学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

世界の食糧事情を画期的に変える

2017.12.15日

一昨日のTV番組『探検バクモン』の「食べもの革命!最先端植物工場」を非常に興味深く見ました。


bakumon1.jpg


日本の食糧自給率がとても低いことは知っていましたが、まさかここまで低いとはホントびっくり!


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202013-10-14%2020.15.53.png


しかし、ここでさらにびっくりしたのは、番組が取材した最先端の植物工場。
玉川大学農学部には、太陽や土を使わずに大量の野菜を作り出す、世界最先端の驚異のLED農園があります。収穫量が激増する上に、光の色によって野菜の味が変わるという、まさに高層マンションならぬ高層農園です!狭い場所でも多くの収穫がのぞめるという。
植物・作物に最も適した温度・湿度・栄養条件・光環境などを人工的に作ることにより、栽培期間も通常の露地栽培の3倍から4倍も早く収穫できるそうです。普通2〜3か月かかるところ最速12日間でレタスが収穫できたそうです。
工場内はすべてオートメーションで、自動的に収穫され、しかも雑菌がほとんどない環境で作られるため、水道水で洗わないほうが清潔とのこと。収穫と同時にそのまま食べられます。



%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202017-12-14%2019.34.25.png


これだと気象条件などに左右されず安定して作物が供給でき、将来の食糧危機の解決策になるかもしれません。
野菜だけではありません。
なんと、アワビやニジマスといった魚介類まで海水を使わずに水槽内で育てるという画期的な研究も同大学構内で進められています。小さな面積で大量生産が期待できます。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202017-12-14%2019.43.23.png


通常20センチぐらいのニジマスがこの環境の中だと40〜50センチに育っているのです。
安全性は高く、しかも、味のほうも絶品とのこと。
これらを使った料理がこちら。


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202017-12-14%2019.50.08.png


日本のみならず、世界の食糧事情を画期的に変えることにもなり得ます。日本の技術力、さすがですね。大いに期待します!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ