学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

自分が本当に求めていることは

2018.01.07日

"Most people are not going after what they want. Even some of the most serious goal seekers and goal setters, they’re going after what they think they can get."
--Bob Proctor - Author and Speaker
「ほとんどの人は自分が欲しいと思っているものを追い求めていない。真剣に目標を追及している人や目標設定をしている人たちでさえ、彼らが追い求めているのは自分たちが手に入れることができると思っているものだ」
--ボブ・プロクター、作家・スピーカー
(訳 舟田譲二)


確かにこれは言えますね。
たとえばクリスチャンは、天のお父様は無尽蔵の富を持っていらっしゃるとか、神様は全知全能だから何でもできると信じていても、自分の頭の中で可能だと思うものを神に祈り求めています。
神様を信じていない人は、自分が働いている会社や社会や、人、あるいは自分自身を信じるしかないのですが、それですらあまり当てになりません。そこで、無難なところで妥協してしまうわけです。
このようにして、本当に自分が欲しい、手に入れたいと思っているものではなく、結局これだったら手に入るだろうと思うものを無意識のうちに自分の夢にしているのではないでしょうか。


これはなにも物や地位、名声などに限ったことではありません。
親子関係や夫婦関係、友人関係等々の人間関係においても同じです。
このような関係を築きたいと心の中で思いつつも、どうせ無理だろうなどと初めからあきらめて適当なところで手を打ってしまうのです。


自分は将来このような人生を生きたいと思ってはいるけど、やっぱり不可能だろうと思って手の届くところ、楽な道を選んでしまう。
そのようなことはないでしょうか。


私も過去を振り返ると、大きなビジョンを持ってことに臨んだ時は、不思議なように次々と道が開かれていき、いつも夢をかなえることができました。
しかし、自信がなくて妥協してしまうと、果たしてそのとおりの結果になりました。あとになって考えると、もっと大きな目標を持っておけばよかった、と後悔したものです。
最初から手の届く楽な道を選ぶのではなく、大きな目標に向かってチャレンジしましょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ