そのときビートルズの「レット・イット・ビー」(そのままにしておきなさい)の歌が聞こえてきた。
私は真剣に歌詞に耳を傾けた。そして気づいた。私に語りかけているではないか。


この歌が教えているのは、「静かに座って待ちなさい、放っておきなさい、そして問題が時を経て自然と事の次第を明らかにしていくのに任せなさい」ということだ。
"There will be an answer." 「ゼア ウィル ビ アン アンサー」(答えはある)と言っているように。私自身が問題の答えの一部ではないのだから私にできることなどひとつもない。私はただ「レット・イット・ビー」、そのままにしておくべきなんだ、と。


現実を見ていると、さまざまな出来事は自然となるようになっていく。私は結果が自然と出るように、問題に頭を突っ込まずにいなければならないんだ。


ということで今月、本当は自分の問題でもないことを自分の思いどおりにしようとしていることが何と多いことかということに気づき、同時に、私は背後に回ってサポートする側にとどまり、そのままにしておくべき時にもっと敏感にならなければならないということを教えられたのだった。
サンドラ・エイベル


サンディは、ベストセラー作家、人生・ビジネスコーチ、モチベーショナルスピーカー、認定カウンセラー。プロフェッショナルな人たちや起業家、人生の転機を迎えている人たちのコーチングを専門としている。『自分に自信を持ちなさい』『マネージャーに昇進する』などのアマゾンのベストセラー作家。
(訳 舟田譲二)


私(舟田)もサンディと似たところがあってお節介やきなので、彼女の気持ちがよくわかります。そして今回、彼女からとても大切なことを教えられました。
私もこれからは「レット・イット・ビー」を心がけます。
そう、人のことだけでなく、自分のことも「レット・イット・ビー」。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村