学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

何度もの失敗のお陰で成功できた

2018.06.14日
michael-jordan-failure-and-success-quote.jpg


"I've missed more than 9000 shots in my career. I've lost almost 300 games. 26 times, I've been trusted to take the game winning shot and missed. I've failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed."
--Michael Jordan - Former Professional Basketball Player
「私は選手人生で9000以上のシュートをミスし、約300試合で負けて、絶対にウィニングショットを決めると思われていた26試合を落とした。これまでの人生で何度も何度も繰り返し失敗してきた。しかし、そのお陰で成功できた」
--マイケル・ジョーダン、元プロバスケット選手
(訳 舟田譲二)


バスケットの神様のようなマイケル・ジョーダンですら、成功を収めるまで数えきれないほどの失敗を重ねてきています。
今、時の人である藤井聡太七段でも全戦全勝ではありません。負け試合もあります。
というか、万能のように思われているAIでさえ負けることがあります。
でも、藤井聡太七段もAIも、負けることによって強くなっていっているのです。
絶対に負けることがない、失敗がない完璧な存在は神様以外にありません。


ましてや私たち凡人は、初めから失敗するもの、負けるものなのです。
それで当たり前。
でも、当たり前だからといってそれに甘んじていたら成長がありません。
負けても負けても、失敗しても失敗してもチャレンジし続けるのです。
そもそも、マイケル・ジョーダンを始めとするその道のプロという人はみんな失敗の延長線上に成功をものにしたのですから。
30冊を超える著作活動と年間を通しての講演活動など、押しも押されもせぬ大企業の経営者である私の一友人は、高校を中退して上京し、数えきれないほどの試練の中をくぐり抜けて現在の成功を収めました。


私の座右の銘は「成功とはあきらめないこと」です。
試しに、このブログの左上コーナーにある「エントリー検索」に「成功とはあきらめないこと」と入力したところ、9年前の「成功とはあきらめないこと」を始めとし30件もヒットしました。


何事もあきらめずに、何度失敗してもくじけずにくらいついていくなら、必ず道は開け成功に至ります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村