学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

「正しさ」よりも「優しさ」を

2017.11.17日

「正しさ」と「優しさ」のどちらかを選択するという機会は誰にでもよくあります。
それは間違っているよとか、もっと違うやり方があったはずだとか、改善することができるよ、など人に指摘する機会です。
個人的に、あるいは人前でそれを「指摘」する機会。
しかし、これらの機会はすべてその過程において、相手をそしてさらにあなた自身をも不快にさせる結果につながることになりがちです。


精神分析医のような専門的な言い方をせずに率直に言うと、私たちが他の人をへこませようとしたり、矯正しようとしたり、あるいは私たちが正しくて相手が間違っていると言おうとすると、その人が間違っていると指摘すれば自分のほうが正しいのに違いない、と自我が誤って認識し、その結果優越感を味わうことになるのです。


しかし実際には、人をへこませて自分が勝ったと思う感情をよく注意して観察すると、相手を「へこませる」前よりも逆に自分自身も不快になっていることに気づきます。
他人を不快にさせる代償を払って自分が幸せになることは不可能だ、ということをあなたの心、即ち人に対する思いやりがある部分は直感的に知っているのです。


でも、幸いなことにその逆もまた真なのです。つまり、あなたの目標が人を立て、人を幸せな気持ちにし、彼らの喜びを一緒に味わうことにあるなら、あなた自身も彼らの幸福感のお裾分けをもらうことになります。
この次、誰かを矯正してあげる機会に巡り合ったら、たとえ彼らが多少間違っていたとしても、誘惑に負けないようにしましょう。
その代わりに、「この一件から私が本当に望んでいることは何だろう」と自分の心に尋ねてみるのです。
おそらく、あなたが本当に望んでいることは平和的な解決で、お互いに気分よく終わることです。
「正しく」あろうとすることを我慢し、「優しさ」を選択するたびに、自分のうちに平安があることに気づくことでしょう。


妻と私はある仕事のことで話し合っていたのですが、非常にいい結果となりました。
私は「自分の」思いつきが明らかにその成功の鍵になったと自慢げに話していました。
妻のクリスは、いつもの優しい表情で、私に花を持たせてくれていました。
その日、しばらくして私はふと気づきました。あれは私の思いつきではなく、妻のアイデアだったのです。「おおっと!」
そこで妻に謝ろうしたところ、妻はその成功は自分のお陰だと認めてもらって満足することよりも、むしろ私が喜んでいるのを見るほうが幸せに感じていた、ということがすぐにわかりました。
誰のアイデアだったかなんてことはどうでもよくて、私が嬉しそうにしているのを見て自分は幸せだった、とクリスは言いました。(ねえ、クリスがいかに愛すべき妻か、ということがよく分かるでしょう)


このやり方を「意気地なし」とか「自分の信念を主張できない」などと勘違いしてはいけません。
自分が正しいと思うことを主張しなくていい、と言っているわけではありません。ただ、自分が正しいと主張していると往々にして自分の心の平安を犠牲にすることがある、ということを言っているのです。
常に冷静さを保つためには、多くのケース、「正しさ」よりも「優しさ」を選択したほうがいいのです。それを実践する最適の場は、あなたのすぐそばにいる人です。


リチャード・カールソン
(リチャード・カールソンは『小さなことでくよくよするな』の著者)

(訳 舟田譲二)


私自身、最近このことに気づき始めていました。
正直に告白すると、これまで私も自分の「正しさ」を主張するタイプの人間でした。
私は自分のことをクレーマーとは思っていませんが、市役所や警察やレストランなどで、相手が間違っていると思ったらそれを指摘せずにはいられませんでした。お節介焼きな性格もあり、それが「親切」だと自分で思い込んでいたのです。
そして、それは身近な妻や子どもたち、職場では先生たちや生徒などに対しても同様でした。


「それは間違っているよとか、もっと違うやり方があったはずだとか、改善することができるよ」
などと親切ぶって言っていたのですが、胸に手を当ててよくよく考えてみると、この著者が述べているように私のうちに「自分が正しい」「相手が間違っている」という高慢な心、自己満足の心があることに気づき始めていたのです。そして、たとえ自分が表面上「勝った」と思っていても、心に平安がなかったということも事実です。


それで最近では、ひと言なにか言いたくなっても、できる限りお互いが気持ちよくいられるように、言いたくなる誘惑に負けないよう努めているのですが、まだまだ器の小さい人間で、ついつい言ってしまうことがあります。でも、そのことに気づくと素直に謝るようにしています。
この一文に出合い、なるほど、やっぱりそうだったんだ、と改めて教えられ、悔い改めた次第です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ