学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

可能性は無限に

2018.02.10日

"Limitations live only in our minds. But if we use our imaginations, our possibilities become limitless."
--Jamie Paolinetti, Actor
「限界というのは私たちの頭の中にあるだけだ。想像力を働かせると、可能性は無限になる」
--ジェイミー・パオリネッティ、俳優
(訳 舟田譲二)


昨夜、テレビで『ドラえもん』をやっていました。うちの子どもたちが小さい頃はいつも一緒に見ていました。
『ドラえもん』は子育てにもいいと思って、テレビや映画だけでなく、マンガ本もシリーズで買っていました。
でも、子どもが大きくなってからずっと見ていませんでした。
それで懐かしくなってちょっと見てみました。
やっぱりいいですね。『ドラえもん』大好きです。
劇場版はテレビで何度も見ましたが、さすがにスケールも違うし、ストーリーも面白さが比べものになりません。


このブログでもこれまで「ドラえもん」については何度も書いてきました。好きな証拠ですね。(ブログページ左上コーナーの「エントリー検索」に「ドラえもん」と入力すると関連記事が全部出てきます)
その一つ、ドラえもんの秘密の道具「ほんやくコンニャク」は、ここ数年のAI(人工知能)の技術の急速な進歩のおかげでもうほぼ実現しています。
昔、私がアメリカに留学して言語学を研究していたときには、コンピュータによる機械翻訳は将来的にも不可能だと言われていたのに、およそ人が頭で考え得るものはもはや不可能なものなどないかと思われるほどです。


jelly.jpg


映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー PART2』で、主人公マーティとジェニファーが未来の自分たちの子どもを救うために、ドクとともにデロリアンで1985年から30年後の2015年の今日にタイムスリップするというくだりがあります。
1985年に作られた映画の中で2015年の世界が想像で描かれています。
iPadのようなタブレット型コンピュータ、液晶パネルテレビ、テレビ会議、3D映画、指紋認証技術、バイオエタノールを燃料とする自動車、メガネ型情報端末等など、すでに実現したものがあまりにもたくさんあって驚かされましたが、まだ無理と思われていた空飛ぶ自動車もすでに実現しています。



「限界というのは私たちの頭の中にあるだけだ。想像力を働かせると、可能性は無限になる」
自分の頭の中で「限界」だと思っている間は本当に不可能なのですが、上の「ドラえもん」や『バック・トゥー・ザ・フューチャー』のケースのように、想像力を働かせるなら不可能は追いやられて可能な世界がどんどん広がっていきます。
同じ生きるなら、可能性を無限に広げるために、私たちも想像力をもっともっと働かせなければ損です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ