学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

エクササイズでなくイナサイズ(動画付)

2018.01.12日

(末尾に動画があります)
心身の健康のためにエクササイズ(運動)が必要だと、最近よく言われます。
エクササイズは身体のためだけでなく、心のためにも大切です。


体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。


朝日を浴びると、脳は活動状態に導かれてメラトニンの分泌が止まります。このメラトニンは目覚めてから14〜16時間ぐらい経過すると徐々にメラトニンの分泌が高まり、その作用で深部体温が低下して、休息に適した状態に導かれ眠気を感じるようになります。


このメラトニンは眠りを誘うほかに、抗酸化作用によって細胞の新陳代謝を促したり、疲れを取ってくれるために、病気の予防や老化防止にさまざまな効果を持つと考えられています。
ところが、このメラトニンは加齢とともに分泌量が著しく減少します。
ですから朝日を浴びながらウォーキングすることはとても大切なのです。


IMG_2243.JPG


心身の健康作りは幼少の頃から、高齢までずっと欠かせません。
しかし、もう一つ大切なものがあります。
それは身体の運動であるエクササイズに対して内側、すなわち頭脳の訓練「イナサイズ」です。
Exercise の ex- が「外」を意味するのに対して、Innercise は「内」を意味する in- を付けた造語です。
皆さんはこの頭の訓練もしっかりしていらっしゃいますか?


欧米では子供達に対する教育が功を奏して認知症患者数が減少しています。
しかし日本では認知症患者数が増加の傾向にあります。日本は世界一の超高齢社会。現在の小学4年生の平均寿命は100歳になるだろうと言われています。今後ますます認知症患者数は増え、2050年の日本全体の患者数は、今の倍近い1千万人に達するという予測もあります。


ですから、幼少の頃からエクササイズだけでなくイナサイズが必要なのですが、私たち高齢者はさらにイナサイズをしなければなりません。


日常、誰でもどこでもでもできるイナサイズとして私がお勧めするのは、たとえば利き手でない手(右利きの人なら左手)で歯を磨くこと、また早口言葉を覚えてスラスラ言えるまで練習すること、外国語を勉強したり、長い単語や漢字を覚えたりすることなどです。
人とあまり関わらなくなった高齢者や、口数が少ない人は認知症になる確率が高くなります。
つまり言葉を話すことで前頭葉や右脳、海馬が活性化し、認知症予防にもつながるわけです。
人と交わっておしゃべりしたりして楽しく過ごすこと、また一人で音読するとか早口言葉を覚えたり、口に出して言ってみたりするととても効果的です。


先日「江戸時代の早口言葉」でご紹介した「神田鍛冶町の角の乾物屋の勘兵衛さん」と英語で一番有名な早口言葉、英語で一番長い単語と世界一長い地名を、ビデオに収録しましたのでどうぞご覧ください。


動画の中に出てくる英語で一番有名な早口言葉 (マザーグースから)
Peter Piper picked (ピーターパイパー)
a peck of pickled peppers. (1ペックのペッパーピクルスをつまんだ)
A peck of pickled peppers (ピーターパイパーがつまんだ)
Peter Piper picked. (1ペックのペッパーピクルス)
If Peter Piper picked (もしピーターパイパーが1ペックの)
a peck of pickled peppers, (ペッパーピクルスをつまんだなら)
Where's the peck of pickled peppers (ピーターパイパーがつまんだ)
Peter Piper picked? (1ペックのペッパーピクルスはどこ?)


一番長い英単語
pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis (塵肺症)
一番長い地名
Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch
(ランヴァイアプウルグウィンギルゴウゲラッフワーンドロウブゥルランティスィリオウゴウゴウゴウッフ)


動画の下に字幕が出ますので、画面右下の四角いマーク %8E%9A%96%8B.jpg をクリックしてください。



毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ