学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

経過報告します

2017.12.08日

去る10月25日の記事「笑顔と笑声」の中に書きましたが、その2日前の早朝、ダイニングチェアに足を引っかけて転倒し、隣のチェアの角にわき腹を思いっきりぶっつけてしまいました。
しばらくは息もできないほどで、キャビネットにもたれかかってじっとしていました。
肋骨が折れたかひびが入ったかと思うほどの痛さです。
なんとかベッドに戻り、朝になるまで待って、妻に車でいつもの整形外科に送ってもらいました。レントゲン検査の結果、一番下の肋骨をぶっつけたようですが、ひびも入っていず無事でした。
以来ずっと整形外科に通いながら治療を受けています。
通常、1か月ほどで痛みは治まるそうですが、1か月半経ってもまだ痛んでいます。
お祈りしていてくださっている方が大勢いらっしゃいますので、今日はその経過報告をいたします。


打撲してから1週間は本当に痛くて、車で医者まで送ってもらっていましたが、2週目ぐらいから500mぐらいの距離をゆっくり歩いて通うようになりました。
少し調子良くなったと思っていつもよりもちょっとでもたくさん歩くと翌日はまた痛くなって歩けなくなる、ということの繰り返しで日によって波がありました。


でもよく言われるように「日柄もの」で、徐々に痛みの度合いは弱くなり頻度も少なくなってきて、最近は手を伸ばしたり、身体を前屈み、あるいは後ろにそらしたり、左右によじったりすると「あ、いたた」という程度になりました。椅子に座ったり立ち上がったり、ベッドに寝たり起き上がったりするとき、車に乗り降りするとき、そして歩いているときが一番痛みます。


まだ以前のようなウォーキングはできませんが、少しずつゆっくり散歩ができるようになってきました。
その結果が、スマホに入れているアプリ「Pacer」の過去の分析によく表われています。
まずは、この1週間の推移。月曜日と火曜日はとても痛んで1日中ベッドの上で寝ていました。


IMG_1997-1.jpg


次は過去1か月間(左)と6か月間(右)の比較。


2FullSizeRender-3.jpg  3FullSizeRender-4.jpg


1か月間の推移を見ると、波はあるものの少しずつ歩く距離が伸びてきているのが分かります。
右の6か月のほうを見ると、転倒事故を起こすまでは雨が続いた時など外に出られなかった時以外は4〜7kmぐらいは歩いていましたが、事故以降はどーんと落ちて、それから少しずつ距離が伸びています。歩けるようになってきたというのはだんだん回復してきている証拠です。
お祈りしてくださっている方々には、心から感謝いたします。


高齢者が一番気をつけなければならないのは「転倒」です。
まだ早めに経験しておいて良かったです。
皆さんもお気をつけください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ