学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

受動喫煙

2017.10.08日

去る10月5日、「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」が賛成多数で可決、成立しました。家庭内での受動喫煙防止が柱で、施行は来年4月。国に先行して受動喫煙対策に取り組むことになりました。


8年前の記事、「嫌煙権と喫煙権」を読んでくださった、『STOP受動喫煙新聞』(社団法人 受動喫煙撲滅機構発行)の編集長が、この記事を同紙に転載させて欲しいと言ってこられました(「嫌煙権と喫煙権 2」


公益社団法人 受動喫煙撲滅機構の理念は、


「禁煙・喫煙は人を意識した生活習慣やマナーであり、この点での議論はプライバシーの扱いを常に巻き込んでしまうきらいがあります。タバコが健康に重大な被害を与えるという事実も、人によってその認識に大きな差が生じています。


ところで、受動喫煙を撲滅するという概念は、タバコを吸う人を対象にしたものではなく、 受動喫煙というモノに対峠した思考です。


そこには、タバコの煙を人に吸わせることを絶対に無くそうという極めてシンプルな結論があり、タバコを巡る多くの議論はすべて置いておくという潔さがあります。ここでの着眼点は、ある人が喫煙者であるとか、今まさにタバコを吸っているとか、また、その場所が喫煙所であるとか禁煙所であるかは、論点にしないことです。


吸っている人が、その人以外の誰かにタバコの煙を吸わせないことを常に意識し、また、皆がそうした場を作っていく為に努力し、その方針をすべての人が共有するところに唯一の目的があります。「タバコの煙を吸うことが嫌である」という「ある人」の自然な気持ちは、誰もが絶対に否定できない真理ではないでしょうか。その気持ちをしっかり受け止めて、その人にタバコの煙を吸わせないという意志を皆が持つことは、人としての思いやりの心に他なりません。


受動喫煙撲滅は、まさに人間の、日本人の思いやりの心を育んでいこうという活動なのです。
受け入れる議論の余地のない問題(モノ)だから、撲滅させよう」


この受動喫煙撲滅運動は正しい方向性だと思います。
少し前のことですが、レストランで赤ちゃん連れのママ友3人がペチャクチャ、キャーキャー大声で話していました。
うるさいな、と思ってそちらの方をチラリと見た瞬間、私は背筋が凍る思いをしました。
ヤンママのうちのひとりが、笑いながら自分の赤ちゃんに向かってタバコの煙を吹きかけているのです。


受動喫煙撲滅は成人非喫煙者を含むすべての人が対象となりますが、とくに赤ちゃんや幼い子どもは自分たちの意志や力で受動喫煙を防ぐことができないので条例化する必要があります。
東京都の受動喫煙防止条例の目的は、「子どもの生命及び健康を受動喫煙の悪影響から保護するための措置を講ずることにより、子どもの心身の健やかな成長に寄与するとともに、現在及び将来の都民の健康で快適な生活の維持を図ること」にあると明記されています。
条例では、喫煙者は「家庭内の同室だけでなく、子どもが同乗する自動車内でも喫煙しないよう努めなければならない。公共の施設だけでなく、分煙が十分でない飲食店などには、立ち入らせないこと」も盛り込まれました。
「罰則もない、監視もできないという内容で条例にしても意味がない」と言っている人もいるようですが、親は自分の子どものために、また喫煙者は日本の将来を担う未成年者のために、努力義務を超えて自ら積極的に受動喫煙をさせない決意をすべきだと私は思います。
子どもを受動喫煙から守る運動が全国に広がっていくことを心から願うものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ