学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

アルコール依存症からの解放

2018.04.11日

昨日の記事「君子危うきに近寄らず」に書いた依存症のことについて今日は書きます。
今回、ラスベガス訪問に同行してくださった金成さんが車中でお話しくださったことを、ご本人の了承を得て以下に要約してご紹介します。


私は長年アルコール依存症でした。ビジネスでのプレッシャーやストレスが大きくなると、どうしてもアルコールを飲みたくなる傾向がありました。アルコールを飲むと一時的に気分が良くなり、ストレスやプレッシャーから開放されたような気分になれるからです。
そこには、アルコールに逃げている自分がありました。私は性格上、逃げることが大嫌いなため、アルコールに逃げている自分に対して嫌悪感がありました。また、翌日の二日酔いによる体調の悪さ、気持ちの落ち込みなどの理由で、今までに何度もアルコールを止めようと思いました。しかし、私にとってアルコールの歴史は長く、そう簡単にはいきません。
じつは高校生の頃から野球部の仲間と飲み始めていて、大学時代には居酒屋で倒れて病院に運ばれたこともあります。このようなエピソードは、残念ながらいくつもあります。


大学4年生の時にクリスチャンになり、自分をもう少し大切にするようになりました。それ
までのような無茶な飲み方はしなくなりましたが、それでもアルコールを止めることはできませんでしたし、止める気もありませんでした。
私の問題はアルコールに飲まれてしまうこと、コントロールされてしまうことでした。


私は自分のアルコール問題についてよく祈りました。「神様、私がアルコールをコントロール出来るように強い意志力をお与え下さい」などと何度も祈ったのですが、心の奥底ではアルコールをしっかりと握りしめていました。私にとってアルコールは、神様と同じくらい重要だったのだと思います。


ある土曜日、私の家で水泳が好きな仲間が集まる同好会のミーティングをやっていました。すき焼き鍋を囲んで食べつつビールやワインを飲みながら話し合いを進めていたのですが、この日私は非常に疲れていて、あっという間に酔いが回りました。
その日はみんなと楽しいひと時を過ごしましたが、翌日曜日の朝はやはり二日酔いでした。それ程ひどくはなかったので教会に行きました。しかし教会への運転中に急に気分が悪くなり、お腹が痛くなってきました。教会に着くなり牧師先生のオフィスに行って、昨晩飲み過ぎて二日酔いであることをお伝えし、具合が悪いので礼拝を休みたいとお伝えしました。
先生はその場で私のために祈ってくださいましたが、あまりにも気分が悪かったので何を祈ってくださったのかさえ憶えていません。駐車場までよろよろと歩いて行きましたが、急に吐き気に襲われ、車にたどり着く直前に駐車場で吐いてしまいました。すぐに茂みの方に歩いて行き、そこで10分ぐらい吐き続けました。もう大丈夫だろうと思って車に乗って運転をし始めましたが、また吐き気を催し、車を止めて車の中でさらに吐き続けました。車の中にいつもビー
チタオルを置いていたおかげで助かりました。教会の駐車場で吐いた人間は未だかつて私一
人ではないかと思います。


家に帰って月曜日の朝まで約19時間寝ました。すっかり気分が良くなったので、月曜日は
通常通り会社に行き、もう体調を取り戻したと思っていたのですが、夕方近くなるとまたお腹が痛くなり、早退することにしました。


翌火曜日の朝4時頃、「もうアルコールを完全に止めたらどうですか?」という声が心の耳に聞こえて目が覚めました。これは神の声かもしれないと思って真剣に受け止め、ベッドの中で祈りました。
朝6時少し前に妻のレズリーが、「デニーズでFree Breakfast(無料の朝食)があるので行こう」と言って、みんなを起こし始めました。テレビでニュースを見ていたら、そういうコマーシャルがあったそうです。普通だったらそういうオファーに対して私は絶対にノーというのです。しかしながらなぜかこの時私は、イエスと言って渋々とシャワーも浴びずに服を着て、みんなでデニーズに向かいました。グレースは高校生、ジョイは中学生、学校が別々の場所なので車2台で行くことにし、グレースが私の車に、ジョイが妻の車に乗りました。車でデニーズに向かう途中、グレースから “How is your stomach ?” (お腹の調子はどう?)と聞かれました。この2日間グレースから何度かこの質問をされて、父親として非常に恥ずかしい思いをしていました。私はグレースに “Thank you. My stomach is better. I am fine now.” (ありがとう。もう大丈夫だよ)と言いました。するとグレースは、静かに、 “Daddy, stay away from bad drink!” (ダディー、もうお酒はやめて)と言いました。私はすぐに朝4時に聞いた声の内容と同じことを言われていることに気付きました。へブル書3章7節のみことばを思い出しました。『きょう、もし御声を聞くならば、荒野での試みの日に御怒りを引き起こしたように、心をかたくなにしてはならない』
デニーズに向かう途中で、私はアルコールを完全に止めることを決心し、ひとつの作戦を立てました。『今度は絶対にアルコールを止める作戦』です。というのは、今までに何度止めようとしてもその都度失敗をしてきているからです。作戦は決まりました。「この決心を数人の人に宣言しよう」というものです。テーブルに着くと早速、「グレースがダディーに言ったことばを、神様からの声として受け止め、今後、アルコールを完全に止めることにした」と家族の前で宣言したのです。


その日の午後3時に教会の牧師先生のオフィスに行きました。先生にお会いしたのは日曜日の朝以来でしたので、この2日間で私の身に起こったことをお話しし、また、その日の朝決心したアルコールを止める決意を伝えました。また、今度こそは後戻りできないように何人かの人にこの証しをするつもりだと告げました。先生は私の決心を喜んでくださいましたが続けて言われました。
「金成さんが話しやすい人だけにこの証しをしても、それでは十分ではありません。金成さん、日語部の皆さんの前で証しすることはできますか?」
「え〜、教会でゲロを吐いたっていう話をみんなの前でするんですか〜?」と、言いたい気持
ちになりましたが、そこはグッと抑えて先生からのアドバイスを神様からのアドバイスとして受け止め、「はい、やります」と答えました。


これは9年前の出来事です。
アルコールの奴隷であったのが、今では奴隷身分から開放されたような気分です。
『今は、酒に酔ってる時より、気持ちがいいです!』


金成さんのケースはアルコール依存症でしたが、これはパチンコなどのギャンブル、タバコ、薬物などの依存症に限らず、甘いものやゲーム、スマホ、買い物、骨董品等の収集やスポーツ、人間関係など、およそ私たちの生活全般に通じることです。
自分はこれの依存症かなと思い当たるものがあったら、それから脱却する方法は人に言われたり、強制的に取り上げられるのではなく、自らのうちから解放されたい、という願望が起こることが一番大切です。それと「自分のため」という目的が弱い場合は、家族など「愛する人のため」という目的が非常に効果的です。
また、子どもなど家族の中に○○依存症の人がいる場合も、上の方法を活用してください。
叱ったり、無理強いするのはかえって逆効果です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ