学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

14歳張本最年少V 年をとったなぁ ― 藤井四段

2018.01.30日

「14歳張本最年少V  年をとったなぁ ― 藤井四段」
(1月23日付読売新聞 「USO放送」より)


読者が投稿する読売新聞の「USO放送」にはいつも笑わされます。毎朝一番の私の健康のもとです。
「箱根駅伝4連覇 卒業しません ― 青山学院大」
(1月5日)
「間違い探し 大人版です ― 広辞苑」
(1月21日)


さて、「天才中学生、藤井聡太四段と張本智和が対談! 『五輪で金メダル』『将棋界のトップに』」というニュースがスポーツ報知で報じられました。
対談を文字で起こした下の動画をご覧ください。
さすが二人とも天才少年、言うことが違います。
14歳、15歳の中学生が話し合っているとは思えないほど、敬語など言葉遣いもしっかりしていますし、相手を立て、積極的にお互いから学ぼうとする姿勢など、教えられることがたくさんあります。



張本選手は2歳から卓球を始め、藤井四段は5歳で将棋を始めました。
きっかけは張本選手の場合は両親が卓球をやっていたという境遇、藤井四段は祖母から将棋セットをプレゼントされたこと。
ふたりに共通する点は、勉強もスポーツもできること、負けず嫌い、ずば抜けた集中力、努力家。幼いときからの英才教育に加え、このような性格・能力を持っていたら否が応でもその道で抜きんでます。
最近、テレビ番組でも天才少年(少女)が様々な分野で活躍している様子がよく報じられていますが、やはりふたりに似た共通点が見られます。
日本の未来を担っていくこれらの若者はとても頼もしく、また将来が楽しみになります。
頑張れ、未来人!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ