学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

秋分の日と彼岸と彼岸花

2018.09.24日

好天に恵まれた一昨日、大磯海岸までウォーキングに出かけました。
いつも歩く金目川サイクリングロードの小径の横には雑草が生い茂っています。
昨日は秋分の日、彼岸でしたが、彼岸花が雑草の中のあちらこちらにたくさん咲いていました。


IMG_3770.JPG


IMG_3769.JPG


この綺麗な、可憐な彼岸花。海外ではとても人気のある花らしいですが、日本では忌み嫌われています。下に挙げる別名もそれを如実に物語っています。
死人花(しびとばな)、幽霊花、地獄花、毒花、痺れ花(しびればな)、捨て子花、火事花等々。
さらに、この彼岸花を摘んだり、家に持ち帰ったり、飾ったりしてはいけないと言われています。


私は彼岸の意味も彼岸花のこともよく知らなかったので、ちょっと調べてみました。すると次のようなことがわかりました。
仏教では、ご先祖さまのいる世界<極楽>を「彼岸」、いま私たちが生きているこの世界を「此岸(しがん)」といい、「彼岸」は、西に位置し、「此岸」は、東に位置するとされています。3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられ、この時期に先祖供養をするようになったということです。


さて、彼岸の頃に咲く彼岸花には、花、葉、茎、根すべてに毒があるそうです。もし摂取すると嘔吐、下痢、呼吸困難を引き起こし、死に至ることもあるといいます。
現在はほとんどの人が、亡くなると火葬を行いますが、昔は墓地に柩ごと埋める土葬が行われていました。そこで、埋められた遺体を、動物などが掘り返したりしないようにと、毒がある彼岸花を墓地の回りに植えて動物除けにしたということです。実際、モグラやネズミなどの小動物にとっては、球根ひとつで1500匹分の致死量に値するそうです。


これらのことから墓地に植えられている彼岸花のイメージが不吉なものとなり、上のような別名がたくさんついたのでしょう。


その鮮やかな赤い色から、庭に彼岸花が咲いていたり家に飾ったりすると家が火事になるとか、彼岸花の写真を撮ったらカメラが壊れた、庭に生えていた彼岸花が怖くて全部抜いたところその夜金縛りになった、摘んできた彼岸花を母親に見せたらその花は不吉だからもとの場所に置いてくるように言われたけど、空き瓶に水を入れて彼岸花を挿し庭の隅に隠しておいたらその日の夕方から熱が出始めた等々、ネットにはいろんなことが書かれていました。
もちろんこれらはすべて迷信です。
彼岸花に罪はありません。ごく普通の花です。墓地のそばに植えられていたからといって、彼岸花が人に祟(たた)ったりすることはありません。
迷信に捕らわれていると真理に対して盲目になります。


と、ここまで書いてきてふと気づいたのですが、なんと一昨日ウォーキングをしていて大磯海岸から家に戻る途中から急に腰が痛くなり始め、一昨夜そして昨日も一日中かなり痛み経皮鎮痛湿布を貼ったり、痛み止めを服用したりしているのですが、まだ痛みは引いていません。写真を撮ったり、こんなことを書いた祟りなのか!?
おお〰、こわ〰い!(笑)。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

真の幸せとは

2018.09.23日
4773492-Maxim-Gorky-Quote-Happiness-always-looks-small-while-you-hold-it.jpg


"Happiness always looks small while you hold it in your hands, but let it go, and you learn at once how big and precious it is."
--Maxim Gorky, Russian/Soviet author
「幸せとは、自分の手の中に握りしめている間はとても小さく見えるけど、手を開いて放すとすぐに、それがどれほど大きくて貴重なものであるかがわかるものだ」
--マクシム・ゴーリキー、ロシア・ソ連の作家
(訳 舟田譲二)


上の言葉と写真を見ていて、昔学んだカール・ブッセの詩をふと思い出しました。
(上田敏訳)


山のあなたの空遠く
「幸」(さいはひ)住むと人のいふ。
噫(ああ)、われひとゝ尋(と)めゆきて、
涙さしぐみ、かへりきぬ。
山のあなたになほ遠く
「幸」住むと人のいふ。


「山の向こうに幸わせがあるというので探しに行ってみた。だけど見つけることはできなかった。涙ながらに戻ってきた。でも人は、山のさらにずうーっとずっと向こうに幸わせがあるいう」
というような意味でしょう。
なんかメーテルリンクの『幸せの青い鳥』を思い起こさせますね。


人はみんな幸せを探し求めています。
「自分が希望している学校に入学できたらきっと幸せになれる」
「理想の人に出会って結婚できたら幸せになれるだろう」
「今やっているスポーツ(音楽...)で秀でて有名になれれば幸せになれるに違いない」
「仕事で成功して、お金が儲けられたら絶対に幸せになれる」
「家族に恵まれ、大きな家に住み、高級車に乗り、海外旅行が年に何回かできたらきっと幸せになれる」
等々。リストは永遠に続きます。


もちろん夢を持つことは悪いことではありません。夢に向かって努力することは尊いことです。
しかし、上のカール・ブッセの詩が言っているように、これらの夢をたとえ実現できたとしても人は満足できず、幸せにはなれません。そしてさらにもっと大きな幸せを求めて探し続けます。
「この人と結婚したのは間違いだったのではないか。もっといい人がいたに違いない」
「今の仕事は面白くない。きっともっといい仕事があるに違いない」
「この車にはもう飽きた。今度は金持ちが乗っているあの外車を買おう」
多くの人がこのような人生を送っているのではないでしょうか。


でも、本当の幸せとはすでに自分の手の中にあります。
それに気づいていないだけです。
そして、ある日、何か大きな出来事が起きて、今まで当たり前と思っていた小さな幸せを失うことになると、それがいかに大きな幸せであったか悟り、後悔するものです。


冒頭のマクシム・ゴーリキーの名言、
「幸せとは、自分の手の中に握りしめている間はとても小さく見えるけど、手を開いて放すとすぐに、それがどれほど大きくて貴重なものであるかがわかるものだ」
には、もうひとつ別の意味があるように私には思われます。


それは、幸せを自分の手の中にしまっているとそれは小さな幸せのまま。
でも手を開いてその幸せを放す、すなわち人と分かち合う、人にお裾分けすると、ほかの人も潤おうことになって幸せになり、そのことによって自分はさらに幸せな気持ちになれる、という私なりの拡大解釈。
上の青い鳥の物語が教えている身近なところに潜んでいる幸せとはちょっと違いますが、あながちまるっきり外れているとも思えません。重なっている部分があるように感じます。


ということで、自分の手の中にある幸せがたとえどれほど小さく感じられたとしても、それを今一度見直して感謝すると大きな幸せにつながるし、さらにその幸せを人とシェアするとそれは何倍にもなるのではないでしょうか。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

不可能と可能の差

2018.09.22日

spo1808290010-m1.jpg


"The difference between the impossible and the possible lies in a person’s determination."
--Tommy Lasorda – Baseball Player and Manager
「不可能と可能の差は決意だ」
--トミー・ラソーダ、MLBプレーヤー・監督
(訳 舟田譲二)


ラソーダの名前は日本人にも馴染みがあります。
日本人野球選手として初めて大リーグに渡った野茂英雄選手をドジャーズで育てた当時の監督で、彼は野茂のことを「世界最高の選手」「自分の息子のよう」とまで評していました。


今はちょうどつい先日全米オープンテニスで優勝した大坂なおみ選手が凱旋試合の東レ・パンパシフィック・オープンでも大活躍し、すでにふたりの対戦選手を圧倒して準決勝に進む快挙。
試合を観ているとみんなだれでも彼女を応援したくなります。
なおみ選手は今大会の決意を尋ねられると「優勝」ときっぱり答えています。
スポーツの世界ではラソーダ元監督が言うように、まさに「不可能と可能の差は決意」です。
なおみ選手の時速200キロのサーブがそれを物語っています。


"Impossible" の文字を見ると誰もが一番に思い浮かべるのは、映画 Mission Impossible ではないでしょうか?
高校生の頃、ハマって夢中になり試験中でも欠かさず観ていたテレビ番組『スパイ大作戦』が映画化されたのが Mission Impossible で、これにもハマっています。
まったく人間業とは思えないような離れ業を命賭けでやってのける主人公のイーサン・ハント。
毎回毎回、「もうだめか」と思わせるギリギリの瀬戸際で不可能なミッションを成功させるスパイ映画です。
イーサンが言うのはいつも「地球を守るためにどうしてもやらなければならない」という決意の言葉です。


何事も「決意」のあるなしが、成功と不成功、勝利と敗北、可能と不可能の分かれ目になるのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

小さな贈り物

2018.09.21日
borispasternak2-2x.jpg


"Surprise is the greatest gift which life can grant us."
--Boris Pasternak, 1890-1960 Russian poet, novelist, and literary translator
「サプライズは人生が私たちに与えてくれる最大の贈り物」
--ボリス・パステルナック、ロシアの詩人、小説家、文学翻訳家
(訳 舟田譲二)


毎日毎日、小さなことから大きなことまでいろんなサプライズに出くわします。
「ドキッ!」とするような怖いサプライズもときにありますが、大半は楽しい、嬉しいサプライズ。
何年か前のこと、送迎バスの中での小学1年生たちの会話。
「昔は、〜だった」
これは受けました。


昨日もホントにちっちゃなサプライズですが、思わず微笑んでしまいました。
小学3年生たちの英語のクラスが終わって、バスで生徒たちを送っていくときのことです。
いつものバスが修理中だったので、違うバスに乗って教室前で待機していました。


16836136_1396522307088491_1336368371809681289_o.jpg


次々とみんな乗ってきて、一瞬「???」という顔をします。
これがいつものバス。


IMG_3762%20%28600x450%29.jpg


昨日のバスはこれ。


IMG_3760%20-%20%83R%83s%81%5B%20%28600x450%29.jpg


一瞬同じように見えますが、パッと見て違いがわかりますか?
いつも乗っている生徒ですらわからないぐらいそっくりです。


上のバスは後部3列の10人乗りで、下のは後部4列の15人乗り。
幅は同じ188センチですが、全長は54センチ長く、高さは18センチ高くて大人でも天井に頭がつかえません。15人乗りはひと回り大きい中型免許が必要なバスです。今から30年前には中型免許がなく、大型免許を取らされました。


生徒たちはしばらくして、
「なんかいつもと感じが違う」
「これ、新しいバス?」
などと口々に言います。
「新しいバスじゃないけど、いつものバスとは違うよ」と私。


しばらく走っていると、隣の助手席に乗っているTくんが何かに気づきました。
「先生、これ何?」
私は彼のほうを見ましたが、彼が何のことを言っているのかわかりません。
Tくんが尋ねた助手席の「?」の写真がこれ。


IMG_3761%20%28600x450%29.jpg


いつもTくんが乗っている10人乗りのバスの助手席の写真はこれ。


IMG_3766%20%28600x450%29.jpg


皆さん、今度はおわかりになりましたか?
そう、彼が指差して尋ねたのは15人乗りバスの窓のハンドルです。
小学3年生の彼はこれを生まれて初めて見たのです。
私のほうがびっくり。
「えっ、それは窓のハンドルだよ」
と言ってもピンと来ません。
「それを回してごらん」
Tくん、何だかわからないまま恐る恐るハンドルを持って回してみました。
すると窓が少しずつ開きました。
それを見て、
「おっ、スゲェー!」


これには思わず吹き出しそうになりました。
そうか、今の子どもというのは生まれたときからパワーウィンドウで窓のハンドルなんて見たことなかったのだ!
これには本当にびっくり。


そう言えば、今から60年近く前、私がちょうど小学3年生の頃、アメリカ人の伯父が乗っていたアメ車のオールズモビルはツードア、ハードトップで、すでにパワーウィンドウ、パワーハンドルで、私はびっくりしてTくんのように「おっ、スゲェー!」と言ったのを昨日のことのようにはっきりと覚えています。


このような楽しいサプライズが毎日で、本当に楽しいです。
子どもたちからの小さな贈り物です。みんな、ありがとうね!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

目指す将来、願う将来を実現させるために

2018.09.20日

BL_fUdOCIAIZd9t.jpg


去る9月15日のテレビ番組『陸海空 地球征服するなんて』を観ていたら、オーストラリアで一番有名な日本人は安倍首相を抜いて本田圭佑でした。
なるほど、彼の小学校の卒業文集を見て、納得がいきました。


「将来の夢」
ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。


本田圭佑選手の上の小学校の卒業文集を読むと、その内容があまりにも具体的・写実的で、しかもそっくりに実現しているのに驚かされます。
なぜこれほど具体的な夢を描き、しかもそれを実現できたのか。
果たしてそんなことが可能なのか?


オーストラリアの俳優、F・M・アレクサンダーが次のように言っています。
「人は自分の将来を決めることはできない。ただ自分の習慣を決めることはでき、その習慣が将来を決めるのだ」


だれも自分の将来を決めることなんかできません。
本田圭佑になぜできたのか、それは彼が言っているように、
「世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている」

と、「練習」という習慣を身につけました。
そして、彼の「習慣が将来を決めた」のです。


ですから私たちも、目指す将来、願う将来を実現させるために、たとえ今からでも必要な習慣を身につけるのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

スーパーマン? スーパーガール? それとも...

2018.09.19日

「おい、空を見ろ! あれは何だ?」


%96%BC%8C%C3%89%AE%82%CC%83%8C%83%93%83%5E%83%8B%83I%83t%83B%83X.jpg


「鳥? それとも飛行機?」


4709c519ddbfbad1e0881ac42cd80a31.jpg


「スーパーマンか? スーパーガールか?」


20170206221922.jpg


「いいえ、スーパーベイビーよ! こっちへやってくるわ!」


16384.jpg


「そうです、皆さん。スーパーベイビーです! 正人くんと萌さんのところに生まれた杏菜ちゃんです!」


去る8月15日に生まれた杏菜ちゃんが誕生1か月を先日迎えました。
そのときの記念写真が飛んできました。


IMG_3756.jpg


IMG_3757.jpg


スーパーベイビー、杏菜ちゃんはお陰さまですくすくと順調に育ち、どんどん大きく、重くなってきているそうです。
皆様のお祈りを感謝いたします。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

一番賢明な生き方

2018.09.17日
hjacksonbrownjr3-2x.jpg


"The best preparation for tomorrow is doing your best today."
--H. Jackson Brown, Jr. - Author
「明日のための最善の準備は、今日最善を尽くすこと」
--H・ジャクソン・ブラウン Jr、 1940- 作家
(訳 舟田譲二)


ジャクソン・ブラウン Jr は人生に関する名言集をいくつも出して、ニューヨーク・タイムズのベストセラーになり、世界で35か国語に翻訳されています。彼の名言は、カレンダーやポスター、絵ハガキ、日記帳などに多数引用されており、多くの人に愛されています。
日本語に訳された本もたくさんあります。


index1.jpg   41XOe0%2BZsbL._SX330_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg  51Hl4%2BFbQwL._SX323_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg


51exyO0sxZL._SX328_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg 51RZcRE4bNL._AC_US200_.jpg index.jpg


私はジャクソン・ブラウン Jr とは波長が合い、どの名言も心にピタッときます。


今日の名言、
「明日のための最善の準備は、今日最善を尽くすこと」
はまさに的を射た適切なアドバイスです。
私たちはとかく明日のこと、来年のこと、10年先のことを心配したり、あるいは「明日は明日の風が吹く」とばかりに、行き当たりばったりの人生を送ったりしがちです。
しかし、明日のことを心配していて今日最善の仕事をできるわけありません。
逆に、今日最善を尽くしていたら、明日は自然と良い日になります。
このことは誰しもが経験していることです。


聖書にも次のような言葉があります。
「あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します」(マタイ6:34)
「あすのことを誇るな。一日のうちに何が起こるか、あなたは知らないからだ」(箴言27:1)
明日のことを心配せず、また同時に油断もせず、今日なすべきことをしっかりやっておく。
地震など自然災害のための備えもしかり。
これが私たちにできる一番賢明な生き方です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

ドライバーの心が優しくなるトラック

2018.09.16日

昨日の朝、『ウェークアップ!ぷらす』というテレビ番組で、大阪の宮田運輸という運送会社の働きが紹介されていました。


5年前にバイクがトラックのミラーと衝突。バイクは電柱に直撃し、バイクの運転者は亡くなりました。そのことを苦に宮田社長は運送業をやめようかとまで思い、悩みました。
そのようなとき、社員のドライバーが運転するトラックの運転席の横に飾られていた一枚の絵に目が留まりました。
それは、ドライバーの子どもがお父さんの安全運転を願って描いた絵でした。


DSC5891.jpg


宮田社長はこれをヒントに、子どもたちの描いた絵をトラックにラッピングすることを思いつきました。


IMG_1512-thumb-480x360-708.jpg


これが宮田運輸のトラックのシンボルに。


0206jpg.jpg


このラッピングされたトラックを運転するドライバーたちは自然と心が優しくなり、安全運転を心がけるようになります。
また、このトラックを見た人たちも笑顔で手を振ったり声をかけてくれたりして、「心が優しくなる素敵なトラック」と言われるようになりました。


やがて社長は交通事故を撲滅させることを願って、この働きを広げたいと全国を講演して回るようになります。
万博記念公園で催される「こどもミュージアムプロジェクト」には、賛同する企業が70社、ラッピングされたトラックは200台以上集合することに。参加するトラックは全部事故ゼロ。


私も夜、東名高速を走ることが時々ありますが、とくに金曜日の夜などは運送会社の大型トラックがとても多く、周囲を取り囲まれることもしばしばです。
すぐ後ろにピタッとくっついてきて煽られたり、目の前に割り込んできたりと、ヒヤッとすることもよくあります。
そのようなことからトラックは怖いというイメージがとても強かったのですが、この宮田運輸の働きがこれからもっと広がって、ドライバーが安全運転を心がけるようになったら素晴らしいと思います。
テレビを観ていて胸が熱くなるのを覚えました。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

昨日の幸いなひと時

2018.09.15日
IMG_3748.jpg


"Make visible what, without you, might perhaps never have been seen."
--Robert Bresson - 1901-1999 - French Film Director
「あなたがいなかったら恐らく日の目を見ることがなかったことを、人の目に明らかにしなさい」
--ロバート・ブレッソン、フランスの映画監督
(訳 舟田譲二)


昨日は素晴らしいお客様をアカデミーにお迎えしました。
Facebookで以前からつながっていて、ときどきお互いにメッセンジャーでやりとりしていた井川由美子さんとスタッフの秋山俊介さんです。
由美子さんは栃木県佐野市で英語専門学校「ノア外語学院」を経営し、学院長を務めていらっしゃいます。
秋山さんはノア外語学院の卒業生で、大学卒業後都内の企業に就職されましたが、辞めて地元に戻りノア外語学院で働き始められました。


15724711_1212309555505404_2941674658898255849_o.jpg


お話を伺っていると、共通の知人が何人もいるし、うちの社員も元学院生で大学卒業後企業に就職したものの戻ってきて働いてくれていること、お互いのバックグラウンドや英語との出会い、英語を通してのキリスト教との出会い、今下のお嬢さんが留学していらっしゃるアメリカの大学は私の卒業した神学校の下の大学、由美子さんが教会留学されたところとうちの次男正人が留学した先が同じペンシルベニア州、私が中学生の頃リンガフォンという英会話教材をレコードで勉強していたのを由美子さんは高校生時代にテープを使って勉強していらっしゃった等々、あまりにも共通項が多く、まるで長年の友のような感じでした。


由美子さんは、アマゾンからキンドルで『英語と生きる: 私の軌跡と奇跡 』を出していらっしゃいます。その中には小学校高学年の頃、『スチュワーデス物語』をテレビで観ていてご自身もスチュワーデスになりたいと思い、それが英語を学ぶ動機となったと書いていらっしゃいます。
じつは私も23歳の頃、同じ番組を観ていてやはりスチュワーデスになりたいと思ったのが英語を学ぶきっかけとなりました。あっ、間違いました。これは私ではなく、私の妻のことでした(笑)。


51SptD7cAkL.jpg


アメリカでの生活の経験や、ご結婚されてからの英語教室開校の流れ、アメリカに生徒を連れてホームステイに行っていたことなど、もうまるでそっくりです。
違いは、ノア外語学院は英語の専門学校としてこの30年やってこられ地元で大成功を収めていらっしゃいますが、私は英語学校として始めながら時代の流れと生徒のニーズに応える形で学習塾に変身していった点です。


佐野市から車で2時間かけて来られ、午後1時から夜の7時までずっと話しづめでした。
お昼はいつも皆さんが喜んでくださるパスタのお店「ラ・パットーラ」(「顧客第一主義が成功の秘訣」)でいただき、塾に移動してからは授業を見学していただいたり、またうちのスタッフの先生も交えていろいろとお互いのこれまで通ってきた経緯や現在の状況、日本の英語教育について、これからの将来の展望など、いろいろと情報交換しました。


冒頭の言葉、
「あなたがいなかったら恐らく日の目を見ることがなかったことを、人の目に明らかにしなさい」
を地で行くようなシェアと、学び合いの本当に有意義な交わりのひと時でした。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

可能性に柔軟であれ

2018.09.14日
quote-1443.jpg


"Try to keep your mind open to possibilities and your mouth closed on matters that you don't know about. Limit your 'always' and your 'nevers'."
--Amy Phoehler 1971- Actress, voice actress, comedian, director, producer, writer
「可能性には柔軟であり、知らないことには口をつぐんでいなさい。『必ず』とか『絶対ない』といった断定的な言葉はできる限り使わないようにしなさい」
--エイミー・ポーラー、女優・声優・コメディアン・監督・プロデューサー・脚本家
(訳 舟田譲二)


エイミー・ポーラーは1998年頃からテレビ・映画で活躍するようになり、上のようにその多彩な才能が認められ、2013年から15年まで3年連続でゴールデングローブ賞を受賞しています。


800px-Amy_Poehler_2012.jpg


冒頭の言葉は、2011年にハーバード大学の卒業式で人気を博したスピーチの中の一文です。
肝に銘じておきたいことは「可能性」を否定しないこと。
私たちはややもすると、エイミー・ポーラーが指摘するように、「必ず」とか「絶対ない」などと断定的な言葉を使いがちです。しかもそれほど知識のないことでも知ったかぶりしてペラペラとしゃべってしまうことがよくあります。これは専門家の間にも見られます。


最近よくテレビやネットなどで取り上げられる健康法などもその一例です。
自分の信念に基づいて、「◯◯は絶対に良くない」と言っている人がいる一方で、その同じ◯◯を「必ず」摂りなさいと強く勧める人がいます。
私たち素人は果たしてどちらが正しいのか判断できず、振り回されることになります。


「絶対」ということは本当にないようで、最終的には自分の判断に従うしかありません。
同じものでも人によっていいこともあれば、良くないこともあるので、自ら試して納得いくものを続けるということが大切かと思います。


私の取り柄のひとつは「素直」ということです。
テレビ番組でぬるめ(33℃)の「炭酸浴」が血管を広げ、血行がよくなって血管年齢を若返らせると言っているのを見ると、番組が終わるや否や急いで近所のドラッグストアに行きました。「蛍の光」のメロディが店内に流れる閉店間際に店に入って「炭酸入浴剤」を買い求め、早速その日の夜から始めました。
以来、ずっと2か月ほど毎晩寝る前に20分間の炭酸浴をしていますが、このお陰で睡眠障害が解消され、毎晩ぐっすり眠れています。医師にそのことを伝えたら、炭酸浴はいいとお墨付きを得ました。


でも、「絶対に」いいから皆さんもぜひ試してください、とは言いません。
やはり人によって合う、合わないがあると思うからです。
試して良ければ続ける、というのが正解です(と、断定してもいけませんね(笑)。


「可能性には柔軟であり、知らないことには口をつぐんでいなさい。『必ず』とか『絶対ない』といった断定的な言葉はできる限り使わないようにしなさい」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

自分の人生に惚れ込みなさい

2018.09.13日
%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-09-12%2016.04.33.jpg


"Be in love with your life. Every minute of it."
--Jack Kerouac - Novelist
「自分の人生に惚れ込みなさい。一瞬一瞬、いつも」
--ジャック・ケルアック、小説家


「成績不良から億万長者に」変身したボブ・プロクター氏は、私の尊敬するアメリカを代表するビジネスコンサルタント。
彼は、「自分にキスがしたいほど自分のことが好きだ」と言っています。
いったいどのようにしたら、それほどまでに自分が好きになれるのでしょうか。


冒頭のジャック・ケルアックの言葉、「自分の人生に惚れ込みなさい。一瞬一瞬、いつも」
も同じようなことを言っています。
英語の "life" には日本語では「人生」だけでなく、「命」という意味も含んでいます。
ですから、上の本文は「自分の命をこよなく愛しなさい」と言い換えてもいいのです。
それも、ただ単に「私は自分のことが好きだ」ではなく、「大好き」「ぞっこん惚れ込む」というレベルで、しかも「一瞬一瞬、いつも」です。


小学3年生のとき、クラスのひとりの男の子が名前を変えました。
それまではまるで「もやし」のように細くて、気が弱く、いつもメソメソと泣いていました。
ある日、担任の先生が、「〇〇君は今日から太一という名前になりました」と言って、その子の母親が届けてくれた鉛筆をみんなに1本ずつ配ってくれました。
新しい名前の「太一」があまりにも強烈なイメージだったので、前の名前はみんな忘れてしまいました。
驚いたことに、彼はその日からどんどん明るく、積極的になって、やがて6年生になったとき「太一」くんは名前どおりに身長も体重も学年でトップクラスの立派な体格になり、学年のリーダーになっていました。彼のセルフイメージが名前ですっかり変わったのです。


つまり自分を好きになる、自分に惚れ込むとは、自分のセルフイメージを高めることです。
一般に、自分を好きになることができない人は、セルフイメージが低いです。
でも、いくらセルフイメージを高めると言っても、自己陶酔、うぬぼれ、高慢になるのはご法度です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

赦しのすごいところ

2018.09.12日
550xNx1678-forgiveness-strengthens-two-souls-spiritual-quotes-to-live-by.jpg.pagespeed.ic.0VX-l29_NG.jpg


"Forgiveness strengthens two Souls."
--Anthony Douglas Williams - Author, Researcher
「赦しは2つの魂を強める」
--アンソニー・ダグラス・ウィリアムズ、作家・研究者
(訳 舟田譲二)


「赦し」というときには、当然のことながら自分と相手がいます。
およそ、人がふたり以上いるところ、夫婦・嫁姑・親子・きょうだい・親族・友人・師弟・同僚・上司と部下など、どのような人間関係であろうとも必ず「赦し」の問題がついて回ります。
私たち人間は自分勝手で、自分を正当化しようとする心があるからです。


当事者は必ずしもふたりとは限りません。自分側と相手側と言い換えてもいいでしょう。
つまり、「赦す側」と「赦される側」が存在するわけです。
冒頭の言葉、
「赦しは2つの魂を強める」
を逆に言うと、
「赦さないでいると2つの魂は弱る」
となり、イメージするのがより容易になるかもしれません。
おそらく、多くの人が大なり小なりこのようなことを経験しているのではないでしょうか。
赦しがないと、「赦す側」も「赦される側」も苦しく、疲れ、しかもストレスになって、そのままの状態を続けていると両者とも壊れてしまう、あるいは互いに傷つけ合うことにもなりかねません。
つまり、赦さないでいると、両者とも敗者となるのです。実際のところこのようなケースがほとんどで、毎日の悲しいニュースとなり、小説やドラマ、映画のテーマにもなっています。


ところが、やっかいなことに、「赦される側」は自分が誰かから「赦される」立場にあることすら気づいていない、あるいは気づいていたとしてもそれを認めないことが多々あるのです。このような場合、「赦す側」はより一層苦しみ、辛い思いをすることになります。
「自分はこれだけ苦しんでいるのに、あの人は屁とも思っていない。赦せない」となるわけです。
「赦される側」も、なぜ自分が赦されなければならないのか、自分は全然悪いことなんかしていない、「赦せないなんて思っている向こうのほうが悪い」となってしまいます。
結果、両者とも敗者になります。


つまり、いずれにしても「赦す側」も「赦される側」も、「赦し」がない限り両者とも苦しい、辛い思いをしているのです。


どうすれば両者とも勝者になることができるのでしょう。
答えは明らかです。
「赦す側」と「赦される側」、両者が互いに赦し合うのです。たとえ「赦される側」にとって身に覚えのないこと、納得のいかないことでも。「相手がそこまで思うのなら、自分のほうにも非があるのだろう」と。


多くの人が相手が悪いのに、こちらが「赦す」のは損だ、理にかなわないと思っています。
でも、実際は正反対。
昔から「負けるが勝ち」と言いますよね。これと同じです。
「赦しは2つの魂を強める」
互いに赦すなら、両者の魂は強められ、健康になり、幸福になります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

信仰のジャンプ

2018.09.11日
quote-1439.jpg


"Sometimes your only available transportation is a leap of faith."
ーーMargaret Shepard - 1845-1924 - American Heiress
「ときに、唯一残された移動手段は信仰のジャンプです」
ーーマーガレット・シェパード、高名な一族の遺産相続人
(訳 舟田譲二)


一般の日本人は、「信仰」とか「宗教」という言葉にとてもデリケートです。
他方、ほとんどの国では「信仰」「宗教」は生活の一部となっています。
ですから、日本人が「私は無宗教だ」と言うと、外国の人たちは一様に驚きます。


第二次世界大戦前、ドイツで列強国の代表が集まっていた会議の席で、ドイツのリッペントロップ外務大臣が演説のあと、「我がドイツは、神以外の何ものも怖れない」と言ったところ、そのあと立った日本の松岡洋右外務大臣は、「我が日本は、その神をも怖れない」と言って、会場の人たちから失笑を買った、という逸話が残っています。


「日本教」の面白いところは、真剣に信仰しているわけではないのに、家には神棚や仏壇があって手を合わせて拝み、正月には神社に参り、彼岸には寺へ墓参りに出かけます。
そして結婚式はキリスト教で行い、キリストの誕生日を祝うクリスマスは全国で多くの人が盛大にパーティをします。
きっとそれらは習慣で宗教ではないのでしょう。


神様なんか信じていない、と言いながら飛行機に乗るときには心の中で「事故を起こさず無事目的地に着きますように」と祈り、万一飛行中に何かトラブルが起きたりすると、必死で祈ります。地震が起きたり、土砂崩れや川が氾濫しても祈ります。


上の画像が見事に今日の名言を物語っています。
多くの人が信じていないと言いながら、心のどこかで何かを信じているのです。
そうでなければ、飛行機に乗ることも、電車やバスやタクシーに乗ることもできません。
アミューズメントパークで絶叫系コースターに乗るのも、信仰があるからです。
実際のところ、あちらこちらの過激なコースターで死亡事故がいくつも起きているのです。


thrill-ride-of-steel01b-768x576.jpg


「ときに、唯一残された移動手段は信仰のジャンプです」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人の一生

2018.09.10日
349b5f1267ee9c6af638e6e526dd3633.jpg


僕らは真っ「白」な状態で生まれます。
辛いこと、悲しいこと、嬉しいこと、色んな経験を重ねることで「羽」が生えてきます。
それが「習」という字です。
これから先、どんなにちっぽけに見える事でも、体験したことの全てはあなたの羽の一部になる。
そしてあなたの羽はたくさんの「異」なる人と出会うことで「翼」に変わります。


昨日、妻と話していたときに、生後5か月になる初孫の斗史希くんと、あと1週間で1か月になる二人目の孫の杏菜ちゃんのことを考えながら言いました。
「赤ちゃんでこの世に生まれてくるときには、みんな頭の中は真っ白なのに、一つひとつ学んでいって成長し、やがて子どもになり、青年になり、大人になっていく。これって本当にすごいことだね」
ふたりの孫の成長ぶりを見ているとこのことをとても強く感じます。
ちょうどそんな時、上の言葉に出合いました。


そう、まだ生まれて日の浅い杏菜ちゃんは、お腹がすいたら泣いて知らせ、おっぱいを飲んで満足すると幸せそうな顔をします。また、お母さんやお父さんの腕に抱かれると安心する。
これって全部一つひとつ学「習」していっているのです。


最初、親が話しかける言葉はひと言もわかりませんが、毎日毎日繰り返していくうちに、一つずつわかるようになっていく。親が喜ぶ声を上げたり、嬉しい表情を顔に浮かべたりすると、それも一つずつわかるようになり、それに対してにっこりして応えるようになります。
また、身体をさかんに動かして、徐々に寝返りを打ったり、這い這いができるようになります。これが学「習」です。
斗史希くんが今ちょうどこのような状況です。


この時期に、親が忙しすぎたり、精神的に余裕がなくて赤ちゃんに話しかけなかったり、構わないでいると学「習」する機会がぐっと減ります。すると、なかなか羽ばたけなくなります。
人の一生の中で一番大切な時です。
本当にどんなにちっぽけに見えることでも、この時期に体験することのすべてが「羽」の一部になるのです。覚えておいてください。


752bfad4.jpg


人生、いいことばかりでなく、辛いことや悲しいことにも出合います。
でも、このような一見ネガティブに見えること、できれば避けて通りたいようなことすら成長という毛の一部になっていきます。


真っ「白」だった赤ちゃんにも羽がいっぱい生えてきて、やがて自分の世界から外に出て「異」なる人や世界に出逢うようになります。
そして羽は「翼」に変わります。
するとさらにこの「翼」を大きく張って舞い上がり、空を、世界を自由に飛び回ることができるようになります。
これが人の一生です。


bff8a1b6.jpg


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

コントロールできないこと

2018.09.09日
Instead-of-worrying-about-what-you-cannot-control-shift-your-energy-to-what-you-can-create-Roy-T-Bennett-Be-An-Inspirer.jpg


"Instead of worrying what you cannot control, shift your energy to what you can create."
--Roy T. Bennett - Author
「コントロールできないことで心配するよりも、自分が生み出すことができることに力を注ごう」
--ロイ・T・ベネット、作家
(訳 舟田譲二)


目が覚めて妻が興奮して夫に言いました。
「ねえ、私すごい夢を見たの。あなたが私にダイヤモンドのネックレスをプレゼントしてくれたのよ」
「...」
「この夢、どういう意味だと思う?」
夫が微笑んで答えました。
「今晩その夢の意味がわかるよ」
妻はこの夫の言葉が1日中頭から離れず、首を長くして夫が帰ってくるのを待っていました。
果たして、夫は手に小さな包みを持って帰ってきました。
妻は感激に涙しながら包みを開けてみると、中から1冊の本が出てきました。
その本のタイトルは
『夢の意味』!


私も昨日の明け方夢を見ていました。
私の夢は総天然色、オールカラーです。ですからとてもリアルです。
とてもわくわくする夢だったのですが、途中で目が覚めました。
私は夢だということはわかっていたのですが、なんとしても続きが見たかったので、頑張って眠って続きを見ました。その後も何度か目が覚めましたが、その都度続きが見られました。
これまでにも同じような経験がありました。
また、見たい夢を見ることもできます。たいがいの場合、潜在意識で考えていることを見るようです。


でも当たり前のことですが、いつでも見たい夢を見ることはできません。
夢はコントロールできないのです。ですから、見たくないような怖い夢を見ることもあるわけです。先日など怖くて悲鳴を上げそうになりました。
昨日の朝見ていた夢というのは、偶然出会った見知らぬ人が全長60mの結構豪華な船に乗せてくださって、これからオーストラリア・ニュージーランドに行き、帰りは東アジアを回って戻ってくる、というのです。カラーの夢なので船の色までとてもリアルです。
私はパソポートもビザも持っていなかったので、そのことを心配したぐらいです。
妻に携帯で電話して、これから少し旅行に出かける、戻ってくるのは3週間ぐらい先になる、と言ったところ、妻は不満げながら了解してくれました。
こんな夢だったので、当然その先どうなるのか楽しみで、続きが見たいですよね。


先日、怖い夢を見ていたときには、もう怖くて怖くて、早くこの夢から覚めたいと心底願ったぐらいですが、残念ながらこれでもか、というぐらい怖い状況が延々と続き、目が覚めたときには汗をびっしょりかいていました。
夢はコントロールできません。
同様に、この世の中には自分の力でコントロールできないことがたくさんあります。
実際には最近日本で頻発している大きな自然災害のように、人生にはコントロールできないことのほうがはるかに多いです。


このようなコントロールできないことで心配してエネルギーを使うのは骨折り損のくたびれ儲けです。コントロールできないことはすんなりとあきらめて、ありのまま受け入れること。
そして、その分、自分の力で生み出すことができるような、もっと創造的なことにエネルギーを費やすことです。
具体的に今の自分にできること、コントロールできることにエネルギーを注力するなら、もっともっと人生は意義深いものとなり、実現できることもたくさん見つかることでしょう。
私の場合は昨日の朝見ていた夢のようなクルーズで世界旅行をする、ということにはあまり興味はないので、自分の身の丈に合った夢を追い求めたいと思っています。
皆さんはいかがですか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

二代前からの命のバトンタッチ

2018.09.08日

私たちの身体は土でできており、
身体は早晩、土に還る。


私たちは、この土の器の中に、
はかりしれない宝を入れることが出来る。


私たちの寿命は、
土の身体に何を容れるかを
模索することで費やされる。


器は器のためにあるのではなく、
中に何ものかを容れるためにあるからである。

(日野原重明さんが残された聖書的名言)


「血は争えない」と昔からよく言いますが、今日流の言い方をすれば「DNA」は争えない?
先日の記事、「命のバトンタッチ」に載せた写真を見た方々から、ふたりの孫が私に似ていると言われたので、私の赤ちゃんのときの写真を探して、ふたりの息子と孫と比べてみました。
二代前をさかのぼると、こんな感じになります。
下の写真は「グランパ」こと譲二。


joji3.jpg


次の写真は、左が長男直人。右は直人の長男、斗史希くん。


naoto%2023.22.53.jpg IMG_3730.jpg


下の写真は、左が次男正人。右は正人の長女、杏菜ちゃん(写真の向きを加工しました)。


masato3.jpg anna.jpg


杏菜ちゃんはまだ生まれたばかりですが、あとの写真はだいたいみんな3か月ぐらいのときのもの。
こうして見るとやっぱり杏菜ちゃんはママの萌さん似なのかな。
こうやって両親のDNAが次から次へと受け継がれていき、命のバトンタッチがされていくのですね。


でも、大切なのは冒頭で日野原先生がおっしゃっているように、一人ひとりがそれぞれの土の器に何を入れるか。ただ命をつなぐだけだったら、犬だって猫だって猿だってできる。
せっかく人間として生まれたのだから、もっとも大切なものを器の中に入れて命をバトンタッチしていってもらいたいものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

太陽とひまわり

2018.09.07日
2018-09-06%2023.02.30.jpg


"Keep your face always toward the sunshine - and shadows will fall behind you."
--Walt Whitman - 1819-1892, Poet
「いつでも太陽の方に顔を向けなさい。そうすれば影はあなたの後ろに落ちます」
--ウォルト・ホイットマン、詩人
(訳 舟田譲二)


西日本豪雨被災地の復旧がまだままならないうちに、25年ぶりという大型台風21号が日本列島を襲って大きな爪痕をあちらこちらに残し、息もつかないうちに今度は北海道全域にわたる最大震度7という巨大地震が起こり、惨状が次々と報告されています。


この相次ぐ災害を受けて、先日Facebookフレンドの方と話していたら、「今年の漢字」はきっと「災」ですよ、と言われたので、この漢字はすでに使われています、とお答えしました。
2004年、新潟中越地震や台風などの自然災害やイラク戦争などからこの漢字がすでに選ばれていました。
そこで私が思いついた漢字は「風」「雨」「嵐」「激」「豪」「難」など、怖いものばかりでした。今頭に浮かんだには「震」です。
最近選ばれた「今年の漢字」を、昨年からさかのぼって挙げると「北」「金」「安」「税」「絆」「暑」「新」「変」「偽」などですが、このうち「安」「新」などは「安心」や「新しい時代」を求めた結果のもので、大半はその年の世相を表す暗いイメージのものです。


実際のところ、人生には辛いことや悲しいこと、苦しいことはつきもので、だれもこれを避けて通ることはできません。
このようなときは、とかく暗い面ばかりがクローズアップされて見えるものです。


今日の冒頭の言葉、
「いつでも太陽の方に顔を向けなさい。そうすれば影はあなたの後ろに落ちます」
はよく耳にする言葉です。
これを見ていて私はふと、ひまわりを心に描きました。
太陽が移動するとひまわりの花も太陽のほうを向いて廻ります。朝は東を向き、夕方にかけて次第に西のほうに顔を向けて太陽を追います。
ひまわりの花の後ろにはもちろん影が地に落ちていますが、だれもその陰に目を留めません。


私たちもこのひまわりのように、光のもとである太陽のほうをいつも向いていたいものです。
影や暗いもの、辛いこと、悲しいこと、苦しいことばかりに目をやっていたら、私たちの心もどんどん暗くなり、より一層悲しく、辛くなります。


被災地にテレビニュースのカメラが入り、被災者にレポーターがマイクを向けてインタビューすると、日本人の特性かもしれませんが、悲しくて辛いのにも関わらず、笑顔を作って「こればかりはどうしようもないです。頑張るしかありません。皆さんの応援を感謝します」という、逆に見ているこちらのほうが励まされるような言葉を語ってくださいます。外国で地震や台風など、同じようなシーンが映し出されると、多くの人が取り乱して大声で泣いたり、叫んだりしているのと対照的です。


2011年の東日本大震災のときの目を覆いたくなるようなシーンに国民みんなが言葉を失い、失意落胆しているとき、「絆」という漢字が「今年の漢字」に選ばれたのは記憶に新しいことです。
そう、今年私たちが経験している数え切れないほどの災害も、取り戻すことのできない事実にいつまでも目をやるのでなく、太陽のほうを、明るい明日を、将来を見つめるようにしたいものです。ひまわりのように。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

生きる力

2018.09.06日
Quotefancy.jpg


"Life is never made unbearable by circumstances, but only by lack of meaning and purpose."
--Viktor Frankl – 1905-1997, Neurologist and Psychiatrist
「人生は状況によって耐えられなくなるということは決してない。ただ、人生の意味や目的がわからなくなったときのみ耐えられなくなるのだ」
--ヴィクトール・フランクル、神経科医・精神科医
(訳 舟田譲二)


ヴィクトール・フランクルについては、「西日本豪雨被災者の生きる力」の中にも書きました。
フランクルはナチスの強制収容所アウシュビッツで奇跡的に生き残ったひとりですが、その時の経験を通して、人間は生きる目標があればたとえどれほど過酷な環境の中にいても生きる力が与えられる、という結論に至りました。
過酷な環境の中で、人は「心の支え」、生きる目的を持つことが、生き残る唯一の道であると語っています。


今日の冒頭の言葉でも、彼は同様のことを語っています。
「人生は状況によって耐えられなくなるということは決してない。ただ、人生の意味や目的がわからなくなったときのみ耐えられなくなるのだ」
すなわち、人が自殺をしたり、あるいはぎゃくに人を殺したり、自暴自棄の生活をするようになるのは、一般によく考えられているように、自分の置かれている状況に絶望したからではありません。人生の意味や目的が分からなくなると、人は生き続けることができなくなるのです。


このことがわかると、自殺の予防や、犯罪の防止にもつながることと思います。
生徒や学生が勉強の意味がわからないまま、ただ無味乾燥なことを機械的に覚え、暗記して試験を受けて学校を卒業し、社会に出るだけの教育なんかより、人生について考え、生きる意味・目的を話し合い、自分の存在価値を知り、どのようにしてこの世界で生きていくか、といったことを小さい頃から考える機会を作っておくなら、人はみんな生きる力を身につけていくことができるのではないでしょうか。そのような教育が求められています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生の秘訣

2018.09.05日
%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-09-04%2013.53.06.jpg


“He who is not everyday conquering some fear has not learned the secret of life.”
—Ralph Waldo Emerson – 1803-1882, Essayist, Lecturer, and Philosopher
「毎日起きるなんらかの恐怖心を克服していない人は、人生の秘訣を学んでいない」
—ラルフ・ウォルドー・エマソン、エッセイスト・講演家・哲学者
(訳 舟田譲二)


人生に不安な要素はつきものです。
実際のところ、私たちは明日の命どころか、1時間先、1分先のの命さえもわかりません。
先の西日本豪雨で被害に遭って亡くなられた方なども、まさか自分がこの雨で死んでしまうなどとはだれも思っていらっしゃらなかったに違いありません。


今年は台風の当たり年で、昨日は25年ぶりの大型の台風21号に日本列島が見舞われました。
大きな被害が出ないことを祈るばかりです。
しかし、こればかりは私たちの力ではどうしようもないこと。自然の力の恐ろしさをまざまざと見せつけられています。


かと言って、毎日遭遇する大小さまざまな恐怖心と一瞬一瞬格闘していたら、それだけで私たちは生きるエネルギーも命さえも消耗してしまいます。
そこで天は私たちに知恵を与えてくれています。
それが、この「恐怖心を克服する力」です。
これを身につけるのが人生を賢く生きる秘訣だと、エマソンは言っているのです。
この生きる秘訣を身につけていないと、人生生きていくのは本当に大変です。それこそノイローゼ、不安神経症になってしまいます。


中にはスリルを味わうのが好きと言って、命がけの冒険をする人もいます。
それができる人はそれでいいのですが、みんながこんなことできるわけありませんし、下手に真似をするとそれこそ命を落とすことにもなりかねません。
かと言って、恐れて何もしないと人生の楽しみを味わうこともできなくなります。


何事もバランスが大切で、恐怖心を克服して身の丈に合ったことを無理なくする。一見矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、じつはこれこそ私たちが日常やっていることです。
挑戦する精神と無理をしないことは、決して相反することではありません。
台風のさ中に大荒れの海や増水した川を見に行く、というのは常識を外れた行為で自らの命を軽視するだけでなく、周囲の多くの人たちに迷惑をかけることにもなりますのでもちろんご法度です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生最高の栄誉

2018.09.04日
ralphwaldoemerson3-2x.jpg


"The greatest glory in living lies not in never falling, but in rising every time we fall."
--Ralph Waldo Emerson
「人生における最高の栄誉とは決して転ばないことではない。むしろ転ぶたびに立ち上がることだ」
―ラルフ・ウォルドー・エマソン
(訳 舟田譲二)


生まれてから死ぬまで誰でも数えきれないほど転びます。
もちろん、単に転倒するという意味ではなく、人生において大小様々な失敗をするということです。
私自身もこれまでの人生を振り返ると、何度転んだことかわかりません。
思い出すと赤面するような恥ずかしいこともたくさんあります。
しかし、その都度状況が変わったり、人に助けてもらったり、もがき苦しんで自分の力で立ち上がったりしてここまで何とか乗り切ってくることができました。
私のモットーは、「たとえ転んでもただでは起き上がらない。石ころひとつでも拾って立ち上がる。そして、その石ころを何かの役に立てる」です。


これからの人生にもまだまだ転ぶことがあるでしょう。
でも、私は恐れません。
なぜなら、転んでも立ち上がることを学んでいるからです。
だれの人生もそうです。
人生、これでもう終わりということは決してありません。
「タリタ、クミ!」
(少女よ、さあ、起きなさい)
起き上がるなら、必ずそこから道は開けます。
これこそ、人生最高の栄誉です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

心と精神と魂を注ぐなら

2018.09.03日
getty_615919228_338211.jpg


"Put your heart, mind, and soul into even your smallest acts. This is the secret of success."
--Swami Sivananda – 1887-1963, Spiritual Teacher
「もっとも小さな行動にも心と精神と魂を注ぎなさい。これが成功の秘訣です」
--スワミ・シヴァナンダ、スピリチャル指導者
(訳 舟田譲二)


これは私のモットーである「何事にも一生懸命」の精神と同じです。
小学生の頃は劇団に入っていて発声練習や早口言葉、演技の練習に一生懸命。劇団で一番になってテレビCMやドラマ、映画、舞台などに出るに至りました。
またこの頃、英語が大好きで単語をいっぱい覚えました。


中学に入るとリンガフォンという英会話教材のレコードが擦り切れるほど聴き、モデルのアメリカ人と同じ発音ができるまで練習しました。
また、学校では図書館で本を片っ端から借りて読み、2年・3年のときは校内で図書貸し出し数は一番。
高校1年でピアノを習い始めて3年のときにはショパンの「ノクターン 夜想曲」が弾けるまでになりました。
美術部に入って油絵を描き始め、部展で展示した絵が売れました。
また、アメリカから来たホームステイの高校生とは初対面ですでに英語で自由に会話ができていました。


大学生になってからは本格的に英語を勉強し、キャンパスで見かける外国人の先生とはみんな親しくなり、先生の家に遊びに行き、3年間アメリカ人宣教師の家での聖書研究に通い、ほかに家に泊めてもらったり、一緒に旅行に行ったりもして英語をマスターしました。
卒業後はそのままアメリカの大学院に留学し、1年半で成績トップで修士号を取り、博士コースに進みました。
学びながら同時に全米でも著名な教授のアシスタントをしたり、東洋言語学部の日本語のクラスを教え、ほかの大学でも日本語の講師をしたり、また通訳や翻訳の仕事もしていました。
ほかにもサイドビジネスを始め、それも1年で成功しました。


その頃キリスト教会に導かれてクリスチャンになるとすぐに献身して神学校に進み、2つ目の修士号を取得。
帰国後はキリスト教会の牧師、カウンセリングやセミナー講師の仕事をする傍ら、大学では非常勤講師で英語や音声学を教えました。
毎年、新しく教える学生約300人の名前を全員覚えました。


その後も、ずっと今日に至るまで、やることなすことすべてに常に一生懸命取り組みました。
ただ、小さい頃から身体が弱かったこともあり、過労で身体を壊すというおまけつきでしたが(苦笑)。


とにかく、「もっとも小さな行動にも心と精神と魂を注ぐ」なら、どんなことにも成功します。どんな分野でも成功している人はみんな同じことをしています。
うそだと思ったら試してください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

オーダーメイドの人生

2018.09.02日
A7C14C76-CA90-4781-994C-A1F30A4908C2.jpeg


"You cannot tailor-make the situations in life but you can tailor-make the attitudes to fit those situations."
--Zig Ziglar – 1926-2012, Author and Speaker
「だれも人生に起こるさまざまな状況をオーダーメイドで作ることはできない。しかし、その状況に合わせた対応の仕方はオーダーメイドできる」
--ジグ・ジグラー、作家・モチベーショナルスピーカー
(訳 舟田譲二)


自分の人生を自分の思い通りに歩みたいと思うのは、ごく当たり前のことです。
将来の夢とか目標を思い描き、その夢や目標の実現のためにみんな一生懸命努力します。
素晴らしいことです。
それがないと行き当たりばったりになり、ろくな人生を送れなくなります。


ただ、人生自分の思い通りにならないのが常で、すべてが思う通りに実現するということはあり得ません。
目標に向かって頑張っているときに突然病気になったり、家族に不幸が起きたり、親が離婚して家族がバラバラになったり、自分の経営している会社や勤めている会社が倒産したり、はたまたある日突然東日本大震災や西日本豪雨など天から降って湧いたような災難に遭うこともあります。
それが人生です。
いくら熱心に神社にお参りして無病息災、家内安全、合格や商売繁盛などを祈っても、毎日仏壇に向かってご先祖様にお供え物をして拝んでいても、教会で神様にお祈りしていても、誰にも等しく不幸は突然やってきます。


洋服を仕立てるように人生を自分の思い通りにオーダーメイドで設計することはできないのです。
問題はいかにしてこれらの不幸に出遭わないようにするかではなく、不幸に出遭ったときにどう対応できるかです。
ここが人生の分かれ目です。


各界で成功している人たちを見ると順風満帆だったというケースはほとんどなく、90%以上、いや99%の人が困難や試練に遭遇した後、立ち直って成功を収めています。
これが今日の冒頭の言葉の意味です。
「だれも人生に起こるさまざまな状況をオーダーメイドで作ることはできない。しかし、その状況に合わせた対応の仕方はオーダーメイドできる」
みんな陰で悩み、苦しみもがいて、そこから立ち上がっているのです。


何か大きな問題にぶつかって目の前が真っ暗になったとき、思い出しましょう。
この状況に合わせた対応の仕方が必ずある。それを自分の力でオーダーメイドする力が自分にも与えられているということを。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

命のバトンタッチ

2018.09.01日

地球上の動物の平均寿命はだいたい7年から2・30年。長くてもせいぜい50〜70年です。
その中で私たち人間の70〜100年は例外的です。
ヒト科にはゴリラやオランウータン、チンパンジーなどがいますが、この中で祖父母が孫を見ることができるのは人間だけだそうです。出産が早い場合にはひ孫を見ることさえできます。


進化論ではこれを「おばあさん仮説」というもので説明を試みます。
「女性が自らの出産・育児を終えたあとその知恵と経験を生かして自分の娘や血縁者の子育てを援助することにより繁殖成功度を上昇させることができる」


なるほど、もっともらしく聞こえる説ですが、それではおじいさんはどうなのか。おじいさんの存在価値は何なのでしょう。女性のほうが男性より寿命が長いと言っても、そんな差はたかだかしれています。おじいさんは長生きして何らかの貢献をしているのか。「おじいさん効果」というものはないのか、と問いたくなります(笑)。


私の考える「おばあさん・おじいさん効果」は、孫まで命をバトンタッチしたあとも生き続けることにより、子孫の繁栄を祈り、またそのための知恵を子や孫に伝授し、同時に孫と共に生きることにより自らも長寿のお祝いとして幸いを得る、というものです。進化論に根ざしていない、現実に基づいた理論です。


ということで、私たちもお陰さまでこの「おばあさん・おじいさん効果」の恵みに与かることができるようになりました。
一人目は去る4月3日に長男直人と恵利紗さんの間に生まれた「斗史希くん」、そして二人目は次男正人と萌さんの間に8月15日に誕生した「杏菜ちゃん」。
これまでお孫さんをもっていらっしゃる方々が皆さん「メロメロ」とおっしゃっているのを聞いてきましたが、いざ自分たちもその身になると、ほんとそのとおり「メロメロ」「トロトロ」で、本当にとろけてしまいそうです。


D5D46000-0F33-4614-9093-7812B6AC6B95.jpeg 6B92F674-0080-44FD-90D8-0FDA4BD6C586.jpeg


左は萌さんのお母さんの腕に抱かれている生後10日目の杏菜ちゃん。右は2日後に5か月になる斗史希くんとお母さんの恵利紗さん


杏菜ちゃんは普通の赤ちゃんのように一日の大半を寝て過ごさず起きている時間がかなり長いそうで、起きてるときはおっぱいを飲むか、抱っこされて安心してしばらくご機嫌で過ごしているとのことです。おっぱいをいっぱい飲んでくれるので、萌さんの体重は9キロも減ったそう。
斗史希くんは、最近は抱かれているとジャンプするように足で地を蹴ってはすとんと座るのが楽しいようで、とても活発なそうです。さすが5か月になるとずいぶん大きいですね。杏菜ちゃんより4か月半ほど早いおにいちゃん(従兄)です。


60E5E5DF-731B-46C9-B5C7-9BC8FBCC8341.jpeg 0F41AE60-43DE-4B1F-875D-46CE996E13FE.jpeg


お父さんの腕に抱かれた杏菜ちゃんと斗史希くん


私の母は病弱で56歳の若さで召天しました。私の結婚が遅かったからで、孫の顔を見るまでもう少し頑張ってと言ったら、「もうさんざん待った。もう待てない」と言って天に帰りましたが、私は母の分までしっかりと孫たちの成長を見届け、祈り、支えていきたいと願っています。
「走れ、メロメロ!」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村