学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

広告でもっとも強力な要素は

2018.03.23日
quote-1267.jpg


"The most powerful element in advertising is the truth."
ーーWilliam Bernbach - 1911-1982, Advertising Director
「広告でもっとも強力な要素は真実だ」
ーーウィリアム・バーンバック、広告代理店コピーライター
(訳 舟田譲二)


仕事柄、今のこの時期、毎日のように新聞に折り込まれてくる学習塾のチラシに自然と目が留まります。
合格実績を売りにしているものもあれば、先生の顔を売りにしているところ、サービスを売りにしているところと、様々です。
でも、冒頭の言葉のようにやはり「真実」ということは本当に大切な要素です。


中には大手のライバル塾が合格実績に偽りがあると非難し、それがエスカレートして裁判沙汰になっているケースすらあります。これでは実績が泣きます。
また、授業料が極端に安くて、それでいて全員専任講師と、明らかに偽っているものもあります。
以前、ある塾からうちに移ってきた講師から聞いた話ですが、チラシやホームページで「全員専任講師」と謳いながら、大学生のアルバイト講師が何人もいて、しかも生徒には入社して2年目の正社員と言うように、と上から指導されていたというとんでもないケースがありました。
また、「完全個別指導」「講師がつきっきり」などと広告で謳いながら、実際には先生がひとりで生徒5〜6人を見ていて、生徒一人当たり指導してもらえる時間が10分ほど、という話を転塾してきた生徒から聞いたこともあります。
これでは広告がまったく信じられなくなります。


家を新築した20年前、いろいろな業者が飛び込みセールスで次々と来ました。
当時流行っていた鉱石活水器なるものをセールスの言葉とパンフレットを信じて30万円ほど出して購入しました。
若い営業マンが毎日のように訪ねてきて、水道水の不純物を除去し健康に良い、洗濯物がきれいになる、配水管が汚れずいつまでもきれい等々、たくさんの「証拠写真」を見せます。そして、自分の弟がひどいアトピーだったけどこれを使うようになって治ったと、涙を流しながら話し、うちの子もアトピーだったので信じたのですが、実は全部ウソでした。
会社に電話するとその担当者は退職したと言い、その後再び電話するともう会社自体が消えていました。
このようなものは論外ですが、似たり寄ったりのものは今日もたくさんあります。


「真実であれば良い」というものでもありません。
つい最近のことですが、大学生などのアパート、ワンルームマンションなどを専門にしている不動産屋さんが、「そうだ、満室にしよう!」というとても目立つキャッチコピーを営業バンのリアウインドーに貼っていました。JRのCM「そうだ、京都行こう!」をもじったものです。
私はこれを見たとき笑ってしまいました。
これは確かに本音を語っているのでしょうが、どう見ても社外の人に宣伝することじゃないでしょ。会社内に貼って社員を鼓舞するのだったら分かりますが。
と思っていたら、ほんの2か月ほどですべてのバンからはがされていました。


一方、とても好感のもてるテレビCMもあります。
Newクレラップや東急リバブルなどのCMは、見る人の心情に訴え、つい微笑んでしまいます。


picture-269.jpg img01.jpg


広告は真実であることが何よりも大切ですが、この心に訴えるという要素も劣らず大切です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ