学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

強さと明るさの秘訣

2018.01.02日

"Optimism is a happiness magnet. If you stay positive, good things and good people will be drawn to you."
--Mary Lou Retton - Gymnast and Olympic Gold Medalist
「楽観主義は幸せを引き寄せる磁石です。楽観的に生きていると、良いものも良い人もあなたのところに引き寄せられてきます」
--メアリー・ルー・レットン、元体操選手・金メダリスト
(訳 舟田譲二)


メアリー・ルー・レットンは1984年のロサンゼルスオリンピックに高校2年生で女子体操競技に出場し、個人総合で金、団体総合と跳馬で銀、段違い平行棒とゆかで銅の5つのメダルを獲得した選手です。
身長145センチと他のどの選手よりも小柄でしたが、その愛くるしい笑顔で当時世界中の人々を魅了しました。
私もその時の感動をよく覚えています。


marylouretton15947.jpg  Mary%20Lou%20Retton%2001.jpg

(右は49歳の現在のレットン。高校生の時と変わらない笑顔です)


しかし、この輝かしい成績の陰に彼女の信じられないような苦難がありました。
レットンは股関節形成不全症を抱えて生まれ、状態は長年の競技生活でさらに悪化した。痛みが増加したため、彼女は30歳代半ばで左側の股関節を人工股関節に置換する手術を受けた。レットンはまた過活動膀胱と関節炎に苦しんだ。彼女はこれらの病気の治療を広めるためにバイオメット社とファイザー社に雇われスポークスウーマンとなった。
(Wikipediaより)


レットンの強さと明るさの秘訣は、上の彼女の信念にあったのです。
「楽観主義は幸せを引き寄せる磁石です。楽観的に生きていると、良いものも良い人もあなたのところに引き寄せられてきます」
もし、レットンが自分の不幸な境遇に負けていたなら上のような活躍はできなかったことでしょう。


「引き寄せの法則」と言うと、何だかうさん臭く思う人がいますが、これは真理です。
否定的な考え方をして、いつも暗い顔をしていたらさらに不幸を引き寄せます。
「類は友を呼ぶ」と言うように、「引き寄せの法則」で同じような人が集まってくるのです。

つまり、明るい顔をして楽観的に生きていると、やはり「良いもの、良い人」が引き寄せられてくるということになるわけです。日本でも「笑う門には福来たる」と言うではありませんか。
皆さん、この新しい年、このような生き方をご一緒にしませんか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ