学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

ラムネの原点

2017.10.04日

3日前の記事、「i'm lovin' it」はマクドナルドのテレビCMのキャッチコピーですが、じつはこの発音が英語学習上とても大切で、あの「ラムネ」の発音の原点でもあるのです。


第19講 「lovin' it の発音」


「英語をネイティブのように発音したかったら」の中でも取り上げましたが、英語の語尾の -ng の発音は young における日本語式の〔ヤング〕ではありません。発音記号では【jʌ'ŋ】と書き、〔ヤンく゚〕のようにカ行の鼻濁音〔く゚〕と発音します。最後に〔グ〕をつけてはだめなのです。
ですから、loving は【lʌ'viŋ】〔らヴィンく゚〕です。(〔ら〕のひらがな表記は便宜上英語のLの音を表しています)


ところが、マクドナルドのCMでは loving ではなく lovin' と書いてあります。会話を文字化するとき、loving を短縮形の lovin' でよく表します。
"i'm lovin' it" 「マックだ〜い好き中」のような会話調の雰囲気を出しているのです。
さて、この lovin' の発音も loving 同様【lʌ'vi'ŋ】〔らヴィンく゚〕です。
そして、あとに it がついているので、 lovin' it【lʌ'viŋət】〔らヴィンけ゚(ット)〕のようになります。
この場合のあいまい母音【ə】は日本語の〔ア〕の音ではなく、そのスペリングによって弱い【ɑ】【e】【i】のように聞こえます。
(例: animal【ǽnəməl】 、ceremony【sérəmòuni|-mə】 、possible【pɑ'səbl】 )


日本のテレビCMでは「アイム ラビニ」のように言っています(最近は、ララララッラーのようなメロディに変わっていますが)。
でも英語では「ラビニ」のように〔ニ〕という音にはなりません。なぜなら lovin' の発音は【lʌ'vin】〔らヴィン〕じゃないからです。
アクセントが【lʌ'viŋət】〔ヴィンけ゚(ット)〕と【lʌ'】〔〕の上にあるので、そのあとの it は【it】とは発音されずあいまい母音の【ət】になり、ふたつの音がくっついて〔ネ〕のように聞こえ、さらに〔(ット)〕も飲みこまれてしまって聞こえなくなり〔ヴィンけ゚〕のようになります。


ちょうど日本の飲み物「ラムネ」の音の成り立ちとよく似ています。
もとは明治時代にイギリスから入ってきた lemonade【lèmənéɪd】〔ムネイ(ド〕だったのですが、初めに聞いた人が〔ラムネ〕と聞き間違えたことから「ラムネ」と命名されたのです。ラムネとレモネードはまったく別物なのですがね(笑)。


ramune.jpg


もうひとつおまけ。
"i'm loving you." を日本語式に〔ラブ〕と言うと、英語では love よりもむしろ rub のように R の音に聞こえてしまいます。
rub【rʌ'b】〔ラブ〕の意味は「こする」ですから、これまた大変な誤解のもとになります(笑)。


英語の 【f, v】 と日本語の〔フ、ブ〕とは調音の仕方が根本的に違います(両者を区別するため、本稿では便宜上英語の 【f】 はひらがな表記で〔ふ〕、 【v】はカタカナで〔ヴ〕としています)。


下の左図のように、英語の 【f, v】 は上の歯が下の唇に当たって出す唇歯摩擦音ですが、右図のように日本語の【ɸ】〔フ〕は唇を丸めてロウソクの火を「フゥー」と吹き消すときの両唇摩擦音で、【β】〔ブ〕はその有声音です。左図と右図の上の歯の位置に注目してください。


fv.jpg
        【f, v】                        【ɸ , β】


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ