学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

大物に会いましょう!

2017.12.07日

もう何十年も昔のことですが、私はひとりの友人と食事をしていました。うちの裏庭でバーベキューをしていたのですが、その時アンドリュー・ヤングの名前が出てきました。ヤングは、かつてマーチン・ルサー・キングJr.のかたわらで働いていた人のひとりで、その後米国国連大使となり、それからジョージア州アトランタ市長となりました。私は彼に興味を持ち、何年にもわたって彼の経歴を調べていました。ヤングはとても有能で誠実、その上サービス精神に富む人だと思っていました。機会があったら是非とも会いたいと願っていたのです。


すると、この友人が自分はアンドリュー・ヤングを知っている、昔何度か彼と一緒に仕事をしたことがある、と言うのです。そこで私は、何としてもヤングに会わせてもらいたいと言って友人から約束を取り付けました。どのような犠牲を払っても彼に会いたいと思いました。


何らかの理由で私たちはある人物を尊敬しているのですが、その人物に会うことはまず無理だと思います。地位や権力、権威のある人に会うことは不可能だと思うかも知れませんが、決してそうとは限りません。
ある人物にどうしても会いたい、というような状況に次に出くわした時は、とにかくやってみることです。


1960年代初頭、私はシカゴへ飛び、そこでアール・ナイチンゲールに1時間会うことができました。この出会いが、私の人生をすっかり変えてしまいました。私はその後シカゴに引っ越して、何年にもわたってアール・ナイチンゲールのところで働くことになったのです。


『保安官ワイアット・アープ』役のヒュー・オブライアンを2年ほど前、うちに客として迎えたことがあります。彼はアルベルト・シュバイツァーに会いにアフリカに行った時の話をしてくれました。このシュバイツァーとの出会いが、後に非営利団体「Hugh O'Brian Youth Leadership Foundation」の創設につながり、今日世界中の何万人もの青年にリーダーシップスキルを養う働きになったのです。


このような大物というのは、決して手の届かないところにいる人たちではありません。たいてい心の美しい人たちで、あなたの人生を変えてくれたりすることがあります。もし、ある人のことを尊敬しているなら、何としてもその人と知り合いになるといいです。


ボブ・プロクター
(訳 舟田譲二)


私の年代かそれ以上の人ならきっとアメリカのTVドラマ『保安官ワイアット・アープ』をご存じのことでしょう。私も、『ララミー牧場』や『ローハイド』『アニーよ銃を取れ』などの西部劇にどっぷりハマっていて、毎週欠かさず観ていました。
銃を早撃ちし、指でクルクル回してホルダーにさっと戻して、ワイアット・アープ気分でした。(下は小学4年生の頃の私)


cowboy.jpg


上の記事中、登場する人物をご存じない方のためにリンクを貼っておきましたので、ご興味ある方はご覧になってください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ