学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

君子危うきに近寄らず

2018.04.09日

ラスベガス郊外にある鶴田さんのところへは約6時間かかりました。
鶴田さんのご自宅は6年前、4年前に次いで今回3回目の訪問ですが、裏のパティオの向こう側には広大な緑の芝生の庭が広がっています。じつはこれはゴルフ場なのですが、視界をさえぎるものが何もなく、まるで自分の家の庭のような感じなのです。
家は豪邸でまるでホテルのスイートルームのようです(行ったことがないのでどんなのか知りませんが)笑。


livingIMG_2665.jpg


奥さんの潤子さんが準備していてくださったご馳走をいただいた後、夜中の12時過ぎまで会話が弾み、毎晩遅くまで、時には徹夜で語り合った独身時代を彷彿とさせました。
翌土曜日も朝から前夜の話の続きが夕食まで続きました。
夕食は潤子さんが腕によりをかけて作ってくださった鳥のささみなどのご馳走をお友達の敏子さんとご一緒にいただきました。


dinnerIMG_2657.jpg


食後も夜12時近くまで金成さんも一緒に、よくこれだけ話すことがあると思うほど話が続きました。多くは聖書、神様、そして神様がどのようにして私たちの人生の中で働いてくださったかというような話題です。


日曜日は鶴田さんの牧会される教会へ。
ラスベガスダウンタウンに差しかかると建築中の大きなビルがあり、来るたびに大きく発展しています。


lvdtnIMG_2678.jpg  lvdtn2IMG_2679.jpg


ラスベガスの年間訪問者数は約4300万人。ロサンゼルスからラスベガスへのフリーウェイを走る車のほとんどがカジノ目的の人たちとのこと。確かにこれだけ多くの人が毎週末行けば潤うはずで、新しいビルもどんどん立つわけです。
経済的観点から言えば、確かに州の税収や国のGDPも押し上げるでしょう。娯楽の対象として一般の人々に喜ばれもするでしょう。
しかし、これだけ潤い、新しい企業が次々と参入するということは、ほとんどの人たちがギャンブルでお金を失っているということです。


さらに言うと、ギャンブル依存症の人がものすごい勢いで増えているということでもあります。これは決して対岸の火事ではなく、日本でも統合型リゾート(IR)整備推進法案が成立し、カジノのオープンを2015年をめどに計画しています。
外国からの観光客を呼び込み、経済を活性化させようというもくろみです。
それでなくても日本にはすでにパチンコ・パチスロ依存症の人がたくさんいるのに、カジノを導入すればどうなるかは火を見るよりも明らかです。


アルコール、タバコ、薬物、ギャンブルなど依存症は怖いです。
自分は大丈夫とみんな思っているのですが、知らず知らずのうちにハマってしまう魔力をもっていて、気がつくとそこから抜けられないという状況になります。それが依存症です。
「君子危うきに近寄らず」です。


ラスベガス日本人教会でのメッセージを取り次ぐご用は祝福のうちに無事終えることができました。感謝してご報告させていただきます。


lvjccIMG_2692.jpg


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ