学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

20年ぶりのミニクラス会

2018.08.10日

昨日は20年ぶりぐらいで、昔やっていた成人英会話クラスのミニクラス会のようなものに招かれました。
その内のおひとり、Kさんが今年の年賀状に、パーキンソン病を患って家の中は杖、外は車椅子の生活で要介護1になった、と書いてこられショックを受けました。なんとかお見舞いにお伺いしたいと思ったのですが、突然私がひとりで行くと先方も当惑されるかもしれないと思い、当時同じクラスで親しくしていらっしゃったお友達のMさんにご一緒に行きませんかとお声をかけたのです。
ところがKさんのお具合が良くなかったのかなかなか都合の合う日が定まらずにいて、半年近くたった2週間ほど前にMさんからご連絡が入って昨日お伺いすることになったのです。しかも、同じクラスにいらっしゃったYさんもご一緒ということで、20年ぶりの4人のミニミニクラス会となったわけです。


Kさん宅に着くと、家の中から「どうぞ」と声は聞こえるのですが、玄関に出てこられません。
中に入って行くと、両手に大掛かりな杖を持って立っておられましたが、ほとんど身動きが取れないような感じで、さぞかしご不自由だろうとお察ししました。
Kさんは当時、息子さんと娘さんが小学生から中学生の頃にかけてうちの塾に来て学んでいてくださったこともあり、彼らの近況を伺うのも楽しみにしていました。
今や息子さんは39歳、37歳のお嬢さんはご結婚されて2児の母でお近くにお住まいとのこと。機会があったらぜひおふたりのお子さんたちにもお会いしたいとお伝えしました。


皆さん(私も含め)高齢者となった今、それぞれさまざまなご病気を抱えていらっしゃったり、ご主人をガンで亡くされたりと、大変な中を通ってこられています。私の病いや苦労などは赤ん坊のようなものです。
皆さん、私が昔と全然変わっていないとおっしゃってくださり、嬉しいのですが、それは上辺だけの話で、妻に言わせれば私は外見だけで内側は80歳のおじいさんだそうです(涙)。


さて、高齢者の集いらしく、話題はもっぱら病気のことや健康のこと、あるいは大きな地震や先日の西日本豪雨のような災害が起きたらどうするか、これからの老後はどう生きるか、どのような生活形態になるか、など切実な問題ばかりです。
しかし、皆さん英語の勉強を続けていらっしゃって、ハリー・ポッターを原作で読んだり、外国旅行をされたりと、すごい知的好奇心です。また、趣味の刺繍の立派な作品を持ってきて披露してくださったり、管理栄養士の知識をシェアしてくださったりと、圧倒されました。


EB33D874-6EF5-4C20-ABDE-687C69BA0FBB.jpeg

(Mさんのオリジナル刺繍作品)


話題は尽きず、あっという間に4時間近くも経っていました。
お暇を告げるときには、Kさんはとても喜んでくださり、また遊びに来てくださいとおっしゃって、みんなに会って少しでもお元気になられたなら、それこそ本望で目的を達成することができました。でも正直なところ、私が皆さんから一番元気をいただきました。
皆さん、素敵な機会を作ってくださってありがとうございました。


またお会いしましょうね。それまで皆さんお元気で。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村