学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

なんである アイである Part3

2018.04.24日

森永太一郎(1865〜1937)という人物をご存じですか?
「東洋の製菓王」と呼ばれた人で、森永製菓の生みの親、創業者です。


morinagaten.jpg


森永太一郎は現在の佐賀県伊万里市で有田焼の陶器問屋の子として生まれました。6歳で父親が病没し母親とは生き別れとなり親戚の家を転々として孤児同然の少年期を過ごすことになります。学校にも通えず12歳まで自分の名前すら書けず、友達から侮辱されていました。
その後、太一郎は伊万里の陶器問屋をしている叔父にあたる山崎文左衛門商店に養われることになります。
太一郎は文左衛門から次の4つの商売道徳を叩きこまれました。
1.どんな場合でも、正当な商品だけを扱い、不正直なものを売買しない
2.目先の利益に釣られて、粗末な品物を扱わない
3.正直と信じてつけた値段は、お客様から何と言われても下げない
4.仕事を急がず、10年を一区切りと決めて堅実にやる


太一郎は文左衛門のもとで上の4ヶ条を心に刻みつけ、メキメキと力をつけて成長していきます。
文左衛門が学問に理解があったことから、幸い勉強することも許されました。負けん気だけは人一倍強かった太一郎は仕事に勉強にと一心不乱に頑張りました。


1888年、23歳のとき太一郎はもう一人前の商人になっていましたが、九谷焼きをアメリカに飛び込みで売ることを決意しました。それは、昔お世話になったことのある九谷焼きの商店をしている店主が、問屋との関係が悪化して取引きが中止となり、資金繰りは行き詰まり借金取りが押しかけてくる中で、困り果ててって若いがしっかりしている太一郎に泣きついてきたのです。
太一郎は今こそ店主に昔の恩を返すチャンスと思い何か打開策がないか必死に考えました。この商店は主に九谷焼きを外国商館に売っている。残った九谷焼きを直接アメリカで売れば手数料を払わずに済み、その分利益を見込めると太一郎は思いつきました。


勇んでアメリカに乗り込んだ太一郎ですが、九谷焼きは全く売れませんでした。かたことの英語ではコミュ二ケーションもまともにとれません。遠い異国での挫折は身にこたえました。借金だけかかえてこのまま日本に帰るわけにもいきません。ぼう然と街をさまよい歩き、疲れ果てて公園のベンチに腰を下ろしました。
ちょうどこのとき60歳ぐらいの上品な顔立ちの婦人が通りかかり、話しかけてきました。
「グッド・アフタヌーン」。太一郎もとっさに「グッド・アフタヌーン、マム」。
婦人はハンドバッグからキャンデーを取り出し、「プリーズ」と太一郎に差し出しました。
「サンキュー、マム」と応えて、キャンデーを頬ばりました。とろりとした甘味が口中に広がり「うまい!」と思わず叫びました。このような美味しい菓子を日本では食べたことがありませんでした。
この瞬間に「洋菓子の職人になろう。洋菓子の製造技術を習得して帰国し、洋菓子を安い値段で日本人に提供したい。この分野のパイオニアになろう」と太一郎は決意します。


菓子工場で働こうと彼は必死で仕事を探しますが、当時のアメリカは黒人だけでなく東洋人もひどい差別を受けていて仕事など見つかるわけありません。でも太一郎はあきらめず、アメリカ人の家のスクールボーイ(下男)となって一生懸命真面目に働きます。
家を転々としていたある時、公園で以前キャンデーをくれた夫人と再会し、彼はその夫人の下でスクールボーイとして働くことになります。この婦人は夫婦共々信仰深いクリスチャンであったことから、彼は信仰を持つに至り、洗礼を受けます。このとき太一郎は「熱狂的情熱が猛然と沸き起こり、勇気100倍」になったと言ったそうです。


太一郎は菓子職人になる夢を捨て、キリスト教の伝道者になる夢を抱いて帰国しました。彼は日本に帰ると、即座に親族や兄弟に伝道しました。しかしそのような太一郎を見て、人々からは「太一郎はアメリカで頭がおかしくなった」と言われました。育ててくれた岩崎家からも離縁されてしまいました。彼は伝道者になることにも失望し、再度アメリカに渡り、洋菓子作りの学びを続けました。


パン屋の下職からベーカリー、さらにキャンデー工場などでのべ12年間アメリカで修業した太一郎は洋菓子造りの技術を身につけることができたので帰国して独立開業することにしました。
東京の赤坂溜池でわずか2坪(畳4枚分)の作業場兼店舗を開き、「森永西洋菓子製造所」の看板を揚げました。明治32年8月、太一郎35歳の時でした。


そして最初に製造したのはマシュマロでした。
夜の明けないうちに起きてマシュマロを造り、それを風呂敷に包んで、東京中の菓子屋を訪ね歩きましたが注文は全く取れませんでした。「こんなフワフワしたものはとても売れんよ」「口に合わん」と断られます。次にキャラメルを造ってみましたがこれまた売れず、販路開拓は苦難の連続でした。落胆しましたが、熱心なクリスチャンとなっていた太一郎はすぐにマタイ伝の中の一節「天は空飛ぶ鳥さえ飢えさせぬ。ましてや万物の霊長たる人間の誠さえ踏んでいくならば、飢えることなどあるべきものではない。天は何人でも、働く者には必ず衣食の糧を与えられるものである」を思い出し、自身を奮い立たせます。


fde74-marshmallow5b15d.jpg


2ヶ月経ってようやくマシュマロが売れ、それからは太一郎の地道な営業活動が少しずつ実り始め注文は徐々に取れるようになりました。
当時、商品を入れる箱は上げ底になっているのが当たり前でした。しかし太一郎は正直をモットーとしていたので、量を多く見せる上げ底には反対し、小売店や卸売店の要求も断って自らの意志を貫きました。
また、売行きの良いウイスキーボンボンとリキュールボンボンは、「柔らかい頭脳に害を与えるので、本場のイギリスではもう造られていません」と女学校の先生に指摘されると、その日のうちに製造を中止しました。
日本の高温多湿の風土で製品が傷み、返品の山を抱えることがありましたが、返品のあった得意先へはすぐに新品を無償で届けて信用回復に努めました。
太一郎のこうした商道徳は、彼の信用を高め「森永は商人道を心得た男だ」と評判が立ち、取引きを望む小売店が続出していきました。


このほかにもいろいろな苦労や試練が続きましたが、太一郎は幼い頃叔父から教えられた商売の4ヶ条とクリスチャンの精神で成功を収めていきました。
彼のモットーは「商売は正直でなければ栄えません」でした。


このようなとき、1923年(大正12年)9月1日正午前に関東大震災が起きました。
太一郎は、全力を挙げて被災者を救おうと決め、翌2日には女子社員を招集してビスケットをキャンデーの袋に詰めて6万袋を作り、ミルクキャラメル10万箱をトラック8台に積んで避難していた人達に配りました。
別のところではドーナッツを配り、コンデンスミルクを溶かして通行人に一杯ずつ配りました。これは一日で5万人分にもなりました。
3日には、内務大臣を訪れ、「5万円を寄付しますので、その分だけ政府の米を出してください。私達の方で被災者に配ります」と申し出て被災者に配らせました。8日まで続けられその量は76石8斗(11.5トン)にもなったといいます。
この間、太一郎とパートナーの松崎は玄米の握り飯に梅干し、たくあんという粗末な食事で陣頭指揮をとり続けました。森永製菓は神奈川、千葉、埼玉、静岡、山梨の5県に計2万円寄付しています。


太一郎は聖書の教えを実行したのです。
「善意の人は祝福を受ける。
自分のパンを寄るべのない者に与えるから」
(箴言22:9)

「偉人のエピソード逸話集」より一部抜粋・編集加筆)


マシュマロの話の実話です。
さらにこのマシュマロがどのようにして「なんである アイである」につながるのか、それは明日のPart4のお楽しみ。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ